青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「愚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~意志 意志~ 意気~ 意気地~ ~意義 意義~ ~意見 意見~ ~意識 意識~
愚~
愚か~ 愚痴~ ~愛 愛~ ~愛し 愛し~ ~愛する 愛する~ 愛嬌~ ~愛情

「愚~」 2176, 24ppm, 4935位

▼ 愚~ (265, 12.2%)

4 守れ, 敢て 3 もって, 嗤う, 笑ふ

2 [22件] しないの, なさんや, なすもの, やめて, 働くもの, 公に, 嗤笑すべき, 忌んだ, 悟って, 為さむや, 為す可, 爲さむや, 爲す, 犯しては, 発見する, 知りながら, 知れば, 笑うの, 笑って, 笑ひ, 装って, 責めた

1 [204件] あえてしなかった, うつかり繰り返し, お笑, お見せいたさね, かくしも, くりかえさぬ努力, くりかえしては, くりかえそうと, くりかへ, くり返さぬという, くり返さぬイマシメ, くり返す人間, さけた, さけたの, さけ日本, さとらざるも, さとらず弾薬, したくないの, して, しない, しなかった, しましょう, すすめながらも, すてて, するはず, なすな, なすの, なすはず, なるべく慎ん, ひしと胸, みずからなだめず, もう匙, もっとも広汎, もっと大胆, やって, やりましたな, よく知っ, よく自分, わらいその, わらうこと, わらうよう, わらう者, われらの, われ学ぶ, 主張しない, 二度も, 人間が, 今は, 信ちやんは, 働きたるよう, 働き心, 働き思いのほか, 充分に, 再びくりかえし, 冷笑し, 即刻捨て去らね, 反復する, 哂ふ, 哂わ, 嗤った, 嗤ふと共に, 嘲する合理主義的結論, 嘲って, 嘲弄する, 嘲笑する, 学ばず二, 学ばむ, 学ぶまいと, 学ぶ能はず, 学んで, 學ふべき, 學ぶもの, 守つて愚に, 守らう, 守らう酒, 守り愚, 守る, 守ること, 守る私, 守れす, 守れ愚, 守れ生地, 完う, 容れて, 尽し勝てば, 得て, 心に, 怒りながら, 思い止まって, 思わないでは, 悔る, 悔んで, 悟ったか, 悟らざるか, 悟らしめつつ, 悟りました, 悟る, 悟るほどの, 意識し, 慚愧する, 憐ま, 憐み, 憐むよりも, 懲らしこの, 戒めあうこと, 披露し, 招くだけ, 指摘し, 指摘する, 攻撃しよう, 救ひ, 教えた, 敢えてし, 敢えてした, 斥けたるにや, 書くよう, 極めし業, 極めたん, 極めた者, 極めた言語, 止めた, 止めよ, 活かす外, 浮かぬ石舟, 演じさせる, 演じて, 演じては, 演じない, 演じない限り, 演じなければ, 演じました, 演ずべきでない, 演ずる, 演ずるもの, 為さ, 為さず故に, 為すべきでは, 熄めて, 爲さ, 爲さず, 犯さぬよう, 犯した責任, 犯すこと, 現わす, 理解し, 界する, 發表する, 知った, 知ったので, 知ったもの, 知った田中中尉, 知らないでは, 知りつつ, 示すの, 福沢諭吉は, 秀吉も, 笑うこと, 笑うだろう, 笑える千々岩, 笑った上官, 笑はずには, 笑はずん, 笑はれる, 笑はんと, 笑ふこ, 笑ふなるべし, 笑わざるもの, 笑わねば, 繰り返して, 繰り返しては, 繰り返すの, 考えて, 苦しみ乍ら一寸, 行い仕事, 行うとやら, 表して, 表するに, 表わすもの, 表白する, 装うて, 見かねて, 見せつけられた肚立, 見出すこと, 見過ごし得ようや, 覚らねば, 覚りました, 観察する, 詰って, 認めなかつた, 認めるよりも, 説いて, 論破し, 諫めその, 諭す等, 證明しよう, 貫かう, 貫きたい, 貫け, 贖ふか, 述べたが, 選ぶ者, 醒ませ, 重ねては, 重ねること

▼ 愚~ (190, 8.7%)

12 事を 7 ことである 6 ことだ 5 ことで, ことを, ものだ, ものは 4 ものである, 私は 3 のは, 事は

2 [14件] ので, もので, 事で, 人々が, 問を, 奴が, 宣伝と, 時計の, 男が, 男は, 真似を, 私には, 話だ, 頭の

1 [103件] ことそんな, ことだろう, ことはでな, こと一つ内へは, こと引外し, しかも事, それに, ところが, ところは, とんまな, のだ, のである, ので笑い, のに至つて, のを, までにつつましい, ものが, ものであった, ものであろう, ものと, ものなり, ものに, ものの, ものほど, もんだ, ようだ, んだ, 事, 事さ, 事その, 事である, 事です, 事と, 事ばかり, 事も, 事未だ未だ, 事珠玉とか, 事百里二百里故郷までも, 事齲歯の, 人間です, 人間は, 凄じい熱情, 動物で, 只今までの, 問題を, 夏の, 大都会, 女だ, 女らしくない, 子供に, 富豪が, 師匠と, 彼を, 心からは, 心理の, 思想です, 性分である, 戯痴た, 所だ, 所行です, 抵抗を, 案山子の, 業である, 次第だ, 欺瞞や, 民を, 沙汰である, 父と, 生徒が, 田舎者でない, 目付きを, 目明しは, 真似は, 真似も, 眼つきを, 私の, 笑いを, 笑顔で, 答である, 者だ, 者で, 者である, 者どもでございます, 者の, 者も, 者罪深い, 自分の, 自分を, 苦労性の, 行ないの, 街であった, 言である, 言草に, 言葉と, 計らい, 話で, 話窮鼠かえって, 迷信から, 迷信に, 鈍な, 願ひだつた, 魂が, 鸚鵡の

▼ 愚にも~ (190, 8.7%)

14 つかないこと 13 つかぬこと 7 つかぬ事 6 つかぬもの 4 つかないもの 3 つかない話, つかんこと, 附かぬこと

2 [16件] つかない事, つかない信仰, つかない妄想, つかない実験, つかない幻影, つかない紙片, つかぬ, つかぬ品, つかぬ声, つかぬ市井, つかぬ絵, つかぬ質問, つかん, ない人道主義, 付かないもの, 附かない話ぢ

1 [105件] この結婚, つかず, つかず悦んだり, つかないお, つかないから, つかないが, つかないふざけだが, つかないゴシップ, つかない事だらけ, つかない事柄, つかない仕事, つかない原因, つかない外遊, つかない夢, つかない女の子, つかない実際, つかない寝言, つかない形式破壊なぞ, つかない思ひ出, つかない感想, つかない批評, つかない気前, つかない物, つかない狂信者, つかない男, つかない私, つかない空中楼閣, つかない空虚, つかない美辞麗句式, つかない肩書き, つかない胸, つかない自分, つかない芝居, つかない茶番, つかない話声, つかない議論, つかない質問, つかない連想, つかない饒舌, つかない馬鹿話, つかない駄洒落, つかなかったと, つかぬこの, つかぬでたらめ, つかぬナンセンス, つかぬヴァイオリン, つかぬ些事, つかぬ人物, つかぬ人間, つかぬ出来事, つかぬ厭世家, つかぬ吐ざき言, つかぬ問答, つかぬ嘆声, つかぬ回, つかぬ好奇心, つかぬ家庭, つかぬ小料理, つかぬ思ひごと, つかぬ悪党ども, つかぬ想像, つかぬ愚劇, つかぬ批評, つかぬ支障, つかぬ政治的意見, つかぬ文句, つかぬ断案, つかぬ方, つかぬ映画, つかぬ有象無象, つかぬ気障っぽい, つかぬ洒落, つかぬ無意味, つかぬ画家, つかぬ相談事, つかぬ真似, つかぬ考, つかぬ評論家, つかぬ諸, つかぬ講演, つかぬ駄弁, つかんよう, つかん厭, つかん輩, つかん迷い事, ひとしいもの, 付かない事, 付かない夢, 付かない尋問, 付かない理屈, 付かぬ理窟, 付かん事, 付かん理屈一点張り, 似て, 其の時, 夫に, 安心し切っ, 独居の, 私は, 近づき得る, 附かぬ事, 附かぬ朗読劇, 附かん話, 附ん, 麻酔に

▼ 愚~ (147, 6.8%)

24 して 7 返って 4 すること 2 あらざる以上, かえりて, よりて, 出で, 等しい, 見える, 近かし, 返ったよう, 返つて

1 [94件] あらず, あらずや, あらずんば, あらず己, おちつけ, おもわれた, お返りではござりませぬ, かえる, かえるか, からみあ, されたやう, されて, しおったな, した, したり, した嘲弄, した待遇法, した所謂ひいき, した答え, しなかった人, しなくては, し才子, し自己, するとでも, するな, するにも, せず人生, せられたの, せられた黔首, ちかい, なさずと, なしつ, なりやすい, なるから, なると, なるの, ひとしいもの, ひとしいよ, ふと慄然, みえるだろうか, 代うるのみ, 似たもの, 出まいと, 化して, 唯一筋の, 唾する, 始終愚, 導くの, 帰れそして, 徹す愚, 応ずるもの, 思われるの, 恋々たる, 恋恋たる, 愛想を, 憤りを, 最後の, 滅入つた, 熱烈に, 生きる外, 疳癪を, 突き当たるであろう, 耐えよ, 耐えよと, 育てられた女, 致しては, 覚めて, 躁るべきや, 近いとは, 近いほどの, 返ったところ, 返ったん, 返った事, 返った喜の字, 返った嘆き, 返った老人, 返った苦労女, 返つたやう, 返つた彦兵衞, 返つた親心, 返つてサメザメ, 返ります, 返り愚, 返る本然, 迷ったかと, 適するのみ, 還ったよう, 還るもの, 陥らないで, 陥りて, 陥るこそ, 陷り, 非ず, 非ずして

▼ 愚~ (128, 5.9%)

12 骨頂だ 8 至りである 4 極だ, 至りだ 3 極みである, 至りと, 至りに, 骨頂で, 骨頂である 2 やうで, ようで, 極であった, 極である, 至りでは, 至りなり, 骨張だ, 骨頂です, 骨頂と, 骨頂という

1 [65件] あれらの書物, いたり, いたりでは, かたまりに, きわみだ, きわみである, くりかえしは, ものに, ように, 一つだった, 二人が, 二人は, 俗見, 働きで, 分別なき, 判断の, 別, 別なく, 到りであの, 口惜し忘れ, 善良さだ, 四人は, 域を, 如く堪えて, 如く賢, 字を, 差ある, 差を, 差別を, 差等に, 心もくろみつ, 愚なる, 最たるもの, 極ああ, 極であっ, 極であります, 極なり, 極みと, 極みなり, 極劣の, 極度に, 極狂に, 沙汰だ, 無限軌道は, 者ならずや, 至である, 至として, 至なり, 至りだった, 至りであろう, 至りです, 至りの, 話だ, 轍を, 間に, 限りぞ, 頂上だ, 骨頂さ, 骨頂じゃ, 骨頂であります, 骨頂として, 骨頂なら, 骨頂の, 骨頂よ, 骨頂昆布の

▼ 愚なる~ (121, 5.6%)

6 ことを 3 が故に, ものは 2 が如き, が如し, と冷, に似, 事は, 者, 者に, 者の, 者を

1 [91件] かな今日, かな凶運, かを思ひ, か恩人, がごとき, がごとし, が如く, が如くなれ, ことである, ことと, ことは, こと地に, こと好から, そして野蛮, だけに虚飾, にあらず, はすなわち, はその, はひとり東洋, は固, もかかる, もこ, ものかな, ものである, ものといふ, ものも, ものよ, ものを, もまた, も平生潔白正直, やうに, ゆえんを, わざなりしや否や, を知る, を証す, 一場の, 下等社会の, 主人公なり, 主君を, 事のみ, 人々ならで, 人々よ, 人で, 人も, 仕事に対し, 凡夫は, 刺客は, 前例を, 吾れ, 問いそれしきの, 子を, 官人を, 心よ, 心勞よ, 悔悟を, 情慾の, 憤怒が, 我の, 政治は, 政策は, 故に何事, 新聞記者は, 村の, 業なれ, 歴史家, 歴史家が, 民を, 沙汰は, 猴王五百猴を, 白弱い, 私が, 私の, 精衛の, 紋三は, 繰り返しを, 羊と, 者なれ, 者は, 者よ, 者僻見に, 船長の, 行為を, 親にも, 言葉も, 身に, 軽業師共は, 間違つたる, 騒に対する, 騷に, 魂よ, 鰐を

▼ 愚楽老人~ (98, 4.5%)

2 から出る, なの, の柄杓, の顔, は, はまるで, をつかまえ

1 [84件] いっかな退かない, いつもの, がお, がかれ, がそこ, がそば, がちょこちょこ, がスラスラ, が全身, が八代公, が叫んだ, が書いた, が来, が首, このとき, この上様, そう一言ひと言, たいへんな, だ, だと, ちょうどすれちがった, である, とその, と上背, と主, と大岡越前守, と柳生藩, なん, なんかただ, にこの, に対面, に挨拶, に突っかえされ, に袖, に言いがかり, のこと, のほう, のほか, のやる, の声, の意見, の手, の眼, の言った, の言上, の言葉, はお, はおかしい, はからだ, はくすぐった, はせかせか, はせっかち, はそういう, はその, はそれ, はますます, はまた, はわが, はジリジリ, はチラ, は一匹, は人形, は何事, は受け取っ, は大きな, は平然, は憂わし, は殿中, は眼, は紙, へつつぬけな, へ御, へ突きだし, へ賄賂, もさっき自分, もそば, もにこにこ, も知らない, よりそれとなく, をじろりと, ナ彼, 大きな手, 大狼狽, 実に達者

▼ 愚~ (54, 2.5%)

52 は和尚様, は申しました, は答, は蒲団

1 [41件] おまへの, か, が大和尚様, が学校, が帰つて, が此, が泣く, が画手本, が馬鹿, に脊負, に願, のおれ, の所, の言つた通り, の頬, はお, はお寺, はすやすや, はすらすら, はせつ, はそれだけ, はぢ, はひいひい, は一段と, は不思議, は二時間あまり, は今日習つた事, は学校, は少, は尚更, は忘れん, は指, は眼, は石油箱, は顔, も並ん, も可笑しく, を, を馬鹿, 大和尚, 早く起き

▼ 愚~ (54, 2.5%)

3 の書 2 の後, は又八, は武蔵

1 [45件] がいっ, が木賃, が歩く, である, で索い, との入りくんだ, ともある, と又八, など幾たび, にすれ, に求める, の伝, の名, の墨跡, の姿, の師, の心, の感情, の書幅, の法系, の眸, の眼ざわりにならぬよう, の脚, の脚下, の若い, の袂, の跫もと, の遺作, の顔, はいきなり, はいっ, はこれ, は京, は八帖, は初めて, は彼, は棒, は疾く, は立ちどまっ, は足, は黙っ, も武蔵, も無言, を中心, を以て嚆矢

▼ 愚~ (48, 2.2%)

3 と越前守, の声

1 [42件] あまりに緊張, が, がどう, が冴えた, が大岡越前守殿, が敷物, が横, が答えた, ごときは, その黄金, そんなところ, でそれ以来, といろいろ, と越前, にはかっ, にわかに別人, のきげん, のそば, の三人会議, の前, の口ひとつ, の地獄耳, の手もと, の進言, は, はだまっ, はちょっと, はわれ, は大急ぎ, は学問, は時, は笑い, ふたたびそこ, へ向けた, へ笑いかけ, もいつのまにか, もひどく, もまず, を化け物, を見つめ, を見やった, 答えて

▼ 愚~ (46, 2.1%)

2 しなかつた, しません, 人よりも, 総理大臣から, 腰弁に, 誰も

1 [34件] あえてしなかったであろう, あり得ぬであらう, ご承知, さとられたこと, しない, しないだけの, しなかった, しまいし, どこまでも, まさしく前日, まずここ, まだ小さい, もうやめた, 事柄に, 人口を, 他人に, 及ぶべからずでわざと, 大きくなる, 愚癡である, 断じてしない, 正成も, 決してしなかったであろう, 決して勇気, 演じなかった, 猶億萬年, 琴柱に, 直ぐ上衣, 真似とうない, 秀吉の, 移らずと, 移り難い, 考えて, 蓋し街頭, 誠にわらうべき

▼ 愚~ (33, 1.5%)

2 言う可

1 [31件] いうか, いうよりは, いっても, いわなければ, いわれる種類, されて, すぐ覚った, せられた物, なすの, なり変物, 仰っしゃるゆえ, 伊那丸は, 冒涜とを, 劣とを, 同一なり, 呼ばずしてなんぞ, 大に, 悪の, 惡と, 慚羞とを, 成りすまして, 申さなければ, 美徳とは, 考え直した, 自分は, 見える, 覚った, 言われ嫉妬, 謂はる, 貧乏である, 通と

▼ 愚~ (31, 1.4%)

42 から憚, と言つて

1 [23件] うつちやつて草と, からである, から仕方, から欺す, すべて愚だ, ぜと山嵐, というの, といわね, と云う, と云われます, と思い直し, と思う, と思っ, と思った, と悟った, と気がついた, と罵った, な, な同じ, ね, ばってんが, 人間の, 愚だ

▼ 愚~ (25, 1.1%)

2 の観念, 乃至モッブ

1 [21件] であった, であり賤民, である, でで, ではない, といい, という観念, とか云, とギルド的, と言い添える, なるもの, のため, の各, の意味, の概念, は良民, やモッブ, や群衆, を相手, を笑わする, 各個人

▼ 愚~ (23, 1.1%)

2 に気が付きました, の故

1 [19件] がある, が今更, が繰返される, が腹立たしく, が骨身, とがある, とがこういう, に呆然, に思い至る, の相違, をここ, をそれから, を嗤, を恥じ, を悔, を悔いた, を自分, を覚るであらう, を齒

▼ 愚である~ (21, 1.0%)

2 ことを

1 [19件] いっその, かそれ, とかあるいは, とされたくない, とし, としても機会, としても貝殻, と共に自分, と召捕り, と悟った, と知った, と考えた, ばかりでなく, 事を, 傲慢である, 女子としては, 愚である, 所の, 気違である

▼ 愚~ (20, 0.9%)

2 と卑劣, の法然房, よ

1 [14件] から起る, つぽく, である, であるけれども, とが起つた, なり汝, にかえり, にし, になつたん, の男女, の至り, は並べなかつた, をこぼした, を言

▼ 愚堂和尚~ (19, 0.9%)

2 の禅室, の膝下, の賛

1 [13件] がふらり, が申された, が自嘲, であったから, とか泉南, との関係, に, のお, の去りゆく, の啓蒙, の室, はやはり, は数年前

▼ 愚~ (18, 0.8%)

6 を誤解 3 に近き, 分りかね候 2 を尽すべく 1 をもっ, を申そうなら, を盡, 聊か御

▼ 愚~ (16, 0.7%)

1 [16件] さとから, さとを, との混合, と戦い, と軽, などのため, な婆さん, な時代, な誹謗者ら, な追従者ら, にすぎず, に変じた, や欺瞞, を制し, を忘れ, 経験無知の

▼ 愚しい~ (15, 0.7%)

1 [15件] ことを, やうな, 事である, 事のみを, 仕事を, 思い付きの, 懸念の, 書物なぞを, 男に, 目付を, 眼を, 粗忽者を, 考えだった, 者の, 著作の

▼ 愚なり~ (14, 0.6%)

2 智力より

1 [12件] ける, しお, しや, サ, 元日なお, 叨り, 巴, 庭前には, 智恵浅き, 海賊, 玉の, 自己の

▼ 愚なりと~ (14, 0.6%)

2 雖も

1 [12件] いえども, いひて, せぬもの, 勘弁し, 呼ばなければ, 思う, 悟って, 想ふ, 教へる, 明言し, 瞼堅く, 言はる

▼ 愚~ (14, 0.6%)

1 [14件] あへ, しなかつた, なさず過去, またはなはだし, またはなはだしき, また憫, また死す, 亦甚, 亦甚だしい, 無学も, 甚しい, 甚しき, 見せ痴, 賢と

▼ 愚~ (14, 0.6%)

4 愚や 1 この鈍児, 一縷の, 及ぶべからざるムザン物, 学芸方面では, 張飛, 汝は, 狂に, 真に, 言語道断, 金眸

▼ 愚~ (12, 0.6%)

2 を申しあげ 1 ではすでに, など申, の趣, も相, をお, をつけ加えました, を申しのべたく思います, を申しのべる, を申しますれ, 信じますところ

▼ 愚~ (11, 0.5%)

2 幾度も 1 わかる, グツと, 中の, 人間の, 分ったから, 却って口惜, 栗の, 清盛を, 穏坐し

▼ 愚~ (11, 0.5%)

1 [11件] から相当, でも理由, と一緒, に対して述, の大衆, の徳, の玩弄物, をまどわした, を惑わし, を瞞着, を迷わしめ

▼ 愚翁本~ (11, 0.5%)

1 [11件] が存, が安貞二年, が当初, について言っ, の原形, の古, は助かった, は奥書き, や伝宸翰本, を校訂, を転写

▼ 愚~ (10, 0.5%)

5 あつた 1 ガラス玉を, 教わった原本, 物分りが, 詩だ, 醜い代り

▼ 愚~ (10, 0.5%)

1 が隨喜渇仰, との差, の信ずる, の妖怪, の説明, の迷信, はかかる, はその, もある, 不経一

▼ 愚夫愚婦~ (10, 0.5%)

1 から相当, でも理由, と一緒, に対して述, の大衆, の玩弄物, をまどわした, を惑わし, を瞞着, を迷わしめ

▼ 愚~ (10, 0.5%)

3 ではない 1 じゃわい, たる名, だと, ではありませぬ, とは, と見る, の手

▼ 愚圖愚圖~ (9, 0.4%)

6 して 1 しては, せず直ぐ, に時間

▼ 愚~ (9, 0.4%)

1 あつかいに, だ, にも劣る, のすなる, の迷い, は戲論, もその, をお, 豈賢主暗君

▼ 愚痴話~ (9, 0.4%)

1 だ, の気勢, の相手, をし, をしました, をはじめ, を先刻, を思い出し, を聞こう

▼ 愚~ (8, 0.4%)

1 だと, である, で殆, なりし, に定, はやりたくない, ばっかり見せられ, をのぞい

▼ 愚~ (7, 0.3%)

2 さが 1 さ, さとの, さに, さより, さを

▼ 愚~ (7, 0.3%)

2 なお袋 1 ついて, で低能, で融通, で馬鹿, な氣

▼ 愚もの~ (6, 0.3%)

3 の三造 1 の事, の言葉, らしく笑いました

▼ 愚楽さん~ (6, 0.3%)

1 が一匹, と今, の責任問題, はこの, はニヤニヤ, は静か

▼ 愚~ (6, 0.3%)

1 ではありません, と異, に出, の死顔, より宮下, を陷

▼ 愚~ (6, 0.3%)

1 が続く, してるより, する, と映ずるであろう, の程度, を聴い

▼ 愚とも~ (5, 0.2%)

3 狂とも 1 いえるほど, 笑はん痴とも

▼ 愚~ (5, 0.2%)

1 尽シ拙, 憐レミテ少, 繰返スコトナキヲ, 覚ルベキ秋デ, 重ネンヨリハ

▼ 愚~ (5, 0.2%)

1 ではある, の挿絵, をかいた, を発表, を長つた

▼ 愚童君~ (5, 0.2%)

1 の寺, の心づかひでありました, はこの, は暫時, を訪う

▼ 愚~ (5, 0.2%)

1 しくもまた, ならざれば, なりとする, なりやは, なるべし

▼ 愚では~ (4, 0.2%)

2 ない 1 あるが, ないか

▼ 愚とは~ (4, 0.2%)

1 うつらずと, おもうが, 孔子も, 見ない

▼ 愚なる子~ (4, 0.2%)

2 の行末, は父

▼ 愚にて~ (4, 0.2%)

2 目前なる 1 この人, 云々に

▼ 愚には~ (4, 0.2%)

1 思えぬ苦心, 相違ない, 誰よりも, 違いない

▼ 愚~ (4, 0.2%)

2 でも時, の尊公

▼ 愚~ (4, 0.2%)

2 を懇戒 1 であるが, を生ずる

▼ 愚管抄~ (4, 0.2%)

1 なんか, には, の昔, の英語翻訳

▼ 愚~ (4, 0.2%)

1 がその, にはどうも, も六角, も恥じ入った

▼ 愚うたら~ (3, 0.1%)

3 の奴

▼ 愚しく~ (3, 0.1%)

2 美しく時 1 顔見合すや

▼ 愚でも~ (3, 0.1%)

1 なかつたが, 自ら好ん, 駄目でも

▼ 愚なら~ (3, 0.1%)

2 めや 1 んも

▼ 愚な話し~ (3, 0.1%)

3 ではある

▼ 愚~ (3, 0.1%)

1 とを観た, に行く, の方

▼ 愚~ (3, 0.1%)

2 になつて 1 は一里

▼ 愚姪方~ (3, 0.1%)

1 にて去, は大道一筋, へ通

▼ 愚~ (3, 0.1%)

1 に対面, に教, の煩い

▼ 愚~ (3, 0.1%)

1 が転写, の本, の自筆

▼ 愚~ (3, 0.1%)

1 あり, である, でもあたらしい

▼ 愚おもえらく~ (2, 0.1%)

1 営中の, 宮中の

▼ 愚でない~ (2, 0.1%)

1 ことは, 丈苦しみの

▼ 愚とを~ (2, 0.1%)

1 知らすこと, 罵るが

▼ 愚ならず~ (2, 0.1%)

2 思慮缺か

▼ 愚なりし~ (2, 0.1%)

1 をみ, 我身なりけり

▼ 愚にか~ (2, 0.1%)

1 へる必要, へれ愚

▼ 愚より~ (2, 0.1%)

1 他に, 婦人に

▼ 愚ろか~ (2, 0.1%)

1 なり, な鳥

▼ 愚俗これ~ (2, 0.1%)

1 を信じ, を解し

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 に米借り, もあまり

▼ 愚助さん~ (2, 0.1%)

1 この壺, どんな絵

▼ 愚圖ら~ (2, 0.1%)

2 ずに

▼ 愚夫玄徳~ (2, 0.1%)

1 のため, の考え

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 など敬伏, は山崎

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 仕りまするが, 仕候

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 に終らない, は聞いた

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 が家, なるもの

▼ 愚明日~ (2, 0.1%)

1 から始めろ, をも待たれなかった

▼ 愚暦五合~ (2, 0.1%)

2 後芬陀利花院

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 でも売れる, の世

▼ 愚楽様~ (2, 0.1%)

1 と南町奉行大岡越前守様, にお目にかかる

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 が中, にあらざれ

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 に而, の相

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 の宿運, を惑わし

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 あり, を装い

▼ 愚蒙だ~ (2, 0.1%)

1 が今, というの

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 だ世迷言, を奏したてまつろう

▼ 愚誠に~ (2, 0.1%)

2 憐む可し

▼ 愚~ (2, 0.1%)

1 が信心, を顧

▼ 愚鈍い~ (2, 0.1%)

1 奴という, 奴といふ

▼ 愚陀仏~ (2, 0.1%)

1 といっ, は主人

▼ 愚魯漢~ (2, 0.1%)

2 は自己

▼1* [242件]

おもえらく十年を, 愚かえって主家の, 愚かつ貧なる, 愚かも知れぬまた, 愚此櫛こそは, 愚さ箇程までに迷わせたる, 愚しき勇猛が悔いられ, 愚しき君よそ, 愚しく取越して激しい, 愚じゃないか, 愚じゃあないか, 愚たちまちに地, 愚たらずんば狂, 愚たるを悟り, 愚だうっちゃって草, 愚だけは免れたであろう, 愚だやめようかしらん, 愚だらうがそれ, 愚やありません, 愚であったかということ, 愚であろうに, 愚ですよ, 愚でなくてなん, 愚という少年が, 愚というも可ならん, 愚といふ言葉の, 愚として取り扱って, 愚とに係わらないの, 愚との一歩手前で, 愚なおこのが, 愚なく勇怯なし, 愚なと笑片, 愚ならざるかを思ひ, 愚ならずして味, 愚ならずんば狂, 愚なりとて謗るに, 愚なりとは云え明, 愚なり辞みやらんとは思へ, 愚なるべきを思ふ, 愚なるべしそは, 愚なれども何れ遁, 愚によつて覆はれ, 愚に対する反感とが, 愚ひそかに数, 愚そこへ, 愚まいという, 愚をばなさざりしならん, 愚を以てす, 愚カ生命マデモ懸ケテ, 愚ト云ヒ才ノ短, 愚ナル者ハ孔孟之ヲ教フト雖モ無益也, 愚レン隊を一夏招待, 愚とか賢四愚六, 愚下等の人民, 愚不幸な恋, 愚且魯無災無難, 愚の愚, 愚久しく田舎の, 愚のかぎり, 愚死生, 愚人間の迷妄, 愚介抱にかかっ, 愚仏氏また森無黄氏岡野知十氏, 愚を早く, 愚以上に出ずる, 愚俗中には, 愚をつくつた, 愚とか賢愚五分五分, 愚凡百人に抽づる事, 愚利鈍に応じ, 愚助ここへお出で, 愚助さんあなたはあの, 愚助さん大丈夫ですか, 愚助御飯をお, 愚労逸近く日本内にても懸絶, 愚を取る, 愚千万昔保元の合戦, 愚を欺, 愚は山野, 愚のほか, 愚味ナル多辯, 愚呼吸をする, 愚呼愚吸のほか, 愚ながらぼく, 愚に庶民, 愚だから誰, 愚園等を遊覧, 愚圖つたらしい, 愚堂さまにはここ, 愚堂和尚べつの名, 愚堂国師と一剣, 愚堂国師天正五年四月八日濃州伊自良, 愚堂大逆事件の一人, 愚堂様にご, 愚堂熊本の細川家菩提寺, 愚堂門の客, 愚堂門下にずっと, 愚多きを云, 愚天下の二, 愚夫愚婦山のごとく, 愚夫相手の戯作, 愚如何を聞, 愚なる政略, 愚妄事は新しく, 愚妄奸悪の輩, 愚妄無識の人民, 愚娘儀につき, 愚娘氷子にまで交付, 愚娘説諭方数度に及び, 愚婦家を亡ぼす, 愚婦山のごとく, 愚婦愚夫のすなる, 愚婦愚夫相手の戯作, 愚婦懦夫あらゆる凡下, 愚孔平という人, 愚孔明の鈍, 愚は直, 愚存御座候えども, 愚察しますに妻女山, 愚ではなかつた, 愚將弱卒等は毎, 愚少年が護送, 愚左衛門を入れれ, 愚庸昧なるもの, 愚強弱の別, 愚強弱一切の差別, 愚と云うべきだ, 愚忝胤先緒驅率所統歸崇天極道遙百濟, 愚なるあたわず, 愚怯愚怯なるあたわず, 愚に忍びず, 愚惑所覆, 愚意所謂落草の談, 愚意試に可, 愚という, 愚は日日新聞, 愚態ア見や, 愚の大将, 愚慢大人で白無垢, 愚慢病であった, 愚或は鈍と, 愚戦ニ固着シテ愚ヲ重, 愚をし, 愚拙甚だしいもので, 愚いたします, 愚按ずるに諺, 愚詳かに, 愚は自分, 愚是非正邪のこんがらがる, 愚をこぼす, 愚智一つこぼさずに, 愚書濫読に耽る, 愚未だピナモンテの, 愚とんと自分, 愚案じ申次第に御座候, 愚楽これはすべて貴様, 愚楽さまから, 愚楽さん長屋の人たち, 愚楽そちの抱い, 愚楽どのがお, 愚楽ひとりだった, 愚楽めったに引き, 愚楽一人ですから, 愚楽其方ではない, 愚楽吉宗公の三人, 愚楽大岡越前が相談, 愚楽来年の日光, 愚楽様々二にも愚楽様々, 愚楽爺はおらぬ, 愚楽老人ただの風呂番, 愚楽老人ひそかに思っ, 愚楽老人ひとりを相手, 愚楽老人スックとたちあがった, 愚楽老人一度にそこ, 愚楽老人上様拝領の葵, 愚楽老人亀背なん, 愚楽老人以外にはない, 愚楽老人城中では常に, 愚楽老人将軍さまのお, 愚楽老人神屏風を作っ, 愚楽老人配下の忍び, 愚樂鍋時代より漸く, 愚欲扶後進開文運再上航西万里途, 愚である, 愚正邪いくらでも分岐, 愚武蔵に苦難, 愚民衆俗というやつ, 愚など南北朝期一連, 愚と書い, 愚とは少しく, 愚ヲ誠責シ, 愚が海, 愚男愚女は一里, 愚癡愛執を辭, 愚癡我慢貪り惜, 愚癡無智の凡夫, 愚癡無知のから白癡, 愚相対して, 愚眼中にも置い, 愚短見を自覚, 愚社会の愚論, 愚秀吉も愚, 愚童前者即ちこの, 愚童石卷の會見, 愚管抄吾妻鏡そのほか, 愚なもの, 愚翁自筆の原本, 愚の観る, 愚臣金吾にまかせ, 愚を見る, 愚草其他や壬二集, 愚と号す, 愚蒙で神の, 愚起きろ, 愚蔵連十英翁甲論乙伯この頭, 愚衆作家と呼ばれるべきだ, 愚衆化に外, 愚衆性乃至モッブ性, 愚衆振りはその, 愚衆的乃至モッブ的残滓, 愚衆的大衆の特色, 愚衆視は実は, 愚衲らの心, 愚など可, 愚衷深見知, 愚を相手, 愚をした, 愚詠八首を以て之, 愚の人物, 愚談数刻の末, 愚談等々は我々, 愚えらく今, 愚貧富の差, 愚賢不肖に拘わらず, 愚の為す, 愚多良童子を, 愚迷縛著して, 愚通称は唯, 愚郎居をた, 愚鈍痴お天気, 愚というの, 愚を配し