青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感じた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

愛嬌~ ~愛情 愛情~ ~愛想 愛想~ ~感 感~ ~感じ 感じ~ ~感じた
感じた~
~感じられた ~感じられる ~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~ 感傷~ ~感動 感動~ ~感心

「感じた~」 3893, 42ppm, 2759位

▼ 感じた~ (1135, 29.2%)

204 である 109 であった 81 です 7053 だった 28 でした 26 であろう 19 であります 15 では 13 はこの 12 だろう 11 であるが, はその 10 だつた 8 でございます, でしょう 7 かも知れない, だが, だと, でありました, は事実 6 か, ですが, は 5 だから, だらう, でも, はだが, も無理 4 かもしれない, であったが, であろうか

3 [12件] かそれとも, かも知れません, だったが, でございました, でございましょう, は何故, は実に, は恐らく, は有名, は無論, は私, も事実

2 [24件] かそれ, さ, だという, だよ, であるけれど, であろうと, であろう嘘, とはまた, はあの, はおそらく, はこれ, はそれから, は何ん, は写楽, は勿論, は当然, は彼, は彼女, は日本, は自然, を今, を未だに, を覚え, んです

1 [283件] かあるいは, かあるいはまた, かいずれ, かお, かさびしく, かすい, かその, かどちら, かはっと, かぶ, かもしれなかった, かも知れなかった, かやや, かわからない, かジュリア, か一切弓矢, か一向に, か一昨夜, か中村, か二度, か仏門, か何, か僕, か光秀, か其処, か其處, か友人, か娘, か平次, か後年, か感じない, か気の毒, か氣, か独り, か王, か知らぬ, か知れない, か私, か自分, か荷物, か鋭く, がここ, がす, がなにゆえ, が予, が事實, が原因, が恋愛, が私, が第, が自分, が集五郎, じゃないでしょう, だけれど, だけれども, だそれ, だったけれど, だったろうか, だった舞台, だもの, だらうと, だろうお, だろうか, だろうという, だろうひょいと, だろう呟くと, だわ, だ唾液, であったかれは, であったと, であったに, であったの, であったろう, でありましたが, であるかも, であると, であるとは, である物, であろうぼんやり, であろう一度, であろう二人, であろう又, であろう女, であろう寂しい, であろう彼, であろう憎まれ役, であろう最初, であろう私, であろう群衆, であろう軍配, でございますが, でございますの, でしたわ, でしょう畳みかける様, でしょう私, ですから, ですけれど, ですそんな, ですもの, でないだらうか, で御座います, とおなじ, と胸, ならこれ, にちがいありません, にはもう, はあれ丈, はいささか, はいつも, はおり, はかくす, はこいつ, はこう, はことに, はさ, はしん, はじつに, はすでに, はせいぜい, はぜひ, はそこ, はそれひとつ, はそれら, はた, はたしか, はたしかに, はただ, はなんと, ははじめ, はひとり, はべつ, はまことに, はまず, はまだ, はむしろ, はもつ, はもとより, はやはり, はアントン・フオン・ヰツク, はジェームズ, はジカ, はスターリン, はソヴェト, はネパール, はパーヴェル・パーヴロヴィチ, はホン, はヨーロッパ, はラウレス氏, は一人息子, は一分二十何秒, は一方, は久子, は争われない, は京子, は今, は今夜, は今年, は他人, は伊賀, は伸子, は住職, は作者自身, は偶然, は光一, は光子, は六蔵, は其の, は其後一度きり, は再婚, は初めて, は初対面, は初日, は別, は前記, は半, は単に, は去年, は同じ, は同情, は嘉兵衛, は嘘, は地面, は坊主, は坪内先生, は外国, は大, は大正十年, は大湊, は天真流露, は嫉妬, は孤絶, は寂寞, は實, は小学校, は山, は山上, は幾度, は床の間, は彼野々村君, は後, は恐ろしい, は操吉, は支配人, は新橋停車場, は新聞社自身, は旅, は是等労働者, は最後, は木下藤吉郎, は木崎, は東京中, は東側, は東北, は栄養, は案外, は森本, は樂人豐原統秋, は此人, は此屏風形, は殺人罪, は毎年, は民衆, は永き, は決して, は涙, は満足, は無理, は照明, は熱, は瑞雲院様, は生徒, は男, は男子, は畢竟, は當然, は疑問, は築地, は終り, は繁夫, は耳, は肯ける, は自分, は若い, は草双紙, は荷物, は著者土岐哀果氏, は蛇, は裸, は親子, は言うまでもない, は詐ら, は認めます, は説明, は論理学三〇%, は謂, は質, は逞しい, は附近, は青野君, は高等学校, は鳶, は麦, はNHK, もここ, もこの, もその, もその頃, もつまり, も別れた, も彼, も束の間, も此, も汪紹生, も自然, も赤い, よりはもっとずっと, らしい, をつかまへ, を思い出した, を思い起す, を未, を見, を覺

▼ 感じたこと~ (543, 13.9%)

38 のない 28 がある 26 はなかっ 23 はない 18 もない 13 がない 12 があった, である 8 はなかつた 7 だろう, であった, であろう, はありません, は一度 6 があります 5 があつ, がなかっ, でした, ですが, は 4 がなかつた, はこの, は今, もある 3 か, であらう, でありました, では, はあなた, はありませんでした, はございません, は私, を覚え

2 [19件] があっ, がありません, が一つ, が一度, だが, であろうと, はその, はそのまま, はそれ, は事実, は何, は日本, は無かっ, は現代, もあった, もなかっ, も事実, を思ひ出した, を白状

1 [218件] あり, あるか, あれへんか, からである, から今度, から思いあわせ, から推し, があったろう, があり, がありました, がありませんでした, がいっぱい, がいつのまにか, がうなずける, がかつて, がきまり, がまさに, がキッカケ, が一再, が二, が外, が書かれ, が有っ, が無い, が蜂谷, が間々, さうし, さえあった, したこと, すらなかっ, そうしたこと, それから禹, だ, だけが推察, だけはお知らせ, だけを後日, だった, だったろう, だつたの, だと, だろうが, であ, であったが, であったらしい, であったろう, であったろうと, であつ, でありましたが, であります, でありますが, でありまた, であるが, でございました, でございますが, でしょう, でしょう歌, ですけれども, ですし, でもあった, なぞ一度, などはなかっ, などもぼく, なんかありません, にございます, について申しましょう, によるの, に由来, のうち, のない凄, のない激しい, のない胸苦し, のなかっ, のなかつた, の一つ, の中, の忘れられない, の無かっ, の第, の覚え書き, はあの, はあまりに, はありますまい, はある, はい, はかう, はかつて, はここ, はこれ, はそこ, はた, はただ, はどうして, はないです, はなかったろう, はなし, はなんだか, はほんと, はまだ, はまちがい, はみな心, はわれわれ, は一生, は二度, は今日, は何モイヤニナッタ, は何度, は何時も, は個人的, は僕自身, は先ず, は勿論, は原著, は史眼, は同じ, は国籍, は大いに, は実に, は専門語, は小銃, は少し, は度々, は形, は彼, は必ずしも, は感じた, は文学, は新聞, は是, は普通第一線, は未だかつて, は本当にさぞどっさり, は来, は歌, は殆ど, は殆ど一度, は決して, は演劇, は無, は片一方, は物, は町, は監督デユヴイヴイエ, は知らず, は筋肉, は純情, は織田氏, は肯きうる, は自分, は若い, は若しも, は西鶴, は言うまでもない, は言葉, は踊, は近来, は道理, は陳列, は鬱然, ばかりだった, もあつ, もあります, もありません, もさらに, もそれ, もなく, も一度, も事實, も同じ, も含め, も多々, も多く, も幻滅, を, をいわね, をおぼえ, をきっと, をことごとく, をすべてうち, をその, をそのまま, をため, をもって見れ, をもらした, をよく, をわざと, を一つ, を中山, を云, を井上, を今, を付記, を何, を卒直, を君, を彼女, を思い出した, を思ひ出す, を悟, を想像, を日記, を書いた, を歌つて, を溜息, を直ちに, を私, を自ら, を自ら説明, を覚えない, を記す, を記述, を認めない, を談, を述べ, を述べたい, を違つた角度, 即ち対象, 考えたこと, 考へたこと

▼ 感じた~ (256, 6.6%)

6 それは 5 それを 4 それよりも 3 お君, 私は, 自分の 2 しかし私, その時, それも, やがてさく, 今度は, 併し, 彼の

1 [218件] あの物, あやまる機会, いかんとも, いまは, お初の, かねて権, こうして私, ここで, ここでは, こちらの, この家政婦, これが, こんなに突然怖, こんな時, ごとき不満, さからは, さてどうもいよいよ, さて又, さも手持無沙汰, さらに北, さりげなく, しかしお, しかしこれ, しかしすぐ, しかしそれほど, しかしやはり, しかし千鶴子, しかし君, しかし彼処, しかし心から, しかし相手方, しかし言いたく, すぐまた, すぐ藤枝, すぐ長岡佐渡, すこし熱, そこへ, そしてその, そしてまた実際, そのま, そのまま都会, そのわけ, そのザワザワ, その一辺, その代り, その対手, その心持ち, その日記帳, その瞬間, それが, それでもめいめい気持, それでも毛布, それと, それと共に, それには, それにも, たしかそれ, たまたま楊宇霆, つとめて, とにかく自分, なぜか, なぜわたし, なほも, なんとその, はっきり口, ふり返り, また人, また随分, まるで熱病患者, もう一息, もう如何ん, もっと満足, もとより老, やがてサクサクと, やがて変, やがて明智, ろうと, シカシ長持は, ロシア語で, 一寸言葉, 一日一日滞在の, 一週間ばかりの, 一週間を, 七八年前の, 万事に, 三位卿の, 不図眼, 世間を, 中でも耐えられなかった, 主が, 二人の, 五年位これから, 亭主の, 今度も, 伊沢も, 伸子は, 何か, 何だか面白い, 何でも余, 何を, 何事も, 何故か一向悲しく, 余も, 俺は, 借りた憶えの, 偽り飾りの, 僕の, 兄の, 先頃からの, 其の叔父, 其儘車内の, 其方を, 出来るだけ, 刀を, 初めての, 助力の, 十八だ, 千鶴子からの, 叔父は, 同じ書信, 同時にそうけだつ思ひ, 同時に作, 同時に吾, 同時に雪江, 同行の, 喉を, 国家の, 塩野の, 外へ, 外科では, 夢な, 奈良へ, 好奇心も, 妹さんの, 媚びられて, 実はごく, 実は何, 実は時計, 実は暫く, 実際の, 実際はさ, 客観的に, 将軍家の, 尺八を, 山の, 峠を, 己の, 年若, 度数の, 強いて平然, 彼は, 後には, 心は, 忽ち黒い, 怖ろ, 思い出すと, 怯みは, 恋しい人, 恐らく他, 恐怖に, 恐竜型潜水艦の, 恭一が, 意外にも, 戻りにも, 承諾おうとは, 放した二本, 文章字句の, 斉彬の, 最後た, 最後容易に, 有難いとは, 本来それほど, 村人は, 案外おなじ, 橋梁が, 次の, 次第次第に, 此方の, 母は, 気を, 渡舟の, 源氏の, 然しそれ以上, 爺さんの, 牧瀬に対して, 物すべて若く青き, 猶私達, 生まれて, 皿に, 相手が, 眼に, 睨むと, 瞬後氏は, 矢張声を, 秋を, 秘密の, 米人たちは, 素知らぬ顔, 終いには, 絶えず京都, 耐へて, 自分には, 自分も, 落ちついて, 落着く, 蒜類の, 街路の, 表では, 計器を, 誰か, 貧乏神に, 起き上がろうと, 身じろぎも, 身分の, 銀子は, 門標に, 顔淵が, 黙って

▼ 感じたので~ (150, 3.9%)

29 あつた 6 あらう 2 あらうか, ハッと, 彼は, 私は

1 [107件] あつたらう, あの翌朝, あまり遠から, あらう又, あらう毎年其, あらう満足, お経, ぐっと力, ここに, これは, これも, さきほど父, さっと彼, しゃがんだ, すでに右, すばやく先手, せう, そこに, その二匹, その叫喚, その場, それに, それについての, それを, つい一桝, なに二三軒からの, はじめて気がつい, はっとして, ぼんやり窓, まだ戸, もうやめる, もしや話し声, よほど思い切っ, よろこんで, わたしは, 一二歩往来の, 丁寧に, 三人は, 不審ながら, 不審に, 不平を, 云いにくい, 云わずに, 今から, 今度は, 他へ, 令二は, 何気なく手, 余は, 例の, 刑部は, 力を, 十六歳の, 危ふく彼女は, 友人の, 吾知らずウットリと, 城太郎は, 夫は, 姫路へ, 少女たちが, 左手を, 強く問いただした, 彼が, 思いきって, 思はず彼女, 思わずオヤ, 手を, 振りかえっ, 放して, 断然わたし, 新しい作曲, 早く知らせ, 早速手紙, 是非ともゲーテ, 晴季は, 朱欄の, 東野を, 梅渓は, 此キヤバレエの, 此儘船室に, 歩調を, 毛勝から, 油断の, 洗場へ, 無理に, 男は, 直ぐ眼, 着物を, 科学者は, 稍平な, 立ち上がって, 箱を, 縁の, 自分の, 葉子は, 被って, 言葉を, 誰でも, 贋手代を, 躰を, 辺りの, 遂やぶれ, 遙に, 顔を, 馬を, 驚いて, 黙って

▼ 感じたもの~ (145, 3.7%)

13 である 87 です 4 であった, ですから 3 であつ, と見え, らしい 2 かも知れない, だが, だつた, でも, とみえ, と見える, は浦里, をだんだん, を薄

1 [82件] かあんまり, かし, かそれとも, かどうか, かも知れず, かウォルタア, かベニ, か何しろ, か俄, か再び, か千鶴子, か娘, か平次, か彼, か怪塔王, か悠然と, か次に, か毎朝, か父親, か物, か署名, か鼻汁, があったろう, があり, がとても, が平湯, が肉慾, じゃ, だから, だけはこんなに, だけは長く, だし, だった, だったが, だと, だろうか, でありませう, であるが, であろうか, でした, で独り, とおなじ, とみえる, と同じ, と察せられる, と見えまし, と見た, に対しては徹底的, のみを列べる, はお, はおそらく, はここ, はそう, はその, はそれら, はただ, はにおい, はぱちぱち, はまず, はドイツ, は何, は南国, は取引部, は太陽, は明らか, は春, は格別, は漠然と, は赤く, もありました, やはりそれ, らしく, らしくまだ全く, らしくフト顏, をかじり出した, をそのまま, を今, を俊三, を少年, を白状, を細やか, を選び出した

▼ 感じた~ (110, 2.8%)

11 見えて 6 いう 3 すれば, みえて, 見え 2 いうだけの, 云うこと, 云ふ, 全く同じ, 同じやう, 見え先刻

1 [72件] あれば, いうだけに, いうに, いうまでの, いえるこの, いって, いふより, おっしゃる, おっしゃると, したらそれ, したらどう, したら井伏鱒二, したら元来, したら私たち, しるして, する, その夜, ひ吾, ほりたしかに, みえます, みえる, みえ僕ら, みえ大きい, 云いました, 云う, 云うもの, 云うん, 云う事, 云えば, 云つても, 仰しゃいました, 同じくらい, 同じよう, 同じ事, 同じ悲哀, 同じ理由, 同じ程度, 同じ美, 同時にこの, 同時にギヨツ, 同時に最近, 同様な, 同様に, 同様の, 告白した, 思う, 思うと, 思った, 思ったほど, 思われる空虚, 書いて, 答えたと, 聞く, 芥川龍之介は, 見えすかさず, 見えそれから, 見え一人, 見え一瞬南, 見え僕等, 見え厭, 見え大きい, 見え學部, 見え辞職願, 見え額, 見へ, 言いたてたので, 言います, 言う, 言ったの, 言つても, 記憶し, 話されたこと

▼ 感じたから~ (106, 2.7%)

36 である 9 であった 8 です 64 だった 3 でも 2 でありました, でしょう, 用意の

1 [34件] ここに, これを, じゃ, すぐに, そう言った, その後は, だそう, だったが, だと, だとしても, であたし, であつ, であらう, でありましょう, であります, であり殊に, であろう, では, でもし, なんです, もうあの, わしは, ホッと, 不快に, 件の, 何につけ, 念には, 手を, 挨拶も, 數年ならず, 文学者にと, 斯うい, 私は, 裏切者が

▼ 感じた~ (94, 2.4%)

10 のない 6 はない 3 はなかっ 2 があります, がある, がない, が無い, であらう, であるが, はその, はなかつた, を率直

1 [57件] か, があるだらう, がなかっ, が只, が時々, が百発百中図星, が自分, だけである, だけはその, だろうと, であった, であつ, でありました, となる, についてチョッ, に不審, の無い, の真相, は, はああ, は一度, は一通り, は今日, は何, は余り, は多分, は實, は彼, は春, は有りません, は無, は無かっ, は直覚, は自分, もあった, もあらう, もなかなか, も未だ, を, をあなた, をありのまま, をいつわらず, をかくす, をちょっと, を今, を否定, を呼び起す, を断り, を書い, を申しまする, を私, を私達, を自ら, を語る, を述べよ, を述べる, 思って

▼ 感じたよう~ (92, 2.4%)

6 に思った 4 であった 3 だった, です, なもの, に 2 なこと, な顔, に思う, に首

1 [62件] でした, でしたが, でも, なほのぼの, なわけ, な不愉快, な事, な例, な口裏, な大きな, な心理的, な感じかた, な感覚, な態度, な樣子, な気, な気高, な深い痛ましい, な自信, な表情, な複雑, な記憶, な遥かに, な郷愁, にいっ, にいわゆる, におっしゃった, におどりあがっ, にここら, にさっと, にしかし, にすべて, にそこ, にびり, にふるまっ, にまた, に今, に何, に倒れかかっ, に取れ, に声, に大将, に宍戸, に小声, に峯子, に心, に怯, に愈, に感情家, に挨拶, に振向い, に楽しい, に独り, に玄蕃, に私たち, に自分, に覚え, に言っ, に言葉, に身, に身ぶるい, に馬

▼ 感じた~ (52, 1.3%)

2 ガバと

1 [50件] あの世界, ある時女史, あんなに血, おそらく推察, この頃, しれないが, しれません, その詳しい, それが, それを, ただの, ですって, どうか, ほろほろと, また誰, むこうへ, むっつりした, もちろんお, カラカラと, ソロ, フト固い, 五年ほど, 俄に, 六兵衞は, 分れへん利用, 周馬の, 大いに悦び, 大亀が, 実業界, 寸隙を, 彼は, 恨みを, 機嫌が, 涙を, 滝の, 炉の, 真面目に, 知れませんでした, 私の, 花房一郎は, 覚えて, 言語に, 読みおわって, 足が, 金瞳黒羽の, 露子は, 飄然と, 飄然として, 飴箱を, 黄い

▼ 感じた~ (45, 1.2%)

2 のよう, は電話

1 [41件] いかに自分, お延, さっさとカレワラ, その時, であり同時に, と同じく, などに起る, にこの, にすくな, にのみ仏, にのみ書く, には両手, には何等, には切っ, には暗黒, にふと, にも劣らない, に和魂, に声, に幸福, に書いた, のそれ, のほか, のむづ, の喜, の嫌さ, の気持, の私, はじめてさきほど高札場, は丁度, は今, は娘, は彼, もやはり, も私, や罵り, ハッと, 少くとも, 若い武士, 顧みて, 食べると

▼ 感じた~ (38, 1.0%)

9 違いない 5 ちがいない, 相違ない 3 違いありません, 違ひない 2 しても, ちがいあるまい 1 すぎないが, すぎなかった, せよ金魚, ちが, 因るであろうが, 相違あるまい, 相違なかっ, 過ぎない, 過ぎなかつた

▼ 感じただけ~ (32, 0.8%)

4 だった 3 であった, でその 2 である

1 [20件] だ, だが, だったが, であったが, であったと, でいい, でした, です, でそれ以上, では, でもう, でわが身, で不徳義漢, で何故, で外面的, で無事, で病, で自分, で雪, 反對

▼ 感じたという~ (31, 0.8%)

4 ことは 3 のである 2 ことが, ことも, のだろう, のは, 事は

1 [14件] ことを, その物, のが, ので, のでしょう, ような, 一節が, 方が, 節は, 訳で, 訳は, 話でした, 貯蔵庫に, 風に

▼ 感じたところ~ (28, 0.7%)

1 [28件] があったらしい, が実相, であった, でいわゆる, でそれ, ではあなた, ではこの, ではさっき, ではちよ, では伯爵, では失礼, では本来, では熊, では貧乏, で彼, で数, にまだ, に祈り, のない, のみを備忘録位, の客観, の懐紙風, は元康, は薬師寺附近, もあった, も同じ, をそのまま, を書い

▼ 感じたやう~ (27, 0.7%)

2 な気

1 [25件] であつ, である, です, な, な事, な単純, な心持, な思ひが, な惨め, な気高, な氣, な理由, な語調, な逆, にいつも, に一人, に奴隷, に思, に感じ, に所謂普請道楽, に柔らかい, に気狂ひじ, に私, に言, に錯覚

▼ 感じたほど~ (24, 0.6%)

4 だった 2 だつた, であった, であつ

1 [14件] おどろいたの, おはじきが, だったが, である, でした, です, で私, なの, ふしぎに, 哀れな, 執拗に, 早い速度, 深刻に, 話したの

▼ 感じた~ (24, 0.6%)

75 です 2 だが 1 じゃない, だから, だけど, だけれども, だぜ, だなと, だろう, でしょよし, ですから, ですね

▼ 感じたまま~ (23, 0.6%)

2 をお話し

1 [21件] でしゃくり上げ, に荒涼, に言い放った, のお話, の歌, ぼんやり空想, をいふ, をそっくり, をはっきり, を一ばん心, を云った, を何, を作らず, を句, を呟い, を構わず, を江戸, を無責任, を申します, 出来るだけ, 通りすぎて

▼ 感じたとき~ (17, 0.4%)

2 最もよく怒る

1 [15件] かの女, すぐに, にもただ, に根柢, に見せる, のこと, の寂し, はかならず, はない, はもう, ぷんと鼻, もしくは籠, やはり物, わざとじやけんにしてやる古風さ, 第三弾

▼ 感じたくらい~ (15, 0.4%)

2 だった, です

1 [11件] たしかな, で, であった, であったの, である, で雪姉ちゃん, なこと, なの, 烈しく親方, 裸ながら, 驚ろかされた

▼ 感じたその~ (15, 0.4%)

2 ときの

1 [13件] うちに, 仕方と, 内生とは, 刹那何千坪と, 刹那博士は, 少量の, 当時を, 心の, 感じも, 日かの, 眼と, 瞬間の, 部分を

▼ 感じたあの~ (13, 0.3%)

2 異様な

1 [11件] わからなさ, 二つの, 健全な, 困難が, 堪らなく嫌, 妙に, 心持, 目つきが, 線条的な, 誇らしさ, 鋭い歓喜

▼ 感じた次第~ (13, 0.3%)

3 です 2 であります, である 1 であった, である諸君, でございます, でござる, でした, ですが

▼ 感じた通り~ (13, 0.3%)

2 に書いた

1 [11件] この川, だったの, に, に書き, に書く, の何物, の印象, の言葉, を口, を句, 不味いと

▼ 感じたかと~ (12, 0.3%)

5 思うと 1 おもうと, 云うと, 云えば, 思った間, 思ふ, 思ふと, 聞くと

▼ 感じたわけ~ (12, 0.3%)

4 では 1 であった, であつ, であります, でした, です, ですよ, でもなかつた, は怖

▼ 感じたかも~ (10, 0.3%)

5 知れない 1 しれない, しれなかった, 知れないが, 知れぬ, 知れぬが

▼ 感じたため~ (10, 0.3%)

1 かもしれない, かも知れぬ, だ, である, であるが, であろう, でしたが, でもあろう, にそれ, の死

▼ 感じた~ (10, 0.3%)

2 です 1 だった, でした, とりのぼせて, に, の語調, 其の男, 名誉の, 小気味の

▼ 感じたかの~ (9, 0.2%)

6 ように 1 やうに, やうにも, ようだった

▼ 感じた~ (9, 0.2%)

1 またありがたく, やがてその, 伝説の, 先ごろ注目された, 客観的に, 対手は, 小関氏は, 数かぎりない, 松本の

▼ 感じたばかり~ (9, 0.2%)

1 だったが, であった, でした, ですから, でなくアマーリア, でなく息苦しく, でなく誰, で朗, やのうて

▼ 感じたものの~ (9, 0.2%)

2 微笑しない 1 あちらこちらに, ごとくである, それは, 一つは, 冷静に, 勢いと, 正体を

▼ 感じた~ (9, 0.2%)

2 のよう 1 がかつて, が数多, であるが, の氣配, はなかっ, は一人, も自分

▼ 感じた~ (9, 0.2%)

2 だつたが, である 1 だね, であった, であつ, でその, のこと

▼ 感じた~ (9, 0.2%)

1 が内心, には生活能力, はこう, はほっと, は彼女, は歴史, は特に, は猶も, は金銀そのもの

▼ 感じたけれども~ (8, 0.2%)

1 そこは, その意味, どういうもの, もうそんな, 何か, 眼の, 素子は, 貴婦人は

▼ 感じたそう~ (8, 0.2%)

3 である 2 です 1 して, で菊五郎, で襖

▼ 感じた瞬間~ (8, 0.2%)

2 に心 1 すぐその, であ, には俺, に月, の壊滅, 一寸怯

▼ 感じたこの~ (7, 0.2%)

1 人の, 場合の, 愛吸収力が, 滿足の, 点を, 辺で, 辺は

▼ 感じたそして~ (7, 0.2%)

2 それは 1 それが, それと, つく, 新らしい, 自分の

▼ 感じた~ (7, 0.2%)

1 が少く, が母親, でないと, はその, はなかつた, は多勢, もいた

▼ 感じた自分~ (7, 0.2%)

2 の歌 1 としての同感, に照れる, の, の心理, の生

▼ 感じたけれど~ (6, 0.2%)

1 こんなところ, そのほか, その前, それも, なんに, また一方

▼ 感じただけの~ (6, 0.2%)

2 その光 1 ことじゃ, ことでした, ものなら, 感じであった

▼ 感じたとおり~ (6, 0.2%)

2 のこと 1 かたく味方, の言いよう, をまっすぐ, 果たして何者

▼ 感じたのに~ (6, 0.2%)

2 違いない 1 すぎないの, ちがいない, 気が, 皆に

▼ 感じたのみ~ (6, 0.2%)

2 だった 1 だ, である, ならず宿, ならず逆

▼ 感じた様子~ (6, 0.2%)

1 がない, であった, である, でくるり, です, で立ち去ろう

▼ 感じた~ (6, 0.2%)

21 でもあらう, におの, にも違, に不思議

▼ 感じた~ (5, 0.1%)

2 うだ 1 うか, うです, に

▼ 感じた~ (5, 0.1%)

3 あらう 1 あらうやう, あらう日本人

▼ 感じたといふ~ (5, 0.1%)

1 わけで, 事以外には, 意味で, 有名な, 話を

▼ 感じたとしても~ (5, 0.1%)

2 それは 1 それを, 大したこと, 若しもその

▼ 感じた一つ~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 の, の問題, の重要

▼ 感じた~ (5, 0.1%)

1 けなん, けのこと, だ, だそれ, なん

▼ 感じた喜び~ (5, 0.1%)

5 は過去生

▼ 感じた彼女~ (5, 0.1%)

1 は, はアサ, は翌日寺, は老いた, も下

▼ 感じた~ (5, 0.1%)

1 のあり, の動揺, の反映, の持ち, も姿

▼ 感じた~ (5, 0.1%)

1 が眼, のもの, の重明, を世俗, を書く

▼ 感じた樣子~ (5, 0.1%)

3 です 1 であの, でした

▼ 感じただけで~ (4, 0.1%)

2 あつた 1 眺めて, 通りすぎたの

▼ 感じた不思議~ (4, 0.1%)

1 な感じ, な着物, な自然, をどの

▼ 感じた事柄~ (4, 0.1%)

1 であったから, でありますが, をまとめ, を記し

▼ 感じた以上~ (4, 0.1%)

1 の不愉快さ, の親しみ, はその, 守らうと

▼ 感じた場合~ (4, 0.1%)

2 その対手 1 とかには当事者, にはたとい

▼ 感じた~ (4, 0.1%)

1 がふり向いた, は一策, は役所, を見る

▼ 感じた時彼~ (4, 0.1%)

1 のからだ, の心, はつと, は初めて

▼ 感じた~ (4, 0.1%)

1 な語調, に, にそれ, にひろい

▼ 感じた経験~ (4, 0.1%)

2 がある 1 の無い, を持っ

▼ 感じた途端~ (4, 0.1%)

1 お春, にまた, に再び, に庄次郎

▼ 感じたあと~ (3, 0.1%)

1 でなければ, でなるほど, の心身

▼ 感じたうち~ (3, 0.1%)

3 にも僕

▼ 感じたかという~ (3, 0.1%)

1 ことが, ことです, 小説の

▼ 感じたかは~ (3, 0.1%)

1 短い言葉, 蓋し想見, 言うまでもない

▼ 感じたからの~ (3, 0.1%)

2 ことで 1 名だった

▼ 感じたかを~ (3, 0.1%)

1 想像する, 考え始めた, 述べる勇気

▼ 感じたそれ~ (3, 0.1%)

2 の十倍 1 があたり

▼ 感じただけでも~ (3, 0.1%)

2 人は 1 烈しく騒ぎ

▼ 感じたとか~ (3, 0.1%)

1 それが, 我が身の, 頬を

▼ 感じたには~ (3, 0.1%)

1 感じたが, 相違ありません, 相違ない

▼ 感じたまでの~ (3, 0.1%)

2 事である 1 ことさ

▼ 感じたよりも~ (3, 0.1%)

1 さらに必死, もつと, 自分の

▼ 感じた~ (3, 0.1%)

1 だったので, でべんたつ, 長い彼

▼ 感じた不安~ (3, 0.1%)

1 からでありましょう, があった, がまた

▼ 感じた不愉快~ (3, 0.1%)

1 な気持ち, のこと, の事

▼ 感じた~ (3, 0.1%)

1 というもの, の顫, は少く

▼ 感じた悲哀~ (3, 0.1%)

1 はおよそ, もまだ直ちに, を追想

▼ 感じた~ (3, 0.1%)

1 が強かっ, が鋭, だけどうして

▼ 感じた~ (3, 0.1%)

1 があった, だけをならべる, でこれ

▼ 感じた~ (3, 0.1%)

1 が実は, だから, 思ひから

▼ 感じた覚え~ (3, 0.1%)

1 がありません, がない, はない

▼ 感じた~ (3, 0.1%)

1 であろう後, でございました, でございます

▼ 感じたあれ~ (2, 0.1%)

1 が続いたら, の又

▼ 感じたかが~ (2, 0.1%)

1 すでに右, 吾

▼ 感じたからでも~ (2, 0.1%)

2 あった

▼ 感じたきり~ (2, 0.1%)

1 で別に, 何もかもわからなくなっ

▼ 感じたすると~ (2, 0.1%)

2 憂鬱な

▼ 感じたせい~ (2, 0.1%)

1 では, もあろう

▼ 感じたせつな~ (2, 0.1%)

1 にヒョイ, ぱんと

▼ 感じただけに~ (2, 0.1%)

1 過ぎない, 過ぎなかった

▼ 感じたとき伸子~ (2, 0.1%)

1 は反射的, は父親

▼ 感じたとき彼女~ (2, 0.1%)

1 の智, はじ

▼ 感じたにも~ (2, 0.1%)

1 かかわらず一方, 拘らず当座

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 疑を, 秀子の

▼ 感じたまた~ (2, 0.1%)

1 今でも, 感じつつ

▼ 感じたまだ~ (2, 0.1%)

1 一年とは, 落ちつつ

▼ 感じたまま前~ (2, 0.1%)

2 のホテル

▼ 感じたもん~ (2, 0.1%)

1 ですから, やさかい

▼ 感じたガフ~ (2, 0.1%)

1 は, は直ぐ

▼ 感じたクリスト~ (2, 0.1%)

1 であり又, はその

▼ 感じた一刹那~ (2, 0.1%)

1 さっと玄白斎, に私

▼ 感じた一瞬~ (2, 0.1%)

1 の悪魔的, はなかっ

▼ 感じた下剋上~ (2, 0.1%)

1 であるから, はそんな

▼ 感じた事さ~ (2, 0.1%)

2 へある

▼ 感じた事実~ (2, 0.1%)

1 である, の方

▼ 感じた二三~ (2, 0.1%)

1 の事, の歌

▼ 感じた二人~ (2, 0.1%)

1 の恋愛, は陣扇

▼ 感じた人々~ (2, 0.1%)

1 の気分, は世界

▼ 感じた人間~ (2, 0.1%)

1 が精神病院, なのね

▼ 感じた伸子~ (2, 0.1%)

1 が重ね, の前

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 はまだ, も少なく

▼ 感じた僕自身~ (2, 0.1%)

2 を冷笑

▼ 感じた印象~ (2, 0.1%)

1 が彼, を忘れない

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 は, は他

▼ 感じた多分~ (2, 0.1%)

1 君も, 此季節中で

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 の作品, の作品中

▼ 感じた寒気~ (2, 0.1%)

1 とよく, は凝り固まつた

▼ 感じた彼ら~ (2, 0.1%)

1 が自分, はあたかも

▼ 感じた心持~ (2, 0.1%)

1 に強く, を急

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 に燃えた, よりは遙

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 ひは, る聖なる

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 はなかっ, は一日

▼ 感じた時代~ (2, 0.1%)

1 からの事, には旧

▼ 感じた景色~ (2, 0.1%)

1 が出なくっ, が出る

▼ 感じた木犀~ (2, 0.1%)

2 がその

▼ 感じた歓び~ (2, 0.1%)

1 はとても, を今

▼ 感じた母親~ (2, 0.1%)

1 がつと, の凝視

▼ 感じた焦燥~ (2, 0.1%)

2 しさ

▼ 感じた疑問~ (2, 0.1%)

1 がまた, を一層

▼ 感じた百分の一秒時~ (2, 0.1%)

2 忽ち又

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

2 な経験

▼ 感じた結果~ (2, 0.1%)

1 として腹, なん

▼ 感じた羞恥~ (2, 0.1%)

1 だつた, のやう

▼ 感じた肝腎要め~ (2, 0.1%)

2 の揺れ

▼ 感じた苦しみ~ (2, 0.1%)

1 の中, をあえて

▼ 感じた葉子~ (2, 0.1%)

1 の唇, は謀叛人

▼ 感じた言葉~ (2, 0.1%)

1 がある, である

▼ 感じた記憶~ (2, 0.1%)

1 が思ひだせない, をお

▼ 感じた~ (2, 0.1%)

1 がめぐっ, は山番

▼1* [366件]

感じたああ云う書物, 感じたあと夫人と二人きり, 感じたあらゆる非良心的, 感じたある威厳に対する, 感じたあるいは感じたらしい様子, 感じたはゆる, 感じたいかにしても, 感じたいくぶんのやつれ, 感じたいつかえるかと, 感じたいつものとおり, 感じたいままでは寒い, 感じたいらだたしさが, 感じたうそ寒かつた, 感じたおもしろ味を, 感じたからといふわけ, 感じたからばかりでは, 感じたがいの愛情, 感じたくらゐ生き生き, 感じたくらいにまでそれらを, 感じたくらいのものであります, 感じたこういう天地を, 感じたこころもちに似た, 感じたことさへある, 感じたことそれをその, 感じたこと最後にパン焼職人, 感じたこと等思い出すまま, 感じたこと自分が生きた, 感じたころには静か, 感じたころ木の葉のさやぐ音, 感じたしだいです, 感じたすべてのもの, 感じたそこで早々二階, 感じたその後幾年か立つた, 感じたそれほど近い所, 感じただけを一寸云つて, 感じたちょうど長いあいだ, 感じたってやっぱり貴様, 感じたつよい声の, 感じたつよいはずかしさを, 感じたでもあろうが, 感じたといった言葉が, 感じたときオレは親方, 感じたとき三人は彼, 感じたとき丹七は二十年, 感じたとき古賀はおも, 感じたとき物を申しません, 感じたとき真弓は再び, 感じたとき眼を開い, 感じたとき私は本能的, 感じたとき絹糸のよう, 感じたとさえ言った, 感じたとのことであった, 感じたとのみは思えなかった, 感じたとは熱心の, 感じたと共に浦上の, 感じたなと気がついた, 感じたなどと言わねば, 感じたなんてやっぱりまだどこ, 感じたのでがまがえるからも, 感じたのにけふこのごろ, 感じたはじめての感銘, 感じたはずである, 感じたばかばかしさという, 感じたひとびともあったであろう, 感じたふうで, 感じたほどの少年で, 感じたぼくが明日子, 感じたまでで夫, 感じたまひてこの, 感じたまま事務所へ往き, 感じたまま門のくぐり, 感じたむしろ痛快だった, 感じたもうな, 感じたもの心を動かした, 感じたようすで答えました, 感じたよき食慾は, 感じたわるい方だ, 感じたアヴェンチン山河の, 感じたショックは十年, 感じたジヤアナリストのパウロ, 感じたゾクンとした, 感じたタマラナイ恐ろしさ, 感じたチョビ安はあわて, 感じたツァラツストラのよう, 感じたトタンに自分, 感じたバスで赤間, 感じたパヴローヴァとしては特に, 感じたフランシスの方, 感じたロマンティックな創作動因, 感じた一事はこの, 感じた一人であるらしくこのごろ, 感じた一人ぼっちの感じ, 感じた一時期は私, 感じた一番寒い朝, 感じた一種の弱い, 感じた一話がある, 感じた一首がある, 感じた七時出立黒井行乞三里歩いて, 感じた不快感を率直, 感じた不愉快さが段々, 感じた不自由や不平, 感じた世界と云う, 感じた事共を将来系統, 感じた事實を茲, 感じた五仙境に就, 感じた亢奮が率直, 感じた人たちもたくさん, 感じた人柄よりもちょく, 感じた仁科六郎は苦々しく, 感じた今善吉の口, 感じた今日また嫌, 感じた今日一日は一句, 感じた以上看過しない警察官, 感じた住民達が半分想像, 感じた余命いくばく忙しい, 感じた余程病気が, 感じたも次, 感じたとその, 感じた先生の性格等, 感じた全部だった, 感じた其の時で, 感じた其男は再び, 感じた其角は殆何, 感じた冷たさは, 感じた凄みはなく, 感じた凡骨は死ぬ, 感じた判断に過ぎない, 感じた利枝は自ら, 感じた刹那飽くこと, 感じた刹那家がぐらぐら, 感じた力彼に尊厳, 感じたけに此方, 感じた助役の顔, 感じた動機の一つ, 感じたを闇太郎, 感じた原因である, 感じた之介さん, 感じた反抗のやう, 感じたへびとの, 感じた古い上衣は, 感じた和一郎はにらむ, 感じた問いをゴーリキイ展, 感じたは何, 感じた地獄極樂, 感じた地獄極楽は決して, 感じた地震だ, 感じた地震動の緩急, 感じた場合其振動の緩急, 感じた場所はかなり, 感じた場面のあった, 感じた夜無水居を訪, 感じたなる情愛, 感じた大きく波を, 感じた失恋をちよ, 感じた奇妙な罪障感, 感じた奇怪きわまる放送, 感じた如くに見受けられた, 感じた如何にそれが, 感じたの家, 感じた嫉妬の思い, 感じた季節の変移, 感じた寂寥は固, 感じた寄席の楽屋, 感じた尊敬や真摯さ, 感じた小保内も剣, 感じた少年の頃, 感じたを頭, 感じた左派のグループ中, 感じた平一郎に対する静か, 感じた平坦さで答えた, 感じた平静さでむしろ, 感じた平馬は又, 感じた年子はしばらく, 感じた幻影は, 感じた幻覚だったかも, 感じたのふっとんだ, 感じた座談以上のもの, 感じたには誰, 感じた当惑のきわみ, 感じたであ, 感じた彼自身の苦しみ, 感じた往年の感激, 感じた初めて次, 感じた得々たる気持, 感じた微笑を残し, 感じた心地を知り得るだろう, 感じた心理は今, 感じた心理上の変動, 感じた心臓が脈, 感じた怒りは今, 感じたろし, 感じた思いの真実, 感じた思い出があった, 感じた恐しさを, 感じた恐ろしいものを, 感じた恐怖も一身, 感じた悲しさに, 感じた悲しい事実だ, 感じた悲しみはほとんど, 感じた感じそれを彼女, 感じた感傷であった, 感じた感情というもの, 感じた感歎と殘念, 感じた慧鶴は寺, 感じた或いは感じたが, 感じた房一はすかさず, 感じたはジャン, 感じたのよう, 感じた支配人は今更, 感じた放射能のよう, 感じた敏感さにおどろいた, 感じた新九郎は今にも, 感じた日本の言葉, 感じた日本これを私, 感じた日本人の教授, 感じたを冬, 感じた春樹は宝石, 感じた時あそこは果して, 感じた時ペガッサスはどんなに, 感じた時人は必ず, 感じた時人声がした, 感じた時凡ては此, 感じた時分には着物, 感じた時南京虫のきず, 感じた時南玉の顔, 感じた時向うの隅, 感じた時庄吉の飛びかかっ, 感じた時後から押す, 感じた時心臓へのある, 感じた時斉彬は手紙, 感じた時月丸の眼, 感じた時秀男ははらはら, 感じた時私は初めて, 感じた時自棄に成つた心, 感じた時薄弱な自己, 感じた時駕の後方, 感じた暫くして, 感じたである, 感じたも昼, 感じた木の芽も花, 感じた木部に対して葉子, 感じたついに坐り切れず, 感じた本当の所, 感じた本能の仕業, 感じた東洋人の馬祖, 感じた栄養不良のため, 感じた根本観念を推測, 感じたと私, 感じたにそれ, 感じた権力に対する反抗心, 感じたの瞬間, 感じたなどを作っ, 感じた歓喜はこの, 感じた正しい未来の, 感じた正直な声, 感じたの大, 感じたの厳粛さ, 感じた殊に精神方面の, 感じたになった, 感じた気分がよく, 感じた気持が恥しい, 感じた氣丈夫に感じた, 感じた氣分がすっきり, 感じたを浴びる, 感じた永劫の聲, 感じた活動が甦る, 感じた淋しさも, 感じた淡い哀愁が, 感じた深い印象を, 感じた清純な心, 感じたは, 感じた漠然とした, 感じた漠然たる不思議の, 感じた火葬場の匂, 感じた為めでありましょう, 感じた然しそれは, 感じたゆるよう, 感じただ爾, 感じた牽引には今, 感じた独逸の思い出, 感じた實の, 感じた理由はロレンス, 感じた生徒は只, 感じたである, 感じたははかな, 感じた男子の利己主義, 感じた町村では優待条件, 感じた画家の抽象性, 感じた疑惑を慰めよう, 感じた痛みでまさに, 感じた白色の不安, 感じた相手でもなかっ, 感じた真面目な感じ, 感じた瞬間ケンプ博士はしたたか, 感じた瞬間天童は固く, 感じた瞬間童貞女のみが知る, 感じた矛盾をまた, 感じた知吉は今, 感じた石子刑事は渡辺刑事, 感じた神秘的な恍惚, 感じた神経的な反撥, 感じた程厭な女, 感じた空氣の冷た, 感じた空虚な感じ, 感じた立憲党の人々, 感じたはない, 感じた節々あり, 感じた素振りで伸子, 感じた結果何かでシッカリ, 感じた緊張がたたまれ, 感じた義務についてしばしば, 感じた肉體にくらべり, 感じたもすがすがしく, 感じた胸中の真相, 感じた腰元実は義賊, 感じた船客たちも悲し, 感じた芝居苦しいといふ, 感じた松屋惣七の, 感じた若し他人が, 感じた若君はそっと, 感じた菩提山の月, 感じた萬葉人の詞, 感じた落着いて, 感じたで此二つ, 感じた蛭氏はこの, 感じた複雑な感じ, 感じたがただ一遍, 感じた観音様の体温, 感じた解放されるよう, 感じたではない, 感じた誇りがな, 感じた読者自身が今度, 感じたのこと, 感じた責任をも感じなくなっ, 感じた貴重な時間, 感じたり上りたい程, 感じたさは, 感じた農村と, 感じたであって, 感じた透徹した眼, 感じた途端ゴトーンと大きな, 感じた途端脚をひっこめ, 感じたを述べる, 感じたぐる三月に, 感じた過去も自然胸, 感じた道夫はそれとなく, 感じた泉君は, 感じたに触れる, 感じた部分も弁士, 感じた郷愁に見え, 感じた重苦しい心持は, 感じた限りではやはり, 感じた青年があった, 感じた面白さと, 感じた面白いこと, 感じた顔付で云った, 感じたでもあった, 感じたもなかつた, 感じた験しはない, 感じた驚きはこれ, 感じた驚愕と深い, 感じた驢馬の仔, 感じたで, 感じた高原でも近寄っ, 感じたである, 感じた麾下もあった