青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感激~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

感傷~ ~感動 感動~ ~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想 感想~ ~感激
感激~
~感覚 感覚~ ~感謝 感謝~ 慄~ 慈悲~ ~態 態~ ~態度 態度~

「感激~」 1694, 18ppm, 6262位

▼ 感激~ (272, 16.1%)

13 涙を 10 涙が, 涙に 9 ために, 言葉を 7 中に, 色を 4 声を 3 情を, 色が 2 うちに, なみだ, ゆえであった, 下に, 場面が, 念に, 手を, 眼で, 眼に

1 [179件] あまりとうとう, あまりとらえる, あまりにさ, あまりまったく, あまり先生先生と, あまり凡そ, あまり動悸が, あまり夢中に, あまり嬉し涙に, あまり書き送つた, あまり本郷から, あまり泣い, あまり泣きだし, あまり涙を, あまり畳の, あまり私, あまり立ち上っ, あまり腸が, あまり言葉が, あまり震え, あまり頭を, あらわれる事, いろを, ことを, この火花, こもつたもの, さらにない, せいで, それと, ためか, ためだ, ないただ事, ないところ, ないもの, ない人間, ない呟き, ない日, ない日常, ない顔, なかに, なみだだ, なみだに, なみだの, のこって, のち沈黙が, ほかは, ままに, アラワレであったろう, ニヤリが, 一つだった, 一瞬間を, 中で, 乏しいさ, 乗組員, 予等を, 人たり, 仕方が, 代表選手に, 伴な, 伴は, 余り, 余り賀来子を, 余波が, 光景を, 出たもの, 力の, 力をも, 原因と, 反動で, 叫びを, 喝采を, 嗚咽が, 嘆声だった, 場面よ, 場面を, 声とが, 声に, 売出しだ, 対象に, 対面, 山頂に, 嵐に, 嵐を, 帽子を, 底からこそ, 底には, 度も, 強い心臓, 強度と, 彼の, 御口占, 心とで, 心持を, 情が, 情とを, 感謝として, 手紙と, 手紙は, 手紙や, 拍手は, 拍手を以て, 掛け声を, 握手を, 故に之, 文字も, 旋風が, 昂奮の, 時代寮生生活の, 最高潮に, 本源を, 杉田二等水兵, 極に, 極みに, 極度を, 様子で, 沈黙が, 波動に, 泣き声である, 活動は, 消え去らぬ瞳, 涙さえ, 涙さへ, 涙だった, 涙だつた, 涙で, 涙でなく, 涙と共に, 涙の, 涙は, 深い思い出, 深い物, 深かるべき, 湧き出る事, 源円滑とつ, 火は, 火花を, 焔に, 無い, 無いところ, 無いの, 燃える火, 状態な, 理由を, 相槌を以て, 眼つきを, 眼を以て, 瞬間に, 程度は, 種だった, 種である, 種と, 種には, 種は, 種子と, 筆致で, 籠ったよう, 素直な, 絶壁と, 經驗は, 血が, 街道が, 表われ, 表現だった, 裡に, 裡にこそ, 言葉に対しても, 記念である, 調子が, 辞を, 迸り出る患者さん, 逸れて, 露骨な, 面持で, 顔であった, 高所に, 高調が, 高調で, 高調に, 黒潮と

▼ 感激~ (255, 15.1%)

18 ている 14 ていた 119 て涙 7 てゐる 4 てしまった 3 ておいで, てお前, て泣い, て興奮, 興奮し

2 [12件] お麗さん, そして人間, たりした, てい, ていった, ています, てしまっ, てみんな, て受付, て心, て見せた, て都合

1 [153件] あつて, あとで, さてこそ, そうである, それを, たりする, たり例, たり力ん, たり興奮, たり警察官, ちやつたの, ついに先帝, ていない, ているなら, ているらしい, ていろいろ, てお礼, てくれる, てぐったり, てこれから, てござる, てさらに, てし, てしまい, てしまいました, てしまう, てしまったらしく, てしゃべった, てすぐ, てぜひとも, てその後, てそれでは, てたんぢ, てついに, てなきだし, てほんの, てまた, てもっと, てやまぬ, てよむ, てわが家, てゐた, てゐない, てデュアメル, て一, て一泊一円, て一語, て了うの, て了つた, て京, て仕舞う, て付け加え, て佐倉宗五郎もどき, て何, て作っ, て僕, て前後, て劇, て匆々, て又, て号泣慟哭, て向後, て君, て国家, て声, て居ます, て居ります, て岳父, て左, て已, て帆村, て師匠, て帰った, て平次, て後, て微, て忘, て忽ち, て思はず, て抱き, て新, て新築, て時には, て暁, て曰, て本科, て来た, て氏, て泣いた, て深呼吸, て独り言, て祝ひ物, て絶讃, て義侠的, て自主的, て船中, て親指, て言った, て読んだ, て賽銭, て辛酸, て返事, て退がった, て酔っ, て頭, てDDT, ながら, ながらいつも, ながらそれ, ながら一切, ながら何となく, ながら夫人, ながら帰途, ながら耳, またその, やすい, やすい人, やすい彼女, ニーナを, ルパンを, 一死を以て, 乍ら騒しく, 井上良夫君から, 今夜程, 共鳴し, 又話, 吶々たる, 命を, 奮然起っ, 己れ, 帆村に, 幸福そうに, 庶民出生の, 感謝した, 感謝する, 憤怒し, 握手など, 早くも, 易い老人, 欣幸する, 熱狂した, 発憤し, 相皷舞, 眩暈し, 私は, 精勵し, 美味さ, 自分の, 興奮しない, 行進曲が, 闘い歌い, 雷に, 驚ろかされた

▼ 感激~ (236, 13.9%)

15 もって 10 覚えた 5 与えて, 力深く 3 して, 覚えて

2 [13件] あらたに, あらわして, おぼえて, そ, 与へ, 受けて, 彼に, 感ぜずには, 抱いて, 新たに, 浴びせられるの, 知らないもの, 覺え

1 [169件] あらは, あらわさない大人ども, いまでも, うけたこと, うけたの, うけるの, おれは, くり返し, ぐっと制止, この地, こめた無言, さへ, さまして, しいて呑みくだす, しみじみと, そそるばかり, そのま, そのままここ, そのままふくら雀, たたき込むか, つきあげて, つづけて, つよくし, とりもどそうとして, とり戻そうと, どうする, なんと言い伝え, まざ, もうあなた, もうけた例, もたなければ, もちました, もちます, もつて, もて一糸, もて行き行けと, 一層高潮, 一度は, 与うるもの, 与えずには, 与えたの, 与えたもの, 与える, 与えること, 与える力, 与え得るに, 与え慰藉, 与え易い, 与へた限り, 丑松の, 二百年の, 人に, 今も, 他に, 以つて迎へ, 伝えずがさつ, 伝えて, 促し得ない理由, 催す事, 全部否定しよう, 前に, 受けずには, 受けた, 受けながら, 受けるやう, 受ける人, 叫びあげたに, 味った, 味って, 呼び気宇, 呼び起した場合, 呼んだもの, 嚴肅な, 地球上の, 失うな, 失うならば, 失って, 失ひつつ, 失わぬほどに, 妨げまいと, 巻き起こした, 帯びたひびきを, 強ふる, 待ち望むこと, 得るため, 得るよう, 心に, 思い起したの, 惜しまずすなわち, 惹起こさしめた, 意味し, 感じた以上, 感じると, 感じるの, 感ずる場合, 懐きながら, 懷い, 抱く, 持すこと, 持たずには, 持ち合わしてると, 持って, 持つ, 持つこと, 持つたもの, 持つて, 描いて, 故意に, 斥けぬ, 書かして, 有したり, 有して, 有しない, 有する, 枉げて, 森岩雄, 正成に, 求むる心, 求めて, 満足させ, 満面に, 無くして, 物語って, 現して, 生じた, 発せしめる境遇, 目的として, 眼の, 示してる聴衆, 私は, 胸に, 自ら覚えるらし, 致しました, 與へ, 蔵し, 表したもの, 表わそうと, 表現し, 表現する, 表面に, 見せて, 見て, 見出さない記録, 覚えさせられる音楽者, 覚えたの, 覚えコツコツ, 親しく揶揄いも, 覺えた, 誘うたの, 誘ったもの, 語りたいの, 語り合いながら, 語り合ひ, 読者に, 起こさせた, 起こさせること, 起こさせる四旬節祭, 起さしめたの, 起させられる, 込めて, 追想し, 追想する, 通り越してから, 銷磨する, 陳べさらに, 顔へ, 齎すべき或, 齎らし, 齎らすべき

▼ 感激~ (154, 9.1%)

4 身を 3 打たれた, 胸を

2 [16件] あふれて, つつまれて, なって, みちて, みちみちた, 充ちた顔色, 感染し, 打たれて, 打たれました, 浸って, 滿ち, 燃えた, 耽りながら, 胸が, 醉ひ, 震えて

1 [112件] あたいするほどの, うたれて, うちふるえ, おどるの, おののき出した, こたえて, この退屈そのもの, しても, たえざるに, ちかい印象ぢ, つまりました, とって, なりませんでした, ぬれた眼, ひたつて言葉, ひたりつづけて, ひたるの, ひれ伏したの, ふるえたの, ふるえるよう, ふるえる両君, ふるえを, ふるえ上ったの, ふるへる一声, まかせて, また涙, みちた手紙, むせびつ, 上気した, 乏しい生活, 乗って, 他ならない, 任せて, 体じゅうを, 価すること, 値しないが, 充ちた生活, 充ちた筆, 充ちた詞, 充ち満ちて, 入る事, 全身を, 刺戟され, 動かされて, 勝えず, 包まれた, 囚はれる, 堪えないので, 堪えないもの, 堪えません, 堪え切れないらしく兵隊, 堪へざりき, 堪へぬの, 声を, 外ならない, 媚びるよう, 引き入れられたの, 息も, 息を, 手綱を, 打たれた江馬, 打たれる思ひする, 打ち顫, 接すると, 昂らされて, 最大な, 没入し, 涙ぐむばかりに, 涙ぐんでるよう, 満ちたお辞儀, 満ちたムネ・シユリイ, 満ちた人間的光, 満ちた作品, 満ちた幸福, 満ちた歯, 満ちた気持ち, 満ちた産物, 満ちた若い, 満ちた面持ち, 満ちて, 満ち満ちた瞬間, 満ち満ちた軽い, 溢るる, 溢れた言葉, 滿ちたる, 潤む眼, 無感覚で, 燃えながら, 燃える真理, 狂つた, 生きて, 白々しく云, 目を, 眩めく, 禁え, 突如眼, 絶對的信頼を, 耽るの, 至っては, 草の, 虎船長の, 襲われたの, 触れないこと, 触れると, 言った, 身が, 酔いながら, 酔つた, 閉じて, 頬を, 駆られた, 駆られたり

▼ 感激~ (96, 5.7%)

3 来た, 溢れて 2 いつぱい, こみ上げて, 來た, 彼の

1 [82件] あった, あまりに生まなましい, あまりひどく, あらゆる雑念, あり得ること, あり誇り, ある, あるから, あるぢ, あるの, いる, うすらぎ他人同士, かなしさ, きっと取り上げる, こう語る, このまま, この地上, この場合, こみあげて, じかに僕, それを, どんなもの, ない, ないから, ないと, なかったら, なく, なくては, なくなつたら, なく死, なさ, まだくわ, まだ胸, わき上った, 一つ有様で, 一層強められる, 一足遅れ, 不断に, 人を, 何よりも, 催された, 円光を, 冷めて, 出ねば, 努力する, 動きます, 去りゆく頃, 又新た, 含まれて, 大きいの, 大佐と, 失せると, 如何に深甚, 学殖, 尋常でなかつた, 強かつ, 彼らの, 彼を, 思はれた, 急に, 技工を, 染, 欠しくなっ, 浮びました, 消滅し, 湧いて, 湧き本当, 満ちたまま, 火花の, 無い, 熱い涙, 燃えて, 現実に対する, 眠りを, 祟って, 秀男の, 私の, 胸から, 胸に, 著しく内攻, 諸君の, 身を

▼ 感激した~ (82, 4.8%)

7 のは 4 ような 3 ことは 2 ことが, 声で, 彼女は, 時の, 調子で

1 [58件] からだ, からです, からと言っ, から他, かわかりませんでした, かわっ, がこれ, きわめて意味, ためであろう, といふ, といふこと, ところへ, ね, のだ, のだった, のであった, のである, のでオペラ, ものだ, ものである, ものです, ものと, ものの, ものを, やうな, よ若い, わけで, んだ, アメリカの, ゲエテは, ホームス牧師は, 一人の, 一同は, 上なお, 余り二階の, 俺の, 口を, 喝采の, 天真に対して, 己の, 心が, 心持で, 我々は, 文字を, 様子も, 樣子で, 次第であった, 気持ちで, 涙でありました, 眼で, 私は, 結果である, 群集は, 言葉で, 調子でかう, 酔いどれ紳士たちが, 随喜した, 麦と

▼ 感激~ (78, 4.6%)

4 なかった 3 して 2 いうまでも

1 [69件] ありきたりの, あるけれども, いかなる性質, こうしていよいよ, そのまま眼前, その作家, それに, それまでに, たいしたもの, たった三日間, ちょうど小さい, ついに悠然, どんなであったろう, ない, ないが, なんであろう, ますます烈しく, やがて朧, ハイドンを, 一般の, 予想外に, 二三度は, 二度繰返される, 今でも, 今に, 今の, 今尚, 全く単純, 出来ないの, 到底筆舌, 前の, 哲学的だ, 多いの, 大したもの, 如何ばかり, 岡部伍長一人の, 張る氣, 彼の, 彼を, 往々に, 得られなかった, 必ずしも空虚, 必ず肉体慾, 時にや, 正直な, 求められられられられないといった, 決してそんな, 消えるであらう, 消えるであろう, 湧かない, 珍らしい, 生涯に, 知らず知らずの, 確かに, 私は, 究極は, 筆舌に, 篝火の, 純粋な, 絶大なる, 美しい戯曲, 興奮では, 見せても, 言葉に, 話の, 身に, 返らないらしい, 迸しつて迅雷, 遂に火酒一酔

▼ 感激~ (48, 2.8%)

1 [48件] いはうか, いふよりも, いらだたしさ, この町, さえた頭, たましい, ちっとも変らぬ, なって, なりやがて, なり光明, センチメンタルな, 信念の, 充實とを, 印象とを, 大統領から, 失望の, 思慕と, 恍惚が, 愛を, 感動の, 感涙とを, 感謝とは, 感謝を, 敵愾と, 昂奮とは, 期待を, 歓喜とに, 気魄とに, 沈黙の, 涙と, 涙なき, 無関心, 熱中との, 燃焼との, 独りよがりとを, 献身を, 甚だ近い, 祈りとを, 細かな, 絶望との, 緑なす, 良心とから, 言うか, 讃歎とを, 陶酔とに, 驚嘆とは, 驚嘆の, 驚異とを

▼ 感激する~ (42, 2.5%)

6 と同時に 3 のであつ, 様子を 2 さ, ほどに妻, 嬰児の, 樣子を

1 [22件] ことの, どころの, のだ, のです, のも, ほどに尽力, ものが, ものです, ものも, もの有之, 伴は, 光景は, 場合のみ, 外は, 娘たちの, 強い力, 性だつた, 機会が, 涙すら, 涙と, 涙も, 私は

▼ 感激~ (39, 2.3%)

3 なしに

1 [36件] あった, ありましたろう, おこらないローマ闘技場, して, しないで, しなかった, しまた, し亢奮, できなくな, ない, ないから, ないところ, なくて, なくなり明日, ひとしほ, また何, 与え無い陳腐, 何の, 何も, 充分に, 喪つてゐ, 強い, 怨嗟も, 情熱も, 有難さ, 消えはてて, 湧き従って, 無しに, 生み得ないの, 私にと, 興奮も, 行進を, 衰え批判, 見られないの, 違って, 頗る薄い

▼ 感激~ (30, 1.8%)

3 な言葉 2 である

1 [25件] であるけれども, で或, というの, なくだり, なこと, なシーン, なロマンテイシスト, な光景, な印銘, な場面, な声, な大した, な大袈裟, な心持, な忠告, な念, な感想, な空想的, な頭, におっしゃっ, にはたらく, にロマンチック, に短い, に話す, の教育

▼ 感激~ (25, 1.5%)

3 に富ん 2 に富み

1 [20件] が不足, が多分, が強く, が麻痺, で崇拝, にとむ, に乏しく, に充ち, に富まれる, に富む, に欠け, のみだった, の分子, の強い, の活計, の素因, の詩趣, は最初, を失, を持っ

▼ 感激~ (21, 1.2%)

1 [21件] あつた, かいたもの, これを, さっきとは, それを, なくして, また少し, 主君の, 人は, 今松, 全身が, 冬子に, 大和から, 押し出して, 満身を, 男泣きした, 私の, 結び合された, 胸に, 跳ね廻るよう, 身体を

▼ 感激を以て~ (16, 0.9%)

2 聞くこと, 語った, 語つた, 青年の 1 しようと, 此の, 河野と, 聴き記憶, 語った時, 語り涙, 読んだ本, 遅い時

▼ 感激から~ (14, 0.8%)

2 真の

1 [12件] 出る辞, 出発した, 急に, 戦いに, 来た犠牲的熱意, 来るところ, 来る涙, 発生する, 被搾取階級, 責任の, 醒めて, 額を

▼ 感激とを~ (14, 0.8%)

4 もって 1 なんとし, もたらす音楽, ジャスチファイせんと, 与えて, 思えば, 盛って, 胸の, 表裏錯綜した, 要求する, 語るよう

▼ 感激~ (12, 0.7%)

1 [12件] 倦怠の, 和製の, 孫弟子たちの, 思想の, 情緒に, 憎悪を, 無表情や, 町家的の, 真の, 言葉身振り態度の, 驚きや, 驚異は

▼ 感激させた~ (9, 0.5%)

1 ことは, のかも, のであった, のである, のであろう, 事が, 事で, 穢な, 箇所を

▼ 感激~ (9, 0.5%)

1 ただその, のだ, のにいま, 描写性の, 物に, 物を, 物腰で, 状態に, 調子で

▼ 感激によって~ (7, 0.4%)

1 その知識, 元気が, 入学し, 目覚まされた, 盲目的に, 自然は, 著しい進展

▼ 感激させる~ (6, 0.4%)

1 ことが, こと夥しい, ものが, ものだ, ものであっ, 種類の

▼ 感激をも~ (6, 0.4%)

2 含まない詠歎 1 また批判, 刺激されないであろう, 許さないまして何ら, 読者に

▼ 感激~ (6, 0.4%)

2 に化し 1 であった雄吉, です, によって彼, の芳衛さん

▼ 感激という~ (5, 0.3%)

2 ような 1 ものが, ものは, もんが

▼ 感激との~ (4, 0.2%)

1 いろいろの, 正当な, 結合です, 間に

▼ 感激よりも~ (4, 0.2%)

1 その感激, 寧理論風に, 強いから, 機智の

▼ 感激振り~ (4, 0.2%)

1 であった, に心から, に辟易, を示した

▼ 感激調~ (4, 0.2%)

2 と共に最も 1 に飾った, をふりかざし

▼ 感激させ~ (3, 0.2%)

2 てくれる 1 驚嘆させる

▼ 感激させられた~ (3, 0.2%)

1 のと, ものらしい, わたしは

▼ 感激させられる~ (3, 0.2%)

2 ことを 1 ところの

▼ 感激したる~ (3, 0.2%)

2 は毫も 1 徳川光圀の

▼ 感激してる~ (3, 0.2%)

1 と言つた様, と言つた樣, んです

▼ 感激せざる~ (3, 0.2%)

2 を得ない 1 を得なかった

▼ 感激せしめた~ (3, 0.2%)

1 かを明らか, 上に, 事が

▼ 感激であり~ (3, 0.2%)

1 非常な, 驚異であり, 魂である

▼ 感激とか~ (3, 0.2%)

2 人道的精神とか 1 涙とか

▼ 感激とが~ (3, 0.2%)

1 人知れず愛持, 如何にも高い, 極端に

▼ 感激とに~ (3, 0.2%)

1 ひたされて, みたされずには, 燃えながらも

▼ 感激とは~ (3, 0.2%)

1 根本的に, 永遠なる, 萬朶の

▼ 感激なき~ (3, 0.2%)

1 作品が, 生活を, 自由主義国家と

▼ 感激なく~ (3, 0.2%)

1 して, 説明を, 黙々食う

▼ 感激より~ (3, 0.2%)

1 さらに至高, 善に, 張る氣

▼ 感激主義~ (3, 0.2%)

1 であった即ち, に対して今, の文学

▼ 感激措く~ (3, 0.2%)

1 能は, 能はず幾度も, 能はず我また

▼ 感激さえ~ (2, 0.1%)

1 伴って, 感じられた

▼ 感激したい~ (2, 0.1%)

1 くらいな計らいでした, のだ

▼ 感激したらしく~ (2, 0.1%)

1 両手を, 眼を

▼ 感激しない~ (2, 0.1%)

1 ではおかれぬ, 者は

▼ 感激すべき~ (2, 0.1%)

1 人達だろう, 展覧を

▼ 感激せしめ~ (2, 0.1%)

1 エベールの, 僕を

▼ 感激~ (2, 0.1%)

1 つたので, とか若人

▼ 感激だった~ (2, 0.1%)

1 ので, ようにも

▼ 感激である~ (2, 0.1%)

1 あの大きな, にし

▼ 感激でない~ (2, 0.1%)

2 事は

▼ 感激でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 感激では~ (2, 0.1%)

1 なくして, なくて

▼ 感激とともに~ (2, 0.1%)

1 その防毒面, ドイツへ

▼ 感激とも~ (2, 0.1%)

1 つかぬ涙, 感謝とも

▼ 感激には~ (2, 0.1%)

1 まぎれも, 乏しい

▼ 感激によ~ (2, 0.1%)

1 つて著しい, つて頓み

▼ 感激に対する~ (2, 0.1%)

1 憧憬が, 熱情も

▼ 感激ばかり~ (2, 0.1%)

1 して, では

▼ 感激をさえ~ (2, 0.1%)

1 感じた, 覚えました

▼ 感激~ (2, 0.1%)

2 を二魂一体

▼ 感激思わず~ (2, 0.1%)

2 目頭が

▼ 感激深い~ (2, 0.1%)

1 対面を, 運動に

▼ 感激致し~ (2, 0.1%)

2 てをります

▼ 感激致した~ (2, 0.1%)

2 のは

▼1* [97件]

感激いたしました心を, 感激いたすに違い, 感激さえが湧いて, 感激さすだけのもの, 感激させずにはおきません, 感激させとけばいい, 感激させられ易い歌, 感激されその結果, 感激しきっていた, 感激しすぎたのである, 感激したがる一派と, 感激したささやきの声, 感激したであろうほど感激, 感激したらしい声で, 感激しちゃったね, 感激しないごとく僕達も, 感激しなければならない, 感激しまして感謝, 感激しましたわ, 感激しようとする, 感激し奮い立とうとする, 感激彼これを以て, 感激すればいかにも, 感激せしむる分子が, 感激せしめられたことで, 感激せしめられるような, 感激せしめることが, 感激せずにはいられない, 感激せぬ者は, 感激せる民衆と共に, 感激そのものでありたま, 感激たる上に, 感激だけでは, 感激だの兵隊さんよ, 感激つて云ふの, 感激ふ熱血, 感激であったろうさればその, 感激であり和え歌の, 感激でもあった, 感激とからだと, 感激とかをもとと, 感激とでも云いたいもの, 感激となつて表現せられる, 感激などすべて声高に, 感激なども好きで, 感激なり理解なりの, 感激において当時の, 感激によってのみ記憶され, 感激まだ新たで, 感激めいたものを, 感激ものである, 感激をもってロシアの, 感激ロマンチツクな精神慾, 感激乃至決心を以て, 感激る, 感激でありますが, 感激今日ではそこら, 感激共通の幸福感, 感激冒険といったよう, 感激出来るのは, 感激又は自己犠牲の, 感激口調でくり返し, 感激同情した涙ぐましい, 感激喜悦の小躍り, 感激多く見終った, 感激夢心持ここで二人, 感激歡喜で, 感激好きの騎士, 感激少しもなし, 感激居士なの, 感激崇拝において虚偽, 感激の高, 感激意望というもの, 感激戦慄劇触打撃, 感激教育となりまし, 感激方欲大擧, 感激昂奮して, 感激暗示に満たされ, 感激の小説, 感激流俗に対する軽蔑, 感激げに, 感激無量であったろう, 感激熱中こそ乏しく, 感激状態に心から, 感激的人物であって, 感激的印銘も多く, 感激的教育概念に囚, 感激的文字を連ねた, 感激的荘厳的の鐘, 感激的高調にかかわらず, 感激知己の意, 感激は音楽, 感激なり, 感激者たるの特質, 感激致しましたそれ以來其病院と, 感激までを併載, 感激雷鳥に感激