青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思い出す 思い出す~ 思い切っ~ ~思う 思う~ ~思え 思え~ ~思えた ~思える ~思っ
思っ~
~思った 思った~ 思ったら~ ~思つて ~思はず 思はず~ ~思はれた ~思はれる 思はれる~ ~思ひ

「思っ~」 31518, 326ppm, 296位

▼ 思っ~ (29480, 93.5%)

1556 いる 1521 いた 1066 いるの 776 いたの 596 いると 548 いたが 462 います 351 いました 330 いるん 228 いたところ 199 いたのに 196 いたん 183 いなかった 181 いるうち 175 いない 161 居ります 154 私は 137 いるが 134 いること 130 見て 123 おります 122 いて 104 いるよう 103 いましたが 93 いるところ 90 いたので 86 いたこと 85 いたから 82 見ると 81 居た 77 いるから 73 彼は 70 おりました 66 居る 64 いるらしい 61 いる人, それを 60 眼を 56 おいでに, 待って 54 いますが 52 いるもの 50 いるのに 49 いたもの, いるか 46 いても 45 みた 44 いなかったの, いらっしゃるの 43 いるので 42 聞いて 41 黙って 40 いますと, みると 39 持って 38 いないの, いるに, いる者, 居りました, 急いで, 来て, 目を 37 来たの 36 みても 35 出て, 安心し 34 居ると, 気を 33 いたよ, いるらしかった, おりましたが 32 いたに, いる事, 自分の, 顔を 31 いるのよ, 考えて, 耳を, 見た 30 いたのよ, 居るの 28 くれ 27 いますよ, 見れば 26 いますの, いるかも, ください, みたり, 下さい, 心配し 25 いるという, いるよ, ます, よく見る, 来た 24 いるだけ, 僕は, 居りましたが, 来ると 23 いた処, いないが, いましたのに, いません, いれば, やって 22 いたし, いた人, いましたよ, いるくらい, その方, 居たの 21 いたらしい, いながら, いるわけ, わたしは 20 いたその, いたと, いらっしゃるん, おりますが, 気が 19 いたところが, いたよう, いる時, 居たが, 居る事, 手を, 私の, 行って, 馬鹿に

18 [11件] あたりを, いましたから, いるだろう, いるほど, すぐに, みたが, みて, みれば, 居りますが, 帰って, 源氏は

17 いたという, いないよう, 喜んで, 居ました, 来たん, 私が

16 [15件] いたけれど, いた私, いた自分, いましたの, いませんでした, いるし, いるでしょう, いる様子, おいで, おりません, それで, 居るが, 急に, 私も, 読んで

15 いないから, いないらしい, いなかったが, ここへ, 今まで, 居るん, 覗いて, 足を

14 いたわ, いた彼, いた所, いた矢先, いた者, いますから, いる次第, みたこと, 一生懸命に, 眺めて

13 いたか, いないん, いるとき, いる間, ひそかに, 声を, 見たが, 見る

12 [15件] いたそう, いないこと, いなかったので, いましたわ, いられるの, いる中, いる人間, おる, おるの, したこと, ながめて, ましたが, 出かけて, 居るのに, 調べて

11 [24件] あきらめて, いたくらい, いたけれども, いたわけ, いないらしかった, いる位, いる所, いる矢先, かれは, くれたまえ, くれて, もらいたい, 人の, 今日は, 半七, 家の, 居たので, 居た事, 彼女は, 心の, 感心し, 筆を, 自分で, 買って

10 [18件] いたとき, いたよりも, いたらそれ, いないと, いましたけれど, いるけれども, いるだろうと, いる心, おくれ, ここに, しまって, それが, ました, やしません, わたくしは, 家へ, 彼の, 歩いて

9 [26件] いただきたい, いただけ, いたものの, いた女, いた通り, いないし, いないよ, いなかったから, いら, いるかの, いる以上, おった, きたの, くれるな, くれるの, ここまで, らっしゃるの, ゐたの, 居ます, 心配した, 念の, 我慢し, 胸を, 行ったの, 見に, 言った

8 [47件] ある日, いたこの, いない様子, いましたので, いますのよ, いやがる, いやしない, いらっしゃる, いるとおり, いるらしいが, いるらしいの, いる処, おりましたところ, おりましたの, おりますと, これを, しまう, しまったの, そこを, その時, その男, そばへ, ちょうだい, びっくりした, みる, やって来たの, やって来たん, 一人で, 二人は, 居て, 居りますと, 居れば, 後を, 心を, 手に, 書いて, 来ました, 気に, 泣いた, 注意し, 涙を, 無理に, 立って, 聞くと, 自分も, 葉子は, 近所の

7 [55件] あわてて, いたほど, いたより, いた人々, いないという, いないのに, いなかったん, いなさるの, いるその, いるとは, いるふう, いる方, いる通り, おったが, おれは, きいて, これまで, こんどは, さがして, して, しまいました, しまった, そのこと, そのままに, その前, やめた, ゐたが, ドアを, 人を, 今度は, 伸子は, 何か, 余は, 例の, 別に気, 前の, 声の, 外へ, 大事に, 居たのに, 居ましたが, 居るうち, 居るから, 感心した, 朝から, 来たのに, 楽しんで, 気にも, 窓から, 見ますと, 見るの, 見直すと, 近寄って, 遠慮し, 首を

6 [60件] いたあの, いただけば, いたでしょう, いた時, いた男, いっしょに, いなかったし, いなかったのに, いなかったよう, いますわ, いらっしゃるでしょう, いるかと, いるかね, いるだろうが, いるよりも, いる内, いる私, いる自分, いる青年, いろいろに, くれと, これも, しまうの, そこに, そこへ, その顔, それに, ひとりで, みること, よい, よく見ます, わたしが, わたしも, ハッと, 他の, 俺は, 喜んだ, 家を, 居ながら, 居るので, 居る処, 平気で, 戸を, 捜して, 探して, 時計を, 来たが, 油断し, 相手の, 聞いた, 聴いて, 胸が, 胸の, 自分が, 自分は, 試みに, 貰いたい, 辛抱し, 開けて, 隠して

5 [110件] いたけど, いたそれ, いただけに, いたやさき, いたら, いたらこの, いたらそう, いたら大, いたり, いた葉子, いた言葉, いっしょうけんめい, いったの, いないだろう, いないわ, いなかったこと, いなかったろう, いますか, いませんわ, いよう, いらっしゃるから, いられます, いられるかも, いるな, いるね, いるより, いる一つ, いる人たち, いる彼, いる男, うしろを, おられるの, おりますの, おれば, きまりが, くると, くれては, くれないの, くれる人, その家, それは, ちょいと, つれて, ばかに, ぼくは, みたの, みるだけでも, みるの, やったの, よくよく, らっしゃるん, ゐた, ヒョイと, 上を, 下さるの, 下へ, 云った, 今も, 今日まで, 何の, 何度も, 使って, 傍へ, 出来るだけ, 口を, 可愛がっ, 四辺を, 大切に, 女の, 安心した, 家に, 寄って, 居たところ, 居た処, 居ても, 居なかった, 居ること, 居るところ, 居る中, 居る人, 左の, 往って, 悲しんで, 振向くと, 机に, 此の, 油断を, 注意した, 注意を, 熱心に, 生きて, 用心し, 目が, 眼が, 窓を, 笑って, 自分を, 見たこと, 見るせい, 訪ねて, 話して, 誰も, 諦めて, 身を, 近づいて, 連れて, 道を, 門を, 非常に, 頭の

4 [180件] いい, いいでしょう, いいの, いい気, いたお, いたお前, いたかも, いたため, いたとおり, いたもん, いたらしかった, いたらその, いたら何, いたら果して, いた事, いた事が, いた人間, いた先生, いた訳, いた際, いって, いつまでも, いないかも, いなかったであろう, いなかったよ, いなかったらしい, いなければ, いなさい, いましたところ, いますうち, いますがね, いますけれど, いますし, いますのに, いませんよ, いやがるん, いらしった, いられたの, いられるだろう, いられるよう, いるかという, いるがね, いるこの, いるだろうか, いるであろう, いるばかり, いるま, いるものの, いるらしいので, いるらしいん, いるんだい, いる或, いる源氏, いる程, いる証拠, おかしかった, おりましたのに, おりますから, おりまする, お経, お高, きょうまで, くれたの, こちらへ, この手紙, これは, すること, そうし, そう云った, そして一人, そっちへ, そのほう, その夜, その日, それから, そんなこと, ついて, なんの, はじめは, はらはらし, ひやひやし, ひやりとした, びっくりし, ほかの, ましたよ, ましたわ, ますよ, みました, みるに, みろ, もらえば, やって来た, やめに, よく視る, わざわざこの, わしは, ゐます, ビクビクし, 上って, 下に, 下の, 下を, 二階の, 人に, 今は, 何でも, 何とも, 何も, 傍を, 僕も, 先に, 先生の, 入って, 出掛けて, 出来るだけの, 努力し, 参りました, 妙な, 子供の, 寺の, 居たもの, 居たん, 居られるの, 居りましたの, 居りましたのに, 居るか, 居るけれども, 居るに, 居るらしい, 幾度か, 店の, 庭を, 後の, 後悔し, 微笑した, 心も, 忘れて, 息を, 感謝し, 慄然と, 或る, 振返ると, 探したが, 書いたの, 来たわけ, 来ましたよ, 様子を, 次の, 歎い, 止めた, 毎日の, 独りで, 甲斐は, 男は, 私を, 空を, 窓の, 米友は, 糸を, 結婚した, 行くと, 見たの, 見たり, 見ても, 見まわすと, 見ること, 見るに, 見廻して, 訊いた, 訊いて, 諦らめて, 身体を, 迷って, 金を, 間違いは, 電話を, 電車の, 静かに, 馬を, 骨を

3 [330件] あたしは, あちこちと, い, いい加減な, いくども, いそいで, いたいろいろ, いたかの, いたがね, いただきます, いただろう, いたって, いたであろう, いたとの, いたらいつの間にか, いたらしいの, いたらば, いたら今, いたろう, いたろうか, いたろうが, いたんで, いた伸子, いた位, いた僕, いた兄, いた家, いた扉, いた折, いた方, いた時代, いた母, いた母親, いた青年, いないけれども, いないでしょう, いなかったもの, いまい, いましたけれども, いましたし, いましたのよ, いますけれども, いませんでしたが, いませんでしたよ, いませんでしたわ, いやな, いらしたの, いらっして, いらっしゃるか, いらっしゃるかも, いらっしゃるでしょうね, いらっしゃるに, いらっしゃるのよ, いらッ, いるお, いるかを, いるくせ, いるじゃ, いるそう, いるそれ, いるそんな, いるであろうと, いるなどと, いるにも, いるのね, いるもん, いるんで, いる人々, いる人達, いる僕, いる向き, いる夫, いる女, いる奴, いる小説, いる山, いる気持, いる訳, いる連中, うす笑い, おたずねし, おったこと, おったの, おりましたから, おりましたけれど, おりましたこと, おりまして, おりますうち, おりますのに, おりますん, おりませぬ, おりませんでした, おること, お世話を, お前は, お前を, お金を, がっかりした, がまんし, きいた, きたのに, きたん, くれよ, くれると, くれるなと, くれれば, くれ給え, ここで, こちらの, こちらも, このよう, この地, これでも, こんな所, さっきから, しまえば, じっとし, じっと見, じぶん, そこらを, そっと室, そのまま私, そのまんま, その人, その室, その晩, その次, その窓, それきりに, それらの, ぞっとした, たずねて, だまって, ちょっとお, ちょっとその, ちょと, つい, つくづくと, とうとうその, とって, どうかし, なおよく, のぞいて, はいって, はっとした, ひかえて, びくびくし, ふいと, まいりました, ましたの, ますのよ, みるが, もらって, もらっては, やしねえ, やめて, やれば, よく調べ, よろこんで, らっしゃる, らっしゃる方, ろ, わあいと, わざと平気, わたくしも, わたしたちは, ゐる, ゐるの, んだ, キャラコさんは, 一旦は, 一種の, 丁寧に, 上人の, 下さいまし, 下さいますな, 下さっては, 下さるでしょう, 下さるな, 下すって, 不図, 両手を, 中を, 中将は, 二三の, 二階へ, 云ったこと, 人間の, 今日の, 仕事を, 伴れ, 体を, 傍に, 入口の, 出かけた, 出たが, 初めは, 別れて, 力を, 努めて, 努力した, 勉強した, 参ったの, 参考の, 取って, 口の, 周囲を, 大変に, 大将は, 大急ぎで, 太郎は, 夫人に, 夫人は, 奥の, 女を, 安心する, 室の, 宵に, 家来に, 寝衣, 尊敬し, 少年の, 居たけれど, 居たけれ共, 居たより, 居ったが, 居ますと, 居りましたところ, 居りますよ, 居りやす, 居るかも, 居るという, 居るよう, 居る千世子, 居る所, 居る様, 岩の, 差支えない, 帰った, 帰りがけに, 幾度も, 床を, 往った, 後ろを, 従いて, 得意に, 心配しました, 心配で, 念を, 怒って, 思い切って, 悦んだ, 悪口を, 慌てて, 我慢に, 手の, 手紙を, 探しに, 控えて, 提灯を, 放って, 故意に, 日の, 最初は, 机の, 来たこと, 来たと, 来たところが, 来たね, 東京に, 楽しみに, 機会を, 次の間へ, 死んだの, 母に, 気の, 池の, 海の, 涙が, 清三は, 渡しましたら車掌, 父の, 生活し, 用意し, 町の, 疑って, 白娘子に, 相手に, 私に, 立ち上った, 立ち上ろうと, 立ち止まると, 緊張し, 縁先へ, 聞き耳を, 肩を, 腰を, 腹の中で, 苦しんで, 苦笑した, 蓋を, 薫は, 表へ, 見つめて, 見ねば, 見ようと, 見廻すと, 言葉を, 話の, 話を, 走って, 足の, 近寄ると, 逃げて, 透かして, 這入って, 部屋へ, 酒を, 長い間, 間違いない, 隙を, 障子の, 障子を, 面倒を, 頂きたい, 頭を, 飛んで, 食べて, 驚いて, 鬼火の

2 [965件 抜粋] あいつの, あせっただ成績, あたしが, あても, あなたの, あの湖心寺の前, あるとき, いい加減に, いきなり大きな, いくと, いたあたし, いたお母さん, いたからね, いたさ, いただきたくないこと, いたであろうが, いたとは, いたのね, いたよりは, いたらしいが, いたらそんな, いたらまた, いたらやっぱり, いたらよい, いたら大仏様, いたわたくし, いた以上, いた娘, いた徳さん, いた故郷, いた気持, いた父, いた物音, いた程, いた舌, いた身, いた部屋, いた金銀珠玉衣服, いた鳥打帽子, いつでも, いては, いないところ, いないので, いない人間, いなかったけど, いながらも, いなさるだろう, いぬの, いましたに, いますね, いますん, いまの, いやがん, いやに大束, いようと, いらっしゃい, いらっしゃいますのに, いらっしゃらないん, いらっしゃると, いらっしゃるよりも, いらっしゃる方, いられますか, いられるん, いるかしら, いるかな, いるかは, いるけれど, いるさ, いるせい, いるぞ, いるだけで, いるだけの, いるでしょうが, いるとも, いるならば, いるひと, いるまま, いるや, いるらしいこと, いるらしいと, いるらしかったが, いる一方, いる云々, いる兄, いる地方, いる感情, いる母親, いる点, いる真面目, いる考え, いる葉子, いればこそ, いろいろな, いろいろ思案, うちへ, うんざりし, おいでです, おくん, おったところ, おらぬ, おらぬらしい, おられたもの, おられますか, おりは, おりましたので, おりましたよ, おりますこと, おりますところ, おりますよ, おり私, おると, おれが, おれも, お出, お出でなさい, お君, お島, お暇乞, お目, お雪ちゃんは, かなたの, かの川べり, かれら, がまんに, きて, くださらないの, くだすって, くれたと, くれた事, くれない, くれるか, くれるとは, くれ私, ここの, こないだも, この子, これで, こわごわその, ごらん, ごろりと寝よう, さてこそ, した事, しばらく耳, しまうに, じっとその, じっと気, すくなからず, すこしは, そういうこと, そうする, そう言った, そこから, そこまで, そして自分, そっと覗い, そのうち私達, そのため, そのよう, その主人, その場, その手紙, その方向, その機会, その翌日, その話, その辺, その金, それすら, それでお, それなりに, そればっかりを, それ以上は, ぞっとする, たべて, だんだんに, だんだん調べ, ついでに, つかって, ですよ, どうしてそんな, どうでしょう, どこから, なの, なめるの, はいられませんか, はっとする, ふと気, ふりかえると, ほっとした, ますが, ますと, ますわ, またし, またその, みずに, みますと, みる事, みんなの, もって, ものを, もらいましょう, やった仕事, やめたの, やるの, よいほど, ようすを, よく見, よく調べた, よした, よんで, らッし, ゐたのに, んの, ギクリと, サヨは, ソッと, ネエ, ホッと, ポケットへ, ムカムカし, 一つの, 一人の, 一同が, 一度味わっ, 一時は, 一歩も, 七兵衛が, 三人は, 三吉は, 上がったん, 上ったん, 下さいますか, 下さったの, 下宿に, 不安の, 不審した, 不思議がった, 不意に, 両手で, 主人の, 乙は, 二人に, 二人を, 云うん, 五郎さんの, 京都へ, 人にも, 今この, 今夜は, 今来た, 仕度を, 会場を, 何かの, 何を, 何事も, 何処かへ, 余計な, 俳句は, 僕が, 僕の, 先刻から, 全速力で, 六連発の, 内々は, 再三白娘子, 冷汗を, 出かけたの, 出口に, 刀を, 初めから, 前からの, 力めて, 勉強し, 勝手に, 半蔵は, 博士の, 参ったもの, 参上しました, 口に, 叫ぼうと, 右の, 君に, 呉れるの, 呼んで, 喜びました, 喬生は, 四明山頂の, 坂を, 堪忍し, 外に, 外出の, 多くの, 夜が, 夜は, 夢の, 大きな声, 大臣は, 奥へ, 女王は, 妻の, 始めから, 姫君の, 娘が, 娘を, 存分に, 学校へ, 実は心配, 室を, 家中を, 尋ねて, 尋ねますと, 少しばかりの, 少し気がかり, 尼君は, 居たこと, 居たって, 居たのよ, 居た矢先, 居た者, 居ったのに, 居ない, 居なかったが, 居なければ, 居ますが, 居ますけれども, 居ます処, 居られる, 居りました処, 居りますうち, 居りますの, 居りまする, 居りませんでした, 居るけれど, 居るもの, 居る私, 山荘の, 差支えは, 己の, 帯の, 帰宅した, 幾晩も, 度胸を, 庭の, 廊下に, 廊下を, 引返して, 彼が, 彼女の, 往きかけたところ, 待ちかねて, 待ち構えて, 後ろから, 後悔する, 御遠慮なく, 心が, 心では, 心配してた, 忘れようと, 恐れた, 息子の, 悲しそう, 態, 慰めた, 我ながら, 戦争の, 戦争を, 手で, 手拭を, 手紙出しました, 押して, 拾って, 振りかえると, 振り返って, 敬太郎は, 敷居の, 新田先生は, 日を, 明けて, 昨日の, 暇を, 暗い気持, 暫くは, 更にその, 書かないこと, 書斎へ, 最初の, 最後の, 期待し, 本堂の, 来たけれど, 来たところ, 来ますと, 東京へ, 林の, 栄之, 案内を, 検めて, 横に, 歎息する, 死んで, 毎日そこに, 水の, 江戸へ, 沼の, 泣いて, 洗って, 深くは, 渡瀬は, 温泉の, 満足した, 無暗に, 無闇に, 熟と, 父は, 物に, 猫の, 玄関の, 現にこの, 生徒を, 男の, 留吉は, 盃を, 盗んで, 相談に, 眠りに, 眺める, 眼に, 知らず識ら, 石の, 秘密の, 空蝉は, 立ちどまって, 立ち上りました, 立上った, 立止る, 笑った, 第一, 紫の, 縁側に, 罪を, 考えた, 聞きました, 腹が, 自ら慰め, 自由に, 船の, 花を, 苦労し, 茫然と, 薬だけ, 薬を, 行ったが, 衣兜から, 裏口から, 見え隠れに, 見たせい, 見なおすと, 見よう, 見る時, 見上げると, 見物した, 覗きに, 親切に, 観念し, 訊くと, 許して, 詮議する, 読みました, 読むと, 誰か, 誰れ, 起きて, 足が, 跟い, 躊躇し, 身が, 軽蔑し, 辺りを, 近づくと, 返事も, 追いかけて, 退屈男は, 逃げたん, 途中で, 遊びに, 遠慮した, 遣って, 避けようと, 針ノ木の, 門の, 開いて, 隣の, 電車へ, 青二は, 頑張って, 顎を, 飛び出して, 餞別を, 馬吉は, 髪を

1 [9060件 抜粋] あああの, あきらめようかい, あせらずに, あちらへ, あのお母さん, あの銅板, あらゆる手がかり, あれこれと, あんなふうにキューピー, いいね, いくの, いたあなた, いたかれら, いただきましょう, いたでしょうね, いたばかりの, いたらいや中, いたらしいと, いたらそれから, いたらアテ, いたら全く, いたら意外, いたら決して, いたら関ヶ原以後, いたんざま, いたメリー号, いた予想, いた作家, いた勝家, いた君太郎, いた多く, いた娘さんたち, いた山野氏, いた折柄, いた望み, いた様子, いた浅井, いた生け垣, いた石福海少年, いた職工, いた蛾次郎, いた賀川市長, いた阿房, いた駅, いっそこの, いつも後, いないだろうな, いないらしくなんとも, いない彼, いない頑固, いなかったらしいん, いなけりゃならぬはず, いまさらの, いましたら, いましねえで, います熱, いまつくづく, いよいよ仏神, いらっしって, いらっしゃらないのね, いらっしゃる人々, いられはせぬかと, いるいい, いるこうした, いるで, いるならそういう, いるゆえ, いるらしい演出者, いるらしく光線, いるカテリーナ・イワーノヴナ, いる不安, いる修業盛り, いる吉川夫人, いる女性たち, いる尼君, いる心持ち, いる明智小五郎, いる沢正以前, いる石井鶴三氏, いる胸算用, いる近所, いる風景画, いろいろ心がけ, いわれるまま, うつぶしに, おいででしょう, おかしくならない, おせい様, おとなしく甲斐, おべ, おらぬであろうが, おられる御, おりましたからな, おりました気持ち, おります場合, おり死, おれの, お出の, お参りに, お寝間, お母様に, お茶に, お近づき申す, かえって私, かぞえました, かれ一流, きかかりますと, きっとご, くださいましたらどんなに, くちびるを, くれちゃあ, くれるおとうさん, くれるもの, けっかるん, こう愉快, こっちから, この叛逆, この日, この話, こりゃどう, こんなところ, こんな買物籠, さがすと, さっそく馬, さらに馬, しきりに引っぱっ, しばらくあっけ, しばらく遠ざかっ, しまったと, じっとながめ, じっと鳥籠, すぐさま改訂, すこぶる腹, すむから, ずいぶん躊躇, せっかく待っ, そうか, そう決定, そしてころころ, そっと例, そっと民子, そのあさって, そのままそこ, そのまま黙っ, その人生, その味い, その後に, その文章, その沢山, その笛, その部屋, それから又, それでも負け惜しみ, それにも, そんなに心配, そーっと, たじろいだの, ただ美的調和, ため息を, だん, ちょうど人通り, ちょっと可笑しかっ, ちょっと考えた, ついに決心, つかつかと, つぼの, でなくより, とっさの, とんだお節介, どうにも部屋, どんどん荷物, なお娘, なさること, なるべくあなた, にこりとも, のどかな, はおりませんでした, はっと眼, ぱくりと喰いついた, ひとに, ひょいと振り向く, ふくろうの, ふと室, ふれて, ほほ笑まれて, まごまごし, ますけど, ます葉書, またじっと, また堪え, また瞳, まだ草履, みずから慰めよう, みない方, みる必要, むちゅうで登りました, もうちゃんと用意, もう姑, もっともらしく, や, やったん, やっぱりきかないにきまっている, やるから, ゆけば, よく前, よみました, らっしたん, わが輩は, わざと恐ろしい, わざわざダートムア, わざわざ起き, われと自分, ゐたん, ゐるのよ, アメシストの, カフェーナショナルは, クラブへ, サト子の, スラックスの, ツイあんな, ドンと, ハンドルを, ピシピシと, ページごとに, マアどれ位私は, モルモットの, ヴィストの, 一両二分に, 一寸キョロキョロ, 一心に叢, 一日ひまを, 一曲でも, 一生懸命明りを, 一瞬色蒼ざめたが九叔が, 一郎は, 万端やる, 三本ばかり, 上に, 下さらないん, 下さる美しい, 不安そうに, 世話が, 中庭で, 久しぶりに, 乳母は, 事務所へ, 二三歩進んだ, 二疋を, 五六歩あるいた, 亭園へ, 今が, 今年一年やっ, 仕たと, 他方を, 企んで, 伸子も, 体が, 何んの, 余所へ, 便所へ, 停車し, 働いて, 元気を, 先日も, 入ったん, 全身の, 兵馬が, 其話を, 内緒で, 再三懇願, 出かける, 出入りの, 刑事を, 別段意, 剥いて, 勉強させた, 北の, 十字を, 半年ばかり, 却って気の毒, 参りましたん, 又寝, 友木は, 取っといたん, 取越苦労ばかり, 古びた食店, 台の, 吉次郎は, 名高い小唄, 呉れたら只, 呼びかけました, 咒って, 啖い付きました, 喰って, 四月十七日の, 国道へ, 坂東の, 墻壁を, 夕方近くなっ, 夜待った, 大きく眼, 大切な, 大平さんの, 天下の, 奥から, 女房たちの, 妹の, 威張りやがるな, 嬶アも, 宅の, 実に呆れ返った, 実は自分, 宿で, 寒い様, 寝酒の, 尋ねたと, 小林を, 少しくらいは, 少し当っ, 尚よく, 居たこの, 居たら大晦日, 居た心持, 居ったところが, 居なかったから, 居ません, 居られる今度, 居りましょうか, 居ります病人, 居るよ, 居る御, 居れど, 山奥へ, 崔諒が, 左へよけ, 市に, 帰りの, 平八は, 幾分かの, 店で, 弁護を, 引上げた, 強いて勇気, 影で, 待ち兼ねて, 後もどり, 御座らぬ, 復た起きてる, 心持よく, 必要以上に, 怒る, 思わず駆け寄っ, 恋い焦れながら, 恨めしかった, 悦んで, 情なくなった, 愛しました, 慎もうとしても, 懐中へ, 我慢は, 戸口に, 手欄から, 打つには, 折角好意, 担架について, 持ってるん, 振返った小太郎, 掘り出して, 接近し, 揮りかえった, 改心した, 敬意を, 料理屋の, 新宿の, 旅立ったの, 早くおっ, 早速問題, 映画を, 時々そこ, 暗い堀端, 暫く考え, 更に一生懸命, 書くの, 月明かりで, 未には, 本郷神田辺へ, 来たのにと, 来ましたわ, 枕や, 校長の, 梓は, 楽しまないふう, 櫛田医師に, 歓びに, 此処な, 歩く気, 残念がりました, 母や, 毎日食っ, 水も, 池ノ平から, 油断した, 泣く泣くだまっ, 流しを, 涙ぐましい気持, 深い悲しみ, 満足したらしい, 澄子は, 無分別は, 焼まし, 爺の, 特に読者, 狼狽て, 現実に, 生意気な, 田辺さんに, 留まる方, 病気と, 皆やりましょう, 直ぐあの, 真直に, 眼瞼を, 知らんふり, 破けた窓, 神尾の, 私や, 移転先を, 空想する, 立ちどまったまま, 立停っ, 笑い出した, 籠を, 紙に, 組み合ったまま, 綺麗な, 纏頭用として, 翌日そこへ, 考え出そうと, 聯想の, 背負って, 腹立たしかった, 自分達の, 興味をさえ, 良人の, 芸術小説の, 苦しい中, 苦笑を, 草臥れたら励まして, 落着きを, 薙刀を, 蝋燭を, 行ったとき, 衣兜に, 襟もとを, 見せびらかして, 見たりも, 見なおしたが, 見られるの, 見回したが, 見給え, 覚えず眼瞼, 親父の, 言ったこと, 訪問しました, 話せと, 読んだだけ, 諦めるん, 谷へ, 貧しい路銀, 貴様が, 赤いふうせん, 起ったが, 跪きました, 躊躇に, 軽く吐息, 近いうち, 返討に, 送ったん, 通して, 連山を, 道也先生は, 選りに, 酒まで, 金吾と, 鋏で, 長女を, 間もなくその, 附近の, 隔てなくして, 雨戸の, 青木は, 頂戴, 頻りに怒鳴っ, 飛びこんで, 食ったの, 首ッ玉を, 駆けつけたので, 騒いで, 高柳君は, 鶴見は

▼ 思っても~ (867, 2.8%)

11 それは, みなかった 7 いなかった, それが 6 ぞっとする, みた 5 私の, 見た 4 いなかったの, そうは, 私は, 見なかった 3 いないこと, そこは, みたこと, みて, みないの, みなかったこと, 仕方が, 思っても

2 [37件] いざと, いないだろうが, いないのに, いない事, いなかったので, いまいが, ごらんなさい, せぐりあげる涙, その元気, それに, それも, ぞっとします, どうなる, なかなかそうは, ひとりでは, みるが, よい, ツイ涙が, 人が, 仕様が, 口に, 向うは, 堪らないの, 声が, 変えること, 展覧会で, 帰ること, 彼は, 御覧なさいまし, 思うよう, 恐ろしいこと, 深く心, 自分が, 見ろ, 親の, 足が, 駄目だ

1 [695件 抜粋] あきらめられないもの, あたま, あなたの, あの人, あまりいい, あまり汝, あれは, いいだろう, いいです, いいという, いいなと, いい人, いい女, いい理由, いい顔一つしよう訳, いう機会, いかんせん分化作用, いけない親, いけませんよ, いた, いたし, いたの, いた源氏, いちばんだった, いっそう打, いつも頑固, いない, いないし, いないふう, いない方法, いなかったし, いなかったなれなれし, いなかったもの, いなかったわ, いなかった懐中電燈, いなかった話, いまさらそれ, いましたが, いませんでしたが, いませんでしたわ, いまやその, いやだ, いやな, いるし, いるであろうから, うち中箒だらけで, うれしがれない, おそらくどこ, おらぬが, おられない, おりませなん, お多喜, お宅, お母さんが, お礼を, お絹, お附, かれの, くれない母親, こ, こうして会う, こう人間, ここは, このごろは, この地位, この次千鶴子, この谷, この際, これじゃ, これと, これは, こわいよう, こんどは, ごらんに, さきは, さしつかえありません, さしつかえないでしょう, さまざまの, しかしはじめ, しぜん, しない事, しゃくにさわる, しょせん書けない, しようと, じき分る, じつは愛し, すぐ吐き, すこしお話し, する気, そういうとき, そういう俗悪, そうそうは, そう不, そう思っ, そこが, そこまで, そのことごとく, その心持, その意識, その手さき, その手紙, その方角, その時, その暇, そりゃ危いもの, それから, それさえ, それぞれもう, それだけの, それならカソリック, それより, それを, そんなもの, そんな機会, ぞっと致します, たまらねえね, だまって, だめであった, だれが, ぢも, ついつかれ, ついひとりでに音, ついムカムカッ, つい人目, つい時間, できない相談, できなくなって, できるもの, できる事, とうてい駄目, とても無駄, とにかく宿屋, どうしていい, どうしてもまぎらす, どうしても思う, どうしても死ぬる, どうして先, どうしよう, どうにもできまい, どうにも致し方, どんなに離れ, なお思いたりない, なお生きよう, なかなかむずかしい, なかなかむつかしい, なかなか拵え, なかなか簡単, なかなか諦めきれない, なつかしい胸, ならぬ, なれない人, ひとりでに唇, ひどい貧乏, ほとんと, ほんに伯父さん何, ぽき出し, またその, また源氏, まだ小学校前, まだ熊, まったく色, みたまえフランス, みな, みないひと, みない事, みない男, みなかったこの, みなかったし, みなかったの, みなかったよう, みなかった透明人間, みませんでした, みよ, みよう, みろ, めんどうくさくて, もうしようが, もうその, もうべつにいや, もう心, もう暗号, もとでが, もはや私, やって, やはり一旦強迫観念, やはり似, やはり気, やはり解らなかった, やはり酔, やれなかったら広言, よいの, よいほど, よかろう, よく漫遊者, よろしいの, よろしければ, わかる時, わたしと, わたしは, ウイスキーなんか, ウジャウジャ子供が, エサが, カンフル注射を, ガタンガタンが, スルスルと, ソンナ余裕なんか, ツイ胸が, 一つだって, 一ペエジも, 一向に生え, 一寸見附から, 一度たしかめよう, 万一模様, 三日も, 不具の, 不徳じゃ, 不快悪, 世ずれた, 世の中が, 世の中の, 並ぶもの, 主人の, 主観の, 事実年齢から, 二人は, 人ごとの, 人伝で, 今宿屋, 今度十円の, 今更仕方, 仕上げるまでには, 他に, 他人は, 仲よくする, 何うも, 何だかねえ, 何だか不安心, 何だか淋しい, 何でも, 何の, 何事に, 何処に, 何分にも, 何度も, 何時逢える, 例の, 俺の, 傍が, 兄や, 先刻ひろがった, 先方に, 先方の, 先通りの, 入れずに, 其の微妙, 其辺に, 出て, 出ない, 出られねえので, 出来ないあんばい, 出来ないよう, 出来ること, 出来る話, 別に不都合, 別に恐怖, 別に悲しみ, 前に, 前ほどの, 力量が, 助かること, 助けて, 効いない事, 動かされぬもの, 動かなかった, 勝手に, 十七の, 及ばないこと, 及びも, 取りかえしが, 口を, 可思議, 向うが, 向うで, 向こうの, 嘆かわしいこと, 嘘の, 土地家屋が, 地の, 地獄の, 堪忍し, 売れせんで, 夕立その他の, 夜中に, 夢中に, 天井の, 夫婦が, 奥底知れない, 女の, 女を, 好きに, 姉上貴女に, 嫌いで, 子供ながらに, 子供自身が, 安全感から, 宜かろう, 宜しいでしょう, 実行には, 実行出来る, 宮の, 容易に, 容易の, 寒うて, 小気味よい, 少しも, 居りませんし, 山国の, 工合よく, 左膳は, 差し当って, 差支ない, 帰って, 平素から, 幾ら高く, 庄兵衛は, 強ち, 彼には, 彼女は, 往かれないの, 御存じの, 心が, 心配が, 心配で, 必ず辛く, 必要が, 忘れられなくなりました, 忘れられるもの, 忙しくて, 怒る, 思い出すこと, 思えば, 思わずムラムラッ, 急いで, 恐しいこと, 恐しい汚れた血, 悚然と, 悲しい哉時, 情なくされる, 愉快だ, 感受性の, 憂欝, 憎いの, 憎む, 手が, 手放す事, 手水鉢は, 押しくだって, 推測される, 旅宿でしょう, 日の, 旦那は, 昨夜の, 最後の, 本当に憫, 朱実には, 来たの, 案内者は, 梶は, 止せなくなって, 止められんもの, 止め度なく, 此れ, 残酷な, 段々馴れ, 殺せ, 母は, 気が, 気も, 気味が悪うござんす, 気味の, 気迷が, 決していい加減, 決して朝, 決して然う, 消えるもの, 消化れない, 為方, 無である, 然うい, 爺様と, 牛のよ, 犬である, 独り心へ, 理解出来ない, 用事が, 由々しきこと, 甲の, 男では, 男は, 病気の, 痩せられやしません削るわけ, 皆一様に, 直ぐ背後, 相手の, 相手方が, 真似を, 真逆, 知れようこれ, 確かに, 私が, 私を, 笑えない, 筋さえ, 結局一人呑込みに, 結論は, 絶対に, 絶対安静に, 綿を, 考えても, 聞えやしません, 肌が, 肚の, 胸くそが, 脊筋の, 腰を, 自分には, 自分の, 舌が, 船が, 船でなけれ, 若いに, 若し実際やれ, 苦しいばかりで, 虚無僧が, 蝋燭が, 行く山, 行って, 行に, 表面そう, 襟を, 見せるわけ, 見せる時, 見たが, 見ただろうか, 見たまえクリコー, 見たろうか, 見て, 見ても, 見ないし, 見ないので, 見なかったこと, 見なかったところ, 見なかったむしろ主従, 見られない, 見られなかった, 見られなかった闊達, 見る事, 見当らず茗荷, 見首尾, 親同士, 親子共胸の, 親類なら養っ, 解らぬもの, 話せない山嵐, 誰彼が, 調和に, 貧には, 貰いたくならないの, 貴方が, 賛五郎の, 質問さえ, 路が, 躊躇し, 身に, 身体中が, 輝かしい一事, 近い処, 逃げっちまうじゃ, 逃げられる筈, 逃げ道の, 逢えやしない, 道が, 酒屋まで, 酔えないもの, 金の, 鉄の, 長ッ尻, 開けず, 間違いありません, 雨天その他第, 雲が, 頬が, 飛びつかずに, 飛べないでは, 駄目じゃ, 駄目です, 駄菓子一つも, 高嶺の, 髪の毛を, 黙っては

▼ 思っては~ (356, 1.1%)

26 いけない 15 ならぬ 14 ならない 13 いないの, いなかった 10 いない, いません 6 いたが, いるが 5 いけません 4 いけませんよ, いるの 3 いけないの, いないよ, いないん, いなかったの, 居なかった

2 [21件] いけないぞ, いけないと, いた, いたんですが, いないよう, いませんから, いませんでした, いませんわ, いらっしゃらないの, しなかったの, ならないの, ならぬと, ならぬという, ならぬの, みても, 下さらないの, 大間違い, 居るが, 見たが, 間違いです, 駄目だ

1 [173件] あと強く, いかぬ, いかぬか, いかぬと, いかんぞ, いけないいけないと, いけないので, いけないよ, いけないよう, いけない夜叉, いけない当分, いけねえ只, いけませんとな, いけません歌うもの, いたさ, いたの, いたものの, いても, いないか, いないかも, いないけれど, いないだろう, いないでしょうね, いないらしい, いないらしいが, いないわ, いない前川夫人, いなかったが, いなかったけど, いなかったけれど, いなかったこと, いなかったと, いなかったので, いなかった位, いなかった男爵, いなかろう, いねえの, いまい, いまいけれども, いました, いましたが, いませんがね, いませんと, いやしない, いらっしゃらない, いられないん, いるけどね, いるものの, いるん, おびえた, おりおりひそか, おりましたん, お出なさらない, かえって間違, ききませんが, きものをと, くれないこと, くれないの, くれないもの, この, こまります, これは, さも感心, しない, しないから, しなかった, しませんが, しませんでした, すまない, そこらを, そっとあたり, そっと涙, その味, その期待, それを, ぞっとする, だれが, ついいつも遠慮, ときおりペン, ならないこと, ならないし, ならないぞ, ならないと, ならないという, ならぬいっては, ならぬそれでは, ならぬ人, ならぬ安心, ならんぞ, ならんの, なりません, なりませんよ, ひどく恐れ, またとめどない, また悩, また疑念, まだ自殺, まちがいだ, まちがいである, まちがいです, みたものの, みないの, むだに, もって, ものを, ゐなかったらう, 下さらないですよ, 下さらなかったの, 不十分であろう, 不可せん, 不可ない, 何遍か, 前もって震え上がり, 又家, 困りますよ, 大きな声, 大まちがい, 大間違である, 妻と, 宜しくない, 寒いと, 居た, 居ても, 居ないの, 居ないのに, 居ませんの, 居りますけれど, 居りますけれども, 居りますけれどもね, 居りませぬどころ, 居りません, 居りませんから, 居るに, 居るん, 幾度か, 忠節が, 恵み己, 悪事を, 感心し, 成りませんぞ, 手紙で, 早すぎる, 昔あの, 時々お, 最う添っ, 来たが, 楽しんで, 歎息ばかり, 毎日同じ, 毎日話の, 注意し, 海を, 涙を, 済まないが, 満足できぬ, 煩悶を, 瞼に, 私の, 私は, 罪を, 翌朝は, 自分で, 自身の, 見るもの, 誤解である, 踏みとどまって, 迎えぬはず, 違うお前, 遠慮し, 間ちがいだ, 間違いである, 間違うであろう, 非常な

▼ 思ったり~ (344, 1.1%)

87 した 52 して 13 する 10 しました 9 したこと 8 したの, するの 6 すること 5 したが, します, すると 3 しては, しながら, それを, 言ったり 2 ある時, したので, するよう, 何か

1 [116件] あるいは早く, あるいは曠野, いたします, いったり, おかしく思っ, お清, かなりの, この勢い, こまかい虫, こんなにも辛い, さらにまた, しがち, したけれども, したけれ共, したほど, したもの, したわ, したん, しちゃ, しつつも, しましてね, しますが, しますけれど, し乍ら, するから, するが, するその, するのに, するば, するもん, するわけ, する直接, そう思う, そこまで, そのとき, その仕返し, その点, それは, てんでになにか考え, ときには思い切っ, なんかしてやしない, なんとか話, なんどし, まあそう望ん, また, またあまりに, またこう, またこの, またとき, またはそんな, または真実, また中, また人声, また夜, また思いなおし, また思い反し, また直接当面, また賃銀, もう疾うに, もてなしたり, やまがらに, ツイね, ハンと, 不意に, 世の常の, 云ったり, 何と何, 信じたり, 俯向い, 先方の, 出来て, 又は刑事巡査, 又或, 可愛い, 各種の, 哀な, 多少なり, 大逆に, 妻に, 姉の, 娘とさえ, 家の, 思い出される毎, 恐ろしくなっ, 恐縮する, 悪いと, 悪く思っ, 悲しんだり, 悲惨に, 惜んだり, 感じたり, 按摩師の, 政府乃至, 本能的な, 東京よりも, 潮ふく鯨を, 為たり, 現実の, 男の, 相当な, 私と, 突然自分, 等した, 考えたり, 職業上や, 膝っ, 自分の, 自分自身や, 致します, 見たり, 言葉も, 途中歩い, 酒が, 隠したところ, 音楽を, 頭痛が

▼ 思ってや~ (83, 0.3%)

16 がる 15 しない 12 がるん 6 しないよ 4 しないん 3 しないの 2 がるな, がるの, しないわ, しないわよ

1 [19件] あがるん, がるうん, がるくせ, がるこの, がるし, がるそんな, がる馬鹿, しないかの, しないが, しないがね, しないし, しないだろう, しないと, しないとか, しないのよ, しないワ, しなかった, しなかったん, しねえん

▼ 思っちゃ~ (82, 0.3%)

10 いないん 4 いけない, いませんよ 3 いけないよ, いない, いないよ, いません 2 いけねえ, いけません, いないの, いるん, すまないよ, 居ない, 間違いだ

1 [38件] いかん, いけないぜ, いけないって, いけないと, いけねえぞ, いないさ, いないぞ, いないだろうなあ, いないですよ, いないね, いないので, いないよう, いねえ, いねえから, いまい, いますが, いませんがな, いませんぜ, いませんでした, いられぬ風景, おらん, おらんの, おりませんですよ, おりませんよ, くれない, だめです, つい生かしちまう, なりませんよ, まちがえだぜ, アいけません, ア兎ても, 不可ねえ, 危さに, 厭です, 呉れんよと, 困るから, 引っぺがすようにして, 済まないのね

▼ 思ってか~ (74, 0.2%)

2 彼の, 急に, 自分の

1 [68件] あるいは単に, きゅうに, くすんと, そこに, そのまま踵, その家, その駕籠, ただ相手, とっくに戸締り, ひとつには, ひどくあせっ, ひどく乱暴, びくびくし, ふと此方, わしの, プロが, 一銭五厘の, 七日間の, 下へも, 予の, 二階の, 今晩一家中で, 余り問題に, 侯は, 兄は, 光君を, 勧誘に, 取合わないの, 台を, 否か, 大槻に, 女は, 寮へ, 寺田屋から, 小屋の, 少しも, 少女は, 床几の, 引返して, 弟に, 彼が, 彼一人伸子の, 彼女に, 息を, 押入の, 方図も, 歌の, 母が, 法水が, 泰軒は, 眼を, 硯箱を, 突然さけんだ, 突然に, 終日船を, 続いて, 色青く, 若い母親, 苦々しげ, 荷づくりを, 菓子や, 蓋を, 蔦之, 衣服は, 身振い, 遠く離れ, 髪は, 黙然と立っ

▼ 思ったって~ (47, 0.1%)

2 仕方が, 饒舌っ

1 [43件] あんたの, いいかげんまで, いいじゃ, おっしゃるの, お前親藩とは, かまわない, かんしゃくが, この谿間, しかたが, そうは, そう出来ない, それ以上の, ちっとも不思議, どうにも, どうにもできる, もう直り, やっぱり違う, わたしそんな, 世の中が, 仕様が, 伸せない, 僅かに, 冗談じゃ, 出来ないもの, 動かねえや, 化かされないぞ, 変な, 始まらないよ, 守れねえ奴ら, 彼の, 悔んで, 手おくれだ, 持って, 然う, 生きるだけは, 知って, 立たれない, 贔屓の, 足が, 逃がしたりなど, 間に合わねェ, 防ぎきれるもん, 食物が

▼ 思ってね~ (40, 0.1%)

2 そいで, それで, 私は

1 [34件] あちこちひっくり返し, いいかげんあき, いいかね, いえ不断, いろんな風, おれは, ここ迄, この墓所, これは, さっそく大急ぎ, じつあ, すっかり頭, そうしたら一番, それを, なにかワケ, もう熱, よしたん, わたしは, アハハハハハ, ホントに, 今夢, 今年の, 傘一本着換え, 喫煙室へ, 大いに愉し, 妾ずいぶん, 支度は, 旅稼の, 本当に, 私も, 私ゃ弔供養を, 近所の, 電話を, 黒田先生の

▼ 思っての~ (27, 0.1%)

3 ことだ 2 ことである, ことです

1 [20件] お気の毒, お腹立ちなら, ことで, ことでした, ごった, ごとな, その言葉, 上での, 事, 事であった, 密と, 振舞いであろう, 為でしょう, 生活態度と, 申し出で, 腹立ちか, 訪問であった, 詠である, 赤誠であっ, 遠慮か

▼ 思ってな~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの市会, いや忙しい, さきほどから, そりゃお前, それが, それで, それでわざわざ, ちょっとばかり, つい今, やっと出向い, ア若し, 今じゃ, 縄を, 諦めて, 酒を

▼ 思ってから~ (10, 0.0%)

1 あ, まだ日, 僕は, 彼は, 後〇・〇二秒, 後に, 急に, 皆の, 糟谷は, 間もなく源氏

▼ 思ってでも~ (10, 0.0%)

3 いるかの, いるよう 1 いたん, いて, いるの, おりましたせい

▼ 思ってよ~ (9, 0.0%)

2 可哀そうに 1 あなたには, いくらお母さん, お駒さん, こっちも, 今の, 例えば佃, 金を

▼ 思っちゃあ~ (6, 0.0%)

1 いけない, いけねえ, いまいけれど, こまります, 不可い, 見たものの

▼ 思ってさえ~ (6, 0.0%)

1 いた, いなかった, いるの, いれば, すぐに, 焔の

▼ 思ってさ~ (5, 0.0%)

1 うかがって, この男, ちょッと, びっくりし, 薬を

▼ 思ってと~ (5, 0.0%)

1 云ったら私, 又モヤ, 弾む息, 畳に, 見こう

▼ 思ったより~ (4, 0.0%)

1 かお前, か余計, か感心, や感じ

▼ 思ってねえ~ (4, 0.0%)

2 私は 1 まあ, 己は

▼ 思ってネ~ (4, 0.0%)

1 ぼんやりあそこ, めずらしく山, 今迷っ, 見物に

▼ 思ったりも~ (3, 0.0%)

1 した, して, します

▼ 思っちょ~ (3, 0.0%)

1 ったらどうして, るの, るん

▼ 思ってたり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 思ったりなど~ (2, 0.0%)

1 して, しました

▼ 思ったりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 したの, しても

▼ 思ってけ~ (2, 0.0%)

1 えって, つかるの

▼1* [25件]

思ったまもない, 思ったらしく立止っ, 思ったりなんぞはしちゃあ, 思っていうのは, 思ってかと思い私, 思ってからに桐の, 思ってからは断然やめ, 思ってこそほんとの, 思ってさえも胸の, 思ってぞッとして, 思ってというのである, 思ってとかとかその側, 思ってなちゃあたまげたい, 思ってなどいはしませんの, 思ってなどと談笑し, 思ってなんかいなくても, 思ってのう婆さん, 思ってはとそれも, 思ってばかり見た, 思ってほどよく金, 思ってもからだが, 思ってもぞッと, 思ってわたりをつけたり, 思ってんだい, 思っらんです