青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感動~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感じた 感じた~ ~感じられた ~感じられる ~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~ 感傷~ ~感動
感動~
~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想 感想~ ~感激 感激~ ~感覚 感覚~

「感動~」 2271, 25ppm, 4747位

▼ 感動~ (471, 20.7%)

34 もって 11 もつて 8 こめて 7 覚えた 6 与えた, 受けた 5 うけた, 受けて, 與へ 4 与へ, 知らない女 3 おぼえた, 与えたこと, 与えられた, 与えるの, 受けたこと, 受けたの, 覚えて

2 [29件] あたえた, あたえること, あたえるもの, あらわした, あらわして, さへ, して, 与えずには, 与えて, 与えました, 与える, 与えるため, 与えるという, 与える作品, 与へたので, 与へるの, 代助, 伴って, 受けます, 声に, 彼から, 抑えること, 新たに, 求めて, 知らない肉体, 私に, 見て, 覚えたこと, 語り聞かされ実に

1 [297件] あたえたいの, あたえたらしく何度, あたえました, あたえる, あらたに, あらわしたに, あらわした文章, あらわしながら, あるいはむしろ, いつの, うけしかも, うけたあと, うけたの, うけたもの, うけたやう, うけた以上, うけた後, うけて, うけながら, うけるだけで, うけるもの, うけ天皇, うたふこ, おこすもの, おさ, おさえかねたよう, おさえがたい, おさえること, おぼえさせるの, おぼえたとも, おぼえて, おぼえません, おぼゆる, かういふ風, かくさず人々, かくすため, ここへ, これは, さえ顔, した声, した後, しみじみと, すっかり抑えきる, すなお, そ, そこへ, そのまま実感, そのまま置い, その儘, その後に, その心, それとなし, ただ物凄い, ただ自分, だきしめて, つたえた, つたえたい衝動, つたえるの, とおして, とどめ得ませんでした, どうして書き記す, なぜ忘れ, ぬきに, ひきおこされて, ひきおこした, ひき起こした, ひき起した, ひとに, ふたたび見出す, みなぎらせる, みるもの, もてあまして, もらして, やさしさ, よびおこすにつれて, よび起こした, よび起こすよう, よび起した, よみがえらしたよう, わかちあうよろこびだとも, わけもって, わたしたちは, キャラコさんの, ケーテが, 一座の, 三四郎に, 与うる凡て, 与えうるの, 与えたか, 与えたかという, 与えたの, 与えたもの, 与えたよう, 与えた事, 与えた経験, 与えないの, 与えぬはず, 与えられたの, 与えられたもの, 与えられた事件, 与えられる, 与えられ小説, 与えること, 与えるもの, 与える事, 与える偶然, 与える力, 与える筈, 与え一時, 与え他, 与え得るかと, 与ふること, 与へた, 与へて, 与へられた, 与へられるの, 与へる作, 主と, 二人に, 人に, 人の, 人は, 今も, 今日彼等の, 他人に, 以つて自分の, 仮構しなけれ, 伝えて, 伯父に, 余の, 俳句として, 催されたであらうか, 催されたであろうか, 催しつつ, 催しながら, 傳へる, 傾聴者に, 充分に, 全く失っ, 出すの, 制える, 制しきれずに, 制し一言, 制し切れないやう, 制すること, 加えるの, 加へ, 十分に, 受くる, 受けたから, 受けたとしても, 受けたり, 受けた覚え, 受けた面, 受けなかったと, 受けるの, 受けるもの, 受ける事, 受け日頃, 受け目, 口々に, 句として, 合わせて, 同じくする, 含めたもの, 吸いよせ視線, 味う, 味つたと, 味は, 味ふ, 呼びおこして, 喚いて, 喪つて何故かだんだん, 喪失し, 増すといふ, 失っては, 家の, 導くもの, 強いる対象, 強調する, 彼に, 彼は, 彼女は, 得たよう, 心に, 必要と, 忍ばせて, 思い出して, 惹き起した, 惹き起す, 感じた, 感動として, 感受いたしまし, 憶えること, 我慢し, 打出したもの, 抑えかねた声, 抑えきれないよう, 抑えきれなくなった, 抑えて, 抑えながら, 抑え抑えて, 抑え難い, 抑へ, 抱くこと, 押えつけた短い, 押えるに, 押え得ませんもの, 押しかくし, 拍手か, 持たなかったからと, 持ち得ないとしても, 持って, 持つて, 捜しに, 捲き起し将来, 描写する, 數知れぬ, 文学で, 書きたかったの, 最もせつなく, 歌には, 残す壮大, 求めた, 深めその, 特にとり立て, 現した人, 現はさ, 現わし, 理窟で, 生じないほど, 生ずること, 生ぜしむる者, 生命と, 生徒に, 生活の, 町の, 皆に, 眼の, 示さないよう, 示したの, 示す, 示すかは, 禁じ得ない, 禁じ得ぬの, 私の, 空へ, 笑いに, 経験し, 経験した, 繋ぎ合わせた古い, 自分に, 與ふる, 蔵し, 蔽うよう, 表した点, 表すといふ, 表は, 表示し, 装うの, 装って, 要求し, 見物に, 覚えた経験, 覚えなかつた, 覚えなかなか, 覚えながら, 覚えます, 覚えること, 覚えるという, 覚えれば, 覺え, 覺えた, 言ひあらはす, 言ひふらす, 言ひ表す, 誇大に, 謡うた歌, 起こしたしゅんかん, 起こします, 起させようと, 起しては, 超越しよう, 述べて, 透した上, 避ける事, 重吉も, 鈍らせ易い, 長い長い言葉, 長く忘れる, 開いて, 隅々まで, 隠すため, 隠せずに, 静かに, 面に, 顕わす

▼ 感動~ (283, 12.5%)

17 ている 16 ていた 105 てゐる, て涙 4 てい, てこの, てしまっ, てゐた, て自分 3 てしまった, てその, て声, て眺め

2 [12件] この本, つつ今日, てオレ, て両手, て徐に, て思わず, て毎日, て涙ぐましい, て私, やすくなる, やすく恐怖, 彼等の

1 [174件] この時, この楽手, その感動, その飜譯, それを, たり, たりする, たり思索, ついには, つつくりかえしくりかえし読みます, つつ自分, ていい, ていった, ていない, ています, ているらしい, ているらしく, てかえって, てか溜息, てくれ, てくれた, てこれ, てこんなに, てしまいまし, てしまいました, てしまう, てしまつたの, てしまつて, てじっと, てそれで, てそれら, てついに, てどう, てはいなかった, てはずんだ, てはをれぬ, てふたたび, てほんとう, てますます, てまだ, てみんな溜息, てもの, てもらえる, てやさしく, てやや, てゐ, てゐなかつた, てアン, てシヅ, てファウスト, て一人, て一現象作用, て不純, て之, て事, て仮に, て何, て作品, て僕, て優しい, て優しく, て出征, て切支丹, て勇士, て動物, て即刻崔發, て却つて改宗, て叫び, て叫んだ, て号泣, て君, て大いに, て娘, て小さな, て尾, て居りました, て居る, て彼, て彼女, て彼等, て御, て或, て手, て抱き合った, て早速, て昨夜, て晩年, て暫く, て来ました, て来る, て棒立ち, て次, て死ななけれ, て泣い, て泣いた, て泣く, て父, て物, て生きた, て目, て眼, て老人, て聞き, て聴い, て聴いた, て萎, て著者, て見, て見つめる, て見まもった, て覺, て言った, て読みました, て額, て顔色, て首斬り, て香代, て駆け寄った, て驚き, ながらもわざと, ながらやさしく, ながらクリストフ, ながら外, ながら庄吉, ながら心, ながら牧場, ながら私, ながら答, ながら群集, ながら話し, ながら讀んだ, ながら雨, また恐れ, やうが, やすい, やすいです, やすいどっち, やすいわたくし, やすい子供, やすい若い女性, やすきもの, やすき性質, わが年齡, ロックの, 世界とか, 作者を, 儀式ばり心酔した, 共に, 単純に, 又行動, 失望し, 実昌律師, 我知らず祈, 敬服した, 昂奮し, 易いと, 易い性質, 易い音楽院, 易き情, 易くなっ, 有頂天に, 未知の, 歌が, 毅然と, 涙を, 深く首肯い, 漠として, 無条件で, 特に最後, 瓦斯を, 自分の, 軽率に, 過重評価する, 顛倒し

▼ 感動~ (215, 9.5%)

12 ために 7 助詞 5 色が 3 中に, 底に, 色を

2 [12件] あまり冷たく, あまり震え, うちに, なかに, 上に, 内に, 態度が, 涙を, 為に, 烈しさ, 無い口調, 記憶を

1 [158件] あふれた子供, あまり, あまりすぐに, あまりぞっと, あまりむちゃくちゃな, あまり二週間ばかり, あまり口が, あまり度を, あまり思はず, あまり息も, あまり我を, あまり気絶した, あまり涙ぐんだ, あまり涙を, あまり真白に, あまり頁の, あまり顔中を, あまり顔色を, うすれた声, うちにも, おりおりで詳細, お久美, きわまったとき私, ことや, こもった優しい, こもった口ぶり, こもった声, こもつた叫び, しかた, せいかも, せいだ, そよぎに, ためここで, てにはでも, てにはらしい, とろけるばかりの, ない灰色, ない無表情, なかには, ひとつである, ふるえを, ままこれは, ままねっとり, めくるめくもの, ような, ニュアンスを, メロディとも, 世界が, 中で, 中心であった, 仕方で, 代りに, 伝導法則が, 伴った争闘, 余り嗚咽した, 余り涙に, 余り軽卒で, 余地の, 余波で, 余裕すらも, 催すこと, 出来ない人, 刹那朝子は, 助詞で, 助詞である, 動きを, 叫びを, 嘆息と, 場合だ, 声か, 声の, 多い異様, 如何による, 尊重乃至, 嵐が, 底を, 強い時, 強烈さは, 性質は, 性質を, 態度を, 打撃に, 捨て場, 新鮮さの, 方が, 既に静つた和やかさ, 日に, 書だ, 最初の, 有無だけは, 本質は, 果に, 根源を, 極おいおい, 極といった, 極に, 極は, 極まりに, 極限に, 様子の, 様子は, 様子を, 樣子を, 水位などは, 波か, 波を, 波瀾を, 涙が, 涙で, 涙と, 涙を以て, 深さ, 深浅が, 湧いて, 源です, 潜入とでも, 激しさ, 激情を, 無い様子, 燃え方, 状態から, 痴呆の, 発見が, 盛れるもの, 眼を, 瞑目を, 種を, 種子からも, 種類で, 種類は, 籠った声, 純粋さは, 純粋な, 結晶として, 結果ああなった, 総てが, 美しさ, 色も, 表出が, 表情が, 表白など, 表示, 裡に, 言葉で, 言葉を, 誘因と, 語として, 語尾の, 質や, 質を, 跡だ, 速度調律の, 量に, 階音を, 静まつた, 領域に, 顫え, 鮮やかな

▼ 感動~ (162, 7.1%)

6 打たれて 5 胸を

2 [11件] 似たもの, 呟いた, 堪えかねて, 心を, 打たれた, 満ちあふれ, 私は, 聲を, 蠢めい, 襲はれ, 非常に

1 [129件] あたいする人間, あやうく涙, いっぱいに, うたれた, うたれます, うたれ彼女, おそわれながら, して, せまった人々, たずねた, たって, つかれたよう, とらはれたの, なるに従い, ひたり, ひたること, ひたれた一日, ふれて, ぶるっと, まかせたいという, まかせて, みちたる世界, みちた朝夕, みちた観物, むしろ呆気, ゆがんだ顔, われを, ジッと, 一人の, 一寸でも, 一瞬己れ, 一種当惑を, 乗って, 亢奮し, 今晩の, 任せて, 似た気持, 似て, 価いする, 値いする, 値すること, 充たされて, 充ち満ちた神父, 加えて, 包まれた, 包まれて, 反して, 反撥し, 圧せられながら, 基因し, 堪えないごとく涙ぐむよう, 堪えない一つ, 堪えられないで, 堪えられなくなって, 導くという, 幻惑し, 度を, 張裂けさうに, 心も, 快い瞬間, 思わず竦みあがる, 息も, 感動すら, 感激し, 憑かれて, 我を, 戦いて, 打たれたの, 打たれたらしくはっと, 打たれましたの, 打たれると, 打たれるの, 打たれる時, 打たれリヴィングストーン, 捉へ, 揺られて, 放任し, 暴徒らは, 極る, 気も, 満され, 満たされた, 満たされた心持, 満たされて, 満たされ逆, 満ちたもの, 満ちた劇的効果, 満ちた眼差, 満ちた言葉, 溢れた調子, 溺れさせる, 滿ち, 漂って, 特殊の, 由つて終る, 盈ちた気色, 目が, 盲ひ, 直面し, 眺めなれ, 眼を, 礼を, 移されて, 背後から, 胸ふるはせ, 苦悶の, 蕩揺され, 衝たれ, 襲はれた, 襲われたと, 襲われたの, 訴えるほう, 誇張は, 誘われるだけの, 読み過して, 身を, 身内を, 迫られたやう, 還ると, 酔い溺れるの, 酔おうという, 随喜の, 震うお, 震へ, 震へて, 駆られて, 駆られれば, 騒がされた, 黙って

▼ 感動~ (122, 5.4%)

5 ある 4 あった, 私の 3 心に 2 あるの, こみあげて, 女の, 物足りないと, 顔に

1 [96件] あっても, あふれ, あふれ高尚, ありありと, あります, あり健康, あり得ただろう, あり思わず, あり詩, いつまでも, いる, かがやいた, こもって, こもるの, しずまって, それから, それに, ともなわず一向, どんなだ, ない, なければ, ふつふつと, まざまざと, また強く, やがて芸術, やや鎮まる, やや静まる, よくこの, 一々意識, 一瞬五郎の, 一種無, 中心的な, 乗り憑, 二重に, 人々の, 人々を, 人間として, 人間感情の, 伝えられて, 伝わって, 余りひどく, 僕の, 内に, 出端を, 判然作品中に, 到る処, 厚みの, 咏歎せられた, 大きくなれ, 大きければ, 小説の, 少し浮い, 常識的粗雑に, 形の, 彼の, 彼を, 後代の, 捲き上がって, 文学的すぎ, 新鮮な, 村民の, 果も, 極めて自然, 流れわたった, 深いもの, 深い影響, 深すぎ, 溜息と, 漲って, 漸く大きく, 点睛の, 無くなって, 異常な, 皆に, 直ぐに, 私を, 籠って, 純粋な, 終りを, 自分の, 自分を, 自然に, 舌たらず, 苦悩ひとつに, 著しかった, 表れたの, 表れたので, 見物の, 起ろうと, 身体を, 過ぎると, 過ぎ二日三日, 鋭く滲みとおる, 陵の, 電流の, 鶴代の

▼ 感動した~ (122, 5.4%)

5 ことが, のは, ように 3 やうに, 声で, 様子を

2 [11件] からだった, ことは, という話, と云う, のか, のだ, のであった, ような, 文章を, 様子である, 様子も

1 [76件] あとに, あまり自分も, かということ, かと申します, かどう, かはその, からだ, が言葉, けれどそれ, ことである, ことであろう, ことを, さまも, その握手, だけである, という, ということ, ときだらう, ところは, としてもその, とでもいう, と云, に相違, ね, のだった, のだつた, のであつ, のでした, のでしょう, ので楽屋, のに, のも, のを, ふうで泣き, ほどやさしい, ものか, ものが, ものだ, ものと, もんで, やうな, ようすでした, ようだった, インガと, 人たちの, 今昔講談師が, 仰山な, 例は, 光景や, 刑吏は, 好奇心で, 尊敬の, 己れ, 年代も, 彼の, 心ばかり, 心持を, 心持をも, 感動に, 文句であろう, 時に, 様子で, 様子に, 樣子を, 母親の, 涙も, 源氏の, 状景の, 由を, 程である, 経験を, 者が, 色も, 通り他人に, 長い電文, 面もちで

▼ 感動~ (74, 3.3%)

2 非常な

1 [72件] あっても, あつた, いつでも, かなり素晴らしい, この画, して, しないだろうと, しなかった, すぐ消え, すべて経験である, そのときむしろ手, その人, その後薄らいだでしょう, その須点, それと, たがい, ただ芸術, どうして現れ, どこへ, ふかい, まだ去っ, もう通り過ぎ, 一寸筆に, 与えないと, 与えられますね, 与へ, 二人の, 人間に対する, 今までより, 何と, 出来なかつた, 別して強まる, 割合忘, 劇しい, 千鶴子と, 受けたが, 同時に自然, 名状すべからざる, 大きくこみあげ, 大したもの, 実に名状, 少くなっ, 少しうすく, 少年を, 常に持続, 平一郎に, 強烈である, 彼の, 必ずしもその, 忽ちにし, 性質を, 愛慕に, 暫くする, 曲が, 極めて短命, 波の, 消えず更に, 深いもの, 激しい, 激しく断然, 白熱する, 私が, 終生忘れ得られない, 美しくて, 自分の, 衝動的な, 言葉と, 詩の, 赤い広場, 阿賀妻らに対する, 静まらない, 非常に

▼ 感動する~ (65, 2.9%)

4 のは 3 ことが, ことの 2 ことは, ことも, こと容易ならぬ, ってわけ, ような, 人が

1 [43件] かのよう, から容態, か事, がいい, が是, ことなく, ことに, こと少く, さうである, だけだって相当, であらう, というの, といふ, とともに敵方, と共に人間パデレフスキー, と自信, に外, のであつ, のである, ので困る, のに不幸, はこの, ばかりでなく, ほどだった, ものが, やうな, やうに, ようで, よりさき, を以爲, 事浅から, 人, 人間では, 女な, 心を, 性の, 文句に, 様子が, 歌を, 歌少し, 生徒は, 筈は, 自分の

▼ 感動~ (61, 2.7%)

4 なかった 2 せずに, ないし, なかつた, 起らなかった

1 [49件] あり得まい, ことの, しずまって, した, しないひどく, しない自分, ないまでに, ない全く, ない彼ら, ない静か, ない顔, なかつたので, なくい, なくいった, なくいつも, なく引揚船, なく昼間, なく源三郎, なく田中さん, なく見, なければ, なしに, めづらしさ, 一向に力, 与えなかったらしいの, 与へずつまらない, 人一倍強い, 僕には, 刺激さえも, 受けずすぐ, 受けないであろうと, 受けませんでしたが, 実生活の, 岩の, 年と共に, 掠めなかつた, 時が, 残って, 洩らさなかった, 涙も, 理性の, 礼儀の, 興奮も, 表現し, 詩情も, 起さないもの, 起って, 起らず冷然, 顕さず誰

▼ 感動~ (59, 2.6%)

5 なもの 2 です, なまた, な本, な言葉

1 [46件] だ, だった, だったに, であったと, であつ, である, であるの, でしょう, で賢明, なせっかち, ななに, なほどに, なむすびとでこの, な一つ, な一篇, な事実, な二人, な作品, な偏愛, な光景, な効果, な印象, な又は, な台辞回し, な実践, な快, な敬意, な泣き方, な渇仰, な物語, な生活, な画面, な筆, な素朴さ, な美, な興奮, な葬儀, な要素, な部分, な響き, にささやいた, に反語的, に変質, に描かれ, に無, に話した

▼ 感動~ (42, 1.8%)

2 あつた, 娘は, 胸を

1 [36件] あのひと, いう言葉, いっぱいに, お感じ, しばらく黙っ, ぞっとし, つい口, なくして, ほとんど押し倒され, 一ぱいになつてかへ, 一パイだった, 一字一字とおい, 三吉も, 亢奮し, 人が, 反って, 口が, 咽喉が, 堯は, 屡, 思わずそう考えた, 息づまったよう, 手足ひやひや体を, 極度に, 沢山な, 波だった, 無感情, 相当混乱したらしい, 私たち女の, 終って, 胸が, 自分が, 見たもの, 降る雪, 顫わせた, 食臺の

▼ 感動させる~ (41, 1.8%)

6 のは 5 ものが 2 ことが, ものは, ような

1 [24件] からだ, ことに, ことを, であらう, ところが, に足りた, のも, ものだ, もので, ものである, 一篇の, 事も, 事実である, 光景に, 力の, 力を, 對象の, 本は, 為です, 熱と, 真実を, 素直さと, 英語で, 表情を

▼ 感動~ (39, 1.7%)

1 [39件] あなたへの, いうよりも, いとしさ, いふよりは, なったため, またそれら, よろこびは, よろこびを, 人間精神とが, 句作, 同列に, 同情の, 哀傷に, 尊敬を, 希望とで, 思索が, 性格とを, 恍惚の, 情熱とは, 愉悦を, 愛情とに, 愛情とを, 愛着とを, 感謝とは, 憂鬱に, 戦慄とを, 歓喜が, 歓喜は, 気組に, 洞察と, 激励を, 緊張とが, 興奮とが, 興奮とを, 言換れ, 認識に, 謝念が, 讃嘆の, 非常に

▼ 感動~ (36, 1.6%)

4 様子で 2 ただ柔軟, 調子で

1 [28件] のだ, ので, のであった, のである, もっと柔軟, もつと, ようすが, ようすは, 人々の, 動作で, 声で, 女で, 平凡人を, 念仏として, 暗誦でも, 気持ちで, 男だ, 眼を, 胸の, 表情で, 表情の, 視線を, 調子に, 静かな, 顔つきで, 顔で, 顔付でし, 顔付を

▼ 感動させた~ (25, 1.1%)

6 のは 2 のである, ものは, 不動の

1 [13件] ことの, しまた, ということ, という新聞, とともに私, のか, ので, のであった, ばかりでなく, 事であろう, 例は, 場合には, 読者の

▼ 感動すべき~ (21, 0.9%)

2 ものが

1 [19件] ことに, は彼ら, ものに, 事実と, 信頼と, 光景でありました, 出来事の, 出来事を, 動的な, 印象を, 多くの, 幾多の, 歌が, 注目事である, 活動も, 深い信念, 行いだった, 跡形を, 風景畫である

▼ 感動せし~ (21, 0.9%)

3 むるに 2 むるの力また

1 [16件] むること恰も, むるのは都々逸でなけれ, むるものありと, むるものでありこれに, むるものであるという証拠に, むるものはおよそ, むるものはなし, むるものは句を, むる事あるべき, むる事は, むる力あり, むる力の, むる力量あり, むる精神的なる, むる能はず, もの

▼ 感動させ~ (20, 0.9%)

2 ている, てくれる

1 [16件] いのちある, その結果気絶, ていた, てしまふ, てやろう, て女学生, どこまで, ながらなお, 僕を, 六〇六号が, 六条伯爵家を, 十分芭蕉以上の, 悲しい出来事, 易いから, 芝居を, 面白がらせた

▼ 感動しない~ (14, 0.6%)

2 たちである

1 [12件] からだんだん, ことに, でおられよう, ではいられない, ということ, といふ変, エンフィールドの, ハアトな, 現代という, 習慣, 自分, 訣にも

▼ 感動~ (13, 0.6%)

1 [13件] よろこびを, 不安といふ, 人間的活動の, 忿怒は, 思想, 思想が, 愛や, 感激なども, 直観に, 経験が, 自分の, 行動が, 驚きや

▼ 感動から~ (11, 0.5%)

1 [11件] こう心, まだ十分, 一歩抜け出た, 屡, 泣きたいよう, 涙を, 目的に, 胸を, 脱しよう, 蘇つてゐない, 迷ひ

▼ 感動させられ~ (11, 0.5%)

2 ている 1 ていた, てこの, てしまいました, てしまう, てゆく, てゐる, て反対, どんなに久しぶり, ほとんど心

▼ 感動せしめた~ (11, 0.5%)

2 ことで, ものである 1 とは何事, と見え, のは, も無理, 或行為, 歌が, 為であろう

▼ 感動せず~ (11, 0.5%)

3 にはいられなかった 1 にいられたろう, にいられない, にいられないだろう, にはいられない, には居られない, に冷眼, に居られません, に聞く

▼ 感動をも~ (11, 0.5%)

2 代助 1 与え得ないヘッポコ役者, 催さざるは, 催さず, 受けた模様, 受けては, 受けること, 田山白雲は, 示さないで, 起さなかった種々様々

▼ 感動させられた~ (10, 0.4%)

1 ことを, のでもしも, ので静か, のは, ものと, ようです, ように, 事であろう, 本である, 自分が

▼ 感動され~ (8, 0.4%)

1 すぐに, たちまちわれ, ているらしい, ても何, て一般, て勇士ら, て班超, 暫く泣き沈みました

▼ 感動とを~ (8, 0.4%)

1 もって, もつて, 恐れて, 持って, 準備する, 覚えずに, 覚えるもの, 齎しさえ

▼ 感動させられる~ (7, 0.3%)

2 ことが 1 という, のでございます, ものとは, 例が, 話も

▼ 感動された~ (7, 0.3%)

2 と見え 1 ことは, のであった, のです, ものを, 事を

▼ 感動したらしく~ (7, 0.3%)

1 も見えない, 叔父に, 無言で, 片手で, 真青に, 眼を, 鼻を

▼ 感動なし~ (7, 0.3%)

1 にいられない, に向う, に思い出せない, に想像, に感じる, に純, に聴けなかった

▼ 感動といふ~ (6, 0.3%)

2 ものは 1 ものが, ものも, ものを, やうな

▼ 感動せしめる~ (5, 0.2%)

1 かは私, ことの, ことは, ものだ, 正風の

▼ 感動という~ (5, 0.2%)

2 ような 1 ものが, ものは, ものを

▼ 感動として~ (5, 0.2%)

1 その中, わたしの, 与え得るべきです, 書く, 残された

▼ 感動との~ (5, 0.2%)

1 ために, ニュアンスに, 外に, 得られないはず, 為めに

▼ 感動とは~ (5, 0.2%)

1 およそどんな, 何をか, 反対に, 常に新た, 相容れないもの

▼ 感動には~ (5, 0.2%)

1 きまって億劫そう, しかし無限, それは, 何やら乾いた, 多くの

▼ 感動をもって~ (5, 0.2%)

1 実感し, 招待に, 理解を, 紹介されよみがえらされた, 記録し

▼ 感動~ (5, 0.2%)

1 か置き, とあらゆる, と言つて, や擬声語, を構成

▼ 感動させず~ (4, 0.2%)

1 におかない, におかなかった, には措かない, に済ます

▼ 感動せしめたる~ (4, 0.2%)

1 例は, 例を, 例少し, 例枚挙に

▼ 感動~ (4, 0.2%)

1 からである, ね俄, のといふ, 俺は

▼ 感動とに~ (4, 0.2%)

1 つらぬかれたこの, 声を, 燃えたって, 貫かれたこの

▼ 感動にまで~ (4, 0.2%)

1 ひろげて, 伸びる豊か, 意識的に, 高めたいと

▼ 感動によって~ (4, 0.2%)

1 成り立ち得るもの, 涙を, 自らを, 迎えた過渡期

▼ 感動~ (4, 0.2%)

1 として, に使, の類, を以てせず

▼ 感動こそ~ (3, 0.1%)

1 なけれ自分, 今度の, 詩の

▼ 感動してる~ (3, 0.1%)

1 ので, ような, 時でも

▼ 感動せざる~ (3, 0.1%)

1 を得ない, を得なかった, 女性の

▼ 感動せしめ~ (3, 0.1%)

1 たりといふ歌, て命, て或

▼ 感動そのもの~ (3, 0.1%)

1 がいい, までが何, まで静的

▼ 感動であった~ (3, 0.1%)

1 という証拠, と云っ, 悪夢の

▼ 感動では~ (3, 0.1%)

1 ありません, ない, なかつた

▼ 感動とも~ (3, 0.1%)

1 いえるよう, 云うべきもの, 囃し詞

▼ 感動なく~ (3, 0.1%)

2 て何 1 して

▼ 感動にも~ (3, 0.1%)

1 かかわらず大, 劣るもの, 頬から

▼ 感動によ~ (3, 0.1%)

1 つて国民の, つて終るべき, つて芸術品の

▼ 感動を以て~ (3, 0.1%)

1 打ち眺め, 此の, 聞き取った

▼ 感動さした~ (2, 0.1%)

1 と見え, のか

▼ 感動さす~ (2, 0.1%)

1 ことが, といったふう

▼ 感動される~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 感動しかかってる~ (2, 0.1%)

2 ことに

▼ 感動しきっ~ (2, 0.1%)

1 て笑み, て蒼く

▼ 感動したら~ (2, 0.1%)

1 その感動, それを

▼ 感動したらしい~ (2, 0.1%)

1 様子を, 顏付を

▼ 感動すら~ (2, 0.1%)

1 彼は, 無感動

▼ 感動せぬ~ (2, 0.1%)

1 ことは, 心が

▼ 感動それ~ (2, 0.1%)

1 をいい出そう, をカンヴァス

▼ 感動だけは~ (2, 0.1%)

1 得やう, 美しく清らか

▼ 感動である~ (2, 0.1%)

1 かどう, ためには

▼ 感動でも~ (2, 0.1%)

1 それを, 何でも

▼ 感動とか~ (2, 0.1%)

1 さう, 啓示とかいう

▼ 感動とが~ (2, 0.1%)

1 ある, 客間を

▼ 感動とともに~ (2, 0.1%)

1 二三度読みかえした, 道子が

▼ 感動とを以て~ (2, 0.1%)

2 盛りあがる盛りあがる民族

▼ 感動なき~ (2, 0.1%)

2 を得むや

▼ 感動など~ (2, 0.1%)

1 それを, 彼は

▼ 感動による~ (2, 0.1%)

1 ものの, 観察表現よりも

▼ 感動ほど~ (2, 0.1%)

1 人の, 私を

▼ 感動~ (2, 0.1%)

1 を奪, を掴む

▼ 感動深く~ (2, 0.1%)

1 厳粛な, 話して

▼ 感動薫化~ (2, 0.1%)

1 するこれ, するは

▼ 感動語尾~ (2, 0.1%)

1 であつ, であるから

▼1* [96件]

感動ある新鮮な, 感動いたしたものです, 感動からかそれとも昼間, 感動からもやや疲れ, 感動の錯綜, 感動さえ受けなくなった, 感動さしておい, 感動さすべく源氏は, 感動させなければ措かない, 感動させようと思っ, 感動させられずにはいなかったらしい, 感動させられないで印度, 感動させ興がらせ自分の, 感動されてるような, 感動されない者は, 感動しうる魂が, 感動しすぎたらどうします, 感動したごとく世の中に, 感動したる場合を, 感動した媚びある流し目で, 感動しちまつたものねえ, 感動しつまらぬ武将の, 感動しなかったがあの, 感動しなくても世俗生活, 感動しまいがそんな, 感動しましたがフランケンシュタイン, 感動し得るという感銘, 感動し酔わされる事は, 感動じゃなくて, 感動すべきであるに拘はらず, 感動すんで吻, 感動せしめない言ひ, 感動せしめないではおかない, 感動せしめられてわたし, 感動せしめ得るものこそ, 感動せられて伝説, 感動せられざるのみならず, 感動せるさまこそ, 感動だけです, 感動だけのカタマリであった, 感動だけを書いて, 感動だらけな何年, 感動であり芸術の, 感動できないのは, 感動できなくなっていた, 感動できる人間に, 感動でなかったことだけは, 感動といふか望洋といふか, 感動とさえいって, 感動なさるのでしょう, 感動なぞは, 感動などで人心の, 感動などによってその時代, 感動などもまたオリヴィエ, 感動なむくろといふ, 感動により精神上の, 感動に対するそのうごき, 感動ふかいものである, 感動更に深刻, 感動ましまして霊験, 感動もうけられなかったろうと思います, 感動より恐怖を, 感動よりも訝しげな, 感動らしい挙動で, 感動をさえ与えて, 感動ゲキレイしたの, 感動シテ忽チ笑ヒ忽チ泣クニ至ラシムルモノ其レ幾許有, 感動一同を支配, 感動一本の髪の毛, 感動人間としての感動, 感動候その, 感動の出発点, 感動即ちのにと, 感動同時に身辺に, 感動が溢れ, 感動息子の健康状態, 感動感謝涙を流さん, 感動或は感受性という, 感動措く能は, 感動文学についての論談, 感動新鮮味とあげ, 感動深いリアリズムを, 感動渇きもとめる, 感動として山, 感動意志の, 感動無表情であった, 感動的作品を生む, 感動的情景を煽る, 感動相応の重み, 感動の流した, 感動絶対性を持っ, 感動而好伸名曰感性, 感動自分の書け, 感動致しましてこれ, 感動詞ヱーは善い, 感動語感が語幹中