青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

怒っ~ ~怒り 怒り~ ~怖 怖~ ~怖い 怖い~ ~思 思~ ~思い
思い~
思いがけない~ ~思いました 思いました~ ~思います 思います~ ~思い出 思い出~ ~思い出し 思い出し~ ~思い出した

「思い~」 16349, 169ppm, 616位

▼ 思い~ (2361, 14.4%)

290 して 134 した 71 しながら 48 したこと 38 しなければ 31 したの, しました 24 するの 23 させて 19 しても, する 18 させた 17 抱いて 15 寄せて 14 かけて, すること 13 したが 12 こめて 11 もって 9 しながらも, せずに 8 いたしました, したか, したもの, なす, 胸に, 馳せて 7 させること 6 こらして, した事, しないで, よせて, 致して, 致しました

5 [12件] させては, したという, したり, すると, するに, せずには, 抱きながら, 新たに, 残して, 潜めて, 遂げて, 馳せた

4 [19件] あらたに, ここに, させたり, させまいと, させました, させられた, させられるに, させるの, したと, しましたが, するか, するくらい, するよう, すれば, せねば, なした, はせた, 味わって, 忍んで

3 [24件] させないで, させられたこと, させられて, させられました, させるよう, したであろう, したらしい, したろう, した上, した経験, してまで, しないでも, しないよう, します, するであろう, するもの, するよりは, する事, なして, ひそめて, 人に, 想像する, 持って, 経験した

2 [89件] いたすこと, いだいて, いだきながら, かかえて, かけた女, かけるよう, かけるより, こがして, させずに, させずには, させたこと, させたの, させた事, させちゃ, させないよう, させまた, させや, させられ, させられたから, させられたが, させられながら, させられる, させられるの, させられるばかり, させる, させるに, したかは, したかも, したくないと, したけれど, しただけ, したに, したよ, しないでは, しなくっちゃあ, しなくっても, しなくては, しましたけれど, しましたよ, し乍ら, するから, するが, するだけ, するだろうと, するところ, するばかり, するよりも, する日, そこへ, とげさせて, とげるという, なさ, なしたこと, のこして, はらんで, めぐらして, めぐらしながら, やって, 一ぺんに, 一時に, 与えた, 与える, 増すばかり, 如何とも, 彼に, 心に, 感じるよう, 我慢する, 抑えて, 抱いた, 抱かせること, 抱かせるの, 救世観音は, 残しながら, 残すこと, 比べ合った, 深くした, 私は, 秘めて, 胸一杯に, 致しましたが, 致しまして, 託して, 誘い出された, 誘われた, 起したの, 込めて, 通そうと, 馳せながら

1 [1024件 抜粋] あそばされたはず, あちらまで, あらしめる, いくらかしない, いたしたこと, いたしながら, いたしましたでしょう, いたしますだけ, いたしやした, いたすならば, いたすよう, いだきました, いだくこと, うける私, うちあけるには, うち明けた, おこさせる, おさせして, おさせに, おさせ申しました, おはらし下さい, お掛けし, お運びでござりましたゆえ, かきたてたこと, かき抱くよう, かくし切れなかった, かけたくないから, かけたん, かけた兄, かけた銀包み, かけての, かけないもの, かけるという, かためた, かみしめながら, きょうは, くりかえして, こうむり襟, こめたよう, こめた秋波, こめる眸, こらし, こらしてるよう, これ以上続け, さぐるよりも, さして, させえたならば, させず私, させたか, させたが, させたくないから, させたくないもの, させたな, させた報道, させた金助, させといて, させないでしょうか, させながら, させなければ, させに, させぬ方, させやしない, させられたか, させられたの, させられたウツロ, させられた恨めし, させられては, させられないまま, させられなければ, させられます, させられるから, させられるので, させられる折, させるから, させるでしょう, させるなどという, させるほど, させるよ, させるわい, させる三輪, させる勇気, させる彼, させる所, させる玄徳, させる程, させる老人, させ始めたとしか, さそわれたり, さまよわせて, さらにつらく, しあっても, しずの, したあくる, したあの, したがらないしようと, したくないん, したけども, したし, したその, したとき, したね, したのに, したまま, したらしゅうございます, したろうが, したわよ, した三年前, した人, した八五郎, した小村さん, した揚句, した百七十七個村, した覚え, した開戦当時, しちゃあ, しつづけて, してばかり, して迄だって, しないうち, しないため, しない人, しなきゃなりませんから, しなくても, しなくなるの, しなくッ, しなけりゃならねえ, しねえよう, しはじめた, しばしばさせられる, しましたから, しましたでしょう, しましたに, しましたもの, しますから, しますな, しようが, しろと, し今, し友人たち, し所謂, し止められるの, し通し, じっと噛み殺し, じっと押えつける, するかと, するぐらい, するため, するだけよ, するだろうし, するでありましょうか, するでは, するならその, するので, するほど, するより, する事柄, する夜間輸送, する時, する筈, せざるを, せずもっと, せめては, せッ, そそいで, そそった, そそるばかりの, そのままに, そのままわが, そのまま話す, たえず陰, たしかにこの, たどって, ちぎれちぎれに, つたえます, つづけた, つづけながら, つめて, てりかえして, とげた, とげた気, とげます, とげること, とげ三枚, どう結びつけ, なさいましたが, なさいますな, なさしむることは, なさしめる場合, なさないもの, なさらずに, なさるから, なさるでしょう, なさるばかり, なさる必要, なさッ, なしけるが, なしたの, なしようやく, なし速やか, なし飄忽変化, なすうち, なすったという, なすったん, なすに, なせり, なんらかによって, ぬけきること, のむとは, はせすでに, はせもう一度, はせるの, はせ宮峠, はっきりさせよう, はらそうという, ひかれここ, ひそめさせ文学, ひそめる, ひそめるもの, ひそめれば, ひとに, ふかく心, ふみにじって, まぎらすおり, ますます深く, まぬがれるのに, みんなし, めぐらさねば, めぐらしたり, めぐらしついに, めぐらすこと, めぐらせずには, めぐらせば, もった一人, もらす要領, やるだけの, やるという, よく知っ, よせるよう, よせる男, よみこまれては, わずらわされずに, ケンプ博士に, ロマン的回顧に, 一つに, 一処に, 一層切実, 一度し, 一度経験, 一言伝えたかった, 下天, 与えて, 与えるこうした, 与える土, 久慈は, 二人で, 二度しなけりゃならぬ, 互に経, 人生観や, 今さら話し合う, 仕合って, 伝えようかと, 伝えるの, 伸子は, 催したの, 僕は, 内に, 凝して, 凝らしたいと, 凝らしはじめたこと, 凝らし夜中密か, 凝らすの, 加えさせるもの, 包みて, 包んで, 千々と, 及ぼさないという, 及ぼしまざまざ, 反映する, 口汚く云いだした, 同じ流れ, 吐き出して, 向けるの, 告白し, 味わうべく余儀なく, 味わったこと, 味わわせられた, 呼び交わしつつ, 喚び起させた, 嘗めさせられて, 噛みなおすべきであった, 噛み殺し乍ら正直, 嚥み, 地下室は, 堪えて, 増させて, 外には, 多くの, 夜明けとともに, 天上にのみ, 失うに, 妻の, 子供に, 実現し, 寄せたいと, 寄せたという, 寄せた郷里, 寄せること, 寄せるとは, 寄せる者, 寄せ無限, 寄られて, 察しよう, 少しずつ, 巡らして, 巧みに, 平家敗戦の, 幾度か, 強くさせられた, 彼の, 得て, 心の, 忍ばねば, 忍んでから, 忘れたいですよ, 忘れるかも, 急に, 想像し, 惹こうと, 感じた, 慰めて, 慰めるよう, 懐いて, 懸けた, 我慢すれ, 打ちあけた時, 打ち明ける相手, 打明ける折, 抑え切れなくなって, 披瀝し, 抱いたまま, 抱いた瞬間, 抱かずには, 抱かせられること, 抱かせる何もの, 抱きました, 抱くであろう, 抱くの, 持ちつづけて, 持っては, 振り捨てるよう, 授けて, 掛けたこと, 掛けました彼, 掛けられ其人, 掛けるから, 接いで, 推察しなけれ, 摘発された, 断たない関, 断つが, 明遍上人に, 晴らしたが, 晴らしもらうは, 更につよく, 書きつらねた手紙, 木原は, 果しつつ, 果すこと, 果すよう, 果たせば, 極度に, 歌って, 此所に, 残した手紙, 殺し腰蓑, 比べ合う高瀬, 汲ませたもう, 決めて, 浮かべて, 消したかったの, 深くする, 深めるだけ, 湧き立たせるよう, 溢れさせて, 潜めながら, 潜めねば, 潜め遠く, 為し口食, 為ずとも, 焦がすよう, 片づけるため, 独りで, 現わす, 申しあげて, 疲らして, 白雲の, 知って, 知らそうと, 知るや, 砕いた後, 確認する, 禁じ得なかったの, 禁裏勤王に, 秘めた白衣, 笛に, 籠めた, 籠めようかと, 経験された, 経験する, 続けた, 続けた二日, 繰り返しながら, 習字に, 考えると, 耐えても, 聞かされた茨右近, 背負って, 胸の, 自分一人の, 自身軽蔑し, 致させられるの, 致されるかも, 致した, 致したとき彼, 致しながら, 致しましたまことに, 致します, 致し陸続, 致すところ, 舒べて, 葉子に, 著述に, 薫に, 表わすこと, 表現する, 見ぬいて, 見出して, 覚えてだけ, 言うの, 訴えたであろうが, 詩に, 誘い出されるよう, 誘うの, 誘われるところ, 語らずに, 語り継がんと, 語ろうと, 誰も, 諦めようとして, 貴方様にだけ, 走せたり, 走せてる様子, 起こさせられたが, 起こす, 起させたの, 起すこと, 身に, 軽く揺った, 込める祈り, 述べざるを, 述べた優艶, 追わずに, 逃れ一, 通じたが, 通すという, 通ずる方法, 通わせても, 遂げずして, 遂げたいと, 遂げた上, 遂げるぜ, 遂げるの, 遂げるん, 遊ばしながら, 運ぶを, 運べるもの雲霞, 達したんで, 違え別れがたい, 遠くに, 遠くへ, 遣るため, 邪魔する, 重ねた, 重ねる仕儀, 鎮めたくなる, 長い間, 隠しかねて, 集めて, 雪の, 音曲に, 飾らず打ちあけて, 馳せ, 馳せずには, 馳せたであろう, 馳せたの, 馳せた時, 馳せる, 馳せ一群, 馳せ行末, 骨折って

▼ 思いながら~ (2046, 12.5%)

55 私は 33 彼は 20 歩いて 12 僕は 11 自分の 10 わたしは 9 それを 8 半七, 黙って 7 見て 6 わたくしは, 今まで, 彼女は, 近づいて 5 そのままに, 岸本は, 念の, 急いで, 目を, 眺めて 4 その日, その機会, それが, ついその, 今日まで, 寝て, 帰って, 彼の, 歩いた, 葉子は

3 [25件] お綱, その方, その顔, それも, だまって, 一人で, 両手を, 五郎は, 室の, 寄って, 川の, 彼女の, 待って, 扉を, 気を, 私も, 窓の, 答えました, 聞いて, 自分も, 行くと, 見るとも, 言った, 部屋の, 頭を

2 [102件] あても, いつかその, いつまでも, いまだに, おりて, こちらの, この手紙, しっかりこの, じっと見, そこに, それでもまだ, ついそのままに, ともかくも, どうする, どこか, はいって, ふと見る, ぼんやりし, またその, まだその, よくよく見る, サト子は, ジョバンニも, ソッと, ツイそのまま, 一日延ばし, 一種の, 丁度私, 三の, 上の, 二人は, 二階の, 云いました, 今の, 今度は, 佇んで, 何か, 何から, 例の, 信一郎は, 俺は, 僕も, 先生は, 其処を, 出て, 口に, 古い蚊帳, 周囲を, 外へ, 夜も, 夜更けの, 大股に, 妹の, 家へ, 寒さ, 寝た, 寝床の, 小坂部は, 彼が, 忘れて, 急に, 慌てて, 手を, 打たれた, 暫くタバコ, 最初に, 最後の, 栄介は, 楡の, 気が, 注意した, 甲斐は, 登は, 相手が, 眉を, 私の, 立ち上って, 笑って, 米友は, 老人の, 考えながら, 耳を, 自分で, 自分は, 葉子の, 行って, 言葉が, 訊いた, 訊きました, 読んで, 誰にでも, 豹一は, 貝十郎は, 通りすぎようと, 進んで, 開封した, 青べかの, 静かに, 面白半分, 頭の, 顔を, 香を

1 [1500件 抜粋] あいつの, あけすけには, あたしは, あちこちと, あのなつかしい, あまりなれなれしく, あるいて, あんなこと, いいました, いそいで, いつか眠りに, いつのまにかこの, いつもどこ, いつも何, いと神妙, いままで, いろいろの, いわれた通り, うっちゃらかして, うっとり空, うッ, おすぎ, おもしろさ, お伊勢, お妃様, お愛嬌, お源, お米倉, かえったら玄関, かの武蔵屋, ぎらぎらした, こう書いた, こっそりと, このごろに, この勇敢, この白い, これまた, これ以上事を, こんどは, さっきの, さっと土間障子, さてべつにどう, さりげない, しおしおとして, しかしそれ, しかし完全, しかし私, しかもその, しきりにお, しばらくじっとし, しばらく休みました, しばらく貯, じっと成経, すうっと, すぐ矢, すでに騎虎, ずかずかと, ずるずると, そういう彼女, そうし, そうだ, そこは, そしてその, そっと机, その, そのこと, そのそば, そのままこの, そのまま一緒, そのまま立っ, そのナイフ, その上, その人, その半面, その宿, その後ろ姿, その感情, その櫛, その永い, その白い, その紙片, その花, その赤い, その金持ち, そばへ, それから起き, それでもいそい, それでもひょっとしたら, それでも念, それでも相手, それでも青い, それなり祖母, それらの, そろそろと, たおれても, ためらって, だんだんにその, ちょっとまた, ちょっと部屋, ついあの, ついうっとりと, ついて, ついに独り子, ついむずかしい, つい呻き, つい忙, つい聞きそびれ, つい覚え, つい逡巡, つくづくその, つらいお, でも何となく, とうとう今日, とうとう柳原河岸, とにかく手さぐり, ともかくもそっと戸, どうしてもそれ, どうにも, どのくらい, なおかつ決しかね, なおも気どられない, なお女, なお羅漢堂, なぜか, なにげなく近づい, なるたけお, なんとなく不快, ぬけられねえもん, はやりも, ひょいと玄関, ふじ子の, ふと一時, ふと気, ふと眼, ふらふらと, へんに, ほんとうに, ぼんやりとして, ぼんやり立ちつくした, ぽつぽつ落ち, まさか彼, まずひと通り, またうろ覚え, またよびかけました, また室, また心, また恐らく少し, また碁, また訊ねつづけ, また風変わり, まだ仏勤め, まだ疲労, まだ訊かなかった, みて, むざむざ失う, もう一度この, もう一度二人, もう興味, もし行かなかったら, もともと嫌い, やがて悄然, やって来たという, やっと自分, やっぱりかの, やっぱり打消さず, やつて, やはりまったく死ん, やはり傍, やはり本, やるとも, ゆられて, よく見る, よく解剖, わざとへ, わたくし自身の, ウツラウツラした, オレの, ガラスの, グイと, ションボリ立っ, ズラリと, ツイツイ釣り込まれ, テイブルに, ナオミが, フイと, ブドリの, ホテルに, ランプの, ヴォドピヤーノフは, 一人の, 一夜を, 一層歯痒, 一方を, 一時涙を, 一時間半も, 一番匂が, 一般人類を, 丁度店の, 三位卿歯ぎしりを, 上り口から, 下くちびる, 下駄の, 不安だった, 与えたの, 両手で, 中の, 主屋で, 久しく手紙, 事に, 事実は, 二三日費し, 二人の, 二間あまりの, 云うまま, 五郎の, 井戸の, 人気の, 今は, 今後を, 代人を, 伊達捷平の, 伸子が, 何う, 何だか本当に来る, 何もかも邪魔っけ, 何事も, 何故彌一右衛門, 何気なく見, 促した, 俺の, 偶然に, 元の, 先ず, 先方の, 光の, 六十スー出した, 内々恐れ, 再び枕, 出かけたの, 出来るだけ, 出港を, 別に, 利己的な, 前よりも, 加十は, 勢よく, 十年も, 十郎兵衛は, 千蛾の, 卓子の, 参ったの, 又もや長い深い, 又男達, 友木は, 取りあえず木戸, 取り出す器物, 受話器を, 口を, 台所に, 同じ過ち, 君は, 命も, 咎めること, 商人に, 喜兵衛を, 四辺を, 因縁に, 土神は, 坊さんは, 堂の, 声を, 外し損ない同じ, 夜が, 夜を, 夢の, 大ぶ, 大将は, 大石先生は, 夫の, 失神し, 女の, 女王は, 姉さん姉さんと, 嬉しさ, 子供達を, 宇乃は, 定かに, 実は自分, 実際には, 室へ, 家に, 宿直所で, 封を, 小使の, 小妻, 小林氏に, 小池に, 小走りに, 少しびくびくもの, 少し訳, 尚私, 尾けて, 岡引の, 差し上げようと, 市長室に, 常は, 平気に, 年は, 幼い魂, 幾杯も, 床の, 店の, 庸三の, 弄った, 引っ返して, 引返して, 彦右衛門は, 彼に, 彼女が, 往復した, 後を, 徳次も, 心の, 必死に, 応用した, 思うほど, 思わずたべすごした, 怠るが, 恐る恐るそこ, 息を, 悲しくなった, 愚図愚図し, 慄え, 我が家の, 我慢し, 手に, 手先に, 手酌で, 折々千世子, 押入れの, 拵えたの, 指さす方, 振り向き振り向きして, 擽ったいよう, 改めること, 数の, 文三は, 斯う言いました, 新八, 新女御, 日の丸の, 日記の, 昔の, 時が, 暇も, 暮して, 書いて, 最後に, 朝からの, 木の, 本を, 机に, 村の, 枕を, 枯柳の, 根よく, 森の, 植え込みを, 槍持の, 橋を, 機嫌よく, 次第に年, 歌劇の, 武蔵が, 歩調ゆるく, 死ぬるだろう, 母より, 毎日三娘の, 気味の, 永瀬の, 法水が, 浮いて, 涙に, 深い興味, 清十郎は, 源氏は, 漸くそれ, 炭を, 無感動, 無精な, 焦慮し, 熟, 父と, 父親の, 片時だって, 独り寝た, 玄関へ, 瑠璃子は, 生きて, 用を, 申し上げて, 町垠に, 病院へ, 登れないもの, 白カナキンの, 皆の, 目が, 相変らず, 眠りに, 眼を, 眼鏡を, 矢っ, 矢張り黙っ, 知りつ, 破れた垣, 社会的に, 私に, 種々案じ, 突っ放して, 立ち上ろうとして, 立ち止まって, 立派な, 筋肉に, 糊の, 素敵な, 結局新子は, 絣を, 絶版に, 締め殺すほど, 縁側に, 美事な, 耐えて, 聞くと, 肉身という, 能登守は, 脚下に, 腹では, 自分と, 自分を, 船室を, 色々の, 若武士, 茫然机に, 草原の, 蒲団を, 藤十郎は, 行きえないで, 街の, 表へ, 袖を, 裏手から, 西日の, 見えかくれに, 見続けて, 言えない, 計器盤を, 許宣の, 話題を, 読みました, 誰しも, 講演が, 買えないで, 越前守は, 足袋の, 跣足の, 身じまいを, 軽く扉, 軽井沢で, 辰之助と, 近よっ, 通されて, 通り過ぎようと, 逸子が, 運ばれて, 道を, 部屋に, 金づちを, 銀の, 鑑札を, 長い長い松並木, 門口に, 開けて, 阪口楼の, 階下へ, 雅趣の, 雨の, 雨間を, 雪江さんの, 雲を, 露路の, 鞍馬の, 頁を, 食い残り, 食堂の, 飾窓から, 馬の, 駄目だった, 魚八の, 鳰鳥が, 黒くぬれた

▼ 思い~ (1891, 11.6%)

57 よらぬこと 37 よらないこと 28 よらなかった 24 寄らぬこと 19 よらない 18 して 17 よりません 14 及ばぬこと 13 しなかった, 寄らぬ 12 寄らぬ事 11 かけなかった, かけぬこと, よらなかったの, よらぬ, 寄らなかった 9 かけないこと, した, 寄らない, 寄らなかったの, 寄りません 8 かけないよう, つかなかった, よらないよう, 寄らないこと 7 かけぬよう, したが, する, よらぬ事, 付かないこと 6 かけない時, かけなかったの, よりませんでした, 及ばないこと, 寄らない事 5 かけない事, かけなかったよう, よらない事, 付かなかった, 及ばぬ事, 寄らぬ大

4 [21件] あった, およびません, かけぬ事, するの, つかないこと, つかないよう, つかなかったの, よらないの, よらない出来事, よらない椿事, よらなかったこと, よらぬお, よらぬ大, よらぬ御, よるまい, 及ばないよう, 及ばなかったの, 寄らず, 寄らぬ人, 寄らぬ話, 寄りませぬ

3 [31件] かけずこんな, かけないところ, かけなかったこと, かけなかったので, かけぬ, かけぬこの, かけぬところ, かけぬ人, かけぬ処, かけぬ大, かけぬ言葉, しない, しなかった自分, するが, つかなかったこと, つかぬ自壊作用, なしに, よらず, よらない処, よらぬもの, よらぬよう, よらぬ人, よらぬ場所, よらぬ言葉, よりませぬ, 及ばなかった, 及ばなかったこと, 寄らぬと, 寄らぬもの, 寄らぬ場所, 寄らぬ大変

2 [74件] およばないよう, およばなかったの, およばぬこと, かけずに, かけず自分, かけない恐ろしい, かけない方向, かけなかった少女, かけぬと, かけぬ出来事, かけぬ御, かけぬ方向, かけぬ時, かけぬ父, かけませんでした, こもって, したし, しないし, しなかったが, しなかったわ, します, つかなかったよう, つきませんでした, よらずこれ, よらずその, よらないお, よらないところ, よらないやりかた, よらない収入, よらない大, よらない急, よらない時, よらない災難, よらなかったほどの, よらなかったもの, よらぬおそろしい, よらぬが, よらぬご, よらぬその, よらぬところ, よらぬので, よらぬひとり, よらぬ一致, よらぬ事件, よらぬ人間, よらぬ仰せ, よらぬ収穫, よらぬ所, よらぬ方角, よらぬ災難, よらぬ難事, よらねえいわく, よらんこと, よりませんでしたよ, 付かないよう, 付かない穴, 付かない話, 及ばない, 及ばないで, 寄らないところ, 寄らないほど, 寄らない時, 寄らない私, 寄らなかったろう, 寄らぬという, 寄らぬところ, 寄らぬ体, 寄らぬ方面, 寄らぬ椿事, 寄りませんでした, 掛けて, 掛けぬ事, 考えも, 響いて

1 [1087件 抜粋] あって, あなたの, ある, いいも, いたしました, いたしません, うち忘れ, およばないこと, およばないじゃ, およばないわね, およばなかったので, およばぬ, およばぬ大きな, お久美さん, かけずいい気, かけずくだけた調子, かけずさっと, かけずといった, かけずまぎれこんだソヴェト社会, かけずわたくし, かけずベルリン, かけず人, かけず吹貫亭, かけず大きな, かけず奈良, かけず学者, かけず小さく激しく, かけず左右, かけず弁信, かけず思い, かけず早速, かけず木部, かけず満座, かけず父さん, かけず笑いだされて, かけず興奮, かけず葛城, かけず覚えて, かけて, かけないある, かけないお, かけないこぎゃん酷, かけないこの, かけないという, かけないもの, かけないドエライ騒動, かけない一ぴき, かけない人, かけない仕合せ, かけない別, かけない力, かけない喜び, かけない大発見, かけない奴, かけない小さん, かけない恥辱, かけない手薄, かけない明るい, かけない機会, かけない満足, かけない生活, かけない矢田さん, かけない立派, かけない美しい, かけない背後, かけない藁塚産業課長, かけない被害, かけない通知, かけない道, かけない長老, かけない障碍, かけない風景, かけなかったこの, かけなかったそんな, かけなかったつむじ風, かけなかったと, かけなかったねずみ, かけなかったもの, かけなかったろうが, かけなかったドラマチスト, かけなかった事実, かけなかった厭, かけなかった小さな, かけなかった新しい, かけなかった桂川, かけなかった残虐行為, かけなかった眼, かけなかった鋭い強い, かけぬいろいろ, かけぬおそろしい, かけぬことば, かけぬそれ, かけぬへん, かけぬもの, かけぬキイキイ声, かけぬ一軒家, かけぬ上客一人, かけぬ不意打ち, かけぬ事故, かけぬ伯母, かけぬ偽善, かけぬ力強, かけぬ占い, かけぬ反対, かけぬ喊, かけぬ報道, かけぬ夜, かけぬ大学生, かけぬ大病, かけぬ妹, かけぬ尊い, かけぬ幻想的, かけぬ後ろ, かけぬ意味, かけぬ捕手, かけぬ方法, かけぬ更に更に, かけぬ未知, かけぬ枝, かけぬ椿事, かけぬ次, かけぬ氏, かけぬ深刻, かけぬ濃霧, かけぬ無残, かけぬ物語, かけぬ画房, かけぬ異郷, かけぬ痛撃, かけぬ相, かけぬ砂漠, かけぬ福, かけぬ突発事件, かけぬ素人探偵, かけぬ結果, かけぬ考え, かけぬ胸, かけぬ色紙, かけぬ荘麗, かけぬ訊問, かけぬ貪婪, かけぬ赤い, かけぬ遠方, かけぬ邂逅, かけぬ門番, かけぬ間違い, かけぬ隣りの, かけぬ高, かけぬ鬼, かけぬ鼻先, かけねえヒョン, かけませず私, かけませぬお, かけませぬ書物, かけませんこと, かけませんでしたよ, かけませんので, がまんする, こめられて, させないで, されるの, したけれども, したのよ, したろうと, しないで, しない兵, しない訣, しなかったこと, しなかったであろう, しなかったところ, しなかったはげしい, しなかったろう, しなかった感情, しなかった気質, しなければしも, しませんかった, すぐ打ち消された, するさ, するであろう夫人, せいで, せずその, せず必要, せず最, せぬだろうにと, せんじゃったもんじゃけ, そめない風俗, そめなかった事, つかないところ, つかない古雅, つかない夢, つかない客, つかない恐ろしい, つかない未知, つかない瞬間, つかない趣向, つかなかった喜ばし, つかなかった病理解剖, つかなん, つかぬこと, つかぬよう, つかぬ意外, つかぬ遠く, つかん, つけぬ俊敏さ, とどかずこんな, なく, なくこごまっ, なく別離, なく暮し, なされること, またおそらく, みんなあの, やはり同じ, よらずいつも, よらずさき, よらずただただ, よらずアナマロ, よらず三浦, よらず又, よらず四方, よらず大, よらず強行, よらず押寄せて, よらず東宮, よらず気軽, よらず江州人石田治部, よらず生前, よらず私, よらず肝, よらず裏切り者, よらず長崎以来一党, よらず鼓, よらないくらいに, よらないそして, よらないと, よらないとき急, よらないので, よらないは, よらないへんてこ, よらないトリック, よらない不, よらない事件, よらない仕損じに, よらない侮辱, よらない凶変, よらない台湾, よらない嘘, よらない報告, よらない変化, よらない大きな, よらない小坂部, よらない幸運, よらない悪, よらない悪病, よらない愁嘆場, よらない感銘, よらない批評, よらない掘り出し物, よらない掛け合い, よらない有尾人猿, よらない活劇, よらない混雑, よらない疑い, よらない秘密, よらない若い, よらない親友, よらない話, よらない速, よらない間違い, よらない難題, よらなかったが, よらなかったため, よらなかったに, よらなかったよ, よらなかったわい, よらなかった力づよい様子, よらなかった暗示的, よらなかった死, よらなかった葉子, よらぬきみ, よらぬごまかし, よらぬできごと, よらぬとっぴ, よらぬぬけ, よらぬひどい, よらぬほんとう, よらぬわる, よらぬムジュン, よらぬ一群, よらぬ両国, よらぬ云いがかり, よらぬ光明, よらぬ到達点, よらぬ勇気, よらぬ告白, よらぬ命令, よらぬ喊, よらぬ変装, よらぬ大きな, よらぬ大物, よらぬ大発見, よらぬ奇異, よらぬ好, よらぬ姉, よらぬ対面, よらぬ山の上, よらぬ幸い, よらぬ庭, よらぬ後方, よらぬ怒り方, よらぬ急, よらぬ惨事, よらぬ態, よらぬ手紙, よらぬ方面, よらぬ暇乞い, よらぬ本格的, よらぬ殺気, よらぬ池, よらぬ灯, よらぬ煩, よらぬ犯罪, よらぬ珍酒, よらぬ発見, よらぬ窓, よらぬ結婚申し込み, よらぬ美保子, よらぬ聞きなれない声, よらぬ若い, よらぬ親しみ, よらぬ計略, よらぬ趣, よらぬ迷宮, よらぬ運命, よらぬ配合, よらぬ間近, よらぬ難題, よらぬ黄金豹, よらねえご, よらん, よりませなん, よりませんさすが, よりませんね, より申さぬ, 一つ外の, 一度に, 云えない, 付かないこんな, 付かない人, 付かない方面, 付かなかったので, 付かぬこと, 付かぬ異様, 付きませんし, 依らず, 依らなかった, 依らぬこと, 克明に, 出さないで, 千々に, 及ばず先頃, 及ばず道庵, 及ばない処, 及ばない新式, 及ばない旺盛, 及ばない至言, 及ばない辺鄙, 及ばなかったでしょう, 及ばなかったよう, 及ばなかったアブノルマル, 及ばなかった仏像彫刻, 及ばなかった殺到, 及ばぬ別世界, 及ばぬ大, 及ばぬ巧み, 及ばぬ深い, 及びませんでした, 味わわせず人, 存するの, 寄らざるところ, 寄らずお, 寄らずその, 寄らずそんなに, 寄らずと, 寄らず一八二二年楽譜屋, 寄らず人ッ子, 寄らず吾が, 寄らず啼き出, 寄らず最前, 寄らず毎週いちど, 寄らず深く, 寄らず糊口, 寄らないからね, 寄らないきっかけ, 寄らないの, 寄らないふう, 寄らない三葉葵, 寄らない主人, 寄らない人間, 寄らない儀, 寄らない得, 寄らない手柄, 寄らない故障, 寄らない旅店, 寄らない武器, 寄らない睨める真似, 寄らない経験, 寄らない見当, 寄らない話, 寄らない重大, 寄らなかったから, 寄らなかったに, 寄らなかったもの, 寄らなかった功名, 寄らなかった組織的, 寄らぬある, 寄らぬたくさん, 寄らぬに, 寄らぬ不思議, 寄らぬ事柄, 寄らぬ仇, 寄らぬ作りばなし, 寄らぬ偶然, 寄らぬ凄まじい, 寄らぬ勝造, 寄らぬ国, 寄らぬ報告, 寄らぬ太い, 寄らぬ奥, 寄らぬ少額, 寄らぬ幸福, 寄らぬ形, 寄らぬ手拭, 寄らぬ挫けようです, 寄らぬ方, 寄らぬ昔話, 寄らぬ材料, 寄らぬ溌溂, 寄らぬ災難, 寄らぬ状, 寄らぬ真紅, 寄らぬ秘密, 寄らぬ立派, 寄らぬ蜜柑, 寄らぬ身, 寄らぬ通知, 寄らぬ障害, 寄らぬ隠し場所, 寄らぬ馬, 寄らねえ, 寄らねば, 寄らんこと, 寄らん大俗, 寄りませず, 寄りませぬこと, 寄りませんかった, 寄りませんでしたから, 寄りませんや, 寄ろう者ぞ, 強くなり, 思う人, 悲しい思い, 懸けず喚, 懸けない処, 懸けぬところ, 懸けぬ大, 懸けぬ男, 掛けず二人, 掛けず袖, 掛けない出来事, 掛けない蘆, 掛けない非難, 掛けぬお, 掛けぬそ, 掛けぬ不審, 掛けぬ太子, 掛けぬ濡衣, 掛けぬ父, 掛けぬ馬鹿, 掛けやしなかったろう, 書き尽くすこと, 未だ定まらね, 横溢し, 浮べざりしに, 深まって, 無いが, 着かねえ小春日和, 科せられて, 経験しました, 肩掛けに, 胸に, 設けず力強く, 設けない絶交, 設けなかった事, 設けなかった意外, 設けなかった運命, 設けぬ女, 設けぬ方向, 設けぬ種類, 辛い気持

▼ 思い~ (1656, 10.1%)

149 なって 68 なるの 44 なった 38 なるでしょう 33 沈んで 28 なると 26 なりますか 25 なるかも 23 なること 17 なったの, なりました 16 なる 15 なりませんか 14 ふけって, 耽って 12 死んで 11 ならないの, なりまして, 殺して, 沈んだ 10 ならない, なります, 胸を 9 なりません, なるよう 8 なったが, なったこと, なったでしょう, なりながら, なれば, 沈みながら 7 なるでしょうが, なるん 6 なっては, なっても, なるか, ふけりながら, 打たれて, 胸が 5 とらわれて, ならないで, なるふう, 死んだ方 4 なつて, なりますの, なる方, 切って, 悩んで

3 [20件] な, なったでしょうね, ならぬかと, なり, なりその, なるだろうと, なるでしょうか, なるはず, なるもの, ふけるの, 似て, 心が, 心を, 悩みつづけて, 沈み込んで, 耽りながら, 身を, 迫られて, 違いない, 駆られて

2 [49件] うたれた, うたれも, かられて, しずんで, たえなかった, つれて, なったか, なったでしょうと, なったよう, なった宮, ならないかという, ならないこと, ならなくって, ならなくて, なりながらも, なりましたけれども, なりましょう, なりませぬか, なり宮, なるならば, なる宮, なる様子, なる気持, なる院, ふけるよう, むせて, 九州へ, 堪えかねて, 打たれた, 打たれたの, 打たれるの, 捕われて, 斬って, 木馬を, 死のうと, 死んだほう, 殺されて, 沈みぬ, 沈んだが, 満たされた, 焼いて, 眼を, 突いて, 突き刺し得る丈, 絞め殺して, 自滅した, 襲われた, 襲われて, 長谷川は

1 [729件 抜粋] あせりを, あのとき, あの女, あらぬ方, あんたを, いっそ果, うごかされ中宮, うたれつづけであった, うたれるのみ, うたれ今浦島, うつむく, おかれた, おそわれたが, おちるの, おのずからわが身, お悩まされ, お殺し, かき暮れて, かぶさって, かられながら, かられました, かられること, かわった, くるまれさらに, くるまれたものの, くれた末, くれましたが, こうし, ここを, こたえる人間らしい, この大筒, この女, この身, ころして, ござります, さしたい, させた, させたの, させられた, さむらい稼業, してすら, しめつけて, しめて, すっかり解決, する, そうする, そうなさい, そそられだしたらしい, その刀, その電話, それを, たえられなかったの, たえること, たえん, ただれたに, たまらなくなった, つきあたって, つき動かされて, つけぬ獲物, つつまれて, つながるの, とらえられ, とらえられたよう, とられて, とらわれた心, なったし, なったでしょうか, なったでしょうよ, なったでしょう例えば, なったので, なったのね, なったはず, なったほど, なったらお話し, なったらこれ, なったらさぞ, なったらどうか, なったらわたし, なったら御返事, なったら明日わたし, なったり, なったろうし, なった元, なった古い, なった時, なつた, なつたら, なやんだであろう, ならないかしら, ならないでいい, ならないでしょうか, ならないでね, ならないと, ならないほど, ならないん, ならなかったらやっぱり, ならなかつたでしよう, ならなくなったのに, ならぬか, ならぬこと, なられるかも, なりいっそう, なりかけたの, なりがち, なりこうした, なりこうして, なりさえ, なりずっと, なりそう, なりとうとう, なりましたか, なりましたこと, なりましたなら, なりましても, なりましょうが, なりますかしら, なりますから, なりますこれ, なりますでしょうでも, なりますまい, なりますやら, なりますやろけど, なります君, なりませなん, なりませんかな, なりませんこと, なりもう一度, なりやしたこと, なり六条院, なり共, なり女房, なり女房たち, なり平生, なり打ち解けて, なり泊まって, なり知らぬま, なり自分, なり遠く, なり頼政, なるあなた, なるお, なるかしら, なるかと, なるかという, なるぐらい, なるこの, なるため, なるだろう, なるだろうかという, なるだろうに, なるであろうしと, なるであろうと, なるでございましょうし, なるでございましょうねえ, なるでしょうけれど, なるでしょうし, なるでしょうって, なるでしょうと, なるでしょう私, なるどころか, なるならあなた, なるならでございますが, なるなら袖, なるので, なるほう, なるもの何, なるより, なるらしくみんな部屋, なるわけ, なるわねえ, なる六条院, なる女, なる少し, なる愛, なる点, なる苦痛, なれて, なれないかも, なれなかった, なれなかったこと, なれは, のど笛でも, ひかれベッド, ふけった, ふけったに, ふけったもの, ふけったり, ふけるであろう, ふける一人, ふける人たち, ほうり出せないもん, ほとんど忘れ, みたされて, みちた柔かく, もえて, やっちまえという, やつれしさすらい人, やめようと, やられた方, やるより, わだかまりあれば, わななきながら, グッと, ジッと, ドブンと, ネネを, ハキ出さなけれ, ベルリンまで, ホロホロと, 一パイに, 一命を, 一本調子に, 一生を, 三人を, 丹波を, 乗って, 事実を, 二人を, 云って, 亡き者, 仁王門も, 今までの, 仕止められたら彼等, 他人に, 伸しちゃ, 似ずついに, 体の, 何千万を, 余ったその, 余る心配事, 充され, 兵隊に, 凝って, 刃を, 切ったもの, 到達した, 刺し下, 刺し殺しちょっと, 刺し殺そうと, 割腹し, 募ること, 包まれながら, 取って, 取着かれでも, 向いて, 向けた, 命を, 和子たちの, 囚われたの, 囚われて, 堕ちて, 堪えかね勝手口, 堪えざら, 堪えず凡そ, 堪えない, 堪えなかったの, 堪えられないの, 堪えられないま, 堪えられなかったが, 堪えられません, 堪えること, 堪え切れないで, 変じあやうく, 変りだした, 大雨と, 天皇を, 奈良原さんの, 奈落の, 委せたの, 安心させ, 射ち殺されるほう, 居たたまらぬらしく花廼屋, 屈して, 屠殺し, 川にでも, 左足も, 帰る, 庭へ, 弄ばれて, 引きもどされた, 引き摺られて, 引き比べて, 引き裂こうと, 引剥が, 強く抱きかかえ, 彼を, 彼奴を, 後ろ髪を, 応じて, 思いつづけて, 思い切っちゃうね, 思い当るところ, 思うた, 思うて, 思った満代さん, 急かれて, 恍惚と, 恐ろしい形, 息もつけないほど, 悩まされながら, 悩まされました, 悩みもだえに, 悩み今度, 悩むこと, 悩む人, 悩んだその, 悩んだもの, 悶々しやしない, 悶えて, 惜しくもない, 感電殺しを, 憑かれたの, 成って, 成るでしょう, 成敗するなら, 手を, 打たれたこと, 打たれたり, 打たれないもの, 打たれました, 打ち壊して, 打ち沈んで, 打勝ってから, 抜こうと, 抱いて, 捉われ, 捕えられた事, 描いて, 撃ち殺して, 攻められる, 放擲し, 斬りたまえ, 斬りつけて, 新しい校舎, 日を, 日本の, 暫くぼんやり, 暮れて, 枕の, 染まって, 欲情を, 正直な, 死なん, 死なんか, 死にたいと, 死にたいとも, 死にたくなる, 死にとうございますから, 死ぬつもり, 死ぬ覚悟, 死ねたら極楽, 死ねも, 死ねるよう, 死んだら此, 残って, 殺されたの, 殺しうまく, 殺したが, 殺したよりも, 殺したん, 殺してたもるか, 殺すつもり, 殺すの, 殺すん, 殺せば, 殺られたこと, 殺れば, 殺害し, 比ぶれ, 比べて, 気が, 沈ませる夕方, 沈みがちな, 沈みこんで, 沈みしばし, 沈みて, 沈みぬその, 沈み入った, 沈み込みながら, 沈むこと, 沈むという, 沈むのみ, 沈んだの, 沈んだよう, 沈んだ様, 沈んでること, 法の, 泣かされたこと, 洛陽の, 浮かばなかったの, 浸させる吉原一廓, 浸らないわけ, 涙ぐまれた, 深くうなだれ, 深くなやみ沈ん, 深く沈ん, 渇いて, 満たされたから, 満たされて, 満たされるよう, 満ちた心, 漂うばかり, 潔く殺され, 激しくかん, 火の, 焚き殺された昔, 焼き殺された方, 照らしあわせて, 熱くなった, 燃え立つ妖火, 猪口を, 用事に, 疑懼, 疲れた, 疲れて, 皆持っ, 相手の, 真紀子の, 眠らしちまった方, 眠りなどには, 眠れず転, 破られて, 私の, 突き当った, 突き落されその, 立ち返って, 等しい恐怖, 粉砕された, 結婚し, 絵巻物を, 綾吉を, 締め殺して, 義明を, 考えしずむの, 耽けること, 耽けるよう, 耽ったの, 耽らされること, 耽りました, 耽るため, 肋骨は, 肌ぬぎ, 股の, 胸は, 脱いで, 腰を, 腰全く, 膝から, 自分と, 自分は, 自殺し, 自殺でも, 自決する, 舞い戻って, 花やかな, 苦しませないでね, 落ちこませるもの, 落ちた, 行き詰まって, 衝きあたったらしくまた, 襲われた時, 襲われました, 見えた, 解決し, 責められたの, 責められて, 責められながら, 赤面させ, 走って, 足も, 足袋の, 軽く昂奮, 返る, 迫られたこと, 迫られたらどう, 追いつめられたもの, 追っかけまわされて, 退治し, 逢い語らうこと, 連れ出して, 違いあるまい, 違いなかった, 醜い事実, 金の, 閉じこめられるの, 閉じられ帝劉禅, 離れて, 離別しよう, 頭が, 飛びこんで, 飛び去りたくなる, 飛び込むところ, 飛び降りて, 飲まして, 首を, 駆ったの, 駆られたほど, 駆られる事, 駆りたてられるから, 駆るあるもの

▼ 思い~ (938, 5.7%)

159 した 59 する 48 して 37 するの 28 ある 21 あった 17 胸に 11 しました 9 したが 8 したの 7 こもって 6 すると 4 あるの, したこと, しないでは, します, 彼の, 彼を, 湧いた 3 いたします, こめられて, するであろう, 先に, 心に, 湧き上って, 湧く, 致しました

2 [38件] あったので, あります, あるでは, あるもの, いたして, いたしました, こみあげた, こみ上げて, された, したと, したもの, したろう, するが, するので, ちらと, つのって, のこって, 一時に, 人々の, 余って, 募って, 叶って, 残って, 残るの, 消えて, 湧いて, 私の, 私を, 胸の, 胸を, 自分に, 至ったから, 致して, 致します, 萌して, 語られて, 起って, 頭の

1 [400件] あったが, あったという, あったらけして, あったらしい, あったろう, あって, ありあの, ありどうにも, あり不如意, あるから, あるからか, あるからこそ, あるが, あるせい, あるだろう, あるでありましょうから, あるでしょうか, あるので, あるのに, ある筈, いかにも睦み合う, いくらかでも, いくら追い払っ, いっそう深い, いっぱい籠っ, いつからとは, いつしか二人, いつも三人, いつも念頭, いつも胸, いつやら, いまも, いま虚空に, いろいろな, うたわれて, おこり眠られないの, おごそかに, おさえがたい, おれの, おわかり, お兄様, お前には, お変りなされた, お松にも, お雪ちゃんを, かかって, かすかに, かないました, かなえられたら以前, かなったと, かなったところ, かなったの, かなった気, かなって, かなわぬせい, きざしたとき, きて, きれいに, くすぶって, ぐっと胸, ここまで, こみあげさだまる影, こめられました, ございます, させられる, されます, されるの, さわがしく駈けめぐっ, しいっそ, しいんと胸, しずかに, しそして, したい, したかも, したであろう, したに, したので, したばかり, したろうな, したわけ, した抑, しないでも, しなかったでしょうか, しなければ, しましたな, しましたの, しましたのに, しましたよ, しまして, しましょうし, しまする, しよう, しよう九時, し一方, し始めて, し椅子, し知られざる未来, じめじめした, すぐ施策, するかも, するし, するそして, するだけ, するだろう, するとともに, するなどと, するに, するほど, するものの, するよう, するポール, する事, する場所, すーっと, そうさせた, そこに, その先生, その日一日, その時, それから, それからの, それの, ぞくぞくと, たえずあった, たかまり愈, たまらなく彼, だん, ついにかなった, つづいた, つながって, とげたいん, とげられないよう, とっさに, どうしても, どうしてもまぎらされなかった, どうしても心, どう云う, どこか, どこに, どちらにも, どのよう, どれほど隔, どんなに私, なかったであろう, なされて, ぬけ落ちて, はからず符節, はっきり汲みとれた, ひそめられる, ひとりでに浮かん, ひろがって, ひろがるの, ふうっと, ふきあがって, ふっとまた, ふっと酔った, まさった, ましたの, ますます草光保治, またド, まとまらず書けないの, まるで火, みちて, みなぎりわたったが, むくむく頭, むらがって, もはや捉え, やがてお, やっとかなっ, やっとむくわれた, ゆすぶられて, わいた, わいて, わかるよう, わきかえるの, わくらしいの, わざわいと, わたしに, ツンとも, ロイゼルの, 一つその, 一つの, 一つ果して, 一ぱいに, 一人から, 一杯に, 一緒に, 一部叶っ, 不意に, 乱れぼんやり, 乱れまして, 乱れますばかり, 二十年間仲むつまじく, 人の, 人間の, 今こそ, 今この, 今さらの, 仲間の, 何だかぼうっとみんな立派, 何でお, 何より深かっ, 何日までも, 充分以上に, 兆したもの, 先で, 先方に, 先立つこと, 全く彼, 凝って, 出来ようという, 出来る, 出来るの, 切々と, 切なすぎ, 切実である, 到って, 到ります, 刻一刻に, 動く, 動くの, 募るにつれ, 千々に, 千穂子の, 半蔵の, 協わ, 原作に, 原因し, 去来し, 取ッ, 口を, 古仏, 可恐し, 叶い死んだもの, 叶うたお, 叶ったと, 叶ったらどんな, 叶ってか, 同感できるだろう, 同時にひらめい, 向かったらしくて, 咽喉まで, 喉の, 執拗に, 声に, 変らないとしても, 夏雲の, 夫の, 失せぬ, 女に, 女王の, 宇津木さんあなたに, 完全な, 完成せられ, 宿った, 宿って, 寄せて, 小さな胸, 少いよう, 尽きるもの, 届くの, 強い, 強くくる, 微かな, 微塵でも, 心の, 心細さ, 恋情を, 悪いので, 意地悪く, 愚かしく千々, 感じとられるばかり, 我を, 捨てられないの, 断片的に, 旅慣れない, 旋風の, 日の, 日一日に, 日常生活の, 晴れようおれ, 晴れるかも, 晴れるだろうからな, 晴れるほど, 更に深く, 来イタリー古代, 林之助の, 果たされました, 染奴の, 栄介の, 梓さんの, 次第に彼, 残った, 残ったに, 残らないで, 残らないよう, 残るから, 残るらしい, 段々こうじ, 毎日毎夜わたくしの, 気配と, 汽車の, 泛んで, 流れて, 浅い, 浮かびあがり例, 浮かぶこと, 浮かんで, 浮んで, 消えなかった, 深かった, 深くなる, 深く悩み, 湛えられて, 湧いたのね, 湧いた彼, 湧き乱れて, 湧き起こる, 湧くの, 満ちて, 満ち満ちて, 溢れて, 漸く満たされ, 潜んで, 濃かった, 燃える, 燃え立ったの, 犇, 猛然と湧い, 猫に, 現れる筈, 現われて, 現実から, 生きて, 生ずるです, 皆スーッ, 真先に, 真剣に, 磅, 私から, 私に, 積ッて, 筑紫に, 篭って, 籠って, 糸の, 絡み合って, 絡んでるので, 絶えず満足そう, 胸から, 胸一杯に, 脈々として, 脚下の, 自分の, 自然と, 致されるの, 致したこと, 致しまする, 苦に, 萌えた, 蛇と, 行かずこの, 裏づけられて, 襲い掛かって, 見えて, 読み取られるの, 貫いて, 走った, 起こって, 起っても, 起るの, 身に, 身の, 込み上げて, 迫って, 迷路を, 追想され, 透らなければ, 通じたの, 通じて, 通って, 通らないで, 通らねえので, 通るという, 通るもの, 逼るで, 遂げられたわけ, 遂げられて, 達かね, 邂逅した, 限りなく湧い, 雨の, 順吉の, 頭を, 饒かに, 駈けめぐった, 高潮に, 魂の, 麻糸の, 黒髪に

▼ 思い~ (774, 4.7%)

67 ままに 12 こすこと, ほか 7 ままの, ままを 6 うちに 5 中に 4 こすところ, ほかなる, ほか意外にも, ように 3 すること, するの, ために, なかに, ほかかえって, ほか元気な, ほか相手は, ままで, 切なさ

2 [30件] したこと, するその, ほかお, ほかかかった, ほかこう, ほかな, ほかに, ほか元気であった, ほか却って, ほか早く, ほか案に, ほか案外, ほか楽しい, ほか男は, ほか町の, ほか白い, ほか真面目な, ほか素直に, ま, ままだ, ままだった, ままな, ままよい, 上に, 他に, 数々が, 数々を, 潜んで, 父親は, 種と

1 [555件 抜粋] あったこと, あまりを, あらわれの, ありたけ, ありたけ掻き口説く, あること, ある様, いつか心の, うおっ晴, うちで, うちには, うちのが, おしゃべり屋伝六が, お光, お前さん故, お妹さん, お徳, お染, お艶, かいわれ葉, かからぬよう, かなったよう, かエ, こすこと今, こす事, ことは, ことばを, こもったゆかしい, こもった物, こもった眼, こもった鋭い, こもった響, されたが, されるほど自分, される程, して, すぐ翌日, するまで, する午前, する家, する明るい, する法水, せつなさ, そそられる時, それが, たねが, ため絶え間なく, だもの, つづくの, つながるもの, とおりに, とおりの, ときに, ところへ, なかった, なかには, なにひとつ非の, なまなましい屋根屋根, なり響く, はもっとも, ほうが, ほかあっさり, ほかあやしく, ほかありがとう, ほかあんがい, ほかいい, ほかいかにも, ほかいっさいの, ほかいっそう, ほかいつか西都に, ほかいよいよ, ほかうわべは, ほかおれの, ほかかねがね, ほかかの, ほかかれ, ほかかんた, ほかきれいな, ほかことの, ほかこの, ほかこみ入った, ほかさ, ほかさらに, ほかじっと, ほかすこしも, ほかすば, ほかずれ落ち, ほかそこには, ほかそこは, ほかその, ほかそれから, ほかそれは, ほかそれも, ほかそれを, ほかたいへん, ほかたくさんある, ほかどこかで, ほかなま, ほかなんと, ほかひとたび, ほかひどい, ほかひらひら, ほかまた, ほかまちまちに, ほかまるで, ほかむずかしき, ほかやすやす, ほかやはり, ほかよかっ, ほからくでしょう, ほかわかっ, ほかギイと, ほかヒッソリし, ほかヒョイと, ほか一人ぎめの, ほか一枚を, ほか一歩も, ほか一生に, ほか一部屋だ, ほか丁寧な, ほか三名の, ほか上機嫌そうに, ほか不人情な, ほか今の, ほか休む, ほか何ぞ, ほか余りあっさり, ほか元気である, ほか先生は, ほか全国的な, ほか冷淡で, ほか冷静に, ほか判らねえ, ほか刹那, ほか前へ, ほか動揺も, ほか博士を, ほか厳しい, ほか厳重で, ほか口当りが, ほか含ん, ほか和やかな, ほか器用に, ほか困ったらしい, ほか塩っぱい, ほか変りものう, ほか多い, ほか多かっ, ほか多くの, ほか夜半を, ほか大きい, ほか大に, ほか大手術であった, ほか天の, ほか天運測り, ほか奥さんも, ほか奥方の, ほか奥行きの, ほか子どもで, ほか安い, ほか容赦なく, ほか対馬守は, ほか小さい, ほか少ない, ほか巨額の, ほか平服の, ほか平生の, ほか年も, ほか広い, ほか廉であった, ほか弦之, ほか弾みが, ほか彼の, ほか彼は, ほか彼女が, ほか心掛けの, ほか忍びは, ほか念が, ほか意外に, ほか愛嬌の, ほか感じの, ほか手ごわい, ほか手なず, ほか手に, ほか手を, ほか手広い, ほか手強い, ほか手間どった, ほか接近し, ほか控え席には, ほか数多い, ほか文字の, ほか文珠屋は, ほか日数が, ほか日時が, ほか旧套に, ほか早かっ, ほか時計の, ほか暇どっ, ほか暖かい, ほか曲り角から, ほか曹操は, ほか本人の, ほか村の, ほか楽で, ほか正体の, ほか武士どもは, ほか死傷が, ほか残っ, ほか殺され, ほか母は, ほか気軽に, ほか水深が, ほか水足が, ほか泥濘って, ほか流行りました, ほか浅傷だった, ほか浅野長政自身な, ほか浮気者だ, ほか涼しい, ほか淡彩で, ほか濶達な, ほか父の, ほか率直に, ほか珠数を, ほか甘口で, ほか田畑も, ほか男である, ほか疑り, ほか白蛾の, ほか皆んなを, ほか皇帝は, ほか相手が, ほか真面目そうな, ほか神の, ほか禰衡は, ほか秀吉は, ほか私の, ほか立派な, ほか素直な, ほか細君は, ほか腹を, ほか自分の, ほか若, ほか若い, ほか若者は, ほか荒巻に, ほか落ちつきはらった, ほか落着い, ほか蓋の, ほか藤十郎は, ほか衒気が, ほか見すぼらしい, ほか親切な, ほか親切気の, ほか語意が, ほか財布の, ほか賊軍が, ほか足は, ほか軍兵の, ほか迅かった, ほか近く見える, ほか迷惑そうな, ほか途中で, ほか通し, ほか進歩した, ほか遅かっ, ほか達弁に, ほか遠かっ, ほか里人が, ほか重く, ほか重喜の, ほか長い, ほか長き, ほか長びい, ほか長引いた, ほか長期に, ほか長生きも, ほか陰寂な, ほか雄弁に, ほか集まりが, ほか電髪に, ほか静かな, ほか鞘には, ほか順調に, ほか頑固に, ほか頑強です, ほか食べたい, ほか高い, ほか高慢であった, ほか高氏も, ほか髪を, まにまにと, まにまに寝ね, ままこんな, ままそちの, ままと, ままならぬ, ままにて, ままには, ままにも, まま伸び蔓延っ, まま働い, まま冀州の, まま剥ぎ奪っ, まま外に, まま探っ, まま智弁を, まま有利な, まま美しい, まま自由自在に, まま行われた, まま話す, まま蹂躪させる, まま車に, まま軽い, まま集まる, まま餌として, まま駈け向え, まま鶏や, むす子, ものが, ものは, ようであった, ようである, ようです, ような, わく時, ガラッ八, チョビ安です, ピンから, 一つであった, 一筋に, 一部をも, 万分一も, 下から, 中にも, 主人公が, 久松は, 事で御座います, 京都の, 人だったです, 人間が, 人間で, 他ぱッ, 他声だけは, 他役に立ちまし, 他心やすい, 他私は, 他香具師は, 借財者の, 儘に, 優しい兄様, 兄さんが, 兄の, 兄妹が, 兄貴が, 充ちて, 全てを, 全部だ, 内には, 凝固った, 切なる, 加速を, 千種忠顕の, 半分も, 半蔵の, 厚さ, 取留め無, 名人に, 吾輩は, 呵責が, 喬之, 噴出し, 固まりな, 堪え難くきのう, 場合は, 増すよう, 外力に, 外客が, 外気が, 外気の, 外縁が, 多い道, 夜は, 女だ, 女であった, 妹です, 妹は, 娘でありました, 婆さんより, 嫁でも, 宵は, 家族に, 寄せて, 川上機関大尉は, 師匠だ, 平次は, 平次も, 底から, 底に, 底を, 強いため, 影さえ, 影に, 彼が, 彼は, 律動を以て, 後は, 御亭主, 御心持, 心から, 心やさしい, 心情に, 忙しない顔つき, 念力それが, 恋などは, 悲壮な, 或る, 新しく加えられた, 新聞記者は, 方が, 方も, 日チエホフよ, 明智小五郎は, 明治の, 春樹が, 時には, 東雲師の, 根柢には, 様だ, 様子です, 歌である, 正直な, 残って, 残るよう, 残る場所場所, 残る子, 残る風情, 気立ての, 気転の, 浮んだこと, 深いようす, 深い目つき, 深い眼, 深い眼差, 深くなれ, 深そう, 湧き起こるの, 源兵衛も, 溢れを, 煙は, 煙を, 状態を, 現われる場所, 痛切な, 癖に, 真吉は, 真実の, 真実性が, 私かくれなけれ, 種とや, 種子を, 糺には, 細君は, 結論であった, 絶え間が, 続きました一端, 美しくあり得る, 耐え難くわざと, 能勢弁護人より, 色が, 色を, 若い女性, 若党の, 苦しき努力, 菊王も, 萬朝身体中を, 裡に, 親切者で, 角蔵夫婦も, 言葉であろう, 谷村は, 豊志賀は, 赴くに, 路を, 輻湊した, 迸りである, 通らぬところ, 通らぬ源, 通りであった, 遂げられるの, 重蔵の, 長い三十分, 長者は, 間を, 面に, 面白さ, 高座を, 鬱屈し

▼ 思い~ (746, 4.6%)

13 待って 11 胸が 8 私は 7 矢代は 6 彼は, 聞いて 5 眼を 4 口を, 気を, 胸の 3 いっぱいだった, 久慈は, 唇を, 汗を, 眺めて, 私の, 黙って

2 [23件] あなたを, あの人, いたの, この鐘, ござりましょう, それを, サト子は, 一ぱいだった, 一ぱいに, 一杯に, 伸子は, 声を, 待ちかねて, 待った, 心の, 手に, 暮して, 目を, 自分を, 見て, 言った, 身体を, 頭を

1 [611件 抜粋] あそこまで, あたりを, あつた, あんなに恐ろしかっ, いい, いくぶんあわて, いそいそと, いった, いっぱいだ, いっぱいです, いっぱいに, いつも心, いながら, いなければ, いましたが, いましたよ, いること, いるところ, いるならば, いるの, いろいろ支度, うちかえし読んで, うちは, うれしくて, おきえ, おなかを, おります, おれは, お力の, お君, お待ちかねでございましょう, お待ちし, お待ちなされ, お綱, お部屋, お雪ちゃんは, か, かえって自分, かれと相, がまんする, きいて, きっと決心, けれども外, ここまで, こそこそ店内, こちらを, このいびつ, このうた, このニュース, この一腰, この国境, この家, この湖面, この雨, この風景, この風聞, こらえながら, これも, これを, こんに, さ, さつき夫人夫婦の, しばし呆気, しばらく其処, しばらく茫然, しばらく見つめ, じっとそれ, じっと見送った, すこしずつ, するという, そう念じた, そう言え, そこへ, そっと神月, そのあと, そのほう, その儀式, その兄, その口, その場, その女, その後数日間何を, その時, その深い, その紙面, その見知らぬ男, その遠野町, それからの, それでもすぐ, それとなくカオル, それは, そんなこと, たがい, ただただ黙然とおのれら一族, ただぼんやり, ただまごつい, ただ無性に, ただ金を, たった今まで, たどりついた, ためて, だまりこんだ, とって, どうにか乗る, どう云, どちらも, なおもまよい, なお行く, ながめて, ならした地面, なりも, のろのろとつい, はござりましょうが, はらはらと, ひとまず口, ひと月も, ふと涙ぐんだ, ふらふらに, ほっとした, ほっと息, また声, また寝, また手, また海, むさぼり読まれて, めったに, もう一度桂子, もう苦しかっ, もがく, ものが, やっと愛着, やっと気, やりきれないの, よじ登る, わざとそれ, わざわざ家, わたしを, わななく, わびた, アパートの, アントワープの, イッパイだった, サヨは, スゴスゴ圓朝は, ソーボリの, ドサ廻りまで, ナイフを, ヒレ伏し, 一パイに, 一人考えこん, 一刻も, 一所に, 一日に, 一昨晩コッソリと, 一時も, 一時預けの, 丁寧に, 七八箇月ぶりに, 三人は, 三尺ばかり, 三郎兵衛は, 上野から, 下車した, 不安な, 世の, 両国の, 両手を, 中園を, 乗ったの, 二三歩後ずさった, 二人の, 二杯だけ, 云いきりますと, 井戸を, 今は, 今日まで, 今日を, 今汽車, 仕事を, 令嬢に, 仰望し, 伝二郎は, 伝令の, 佇み頂上, 何となくこの, 余裕綽々として, 作者の, 倒れながら, 借金の, 働いて, 僕は, 先生から, 冗談を, 写真について, 冷えて, 出発の, 分身を, 初めて口, 刻下の, 割っては, 力の, 助けて, 包装を, 北原ミユキは, 千鶴子の, 半身不随で, 占められて, 厚く礼, 参りました私, 取り下ろしお前, 叫ばされるあの, 叫んで, 台中港へ, 同じ喜憂, 呻いて, 呼吸を, 咽喉の, 喉も, 喜び始める, 四つ買った, 困憊の, 圓朝は, 土間の, 地下足袋を, 埋まったよう, 城壁の, 堀から, 堂の, 声の, 声も, 夜が, 夜中に, 大阪の, 大阪駅から, 天とは, 天草への, 太田は, 夫を, 奥湊へ, 女房の, 好意を, 妻子の, 婚礼用の, 子供の, 学校の, 学校へ, 実父の, 客室へ, 客間の, 家へ, 家を, 密林の, 小さな実業学校, 小さな絵具箱, 小原の, 少しばかり, 尼の, 尼は, 尽きない夜咄, 尾行を, 居るという, 屋根の, 山田は, 峠へ, 己に, 帰路に, 平和の, 幾度と, 幾月か, 床を, 庭に, 建物から, 引き受けたものの, 当地に, 当家へ, 彼に, 彼女の, 彼女を, 待たれた, 待ちおおせ, 待ちわびて, 待ち侘びて, 待ち受けて, 待ち暮した, 待ち焦がれて, 待ち焦れ, 待つ, 後家さんに, 後悔し, 御当家様, 心が, 心私かに, 忍んで, 思切って, 怨めしそう, 恋を, 悚みあがっ, 悩んで, 悲しい同胞, 悲痛に, 感覚が, 懐中電灯を, 我慢し, 手がらに, 手放しの, 手近の, 抑えて, 投げ出すよう, 抗議したい, 押し除けるよう, 拭いおとして, 指を, 控えて, 掻き口説くの, 攀じのぼると, 改めて家老, 数十枚の, 数日を, 斬り倒して, 斬り抜けた昨日今日, 新たに, 新三郎に, 新潟行の, 日本の, 早速出かけ, 早速御願げ, 明日は, 時折り, 暗いうち, 暫く空, 暮さなければ, 暮したの, 曲り角まで, 書いて, 最初から, 朝夕帰依渇仰し, 末子を, 村に, 村はずれの, 村井に, 杯を, 林を, 枯木の, 柔いだ, 柴進の, 梶は, 森を, 椅子に, 楽しく眺める, 次第に明るく, 此の, 此処まで, 死んで, 殆どしんみりし, 殺したよう, 殿様の, 母を, 気に入った名前, 気の, 永い間, 汗が, 江東橋の, 決心を, 沈黙し, 泉の, 波だった, 泣けて, 渋りながら, 源助町へ, 源氏は, 溜めた三百両, 激怒した, 無意識に, 焦, 物に, 物干しへ, 狂ったよう, 獣の, 現在の, 生きて, 生汗, 痛いめ, 皆の, 目的の, 目的地に, 眠りの, 眺めるよう, 眺める首の座, 着物を, 瞬間ぞ, 私が, 私たちは, 私ひとり黄昏の, 私を, 程よいところ, 突立っ, 窓から, 窓の, 立ち上った, 立って, 立上った, 竜吉の, 笹原を, 筆を, 綱を, 緊めつけた, 美和子を, 美枝子の, 翁の, 老博士, 考えて, 聞いた, 聞いたかは, 聞き入りながらも, 聞くに, 聞くの, 聴くの, 肩章を, 育った私, 胸いっぱいに, 胸を, 能く, 脅迫状も, 腕の, 腹立たしくさえ, 膝の, 自分の, 自分は, 自動車から, 舞台を, 芝生の, 若さ, 苦しむ人, 苦労し, 茫然と, 菖蒲の, 萩乃様の, 蕗子の, 蘇って, 行燈に, 袖子は, 襷を, 見えざる加護者, 見えぬ眼, 見おくりながら, 見たもの, 見ると, 見入りだして, 見詰めて, 覗いて, 親指の, 観測所へ, 言ったよう, 説明を, 警戒した, 貪り食ったの, 買つた中古の, 赤く大きい夕陽, 起き上がった, 踏みこたえながら, 転出先の, 辛抱は, 追想し, 逃げ出して, 逃げ落ちた, 逐い出いた人間, 通って, 進むの, 遊んで, 過ごさば, 遙, 部屋を, 部落を, 針ノ木峠の, 鉦の, 鉱山保安局に, 門を, 阿闍利さま, 陰に, 陶然として, 雄鳩, 雨の, 雷も, 静まるばかり, 静岡の, 頬の, 頭に, 頻りに云い澱み, 顔を, 願いに, 飛びまわりはねまわり一寸法師, 飛び飛びに, 飛降りました, 食いしめて, 食べた, 馬の, 馬力から, 馳け, 魂を, 黒い輸送車

▼ 思いながらも~ (356, 2.2%)

12 彼は 6 私は 5 何か 3 彼の

2 [11件] うれしかった, しまいには, すぐに, それが, 佐山君の, 再三の, 大将は, 手を, 自分は, 葉子の, 葉子は

1 [308件] あいさつを, あまりにやかましく, あらわに, あんまり嫌, いささか責任, いたしかた, いちばん大事, いっこうその, いっしょに, いつも辞退, うれしさ, おじさんは, お目, お絹, お途絶え, かねて, かの女, かれの, かれは, くしゃみを, ここでは, ここまで, このあい, このよう, この世の中, この人, この職業, これじゃ, これという, さすがに, さらに遠のい, しおらしく, しかし自分, しばらくあたり, しばらくたってから, じっと耳, すぐ立ち上っ, せわしない気分, そうあらわ, そういっ, そうした尊貴, そのまま男, その人, その便利, その刀, その女, その当時, その情け, その晩, その決心, その笑い, それは, それも, それを, それ故に, ただ涙, だまって, ちょっと不安, ちらっとお, つい, ついせっかち, ついまた, つい一日, つい何度, つい使っ, つい六人目, つい引きずられ, とうとう何, とにかくそれ, どういうわけ, どうしよう, どう思っ, どんなに御, なお一人, なお引っ越し先, なお心配, なかなか訪れ, なにしろ付添, なにしろ田舎, ひとか, びわを, ふしぎに, ふだん正木の, ふっと私, ふるえる様, ぽー, まあ何, まさか泥坊, ますます盗み出し, また一方, また一方には, また恐縮, また自家, まだ充分, まだ疑われ, まだ自分, まだ花江, もう御, やさしくこう, やっぱりかれ, やっぱり諦めきれぬ, やはり彼, やはり曲乗, やはり治六, やはり父親, やはり私自身, やはり豹吉, よく隙, よもやに, よんどころなしに, ウッカリする, ウトウトと, ハッキリ否定, ムキになって, 一度彼, 一応は, 一方で, 一本と, 一気に読め, 一行の, 一面で, 丁度わたくし, 七度五分七度五分と, 三斎は, 下男が, 争いの, 二人の, 五目並べ屋の, 人から, 人格が, 今さら殿様, 今は, 今も, 仕事の, 以前どおりに, 以前の, 何だか非常, 何となくホッと, 何となく心, 何となく物, 何も, 何事も, 余りに労, 併し, 俗界の, 俺は, 偉大なる, 僕の, 先ずその, 兎も, 全く私, 八十名の, 八橋を, 公然には, 兵ふっと, 其処にどたりと, 内々嬉しかっ, 出かけた, 出かけたの, 半七, 博士を, 危険性は, 同意を, 同行を, 哀れに, 哀傷の, 唯々として, 問題の, 四郎兵衛は, 夕方に, 外面は, 大将の, 大臣へ, 天の, 夫人は, 女の, 妙に, 妾は, 始終心, 嬉しくなった, 実行を, 宮家の, 尋ねて, 少し信じる, 居心が, 帯刀が, 底深い, 式場での, 引き返すこと, 弥右衛門は, 彼に対して, 彼久を, 彼女と, 彼女の, 彼女は, 待ちきれないで, 後から, 微笑を, 心の, 心は, 思い切らないわけ, 思わぬごとき言葉, 恋しくて, 悟空の, 悪い想像, 情けなく思われた, 惟光は, 愛情を, 慣れて, 手探りに, 打たれては, 抑えきれずに, 折りが, 拒否できず, 撫子の, 新子は, 旦那様の, 易きに, 昔から, 昨日の, 最後の, 月丸が, 未だに教団, 松の内は, 根が, 椅子という, 樹下石上に, 機会を, 機嫌が, 正三は, 死んだ友人, 殿の, 母なる, 気持は, 池田は, 治六に, 泉嘉門は, 泣く泣く尼君, 湖に, 源氏には, 源氏の, 源氏は, 溺れる者, 父の, 物足らぬ, 特に彼, 王の, 理想どおりに, 瑠璃子は, 田圃の, 盗んで, 盲目だ, 直両足, 真面目に, 矢はり半日の, 矢代は, 矢張り好もしく, 矢張り涙は, 私の, 私自身つい, 程よく一列, 笑って, 粗末に, 糸重は, 約束は, 継母の, 美奈子は, 義務を, 考えて, 耕吉も, 肌に, 胸に, 脾肉に, 自分の, 自分も, 自分達の, 舅姑の, 舟を, 花の, 若い源氏, 若い細君, 薫は, 表面には, 襲って, 親同胞, 言いわけ, 読み了, 誰でも, 貧乏な, 買えずに, 身動きする, 返すべき言葉, 這い出すこと, 通り過ぎる気, 遂に一歩, 遂に其の, 金が, 針の, 銀子は, 鎌髭を, 院への, 随分言い, 非常の, 顔つきには, 食事を, 馬を, 驚嘆せず, 高の

▼ 思い~ (356, 2.2%)

10 したが 7 しません 5 しない 4 しても 3 したものの, しなかったか, 胸に 2 あれに, このよう, させないよ, しないけれど, しないの, しなかった, せずに, やや薄らい, 今は, 致しません

1 [301件] あなたで, あなたばかり, あなた方店の, あの英雄, あふるれど, ありながら, ある, いかばかりでしょう, いたしません, いたしませんから, いっぱいだ, いつか忘れ, いつも谷中, いや増しても, いよ, いよいよ乱れる, おおかた高い, お覚悟, かえって口, かえって深く, かられない事許, かりけん次, けっしてない, ここへ, この蝦夷地, これは, これまでに, これを, こんな風, さすがの, させたくないと, させないから, させまい, させません, させられずに, さらに夢, しかし攻勢, しきりに新子, しげしげと顔, しずに, したよう, しだいに悪魔的, しないかい, しないかな, しないけれども, しないこと, しないさ, しないだろう, しないだろうかという, しないで, しないという, しないに, しないん, しない信じも, しない取りましょうと, しなか, しなかったが, しなかったでしょうに, しなかったの, しなかったよう, しながらも, しなさるまいが, しねえ, しねえよ, しばしばこの, しまいもの, しましたが, しますが, しませんか, しませんが, しませんわ, すぐ遠く, すでに早くから絶ち, すべての, すまいかと, すまいかな, するが, せきあえぬほどに, せぬかと, その一事, その次, それだけだ, そんなに遠く, たえず老母, ただいたずらに, ただ一点, ただ歩行, ただ自分たち, たったひとつ, だれにも, ちっとも云わず, ちっとも変わりません, ちょうどそのままの, つきないと, つよくて, とどいた, とどくもの, ともかく病弱, どうしてもなじまれない, どうだったろう, どうであった, どこへ, どんなでしたろう, どんな形, ない, ないと, ないの, ないよ, なおいいたらじ, なくなって, なくなりました, なまやさしいもの, なるべくしたくない, のこしたくないと, のこる, ひそんで, ひとえに母, ひとつ窓前, へんに, ほかの, まことに激しく, またあれ, またし, またその, また嘆き, みだれる, むらむらと, めぐりあいました, めんめんと, もちろんお互い, もつれて, やはり人, わかい柔, わが子の, わたしと, セルカークにも, トランクに, ミジンと, 一つであっ, 一段でした, 一段落が, 三好十郎自身の, 不安で, 世の中に, 乱れた, 二十年の, 云わば, 五郎三郎も, 人間の, 今や目標, 今思い出し, 今胸, 仕まい, 他ならぬ, 他の, 代書屋の, 何で晴らせる, 何事も, 何百年とか, 催されるはず, 僕より, 全く天性, 共通し, 再び神尾, 凝りエリザベス, 凝結しなかった, 出来ねえぜ, 切です, 切なかった, 切なく澄む, 初めてだ, 初めてだった, 募って, 募りに, 千々である, 千々に, 千年萬年を, 千里も, 半蔵の, 却って, 原稿紙が, 及ぶの, 同じさだ子, 同じだった, 同じと, 同じ弟, 同じ海老団治, 同じ焼けつく, 同じ谷崎潤一郎氏, 含まれて, 吾, 外に, 多年潜伏し, 夢夢なさらぬ, 大戦を通じて, 天の, 奇異な, 姿態にも, 子供に対する, 宇宙を, 完全に, 実に, 家から, 寸毫と, 届いて, 届こうと, 峯子に, 帆村の, 帰着した, 年を, 幾分ある, 広くかけめぐりました, 引きずり込まれがち, 弥, 強く刻まれた, 当て途, 当然良人, 彼から, 彼の, 彼女を, 後で存分, 心の, 必死な, 忽ち父, 思いながら, 思っても, 恐怖しい, 感傷に, 捕縛し, 掻き乱された, 斉しい, 断念なさる, 日一日と, 日夜かの, 期せずして, 果して新聞, 果てしが, 梭の, 楽しいもの, 歯の, 死ぬまで, 残ろうと, 気に, 決して日本, 決して現実的, 消えない, 消し去られた, 深しお, 深尾も, 湧かなかっただろうか, 溢れて, 無かった, 無性に募る, 焦したでしょうが, 燃えても, 父の, 現わすべく, 疑いない, 皆真っ黒な, 直ぐに, 直接な, 祈祷である, 祖母の, 神代の, 私たちに, 私には, 私の, 私を, 筒井の, 細川の, 絶えぬらしく燈火, 絶えるま, 胸の, 脈々として, 自分でも, 自分の, 致しませぬ, 致しませんが, 複雑であり, 複雑でなく, 覚えてから, 誤らなかった, 誰でも, 議論等より, 貞時にも, 通らずほって, 過去へ, 達せられました, 違うの, 遠くに, 遠く深く広がっ, 遠く走っ, 野蛮人の, 開き閉じ耀き出すかと, 集まった彼ら, 青天白日の, 非常に, 顔の, 飛び夢, 首筋から, 馳せる

▼ 思いつつ~ (149, 0.9%)

3 私は 2 あること, 彼は, 本能的に, 秀子を, 私も

1 [136件] あがき進む, あとを, あるお, ある場合, ある様, いかにも危ない強, いつか自分の, いつの間にかうとうとと, いつの間にか下駄, いやいや手, おりを, お誓, かのじじむさ, けれども無言, この季節, この手紙, この無人, これを, こんな空気, すこし心配, する仕事, その通り, ついうんざりさせられる, ついに俺, ついに光栄, でも些かすこし, とにかく感謝, どのみち神尾, なおこれ, なお一息, なお今, なお暴風雨, ぬればや, ねんごろ, のめり込んで, まあこうして, また一方, まだ帯, まだ片端, ようよう進む, チビチビやっ, フラフラに, 一方で, 丁寧に, 上った, 中の, 云い出す折, 今日まで, 仔細らしく, 伯母と, 何も, 停留所へ, 元の, 別に悲しい, 勇み進むに, 包を, 千鶴子の, 印度洋を, 厚く礼, 向うの, 呑んで, 在る様, 坐敷, 夢に, 寐入った, 寝ながら, 寝ればや, 寿の, 封を, 帰ります, 帰京いたしました, 常に世田ヶ谷, 幾年かを, 幾日か, 広間に, 広額, 彼の, 彼女が, 彼等の, 御断り申し上げる, 思わず笑い出しました, 慌てて, 手が, 拒み得ないの, 持ち込んで, 振返って, 推切って, 敬, 日ごと怖し, 明るい海, 暮した三月, 更に北, 書庫に, 末造は, 果てはまた, 桑圃の, 楽しい事, 歩いて, 歩く姿, 漫画を, 煙草の, 猶死因, 畏ん, 白い月, 目撃し, 眠った, 眼の, 研究三昧に, 私が, 空中を, 箸を, 結局まあ, 耳の, 耳を, 自分の, 虎氏いよいよ, 行かれませぬ, 行くと, 見て, 詮方なく, 課長は, 趣味びたりで, 身も, 辿って, 通ったが, 通りかかったの, 進み入ろう, 遂に開く, 運んで, 量り出せば, 釜から, 階段の, 隣家の, 音ない, 頭を, 駈け出して

▼ 思いその~ (114, 0.7%)

3 ように 2 ことを, ために, ときの, 中の, 手紙を, 折りたたみの, 方へ, 時の, 話を

1 [93件] いのちも, うちには, おかみさんの, くせ夢中に, ことについて, ご子息郁次郎, ためにこそ, ためには, ため一層, つまらぬこと, とき木戸の, とき脱げた, のち同, よろこびを, わからなさ加減, 一団の, 一月の, 不完全と, 中に, 事を, 人に, 人への, 使と, 働きを, 光るばかりの, 内容として, 包みを, 厚意だけを, 反動として, 反対に, 名の, 名を, 声と, 壻殿が, 夜の, 夜は, 始まるの, 娘の, 実学問でも, 宮が, 対照の, 小屋を, 帝が, 年月日を, 弁護すべき, 患部を, 憫れみ, 教えを, 文面にも, 方を, 方法を, 方角を, 方面の, 日は, 日も, 時こそ, 時に, 時差上げた, 時私の, 時筐中に, 木を, 本国の, 極近古, 様に, 樹林を, 死人の, 死体を, 温た, 点で, 無自覚な, 状あたかも, 獄屋の, 生長を, 男を, 皮膚が, 眼に, 研究に, 筋へ, 結果遂に, 腕を, 表面の, 訳を, 論旨の, 財産を, 辺を, 近くまで, 逆と, 郷愁を, 音の, 頃厩橋側に, 順序として, 首を, 鰻を

▼ 思いまた~ (98, 0.6%)

3 自分の

1 [95件] あの藁ボテ, ある人々, いて, いろいろと, おもしろいよう, およろこび, お島, かくの, かなたの, この上, こんな男, しいて探し, そう思った, そう思われ, そちらに, そのよう, その岩山, その敏捷, その生活, その程度, それが, それによって, できること, どういう心持, なるほどと, ひょッ, まったく無かっ, もう少し嘴, もとの, よく人, イギリスへ, マルグリットだ, 一人は, 一刻も, 一方には, 一族の, 不名誉にも, 不思議にも, 不愛想, 事実お, 人に, 人を, 今の, 今日からは, 伽藍には, 何んと, 何時に, 全体として, 出来るだけ, 反対に, 向うからは, 和議を, 夕霧の, 多くの, 女たちを, 妹の, 妹を, 実際に, 彼女と, 才学を, 支えた, 故人も, 敬服する, 暗い気持, 書物の, 曹操の, 最近に, 樹木が, 気の毒にも, 水ある, 江戸時代の, 江戸町奉行所で, 沢庵坊主の, 漢語で, 漫才全盛の, 父の, 父は, 王様も, 現在の, 異う一方, 真剣に, 石を, 社の, 神さまの, 私の, 私は, 突っ込み放しに, 義務を, 自分を, 若き発明家, 苦しくも, 訪問者には, 誇りにも, 過去の, 阿園

▼ 思い~ (62, 0.4%)

6 のです 4 のである, んです 3 のだ, んでしょう 2 の, のかい, んだ

1 [36件] ご主君, せりし, その情熱, で回し, のか, のでしょう, ので一座, ので先祖十二人, ので私, のに, のね, はったやろ, はるのじゃ, はんな, やさしげ, やつ叱っ, よ, んでございます, 乳母の, 二人の, 兄また, 右馬介の, 土民を, 声は, 天性は, 奴だ, 彼は, 思い過ごしです, 情は, 情を, 方へ, 目で, 秀治は, 良心は, 郎党は, 雷横だ

▼ 思い~ (60, 0.4%)

3 余は 2 樹の

1 [55件] いささか不快, おのが, おびただしく馳せ集まれり, かくなせる, かくねん, さまざまの, しいて心, したるべけれども, すぐに, その扉, その髪, とむねを, はやる方, ひたとその, よく見れ, わずかに, われながら, われを, 一の, 一家の, 一間の, 万事隔てなく, 入りて, 動かなかった, 嘆息し, 峰に, 思い終せぬ, 意気揚々として, 慎を, 或る, 打ったるまでぞ, 拾いたる願人坊主, 撒と, 木槿垣の, 板戸を, 母の, 泣いて, 泣きつつ, 泣ける我, 渡りぬ, 独り炉の, 甚蔵に, 生きたる心地無し, 目覚めたりと, 立ち帰り人に, 答えたり, 胸なやむなり, 自ら眼を, 親しみたり, 跡を, 逡巡する, 過ぎこしは, 防ぎ侍りつれども, 頭を, 食物も

▼ 思いそれ~ (59, 0.4%)

1 [59件] からしみじみ, から持っ, から激しい, から長い, がこの, がため, がなにか, がわからぬ, が不可能, が作品, が少し, が愛情, が折, が案外, が自分, が辛く, でひっくるめ, で戻っ, で散歩, で競技, と同様, と推測, にのみ愛情, には父博士, には都会, には頼ん, にほんとう, に与える, に代っ, に当然, に誘われ, に頼っ, はつよい, は云っ, は今, までじっと, まで自分, もあっ, も出来ず感じる, も父, よりもどこぞ, をうまい, をとりはずそう, を云っ, を他人, を実行, を彼女, を恐れ, を恐れる, を憂い, を楽しみ, を行う, を見, を見せた, を調べる, を返し, を通してそう, を避ける, 見たこと

▼ 思い~ (53, 0.3%)

8 して 5 された, されて 2 した

1 [33件] されやすく, されようぞ, される, されるこころ, される之, される優越性, され省みて, され総て, しかかすか, しかこの, しかひどく, しかやはりどうも, しかフロール, しか低い, しか少し, しか庸三, しか愁わしげ, しか昨日オンフルール, しか涙, しか知らない, しか穏やか, しか表情, しであろうか, しに, しにも, しにや, し之, す, すため, すの, す危険, す実在論, す理由

▼ 思い~ (52, 0.3%)

3 一緒に 2 なって, 見えて

1 [45件] いや死ぬ, こういう暮し, この事務所, すべての, その思い, それから危険, まる様子, まる風, よく人, ウラハラな, ピカ一の, 一日の, 不眠に, 両方が, 云うと, 云う所, 何かしら凡てを, 共に語る, 共通な, 別な, 力とを, 同じこと, 壮麗な, 変わらぬもの, 実行とを, 悲願を, 憧憬で, 新たな, 晴れが, 異なる, 癇癪とを, 結ばれた, 結び付いて, 自分の, 苦しい思い, 行動とに, 見うけ, 見え, 見ると, 言葉とが, 逆な, 違って, 雑忙が, 音律が, 願いを

▼ 思いどおり~ (50, 0.3%)

3 になる 2 のこと

1 [45件] な形, な計画, にいく, にいっ, にかなった, にこんな, にする, にするだろう, にたっぷり, になっ, になったなら来, にならない, にならなく, にはいかなかった, にもできない, にやれ, にやれたら, にやれる, に一座, に仕事, に作られ, に動かしうる, に国, に壊され, に復讐, に振廻される, に放任, に昨日, に歌っ, に紳士, に行った, に転換, に達せられる, に関勝, に飼っ, のもの, の大, の幸福, の感激的, の決戦, の物, の生活, の賃銀, やって, をやる

▼ 思い~ (47, 0.3%)

8 べる 3 かべた, べている 2 かべたよう, かべる, べず, べていた

1 [25件] かば, かばせ, かぶところ, かべていた, かべました, かべゆうべ, かんで, ばせよう, ばせる, ぶから, ぶの, ぶよう, べ, べさせる, べていただきたいです, べての意, べてもらいたい, べて秋, べながら私, べまた, べられ, べられた, べられます, べ今更, べ北京

▼ 思い自分~ (44, 0.3%)

2 だけで, だけは憐れみ, のこと, の身

1 [36件] から思い切っ, がやれ, が自分, といっしょ, としての生活, としては淋しい, に余計, に頼ん, のうち, の事, の体, の体育, の去った, の嫌い, の子供, の工風, の心, の思想, の感情, の死ぬ, の真, の負ぶさった, の選択, はあなた, はその, はもう, はドイツ, は不幸, は俳人, は深い, もまた, も好き, も心, も苦, や矢代, を生じた

▼ 思いでしょう~ (43, 0.3%)

5 か, ね 2 がお, けれども, な

1 [27件] かあなた様, かと, からできるだけ, がこの間手紙, がさ, がそれ, がでも, がところが, がどうせ, が僕, が実は, が屋根裏, が必ずしも, が昔, が本当は, が生活, が秀子, が私, けどとに角, けれどとにかく, けれどどうぞ, ところがどうして, と思っ, と思われ, また追, 晋太郎, 瞼の

▼ 思いこの~ (42, 0.3%)

2 たびの

1 [40件] たびは, ように, オルタの, ナンセンスな, 一枚の, 上なきめでたき, 上に, 上多くの, 下の, 不思議な, 乱暴人と, 二三年幾度と, 二人が, 人は, 住居を, 危急な, 噂の, 声この, 夜は, 大軍の, 子の, 子熊の, 家との, 席を, 想いを, 方に, 日は, 暁は, 様にしか, 気持を, 珍妙な, 男自身農民作家だ, 稲垣氏に, 誤りを, 赤坂城に, 鋏の, 際京都から, 難役に, 頃の, 頃一つ違った

▼ 思いこれ~ (40, 0.2%)

5 を思い 3 を思う 2 を想え

1 [30件] がまた, が実行, だけはわたしひとり, だけ持っ, でようやく, で何より, なども例, にいろいろ, に依頼, に反し, はやや突然, は先生, は少し, は巧, まで一度, まで殆, やがて気つけ, をある, をおもい, を削除, を前, を友人間, を徳川頼倫侯, を忍ばね, を思い合せれ, を思い来り, を思え, を想う, を感じ, を救い

▼ 思い通り~ (40, 0.2%)

3 にならない, になる 2 にさせ, にし, になったら, にならん

1 [26件] にお, にかわっ, にきめ, にしてやったいう, にしなさい, にする, になっ, になった, になるらしい, にはさせなかった, にゆく, に使っ, に引き歪めた, に感じさせる, に楽々, に着々, に行く, に行った, に運んだ, のもの, の人間, の仇, の小普請, をどこ, を押通そう, を貫いた

▼ 思い~ (39, 0.2%)

2 が先生

1 [37件] が結婚, などの真似, などはまだまだ, に対して私, のうしろ, のすぐ, の眼, の許, はそれ, はそれ以上, はちっとも, はちょっと, は不審顔, は今, は作家, は出来る, は只, は大急ぎ, は妻, は家族四人, は心, は手頃, は早くから, は来る, は泣い, は父, は考えた, は苦笑, は軽蔑, は長三, は顔, は黙っ, もつらく, も大いに, も独身, も鶴岡, を死んだ

▼ 思いです~ (38, 0.2%)

203

1 [15件] かと, かと訊かれ, かね, かはたして, かぼく, から新蔵, が仕方, が思いきっ, が臨湖, け, な, の, よ, 地球文明が, 直ぐに私

▼ 思いつつも~ (34, 0.2%)

1 [34件] いつしか懇意, いつと, こうして自分, この白い, その待遇, その恐れ, その憎, その熱烈, その絵, それについて, どうにもする, なお莫大, やはり一面, やはり寝台, インド洋を, 二葉亭の, 今でも, 多少きまり, 少女が, 尼の, 引越しを, 彼を, 彼女には, 急いで, 戦き描かれて, 暗々裡に, 父だけの, 画を, 私は, 窮屈な, 葉子は, 見終った人々, 話の, 買おうとまでは

▼ 思いあがった~ (28, 0.2%)

2 ところが, 考えは

1 [24件] きざな, ことを, そうして卑劣, ちょこ才きわまる, に似た, まちがいだった, ようで, 偽りは, 冷酷な, 哲学めいた事ばかり, 善良さは, 奇々怪々の, 小僧が, 小僧を, 幸福者の, 彼女の, 心持から, 心持ちの, 態度で, 気持から, 浮薄な, 生絹だった, 詩人めかした, 諧謔心から

▼ 思い~ (27, 0.2%)

1 [27件] が出, が悪い, が浮ぶ, が浮んだ, が胸, たりと小, だと, てその, て清水, であったに, であったらしいが, であったろうと, であると, でございます, で得られる, とも見られる, になったらしい, に到達, はさる, はどんどん, は京都, は実行, やトリック, や単なる, を求めね, を述べた, 気に入らぬか

▼ 思い~ (25, 0.2%)

2 かめは, 出しに, 浦を

1 [19件] かみさんは, かわいらしい恨み, さやは, はるに, 三根の, 助け申しまし, 千を, 國は, 嬢さまに, 師匠さまどう, 梅が, 浦の, 甲に, 留守番を, 縫にも, 花が, 菊の, 認めに, 通は

▼ 思い~ (24, 0.1%)

42 のう, よ, わ

1 [14件] から目, から自然, というん, と云っ, と見え, な, なあおめ, ね, ねえ, の, ネ, 優しいこと, 十八じゃ, 憐みの心が

▼ 思い半ば~ (24, 0.1%)

13 に過 3 に過ぎる 2 にすぎる 1 にすぎよう, にすぎるであろう, にすぐる, に過ぎるでありましょう, に過ぎん, は世にそう

▼ 思い~ (24, 0.1%)

2 卵子も

1 [22件] あんな悲しい, いかにもいそがしい, ここで, しなければ, そうしよう, そのよう, それに, たモヤ, 世の, 伊東の, 先方の, 嬉しくも, 家に, 己の, 思わずには, 手紙を, 未知の, 気の毒だ, 行うこと, 行うの, 電報らしく, 顧みて

▼ 思い~ (23, 0.1%)

2 ていた, ている

1 [19件] てい, ていらっしゃる, てこそ無礼, てこの, てたまらなく, てなさった, てよ, て居る, て愉快, て月末, て歩きまわっ, て駈け出さない, ながらうかと, ながら細い, ほどなりき, よりも手練, よりも莫大, より呼びならわせし, より能

▼ 思い存分~ (23, 0.1%)

1 [23件] いとしがっ, に叫, に強直, に散っ, に暗く, に流れ, に浴びせかけ, に行, の呼吸, の手当, の批評, の皮肉, の苦痛, の金, はだけた両手, ゆるんだかと, 両肩, 押し付けて, 揺られながら, 泣いた, 笑って, 笑ってから, 遊びたいの

▼ 思い~ (23, 0.1%)

2 はその

1 [21件] に訊ねる, のいう, のやさしい, の地位, の眼, の知識, の苦難, はここ, はそのまま, はピストル, は云い止まる, は彼, は手荒く, は汗, は爽爽, は祠, は胸, は自己嫌悪, は起き, をたずねましたら, を想う

▼ 思い上った~ (21, 0.1%)

1 [21件] いい顔, ものの言い, やつが, ような, 不遜に, 寛容の, 微笑を, 心強い女, 心持を, 思いつきだ, 愚衆で, 文献精神, 暴虐が, 様な, 横着振りに対する, 考え方を, 自信が, 行動が, 行為に対しても, 言葉だの, 豚を

▼ 思いがち~ (20, 0.1%)

7 だった 4 である 2 だが 1 だ, だった男, であります, ですから, で最も, なの, になっ

▼ 思いだった~ (19, 0.1%)

2 のは

1 [17件] がしかし, がしかも, がその, がみちびかれる, がやがて, が今, が兄, が此度, なあ, のが, のだ, のでしょう, ので子供, ものと, よ, 一学が, 妹の

▼ 思いそう~ (18, 0.1%)

2 なもの

1 [16件] いった, して, しようと, だ矢代, とは明かさず, なそういう, なところ, なの, なハーン先生, な心理, な逸話, やって, 云った, 祈る, 聞いて, 運転手に

▼ 思い~ (17, 0.1%)

2 心持が

1 [15件] あまたの, いいや, がれ, して, それどころか却って, つらい思い, ふざけた恰好, みじめさから, ケチ臭い, 不如意の, 不都合や, 人間の, 清純なる憤り, 郷愁を, 鋭い悲しみ

▼ 思い入った~ (17, 0.1%)

3 ような, ように 2 調子で 1 人の, 優しさ, 容子を, 心には, 心持ちは, 決心を, 沈痛な, 顔を, 風情で

▼ 思いさえ~ (16, 0.1%)

6 すれば 4 した 1 させたの, されて, したらなあに, するなら造作, 傍から, 浮んだら束の間

▼ 思いそして~ (16, 0.1%)

2 ゴーリキイの

1 [14件] いて, この問題, そう思い, それを, なまなかそれ, ナポレオン帝政当時の, 一生播州の, 事実彼女としては, 今度お, 武蔵の, 気がついたとき, 現に環境, 私が, 鬱いでばかり

▼ 思いにな~ (16, 0.1%)

1 [16件] つてお, つておいでにな, つてその, つて人を, つて出, つて劒の, つて天の, つて天照らす, つて始めて, つて寢て, つて尋ね, つて少し, つて御, つて御子を, つて棹を, つて約束を

▼ 思いあがり~ (15, 0.1%)

1 [15件] がある, がさすが, という風, として彼女, として歎, とは違う, ともつかぬ, によってつづく, の妙, の意味, はおそろしい, は脱しきれなかった, ようは, を云っ, を見いだすであろう

▼ 思いよう~ (15, 0.1%)

2 がない, がなかっ, が足りない 1 ではしみじみ, ではやはり, によってはこの, によってはまさに, によれ, に依っ, もなかっ, も一通り, も考え

▼ 思い上り~ (15, 0.1%)

1 [15件] かも知れなかった, からだ, があった, だ, だけだ, だと, であった, なんかじゃありません, にほかならなかった, はしかし, は文壇的, は許し, も甚, をした, 対手の

▼ 思い少し~ (15, 0.1%)

1 [15件] はいじめ, はしたなくは, は争いました, ばかり探っ, 不安を, 不自由を, 出すぎた調子, 彼を, 心が, 梶を, 歩くと, 起き上がって, 躊躇し, 身じろぎを, 院の

▼ 思いここ~ (14, 0.1%)

2 にその

1 [12件] で我が, にいささか, にこれ, に到った, に参考, に引例, に潜む, に火星兵団, に自分, のすぐれた, まで来, まで来た

▼ 思いにも~ (14, 0.1%)

1 [14件] させられるの, なっただろう事情, なったの, なり, なりきれないけれども, なれなかったでしょうね, 劣らないほど, 同じ長い, 吹かれたか, 感じられなかったこと, 捉われた, 浮かばず口, 落ちつき新しい, 薄雪

▼ 思い~ (14, 0.1%)

1 [14件] があった, が何, が死ね, だと, にも宣言, にも思われ, の京弥, の苦しみ, の袈裟御前, は, もなげ, をあんな, を妻, を金

▼ 思い~ (14, 0.1%)

1 [14件] うか, うかして, かしら自分, かつまらぬ, か一つ自分, か理窟, か確実, が社会主義者, の危険, の気, をなし, を持っ, を欲, んとかせんけれ

▼ 思いでも~ (13, 0.1%)

3 あった 1 あったの, あるの, させて, されたの, したの, してるよう, じッくり, 一人前に, 僕は, 百姓からは

▼ 思いなすっ~ (13, 0.1%)

31 てお飾り, てその, てはまちがい, ては厭, てもし, て下さいまし, て吃驚, て小野派, て槙村先生, て母様

▼ 思い当り~ (13, 0.1%)

3 がない 1 がありましょう, がござる, がなく, が走った, になりましたろう, になりません, の全く, もしたであろう, もない, もなかっ

▼ 思い浮べ~ (13, 0.1%)

4 ていた 1 たりする, たり自分, ている, てお, ておりました, てはならない, てみた, て居た, ながら婦人雑誌

▼ 思い附き~ (13, 0.1%)

1 [13件] が一つ, て蕎麦, でも何, で余計, で大仏, にすぎない, に過ぎない, の一つ, の奇抜さ加減, はありません, もありません, もなかっ, を趁

▼ 思いそれから~ (12, 0.1%)

1 [12件] この男, できるだけ猪, よく夕方, 仔細に, 何もかもあきらめ, 呟きました, 噴泉の, 完全を, 弘法が, 手水に, 方向を, 片手で

▼ 思いとは~ (12, 0.1%)

3 このこと 1 この事, この時, これなるべし, また全く, 一線を, 反対に, 此の, 比較に, 関係の

▼ 思い乍ら~ (12, 0.1%)

1 [12件] つまり我意, ならぬとも, ふと麻川氏, も何, も夕刊, も最後, も此時刻, も身体, 不図向う, 何だか恐し, 又いつもいつも, 未だにお返し

▼ 思い定め~ (12, 0.1%)

2 ている 1 がたくて, たれ, て, ていました, ておいで, ておお, てはいけません, て二階, て心, て置いた

▼ 思い~ (12, 0.1%)

2 の中 1 が多く, が痛んだ, しずむ, で掌, で逸作, に残っ, の奥深く, も傷つけられた, を満たしてる, を鬼

▼ 思いなすった~ (11, 0.1%)

1 [11件] かそれとも, そうでございます, そうです, その記念, とみえ, なんてこと, のが, のでしょう, のよりも, んだろう, んでしょう

▼ 思い惑った~ (11, 0.1%)

1 [11件] が結局, ときには, はてに, ものか, ような, ように, 夢想家は, 後私は, 揚句今の, 末漸く, 眼付で

▼ 思いあがっ~ (10, 0.1%)

4 ている 3 ていた 1 てい, て人, て遂に

▼ 思いいろいろ~ (10, 0.1%)

1 さまざまな, その支度, と助け, と金, の, やって, 手を, 考えて, 考えるの, 話を

▼ 思いおもい~ (10, 0.1%)

1 なこと, な得物, な草, にタキシ, に諸国, のイス, の方角, の温泉, の男女, 跟い

▼ 思いから~ (10, 0.1%)

2 お前が 1 あらわれた生活, だんだんと, ほそい絹糸, 我に, 救って, 琵琶を, 解放される, 飛んだこと

▼ 思いする~ (10, 0.1%)

2 のは 1 かは他人, ことばかりを, のでした, ばかりだ, よりこの, よりは死ん, 様子は, 源氏は

▼ 思いであった~ (10, 0.1%)

1 がお, がそういう, がその, がそれ, が慾念, が暴虎馮河, が野口, に相違, のだ, のである

▼ 思いでは~ (10, 0.1%)

2 なかった 1 ありませんでした, ない, ないかしら, ないだろうか, なかろうかと, なく漫然たる, ひとつに, 入って

▼ 思いばかり~ (10, 0.1%)

5 して 1 させて, させられる周囲, するの, であった, はげしくて

▼ 思い初め~ (10, 0.1%)

41 し様子, たが, たの, たもの, た頃, なかった

▼ 思い同時に~ (10, 0.1%)

2 長と 1 これほど, 不安が, 人間の, 子にばかり, 彼を, 教授の, 昨夜の, 私の

▼ 思い~ (10, 0.1%)

1 に出かける, に北, に又, に心, に怖く, に戸, に枕, に身, に障子, に馬

▼ 思い立ち~ (10, 0.1%)

21 がすぐ, でございますなあ, をさせる, をわれ, を危ん, を大変, を御, を躊躇

▼ 思いそこ~ (9, 0.1%)

1 で思いついた, にいる, に並べ, に勤め, に親子自然, の濡れ縁, まで出た, を強調, を歩いた

▼ 思いという~ (9, 0.1%)

2 ものが, ものは 1 のが, ものだ, ような, 種類の, 語から

▼ 思い~ (9, 0.1%)

2 んね, んので 1 がす, のぬけ, へん, んな, んなあ

▼ 思い其の~ (9, 0.1%)

1 まま戸表へ, 事が, 傍に, 名を, 室を, 帰り道に, 手を, 旨を, 訳を

▼ 思い彼女~ (9, 0.1%)

1 が本気, のため, の鼻, は勇躍大胆, は困却, は外, をせかし, を哀れ, を妻

▼ 思い~ (9, 0.1%)

2 ない処 1 ない, ないこと, ない怪我, ない誠に, なくやさしく物, なく旦那様, なく清兵衞さん

▼ 思い決して~ (9, 0.1%)

1 いた, いたり, いるから, そういう事, もいた, もいたの, 一礼し, 居るかが, 来たもの

▼ 思い矢代~ (9, 0.1%)

2 はそんなに 1 はカフェー, はバス, は動悸, は手綱, は支え, は等分, は落ちつき

▼ 思い~ (9, 0.1%)

1 と結婚, のため, の誘う, はあちらこちら, は二条, は京, は悲しみ, は歎息, は言葉

▼ 思い~ (9, 0.1%)

1 である, で高慢, な子息, な老人, の見える, を上げ, を横, を洗っ, を近づける

▼ 思いそのまま~ (8, 0.0%)

1 からだ, すれ違いかけたら山本琴子, その日, 予定どおり新宿の, 話を, 辻駕籠を, 鍋に, 黙って

▼ 思いたり~ (8, 0.0%)

1 されどその, しが, 其事は, 去れど, 彼は, 思い, 此老人は, 殊に其身

▼ 思いでした~ (8, 0.0%)

1 か, から山, がぐち, がここ, が日, が野心, とまあそう, のに明日

▼ 思いなら~ (8, 0.0%)

1 こうしましょう, こちらへ, その時一緒, そんなに矢鱈, ば家捜し, グルゥバッハさんを, 多計代, 現在の

▼ 思いには~ (8, 0.0%)

2 なりませんか 1 ならないもの, なりますまい, なりませぬか, めぐり会えないだろうよ, 変りない, 書くであろうよう

▼ 思いひそか~ (8, 0.0%)

1 にそれ, に会見, に反省, に宇治, に憐れ, に自分, に襖子, に頬

▼ 思い上がり~ (8, 0.0%)

1 がいけない, が小面憎い, が影, と源氏, をやっ, を捨て, を棄て, を欠点

▼ 思い寄り~ (8, 0.0%)

2 がない 1 があっ, とか牛若自身, はございませぬ, もござれ, もなかっ, も御座いまするで

▼ 思い惑っ~ (8, 0.0%)

5 ている 1 ていました, てくもり, て二人

▼ 思い残り~ (8, 0.0%)

2 のない 1 がない, なき一戦, なく生涯, なく窺った, のねえ, は少し

▼ 思いあきらめ~ (7, 0.0%)

1 しかばその, ていた, て一杯, て店, て恋しい, て望み, て松山

▼ 思いある~ (7, 0.0%)

2 時は 1 か, 一人は, 僧に, 喫茶店と, 日曜日に

▼ 思いかつ~ (7, 0.0%)

1 あの辺, それを, はとかく, ははがゆく, 望んだの, 歩行い, 言いたいと

▼ 思いかも~ (7, 0.0%)

3 知れませんが 2 知れないが 1 しれませんが, 知らないが

▼ 思いしか~ (7, 0.0%)

1 あゝお蘭, ないこと, はた真白, 一語を, 地竹を, 将た, 残って

▼ 思いしも~ (7, 0.0%)

2 今日は 1 今は, 今日より, 前発行者, 本書の, 汝の

▼ 思いそこで~ (7, 0.0%)

2 神田錦町に 1 すべての, なにもかもお, 東信の, 気を, 私は

▼ 思いだけが~ (7, 0.0%)

1 あっただろう, その夜, 一種名状し, 反響し, 渦を, 真実では, 竜太郎を

▼ 思いである~ (7, 0.0%)

1 がさ, がでも, けれど力, ことを, というあの, ということ, 日頃の

▼ 思いふと~ (7, 0.0%)

1 仏壇を, 女めいた, 女心めいた, 考え付いたの, 胸の, 胸を, 轡川の

▼ 思いもの~ (7, 0.0%)

1 が柳眉, だったから, であったその, となった, の心, や夫婦仲, をそんな

▼ 思い~ (7, 0.0%)

4 ずろうて 2 ずろうた 1 ずろうことなかれ

▼ 思い~ (7, 0.0%)

1 から心がけ, でもあの, のよう, はいわば, は行方, また君侯, までの歴史

▼ 思い~ (7, 0.0%)

2 の女房 1 の人, の人々, へ憑きもの, を憶, を顧みる

▼ 思い入り~ (7, 0.0%)

1 この曝し, この老人, つつある, てながむれ, ながらしかし一方, の快眠, 泣いて

▼ 思い~ (7, 0.0%)

1 で伊国, となく, とはなく, とも思っ, に若し, を勧め, を大切

▼ 思い~ (7, 0.0%)

1 にかかる, にし, にもかからず, にも止めませんでした, に掛くる, を換え, 障にも

▼ 思い沈んだ~ (7, 0.0%)

1 かなしげ, まま孝之進は, 微笑を, 目は, 節子を, 表情が, 表情ながら

▼ 思い~ (7, 0.0%)

5 げに 1 げにその, そうに

▼ 思い深く~ (7, 0.0%)

1 ながめたの, もたたずんだ, も考えず, 二つの, 心を, 感謝する, 沈んだ夜

▼ 思い諦め~ (7, 0.0%)

2 ている 1 たりし, て戻っ, て楽しい, て江の島遊園地, の言葉

▼ 思い~ (7, 0.0%)

2 にしよう 1 にする, にはならないらしい, に動かない, に引き廻す, に認むる

▼ 思いああ~ (6, 0.0%)

1 した所業, も思い, も思った, やって, 見なければ, 饒舌った

▼ 思いあるいは~ (6, 0.0%)

1 介山居士という, 全行程, 反対に, 実業家が, 悪口でも, 箍の

▼ 思いうかべ~ (6, 0.0%)

3 ていた 1 ている, ながら伸子, ながら陽

▼ 思いきつ~ (6, 0.0%)

1 た事, た素足, てはじめる, てひと筆お便り, て別れ話, て奥さん

▼ 思いくらべ~ (6, 0.0%)

1 ていた, てふと, てみ, て心, て惜しむ, て感慨無量

▼ 思いこれから~ (6, 0.0%)

1 たどらねば, はいわば, も御, 先の, 日本へ, 生活の

▼ 思いすぎ~ (6, 0.0%)

1 か, がかえって, たり惑っ, だ, だと, のところ

▼ 思いであろう~ (6, 0.0%)

31 がそういう, と察し, に

▼ 思いもう~ (6, 0.0%)

1 あの謎, いないの, そのお話, 一生懸命で, 昔の, 自分に

▼ 思い且つ~ (6, 0.0%)

1 それを, また自分, 住居の, 小山を, 悩み幾度, 無根の

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 が心, は叔父, は叩き倒さん, は四辺, は少し, は注意

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 に同感, はそれ, はポケット, は本, は腹, は青扇

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 が明ける, にまぎれ, の二時頃, は娘たち, は彼女, も遅く

▼ 思い定めた~ (6, 0.0%)

3 様子で 1 けれども胸, のであった, 一旦の

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 がつぶれる, に帰れ, へ帰った, を出かけました, を思い, を思う

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 像を, 好意に, 挨拶し, 東行以来侍講としての, 紹介致します, 足を

▼ 思い捨てた~ (6, 0.0%)

1 こどもに, わが末, 子である, 歳から, 気持に, 父に対しての

▼ 思い更に~ (6, 0.0%)

1 こんな平凡普通, それを, 別の, 島村先生晩年の, 感服を, 義雄兄に

▼ 思い泛べた~ (6, 0.0%)

1 からで, からであった, だけで急い, と見え, らしい今更, らしい眼鏡

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 が妾宅, に累, の盃, の葬式, の身代り, を俗物

▼ 思い~ (6, 0.0%)

1 の前, をあげ, をすえ, をつぶっ, をつむり, を見張った

▼ 思い置く~ (6, 0.0%)

2 ことは, 事は 1 こともござりませぬ, 事が

▼ 思い迷っ~ (6, 0.0%)

4 ている 1 てふらふら, てみる

▼ 思い附いた~ (6, 0.0%)

1 ことが, のが, のは, はお, ものを, 面白いこと

▼ 思いあなた~ (5, 0.0%)

1 がいつか, と言いかける, に尋ねたら, の, のご

▼ 思いあの~ (5, 0.0%)

1 すこしずる, 女の, 時六つに, 農家に, 隙見

▼ 思い~ (5, 0.0%)

1 ぇヨハナーンや, え, え然, くち, 面影も

▼ 思いすぐ~ (5, 0.0%)

1 に手紙, 写野さんへ, 出かけて, 行きましょうかと, 追っかけたといったね

▼ 思いそういう~ (5, 0.0%)

1 事が, 人達に, 強い疑惑, 無事の, 甲斐が

▼ 思いそっと~ (5, 0.0%)

1 あの断崖, 仙吉に, 波多野君に, 眼を, 襖を

▼ 思いだけ~ (5, 0.0%)

1 だ, だった, でない何, でもう, で自分

▼ 思いちょっと~ (5, 0.0%)

1 ご注意, の間, 妙な, 立ちどまって, 紹介した

▼ 思いでの~ (5, 0.0%)

1 ないの, 品でも, 戦記を, 淡路島を, 街

▼ 思いどこ~ (5, 0.0%)

2 か遠い, がわるい 1 からかガラス鉢

▼ 思いまだ~ (5, 0.0%)

1 これは, 動かず, 若い糸杉, 重任過ぎる, 霧の

▼ 思いまで~ (5, 0.0%)

2 して 1 させられた上, しなくちゃ, する

▼ 思いッ切り~ (5, 0.0%)

1 ゆがめて, 怒鳴り散らしても, 打ち当る波, 投げ出されたらしく棚, 踏みにじって

▼ 思い一つ~ (5, 0.0%)

1 しずに, のため, は, は今年小学校, は没

▼ 思い一人~ (5, 0.0%)

1 でもよけい, でも米国, で国男さん, で塩尻, の客

▼ 思い一同~ (5, 0.0%)

1 しばらくは, に対, に癩病, を思う, 恐ろしく感じ

▼ 思い上っ~ (5, 0.0%)

2 ていた, ている 1 ていつも

▼ 思い不安~ (5, 0.0%)

2 を感じた 1 な心持, な気持, を覚えた

▼ 思い二人~ (5, 0.0%)

1 が一生, の不幸, の子, は病院, も当然

▼ 思い今日~ (5, 0.0%)

1 こそ久慈, の艱難, は前, までは打, まで隠し

▼ 思い~ (5, 0.0%)

3 にあれ 1 に有れ, 廊下の

▼ 思い初めて~ (5, 0.0%)

2 いた 1 いるよう, から朱実, それが

▼ 思い~ (5, 0.0%)

3 に過 1 に過ぎる, に過る

▼ 思い~ (5, 0.0%)

1 とちょッ, のしたる, は恥ずかしく, は新しい, を見れ

▼ 思い~ (5, 0.0%)

2 を思う 1 となっ, は親, を思った

▼ 思い屈した~ (5, 0.0%)

1 ものばかり, ような, ように, 彼の, 様子が

▼ 思い極め~ (5, 0.0%)

1 お綾さん, たるランスロット, ておりました, て参りました, 申し候

▼ 思い種々~ (5, 0.0%)

1 の構想, の考え, 云って, 工夫し, 探索の

▼ 思い耽っ~ (5, 0.0%)

4 ていた 1 ている

▼ 思い迫った~ (5, 0.0%)

2 ような 1 ように, 姿に, 決死の

▼ 思い遊ばし~ (5, 0.0%)

1 て, てお, ておられる, て勝手気儘, て居られます

▼ 思い遊ばす~ (5, 0.0%)

1 か, とやはり, のでご, のは, のも

▼ 思いあり~ (4, 0.0%)

3 げな 1 げに

▼ 思いお前~ (4, 0.0%)

1 が口, の心がけ, は重, や妹

▼ 思いきめ~ (4, 0.0%)

1 ている, て少し, て居た, て来

▼ 思いけん~ (4, 0.0%)

1 それより, まず日本国民, もう帰ろう, 端なく

▼ 思いこう~ (4, 0.0%)

1 も考え, 云う賤, 考えいろいろ, 誓いこう

▼ 思いさすが~ (4, 0.0%)

1 お人好, にまた, に苦笑, の彼

▼ 思いさま~ (4, 0.0%)

1 たたきつけること, 入れて, 毒づいて, 笑った

▼ 思いしかし~ (4, 0.0%)

1 この頃, それで, それにも, 自分で

▼ 思いしらせ~ (4, 0.0%)

4 てやる

▼ 思いせめて~ (4, 0.0%)

1 お住居, それが, 巴里を, 言葉にでも

▼ 思いそめし~ (4, 0.0%)

31 が思い

▼ 思いそんな~ (4, 0.0%)

1 ことに, 心づかいを, 自分に, 風に

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 つもるしら雪, 出ずる九年前, 屈した心, 積る

▼ 思いただ~ (4, 0.0%)

1 さり気なく, に三思, 一人それを, 展開し

▼ 思いちがえ~ (4, 0.0%)

1 て, てそんな, のよう, をした

▼ 思いついに~ (4, 0.0%)

1 は裏, 危険を, 大きな園遊会, 決心し

▼ 思いなど~ (4, 0.0%)

1 して, するの, せずに, たちまちふきとん

▼ 思いにて~ (4, 0.0%)

1 さまよい歩きほとんど, その以後, 夜も, 早速これ

▼ 思いによって~ (4, 0.0%)

1 心は, 消える命, 理解され, 置かれた興奮

▼ 思いばかりが~ (4, 0.0%)

1 いたされます, こみあげて, 募り自分, 強くやがて

▼ 思いばかりを~ (4, 0.0%)

1 させて, して, しなければ, 見て

▼ 思いまず~ (4, 0.0%)

1 その方, 一つの, 卓子に, 田中が

▼ 思いもし~ (4, 0.0%)

1 あの力, 言いも, 諫め合いもし, 風紀係にでも

▼ 思いやがて~ (4, 0.0%)

2 私たちは 1 は狂的, 呼迎えられる

▼ 思いよらぬ~ (4, 0.0%)

1 心持の, 感情の, 沙汰だ, 蛤の

▼ 思いわざわざ~ (4, 0.0%)

1 やって来たん, 指名した, 椅子の, 表より

▼ 思いをさえ~ (4, 0.0%)

1 なつかしんで, 味わった, 抱きました, 起させました

▼ 思い先生~ (4, 0.0%)

1 にこの, に原稿, の許, をめがけ

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 と思う, にも出した, の中, を押え

▼ 思い姫君~ (4, 0.0%)

1 が悪夢, のほう, はうつぶし, を引き動かす

▼ 思い子供~ (4, 0.0%)

1 に何, のため, のよう, の顔

▼ 思い安心~ (4, 0.0%)

4 して

▼ 思い実は~ (4, 0.0%)

1 それが, 君の, 土間で, 彼方の

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 から引き上げ, に石, に移植, へおりた

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 に同行, の送別, は山, をいじめた

▼ 思い惑う~ (4, 0.0%)

1 ことが, ている, ふうに, ものの如く

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 るもの, る日もっとも, 日の, 日丁度

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 のかからぬ, を上げた, を取っ, を盡

▼ 思い早速~ (4, 0.0%)

1 八卦を, 其の室, 行って, 鮒を

▼ 思い時々~ (4, 0.0%)

1 こわい声, まいるだけで, 御訪問, 母の

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 おこしたり, から上野, になっ, 起きてから

▼ 思い決した~ (4, 0.0%)

1 ふうで, 様子で, 風で, 颯爽さは

▼ 思い浮ぶ~ (4, 0.0%)

1 だけのこと, のは, まま無遠慮に, 知識は

▼ 思い浮べた~ (4, 0.0%)

3 のは 1 のでしょう

▼ 思い~ (4, 0.0%)

4 上げて

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 たったん, った, ったものの, って叫んだ

▼ 思い疲れた~ (4, 0.0%)

1 おげん, すえに, 日なぞには, 私の

▼ 思い~ (4, 0.0%)

2 の路 1 に雲雀, を仰い

▼ 思い~ (4, 0.0%)

2 竦んだ足 1 が及落, で誰

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 にみち, に涙, の火, はいろんな

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 でも切ろう, の底, も立った, をきめ

▼ 思い自身~ (4, 0.0%)

1 では何とも, にとって一つ, の居間, の挙動

▼ 思い色々~ (4, 0.0%)

2 考えて 1 口実を, 聞き糺すと

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 というの, にそち, に舞扇, を踏ん

▼ 思い試み~ (4, 0.0%)

1 にその, に一番上, に検温器, に針

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 が有る, は楽しく, をし, を聞いた

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 にもいわない, にも言わない, も住ん, も知らぬ

▼ 思い諦らめ~ (4, 0.0%)

1 た投げ遣り, ましてからという, る一方, 折々思い出し

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 にしかし, にたちまち, に枝, に過

▼ 思い違い~ (4, 0.0%)

4 です

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 なくこの, なし, ま無し, 無しとかいう

▼ 思い附い~ (4, 0.0%)

1 て円錐, て小母さん, て彫り出した, て鳥

▼ 思い~ (4, 0.0%)

1 がいつのまにか, とかけ, に愛し祭り, に手

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 がッ, とお, とおっしゃる

▼ 思いあがる~ (3, 0.0%)

2 を止めよ 1 のは

▼ 思いあぐんだ~ (3, 0.0%)

1 末には, 苦しみや, 辰子は

▼ 思いあたり~ (3, 0.0%)

1 があるらしく, の歌ども, は女

▼ 思いあと~ (3, 0.0%)

1 で一寸, はほか, 追いかけたれど

▼ 思いあまり~ (3, 0.0%)

1 からばかり彼女, 意外な, 食べないよう

▼ 思いあらためて~ (3, 0.0%)

1 たのもしくも, 女たちの, 見ずに

▼ 思いあれ~ (3, 0.0%)

1 は少し, を書き上げたら, 以来軽蔑は

▼ 思いいま~ (3, 0.0%)

1 の故事, はもう, までのこと

▼ 思いおよび~ (3, 0.0%)

2 ません 1 もしませんでした

▼ 思いきめた~ (3, 0.0%)

1 のである, ように, 様子で

▼ 思いけむ~ (3, 0.0%)

1 小膝を, 悦気満面に, 踵を

▼ 思いこそ~ (3, 0.0%)

1 あれ異議, その人々, 切実な

▼ 思いごと~ (3, 0.0%)

1 たえず首, と別々, は思いごと

▼ 思いさだめた~ (3, 0.0%)

1 とき勝則は, ふうで, ようすを

▼ 思いさっき~ (3, 0.0%)

1 の異様, 脱いだ黒い, 通って

▼ 思いしかも~ (3, 0.0%)

1 その幸福, その手段, 真に人民生活

▼ 思いじっと~ (3, 0.0%)

1 はし, ひと所を, 息を

▼ 思いじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, と湯, ないこと

▼ 思いすこし~ (3, 0.0%)

1 ボケかけた, 大きく手, 気が

▼ 思いその後~ (3, 0.0%)

1 なんとなく細君, はさる, をソロソロ

▼ 思いそれで~ (3, 0.0%)

1 この手紙, 夜な夜な現われ, 某お敵対

▼ 思いぞっと~ (3, 0.0%)

1 した, したの, して

▼ 思いたち~ (3, 0.0%)

1 が突飛, のなか, をできるだけ

▼ 思いたる~ (3, 0.0%)

1 に他, に余, に突然

▼ 思いだろう~ (3, 0.0%)

1 が, が私, と察し

▼ 思いては~ (3, 0.0%)

1 かの時, この家, 淋しさ

▼ 思いとうとう~ (3, 0.0%)

1 その箱, 帰るまで, 白状した

▼ 思いとが~ (3, 0.0%)

1 一つに, 同じ強, 心に

▼ 思いとまっ~ (3, 0.0%)

1 ていただきたい, てくれ, て帰っ

▼ 思いとまる~ (3, 0.0%)

1 から放し, どころです, んだ

▼ 思いどうぞ~ (3, 0.0%)

1 おはいり下さい, 無事でい, 現状維持を

▼ 思いなお~ (3, 0.0%)

1 この冬, 吟どのを, 基経の

▼ 思いなさいます~ (3, 0.0%)

1 と右左, の, 心から

▼ 思いなどという~ (3, 0.0%)

1 ものは, 女学生の, 背筋の

▼ 思いなにか~ (3, 0.0%)

1 わけが, 仕返しを, 用です

▼ 思いなん~ (3, 0.0%)

1 だと, の思い, べん

▼ 思いにと~ (3, 0.0%)

1 剣を, 娘の, 狂暴な

▼ 思いはなはだしき~ (3, 0.0%)

1 に至り, は己, は数十百年

▼ 思いますます~ (3, 0.0%)

1 下から, 学問に, 後へは

▼ 思いまっ~ (3, 0.0%)

1 さ, せ, せんでした

▼ 思いみだれ~ (3, 0.0%)

1 おとといの, てとにかく, 胸の

▼ 思いむしろ~ (3, 0.0%)

1 一筆でも, 全一体, 好意的に

▼ 思いよく~ (3, 0.0%)

1 その方角, 桟敷を, 行って

▼ 思いよりも~ (3, 0.0%)

1 この世の中, せぬ風, 呆れかえった馬鹿

▼ 思いわが~ (3, 0.0%)

1 友丸山定夫の, 後から, 貧を

▼ 思いわざと~ (3, 0.0%)

1 品川へ, 私の, 酔っぱらおうと

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 すなら請け出して, なる, なるなら一つ

▼ 思い一途~ (3, 0.0%)

2 に年 1 にまた

▼ 思い主人~ (3, 0.0%)

1 に聞え上げた, のこの, のため

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 るるや, るる妄想, るる恋

▼ 思い互に~ (3, 0.0%)

1 すれ, 力に, 団結し

▼ 思い仕事~ (3, 0.0%)

1 は慎重, は頭, を考え

▼ 思い何とか~ (3, 0.0%)

1 して, してやりたく思う, 言おうとしても

▼ 思い充分~ (3, 0.0%)

1 に考慮, 懇意に, 教えもし

▼ 思い全然~ (3, 0.0%)

1 アガッて, 怪しんで, 望みを

▼ 思い再び~ (3, 0.0%)

1 争いを, 煖炉を, 石を

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 に反, を抜い, を持った

▼ 思い勇気~ (3, 0.0%)

1 も出る, をふる, を出し

▼ 思い又は~ (3, 0.0%)

1 大体を, 懐石という, 腹立たしいほど

▼ 思い只今~ (3, 0.0%)

1 の自分, 上げます些, 申す神経病

▼ 思い合し~ (3, 0.0%)

2 てみる 1 てみますれ

▼ 思い合わせ~ (3, 0.0%)

3 になる

▼ 思い~ (3, 0.0%)

2 を思う 1 を出る

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 喜びで, 多数の, 姫君の

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 に, に聞こう, へ機嫌

▼ 思い実に~ (3, 0.0%)

1 大まかな, 怪しげな, 涙が

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 にそれとなく, のこの, の鰐口

▼ 思い寄る~ (3, 0.0%)

1 ところが, わけも, 所あり

▼ 思い尊敬~ (3, 0.0%)

1 した男, するの, もし

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 に行けぬ, をたどり, を降り

▼ 思い廻らし~ (3, 0.0%)

1 ています, ている, てみる

▼ 思い当て~ (3, 0.0%)

1 ていつぞや, 嬉しそう, 得るよう

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 には主として, へ帰ろう, を追って

▼ 思い心配~ (3, 0.0%)

2 して 1 もした

▼ 思い思わず~ (3, 0.0%)

1 瞳が, 立ち上りて, 起って

▼ 思い思われた~ (3, 0.0%)

1 仲を, 妻が, 男を

▼ 思い悲しき~ (3, 0.0%)

2 を聞い 1 を聴い

▼ 思い惑い~ (3, 0.0%)

1 ある時, ながら佇ん, はしなかった

▼ 思い捨て~ (3, 0.0%)

1 ても時折, て放擲, て箪笥

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 は恐ろしく, をにくい, を悪

▼ 思い既に~ (3, 0.0%)

1 二作目の, 口を, 学友の

▼ 思い昨夜~ (3, 0.0%)

1 からの自分, はそれ, は寒

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 に花, の光, の射す

▼ 思い染め~ (3, 0.0%)

1 ている, て恋煩い, 馴れ染めた仲

▼ 思い極めて~ (3, 0.0%)

1 おいででは, 依頼の, 赴くの

▼ 思い様々~ (3, 0.0%)

1 に問う, の事, の感想

▼ 思い残念~ (3, 0.0%)

1 だった, とも思い, に思い

▼ 思い沈ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でおりました, でじっと

▼ 思い泛ん~ (3, 0.0%)

1 だ, でも, で来た

▼ 思い浮め~ (3, 0.0%)

1 ては考え合せ, られる, ると

▼ 思い疲れ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て一筆

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 助は, 替らず宗さん, 集まりて

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 一どこまで, 一父の, 二候補の

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 を執った, を執る, 任せに

▼ 思い結局~ (3, 0.0%)

1 その方, はひとつ, はやはり

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 とはどういう, を描く, 仕の

▼ 思い絶えず~ (3, 0.0%)

1 彼は, 愛して, 次の

▼ 思い考え~ (3, 0.0%)

1 て居る, て見まする, に考え抜い

▼ 思い至っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていない, てはたと

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 しが, たる雛, ての事

▼ 思い誤り~ (3, 0.0%)

1 から出発, でありは, 彼らの

▼ 思い較べ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てみれ, ながら指す

▼ 思い違え~ (3, 0.0%)

1 ているらしい, てこちら, て私自身

▼ 思い遣る~ (3, 0.0%)

1 ことは, のだった, 心を

▼ 思い金五郎~ (3, 0.0%)

1 はそれとなく, は唇, は次

▼ 思い長い~ (3, 0.0%)

1 間の, 間思い続けた, 間祈っ

▼ 思い附きで~ (3, 0.0%)

1 しかなかっ, 例えば万里, 笑談半分に

▼ 思い~ (3, 0.0%)

2 のたより 1 もない

▼ 思い~ (3, 0.0%)

1 の白, も洗い, を洗っ

▼ 思いあぐね~ (2, 0.0%)

1 てです, て窓

▼ 思いいかなる~ (2, 0.0%)

1 ものも, 侮蔑をも

▼ 思いいきなり~ (2, 0.0%)

1 そんな振舞い, ピストルを

▼ 思いいささか~ (2, 0.0%)

1 資料も, 遊びに

▼ 思いいつ~ (2, 0.0%)

1 になく, までも生き

▼ 思いいつか~ (2, 0.0%)

1 のよう, は黄色

▼ 思いいつも~ (2, 0.0%)

1 のよう, シナに

▼ 思いいまさら~ (2, 0.0%)

1 ながらぞっと, 恨めしげに

▼ 思いいよいよ~ (2, 0.0%)

1 右も, 引き上げようと

▼ 思いうらやましい~ (2, 0.0%)

1 気の, 気持で

▼ 思いうれしく~ (2, 0.0%)

1 も思えた, 大切に

▼ 思いかく~ (2, 0.0%)

1 考えて, 考え来るならば

▼ 思いかつて~ (2, 0.0%)

1 ボースを, 尚侍は

▼ 思いかなり~ (2, 0.0%)

1 ほんとうだ, 動揺する

▼ 思いかなわぬ~ (2, 0.0%)

2 身なれ

▼ 思いかねて~ (2, 0.0%)

1 夢想し, 秘密に

▼ 思いがけ~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 思いきわめ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 思いきわめて~ (2, 0.0%)

1 の武士, 生きるほか

▼ 思いこういう~ (2, 0.0%)

1 内省という, 話を

▼ 思いこがれた~ (2, 0.0%)

1 おかた, この片思い

▼ 思いことに~ (2, 0.0%)

1 半蔵とは, 殺害者が

▼ 思いこの世~ (2, 0.0%)

1 の一切, を味気

▼ 思いこめ~ (2, 0.0%)

1 てくださる, て守役

▼ 思いこんど~ (2, 0.0%)

1 はきれい, は縁

▼ 思いこんな~ (2, 0.0%)

1 ところに, 持病が

▼ 思いさえも~ (2, 0.0%)

1 して, 年と共に

▼ 思いさき~ (2, 0.0%)

1 のよう, ほども申し上げました

▼ 思いさだめ~ (2, 0.0%)

1 こそすれ, て草心尼

▼ 思いさっそく~ (2, 0.0%)

1 たずねて, 二階へ

▼ 思いさらに~ (2, 0.0%)

1 お京, 天地の

▼ 思いしきりに~ (2, 0.0%)

1 その誰, 何か

▼ 思いしずん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でいる

▼ 思いした~ (2, 0.0%)

1 あなたへの, か君

▼ 思いしばしば~ (2, 0.0%)

1 お住居, 会って

▼ 思いしばらく~ (2, 0.0%)

1 寝ざめ, 黙って

▼ 思いすべて~ (2, 0.0%)

1 お茶漬趣味, が消えうせ

▼ 思いすらも~ (2, 0.0%)

1 いだいて, お二方

▼ 思いせっかく~ (2, 0.0%)

1 の冬休み, 慕って

▼ 思いそちら~ (2, 0.0%)

1 の様子, は二十七日

▼ 思いそれとなく~ (2, 0.0%)

1 その散文, 戒めた上

▼ 思いそろそろ~ (2, 0.0%)

1 夜に, 材料を

▼ 思いたまえ~ (2, 0.0%)

1 しかるに出られべき, すなわち横ぎりにかかる塗炭

▼ 思いだが~ (2, 0.0%)

1 相手は, 自分は

▼ 思いだけで~ (2, 0.0%)

1 キャラコさんの, 十分神経が

▼ 思いつい~ (2, 0.0%)

1 だまされた様, 自分も

▼ 思いつねに~ (2, 0.0%)

1 正室の, 生死と

▼ 思いてや~ (2, 0.0%)

2 みぬ

▼ 思いであり~ (2, 0.0%)

1 ながら私, 素子の

▼ 思いできるだけ~ (2, 0.0%)

1 あの人等, 早くそこ

▼ 思いでございましょう~ (2, 0.0%)

1 と思います, ねえ

▼ 思いでございます~ (2, 0.0%)

1 からお嬢様, 旅を

▼ 思いでしたら~ (2, 0.0%)

1 一万五千ペセタ下さいやしょう, 確かに

▼ 思いでない~ (2, 0.0%)

1 かえ, ことは

▼ 思いとっさ~ (2, 0.0%)

1 に一, に一二歩右

▼ 思いとで~ (2, 0.0%)

1 ひろ子は, 照らされて

▼ 思いとも~ (2, 0.0%)

1 つかぬ嫌悪, 定めかねた深い

▼ 思いどう~ (2, 0.0%)

1 したもの, した訳

▼ 思いどうか~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 思いどうも~ (2, 0.0%)

1 ありがとう気, これ仕方が

▼ 思いどんな~ (2, 0.0%)

1 事を, 人生を

▼ 思いなかば~ (2, 0.0%)

2 に過ぎる

▼ 思いなく~ (2, 0.0%)

1 打ち過, 自分に

▼ 思いなげ~ (2, 0.0%)

1 にふくれ, に振舞う

▼ 思いなさいまし~ (2, 0.0%)

2 てん

▼ 思いなさりましょう~ (2, 0.0%)

1 が決して, ね

▼ 思いなどを~ (2, 0.0%)

1 するより, 受け入れないからなあ

▼ 思いなやん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でおりました

▼ 思いなりし~ (2, 0.0%)

1 が後, をわれ

▼ 思いなんか~ (2, 0.0%)

2 しなかったのよ

▼ 思いなんとか~ (2, 0.0%)

1 いう発句, 博士の

▼ 思いひょいと~ (2, 0.0%)

1 頭上を, 顔を

▼ 思いほとんど~ (2, 0.0%)

1 得意にさえ, 絶望的な

▼ 思いほど~ (2, 0.0%)

1 でなくお, 私の

▼ 思いまことに~ (2, 0.0%)

1 たやすく, 隔靴掻痒の

▼ 思いまする~ (2, 0.0%)

1 に幕府, に足利殿

▼ 思いまたは~ (2, 0.0%)

1 そういうこと, 初対面の

▼ 思いまちがい~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 思いもうけ~ (2, 0.0%)

1 ていなかつた, てもいなかった

▼ 思いもう一度~ (2, 0.0%)

1 懐中を, 見参したい

▼ 思いもっと~ (2, 0.0%)

1 さきに, 良い婦人

▼ 思いやあ~ (2, 0.0%)

1 がって, がってへん

▼ 思いやはり~ (2, 0.0%)

1 彼は, 筆にまで

▼ 思いやら~ (2, 0.0%)

1 いろんな事, 命がけの

▼ 思いより~ (2, 0.0%)

1 たまえば, 不愍に

▼ 思いわし~ (2, 0.0%)

1 はお前, はすでに

▼ 思いわずか~ (2, 0.0%)

1 ずつ彼女, に避け

▼ 思いわたくし~ (2, 0.0%)

1 はそろそろ, は他日

▼ 思いわたし~ (2, 0.0%)

1 に隠し, は生

▼ 思いわれ~ (2, 0.0%)

1 とわが, を恋う

▼ 思いわれ知らず胸~ (2, 0.0%)

2 がときめいた

▼ 思いをも~ (2, 0.0%)

1 堪えること, 支持し

▼ 思いを以て~ (2, 0.0%)

1 その提灯, 買いは

▼ 思いゲンコ~ (2, 0.0%)

2 を握っ

▼ 思いソロソロ~ (2, 0.0%)

1 と紙帳, 歩いて

▼ 思いペン~ (2, 0.0%)

1 がうごかなくなる, をとりあげた

▼ 思い一切~ (2, 0.0%)

1 のもの, の感傷的気分

▼ 思い一方~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, には門

▼ 思い一生懸命~ (2, 0.0%)

1 かせいで, に怖

▼ 思い一緒~ (2, 0.0%)

1 に来れ, に追いまくっ

▼ 思い三たび声~ (2, 0.0%)

2 を上げ

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 さりませ, の品

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 本意に, 申候

▼ 思い不思議~ (2, 0.0%)

1 なほど, に感じ

▼ 思い世話~ (2, 0.0%)

1 という, になった

▼ 思い世間~ (2, 0.0%)

1 の人達, の評議

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 へ入っ, を開け

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を下し, を月下氷人

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 ありては, に沈ん

▼ 思い二度目~ (2, 0.0%)

1 がしずまる, も肯いた

▼ 思い互いに~ (2, 0.0%)

1 ささやき合う, 会えないこと

▼ 思い人間~ (2, 0.0%)

1 の力, の生活

▼ 思い今夜~ (2, 0.0%)

1 はじめて役に立たせました, は何ん

▼ 思い今度~ (2, 0.0%)

1 は両手, は五十

▼ 思い他人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の言うごとく言い

▼ 思い以前~ (2, 0.0%)

1 よりまして, よりも親しみ

▼ 思い伸子~ (2, 0.0%)

1 は自分, は途方

▼ 思い何回~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 思い信用~ (2, 0.0%)

1 のある, の出来ない

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 だって同じ, は何

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 と書け, より筆

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 とたのめる, を送っ

▼ 思い先ず~ (2, 0.0%)

1 一同を, 此の

▼ 思い其儘外出~ (2, 0.0%)

2 され昼時他

▼ 思い前途~ (2, 0.0%)

1 に対する希望, の多難

▼ 思い勇蔵~ (2, 0.0%)

1 が亡き, とともに戦地

▼ 思い友だち~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, にもはなさず

▼ 思い友人~ (2, 0.0%)

1 の二三, の手紙

▼ 思い古い~ (2, 0.0%)

1 を好む, 事まで

▼ 思い同じ~ (2, 0.0%)

1 原案者なる, 詩の

▼ 思い同情~ (2, 0.0%)

1 したくも, 禁じ得ず

▼ 思い商人~ (2, 0.0%)

1 がレーニ, に隅々

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 をあげ, を立てる

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を想う, を覗い

▼ 思い多少~ (2, 0.0%)

1 でも恩, ひけめ

▼ 思い大いに~ (2, 0.0%)

1 これを, 驚くこと

▼ 思い大切~ (2, 0.0%)

1 な品, にせね

▼ 思い大声~ (2, 0.0%)

1 にて, をあげ

▼ 思い女房~ (2, 0.0%)

1 が亭主, のだれ

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 な場所柄, な心持

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 としての扱われ, を思い

▼ 思い妻子~ (2, 0.0%)

1 の田舎, を思う

▼ 思い学校~ (2, 0.0%)

1 から帰る, の研究室

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の中, の外

▼ 思い寄せ~ (2, 0.0%)

1 て見た, て誰

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 にうとうと, の夢魂七三

▼ 思い小さい~ (2, 0.0%)

1 子供が, 拳を

▼ 思い小次郎~ (2, 0.0%)

1 は, は彼女

▼ 思い屈し~ (2, 0.0%)

1 て一度, 恋いこがれるのみ

▼ 思い帰京~ (2, 0.0%)

1 した, すること

▼ 思い常に~ (2, 0.0%)

1 其女の, 自分が

▼ 思い幸い~ (2, 0.0%)

1 好い伝手, 旦那の

▼ 思い弟思い~ (2, 0.0%)

1 でおたがいに, の喬

▼ 思い彼ら~ (2, 0.0%)

1 が貧民, は次

▼ 思い往来~ (2, 0.0%)

1 のまんなか, の向う

▼ 思い御身~ (2, 0.0%)

1 を慕えり, を讃め

▼ 思い忽ち~ (2, 0.0%)

1 夫人に, 通りすぎました

▼ 思い思い~ (2, 0.0%)

1 に手, に腰

▼ 思い思った~ (2, 0.0%)

2 夫婦中初めて

▼ 思い思われる~ (2, 0.0%)

1 って云います, 仲で

▼ 思い性的~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 思い恋しく~ (2, 0.0%)

1 も思った, 思うばかり

▼ 思い息子~ (2, 0.0%)

1 が嫌われた, の頭中将

▼ 思い態と~ (2, 0.0%)

1 厳しく云っ, 平気な

▼ 思い或は~ (2, 0.0%)

1 こ, とも思い

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を細め

▼ 思い手紙~ (2, 0.0%)

1 を書いた, を書こう

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 から通りかかった, もあら

▼ 思い掛け~ (2, 0.0%)

1 なん, もない

▼ 思い断つ~ (2, 0.0%)

1 ことの, にも断たれなかった

▼ 思い新しい~ (2, 0.0%)

1 女房を, 言葉の

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の暮れ, を改める

▼ 思い日本人~ (2, 0.0%)

1 の生活状態, は日本国

▼ 思い早く~ (2, 0.0%)

1 そこに, もチーズ

▼ 思い昨日~ (2, 0.0%)

1 につづく, のよう

▼ 思い晴れ~ (2, 0.0%)

1 がましくも, の軍服

▼ 思い暫し~ (2, 0.0%)

1 卓子へ, 腕拱き

▼ 思い来る~ (2, 0.0%)

1 といよいよ, と何十万

▼ 思い林町~ (2, 0.0%)

1 で歌留多, へ頼み

▼ 思い案じ~ (2, 0.0%)

1 ている, て自害

▼ 思い案内~ (2, 0.0%)

1 した裁判長, を頼んだ

▼ 思い極めた~ (2, 0.0%)

1 大将の, 様子が

▼ 思い~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 のひどい, の室

▼ 思い次に~ (2, 0.0%)

1 スペインの, 青竜王かも

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を唱う, を思いし

▼ 思い正午~ (2, 0.0%)

1 ちかく小屋, までに行け

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 にもしなけれ, に際しては国君

▼ 思い死骸~ (2, 0.0%)

1 を引, を戸板

▼ 思い殆ど~ (2, 0.0%)

1 主人風を, 居たたまれぬ思い

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 が何故もっと, にきかせず

▼ 思い比べ~ (2, 0.0%)

1 てそこ, になっ

▼ 思い気の毒~ (2, 0.0%)

1 にも額, に不安

▼ 思い汽車~ (2, 0.0%)

1 の時間, は切符代

▼ 思い河豚料理~ (2, 0.0%)

2 で人

▼ 思い洗い場~ (2, 0.0%)

2 に跼んで

▼ 思い浦粕~ (2, 0.0%)

2 へゆく

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 がぽろぽろ, を流した

▼ 思い深い~ (2, 0.0%)

1 憂いを, 紅に

▼ 思い深夜~ (2, 0.0%)

1 あの手紙, ではあります

▼ 思い激しい~ (2, 0.0%)

1 恋は, 情熱が

▼ 思い煩い~ (2, 0.0%)

1 からであっ, に過ぎない

▼ 思い煩ら~ (2, 0.0%)

1 うよう, っている

▼ 思い爾来~ (2, 0.0%)

1 十年間ほとんど, 彼らを

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 掌で, 肱で

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を思う, 足らなくも

▼ 思い~ (2, 0.0%)

2

▼ 思い甚しき~ (2, 0.0%)

1 は有害, は根

▼ 思い甚だ~ (2, 0.0%)

1 これを, 奇異の

▼ 思い疑い~ (2, 0.0%)

1 は問いただしたい, を起こし

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 は力, は恥ずかし

▼ 思い白雲~ (2, 0.0%)

1 の浮べる, の浮遊

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 をさましました, をつぶった

▼ 思い直ちに~ (2, 0.0%)

1 これを, 進んで

▼ 思い相手~ (2, 0.0%)

1 にそう, の婦人

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を呑ん, を越し

▼ 思い私め~ (2, 0.0%)

2 に顔たて

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 や電気スタンド, を開け

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の中, をすて

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 く考え, く能

▼ 思い自分たち~ (2, 0.0%)

1 の生命, の靴

▼ 思い自己~ (2, 0.0%)

1 の柩, を主

▼ 思い自殺~ (2, 0.0%)

1 を思う, を決意

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 った, って冷汗

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を見, を買い

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の出る, の涙

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を歩い, を歩み

▼ 思い言葉~ (2, 0.0%)

1 に出し, を口

▼ 思い諸方~ (2, 0.0%)

1 の日柄, より群集

▼ 思い赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 と結い, を家

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を追い, を追って

▼ 思い身体~ (2, 0.0%)

1 が閑, を起した

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 ぶるところ, ぶれば

▼ 思い~ (2, 0.0%)

2 よって

▼ 思い返し~ (2, 0.0%)

1 になった, になろう

▼ 思い返事~ (2, 0.0%)

1 をした, を書かぬ

▼ 思い返辞~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 思い迷った~ (2, 0.0%)

1 が迚, 女は

▼ 思い遂に~ (2, 0.0%)

1 そこに, その実験台

▼ 思い過ぎ~ (2, 0.0%)

1 である, であろうか

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の途中, を変え

▼ 思い遠く~ (2, 0.0%)

1 は亡家斎藤時代, への旅行

▼ 思い遠慮~ (2, 0.0%)

1 すること, をした

▼ 思い遣っ~ (2, 0.0%)

1 たりした, ていた

▼ 思い遣られる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ほど物凄い醜

▼ 思い部下~ (2, 0.0%)

1 のとむらい, を督励

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の出来た, を仕払う

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 て何所, ません併

▼ 思い附く~ (2, 0.0%)

2 ままに

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 の音, 降れば

▼ 思い面白く~ (2, 0.0%)

1 さながらなれない, 感じた

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 に残る, を地

▼ 思い~ (2, 0.0%)

1 を思う, を済ませる

▼ 思い駅前~ (2, 0.0%)

1 にあった, の花野

▼1* [1679件]

思いあうよりもまず, 思いあがった冷めたさである, 思いあがりだぞそいつ, 思いあがりでなくて何, 思いあきらめた表情を, 思いあくがれている, 思いあくまで命の, 思いあくまでも和女が, 思いあぐねたように, 思いあぐんでぼんやり室, 思いあしたの晴朗, 思いあそばしてこっそり, 思いあそばしますとあなたさま, 思いあたかも枕さがし, 思いあちこち尋ねまわって, 思いあなた方もこの, 思いあまねくたずねけるに, 思いあまりにも明快, 思いあまり人の寄っ, 思いあやまりかと諸説, 思いあやまりでかの若き, 思いあらしむると云う, 思いあらしめ又内地雑居, 思いあれこれと過ぎた, 思いあわして武男, 思いあわしたが新, 思いあんなふうに万事を, 思いいい加減にあしらっ, 思いいかさま人など, 思いいかに想っても, 思いいくらか滑稽, 思いいざといえ, 思いいたずらに過ごし参らせ, 思いいたずらに若い血, 思いいたらぬこと, 思いいちいちその下, 思いいったいこれは, 思いいつの間にか人は, 思いいまだ童貞である, 思いいまだに気に, 思いいまや一身に, 思いいまわしく思う, 思いいやでありますが, 思いいらいらして, 思いしろから静か, 思いうかぶのは, 思いうちにあっ, 思いうっかり在りかを, 思いうっとりして, 思いうつくしさに, 思いうまくペテンに, 思いうらやましく思いながら, 思いうららかなる, 思いうれしい一生懸命な, 思いおいでやすという, 思いおいおいと声, 思いおうかがいした, 思いおかしくも思った, 思いおそらくは数字が, 思いおそろしいとも思った, 思いおととい通った道順, 思いおのれのあくせく, 思いおふくろと思っ, 思いおまけにその, 思いおよぼしたことは, 思いおれど一同, 思いお前居留地三号の二番, 思いお前達の身の上, 思いお嬢様の事, 思いお尋ね者の身の上, 思いお座敷の帰り, 思いお待ち願います, 思いかいどう云う, 思いかかる私欲の, 思いかしらないけれど, 思いかたで, 思いかたがた入御覧候, 思いかっとなりながら, 思いかで籠って, 思いかの年かさなる, 思いからでも雪子が, 思いからの死が, 思いかれこれして, 思いがたがたハンド, 思いがまんをした, 思いがらがらッどす, 思いきっと不満を, 思いきっぱりした口調, 思いきょう大きい眼玉, 思いきょろきょろ捜して, 思いきようだい思いである, 思いきらいと思う, 思いきわめたというよう, 思いきわめてやがて関東へと, 思いくだすって今後, 思いくちおしくも思っ, 思いくらしていた, 思いくらべたのだった, 思いくるしく泣き泣き巡礼, 思いくわしく事情を, 思いぐいと肩に, 思いぐらいはあっても, 思いけっきょくたいして利口なやつ, 思いけるおり又廿五六, 思いけん往きて寝, 思いげんこをかためる, 思いこうした接触が, 思いこうして機会を, 思いこそはアルバイトし, 思いこっちも負けず, 思いことごとに意地, 思いこのごろは毎日そこ, 思いこの間の梅園, 思いこれ此の通り廿五両, 思いこわいと思い, 思い先祖の, 思いさらせめ, 思いさかんな祝宴, 思いさせたり惨め, 思いさせられつづけたのです, 思いさせられるなんか僕ごめん, 思いさだめざらんは口惜し, 思いさっぱ船にのっ, 思いさてこそその, 思いさまざま工夫して, 思いさま両手を伸ばし, 思いさむらいの, 思いさわる事あれ, 思いざつくばらんに消息を伝えた, 思いざま叩いた, 思いしいしい一歩一歩あ, 思いしかしてかくまでに, 思いしごとく姿は, 思いしずかに襖, 思いしたがって先祖と, 思いしっかりとだきしめ, 思いしばらくじっとして, 思いしまいにはお, 思いしみたりけむ, 思いしようのない, 思いしらしてやろう, 思いじゃあないかい, 思いすがりつかんばかりに, 思いすぐさま追いかけましたよ, 思いすっかり睡気, 思いすてて塵芥, 思いすてし命を, 思いすでに船長が, 思いすばやく薫は, 思いすべて自分の体験, 思いすみませんが段々, 思いすら誘われて, 思いするらしく首を, 思いすれば, 思いずっとお目にかからないで, 思いずぶ濡れになっ, 思いずーっと開けると, 思いせいぜい独立する, 思いせまい通路を, 思いせまった娘の, 思いぜひ私に, 思いそうした式も, 思いそうしてその霜, 思いそうっと水引を, 思いそして又実際奇妙, 思いそぞろに感慨深く, 思いそちこちに, 思いそつと彼, 思いそのうち又変るに, 思いそのものが大小, 思いその後くらやみの中, 思いその後用事のある, 思いそめましたなれど憎い, 思いそれだけのこと, 思いそれではと言っ, 思いそれでも歩いた, 思いそれでもなおそのまま我慢, 思いそれならほかの, 思いそれにしてもなぜ働かない, 思いそれほど研究熱心なら, 思いそれらの秘密, 思いたいのん, 思いたえてふり向く, 思いたがえたか物々しゅう, 思いただこうして人を, 思いただただ面白かった, 思いただちに捕らえて, 思いただ今院中の, 思いたったわれわれ三人じゃ, 思いたって女を, 思いたってのねがいおきき届け, 思いたとい如何に, 思いたとえ殿は, 思いたのもしき人々と, 思いたまいて伯父, 思いたまえ余の車, 思いたまたま病気に, 思いためらう心配事について, 思いだいたいそのよう, 思いだから安く売ろう, 思いだけでもおささやきしたい, 思いだけに心を, 思いだけを紙に, 思いだったら私は, 思いだめですよ, 思いだれでも云う, 思いだんだん悲しくなる, 思いだ帰ってからも路, 思いちかごろはだ, 思いちがえた女車掌は, 思いちげえだ, 思いちゃんとその仕度, 思いちょうど折よく, 思いちよつと小生, 思いちりぢりに, 思いったらなかった, 思いついぞ読んで, 思いついでながらこれ, 思いつかつかと近, 思いつくづく鳥などという, 思いつづくるに, 思いつとめて平静を, 思いつよい感動に, 思いつれづれを感じ, 思いづきとんとん錦祥女, 思いであったろうか, 思いであれど今目, 思いでございましたろうがことに, 思いでござるなははははは, 思いでござんしょうがめかけ, 思いでしてね兄, 思いでしかかけないという, 思いですやろけど僕, 思いでとして一度は, 思いでにあれが, 思いとか云う優雅, 思いとく子に贖罪的, 思いとげて見せる, 思いとげたがこの, 思いとして非概念的, 思いとしてばかりでは, 思いとでは余りにも, 思いとともに日本の, 思いとにかく騾を, 思いとまるまいおれは, 思いとまれ丹三郎おまえは, 思いとまろうよ, 思いともかくも一発, 思いとりたもうな, 思いとをして, 思いとんび岩は来る, 思いと共に三界万霊などという, 思いどおり兵士をつくりあげる, 思いどおり城が陥ちた, 思いどおり実現された, 思いどおり素直に行かない, 思いどおり自分も満足, 思いどのような, 思いどんなに貴重な, 思いなあになんでもない, 思いなおも続くかぎり, 思いなおもじっと二人を, 思いなお又御友人, 思いながらからっぽうの, 思いながらにともかくも, 思いながらもてだてに, 思いながらもやッぱり惚れ込ん, 思いなさらんようです, 思いなさりますの, 思いなすったら御自分, 思いなぞした, 思いなったでしょうね, 思いなつかしい思いを, 思いなつかしくもう一度逢っ, 思いなどは少しも, 思いなにを考え, 思いなりしならんに, 思いなりにさせて, 思いなるたけ顔を, 思いなるべく簡潔な, 思いなんかというものは, 思いなんぞしなくっても, 思いなんぞはなく進入, 思いなんとかして, 思いなんとなくぐずぐずして, 思いにくかった, 思いにつれ口に, 思いにのみ襲われそうして, 思いにばかり訪れられましてね, 思いにわかに心が, 思いにんじんはうれしく, 思いに対して冷酷な, 思いねえ聖天山の, 思いねたましがった, 思いのそのそと戦, 思いのちにはその, 思いはかなんだ日の, 思いはがゆくも思った, 思いはじめになりました, 思いはっと心を, 思いははるる身, 思いはりまっかそらそう, 思いはるかに南洋万里, 思いはれしまへんか, 思いしないと, 思いばくろ町まで跟, 思いばっかりして, 思いひとえに後より, 思いひとかたならぬ愛, 思いひとたびその水, 思いひとりでにそう行動します, 思いひとり決めではなやか, 思いひどく泣いて, 思いひょっとすると, 思いひょっとしたら自分は, 思いびとを家に入れ, 思いふけってしまう, 思いふけった夜が, 思いふけり悪い予感, 思いふるい記憶を, 思いふわふわとびまわりながら, 思いべつに気にも, 思いぼんやりと歩い, 思いぽかっと急流の, 思いまして細かに, 思いまじめな返事, 思いまたもう遠い遠い過ぎた, 思いまっすぐに立っ, 思いまでが蒸し暑い大気, 思いまでも察せられまして, 思いまよったすえひきだし, 思いまるで自分が, 思いまれに泳ぐ, 思いまわしを不快, 思いまわせば七年以来, 思いまわりを見廻した, 思いまア何と蚊, 思いみずから衣食住の実際, 思いみだれたアゲクだいたい, 思いみるみる赧く, 思いみんな必要よりも鄭重, 思いむなしく旅館に, 思いめでたい感じで, 思いもうゆっくりと肚, 思いもう一度よく見て, 思いもっともそれを, 思いもっぱら眉間と, 思いもはや諸国の, 思いゃ大阪を目, 思いやすいのだ, 思いやたらに玉石, 思いやつれた容姿は, 思いややともすると遅れがちに, 思いやらに堪えかねて, 思いやるせなくてたまらなかっ, 思いゆんべ宵の口の五ツ半ごろここ, 思い高まりて, 思いよいおりでも, 思いようやく回復した, 思いよかったと, 思いよくよく取り調べて, 思いよしその儀, 思いよしよしいまは, 思いよったんや, 思いよらざる社会的影響を, 思いよりがないらしい, 思いよりて投法を, 思いよりのまま試みに, 思いよりはなさけなく腹立たしさ, 思いよろこばしく思う, 思いらしい一途さは, 思いりこうな, 思いわたしたちの生活, 思いわび給い間遠, 思いわるくありません, 思いわれわれの大通り, 思いをと云うから, 思いをなさりたいの, 思いをのぶる便り, 思いアメリカ人をよい, 思いアレが思い, 思いアーダにそれ, 思いイヤ見ようと, 思いイヤ余の方, 思いイ者は例, 思いウナで電報, 思いエスさんに尋ね, 思いエルサレムまで行く, 思いオットーは決して, 思いオヤジを憎んだ, 思いカタカタ揺り動く壺, 思いカフェーへ出かけ, 思いカンカン寅の, 思いクラバックのいかにも, 思いグッと手, 思いケセネギツの中, 思いシェーン・ブッフ・ワルデルの遊歩場, 思いジイドがフランス人, 思いジュウタンをしい, 思いスタンドつけたまま, 思いストーヴの前, 思いズッと心, 思いソッと拾いあげた, 思いソーニャはどんな, 思いゾッと背筋を, 思いッきり押しあける, 思いッきり手帳をとおく, 思いッこなしにしよう, 思いッ切り片側に傾い, 思いッ切り疵を付ける, 思い見ると, 思いトラック小屋に帰っ, 思いドアを開けよう, 思いドウしても, 思いナニ彼が何, 思いヌタナマスを食いぬる, 思いネクタイの歪み, 思いノメノメと安楽椅子, 思いハッと身構え, 思いハツコウといえ, 思いハリーとエドナ, 思いハンドルをぐるぐる, 思いピンセットを出し, 思いベッドから這いだし, 思いベラン氏の引立てる, 思いベルリンから持ち込んだ, 思いホールはお, 思いボルドオから岸本, 思いマイクのスイッチ, 思いマコーレーの文, 思いマダムについて部屋, 思いマドレーヌに打ち勝とう, 思いマネージャーのルサルディ, 思いメリンスの袷, 思いメルバかカルーソー, 思いラインだの, 思いリュックサックを背負っ, 思いワンといっ, 思い一たん人生の晩節, 思い一つ一つの指, 思い一つ家があり, 思い一ぱい瞳をさだめ, 思い一ぷく煙草を喫, 思い一世を深く, 思い一休の方, 思い一倍苦しうございました, 思い一刀の下, 思い一刻も早く, 思い一命を賭し, 思い一夕鼠を隠し持ち行き, 思い一夜あるじへわが, 思い一夜主人が, 思い一子武重に歌, 思い一安心したこと, 思い一家の柱, 思い一寸と君, 思い一対の弓矢, 思い一尾の鮎, 思い一年間神田錦町の小さな, 思い一度ここに至る, 思い一座白け渡りました, 思い一所けんめいに階段, 思い一日も早く, 思い一時海亡魂の評判, 思い一木一草すら懐しく, 思い一歩一歩用意深く前, 思い一物を猟, 思い一生けんめい見るが, 思い一生世間を睨め付け, 思い一番おおきいりんご, 思い一種の戦慄, 思い一組として扱われたい, 思い一輪の花, 思い一通りその手続き, 思い一進一退これを決断, 思い一部屋に泊り, 思い一面にはそういう, 思い丁坊は非常, 思い丁寧に取り扱いました, 思い七日と思い, 思い七日借銭にてこの, 思い三千円だと, 思い三木に訊いた, 思い三河以来御懇意, 思い三浦のところ, 思い三道よりする, 思い三里あまりの道, 思いがッ, 思い上った燃えるような, 思い上り得る所以でも, 思い上州の方, 思い上杉勢の旗本, 思い上衣をひっかけ, 思い下らなく世間的に, 思い下座の方, 思い不孝をわびる, 思い不平も何, 思い不心得ながら食指, 思い不愉快から次第に, 思い不意に私, 思い不躾けと知り, 思い不軌を謀る, 思いは顔形, 思いを避け, 思い世に亡い, 思い世の中はことごとく, 思い世界は一つ, 思い世間並に考えれ, 思い両手のなか, 思い中る節や, 思い中川家再興の重任, 思いのまま, 思い丸尾はそのまま, 思い丸山勇仙ですらが意外, 思い主人学の修業, 思い主家を憂い, 思い久しぶりだな, 思い久し振りに会う, 思い久太郎は吃音, 思い久慈もいよいよ, 思い乍らいつか人形に操られ, 思い乍らこれをかきはじめます, 思い乍ら吉祥寺前の家, 思い乍ら唐黍畑の傍, 思い乍ら毎日しかも日, 思い乍ら氏の書斎, 思い乍ら水禽小屋の前, 思い乍ら洞穴の方, 思い乍ら窓から覗いた, 思い乍ら部屋へ帰った, 思い乍ら雪をはらっ, 思い乍ら頓に失望, 思い乍ら鳴海司郎はかくし, 思い乍ら麦を拾っ, 思い九州山陽の遠征軍, 思いのみ子, 思いねて, 思い予試みにミナ, 思い事件がこんな, 思い事実において敵, 思い事実そうだろう, 思い二ヶ条の事柄, 思い二三日の間, 思い二人がかりで綴じ, 思い二十九歳のとき, 思い二十二の時, 思い二十余年既に予, 思い二重にうれしい, 思い二階のお客, 思い些か残念とも, 思い亡き良人に対しては, 思い交代兵が来, 思い京大の哲学科, 思い人ごみの中, 思い人世とはそんな, 思い人京弥でした, 思い人大島弥三郎めをご, 思い人影の見える, 思い人思い雛に愛し祭り, 思い人物の年輩, 思い人生の涯, 思い人霧島京弥です, 思いく元気, 思い今さらに驚き, 思い今にだんだん大きな樹蔭, 思い今夜ソッと忍び込み, 思い今宵伊豆守の邸, 思い今母が何一つ, 思い仏教徒として特に, 思い入部その他多数の, 思い仕事そのものの点, 思い他所へ立ち去る, 思い他日天下の分け前, 思い他面感謝をしたくなった, 思い代金を払っ, 思いてとかく, 思い以上と言っ, 思い伊香保に遊べる, 思い会社の係長さん, 思い伝え得るのだ, 思い位階は金銭, 思い馴れた家, 思い佐太郎とまさ, 思い佐川から西南地方, 思いを少し, 思い体じゅうの血, 思い体裁の悪, 思い何だか寂しい気, 思い何だかいろいろ感じながら, 思い何とも言って, 思い何処か河, 思い何分ともよろしく, 思い何年かの前, 思い何度その苦痛感, 思い何気ない風を, 思い何気なく立ち上って, 思い何物にも蹂, 思い佗び涙に暮れ, 思い余つてたずねて, 思い余つて僕の処, 思い余り嬉しうございます, 思い余り音のせぬ, 思い余念なく孝行, 思い作者自身の身辺, 思いの如く, 思い侍従はすぐ, 思い侘びている, 思いに加え, 思い係以外のところ, 思いに更, 思いながら高僧, 思い保子との約束, 思い信吉は牛乳瓶, 思いの専助, 思い候えば父母様, 思い候ものにやその, 思い候主人の用, 思いして, 思い倫敦を発つ, 思い做しばかりではない, 思い做すかも知れない, 思い做そうとし, 思いによってよく改めて, 思い傲慢な態度, 思いに故国, 思いは虹, 思い儲けのあまり, 思い元々かの本殿, 思い兄者人に好意, 思い充実しない感じ, 思いを急い, 思い先々代の姪, 思い先代吉左衛門から譲られた, 思い先任参謀のほう, 思い光秀のきんか頭, 思いッた, 思い入って急所, 思い入り恥辱を与え, 思い入ると大きい黒い, 思い入れて磨い, 思い入水致して, 思い全力を挙げ, 思い八角に削った, 思い六十三歳の老齢, 思い兵部卿の宮, 思い其処に何, 思い其息子が甘藷, 思い内記と話, 思い再度桂子と, 思いとしたよろこび, 思い凶事の前兆予告, 思い出しの御, 思い出入の者, 思い出来事も昨夜, 思い出語りをいたす, 思いがねの火花, 思いです, 思い切なかった, 思い切角無理を重ね作った, 思い御小刀, 思い初めぼんやりとして後姿, 思い初瀬の観音様, 思い別に怪しみも, 思い利口だと, 思い利得を見, 思い到らないわけに, 思い到底彼女と, 思いよりやさしく, 思い前後のゆく, 思い剣術道具釣竿の外, 思い力自慢のまま, 思い劣りされるほどの無, 思い努力して, 思いれるばかり, 思いを鼓, 思い勇敢にもひとり, 思い勇齋の門辺, 思い勝則は良子, 思い募るので, 思い匂宮の御殿, 思い包みをちんまり, 思い包み紙一つにも心して, 思い化け物の所業, 思い医局の前, 思い医術にかけてはエライところ, 思い十五六間も後, 思い十円札を出す, 思い十分警戒して, 思い十数人の子分, 思い十日余りも続く, 思い十蔵早くせよ, 思い午前二時に起き, 思い午後の四時, 思い午後四時四十分発の急行, 思い半日の自分, 思い卑劣の所行, 思い博士の言われる, 思い占めながら気, 思い危険な線, 思いて苦労, 思い却つて金魚を釣る, 思い原稿紙を出した, 思い厳酷の父, 思い去り思い来る, 思い参考のノート, 思い又一は自警, 思い又五郎が買い物, 思い又市も油断, 思い及び腰で立っ, 思いはわが, 思い双方のため, 思い反えすと, 思い反ってまた, 思い叔父に其の, 思い取りしかばしばしば, 思い取り込みにいった, 思い取り返しのつかない, 思い取るのも, 思い只がつがつと見た, 思い叫喚と云っ, 思い召使が入っ, 思い可哀そうでならぬ, 思い可愛相にと思っ, 思いのよう, 思い右大将は天才, 思い各国がここ, 思い合せば原因, 思い吉良兵曹長の眼, 思い同勢を集め, 思い同国和気郡大字板根と云う, 思い同時に日ごろの念願, 思い名指しで山口屋, 思い吐息をつく, 思い向きなおった, 思い向こうへ追っかけ, 思い向こう側の屏風, 思いに逢っ, 思い吾妻橋を渡っ, 思い吾輩は即座, 思い呆然としてわが身, 思い呉羽之介, 思い告白し新しく, 思い周囲のうつり, 思いったの, 思い味気ない思い, 思い呼吸が空, 思いを賭け, 思い咄嗟にその, 思い咒語の意味, 思い咲耶子をしのび, 思い哀れに思い出される, 思いを灼く, 思い唐詩選の中, 思い小声で, 思い問いをくり返し, 思いの極致, 思い善心に立ち, 思いの渇, 思い喧嘩はしない, 思い嘆息しました, 思い嘲笑もし, 思い四方を見回し, 思い団十郎が井侯, 思い図画の先生, 思い国男と二人, 思い土産に持ち帰った, 思い地上に座し, 思い城下まで来る, 思い城太郎のこと, 思い堀割の岸づたいに, 思い堪えている, 思い報告は後日, 思い堺屋へ乗りこん, 思い境遇に甘んじ, 思い墓場は死骸, 思い声慄わしながら, 思い変話機を出し, 思いとは云い, 思い夕べとなれ, 思い外人のピエール, 思い外伝に云いつけ, 思い外国から来る, 思い多く暮して, 思い多助が他国, 思い夜明けに帰った, 思い夜毎に, 思いであれかし, 思い夢中で枯れた草むら, 思い大和がなつかしく, 思い大変多くのこと, 思い大変学問が進んだ, 思い大将軍大政治家, 思い大村君を介し, 思い大騒ぎをし, 思いにたいしては天, 思い天一坊の余り, 思い天地を望み, 思い天然の誠, 思い夫人は初め, 思い夫婦間のこと, 思い失望した, 思い奉公に置い, 思い奉行の床几, 思いの間, 思い奥年寄の老女, 思い奥様のお, 思い奮進して, 思い女二の宮, 思い女将スミ子が起し, 思い女弥生のこと, 思い女性の感傷, 思い女房たちは残念, 思い如何にも心苦しい一寸, 思いと金起, 思い始めはマヘボ, 思い始めて疑いを, 思い始終忘れぬよう, 思いと二人, 思いに対しては損, 思い嬉しいとも思いました, 思い嬉しかった, 思い子供たちの話, 思い子供達は気味, 思い存分事務長の無礼, 思い存分大胆にかなでられる, 思い存分胸をすかし, 思い存分自分をもてあそべ, 思い存分頸を延ばし, 思い存分髪を洗った, 思い孝助より先, 思い孝行す可, 思い孤独地獄の苦悩, 思い学問をする, 思い宇治の女王たち, 思い宗太を通してさらに, 思い官武一途はもとより, 思いむるよし心中に, 思い定めましたそれが, 思い実地見聞の必要, 思い実物はこの, 思い実際に行なうべからざる, 思い去っては, 思い室中を見廻し, 思い宮本竹蔵先生の方, 思い家庭でもやっ, 思い宿やか, 思い寂しくも思った, 思い寄らずあなたの, 思い寄らないような, 思い寄らぬ争闘が, 思い寄宿舎からは電車, 思いの建築, 思い対人関係に深く, 思い寿江子にもその, 思い射撃を受け, 思い将来太郎のため, 思い提灯を, 思い小さな櫛など, 思い小倉までたどり, 思い小僧の使, 思い小声になり, 思い小官も大官, 思い小林多喜二の不幸, 思い小石を岩石, 思い小説形式の可能性, 思い少々は無理, 思い少将がくつろい, 思い少年はみずから, 思い就中婦女子はそれ, 思いに尾, 思いたりき, 思い居たるが如く, 思い居所を探した, 思い居残りを決行, 思い屈した沈んだ憂わしげな, 思い屈し千々に乱れ, 思い屈するような, 思い屈辱感のため, 思い屈辱感憎悪と悲しみ, 思い山三郎媒介いたして, 思い山城摂津方面のうごき, 思い山本のあり, 思い山荘の中, 思い屹度一ト月位は大丈夫, 思い岩倉精神病院へ二, 思い岸本は一ト思い, 思い川久保を思う, 思いの目, 思い左側に竝ん, 思い左近少将が軽蔑, 思い差別ある待遇, 思いれの, 思いへ売り, 思い帆村にはなす, 思い帰りがけにそれとなく, 思い帰京後も手, 思い帰朝後長々蛙類, 思い平伏するほど, 思い平常教えを, 思い平日は午後七時閉店, 思い平気で聞き流す, 思いにみち, 思い幸不幸の分れ, 思い幽霊火と申し, 思い幾たびも兄, 思い幾度か文, 思いを撫で, 思いを改造, 思いいので, 思い座間の怪奇, 思い庭園のあちらこちら, 思い康子の方, 思い廊下をあちこち, 思い建築費を節減, 思い廻し一人で思う, 思い廻り道をし, 思い引上げようとする, 思い弟子たちも言っ, 思い之丞, 思い強い敵を, 思いッて, 思い当たりがご, 思い当人もまた, 思い当惑したよう, 思い当惑そうに, 思い当時宮内庁要路の人々, 思い当時随行部下の諸, 思い当然それを, 思い彦太に注意, 思い彦太郎は酔, 思い役人の手前, 思い役目の外, 思い彼女自身も一層, 思い彼等に何, 思いて見る, 思い後ろ姿が似, 思い徐々次の室, 思いに遺憾, 思い従って神代の, 思い従来の方針, 思い御徒町に開業, 思い御成街道の錺屋, 思い御馳走をしてやろう, 思い微笑をし, 思い徹底的に取調べられる, 思い徹頭徹尾固くこれ, 思い心から感謝した, 思い心当りの家々, 思い心窃に倅進, 思い心細がって, 思い心臓をどきどき, 思い心苦しく思いながらも, 思い必ず西方に, 思い志賀さんなんかも返事, 思い忘れていた, 思いよき智, 思いを押し, 思い怖い声で, 思い思い身体を起した, 思い思って五日, 思い思われていれ, 思い思案にあまっ, 思い思議すべきこと, 思い急足に半, 思い怪人丸木のよう, 思いえて聞い, 思い恋し愛して, 思い恋しい心を, 思い恍惚した, 思い恐るべき警官が, 思い恐る恐るその旨, 思い恐れ恐れ夜回りをする, 思い恐ろしいほど異性, 思いを忍ん, 思い恥しいことが, 思い恥ずかしいとも聞かれる, 思い恥ずかしくは思った, 思い恥辱と考え, 思い恨めしそうに, 思い恨めしくも思っ, 思いをこらし, 思い恰も一念こ, 思い悔恨に堪えず, 思い悠々と白き, 思い患うほど心, 思い悪いこととは, 思い悪しと思う, 思い悪事にお, 思い悪口ばかり吐く, 思い悪寒が身, 思い悲しがって, 思い悲しい気が, 思い悲んだほど, 思い悲劇が起るなら, 思い悲惨になった, 思い惑うた末先の, 思い惑ってたに違い, 思い惑ってるような, 思いるること, 思い惨めにも自分, 思い想像もされる, 思い意中すでに呉, 思い愛していらした, 思い愛しみを遺す, 思い愛国の情, 思い愛情の最高表現, 思い感慨きわまりなく, 思い感極って熱い, 思い態度は恭しく, 思い慎重にコップ, 思い慕うことを, 思い慕うたというの, 思い慰めてもろ, 思い憎からずも, 思い憧れたせいかも, 思い懊惱の果, 思い懐しい思いを, 思い懐手を出す, 思い成さると間違います, 思い我らは今一度姫, 思い或いは居眠りを, 思い戦後の選挙, 思い戸口を開け, 思い戸隙より内, 思い所感の一端, 思い所詮はこんな, 思いに耳, 思い手もとでいろいろ, 思い手拭をかむった, 思い手蔓を求め, 思い手近の辞書類, 思い手頃の板子, 思い承諾して, 思い把手を握っ, 思い折々みて, 思い抜き足で近, 思い戴いて, 思い拙者金三郎の身代わり, 思いを固め, 思いで弾き, 思い按摩の笛, 思い捕吏が罪人, 思い捨つる上は口きく, 思い掘り出しに出かけ, 思い推古天皇の御, 思い支那の故事, 思い支那服を一着, 思い攻守同盟の約, 思い政治上の力量, 思いと余, 思い故人の宮, 思い敢えてやり過して, 思い散々泣いたという, 思い散髪屋に駈けつけた, 思い数年前から十年以上教務, 思い数年来金子を溜め, 思い数年間執念に戦, 思い敵討ちの成就, 思い文字を落し, 思い文学の仕事, 思い文芸倶楽部をよむ, 思い文芸春秋社へ行き, 思い断えつさればとて, 思い断ち得てしかし, 思い断りのわるい, 思い断ッた, 思い断念して, 思い斯人に談話, 思いらしい意気ごみ, 思い新子がこの, 思い新法を立て, 思い新聞を声, 思い新邸にその, 思い新鮮なよろこびが, 思いは考えようで, 思い方々と適当, 思いの一興, 思い旅先から再度, 思い旅寓に投じ, 思い旅装束のまま, 思い既成の部分, 思い日々に新し, 思い日曜日に東京, 思い日露戦争は柔道, 思い日頃信心気のない, 思い昂った慾望に, 思いかに我が, 思い明け暮れ夫人は姫君, 思い明らかに之, 思い明日墓場へ埋め, 思いは随分, 思い昨夜九時前に眠り, 思い昨夜来谷町九丁目の家, 思い昨年の八月三日, 思い昭和三年初めて降誕会, 思いから胸, 思い是非胸中にたたかっ, 思い晁蓋や呉用, 思いを計っ, 思い時としては其, 思い時にはこんな, 思い時計を見る, 思い時間の経つ, 思い晋太郎を仏間, 思い智馬を召す, 思いがあれ, 思い暖かくなれば, 思い暗い幌蔭で, 思い暫く考えたが, 思い書家でも画家, 思い書庫へ行っ, 思い書物にもそう, 思い最初に娘, 思い最後まで飛躍, 思い最早自分の, 思い最近の仕事, 思い月日の長く, 思い之候, 思い服役中過ごした南満, 思い服従いたします, 思い望みをかけるでしょう, 思い朝夕の万事, 思い朝霞にかわっ, 思い木立深い公園, 思い木賀がやっと, 思い未来の妻, 思いの表紙, 思い本当にきくの, 思い本田の性格, 思い朱雀院をお, 思い材料を見る, 思い村びとたちの話, 思い東海道五十三次の昔, 思い東野の傍, 思い板戸に馬, 思い枕もとの電燈, 思いの樹木越し, 思い林田にひそか, 思い代議士が, 思い染めたのは, 思いい砂, 思い柔らかな手, 思い栄三郎もまた, 思い校長の村岡某, 思い格別怪しむよう, 思い格子のところ, 思いに腰, 思い桔梗屋では別に, 思いの中, 思い梅が枝に囀, 思い棄つるようになり, 思い棄てて更に, 思いを握った, 思いから空, 思い森林の側, 思いの中, 思い検査台で荷物, 思いったとき, 思い極まっていわん, 思い極まった顔を, 思い極め松千代を伴っ, 思い極力事を, 思いに満, 思い楽しみに楽しみ, 思い楽屋に駆け込ん, 思いけぬ, 思いがない, 思い様子を聞きます, 思いの袂, 思い機会があったら, 思い機関大尉の出, 思い次兄を苦労, 思い次第の所, 思い次第に力の, 思い次郎の葉書, 思い欧羅巴へ来, 思いもう, 思いくと, 思い止まり遊ばすよう私から, 思い止みがたきもの, 思い正しいことを, 思い正面切って, 思いのお, 思い此一本を鉄瓶, 思い此所を降り初めた, 思い此方へ向い, 思い武家の神, 思い歩道の上, 思いをくいしばっ, 思い歳末号までにこの, 思い死もの狂いで噛みつい, 思い死体を見る, 思い死後にも今日, 思い殆ど一時近くまでじっと, 思い殊にお前さんは, 思い残せしことなかりけり, 思い段々噂が, 思い殿にはなんとも, 思い母子諸共非道に多助, 思い母親はこれ, 思い毎日の本読み, 思いの薄い, 思いの述懐, 思いを思う, 思い民主主義という, 思い民衆の余裕, 思い気分までも悪く, 思い気味悪るう思いそして, 思い気塞ぎとであった, 思い気安くも感じた, 思い気心の判らぬ, 思いを見, 思い水色エナメルの丸く, 思い永禪和尚と声, 思いない身体, 思い汝たちには来る, 思い汝ら思うまま, 思い決し悲痛な, 思い決めて今, 思い決死の覚後, 思い沈みながら丁寧, 思い沈めて考える, 思い沈痛な面持, 思い沢山の草稿, 思い法師の部屋, 思い泛べた側臣もあった, 思い泛べた絵の方, 思い泛べた表現を借り, 思い泣声を振り立て, 思い注射が直すだろう, 思い注意しなければ, 思い洗煉をかさねた, 思い洞窟への入口, 思い流儀の大事, 思い流星の落ちた, 思い浅く恋した訳, 思い浅吉も, 思い之助, 思い浮かんだものであった, 思い浮ばなかったのでつい, 思い浮べてるうちに, 思い浮べましたが春信画中, 思い浮べ上げぬことはござりませんでした, 思い浮んで来た, 思い浮んだままに, 思い浮舟の異父弟, 思い海上にあれ, 思い海上数里の先, 思い海水をくん, 思い浸ることが, 思い消息の絶え果てた, 思い淋しいあわれ, 思い淋しくなった, 思い淋しくつまらなく夜いつまでも, 思い深い奥床しい感激が, 思い深まるに連れ, 思い清く私の, 思い清十郎の実力, 思い湯漬を共に, 思い満ち溢れて, 思い満身冷汗を浮かべ, 思い源一も自分, 思い漠然とした反撥心, 思いくるしさ, 思い火山の作用, 思い火星人には絶対, 思いのほう, 思い炭火をおこし, 思い烏賊や鰕, 思い無げなる, 思い無事に助かっ, 思い無常を観じ, 思い無惨な若い, 思い無限の思い, 思い焦れて枕, 思い焼場で卒倒, 思い煩らうのである, 思い煩悶を忘れん, 思い熱心に近づく, 思い燐燧の箱, 思い爾来大いに尊敬の, 思い片時も忘れ去る, 思い片道八キロを自転車, 思い物憂く思いながら, 思い特に西洋へ, 思いに左右, 思い狐狸天狗の所為, 思い狙いたるに狐, 思い独り悩みて, 思い独り書斎へ忍び込ん, 思い独り笑いをもらし, 思い独り自ら憂慮に沈み, 思い能く, 思い獄中にあり, 思い獅子身中の虫, 思い獣類の走る, 思いの厩, 思い現に必要な, 思い現在を慮り, 思い現在あなたを取巻く, 思い理想的な貴人, 思い瓦斯のところ, 思い甘きを食っ, 思い生かしては苦しい, 思い生きた心は, 思い生れ出る支度, 思い生垣に添う, 思いがあっ, 思い用心しいしい頭, 思い申し上げて居る, 思い男性の力, 思いかどで, 思い留まってくれ給え, 思い留まらないときまった, 思い留らせるわけにも, 思い留る事と, 思い留守中を幸い, 思い留守中何ういう, 思い畢竟廓での, 思い番付も取っ, 思い當らざるを得なかった, 思い疑わんが決してそう, 思い病室を思い浮かべ, 思い病院へ行かず, 思い痛いような, 思い痛みもない, 思い発病の時, 思い発願入定して, 思い白泡のずぶずぶ, 思い白洲に出る, 思い白鬚橋を橋場, 思い益々世辞沢山に, 思い盛衰興亡とは廻された, 思い盤石の上, 思い盤面に向かい始めし, 思い目がけている, 思い目方を計っ, 思い直おすかも, 思い直ぐに引っ返そう, 思い直に連れて, 思い相撲は附け, 思い相談したこと, 思い逆に, 思い真実を尽した, 思い真心を以てお, 思い真木柱の姫君, 思い真理のある, 思いを凝らし, 思い眺めて半分異国, 思い着いて我が, 思い着手して, 思いの熱く, 思い短い挨拶の, 思い石ころをつかむ, 思い石川光明さんその他三, 思い石庭の与える, 思い石油を飲んだ, 思い破損のひどい, 思い確かにうまい, 思い確定後五年間の生かされ, 思い磁歪試驗を繼續, 思い礼吉は貰う, 思い祖国のため, 思い祖母上と庭, 思いの救い, 思い神様に祈っ, 思い神田君もまた, 思い祟めて跪き, 思い私たちの生活, 思い私どもは松山附近, 思い私共も思っ, 思い私宅へ戻っ, 思いもねえ, 思いっていた, 思い穏やかな気持ち, 思い空しい廃人と, 思い空想を描き, 思い空腹を覚え出し, 思い突然に五八, 思いと後, 思い立てた仕事では, 思い童話の詩材, 思い筑前どのの苦衷, 思い箪笥の引出し, 思い節子が最近, 思い籠めたよう, 思い米友さんも騒々しい, 思い粗末には扱わなかった, 思いをあげる, 思い紅色と金色, 思い紙衣の皺, 思い紺屋に頼ん, 思いせぬ時, 思い終に述懐書に, 思い終夜うと, 思い終戦という, 思い結婚の夕べ, 思い給え今や小, 思い給ふらんと人々上座, 思い絶世の美人, 思い綾瀬川の渡口, 思い緊張した踏歌, 思い縁側にあがっ, 思い縁側伝いに西, 思い縊首を企て, 思い繃帯を巻い, 思い繰出す槍先, 思い缶詰業界の大, 思い美しかった面影, 思い美術学校へ入学, 思い羨ましくも思った, 思い義雄兄宛に知らせ, 思いの本分, 思い翌日はやく目, 思い翌日雲が出た, 思い翌朝早速隣家, 思いえさせよう, 思い老人の挙動, 思い老舗の薬屋, 思い老若も差別, 思い考えた智慧です, 思い考えるものが, 思いも逃げ場, 思いを欹てる, 思い耽らねばならなかった, 思い耽りながら歩み, 思い耽ると彼女, 思い聊かその望観, 思いをぬい, 思い胡桃沢勘内氏民俗学の篤志家, 思い胸ぐらを取られ, 思い胸部の筋肉, 思い脱獄したわけ, 思い腋の下を抱え, 思い腕前に恐れ, 思いの袋, 思い腹立たしかった, 思いに肱つき, 思い臆病に生れついた, 思い臣下を思いたまい, 思い自ら信じて, 思い自ら電話室へ入ろう, 思い自作の諷刺詩, 思い自分微笑した, 思い自分相応にこれ, 思い自動車ですぐ, 思い自害をいたした, 思い自己欺瞞に陥り, 思い自然に自分, 思い自由に信仰生活, 思い至って愕然と, 思い至らぬ場所に, 思い至るであろう処の, 思い致候此上とも何卒, 思い興味をもった, 思い船橋に出かけよう, 思い良人にも勧められ, 思い良雄をうらむ, 思いを植え, 思い花世を二階, 思い芳子の将来, 思い若くして大人に, 思い苦い涙が, 思い苦しいところの, 思い苦しくも思った, 思い苦痛を訴えたら, 思い苦難の多い, 思い英国では機械学, 思い英国海軍省に対しドーヴァ, 思い茂左衛門に対する百姓たち, 思い茫然として最後, 思い荒っぽい嗚咽が, 思い荒廃はいたさせたくない, 思い荷作りなどをしない, 思い付いて, 思い落しはない, 思い落した要素を, 思い落車すると, 思い葬送の儀式, 思い蒼惶としてまた, 思い蔵前で電車, 思い藤尾の所, 思い蘭文飜訳は易い, 思いをうかがい, 思い虚栄にうながされ, 思い虚言を構え, 思い蚊遣の火, 思い蜀中にある, 思い蜜柑を一箇手, 思い行く先の運命, 思い行動の中心地帯, 思い行手の山路, 思い行脚の旅, 思い街道の片すみ, 思い衛門督の心, 思い衣服を買っ, 思い衣食のこと, 思い表情をやわらげ, 思いを千切り, 思いをつけた, 思い装置を使っ, 思い裏口から逃出, 思い裸身の人人, 思いをあける, 思い襷掛けに成っ, 思い西域の地図, 思い西洋風にポリス, 思い西郷が来る, 思い見えがくれ, 思い見たか聞いた, 思い見ゆるはお, 思い見よ汝自身の, 思い見掛けによらず, 思い見料をおい, 思い覚束ない独逸語, 思い覚淵御房, 思い親しく出張し, 思い角右衞門も仕方, 思い言語は誠実, 思い設計まではし, 思い評価しあう心, 思い詩歌各一首, 思い詰った事情も, 思い詰まった哀傷の, 思い話手の顔, 思い話題をかえる, 思い詳しいお話を, 思い誇りと喜悦, 思い認識が人生, 思い誤り思いあがるの, 思い外国が, 思い諸子を衆, 思い豪華な武家, 思い貞操の問題, 思い財布の銀貨, 思いの辛抱, 思い貪慾に感覚, 思い責任を感じた, 思い貴公の最期, 思い貴方が此, 思い貴重品として将来, 思い贅沢は申しません, 思い赤い膏薬などを, 思い越後の国境い, 思い趙雲子龍も同じ, 思いを近く, 思い足場を段々, 思い足早な若党ひとり先, 思い足音を忍ばせ近寄り行き, 思い跫音を殺し, 思い路地から路地, 思い踏み破ったらこの世から, 思いを回し, 思いに沁みました, 思い身分不相応なえらい, 思い身動きしようと, 思いを出よう, 思いを収めた, 思い軽い胸の, 思い軽卒な思い, 思い軽輩は斉彬, 思い輪講でもしよう, 思いえの, 思い辛い思いを, 思い辛うじて席に, 思い辞職した後, 思い辺りを見廻し, 思い込み上げて来, 思い近くの薬屋, 思い近代における画家, 思い近代劇の一つ, 思いも, 思い迷うたので, 思い迷えるおりから, 思い迷信を呼び起こす, 思い追従と暗中飛躍, 思い追求して, 思い退却の信号, 思い退路の馬上, 思いに不思議, 思い通訳の少年, 思いった顔, 思い遊ばしますかな, 思い遊ばすならやがてそれ, 思い遊びすぎて, 思いぐしますせい, 思い過ちにて追, 思いりて, 思い達也の将来, 思いでと云う, 思い違えたまま安心し, 思い違えでなくばこれ, 思い遙かすニースまではまだこれから, 思い遣らずにいられなかった, 思い遥々任地の, 思い遺書を探しました, 思いてて道路, 思い邪しまなるもの, 思い邪無しである, 思い邪魔は除け, 思い郵便局の仕事, 思い酒力を借り, 思い采女に言いつけ, 思い重三郎に頼ん, 思い重荷をひとつ, 思い金之助もその, 思い金二円ばかり余計, 思い金網に縋っ, 思いを打ち込む, 思い鉄柵の格子, 思いを持っ, 思いを出し, 思いは伏せ, 思い鍵もろとも奪っ, 思い長居は無用, 思い長岡家では彼, 思い門閥の故, 思い閉口して, 思い閑暇な日, 思い間違いをし, 思い阿弥陀仏を讃仰, 思い附いた事があるらしく, 思い附かないので言い出さず, 思い附かれたことなどが, 思い附きであったか, 思い附きでありそうらしい, 思い附きなんです, 思い附きなりに素直, 思い陸軍士官学校を二回, 思い隊員たちに奥, 思い階段を降り, 思い随分不平を, 思いを見, 思い隣室で寝, 思い隣村の地主, 思い雑嚢を肩, 思い雛恋の預かり, 思い雛行く末かけてと, 思い離婚という誠意, 思いんだ, 思いは益々, 思い雪渓に出ずれ, 思いをふむ, 思い電車は闇, 思い青き野を, 思い青二はいく, 思い青木は唇, 思い静かに薫, 思い須川村という処, 思いが赤く, 思い頻りに酒を, 思い頼春のため, 思いの笑靨, 思い顔色は温和, 思い願うものは, 思い風呂敷に包ん, 思い飛び石につまずきつまずき, 思いせば, 思い食物の話, 思い飯倉の方, 思い飯田藩の立場, 思い飴屋を帰し, 思いによく, 思い養父母の死後, 思いをもたげる, 思いを猶も, 思い馬鹿らしいと思ったら, 思い駅員の言葉, 思い駐在所へなぞ, 思い駒ヶ岳の紀行, 思い駒井も大, 思い高輪田に其の, 思いの飛ん, 思い麻の葉ぐるまの, 思い麻布本村町にある, 思い黄昏からお, 思いを塗り置きし, 思い黯然たらざる, 思い龍介は独り