青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「態~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

感想~ ~感激 感激~ ~感覚 感覚~ ~感謝 感謝~ 慄~ 慈悲~ ~態
態~
~態度 態度~ ~慌て 慌て~ ~慰め 慰め~ 慾~ 憂~ ~憂鬱 憂鬱~

「態~」 1670, 18ppm, 6338位

▼ 態~ (376, 22.5%)

30 して 23 見て 10 なして 6 示して 5 装って, 見るや 4 しながら, 見るより 3 お目, する, ながめて, 呈して, 変えて, 見せて, 見ると

2 [18件] した男, してるの, じろりと眺め, するの, せよ, もって, 人に, 作すならん, 帯ぶ, 想像する, 残して, 気に, 眺めて, 見た太子, 見ては, 見よ汝, 見れば, 見ろ

1 [232件] ありありと, いわぬとも, おいいなすっちゃ, おゆるし, お改め被, お眼, がくと, ご承知, させられるの, しげしげと打ち眺め, した, したかは, したの, した人たち, した幽霊, した若い, しつつ, してを, しなくては, しや, すぐ眼, すること, するやう, せねば, せむしの, せよ日本語, そのままに, その儘墨守, そば眼する, たずねると, たとえば深海, つく, つくって, つくる鍵, つくろおうでは, つくろった, つくろって, とって, ととのえた, ととのえて, とどめて, とりつくろうため, とりぬ, とること, どうしていい, ながめた老臣, ながめるより, なさない, なさぬが, なしたの, なしたも, なし中性, なし城兵, なす, なすこと, なすならば, なす者, なせるが, はばかったか, はばかって, まず見せた, まもり, みせて, みても, みると, みろヤーイ, もった私, もつこと, よく見習いとうございます, よそおって, キョトンと, ハツキリと, 一挙に, 下から, 主君孫権へ, 乱さなかったの, 人間が, 仕向けて, 仮りて, 仮定する, 作す, 作すを, 作った, 作ったが, 作って, 作りながら, 信長は, 備えて, 備へ, 備へて, 備へる, 先見し, 免る, 写す, 凄く見せる, 取り入れ鹿頭, 取り出して, 取る, 叙述しよう, 嘲っていう, 回想し, 図に, 声喩した, 学ぶもの, 學ばなかつた, 宜しく頼む, 実現する, 対照し, 尽し情, 屈めて, 崩して, 崩しはじめた, 帯びた老, 御覧ぜよ, 心がけても, 心の, 心地よげ, 思ひうかべた, 思ひ易く, 恥ぢて, 恥づる気持, 想いだした, 意味する, 慮つて, 憚って, 抽出する, 拝しまし, 持つの, 採る, 採るもの, 探ったと, 描いた画, 撲滅しなけれ, 擬して, 改めずして, 敵へ, 日記に, 替へた事, 有して, 本式と, 構成する, 歌全体の, 止め正しい, 正しく整える, 殿に, 気の毒にも, 演ずるの, 為したので, 為して, 為すに, 為ずに, 爲し得る, 生ぜしむる, 男に, 畏まずして, 発したの, 白眼に, 眞似, 眞似る, 眺めた, 眺めたが, 眺めると, 着けた善界坊, 瞼に, 知らぬ, 研究した, 研究する, 示し申しても, 示し頃あい, 私は, 立ち伺ひて, 美ならしむる, 考えると, 自慢し, 興がって, 若々しく装い, 表現した, 装うなど, 装つて訊いた, 装ひ, 装ふ, 装ふた, 見おろしながら, 見すえると, 見せか, 見せた, 見せたけれど, 見た, 見たとき, 見たならきっと, 見たら驚くでしょう, 見た事, 見た紅矢, 見つめて, 見つめながら, 見ても, 見て取ると, 見とどけること, 見な, 見に, 見やりながら, 見られては, 見られるの, 見るが, 見るなり, 見るに, 見るにつけ, 見るん, 見ろヤイ, 見ろヤーイ, 見ろ弱虫奴, 見ろ法水, 見出すこと, 見守りながら, 見極めて, 見直した, 見知るもの, 見覚えて, 見計, 覗いて, 観る, 言いかけます以上, 詠った始め, 誘降の, 誰が, 變ず, 買いかぶらせること, 載す昔一婦淫乱, 造って, 遠望し, 遥かに, 露骨に

▼ 態~ (223, 13.4%)

6 あつた 3 逃げ出したこと

2 [13件] あぶなく鑵, いとしい娘, その後に, 僕は, 引上げて, 彼の, 戸口へ, 片肘, 私は, 肩を, 腰も, 裾を, 逃げて

1 [188件] あらう, いたが, いまも, おそろしく光る, おりました東西, お目にかかりたいとは, がっかりうなだれ, こう結んだ, この一個, この小説, この座敷, この自分, ころりと, ござって, さ, さすがは, すぐ琵琶, すたすたと, すらすらと, そうし, そこを, その個性, その竹林, そろそろ歓楽, そんなに叫ぶ, たちまち護持院ヶ原, たどりつきたき火, つめて, とっさに, とるもの, どこか, どっちとも, ひどく気力, ふたたびご, ぶらりと外, ぼんやりと, ぼんやり椅子, また元, また持ち込む, また釣魚, むやみに, わめき立てるの, アリスを, オースチン老師に, キヤツ, サラダや, スペインに, ベッドの, ペコペコ頭, ホテルへ, ボーイの, ヴォクセニスカを, 一人で, 一行は, 二階へ, 云った, 云ったもの, 交は, 今度は, 伸びあがつたり尻もちを, 佐川に, 供を, 八丁堀の, 六七名ほど, 兵学を, 出て, 出る, 別所君の, 前に, 割烹店へ, 匕首なぞを, 即座に, 又右衛門は, 同じ所, 向うの, 呉へ, 呟いた, 呟いたが, 味方の, 囁いて, 地上の, 地下への, 報いられぬ思慕, 大師堂の, 太いやう, 太いよう, 夫人の, 宮方たる, 家へ, 宿直室の, 寧ろ人, 対い合い, 小径を, 尾上の, 尾行られた, 屈服した, 帆村の, 帰って, 店先へ, 庭の, 延期された, 彼は, 御ところ, 微笑に, 悩まし気, 惱まし, 成都へ, 扇子を, 捕吏たち一同が, 数ヶ月を, 昨夜彼女を, 最初は, 月あかりの, 杯を, 東京へも, 柚の, 樹の, 歩くだけの, 歯が, 歸つて來た, 死んだと, 洛陽へ, 浮きも, 清洲へ, 無難に, 然も, 煙草だけを, 爪先から, 狸寝入りの, 玉虫を, 田舎びたるだけ, 益々激しく, 盛政の, 相手を, 真中に, 眺めて, 着座し, 石を, 立って, 立場から, 粟田口の, 美濃路へ, 脇腹を, 腰掛けて, 自分の, 草鞋を, 褄を, 見せて, 見物し, 解け去るかも, 言葉には, 許都へ, 説くの, 護衛する, 足立源五は, 跣足で, 軒並みに, 迎えると, 迯げだしました, 追い返されるの, 退却した, 逃げかける雲助, 逃げこんで, 逃げ出さなければ, 逃げ出した, 逃げ出したが, 逃げ出しただけ, 逃げ出して, 逃げ崩れて, 逃げ帰ったやつ, 逃げ帰るや, 遠く陣を, 部屋じゅう跛足を, 部屋を, 陽平関へ, 雲を, 露骨な, 静かに, 頭を, 顏は, 顔は, 顔を, 飛び出して, 飛び去つたこと, 飛び込もうと, 食事を, 首を, 駕籠の

▼ 態~ (194, 11.6%)

4 男が 2 上に, 二人連に, 何となく腑, 心配であっ, 悪魔の, 感激を, 男で, 知られて, 知れない

1 [172件] あるの, あわただしい中, いい世間話, いい居候, いい追い出し, うちには, お若い, が呟いた, ごとしこれ, しれない公案, しれない吐息, しれない怪球, しれない男, しれない都, しれぬ人影, そして凡, その円髷, ために, にわかに, ままで, まま眠っ, もとに, ものだ, もので, ものな, ものを, よいこと, ようである, ように, よくない, わからぬ容体, わけも, わるい人間, われわれだ, ハツキリし, フィリッポスは, フヰルムが, 上収入を, 世界は, 世界観では, 中では, 事がらとは, 事実に, 人物, 人物が, 人物です, 人物の, 人物を, 人間が, 何も, 何んな, 作を, 侍たちも, 内の, 内一つ, 分らぬ佛體, 功名心に, 動きを, 印象から, 原子構造の, 原理を, 可笑しさ, 号令染みた, 名によって, 問題, 喜び第, 四十前後の, 土左衛門が, 変遷は, 大入道, 大奇談, 大浮, 大男だった, 姿だ, 姿を, 婆娑婀娜たる, 子供を, 字を, 小男で, 巧者を, 巻莨から, 形こそ, 快作, 思想は, 恋慕しか, 悪いお客さん, 悪いの, 悪い仲間, 悪い話, 悲惨を, 意志に, 意義変化, 態に, 所与の, 文章だ, 旅人たちは, 旅商人, 有様が, 歌と, 死体, 法則が, 湖は, 灑脱の, 爬虫類と, 狂人が, 猿で, 現われ, 生活事実の, 男だ, 男でした, 男と, 男も, 男を, 病人です, 相違が, 真に, 真実を, 真摯な, 知れないひと, 知れないよう, 知れない人間, 知れない外国語, 知れない存在, 知れない恐ろし, 知れない感動, 知れない毒素, 知れない水, 知れない男, 知れない男女関係, 知れない病苦, 知れない白幽霊, 知れない白毛, 知れない蛮語, 知れない輩, 知れない都会, 知れない陰惨, 知れない青, 知れぬ兵器, 知れぬ安物, 知れぬ滑稽感, 知れぬ猛烈, 知れぬ矢, 知れぬ腫熱, 知れぬ顔, 石造りに, 秘奥を, 秩序に関する, 純情家といふ, 絵は, 老婆に, 者だろう, 自信ございます, 至つて開放的な, 融通を, 行動を, 表附, 表面の, 観念も, 觀を, 記憶が, 詫び方, 赤味の, 輪は, 通り書き直し, 連関の, 達者な, 重たげな, 雲に, 非情を, 音を, 風味を, 鬚だらけの

▼ 態~ (181, 10.8%)

10 なって 5 して 4 云うと, 云って 3 固唾を 2 なった, なつた, もんどりを, 於て, 狂わしいほど, 立つかぎり, 見せて, 見覚えが, 頬擦りを, 頬杖を

1 [135件] あかず見入って, あきたらぬ若者輩, あったが, あった勝家, あつた, あると, いえッ, いが栗頭を, いたして, おさよ, おどおどし, お千代, かえった, かくれて, さからったこと, したの, しっかりからみつい, しまってる, すぎない, せせら笑った, せよいずれ, そちを, なし敵, なったの, なったん, なり, なりましたねえ, なり度, なり易い, なり苦笑, なれば, ひひッ, へたばったならヤクザ, みえまする, みえる, もどせ, やつして, やつて, よく似, ケシかけ, ヤニさが, 亂入も, 人混みから, 似たその, 似合わず悠然と, 作られて, 依属して, 侯爵は, 候, 候ふ, 倣って, 入りついに, 冷たくぶつ, 力ずくで, 反って, 取り出せるとは, 名を, 吹聴した, 告白し, 問題に, 嘉平は, 嘘つきの, 報告し, 墨を, 変装した, 大きな徳利, 姿を, 安からず, 巻きつけ加, 帰つてゐ, 復命した, 怪しみの, 恍惚たるが, 悶絶した, 戻つた徴, 戻る, 拝され, 拝されました, 接すると, 於けるもの, 暴露する, 有って, 止めて, 歩いて, 歸つたゐ, 気がついた, 気がねばかり, 気を, 泡を, 海を, 深い関連, 演習に, 片袖, 猛勇な, 玄蕃を, 理由に, 申して, 眞似, 石と, 私を, 移るなき, 立ち帰った, 立つから, 腰かけて, 自分の, 自白し, 致すべく媒介, 舟から, 表現され, 装って, 見うけられましたが, 見えた, 見えたろうが, 見えます, 見えますものの, 見ゆる, 見受けた, 見受けられたが, 見受けられました, 言つた, 詰め込まれて, 転げた, 転じた最近, 転換する, 輦へ, 辟易し, 運んで, 過ぎない, 過ぎない処, 遠慮し, 陥るばかり, 隈ない, 駕籠の, 鬱々しない, 鵜呑みに

▼ 態~ (100, 6.0%)

2 どうだ, 何だ, 何だい, 何の, 礼儀に, 鮮明に

1 [88件] あのよう, あまり見, あらそえない, ありませんでした, あんまりでございます, いかにも気の毒, いかにも狂人, きらきらと, このやう, さすがに, して, すべて偶然によって, そのままで, そのまま禅, その眼, そも何事, そんな尺度, ただの, ちらと, どうした, どうだい, なんです, まさしく祇園祭, また, また道徳的協同, まちがいない, まつたく滑稽, 一日でも, 一様でなかった, 七分通り水の, 不可能に, 世上へ, 人なみの, 何う, 何か, 何ごとじゃ, 何ですね, 何よ, 何事じゃ, 何事じゃと, 何事だ, 何事でござる, 何処かの, 何時見, 何處かの, 余を, 全く溝, 分らぬけれども, 別に奇, 卑しげ, 単に, 可愛くも, 名人かは, 四馬路や, 堪らない子, 大陸的とでも, 奇観だった, 将軍たちの, 小さい小さい竜宮城, 彼は, 往来の, 想像する, 想像も, 撮影すべきだ, 明媚争か, 普通の, 森に, 牛丸平太郎から, 相当の, 真に不思議, 瞼に, 立派な, 笑うべきもの, 笑止な, 綺麗で, 肉附き, 良いと, 芍薬の, 花と, 葡萄の, 要するに事物, 見せませぬ, 見て, 見られたもの, 軍隊の, 隨所隨時だつた, 鬼, 魔力の

▼ 態~ (66, 4.0%)

2 ある, よくない, よく私, 変って, 妖しく顫, 目に

1 [54件] あった, あつて, あまりに粗末, あるが, あるしかし, あると, あるまい, ある程度信玄, いくらかずつ, うかがわれます, おかしかった, すなわち自然美, すなわち芸術美, そこに, それらしくない, ない, ないでも, ないという, なおどこ, なくなるから, なまなましく焼きつい, はるか玉座の, ふに, まことに異様, まざまざと, イヤらしかった, コワイから, ハツキリし, 前夜見た, 如何にも人間らしく, 嫌いな, 尋常よりは, 役立ったの, 性急だった, 悪いという, 悪かろう, 悪く言葉, 映つた, 時々僕, 渦卷く, 漁師と, 無かつ, 異国の, 直ぐに, 真実味を, 知れないからねえ, 私達の, 窺はれた, 粋の, 至極よい, 見え友, 見て取れた, 遠くから, 遠く庭

▼ 態~ (52, 3.1%)

6 ことを 2 のである, んです, 切様が, 恰好は

1 [38件] かっこうで, のだ, のであっ, ので遂に, ので高氏, のも, ものだつた, ものを, やつよのう, んだ, んだい, んだらう, んですつ, 世の中に, 作法を, 口吻で, 嘲笑を, 四本脚で, 声風眼に, 大柄で, 奴の, 寮の, 広告の, 恰好を, 棄科白を, 田舎侍が, 老兵学者が, 舌だらう, 蛇を, 親父と, 言いがかりを, 言葉でも, 調子で, 追ひ出し, 連中だけが, 長袖でございました, 青坊主, 額縁屋が

▼ 態~ (31, 1.9%)

2 なかった, なくいつも, なく噪ぐ気色

1 [25件] ありは, あれば, くそも, しれぬこの, そのまま婦同士, その凍えたぬれた, そんなに不, なかつた, なく映つて, なく無闇, なければ, よくねえ, 何も, 凡ならず, 好し, 崩さず石, 振も, 林や, 気の毒だ, 痩せた覆面, 百姓に, 相なりません, 考えないこと, 見せなかつた, 見知らぬ癖

▼ 態~ (28, 1.7%)

9 見やがれ 4 見や 3 見ろ

1 [12件] 見あがれ, 見やがれーッ, 見やがれ丑松め, 見やがれ南部集五郎め, 見やがれ尻尾, 見やがれ意気地, 見やがれ死, 見やがれ泥棒め, 見やがれ阪東小篠め, 見ろだ, 見ろと, 見ろとは

▼ 態よく~ (25, 1.5%)

2 拒否された

1 [23件] お断りなすっ, もてなしては, 中立を, 事務長に, 云い繕って, 南鄭城へ, 女たちから, 彼を, 拉して, 断られて, 杯を, 横領する, 江夏の, 省いて, 私を, 脱ぎこみ手拭, 自身が, 返書でも, 追いはらわれて, 追い払ったの, 追い払っては, 逃げ出して, 陣中に

▼ 態~ (23, 1.4%)

8 らくで 5 らく 2 らくは 1 らくであった, らくである, らくでは, らくと, らくな, らくに, らくを, らく父君は

▼ 態~ (23, 1.4%)

2 という, とかと憤つ

1 [19件] からです, が, がおや, が一見, けれどいつも, けれどもともかく, し, し何ひとつ楽しみ, その間に, つたから, とセ, な, ね, ひどくその, まるで汝, よ, わあたし達, 吉岡の, 正しく彼奴

▼ 態では~ (21, 1.3%)

3 ない

1 [18件] あったが, ありませんか, あるぞ, いかん, いくら夜中, それも, たとい戦い, とうてい正直, なかった, なかろうか, なくつぎだらけ, 両親王, 再び真面目, 可哀相だ, 天下の, 子供の, 経典の, 老中どもが

▼ 態万状~ (14, 0.8%)

1 [14件] たしかに珍しい, であるが, にし, の変化, の所作, の羅漢, の間, を尽し, を日記体, を為す, を窮め, を詠みある, を詠みたる, 測り知られぬ雲

▼ 態~ (13, 0.8%)

4 見やがれ 2 見ろ 1 ねえや, われにて, 見て, 見やがれい, 見やがれと, 見やがれ地丸, 見やがれ山賊め

▼ 態だった~ (13, 0.8%)

3 がやがて 2 がその 1 が使者, が吉野, が武芸者, のであります, のでよけい, ので人目, 味方は, 牧死ん

▼ 態であった~ (11, 0.7%)

2 がやがて, のか 1 から早速, が, がこれ, がそれでも, が他, ことは, 昭青年が

▼ 態~ (11, 0.7%)

1 [11件] この夜, なったが, なったとき, なる, やや似, 云ったの, 云ふべきで, 今様とを, 小兒, 歌学とが, 見える

▼ 態から~ (7, 0.4%)

2 みても 1 して, そのお, 一歩も, 生れるもの, 見ると

▼ 態である~ (6, 0.4%)

1 から天下, が係員, が兎, が実際, という正に, にもかかわらず

▼ 態でも~ (6, 0.4%)

1 ある, うかがわれる, して, たいへんな, ない, なかった

▼ 態にて~ (6, 0.4%)

1 文六の, 東西より, 白け渡りて, 立ち帰って, 落ちついて, 行李を

▼ 態~ (6, 0.4%)

1 ないう, 人前の, 年頃は, 燃えるよう, 百姓とも, 稽古襦袢を

▼ 態じゃ~ (5, 0.3%)

1 お目, ない, ないか, なかった, 恐しく目

▼ 態~ (4, 0.2%)

1 ておりまする, てそつ, てその, て居りまする

▼ 態です~ (4, 0.2%)

1 から何とも, がどうぞ, が何, が勘太郎

▼ 態とは~ (4, 0.2%)

1 いたして, どうしても, 吾ながら, 残念だ

▼ 態なる~ (4, 0.2%)

1 ことを, ものの, ものは, 相に

▼ 態における~ (4, 0.2%)

2 真理と 1 この同一視, 真理に

▼ 態には~ (4, 0.2%)

1 まず充分, 見えなんだか, 逢わなかったはず, 非ず

▼ 態~ (4, 0.2%)

1 ナス, 尽シ妍ヲ, 究メヨ, 結構ニ飾置キ

▼ 態~ (4, 0.2%)

2 を變, 殊に山の端

▼ 態たる~ (3, 0.2%)

1 に過ぎぬごとし, や非常, 和合神

▼ 態~ (3, 0.2%)

2 や何 1 やない

▼ 態でした~ (3, 0.2%)

1 から急い, が, が彼

▼ 態なく~ (3, 0.2%)

1 して, 極めて温, 眠つてゐた

▼ 態など~ (3, 0.2%)

1 これを, ちつとも, 傷ましく哀れ

▼ 態にも~ (3, 0.2%)

1 意外な, 縛られない, 見えるし

▼ 態万様~ (3, 0.2%)

1 さながら浮き世, の変遷, の相

▼ 態五郎~ (3, 0.2%)

1 が仕事, が荒した, はあべこべ

▼ 態~ (3, 0.2%)

1 が呼出, が樹明君, の姿

▼ 態姿~ (3, 0.2%)

1 はまったく, や動作, を一々

▼ 態~ (3, 0.2%)

1 の一角, の崩潰, も調わない

▼ 態~ (2, 0.1%)

1 只今判じ, 振舞酒に

▼ 態こそ~ (2, 0.1%)

2 異れ

▼ 態~ (2, 0.1%)

1 へたて, へ帯び

▼ 態たら~ (2, 0.1%)

1 くだ, くに居堪らず

▼ 態だけ~ (2, 0.1%)

1 では, なのね

▼ 態であっ~ (2, 0.1%)

1 てかつ, てはならない

▼ 態でなく~ (2, 0.1%)

1 てはならず, てはならぬ

▼ 態という~ (2, 0.1%)

1 ものを, 美しい人類

▼ 態としての~ (2, 0.1%)

1 存在が, 抽象な

▼ 態などは~ (2, 0.1%)

1 まつたくち, 日常吾人の

▼ 態などを~ (2, 0.1%)

1 眼で, 雪の

▼ 態なり~ (2, 0.1%)

1 ければ, 資本的企業型態に

▼ 態なりし~ (2, 0.1%)

2

▼ 態なれ~ (2, 0.1%)

2 ど済んだ

▼ 態において~ (2, 0.1%)

1 得られる成果, 青年たちが

▼ 態やら~ (2, 0.1%)

1 にごった水, 一見で

▼ 態より~ (2, 0.1%)

1 夢うつつの, 集団的型態に

▼ 態よろしく~ (2, 0.1%)

1 お願い申しあげる, ののち

▼ 態をば~ (2, 0.1%)

1 情婦い見せた, 滑稽なる

▼ 態アみやがれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 態今夜~ (2, 0.1%)

2 は染直した

▼ 態萬状~ (2, 0.1%)

1 であ, なるも

▼1* [120件]

あったらねえ, 態あねえな, 態あはれにて襤褸衣服, 態あり或時人, 態あります水面に, 態あるは何ぞ, 態あれどもと仏説, 態いわゆる威あっ, 態かい酔ぱらつてばかり帰る, 態からか一も, 態したる中年者の, 態て, 態じゃがどこら辺りに, 態すこぶる滑稽たりと, 態すでになし, 態すら見えません, 態するように, 態そうかと思う, 態その他の事, 態ぞや汝だに, 態だったろうか, 態だろうとて薬, 態ったらねえ, 態ふアマトンテ, 態でしかないので, 態でないことは, 態でをりました東西, 態とか或ひ, 態とかいうものの, 態とても白状いたすべし, 態とも見えるほど, 態どうも織田家の, 態ながらも江戸名家の, 態なぞを御覧に, 態ならず秀吉は, 態なら知らぬことこんな, 態なりと然して歓楽そ, 態なんじゃ, 態なんかはどうでも, 態な嘶きで飼手, 態においてもまた同じ, 態にしか過ぎないこと, 態にすら見えまする, 態になつてゐ, 態にまで同じ一つ, 態によって反射的, 態により標題主義は, 態によりぞ覆ひの, 態に関して三つの, 態のみでまだ, 態のみを娘と, 態ばかり気遣つ, 態への従順な, 態まことに善美を, 態まで見えるほどに, 態までが担がれるの, 態めんずといふ, 態もちがふ, 態よき言葉を, 態よろしゅうお詫びを, 態わざ自身訪問して, 態わざ頼みにきた, 態をとつて巡遊した, 態をも見せない, 態見やがれなんまいだ, 態シケルニ依リ, 態デップリと肥えた, 態不申候テ爰元, 態ニハ非ズ, 態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, 態一卷に道中, 態一日の人, 態一状を詠みたる, 態一聲鳥だに啼かず, 態一般の者, 態万姿まず関東, 態万容の世界, 態万態で組合せ, 態万状ナッカなか以て一々, 態三様に演出, 態絶仕奉, 態に勝る, 態互いにののしり合う態, 態以前に神意, 態何処へ行く, 態其処を飛び出し, 態写生画のこうした, 態友人と論争, 態を構成, 態型式跡質の漢字, 態声音はおろか, 態好く断つて, 態媚容冶常倫を絶し観る, 態った暁, 態小使給事などを叱散らし, 態平常と変り, 態に飽き, 態心外に思う, 態にもたれ, 態握って居た, 態枝勢ならびにその, 態止まずてうたて, 態の曲, 態装を, 態遣候, 態異種を生ぜしめた, 態窘窮の状, 態窮極すること, 態ふべきは, 態の道, 態絶えず仕へ, 態と淫志, 態葉相これでは生命, 態表面の温度, 態です, 態見たいに述べられ, 態見るもなか, 態見当のつかぬ, 態説論議などが之, 態に泥