青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思い出し 思い出し~ ~思い出した 思い出した~ ~思い出す 思い出す~ 思い切っ~ ~思う 思う~ ~思え
思え~
~思えた ~思える ~思っ 思っ~ ~思った 思った~ 思ったら~ ~思つて ~思はず 思はず~

「思え~」 4123, 43ppm, 2718位

▼ 思え~ (3300, 80.0%)

76 思うほど 36 いつでも 32 私は 31 それは 20 いい 17 それも 14 何でも 12 それが, なんでも, よい, 不思議な 11 いくらでも, そうで, 思う程, 自分の 10 私の, 間違いは 9 思えば 8 あの時, いいの, これは 7 すぐに, よいの, 彼は, 腹も, 間違いない 6 そうでも, なんの, わしも, マチガイない, 人間の, 日本の

5 [14件] これが, これも, そうも, それで, そんなこと, どうにでも, よろしい, 人の, 今度は, 可い, 夢の, 好い, 思えないこと, 自分は

4 [12件] いつだって, それでいい, どんなこと, 今の, 余の, 余は, 僕は, 可笑しい, 心も, 我々は, 私も, 訳は

3 [39件] あの子, いいじゃ, いいん, このくらいの, これこそ, こんどは, そこに, そのよう, その人, その夜, その翌日, その頃, まず間違い, またたちまち, また一方, わしは, 一方では, 何の, 何んで, 何時でも, 嘘の, 宜しい, 少しは, 彼の, 彼も, 思うだけ, 思えるの, 昔の, 此の, 気の, 気の毒な, 流石に, 無理も, 私たちは, 自分が, 自分も, 誰でも, 間違いありません, 間違は

2 [128件] あきらめが, あなたは, あの頃, あまりに酒, ありない, あり無い, ある日, あれが, あれも, いいだろう, いくらだって, いないよう, いやな, おるよう, おれが, おれは, お君, かような, きっと何, きょうは, ここに, ここの, ここは, このこと, この上, この事件, この時, これらの, さすがに, そこが, そこは, その女, その間に, それこそ, それでも可, それまで, それまでの, たがいに, たまらない, ともかくも, どれも, どんなにで, どんな事, ないよう, ふしぎな, ぼくは, まあ間違い, また左, もうその, わけは, わたしは, われながら, エジプトに, オイオイ泣い, フシギな, 不思議の, 不思議は, 世の, 世の中は, 二人が, 人も, 今年の, 今日の, 今日は, 今日まで, 他の, 何か, 何とやら, 何も, 例の, 俺の, 六十余年の, 出来んこと, 前の, 十一年八月二十三日の, 十字路的な, 危険な, 可哀そうな, 君と, 多少自ら, 実に粗末, 少し少しあの, 左の, 差支ない, 当時の, 当時は, 彼には, 彼を, 心に, 心の, 思い做し, 思われないこと, 思われない事, 思われる, 急に, 恐ろしいこと, 恥かしい, 政府の, 敵の, 書ける, 正気の, 殺せる, 母が, 水を, 泣いて, 海の, 涙が, 涙の, 父の, 目を, 私だって, 私に, 罪の, 胸が, 自分ながら, 自分に, 自然に, 芝の, 虫の, 行ける家, 解釈が, 身の, 軽し傘, 遠い気, 限りも, 非常に, 馬を, 馬鹿な

1 [2367件 抜粋] ああやっ, あげて, あたしも, あのお, あの二人, あの戸袋, あの状態, あまり面白い, ありがたい国, あれ程, あわれなもの, あんなりっぱ, いいさ, いいや, いかなる堪忍, いかにも慇懃, いくらも, いっそいい, いつの間にかその, いとしみ, いまわたしたちの, いや盗賊, いよいよ遅鈍, うかつに, うれしくこそ, おかしくも, おそらく誰, おそろしくなる, おふくろが, おもしろい宇宙, おれと, お前さんの, お察し, お母さんが, お礼の, お若い, かえって不思議, かくすに, かぼそい老骨, きさま, きっとドコ, きょうも, ぐゎらり顛倒手桶枕に, こうした永い, こうと, こう云う, こずえに, ことにみじめ, このままここ, このホテル, この二つ, この人, この半月あまり, この四日間, この小さい, この想像, この暗い, この生き, この藤孝父子, この鏡, これほど, これァ, こわい所, こんな三四百, こんな荒天, さしつかえない, さて早, さ程, しなければ, じっとし, すぐでき, すぐ帰っ, すぐ隣, すでに国境, すべて天地の, ずいぶん無駄, そういう中, そうした小細工, そうと, そうらしく, そこの, そちは, そのとき, その二本, その判断, その図, その察し, その恋し, その方法, その欠点, その種, その課題, その陰, そは, それきりである, それだけでも, それで可, それにつれて, それ切の, そんな様子, そんな電報, たいへんな, たしかに殺す, たちまち伊勢, たちまち畑, たまにたった一人, ちゃんとわかっ, ちょっと自分, つかのまの, できないこと, できるわ, とてもけっして巡査, とんだ手ぬかり, どうしてもそれら, どう弁解, どこ迄も, どんどん拒み, どんな犠牲, なおのこと先生の, なお嬉しく, なかなか除き, なにものにも, なれる, なんとかし, なんべ, はかない縁, はるかに, ひとしお哀れさ, ひょんな風狂人, べつだん不思議, ほんとに久振り, まことにありがたく, ますますいとしく, まず兄弟, またある, またきたる, またも曹操, また下り坂, また俄, また地, また尽く, また時に, また起っ, また霊鷲, まだしもここ, まだ家, まちがいありません, みすみす詐取, むごいしかし, むしろ気, むらむらとわ, もうでき, もう何, もう少し生硬, もしこの, もっと人間, やたらに, やはりわたくし, やはり浮き浮き, やれたの, やれるん, よいと, よかった, よしや玉, よもやねえ, わが唇, わざ, われわれの, アメリカ映画が, エエ恨めしい, ゴソッと, シン公の, トロリとして, バカげた気持, ヒタと, ベッドも, マチガイは, モーすぐ, レムブラントは, 一から, 一万五千が, 一定なり, 一抹の, 一日の, 一流の, 一種悲愴な, 一銭の, 三十年は, 上げられるしかも, 不如帰去, 不思議です, 不愍, 不覚不覚, 世話は, 中る矢, 主水, 乱麻の, 二人の, 云いにくい, 五年の, 京六波羅の, 人以上に, 人間という, 仇と, 今にもあけ, 今年は, 今日にでも, 今松, 他方では, 以前聞い, 伊藤痴遊氏も, 佐古は, 何ぞはからん, 何だか急, 何でもやる, 何とも今日, 何もかも面白い, 何人の, 何時だって, 余計な, 使えるだろうが, 信用の, 俺は, 偶然でない, 僕が, 僧でも, 充分助ける, 先年の, 先生は, 入宋, 全く気, 全体の, 八弥太の, 其の決心, 再軍備, 冷汗ものである, 出られたの, 出入りの, 出来るし, 初めから, 利かぬ, 前身和寇と, 助けたき気持, 勇敢で, 勝てた筈, 北条殿新田殿足利殿また, 十分わかる, 千両は, 半兵衛一個の, 卯木どのは, 危険を, 却って長田, 又もや遠い, 友が, 取り収め従わざれば, 口惜しさ, 可かろう, 可愛らしいところ, 台風の, 同じ人間, 名残惜しいとして, 吾輩も, 味方味方と, 哀れにも, 唯うらうらと, 喜んで, 噴飯に, 四年前に, 国定教科書に, 土曜ごとに, 地震も, 壮年の, 外野へ, 夜と, 夢だ, 大した事, 大人でも, 大勢の, 大概は, 大陸生活で, 夫として, 奇怪な, 奥様を, 女形としては, 如何なる場合, 妙子の, 威張れるがね, 嬉しそう, 子供に, 学校を, 安心する, 宜い, 実に上等, 実に千万無量, 実に滑稽, 宮古島の, 家の, 家畜野菜を, 寂しい中, 寸時も, 尊氏も, 小父様など, 少くとも, 尚の, 居る, 島原の, 差支えない, 帝国の, 平和な, 幻影に, 床下からの, 庭の, 弘法大師の, 当らずとも, 当然考える, 彼女には, 後へ, 御無理, 徳川幕府の, 心元なく, 心自ら悸きしが, 必ず己, 念仏か, 怖いの, 思えた, 思わる, 思われるという, 怪しい自動車, 恐くなる, 恐るべき者, 恵まれたるもの, 悲しいこと, 悲しく情なく我, 情けないとも, 想像が, 愕くべき, 愛想よく, 感慨なき, 慕わしい気, 憎うは, 憧憬は, 懐旧の, 戒勅を, 戦争中私たち全, 所長の, 手料理に, 拾五円位ある, 掻けるもの, 政治論は, 数奇の, 敵イ打たねえ, 文明も, 新九郎の, 日野殿, 明日にでも, 明治四十二年文展第, 映画館で, 昨春の, 時世時節とは, 暗い心持, 暴虐極まる, 書けぬこと, 有難う思う, 朝夕の, 未練と, 机の, 来るん, 東京大阪間に, 果敢ない, 株でも, 楠木左衛門, 楽しみの, 権田が, 次に來, 欺せる, 此の世の, 歩くの, 死人の, 殆ん, 殺さるる生命, 毎日部屋の, 気には, 気の毒だ, 気を, 永生の, 決してそんな, 決して誇張, 法廷にて, 泰二君自身で, 浅ましい, 浅間しい, 涙ぐましくも, 淋し六時過ぎ出発, 済まぬこと, 源氏の, 為さずに, 無意識の, 無理だ, 無頼漢の, 煩悩の, 熱が, 父や, 牛乳を, 狂風を, 猫の, 玉子焼やら, 理窟は, 生きつつ, 生れてから, 田村へ, 男一匹の, 畳まれた提灯, 病身らしい, 白いレース, 皆な, 直き, 直にそれ, 真実であった, 矢張直ぐには, 短命な, 社会主義者の, 神楽拍子の, 私という, 私なんかは, 私らは, 穢ない, 突然に, 窓を, 竹童は, 簡単に, 紅絹の, 細川越中守が, 結婚前に, 綱島梁川君の, 縫いめが, 罰が, 義太夫用の, 翻って, 聊か罪, 肩身も, 胸も, 自ら強き力を, 自分として, 自殺の, 自然則重に対しても, 舞台の, 船長に, 芸術談に, 若気の, 草が, 萎靡し, 藻西太郎が, 表の, 見えすいたウソ, 覚一だった, 言葉が, 話しかけるだけ, 誰とだって, 講談の, 貧乏同志形影相憐むとは, 貴方一寸, 費耀であった, 足も, 踊れるかね, 身の毛も, 輪なりに, 近づき右, 退けるの, 逃げる機会, 途端に, 逢えるさ, 道が, 達者だ, 適宜の, 郊外の, 酒の, 醜態であった, 重たいためいき, 金持ち気分に, 銀座の, 長いあいだ, 長平よりも, 間違いございません, 阿呆らしかった, 陰口を, 随分友達, 隠居の, 難なく一刀, 雲の, 青年に対して, 面憎い限り, 面白くも, 頭には, 類型の, 飛んでも, 飽き飽きする程, 馬鹿げたこと, 驚きは, 鬼であろう, 黒葛原氏も

▼ 思え~ (399, 9.7%)

39 来た 30 ならなかった 25 きた 22 ならない 14 仕方が 13 くる 11 来る 10 ならないの 7 くるの, なりません, 来たの, 来るの 6 いた 5 いるの, しかたが, ならなかったの, 仕様が, 来て 4 いたの, なりませんでした, 来たから 3 きて, ならぬ

2 [12件] それを, ぞっと水, 伸子は, 困って, 寒い三月, 居た, 彼は, 恥ずかしくなった, 来ました, 来ること, 源氏は, 私は

1 [134件] あのわびし, いくら繁く, いたこと, いたわる心, いた今, いた浜屋, いて, いなかった, いよ, いらっしゃるん, うれしかった, うれしゅうございまし, おおかたは, おそろしくも, お秀, お高, かれは, きたからね, きたし, きたと, きたの, きたよ, きました, き彼, くるだろう, くるのよ, くるばかり, くるわ, くるんだ, こなかった, この野人, これは, さらに落着けない, しきりに気, しまうの, しようがなかった, その実, それが, ついおだて, つきない感想, ともすると灰色, どうしたら, どうも前, なにかいい, ならないくらい, ならないじぶん, ならないわ, ならないん, ならない事, ならなかったが, ならなかった折, ならなかつた, ならぬが, ならぬでは, ならぬの, ならぬ寂し, ならん, なりませぬ, ふとんは, まるで釘付け, めいった, やがてそこ, やはり私, やるせなき暑さ, われながら, クラクラと, バラを, 一刻も, 人の, 今まで, 今日ひとり, 仕方ありません, 仕方ない, 仕方なかった, 何か, 余り交わり, 八重子は, 内心すくなから, 冥府の, 到頭跣足, 千鶴子に, 同時にあさましい, 品物を, 圧し潰された, 堪らない, 外出しよう, 好きで, 少しの, 少し張り合い, 急に, 惜しくもなった, 態, 慧鶴には, 憂憤, 我れ, 散々家を, 旁, 暫くは, 朝子は, 来たが, 来たこと, 来たと, 来たところ, 来ましたどうか, 来る事, 来る度, 来れば, 桁材だの, 残念だった, 母に, 気の毒で, 消えいりたいよう, 申し開き, 疑えなかった, 真赤に, 紛々たる, 終に一生, 義坊は, 肩の, 腹立たしくも, 自分で, 自分は, 自然彼女から, 興に, 興醒めた, 蝶子おまえを, 言外の, 説明を, 諦めが, 躊躇し, 身震いを, 遠くから, 面白いやら, 領事館などで

▼ 思えばこそ~ (135, 3.3%)

2 じゃ, である, です, で一泊, 今日まで

1 [125件] あなたに, あなたの, あのひと, いうそち, いまだに二階, おたがい, おれは, お前を, お止め, かく大事, こうしてすべっ, こうしてやって来た, こうして働き, こうして戻っ, こうやっ, ここまで, こっちと, この地, こんな真似, こんな零落, さっきから, せっかくこれ, ぜひ斎藤, そこに, そこには, それ程までに, そんな愚痴, だそれに, であった, であったろう, でご, で決して, なんだ, ぼくらは, また今, まったく貴殿, やって来たん, わいは, わしは, わたしは, ケレンコ事件が, ハラハラいじけ, ホントの, 一人愛し, 一層の, 不運に, 世心知らぬ, 久しくお前, 事を, 些細な, 人に, 伸子は, 何と, 何も, 兵馬の, 内済に, 即座に, 及ばずながら, 君の, 味気なく生きながらえ, 命を, 咎め立ても, 善ちゃんが, 国家事業である, 多少の, 夜道を, 大それた, 大目に, 大義も, 奔走し, 客として, 家へ, 小倉地の, 小原も, 師匠燕枝も, 彼を, 待つこと, 後悔も, 忍んで, 憂えればこそ, 提出した, 改めて深く, 敢えてこれ, 来て, 此の, 死にもの狂い, 死身に, 殺すこと, 泰親かね, 涙を, 清水に, 無理才覚を, 然う, 甥と, 盃を, 相手に, 硫黄ヶ岳に, 祖先伝来の, 私の, 私は, 笑談の, 純粋な, 緻密なる, 能も, 腹が, 自分も, 花も, 苦しい用心, 血の, 裂けは, 見得, 言たい放題をも, 話しも, 誰も, 負けまいと, 連れて, 達は, 遙, 都を, 酔っぱらって, 金の, 門を, 隠さず申し上げるの, 霊験あらたかな, 預けるの

▼ 思え~ (50, 1.2%)

3 いって 2 ある, いうの, 言って

1 [41件] いいます, いうこと, いうであろう, いったの, いわれて, おっしゃるの, お前に, お祖師様, さんざん嚇, しきりにおっしゃった, 世間じゃあ, 云い木村父子, 云うたそうな, 云うの, 云うよう, 云う格言, 云った, 云ったって, 云われれば, 人に, 仰しゃっても, 催促される, 厳重に, 嚇し文句を, 大声叱咤され, 怒りの, 思って, 愚劣きわまる, 教うる, 書いて, 秀吉に, 秀吉の, 自分に, 要求される, 言いほか, 言いわたしました, 言い中, 言い渡されました, 言ったわ, 言われても, 遺言し

▼ 思えども~ (32, 0.8%)

2 人は

1 [30件] いろいろ事足らね, この憂い, さんりん, しかしそう, そこには, でござろうかな, ですわ, なおも命, なお勇気, 七生より, 中, 主人の, 主殺し, 今この, 何かの, 傍を, 初めて接した, 前途甚だ, 力及ばず, 後の, 扨自分には, 数うれ, 敵は, 比企が, 相手は, 西洋人の, 見ず渝州, 見れば, 辞みも, 飛び立ちかねつ鳥

▼ 思え~ (29, 0.7%)

1 [29件] このまま, この田舎, そこが, どうも島, またおぼつかなく, 久しく本邦, 些の, 何一つの, 公けの, 四方の, 天の, 如何と, 家門の, 年が, 思わぬ, 既に六, 日本人は, 武男は, 死人に, 海を, 為る事, 物は, 目科は, 窓外を, 結納金乏しく, 言わでは, 貧者一銭の, 身地を, 述べて

▼ 思えたり~ (22, 0.5%)

10 した 2 して, する 1 この上, したの, そうかと, どうも気, 妬ましく思え, 自分から, 重いこと, 馬鹿な

▼ 思えても~ (7, 0.2%)

1 いったん反抗, いるの, みんなの, 今は, 実は極めて, 来た, 案外に

▼ 思えという~ (5, 0.1%)

2 ような 1 こと, この時代, ふうに

▼ 思え自分~ (5, 0.1%)

1 から先, が着々, にパン, の大切, は正しい勇ましい

▼ 思えって~ (4, 0.1%)

2 言葉が 1 そう云った, サンザ威嚇かされ

▼ 思えまた~ (4, 0.1%)

1 それが, 二人の, 判らないこと, 真剣に

▼ 思えそれ~ (3, 0.1%)

1 が悲しかっ, につれ, にも拘らず

▼ 思えばこその~ (3, 0.1%)

1 ことお, ことだ, 一念を

▼ 思えばとて~ (3, 0.1%)

2 直径五六分も 1 相手は

▼ 思え~ (3, 0.1%)

1 した, したが, しなかった

▼ 思え~ (3, 0.1%)

2 俺の 1 諦めが

▼ 思えここ~ (2, 0.0%)

1 には和漢, を固め

▼ 思えそう~ (2, 0.0%)

1 だった, なの

▼ 思えとは~ (2, 0.0%)

1 どういうわけ, 吾輩も

▼ 思えとも~ (2, 0.0%)

1 いった, 書いて

▼ 思えなんて~ (2, 0.0%)

1 凄いこと, 血迷って

▼ 思えばと~ (2, 0.0%)

1 いって, 顕家も

▼ 思えわが~ (2, 0.0%)

1 邦の, 邦は

▼1* [102件]

思えああよかった, 思えあんなに目の, 思えいいか月番, 思えいかばかり私に対する, 思えいたずらに哭し, 思えいや死んで, 思えぬが, 思えおしのは, 思えおのが心, 思えお祖父さんの事, 思え聞いて, 思えがけねえこと, 思えがけねえ横曾根村に, 思えきっと憎いとは, 思えこれで山川白酒, 思えさあ誰に, 思えなたの, 思えそこから川, 思えそこで白酒を, 思えそしてむし暑い, 思えそれだけはどう, 思えただ仮初め, 思えたりもするの, 思えちょう恐き誡め, 思えてねそれで僕, 思えでもしたの, 思えというくらいのものである, 思えとや紫紺に, 思えどちらの云う, 思えながらどうかした, 思えなんだ, 思え他これあ, 思えのでんで, 思え明治四十二年文展第, 思えはっと息を, 思えばか怏々たる, 思えばけしからぬ布施, 思えばぞく, 思えばのことに, 思えばもうちつとは, 思えばよすぎる位, 思えぱどんなことでも書ける書きたくないと, 思えへんやろと, 思えようもない, 思えらくその人, 思えらくこは資本家, 思えらくこれ全く老, 思えらくアウグスチヌスやアダム, 思えらくウイホドヌイだってそこ, 思えらく右諸炭坑, 思えらく吾一度天下, 思えらく毎月二十日にロチ, 思えらく水の流れ, 思えらく源叔父今はいかん, 思えらく能者筆を択ばず, 思えさせや, 思えがいない, 思え七歳の年紀, 思え不愉快であった, 思え不自由なこと, 思え世間の士君子, 思えを苦しめる, 思えは怪我, 思え今日の世界, 思え伸子として一生懸命, 思え何で吾が妻女, 思え何となし性格, 思え俺らは悪人, 思え冗談じゃねえ手前, 思えせず紡がざるなりされど, 思え千人に一人, 思え古来一丁字を知らざる, 思え可愛やなんにも, 思え同時に自分の, 思え君臣の統, 思え啓示を漏らすべき, 思え富めば, 思え国民学校の一年生, 思え孔子様を今更, 思え宇治と山田, 思え宏子は自分, 思え封建の創始, 思え封建社会においておよそ, 思え少しもそんな, 思え情夫と思え, 思え憎いとは思わぬ, 思え日傭取のお, 思え早瀬主税だと, 思え更にその児, 思え欧洲はすぐ, 思え毛頭丞相の, 思え決してとがめだて, 思え泉下の父, 思えはしめらし, 思え浅見絅斎が四尺, 思え熾烈無比の太陽, 思え申し訳や口返し, 思え目出度い出立だ, 思え詰め夫婦約束の書付, 思え講釈だと, 思え重さん矢立を差してるなら, 思えの真中