青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幾多~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

幽霊~ 幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~ 幾らか~ ~幾人 幾何~ ~幾分 幾分~
幾多~
~幾度 幾度~ 広~ ~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~

「幾多~」 1366, 13ppm, 8400位

▼ 幾多~ (1266, 92.7%)

10 変遷を 8 人が 6 ものが, 歳月を 5 人の, 人を, 困難が, 困難に, 犠牲を, 矛盾が 4 人々の, 人間が, 波瀾を, 艱難に

3 [12件] ものを, 人々が, 人間を, 問題が, 問題を, 失敗は, 種類が, 経験を, 興味ある, 辛酸を, 迷信を, 青年の

2 [79件] ものは, 不便を, 不安を, 世紀を, 主人を, 事例が, 事実を, 亡霊が, 人々は, 人と, 人命を, 人家は, 人工的河水を, 人物が, 人物に, 人間の, 作品に, 作品を, 作物を, 例について, 例を, 例證を, 俊秀を, 優秀な, 兵士の, 前山が, 卓越した, 危険が, 名作を, 困難を, 国民は, 女に, 学者が, 実例が, 小区域, 小説の, 建議案を, 感慨を, 戦いを, 改革に, 政変の, 文芸運動が, 新芸術運動, 材料を, 業績が, 此の, 母や, 波瀾が, 溝渠は, 物語と, 物語を, 特色ある, 理由を, 生命が, 疑問, 疑問を, 疑義を, 真理を, 研究を, 種を, 紆余曲折が, 経験が, 罪悪を, 胸痛む, 舟船は, 艱難を, 荒寒凄涼, 葛藤を, 血を, 証拠が, 説話を, 變遷を, 貴重な, 貴重なる, 起伏を, 道を, 醜漢, 集団構成フィルムの, 青年を

1 [996件 抜粋] あるいはむしろ, うら若き學園, お子, こんな悲喜劇, すぐれた作品, ものの, イーリアスを, キリスト教徒らが, ゴルゴタが, ジェネラションの, ツェッペリンホルランドを, バクチ打と, マット狢の, ルポルタージュも, ロスチャイルドモルガンを, ロマンティストが, 下町の, 不備粗, 不十分さを, 不合理, 不幸を, 不祥な, 不細工あるいは, 世捨人は, 世界を, 世界的名作が, 丘の, 予測し, 事を, 事例を, 事実が, 事實と共に, 事實之を, 事業を, 事蹟を, 交響曲の, 人に, 人命が, 人物は, 人間は, 人間的内争も, 人馬が, 仏像が, 伝記を, 似寄った証拠, 作例を, 作家が, 作家の, 作家中でも, 作物中に, 佳品を, 例が, 例を以て, 例証を, 例蹤を, 価値顛倒を, 便宜を, 信頼に, 俳優の, 個人的天才が, 偉大な, 健全な, 傑れた, 傑作あり, 傑作を, 僞筆家を, 優れた人, 優れた色染紙, 兄弟姉妹にも, 先住民が, 先覚者の, 先輩ばかり, 先輩知友を, 入唐僧侶の, 兵の, 具體的事實を, 円柱歩廊階段の, 凡庸な, 列強が, 利益と, 前例は, 剣士を, 創作を, 劇団が, 功労者の, 努力の, 労作の, 勇士たちは, 勇敢な, 勢力を以て, 匿れたる, 卑劣漢が, 卓抜な, 印象が, 危機は, 危険に, 危険を, 原因が, 反対攻撃を, 叙景は, 古い力, 古墳や, 古書にも, 古窯跡, 句を, 史例が, 合理的な, 同志が, 同情が, 名を, 名人上手たちに, 名前が, 名品を, 名士を, 否定と, 品を, 哲学体系は, 商量すべく, 問題の, 問題も, 噴水の, 囚人の, 困憊と, 困難や, 国に, 土層以下に, 在留日本人からも, 型が, 城壁を, 堂宮仏体巻軸が, 場所に, 場面は, 壮士共だ, 変化が, 変態を, 変装姿は, 変遷と, 夕に, 夢を, 大なる, 大山岳, 大戦役, 大鉄橋, 天才によ, 夫婦者よ, 奇巖を, 奇怪現象を, 女と, 女中共が, 女性の, 女流を, 好展望台, 婦人の, 子また, 学界の, 學者の, 宗教并に, 宝玉あり, 実例として, 実例を, 実証や, 宮廷詩人が, 家庭の, 家族は, 實例を, 将卒にさえ, 尊い人血, 小さいみこ, 小ブルジョア分子, 小册子, 小山脈, 小池や, 小王国, 小突起, 小説的興味が, 少年壮士を, 屍を, 層から, 山河を, 岩骨を, 峰は, 峰巒が, 峰頭を, 島々も, 島も, 川洲を, 工場夜には, 巨頭の, 巻紙の, 市村は, 平行した, 幸福を, 建物で, 弊害が, 形を, 彼に, 御製を, 心の, 志士たち, 志士仁人が, 思いが, 思い出が, 思想界の, 性質を, 怪事実, 怪現象が, 恋や, 恐るべき試み, 恐ろしき暴風雨, 悦びとを, 悪事を, 悪性癖, 悪戦苦闘冒険に, 悪業は, 悲劇それらが, 悲劇は, 悲喜劇を, 悲慘事が, 悲痛なる, 情実を, 情況が, 惜しい犠牲者, 愛読書が, 感謝を以て, 態度の, 戦ひを, 戦場で, 戯曲, 戯談口よりも, 所謂成功者すなわち, 手術に, 才人を, 才能を, 批評を, 技術上の, 抗論を, 接吻頬ずりの, 摩擦の, 支派を, 支溪全く, 改むべき個処, 改竄を, 改良改革を, 改革は, 政争や, 故障の, 教訓と, 数学家の, 敵と, 文句を, 文学的技倆を, 文章や, 新しい劇作家, 新しき慰安, 新式な, 新版を, 新端緒, 新聞皆口を, 方向に, 方法が, 旅人の, 旗さし物や, 日の, 日本教習をも, 旧宣命, 旧時の, 明匠も, 明治大正昭和の, 星学者物理学者の, 星雲を, 映画は, 時を, 普請方の, 智識を, 暗面, 曲目が, 書き入れが, 書冊に, 書籍を, 有名な, 有益な, 未知の, 本能が, 村落の, 村落を, 松明の, 栄花の, 條ぞ, 業績も, 楽しい時間, 標本を, 権益を, 橋の, 欠如を, 欠点を, 欠陥は, 歡樂を, 武藝家の, 歴史書が, 歴史的事実が, 殉教哀史を, 殿堂が, 民家が, 民族を, 氣の, 水樹, 河川や, 法律問題に, 活動上の, 流派が, 海洋冒険小説は, 海潮と, 消息によって, 消長を, 渓流は, 湍瀬に, 滑稽文学が, 潤色が, 瀑や, 災害の, 烟突も, 無理な, 無益の, 無頼漢を, 片に, 物語は, 特色を, 犠牲的青年によって, 犯罪が, 猛将梟漢, 猫又を, 現実の, 現象に, 生きたる実例, 生物が, 男が, 男女の, 画家によ, 異つた材料, 異論を, 疑と, 疑問が, 疑惑と, 疑惑を, 登山路は, 百姓連が, 相異, 瞬間を, 矛盾した, 矛盾と, 矛盾や, 短編の, 研究も, 研究成果は, 硫気孔は, 社会的克服が, 神秘も, 禍根を, 科学者, 科學研究を, 秘義が, 種類を, 章に, 競争線を, 筆生を, 算書及び, 篝火が, 精神を, 精霊を, 紆余曲折を, 紙友に, 経典や, 経済的無, 経験の, 統制主義國家が, 缺點が, 罪人を, 罪惡を, 美しい生活, 美しい詩, 美点にも, 美談が, 美譚を, 群島を, 群集に, 考証で, 聖徒の, 聖者や, 聖賢哲人をも, 職人, 職業と, 肯いがたき, 胡國を, 臆測が, 自由を, 舞臺を, 艱難の, 花の, 芸能文学が, 芸術家の, 若い女, 若い職人, 苦い爭鬪, 苦と, 苦心に, 苦獄を, 苦痛をも, 英国紳士を, 荊棘に, 落度が, 著作さえ, 著述家らは, 蕾を, 虚構を, 蛾眉を, 血によ, 表奬, 裁判が, 複雑なる, 襞が, 要素が, 視線を, 親の, 言葉が, 訓練を, 記録や, 証明が, 詠吟を, 詩によ, 詩人が, 詩人は, 話を, 誇張を, 誤解ある, 誤解に, 誤謬を, 論理的矛盾を, 諸侯と, 諸君が, 謬想が, 譯文が, 議論や, 護送船を, 變數と, 豪族を, 貴種流離譚は, 賞を, 質問は, 蹉跌に, 輕佻な, 輝やかしい, 辛苦艱難を, 辛酸にも, 近代劇, 迷路さえ, 迷路を, 逆理が, 逡巡なき, 進化階段あり, 遊人の, 運河が, 道友や, 達人中にも, 遠近の, 遺籍, 部落に, 重い穂粒, 重要な, 野禽家畜それと, 銅像や, 鎮魂の, 長い議論, 長所が, 長短の, 防寨が, 除外例を, 陶酔剤, 階級ある, 随筆力の, 障害を, 障碍に, 難が, 難事件を, 難問題に対しても, 難題を, 雪渓中の, 霊魂を, 青年に, 非理知的分子, 面々は, 革命的な, 革命運動が, 革新を, 顔の, 類型が, 類型を以て, 風の, 風説は, 高柳君を, 魂の

▼ 幾多~ (9, 0.7%)

1 あった, あつた, ある, あるが, 好い商売, 御座いますので, 有るけれど, 有るぢ, 違ひ

▼ 幾多でも~ (3, 0.2%)

1 剛情を, 在るとも, 引受けたん

▼ 幾多あります~ (2, 0.1%)

1 がわが, が歴史

▼ 幾多~ (2, 0.1%)

1 相異扞格セル理論, 雄邦ヲシテ震懾屏息セシメタルノ快事今

▼ 幾多古人~ (2, 0.1%)

1 の力, の芸術家

▼ 幾多慓悍~ (2, 0.1%)

1 なる日本沿海, なる革命

▼ 幾多漫遊者~ (2, 0.1%)

2 の見知する

▼ 幾多起伏~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [76件]

幾多あるような, 幾多あるであろうが本質的, 幾多いよいよ大なる, 幾多うら若き学園の, 幾多知らんけれど, 幾多あるが, 幾多さう云ふ, 幾多どこかではこの, 幾多旅人の, 幾多にも誤れるところ, 幾多上官の訓示, 幾多覇不, 幾多世上の趣味家, 幾多並んでいた, 幾多主観的作家の擾, 幾多人間の生首, 幾多価値の判断, 幾多傑作を遺し, 幾多僕等の先達, 幾多先輩の苦心, 幾多出来したのであります, 幾多勇敢な宣教師たち, 幾多受驗の士子等, 幾多受驗生の參考, 幾多の知れない, 幾多国政の権位, 幾多地質時代の幾変遷, 幾多執筆された文学, 幾多変遷はあった, 幾多女たちのうえ, 幾多審美學者が古, 幾多山林の狡賊, 幾多市井の悪少, 幾多年少の豪傑, 幾多思想上の英雄墳墓, 幾多思索の後, 幾多うべくも, 幾多文化の変転流相, 幾多有為の士, 幾多解決の, 幾多流血の惨事, 幾多無数の幻影, 幾多犠牲になった, 幾多現存する, 幾多を享楽, 幾多相当の儒者, 幾多相踵いであらはれたが, 幾多知っていた, 幾多研究の余地, 幾多ふべき迷信的行爲, 幾多経た今日でも, 幾多絶大の人, 幾多聖人の生れ, 幾多英俊の士, 幾多著名の冒険家達, 幾多血族の悲しむべき, 幾多表彰はされ, 幾多裁判上の逸話, 幾多複雑なる研究, 幾多解剖上の発見, 幾多設けければ, 幾多読者のその, 幾多諸君の新しい, 幾多諸国の記録簿, 幾多警戒すべき傾向, 幾多を殖, 幾多貴重な名著, 幾多遊冶郎を活殺, 幾多重要の問題, 幾多長袖のカシアス, 幾多降りましたところが, 幾多雅趣ある中洲, 幾多非難の余地, 幾多頼まれたてて気違ぢ, 幾多の子, 幾多黄金の締輪