青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「意識~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

意外~ ~意志 意志~ 意気~ 意気地~ ~意義 意義~ ~意見 意見~ ~意識
意識~
愚~ 愚か~ 愚痴~ ~愛 愛~ ~愛し 愛し~ ~愛する 愛する~ 愛嬌~

「意識~」 9410, 102ppm, 1076位

▼ 意識~ (1494, 15.9%)

48 中に 38 上に 23 底に 22 外に 18 中で, 表面に 14 うちに 13 なかに 12 下に, 内容を, 閾の 11 問題は, 概念は, 連続を 8 内に, 問題 7 上では, 分析から, 底で, 概念に 6 中には, 問題を, 対象, 流れ, 盛んな, 統一を 5 中から, 内部に, 問題から, 問題と, 概念の, 間に 4 ために, 上の, 世界に, 問題に, 奥の, 存在を, 整理の, 方が, 流れの, 裡に

3 [30件] ことで, ない心理学, 世界の, 世界を, 中では, 光明を, 内容が, 内容は, 内部の, 力, 問題である, 外には, 奥に, 奥底に, 底には, 底の, 底ふかく, 底層に, 強さ, 性格を, 概念によって, 概念を, 発達に, 統一, 背後に, 自由な, 舞台に, 表面を, 連続, 連続が

2 [111件] あるうち, うちで, ことを, しかたに, なかから, なかで, はたらき, やうに, ような, ドン底に, 一つの, 上には, 下で, 不明瞭な, 世に, 世界にまで, 世界ばかり, 世界へ, 中にも, 中へ, 主体であった, 事実に, 代りに, 作為や, 作用の, 作用を, 側から, 光を, 内の, 内容に, 内容の, 内部における, 処理ほど, 分化と, 分析である, 分析に, 分裂が, 分裂妄想を, 力が, 力は, 動きを, 動揺を, 反対衝動に, 問題が, 問題として, 問題に対して, 圏外に, 埋沒, 基底である, 外では, 外何も, 外部に, 奧に, 如何に, 存在, 学でなけれ, 対象が, 対象である, 対象を, 底から, 底では, 底にも, 弛緩は, 強いもの, 強い事, 形態を, 心理, 必然的な, 性格によって, 恢復を, 所有者の, 所産などなどと, 支配を, 旺盛な, 明瞭な, 明瞭を, 時代である, 有無に, 有無を, 朦朧と, 本性は, 概念から, 概念でなけれ, 構造, 構造を, 次第に喪失, 水平線の, 流れは, 流れを, 点で, 焦点に, 状態だ, 独立な, 現象が, 相違は, 立体的な, 精髄であった, 自由を, 表出を, 表現である, 表面だけで, 表面には, 表面へ, 訓練と, 連続と, 連続は, 連続以外に, 進歩, 閾に, 閾へ, 革命を

1 [769件 抜粋] あさましさ, あつた, あのファショ教育, あらわれであろう, ありなし, あると, あるわけ, ある患者, ある高み, いたわりにも, うえで, うごめきが, うすれた心情, うちにおける, おかげで, おくれた勤労者たち, かけらでも, かげに, ことだ, ことな, この質的転換, しびれきる, ずっと向う, せいだろう, せり合ひ, そういう一種, たかまりであり理論, たかまりに, ただ一個によ, どこかで, ないこと, ないただ, ない寛之助, ない時代, ない母親, ない裡, ない鑛物, なかった, なかにおける, なかにも, なかへ, はたらきで, はたらきを, はっきりしてる, ひずみ一つ, ひとつの, ふりかえり, ふりかえりなる所謂反省, ほかに, ほかの, まじった特別, まだきわめて薄弱, ままで, もとに, もので, ものでなく, ものとかいう, カリケチュアは, クラシシズムとも, ドン底まで, ノエシス・ノエマ的構造の, ハッキリし, バネのせゐだ, モデルの, ルツボの, 一形態, 一端である, 一部分が, 三分を, 三分説の, 上でも, 上にの, 上へは, 上層を, 下まで, 不変的な, 世界, 世界からは, 世界だったろう, 世界をも, 両端に, 中へは, 中心に, 中断が, 中断に, 主体と, 主観の, 事実を, 事実関係と, 事實においては, 事實の, 事蹟乃至, 云わば, 代弁者を, 仮睡に, 任務な, 伝統の, 伴は, 低いプロレタリアート, 低い中農, 低い普通, 低い男, 低い農民, 体系化された, 体験それは, 何よりの, 作, 作用である, 作用です, 作用なり, 作用にも, 作用歴史的認識の, 侵徹せる, 信念と, 停留する, 側面に, 傷に, 先に, 先駆者である, 入口に, 全般に, 全部が, 全體, 共通な, 内側の, 内容ある, 内容である, 内容に関する, 内部だけ, 内部と, 内部的時間の, 再現たる, 出た前期末頃, 分化発展する, 分析からも, 分析で, 分析とは, 分析によっても, 分析を, 制限された, 前に, 剥奪を, 力である, 力と, 力には, 加工は, 勃興かが, 勃興が, 動きだった, 動揺, 区分も, 区別に, 原始化が, 原始化は, 反射が, 反射交感作用の, 名を, 否定であります, 呪を, 問題であり, 問題でなく, 問題をば, 問題自身として, 喪失と, 回復が, 圏内に, 圧迫にだけ, 埋没が, 埋没の, 執着といふ, 基調でも, 塞があって, 境から, 変化である, 外だったろう, 外である, 外へ, 外観を, 夢中遊行に, 大事な, 大部分, 夫, 契機から, 契機からしか, 奥ふかく, 奥底で, 奥底は, 好模範, 如く解すること, 存すべき, 存在が, 存在の, 存在または, 學である, 宗教的ゴマ化し, 実験者正木先生だ, 客観化された, 対立, 対象と, 対象として, 対象に, 対象の, 対象或は, 對象と, 尠しも, 崩壊分裂, 帰って, 常態を, 底へ, 底を, 底知れぬ, 延長であり, 延長として, 弊を, 弓竹を, 強い今, 強い民俗, 強い被虐階級, 強い近代的女性, 強化の, 強弱も, 強調された, 形式, 形式に, 形態が, 形態にまで, 影の, 影響と, 従って又, 微かなる, 心理的及び, 志向作用, 性格でも, 性格に, 悠々たる, 患いが, 意味で, 意志が, 意識甲斐が, 成立とに, 或る, 所有者だ, 所有者であった, 所有者である, 所有者は, 所産と, 手中に, 払拭と, 把住力を, 抗拒力を, 担い手, 拘束から, 持續を, 探求これら新, 推移する, 推移と, 支持者たる, 支配の, 文学, 断片に, 方こそが, 方で, 方向が, 方向と, 旺盛さには, 明に, 明らかに, 明瞭ならぬ, 明瞭度は, 時代であり, 時代な, 時間, 普汎性, 暗示に, 最も旺盛, 最も重要, 最強烈, 最終の, 有無が, 有無といふ, 朦朧たる, 朦朧を, 未知の, 末端に, 本質を, 材料が, 果敢なさ, 栓を, 根本事実である, 根本問題は, 根柢と, 概念こそ, 概念で, 概念である, 概念では, 概念とによっては, 概念とによる, 概念な, 概念へ, 概念自身とが, 構成力としての, 構造又は, 機能では, 欝として, 欠乏であり, 欠乏として, 欠如に, 正常である, 歪みも, 歪み乃至, 歴史でも, 歴史の, 歴史的消長からは, 歴史的社会的, 段階を, 毒に, 比較的稀薄, 水平面以下に, 水準が, 水準面の, 氾濫交錯する, 波に, 洗禮を, 活動の, 流が, 流によ, 流れあるいは, 流れが, 流れであり, 流れに, 消しがたい, 涵養に, 深い奥, 深みと, 深刻と, 混沌と, 混濁を, 測定を, 溷濁の, 溷濁状態にまで, 漠然とした, 漸く囘復, 火を, 焦點, 煩いに, 特色は, 犠牲と, 状態から, 状態で, 状態は, 独自的な, 現れなどから, 現われだろう, 現代に, 現象としては, 現象面の, 理想から, 理論, 理論には, 環境に, 生ずる以前, 生み出した悪い, 生活を, 生理現象に対して, 異あり, 異つた面, 病いに, 病魔から, 発生と, 発生よりは, 発生を, 発達した, 発達とは, 発達の, 発露と, 發達した, 皮相な, 盛上りに, 盲点などが, 直接な, 相剋による, 眼に, 眼を, 矛盾の, 矜尚が, 研究としての, 確在を, 示唆と, 神秘境に, 神聖な, 稀薄であった, 程度の, 空間を, 立ちおくれ, 端的な, 範囲より, 範囲を, 範囲内に, 範疇によって, 精髄が, 精髄である, 精髄とも, 結合を, 統一の, 統一をこそ, 絶大な, 綜合せられた, 綜合作用と, 綜合的統一は, 緊張や, 背反である, 背後にまで, 自制を, 自己確実性, 自由が, 自由に, 自覚性や, 自覚的体系を, 苦しさ, 苦労を, 著しく出た, 薄弱, 行きづまりや, 行わるるとき, 行わるるの, 行われぬとき, 表に, 表層だけに, 表層に, 表現であった, 表現としては, 表現の, 表現を, 表面で, 表面において, 要求であり, 要求は, 要素的諸, 視野の, 覚醒に, 観念が, 角度と, 解釋は, 言葉に, 誤った持ち主, 説明などは, 論理的な, 論理的機能に, 論理的範疇である, 讚美が, 資格を, 超個人性, 超絶駭絶に, 超過に, 超過により, 足りない処, 軌道上に, 連続であります, 連続という, 連続において, 連続の, 進み方, 進歩は, 進行が, 過ぎた作, 過剰, 過剰なる, 過剰による, 道は, 遠くで, 醗酵分泌した, 重心を, 重要な, 野において, 鋭くされる, 錯覚だ, 閃きを, 関係が, 関係する, 闇に, 闖入を, 限界以上で, 陰翳に, 隅で, 隅に, 集合せる, 集合は, 非現実性, 革命をと, 領域はか, 類推物又は, 骨髄, 高いプロレタリア, 高まらない女たち, 高揚と共に, 高揚に, 高揚を, 高揚をさえ, 黝然たる, 鼓吹とは

▼ 意識~ (1066, 11.3%)

61 失って 20 もって 17 回復した 12 回復し 11 恢復した 10 決定する 9 意味する, 持って 7 もつて, 失った 6 恢復し, 有つ, 組織化する, 離れて 5 回復しなかった, 持つて, 満足させる, 規定する, 超越した 4 うしなって, 含んで, 明らかに

3 [12件] 取り戻して, 取戻しました, 取戻すと, 喪失し, 回復する, 失ったよう, 捨てて, 明確に, 有って, 缺い, 自覚し, 身に

2 [68件] このよう, さらけ出さしめそれ, して, アウグスティヌスの, 与えて, 代表し, 伴うもの, 出しかけた時代, 別に, 刺戟する, 占領する, 取り戻した, 取戻したの, 取戻して, 吹いて, 呼びさ, 單に, 失いかけて, 失いながら, 失い身体中, 失うて, 失うの, 失ったまま, 失ったもの, 失っては, 失つた, 失つてゐた, 失われた母, 奪って, 媒介と, 幾分でも, 強めること, 強烈に, 形式の, 得て, 忘れて, 恢復したらしい, 恢復しなかった, 意識一般の, 懸命に, 打破する, 抜きに, 抱いて, 持つもの, 掠めて, 有た, 決定した, 深めて, 満足せし, 燃やして, 獲たのみ, 知情意に, 破ること, 確立し, 社会に, 組織する, 自分の, 表現し, 言葉を, 説明する, 読んだ, 超絶した, 超越し, 超越する, 越えて, 越える, 逃れたこと, 運べる個人

1 [670件 抜粋] あおられましたので, あから, あたへる, あまりに刺戟, ある方向, いかなる順序, いだいたの, いって, うしないからだ, うしなったの, うしなったまま, お失い, かえして, かえた, かき立てること, かくすため, かすめた, こういう風, ことごとくそなえてる, この作品, ごまかすこと, さしはさむところ, さし入れたという, すてさせること, すでに前, そうした正に, そこに, そこへ, その動態, その原理, その決定, その通り, それに, それほどはつきり, たどって, つかれるもの, つき合わせて, でもふり, とおして, とがらして, とめて, ともなうから, とりかえした, とりかえして, とりもどした, とりもどしたところ, とりもどして, とりもどしやっと, とり入れて, とり戻したが, とり戻したとき, とり戻した今, とり戻して, とり戻し彼, とり戻し得るだけの, とり返して, とろりと, どうしても消す, なくして, ねじ伏せねじ伏せして, はたらかして, はっきりと, ば解明し, ひきだしそれ, ひきだし生活史, ひそかに, ひねくりまわしても, ひらくと, ほんの少し, ぼかして, まかせたよう, またずに, みたすでしょう, もたずに, もたず従って, もたないで, もたなければ, もちかつ, もち平生, もち続けるという, もち自ら, もったインテリゲンチャ, もってな, もっと高調, もつ人, もとうと, もともとそういう, よく見る, よみがえらせねば, より強大, ノエシス・ノエマ的構造の, ハッキリさせよう, ハッキリとは, ボウと, 一々与え, 一つの, 一層たかめられた, 一日毎に, 一枚引っ, 一般的な, 七十五の, 不思議な, 与えた, 与へるもの, 世界や, 主客共に, 之とは, 乗越えて, 事実として, 云々する, 云い表わす, 云い表わすに, 五彩あやなす, 交へ, 享楽する, 他の, 他種の, 代表的性格と, 以つて撓めた, 以つて答へ, 伴うから, 伴う理論, 伴った心安, 伸子に, 体系化し, 体系化した, 何時も把持, 促した功績, 保有せる, 保証する, 個人的意識として, 傾倒しなけれ, 働かす能力, 働かせたらどう, 働かせ技巧, 働し過ぎ, 働す, 全く喪失, 公私共に, 具へて, 円満に, 出して, 出し倭歌, 出發點, 分化する, 利用する, 刺戟した, 刺戟しまし, 刺激され, 前提と, 割いて, 加へ, 動かし意識, 包含し, 十二分に, 単に受動的, 占領した, 即ち自覚, 去りて, 反射交感させ合う, 反映, 反省し, 取りかえすこと, 取りもどした, 取りもどして, 取りもどし私, 取りもどすと, 取り戻さない, 取り戻しこの, 取り戻したが, 取り戻したとき, 取り戻したの, 取り戻したので, 取り戻してから, 取り戻しませんでしたか, 取り戻し女体, 取り扱おうと, 取り扱つた, 取り返しそうして, 取り返したとき, 取失って, 取戻したお, 取戻したが, 取戻したけれど, 取戻した時, 取戻した米友, 取返すこと, 取逃して, 叩き覚ます為, 否定した, 含めるの, 呼びかえされて, 呼びさまされたもの, 呼び起こすの, 呼び起すつもり, 呼び返さうと, 哲学的な, 喚起させた, 喪い再び, 回復されれ, 回復しかけた, 回復したらしい, 回復しなくっ, 回復するだらう, 回復せし, 回復なさった, 回復なさらない, 困迷, 執拗に, 変えて, 外部的な, 大事に, 失いかけたカマキリ, 失いかけた彼, 失いその, 失いそのまま, 失いつづけて, 失い其の, 失い次に, 失い疼痛, 失うたもの, 失うもの, 失う時, 失う直前, 失う際, 失くし, 失ったかの, 失ったという, 失ったの, 失ったのち何, 失ったまま身体, 失った半死半生, 失った幸吉, 失った彼女, 失った新九郎, 失った瞬間, 失った若し, 失ってるかの, 失ってるに, 失つ, 失つてい, 失つてしまつたのである, 失つてゐる, 失つて了つた, 失なっ, 失はさせて, 失はないで, 失ひ, 失ひかけた下枝子, 失ひながら, 失ひ或, 失ふの, 失わないこと, 失わないそれ, 失わない生活, 契機と, 奪い患者, 奪ったの, 媒介として, 存在にまで, 学者が, 安心させる, 完全に, 定めかねて, 客観化する, 宣伝し, 封建的な, 少しでも, 展い, 帝も, 引きずり回され血みどろ, 引き出しそれ, 強ひる, 形づくる処, 役せずして, 彼方に, 得ること, 心に, 忘れる時, 忘却させ, 忘却し, 快復された, 快復しました, 恢復させ, 恢復しない, 恢復しました, 恢復しませんでした, 恢復せしめる, 恢復せしめ得る, 恢復せずし, 意味しない, 意識し, 意識の, 意識一般にまで, 感じ暗, 感ぜずには, 成立させる, 戻すと, 打ち消さんと, 打破しよう, 払拭せよ, 扱ふ, 把握しなく, 抜いて, 抱かせたほど, 押っぽ, 担うと, 持たずに, 持たせまいと, 持たせる, 持たせること, 持たない, 持たない者, 持たなければ, 持ち一つ, 持ち合つたの, 持ち始めた彼女, 持ち得たの, 持ったもの, 持ってるぴんぴん, 持つたま, 持つた人々, 持つた民, 持つだけの, 持つての, 持つであろうこと, 持つとき, 持つよう, 指す, 指すので, 指導し, 捨てよ, 捨て切らずに, 捨て剣, 描くの法, 描尽する, 提げて, 攫んでは, 支持する, 支配し, 故意である, 散漫に, 数字で, 明白に, 明瞭に, 昏まし, 昏迷させる, 普及する, 暖ためかつ, 暴露する, 更に強めさせる, 最もよく挑発, 有したと, 有した最初, 有して, 有し得るかを, 有し得るであらうか, 有するかによって, 有せない, 有ったもの, 有った社会主義者, 有用ならざる, 朧に, 本当に超越, 根底として, 根拠に, 根絶し, 概念の, 横に, 次の, 正常に, 歴史的社會的に, 殺しちまった跛者リンプ, 気に, 永続さす, 汚さない, 汽車の, 泡に, 派生し, 浅ましく舌打ち, 消して, 深め, 深めるため, 深めるの, 温めた, 渾一に, 満足させ, 濃厚に, 燃え上らせ初め, 燃したが, 物質から, 物質との, 特に持つ, 獲得する, 現わす, 理解する, 甚しく, 生かして, 生じずに, 生じて, 生じるに, 生長せしめる, 産んだもの, 甦らせた, 痛感します, 発生させる, 発生する, 盛つた大衆時代劇は, 眞つ, 真理として, 眠らす出征兵士慰問金, 知らず知らずに, 知りたいならば, 確に, 確実に, 確認し, 示すもの, 私は, 称して, 移して, 突きつける, 突き破って, 突き破つて, 等しくする, 純化せん, 純粹持續, 組織的に, 統一し得る, 絶えずもっ, 絶えず感じさせられ, 絶し, 維持する, 緊張させ, 縦横ムジンに, 聴衆の, 肯定しなけれ, 背景と, 腹の, 自ら問い自ら答える, 自嘲せず, 自覚した, 自覚する, 自覚せしめよう, 茫と, 蒐め対象を, 蔽って, 表現する, 表面に, 裏づけるに, 裏返せば, 襲うて, 襲ふ, 覆つて了, 見えかくれに, 見ること, 規定せん, 視たり, 覗かせて, 解き放つとき, 解放した, 解放しよう, 言ひ, 記録させよう, 設定した, 許さねば, 証権として, 認めなかつたから, 説明原理として, 読者大衆の, 論理学から, 象徴する, 貫き意識, 貫徹する, 超えた客觀性, 超えた愛熱, 超えること, 輝かして, 辿って, 追い越した場合, 逃れようと, 通さずに, 通らない何事, 通路として, 連想せしめる, 進める自発的, 重視する, 鏡と, 除去しよう, 階級的に, 集めて, 離れては, 離れなかったもの, 離れること, 顯し過ぎた, 飛躍させよう, 養うこと, 高め愛国心, 高唱する, 鮮明に, 齎すもの

▼ 意識~ (931, 9.9%)

100 ている 71 ていた 37 てゐる 34 てゐた 26 ていない 11 てい 10 てゐない, て書いた, ながら 9 ていなかった 8 てそう, てゐなかつた 7 て, てその, てやった 6 て居る 5 てそれ, て自分 4 ていなけれ, てのこと, てはいない, てはいなかった 3 てこれ, てで, てやっ, てやつ, て彼, て自ら, て自由, ながらそれ

2 [32件] てあの, ていい, ていつ, ていや, ていよう, てお, てこう, てそれから, ての死, てはおりません, てはゐた, てはゐなかつた, てはゐる, てみる, てやる, て人, て作っ, て嘘, て居ない, て居なかつた, て帽子, て故意, て書い, て死, て犯されたる, て真っ直ぐ, て行った, ながら太田, ながら夫, ながら彼, ながら思わず, ながら漸く

1 [456件] おまえ達を, かの一七九四年八月二十三日付, がちである, これを, しかもそこ, しかも常に, そこに, そしてこれ, その, その任務, その個性, その本質, その枠, その絶対的単純化, その苦悩, その視線, その震え, それと共に, それに二人, それを, ために, たりあるいは, たりした, たりする, たり影響, たり癩者, つつ, つつあった, つつこの, つつしかも, つつその, つつそれ, つつ何時も, つつ彼女, つつ書い, つつ獣, つつ秀吉, つつ箸, つつ観照, つつ進む, つつ高野, てあちこち, ていうこと, ていうていねい, ていたって, ていたであろう, ていたら, ていないであろう, ていないらしい, ていない如く, ていなかっ, ていなかったろう, ていなく, ていなそう, ていました, ていません, ていられた, ているいない, ているだろう, ているでしょう, ているらしい, てうんと, てえ, ておく, ておった, ておのおの, ておらぬ, ておられるであろう, ておらん, ており, ております, てか, てかかっ, てかからなけれ, てかかる, てかかるなら, てかしない, てかだんだん, てかどう, てから今日, てから後, てから甲, てか呼び捨て, てか妙, てか意識, てか或いは, てか知らず, てきた, てぎこち, てこし, てこの, てこらえた, てこんな, てさ, てさう, てさけられつづけ, てさしうつむいた, てさらに, てし, てしかも, てしかる, てしずしず, てした, てしまい, てしまう, てしまった, てしまふ, てする, てそうした, てそこ, てそして, てぞんざい, てため息, てつらい, てであろう, てとり入れ, てなんら, てのもの, ての上, ての世界, ての反抗心, ての平気, ての悲しみ, ての手, ての負け, てはあわて, てはいた, てはいぬ, てはいられない, てはいる, てはぐくみそだてたのであつた, てはっと, てはつ, てはなおさら, てはなかなか, てはならぬ, てはゐない, ては一種, ては何, ては居ませんでした, てふと, てふりかざし, てぶつけまい, てまじめ, てみたであろう, てもいなかった, てもしくは, てもしなく, てもてなす, てもなお, てもむかし, ても頭, てゆく, てゆっくり, てゐ, てゐず, てゐなく, てゐました, てゐるらしく, てをり, てをります, てカット, てシナ, てヘラ, てマウント・モウリス町, て一二時間後, て一刻, て一種, て万福, て上部, て不愉快, て世間, て並ん, て二刀, て云った, て井上園子, て交渉, て人間的理性, て体, て何, て作つた, て作つて, て作ります, て作品行動, て使っ, て保たう, て俳優, て僕, て冷汗, て出来る, て切支丹, て制作, て削, て力, て努めた, て努めれ, て動かし, て動き出した, て半ば宿命, て半分, て却って, て取り入れた, て史実, て右手, て吸つた, て周囲, て和歌, て喉, て営まれる, て嘉平次, て四壁, て変, て変装, て多少, て多摩川, て夜なかじゅう, て大, て夫人, て実行, て対座, て居た, て居らない, て山野, て強, て影響, て彼ら, て彼等, て徐州, て從姉, て微笑, て心, て快く, て怖, て恐怖, て恩恵的, て意図, て意識, て愛一郎, て態, て憂欝, て懸命, て成された, て戦争, て所作, て手, て抜け目, て捏, て掛声, て採, て採択, て掴もう, て故, て敢, て文芸評論, て日々, て書いてる, て末席, て来た, て来る, て桟, て欲しかっ, て正した, て此, て歩かね, て死にかかっ, て民族的特性, て求めた, て求める, て沈黙, て注意, て洋灯, て漏らした, て演技, て無頓着, て照ちやん, て煩悶, て熱い, て犧牲, て犯した, て現す, て生きた, て生きよう, て生活, て疾病, て病, て相手, て省いた, て真実, て眼界, て瞳, て硬, て社会的判断, て神話, て科学的, て穏やか, て筆, て築いた, て簡明, て粛々と, て素早く, て絵葉書, て耳, て聞こえよ, て胸, て膝頭, て自作, て自分以上, て自分達, て自己踏襲, て舞台, て苦々しい, て行なわれた, て行動, て行為, て見, て視る, て言う, て言ってる, て計画的, て詞章, て試みられた, て話し, て話す, て誇張, て謀んだ, て警戒, て足, て軽い, て遁, て遂行, て遣っ, て避け, て避けてる, て醜, て鍛え, て阿賀妻, て附けられた, て随分, て隠し, て集まっ, て離れた, て音響, て頭, て黒く, ながらあえて, ながらかえって, ながらきいた, ながらここ, ながらさりげ, ながらそっち, ながらたえ, ながらなほ, ながらぶし, ながらへん, ながらま, ながらもう一度, ながらもなお, ながらも妙, ながらも猶, ながらも眼, ながらやはり, ながらグワッ, ながらソファ, ながら一度, ながら一時間, ながら一段一段, ながら万引, ながら両手, ながら乙, ながら何だか, ながら働い, ながら入口, ながら其処, ながら凝然, ながら出来る, ながら力強い, ながら十二時近く, ながら口笛, ながら大人げ, ながら好ん, ながら妻君, ながら実際, ながら家, ながら密か, ながら干し, ながら平次, ながら彼女, ながら心, ながら打たず, ながら持っ, ながら更に, ながら書き続けた, ながら歩い, ながら気, ながら照り輝く, ながら生きつづける, ながら生活, ながら病気, ながら登っ, ながら皮肉, ながら眼, ながら自分, ながら良心, ながら芝居, ながら苦しみ, ながら衝立, ながら読ん, ながら足, ながら跳びかかっ, ながら陽子, ながら階段, また帝, また彼等, 一生懸命に, 三千年の, 且つみづか, 之を, 乍ら不思議に, 乍ら何う, 乍ら秋月九十郎は, 享楽し, 俗習を, 分別し, 分析し, 初めて, 反省し, 受身で, 堅く閉された, 多く期待し, 大衆生活を, 少年の, 得罪も, 意識させる, 意識したる, 意識する, 感激し, 或は意識, 或時, 把握し, 拔い, 救はれない, 断乎たる, 更にそこ, 死後世に, 生活の, 目ざめようとして, 相手の, 自分が, 自分の, 計画された, 計算した, 認識する, 身体の, 限定すべきで, 難いよう, 頽廃しない

▼ 意識~ (821, 8.7%)

10 ある 9 朦朧と 7 あって, ない, はっきりし, 彼の 6 あるの 5 なかった, ぼんやりし, 出て, 存在を 4 あった, あると, 働いて, 明らかに, 朦朧として, 次第次第に 3 ないよう, なければ, 含まれて, 回復し, 変に, 彼に, 戻って, 明瞭に, 欠けて, 私に

2 [54件] あったと, あつた, あつて, あるから, あるべき筈, ある特別, それの, ちらと, ないという, なくなって, なぜか, はっきりした, はっきりしない, はっきりする, ひどくぼんやり, むしろ今, ホンの, 一種の, 乱れて, 今日ほど, 何である, 何より我慢, 個人の, 働きかけて, 働くと, 割合に, 動いて, 向いて, 変じて, 失われて, 存在し, 強すぎ, 心の, 急に, 恢復し, 成立する, 戻るの, 明暸でなけれ, 明瞭な, 次第に痺れ, 水の, 消えて, 潜んで, 潜在し, 火の, 無意識の, 狂って, 現実の, 発生する, 発達し, 社会の, 醒めか, 閑却され, 頭を

1 [586件 抜粋] あったか, あったから, あったに, あったり, あったればこそ, あったわけ, あってこそ, あっての, あてども, あまりに露骨, あります, ありませんでした, ありませんよ, ありまた, あり我々, あり過ぎて, あり遠慮, あるか, あるかと, あるが, あること, あるだけに, あるもの, ある丈, ある故, ある最後, ある為, あろう, あんまりまぎらし, いかに低い, いつと, いつもよりも, うち樹てられた, うづく, おのづか, お互い同志に, かえってきた, かけて, かすんだという, かのブルジョア社会, かれの, この人, この分類, この反省, この清らか, この誤り, さういふ風, さうさせたの, さきに, さき走って, しだいに失われ, しっかりした, しばらくの, しびれて, じっと抑える, じりじりと, すぐいたずら, すっかり失われ, すっかり張りつめた, すでに決して万能, すでに濁りかけた, せせらぎの, そこに, その, その一箇月後, その主観的, その危険さ, その構造, その足らざる, それと, それに, それ独特の, そんな塊, たしかになっ, ただの, だんだんこまやか, だんだん晴れ, だんだん朝, ちょうど少量, ついて, つくつた質, つよかった, つよく作用, つよく出, で, どうだ, どこかに, どこまで, どこも, どれほど, どんなに根深い, ないと, ないといふ, ないとしても, ないなら, ないの, なお彼, なかったなら, なかつた, なかつたので, ながかった, なくとも, なくなつ, なくならないから, なくなるくらいに, なくなること, なくなるといつて, なぜ事物, にわかに私, ねじ向けられて, はたらいて, はたらいてか, はっきりしてた, はっきりつきまとっ, はっきり外, はつきりし, はつきりした, はつきりと, はつきり眼覚め, はるかに, ひしひしと, ふとよみ, ふと作用, ふと思う, ふるえるの, ぶらさ, ぼやけて, ぼんやりした, ぼんやり曇っ, まさに存在, ますます盛ん, まだ判断意識, まだ十分, まだ失はれずし, まだ未熟, まだ殆, まだ生き残つ, まつはりつい, まわって, みな球の, めぐって, もっと深刻, もとへ, やっと牛乳, よい事, ようやく落着, ようやく醒め, よみがえって, より強い, アカデミーの, イデオロギーと, イデオロギーとしての, イデオロギーの, イヨイヨ完全に, グングンと, スキ透る, ニジミ出し, ハッキリし, ハッキリしつづけ, ハツキリせず, フランスみたいに, ワザと, 一ぺんに, 一個の, 一定の, 一方に, 一般に, 下の, 不明と, 中断された, 中断し, 主として社会, 乳の, 予め論理形態, 二つに, 二つの, 亡びたのち, 人生に, 仄かに, 今まず, 今もっ, 今や共通, 他の, 以前よりも, 伴つて如何に, 伴つて来た, 伴ひさうには, 伴ふも, 低く教授, 何かに, 何かの, 何という, 何となく愉快, 何の, 何物よりも, 例えば, 例えば芥川, 例え存在, 依存する, 俄に, 信吉に, 停留したい, 健全に, 働いてるの, 働きかけます, 働きかけると, 働き出して, 働くせい, 働くの, 元に, 全く性格, 全く明瞭, 全く昏睡, 全身に, 兵隊の, 其の方, 内省の, 円タクを, 冴えて, 凍って, 凡ての, 凡ゆる, 出ると, 分化する, 初めより, 判然し, 判然しません, 判然と, 利害と, 刻々うすれ, 加えられて, 加つて來て, 加つて叙事詩が, 加つて来る, 勃然と, 動かないだらうか, 単なる意識, 単に相, 又或, 友情にまで, 只今貴方を, 同時に根拠, 周囲の, 哲学の, 哲學の, 回ると, 回復しない, 回復しません, 変つて来た, 変化し, 夙に覚醒, 多くの, 多分に, 大層嬉し, 大層嬉しかっ, 大炬火, 失はれるに, 失われたよう, 失われようと, 如何に, 如何にもはっきりし, 如何に彼, 存しなかつた, 存在する, 存在との, 完全に, 実践へまで, 実際に, 客観の, 客観的に, 対象を, 小波を, 少くとも, 少しずつ, 少しだら, 少しでも, 少しも, 少年の, 嵩ずるにつれ, 巣くつて, 帰って, 帰つて来る, 常に伴, 常夜燈, 常識的であっ, 幸太郎を, 幾つも, 広く物, 強いから, 強いため, 強いて, 強いの, 強くなっ, 強く働い, 強すぎる, 強烈でなく, 当時の, 影を, 彼を, 彼女の, 徐々として, 徐々によみがえっ, 心からは, 心理学的な, 必要だ, 性格の, 恢復した, 恢復しはじめた, 恢復する, 意識より, 意識以外の, 意識対象と, 感謝に, 成り立つため, 成立し, 我々の, 我に, 戻った後, 戻つて, 戻りかけますが, 所謂思想である, 所謂思想な, 手つだって, 指導的イデーとして, 推移し, 掻き立てられるに, 擡頭し, 敏感にも, 救われの, 文學動機を, 断ち切れて, 新しい陰影, 新たに, 新陳代謝する, 日本主義の, 明るくなり, 明白感を, 明確で, 昏んだ, 昏濁し, 時間の, 曖昧であるなら, 更にそれ, 最終の, 有つ, 有る, 期待する, 杜絶える, 東北凶作地方の, 植えつけられたこと, 極めて明らか, 極めて重要, 横たわる, 欠乏と, 次第に失われ, 次第に明瞭, 次第に蝕, 次第に霞, 此所まで, 歪曲された, 歴史的社会によって, 歴史的社会の, 歴史的社会的存在に, 殆どない, 残って, 残つてゐ, 段々変化, 段々私, 段々薄れ, 比較的不明瞭, 気に入らないの, 沈んで, 波立って, 浮ばないから, 浸み, 消え病院, 深淵から, 混乱し, 混沌し, 混濁した, 湧いて, 溷濁し, 濃く気位, 瀰漫しました, 無かった, 無くなった, 無くなったん, 無意味と, 煙つて了つたのである, 燃え上がるらしく番毎犬, 燃え立つせい, 父の, 物質, 特に社会人, 特別な, 特殊なる, 独立自, 現れて, 現実性を, 現實, 現象である, 現象と, 理解されね, 理解される, 甘くて, 生じると共に, 生まれ排他的, 生命を, 生長し, 異様に, 発達する, 皆の, 盛られて, 盛んに, 目覚めて, 目覺めて, 眠るとき, 眼覚め, 眼覺めて, 知能的であった, 確かだ, 礼子をめぐって, 私らの, 私を, 移つてゐる, 稀薄な, 稀薄に, 稍統一しかけ, 笑いと, 笑いを, 第三, 紅靄の, 純潔で, 絶えず働い, 纏って, 胸の, 脳裡に, 脳髄の, 自分である, 自然と, 自然に, 自然にか, 自然の, 自然的と, 苦痛以外には, 茫然として, 茲で, 荒廃し, 萌したときわれら, 蔵され, 薄くなる, 薄昏, 蘇って, 虚僞の, 蟠って, 行き亘つて後, 行き渡つて, 表現され, 要求され, 要求せられた, 見えて, 覚めたり, 解け去るの, 論理形態を, 起って, 起り反, 起り自然, 返って, 返つて, 途切れがち, 造ったもの, 連続する, 進むと共に, 進歩的であり, 運動会の, 違った表出, 遠くなりかけた, 還って, 邪魔を, 酔い酒, 重つて, 重要な, 針の, 長々と, 集められて, 集中せられね, 離れ得ない, 霞み扉, 露出し過ぎ, 青木に対する, 非常に, 非常信号を, 音脚の, 題の, 顛倒した, 飛び出すのに, 首を, 高熱の, 鮮やかに, 鮮明に

▼ 意識~ (671, 7.1%)

1815 なもの 8 にせよ, に彼 7 である 6 な人間, にその, にそれ, のもの 5 であると, なるもの, にか無意識的 4 でなければ, では, なの, にそう, にもせよ, にも無意識的, にやつ, に計画的 3 でないもの, な努力, になった, に人生, に或は, に自己, に自覚, もしくは無意識的

2 [47件] であること, である処, で組織的, というの, な人, な人為的, な反抗的, な行為, な部分, な魂, にあるいは, にこういう, にこの, にしろ, にで, になっ, になる, にのほか利己主義者, には敵, にやる, に一種, に人相, に企てた, に企画, に作られ, に促進, に分裂的散乱的, に分裂的配分, に又は, に反動, に嘘, に彼女, に恋, に悪, に意図, に或, に或いは, に技術的, に注意, に發動, に省察, に示す, に組織, に自分, に調和, に非, または無意識的

1 [426件] あるいは無意識的, あるひ, かあるいは, か無意識的, そして興味, だ, だったに, だったの, だと, であった, でありドストエフスキイ, であり伸子, であり工夫, であるか, であるかぎり, であるから, であるが, であるという, であるはず, である作用的, である社会, であろうと, でなかったばかり, でなくて, でなくては, でなく将, でなく従つて, でも, で可, で計画的, で高慢, ということ, となっ, となり, となる, と無意識的, な, ないしは無意識的, ないし無意識的, ないし無意識的努力, なお喋り, なでこぼこ風流, なり無意識的, なる産児制限, なる自己葛藤, なる関係, なる關係, なジャーナリスティック, なボイコット, なリベラリスト, な中傷, な仕事, な作, な作為, な偉大, な共同作業, な具象, な加害, な労働者, な原人的, な友人たち, な君自身, な吾, な培養, な場合, な大衆文学, な好み, な宣伝小説, な影響, な悦び, な悪意, な情緒, な意志, な意気, な戦い, な手段, な技巧, な拒絶, な指導放棄, な挑発, な支持, な攻撃姿勢, な教育機能, な旧来, な明るい, な易断トランプ, な有, な構図, な気合い, な氣もち, な深化向上展開, な無感覚, な無抵抗主義, な現象, な理論的, な発作, な発布者, な目的教育, な礼拝, な組立て, な美し, な翻案, な考慮, な自殺, な芸術家, な表象, な要求, な計, な計算, な身じろぎに, な軽口, な農民, な退屈しのぎ, な連, な遣方, な配合, な闘争, な領域, な點, にあつ, にいった, にうまく, にかあるいは, にかどう, にか対応, にか思わず, にくだけた, にことさら, にこれ, にこれら子飼, にさ, にさう, にさういふ, にさうする, にさけ, にさけた, にし, にした, にしるした, にする, にそういう, にそこ, につくつた, につけた, につねに, につまり, にとか自覚的, にとしか思われない, になされ, になされた, になつ, になりました, にはそう, にはそれ, にはつまらぬ, には一つ巻子, には人間, には付かぬ, には來, には善, には支配階級, には既に, には森先生, には正しい, には演じられ, には無我, には自己弁護, には自己辯護, にふれよう, にぼやかし, にまた, にまで吉乃, にも, にもしくは, にも支配, にも発展, にやった, にやっつけた, にやや, にゆっくり, にゆるめさせた, にわざとそう, にウチナーグチ, にサークル, にソプラノ, にチエホフ, にネグレクト, にファルス, にブルジョアジー, にマスタア, に一切動物, に一応, に一本, に一致, に与へられた, に世界, に之, に乗り越す, に人々, に人物それ自身, に仂, に代表, に伝統, に低下, に体, に作られた, に作られる, に作り出す, に作る, に作歌, に作為, に作用, に保守勢力, に信仰, に信長自身, に俺, に停滞, に働かす, に僕, に分析, に分類, に前面, に力一杯, に力強く, に努めれ, に努力, に動かし, に動き, に即ち, に反動化, に反復, に反抗, に取り, に取り上げられた, に取り行なわれる, に取入れ, に古い, に哲学的, に問題, に埋めよう, に変更, に大成, に大股, に奇矯, に奇警, に奨励, に奴等, に子供, に学者源順, に学術的用語, に実在, に実現, に家人たち, に対句, に対立, に将門, に尊重, に導き出された, に展開, に差別, に希望, に師, に弱者, に張り, に形式主義的立脚点, に形態, に役立つ, に彼自身, に情緒ゆたか, に愛した, に愛好, に感じ, に憑かれた, に戦争, に戯画化, に戯談, に批評, に批評的観点, に把握, に抑えた, に抑制, に投げつけた, に抽出, に持っ, に持つ, に指導的, に挺身, に捏造, に排撃, に掴め, に提出, に支持, に政治的, に敏感, に救助, に文壇, に新しい, に方法, に方法的, に旗号, に既知未知, に日本アルプス, に日本的哲學, に日本語, に旧, に旺盛, に明らか, に明瞭, に明確, に書い, に書こう, に有, に服従, に期待, に本院, に杜, に極度, に樹立, に次, に次代, に此デイレンマ, に歩調, に残忍, に殺される, に殺した, に気づく, に求める, に泣く, に洗練, に洛内, に活用, に消した, に源六, に無意識的, に無視, に猫, に現, に理窟, に理論的追求階級意志, に生活, に産出, に用いられた, に用いられる, に異議, に発した, に目指し, に相手, に看破, に睡れる, に私, に移植, に立つ, に精力的, に紆余曲折, に結合, に統制, に継子扱い, に羽目, に考えられ, に考える, に考へ, に考へる, に聞い, に能楽, に自分等, に自分自身, に自由, に自由主義思想, に自覚的, に若く, に行, に行っ, に行なっ, に行なわれ, に行なわれない, に行なわれなかった, に行われ, に行動, に表現, に表象, に装っ, に見, に言, に言い表わす, に認め, に諸君, に赤い, に近づかなかった, に近づこう, に追った, に追求, に通俗性, に進めた, に遁, に遂行, に過ぎる, に過去, に選び, に避けた, に避けよう, に関与, に附加, に霊界通信, に飲ん, に馬, に魅惑, のそしり, の努力, の反応, の受難, の時間, の殴打, の精神, の罪, の記憶, の誘惑, の通信, への闇冥, らしく少しく, 乃至無意識的, 又は無意識的, 或いは無意識的, 或は無意識的, 或は論者, 若くは, 若しくは無意識的

▼ 意識~ (609, 6.5%)

8 ない 4 して, 少しも, 朦朧と 3 このよう, その内容, それが, 今は, 奥の, 我々の

2 [50件] あった, あつた, あつて, あるが, その後次第に, それを, ただの, つねにただ, ないの, なかった, ひどくさえ, もう正気, もはや単なる, デカルトに, ハッキリし, 一つの, 一方に, 一種の, 云うまでも, 今まで, 今や矛盾, 何かの, 何も, 併し, 全く暗, 公共的なる, 再び彼, 初めてその, 単に無条件, 可なり, 吾, 彼を, 彼等の, 意識さる, 或る, 持たれて, 持って, 持つて, 次第に普遍的意味, 次第に痺れ, 歴史的社会に, 混沌として, 物質から, 疲れて, 百方へ, 自然の, 返って, 過去と, 間断も, 非常に

1 [471件] あったが, あったけれど, あったの, あっても, あまり偏狭, あります, ある, いかなる意味, いくらか常態, いよいよまれ, いよいよ明瞭, かうして, かえって勢い, かかる意味, こうした限定, こうして知らず織らず, ここで, ここでは, この伝統, この段階, この第, さかんだつた, さがしたが, しかるに過去, しっかりし, しない, しなかったが, しなかつたらうが, しなかつたらうけれども, しなくつて, しんと, すうつと, すぐさま錯然, すぐに, すっかり魔, すでに清明, すでに経済関係, すべての, そういう意識形態, そういう服従, そうした自由主義, そこで, そのものに, そのよう, その人, その体, その優越, その後葉子には, その意味, その成長, その本元, その本来, その根底, その藝術的完成, それすら, それだけに集中, それの, た, たえず見張り, たしかにあった, たしかに推移, ただ働く, たとい夫, たとえそれ, だから云わ, だから今や単に, だから新しい, だんだん不明瞭, ちゃんと真相, どこに, どこにも, どちらかと, どんな所, ないと, ないに, ないよ, なかつたが, なかつた戯れ気, なくとも, なく幽玄体, なぜ事物, はっきりし, はや強い, ひくく現実, ひろ子の, ほとんど完全, ぼんやりし, まず文明開花, まず第, また別, また多く, まだあつ, まだ半ば, まだ回復, まだ失つて, まだ彼, まだ成立, みずからを, みんなの, むしろ歴史的意識, むろんもう彼, もうかなり朦朧, もうそれ, もう働かなく, もう確か, もう茫, もはや例, もはや必ずしも意識, もはや意識, もはや此の際, もはや階級, やうやく, やがて日本主義, ややもすればこの, よび戻した, よみがえったが, わりに混濁, われわれを, イデオロギーと, ギュヨーが, グングンと, ディッケンスを, ドコに, ドコにも, バラバラで, フッサールにおいて, フランスの, プロレタリアと共に, プロレタリアの, 一人一人の, 一切の, 一切恋の, 一度具體的經驗の, 一度死ん, 一方文学的意識, 一歩一歩緊張の, 万人に, 万有者の, 下層建築としての, 与えられた社会意識, 世相への, 主として経済上, 主体の, 主観的に, 二次的の, 云う迄も, 云わば, 人を, 人民の, 人間の, 今や歴史的意識, 今や社会的, 今私が, 以上の, 低劣であり, 何か, 何処を, 何時でも, 何時に, 何時も近い, 何物かの, 何等の, 何處にも, 余りに弱りすぎ, 作品として, 作品を, 作為であり, 例によって, 依然として存在上, 依然として封建時代, 俊成にも, 個々の, 個人から, 個人が, 個人という, 個人に対しては, 個人意識でも, 個人的な, 個存の, 停止した, 優越性を, 元々個人的意識, 元に, 元来そういう, 元来それ自身で, 全く不明, 全く意識主義的, 全く払拭, 全く新しい, 全く確か, 全く自己同一的, 全人類的意識, 全心的, 全然昏濁, 全然誤つ, 冴えなかった, 冴え返って, 冴え返つて, 冷たく覚めかかっ, 凡ての, 凡ゆる, 処女時代に, 出て, 分化の, 到底筆舌, 到底西洋, 創作の, 動いた, 勿論彼, 勿論特に其部分, 十倍の, 十分に, 単なる個々, 単なる内在, 単なる意識, 単に意識, 即ち温熱, 却って何, 却って妙, 却って意識, 却って意識的, 却つて邪魔な, 又普通主観, 反って, 反動者に, 同時間的, 唯だ, 唯埒, 嘘を, 回復されるであろう, 回復し, 回復しなかった, 回復するだろう, 固より, 外界を, 夙くに, 夢の, 大きい渦巻き, 太陽に, 夫, 失はれて, 失わず然し, 失われて, 如何なるもの, 如何なる充足原因, 如何に, 如何程彼等親達, 始めて, 存在では, 存在との, 存在上の, 宙空に, 実は却って, 実践と, 実践的である, 客観的存在そのものを, 客體の, 容易に, 實踐的である, 寸毫も, 少いが, 少しづつ回復, 少なかった, 少なかつた, 帝国主義的ファシズム的そして, 常に前方, 常に彼女, 常に意味, 常に當面, 幾何学的精神であり, 弁証法的思惟である, 強く俺, 当然意志, 当然意識以外, 影と, 影も, 彼に, 彼の, 往々に, 心理学的諸, 心理学者や, 必ずしも帝国主義的, 必ず意識, 必らずしも, 志向的と, 忘れながらにも, 忽ち当面, 怒りに, 思わず薄れ, 性欲を, 恐らくなかつ, 恢復しない, 愈, 意味を, 意識される, 意識する, 意識である, 意識として, 意識の, 意識より, 意識以外の, 意識内容と, 意識内容を, 意識外の, 慥かな, 慾望の, 或は自, 或時, 戻らず正午, 戻らなかった由, 所謂意識の, 批評家や, 抑, 捨てなさい, 政治的であり, 数ヶ月に, 文化に対して, 文章の, 断えず応接, 断じて政治的意味, 旧どおり, 明かに, 明暸でなけれ, 明白に, 明瞭だ, 明瞭で, 明瞭であった, 明瞭である, 明瞭な, 時間を, 普通の, 暗くなる, 最後の, 有難い, 朦朧として, 未だ力強き, 未来を, 本來, 桃畑の, 棍棒の, 極めて明瞭, 極度に, 次第にはつきり, 次第に強く, 次第に朧げ, 次第次第に, 正しく批評精神, 此に, 此亦一時代前の, 此驚きをも, 歴史に, 歴史において, 歴史の, 歴史的情勢の, 歴史的意識として, 死と共に, 殆ど動い, 殆ど打ち消され, 殆ど消え, 殆ん, 毛頭なくあべこべ, 毛頭も, 水の, 永遠に, 決して二・二六事件, 決して個人, 決して単なる, 流れないという, 流れるだろうか, 流石に, 消えて, 消え去って, 消え失せて, 混沌と, 漸く擡頭, 漸く朦朧, 漸く発火点, 激しく動いた, 濁って, 烟の, 無い, 無いがネ, 無くな, 無く一種, 無意識をさえ, 無論哲学者, 無限なる, 然し同時に, 燃え上りました, 物の, 物理学的物質の, 物質に, 物質的存在との, 物質的生産力から, 獨りで働きかけます, 現に時間, 現われるの, 現代では, 現在が, 現象的な, 甚だ不徹底, 甚だ不満, 生じないの, 生命の, 生活し, 痛いほど, 発達し, 発達する, 發達し, 目覚めました, 直ぐその後, 直観に, 眠れる人, 眼球が, 知的な, 社会心理学にとっての, 社会意識の, 社会的関係から, 私にと, 私の, 私を, 稀薄な, 稍, 空の, 米国婦人に, 結局個人的意識に, 絶えた, 絶対的には, 經驗そのものでも, 緊縛を, 繰り返しながら, 美を, 背景が, 脳皮質に, 脳髄という, 脳髄の, 臣僕である, 自他倶に, 自分とは, 自分自身の, 自己意識, 自己矛盾的に, 自我として, 自由主義思想に, 良心とか, 若い女, 茫としている, 虚栄心と, 表面的には, 要するに自己意識, 要するに茲, 覚醒した, 親鸞にとって, 説明される, 誰によって, 講演の, 起らない, 農業主義に, 近世に, 近代化した, 返つて, 連続し, 連続的に, 過去四五年前には, 重要な, 鈍れ戦闘的気分, 阿仏にも, 階級意識として, 離れない, 非階級, 高々存在

▼ 意識~ (517, 5.5%)

20 於て 10 上って 6 のぼって, 入つて 5 上るの, 就いて 4 ぞくすか, 出て, 反映する, 於ては 3 上つて来た, 与えられること, 入って, 外ならない, 對し, 煩は, 立って, 裏書きされた

2 [25件] ある, いれて, ぞくする, ぞくするもの, とらわれて, 上ったの, 乏しい自分, 作用し, 入れて, 基く分業, 外ならぬ, 容れて, 或る, 於てのみ, 最も必要, 溺れながら, 燃えて, 現はれ, 由来する, 疲れて, 置いて, 責められて, 較べて, 返りました, 随伴し

1 [375件] あったの, あらわれて, ありそう, あるだろうか, あると, あるん, ある限り, いれてるふう, うごかされて, おいたの, おきながら, おのずから毒虫, かえるとき, かけられない生命, からまって, からむから, こびりつかず伸びようと, これだけの, これを, さへ, したい矜, した直立, して, しなければ, すがりついて, すこしの, するこの, せき上げて, せよその, せよ三十秒間, せよ永遠, せよ相手, そ, そして意識, そのま, その根柢, それと, そんなこと, ぞくしその, ぞくし又, ぞくすかという, ぞくすと, ぞくすという, ぞくすとか, ぞくする情意, ぞくする筈, ちゃんと印刻, ちらと, つきて, つきては, つながる魅力, つらぬかれつつ, とつて, とつていは, とまらなかった, とらえて, とらえられて, とらえられ又, とらへて, とらわれず最大, とらわれない人, どこまでも, ないよう, ないらしい, ないらしく, なくただ, なって, なやまされふと, ならねば, なり生物, なる, なると, なるの, のぼせた, のぼせる為, のぼせ得る力, のぼった, のぼったの, のぼったもの, のぼったらしくてれ, のぼらない, のぼらないわけ, のぼらなかつた, のぼり心, のぼるもの, はっきり戻っ, はっきり映る, ひっかかって, ひょいと顔, ひらめいたの, ぶつつかるの, ほかならない, ほかならぬと, まけて, みたされて, めざめ, めざめた馬, めざめた馬車屋, もとめると, もどして, ゆがめられね, よみがえりそれ, よらない場合, よらなければ, よると, キッカケを, 上す, 上す力は, 上せて, 上ったと, 上っては, 上つ, 上つたし, 上つてそれにまた, 上つて來ない, 上つて來る, 上つて来, 上ぼるであろう, 上らず備後畳, 上らせはじめて, 上らせ更に, 上らない, 上らなかったほどの, 上らなかった死, 上らなかつたの, 上りにくく, 上ること, 上るもの, 上るよう, 上る唯一, 上る場合, 上る権威, 与えられた感覚内容, 与えられた観念, 与えられるという, 与えられるもの, 他ならない, 仰ぐかも, 伸展する, 似た怯気, 似て, 依って, 依傍, 依存する, 促されて, 充ちた藝術家, 入らないの, 入らぬだけ, 入り得るもの, 入り込む様, 入れがち, 共通し, 具はる, 内在する, 内在的と, 内界統一の, 到達する, 制せられて, 刺戟され, 力と, 加えられるべく余りに, 動かされて, 動機され, 包まれて, 十分めざめ, 単位が, 即ち彼, 反応し, 反映させ, 取り伝えられて, 取り入れない理論, 向かって, 向って, 唆られ, 問われずに, 囚えられ, 囚はれ, 囚われない作品, 圧しられて, 在る限り, 基いた社会活動, 基いた組織, 基くもの, 基く現代日本, 基づいて, 始まる芸術, 対抗し兼ねた, 対比し, 対立させ, 対立する, 少しも, 就いては, 就いても, 属する以上, 帰った, 帰着した, 帰着しなけれ, 幻惑され, 引きずられて, 引きつがれたの, 強く残つたの, 当たりますから, 影響する, 復歸する, 徹して, 心を, 応えんが, 忠実であり, 急で, 性慾が, 情念され, 戻った時, 戻って, 打たれたり, 把持する, 持つた祖先, 捉われその, 支配され, 支配された, 支配を, 改まりかけて, 改変される, 於けるモダーニズム, 於ける反, 於ける多様, 於ける恰も, 於ける或いは, 於ける時間, 於ける活動性, 於ける現象学的時間, 於ける自我, 於ける表現, 於ける表象, 於ける進歩, 於てさえも, 於てしか, 於てだけ, 於ての, 日本を, 映すとき, 映ずる実像, 映つた, 映らざるを, 是非とも, 根ざしたリアリスティック, 根ざした何物, 止まって, 止まらずかかる, 残って, 残らないの, 残るもの, 毒され, 決定的影響を, 活きる, 浮き出して, 浮べた, 浮べては, 浮んだこと, 浮んで, 浸み込むにつれて, 浸り還せるかと, 深く住, 深く目覚め, 満たされて, 溯つて, 潜在する, 濃い彼, 照応する, 煩わされずして, 煩わされて, 煩わされなかったからこそ, 煩わされるから, 燃えた同志達, 燃えてを, 狼狽て, 現われた知, 現われて, 現われぬ部, 現われる働き, 現われる時間概念, 現われる直観, 現われる直観内容, 現われる部, 生きる純, 生じた文学, 生具, 畏怖する, 疑いは, 発したもの, 発した個人, 発し意識, 発する, 登って, 登つた丈で, 登つて来た, 登りかけて, 登るよう, 目ざめないわけ, 目覚めさせて, 目覚めた科学, 盲ひ, 直接与えられ, 省みて, 眠の, 眼ざめそれぞれ専門の, 眼ざめた幼児の, 眼覚めた, 眼覚めたる, 瞬時閃めく, 移ること, 立ち帰られるであろう, 立ち帰られる途中, 立ち帰ります際, 立脚し, 結び付いて, 結合し得る, 結合する, 絡まった, 絡まつた, 絡みついて, 絶えず弾力, 縛られた公式的形式, 織り込まれて, 耽溺し, 育てお, 脅かされながら, 自然に, 自発的に, 舌を, 苦しみそう, 苦しむが, 苦しめられて, 苦しめられながらも, 落着した, 薬を, 表われる, 裏づけられただけの, 覚知し, 触る, 触れて, 訴えて, 訴へて, 責め苦しめられつつ, 貯えて, 超越し, 踏みこんで, 返った時, 返らした, 返ると, 迸り出るといった, 逆わ, 這入って, 這入りでも, 過ぎないと, 過ぎなかった, 過ぎなかったこと, 過ぎんの, 達したとき, 達すること, 遠方から, 遮られ中流, 遵ふて, 還元すれ, 関わるもの, 関係し, 関係した, 阿難, 限られない, 陥り装飾, 非常なよろこび, 面して, 鞭打ち私, 駆られて, 駆られないわけ, 高められかく

▼ 意識する~ (322, 3.4%)

25 ことが 18 としない 13 ように 9 ことは 7 のが, のは, 力 6 ということ, と否 5 ことなし, ことによって, ことも 4 ことで, ことである, たびに, やうに, 事が 3 ことに, ことによ, ことを, 必要は

2 [20件] から彼, ことなく, ことの, だけだった, ところが, とせぬ, と同時に, と彼, のだった, のである, のみ, ものだ, や否, より前, 処は, 力は, 必要も, 時は, 筈である, 自我の

1 [137件] いさ, おそれ, か, かしない, かのごとき, からな, から世の中, から生じた, がゆえに, が捕捉, こと, ことから, ことさえも, ことさへ, ことすら, ことだけで, ことだけは, ことな, ことまた, こと即ち, こと意識し, ために, ためには, ための, だけです, だけでもすでに, だけのうち, だけの余裕, だけの短い, という喜び, という意義, といふ, といふその, とかえって, ときに, ときわれわれは, ところに, ところの, とは定, ともう, ともなく, とウ列音, と一層, と中年者, と二人, と云う, と今度, と何, と何時も, と全身, と共に出来る, と共に恐怖心, と博士, と幽霊, と後味, と急, と次第に, と淋し, と激しく, と男, と第, と見え, と逆, にかかわらず, につれてその, には頭, に價, に止まつ, ので, のであった, のであります, のでよけい, ので客観的存在, のみであった, のも, ばかりである, ほどだった, までで, までもない, もの, ものが, ようで, よりもずっと, よりもより, よりも敬太郎, を得る, 主体の, 事に, 事は, 事を, 人間が, 代りに, 以上に, 以上は, 余裕が, 余裕を, 個性を, 全部の, 力さへも, 場合に, 女の, 對象の, 度が, 心が, 心には, 心の, 心元, 必要が, 意志だけ, 意識, 感情だけが, 所そこに, 故に私, 方の, 方法の, 方法を, 時だ, 時も, 時必ず, 時期には, 時間を, 最も主, 機会は, 武張つた大股で, 気おくれ, 為には, 相対の, 瞬間に, 知性の, 空間は, 結果小説は, 美は, 者の, 能力が, 自己の, 自己を, 衞生法や

▼ 意識~ (192, 2.0%)

19 なって 4 無意識との 3 なる

2 [17件] いえども, いって, なるか, 不可分である, 不可分の, 云うの, 云ふ, 同じく他, 夫に, 存在との, 存在物と, 意旨とが, 結びついて, 結合し, 考えられたの, 考えられるもの, 重なり合って

1 [132件] いい無意識, いうと, いうほどの, いっても, いわれて, この流れない, すぐに, すると, その内容, その意識, その政治的行動, その自主的行動, だらけ切った世界, であった, なったもの, なっても, なつて, なるの, イデオローゲンの, インテリ階級説, カルヴィン教徒の, 一種の, 一致する, 主張との, 争わなければ, 云い連続, 云う字, 云って, 人道意識とが, 人間生活の, 今意識, 今更政府, 他の, 作家の, 作爲誇張とが, 個性の, 僕の, 全感覚, 共同の, 冥合できよう, 単調な, 印象を, 古代の, 同じい, 名づけるべき鋭い, 呼ばねば, 呼ばれても, 呼ばれる理由, 呼ぶの, 呼ぶ理由, 執拗な, 実在する, 実在との, 対立し, 幸福なる, 形容される, 彼の, 快楽は, 悔恨が, 情意とを, 意志とが, 意識の, 意識以外の, 意識外との, 或いは意識, 技巧とは, 政治運動としての, 文明人の, 時間との, 暗示に, 最も単純, 最も密接, 條理と, 條理との, 浄土における, 浪漫主義との, 深い心, 混同さるべきでなく, 温良仁愛の, 満足に, 無との, 無意識とを, 物質とは, 物質とを, 独立に, 獨創を, 現実的な, 異った, 直接関係の, 眼球と, 眼球の, 矛盾撞着する, 称した, 称するもの, 空間との, 突然な, 等置, 組織が, 結びつく, 結び付いて, 結び付けて, 群集の, 考えられて, 考えられ経験, 考える, 考えること, 考えるならば, 考へられたの, 自己満足との, 自己統御との, 自然とが, 良心の, 華やかで, 虚偽意識との, 行動とに, 行動との, 行動にも, 衝突し, 見做, 解される, 解釈すれ, 言ふも, 謙抑羞恥の, 責任の, 連絡を, 銘打たれたありと, 闘ううち, 限って, 階級の, 離すこと, 離れたり, 駈ける駒

▼ 意識した~ (152, 1.6%)

9 のは 4 ことは, ように, わけで 3 ことが

2 [11件] ときには, のだ, ので, のであった, のである, のです, やうに, んだ, 嘘だ, 彼は, 第一

1 [106件] からだった, からに外, か知らない, がこの, がそれ, がため, がだめ, がキミ子, が同時に, が大人, が意識, が語調, ことなどは, ことに, その卑怯さ, その同じ瞬間, ためだ, だけだった, だけで, だけにすぎない, という, ときいけ, ときそれツ切り彼は, ところで, としない, とすれ, とたんに, と信じ, のだった, のであろう, のも, はずだ, はずである, ばかりで, ふうの, ほど皮肉, ものが, ものであった, ものに, ものは, よりもすべて, 上での, 上の, 上の句であろう, 不敬と, 不自然な, 人が, 今日から, 初対面の, 利巧さが, 努力を, 勢で, 口調で, 叫びで, 品格といふ, 場合と, 大改革以外にも, 女性の, 彼自らの, 心で, 思想と, 悪よりも, 意地わる, 意気込みは, 態度で, 所為であっ, 手荒さ, 教法の, 新鋭の, 明治の, 時だけ, 時に, 時には, 時はっと, 時殆ん, 時私は, 様な, 様式が, 歩調で, 点は, 無装飾, 狙いは, 盲目の, 瞬間に, 瞬間には, 瞬間ほど, 私たちは, 私は, 筈である, 素ぶりで, 絵が, 罪意識しない, 美辞によって, 者に, 者は, 脈音のみ, 芸術的衝動などは, 芸術的衝動は, 蝉は, 表情で, 言文一致創始の, 訳で, 譯では, 長い一瞥, 関心事と, 阿賀妻の

▼ 意識しない~ (130, 1.4%)

3 でいる, ように 2 うちに, で, にもせよ, わけには, 心の, 間に

1 [112件] お土産, かのよう, からである, か又は, が人間世界, が故に, が特に, けれどもじかに, こころの, こと, ことが, こととは, この覚醒, その一杯, ためには, だけである, でいた, でいつ, でか伸子, でこう, でそう, でその, でそれ, でそれに, ではあり能わぬ, ではいられなくなった, ではなかっ, でぽかんと, でもそれ, でも堪へ忍ぶ, でも皆, でも肚, でも自然, でやっ, でゐる, でフラフラ, で僕, で其時代, で刻々, で彼女, で恋し, で日, で犯した, で生き, で示し, で育てられ, という, ということ, といふこと, ときで, ところにおいて, としても潜在意識, と云つて, にし, にしろ, のだ, のである, のです, ふうで, ふうに, ほどになっ, ほどの緊張, ほどまったく, ほど代々, ほど無, までにその, までもどちら, までも戦争中, ままに, まま脳髄の, ものさえ, ものだ, ものだって, ものであり, ものも, ようすだ, ようで, ような, 一つの, 事に, 伝統の, 何ものかを, 共和と, 嘘は, 壓迫を, 嫉妬の, 官能の, 容子で, 底にまで, 彼の, 想念に, 愛惜と, 戀といふ, 日頃であっ, 時の, 極度な, 残虐性が, 無知な, 現実からの, 生活気分生活感情によって, 瞬間である, 程度に, 筈が, 筈は, 罪の, 自分を, 自己の, 自然な, 術も, 訳に, 迷信の, 風で

▼ 意識から~ (121, 1.3%)

4 出て, 出発する, 脱け 3 生れて 2 云って, 出発し, 自由に, 超個人的意識, 離れては

1 [96件] いっても, うしなって, おのづか, さうし, さうなる, して, しては, そうなる, そのひと, だった, でありしたがって, であるよう, でないならば, でなく活, ぬけられないタイプ, はっきりと, はなれず生きて, ふりか, ナースチャは, マルキストにも, 世間に, 云うと, 享けて, 作られるから, 作為せられた, 來る, 全く離れ, 全然離れ, 出たもの, 出た言葉, 出る文化主義, 出発させる, 出発した, 分析しよう, 切り取って, 区別された, 区別しよう, 区別する, 単に経験的, 反発された, 存在物の, 完全に, 少量に, 崖邸の, 待ち望んだ軍人, 意識を, 払おうと, 抜け切って, 故意に, 斷たれ, 書を, 書物の, 来たの, 来たもの, 来た愚か, 来るなぞ, 来るに, 来るの, 来るロジック, 来る不安, 来る得意さ, 来る或, 来る苛ら立ち, 模倣した, 流れを, 演劇における, 無意識へと, 犬と, 独立した, 獨立に, 生ずる泰然自若, 生れたもの, 発足される, 祖母の, 神経を, 純粋自我の, 絶縁せよ, 脱し切れない有様, 脱却し, 自由でゐた, 薫の, 見て, 見ると, 解き放されて, 言へば, 説明する, 調子の, 起こって, 起る帝王性妄想, 身動きも, 追い払うよう, 遠ざかるよう, 遠ざけ社会, 離れなかった, 離れなかつた, 離れ去ったわけ

▼ 意識~ (105, 1.1%)

4 なしに 3 はっきりし 2 亦歴史的社会, 持って

1 [94件] あり逆, あるし, おぼろに, かくの, かなり濃厚, してない血液, しなかつたし, そこでは, それにつれて, たしかに働い, だんだん縮ん, つかない父, ない, ないに, ない一つ, なかった, なかつた, なくただ, なくて, なくな, なくなして, なくなって, なくなり顔面, なくぼんやり, なくまた, なく兄, なく死, なく足, なく跳躍, なく過し, なにも, ふらふらと, ほどなく滝人, ぼやけて, ぼんやりし, またかく, またより, まだ持っ, まったく感じとる, もう彼, やや朦朧, 与へ, 中止するなら, 亦おのずから, 亦この, 亦もはや, 亦一種, 亦国民道徳, 亦当然最も, 亦淋しい, 亦物質, 亦社会的犯罪, 他人の, 体力も, 何も, 働かず作者, 全く混濁, 出て, 分析すれ, 勿論ない, 変って, 定かで, 実は個人, 宮廷を, 師匠たる, 幾分ぼんやり, 引潮の, 弛むと共に, 強く感じられる, 必ずこの, 思想も, 恢復し, 成立する, 手伝って, 払いのけて, 明瞭であった, 明瞭に, 朦朧に, 殆ん, 永遠に, 淋しく, 理想も, 生活の, 発達し, 知覚も, 社会感覚も, 緩んで, 芽生えて, 許されない, 起こって, 起つたこと, 身分も, 道楽意識も, 霧の

▼ 意識され~ (79, 0.8%)

16 ている 8 て来た 7 ていない 5 ていた 4 て来る 3 てきた 2 てはいない, てはいなかった

1 [32件] こそこそと, それが, てある, ていなかった, ていなかったらしい, ています, ておらない, てき, てくる, てさえいなかった, てそして, てその, てゐない, てゐる, てゐるゐない, てト書, て不愉快, て仕方, て何, て崩, て来, て用いられる, て私, て立派, て築かれた, て視る, て辛かっ, ながら変, はしなかった, やすいもの, 作為され, 表明され

▼ 意識せず~ (71, 0.8%)

7 にはゐられなかつた 3 にゐられなかつた, に感じ 2 に, にお, にこの, にはいられなかった, に婆さん

1 [48件] ただ弾圧, ともいつどこ, ともそれ, とも凡て與, とも国民性, とも自然, なほその, にい, にいた, にいつの間にか, にいられなかった, にその, には居られなかつた, には書けない, にやってきた, にゐられない, に一時, に一種, に傍, に先, に嘘, に季節, に対症療法, に平然と, に書いた, に済んだ, に突破, に結果, に考え, に育て, に自己, に自然, に行い, に詩, に過ぎ, に過し, に部屋, に随分, または自覚, また諸種, もちろん枕, ソファに, 彼は, 未知に, 由子の, 自室まで, 自身の, 視線の

▼ 意識~ (71, 0.8%)

2 あつた, それを, 占領された

1 [65件] あつて, あつて底, あの異教徒的, あらうか, あるならば, いっぱいに, いつも一パイ, いられればこそ, えびす顔を, お婆さんは, かかれた小説, ぐっと睨みすえた, さえない処, さっぱり素直, しいて矯正, そういう気持, その最低度, つかんで, みずから苦しまない, むりにしめ殺し, もって, アレキサンドリア主義などという, ツイ折入, ハチ切れ, 一杯に, 一貫した, 仕事しました, 以て, 以前の, 何ひとつ小やかましい, 作り更える, 作品に対するから, 俗悪にも, 個体に, 内官と, 創作活動と, 動いて, 動きはじめた, 単純に, 呟くよう, 多少でも, 実感をもって, 幸不幸苦痛などを, 彼女は, 或は文化的虚栄心, 描いたもの, 攻められた, 明白に, 曾遊の, 深く生命, 片づけて, 牡鶏に, 画一され, 社会主義リアリズムの, 神経を, 端の, 肉交できる, 自分も, 自分を, 虔しみ合い, 観察すれ, 観照の, 話したこの, 造仏した, 頭の

▼ 意識という~ (62, 0.7%)

11 ものは 7 ものが 4 ような 3 言葉も 2 名称は, 概念は, 言葉が

1 [31件] ことで, ことであろう, ことの, のは, ものそして, もので, ものな, ものの, やつな, イデオロギー, 主観の, 事に, 二つの, 奴で, 如き主観, 存在であっ, 存在の, 存在は, 存在者は, 常識概念に, 常識概念にも, 性格を, 意味が, 意味である, 概念から, 概念の, 範疇によって, 苦しみの, 言葉によって, 言葉の, 認識主観の

▼ 意識された~ (51, 0.5%)

2 ことは, 内容, 処の, 存在, 意識では

1 [41件] あのつよい, かは今, けれども果して, だけで, だけ嬉し, つねに明晰判明, のであれ, のは, もしくは意識, ものと, ものに, ものも, ものを, やうで, ジェスチュアは, 主張が, 事であります, 事柄である, 事柄は, 人格の, 今凍え, 任務を, 問題が, 対立の, 意味の, 意図に, 意識内容のみ, 文化運動は, 文学意識では, 時に, 時には, 民衆の, 用具と, 知的生活の, 程度こそ, 立場に, 結論な, 自由主義な, 観念の, 途中で, 通りが

▼ 意識される~ (51, 0.5%)

3 ということ 2 と否, にせよ, のだった, ものに, 理由が

1 [38件] かぎりそこには, かというそれ, からである, ことに, ことによって, ことを, すべてで, ために, だけ自覚, と云, と同時に, と考へた, に至った, に際して例, のであった, のであつ, のである, のでした, のでなけれ, のを, はじめの, ばかりだった, ひとつの, ひまも, ほど事情が, までに至らず, ものは, 二人の, 以上私自身の, 少量的作品との, 彼女の, 文化統制が, 科学論は, 程の, 筈である, 自我の, 間は, 限り近代物理学には

▼ 意識~ (46, 0.5%)

2 ただの, 観念よりも

1 [42件] おれの, また長時間, ゴシップ的関心さえ, 世界観に, 人間の, 今後の, 何かと同じ, 作為から, 作為の, 先験的意識の, 判断や, 反省が, 口実が, 国家観念が, 宗教体験に, 心の, 心理を, 情操が, 意味に, 感覚に, 感覚全部に, 擬態を, 政治的見解, 本音という, 無意識の, 煩雑な, 現代の, 生活意欲を, 社会が, 社会的信用や, 能力に, 自由ばかりが, 自覚だ, 良心としての, 虚偽意識では, 行動の, 表象を, 観念であっ, 観念である, 観念にだけ, 観念の, 記憶を

▼ 意識では~ (42, 0.4%)

15 なくて 8 ない 2 なくして, なくなって

1 [15件] ありますまいか, あり得ないこと, ないから, ないそれ, ないにも, ないよう, ない処, ない従って, なく却って, ふり払おう, 一寸理解, 待遇も, 打開する, 決定の, 用ひ

▼ 意識内容~ (37, 0.4%)

2 の歪み

1 [35件] が如何, であり数えられるもの, である他, となる, とのこと, とはかつて, と霊能, にある, に外, に対して単に, に屬, に弁証法, に止る, に解消, のみである, の脳髄, の説明, の諸, は却って, は存在, は心理学, は意識, は皆情調, もまた, も意識, も意識対象, や文化形象, をその, をそのもの, を以てし, を印象, を持たぬ, を生ずる, を表わす, 即ち自己

▼ 意識とは~ (36, 0.4%)

3 何である 2 不可分である

1 [31件] かえって全体的, かかる精神, この数字, その内容, ちがって, どういう意味, どう関係, 今日個人的意識を, 何であった, 何ほどの, 個人的意識の, 却て, 受取れない, 大いに異, 如何なる性質, 対立を, 常に個人, 歡迎せらる, 決して個々, 決して同時に与えられた, 決して御, 決して無条件, 無関係である, 独立な, 独立に, 社会によって, 縁の, 要するにプロレタリア, 違って, 限らない, 雲泥の

▼ 意識形態~ (36, 0.4%)

6 としてのイデオロギー 3 を決定 2 の根柢

1 [25件] から生じる, が極めて, が階級意識, だと, であらざる, であるイデオロギー, という意味, としての, としての社会上部構造, として一種, と文化形態, にまでみずから, のあらゆる, のこと, の一契機, の内, の底, の範囲内, は之, は統一的, も文化領域, を媒介, を説明, を貫い, 乃至社会心

▼ 意識によって~ (35, 0.4%)

2 では, 支持される

1 [31件] おのずと品性, イデオロギーの, 一つの, 互いに結び付けられる, 個人の, 全体的に, 分析批判され, 初めて一定, 動機づけられ, 如何に, 引き起されるの, 意識を, 成長する, 手法上の, 指導される, 支えられる他, 構成される, 深められるであろう, 物そのものが, 立ち上ったからこそ, 筋を, 美を, 自己意識も, 裏づけられたこうした, 裏づけられた行動, 認められず愛, 説明しよう, 説明せね, 限定され, 階級観念を, 騙されたこと

▼ 意識である~ (34, 0.4%)

3 ことが 2 かそれとも, 外は

1 [27件] か, かによってその, からその, からやがて, から個人, がこれ, がその, が之, が他方意識, ことを, それは, だからそれ, というところ, といふフロイド, とか価値, とか宗教感情, と云, と云え, と共に他方, と限らない, にも拘らず, に止つて, のだ, のでなけれ, わけです, 之こそが, 時でも

▼ 意識との~ (32, 0.3%)

4 間には 3 関係は 2 連絡を, 関係の, 関係を

1 [19件] この対立, この連関, 両方に, 中で, 二つの, 前後の, 区別が, 吾, 実質的な, 対立そのものが, 対立は, 必然的な, 相異その他, 自然史的発生秩序を, 連絡点を, 連関では, 間に, 間の, 関係に

▼ 意識~ (29, 0.3%)

4 の確信 2 のもの

1 [23件] には水泳, にひそん, にひとつ, にも強い, に何, に働い, に劣等感, に幽囚, に押籠め, に残つて, に潜在願望, に直, に眠っ, に統一, に這入る, の二つ, の力, の均衡, の幽冥界, の意識, の能力, の血, の連想

▼ 意識~ (28, 0.3%)

2 もなし, を經

1 [24件] から無意識界, から見, ではなく, という二つ, とでもいう, とは無関係, と云っ, と後, なり, に取り, に戻らう, に落つる, のどの, の名, の善人, の外, の悪人, の暗夜, はこんど, へは喰い入っ, も無く, より生れい, を見, を超え

▼ 意識現象~ (26, 0.3%)

1 [26件] あるのみ, から借り, が一, が多, が択ばれる, だけに尽きる, であります, としての性格, との間, とはその, と痛い痒い, によって代表, に通じる, に附着, のある, の一定内容, はいかに, は唯一回限り, や純粋意識, より起こる, を以てこの, を完全, を抽象的, を時間, を統一, を離れ

▼ 意識として~ (25, 0.3%)

2 考察する

1 [23件] あらわれるの, あるの, では, とどまること, 一である, 之に, 個人を, 初めて意識, 反復念を, 取り扱われること, 存在出来ず, 心理の, 必然的に, 想定し, 感ずること, 残って, 特色づけられる, 独立する, 理解されるべき, 経験しなく, 結果する, 見れば, 規定される

▼ 意識~ (24, 0.3%)

2 されたもの, されて, されないもの, されること, されると, されるという, されるとは, という過程 1 されたの, されたシステム, された機関, された範型, して, しては, せられて, や自己

▼ 意識そのもの~ (23, 0.2%)

2 の作用

1 [21件] がただ, がまた, がやはり, が曖昧, が直ちに, ではない, の内容, の問題, の形式, の本質, の根本的傾向, の虚妄, の転向, はけっして, はマルクス, は不可解, を否定, を死滅, を道具, を離れ, を震駭

▼ 意識不明~ (23, 0.2%)

3 になっ 2 のところ, のまま

1 [16件] です, となり, となる, なの, な程, にちかい, になる, に陥り, のさなか, のま, のまま昏, の幸吉, の御, の日, の状態, の病状

▼ 意識には~ (22, 0.2%)

3 連続的傾向が 2 単なる形式

1 [17件] この疑問, すべての, その各々, そんなこと, ぞくさない, ない事, はっきりとは, 上らなかったよう, 今は, 何の, 悲劇的精神が, 敷居の, 映らないの, 暗い所, 殆ど何等, 相違なかっ, 脱け

▼ 意識せざる~ (21, 0.2%)

2 を得ない, を得なかった, 品位の

1 [15件] うちに, ことを, ところから, との区別, にもせよ, に先だち, ものを, 他の, 半面を, 噴出で, 妙な, 抗弁的に, 時に, 芸術家だ, 謙徳の

▼ 意識一般~ (20, 0.2%)

3 の概念

1 [17件] というの, というもの, といっ, とは客観的, とは表象, と称した, と考えた, にまで改造, のよう, の如く, の孰, の綜合的統一, は当為, も考えられる, や純粋我, をかく, をフッサール

▼ 意識されない~ (18, 0.2%)

2 ような, 間は

1 [14件] かすかな, ことを, という特徴, ところの, と云っ, ものから, ように, 場合が, 或る, 時代から, 理由が, 生みの, 観念を, 記憶が

▼ 意識としての~ (18, 0.2%)

2 イデオロギーは, 性格を

1 [14件] イデオロギーの, イデオロギーを, 個人意識でなけれ, 個人意識では, 個人的自覚は, 側面と, 或る, 時間体験, 時間体験知覚的時間, 時間意識, 独立の, 自由主義に, 資格を, 通念

▼ 意識にも~ (18, 0.2%)

1 [18件] あこがれを, うつって, かかはらず少く, それからまた一日一月, それだけの, それを, ならなくては, のぼらないの, 入らないの, 多かれ少なかれあった, 奇蹟の, 応用の, 或はこの, 注意を, 無意識にも, 盲点が, 迫って, 馴れっこ

▼ 意識的無意識的~ (18, 0.2%)

1 [18件] なデフォルメーション, に, にそこ, にそれ, にねらっ, にスタンダール, に事物, に利用, に動かされない, に唯物論, に問題, に彼, に愈々, に改竄, に新劇, に私たち, に自分たち, に資本主義自身

▼ 意識なく~ (17, 0.2%)

3 して

1 [14件] うごいた彼, そそけ立って, その方, ついし, といふこと, ばッと, 五体から, 医員らの, 唯今までの, 平時の, 機械的に, 男の, 胸を, 風騒ぐ

▼ 意識とが~ (16, 0.2%)

1 [16件] それこそ, それだ, はげしく争闘, 会った時, 分裂対立し, 別なら, 同一であった, 在る, 夫, 対立した, 対立する, 彼の, 彼を, 明らかに, 異る, 著しく後れ

▼ 意識~ (16, 0.2%)

12 のである 2 のだ 1 のか, 労働者農民や

▼ 意識を以て~ (16, 0.2%)

2 稱呼を

1 [14件] この歌, して, しても, では, はじめから, 再び犯す, 子を, 実在の, 書かれただ, 滿足すべきで, 為されたという, 物質の, 見る習慣, 読み現代人

▼ 意識以外~ (16, 0.2%)

11 のもの 2 に横たわる 1 に自己, の何もの, の存在

▼ 意識ある~ (15, 0.2%)

1 [15件] プロレタリアこそが, 作家は, 労働者などに, 労働者にとって, 動物が, 勤労者にとって, 吾, 態度の, 時に, 有識者の, 様子を, 無産大衆の, 自然が, 若い時代共通, 蛋白質の

▼ 意識しなかった~ (15, 0.2%)

1 [15件] が風流才子, けれども光丸, けれども手すり, けれど思い出し, ことだ, ことに, しアンナ, とは云え, なぞと云え, のだ, のである, ほどのおそろしい, までだ, ものを, ような

▼ 意識せられ~ (15, 0.2%)

2 ていた, てゐた

1 [11件] ていたであろう, ている, て居た, て来た, て来る, 今も, 内心ますます, 当人の, 文字の, 私の, 美が

▼ 意識とか~ (15, 0.2%)

2 自覚とかの

1 [13件] また今日, プロレタリアイデオロギーとか, 主観的な, 云う問題, 先験的意識とか, 呼ばれる, 呼ばれるもの, 存在とか, 感じとか, 文化とかいう, 社会感覚とか, 経験的意識とか, 自我とか

▼ 意識にまで~ (15, 0.2%)

1 [15件] 主体化される, 主観化される, 分け入らねば, 反映された, 反映される, 反映され得る, 媒介される, 引上げる, 感じられて, 昇り, 行かずに, 超越した, 馴練される, 高められたの, 高揚し

▼ 意識乃至~ (15, 0.2%)

2 観念の

1 [13件] 世界観から, 思想との, 意識, 政治意識との, 政治意識にとっては, 文学思想として, 社会心を, 精神も, 精神を, 観念が, 観念と, 観念は, 観念を

▼ 意識状態~ (15, 0.2%)

1 [15件] から先生, が脳髄, でない時, にあった, になっ, になった, に人, に到達, に帰り, に立, に置かれる, に還る, は普通, を作り出す, を直下

▼ 意識しなけれ~ (14, 0.1%)

3 ばならぬ 2 ばならない, ばならなかった 1 ばいま, ばならなかつた, ばならなくなった, ばよい, ば仕事, ば成り立たない, ば気づかれない

▼ 意識~ (14, 0.1%)

2 に再現

1 [12件] にあっさり, においてすらもほとんど, における先生, にとじこめる, に働き, に存する, に於, に現象, よりの神來, より作者, より意識界, より退く

▼ 意識作用~ (14, 0.1%)

1 [14件] から眺めた, である, としていわば, との間, によりて起こる, の全体, の動かざる, の本質, の現象, は何処, は全く, も反対作用, や判断感覚, をも自分

▼ 意識~ (14, 0.1%)

2 に浮, を浮動 1 がある, においては世界, において世界, において中断, において製作的自己, の中, の想念, をかすめ, を含む, を有

▼ 意識であり~ (13, 0.1%)

2 しかもそれ

1 [11件] そこに, そして意識, 主体とは, 意欲である, 感情である, 或はその, 時に又, 更にそれ, 精神であり, 自己の, 自我が

▼ 意識~ (13, 0.1%)

2 の姦淫

1 [11件] では, にとどまる, に夢, に女, に現, の, の不自由, の事, の事実, の人生, の切実

▼ 意識概念~ (13, 0.1%)

1 [13件] である, として役立たない, に他, の一般的, の代表的, の個人性, の変革, は今, は多く之, は常識的, は情意形態, は自我概念, 即ち個人的意識

▼ 意識無意識~ (13, 0.1%)

2 に拘らず

1 [11件] にか, にくべつされ, に左右, に必要, に敵視, のあらゆる, のうち, のべつ, のイージーさ, の間, の関係

▼ 意識さえ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あやしくなる, しっかりし, して, しなかったの, ないあの, まだ起らない, もって, 奪って, 持たなかった, 持たなかったの, 持たなければ, 確とは

▼ 意識より~ (12, 0.1%)

5 独立に 1 來つた, 放たれて, 浅いもの, 消えて, 生じなければ, 発する, 起らざる血液

▼ 意識~ (11, 0.1%)

4 ということ 1 といふフロイド, とか行動, としなけれ, とすれ, と一応, と僕, 自己を

▼ 意識でも~ (11, 0.1%)

2 なければ 1 あろう, ない, ないし, ない階級, なくそう, なくて, なく判断意識, なく実は, 結局は

▼ 意識なし~ (11, 0.1%)

2 には不可能 1 に, におろか, にした, には義務, に文学, に書かれた, に窪田, に行, に靜

▼ 意識~ (11, 0.1%)

1 [11件] と大衆, と読者, なるも, のもの, の勢力, は日清戦争, は現在, をさえ主張, をし, を再起, を開顕

▼ 意識せられる~ (10, 0.1%)

1 と共にその, と否, に過ぎなかった, ので, のである, までは長歌, ものと, 時が, 様に, 限りの

▼ 意識させる~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 ことなく, ために, にい, 動力は, 様に, 行為は, 表象とを

▼ 意識しよう~ (9, 0.1%)

1 がしまい, がため, といふ, としない, としまい, とする, とつとめた, とはせず, とは思わない

▼ 意識でなく~ (9, 0.1%)

2 てはならなかった, 身体を 1 これに対しては, 却って存在, 存在である, 自己意識が, 霊だった

▼ 意識とを~ (9, 0.1%)

1 あくまで区別, とてもたまらない, よみがえらして, 再構成, 媒介する, 必要と, 持って, 短絡させ, 語って

▼ 意識による~ (9, 0.1%)

1 んだ, モンタージュの, 写し, 回り道と, 国本科学などが, 実在の, 演劇価値の, 認識, 飼い方

▼ 意識~ (9, 0.1%)

1 どう関係, ふたたび連れ戻され, もしくは有, 一方に, 上せたの, 上ること, 取りもどそうと, 浮び上がりかかって, 這入る

▼ 意識されず~ (8, 0.1%)

1 にはおられない, に書かれた, に生き, また育つ, 一般に, 之に, 猟人姿の, 観照的理論として

▼ 意識せずし~ (8, 0.1%)

1 てかえって, てこの, て不道徳, て作り得る, て優越者, て唸り声, て女房子供以外, て深刻

▼ 意識といふ~ (8, 0.1%)

2 ものが, ものは 1 ことが, のは, やうな, 奴だらう

▼ 意識によ~ (8, 0.1%)

2 つて導かれた 1 つて, つて一つの, つて到達される, つて対象を, つて己が, つて緊張し

▼ 意識ばかり~ (8, 0.1%)

2 である, では 1 だ, でなく世間, でなく生活, 見たいなもん

▼ 意識への~ (8, 0.1%)

1 この歴史哲学的飛躍, 参入とかに, 反映は, 患いが, 推移である, 熱心な呼びかけ, 超越の, 超越は

▼ 意識自身~ (8, 0.1%)

1 がアカデミック, が初め, が自然科学者, である, であること, とは云う, の内, の歴史的発生

▼ 意識してる~ (7, 0.1%)

1 ものも, んじゃ, んだ, 以上に, 者の, 限りでは, 風も

▼ 意識せる~ (7, 0.1%)

2 と否 1 と意識, ものと, 力の, 錯覚, 間は

▼ 意識だけが~ (7, 0.1%)

1 あたかも独立, よみがえったと, タッタ一つ睡り後れ, 作られたに, 困りもの, 残った, 風車の

▼ 意識と共に~ (7, 0.1%)

1 たちまち篤, またその, 切り捨てられた, 古い, 姿形を, 愕きつ, 肉感性に

▼ 意識なき~ (7, 0.1%)

1 ときには, もの也と, 思想なりと, 時に, 時には, 時は, 衝動か

▼ 意識に対して~ (7, 0.1%)

1 そっぽを, でなく存在, 個人と, 多分の, 我々は, 最も敏感, 自然乃至

▼ 意識よりも~ (7, 0.1%)

1 もっと深い, より内側, 優って, 民族意識の, 深いところ, 無心が, 身体の

▼ 意識~ (7, 0.1%)

1 との関係, に拡大, に於, のもの, の世界, の半面, の理由

▼ 意識したなら~ (6, 0.1%)

2 ばかならず 1 ばもはや, ば女らしい, ば自分, 私は

▼ 意識するしない~ (6, 0.1%)

2 に関わらず 1 にかかわらず, に係らず, に拘らず, に拘らぬ

▼ 意識だけは~ (6, 0.1%)

1 あった, しっかりし, たしかにある, まだはっきりし, シャンシャンと, 動いて

▼ 意識でなけれ~ (6, 0.1%)

3 ばならない 2 ばならなくなる 1 ばならぬ

▼ 意識なる~ (6, 0.1%)

2 ものは 1 ものが, ものについて, ものの特殊, ものを

▼ 意識をも~ (6, 0.1%)

1 マルクス主義的範疇, 亦包括, 意味する, 懐かしめないこと, 生むの, 避ける本能

▼ 意識~ (6, 0.1%)

3 に於ける 1 には次第に, の生活, の資本主義的残滓

▼ 意識からの~ (5, 0.1%)

1 ものだろう, 形而上学的な, 比論や, 離脱なき, 飛躍は

▼ 意識しなかつた~ (5, 0.1%)

1 であらう恐し, にしろ, 事で, 位です, 恐しい

▼ 意識せられた~ (5, 0.1%)

1 は入唐後惠果和尚, もの, 技巧でなく, 日録な, 頃には

▼ 意識でしか~ (5, 0.1%)

2 ない 1 ないこと, なかった, なくて

▼ 意識において~ (5, 0.1%)

1 である, 主体は, 山河大地が, 成立する, 見なければ

▼ 意識にと~ (5, 0.1%)

1 つては, つて妥當する, つて抽象的である, つて自己の, つて言ひ

▼ 意識ほど~ (5, 0.1%)

1 つらい思い, ますます概念, 笑うべきもの, 美術家にと, 美術家にとって

▼ 意識をもって~ (5, 0.1%)

1 充満し, 創作を, 実在と, 称呼を, 説教を

▼ 意識以上~ (5, 0.1%)

1 に於, の宇宙, の我, の我と, を以て応

▼ 意識対象~ (5, 0.1%)

1 である, となる, に取り, は意識, は永遠

▼ 意識的自己~ (5, 0.1%)

1 ということ, に對, の内, の抽象的意志, を否定

▼ 意識統一~ (5, 0.1%)

1 というもの, としてなり立つ, においても現在, によって考え, の根底

▼ 意識~ (4, 0.0%)

3 無意識か 1 そういう主観そのもの

▼ 意識こそ~ (4, 0.0%)

1 せねこれ, 存在である, 尊い意識, 真の

▼ 意識~ (4, 0.0%)

1 へまだ, へ伴, へ思ひ浮べる, へ朦朧

▼ 意識されなかった~ (4, 0.0%)

1 のであろう, のにすでに, 多産的作品と, 感情の

▼ 意識されぬ~ (4, 0.0%)

2 にせよ 1 表象である, 計画されぬ

▼ 意識されね~ (4, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ

▼ 意識され得る~ (4, 0.0%)

1 か, のだ, ような, 処の

▼ 意識しか~ (4, 0.0%)

1 与えられて, 分らない, 持たぬ生物, 持ち得ない処

▼ 意識したる~ (4, 0.0%)

1 ものを, 事柄あるいは, 刹那の, 論争である

▼ 意識しはじめた~ (4, 0.0%)

1 ということ, のは, のよ, やうな

▼ 意識すれ~ (4, 0.0%)

4 ばする

▼ 意識せしめる~ (4, 0.0%)

1 ことによって, までにくり返された, 媒介は, 底の

▼ 意識せぬ~ (4, 0.0%)

1 冷酷, 場合が, 意志が, 迄も矢

▼ 意識せね~ (4, 0.0%)

3 ばならない 1 ばならぬ

▼ 意識など~ (4, 0.0%)

1 そんなもの, なさそう, 余り挑発も, 少し混濁

▼ 意識にとって~ (4, 0.0%)

1 いわば構成的, 何より気に入った, 最も受け容れ, 最も重大

▼ 意識~ (4, 0.0%)

1 である, としての本質, としての自分, の人生

▼ 意識或は~ (4, 0.0%)

3 無意識の 1 無意識に

▼ 意識朦朧~ (4, 0.0%)

1 とし, となっ, となり, となりかかっ

▼ 意識させ~ (3, 0.0%)

1 しかもその, てくれた, 彼の

▼ 意識させた~ (3, 0.0%)

1 のである, のは, 対立物は

▼ 意識させられ~ (3, 0.0%)

1 ていや, てからというもの, てしまった

▼ 意識しすぎ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て孤独, 対立感を

▼ 意識しすぎた~ (3, 0.0%)

1 ことの, のである, 表現に

▼ 意識しなくなっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てきた, て来た

▼ 意識しはじめ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てしまふ

▼ 意識すなわち~ (3, 0.0%)

1 これ死後の, イデオロギーは, 他の

▼ 意識すら~ (3, 0.0%)

1 なかった, 地上から, 無しと

▼ 意識その~ (3, 0.0%)

1 あととり息子としての, 内容形態を, 意識の

▼ 意識それ~ (3, 0.0%)

1 は存在, を彼ら, を確立

▼ 意識だけで~ (3, 0.0%)

2 俺には 1 出来る区別

▼ 意識だけでも~ (3, 0.0%)

1 あつた, ない, 既に重荷

▼ 意識づい~ (3, 0.0%)

1 てきた, て急, て身

▼ 意識であった~ (3, 0.0%)

1 ことを, とみえる, 場合

▼ 意識でない~ (3, 0.0%)

1 からと云っ, ことが, ものの

▼ 意識とともに~ (3, 0.0%)

1 すっかり変った, 古い, 表面に

▼ 意識などでは~ (3, 0.0%)

1 ない, ない却って正に, なくて

▼ 意識なり~ (3, 0.0%)

1 優越感なりに, 民族精神の, 観念

▼ 意識についても~ (3, 0.0%)

1 つねにこの, 云へる, 意識する

▼ 意識にとっては~ (3, 0.0%)

1 この日常生活, 眞實である, 絶対的な

▼ 意識のみが~ (3, 0.0%)

1 他の, 思想の, 消え失せて

▼ 意識または~ (3, 0.0%)

1 区別の, 精神で, 精神的本質である

▼ 意識もしくは~ (3, 0.0%)

1 体験が, 本能の, 類似の

▼ 意識を通じて~ (3, 0.0%)

1 反ソヴェート的政治行動, 独占, 観念的に

▼ 意識主観~ (3, 0.0%)

1 の知恵, は観念的, を離れ

▼ 意識出来る~ (3, 0.0%)

1 ということ, 敏感さを, 眠さ

▼ 意識即ち~ (3, 0.0%)

1 今その, 感覚そのものに, 虚偽を

▼ 意識及び~ (3, 0.0%)

1 其の惰性, 感情に, 文化的意識を

▼ 意識喪失~ (3, 0.0%)

1 になった, の下, の状態

▼ 意識感覚~ (3, 0.0%)

1 の各, の森羅万象, を取纏める

▼ 意識或いは~ (3, 0.0%)

1 先験的意識と, 又生活意識, 自覚によって

▼ 意識文学~ (3, 0.0%)

1 について, への転換, を認める

▼ 意識水準~ (3, 0.0%)

1 の低い, の高い, は高度

▼ 意識的統一~ (3, 0.0%)

1 が成り立つ, というもの, の体験

▼ 意識過剰~ (3, 0.0%)

1 である等々, という奴, な私

▼ 意識がま~ (2, 0.0%)

1 はつて, はる

▼ 意識されなかつた~ (2, 0.0%)

1 から今日, 一種の

▼ 意識したい~ (2, 0.0%)

1 と思っ, 理想を

▼ 意識しだし~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て我

▼ 意識しないらしい~ (2, 0.0%)

1 が俺, 行動に

▼ 意識しなく~ (2, 0.0%)

1 てよかっ, とも易行道

▼ 意識しなくなる~ (2, 0.0%)

1 ために, 時が

▼ 意識しました~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 意識し出し~ (2, 0.0%)

1 てからは茶, てからもなお

▼ 意識し合った~ (2, 0.0%)

2 上では

▼ 意識し得る~ (2, 0.0%)

1 強さ, 時間や

▼ 意識し過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てその, て一種

▼ 意識せられむこ~ (2, 0.0%)

2 とを求むる

▼ 意識だった~ (2, 0.0%)

1 かも知れなかった, から少し

▼ 意識つまり~ (2, 0.0%)

1 観念, 魂や

▼ 意識づいた~ (2, 0.0%)

1 万吉の, 時は

▼ 意識づく~ (2, 0.0%)

1 とあたり, と彼

▼ 意識づけ~ (2, 0.0%)

1 ている, て一つ

▼ 意識であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ以外, て経験

▼ 意識できる~ (2, 0.0%)

1 ぐらいになった, もので

▼ 意識とかいう~ (2, 0.0%)

1 のである, 問題も

▼ 意識とかが~ (2, 0.0%)

1 問題と, 彼等の

▼ 意識とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, 言おうか

▼ 意識とによって~ (2, 0.0%)

1 世を, 限定された云わ

▼ 意識とも~ (2, 0.0%)

1 つかない不思議, 言ふべき

▼ 意識なぞ~ (2, 0.0%)

1 が吾輩, は要らなかった

▼ 意識などに~ (2, 0.0%)

1 妨げられて, 蝕ば

▼ 意識などは~ (2, 0.0%)

1 まったくない, 全然ない

▼ 意識にだけ~ (2, 0.0%)

1 囚われた文学, 生きる人々

▼ 意識にな~ (2, 0.0%)

1 つてお, つて子孫に

▼ 意識にの~ (2, 0.0%)

2 ぼつて

▼ 意識によっては~ (2, 0.0%)

1 マルクス主義とは, 決定されない

▼ 意識によつ~ (2, 0.0%)

1 て苦しめられた, て騙された

▼ 意識に対する~ (2, 0.0%)

1 呵責する, 懐疑と

▼ 意識に関する~ (2, 0.0%)

1 ことと, 唯物論でなけれ

▼ 意識のうへに~ (2, 0.0%)

1 浮んだもの, 浮上つ

▼ 意識のみ~ (2, 0.0%)

1 あつて, ならず一般社会

▼ 意識やを~ (2, 0.0%)

1 思いおこして, 意味する

▼ 意識をば~ (2, 0.0%)

1 夫が, 直接に

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 失ッテイル最中ニ何ヲサレタカ知ラナイハズナノデアルカラ, 持ッテイルノデアル

▼ 意識並びに~ (2, 0.0%)

1 その道徳, 鑑賞力の

▼ 意識中心~ (2, 0.0%)

2 の推移

▼ 意識以下~ (2, 0.0%)

1 の我, の我也

▼ 意識全体~ (2, 0.0%)

1 にひろがっ, にひろがり

▼ 意識其の~ (2, 0.0%)

1 他の, 他其の

▼ 意識出来ない~ (2, 0.0%)

1 のであっ, ほどむしろ

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 がバラバラ, とをピッタリ

▼ 意識化す~ (2, 0.0%)

2 と夫

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 それを, 多少能力心理学的

▼ 意識又は~ (2, 0.0%)

1 社会運動は, 階級性の

▼ 意識哲学~ (2, 0.0%)

1 に終る, は生命

▼ 意識喪失症状~ (2, 0.0%)

1 で精神病, なんか起し

▼ 意識回復~ (2, 0.0%)

1 した, した時

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 とやらの君, にされたる

▼ 意識思想~ (2, 0.0%)

1 をその, を開顕

▼ 意識恢復~ (2, 0.0%)

1 して, し全般

▼ 意識態度~ (2, 0.0%)

2 が確立

▼ 意識機能~ (2, 0.0%)

1 の内, を帯び

▼ 意識発生~ (2, 0.0%)

1 の契機, の根源

▼ 意識百方~ (2, 0.0%)

2 に分裂

▼ 意識的作物~ (2, 0.0%)

1 ではありません, に止め

▼ 意識的努力~ (2, 0.0%)

1 には限度, を命ずる

▼ 意識的工夫~ (2, 0.0%)

2 に依存

▼ 意識的構成~ (2, 0.0%)

1 と無意識的構成, を避

▼ 意識的生活~ (2, 0.0%)

1 というもの, は愛

▼ 意識的發動~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, の外

▼ 意識的目的~ (2, 0.0%)

1 を有し, を有した

▼ 意識的藝術活動~ (2, 0.0%)

1 の極度, の缺點

▼ 意識的虚偽~ (2, 0.0%)

1 ではなくし, は少く

▼ 意識的語源論~ (2, 0.0%)

1 の発生, は多く

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 が不完全, が検討

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 に浮, に現われたる

▼ 意識~ (2, 0.0%)

1 が擡頭, と呼ぼう

▼ 意識連続~ (2, 0.0%)

1 と一致, を自由

▼ 意識障害~ (2, 0.0%)

1 の発作, を起し

▼1* [309件]

意識あっての働き, 意識ありて入る, 意識あるべしこれ不合理である, 意識いかんにかかわらず, 意識および記憶の, 意識からしか生じない, 意識からは思い切って, 意識からも形而上学的な, 意識がかりそめの存在, 意識がのさばつてゐ, 意識がはッきりする, 意識がわりにはっきり, 意識こそが唯一の, 意識この現世の, 意識さえもして, 意識さすためむやみに, 意識させずただ端的, 意識させないパッと, 意識させようとした, 意識させられるのである, 意識させられるであろうし同時に, 意識させる役に立っている, 意識されたならばたとえ, 意識されたる動機であるであろう, 意識されなければならない, 意識されるならば権謀, 意識されるべきである処の, 意識され出すと或, 意識され得ないものを, 意識され語られている, 意識しえたゆえ悦ん, 意識しかねている, 意識しすぎてはいけませんしまた, 意識しすぎるということ, 意識したいならばルネサンス期, 意識したうへ併, 意識したくはなかつた, 意識したらしいものが, 意識したら言い知れぬ凄しさ, 意識しだすというそんな, 意識してかせずしてか, 意識してない何か, 意識してやればやる, 意識しないであろうまた意識, 意識しなかったであろうがしかし, 意識しなかった考えてみなかった, 意識しなきゃいけないみたいで, 意識しなずに高い, 意識しはじめるように, 意識しまいとしてどんなに, 意識しますことそれが, 意識し合いつつ考え, 意識し合っている, 意識し始めていた, 意識し始めたのです, 意識し尽せぬ深い天然, 意識し得ないようである, 意識し得なかった彼自身の, 意識し直すのだった, 意識し苦しむのだ, 意識し過ぎるくらい意識, 意識するではなく, 意識するならまだ二義, 意識する光りが彼, 意識する如き特別の, 意識せしめそれに, 意識せしめた功績は, 意識せしめられのつ, 意識せずあげて私, 意識せず生きるという事, 意識せなんだ, 意識せないのである, 意識せぬでもない, 意識せらるるのは, 意識せられざる満足として, 意識せられず長所だけで, 意識せられないほどにそれ, 意識せられなくなる日が, 意識せるといなとは別, 意識そして整理された, 意識そのもの以外のすべて, 意識それらは伸子, 意識それ自体にいろいろ, 意識それ自身ではなく, 意識たらしめる処の, 意識だけでは, 意識だけといふちよッと, 意識だけになりきって, 意識だけを身に, 意識だってよくは, 意識だつたかそれとも, 意識だの感情だの, 意識づけたということ, 意識であったればこそ成り立つ, 意識であろうとも個人的意識, 意識できない程度である, 意識ですね, 意識で無ければこそ純粋, 意識というか戦闘気分といった, 意識というは人々の, 意識といったものすら, 意識とから取り上げられる, 意識ときには身體が, 意識とさえ云うこと, 意識としてしかないの, 意識としては意識しない, 意識とだけ云っては, 意識とにもとづく工藝, 意識とやらの買収費だ, 意識どころでは, 意識ながらそれが, 意識なされていた, 意識などで生活そのものは, 意識などというものに, 意識などのためよりも, 意識などを以て之に, 意識なら一向邪魔, 意識ならぬものに, 意識なりは今日とは, 意識なんぞ意識しない, 意識なんてものぢや, 意識なんらの認識, 意識においてかやうな, 意識においてこそ体言, 意識においては第一版, 意識においてもその種, 意識における諸要素, 意識にさえ上らないほど, 意識にしかのみ生きない教師等, 意識について理解しよう, 意識にのみ囚われない限り, 意識によっても分るであろう, 意識によるかどうかは, 意識によるとか経世の, 意識に迄ということに, 意識のうへにのぼつて, 意識のみには基づかぬの, 意識のみは当然かかる, 意識はかの野宮, 意識はどつちみち人, 意識へと移行する, 意識ぼんやりしてて, 意識まではさめきれず血管, 意識までも自らちがいを, 意識までを引つ掻き, 意識めいた悔いだけが, 意識やがある, 意識らしい意識さえ, 意識わたしの頭, 意識をさえ取り返したならば, 意識をもってはどうとも, 意識を通してそれが, 意識を通じての出来ごとである, 意識ガハッキリシテ来ルニ従イソノピイピイト云ウ声ガ現ニ佐々木看護婦トベッドヲ並ベテイルコノ部屋, 意識シテイナイノカモ知レナイガ自分デハ若イ二人, 意識トラクタードクラード古きもの, 意識ハッキリして, 意識ホガラカとなった, 意識モーローたるフリ, 意識上一等根本的な区別, 意識上明かに目的, 意識下的なもの, 意識不可抗的ってどんな, 意識不通になった, 意識中枢が先ず, 意識主義は克服, 意識主義的に個人主義的, 意識は社会, 意識が情想, 意識人類の内容, 意識以前の状態, 意識伝達としての知性的デフォルマシヨン, 意識が美しい, 意識作業に従事, 意識作用的であると, 意識価値批判とでもいうべき, 意識界を, 意識全般を支配, 意識其他に関する処, 意識内容一切を理論, 意識内容以外の或, 意識再現の機会, 意識出来なかったほど混乱, 意識分析の狭い, 意識分析文学の時代, 意識て心内, 意識原罪の追放, 意識その連続, 意識同志の連絡, 意識哲学全体の淵源, 意識哲學的意識であ, 意識喪失後に於, 意識喪失後絞首したるもの, 意識喪失状態に刑法, 意識喪失者は精神病患者, 意識国家意識をもともと, 意識圏内に浸入, 意識失うてたのん, 意識の最後, 意識学力記憶力聯想観念注意力判断力感情興奮性等に関していろいろ, 意識官尊民卑思想其他いろいろな言葉, 意識客観と主観, 意識封建的因襲生産技術の幼稚さ, 意識形式たる信仰, 意識形態相互の間, 意識形態論としての, 意識復古主義はつまり, 意識意識の過剰, 意識感情まで代表, 意識は没し, 意識ひは, 意識戦争と力, 意識推移の原則, 意識教師意識をすてさせる, 意識日本社会の文化上, 意識昏睡状態なぞいう, 意識時間を休ませる, 意識概念使用の権限, 意識構成派にミザンセエヌ, 意識様式を悉く, 意識機關を有し, 意識殊に理性に, 意識民族感情についてのさまざま, 意識民族精神の拡充, 意識活動の多数, 意識深く人々に, 意識混沌とし, 意識混濁状態だったの, 意識溷沌に陥り, 意識溷濁的心理状態の秘密, 意識滅下人天不生, 意識物質的に規定, 意識理論の単なる, 意識生じて主, 意識生活を小娘, 意識生活意識そのものがやはり, 意識甲斐がある, 意識界無意識界の変化, 意識発達の段階, 意識発露の一相, 意識登山技術のみをもっ, 意識的プロレタリア文学の作品, 意識的マルクス主義の文学全体, 意識的モメントとしてとらえた, 意識的介在なしに, 意識的仕事でなければ, 意識的作家にさせよう, 意識的作用を論じ, 意識的個人的主観的の詩的述作, 意識的分子は進ん, 意識的切断面を有, 意識的努力的なる愛, 意識的動向なる道徳性, 意識的反映であるにも, 意識的商人化はまだ, 意識的善行は潜在的善智, 意識的存在であること, 意識的思想と実際, 意識的態度は俄, 意識的時間やブルジョア社会機構, 意識的暴露はルナアル, 意識的段階を無視, 意識的活用其他が啓蒙活動, 意識的状態を経過, 意識的理性の拘束, 意識的画策から成った, 意識的精神作用が熟睡, 意識的統制現象ではない, 意識的自覚こそ大衆, 意識的藝術活動そのものをも棄て去, 意識的行為がそう, 意識的計画的に奉天軍閥, 意識的語原論に外, 意識的誤りとしての, 意識的説話構成の契機, 意識的象徴によって語られた, 意識的追求である, 意識的連想の活動, 意識的運動であると, 意識的違反から発生, 意識的階級的立場に教育, 意識的顧慮は多く, 意識目的とし, 意識真面目な期待, 意識知情意などは少し, 意識知覚が行われぬ, 意識神経の緊張, 意識空間の意識, 意識等々が或いは, 意識かも自ら, 意識自分の来た, 意識自己の存在, 意識致してはおりません, 意識若くは體驗, 意識行動なること, 意識行為であるという, 意識表象として現れ, 意識形態を, 意識責任の感, 意識跳びかかッて, 意識近代的民主主義の自覚, 意識剩にな, 意識選択ではなく, 意識閾下に壓, 意識面的であり我々, 意識面的形成として知識, 意識面的形成的に即ち, 意識革命をしたい, 意識革命進行の具体的