青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

怒~ ~怒っ 怒っ~ ~怒り 怒り~ ~怖 怖~ ~怖い 怖い~ ~思
思~
~思い 思い~ 思いがけない~ ~思いました 思いました~ ~思います 思います~ ~思い出 思い出~ ~思い出し

「思~」 16536, 171ppm, 608位

▼ 思つて~ (6463, 39.1%)

614 ゐる 465 ゐた 239 ゐるの 177 ゐたの 125 ゐると 120 ゐます 98 ゐるん 97 ゐたが 80 居た 68 居る 63 ゐること 55 ゐない, ゐました 51 ゐたん, ゐるが 49 をります 4643 居るの 41 ゐたのに, 居ると 39 見て 37 ゐたので, ゐるうち 35 ゐるので, 居ります 34 見ると 33 居たが 31 ゐたところ 28 ゐなかつた 24 見た 22 ゐたから, ゐるから, をりました 21 いらつし, 居たの 20 ゐるやう 19 ゐて 18 ゐるところ 17 ゐたこと 16 ゐら, ゐるに, ゐるもの, ゐる人 14 はゐない, やしない, ゐるのよ, 居りました 13 ゐても, ゐましたが 12 はいけない, ゐるか, ゐるよ, 居る樣子, 持つて, 見れば 11 た, な, ゐたに, ゐたもの, ゐましたの, ゐますよ, ゐるらしかつ, ゐる事, 居るので 10 よ, ゐたのよ, ゐるのに, ゐるらしい, 待つて, 来ると, 見る 9 ゐないの, ゐながら, ゐましたよ, ゐますと, 居りましたが, 見たが

8 [12件] たが, もそれ, ゐたやう, ゐたわ, 出て, 居たこと, 居たのに, 居たよ, 居たん, 居ます, 居るが, 居るよ

7 [15件] さ, じつと, たの, はゐなかつた, ましたが, るか, ゐたよ, ゐなかつたの, ゐますの, ゐるだけ, ゐる中, をり, 居ない, 居るん, 見ても

6 [25件] いました, たん, はならぬ, はゐた, みて, も, やがる, やつて, やつて來, ゐたところが, ゐた事, ゐた私, ゐますが, ゐません, ゐるだらう, ゐるらしいの, ゐるわ, ゐるんで, ゐる位, ゐる矢先, ゐれば, 居たので, 居ました, 居るもの, 来て

5 [22件] たよ, は居ない, は居なかつた, もその, もゐなかつた, るのに, ゐたか, ゐたし, ゐた時, ゐた男, ゐないが, ゐやがる, ゐるくら, ゐるらしいが, ゐる程, 居て, 居りますが, 居るに, 急いで, 老僧, 考へて, 聞いて

4 [39件] しまつ, す, そのま, たわ, はいけません, は居た, みたり, もこの, もそんな, も見なかつた, やしません, ると, るわ, ゐたあの, ゐたらしい, ゐた矢先, ゐた考, ゐないもの, ゐないやう, ゐましたのに, ゐますから, ゐるし, ゐるその, ゐるで, ゐるんぢ, ゐる内, ゐる樣子, ゐる次第, ゐる者, ネ, 居たところ, 居ないの, 居ながら, 居ましたが, 居れば, 探して, 見た時, 訊くと, 読んで

3 [76件] お光, か, さう, そのこと, そんなこと, たのに, たのよ, た所, のぞいて, はならない, は困る, ました, もさ, も何, も先方, も私, も駄目, よい, るらしいが, る男, ゐたお前, ゐたけれど, ゐたそれ, ゐたね, ゐたらしかつ, ゐたら都, ゐたン, ゐた彼, ゐた所, ゐた自分, ゐないこと, ゐない樣子, ゐますのよ, ゐるかも, ゐるけど, ゐるけれど, ゐるだけの, ゐるだらうと, ゐるな, ゐるほど, ゐるわけ, ゐるン, ゐる人間, ゐる所, ゐる時, ゐる通り, をりません, 出かけて, 居たから, 居たもの, 居たらしかつ, 居ましたよ, 居ますが, 居ますよ, 居らぬ, 居るうち, 居るか, 居るだらう, 居るところ, 居る人, 居る内, 居る矢先, 居る間, 情ない事, 振り返つて, 書いて, 来た, 来たん, 歩いて, 無論蓋, 見るの, 覗いて, 近づいて, 近寄つて, 遣つて, 黙つて

2 [204件] あがりました, あきらめて, ある時, あんし, いい, いても, いられるの, いろいろ反省, お在, お定, かうして, から私, か取出した, か外, か昌作, か膝, くれ給, この三月, この歌, この部屋, して, すぐに, その女, その点, そんな事, たけれど, たところ, たもの, たもん, たン, た通り, だつけ, だので, ではない, どうぞ歌一首, ないん, は, はゐなく, はゐまい, はゐる, は下さらない, ひどく煩悶, ひよい, ふいと, ほつと, ましたわ, ましたん, またつく, また仰, まだ暑く, みても, もい, もいい, もいざ, もとても, もどうしても, もみ, ももう, もゾツ, も仕方, も僕, も出, も可, も好い, も差支, も庄兵衞, も彼, も見た, も見なけれ, やがるだらう, やしなく, やつたの, やつて來たん, よからう, よく, るのにと, るよ, ゐたけど, ゐたせゐで, ゐたその, ゐただけ, ゐたで, ゐたと, ゐたにも, ゐたほど, ゐたより, ゐたよりも, ゐたら, ゐたらこんな, ゐたらしいが, ゐたらどう, ゐた位, ゐた処, ゐた處, ゐた言葉, ゐた青木さん, ゐないで, ゐないでも, ゐないよ, ゐないらしかつ, ゐないわ, ゐないん, ゐなかつたが, ゐなかつたし, ゐなかつたので, ゐなかつたよ, ゐは, ゐましたから, ゐましたので, ゐましたのよ, ゐますか, ゐますね, ゐませんが, ゐるかね, ゐるかの, ゐるけれども, ゐるだらうか, ゐるといふ, ゐるとね, ゐるとは, ゐるね, ゐるま, ゐるより, ゐるらしくなかなか, ゐる一人, ゐる丈, ゐる人々, ゐる人物, ゐる人達, ゐる先生, ゐる向, ゐる彼, ゐる心, ゐる方, ゐる様, ゐる自分, ゐる間, をいで, をつた, をら, ビクビクし, 下さるな, 停めたの, 呉れるな, 大萬燈, 宜い, 居たらしい, 居た人, 居た位, 居た彼, 居た所, 居つたこと, 居つたの, 居ても, 居ないで, 居ますと, 居らつし, 居らなかつた, 居らぬかも, 居りましたところ, 居りますから, 居りまする, 居りません, 居るから, 居ること, 居るで, 居るやう, 居るロダン先生, 居る本, 待つてると, 後で私, 微笑んで, 怖る, 振返ると, 握つて, 来たの, 案じて, 止めた, 殊更に, 泣いて, 生きて, 眺めて, 眺めるよりは, 聞いた, 聴いて, 育てたいと, 色々考へた, 苦々しい不愉快, 見たの, 見たり, 見に, 見ますと, 見直すと, 許して, 試みたもの, 調べて, 讀んで, 負けて, 遂に, 随分心配, 頻りに心, 飛んで, 驚いた, 驚いて

1 [1676件 抜粋] あが, あけて, あの井戸, あの岸縁, あの笹, あまり氣, あんな所, あゝ云つたの, いいやう, いただかねば, いつもの, いましたの, いまだに忘れず, いろいろ問, いろいろ考へてる, いろいろ読ん, うつむいた, おかみさん安心, おくれで, おぞましかつ, おみつ, お信, お禮, お選, お飯, かくして居た, かちよツ, からすでに, から五分間位, から握手, か半身, か横須賀, か祖母, がぶがぶやつ, きくん, けつかる, このすばらしい, この別莊, この問題, この役, この道, こんだけ, さうです, さてぶら, しいんと静まり, した事ぢ, しばらく感懷, じりじり海, すこし厚手, すまないやう, ずゐぶん前, そいで, そして無理, そのかくれ, そのまま忘れ, そのリフレエ服, その会社, その医者, その妹, その方, その横顔, その當時, その繻子, その足, その邊, その顏, それからいろいろ話, それでもまだ, それで此, それにしても室生君, そんなに音, たお, ただ單純, たつた今, たに, たべ, たらこんな, たらやがて, た時, た通り殆, だらう, ちようだい, ついそのままにな, つい入, つい遅く, つかつかと, つとめて他, でありました, でもゐ, とてもひやひや, とめて, どうかし, どたばたあばれました, ない自分, なかつたし, なくつて, なつかしむの, なよく, な何, ねあの, ねえ, ねと唄, ね彼方此方, ね鉄造さん, の衝突, はあれ, はくれないだらう, はるばる雲水, はゐました, はをります, は人間, は又, は呉, は彼, は歎息, は泣き, は確, は訊き忘れ, ひとり静か, ひどく怨ん, びくびくしてらつ, ふと思ひ止まつた, ほ, ぼんやり見, まごつく, ましたら翌日夜, またいや, また掻い, また踵, まだ一寸無精, まだ夜, まはり道, まゐりました, もあなた, もいま, もう家, もお, もこう, もそのまま, もちよ, もできない, もなぜ, もやつぱり, もよく, もゐないらし, もシバ, もモン・パルナス, も二三日, も人, も先, も厭, も咄嗟, も多少, も安心, も寂しい, も引かざる, も忘れません, も思はなく, も恐ろしい, も戰慄, も暗い, も止める, も母, も海峡, も相手, も端書, も結構, も胸, も良い, も見ない, も誰, も買, も露, も馬鹿げ, やあがる, やすまい, やつた事, やめて, やると, よい加減, よく散歩, よく覺, よろこんで, らしつて, るかなあ, るらしいん, るわよ, る土地, る處, わざとあたり前, わざと其儘, わざと氣違, わざわざディカーニカ, わざわざ呼んだ, わづか, ゐたからの, ゐたこれ, ゐただでな, ゐたといふのよ, ゐたのになあ, ゐたらうが, ゐたらこれ, ゐたらしい事, ゐたらそれ, ゐたらだん, ゐたらやはり, ゐたら何百人, ゐたら夜なか, ゐたら後日娘, ゐたら此処, ゐたら葛籠, ゐたら間違, ゐたり, ゐた不審, ゐた中村氏, ゐた人生諷刺, ゐた何やら, ゐた凡て, ゐた古い, ゐた女達, ゐた家, ゐた小説, ゐた平次, ゐた彼等, ゐた敵, ゐた梅, ゐた武助さん, ゐた氣分, ゐた煙りが, ゐた田舎者, ゐた程, ゐた約束, ゐた肥つた未亡人, ゐた西洋人, ゐた話しが, ゐた通り, ゐた雨, ゐた革, ゐちや, ゐないから, ゐないだが, ゐないところ, ゐないのみ, ゐないらしい, ゐない不覚, ゐない様, ゐない自分, ゐない風, ゐなかつたがな, ゐなかつたらうが, ゐなかつた位, ゐなければ, ゐましたがな, ゐましたらさらに, ゐました木の下, ゐますので, ゐませんから, ゐませんの, ゐやしたよ, ゐやすのさ, ゐられたもの, ゐられるには, ゐられる事, ゐるお, ゐるかについての, ゐるがね, ゐること自体, ゐるそれから, ゐるだけよ, ゐるだらうよ, ゐるとこ, ゐるのみならず又, ゐるよう, ゐるらしいいくら, ゐるらしい無責任, ゐるらしくも, ゐるらしく僕, ゐるわね, ゐる一切, ゐる人さ, ゐる何, ゐる僕, ゐる否応, ゐる境地, ゐる女, ゐる子供, ゐる就いては, ゐる廉, ゐる所以, ゐる文展, ゐる樣, ゐる母親, ゐる爺, ゐる理想派, ゐる矢先ちよ, ゐる美術工藝室, ゐる若い, ゐる貫一, ゐる間もなく, ゐる頃, ゐ乍ら, をられました, んでがす, ハッと, 一層はやく, 一心にな, 丁度親類中, 下さるならどうぞ, 下さるやう, 下すつて, 並んだ行列, 予め構成, 付いて, 企てたの, 佇んだ, 何だか悲しく, 余り歯, 借りて, 入つて, 再び自ら, 出來, 出掛けたん, 出歩いて, 別に私, 別段に, 動かしたの, 単に自分達, 又むつくり, 又家, 又町, 取つたの, 取敢, 受け入れる, 可愛さうに思, 向柳原, 呉れた老爺, 呉れな, 呉れました, 呉れ玉, 呼んだ, 喜んだの, 困つた顔, 堆い埃, 大いに軽蔑, 大きくな, 大喜び, 大變意譯, 如何にもし, 如何に二人, 実は憂鬱, 寂しくなりました, 少しく慰め, 少し勘弁, 少し後戻り, 少らくあそこ, 居たか, 居たで, 居たらさ, 居たら何, 居た事, 居た処, 居た敵, 居た櫟, 居た疑は, 居た處, 居つた, 居つた端艇, 居ないだらうかと, 居なかつた, 居なさるの, 居ねえん, 居ましたわ, 居ますとネ, 居ます所, 居やしませんよ, 居られた, 居られるの, 居りましたところが, 居りましたのに, 居りますと, 居りませぬ, 居るかと, 居るがね, 居るこれ, 居るどころか, 居るほど, 居るらしい処, 居る中, 居る人間そのもの, 居る千曲川, 居る所, 居る樣, 居る程, 居る鏡子, 差出地名, 帰る途中, 引つ捕へると, 弾かれたやう, 待ち構えて, 待つてるのに, 御遠慮なく, 微笑みながら, 心苦しく感じた, 快く入, 怖, 思はず顔, 思ひつめて, 思ひ当るところ, 恐ろしくおこつ, 悔いて, 悪徒, 悲しむで, 情けなくなつ, 意気込んで, 慌てて, 或いは喝采, 戻つて參, 抱きあげると, 持て來, 振り返つた, 捜したが, 探したら慥か, 撲つたの, 改めて封筒, 放つて, 新し橋, 早く池, 早く逃げよう, 早速鉄砲, 明るい灯火, 時々乗り手, 暫く外, 更に一両日来, 書いたに, 書き出したの, 有りたけ, 来たさ, 来ましたから, 楽しんで, 止まないの, 死んだ後, 段々調べ, 泊めたと, 涙ぐみ幸福, 深く注意, 然し自分, 猶ほ, 甘く見る, 疑ぐり, 直ぐに, 直ちに跳ん, 真蒼, 積んで, 立ちすくんだ, 立ち止りながら, 立どまつて, 結句今, 置いて, 考へましたが, 聞かる, 育てた小鳥, 色々考へ, 苦い顔, 蒸し返さしたの, 行きました, 見あげると, 見たところ, 見だば, 見ま, 見ましても, 見りや, 見るせい, 見るものの, 見る氣, 見上げた空, 見當, 見送つた, 訊いた, 訊ねた, 診て, 詰めて, 話しますと, 読んだもの, 讀んだ, 走りかけた, 起ちあ, 迂濶, 近寄つて行, 逃げ出して, 通り過ぎた, 遅うまで, 避ける, 酷く怖れた, 開けて, 随分苦労, 面白半分, 頼む, 飛びあがるところ, 食べるもの, 驚いたわ

▼ 思つた~ (2738, 16.6%)

11877 からである 67 んだ 64 ことは 5753 んです 45 ことが 42 がそれ 35 ことも, のでせう 32 のであつ 24 ので 23 からだ, ことを 20 から, がその 18 からです 17 に違 15 だけで 14 らしい 13 からで, ところで, ね 12 がしかし, ものだ 11 ことである, でせう, ものです 10 がさ, であらう, ものか 9 かも知れない, から私, が今, ことだらう, ことで, ので私, もんだ, んだらう 8 がこの, がそれにしても 7 が自分, とほり, ばかりで, ものである, やうに, ンだ, ンです 6 がさて, ので自分, ほどで, やうな, んでせう

5 [17件] か, がお, がそんな, がね, がまた, が何, が僕, が直ぐ, が相手, が私, けれど, ことの, ところを, のでその, もので, んで, 程で

4 [27件] かし, かも知れません, からお前, から何, から僕, か急, か知れない, がこれ, がこんな, がもう, がよく, が又, が女, が折角, が果して, きりで, だけのこと, です, ときに, に相違, のでお, ばかりでなく, ものが, ものも, もんです, わけで, わけです

3 [43件] かふと, からさ, からその, からだつた, からよ, から早速, か俺, か私, があまり, がそれでも, がた, がつい, がどう, がどうしても, がなか, がなんだか, がやがて, が何だか, が何となく, が何故か, が声, が少し, が彼, が此時, が然, が眞, が遂に, けれどそれ, けれども, こと, ことだつた, だけである, だけです, だけれど, と見え, と言, ほどだ, ほどだつた, もの, ものは, ものを, らしいが, 以上に

2 [123件] かのやう, かもう一度, からかも知れない, からそれ, からな, からわたし, から其儘, から向, から態, から更に, から義雄, から腹, か分りません, か卒, か平次, か此家, か犬, か突然, があの, があれ, がいや, がこいつ, がただ, がどうも, がふと, がもしや, がイヤ, が一向, が丁度, が不親切, が中, が二人, が何分, が併, が俺, が元来, が兎, が其暇, が出, が口, が同時に, が大, が大望, が実は, が実際, が強, が思ひ返し, が息, が悪い, が我慢, が朝, が段々, が決して, が流石, が為, が然し, が生憎, が矢, が第, が義雄, が考, が腹, が言葉, が話, が近頃, が逃げる, が間, が黒木綿, けど私立つて, けれどその, けれども彼, けれども彼女, ことだ, ことです, ことには, この娘さん, ころには, しそれに, それに私, だけな, だらう, だらうか, で彼, といふ, といふ事, といふ言葉, ときその, ときには, と主筆, と云, と同時に, と申し, と申します, ならば, にしろ, にち, に夫, に過ぎなかつた, ねえ, のであわて, のでそつ, のでそれ, のでちよ, ので一, ので夫婦, ので或, ので漸く, ので顔, ば東川さん, ほどの山の上, よりずつと近く峠, よりは濡れ, よりも容易, よりも長篇, より元, より深い, より遠い, より長い, より高く, らしいの, 事か, 程だつた, 程無遠慮

1 [1078件 抜粋] あの誕生日, いきなり飛び起き, お才さん, かいささか, かお雪さん, かこう, かごろりと, かずつと背伸び, かそれ, かどうか, かにやにや, かもう, かもしれないだらう, からあの, からいけなかつた, からお, からかもじ, からこんな, からぢ, からでありました, からでございます, からで御座います, からとてそん, からとて詮, からと云, からやめた, からよしんば, からわからなかつた, からチャン, から一, から三枚, から不精無精, から二三人, から俺, から兵隊, から其場, から切支丹, から口惜しく, から右手, から夢中, から家中, から年下, から急ぎ, から恁うし, から慰藉, から戻, から早くから, から最御崎寺, から此足袋, から潮さき, から無理, から物足りない, から當, から矢張, から矢鱈, から笠, から義雄はか, から自ら, から言, から讀んだ, から隙, から飛ん, から黙, かをよく, かスル, かロスト, か一應, か丈, か二歩三歩退却, か今年, か健, か八五郎, か分らなかつた, か判らぬ, か右手, か大急ぎ, か小僧, か帽子, か忙しく, か態, か折角, か武さん, か泣い, か溝, か玄能, か眼, か知らぬ, か私達, か聲, か自分, か船頭, か藤枝, か道代, か雛毛氈, があいつ, があきらめる, があつ, があと, があまり突然, があんなに, がいずれ, がいつ, がいやいや, がうつ, がお前, がかういふ, がけれど, がこと, がこのごろ, がす, がすぐ, がそこ, がその他, がそれぢ, がそれで, がそれどころ, がだ, がだれ, がでも, がどうして, がどうせ, がどうも少しどう, がなあ, がなほさら不愉快, がなんとなく, がぼんやり, がまだ, がみち子, がやさし, がやめ, がよい, がわたし, がキミ子, がチップ, がテープ, が一たん胸, が一寸, が一日二日滞在, が下らない, が不, が不自由, が世間天津教以上, が乘, が二ヶ年間, が互に, が今夜, が仕掛け, が代金百五十兩, が会社, が何しろ, が何ん, が何處, が作品, が僕等三人, が兄, が先生, が入らつ, が全然, が其人, が其處, が决, が刑事, が到底, が勃凸, が千兩箱, が取りあへず, が向う, が咄嗟, が四十五点以上, が坊主, が増田健次, が大袈裟, が如何にも, が妻, が官兵衞, が実物, が宿, が實際五十嵐, が導, が小泉町, が小谷, が屋敷, が島村氏, が左手, が幕合, が年寄, が店, が弟夫婦, が当て, が彼女, が忌々しい, が念, が怒り, が思い止ま, が急, が恰度それ, が慣れ, が成, が戸惑, が折, が拜殿, が敬意, が昔, が時, が晝食時, が書生さん, が最も, が最終, が朝飯, が柏村, が格別, が楢雄, が止した, が止める, が此停車場, が此頃, が母, が気まり, が決心, が渚, が火事, が熟, が猶, が甲板, が発案者, が直接, が矢ツ, が祖父, が結局大正三年, が美しい, が考へ, が自然, が若し, が茲, が葉, が血染, が街道, が要するに, が親しく, が訊い, が詞, が證據, が踊り, が辛抱, が迂, が途中, が遲, が銭, が階下, が静か, が面白, が頭, が餘, が駄目, くらいだ, けどあの, けどやつぱり会, けど差支, けれどありがたく, けれどさ, けれどそんな, けれどつい, けれどどうしても, けれどまた, けれどもさ, けれどもそれ, けれどもまさか, けれども丁度, けれども今, けれども余り, けれども強いて, けれども思ひき, けれども母親, けれども結婚, けれどやむなく, けれど何と, けれど先生, けれど却つて呑気, けれど恁, けれど老, けれど若し未だ, けれど逢, ことある, ことさへ, ことたくさん教へて, ことだけは, ことなど, ことなら, ことにを, ことより, こと出, こと研究の, さうし, しの, し一本杉, し勝たせたい, し命, し実, し血染, そしてすぐ, そして自分, その声, その自然, その顔, ためである, だから此間銀之助, だが私, だけだつた, だけでもぞくぞく, だけでも平次, だけで動かなかつた, だけにそれだけに, だけに彼, だけの話, だよ, ですが, ですよ, といふの, ときカムパネルラが, とき俺は, とき心は, とき私は, ところが大, ところが親方, ところへ, ところをよ, としても私, とたんあの, とたんに, とて見られぬ, と云つた, と笑つて云, と言つて, どうやら私, などといふこと, なら今僕, なら違, なんて他人, にし, にもか, に寿命, に過ぎない, のかい, のであの, のでいよ, のでここ, のでずつと奥, のでそして, のでつかつか, のでとめ, のでわけ, のでわたし, のでビール, のでローラ, ので一生懸命, ので丁寧, ので今にも, ので仕方, ので僕, ので全く, ので其儘, ので凹んだ, ので初めて, ので喜捨金, ので姫, ので少年, ので己, ので庭づたひに奧, ので彼, ので徐, ので急い, ので慌て, ので戸締り, ので拙者, ので故意, ので晴代, ので松茸狩り, ので母屋, ので毎日驛, ので爪先, ので直ちに, ので答へた, ので良人金子氏, ので藪, ので解く, ので走, ので躍り, ので静か, のみで, は熊, は社殿二間, は非常, ばかりにうつ, ほど, ほどである, ほどでなかつた, ほどのうつくし, ほどの味, ほどの山, ほどの良い, ほどの葛藤, ほどやさしい, ほど不愉快, ほど大人, ほど常に, ほど年, ほど思ひ, ほど明る, ほど生活, ほど蜘蛛そつくり, ほど贅澤, までの話, ものかも, ものだらう, ものねえ, もののやはり, ものの彼, ものの言, もン, やうだ, ような, よといひました, よりお前さん, よりは丈夫さ, よりは廣, よりは要る, よりは話せる, よりもその, よりもなほ, よりもひつそり, よりもひどく, よりもボタリ, よりも低, よりも大, よりも大きな, よりも山, よりも張り込んだ, よりも早い, よりも晴々, よりも煌々, よりも軽く, よりも難, よりやつれ, より丁寧, より以上, より僅少, より剛, より堅く, より奧行, より容易, より屹立, より巨大, より彼女, より敵同士, より更に, より無い, より狹, より簡単, より良い, より薄, より豐富, より近い, より遠く, より面倒, より風, よ今頃, よ場所, よ最初, よ蔀, らしいところ, らしい一種, わい, んだろう, んでがせう, んでさ, んでしたよ, んや, 一旦逃げ出し, 以上其宜しく, 何しろ昨夜, 其の通, 寧ろその, 後になつ, 故に対局, 次いで眼, 為のみ, 着替へが, 程きつ, 程でした, 程には好ましく, 程むづかしいものではありませんね, 程凄い, 程変つて, 程敬意, 程無, 程美しく, 程蒼い, 美しい空, 起き直, 途端ふと

▼ 思つたの~ (872, 5.3%)

162 である 96 です 7031 だが 18 であらう 15 だつた, だらう, であるが 14 でした 1211 ですが 10 か, は 8 でございます, に, も無理 7 であります 6 は自分 5 が間違, ですよ, は私 4 かも知れない, さ, だつて, だよ, では, はほんの, は間違 3 ですね, で御座います, に案外, は俺

2 [29件] かそれとも, かも知れぬ, か自分, が大, が此方, だから, だけれど, だつたが, でありますが, にこれ, にと聞えぬ, はこの, はさ, はその, はただ, はやはり, はヤレ, は一つ, は僕, は大, は此, は池, は無理, は申し上げる, は間違ひで, もその, も夢, も束の間, も道理

1 [243件] ある, お庭, かあんまり, かお, かかの, かさまざま, かさり, かそこで, かその, かそれ, かとにかく, かな, かまた, かを自分, かジジ, かツイ, かニヤニヤ, か三輪, か三郎さん, か二階, か元来, か同時に, か嘘, か四度僕, か彼, か急, か或は, か楢雄, か此時, か殆, か泥棒, か縁側, か翡翠色, か腕, か話頭, か駿三, があんまり, がそのまま, がそも, がはづれてがつかりした, がひどく, がめら, がもう, がわれわれ, がピタリ, が一人一人, が一先づおさまつて, が今, が何, が何ぞ, が俺, が僅か, が僕, が却つて間違, が又, が夢, が失敗, が実は, が實, が師匠, が後, が意外, が我儘, が手ぬかり, が拙者, が数, が數, が極めて, が此図, が江戸, が決して, が油斷, が猫, が生きた, が眼, が私, が素人量, が羊, が誤で, が間違ひだつたのさ, が非常, が馬蝿, だあれ, だがね, だけれども, ださうであります, だで, だね, だらうか, だらうと, だらう何ん, だらう先生, だらう勇, だらう曲者, だらう母, だらう珍, だろう, でありました, でありませう, であるその, でございませう, でございませう度々, でしたね, でしたエアさん, でしよう, ですがねえ, ですけれど, ですけれども, ですたとへば, ですな, ですわ, です起床, でね, でも, で喜んだ, で待つ氣, で御座いました, で死んだ, で覗い, で長く, とのため, とは全然, ならば, にうと, にさうで, にその, にと思ひ, にどうしても, にはわけ, にやり方, に兄, に可笑し, に徴兵検査, に昔, に最う, に柿, に気, に淵, に獨, に私, に義母, に親父, に違, に髭, はお, はこれ, はその後数年, はそれら, はそれ一度きり, はなぜ, はなに, はもう, はもとより, はやつぱり自分, はアカシヤ, はビール, は一應尤, は三浬先, は丑, は中村吉藏, は丸善, は之, は京都, は佐渡, は先刻, は兎, は十月, は卷頭, は原始的, は君, は吾, は夢, は大した, は大間違ひで, は天地, は好色, は學校, は宮殿, は少し, は岩間, は庄野潤三, は度々, は彼, は彼等, は徒事, は思つた弟子, は恐らく, は恐るべき, は悪魔, は憐, は所謂, は暑, は本当は, は束の間, は栄蔵, は次, は此方, は油断, は活花, は海坊主, は滿更夢, は滿洲事變, は照空隊, は王立醸造場, は田圃, は番毎, は百三十六個, は皆, は皆昔, は相手, は知らなかつた, は祝福, は空想, は空頼み, は笠間由子, は結婚後, は色男, は若い, は車夫, は野球チーム, は鉄, は間違つて, は革命, は順徳院, は餘, は鵜殿, は黒木長者, もこれ, もそれ, もみなここ, もみんな苦し紛れ, も主人, も久しい, も事実, も偶然, も其の, も可愛, も餘, らしかつ, を峠, を彼, を思ひ出し, を記憶

▼ 思~ (643, 3.9%)

66 ている 44 ていた 43 たりした 27 たらしかつ 23 ています, て下さい 22 たりする 17 たりし, てます 16 てみる 14 てくれ 13 てみた 11 てしまふ, てるの 10 ていなかつた 9 ちやゐない, てくれる, てるのよ 8 てる 7 たりしました 6 て頂きたい 5 ていない, ております, て下さる 4 たりまた, たり又, ちやゐません, てい, ていません, てよく

3 [11件] たま, たり感じ, ちや居ない, ているだろう, ているらしい, ておりました, てくれた, てくれない, てみれ, てよい, てるから

2 [15件] たり, たりします, たりなどし, ちやいけません, ちや居ねえ, ちや居ません, ていただきます, てきた, てみたら, てるに, てる位だ, てる者が, てれヤ可いわ, て欲しい, て過ぎた

1 [136件] たかと, たつちんだ, たて, たよりか, たらしいミトローニク氏, たらしい柔順, たらしい若, たらしく, たらしくおずおず, たらしくしきりに, たらしくすぐ, たらしくその, たらしくて, たらしくみんな, たらしくわざと, たらしくアハハハハ, たらしくフリツツ, たらしくマヂマヂ, たらしく一寸, たらしく傍, たらしく其巡査, たらしく反対, たらしく妹子, たらしく娘, たらしく子, たらしく心持極り惡氣, たらしく心持極悪気, たらしく抜身, たらしく時々, たらしく構内, たらしく殊勝, たらしく気, たらしく立ちあが, たらしく美しい娘, たらしく羽織つたマント, たらしく膝, たらしく話しはじめた, たらしく赤い顔, たらしく開き, たらしく離れた, たらしく顔, たりあれ, たりあんなに, たりいつか, たりかと思う, たりさ, たりしたせゐ, たりしない, たりそれとも, たりそんな, たりなぞ, たりなどもし, たりなんぞした, たりは出, たり今, たり何と, たり俺, たり刻々, たり又は, たり口, たり同時に, たり夢, たり娘, たり彼, たり思はれ, たり恐ろしく, たり恰度齢, たり早く, たり昼, たり然し, たり片腹痛く, たり甘やかし, たり紅い, たり致し, たり虚無, たり見守つ, たり言, たり適, たり隣り, たんぢや, ちやいかん, ちやつた, ちやつてマッカに, ちやふんです, ちやゐた, ちやゐなかつた, ちや仕, ちや居, ちや居ませんでした, ちや居りません, ちや居んだ, ちや居無, ちや疎, ていただい, ていただいた, ていただいたら, ていただきたい, ていたら, ていたらしい, ていないでし, ていらした, ておりません, てき, てください, てくれるかくれない, てくれるた, てくれるだらう, てこは, てこられた, てしまいました, てしまう, てしまへ, てつから, てはじめた, てまいりました, てるが, てるで, てるね, てるよ, てるよりも, てるフン処世の, てるフン處世の, てる人である, てる人によ, てる人までも, てる位の, てる所, てる莫迦な, てる訳でも, て下さいまし, て下さる誘ひ, て下され, て参りました, て始めた, て頂き, て頂きたく

▼ 思~ (409, 2.5%)

40 して 24 した 6 こめて, させる 5 なした, 胸に 4 したこと, しても, しながら, しなければ, 労した 3 させた, したか, した事, するの, 抱いて, 述ぶる, 遂げんと, 馳せて

2 [27件] かけた女, かけて, させるの, させるので, したの, したもの, しつつ, しみじみと, する, するだけ, たどり, なさ, なして, なすべし, 主と, 及す, 取集めて, 吹くとき, 属したり, 抱き乍ら, 構へ, 浄め興を, 添へる, 為た, 為て, 籠めた, 見よやとて

1 [225件] いたしやした, いやましに, うったえて, うばわれて, おぼえそめたの, かくありありと, かけたある, かもさせ牛, この胸, こらして, こらすなり, さして置かない, させた花, させた蛙, させて, させまいと, させられたこと, させられた事, させられるか, させるでも, させるもの, させる処, させる砂丘, しあうの, したであろうが, したと, した時, しつづけた, してばっかり, しないもの, しながらも, しなくっちゃ, しますの, しまた, しようと, し表面, するぐらいは, すること, するのに, するばかり, するほど, するよりか, する事, する人, する我, すれば, その折々, つづけて, とどけに, どこかに, ないて, なお安く, なさしむる, なさしめたる, なさしめるばかり, なさったですか, なさんより, なし, なしき, なしたというは, なしたの, なしたる事, なしつ, なし帰依, なし直に, なす, なすこと, なすこと能はず, なすと, なすのみ, なすばかり, なだめて, なやまして, のがれるため, はせて, ひかれないでと, やった明末, よせて, り候今後種々, 一寸でも, 三吉の, 与えた, 与へる, 云わせでも, 仇で, 伝へた, 何に, 何所かに, 催させる, 傷ましむ, 傾くるを, 写してぞ, 冷やかに, 凝らせり, 制し得て, 制へ, 助けて, 労らす, 勞し, 勞する, 取交したの, 口うつし, 叫んで, 同じう, 味い得たなら, 嘆き訴, 地上の, 埋むる, 培ふ, 境遇の, 墓畔の, 女が, 妨る, 孕んで, 宰し慮, 宿しけり, 宿す, 寄せたるその, 寄せん術, 尽して, 平常に, 幾夏も, 弄び喜ぶ風情, 彼に, 彼は, 忘る, 念ずるや, 悩みて, 悼ままし, 慰めかね遣りかねて, 慰めまた, 懷か, 成すと, 我胸一つに, 手繰つて, 抱かずには, 抱く様, 持って, 掛けて, 掛け出来ぬこと, 描くの, 搆ふる, 斯くて, 晴すべし, 構うるとき, 構ふる, 残しては, 水に, 水西荘に, 決したよう, 波に, 潜めしめ歎, 潜めたとて, 潜めたの, 潜めて, 潜めること, 為して, 為し匆々, 為せるやう, 為なければ, 為るくら, 為る位, 焦がして, 焦し, 特に謝, 猶悲, 生ぜしめ給, 生で, 畳みながら, 癒すもはやちかちか, 皷し, 盡し, 碎いて, 私が, 私語い, 籠むるより外は, 籠むる宮殿の, 経験した, 緑蔭の, 緩うする, 繋けたり, 聯ね, 胸の, 自然の, 致したること久, 致すべきである, 致す時, 致候て, 苦しむるものあらば, 茎の, 裹める, 覃むるを, 解く, 誘った, 誘つた, 語るべき機會, 論ぜずして, 費して, 費し又, 費すなりき, 費す東, 費やすにも, 走せて, 載せたるま, 轉じ, 述べぬ歌, 送つた, 送る, 送るので, 通わせて, 遂げる, 運ぶに, 運らす, 遣り風鳥, 遣る, 遣るべき余地, 重ね候, 陳べられた自己弁護, 隱顯と, 靜めむと, 食みぬ, 養ひし, 養ひしと, 馳せられながら, 馳せ遠く

▼ 思つたら~ (350, 2.1%)

13 それは 5 私は 4 急に 3 それが, どつ, 大間違ひである

2 [16件] こんどは, さうで, それでおしまい, そんな事, まだそんな, まづそ, もうグツグツグツ, もう毛虫, わたしは, 今度は, 年長な, 次の, 私の, 腹も, 足袋が, 首と

1 [287件] あいつ奴, あたしうれしい, あちらの, あつしを, あつといふ, あなたです, あの女, あの色, あの赤ひげ, あの赤帽, あの騷ぎでせう, あばら骨に, いつでも, おかく, おとなしく出, おまへさん, お前いつたい, お大, お手本よりも, かへつて落着, きつと, ぐーつと, こいつは, このごろ富岡さんを, このやう, この女, この最後, この野郎, こめかみへ, これには, これや, ころりやられ, こんなかは, ごうつ, ごみと, さう, さすがに, さに, すぐに, すぐまた, すんでの, せめて拍手, ぜいたくは, そうじ, そこでは, そので, その予期, その光, その足, その通り実行, その香水, それから口, それ程でも, そんな企みだ, ちよつと, ついと芝, とある神社, とたんにああ, どうしてもその, どうしても自ら苦まね, どさん, なあんだ, なほの, なんだか熊ん蜂, ばかに, ば京都, ば先づ漸, ば全, ふと見えなく, まずい俳優, まだ十六七, まんまと返り, もうここ, もうこの, もうそこ, もうその, もうもう悲, もう今朝, もう又, もう君, もう実に口惜しく, もう手, もう次, もう護国神社, もう関本, やがて扉, やつと, イヤに, イヤ素的な, ゲエテの, ゴール迄, テーブルに, ハンド, ペンが, マツチが, 一ツ株で, 一束の, 一瞬の, 一緒に, 一途に, 丁度この, 七年前に, 下に, 下手人は, 丘の, 中には, 主人の, 九十九里浜の, 乞食だ, 二人づれかと私は, 二人の, 二人ゐる, 二人連れである, 二十貫も, 二疋だ, 二階に, 五箇の, 些た, 亡妻の, 今度の, 今度或, 今朝とても, 伏見と, 何か, 何だか急, 何に, 何の, 何事も, 何時の間にか丹毒, 何時の間に娘師, 來て, 俺ら家の, 僅かに, 僕は, 先生に, 八五郎親分あの, 八五郎親分に, 其の蓆, 其筈だ, 其處は, 其處らに, 内に, 十八円五十銭と, 十分その, 古くから, 君だ, 四抱か, 国勢調査の, 土左衛門の, 土用中は, 墓詣り, 声は, 夕方に, 夕立の, 大きな口, 大川をか, 大變, 大谷繞石君だ, 大間違い, 大間違ひ, 大間違ひだ, 大間違ひだで, 大間違ひだと, 夫婦喧嘩し, 女房も, 奴め莞爾と, 好いぢ, 妹が, 姐さんが, 嬉しか, 存外馬鹿, 安房の, 實は, 小さな鳥, 少しも, 屋根の, 山水樓の, 島の, 川中に, 左右前後を, 平内さんは, 底の, 引込みある, 彼は, 後先の, 御用空地の, 御者に, 微笑が, 必ずお客, 忽ち通人, 恋猫の, 悧巧者の, 愚図, 慥に, 戸籍謄本を, 掃部頭の, 搜し, 教へて, 斯んな, 方々当, 日頃は, 早くころ, 明日出直し, 昨夜の, 昨夜久し振りで, 是り, 時々の, 最前から, 朝は, 本気な, 果してその, 果してほか, 柱掛に, 案外小さい, 案外新しい, 桜の, 梅干の, 樅の, 横田若狹樣邸内の, 此の, 此の世は, 此れ, 此処か, 死體を, 母さんが, 潔く真似る, 牛によ, 牛の, 犬の, 生證人, 甲虫だ, 畑の, 病人自身も, 病院に, 白眼みあひ, 目球だ, 直ぐに, 直ぐ沈んだ, 眼が, 矢張り, 矢張りだ, 矢張り物盜りだ, 研究な, 私が, 私悲しく, 秋山家へ, 穢い, 紅梅な, 網代の, 綺麗に, 緊張した, 繻子の, 翌日の, 腰がまが, 腹を, 自分まで, 致方が, 船頭さんか, 色氣も, 茶碗の, 葉書の, 蔦葛に, 行つて訊い, 西の, 西条八十さんに, 親分の, 詫れ, 買ふ, 赤垣源蔵の, 身に, 身體が, 途中で, 遠慮なく飛込ん, 部屋じ, 金と, 金兵衞さんに, 間が, 間違ひ, 間違ひだ, 雨戸の, 電車は, 霜が, 香代ちやんか, 髻を, 鮨だ, 鳶頭に, 鼠を

▼ 思~ (221, 1.3%)

5 てんけど, ましたの, ましてん, んけど 4 エへん 3 ます

2 [11件] あきらめて, たのんに, ますの, まん, ソレから, 居たから, 居ました, 居ます, 居るから, 行て, 見ると

1 [172件] ああこんな, あのさっき, あの男, あんたに, あんまり馬鹿, いいなさると, いつぞ, いましたがといった, いろいろ考え, いわんと, うぬぼれるな, ええ気イ, お梅どん, お金三十円紙に, かいって, くれはったらよろし, くれはるねん, こないだから, さっき不意に, しませんどした, しまへん, じっと辛抱, そういう心がけ, その幸福いつ, その方向, その旅費, そら天手古舞, それが, そんな悪口, たいいう, たのんですが, たのんですけど, たんや, つい放ったらかし, てか知らん, てんし, どない, なさったの, なさったら私, なさるの, なさるやら, なさる風, はるねん, ひとの, ました, ましたが, ましたらなかなか, ましたら肩, ましたわ, まして, ますさかい, ますと, もういっぺんベンゲット, やろか, よく見る, よるやろ, わざと葬式, わざわざ東京, ゐた, ゐたら, ゐるか, エへ, ソレを, トウ, ワイフが, 一寸と, 一所懸命に, 一日延ばし, 不平を, 不本意, 中川さんの, 人の, 今に誘惑, 今の, 今度は, 今朝に, 何だか坊主, 何でも思い余る, 何より先, 光子さんに, 光子さんの, 出たの, 出入の, 南の, 名札を, 君枝の, 喜んで, 噂立ちません, 夢にまで, 大事に, 夫から, 夫れ, 実に情けなく, 寒風の, 小野の, 居た, 居たが, 居たこと, 居たの, 居た処, 居た所, 居ましたが, 居ましたよ, 居らぬ, 居る, 居るが, 居るだろうと, 居る中, 居る女, 居る所, 幕府から, 序文と, 待ち構えて, 後悔し, 後方を, 御奉行, 心配した, 忌な, 忘れて, 応接間い通し, 急に, 怺え, 恐がってるの, 悪いこと, 感心し, 戦争が, 手を, 打つよ, 揃いの, 故意に, 来たの, 梃子でも, 梅田の, 止めてしもたり, 江戸に, 無理に, 直に引返し, 相談に, 真実が, 秘密探偵に, 空恐ろしいて, 自分も, 自動車呼びましょういうてくれはりますのんを, 自然内に, 臼杵まで, 艫の, 薬の, 行ったん, 見せて, 見ても, 観と, 訪ンねる, 試みる試みて, 誠に気, 買うて, 買て, 身は, 連れて, 錨を, 間い這入っ, 隠してた自分, 難儀し, 静かな, 面倒見, 面白半分, 頓と, 願い聴いたげとくな, 飲みなはれ, 駈廻, 骨肉の, 髭剃った, 黙って

▼ 思つてる~ (200, 1.2%)

48 んだ 28 んです 95 のだ, のは 4 のか, ので 3 うちに, がね, ことを, ところへ, わけぢや, ンだ

2 [12件] ことが, と時々, と誰, のさ, のです, ので疫其者, んだい, んだらう, んだろう, んぢや, んでせう, ンで

1 [55件] うちもう, かも知れん, からいかん, からよろしく, から彼女, から無論, から癇, が教師, きりな, くせに, けど, けども若し, けれどこれ, ことで, ことも, さ, し返事, ぞ, だけよ, とあの, とお, ときに, ところです, となん, とふい, とほり, とまた, と今度, と屹度, と水力, と畫, と船頭, と言, ね, のかね, のかも, のが, のだらう, のであつ, のでせう, のでそれ, のね, のや, ばかりかなにか, んでしよう, ンぢや, 中愛ちやんは, 事を, 事云つ, 奴が, 所な, 時, 時高村軍曹は, 物が, 程取柄の

▼ 思~ (173, 1.0%)

13 ている 12 ていた 119 たが 73 たか, たの, ていない, てお出で

2 [11件] たから, たら, たッ, た事, てさ, てます, てるとこ, てるん, て下さる, て文三, て私

1 [87件] たからずッ, たけれども, たこの, たその, たと, たところ, たとて, たに, たので, たらお, たらこれ, たらまた, たらオホホホ, たら一別以来, たら文さん, たら麹何升, た女, た様, ちまって, てあんまり, てい, ていうの, ていなかッたん, ていぬ, ていました, ていられん, ているらしく, ておいで, ておる, てお前さん, てかお, てかねがね, てか高く, てくれる, てこれ, てしたい, てしまう, てじゃ, てそんな, てたん, てとやこういう, てどうして, てないそう, てねえ, てはいなかッ, ては少し, てふり向き, てもゾッと, ても無理, ても鍋, てるだろう, てるだろうな, てチョイ, てネ黙, てピッタリ, てヤレ, て云い聞かせる, て云う, て今, て今日, て今朝母親さん, て余念, て励ん, て名残り, て善く, て善吉はじッ, て家, て小, て居ました, て居る, て己, て心, て怒, て我慢, て或は, て摘ん, て本統, て来, て来た, て此方, て為る, て聞い, て血, て言葉, て赦し, て近づく, て近頃

▼ 思~ (164, 1.0%)

8 外に 4 ま, 外の 3 ままに

2 [13件] えは, なからず, なかりせ, ままを, やから, 儘に, 外お, 富贍に, 數, 矢の, 胸を, 自由は, 色の

1 [119件] いづれにも, うちに, こりて, さす手, すべてを, するかは, ために, とッ, なまなかあれ, はお, ひとりし, ひびきを, ほかすぐ, ほかなる, ほかに, ほかの, ほか何にも, ほか寝過ごし, ほか打ち返し打ち返し読み直し, ほか突然, ままなる如く, ままには, 一時間でも, 一首, 丈の, 丈を, 両川が, 中に, 中へ, 乱れに, 人が, 人の, 今は, 何か, 何とも捉, 儘なら, 儘を, 切れぬを, 力は, 動きが, 半分にも, 反対なり, 叶わない仇, 吐息と, 増すの, 士数十名を, 夏の, 外だ, 外でした, 外なりしかども, 外は, 外よし, 外何が, 外何処まで, 外北風が, 外客種よく, 外容易く, 外容易に, 外寒い, 外広い, 外手びろく, 外手間取った, 外拒まう, 外暇取り, 外暖く, 外暗く, 外極の, 外正直で, 外緩く, 大方かうした, 女, 如く仏法習, 妨害を, 姿を, 宿るの, 寂靜を, 少女の, 底の, 建議の, 形見ばかり, 忠勇なる, 情を, 感慨に, 散じ行ける時, 数々は, 星, 時に, 水この, 注ぐところ, 海の, 涙を, 深いのにと, 淵は, 湧く女君, 灰色の, 痛み苦み, 痛み苦みに, 益す繁く, 目を, 種なり, 籠るこの, 糸に, 絶えた, 絶ゑて他物の, 繋り候, 織り出でし紋, 自由なり, 薄葉鉄職人は, 薄葉鐵職人は, 趣く, 身に, 転訛か, 遑も, 道を, 間柄に, 限り長き, 青年にな, 非ぬ, 餘に

▼ 思~ (153, 0.9%)

10 しません 9 しない 6 しないん 4 しないよ 3 しませんよ

2 [11件] がって, しないけど, しないわ, しねえだよ, はるやろ, わけないよ, アしません, 何でえ, 平次親分が, 悪党の, 腹も

1 [99件] あい, あお嬢さん, あんなピカピカ, あ不思議, あ腹, いいじゃ, いいわ, いいん, いかに其宵, いかに夕まぐれ, いくらでも, うしろへ, うつつだろう, ええ, おれも, お茶の子で, がる, がるんだい, がれ, くたばりも, くやしいん, この節, これでも, しないか, しないから, しないからね, しないが, しないけれど, しないわよ, しない串戯, しなかったが, しなくって, しなくってよ, しねえ, しねえし, しねえん, しますまい, しませんから, しませんとも, しませんの, しません私はじめ夢, しやれ, そいつが, そのとおり, とまり止まったかと, はった婦同士, はらかに, はりますや, はりますやろ, はるがな, ひとりで, ひとりひとり呼びあげ, また妙, また逃げだし, みんなそう, みんなそれに, もどって, よけいふびん, ァ仕方, アうどんやの, アしねえ, アせん, アな, アわけは, ア女を, ア恨みツこは, マチガイなし, 不思議は, 中は, 今の, 今晩十二時比に, 何でも, 前へ, 千円出す, 半日と, 可いです, 地面も, 夫婦で, 往って, 心細いけん, 忌々しくも, 武勲赫々たる, 殺して, 汝等は, 消えっちまう仕事, 礼の, 私も, 腹が, 腹たてる, 自分が, 自分一人ぐらい, 蛆で, 諦められねえこと, 警察なり, 辛い目, 金さんか, 靜に, 食えるさ, 鼠小僧も

▼ 思出す~ (138, 0.8%)

18 ことが 9 のである 7 ことも, のは 4 のも 3 ことは, のであつ 2 ともなく, と言, のが, ままに, やうに, 事が, 事で, 事も, 景色は, 節の

1 [67件] あの, からであった, くらゐ, くらゐな, ことさえ, ことと, ことばかり, この町, ごとに, さえ恐ろし, たびに, ために, と, とああ, といいます, という顔付, という風, といふ様, ときっと何かと, ときつ, とは, ともう, と何しろ, と何だか, と何日, と何時, と傘, と其, と堪らなかつた, と夢, と夫人, と少し, と思わず, と悚, と慄然, と時代, と海, と矢張り, と矢張り啼, と笑, な, に丁, に違い, のであった, ので私, ほどか眉, ほどで, までもなく, まま先人の, まま桐花家の, ものの, もの外に, やうである, よ, ような, より外, わ, 事は, 余裕が, 儘に, 多吉の, 度に, 時には, 様な, 機会も, 深夜の, 者は

▼ 思~ (110, 0.7%)

11 沈んで 3 沈みて, 耽って, 耽つて 2 かきくれて, しなくてはと, なりますか, 帰つた, 打たれた, 死なれるからと, 氣の, 沈んだよう, 身を, 驅られ

1 [70件] あらたに, え堪へな, くれて, こんなやくざ女, しづむ面影, ず溜息, とらはる, なったと, なったよう, なって, ふけったよう, トロイアと, 亡ぼされた他, 候, 勇み喜べり, 吾ぞ, 堪へずつぶ, 堪へで, 夜を, 富みまた, 寢そこねた, 少しも, 帰つたで, 帰つたのである, 引ツ裂い, 御座候, 思つてゐる, 悩みて, 惱むアキリュウス, 愚しい, 打ち明けて, 擾亂せられ, 暮れて, 死だ, 死んだ方, 死んで, 殺して, 気の, 沈みけむ, 沈みし我, 沈みつ, 沈みつつ, 沈みては, 沈みながら, 沈みゐたり, 沈み乍ら丑松は, 沈むこと, 沈むで, 沈むといふ, 沈むらむ, 沈む事, 沈んだ, 沈んだの, 沈んでるという, 注ぎて, 流されるならまだ, 疲れて, 瘠せて, 窘んだ, 精に, 耐へ, 耽らうと, 耽りて, 耽ろう, 臆病の, 落ち入って, 袖振り交わし, 費やせり, 較ぶれ, 閉ぢられ

▼ 思~ (100, 0.6%)

20 した 7 する 5 あった, して 4 あつた, ある 2 あります, するが, 心の, 私を, 胸に, 自づと, 非常に

1 [41件] けず路, こみあげて, したこと, したそう, したので, したらう, したろう, します, するの, それを, つもったので, ひらめくよう, ふと心, ほとんど無い, ますばかり, まるで早鐘, 今は, 今夜で, 作った三都, 先師の, 其處に, 凝る, 口惜しく痩せ我慢, 可恐しくなる, 叶わぬと, 多過ぎる, 如きハ, 届いた, 影と, 此方の, 残って, 湧くの, 生れて, 神に, 胸を, 起つて, 軟かに, 透つたやう, 進士に, 遂げたいよって, 遂げて

▼ 思つて私~ (82, 0.5%)

3 はこの 2 はあんな, はさ, はそつ, は今, は何だか, は其の, は家, は心底, は考へた

1 [61件] あきらめて, あ昼間, がその, がそもそも, が一緒, が七階, が何度, が案内, の一存, の寶, の歎, の習慣, は, はあと, はかすか, はしばらく, はせかず, はそれ, はまた, はまだ, はドン, は一生懸命, は一週間, は不審, は不気味, は中根, は久保, は先づ宗教, は六月九日, は國友大助, は帳場, は幾分, は後ろ, は微笑, は怖, は急, は悔悟, は感心, は是, は暫く, は月日, は朝, は欄干, は此頃八犬伝, は泊つて, は猿猴橋, は眺めた, は空, は竦毛, は耳, は興味, は藤田, は跫音, は軽い, は近づきかける, は默つて耳, も一生懸命, も便所, も心配, を監視, 随分怒つ

▼ 思~ (63, 0.4%)

98 てゐた 32 たから, たけれども, ただけ, て周三, て肇さん

1 [33件] たこと, たの, たので, たも, たよ, たら船, た自分, てたの, てたもの, てね, てまた, ても訴, ても食, てる位, てゐるだらう, て今, て僕, て其, て君, て居らぬ, て居る, て慄然, て所, て机, て此頃, て熟, て種々, て自分, て見, て見る, て買ツ, て追, て驚いた

▼ 思~ (58, 0.4%)

3218 ゆるかも 1 へた, ゆること, ゆるまで, ゆる八十氏人, ゆる憎しとは, ゆる日かげ, ゆ栗食め, ゆ水の江の

▼ 思つた事~ (52, 0.3%)

6 はない 5 はなかつた 4 がある 2 はありません, もあつ, もある, も度々

1 [29件] があつ, があります, がよく, が今日, が言, だ, だが, である, とか, ととにかく, なし, なの, には三分, には少女, のない, の中, はある, はいちど, はこれ, は何度, は自由, もあつたらし, もそり, もなかつた, も一つ, も話しました, をすぐ, を今日, を皆んな喋舌ら

▼ 思~ (47, 0.3%)

5 ことが 4 のは 3 んです 2 よ, 所が

1 [31件] からその, から進んだ, か判らへん, が, がイヤ, が女, が最う, ぐらいです, ぐらいな顔, ぐらい遠かっ, けどそんな, さかい黙ってた, その吸殻, ところで, とは大, と見え, のか, のでしょう, のや, のん, はりまん, はるのや, まひし, ものが, ものと, ような, 事は, 所で, 所ろ女房の, 自分の, 黒い影

▼ 思つた時~ (47, 0.3%)

4 に自分 3 にはもう 2 には既に, には神さま, にみのる, はもう

1 [32件] かりそめ, この女, すぐに, せまつた彼, その不審, その姿, だけだ, と同じ, にはあと, には三千円, には入口, には窕子, に丁度, に涙, に若, はお, はなかつた, はまる, は何となくどきりと, は何時も, は情なく, は既に, ふと千代子, ふと豊か, を怨む, 何となく予期, 寂しい寂しい氣持ち, 思はず足, 細い窓, 酷く自分, 鋭い嬌声, 鋭い嬌聲

▼ 思~ (40, 0.2%)

2 する, 寄らぬ事

1 [36件] ありながら, えば, かけない事, かけない仕事, これに, させなかったこと, せずに, つかなかったから, なお足るべからず, なし, やせぬから, やせぬ私, よらず必ずや, よらず白晝, わかき瞳, 出の, 又怪き, 口うつし, 好き程に, 寄らない, 寄らないという, 寄らないといふ, 寄らないもの, 寄らない社会, 寄らなかったろう, 懸けず訪, 掛けぬ所, 掛けぬ精神上, 掛けぬ酷目, 涙も, 清からじ, 潤ふ, 無くなり世, 致し其傍, 起らなかつたで, 通へ

▼ 思つて彼~ (37, 0.2%)

2 は一寸

1 [35件] がその, がキヨトン, が身, が軽い, が近づかう, が顔, の単行本, の腕, の芸術, の顏, はあの, はいつも, はがつかり, はその, はつまらない, はもう一度, はステツキ, はゾツ, は一氣, は再び, は出, は四五日前, は巧利的, は怖, は憂鬱, は懐, は或, は清々, は独, は独り, は自分, は行火, は首, をその, を励まし

▼ 思つてそれ~ (33, 0.2%)

2 を見

1 [31件] から段々, が色々, が非常, だけで, だけを責め, で一緒, で下宿, で満足, で社会, で私, の実行, は誓つて迷惑, ばかり工夫, ばかり心配, をしばらく, をそのまま, をたつた, を一寸, を信じた, を取り, を吹き消さう, を尊敬, を彼等, を慰藉, を持つ, を搜, を書斎, を父, を續けたの, を考, を考へる

▼ 思~ (31, 0.2%)

2 改札口から, 漸く言つて, 自分の

1 [25件] あつた, ここまで, この月, その写真, なだれを, みちみちて, ハンドルを, 其夜を, 口を, 只心は, 吐いた嘘, 夫婦は, 家に, 小さくな, 居た, 待つ, 待つて, 待構えまする, 手に, 敬之進を, 脱却した, 蝙蝠傘を, 言いだした, 通つた, 間隙を

▼ 思たら~ (23, 0.1%)

1 [23件] あかん, それを, ぞうッとして, だんだん疑, つい閾, どないし, なんにも嫉妬, なんや, もうもう生き, やっぱり恐う, 一層むかむか, 一所懸命歯ア喰いしばっ, 今度は, 僕以外にも, 光子さんばっかりや, 十九年の, 大間違い, 実際幸福, 気が, 男の, 自分が, 誰かって, 鳥の

▼ 思つて來~ (23, 0.1%)

53 ると 2 たの

1 [13件] たが, たこと, たその, たつけ, たと, たので, た安井, た處, てみた, てゐる, ましたが, る, るので

▼ 思つた通り~ (22, 0.1%)

3 だ, のこと 2 だよ

1 [14件] お傳, するりと閾, だね, だわ, ですよ, にし, になつ, に小室, に綺麗, に馬車, やりたいわ, をどしどし, を話し, 快い返事

▼ 思切った~ (22, 0.1%)

2 ことを

1 [20件] と云う, のであろう, ような, ように, 乱暴が, 事で, 事を, 二葉亭は, 冒険を, 声で, 大脳手術を, 夫人の, 放胆な, 政治を, 業を, 殿方の, 状し, 皮肉や, 顔を, 風で

▼ 思つて自分~ (21, 0.1%)

1 [21件] が代, が先, が呆れた, ではその, で怖, で話し, なども壁紙やじうたん, にもさう, に納得, のま, のプライド, の一向き, の事, の前, の名, の家, の挙動, の気, は戸外, は東京, は退屈さうに

▼ 思つてたん~ (20, 0.1%)

3 だ, だよ 2 だが, だけど, だつけ 1 がどう, だから, だからね, だがね, だけれど, だわ, でござんすよ, でしたよ

▼ 思つとる~ (18, 0.1%)

4 んだ, んです 1 うちに, かも知れん, かわし, が, ことは, ところだ, と平生, のか, よ, よ全く

▼ 思てる~ (18, 0.1%)

3 ねん, のん 2 うちに 1 か昨日, か知らん, ぐらいやし, ことと, その時, とかあんまり, ねんやろ, のや, んです, んや

▼ 思付いた~ (18, 0.1%)

5 やうに 3 ように 2 のである, 様に 1 が箪笥, という位, のだ, ものが, イヤ憶出した, 君の

▼ 思返す~ (18, 0.1%)

2 だけでも明治時代

1 [16件] ことは, とすみ子, とその, とでも云う, と五十年むかし, と先生, と全く, のであった, のであつ, のである, のは, ばかりである, までもなく, やうな, やうに, ような

▼ 思つた位~ (17, 0.1%)

2 であつ, でした, です

1 [11件] だ, だぜ, である, ですよ, に, の, よ, ゐで, ゐ気分, ゐ汽船, 鋭い鴉

▼ 思込ん~ (16, 0.1%)

6 でいた 4 でいる 1 で, でお, でしまった, で覚えず, で蹲踞む, で辞

▼ 思つた私~ (15, 0.1%)

1 [15件] が無分別, が突然, の戲, の淺薄さ, は, はこれぢ, はその, は一刻, は二人, は凡夫, は堪らない, は笠, は足音静か, は身, は顔

▼ 思切り~ (15, 0.1%)

2 のよい

1 [13件] が能, たる無法, なぐりつけてやらうかと思, の声, の宜, の網, よくフイ, よく飄然, わるくだらり, 悪く椅子, 悪く繰り返した, 悪く言つて, 蹴って

▼ 思掛けない~ (15, 0.1%)

2 ことで

1 [13件] まア, 事で, 事であろう, 事でねえ, 今時分どうして, 出来事の, 悲惨の, 水茶屋の, 浅田自身の, 程早く, 話じゃ, 雨だった, 音に

▼ 思違い~ (15, 0.1%)

4 をし

1 [11件] かも知れない, かも知れぬ, が穴, して, だ, だったかも, であった, であったなら, であったろう, の名, をした

▼ 思入れ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あり, があっ, が稽古, すぐに, で, で無言, で肩, よろしくあっ, よろしくやる, をする, を同じ, を爲, 小弁慶, 深げ

▼ 思浮べ~ (14, 0.1%)

2 て杖形, て飽かず 1 しきりに眠気, つつ直に, てみた, てゐる, て大きな, て居た, ながらフト横, ながら云, 女の, 路を

▼ 思つた彼~ (13, 0.1%)

1 [13件] だつたが, と思つた, の予感, の姿, の材料, は, はあの, は咄嗟, は好い, は懐中, も私, も聊か, れの

▼ 思つて今~ (13, 0.1%)

1 [13件] かけたが, から心配, この茶碗, ね貴女, の先生, の此, はの際, まで尋ね, まで頭, まで黙, も私, 考へると, 迄にも他家

▼ 思つて心配~ (13, 0.1%)

7 して 1 したが, しながら, しましたの, でならない, の餘, を為る

▼ 思つて手~ (13, 0.1%)

1 [13件] で顏, にし, に取, に取つ, に持つ, や足, をつけないである, をやつ, を引き, を握つ, を突, を觸, を退る

▼ 思立った~ (13, 0.1%)

1 [13件] かその, ことは, とありまし, のじゃ, ので信仰, のは, ほどなら, ように, 伯父の, 光堂の, 時偶然或, 時母も, 留学生が

▼ 思遣り~ (13, 0.1%)

2 が好, のある 1 とを以つて之, ながら言, に見えた, のじれった, を受け, を受けよう, を深く, 一ツによる, 深い殿樣

▼ 思つたくら~ (12, 0.1%)

2 ゐだが, ゐで 1 ゐ, ゐいや, ゐだつた, ゐであるが, ゐでした, ゐですから, ゐですからな, ゐ今

▼ 思つたつ~ (12, 0.1%)

2 て世の中 1 てあなた, ていくら, てさ, てそれ, てとても, てやれない, て忽ち, て本当, て眠れなかつた, て見られやしない

▼ 思つてん~ (12, 0.1%)

2 のよ 1 だ, だから, だが, ですが, の, のかい, のそんな, のね, のよさ, のよどう

▼ 思やあ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あっしらあ, ありがたいくらい, いつでも, これから押しだし, こんな奴, しない侍, むこうは, 仙どんじゃ, 何でもねえ, 火に, 腕まくりし, 酒でも

▼ 思付き~ (12, 0.1%)

1 [12件] が記され, が頭, であっても, である, で六間, にスッカリ荒胆, のため, のもの, の妙, はただ, より仕出せし, 又向う

▼ 思つて眼~ (11, 0.1%)

2 をやつ 1 の置き場, をあけた, をつぶつて歸つて來, を凝らし, を寄せ, を拭つて, を転じた, を轉, を開く

▼ 思~ (11, 0.1%)

1 [11件] いえども, いふべきなり, たきこめし, なすべし, 内省と, 同一事, 心とを, 急に, 成る, 日向葵の, 熱き血

▼ 思合せ~ (11, 0.1%)

1 [11件] てこれから, て万一, て何, て半ば, て大抵, て如何にも, て彼, て憂き目, て考へる, て聊か, て自分

▼ 思当る~ (11, 0.1%)

6 ことが 1 に違, のは, ような, 事が, 事も

▼ 思立ち~ (11, 0.1%)

1 [11件] かも知れない, がいかに, だけしか話す, だけに両国, て友, て折節通, でないという, はなかなか, は反っ, を賛成, 曩に

▼ 思つた樣子~ (10, 0.1%)

3 です 1 だ, でしたが, でウ, でピヨコリ, で狹, で立つ, で鍵

▼ 思つて何~ (10, 0.1%)

1 うしても, かの物音, か他, か分からない, か感動, か王様, なら増上寺, の隔心, べんお, もく

▼ 思つて我慢~ (10, 0.1%)

6 して 3 をし 1 をする

▼ 思つて気~ (10, 0.1%)

1 がつく, がわく, が附いた, にとめず, になつ, をもん, を平に, を張りつめる, を痛めました, 附かずに

▼ 思つて目~ (10, 0.1%)

1 が覚め, が覺め, に触れる, に觸, に黥, をこらした, をさます, をつぶつて静か, を上げた, を瞑

▼ 思てた~ (10, 0.1%)

2 とこい, のに阿呆ん 1 そない, のにほんま, 二千円掏られ, 矢先うまい, 綿貫の, 際です

▼ 思立つ~ (10, 0.1%)

1 が多く, だけの事, と愚図, にも及ぶまい, に至つた譯, は大, もの廓の, ように, 時にのみ, 時父親より

▼ 思つた人~ (9, 0.1%)

1 があつ, なども姫, の網, の都合, の顏, は無い, もたくさん, も大, も少なく

▼ 思つた所~ (9, 0.1%)

1 がいかにも, だつた, でありました, で器, で自分, に跡, を伊藤君, を批評, を拾

▼ 思つておいで~ (9, 0.1%)

4 なの 1 だろう, ですね, なのに, になる, りやせん

▼ 思つて心~ (9, 0.1%)

1 が跳, が躍つた, では吹き出したく, にかけて居た, に深い, に銘, に驚ろ, やすらかに滿, を配る

▼ 思つて窓~ (9, 0.1%)

1 からぢ, から庭, に手, のところ, の下, をあける, を明けた, を開け, を離れ

▼ 思つて義雄~ (9, 0.1%)

1 が語る, はこちら, はそこ, はそれ, は微笑, は或, は振り返, は長く, は靜

▼ 思つと~ (9, 0.1%)

2 つたが 1 つた, つたで, つたに, つたんや, らんが, らんに, らんの

▼ 思出さず~ (9, 0.1%)

2 にいられなかった, には居られない, に居られない 1 にはいられなかった, には居られなかつた, に居られなかつた

▼ 思詰め~ (9, 0.1%)

1 たる者共, ていた, ていた事ゆえ, てとぼとぼと, て一途, て恨み, ながら文三, 何とかし, 念じ切って

▼ 思起す~ (9, 0.1%)

3 のである 2 ともう, のでもう 1 ことが, のは

▼ 思つてそつ~ (8, 0.0%)

2 と掌 1 と後, と枕元, と私, と襖, と見物, と靴音

▼ 思つて僕~ (8, 0.0%)

1 が僕, の我儘, はびくびく, はほんとに, は一人, は心あたり, は感心, は遠慮なく

▼ 思つて外~ (8, 0.0%)

1 に何, に出た, のもの, へで, へ出, へ出た, へ飛出す, を覗く

▼ 思つて安心~ (8, 0.0%)

4 して 2 した 1 すると, するの

▼ 思つて氣~ (8, 0.0%)

1 がひけ, が氣, にか, にもせず, もそ, をつけ, を取り直した, を引きしめ直す

▼ 思つて誰~ (8, 0.0%)

1 か此處, か自分, か迎, しもちよい, でもが唯もう, にも云, にも知らさず, も疑ひ

▼ 思つてこれ~ (7, 0.0%)

1 が最後, だけあたし, だけのこと, に飛び乗, を言, を貰つて帰つて, 見よが

▼ 思つてそこ~ (7, 0.0%)

1 だけ取, にゐた, に立ちどまつた, に考へ, の奥さん, まで出, を引きあげ

▼ 思つてぢ~ (7, 0.0%)

4 つと目 1 つと, つとそれ, つと其の

▼ 思つてら~ (7, 0.0%)

7 つし

▼ 思つて家~ (7, 0.0%)

1 に入, の中, の近く, は学校, を出た, を締切つて八時近く, を離し

▼ 思つて胸~ (7, 0.0%)

1 が潰れる, が迫つたの, のときめき, を悪く, を抱いた, を掻き, を轟

▼ 思ほえ~ (7, 0.0%)

2 ばいかに 1 て山, て情なき, て歎, て脛, で左右

▼ 思ほゆる~ (7, 0.0%)

3 かな 2 我がか 1 妹と, 雁は

▼ 思付い~ (7, 0.0%)

1 てこの, てイタリー人, て其処, て彼, て木下主筆, て遠く, て邦訳

▼ 思出せない~ (7, 0.0%)

1 から然, が, が父, のです, んでしょう, 一人の, 毎夜の

▼ 思つたらう~ (6, 0.0%)

1 がさ, が小牧山, つまりあの, といふ月船君, と考へる, ね

▼ 思つた丈~ (6, 0.0%)

21 けでも, けでも恐ろしい, で美奈子, の事

▼ 思つた女~ (6, 0.0%)

1 が存外, と添, の顏, の風俗, はあるいは, は皆云

▼ 思つた時自分~ (6, 0.0%)

2 の胸 1 の心, は我儘, は既に, は本間久雄氏

▼ 思つた瞬間~ (6, 0.0%)

1 その弟, にはもう, に右, に瑠璃子, もある, 悲しいと

▼ 思つてお前~ (6, 0.0%)

1 に勝手, の為, はさつき, は心配, もそれ, を呼んだ

▼ 思つてここ~ (6, 0.0%)

1 でしばらく, でワラビ, には省く, の教父, までせつせつと, まで息

▼ 思つてちよ~ (6, 0.0%)

1 つくら遊び, つとからか, つととよんだ, つと安易, つと聞い, と注意

▼ 思つて感心~ (6, 0.0%)

3 して 2 したくら 1 したやう

▼ 思つて注意~ (6, 0.0%)

4 して 1 した, は一切遠慮

▼ 思つて耳~ (6, 0.0%)

2 を掩 1 に口, の穴, を澄し, を立てた

▼ 思つて行つて~ (6, 0.0%)

2 見ると 1 見たの, 見だば, 見ましたが, 見ますと

▼ 思つて貰~ (6, 0.0%)

2 ひ度い 1 はう, ひ受けたので, ふこと, へばい

▼ 思つて默つて~ (6, 0.0%)

1 ゐた, ゐたところ, ゐたのよ, ゐると, 居たん, 居る

▼ 思ても~ (6, 0.0%)

1 その弱点, ぞっとする, やっぱり心から憎む, 可哀そうに, 思われて, 手頸握られ

▼ 思やる~ (6, 0.0%)

51

▼ 思入った~ (6, 0.0%)

1 その雛, 人の, 形で, 語気で, 風であった, 風情である

▼ 思切る~ (6, 0.0%)

1 か, やうな, やうにと, フン何が, 断念めた, 時猫の

▼ 思定め~ (6, 0.0%)

2 ておいで 1 てよりはまた, て再び, て四辺, 堀端を

▼ 思詰めた~ (6, 0.0%)

1 から只, に式, ほどの事, ものだ, ものなら, 顔色去り

▼ 思込んだ~ (6, 0.0%)

1 やうな, 修行の, 気色だった, 状し, 調子に, 顔を

▼ 思つた自分~ (5, 0.0%)

1 が最初, で自分, の手, の胸, は愚弟

▼ 思つてうつ~ (5, 0.0%)

1 かり, かりして, かり一番先, かり引きうけて, かり読んで

▼ 思つてるだらう~ (5, 0.0%)

21 が, がそり, 馬鹿な

▼ 思つてるらし~ (5, 0.0%)

5 かつた

▼ 思つて人~ (5, 0.0%)

1 から貰つた虱, にた, にどうして, の云, を鶉

▼ 思つて俺~ (5, 0.0%)

1 がかう, は, は不敏, は五日, は静か

▼ 思つて幾度~ (5, 0.0%)

1 か声, か胸, も探し, も斯, 同じやう

▼ 思つて斯~ (5, 0.0%)

2 うして, うやつ 1 ういふ

▼ 思つて机~ (5, 0.0%)

2 の前 1 に向, に向つた, の下

▼ 思つて油斷~ (5, 0.0%)

2 するな, をし 1 をする

▼ 思つて涙~ (5, 0.0%)

1 が滲ん, をう, をこぼした, をはらつ, を流し

▼ 思つて言~ (5, 0.0%)

2 はなかつた 1 ひなり通りお金, ひ澱みましたが, ひ知れぬ苦しい

▼ 思つて馬鹿~ (5, 0.0%)

2 にし 1 にしてた, にしてる, にする

▼ 思もや~ (5, 0.0%)

1 何も, 其処い, 悪い泥棒, 頭痛が, 養母さんち

▼ 思~ (5, 0.0%)

1 助六ヨリモ揚巻, 又ソウデアルコトヲ希望スル, 見ヨ, 追ッカケタラ, 遣リガアリ

▼ 思出せ~ (5, 0.0%)

1 さう, ばその, ばなお, ば又, ば廿一二歳

▼ 思半ば~ (5, 0.0%)

2 に過 1 に過ぎ, に過ぎよう, に過ぎん

▼ 思懸けない~ (5, 0.0%)

1 ことで, その御礼, と相応, 方が, 真新い

▼ 思掛け~ (5, 0.0%)

4 なさ 1 もない

▼ 思浮べる~ (5, 0.0%)

1 ことが, と遉, のであつ, のでした, 度々私

▼ 思知る~ (5, 0.0%)

1 のだ, のであった, ばかり, ほど情なき, 時有らん

▼ 思設けぬ~ (5, 0.0%)

2 事で, 相談では 1 面色の

▼ 思たのん~ (4, 0.0%)

1 で伺うた, で急, で金, 私だけ

▼ 思たん~ (4, 0.0%)

1 が悪かっ, が気, であろ, はあれ

▼ 思つた平次~ (4, 0.0%)

1 の感, の豫想, もこれ, もツイ

▼ 思つた心~ (4, 0.0%)

1 のせゐだ, の一端, の虚, は全く

▼ 思つた時彼~ (4, 0.0%)

1 が言, はその, は彼女, は酷い

▼ 思つてあと~ (4, 0.0%)

1 しざりを, で四畳, で庭石, の半分

▼ 思つてあなた~ (4, 0.0%)

2 と一緒 1 のお, のお子さん

▼ 思つていや~ (4, 0.0%)

2 な氣 1 に生意気, に高飛車

▼ 思つてちよい~ (4, 0.0%)

1 とその, とやつ, と出した, と相談

▼ 思つてやつ~ (4, 0.0%)

1 たのに, ています, て下さい, て來

▼ 思つてペン~ (4, 0.0%)

2 を執つた 1 をとります, を持つた

▼ 思つて一寸~ (4, 0.0%)

1 も動くまい, ギクリと, 来て, 淋しい氣

▼ 思つて下~ (4, 0.0%)

3 ださ 1 さりさうな

▼ 思つて二人~ (4, 0.0%)

1 の子, の子供, の小, の頼

▼ 思つて子供~ (4, 0.0%)

1 ご, に物, の遊び友だち, を背負

▼ 思つて彼女~ (4, 0.0%)

1 の知る, の言葉, ははつ, は耳

▼ 思つて後~ (4, 0.0%)

1 で後悔, の夜著, をも向かず逃げ出し, を向い

▼ 思つて心待ち~ (4, 0.0%)

2 に待つ 1 で堪らない, にした

▼ 思つて手紙~ (4, 0.0%)

1 ではいつ, の来る, を差上げました, を遣つた

▼ 思つて文吾~ (4, 0.0%)

1 は暗黒, は母, は睨む, は胸

▼ 思つて昨日~ (4, 0.0%)

2 も一度 1 も白船君, 着た毛織

▼ 思つて時計~ (4, 0.0%)

2 を見る 1 が惜しく, を眺め

▼ 思つて朝~ (4, 0.0%)

1 から夜, にした, 出て, 早く青木さん

▼ 思つて腹~ (4, 0.0%)

1 が立つた, の底, も立つた, を立てた

▼ 思つて苦笑~ (4, 0.0%)

2 した 1 したり, するより

▼ 思つて身~ (4, 0.0%)

1 に着け, の輕, をかはし, をよける

▼ 思つて遠く~ (4, 0.0%)

1 からそれとなく, から不思議さうに, から振り返つ, から注意

▼ 思つて顔~ (4, 0.0%)

2 をあげた 1 をあかく, を出したら

▼ 思つて首~ (4, 0.0%)

1 でも吊らなかつたら, をすくめた, を上げ, を振つた

▼ 思ほえぬ~ (4, 0.0%)

1 かな, かも, 世に, 世を

▼ 思~ (4, 0.0%)

1 仮リニ颯チャント春久サントノ間ニ何カアッタトシテモ, 故ニ, 故ニ云ウノダ, 程ナオ涙ガ出ル

▼ 思ッタ~ (4, 0.0%)

1 故妻ヘモアトノコトヲワザワザ云イ含メテ来マシタ, 故方々カセイ, 故皆, 故種々

▼ 思出すまい~ (4, 0.0%)

2 と渠 1 と戦つて, と戰つて

▼ 思合せる~ (4, 0.0%)

1 と彼時, と歳月, と起稿, 事が

▼ 思当った~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことの, のである, ように

▼ 思掛けなかった~ (4, 0.0%)

1 が左, ので早速, のは, よ

▼ 思掛けなく~ (4, 0.0%)

1 ゆや, 内側に, 御面会, 雑鬧の

▼ 思掛けぬ~ (4, 0.0%)

1 手紙を, 発見に, 老婦人, 莫大な

▼ 思立つた~ (4, 0.0%)

1 ので今日横山, ので今日病院, ものであります, やうな

▼ 思続け~ (4, 0.0%)

1 て果, 候て, 候ては, 候とても

▼ 思込む~ (4, 0.0%)

1 ことによって, で了ツ, と涙, と男

▼ 思あら~ (3, 0.0%)

3 しむ

▼ 思あり~ (3, 0.0%)

1 乃ち懷を, 人の, 宝石商の

▼ 思~ (3, 0.0%)

1 これに, 出した樣, 悩が

▼ 思がけ~ (3, 0.0%)

2 ない処 1 ないやう

▼ 思たり~ (3, 0.0%)

1 しましたの, 欺された, 自動電話かけ

▼ 思つた日~ (3, 0.0%)

1 にはたまらなく, には何で, には其処

▼ 思つた時私~ (3, 0.0%)

1 に於, は存在, は遇

▼ 思つた様子~ (3, 0.0%)

1 だつた, であつ, でした

▼ 思つた男~ (3, 0.0%)

1 が曾つて自分, とお袋, よりももつ

▼ 思つてあたり~ (3, 0.0%)

1 をぶらつい, を見, を見まわし

▼ 思つておれ~ (3, 0.0%)

1 の罪, はそのまま, は戸外

▼ 思つてお勝手~ (3, 0.0%)

1 の戸棚, の落し, をのぞきました

▼ 思つてそちら~ (3, 0.0%)

1 へこの, へさがし, を見る

▼ 思つてちやう~ (3, 0.0%)

1 だいね, どそれ, ど窓

▼ 思つてわし~ (3, 0.0%)

1 のいふ, は何事, は室

▼ 思つて一所懸命~ (3, 0.0%)

1 でさね, なの, にやつ

▼ 思つて二階~ (3, 0.0%)

1 の上, へ駈上, を見る

▼ 思つて今日~ (3, 0.0%)

1 思ひ切つて口, 迄交際つて, 迄色々

▼ 思つて仕舞~ (3, 0.0%)

2 ひ込んで 1 ふの

▼ 思つて伺~ (3, 0.0%)

2 つたん 1 つたこと

▼ 思つて何ん~ (3, 0.0%)

1 でも, なこと, な細工

▼ 思つて傍~ (3, 0.0%)

2 を見る 1 にある

▼ 思つて其所~ (3, 0.0%)

1 の活動写真館, へ行, を出た

▼ 思つて口~ (3, 0.0%)

1 にしよう, をつぐんだ, をとじた

▼ 思つて女~ (3, 0.0%)

1 が袖の下, は小声, は微笑んだ

▼ 思つて娘~ (3, 0.0%)

1 のお, は女学校, を見た

▼ 思つて室~ (3, 0.0%)

1 に入, に詰めき, を大変

▼ 思つて居~ (3, 0.0%)

1 なけり, に, やがる

▼ 思つて床~ (3, 0.0%)

1 から辷り出た, の上, の中

▼ 思つて廊下~ (3, 0.0%)

1 に出る, へ出た, をぐるぐる

▼ 思つて強~ (3, 0.0%)

3 ひて

▼ 思つて急~ (3, 0.0%)

1 に眞黒, に真黒, に逃げ出す

▼ 思つて愛ちやん~ (3, 0.0%)

1 が後, は, は振

▼ 思つて此處~ (3, 0.0%)

1 で待つ, に參つて, まで歸つて

▼ 思つて母~ (3, 0.0%)

1 に何, は毎朝跣足, や妹

▼ 思つて渠~ (3, 0.0%)

1 はさき, は新, は自分

▼ 思つて滿~ (3, 0.0%)

2 足して 1 足した

▼ 思つて用心~ (3, 0.0%)

2 して 1 をし

▼ 思つて直ぐ~ (3, 0.0%)

2 に目 1 に止めた

▼ 思つて秘か~ (3, 0.0%)

1 に冷汗, に喜んだ, に胸

▼ 思つて空~ (3, 0.0%)

1 を凝視め, を見る, を見上げました

▼ 思つて膝~ (3, 0.0%)

2 を撞く 1 の上

▼ 思つて良寛さん~ (3, 0.0%)

1 は, は一人, を訪ね

▼ 思つて菊次さん~ (3, 0.0%)

1 は口, は急ぎはじめました, は自分

▼ 思つて行~ (3, 0.0%)

2 つた 1 つたん

▼ 思つて遠慮~ (3, 0.0%)

1 した, せずに, 深さ

▼ 思つて電話~ (3, 0.0%)

2 に出 1 をかけ

▼ 思つて静か~ (3, 0.0%)

1 に妾, に樹, に眼

▼ 思つて非常~ (3, 0.0%)

1 な勢ひで毛, にその, に愉快

▼ 思つて頭~ (3, 0.0%)

1 の上, の天邊, を下げ

▼ 思てけ~ (3, 0.0%)

3 つかんの

▼ 思である~ (3, 0.0%)

2 のにまあ 1 が上官

▼ 思とを~ (3, 0.0%)

2 恣に 1 必要と

▼ 思なく~ (3, 0.0%)

1 んば, 可哀, 朝鮮の

▼ 思にて~ (3, 0.0%)

2 心は 1 参じ候効

▼ 思やが~ (3, 0.0%)

2 つたか 1 つて和尚が

▼ 思~ (3, 0.0%)

1 ふ土州, ふ相, 一春の

▼ 思れる~ (3, 0.0%)

1 が決して, 方法を, 程に

▼ 思~ (3, 0.0%)

1 です, ですの, みるに

▼ 思ウト~ (3, 0.0%)

1 恐クナッタ, 直キニ覚メル, 逆ニソノタメニ

▼ 思付く~ (3, 0.0%)

1 ことを, と彼女, 物でない

▼ 思入り~ (3, 0.0%)

1 たりし, たるやう, ぬ

▼ 思入る~ (3, 0.0%)

1 のみなりし, 日に, 苦しさ

▼ 思出さない~ (3, 0.0%)

1 ものだ, やうな, 事さえ

▼ 思出る~ (3, 0.0%)

1 がま, がまま, んです

▼ 思定めた~ (3, 0.0%)

2 がその 1 のである

▼ 思懸けず~ (3, 0.0%)

1 何の, 気軽である, 船が

▼ 思掛けず~ (3, 0.0%)

1 にビアトレス, にモニカ, もここ

▼ 思比べ~ (3, 0.0%)

1 てすくなくも, て居たらしい, て当世

▼ 思込まれ~ (3, 0.0%)

1 てそれ, て浮名, て隅田川

▼ 思~ (2, 0.0%)

1 ねえ, ねえのがん

▼ 思かれる~ (2, 0.0%)

2 かも

▼ 思この~ (2, 0.0%)

1 中より, 篇にて

▼ 思~ (2, 0.0%)

1 うなじを, 遂に乳飲児

▼ 思たのんです~ (2, 0.0%)

1 が病院, ねん

▼ 思つたさう~ (2, 0.0%)

1 ぢや, で

▼ 思つたせゐ~ (2, 0.0%)

1 か千兩箱, でせう

▼ 思つたつけ~ (2, 0.0%)

1 が, が今日

▼ 思つたつて駄目~ (2, 0.0%)

1 だ, ですよ

▼ 思つたトタン~ (2, 0.0%)

1 に, にスラリ

▼ 思つた僕~ (2, 0.0%)

1 はさう吐きだした, は笑はず

▼ 思つた其~ (2, 0.0%)

1 うつくしい翼の, で此

▼ 思つた句~ (2, 0.0%)

1 が不首尾, にお

▼ 思つた場所~ (2, 0.0%)

1 では逢, には雨戸一枚

▼ 思つた妻~ (2, 0.0%)

1 は今, もやはり

▼ 思つた往来~ (2, 0.0%)

2 する電車

▼ 思つた心持~ (2, 0.0%)

1 がまた, が既に

▼ 思つた悟空~ (2, 0.0%)

1 は嬉し, は滑稽

▼ 思つた方~ (2, 0.0%)

1 がよく, が多

▼ 思つた時それ~ (2, 0.0%)

1 が丁度, はただ

▼ 思つた時何~ (2, 0.0%)

1 か求める, にかドタリ

▼ 思つた本~ (2, 0.0%)

1 は皆, も未だに

▼ 思つた次~ (2, 0.0%)

2 の瞬間

▼ 思つた歌~ (2, 0.0%)

1 などを少し, やこれ位

▼ 思つた父~ (2, 0.0%)

1 は年頃酒, も私

▼ 思つた王~ (2, 0.0%)

1 は同時に, は漸く

▼ 思つた相~ (2, 0.0%)

1 だが, ですよ

▼ 思つた瞬間彼~ (2, 0.0%)

1 の眼, はもう

▼ 思つた者~ (2, 0.0%)

1 はあまり, はありません

▼ 思つた菊坂町~ (2, 0.0%)

1 は此処, は此處

▼ 思つた處~ (2, 0.0%)

1 の一, を武斷的

▼ 思つた記憶~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 思つた途端~ (2, 0.0%)

1 に秋風, に電光石火

▼ 思つた頃~ (2, 0.0%)

1 にちやん, はもう

▼ 思つた風~ (2, 0.0%)

1 もいつしか, も自分

▼ 思つてあれ~ (2, 0.0%)

1 だけが皆, はちやん

▼ 思つてあんた~ (2, 0.0%)

1 に逢, をこの

▼ 思つてがまん~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 思つてこんど~ (2, 0.0%)

1 は二つ, は北

▼ 思つてさ~ (2, 0.0%)

1 へゐた, へ呉れ

▼ 思つてしまつて~ (2, 0.0%)

1 はいけない, 置いて

▼ 思つてせつ~ (2, 0.0%)

2 せと

▼ 思つてなほ~ (2, 0.0%)

1 ざりに, も眼

▼ 思つてはつ~ (2, 0.0%)

1 とする, と夢

▼ 思つてびつくり~ (2, 0.0%)

1 したよ, して

▼ 思つてみのる~ (2, 0.0%)

1 はこの, は數

▼ 思つてるで~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 思つてわたくし~ (2, 0.0%)

1 はヲロヂカ, は辭

▼ 思つてヒヨイ~ (2, 0.0%)

1 と見る, と顏

▼ 思つてビクリ~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 思つてランプ~ (2, 0.0%)

1 の下, の芯

▼ 思つてリヴィングストーン~ (2, 0.0%)

2 の顔色

▼ 思つて一つ~ (2, 0.0%)

1 でもお前, の正統さ

▼ 思つて一人~ (2, 0.0%)

1 が先, 早く都會

▼ 思つて一人胸~ (2, 0.0%)

2 を痛めた

▼ 思つて一生懸命~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ 思つて一緒~ (2, 0.0%)

1 に自分, に行

▼ 思つて丁寧~ (2, 0.0%)

1 に探し, に顔

▼ 思つて三寸~ (2, 0.0%)

2 から四寸位

▼ 思つて上京~ (2, 0.0%)

1 しただが, したのに

▼ 思つて上框~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ 思つて事~ (2, 0.0%)

1 に当, 更に空想

▼ 思つて云~ (2, 0.0%)

1 つて, ふ事

▼ 思つて云つて~ (2, 0.0%)

1 ゐるんぢ, 居るらしいが

▼ 思つて交際~ (2, 0.0%)

1 しやう, を求めた

▼ 思つて今一度よみ~ (2, 0.0%)

2 かへし

▼ 思つて今度~ (2, 0.0%)

1 の妾達, はひとつ

▼ 思つて仕方~ (2, 0.0%)

1 がなかつた, なしに

▼ 思つて來たん~ (2, 0.0%)

1 だがね, だけれど

▼ 思つて側~ (2, 0.0%)

1 に寄つた, の人

▼ 思つて先づ不快~ (2, 0.0%)

2 を催した

▼ 思つて入口~ (2, 0.0%)

1 のガラス戸, の方

▼ 思つて内心~ (2, 0.0%)

1 びくびくし, 大いに喜ん

▼ 思つて出口~ (2, 0.0%)

1 で其絵葉書, を探しました

▼ 思つて力一ぱい~ (2, 0.0%)

2 押し込むと

▼ 思つて加藤~ (2, 0.0%)

2 も弱

▼ 思つて十八語~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ 思つて友達~ (2, 0.0%)

1 のところ, のやう

▼ 思つて吃驚~ (2, 0.0%)

1 したん, しちや

▼ 思つて君~ (2, 0.0%)

1 をねらつ, を憎む

▼ 思つて命~ (2, 0.0%)

2 を絶つた

▼ 思つて団扇~ (2, 0.0%)

1 で敲く, を片手

▼ 思つて塗つて~ (2, 0.0%)

2 もらふ事

▼ 思つて墨~ (2, 0.0%)

2 を磨り

▼ 思つて失望~ (2, 0.0%)

1 した, を重ね

▼ 思つて女中~ (2, 0.0%)

1 を呼ん, を見せ

▼ 思つて妾~ (2, 0.0%)

1 は一日, もいきなり

▼ 思つて孝行~ (2, 0.0%)

1 しますから, をし

▼ 思つて小屋~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 思つて小走り~ (2, 0.0%)

1 に歩いた, に駈け

▼ 思つて帰つて~ (2, 0.0%)

1 来たわけ, 見たが

▼ 思つて幽か~ (2, 0.0%)

2 に笑つた

▼ 思つて庭~ (2, 0.0%)

1 に出, を見る

▼ 思つて彼等~ (2, 0.0%)

1 の様子, の職業

▼ 思つて後ろ~ (2, 0.0%)

1 から覗い, を振り返る

▼ 思つて後悔~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 思つて得意さうに微笑~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 思つて御覧~ (2, 0.0%)

1 なさい本当に, 下さい

▼ 思つて念~ (2, 0.0%)

1 のため, を押しました

▼ 思つて息~ (2, 0.0%)

1 をつめ, を切らし

▼ 思つて悚然~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 思つて惡~ (2, 0.0%)

1 い料簡, い氣

▼ 思つて慄然~ (2, 0.0%)

1 たらざる, とした

▼ 思つて戰慄~ (2, 0.0%)

1 いた, した

▼ 思つて斷~ (2, 0.0%)

1 つた, つたさ

▼ 思つて方々~ (2, 0.0%)

1 へ行つて怪談, 探して

▼ 思つて東京~ (2, 0.0%)

1 へやつ, へ来

▼ 思つて枕許~ (2, 0.0%)

1 のマッチ, のマツチ

▼ 思つて植木屋~ (2, 0.0%)

1 に頼ん, をよん

▼ 思つて横~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 思つて横目~ (2, 0.0%)

1 で五郎, にみ

▼ 思つて此~ (2, 0.0%)

1 の人形, の日

▼ 思つて武士~ (2, 0.0%)

1 は刀, は虱

▼ 思つて歸つて來~ (2, 0.0%)

1 た留學生, ると

▼ 思つて水~ (2, 0.0%)

1 のわき, を飮ん

▼ 思つて湯殿~ (2, 0.0%)

1 にはいつた, をあけ

▼ 思つて溜息~ (2, 0.0%)

2 を吐い

▼ 思つて熱心~ (2, 0.0%)

1 になつ, に考へ

▼ 思つて爲事~ (2, 0.0%)

2 を尋ね

▼ 思つて物~ (2, 0.0%)

1 も云はず, を問ふた

▼ 思つて獨~ (2, 0.0%)

1 でに歩調, り言

▼ 思つて申~ (2, 0.0%)

1 上げたの, 上げて

▼ 思つて皆~ (2, 0.0%)

1 な心配, な流し

▼ 思つて石~ (2, 0.0%)

1 の下, を転がした

▼ 思つて私達~ (2, 0.0%)

1 は今日, も暑

▼ 思つて紙~ (2, 0.0%)

2 と状袋

▼ 思つて聟養子~ (2, 0.0%)

1 を貰つた婚礼, を貰つた婚禮

▼ 思つて聲~ (2, 0.0%)

1 を掛ける, を立て

▼ 思つて聽~ (2, 0.0%)

1 いて, き流すこと

▼ 思つて肚~ (2, 0.0%)

1 をきめ, をぶよぶよ

▼ 思つて袂~ (2, 0.0%)

2 を探した

▼ 思つて裏~ (2, 0.0%)

1 から廻つて, へ廻る

▼ 思つて覗き~ (2, 0.0%)

2 こんで

▼ 思つて親分~ (2, 0.0%)

1 に内緒, も一度

▼ 思つて言つたの~ (2, 0.0%)

1 であるとでも, では

▼ 思つて詞~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 思つて貴女~ (2, 0.0%)

2

▼ 思つて買つて~ (2, 0.0%)

1 やるん, 置いた酒

▼ 思つて足~ (2, 0.0%)

1 を止めた, を見ます

▼ 思つて道端~ (2, 0.0%)

1 で声, の草原

▼ 思つて金~ (2, 0.0%)

1 だけを送つた, を貸す

▼ 思つて隣~ (2, 0.0%)

1 にゐた巡, の席

▼ 思つて隱~ (2, 0.0%)

1 さずに, れたの

▼ 思つて雪江~ (2, 0.0%)

1 は物蔭, は眼

▼ 思つて青年~ (2, 0.0%)

1 は恥づかしい, もとうとう

▼ 思つて頸~ (2, 0.0%)

1 なぞも思ひ切, を延ばし

▼ 思つて顏~ (2, 0.0%)

1 には謂, を上げた

▼ 思つて馬~ (2, 0.0%)

1 のやう, を返し

▼ 思つとるだ~ (2, 0.0%)

2

▼ 思てえ~ (2, 0.0%)

1 へなん, へんな

▼ 思てえへん~ (2, 0.0%)

1 それで男子, よってに

▼ 思てるらしい~ (2, 0.0%)

2 のん

▼ 思です~ (2, 0.0%)

1 わ眞, わ真暗

▼ 思とった~ (2, 0.0%)

1 んです, んやし

▼ 思~ (2, 0.0%)

2 けむか

▼ 思ほえむ~ (2, 0.0%)

2 かも

▼ 思やこそ~ (2, 0.0%)

1 こうして莫大, 一生懸命に

▼ 思より~ (2, 0.0%)

2 思を

▼ 思~ (2, 0.0%)

1 ても一言, もする

▼ 思ッたより~ (2, 0.0%)

1 はサ, も市中

▼ 思ッタト~ (2, 0.0%)

1 湿, 見エテ

▼ 思乱れ~ (2, 0.0%)

1 ながら眺めました, 種々に

▼ 思入っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 思出さね~ (2, 0.0%)

1 ばならなかった, ば気

▼ 思出し~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 思出せなかった~ (2, 0.0%)

1 が数時間, が髑髏

▼ 思出せぬ~ (2, 0.0%)

1 しその, し其の

▼ 思切れなかつた~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 思去り~ (2, 0.0%)

2 もあ

▼ 思合った~ (2, 0.0%)

1 交り, 若い男女

▼ 思居り~ (2, 0.0%)

1 まゐ, 候ものを

▼ 思悄然~ (2, 0.0%)

2 という句

▼ 思懸けざる~ (2, 0.0%)

1 に驚けり, 為体を

▼ 思懸けぬ~ (2, 0.0%)

2 幸福が

▼ 思懸けませんでした~ (2, 0.0%)

2 ので

▼ 思止まる~ (2, 0.0%)

1 が宜いと, ことに

▼ 思浮べた~ (2, 0.0%)

1 のであった, 私は

▼ 思浮ん~ (2, 0.0%)

1 でも物凄い, でゐる

▼ 思湧く~ (2, 0.0%)

1 がごとし, 時である

▼ 思着いた~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 骨あれ

▼ 思窮め~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て死にます

▼ 思立っ~ (2, 0.0%)

1 たり後悔, ていた

▼ 思見る~ (2, 0.0%)

1 暇も, 磐梯山の

▼ 思言書自在~ (2, 0.0%)

1 の権, の権利

▼ 思返せ~ (2, 0.0%)

1 ば三崎町, ば今日荒廃

▼1* [1537件]

あまりぬ, 思あらしむるに足る, 思あらしめたり, 思ありたれば此, 思ありてたへがたく, 思あれば秋, 思いともいとも悲しき事, 思かたむけいつとなく, 思かというに, 思かな花の木間に, 思かへして, 思かも知れないが, 思かれらの, 思て覗く, 思きった大胆な, 思ここに到り, 思こめ口を, 思あやしけれ, 思たいうような, 思たばかり所謂世間の, 思たまへ, 思たら掴まえに来, 思たら間違てるし, 思たら飲んだ風し, 思たりはしまへんの, 思が生活, 思だろが俺, 思つきだろう, 思つたお由良です, 思つたきれいでしんせつ, 思つたぎり讀み捨てておいた, 思つたぐらゐ日本が負けた, 思つたことばは神自身, 思つたそれが最初, 思つたつきや, 思つたつて仕樣, 思つたつてめつたにはいれない, 思つたつて下宿屋ぢやすぐ, 思つたのさ知れると, 思つたはじめは, 思つたほか別にどれ, 思つたほか実を云, 思つたみのるは好い, 思つたやうでしたが, 思つたらさうでもない, 思つたらさうでなく旧の, 思つたらたつた七日でも, 思つたらもつと俗悪, 思つたら亡くなつた先の, 思つたら光らなくなつた, 思つたら参りませんでしたの, 思つたら帰らないことが, 思つたら成る程ね, 思つたら死なしやつた, 思つたら死んでゐた, 思つたら消えてしまふ, 思つたら自惚れだよ, 思つたら訊いて下さい, 思つたら読まずに棄て, 思つたら起してくれれ, 思つたら連れて行け, 思つたら飛んでもねえ, 思つたら飲まなければ好い, 思つたわ父さん, 思つたわけぢやある, 思つたゲエテが原文, 思つたサ何卒お, 思つたツて金, 思つた一人であるが, 思つた一刹那この社会主義者, 思つた一棟の家, 思つた万年筆は浴衣, 思つた三尺四尺五尺四方一丈余段々と, 思つた三本の松の木, 思つた三田が默つて, 思つた上に自分, 思つた与力の家々, 思つた中には僕, 思つた事がらを指, 思つた事さへある, 思つた事柄をどんなに, 思つた二十三の賢, 思つた二葉亭の, 思つた五行の詩, 思つた井戸の茶碗, 思つた亭主が不意, 思つた人々によつて工夫, 思つた人達が多, 思つた人間からこんなに, 思つた仔細に見聞, 思つた伊香保の湯槽, 思つた位ひだつた, 思つた位最初から其の, 思つた位當時の私, 思つた佐治が起き, 思つた何時も逢, 思つた余りにその, 思つた俺の好き, 思つた倍の物, 思つた儘を言, 思つた兄は一寸, 思つた八五郎の手, 思つた兵卒は胸, 思つた其途端其夜汝の家, 思つた兼家すらさ, 思つた出鼻を挫, 思つた初恋です, 思つた刹那にひとりでに, 思つた刹那全身が硬, 思つた割にをかしく, 思つた南の亭主, 思つた印象に気づいた, 思つた収入も貯金帳, 思つた叔母は殊勝, 思つた吉井勇氏はかう, 思つた同士は道行き, 思つた同士人前で内証, 思つた向うから吹く, 思つた土地で松杉, 思つた地位を奪, 思つた地獄の底, 思つた外白耳義の十九世紀, 思つた夜被も, 思つた大久保湖州も或は, 思つた大事の弟子, 思つた失敗談は, 思つた女たちはもうこ, 思つた奴が六十滴許, 思つた妹のこと, 思つた妻子を殺され, 思つた姉はふら, 思つた姉様の親切, 思つた姫は急い, 思つた婿の伊勢屋新兵衞, 思つた子規の手紙, 思つた家と云, 思つた封建時代の遺習, 思つた小泉は一旦, 思つた小説の趣向, 思つた帶も締め, 思つた平戸ガールのサービス, 思つた年月も少く, 思つた床の中, 思つた廣大な建物, 思つた弟が母, 思つた弟子の方, 思つた彌次連は先刻, 思つた彼女自身のため, 思つた忘念しようと, 思つた恐怖の念, 思つた悪戯男はのつ, 思つた感傷の末, 思つた懇意にし, 思つた房一は, 思つた手紙なり葉書, 思つた批評は當時, 思つた持主はその, 思つた文春の池島信平, 思つた方向へ進ん, 思つた日出雄をも國, 思つた昔の京都, 思つた時かすかな恐れ, 思つた時これは運, 思つた時どこからとも知らず, 思つた時シンを油壺, 思つた時一隅に寝, 思つた時仇を取つた, 思つた時今までの自分, 思つた時今度格子戸を明ける, 思つた時今日のみのる, 思つた時他人に聞かれる, 思つた時問ひ返さる, 思つた時平中の手, 思つた時急に哀れ, 思つた時文太郎は獨言, 思つた時樹立の中, 思つた時民子の胸, 思つた時牛は人間, 思つた時眼が醒めた, 思つた時虎と蛇, 思つた時裕佐は更に, 思つた曲者の顏, 思つた最初の時, 思つた最後の決意, 思つた朝早く道, 思つた松林の根もと, 思つた案内人は行く, 思つた横丁のしもた, 思つた次男は思ひ, 思つた次第である, 思つた此の彌, 思つた此處で釣るなら釣れない, 思つた死骸の肩, 思つた気持もそれ, 思つた河原の傍, 思つた温順な豫科, 思つた湖州は思ひ, 思つた煌々たる照明, 思つた物は古, 思つた犬は今度, 思つた現金が皆んな, 思つた生涯が淺, 思つた産婦が抑揚, 思つた畑尾はそこそこ, 思つた白の腰, 思つた相手を徒ら, 思つた眼を稍下, 思つた瞬間それは俺, 思つた瞬間二人の目, 思つた瞬間前の敵, 思つた瞬間名状すべからざる戰慄, 思つた瞬間実のところ, 思つた瞬間少年は早く, 思つた瞬間眼が合, 思つた秋夢君のやう, 思つた空からは一旦, 思つた窓がなく, 思つた純情の人双, 思つた細工でせう, 思つた罪がある, 思つた美奈子は電車, 思つた美智子はもう, 思つた義母よりか老, 思つた翌々日であつ, 思つた考へや恨みごと, 思つた興味はお, 思つた蕗子が顔, 思つた虚の胎内, 思つた行乞相は満点, 思つた袷がこんな, 思つた覚えはない, 思つた訣ではなかつた, 思つた許りでも, 思つた訳でも無, 思つた評論感想の類, 思つた話は案外, 思つた読者は初め, 思つた調子である, 思つた財産は案外, 思つた貴方にも逢, 思つた赤飯の殘, 思つた足音はこの, 思つた車はちやう, 思つた車寄せの石段, 思つた軍艦造るの, 思つた近所の人々, 思つた通りあいつは変名, 思つた通りそれは自分, 思つた通りポケットは空, 思つた通りロマンスではなく, 思つた通り三國屋は八方, 思つた通り三度までこの, 思つた通り天井坂は二枚, 思つた通り彼は憤, 思つた通り男だつたの, 思つた通り病室は放つたら, 思つた通り私の知, 思つた通り親戚は一人, 思つた造酒右衛門さんは注文, 思つた部分は俳優, 思つた酒も時に, 思つた重吉は盃, 思つた金属は銀, 思つた錢形の平次, 思つた鑵詰事業に手, 思つた長屋の奴等, 思つた間髪みつ子の頬, 思つた隣家がはつきり, 思つた雨雲もぞつと, 思つた霜の鋭さ, 思つた霧の深, 思つた青木さんが帰つてお出で, 思つた青草の上, 思つた音調津がなか, 思つた頃事件は思ひ, 思つた頃八五郎の, 思つた額から小刻み, 思つた飛衞は紀昌, 思つた馬鹿だからね, 思つた駒平がもう二つ目, 思つた騎手は, 思つちまふ, 思つちまつたんだ, 思つちまつたわ, 思つつてゐた, 思つてあきらめ合ふの, 思つてあくせく背骨を曲げ, 思つてあたし嬉しくな, 思つてあはれ神にも佛, 思つてあんした, 思つていい加減にあしらつて, 思つていつか機会があつ, 思つていま火を熾しかけた, 思つていろいろ工夫をし, 思つてうつちやつては行きたくなし, 思つてうつとりと口, 思つてお出でになるであらう, 思つてお勤めして, 思つてお嬢さんを探した, 思つてお母さまをさがします, 思つてお母さんは上つて, 思つてお父さんと話し, 思つてお祖父さんは片耳, 思つてかごをかつい, 思つてきまりが悪, 思つてげんこつを, 思つてこつくりと, 思つてこちらへ持つ, 思つてこの間も我々, 思つてさきに物集北劍, 思つてさだ子の室, 思つてしめツぽく冷え, 思つてすつかり安心, 思つてそなたを, 思つてそいつを掴殺, 思つてそこらに置い, 思つてそれツきり取返しにも来ない, 思つてそんぢや其の, 思つてそツと行つて, 思つてぞくぞくして, 思つてたち竦んでると, 思つてたまたつねつ, 思つてためしに言, 思つてつけ上るばかり, 思つてとつておいた, 思つてなにがしといふ彫, 思つてなんぼ心配したか, 思つてにんにくを刻ん, 思つてひそかに喜ん, 思つてふつと息, 思つてぺつと唾を吐いた, 思つてまつかに, 思つてみんなに話しました, 思つてみんなそれは佐佐木, 思つてみんなナメてか, 思つてみんな手を引つこめ, 思つてもと来た道, 思つてものを書い, 思つてもみたまへ, 思つてゆき子はあわて, 思つてゆり動かして, 思つてよそへ行く, 思つてればいい, 思つてわたしがそれ, 思つてわれわれの処, 思つてイタリア政府に交渉, 思つてカフエーの方, 思つてグラツドストーンの中, 思つてグリツプを閉ぢ, 思つてサン・ミッシェル通りを歩い, 思つてジョンを門, 思つてスタニスラウスに給仕, 思つてストライキをする, 思つてスヰツチを切る, 思つてセルギウスは法衣, 思つてソロドフニコフは不愉快, 思つてゾツとした, 思つてチッキで毛布, 思つてチヤホヤしたこと, 思つてツイあんな事, 思つてツイ口を出し, 思つてツイ娘の氣, 思つてツイ獨り者, 思つてトガ野に進み出, 思つてナイフを忍ばせ, 思つてニヤニヤツと凄い, 思つてハツチを上つて, 思つてハボンスはちよ, 思つてハモニカも歌, 思つてバタを塗つた揚煎餅, 思つてヒステリカルになつ, 思つてピストルやてつぱうをさげて, 思つてピユーピユー四方から走つ, 思つてフオオクに突き刺した, 思つてフラリと外, 思つてペトゥローは片手, 思つてホツとした, 思つてポケツトをはたい, 思つてマチヱールに到達, 思つてマッチを擦つた, 思つてメモして, 思つてルナンに許, 思つてローミオーをロミオ, 思つてンのよ, 思つて一と眼, 思つて一しよう懸命盤の縁, 思つて一つ頼を聴い, 思つて一とつ是非奮發して, 思つて一人寝床の中, 思つて一先づ帰つたん, 思つて一切の自己, 思つて一升喰はした, 思つて一家総手, 思つて一寸人に説明, 思つて一寸変な気, 思つて一寸好奇心を起した, 思つて一寸父を軽蔑, 思つて一寸道傍の店先, 思つて一寸陰鬱になつ, 思つて一年一年のばしとるうち, 思つて一度となく, 思つて一心に橋向う, 思つて一思に窘ん, 思つて一應八五郎を押, 思つて一散に駈け込む, 思つて一時は遁, 思つて一本持つて, 思つて一枚出して, 思つて一生けんめいに湖水, 思つて一生懸命氣を張り詰めた, 思つて一生懸命稽古しました, 思つて一生懸命組打をしました, 思つて一番下の枝, 思つて一目見るなり, 思つて一種甘美の悲哀, 思つて一箸くつて見たら, 思つて一足踏む時, 思つて一通り眼を通しました, 思つて一遍に食つて仕舞つた所, 思つて一部丁をやつ, 思つて七日ばかり並べて, 思つて七瀬と八峰, 思つて万事する様, 思つて万全の策, 思つて丈の低い, 思つて三人が尻, 思つて三十万円もふり撒く, 思つて三四子たちを探した, 思つて三年越し目をかけ, 思つて三日間飼ふ事, 思つて三藏は四五日無沙汰, 思つて三里ばかり山路, 思つて上を仰ぐ, 思つて上り掛けに書生部屋, 思つて上塩山の上尾貞七, 思つて上衣のポケツト, 思つて下図の様, 思つて下男の松さん, 思つて下車すること, 思つて不二屋の暖簾, 思つて不安と戦, 思つて不快になつ, 思つて不足を感ずる, 思つて中年から初めて, 思つて中田氏の顏, 思つて主人に小松さん, 思つて之を書き出す, 思つて乘り出したが, 思つて乘出しては, 思つて予防線を張る, 思つて二三枚書き続けて, 思つて二三歩戻りかけたが, 思つて二三段梯子を下りかけた, 思つて二三行書いたら実に, 思つて二十歳の時丁度在学, 思つて二年越し世話, 思つて二枚から五枚程度, 思つて二週間くだらぬ奔走, 思つて云つたのである, 思つて五六町歩くうち, 思つて五十兩か三十兩, 思つて五年も八年, 思つて五拾円程拝借, 思つて井戸を覗く, 思つて井戸端で手, 思つて交番に渡した, 思つて人気の無くなる, 思つて今あなたから離し, 思つて今一度声を高め, 思つて今何處かへ奉公, 思つて今夜の御, 思つて今度そこらを探しました, 思つて今日家を出, 思つて今朝この市, 思つて今朝ちよつと散歩, 思つて他人に福惠, 思つて以前にもわたし, 思つて仰天の叫び声, 思つて仲間を勧誘, 思つて休み放題に休ませ, 思つて会ふ人ごと, 思つて会心自得の意, 思つて伯母さんは明る, 思つて伴れて, 思つて伸びをし, 思つて但馬守は微笑, 思つて佐伯へ行つた歸, 思つて体よく此方, 思つて何兵衞尉と名, 思つて何度も帽子, 思つて何本よりも熱意, 思つて何遍も骨, 思つて余は胸, 思つて余り姉さん振るものぢ, 思つて余り馬鹿にしてる, 思つて作つたもの, 思つて作さんのところ, 思つて保證に立つ, 思つて俯伏しにな, 思つて俺ら白河の市, 思つて俺眼を放さない, 思つて俺裏口からおんつ, 思つて倚りかかつて私, 思つて値ぶみ, 思つて假令どうしても其統領, 思つて假面舞踏會の計, 思つて傍らの衣桁, 思つて傍観して, 思つて傳三は薄情, 思つて僅に我慢, 思つて元旦から机, 思つて兄きがさうした, 思つて兄哥に來, 思つて兄弟の仲間入り, 思つて兄様は, 思つて兄樣は, 思つて充分に演, 思つて先きへ, 思つて先づ五六杯詰め込まして, 思つて先づ封を切つて, 思つて先刻からふんだんに, 思つて先生はちよい, 思つて先程から感心, 思つて兎に角母屋, 思つて入浴者の絶えた, 思つて入院して, 思つて八五郎を側, 思つて八年たつても, 思つて八本の手, 思つて其が口惜し, 思つて其儘にした, 思つて其処へ行つて, 思つて其子が叔母, 思つて其様に気, 思つて其無智なのに, 思つて其痛みを忍ばなく, 思つて其間に何, 思つて内々調べさせては, 思つて内儀の手, 思つて内心僕は羨んだ, 思つて内心慄然とした, 思つて内心樂しんでゐた, 思つて冠島といふ課題, 思つて凡ての窓, 思つて出発したの, 思つて出雲から大和, 思つて切符まで買, 思つて列車の端, 思つて初めは俺, 思つて別の停車場, 思つて別れはしなかつた, 思つて割合に落ち着いた, 思つて力をこめ, 思つて努力した, 思つて勉強したこと, 思つて動詞の語尾, 思つて勘当して, 思つて勘當して, 思つて勘辨して, 思つて勝利者の愉快, 思つて勢ひよく床の中, 思つて勵ますので, 思つて勿體ないこと, 思つて北湖先生の監督, 思つて十何枚馬券を買つた, 思つて十分決心して, 思つて十日までのうち, 思つて千恵は保姆さん, 思つて千駄木の大家, 思つて午休みに僕, 思つて午前に行, 思つて半分店の中, 思つて半日其処の仮, 思つて単位を事件そのもの, 思つて単独で焦心つて, 思つて博多人形をあ, 思つて印鑑も何, 思つて却つて気の毒になつ, 思つて原稿の金, 思つて原稿紙に向, 思つて厳ましく叱, 思つて参上したの, 思つて參りました, 思つて參つたのでございます, 思つて叔父さんが東京, 思つて取り扱ふ迷信, 思つて受取つた訳でア, 思つて古事類苑や女, 思つて古寺を訪れた, 思つて可成り骨, 思つて可愛がつて, 思つて台所を探し, 思つて吉次郎は兎, 思つて同郷の先輩, 思つて名刺を渡し, 思つて吐胸をつく, 思つて向風に俯, 思つて吾等は心, 思つて呆気にとられ, 思つて呑気に吉三郎, 思つて咄嗟に両, 思つて和學者が起つた, 思つて咳一つも堪へ, 思つて唐紙か障子, 思つて唯今伺つて見ました処, 思つて唾液を呑み込み, 思つて喉まで出た, 思つて喋つて, 思つて喝采した, 思つて喧嘩の絶え間, 思つて喰べたがこいつ, 思つて嗣二のこと, 思つて嘆息しました, 思つて囈言をつきやがる, 思つて四十五銭と云, 思つて四方を見, 思つて四辺を見た, 思つて四邊を見た, 思つて四郎は鉛筆, 思つて四階の狭い, 思つて因果と因縁, 思つて固唾をのんだ, 思つて國へお, 思つて土手を歩い, 思つて土蔵を覗い, 思つて地の上, 思つて垣根の廻り, 思つて基督教と云, 思つて堀ばたの, 思つて場外へ押し, 思つて増長して, 思つて声をかけ, 思つて変に考へ込ん, 思つて夕刊を拡げ, 思つて夕飯まへまで, 思つて夕飯後弟の返電, 思つて夜ツぴてうつぶになツて寢, 思つて夜福さんのとこ, 思つて夜道をかけ戻, 思つて夢解きの, 思つて夢中になつ, 思つて大万燈を振廻し, 思つて大事に飾つて, 思つて大切にしまつて, 思つて大変に悲し, 思つて大急ぎでお家, 思つて大森駅から省線, 思つて大鍋から鉢, 思つて天よりも大きい, 思つて天下の菜食論者, 思つて天氣の好い, 思つて天皇に申し上げる, 思つて天聲を社, 思つて奇異に感じる, 思つて奥田の裏書, 思つて女房の手, 思つて如何がなし, 思つて妻と一緒, 思つて妾感心した, 思つて姉の家, 思つて始めは本, 思つて委員の委嘱, 思つて威勢よく書きまくつた, 思つて婆さんの顔, 思つて嫁入口を捜し, 思つて嫂の勧, 思つて嫉妬して, 思つて嫌な気持, 思つて嫌悪を覚える, 思つて子息の謙蔵さん, 思つて子良は喜ん, 思つて字解のところ, 思つて学校へおいで, 思つて孫右衛門さん許へ頼み, 思つて學校の課業, 思つて安んじて, 思つて宗教問題に引つかけた, 思つて宛名を書いた, 思つて実現する能力, 思つて室内を走り, 思つて家中の敷物, 思つて家令どもがそんな, 思つて家内に悪い, 思つて寄つたが留守, 思つて寄席へ行きます, 思つて寝台の上, 思つて寢床を離れた, 思つて寺の午休み, 思つて対策を講じ, 思つて専念にそれ, 思つて專らお力になつて貰, 思つて小包を纏めた, 思つて小池はハツ, 思つて小耳に挾ん, 思つて小躍りした, 思つて小郡行の夜汽車, 思つて少佐夫人にそつ, 思つて少年が振り向い, 思つて居間の机, 思つて展覽會や演奏會, 思つて岩田屋の御, 思つて岩鼻の上, 思つて川柳の藪, 思つて川端の方, 思つて工夫をしました, 思つて工業學校へ這入る, 思つて左程重要, 思つて左右へ袖, 思つて差し控へた, 思つて差控へて居ました, 思つて差支へはあるまい, 思つて差配人が出, 思つて己れなどは, 思つて市ノ瀬さんは苦労, 思つて帰つたのである, 思つて帳場の時計, 思つて常葉を先, 思つて平和な時, 思つて平気な風, 思つて幸坊は立どまつ, 思つて幸徳のところ, 思つて幸福を感じた, 思つて幹ばためし, 思つて幾久く受けて, 思つて広小路までも逢初橋, 思つて庇ひ立て, 思つて序にお, 思つて底辺の長, 思つて店や料理人, 思つて座敷を一つ, 思つて庫から本, 思つて廢歌にするであらう, 思つて廣場の方, 思つて建物の横, 思つて引揚げたよ, 思つて引金を引きました, 思つて彈倉を覗く, 思つて当日行つて見ると, 思つて当時電車の中, 思つて彼奴等は何処, 思つて彼方に乗り, 思つて彼是銓衡中なん, 思つて往つたのに先生, 思つて往来へ来, 思つて待合室の入口, 思つて後先を見, 思つて後帰りをしよう, 思つて得意だつた, 思つて得意げに讀み返した, 思つて心持廂髪を大きく, 思つて必死に勉強, 思つて念入りに探し, 思つて思案して, 思つて急足で伊太利銀行, 思つて悔みました, 思つて悠悠と話し, 思つて悠然待つて, 思つて悲鳴を続け, 思つて惜別の情, 思つて想出して, 思つて意見をし, 思つて感服しましたよ, 思つて感歎した, 思つて感謝して, 思つて慄ふ手, 思つて憂鬱になる, 思つて懐ろの中, 思つて戀ひしかつ, 思つて我々は戦争, 思つて戸を開けません, 思つて戸棚を開ける, 思つて戸畑側と熱心, 思つて房一が腰, 思つて手さぐりをした, 思つて手一杯に聞き込ん, 思つて手内職をし, 思つて手向ひしたの, 思つて手始めに女史, 思つて手帳を出したら, 思つて才之助, 思つて打しを, 思つて承引した, 思つて押入から這, 思つて抽斗や衣裳戸棚, 思つて拒絶して, 思つて招じると, 思つて拳固まで固め, 思つて拵へた, 思つて拾はう, 思つて拾つたのがやつぱりからにすぎなかつた時, 思つて指で私, 思つて指輪の裏, 思つて掌面でそつ, 思つて搜したが, 思つて撃ないでつれ, 思つて敬礼をした, 思つて敷島を見舞, 思つて文字や輪廓, 思つて新らしい事業, 思つて新喜楽の三字, 思つて新町の方, 思つて新聞屋へ寄つて, 思つて新聞社からさぐり, 思つて旅行その物, 思つて旅行さきから天聲, 思つて日和を待つ, 思つて日夜珍重し讃歎, 思つて旦那やお, 思つて早や壁, 思つて明日から永い, 思つて明神下まで飛ん, 思つて昔の禽語楼, 思つて昭和三年に高, 思つて是真翁, 思つて昼でもその, 思つて時折拾讀みするばかり, 思つて晩成先生泥靴を脱ぎ, 思つて晴々としてゐた, 思つて智恵子は今夜, 思つて智惠子は今夜, 思つて暗がりで悚然, 思つて暗然とした, 思つて暫時或想像, 思つて更に見る, 思つて更めて手, 思つて書きはしない, 思つて書生に使つて, 思つて最初はお, 思つて最後の手段, 思つて會ひたが, 思つて月夜の海, 思つて月賦のやりくり, 思つて有明月に立ち, 思つて有繋にいひ出し兼ね, 思つて有頂天になる, 思つて服部さんや村野滝川さん達, 思つて朝陽門外の東堂, 思つて朝食後朝巳ちやんを誘つて, 思つて朝飯をすます, 思つて木にのぼつ, 思つて木の根に腰, 思つて木の葉に注意, 思つて本を持つ, 思つて本人もさう, 思つて本屋を探したです, 思つて本郷まで夜学, 思つて杖の尖で, 思つて来やが, 思つて東北地方の温泉, 思つて松吉は見, 思つて板土間を横切つ, 思つて板橋の上, 思つて枕の下, 思つて枕元の時計, 思つて林の中, 思つて栄蔵は小声, 思つて栗鼠のやう, 思つて根際に居た, 思つて桶の蓋, 思つて棚の中程, 思つて森や野原, 思つて楽んで為つて, 思つて楽屋口を潜, 思つて様子を見, 思つて権七を温泉宿, 思つて樺太の失敗, 思つて檢したが, 思つて欄干の下, 思つて次の日人々, 思つて欺すんです浅草, 思つて歌へば何ん, 思つて歌つた歌は, 思つて正吉は飛び起きた, 思つて此上もなく悲し, 思つて此所へね, 思つて此春から丹念, 思つて此間マルシァス河を丹念, 思つて武井を振り返つた, 思つて歩き乍らの話, 思つて歯を浮かせ, 思つて歸ること, 思つて死を思はぬ, 思つて死骸の近所, 思つて殆ど一生そんな方面, 思つて殊勝らしく聞えて, 思つて母鶉に話します, 思つて毎日拝んで, 思つて毎日宅の鶏小舎, 思つて毎日広場へ出かけました, 思つて毎日菊作りに精出し, 思つて毬ついて, 思つて気の毒がるので, 思つて気味わるわるゆりおこして, 思つて気持がわるく, 思つて気早の老人, 思つて氣早の老人, 思つて江戸一番の華魁, 思つて沈香か古, 思つて河へ臨ん, 思つて法律家に話しかけた, 思つて泥棒になる, 思つて洋卓の所, 思つて洋服の衣袋, 思つて洗面所へ出, 思つて海上を光らし, 思つて海鬼灯を木の葉, 思つて深切にも其, 思つて清書して, 思つて満足さうに, 思つて滅多矢鱈に本, 思つて滝本が振り返つ, 思つて澄江堂に出かけ, 思つて澤山の獻上物, 思つて火箸にかける, 思つて灸とか按摩, 思つて焚火であつ, 思つて無意識にあたり, 思つて無理に毎晩, 思つて煙草も斷つて, 思つて煙草入れを取, 思つて熊のはい, 思つて熊ヶ谷に棲ん, 思つて爲樣が無い, 思つて父の酷, 思つて父方の親類, 思つて父母は心配, 思つて父親が飛ん, 思つて爺いさんは, 思つて片手を額, 思つて片方の腕, 思つて牛込の親類, 思つて犬の尾, 思つて狙ひを, 思つて独り黯然とした, 思つて玄竹は殆, 思つて玄關から廊下, 思つて玉造口定番遠藤但馬守胤統に加勢, 思つて珠数を取り出した, 思つて瓜畑へ忍んだ, 思つて生埋めにし, 思つて生徒を二人, 思つて用事を疎か, 思つて用意したもの, 思つて田端へついた, 思つて甲板の上, 思つて町中から集, 思つて町役人に身柄, 思つて町會できい, 思つて畑道を通つて駅前, 思つて畫家の歡喜, 思つて當時は非常, 思つて病気にもなり兼ねない, 思つて皿を衝き出す, 思つて目あての家, 思つて目見えに行つて, 思つて直に飛出し, 思つて省線に乗る, 思つて眞つ直ぐ, 思つて真顔になつて, 思つて矢のやう, 思つて知人の方たち, 思つて短かいので, 思つて硝子窓を明け放した, 思つて確かに吃驚, 思つて磯村が問, 思つて祖母さんが一生, 思つて神樂坂へ行つて, 思つて神経衰弱なの, 思つて神経質とか臆病, 思つて秀ちやんの顔, 思つて秀夫は極まり, 思つて秀歌選ではその, 思つて私一人長谷の通り, 思つて秋初めの静か, 思つて種々画策をやつ, 思つて稿料を早く, 思つて空想して, 思つて窓外を眺める, 思つて窓硝子に手, 思つて窕子は心, 思つて立上らうと, 思つて立止つた, 思つて竹藪の入口, 思つて笑ふと弟, 思つて笑つて相手にもなりませんでした, 思つて笛村が現代小説社, 思つて筆を執つた, 思つて答案も白紙, 思つて箱車から飛び降りる, 思つて篠を分け, 思つて籠のなか, 思つて粉を捏ね, 思つて糸なぞを巻き, 思つて紋次郎を呼ん, 思つて紙札をつけ, 思つて紡織機の製造, 思つて紹介したの, 思つて終ひには, 思つて結局仏貨で三十九円六十銭, 思つて結局佛貨で三十九圓六十錢出, 思つて絲を繰つ, 思つて絵を画架, 思つて絵葉書屋の神さん, 思つて絶念めて下さる, 思つて絶念めろよ, 思つて綱をはなした, 思つて線香の一本, 思つて纜を繋い, 思つて美奈子は一寸顔, 思つて義兄さん許して, 思つて翁に勧めた, 思つて習つてゐたに, 思つて老人が青年, 思つて聖書だけを取り出した, 思つて聞き耳を立てる, 思つて肝心の説明, 思つて肩からかばん, 思つて育ふ積り, 思つて胡麻塩を振つた, 思つて胸算用をにこ, 思つて能く, 思つて腰をつく, 思つて膽をつぶした, 思つて自ら慰めた, 思つて自ら天才を識, 思つて自慢にし, 思つて自殺し刃物, 思つて臭ひだけ, 思つて舟の舳, 思つて船板の門, 思つて船頭は棹, 思つて色々な方面, 思つて芝居には来た, 思つて花屋へ入, 思つて苦しみを辛抱, 思つて苦勞して, 思つて英本土なり近東, 思つて茅場町の薬師さま, 思つて茨の垣, 思つて茶の間を出た, 思つて茶番の彼人々, 思つて荷物を通運会社, 思つて蒲団の中, 思つて薙刀を持つ, 思つて薬種屋の軒下, 思つて藁を掻き寄せた, 思つて藥種屋の軒下, 思つて蚊の出る, 思つて蝙蝠傘を手, 思つて行きには車中, 思つて行き合ふの, 思つて行つたのださうでたいへん, 思つて行つた訳なん, 思つて行つた譯なん, 思つて行つて觀て貰, 思つて行先の想像, 思つて行李を開け, 思つて街を見る, 思つて衣嚢へ手, 思つて衣物と袴, 思つて表や庭, 思つて表面上親切な此, 思つて袖にす, 思つて袖口の切れた, 思つて裏面を見る, 思つて裸体になり, 思つて襷を十文字, 思つて見掛けも見憎く, 思つて見物に媚びる, 思つて見舞状を出し, 思つて覚束ない極めて, 思つて親類からこの, 思つて觀て居る, 思つて解釈して, 思つて言ふんではない, 思つて記念日の祝, 思つて詑びようとして二階から下, 思つて話をし, 思つて誰かが考, 思つて調製したので, 思つて諦らめて下さい, 思つて諸方で問, 思つて謡つたのだ, 思つて警戒するかも, 思つて議論をし, 思つて讃めてやる, 思つて讚めるな, 思つて谷間へ蜜, 思つて財布からお金, 思つて貧乏して, 思つて買つて, 思つて買つた采だつたん, 思つて買つて來た燒酎, 思つて赤ん坊の寝顔, 思つて起上つてそこに卓, 思つて越前屋の一, 思つて足音を立てない, 思つて跡をつけ, 思つて跣足になつて, 思つて路の悪い, 思つて跳ね起きた, 思つて蹌踉とした, 思つて躊躇して, 思つて身なりだけでも飾らし, 思つて身体を乾葡萄, 思つて身體を引く, 思つて軍曹の鼻, 思つて軽蔑して, 思つて輕んずる, 思つて轉載する, 思つて辛抱して, 思つて辞退しました, 思つて辭退しました, 思つて農家である, 思つて辻と自分, 思つて近所の人達, 思つて返事もせず, 思つて迷つてる, 思つて迷惑した, 思つて追求して, 思つて退院させること, 思つて這ひ出すと, 思つて通ひ船, 思つて通つてゐる, 思つて通りか, 思つて通知を發, 思つて造つたり, 思つて逡巡して, 思つて逢つて見て, 思つて道を搜, 思つて道臣は岩, 思つて道路の上, 思つて適當な場所, 思つて選び取つた譯, 思つて遽かに駈け出し, 思つて郊外へ出た, 思つて部屋の中, 思つて郷里にあて, 思つて酒席をまう, 思つて醫者に内々, 思つて里恭はわざわざ, 思つて野原の方, 思つて金ちやんを睨んだ, 思つて金円を贈, 思つて金持の家, 思つて鉄道線路を枕, 思つて鉛筆を控, 思つて鏡子は眺め, 思つて閉ぢこめられて, 思つて間の抜けた, 思つて間違ひは, 思つて関係のない, 思つて陽よけ眼鏡, 思つて隅の頁, 思つて隅田川に關, 思つて隊長にもさう, 思つて階下へ降りた, 思つて隙を狙つて, 思つて隣室へ行く, 思つて隨分念入りに調べさせ, 思つて隨分用心して, 思つて雄鶏のやう, 思つて雑誌を懐, 思つて離屋の二階, 思つて難有がつて, 思つて雨戸を開ける, 思つて雪の階段, 思つて雷のやう, 思つて電光石火で魚, 思つて電気局へ行, 思つて電燈から眼, 思つて電車へ乘, 思つて霧の中, 思つて露宿をやつ, 思つて静枝が病気見舞, 思つて面白がつて, 思つて靴を穿かう, 思つて頑丈な拳, 思つて頼みにし, 思つて願ひに, 思つて飯がなくなる, 思つて餘り拜見, 思つて餘計なこと, 思つて饒舌つてゐるか, 思つて香奠を封じた, 思つて馬車を馬丁, 思つて験めたところが, 思つて驅け拔, 思つて骨を折る, 思つて髪の話, 思つて鬘でも被, 思つて鴉を解剖, 思つて鶴吉は又, 思つて鶺鴒がまた, 思つて鹽の壺, 思つて黒岩万五に話し, 思つて默つてあんしたが, 思つて默つて相手を見守つた, 思つて黙想した, 思つて鼻を高く, 思つとるんけ, 思ていうたげて, 思てて光子さんの, 思てても短気な, 思てどないぞ, 思てなはる, 思ては居たが, 思てるやろうとたかく, 思てる間アにまたいつ, 思てをられた位, 思てんの, 思てんねんやろなあ, 思であろうが殊に, 思という部類の, 思といった体に, 思といふ學者が, 思とか九疇とか, 思とにこめたやう, 思とのみ血を, 思とはあんな事, 思ないとわかった, 思なかった, 思なさっては困る, 思なさらうと神様次第, 思なさらないの, 思なさらないなら往って, 思なさらぬ程度で, 思なさるもんだ, 思なされても為, 思なすつて, 思なすったのだろう, 思なり童子幽かに, 思には形なき, 思のせゐにほかならぬ, 思のにほやかさ, 思のみはやれども, 思のみを持たずとも, 思ず愚痴, 思ばかりして, 思ばかりで済みました, 思ひとり孤境の閑寂, 思ほえずおほか, 思ほえむかも, 思ほゆべしも, 思ぼしい男女いづれ, 思ぼしい見るからに逞, 思ぼしきころほのかに, 思たく無く, 思ましたが色々, 思むすぼれとぼとぼと, 思むと勢きりつめ主義, 思めし準へて聖武皇帝, 思もかはらず然, 思やあ三百両は安い, 思やあ大ザッパな, 思やすまいか, 思やせなんだ, 思やせんかと電車, 思やりがあっ, 思ゆらはさ, 思よりは二十幾歳の, 思よりもむしろ駅路, 思れれるものは, 思をかはしつ, 思をとかの玉, 思をば頭の, 思イアア君ノ姿ノミ燦然, 思イイツシカ歳月ノ流, 思イガケナイ位大キナ声, 思イガケナク予ガ廊下ニ現レタリ, 思イキッテ出テ来ンサイ, 思イキリグロナザマヲシテ見セタ, 思イソノ期待デ興奮シタ, 思イタイノデスソウシナケレバ感興ガ湧イテ来ナイノダカラ, 思イタクナイノデス木村サンダト思イタイノデスソウシナケレバ感興ガ湧イテ来ナイノダカラ, 思イタレドモ後ニ至リテ彼等ハ日本人ニハ, 思イツイテ心易イ者ヘ高利ヲカシタガヨカッタ, 思イツイテ特別ニ手紙ヲカク, 思イナガライツカ寝テシマウ, 思イナガラ僕ハジーットソノ夢ヲ視, 思イナガラ彼女ノ足ヲシャブルコトハ一, 思イニ残酷ナ殺, 思イノ外早ク九時前ニ戻ッテ, 思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 思イマスガ帰リマシテカラ後程結果, 思イモ寄ラヌ秘密ヲ不意ニ彼女ニ発カレタヽメカ, 思イモ寄リマセンセメテ三四日安静ヲ保チ, 思イヤラレルガ冷房ガヒトシオ厳シイニ違イナク手ノ痛, 思イヲシテマデ見ニ来ルコトハナイジャアリマセンカ, 思イヲメグラス人ハ少ナイヨウデス, 思イ出サレヌオレハ一生ノウチニ無法ノ馬鹿ナコトヲシテ年月, 思イ出シタカラ問屋ヘ行ッテ, 思イ出シタカラ逢イニ来タト云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, 思イ出シタガ予ニモ全然ペデラスティーノ趣味ガナイトハ云エナイカモシレナイ, 思イ出シタンデスガ, 思イ出セナイノハ主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, 思イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 思イ合セヨ, 思イ母ヲ母ダト思ッテイル, 思イ詰メテコヽニ一ツノ可能ナ方法ガアルカモ知レナイコトニ気ヅイタ, 思ウガ遺シテ置クノモ, 思ウガイズレモ最モ正確ヲ期セナケレバナラヌ種類ノモノバカリデアル, 思ウケレドモトキドキ体ガ急ニフラフラトシテ平衡, 思ウコトノナイデモアリマセヌガ何分オソロシサガ先ニ立チマスノデ, 思ウサマ小言ヲ言ッテ叩キチラシテ, 思ウソノコトガ恐イ, 思ウタ故ニ, 思ウツイテハ一応コノ写真, 思ウトウッカリ戦端ヲ開ク訳ニ行カナイ, 思ウトコロガアッテソノ日ヲ特ニ今日ニ選ンダ, 思ウト僕ハ例ニヨリ嫉妬ト感謝トノ相半バスル気持, 思ウナラ直グニ寄加持ヲシテ, 思ウニハコレカラハ日本国ヲ歩イテ, 思ウニハ九州者ノ二三年先ニ江戸ニ来タトイッテモ, 思ウニマカセズ他ニ消閑, 思ウニ彼女ハ世間ノ多, 思ウノダガ家ニハ暗室ヲ作ルニ適当, 思ウノデスカト怒ルデアロウガ, 思ウノデスケレドモ敏子ガツイテ来テクレト云ウノデス, 思ウノハイヽケレドオ爺チャンヲ楽シマセルタメニ, 思ウヨウニ使ウコトガ出来ナイノデ一層困難, 思ウ存分見ル, 思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, 思ウ間モナクトンネルノ闇ヲトオッテ広野ハラどんどん過ぎ, 思へんで, 思エズドウシテモ虫ガ鳴イテイルヨウニ聞エル, 思エドモ山河ヲ隔テ, 思エバ予ハ随分長イ月日ヲ生, 思エバ思エルノデアルガ昨日モウ一ツ不思議ナ, 思エルノデアルガ昨日モウ一ツ不思議ナ, 思シテ恐ル, 思ッたこともあッ, 思ッタカ問題ノキャッツアイ, 思ッタガ困ッタコトニ, 思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 思ッタケレドモソレデモ妻ノコウイウ醜態ヲ見, 思ッタソレカラ普請ガ大破故武州相州, 思ッタデスソレデコンナ陰気ナノヲヤッテオ気ニ障ッテ済マナイコトアリマス, 思ッタトタンニハット驚イテ眼ヲ見, 思ッタノカ菊太郎ガ突然云ッタ, 思ッタライツカ写真ニ撮ッタ, 思ッタラモウ死ンダヨウニ寝テラシッタワ, 思ッタラ予ガ身動キヲシタ途端ニ上半身ヲ跳, 思ッタラ暗室ノ, 思ッタ先達テカラ友達ガウスウス内通モシテクレタ故疾ウヨリ覚悟ヲシテ居タカラ, 思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ, 思ッタ瞬間ニ急ニハット自省心ガ湧キ, 思ッタ途端ニコノ言葉ガ出タノデアルガ正直ヲ云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ, 思ッテアノ性慾点ヲ接吻シテヤッタガ, 思ッテイタノダガ婆サンニ窘メラレタノデ却ッテ依怙地ニナリ痛イノヲ怺エテ明日, 思ッテイナイ患者モ格別不安ガッタリ恐レタリシタ者ハナカッタ, 思ッテイルガ単ニ眼ダケノ故障デナク, 思ッテイルノダガソノ実案外, 思ッテイル気持ヲ僕ニ分ラセヨウトシテイルノデアロウカ, 思ッテシタガシマイニハオレニ刃向ッタヤツラガ, 思ッテソノ考エヲ努メテ打チ消シテイタノデアルガ, 思ッテソレカラ直グニ刀, 思ッテバーレッスンヲ一二年受ケタコトガアルノデチョットグライ立ツコトハ立テタンデスガサア今デモ立テルカ知ラ, 思ッテモ容易ニ恐ラクハ一生涯, 思ッテ一生懸命眼ヲ擦, 思ッテ世間ガ安心シテイルトコロガ附ケ目デアル, 思ッテ予ハモウ一遍耳ヲ澄マス, 思ッテ右京ノ子, 思ッテ目ヲ開クト要之助ガ悪鬼ノヨウナ相, 思ッテ精ヲ出, 思ッテ自分ノ幸福, 思ッテ覗イテ見タノ, 思ッテ金ノハイル度々段々トウチコンダカラ, 思ツたよりも淺, 思ツたより意久地がなく, 思ツていらツしやるの, 思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, 思ツタダケドマタムカフニナルト可愛イオモチヤニナルノデ, 思ツテ街ニキマシタガ田舎者ノ玉ネギサンハ道ニマヨツテシマヒマシタ, 思入ル, 思ニ出デテ不思ニ, 思ハざらんや, 思ハズ思フヤウニ四威儀ニ住ス可シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, 思ハヌ事ヲモ枉ゲテ行ハネバナラヌナドト, 思ハルレバ此ノ二國造, 思ハレズサラバ字ノ誤, 思急ニ引退ク気ニ浮キ立ツベシ, 思ヒシニガランドナリ心持悪クナリテ泣ク, 思ヒヨスベキスベモナシサレド試ニイハヾ卑彌弓呼ハモト卑呼彌呼トアリケンヲ, 思ヒヲナシ近傍為ニ恐怖シ村役人共申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, 思ヒ上下涙ニ打沈ム然ウ而, 思ヒ出シテツクヾヽト考へテ, 思ヒ出シマシタガシカタナク何度モソノコトヲ話ニジヤガイモサンノオ家, 思ヒ出ダセバ去年今月今日ニシテ即チ一周年, 思ヒ此ニ漸ク一挙両得, 思フタノデ今日迄古今有数, 思フニ縦令ひめ, 思フニ兒湯郡アタリヨリ贈於郡ニ至ランニ, 思フモ有元ヲ捨テルニシノビズ, 思フヤウニ四威儀ニ住ス可シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, 思家聚リテ邑ヲ, 思ヘドモ見ズ渝州ニ下ル, 思ヘバ過失少ナシ, 思ワクガアルラシイガ妻ガデキルダケ堕落スルヨウニ意図シソレニ向ッテ一生懸命ニナッテイル点デハ四人トモ一致シテイル, 思ワズハットシテ慌テテ螢光燈ヲ消, 思ワズ右手ヲ, 思ワナイソノ負傷ガ原因デ死, 思ワナイデ太平楽ヲヌカスハ物ヲ知ラヌ奴ダカラ, 思ワナカッタ相当注意, 思ワレル故ニギプスモイヤ, 思ワレルカモシレナイガ少シ落着イテ考エテミルナラ, 思ワレルダケデモ極マリガ, 思ワレル現象ガ精神ト肉体トノ両方面ニ, 思以テ得ベカラズ歳月ヲ, 思一つなん, 思一行が原因, 思上った気位で, 思上下の分, 思中るから今夜, 思久しかった, 思乱れ居候折から又, 思付き人間万事無頓着と覚悟, 思付けば, 思依然明知花月無情物若使多情更可憐, 思入り思回し思窮むればとて, 思入れ沢山だ, 思出さないではない, 思出さなかったのか, 思出さぬようにと, 思出せないではない, 思出せるだけであった, 思切って続け, 思切ったこったね, 思切った戯れを演じ, 思切らうなどとは夢にも, 思切らせておくれ, 思切らせないと這般いふ奴, 思切らぬ訳にも, 思切りしものか, 思切り世を捨て, 思切り大声を張上げ, 思切り時だろうと, 思切り着物を着込み, 思切るべく決心した, 思切れば数, 思切れずやありけん, 思切れませんからさ, 思切ろうかと思います, 思到らなければならない, 思到りて我, 思到ると相, 思到れる時宮は, 思動かせば, 思千万無量の感慨, 思いつぞや田鶴, 思及ぶやその, 思反省のうち, 思取られぬよう行届いた, 思合せ俄に語調, 思合わして見た, 思命令等をなす, 思回し思窮むればとて, 思寂しき衾の, 思寄らぬことだ, 思廻らせば廻らす, 思待つうちに, 思を食みぬ, 思思つても, 思悩んだ果は, 思懸けなさ, 思懸けなくも, 思戰鬪の思, 思捨てるばかり覚悟, 思掛けざりき目暮の, 思掛けざりし貫一は, 思掛けず出逢ったような, 思掛けなかっただろうと思う, 思掛けなかつたことは, 思掛けねえ所で, 思放つ能はずし, 思敏捷落子甚遠対方名手往々沈吟低徊, 思極めたことは, 思止まった者も, 思止まらせる程高い, 思止まらぬと威張る, 思止まんと胸, 思止るのみ, 思殆ど無何有の郷にある, 思比べた時は, 思浮べられて来た, 思無水藤君和蕾の五君, 思煩った所で, 思熟慮能くその, 思熟考したもの, 思画堂青潮水の音, 思留りそうも, 思な固い, 思直せばこの, 思着いたつて, 思知らさうついでに, 思知り候ほどの, 思知りたるは彼, 思知れつつ嵐, 思知れとてかよう, 思神鬼を描い, 思空しく戰鬪に, 思窮めますと男, 思立たない前に, 思立ちし紅箋堂佳話二三枚は, 思立ては矢, 思絶ち難く候, 思続けんもをかしかるべき, 思耽っている, 思苦慮する者, 思見れば母上, 思詰めないでもよい, 思詰められては御, 思詰めるとこの, 思誤りてや此日, 思諦めて居る, 思起さずには居られない, 思起せば八重次四谷荒木町, 思較べていよいよ, 思込まれるのは, 思込みその報酬, 思込み余念他慮, 思返さずにはいられなかった, 思返さねばならない, 思迫ったそんな味, 思違えていた, 思違えしていた, 思違えですわ, 思遠征と吟じ, 思遣られ決して誇るべき, 思遣られるが他, 思遣ればか葦簀, 思遺す事は, 思重りてや病みつき, 思附き興ある, 思附き得ぬうちに, 思頻りなる時に, 思黙想すれば