青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感傷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感じ 感じ~ ~感じた 感じた~ ~感じられた ~感じられる ~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~
感傷~
~感動 感動~ ~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想 感想~ ~感激 感激~

「感傷~」 1722, 19ppm, 6175位

▼ 感傷~ (577, 33.5%)

37 になっ 22 になる 21 になつ 18 な気分 15 なもの 14 になった 11 な気持 9 にする 8 な人間, になり 7 な声, な心持, な調子 4 であること, であるの, な事, な口調, な心, な涙, にした, にな 3 である, では, なこと, なの, な同情, な態度, な手紙, な旅行

2 [37件] だ, であった, であつ, であると, であるという, であるといふ, であるに, である場合, でない, で私, なそれ, なところ, な主人公たち, な価値, な哀詩, な少年, な心地, な性格, な情熱, な文句, な文学, な歌, な歌曲, な気もち, な気持ち, な氣分, な癖, な話, な語調, な青年, に, にさ, にし, にならざる, にならない, に美しい, の気分

1 [263件] すぎて, だから, だが, だった, だったが, だったの, だと, だといふ, だなあ, だわね, であったとしても, であるか, であるかも, であるとして, でした, でせう, でない作品, でない真率, でなかった彼, でなくて, でなければ, で下品, で不潔, で冷静, で女性的, で彼自身, で恐縮, で愚鈍, で未熟, で死ぬん, で直情的, で絶望的, で見栄坊, という程度, といはれる, といわれる, と思う, と言い, と言う, な, なあまい, なあるいは, ないい, なお嬢さん方, なかつ, なかれは, なくせ, なこういう, なそう, なまた, なまでに, なもしくは, なよい, ならしめようと, なる恋愛詩, なる愛, なアイロニー, なイワノウィッチ, なスタンダール, なテレフンケン, なデマゴギー, な一処女, な一面, な上品, な主題, な交際, な人道主義, な人道主義的, な伝統, な伝記, な何もの, な作品, な作者, な侘び, な僕, な出来事, な分子, な別れ, な受けとり方, な句, な叫び声, な合唱章, な合掌, な同時に, な哀感, な哀憐, な哀歌, な唄, な唄い方等, な嘆息, な場面, な女, な嫌, な嫌い, な存在ぢ, な宗教, な宗教家, な宝, な小さい, な少女, な強調, な形容詞, な彼女, な心もち, な心持ち, な心持どころ, な心細い, な快, な思い, な恋, な悲哀, な悲壮, な情景, な愛, な愛着, な感情, な感激, な慇懃さ, な憂国, な憂愁, な憐憫, な憧憬, な憧憬心, な懐古癖, な懷舊談, な懸念, な戯れや, な戯曲, な戲, な技術礼讃, な挿話, な探検, な支持, な文学少年, な旅, な旋律, な日記, な曲, な桂月氏, な様子, な歎息, な比較的, な氣持, な浮, な清い, な点, な理想, な理想主義, な理由, な甘, な甘え, な甘やかしさ, な男, な男らしく, な痛々し, な眼, な瞑想, な私, な私達, な空想, な立身出世主義, な系図, な終末, な絵, な絶望感, な考え, な肉感的, な自己陶酔, な自暴自棄, な興奮, な色彩, な苗, な表情, な表現, な観念性, な言葉, な記述, な詞, な詩, な誘引, な説教, な読者, な論理, な辞句, な返事, な追憶家, な遊, な道徳家, な遠, な酒, な酔ひ, な酔狂, な面貌, な顔色, な風景, な馬鹿娘, な魂, にさえする, にさえなった, にさせられ, にすらなっ, にで, にとはいわない, にならず, になりかかった, になりまさる, になり始めた, になれた, にはならず, にほめちぎっ, にまたたき初めた, にもならず, にもなれず, に一つ一つ, に一般化, に云った, に共鳴, に同情, に呼びかけ, に声, に将軍, に彼, に思, に思ひ出す, に思ひ込ん, に感動, に慟哭, に戦争, に曰く, に書い, に書きだした, に書き出した, に柔かい, に沈み込ん, に涙ぐむ, に涙ぐん, に溺れ, に父, に美し, に自分, に興奮, に行こう, に行ったろう, に言った, に評価, に詠嘆, に話し, に読者, に響い, に黙りこん, のところ, のやう, の人, の味, の声, の形容詞, の心持, の情緒, の気持, の言葉, の詠嘆, もしくは病的, も卑し

▼ 感傷~ (198, 11.5%)

4 走つて 3 過ぎなかったの

2 [20件] ちがいない, とらへ, とりつかれて, なって, なる, なると, ひたって, 命を, 変って, 変化し, 安らかな, 托して, 浸つて, 溺れて, 耽っては, 落込むもとなんだ, 變つ, 豪毅な, 過ぎない, 過ぎぬ

1 [151件] あらず, あるよう, いたくこたえた, おぼれては, さそわれて, すぎないか, すぎないかの, すぎないで, すぎないとして, すぎないやう, すぎないよ, すぎぬであらう, すぎぬと, すぎまい, すぎませんが, すぎませんがね, せよ激情, たえで, ちようど手頃なしめくくりだ, つくという, つけ込んで, とらわれた, とらわれたが, とらわれて, なり易い, なるなかれ, なれないの, ひきづら, ひたった, ひたつて, ひたり, ひたりきつ, ひたりたがるムキ, ひたりながら, ふける毎日, ふと誘はれる, ふるへながら, まかせて, まつたく縁, みちびいたに, よりかかりそして, 三十三という, 乗ぜられた, 伴うの, 伴はれ, 伴ふ, 伴われ感傷, 作家が, 倦みも, 充ち満ちて, 包まれて, 囚はれ, 囚われて, 囚われてるの, 囚われようと, 堕させるとは, 堪えられない, 堪えられないもの, 墮した, 変えるため, 始まる, 属すること, 属するに, 彼を, 応じて, 恋々と, 憧れる, 打克とう, 拍車を, 捉へ, 捕われて, 揺り立てられて, 撲たれたので, 敗北し, 於て, 格別心も, 止まり得るであらうか, 止まり得るであろうか, 汚されない叡智, 沈み或いは, 沈湎し, 浸されて, 浸った, 浸って, 淫せずに, 満され, 満ちた兄, 満ちた光景, 満ちた日, 満ちた種々, 溺れかけて, 溺れきつて, 溺れこんでも, 溺れるあまり, 濡れ過ぎて, 焼けただれて, 狂ふと, 甘えさせずには, 甘えてるの, 甘えようと, 甘く身, 病らは, 發す, 移りました, 紊れ, 終らせること, 終らなければ, 終り運命, 終始し, 絡み合, 絡み合う自ら, 耽つたり, 耽らずには, 耽りがち, 耽れば, 胸が, 腹立つ気, 苦しむこと, 落ちないお松, 落ちるところ, 葉子は, 触れたばかり, 許り, 變へる, 走って, 走つたり, 走らうと, 走り感謝, 趨つ, 過ぎないと, 過ぎないよう, 過ぎなくても, 過ぎぬと, 過ぎぬ場合, 過ぎるが, 過ぎんね, 酔い乍ら, 酔って, 酔ひ乍ら白, 釣られては, 陥いりがち, 陥って, 陥つた, 陥つたり, 陥つて, 陥りかける心, 陷らない, 震へたり, 類するもの, 駆られて, 騙されること

▼ 感傷~ (128, 7.4%)

4 中に, 場合私は 3 なかに, 中へ, 涙に, 谷間に 2 せいだろう, ために, 形式において, 心理的性質そのものを, 綱の, 誘惑に

1 [96件] あとも, こころを, こもつた電話, ただようの, ためとも, ため息を, はらわたを, ひとつで, ひとときを, ひとみあざやかに, ままに, やり場を, ゆえに, ジタバタだった, 一つ時を, 一路である, 世界ばかりに, 中から, 人は, 人室生犀星, 人犀星に, 利用に, 動機も, 厭味に, 古傷が, 在りかたが, 場面の, 塔は, 声を, 多い筈, 夢だらう, 夢も, 対象である, 對象である, 小曲を, 市井詩人宮島貞丈が, 幻に, 底に, 底につき, 形は, 形容詞に, 徒の, 快さ, 念に, 思いを, 思い出を, 情に, 感傷だつた, 手, 手は, 指の, 文字で, 旅でした, 日の, 末である, 根本形式である, 業と, 歌の, 歌は, 歌も, 歌を, 気配は, 油を, 泡沫でさえ, 涅槃にのみ, 涙まじり, 涙を, 深いもの, 深さ, 玩具の, 甘さ, 痕を, 皮を, 眼で, 瞳を, 秋が, 種に, 節調を, 純粋さは, 純金の, 細みが, 良電體, 色が, 表現には, 言葉とのみ, 起るの, 跡を, 遊戯に, 過度は, 過度を, 重荷を, 鋭さは, 限りを, 雑草が, 面持で, 響を

▼ 感傷~ (127, 7.4%)

52 どうする, もって, 忘れること, 覚えた

1 [114件] あの黒く, うちからめ, おさえた描写, こめて, これからの, さけがたい, そそった, そそります, そそる, そそるもの, そそるよう, そそる情的資料, その余り, それに, ともなうて, ともなった受動性, のりこえた女, ひきつけられ科学, ひき立てる表情, ひとりで, ぶちまけた自分, まじえて, みたすに, めぐらす余裕, もつて, もつても, われから, ケイベツし, 一擲し, 一言も, 与へるだらう, 与へるやう, 二十年間の, 交へ, 享楽しうる, 伴い或いは, 伴ひ, 催し出した, 償うの, 克服し, 共にする, 制御しよう, 動かされしばらく, 吐かれて, 味わうだけの, 呼んだ, 喚び起すさ, 喚び起すそう, 噛んで, 失くして, 少し吹きこん, 常にもっ, 強いられると, 強要した, 彼自身の, 心から押しのけ, 恥ずかしく思い, 憎む, 手紙の, 投げすてよ, 抱いて, 押売り, 持たされた, 持ち合せて, 持って, 持っては, 持てと, 捨てろ, 排けた, 排して, 整理し, 暗指し, 根幹に, 歌った千古不滅, 歌つた詩集, 歌つた詩集で, 歌ふ, 注いで, 消さないやう, 深めまいと, 添え敗残, 添へ, 溺らせた, 溺愛する, 玩ぶため, 珍らしい, 甘やかすの, 用いるの, 目の敵に, 知り一本, 示したこと, 笑って, 絶対に, 脱した純, 自分の, 裏切って, 見て, 覚えざるを, 覚えたが, 覚えたの, 覚えたり, 訴えも, 誘うたこと, 誘った, 誘ひ易く, 誘われたふう, 退けて, 逞しうした, 連ねた長文, 遠望させてる, 避けて, 避けるため, 離れた私, 顧みて

▼ 感傷~ (99, 5.7%)

2 [18件] あらゆる情念, あるかも, すべての, たいていの, ただ感傷, やむか, 何について, 制作的でなく, 動くもの, 和解の, 夢魔に, 大衆的である, 情念の, 愛憎み, 本質的には, 矛盾を, 私の, 趣味に

1 [63件] あまりに混濁, いつのまにか今村, えたいの, おれは, お互様, さうでは, そうで, そのやう, そのよう, たかぶる, どう始末, なかった, もう今, もう私, もろくこわれ, やめよう, よしましょうあなたたち, よせよ, ゼンマイ仕掛けの, 主観主義である, 主觀主義, 今かぎりの, 今の, 今後は, 佃が, 何だかここ, 何に, 何処に, 僕たち二人の, 光である, 初瀬の, 前にも, 卓一のみに, 反噬する, 反芻する, 失って, 思えば, 恥ずかしさ, 捨てるん, 止したまえ, 治療が, 消えて, 滑稽化し, 無いん, 無駄だ, 獨斷に, 玲瓏晶玉の, 理智を, 生じません愛, 生ビールより, 祖先達には, 純粋さで, 純粋な, 纒綿の, 西行を, 見えない, 許して, 赦されぬの, 起こらなかった, 起さなかったが, 農村に, 銃声によって, 露だ

▼ 感傷~ (82, 4.8%)

5 家持の 4 あった 3 私の 2 あつた, ある, ないの, なんとし, 入り得よう

1 [60件] あったであろう, あったろう, あるため, あるの, あるもの, あるわけ, ある樣, いっぱいであった, うかが, かくせなかった, かなしくのこり, こもって, しのびこんだころ, その適当, それに, たいへん素朴, ちっともなく, なくユーモア, ひどく心, ましい言葉, まったく影, ようやく去っ, 人道主義的徳義空想で, 人類の, 先走って, 加わりましたが, 単に感傷, 唄を, 大敵な, 尊氏の, 山川正太郎を, 常に先立つ, 強まるにつれて, 当人達も, 彼女の, 彼自身を, 思いがけなく二人, 愉快で, 暫く押し流した, 月, 有つた, 果して許され, 桃色の, 次第に泥溝, 次第に消え, 残って, 泡つぶみたいに, 流れて, 潜んで, 物の, 由子に, 白熱する, 私たちの, 空腹と, 綻び出したの, 自身は, 許されるならば, 起る, 込みあげて, 鋭く私

▼ 感傷~ (43, 2.5%)

4 なること 2 生娘の

1 [37件] いうか, いうより, いわれれば, おかしく眺め, なって, なり窓, なると, 一緒に, 余韻が, 卑下する, 呼びたいの, 呼ぶ, 嗜好とが, 地に, 安価な, 常套も, 怒りを, 悲壮との, 情慾と, 指揮者に対する, 未熟さの, 気まぐれと, 無思慮ハ, 熱情とで, 片付けて, 理論の, 紙一重の, 繊細な, 藤吉郎の, 行きがかりに, 言う勿, 言ふ, 評した人, 誇張に, 謂へば, 鈍さ, 饒舌とを以て

▼ 感傷~ (41, 2.4%)

2 の早期発生

1 [39件] がそれ, が生まれ, さえ持つ, でなかつた院, ではなかっ, といったもの, とが流れ, とのありとあらゆる, との持つ, とは違った, とをマイナス, とを多分, とパリー人的, と或, と陰鬱, などは持合せ, に富ん, に触れ, のない, の少し, はやがて, は別種, は老い先, への訴え, もきっとずいぶん, も手傳つて, やが, をきらっ, を上手, を作品, を備えた現れ, を唆, を多少, を満足, を発見, を蔵, を退け, を鍛, 騒々しい感情表白

▼ 感傷主義~ (36, 2.1%)

2 である, ですよ, の為

1 [30件] からだ, からはなんにも, が彼自身, が承知, だ, ではあるまい, とでもいう, と闘, なんていや, には心から, に伝染, に堕さない, に欺, に浸る, に走りすぎる, に過ぎない, のもの, の中, の境地, の神, の私生児, は一体, は御免, は曇った, は曇つた眼一つ, もまた, を一寸, を交えず, を含んだ, を土足

▼ 感傷~ (32, 1.9%)

2 ない木像

1 [30件] いつか消し飛ん, おこらないほど, かえって私, しかしふと, ない, なかつた, なく, なくこれら, なくさっさと, なくそれ等, なく乗った, なく他, なく夢幻, 向上の, 後悔も, 憧憬も, 懐疑も, 抱かなかった, 持たない冷めたい野蛮, 持たない杖, 持たなかった, 知らず人, 程好く, 胸を, 薄らぎ結句, 読者の, 起らない, 起らないの, 起らぬけれども, 迹なく

▼ 感傷~ (26, 1.5%)

2 でしかない, なら自分

1 [22件] がさまよう, がつ, がわれわれ日本, が次, が澄まし, だつた, だねえ, であつ, でありすぎる, でおれ, でしかも, でないやう, でないよう, ではあった, ではなかつた, で鼻持ち, にすぎない, になつて, の君, の天使, の耳, よ天上

▼ 感傷~ (24, 1.4%)

2 あらう

1 [22件] あつた, いい気持, うたわれて, お笑い草, きいて, この人, わが身を, 人類の, 包み込んで, 反芻が, 大衆を, 彼の, 恋の, 決して内容, 泣いたの, 涙ぐんだ, 理性などといふ, 私ほど, 空を, 裏づけるほど, 観者を, 語ろうなどとは

▼ 感傷~ (19, 1.1%)

1 [19件] からで, から彼, がこぐら, こそ脱しなかつた, でなつかしく, とも思えず, と別に, に囚, に囚われ, に堕し兼ねない, のため, の希臘人, はあった, はどこ, は消, も格別, を嗤, を許し, を誘い出す

▼ 感傷では~ (15, 0.9%)

4 なかった 3 ない 1 ありえない, ありますが, ありません, あるが, ないか, なく決意, 三十三の, 決してなく

▼ 感傷とは~ (15, 0.9%)

1 [15件] いえ父, この頃, それが, はなはだ遠い, ドストヱフスキイの, 互に絡みあっ, 亦, 何か, 全く性質, 十字架上の, 新派劇である, 此時代の, 痴愚の, 言いきれない, 違った意味

▼ 感傷~ (15, 0.9%)

1 [15件] あるひ, 享楽的態度を, 低俗な, 嘘から, 宋襄の仁を, 屁理窟で, 愛着などが, 感動が, 懐疑や, 未練の, 目当を, 程よい風流心, 過度な, 遠慮を, 陶酔感こそ

▼ 感傷から~ (13, 0.8%)

2 出て, 脱しさせようと 1 おそらくここ, 一つは, 出たの, 剛健に, 割りだして, 彼女が, 詠まれたもの, 遠いもの, 離れて

▼ 感傷~ (9, 0.5%)

2 朝風が 1 てやまなかった, て和えられた, て歩い, て詠んだ, やすいお, 勝な, 感情の

▼ 感傷する~ (9, 0.5%)

2 ことが, にし 1 ことでしょう, には余り, のね, よりは享楽, 者は

▼ 感傷~ (6, 0.3%)

1 けれど私, と思います, と笑われ, と頭, な, ね

▼ 感傷として~ (6, 0.3%)

2 あとを, 終る 1 止まる間, 踏みこえて

▼ 感傷には~ (6, 0.3%)

2 個性が, 常に何等 1 時として理性, 違いありませんが

▼ 感傷的気分~ (6, 0.3%)

2 をそ 1 になつ, をすて, を嫌い, を軽蔑

▼ 感傷でも~ (5, 0.3%)

2 なければ 1 なかった, なかつた, 趣味でも

▼ 感傷とを~ (5, 0.3%)

1 かなりな, もって, 區別しなけれ, 導いた, 感ずる故

▼ 感傷~ (5, 0.3%)

1 のだ, のであろう, んだ, 少女に, 映画であっ

▼ 感傷とも~ (4, 0.2%)

1 それを, つかないもの, 自負とも, 言い難い

▼ 感傷など~ (4, 0.2%)

3 与り知らぬ母 1 ふだんは

▼ 感傷をも~ (4, 0.2%)

1 それが, 混え, 通って, 郤け

▼ 感傷であり~ (3, 0.2%)

1 いくらかコッケイ, リリスムな, 心の

▼ 感傷である~ (3, 0.2%)

1 かも知れない, が胸, 神の

▼ 感傷という~ (3, 0.2%)

1 ものは, ものを, やつだ

▼ 感傷といふ~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものである, 人間独得の

▼ 感傷とか~ (3, 0.2%)

1 さう, 焦燥とか, 甘さ

▼ 感傷とに~ (3, 0.2%)

1 共感する, 純粋小説としての, 至純である

▼ 感傷主義的~ (3, 0.2%)

1 では, と言, に抱きしめ

▼ 感傷~ (3, 0.2%)

1 な顔, の気分, の表現

▼ 感傷かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れませぬけれども

▼ 感傷からの~ (2, 0.1%)

2 脱出である

▼ 感傷そのもの~ (2, 0.1%)

1 を味, を味つて

▼ 感傷だろう~ (2, 0.1%)

1 か, と青木

▼ 感傷でしか~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 感傷との~ (2, 0.1%)

1 臭ある, 豊かな

▼ 感傷なく~ (2, 0.1%)

1 ズカズカと, 描き出して

▼ 感傷などは~ (2, 0.1%)

1 それこそ, 彼女に

▼ 感傷において~ (2, 0.1%)

2 私は

▼ 感傷にも~ (2, 0.1%)

1 似たもの, 秘かな

▼ 感傷以外~ (2, 0.1%)

1 にある, になにもの

▼ 感傷旅行~ (2, 0.1%)

1 というよう, をたのしん

▼ 感傷的英雄主義~ (2, 0.1%)

1 に酔っ, を警戒

▼ 感傷的表情~ (2, 0.1%)

2 をむやみ

▼ 感傷~ (2, 0.1%)

1 じゃ問題, で以

▼1* [109件]

感傷がわづかに, 感傷このような, 感傷を生理的, 感傷さえ伴って, 感傷したのである, 感傷じみた自分の, 感傷可くし, 感傷すら持ち合, 感傷せしめた一つ家の, 感傷せずに言う, 感傷そして夢の, 感傷その間には密接, 感傷だけです, 感傷だったろうがそれ, 感傷であったのです, 感傷でしたよ, 感傷でだけ結果的に, 感傷でないものは, 感傷でなく在ってあの, 感傷でなければ極度, 感傷でわざわざさつぱりとお, 感傷とかと全然無縁, 感傷とがあって, 感傷とだけが氏の, 感傷とでときにはたわいなく, 感傷とともにでは, 感傷とについて云うならこの, 感傷なき藝術は, 感傷なし然れ, 感傷などから行こうと, 感傷などが主なる, 感傷などに一顧を, 感傷ならぬ永い哀れ, 感傷なんか無いん, 感傷なんかは人生にとって, 感傷にかへって居た, 感傷につき合はう, 感傷になど係り合って, 感傷によって何を, 感傷によつて何, 感傷に対して一様に, 感傷ぬきに雄々しく, 感傷ばかりかと思うと, 感傷引きこむには, 感傷みたいなもの, 感傷めいたところが, 感傷もうけていない, 感傷やらであって, 感傷やらがかならず何行, 感傷やを愛する, 感傷よりもその歳月, 感傷らしいあるいは屈託, 感傷らしく眼を, 感傷を以てそれを, 感傷トレイタン無頼ノ生活, 感傷一方で詠ん, 感傷の問題, 感傷主義的詠嘆は最も, 感傷主義者が正体, 感傷ではなかっ, 感傷以下に衰弱, 感傷の涙, 感傷を私自身, 感傷を超え, 感傷多き青春の, 感傷奇蹟絶倒せんとして, 感傷家程度で挫折, 感傷小説の作者シャトオブリヤン, 感傷必ずしも哀傷に, 感傷性そのものに敗北, 感傷描写巧みにつくりあげられたる, 感傷に陥り, 感傷文学として弄ばれ, 感傷なこと, 感傷と自称, 感傷を希, 感傷淫酒淫煙の排撃, 感傷状態とから未だに, 感傷的すぎ神経質すぎるかも, 感傷的交錯である, 感傷的伝説の中, 感傷的傾向が決心, 感傷的悲哀もそれ, 感傷的愛郷者を, 感傷的感情から女子, 感傷的感激的で或, 感傷的懺悔宗教的又道徳的諧謔性等, 感傷的文字を書かれ, 感傷的虚無主義者とが踊り子, 感傷的虚無主義者以上のもの, 感傷的記事に全く, 感傷的辞句で私, 感傷的逃避的な生活, 感傷的音声は浪花節, 感傷自体も大いに, 感傷自分の意識人, 感傷至上の三昧, 感傷至極なれば, 感傷鼠と, 感傷で二者, 感傷詩人のインスピレイション, 感傷誇張の小説化, 感傷調で伴奏, 感傷転換をやる, 感傷過ぎて出来なかつた, 感傷過剰の報道, 感傷過多の報道, 感傷道徳に反対, 感傷風気取りと粗暴