青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「愚か~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

意志~ 意気~ 意気地~ ~意義 意義~ ~意見 意見~ ~意識 意識~ 愚~
愚か~
愚痴~ ~愛 愛~ ~愛し 愛し~ ~愛する 愛する~ 愛嬌~ ~愛情 愛情~

「愚か~」 1427, 15ppm, 7306位

▼ 愚か~ (697, 48.8%)

19 ことを 9 ことだ 8 ことである, 私は 6 ことで, ことであり 5 事だ, 私の 4 ことだった, ことです, ものは, 心の, 気の, 者は

3 [13件] ことに, ことは, ことも, もので, ものである, 事である, 俺は, 夢を, 朝の, 正しからぬ, 男の, 真似を, 頭を

2 [44件] あさましい兄, こと, ことであろう, ことでしょう, ことな, のは, まねを, やつ, やつじゃ, 一時が, 不敬な, 事で, 人間だ, 人間には, 伝説は, 兄丈は, 失敗を, 女の, 微笑を, 態度に, 旅人として, 母でも, 涙, 涙を, 然しながら純, 父は, 男よ, 男女の, 画策を, 私, 私どもの, 経験から, 考えの, 考えを, 者が, 者の, 者も, 自分と, 自分を, 行為を, 計画を, 話では, 質問を, 鬼ども何程の

1 [480件] あひるには, いたずらに, いや単に, うわごと, おなごでございました, お世辞, お調子者, けれど真直, こといずれかの, ことか, ことかも, ことかを, ことが, ことだつた, ことであった, ことであります, ことでございましょう, ことと, ことの, ことばかりを, ことばに, ことわ, ことアルサスルュクサンブウルの, こと一本の, こと九月の, こと以上実は, こと口を, こと味さえも, こと唐土朝鮮の, こと恐ろし, こと毛の, こと永年東京に, こと汁の, こと火薬と, こと砂糖を, こと秋子の, こと蟻の, こと這いつくばうでございましょう, こと長く, この主人, しかし美しい, しもべでございます, すすめを, せいでございましょう, そして卑怯, そして平凡, そして真に, その浪費, そんな愚かさ, ためこんな, ところが, と言った, のである, のです, のと, のを, ほどつまらぬ, ほど一事, ほど好き, また盲目的, また誤った, まま新鮮に, もっとも瞞着的, もの, ものが, ものだ, ものだった, ものです, ものな, ものに, ものの, ものゆえ, ものを, やつだ, やつであった, ように, わけの, わしは, わたしの, われらは, んである, アルキメデスの, イワノフの, ダンディズムは, トリックに, ピエロに, ユーモア純情など, 一エピキュール学徒が, 一生が, 一生において, 一面も, 上に, 下男などという, 不可能な, 不吉な, 乳母は, 争ひ, 事が, 事じゃ, 事です, 事どんな, 事に, 事にも, 事や, 事よ, 事を, 事ゴムの, 事一切の, 事何の, 事口を, 事命までも, 事柿の, 事獅子でも, 事里人との, 二人だったでしょう, 五体は, 亡者の, 人々は, 人たちである, 人たちでは, 人たちの, 人であった, 人でなけれ, 人も, 人物では, 人物とは, 人間でございましょう, 人間です, 人間では, 人間でも, 人間の, 人間は, 人間も, 仕打ちであろう, 仕業に, 仮説が, 仲間たちに, 会話だったろう, 伜と, 伝統を, 伝説を, 位です, 何かの, 作品を, 作家が, 作家は, 作者が, 俗衆の, 候鳥と, 偏見に, 偽君子, 僕の, 儀じゃ, 儚ない, 優越を, 先生は, 先輩の, 光景で, 兵卒は, 処置だ, 利己心が, 力を, 努力が, 努力に, 努力の, 動機によって, 動物は, 卑しい乞食, 博士である, 双手を, 反抗と, 反撥を, 反響と, 口の, 召使たちに, 告白を, 命は, 問に, 善良な, 喜悦を, 喧嘩が, 嘘であろう, 地位だけを, 垣覗きの, 執着が, 執着に, 執着の, 堂々めぐりの, 夢に, 夢の, 夢想であろう, 夢想を, 大名の, 失敗も, 女じゃ, 女だ, 女だった, 女では, 女と, 女という, 女にも, 女めアハハハ, 女も, 奴, 奴それが, 奴だ, 奴で, 奴めが, 奴らは, 好々爺ドラントは, 妄想の, 姉妹達を, 姿も, 威容とが, 娘であろう, 子供たちも, 子供だった, 子供談を, 孔雀達は, 学生で, 学生でも, 寛容に, 対他的な, 対立など, 封建的思想に, 将軍では, 小人に, 小羊, 少女だろう, 少年だった, 屈辱, 山猿よ, 山羊たちまでも, 己の, 希望では, 帝を, 常識家に, 幼稚な, 弁明を, 弁解は, 弟の, 弟子の, 弱い女, 弱さ, 彼の, 彼は, 彼らは, 彼自身の, 後悔に, 従者を, 心を, 心配さ, 心配を, 快感に, 怒りに, 思いつきである, 思い立ちを, 思念の, 思案でございます, 怠け者は, 性質を, 恋を, 恐怖を, 悟浄よ, 悪癖が, 悪魔が, 悲観主義に, 情炎を, 想像で, 意地から, 意地で, 意地悪な, 意見と, 意識を, 愚かな, 愛の, 感傷では, 感傷と, 感傷は, 感傷を, 感動が, 感情に, 態度で, 懸命の, 我儘に, 或る, 戦争を, 所の, 所作を, 所業の, 所行であろう, 所行です, 手段に, 批評家は, 振舞いを, 損け, 放言を, 政策は, 敵じゃ, 方法を, 日常の, 日本は, 日本民族の, 明治の, 時代おくれ, 暇つぶしの, 期待を, 村びとどもの, 業じゃ, 業で, 樵夫が, 橄欖種子で, 機械であった, 正直者であります, 母に, 母を, 母親と, 母親の, 母親奴, 母親弓子は, 気後れを, 沙汰よ, 洪水の, 流行に, 海鳥の, 涙であろう, 涙よ, 混乱から, 溜息を, 滑稽であろう, 滑稽人物に, 濃い靄, 無意味な, 無法の, 無益な, 無稽事と, 無駄な, 焦躁に, 然し僕, 父さんは, 父である, 父と, 父性愛に, 牧師の, 犠牲者である, 犬, 狂おしい男, 狂熱の, 狐伎を, 理性を, 理由で, 甘い一面, 甘さ, 生れで, 生命の, 生活が, 生活人です, 田舎書生だつた, 男が, 男に, 男は, 男共を, 男同志の, 疑いである, 病的な, 癖に, 百姓色気の, 目より, 盲目の, 眼と, 瞬間それらについて, 私だった, 私でも, 私に, 私にでも, 私も, 私を, 程だった, 空想的な, 童話を, 笑いを, 笑ひ, 経歴を, 経験と, 経験談も, 經驗と, 罪に, 老人に, 考えから, 考えで, 考へから, 者だ, 者で, 者どもじゃと, 者には, 者共, 者共の, 者貧しく, 耳と, 聟が, 聟は, 臆測を, 自分に, 自分の, 自慰しか, 自殺未遂行為であった, 自殺的行為を, 自負心と, 自負心の, 至りです, 至りに, 興奮に, 良心は, 芸無しどもが, 若人な, 苦しみを, 苦労に, 苦労の, 苦悩を, 茶番に, 藝無しどもが, 虚栄と, 虚栄は, 虚栄心です, 蛙を, 蛾と, 行いで, 行いを, 行ない, 行動と, 行動水底深く, 行為であった, 行為である, 表情を, 見物である, 親心の, 親心みたいな, 観察を, 言葉には, 設計であった, 詩人の, 詭弁だ, 話だった, 話で, 話であった, 話です, 誇張癖が, 誘惑として, 誤解を, 貧しい作家, 赤裸の, 蹉跌として, 身に, 身の程を, 身振りを, 身近さだけに, 農夫は, 迷信である, 迷信とのみを, 遊びを, 遊戯である, 過失, 道は, 遠ま, 遠慮, 邪悪な, 野心によ, 長男を, 防衛策な, 随筆を, 青年が, 頭の, 頭脳所有者を, 顔つきには, 飲酒癖に, 饒舌家に, 馬鹿馬鹿しいありふれた, 驚きの, 魅惑が, 鵞鳥は

▼ 愚か~ (171, 12.0%)

4

2 [11件] が増し, である, であろう, に胸, に腹, のため, の裡, を信一郎, を白状, を知る, を自嘲

1 [145件] からいつ, からくる, からヒント, から来る, がありました, がその, がつくづく, が作り出した, が分った, が分明自分, が吾, が帳消し, が省みられたされ, が真面目, が誇張, が身, だったろう, ではなく, では堪えられぬ思ひ, で食う, として映る, とは無限, とをいっそう, とを嘲笑う, とを気づいた, とラーベンシュタイナー, と不注意, と口々, と名誉心, と悲惨, と秀子, と空虚, と等しい, なんだか常に身の程, にし, について, については幸い, につけこん, には何ら, にへん, にも勝った, によっても良人, によって愛する, によるの, に徹する, に愛想, に我, に打たれる, に歯, に殉ずる, に比べれ, に気がつく, に気が付いた, に気づく, に耽っ, に落ちる, に陥っ, のシムボル自体, の中, の慕情, の故に, はだれ, はどう, は云う, は人, は伊曾, は単に, は彼, は思い出し, は我々, は笑われ, は結婚, は針頭, もかまわず, もさる, もない, も入りこん, も愛想, も真実, よりつれ合い, を, をあざ笑う, をお, をお許し, をさとった, をつくづく, をどう, をどうして, をどの, をも容易, をも見, をわらっ, を云っ, を嗤, を四郎, を回顧, を夫君, を完成, を家臣たち, を左馬頭, を引出した, を強く, を怒り, を思い知った, を思い知りました, を性欲, を恥かしく, を恥ずかしく, を悟った, を愚かさ, を愛した, を感じない, を愧ぢ, を憐むよう, を我慢, を拒む, を敢, を日ごろ, を決して, を犯し, を直視, を相手, を知った, を知つて, を知り, を知りました, を知れり, を笑, を笑うであろう, を笑っ, を繰り, を繰り返し, を繰返し, を繰返した, を考えた, を自ら, を見出す, を許し得よう, を責めね, を顧み, を顧みた, 低さ, 弱さ, 拙なさ, 醜さ

▼ 愚かなる~ (85, 6.0%)

3 者と 2 ことを, に過ぎぬ, ものと, ものよ, 子に, 者笑える, 衒気と

1 [68件] かな流血の, かな矢, かな船, かな門, が如き, が故に, ことだ, ことと, ことどもを, ことは, こと猫の, この父, だけ情, と言いし, もあるいは, もの, ものじゃ, もので, もの人間, われら杞人の, を告げ, 一方の, 人を, 人間としての, 人間なり, 人間の, 人間は, 人間界の, 何とも名, 吾, 吾をも, 命の, 哉, 国民の, 坊ンち, 子の, 心に, 心の, 恋を, 悲喜劇で, 我は, 方法である, 智者, 暴挙に, 権力の, 父の, 状し, 男なり, 眺めにも, 秋, 精しい智慧, 者償を, 者汝まだ, 者警めよ, 花小さき, 若者を, 虎, 話を, 読者では, 跳梁を, 軍国暗黒時代と, 軽挙を, 迷いであります, 追憶や, 道徳家が, 酒に, 領主の, 願いである

▼ 愚か~ (43, 3.0%)

5 して 3 御座候 2 なる, なるよう, 見えて

1 [29件] きこえた四畳半, させる旗持ち, し国, するばかり, せよそういう, なったよう, なった気, ならぬ, なりなまし, なり何, なり女, なるもの, なれり我, また空しく, みえるだろうしかし, 伝来を, 卑しい行動, 唯心的な, 帰れという, 彼は, 思われた, 慕うこの, 生まれついた彼, 生れついた人間, 用ゐ, 見え従っ, 見下げて, 過ぎる, 鈍感に

▼ 愚かにも~ (42, 2.9%)

4 私は

1 [38件] この世に, この煩悩, さわぎたてて, すぐに, そのまま黙っ, その晩, その虎視, その金色, それ自ら同じ, です, ぬけ出して, まして愚か, または不面目, アサハカな, カトーの, スッカリ安心し, 人買いに, 何度でも, 僕の, 勝家は, 勝負決する, 国民生活を, 彼の, 彼を, 彼女の, 思い及ばなかったので, 支持しよう, 氣の, 水差を, 汝其言納れつらん, 深刻めかし, 程が, 純粋の, 自分の, 蜜柑畑の, 走る以外, 途中に, 開墾地の

▼ 愚か~ (32, 2.2%)

8 はない 5 あつた 2 はありません, はある

1 [15件] この朴訥, とてもむずかしい, はあっ, もなかっ, オクといふ, 不合理な, 利己的で, 卑しい俺, 参は, 意気地なし, 殺人的に, 無能らしく見える, 虚栄家で, 誤って, 鈍感で

▼ 愚か~ (23, 1.6%)

5 と思ふ

1 [18件] からと言い得るであろう, から危険, が日本, けれどもその, けれども後悔, けれど極, つたのは, という意見, とは思わない, とも言わなくなった, と新八, と考え, と見える, と言っ, と誰, よ, 女房は, 愚かだ

▼ 愚か~ (20, 1.4%)

1 [20件] ことで, ことに, こと参覲交代の, こと四目屋の, こと大名に, こと百万にも, こと縄引き千切り此処を, こと黄金幾枚つけよう, どちらか, ままに, ように, 事かえって, 事に, 修業でなかった, 極みである, 至りである, 至りです, 至りなりき, 語根だ, 骨頂だった

▼ 愚かであった~ (10, 0.7%)

21 が, ためだ, ために, といわれます, と人, と又次郎, 僕である, 医学士が

▼ 愚か~ (10, 0.7%)

1 いうよりも, いって, いっても, 云えば, 人間の, 思わず騙されたなどと, 申すべきだろう, 見えるよう, 覚ったであろう, 言おうか

▼ 愚かである~ (8, 0.6%)

1 かを明知, がこれ, ことか, とは申せません, と断ずる, と知り, ような, わけが

▼ 愚かなり~ (7, 0.5%)

2 剥製の 1 でぽつぽつ, とは思わず, や恨まる, 小兒, 見よ見よ彼

▼ 愚か~ (6, 0.4%)

1 今知った, 君は, 彼の, 彼は, 彼ら築きたる, 黄金無

▼ 愚かその~ (4, 0.3%)

1 末席を, 用意の, 辺は, 邊には

▼ 愚か~ (4, 0.3%)

4 の波

▼ 愚かそう~ (3, 0.2%)

1 に彼, に突, に立ちすくん

▼ 愚かだった~ (3, 0.2%)

1 から良心, こと強かっ, 永遠に

▼ 愚かであり~ (3, 0.2%)

1 そしてまちがっ, 又愚か, 笑ふべき

▼ 愚かであろう~ (3, 0.2%)

21 すべては

▼ 愚かです~ (3, 0.2%)

1 よ, よ何, 愚かな

▼ 愚かでない~ (3, 0.2%)

1 という証拠, 女も, 耳とか

▼ 愚かでも~ (3, 0.2%)

1 ある, ある少女たち, それくらいの

▼ 愚かという~ (3, 0.2%)

1 のです, ように, 魂が

▼ 愚か~ (3, 0.2%)

1 またなし得た, 愚かの, 甚しい

▼ 愚か自分~ (3, 0.2%)

1 が幽霊, にさえできる, の名前

▼ 愚かとは~ (2, 0.1%)

1 どういうわけ, 思わなかった

▼ 愚かなりけり死に~ (2, 0.1%)

2 てむなし

▼ 愚かなりける~ (2, 0.1%)

2 梧桐の

▼ 愚か~ (2, 0.1%)

1 無かった, 無かつ

▼ 愚かろくな~ (2, 0.1%)

1 おも湯, お賽錢

▼ 愚か~ (2, 0.1%)

1 危ぶみも, 表白する

▼ 愚か一分~ (2, 0.1%)

1 も動かさなかった, も動かさなかつた

▼ 愚か一指~ (2, 0.1%)

2 を触る

▼ 愚か三兩~ (2, 0.1%)

1 の貯, も纒

▼ 愚か千万一億~ (2, 0.1%)

2 の金

▼ 愚か同じ~ (2, 0.1%)

1 処に, 真壁の

▼ 愚か小粒一つ~ (2, 0.1%)

1 も出, 出ては

▼ 愚か~ (2, 0.1%)

2 の部屋

▼ 愚か~ (2, 0.1%)

1 だという, でもなかっ

▼ 愚か~ (2, 0.1%)

1 ぬられた短刀, を洗う

▼ 愚か鐚錢一枚~ (2, 0.1%)

1 も出, 入つた財布

▼ 愚か鼠一匹~ (2, 0.1%)

1 出て, 通らなかつたこと

▼1* [201件]

愚か顔を, 愚かいたした落度, 愚かこの島じゅうに, 愚かさうに立ちすくんで, 愚かさうに彼はそこ, 愚かさうに突立つてゐる自分自身, 愚かさ加減が恨めしく, 愚かさ危さをまぬがれる, 愚かさ工夫努力の足りな, 愚かさ故である, 愚かさ淫らさのため, 愚かさ都乙女の利発, 愚かさ間抜けさをそんなに, 愚かすでに外国人に, 愚かせんべいでどうも, 愚かそのままの顔, 愚かそれを防禦, 愚かつい骨肉の, 愚かであって啓蒙, 愚かであったらどうして那古屋, 愚かであり笑うべきことであり, 愚かである追うならばどこ, 愚かであればある, 愚かでないだろうから, 愚かでなければならない, 愚かでぬれた歯並と, 愚かといふ気が, 愚かといふか人が, 愚かとも何とも早, 愚かないばりくさってる, 愚かなかりしかど, 愚かながら私の, 愚かながらも旧来の, 愚かなだらけきった恋仇に, 愚かなつかしい文一つことづけ, 愚かなはにかみを覚えた, 愚かなふるまいで状況, 愚かならざれば猪口, 愚かなりしかその眼, 愚かなりにも彼の, 愚かなり死にし幽け, 愚かなるべし藤井氏は, 愚かなればこそ咬みつい, 愚かなんぴとの恩人, 愚かな戯れとしか見なかつた, 愚かな申し条じゃ, 愚かな見得坊に, 愚かな見得なのだ, 愚かな閃きであるとすぐ, 愚かにか使った, 愚かにさえなったよう, 愚かには違い無い, 愚かほど罪悪は, 愚かますます時勢に, 愚かもう白井權八鈴木主, 愚かやや水平から, 愚かゆえである, 愚か泣くか, 愚かろくろく雑魚も, 愚かを以て鳴る名物男, 愚かアラビヤ夜話の淫蕩, 愚かフッツリ便りさえない, 愚か一ペニーたりとも, 愚か一二カ月で河口, 愚か一刻さえ惜しまれる, 愚か三世までもと思ふ, 愚か三兩二分も覺束, 愚か三十人五十人と隊, 愚か三十年も経たない, 愚か三日ぐらい断食, 愚か三百文だつて只, 愚か上海にも御座いません, 愚か世界一の探偵, 愚か眼共に, 愚か中毒死らしい徴候, 愚か九州一円にはびこっ, 愚か二十でも三十, 愚か二十人三十人百人来ようと, 愚か五匹の鼠, 愚か亡くなられし男爵そのまま, 愚かまでも長崎, 愚かの話聲, 愚か人間らしいものは, 愚か今後は益, 愚か伯大隈の如く, 愚かてもつかぬ, 愚か何等の罪, 愚かさえもない, 愚か八つ裂き牛裂きに, 愚か公方の威光, 愚かの間, 愚か利子さえ出させる, 愚かの上, 愚か匕首一本容易なこと, 愚か区会議員の選挙権, 愚か医者の道具, 愚か十二時を打っ, 愚か十人余りも佇ん, 愚か十分の一もよう, 愚か十時になっ, 愚か千万な私, 愚か千里を行き尽し, 愚か半人の弟子, 愚か却つてわが國, 愚か却つて世間の信用, 愚か下駄一つも, 愚か殺まで, 愚か呼吸も出来ない, 愚か喜多公も家, 愚か四時になっ, 愚か土人さえ稀, 愚か大家さえ出来る, 愚か守り刀の鞘, 愚か専門家のセ, 愚か使いの, 愚か小刀一梃出て, 愚か小判の片ら, 愚か小原ぶしや, 愚か小犬の這, 愚か小雀一羽眼に這入らぬ, 愚か島津重宝の秘法, 愚か差迫つては二百兩, 愚からしい閑地, 愚からしいもの, 愚か当の依頼人からまで, 愚かの世にも, 愚か徳川も或いは, 愚か息子と芸人上がり, 愚か指一本爪一片もやる, 愚か指紋は勿論, 愚か支那でも西洋, 愚か方角さえもわかりませぬ, 愚か暗がりに隱, 愚か暫く二川家に, 愚か朔日十五日の神饌さ, 愚か朝鮮中国欧米にも断じて, 愚か来襲した敵, 愚か東京あたりにでも滅多, 愚か死体が刺された, 愚か死刑にまでもなり, 愚か殆ど想像も及ばぬであろう, 愚か殺した趣意も, 愚かの魂, 愚かの滴り落ちた, 愚か沢庵が寝室, 愚か洗馬へさえ, 愚か流れるほどは揺れ, 愚か溜息ひとつ洩らしもしや, 愚か滿人の屋敷跡, 愚か無駄足をし, 愚か父兄は愚か, 愚かだつて, 愚か牛小屋も出来ない, 愚かの死骸, 愚か猫一匹も通らない, 愚か玩具の風車, 愚か現在の人々, 愚か生活を持ち続け, 愚か異状らしい個所, 愚か白いものすら, 愚か百姓家すら見当らない, 愚かの球一つ, 愚か瞬き一つ出来ないまま, 愚か砒素の痕跡, 愚か近い幼稚園, 愚か突き詰めた心で, 愚か米代もつづかない, 愚か美しい態度も, 愚か者共じゃろうよ, 愚か聞いたものは, 愚か肥後守のよう, 愚か自分自身でさえ幸福, 愚か致しましたら竜造寺家の, 愚か艸一本も眼, 愚か荷物も所持, 愚か被害者自身の足跡, 愚か見たことも, 愚か視線の一つ, 愚かと鉢合せ, 愚か財布の中, 愚か身動きする者, 愚かの後押, 愚か返事の言葉, 愚か部屋の中, 愚か酒場へ行く, 愚か野良犬一匹姿を見せません, 愚かで突いた, 愚か鉄屑ブリキ片一つ持ち出しても, 愚かの鍋, 愚か鐚銭一枚その辺り, 愚かも無く, 愚か間接に連絡, 愚か雑魚もろくろく, 愚かさえもこの, 愚か頭文字らしいもの, 愚か顏馴染の野良犬, 愚かの便り, 愚か香箱も隠せ, 愚かの羽ばたき, 愚かの仔一疋, 愚か鼻唄一つ唄えなかった筈