青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「愛情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

愚か~ 愚痴~ ~愛 愛~ ~愛し 愛し~ ~愛する 愛する~ 愛嬌~ ~愛情
愛情~
~愛想 愛想~ ~感 感~ ~感じ 感じ~ ~感じた 感じた~ ~感じられた ~感じられる

「愛情~」 3161, 34ppm, 3430位

▼ 愛情~ (695, 22.0%)

39 もって 15 持って 14 こめて 12 いだいて, 感じて 8 もつて 7 抱いて 5 示して 4 得るため, 私は

3 [11件] そそいで, 寄せて, 尊敬する, 感じた, 持つて, 捧げて, 求めて, 注いで, 知つてゐる, 示すこと, 育てて

2 [31件] うけての, かわしたと, もつもの, 一途の, 人の, 反映する, 告白し, 少しも, 引き裂いたこと, 彼女に, 感じたの, 感じだして, 感じる, 慕って, 持つこと, 持つ事, 殺して, 求めるつもり, 求める気持, 独占する, 理解し, 盲信する, 示すの, 示そうと, 私から, 空想せず, 籠めた, 表現する, 覚えて, 象徴し, 起させるという

1 [480件] あきらめると, あこがれた, あなたの, あなたも, あの人, あらわす方法, あれだけ, いかんせんです, いくらかでも, いだいたこと, いだいては, いだいてること, いだいてる証拠, いだくこと, いだくよう, いつも受け, うけないかぎり, うたう, えて, おさえ私, おとりに, おぼえて, おれの, お感じ, お持ち, お持ちくださるなら, お母さまの, お示し, かいた, かけて, かちえること, かわしたなんて, この甥, こまやかに, こめた悠々, こめた袂別, こめた顔, こめ素早く, これっ, さえ厭うよう, さえ心, ささげおうて, ささげて, ささやくごとく枝, さまたげるもの, しだいに醗酵, しっかりと, しつかりつなぎ止めて, しつけ, ずっと奥底, せきとめながら, そこら中へ, そして最後, そそいだよう, そそぐもの, そそぐ紳士, そそり立てた, そのままあらゆる, そのまま受け入れた, そのまま感じ信じた, その体, その子, その瞳, その陰惨, それぞれ感じ, それだけの, それだけを, それに, たいせつたいせつ, たがいに, たたえた人, たたえた眼, たたえて, ためして, たよりに, ついに封じこめ, つな, つないで, つなぎとめる力, とおして, どういふ, どうお, どうしても帰国後, どうして受け取っ, どうすれ, どうやっ, どんなに進めよう, なげすてて, ひろく次, ふたたび勢いづけた, ふりそそいで, ふり撒く, ぶちまけては, ほどこすこと, ますます深める, まだ生き, みやげに, むすび羽, めざめしむる, もえたて, もし誰, もたなかつたが, もちかつ, もちそう, もちその, もちそれ, もちつづけはじめた, もちながら, もち得なかつた私, もった, もったこと, もった仕事, もってるから, もつが, もつてるなんて, もつという, もとより知らぬ, よせた母親, よせること, よびさましたその, よびもどそうと, よび返すでしょう, わが身の, わけられるの, わざと誇張, タッタ一つ抱い, ピアノで, ファッショと, モークから, 一つに, 一つの, 一層強く, 一挙に, 一時的に, 一本の, 一般人衆といふ, 七人の, 不快に, 与えるにも, 与え冬, 事実に, 交換すべく, 人に, 人間に対して, 仄めかすだけ, 今も, 今日こそは, 今更見せられ, 今親しく, 伝えて, 余計に, 促すもの, 保証してやろう, 信じうるだろうか, 信じきって, 信じしかも, 信じて, 信じなかった, 信じはじめた女性, 信じること, 傷つけられると, 傾けうるの, 傾けるの, 傾倒し, 働かして, 僕に, 僕達夫婦は, 儀礼と, 兄妹の, 全うする, 冷笑する, 利用し, 加へ, 動かしたこと, 募らせつつ, 募らせるだろうと, 十分に, 占領し, 去れ好悪, 受けたこと, 受けた者, 受け入れました妾, 受け容れまた, 古くなった, 合せて, 吐露し, 吐露する, 含んだ穏, 含んだ素振り, 告白しあい, 呑で, 味ひ得た, 呼び戻さうと, 喚起し, 喜美子に, 圧せん, 基として, 堅く信じ, 堰止める, 報ひる, 増すのに, 壓せんと, 大切に, 失っただから, 失ったという, 失っては, 失ふこと, 失ふと, 失わないで, 奪われたかと, 妨げると共に, 姉との, 守ろうと, 安次に対して, 完全に, 実際に, 宮は, 寄せ, 寄せる対象, 察して, 尊敬し, 小出しに, 少しばかり, 尽さ, 平次は, 年の, 底深く, 弄びいたずら, 弄んだの, 弱めまた, 弱め父母, 強く持っ, 強く燃えたたせ, 当に, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼女が, 彼女の, 後に, 得る一番たしか, 忘れること, 思い出す, 思ひだすこと, 惹かうと, 惹き起す動機, 感じあいながら, 感じいまわたし, 感じその, 感じたとき, 感じたよう, 感じだしたの, 感じつつ, 感じても, 感じないわけ, 感じないん, 感じない女性, 感じました, 感じること, 感じる人, 感じる習慣, 感じ出したという, 感じ始めて, 感じ彼, 感ずるあらゆる, 感ずるが, 感ずること, 感ずると, 感ぜしめようという, 感ぜずに, 感謝し, 憎しみに, 憎んだであろうが, 懐いたの, 懐いて, 懐いては, 或は人間, 打ちあけられて, 打ち開けあったと, 托したの, 抑えられなかったの, 抱いたの, 抱いては, 抱かなかった罪ほろぼし, 抱きつ, 抱きはじめて, 抱くでしょうが, 押しかぶせて, 押したてて, 押し包みつつ, 持たないこと, 持たない相手, 持たなかったので, 持たれる小説, 持ちまた, 持ち得るという, 持つたもの, 持つた表情, 持つの, 持つ場合, 捜し求めた, 捧げながら, 捧げ新ら, 掻き立てるだけの, 描くと, 描けり然, 摘むこと, 攫って, 支え合って, 斉しくし, 断ちきって, 新しい人, 日本の, 普遍的愛情の, 曇らしたくありません, 更に強く, 書き送っては, 有して, 有する点, 有たぬ, 有ちしや, 有つてゐる, 有つて居る, 未熟に, 本質的に, 根こぎに, 楯に, 極く, 欠いた姑, 欲し, 正しくのばす, 殺す事, 永遠に, 求めたい, 求めるよう, 注がせて, 注がれた, 注がれて, 注がれても, 注ぎ得る点, 注ぐだけの, 注ごうと, 流し去るこの恐るべき, 浴せられた思い出, 深い水, 深めるよう, 深め信頼, 測ると, 湛えて, 湛えながら, 湧出せしめ, 満足させた, 滿足させた, 濁す行為, 濃かに, 濫用し, 濺ぐような顔し, 瀝いで, 瀝いでいる, 無視する, 燃え立たせた, 燃やして, 父母兄弟に, 独占し, 猶その, 獣慾視し, 獲たいと, 現は, 現わす, 疑うという, 疑つて, 目算に, 相手に, 知った, 知った領事, 知って, 知つては, 知らず知らずの, 知らせるため, 知らない男, 知らぬ者, 知りたく恋愛, 知るだけ, 知ると, 破壊し, 確める, 確信し, 確証する, 示されたこと, 示しあって, 示した例, 示した見栄, 示すため, 示すので, 示すもの, 示す微笑, 示す所作, 示す時期, 示す直接, 祖母に, 籠めて, 純真に, 経験し, 経験した, 結婚に, 絶えず計る, 続けたい, 編み出す喜び, 練吉は, 羞んで, 育てること, 育てるため, 育てるという, 背負ふまで, 脅やかし続け, 自から, 自分で, 自然に, 自身に, 落すよう, 表しながら, 表わすとろけるよう, 表わすに, 表現し, 表示する, 裏切られた時, 要する, 見いだそうなどとは, 見かけること, 見せたので, 見せられた思ひで, 見せるため, 見せるサフィー, 見せる場合, 見て, 見ると, 覚えさせられた, 覚えざるを, 覚えた, 覚えたの, 覚えた幸福, 覚えた瞬間, 覚えると, 覚えるの, 覺えれ, 解しながら, 解せざる男, 言い表わすにも, 訴へ, 誇示したくなったらしく, 誓い合うかの, 誘った, 説くの道, 誰かに, 誰からも, 譲つて貴様を, 護るため, 讃美し, 起こさせるべき年齢, 起こすもの, 起こす動機, 起させるやう, 踏み躙るつてこと, 躊躇させた, 身一つに, 追懐させる, 送っても, 運ばずして, 道江に対して, 遺して, 鋭い針, 開拓する, 限りなく, 隔てるバリケード, 集めて, 集中させる, 頼みすぎて, 食慾的に, 高潔なる, 鼻に

▼ 愛情~ (659, 20.8%)

15 ために 12 深さ 8 うちに 7 問題 6 表現は 5 問題では 4 表現として, 表現の, 表現を 3 うちには, はげしさ, ような, ように, 中で, 代りに, 対象を, 点で

2 [38件] きずなを, ことだ, ことばかり, こもった声, こもった眼, こもった遺物, さめる日, しるしとして, しるしな, せつなさ, やりとりを, 中に, 保証に, 保証を, 前には, 唯一の, 問題と, 問題に, 増減や, 姿が, 対象だった, 差を, 惨めさ悲し, 手に, 断片でも, 断片を, 方が, 昂奮に, 最頂点, 永続を, 深い人, 温むるに会, 為に, 発作に, 肉体的な, 表現としては, 表現な, 豊かな

1 [494件] あかしで, あたらしい表現, あふれこぼれん, あふれたやさしいつつましい, あふれた捧呈文, あふれであった, あまり彼は, あまり彼を, あまり涙を, あらは, あらわれである, あらわれに, あるあなた, あるこまごま, あるや, ある工夫, いかに深かっ, いろんな誇張, うるささ, うるささそれを, うるささにも, えらびかた, おかげで, おことば, おもい遣りが, お心, かたちで, かわりは, きずなで, こころが, ことだけを, ことで, ことは, ことばが, ことも, ことや, こまやかさを, こまやかでない, こまやかな, こまやかなる, こもったお, こもった一言, こもった事, こもった口調, こもった嘘, こもった感じ, こもった憐憫, こもった手紙, こもった抱擁, こもった文句, こもった物, こもった目, こもった真顔, こもった眼付, こもった舌, こもった行為, こもった訓戒, こもつた眼指, これが, さなかで, さなかに, さめること, しっかりした, しめ木に, しるしに, しるしを, すべての, せいかも, せいで, せいな, せり上げを, その烈し, それと, ためか, ためからは, ためです, ためと, ためにも, ため鼓動し, つながりから, できること, とりこに, ないの, ないまなざし, ない中, ない夫婦生活, ない環境, ない結婚, ない自主性, ない良人, ない葬式, ない血, なかった, なかに, なさ, なす仕業, ひそかな, ひたむきな, ひとが, ひびきを, ふかい人, ふかい怒った, ほうが, ほかに, ほかには, ほかの, ほんとの, ほッ, まえでは, まえには, ままに, もっとも深い, もてない私, ものです, やみがたい, やり場を, ゆるみ, よすがの, よろこびが, よろこびを, わからぬ人, アカシであり, クモの巣の, 一致だに, 一途さや, 一途な, 三昧に, 上から, 上での, 上に, 上の, 下に, 不屈の, 不思議な, 世界では, 世界に, 世界へ, 乞食だ, 事な, 交感が, 交換は, 交錯とは, 人に, 仁に, 今こそ, 伴わぬ冷たい, 俘と, 保証なんて, 倚り, 偏頗な, 偏頗も, 優しいあたたかみ, 優しさ, 元素な, 入れまじった眼差し, 全法則, 全部な, 八九分までも, 公然ならぬ, 内容が, 内容も, 再燃の, 凍結, 出て, 出発に, 分散である, 分散を, 切な, 初めなり, 前で, 前に, 力が, 力と, 力にも, 力愛情が, 勇気を, 動きなんか, 及ぶ所, 及ぶ範圍, 叫び悲哀の, 同窓だ, 名を, 吐け口, 告白は, 周囲を, 命ずるが, 問題からは, 問題が, 問題だの, 問題で, 問題とか, 問題な, 問題など, 問題においても, 問題にも, 問題も, 喪失, 囁きの, 国とは, 国に, 圧迫は, 埋没に, 堪へがた, 報いを, 声である, 声では, 変形に, 外皮を, 天女だ, 夫婦生活は, 失せしでも, 失はれた自ら, 契機なんて, 奪ひ, 如きは, 如きもの, 妨げに, 始めに, 姿な, 存在を, 完成は, 完結みたいな, 宗教なりという, 宝を, 宝庫とも, 実体が, 実相といふ, 實例を, 対象が, 対象であった, 対象では, 対象と, 対象として, 対象は, 對象が, 小説なら, 尺度でも, 屋根の, 幅の, 平等夫婦の, 平静を, 広い人, 底に, 度が, 度を, 度合の, 強いほとばしりで, 影響によ, 復活からの, 微笑を, 心から, 心を, 心火に, 怒りには, 思い出と, 思い止み, 悩みである, 悲しい結果, 悲しさ, 悲劇にたいしては, 悲劇性も, 情景だった, 感じとから, 懐から, 成育から, 所有者である, 打算が, 押しつけに対する, 拒否も, 持ち主か, 持てない良人, 持主だ, 接点が, 接点を, 握りかたでは, 支持者が, 故か, 故だ, 故であろう, 故に, 故には, 故に砕身, 新らしい, 新鮮さが, 方も, 方途が, 方面は, 時期と, 暴漲を, 書, 最も濃やか, 最も純粋, 最後の, 最高なる, 最高表現は, 本当の, 本能からも, 本能的な, 本質を, 東洋的表現では, 柔かみ, 極みの, 極点が, 極点は, 極致を, 楽しさ, 様子を, 標準にも, 権力以外の, 機縁などという, 欠乏の, 欠乏を, 欠乏及び, 欲求を, 歴史の, 歴史を, 残虐をも, 永遠を, 氾濫は, 氾濫を, 汲み尽しがたい, 泉は, 法則なりという, 注がれて, 注ぎよう, 注意にしか, 流露を, 浪費の, 涙は, 涸渇, 淡いあなた, 深いの, 深いもの, 深い方, 深い母, 深い気持ち, 深い真面目, 深い静か, 深きを, 深すぎる, 深まって, 混乱と, 清らかさを, 渇望と, 渦に, 湧いて, 湧きやう, 湧くもの, 湧く姿, 溢るる, 潜んで, 激越な, 濃さ, 濃やかさから, 濃やかさが, 濃やかさ純粋さ気高, 濃やかに, 灰のみしか, 点は, 為かと, 無い夫婦, 無い結婚, 煩きに, 熱が, 熱度は, 犠牲に, 犧牲なり, 狭小な, 現われ, 現われとして, 生い立ちから, 生かし方, 生じないはず, 生ぜぬこと, 生まれるまでは, 生活から, 用途を, 病的な現われだ, 発作を, 発見が, 發作の, 目で, 目標も, 目的物との, 直接な, 真実さには, 破局です, 破綻も, 確固不抜じゃという, 確証を, 秤を, 種々, 空気の, 突発も, 競争を, 籠ったもの, 籠った態度, 籠った眼, 籠もっ, 純潔さえも, 純粋さと, 純粋さという, 素直さが, 細かさ, 絆で, 絆によって, 結びと, 結合たるの, 結実である, 結實である, 結果が, 結果である, 結果に, 纏綿を, 罠に, 能力を, 自から, 自然の, 自由を, 花園を, 芽を, 薄い上, 薄きに対して, 虜に, 行き違い, 行衛は, 表れた事, 表現, 表現が, 表現だ, 表現だった, 表現であった, 表現です, 表現では, 表現でも, 表現と, 表現に, 表現について, 表現に対して, 表現も, 表現法だった, 表白に, 表示が, 表示の, 裏付けに, 裏側には, 複雑し, 覊を, 見える御, 言葉だ, 訓練, 証拠を, 誇りの, 誓いなどとは, 誓いに, 誓いを, 諸関係, 證據である, 象徴として, 貧しさ, 貫徹の, 貴さ, 走るに, 跳躍だった, 身悶えの, 軛を, 迫力に, 逆な, 連鎖が, 過剰が, 過剰な, 過度これも, 過度といふのみ, 過度の, 道具な, 重みを, 重荷に, 量が, 間隙が, 間題などに, 関係が, 関係自体も, 限りを, 障碍とすら, 雰囲気が, 震えを, 露出する, 面からも, 響が, 頂点にも, 頼もしさ, 高さ, 鮮かな, 鼓動だった

▼ 愛情~ (372, 11.8%)

7 こもって 4 なかった 3 あるの, あれば, どんなもの, 他へ, 出て, 湧いて, 私の, 自分の

2 [23件] あっただけで, あつて, ある, あるわけ, うつるかも, うるさくて, こみあげて, それを, どうのかう, ないとは, ないわけ, ないん, なければ, 不純な, 唯一の, 在る, 感ぜられた, 深められて, 満ちて, 生じて, 籠もっ, 素直に, 身に

1 [291件] あった, あったという, あったら僕, あつた, あなたの, あなたを, ありありと, ありました, あります, ありますからね, ありませんよ, ありよく, あるか, あるから, あるとも, あるならば, あるなら家, あるので, あるふう, あればこそ, いかに深かっ, いかに深く, いかに献身的, いつも不足, いはば, うすらいで, うつぼつ, うつらないん, うるさいん, うるさいポーズ, おありでしたら, おありです, おこらない, かうし, かえって恨めしい, このまま, この屈辱, こまやかに, こめられて, こもつて, こもり近づくもの, こんなに蔑ろ, さうさせたもの, さめたと, さめても, しみじみと, すでに女, すべてを, そう単純, そう簡単, そこに, そのなか, そのほう, そのまま憎悪, その冷淡, その彩色, その心, それと, それら任侠公平な, そんなふうに少ない, たちまち苦しい, ついに私, つよく燃えあがっ, つらい忌まわしい絶望, てんでに自分, とくに自分, どうの, どうのこうのと, どうもなり, どこから, どちらからか, どっと私, どれほど深い, どんなに嬉しい, どんなに強く深かっ, ないこと, ないせい, ないもの, ないよりは, ない以上, ない権式, ない訳, なかったなら, なかつたならこれら, なんだ, にわかにど, はげしくはげしく動い, はじまつた後, ふるえて, へっちまったよう, ますます貴重, まだよほど足りない, まだ十分, まだ終り, まだ胸うち, もてないとい, もはや疑ふ, やがて由子, より種々, わいて, わきあがった, バルザック像の, ヒタヒタと, 一体どこ, 一層強調, 一層深く, 一息つい, 一番大切な, 一般女性の, 不意に, 与えて, 世に稀, 主たるもの, 乏しいの, 亡くなって, 交されて, 人の, 人交わりも, 今は, 今後の, 何の, 何時とは, 傾くよう, 僕に, 僕を, 先触に, 光つてゐた, 全身に, 再び囘復, 冷えたの, 出にくかろ, 出口を, 切なら, 前の, 加わって, 動く時, 半分見, 原稿の, 合へ, 変って, 大いに必要, 天性と, 夫婦の, 失われて, 子供の, 存在し得るで, 安らかに, 実感せられない, 家庭の, 宿つた, 少いと, 少ないの, 強かった, 強くはたらく, 当然に, 当然起る, 彼の, 彼を, 復活し, 心を, 必要である, 必要に, 急に, 性急で, 恰度平均され, 恵まれなかったから, 情慾の, 感じられなくなったと, 感じられるの, 感じられるらしい, 感謝で, 憎悪に, 戦争の, 手と, 持てるの, 斯くも, 新しく湧い, 昔と, 時にいつわる, 最後の, 条件として, 東洋風に, 桂子の, 極まったくやし, 欠けて, 欲しかった, 正しく導かれ, 此方に, 死によって, 残つてゐる, 殘つてゐ, 永く結びつけられ, 永遠の, 淡くなり消え, 深いの, 深いん, 深くて, 深くても, 深くなっ, 深くなれ, 深まるにつれて, 混じて, 湛えられて, 湧いた, 湧かぬ為, 湧き上った, 湧き上つて, 湧き起って, 湧き起り充分, 湧く, 湧くよう, 溢れて, 滝の, 滲み出します, 滾, 漲つて, 潜んで, 激しく高まっ, 濃い色彩, 濃か, 濃やかな, 灼熱的であろう, 無ければ, 熟して, 熱して, 燃えあがって, 父親の, 片寄って, 現在は, 甘過ぎた, 生ぜざるのみ, 生まれること, 生活を, 疑はれて, 疑われだした, 痒いところ, 白百合の, 相互に, 真実である, 破裂すれ, 私に, 私は, 突然人, 籠められ, 籠も, 純粋さを, 純粋な, 結婚まで, 総領事に, 美くしくも, 胸を, 胸一杯に, 芽生えそれ, 萌えて, 落付く, 薄いから, 薄いからと, 薄いで, 薄いという, 薄いの, 薄かった, 薄らいだという, 蟠って, 行きわたって, 表れる事, 表現される, 見えた, 見える, 見せかけの, 言葉以外に, 許さなかった, 誠実である, 負担に, 貴方の, 起こったであろうか, 起こらないで, 起こらないの, 起こりまして, 起ったの, 起るん, 起ろう, 足りなかったと, 迸るの, 通ふ, 進歩し, 運ばれて, 長く変わらず, 風流男の, 馥郁と, 骨身に, 齟齬を

▼ 愛情~ (234, 7.4%)

2 [12件] それを, ないので, ふる星, 他の, 如何なる制度, 少年の, 男と, 私の, 肉体の, 肉体を, 胸の, 降る星

1 [210件] あった, あっても, あまりに近ごろ, あまり持っ, あらゆる形, あらゆる運命, あるの, あるん, いかにも真実, いきなり声, いつまでも, いま思い出し, いよいよ濃やか, お持ち, かえって濃やか, かえつて, かの女, かわりませんでした, この夫婦, この男性, こもって, これは, さう, しまいには, すべての, そういうもの, そうは, その目, それが, そんなふう, そんなもの, た, たいてい冷たい, ともすれば動物的, どこまでも, どんどん深く, どんなに可愛いい, どんなに粗暴, どんな心, なかなかさめない, なくて, なんという, ひたすら天才, ひどく病的, まことに深き, ますます深く, ますます濃やか, ますます熱度, まず反抗, また律法, また格別, まだ参木, まったく個人的, みだらな, むしろ五十, めくらの, もうすっかり恭一, もちろんべつ, もっと深い, もとより私, やがてさめる, やさしくかつ, わき上がって, アントアネットを, オリヴィエの, クリストフが, コスターを, ノルマルでは, フランスにおいては, 一人の, 一体な, 一寸他人, 一層必要, 一層深まった, 一方的, 一時的の, 一種の, 一途な, 三人が, 三人の, 不思議な, 不言の, 二つにも, 二人の, 人と, 人を, 人間の, 今の, 今は, 今日で, 何十倍も, 保てても, 信仰に, 信念である, 偕老同穴の, 僕たちが, 全くない, 公式科学への, 冷えて, 冷却し, 分かつて, 別で, 前に, 前よりも, 単に女性特有, 単に性慾, 単純な, 博士に対する, 受けるよりも, 吉川さんの, 在家にとっては, 均平にも, 変通自在な, 夢之, 天を, 女対男の, 孫が, 富よりも, 實の, 封建女性の, 小出しに, 少くとも, 少しだ, 常に光, 常に死ぬ, 常春藤の, 平素の, 幼い彼, 幾人かの, 廃墟への, 当時私の, 彼にとっては, 彼らの, 彼女の, 急に, 恐らく墓, 恐らく馬鹿, 情熱的です, 想像力によ, 想像力によって, 愉快に, 感じ得ず今度彼女, 感傷の, 感情に, 感謝であり, 憎悪に, 懸念を, 成長する, 我々に, 打ち明けたところ, 持つちや, 斯くて, 日ごとに, 日本の, 時に執拗, 最も賢明, 最初から, 未来を, 極言すれ, 欺瞞に, 此夫婦の, 殘つてゐる, 毫も変, 永年にわたって, 永続する, 泉の, 深い, 深いもの, 深まった, 深められると, 清らかな, 清潔である, 温帯的な, 温度である, 湧いて, 濃くこそ, 無かつ, 無慙に, 無条件に, 燃えかすれながらも, 父親の, 物質と, 独り人間に, 独り婦人に対してのみ, 猛火の, 甘くない, 生涯経っ, 病人と, 発作的に, 益々深く, 知って, 神に, 神様も, 私と, 純の, 肉情的愛情のみ, 育てましょう, 膝に, 自然に, 至高な, 若い作家達, 藤原京生活の, 蜜より, 衛門督に, 親の, 通じるの, 飛び去って, 駒次郎を, 驚くほどの, 骨に

▼ 愛情~ (210, 6.6%)

6 飢えて 3 しても, 包まれて, 就て

2 [15件] すがろうと, みちた眼, みちた言葉, みちて, 似たもの, 依頼し, 出発した, 報いる方法, 変って, 就ては, 応えて, 満ちて, 燃えて, 絡まるところ, 身を

1 [165件] あおられて, あふれいかにも, あります, いささかの, いだかれて, いろ, うちのめされた気, おすがり申して, かこまれて, かられるという, きまつてるぢ, したって, しろどうして, しろ底, しろ憎悪, しろ最も, すぎないの, せよそれ, そむいたこと, それは, つけ加わって, つながれた妻, とらえられて, なって, にがい経験, ぬれて, はぐくまれ坊ちゃん, はなみならぬ, ひかさるべき性情, ひかれて, ひきずられるな, ふいに, ふさわしくない, ほかならないもの, ほだされて, ほだされない様, ほだされるの, まつたく情熱, みたされた激勵, みちたもの, みちた王朝, みちみちた, むせんででも, むらが, もとづく言い争いも, もはや彼, ようやく満ち足りる, よりて, わたった事, ヒビの, 一身を, 不満を, 事かか, 似た一種, 似つかわしく思われる, 何か, 何の, 依つて行, 信用の, 値しないよう, 充ちたもの, 充ちた手紙, 充ちた眼, 入り愛情, 全然支配, 凶相が, 初めて気がついた, 到達する, 力を, 加うる, 劣らぬ歓び, 嘘は, 執着固定しすぎ, 堪能し, 報いて, 報いなければ, 報いようと, 報いる術, 変つたと, 変りは, 変化が, 変化し, 安心し, 富み子供, 富み真率, 富むことそれ, 富む為政者, 富んだ偽り, 富んだ母親, 少し出会います, 就いてだけ, 就いても, 廻流し, 引かされて, 彼女は, 心ひかれる, 心を, 忍従し, 応えるため, 思い当った悲しみ, 恵まれ豊醇優麗, 悔いの, 戻れる当て, 投影する, 捲きこまれた感じ, 接すること, 支えられながら, 敏感であるであらう, 敬服し, 果しが, 殉ずる者, 水を, 沿うて, 泣けたの, 注ぐ油, 浸された, 浸りに, 浸ること, 満ちた善良, 満ちた器用, 満ちた手紙, 満ちた温顔, 満ちた親切, 満ちた言葉, 満ちた鼻声, 満ち満ちた心, 溢れたつ姿, 溢れた心配, 溢れまた, 溶かされた様, 溶ろける, 滿ち溢れ, 燃え立って, 特に飢え, 特別な, 理性の, 甘えて, 生きること, 盲従したくない, 相当する, 眼ざめさせようとした, 破綻は, 移り変って, 絆されて, 結ばれながら, 絡まる束縛, 絡まれては, 肉体を, 肉慾を, 至るまで, 苦しまなければ, 苦しんで, 触れると, 譬えて, 負ふも, 輝く父, 退屈してる, 酔い幸福, 非常に, 飢えてる彼, 飽き足らぬところ, 餓ゑてゐることも事実である, 駆られいつも, 駆られて, 高潮する

▼ 愛情~ (153, 4.8%)

3 云うもの 2 云ふ, 云ふも, 信頼とを, 忍耐とを, 悲しみとの, 熱意を, 自分の, 誠実を

1 [134件] いいすこぶる, いうほど, いえども, いっても, いつたもの, いひますが, おとうさんが, おまけに, きわどい婦人社会, ささやかな, そうし, そして最後, その御, その温か, その物狂, それを, どちらが, なつかしさ, ならず作品, なり帰依, よく行き, ロマンティックな, 一緒に, 両極端が, 云う者, 云ふか挽歌と, 亢奮とを, 人形に対する, 今日の, 伯父を, 保護を, 信仰が, 信仰との, 信実は, 信念との, 信頼が, 信頼とは, 光明とに, 全人間, 勘違い恐悦がっ, 反撥する, 呼ばれて, 四季, 圧服を, 堪ゆべからざる同情, 大きな反感, 嫉妬, 嫉妬と, 子供への, 尊敬からも, 尊敬とを, 尊敬に, 尊敬の, 尊敬を, 尊重とを, 巧みな, 強い執着, 強い理性, 彼女という, 彼女の, 心づかいを, 忍耐心が, 思慕を, 性欲とにわたる, 性欲の, 恐怖との, 恐怖の, 恩愛の, 悩みとに, 愛情的の, 感動とに, 感謝とは, 感謝とを, 憎しみとを, 憎悪に, 憐憫とを, 懐しさ, 打ちまかせた心, 押しつよ, 権利との, 欽仰とから, 正当さから, 正当な, 歯がゆさ, 母親の, 淫慾とを, 満足とを, 焦立たしさ, 熱い心, 片意地で, 犠牲によ, 献身とを, 理解とに, 理解とを, 瑰麗な, 生活上の, 申候ものは, 界を, 発見の, 皮肉な, 真理の, 祈念が, 結婚とを, 美しい悩み, 羞らいの, 義務からの, 聡明な, 職業に対する, 自慢を, 自責とを, 芸術的良心が, 若い燃え, 落付を, 行き届きすぎるほどの, 行届いた同情, 覇気を, 見捨てた悔恨, 親しみの, 親切だけが, 親切に対して, 親切の, 親切を, 観察に, 言えるか, 言ふか恋愛と, 誠実と, 誠意とが, 賞賛の, 輝く美し, 追憶は, 関係の, 類い, 魅力と, 魅力とで

▼ 愛情~ (85, 2.7%)

2 ない, なかった, 性交も, 行為だ

1 [77件] あらしの, ある, ある風彩, いらない, さめてるに, さること, そういうジッ, そうでしょう, その憎しみ, その自我, つてお, ないという, ないエゴイスト, ないンぢ, ない別々, ない身体, なく故意, なく生き甲斐, なく蛇蝎, なく誰, なしに, またその, また自分, みとめて, みなここで, やさしみ, やはり純粋, やみがたい, ダンテの, バイロンの, 一つの, 一切不貞不純の, 亡びなむ, 亦大いに, 何か, 何も, 信じられるが, 優しさ, 全然愛情, 凡そ無駄, 分らんこと, 募って, 厚意も, 場合によっては, 小さい時, 希望も, 彼らと, 彼等には, 忍耐心も, 恋人同士の, 悲喜と共に, 感じないのに, 感じられないと, 感ぜられないもの, 憎しみも, 扨て, 持たない癖, 持っては, 持つこと, 支離メツレツに, 放蕩者の, 未完成, 未練も, 母としての, 泌みる, 涌かぬでも, 深くそこ, 濃かつ, 無くなるん, 理解も, 生命も, 癩の, 知らず青春, 示さず結婚, 籠って, 胸の, 途端に

▼ 愛情~ (70, 2.2%)

3 結ばれて, 胸を 2 いっぱいに, すら想像力, 彼を, 彼女を

1 [56件] あつた, あらうところ, いきたいもの, いたわる親しい, いっぱいです, お兄様, ここへ, こり固まった様, すら私ども, せう, そのときどき, それこそ, つながって, どこまで, なしに, もつて, わたしを, アントアネットを, コゼットを, ジョルジュを, 争つて見せる, 人の, 以て, 包み込んだり, 包んで, 味を, 子供に, 心身の, 愛し合ったらしい, 愛し合って, 慰めるよう, 手擲弾の, 打たれた板木, 接せられる様, 握りしめて, 新婚の, 楽しみながら, 歴史を, 現實, 生きて, 直そうと, 真面目に, 私を, 私自身満たされ, 結ばれた新しい, 結ばれるはず, 繋って, 胸が, 自分が, 自分で, 行きましょうよ, 行動したい, 見守って, 足を, 輝き渡って, 逸作とかの

▼ 愛情という~ (51, 1.6%)

11 ものは, ものを 6 ものの 3 ものが 2 ものな, ものに, ものについて, ような

1 [12件] ことにおいて, ことは, ことを, のは, のも, ものがさ, ものだ, ものだって, ものなし, 心理を, 礼式を, 経験が

▼ 愛情から~ (33, 1.0%)

2 では, 遠いもの

1 [29件] あなたは, いくらかの, いへば, して, すれば, でた警戒, でなく腹立たし, でなし, でも, 云ってさえも, 出た温かい深い, 出た行動, 出ましたお, 出る言葉, 出発した, 勉強し, 大臣を, 始まる, 来たもの, 来る敏感さ, 来る洞察力, 来る独断, 様々に, 短い受け答え, 自然に, 起つたもの, 起算し, 離れようと, 飼われたの

▼ 愛情~ (33, 1.0%)

1 [33件] あれを, そうした数々, または憎悪, やさしい涙, ウヌボレに対する, 人間の, 劬り, 勇力を, 同情の, 同情を, 君恩を, 地位を, 尊敬などの, 待遇の, 性欲の, 悲しさ, 慈悲に, 憧憬を, 決心は, 涙この, 無私や, 熱情が, 登用の, 義務感や, 肉親的な, 色情の, 色気よりも, 苦悩の, 責任の, 質や, 運命に, 道徳観念や, 配慮ほど

▼ 愛情とは~ (28, 0.9%)

3 別な 2 ちが, ちがうもの

1 [21件] いえ日本, しみじみと, すべて目ざめ, それを, そんなもの, ちがう, べつだ, べつな, まことに微妙, 二人が, 全く別, 別問題, 呼びません, 少しも, 形を, 彼女が, 理由の, 生存の, 異った, 私以上に, 退屈な

▼ 愛情とを~ (15, 0.5%)

2 もって

1 [13件] こめて, 仙人に, 保証する, 傾け尽して, 同時に取りもどし, 弁別出来なくなってる, 持つよう, 捧げるが, 核心と, 汲みとること, 胸に, 自然に, 起すに

▼ 愛情よりも~ (15, 0.5%)

2 さらに精神的, 憎しみや

1 [11件] あらわれた言葉, もっと心, 一にも, 冷く強い, 多少義理, 寧ろ多く, 彼の, 愛憐を, 桃割れの, 空気や, 軽蔑を

▼ 愛情とか~ (14, 0.4%)

3 肉親とか 2 同情とかが 1 人間性という, 何とかそんな, 宗教心とかいう, 心配とかいう, 憂鬱とか, 欲望の, 残忍とか, 礼儀とかの, 責任とか

▼ 愛情との~ (14, 0.4%)

2 全體

1 [12件] あまり人生から, うちに, ごつちや, もつれた表情, やさしい目つき, 一種言うべからざる, 差が, 極致を, 流転変質の, 点で, 相互的な, 酔いを通して

▼ 愛情には~ (14, 0.4%)

2 底が

1 [12件] ある憂鬱, いくらか, そういう動物的, つつまれて, 不足の, 些の, 報いて, 変化は, 嫉みを, 御台所さまも, 心を, 終生二度とめぐりあう

▼ 愛情とが~ (13, 0.4%)

2 ある

1 [11件] ありさえ, あります, われわれの, 変わり自分, 必要な, 憎悪とかいう, 減じて, 矛盾した, 籠って, 結びついて, 蟠って

▼ 愛情なんて~ (13, 0.4%)

2 ものは

1 [11件] いうもの, いったい何物, ただ子供, ひと思ひ, ものばかくさく, 古今東西どこを, 実に必要, 昔から, 私は, 私大嫌い, 笑わせやがるよ

▼ 愛情によって~ (13, 0.4%)

1 [13件] そうであった, つづられた聡明, はぐくまんと, また自負心, 丁寧に, 吠え鳴くこと, 左右され, 歌子に, 母を, 行動出来ます, 護られた家庭, 陛下は, 集ったグループ

▼ 愛情~ (11, 0.3%)

2 といふ 1 が, つて同じ, つて要するに, とおっしゃる, とか愛, ときめ, と思う, と思った, よ

▼ 愛情~ (11, 0.3%)

4 のだ 1 のかも, のであらう, のである, んだってさ, んで妻, ンか, ンて

▼ 愛情をも~ (11, 0.3%)

2 虐殺し 1 あえて苦しめ, 低下させ, 兼ね表, 埋没せし, 持ち得ないの, 持って, 曲げて, 現す, 蒙った人

▼ 愛情でも~ (10, 0.3%)

2 ある, ふえて 1 あるの, ないという, なくて, なしまた, 情慾でも, 鼻先三寸の

▼ 愛情といふ~ (10, 0.3%)

2 ものを 1 のも, ものは, もんは, 卓一の, 意味で, 意外な, 言葉が, 風に

▼ 愛情などは~ (9, 0.3%)

1 てんで信じ, また格別, みじん感じさせぬ, もつこと, もつて, 二の次に, 又格別, 影すらも, 彼女にとって

▼ 愛情にも~ (9, 0.3%)

1 予算は, 何かの, 囲まれて, 曇らされない一つ, 素直な, 自分らの, 金銭にも, 限界が, 飢えて

▼ 愛情より~ (8, 0.3%)

1 して, 出で, 恋愛に, 成立つて, 溢れ出たもの, 発して, 真実より, 私は

▼ 愛情すら~ (7, 0.2%)

2 さめると 1 さめないとは, すでにさめかけ, やがてさめる, やがて衰える, 必ずさめる

▼ 愛情を以て~ (7, 0.2%)

2 それらの 1 己に, 時としては, 結びつけられて, 綴られたもの, 説明し

▼ 愛情ある~ (6, 0.2%)

1 ときは, 人物の, 囁きに, 深さ, 興味を, 言葉では

▼ 愛情さえ~ (6, 0.2%)

2 深ければ 1 あれば, あればね, ももう味, 主張する

▼ 愛情である~ (6, 0.2%)

1 が婦人小児, ことは, という, と同時に, のか, ゆえでなく

▼ 愛情など~ (6, 0.2%)

1 あなたは, あるもの, まことに愛犬家, 微塵も, 生まれて, 過去の

▼ 愛情に対する~ (6, 0.2%)

1 反逆から, 反逆者に, 感覚を, 私の, 豊かな, 責任としての

▼ 愛情深い~ (6, 0.2%)

1 心にとっては, 態度で, 方々でした, 清朗な, 父親を, 男であった

▼ 愛情だけが~ (5, 0.2%)

1 あまり生々しく, たった一つ, ほんとうの, 普通と, 純粋で

▼ 愛情だけを~ (5, 0.2%)

1 そ, たよりに, 力に, 持つこと, 純粋で

▼ 愛情では~ (5, 0.2%)

1 あるまいか, ないのね, なくて, 不安は, 伸縮せず

▼ 愛情とに~ (5, 0.2%)

1 充ちた涙, 堪えきれなくなって, 恵まれて, 輝いて, 駆られて

▼ 愛情などという~ (5, 0.2%)

1 ものからは, ものに, ものは, ものを, 考えは

▼ 愛情なんか~ (5, 0.2%)

1 つまらないもの, もたないけど, 必要で, 持てないん, 相手に

▼ 愛情からの~ (4, 0.1%)

1 声を, 娘たちへ, 嫉妬と, 心中は

▼ 愛情そのもの~ (4, 0.1%)

1 が光, さえ歴史, さえ消え, の発現

▼ 愛情だけ~ (4, 0.1%)

3 では 1 はたいせつに

▼ 愛情だけは~ (4, 0.1%)

1 おろそかな, さすがに, 影を, 疑えないこれ

▼ 愛情とで~ (4, 0.1%)

1 この音響, 彼女を, 浩の, 満ちあふれた

▼ 愛情について~ (4, 0.1%)

1 つっこんで, 不安を, 云っても, 考え合わせて

▼ 愛情によ~ (4, 0.1%)

1 つてその, つてなすべき, つてフランシス, つて親朋に

▼ 愛情ばかり~ (4, 0.1%)

2 で智慧 1 では, で有ろう

▼ 愛情らしい~ (4, 0.1%)

2 ものを 1 ものが, 愛情を

▼ 愛情深く~ (4, 0.1%)

1 なって, もなっ, 手を, 私を

▼ 愛情生活~ (4, 0.1%)

2 の唯一 1 の破産, は

▼ 愛情自体~ (4, 0.1%)

1 がいは, がさめた, が理知, の意志

▼ 愛情~ (3, 0.1%)

1 へも生じ, へも発足点, へ捧げ

▼ 愛情だけで~ (3, 0.1%)

1 子供を, 支えられて, 解決する

▼ 愛情だって~ (3, 0.1%)

1 つまりは, 同じこと, 日本が

▼ 愛情であり~ (3, 0.1%)

1 あるいは強い, 善意であり, 誠意で

▼ 愛情については~ (3, 0.1%)

1 だれも, どんなこと, 外国の

▼ 愛情にのみ~ (3, 0.1%)

1 支えられて, 更に一層の, 生きて

▼ 愛情による~ (3, 0.1%)

1 ものだ, 職業婦人だ, 身ぶりと共に

▼ 愛情に対しては~ (3, 0.1%)

1 つけあがり怒り, 年月に, 心中を

▼ 愛情への~ (3, 0.1%)

2 直接の 1 権利さえも

▼ 愛情までも~ (3, 0.1%)

1 その焦土, 奪われて, 棄てよという

▼ 愛情をさえ~ (3, 0.1%)

1 乗り越えること, 感じること, 抱くよう

▼ 愛情問題~ (3, 0.1%)

1 が起り, にはとどまらない, に於

▼ 愛情~ (3, 0.1%)

1 なもの, に結ばれた, の表現

▼ 愛情あり~ (2, 0.1%)

1 人に, 其他何から

▼ 愛情こそ~ (2, 0.1%)

1 尊い, 純粋な

▼ 愛情この~ (2, 0.1%)

1 美しきもの, 苦悩この

▼ 愛情こまやか~ (2, 0.1%)

1 な女, に焚きしめた

▼ 愛情こめ~ (2, 0.1%)

1 てし, てキッス

▼ 愛情じゃ~ (2, 0.1%)

1 あない, ないか

▼ 愛情すらも~ (2, 0.1%)

1 すつかり, それだけが

▼ 愛情その~ (2, 0.1%)

1 ような, 対手が

▼ 愛情それ~ (2, 0.1%)

1 がいかに, ばかりであった

▼ 愛情たっぷり~ (2, 0.1%)

1 な滋味, にほんとに

▼ 愛情だった~ (2, 0.1%)

1 みんなみんな愛情だった, ようで

▼ 愛情だろう~ (2, 0.1%)

2

▼ 愛情であろう~ (2, 0.1%)

1 か, か本能

▼ 愛情です~ (2, 0.1%)

1 って, よ

▼ 愛情でなく~ (2, 0.1%)

1 ては育たぬ, ばむしろ

▼ 愛情なし~ (2, 0.1%)

1 で暮らす, にはあり得ない

▼ 愛情などの~ (2, 0.1%)

2 超理性的

▼ 愛情などを~ (2, 0.1%)

1 とやかく自分, 何の

▼ 愛情についての~ (2, 0.1%)

1 自分の, 記事が

▼ 愛情に対して~ (2, 0.1%)

1 そのよう, 私共は

▼ 愛情ばかりを~ (2, 0.1%)

1 せがんで, 無上に

▼ 愛情ふかい~ (2, 0.1%)

1 ものと, 看護人と

▼ 愛情~ (2, 0.1%)

1 ある影, 帰って

▼ 愛情みたい~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 愛情持っ~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 愛情激烈~ (2, 0.1%)

2 なる相互

▼ 愛情関係~ (2, 0.1%)

1 を心配, を絶つ

▼1* [127件]

愛情あれば生長, 愛情いや愛着とがものすごい, 愛情たしかにどことなくなつかしい, 愛情からだけでは, 愛情がわづかばかりの, 愛情さえも彼は, 愛情しか感じないらしくお, 愛情やない, 愛情すぎるね, 愛情そのものさへ消え, 愛情たるや月並, 愛情だけしか見なかつたこと, 愛情だけでも信じて, 愛情だけに包まれて, 愛情だったら高木君は, 愛情だの気前の, 愛情やない, 愛情ていうよう, 愛情つてものを全面的, 愛情つまり最も愛する, 愛情であったのである, 愛情でなければならない, 愛情といったような, 愛情とおたがい, 愛情とさえ結びつく, 愛情としてのみで恋, 愛情とだけで多少, 愛情とても如何なる障碍, 愛情ともつかない心, 愛情とを以て夢みた, 愛情なく同棲した, 愛情なぞと云うもの, 愛情なぞもやがて色褪せ, 愛情などといふものは, 愛情などについてこまごまと, 愛情なども濃いが, 愛情なら決して欲しく, 愛情なり関心なりを, 愛情なりを次第に悦子, 愛情なるものが, 愛情なんかと云うもの, 愛情なんぞもってや, 愛情においてバカでも, 愛情においては主従と, 愛情にかけて万事を, 愛情にてはあらざりしなるべし, 愛情にとっては十分だった, 愛情にばかり囚われて, 愛情によつて彼女, 愛情に関する一切の, 愛情のみなりしなり肉情, 愛情のみが物を, 愛情はも一つの, 愛情ばかりが父母の, 愛情ひとつでこの, 愛情かく励ます, 愛情ほんとの愛情, 愛情まことに深情けあげくに, 愛情まで資本家に, 愛情までをわたしが, 愛情もし愛情といふ, 愛情ゆたかな綺麗, 愛情ろくろく話さえ, 愛情わかつてくださる, 愛情をかはしたといふ, 愛情をしか自分に対して, 愛情をすらこめて, 愛情をば注いで, 愛情を通して犇, 愛情を通じて浮かび上つた, 愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ故ニ, 愛情コマヤカナリシ時代ニハソンナ風ダッタデアロウガ今デハソウデモナサソウデアル, 愛情ニヨルホカコノ世ノ幸福ニ恵マレ得ヌ家族ガアルコトニ想ヒ, 愛情表現ヲスル, 愛情以テ斯ル短時日間ニ此, 愛情一偏で何, 愛情一本で世の中, 愛情一諾をゆがめぬ, 愛情の偶然, 愛情主人の情, 愛情主義の平次, 愛情主義的評論家達に至っ, 愛情人情の流れ, 愛情人生への態度, 愛情にあるべきや, 愛情以上の大きな, 愛情以外の何もの, 愛情何らの尊敬, 愛情前日に倍, 愛情又は現世愛の, 愛情ノ右頬, 愛情のかける, 愛情善悪の対立, 愛情大胆な執拗, 愛情夫婦や愛人同士, 愛情や孫, 愛情子どもらへの愛情, 愛情学業に対する不, 愛情愛らしい悲しみを, 愛情慈悲柔軟性様々の表現, 愛情憎悪意志忍諦すべて極度に達した, 愛情或は外れて, 愛情持つてゐたつ, 愛情捧げたかってちょっと, 愛情教化の方法すべて, 愛情のよう, 愛情本質実体無と有, 愛情注意も元, 愛情深い慎ましい手紙だった, 愛情深き者は, 愛情無意識の女々しき, 愛情特に日本的義理人情を, 愛情畏敬を持っ, 愛情的不調和並びに或, 愛情的発達が新しき, 愛情益発達するとも, 愛情相談ずくで世間, 愛情の崇拝心, 愛情真に濃かに, 愛情真当な何物, 愛情空粗な情緒, 愛情自分の道具, 愛情苦悩が少し, 愛情豊かなと, 愛情赤いポストに, 愛情順々にお知らせ, 愛情を惜