青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感じられた ~感じられる ~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~ 感傷~ ~感動 感動~ ~感心
感心~
~感情 感情~ ~感想 感想~ ~感激 感激~ ~感覚 感覚~ ~感謝 感謝~

「感心~」 3451, 37ppm, 3107位

▼ 感心~ (1138, 33.0%)

150 ている 76 ていた 3834 てしまった 28 てゐる 27 てゐた 22 ていました 20 て見 19 てしまいました 18 て聞い 11 て居る 10 ています, てし, てそれ 9 てその 8 て居ります 7 てしまう, て眺め 6 てい, てしまっ, て了, て居た, ながら 5 ておりました, ております, ておる, てすぐ, てはいけない, てみ, て聴い 4 たりした, ていたら, てきい, てくれる, てみせる, て自分

3 [13件] たりし, たりする, ていいました, ていった, ていらっしゃる, てお, てこの, てながめた, てみせた, て耳, て見せる, て見た, て見る

2 [50件] たり感心, ちやつた, ていつ, ているらしい, てうなずいた, ておい, てくれた, てくれなかった, てくれます, てこういう, てしまい, てしまつ, てしまつた, てしまひました, てそうして, てなお, てばかりいた, てひそひそ, てほめる, てまた, てもいい, てよい, てゐ, てゐなかつた, てゐます, てをります, て云った, て刃, て小, て居ちや, て居りました, て帰っ, て帰つて, て彼, て来, て涙, て眺めた, て私, て聞いた, て聞き惚れ, て聞く, て船頭, て見物, て貰つて, ながらまた, ながら暫らく, ながら見, ながら説明, 賞めた, 驚嘆し

1 [406件] ある意味, いたずらぐらいは, かつあきれ, きつた, きりだった, このよう, この分, この家, この物語, この異国, こんな人, すぐさまプッチーニ, そうして敬意, そして安堵, それから, それからまたシェイクスピア中, それから最後, それでも足りない, それで愉快, それを, たちうて, たり, たりうらやまし, たりおなか, たりしなく, たりしました, たりその, たりだった, たりで引き, たりなんかし, たりびっくり, たりふしぎ, たりへこたれ, たりまた, たりよろこん, たりキモ, たりクスクス笑い, たり不思議, たり化粧水, たり同時に, たり天井, たり好き, たり寒心, たり慚, たり笑っ, たり腑, たり阿, ちゃいま, ちやいけません, ちやつたのよ, ちやつてね, ちや早い, ついにか, つぎに, てあなた, ていう, ていない, ていなすった, ていやがら, ていやがる, ていらっしゃいました, ていられます, ていられる, ているなら, ていわれました, てうう, てうち, てうとうと, てうなる, てえ, ておいでです, ておく, ておしまい, ておじいさん, ておった, てお出で, てかかる優れた, てからのこと, てかれ, てきいてる, てきた, てくる, てくれたらしい, てこれ, てこん度, てござる, てさっそく, てさてさて, てしばらく, てしまいまし, てしまいます, てしまうだろう, てしまつて, てしまふ, てしまわれました, てじっと, てぜひ, てそこで, てその後, てその後戊辰, てそれから, てそれで, てそれでは, てそれ以来, てそれ以来みかん, てそん, てそんなにうっとり, てたずねました, てたのん, てちょっと, てつい, てなおも, てながめました, てながめる, てなるべし, てなるほど, ての話, てはいり込ん, てはおらぬ, てはじめ, てはならない, てはりました, てはゐられない, てはツイ雷同, ては了, てばかりはいられない, てばかりは居られない, てばかりもいられない, てひそか, てふん, てぽかんと, てまし, てます, てまつ, てみせ, てみた, てみとれ, てもさう, てもし, てもよい, てもらいたい, てもらおう, ても口, ても感心, てやがる, てやってる, てやらね, てよろこび, てよろこん, てゐない, てゐなけり, てゐました, てアルゼンチン, てエポニーヌ, てクックッ, てシナ, てビラミッド, てラジオ, て一ヶ月, て一唸り, て三十両, て上手, て下さつ, て中, て二度, て云, て今にも, て仏弟子, て仏見笑, て何, て何と, て何となく, て何ん, て何処, て余, て佛教, て信仰, て僕, て先刻, て入口, て其涙, て出来る, て刑事事件, て厚く, て口, て古, て叫んだ, て同室者一同, て呆然と, て哀れ, て唾, て園, て坊主頭, て堅く, て塾員, て声, て夢中, て大, て天子さま, て太閤さん, て好意, て安く, て安心, て家, て宿, て小屋, て小林少年, て小林秀雄, て居, て居ず, て居った, て居ます, て居られます, て居合, て居給え, て帰った, て帰り, て後, て後援者, て御座る, て惚, て感嘆, て抜きかけた, て拝見, て文吾, て文章, て日本, て日本一, て明日, て暫く, て来ました, て森君, て樽, て機械的, て此批評, て殊に, て沈黙, て洋服, て然, て煙管, て犬, て生涯, て疑っ, て百石, て目, て直ぐ, て眺め入る, て眼, て立ち, て立ちどまっ, て立ち止まった, て笑つて, て細君, て終った, て終に, て縄, て美しい, て美味い, て考えこんでしまつた, て聞き入った, て聴, て聴く, て肥料小屋, て自, て自分たち, て芥川, て芳一, て見せた, て見せたら, て見とれた, て見入っ, て見入つて, て見惚れ, て見惚れた, て見惚れる, て観音, て言っ, て言った, て訊い, て訊ねた, て話しおった, て話した, て読みました, て読み返した, て読んだ, て諾, て謹聴, て讀む, て貰, て賞め, て越え, て躍り上がった, て近藤勇, て運転台, て道臣, て選ぶ, て醵金, て銀之丞, て闖入者, て頭目, て頻りに, て食事, て首, て驚い, て黙つ, て黙り込ん, て鼻, どこに, どこまで, どころの, なお頻りに, ながらいつ, ながらうちしおれてる, ながらきいた, ながらこの, ながらすぐ, ながらすごすご, ながらつけ, ながらなお, ながらなおも, ながらひよつ, ながらみんな, ながらもさりげ, ながらもじっと, ながらもルルウ, ながらも欣, ながらわたくし, ながら今, ながら他面, ながら余りに, ながら偶然, ながら再び, ながら分った, ながら半, ながら取り敢えず, ながら口真似, ながら右, ながら女中, ながら子供たち, ながら市街, ながら本郷行, ながら歩行, ながら石子刑事, ながら私, ながら聞い, ながら聴い, ながら肯いた, ながら膝, ながら自らそれ, ながら西瓜, ながら見学, ながら見物, ながら覗い, ながら言いました, ながら誘わるる, ながら読ん, ながら野郎, ながら鈴慕, なるほどなるほど法螺, なるほど近代劇, にこい, またありがたく, またいじらしく, またそれ以上, また乗客, やがつて, をつたや, ゲイシャガールに, ローマイヤで, 且つ恐るべし, 之に, 乍ら皆色々, 乍ら腹の中ぢや, 二人の, 人類の, 半ば不思議がっ, 半ば疑, 古顔は, 喧嘩が, 外の, 大に, 尊敬すべき, 彼の, 彼等が, 愉快で, 折に, 支那人が, 時には笑い, 暫し見, 李は, 東京で, 欲しくて, 煙草を, 男の, 種々力を, 維康さんも, 續けて, 羨望し, 膝を, 自分の, 苦心し, 警視庁の, 鉄斎は, 開店の, 難い, 難いが

▼ 感心した~ (578, 16.7%)

85 ように 43 やうに 32 のは 30 ような 20 ことが 118 のであった 6 か, のです, ものだ, ものである 5 ことの, ことは, ね, もので, ものは, やうな, 事が, 様に 4 ことであった, のだ

3 [11件] がそれ, そうである, ぞ, という, のでありました, のである, ものです, んだ, 事は, 様子で, 様子も

2 [29件] かい, から, からと云っ, が, が第, くらゐな, ことでありました, というの, ところが, ところは, と見え, のか, のが, のさ, のだった, ので, のであります, のみならず, のを, ばかりで, ものが, ものでなかった, ものを, もんだ, わ, 話を, 風では, 風の, 風を

1 [186件] あとで, あまりに, い, お客には, かその, かときく, かと問, かと思う, かどう, からであった, から君, から残余肴, から独言, から自分, か分からない, か小首, か面, があまりに, がけれども, がしかし, がすぐ, がそう, がその, がそれだけ, が一方, が人間, が何処, が列席, が十日, が客, が彼, が愛山, が日吉, が肝心, くらいだ, くらいだった, くらいな, くらい堀口生, くらい居心地, ことか, ことであろう, ことでございました, ことでした, ことでなかった, ことも, ことを, こども, さすがに, そうだ, そうでございます, そして桃子, ためであった, ために, だけだ, だけに今, だけの事, って言う, てい, というよう, という話, という調子, という風, といっ, といふ, といふ事, といふ意味, といふ風, とも又, とも取れる, と云う, と云つた調子, と思, と言, と言う, な, などは俗物, についてもうちッ, ねえ, ね八, のかと, のかも, のだろう, のちところで, のでした, のでノート, ので二リラ, ので強, のよ, ふうで, ふりを, ほどです, ほど偉い, ほど名, ものか, ものであった, ものでございました, ものとは, もののやはりどうしても, ものの一つ, ものの心, ものも, ものらしい, ものらしく, もんです, ようす, ようすに, ようすもなく, ようです, よおれ, よな, よ蜂矢君, ろうが, わけで, んだろう, んで, んです, トリックでは, 一人で, 上今江戸へ, 世の中だつた, 世話好きの, 世間の, 中に, 事で, 事でした, 事なども, 事などを, 事を, 事件では, 人も, 位だ, 位であった, 体で, 何にも, 作家でも, 俺に, 吉宗は, 善良な, 喜左衛門へ, 場合も, 声が, 声を, 外国人と, 太い声, 女は, 奴は, 小説は, 序に, 役目じゃ, 心も, 所で, 所では, 振りで, 振りを, 時の, 有志家たちは, 様子だ, 様子であった, 様子に, 樣に, 次第な, 法眼は, 点は, 状で, 生徒だ, 田宮貞楽を, 短篇小説, 私は, 科学者なんて, 紙の, 職業では, 自分も, 菊池氏の, 表情を, 袴では, 訳で, 証拠に, 話が, 話では, 頭が, 顏を, 顔で, 顔は, 顔も, 顔を, 風に

▼ 感心~ (329, 9.5%)

21 ものだ 14 のは 11 ことだ 10 ことには 8 ことに 7 奴だ 6 もので, ものです, もんだ, 娘で, 子だ, 男だ 5 事だ 4 男で 3 ことは, ところが, ものじゃ, 事で, 人だ, 人で, 女だ

2 [16件] お方だ, ことです, ことを, さるほどの, ものは, もの美事の, やつだ, 事です, 人が, 人です, 人間だ, 娘だ, 子供だ, 方です, 百姓だ, 者だ

1 [160件] おひと, お人, お児, お医者さん, お坊さん達, お志, お方, お方お, お方でしょう, お方です, お方と, お母さんです, かたです, こころがけだ, こと, ことで, ことである, ことでございます, ことの, ことよのう, さるの, さるよう, ところの, ところへ, と云, と云うであろう, と云われ, と泣きぬ, と褒, と褒めましょう, と言, ねえ, のか, のである, ので中, は俺, は居, は目つき何処, は目つき何處, ほどで, ほどの善良さ, ほど静止, また拙劣, ものさな, ものじ, ものぢや, ものでございます, ものや, もんじゃ, もんで, もんです, もんや, もんよ, やり方だ, ようだ, わけだ, んだ, んです, んまいだぶ, 乃木式の, 事が, 事さね, 事じゃと, 事だって, 事に, 事には, 事は, 事を, 人じゃ, 人たちと, 人であった, 人でした, 人でしょう, 人という, 人ね, 人も, 人や, 人物で, 人物でも, 人間または, 位の, 働き者だ, 僧侶である, 児じゃ, 兵士の, 処も, 刑事は, 堅い娘, 奇麗な, 女と, 女な, 女性だ, 奴じゃ, 奴で, 好い音, 娘さんだ, 娘御, 婦人で, 婦人を, 子すずめ, 子です, 孝行娘であった, 学者という, 実学者が, 小僧だ, 少女が, 少年が, 少年じゃよ, 少年だ, 少年だった, 少年であった, 巡礼の, 度胸だ, 役者で, 御仁ぢや, 心がけで, 心にも, 心掛けだ, 心掛けだって, 心掛けで, 心掛けに, 心掛だ, 志と, 思いつきだ, 息子には, 態度だった, 手を, 方で, 植木屋が, 正直者が, 母親の, 点が, 犬の, 犬も, 男ぢや, 男です, 男は, 男よ, 程腹の, 節婦の, 老犬, 考えで, 者は, 腕併し, 若いまじめ, 若い乞食物, 若者達だ, 虫である, 親切者と, 親思いで, 言葉では, 訳だ, 試みだ, 話だった, 話である, 豪い仁, 青年だ, 願いを, 馬だ, 鳥である

▼ 感心する~ (280, 8.1%)

16 のは 10 ことは 7 ことが 6 のである, ような 5 と同時に, のです 4 と, のでした, 外は, 奴が 3 ことも, だけで, ものは, よ, ように, よりほか

2 [18件] かどう, ぢや, な, にきまっ, のが, のだ, のであった, のとは, のね, のも, のを, ばかりであった, ばかりでなく, ものが, やうに, やつが, んだ, 風で

1 [155件] いつもの, かであった, かといふこと, かまた, かも知れん, から嫌, が, がいい, がこれ, がこッ, が当時, が焼残つて, が餘, くらいなら, くらいよく, くらい平気, くらい忠実, くらい頭, ぐらいが落ち, ぐらいのこと, けれど其, ことに, ことには, ことばかり, ことを, ぞ韓信, たびに, だけだった, だけで結構, だけな, だけに生き, だけに過ぎなかった, とありてい, という, というの, というわけ, といったところ, といふやう, とこは, ところが, ところだけの, ところは, としたら, と共にその, と古, と執事, と少年, と思い, と思いの外, と技師, と抱き寄せ, と案内, と褒めた, と貶したくなる, なぞ大西氏, なんて少し, にちがい, にはする, には当らない, には当らぬ, のだった, ので, のでありました, のであります, のでそれ, のと, のみ, のみであった, ばかりでありました, ばかりである, ばかりであろう, ほうが, ほどうまい, ほどうまく, ほどだ, ほどなませた, ほどのこと, ほどのもの, ほどの事, ほどの真実, ほどま, ほどよく, ほど勇ましく, ほど悠然, ほど沈着, ほど活溌, ほど皆, ほど目ざましい, ほど綿々密, ほど身心, ものです, ものなし, ものばかり, もの雲の, やうな, やつも, ようじゃ, ようだったら, よお前さん, よりこういう, よりはあの, よりは更に, よりむしろ, よりも呆れた, よりも私自身, わけで, んです, レディメードな, ヴェテランだ, 一方では, 事が, 事で, 事は, 事ばかり, 事や, 事を, 人が, 人だ, 人より, 今日も, 以前に, 位です, 位で御座いました, 位ゐである, 傾向だつた, 前に, 友人に対して, 台所の, 品では, 場合に, 奴じゃ, 奴も, 如くに, 娘が, 座附としては, 必要が, 必要は, 性質だ, 我々は, 方の, 時が, 様な, 様子, 樣な, 次第である, 知識しか, 程巧妙な, 種類の, 箇処は, 者か, 而し, 船頭の, 観衆の, 間に, 青年監視人に

▼ 感心~ (131, 3.8%)

2 何時でも, 実体な, 志が, 昔の, 物の, 縫は, 鞄だけは

1 [117件] いろいろな, うまい酒, おとなしい行儀, お前みた, お前母様に, お参りする, お思い, くわしいこと, さっさと引き揚げ, じっと耐えた, じつと, その年中行事, その旦那ひとり, たえなかった, たびたび遣つ, てめえも, まだこの, よくお, よく世話, よく稼ぎます, よく英語, よく逃げた, 一人で, 三種類の, 中, 主人の, 人に, 人見知りを, 今まで, 仏様に, 休まないで, 休まん男, 修行も, 先さへ, 助け合う他, 勇気だけは, 勉強し, 勉強する, 厭に, 右からも, 咲いて, 品行方正の, 喰い方, 嘘を, 堪え兼ねた瞳, 堪へぬの, 大概は, 奮發し, 女には, 如何な, 尋ねて, 小さいながらも, 帰って, 常次, 引きかえて, 彼女は, 後任を, 御法通りの, 御精, 忠義ごころも, 愚を, 愛素つかさずやっ, 所帯じみた, 手入れの, 手習や, 打たれましたが, 拙者を, 旨く出来てる, 時々小使位, 時間通りに, 本を, 根気よく, 止まるところ, 正月を, 歩けるわね, 毎日訪れ, 気絶も, 気骨が, 氣が, 汗臭く, 深く争わずし, 猫を, 生えたじゃ, 田舎訛が, 目の, 看病致します, 眼が, 社会問題の, 私の, 約束を, 腹ん, 自分の, 良く来る, 良人の, 花を, 若い時分, 襟脚の, 親孝行でも, 詩吟が, 話が, 話せそう, 読書学問を, 謝肉祭の, 辛抱しました, 通ったね, 速記が, 遅くまで, 過ぎず, 道具屋を, 遣りませんが, 金だけは, 鉄壁微塵と, 間食を, 障子は, 離散しなかつた, 食ひなれたらしい, 養って

▼ 感心~ (113, 3.3%)

11 ね, よ 7 ねえ 42 と思, と思つて, と賞め, なあ, なお前, のう, よう, わねえ, 感心だ

1 [62件] あの点, あの襤褸, あんな女, あゝいう, からほか, から中, から出す, から愈々, から赦し, が君, が娘, が男, が秀子, ぐらいに賞め, けれどそいつ, こと, そんなに本, そんなら, つてほめ, て船員, というん, とお, とても人, となります, とよろこんだ, と云, と云っ, と全く, と思う, と思っ, と思ふ, と手, と申し, と申しましょう, と聞き, と褒められ, と見, なあしかし, なぞといふ, なと思, なははあ, なア, ねえだから, ね久し振り, ね歌ちゃん, の, のと, よお, わ, わと言った, わね, 世間には, 事話せる, 今度は, 君にも, 多年此道で, 夫を, 宜く云った, 実に年, 火の, 見かけに, 谷間田も

▼ 感心しない~ (84, 2.4%)

3 のは, よ 2 が, がしかし, が自分, ことに, ぜ, ぞ, ね, のです, わけに, わけには

1 [58件] かどう, かも知れない, からである, からなるべく, から瑞西, から組み方, があの, がきれい, がそれ, がどう, が糧食難, けれど, けれども偶然性, けれども兵馬, ことでした, ことは, ことも, ことを, でいる, でください, ではいられなかった, ではいられませんでした, ではゐられないだらう, ということ, というところ, とかかう, ところである, と彼女, と思う, と思っ, と白雲, な手金, ね卑下, のだ, ので, のでおまけ, ばかりかまた, ものだ, もので, ものである, ものであろう, ものは, ものらしい, よう, ようだった, ようです, 事が, 人さへ, 但し放ち, 個所が, 利己主義であった, 様子で, 物を, 相手だ, 者が, 西洋音楽の, 訳には, 趣味と

▼ 感心~ (77, 2.2%)

28 して 7 した 4 しました, しまして 2 したの, したり, しない, する, 致して, 通り越して

1 [22件] いたし両人, させられました, されまして, しそう, したが, したらしいが, しながら, し月丸, し見上げた作品, すると共に, するなら大津, つ, つづけて, なさって, はじめた時分, 為た, 胸に, 致したまで, 致しましたが, 致しましたよ, 致しますあの, 装った守人

▼ 感心~ (50, 1.4%)

2 ていで, 仕方を, 色を

1 [44件] あまりこの, あまりひざを, あまり思わず声, あまり暫く, あまり溜息を, あまり灰皿の, あまり虫たちが, ことなり, ことには, しかたである, しかたの, しつづけだ, しようという, つよき人, できかねる妻, できる場所, コナシあり, 一つたるを, 事じゃ, 仕方の, 仕様が, 体でありました, 余りその, 余りひとつ賞めて, 余り少し, 余り椅子に, 出来ない調子, 声を, 度が, 心を, 念を, 態で, 方が, 有様で, 材料に, 極流しへ, 気もちを, 者が, 至りであった, 至りである, 薄らぐと共に, 言葉を, 調子で, 首を

▼ 感心~ (28, 0.8%)

4 した 3 しまた

1 [21件] された, し, しすっかり, したが, したらしい, して, しないか, しないが, しない顏, しなければ, しねえの, し冷笑, し危なく, せぬ代り別, せぬ旅宿, できないね, 何も, 出來, 出来ません二三歩先, 致しましたが, 驚きも

▼ 感心しました~ (25, 0.7%)

43

1 [18件] か, からかえって, から反, がその, がまだ, が二, が又, が数値, けれどその, この調子, ぜ, とさえ言った, と云われ, ね, ねえ, のが, ので波夷羅神将, 真実の

▼ 感心~ (23, 0.7%)

6 したが 3 しても

1 [14件] いいけれど, したけれど, して, しない, しなかったでしょうが, しながらも, しまい, するけれども, せんが, できないよ, できまいと, 僅かの, 出來, 出来ぬが

▼ 感心させ~ (20, 0.6%)

1 [20件] そのある作品, その見る, たりする, たり笑わせ, て, ていた, てくれたら, てしまつたの, てしまふ, てやろう, て了, て置いた, て見たい, ながら食べさせる, らるる, 呉氏も, 婦人を, 自分の, 芸術人をも, 軍部の

▼ 感心させる~ (19, 0.6%)

2 のが

1 [17件] ことが, ことは, といふ, とか或は, にはかう, には十分, には種々, ほどの素直, ほど素直な, ものであった, やうな, ような, クラヴサンの, 事が, 様な, 程上手でも, 趣向である

▼ 感心です~ (19, 0.6%)

62 ねえ, よ 1 が可哀そう, けれど万兵衛, こと, と, な, ねあの, ねエお少, よ自分, わね子供

▼ 感心してる~ (17, 0.5%)

5 んだ

1 [12件] がね, ことが, と考え, ね君, の, のだ, のだった, のである, よ, コタンの, 僕の, 感じだ

▼ 感心させられ~ (16, 0.5%)

2 ております, てしまいました, てしまう, てしまった 1 たりする, ておる, てし, てしまっ, てしまひます, てしまふ, てゐる, て了

▼ 感心できない~ (15, 0.4%)

1 [15件] ことである, し友だち, ということ, といふ甚だ, ところみにくい, と彼, と朝野, と言, ねえ, のです, みにくい人間, ものが, ものを, わ, 点に

▼ 感心され~ (14, 0.4%)

2 ている

1 [12件] さえすれ, たり祖父母, て, てい, ていた, ています, てしまい, てよい, てゐた, て仕舞, て来る, やうと

▼ 感心したらしく~ (13, 0.4%)

1 [13件] 二三度軽く, 御世辞, 改良に, 政子に, 早速ポケット, 気抜けした, 眼を, 腹の, 言つた, 言ふと, 詠嘆する, 長いふるえた, 首を

▼ 感心せず~ (13, 0.4%)

1 [13件] このたび, にいられなかった, にいられません, にはいられない, にはいられなかった, にはおられない, にはおられませんでした, には居られない, に帰った, に案内坊主, また面白く, 事実乱暴で, 他は

▼ 感心せぬ~ (12, 0.3%)

2 者は 1 ことである, て, ので毎度, 側の, 妻に, 形容であった, 態度だ, 本である, 風ばかりが, 風計りが

▼ 感心にも~ (12, 0.3%)

2 唯一人笈を 1 だれにも, なんにも, 乏しい懐中, 人間たちは, 今日は, 宇治山田の, 日記その他の, 約束の, 約束を, 電車は

▼ 感心すべき~ (11, 0.3%)

1 [11件] か知らなかった, ことには, さっぱりと, もので, ものでない, ものを, 人物では, 心を, 気永, 状態であります, 部類に

▼ 感心~ (11, 0.3%)

1 [11件] きん, げすね, げす牛蒡, ござります, どうもこれ, はありません, はない, 堪らぬ, 少し甘ったるい, 或る, 斯うい

▼ 感心させられた~ (10, 0.3%)

1 がそれでも, ことも, といふ話, まま, ものが, ものでした, よ, 位です, 程です, 車夫は

▼ 感心させられる~ (10, 0.3%)

2 がしかし 1 ことしばしば, のであります, ものより, ような, ように, んです, 事に, 陳列は

▼ 感心させた~ (9, 0.3%)

1 か一斉, ことでした, という話, とかいう, と見えます, ので私, のは, ものである, ヤジローの

▼ 感心~ (8, 0.2%)

2 できぬ 1 うすい, できない, できぬ何, 先に, 出来ないやう, 出来ぬ併

▼ 感心しなかった~ (8, 0.2%)

1 がそこ, がやっぱり, が衆議, ね, のだ, のサ, ものについて, ようである

▼ 感心しません~ (8, 0.2%)

2 な, なあ, ね 1 からね, ねえ

▼ 感心じゃ~ (8, 0.2%)

2 ありませんか, ないか 1 アありません, アねえか, 云うて, 実にそりゃ

▼ 感心~ (8, 0.2%)

1 いうより, いっても, 差引いて, 戦慄を, 神尾が, 言うと, 言えば, 軽蔑とを

▼ 感心される~ (7, 0.2%)

1 ことも, のであった, のを, ほど支那の, ものも, 位でございます, 点は

▼ 感心感心~ (7, 0.2%)

1 さすがの, さすがは, それであいつ, と神尾, もう少しの, よく知っ, 思い切ったな

▼ 感心しちゃった~ (6, 0.2%)

1 けれど団長さん, な, のよ, よ, わ, わよ

▼ 感心しなけれ~ (6, 0.2%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ばならん, ば文人

▼ 感心しまし~ (6, 0.2%)

1 て, てよ, て三服, て俄, て実に, て忽ち

▼ 感心せざる~ (6, 0.2%)

2 を得なかった 1 にあらね, を得ない, を得ぬ, を得ません

▼ 感心出來~ (6, 0.2%)

1 たとは, ない, ない法律, なかつた, ぬと, ぬ點

▼ 感心出来ない~ (6, 0.2%)

1 がまあ, といふこと, よ, 事に, 探偵小説を, 男が

▼ 感心したらしい~ (5, 0.1%)

1 お銀様, ものが, 様子で, 溜息を, 返事を

▼ 感心でございます~ (5, 0.1%)

21 がねあれ, な, 佐久間町の

▼ 感心致し~ (5, 0.1%)

2 て居ります 1 ておりました, てござる, て居りました

▼ 感心された~ (4, 0.1%)

1 ことを, ということ, に違い, ような

▼ 感心できません~ (4, 0.1%)

1 な, ね, や砒素, よ

▼ 感心なさっ~ (4, 0.1%)

1 ていました, ている, てていねい, て学校

▼ 感心~ (4, 0.1%)

31 候近々

▼ 感心いたし~ (3, 0.1%)

21 てござる

▼ 感心したがる~ (3, 0.1%)

3 癖が

▼ 感心したら~ (3, 0.1%)

1 どこでも, またおいで, 野菜を

▼ 感心しちまった~ (3, 0.1%)

1 ものか, んだ, 事が

▼ 感心しなかつた~ (3, 0.1%)

1 と見え, のでよく, よ

▼ 感心しよう~ (3, 0.1%)

1 が感心, とする, とはしない

▼ 感心せられ~ (3, 0.1%)

1 ていた, てそれで, て居た

▼ 感心せん~ (3, 0.1%)

1 な, のか, よつて

▼ 感心だって~ (3, 0.1%)

1 冷評かされました, 悦んで, 褒められたの

▼ 感心なんか~ (3, 0.1%)

1 しないだろう, するから, するの

▼ 感心ばかり~ (3, 0.1%)

1 して, しては, してるん

▼ 感心オビビ~ (3, 0.1%)

2 のビックリ 1 のビックリ世界

▼ 感心出来ぬ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものです, 睡眠薬な

▼ 感心さされ~ (2, 0.1%)

1 てしまいました, て居りました

▼ 感心さし~ (2, 0.1%)

1 ている, て一種

▼ 感心さした~ (2, 0.1%)

1 のか, 旦那は

▼ 感心さすが~ (2, 0.1%)

1 の二十面相, は名

▼ 感心させない~ (2, 0.1%)

1 わけには, 事は

▼ 感心させよう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 感心しいる~ (2, 0.1%)

1 人も, 処を

▼ 感心したらしく聞い~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 感心してた~ (2, 0.1%)

1 がね, ぜ

▼ 感心しなかっ~ (2, 0.1%)

1 たり大して, たり甚だ

▼ 感心しなかつ~ (2, 0.1%)

1 たりする, たり何一つ

▼ 感心しねえ~ (2, 0.1%)

1 が人生かし, でもいい

▼ 感心します~ (2, 0.1%)

1 けれどレンブラント, ね

▼ 感心すら~ (2, 0.1%)

1 ア, アという

▼ 感心するだらう~ (2, 0.1%)

1 ぐらゐに批評家先生などは, のに日本人

▼ 感心するだろう~ (2, 0.1%)

1 か, ぐらいに批評家先生

▼ 感心せし~ (2, 0.1%)

1 むる程, やうなる

▼ 感心せしめられる~ (2, 0.1%)

1 し, のである

▼ 感心~ (2, 0.1%)

1 や, やわ

▼ 感心とも~ (2, 0.1%)

1 当惑とも, 思い

▼ 感心なさいまし~ (2, 0.1%)

1 て, てタケシウチ

▼ 感心なすっ~ (2, 0.1%)

1 て, ておか

▼ 感心には~ (2, 0.1%)

1 多も, 感心な

▼ 感心ねと~ (2, 0.1%)

1 いおうとして, 言った

▼ 感心よく~ (2, 0.1%)

2 知って

▼ 感心仕った~ (2, 0.1%)

1 ことが, ね

▼ 感心出来なかつた~ (2, 0.1%)

1 から, がただ

▼ 感心致しました~ (2, 0.1%)

1 それに, 先達て私の

▼1* [158件]

感心あそばし方が, 感心あってそれ, 感心あゝ云う巡礼, 感心いい趣向だ, 感心いたされ候ことに, 感心いたしおったのだ, 感心いたしたよ, 感心いたしましたが, 感心うまい考えだ, 感心な, 感心きみはじつに, 感心こそすれあえて, 感心へする, 感心さえした, 感心さされたことが, 感心させたいと存じます, 感心させぬものは, 感心させられずにはいられない, 感心させられないわけには, 感心させられましたわい, 感心させ得るとも識者, 感心さそれもお前, 感心されたら折角の, 感心されてると言い添えた, 感心されないこと, 感心されなかつたと思ふ, 感心されぬ論で, 感心しかねるといふこと, 感心しきってし, 感心しすぎてはいけない, 感心したいのは, 感心したがらずにその, 感心したくねえんだ, 感心したげるわ, 感心したであろうと思われる, 感心したですがね, 感心したやってみる, 感心したらしかつた, 感心したらしく云うと, 感心したらしく勢い込んで云った, 感心したらしく言い現わす, 感心したるように, 感心したれも陶酔, 感心した葬り方では, 感心しだしてモンパルナス, 感心しちまひま, 感心しちまうばかりです, 感心しちまつてもつ, 感心しちゃって美人, 感心しっこなしに, 感心しつめて天晴菩薩, 感心してて後日, 感心してないで早く, 感心してねえで穴掘りを, 感心してよんだのは, 感心してらあ, 感心しないだろうという, 感心しない起って歩く, 感心しなくなるように, 感心しはじめて来た, 感心しませなんだ, 感心しませんでなあ, 感心しやしてね, 感心し出してこり, 感心し出したと見え, 感心し直さないようなら, 感心し買いかけたがあまり, 感心や, 感心じゃがお前の, 感心じゃといって, 感心可き, 感心すぐ寝せる大蛇, 感心すべからざる理由として, 感心すべきではありません, 感心すべきであるが怒, 感心すべく隠れた水沢に, 感心すべしと思ふ, 感心すまいがそんな, 感心するであろうかと, 感心するならばこうして, 感心ずくめで通し, 感心せしか或は浮立, 感心せしめている, 感心せしめたのも, 感心せないで見る, 感心せられるのを, 感心せんらしいぜ, 感心それであいつは, 感心だったと思える, 感心だのこの飴, 感心だ当る当らん, 感心だ振るというの, 感心つかまつり候, 感心でありましたがなにしろ, 感心でありますから仏教上, 感心であると大いに, 感心できてもそこ, 感心できた名では, 感心できなかったのである, 感心できぬものである, 感心できるもつとすべて, 感心でしたね, 感心でも性質が, 感心で御座いますよ, 感心というのだ, 感心とかく初心の, 感心としてもこの男, 感心とを混合し, 感心どうも感心和平どん特別だ, 感心どころのこと, 感心どころかその壺, 感心なこったねい, 感心なこつちや, 感心なさるでしょうわたくしの, 感心なされて, 感心なすつてゐ, 感心なすったのであろう, 感心なすつたんです, 感心なりとそれ, 感心な心がけさ, 感心になつたのね, 感心ばかりもして, 感心ぶりを示し, 感心もう少しのしんぼう, 感心もし敬っても, 感心もしまた歯がゆくも, 感心ものだと, 感心驚嘆にしか, 感心やら圧迫を, 感心のまされた人, 感心らしく聞きてはゐたれ, 感心忰ダッテオ褒メニナルサ, 感心斜神代の, 感心云わず語らず自然と, 感心うもその, 感心出来無いこと, 感心出来るお茶人の, 感心和平どん特別だのう, 感心がこん度, 感心守勢に出た, 感心定石を心得, 感心く言って, 感心思い切ったな, 感心悦服するもの, 感心感心きみはじつに, 感心感服アヽ恐れ入ったね, 感心は二本きり, 感心教主を守る, 感心だけは実, 感心極まったので身, 感心立派な了簡, 感心だ, 感心致さぬ者は, 感心致したな私, 感心致しますの, 感心致しませんもので, 感心致す所は, 感心遊ばされて左様