青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「快活~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

忘れる~ 忙しい~ 応~ ~応じ 応じ~ 応用~ 忠~ 忠告~ 忠実~ 快く~
快活~
~念 念~ 念仏~ 念入り~ ~忽ち 忽ち~ 怒~ ~怒っ 怒っ~ ~怒り

「快活~」 1569, 16ppm, 6973位

▼ 快活~ (545, 34.7%)

24 調子で 12 声で 9 声を 6 声が 5 調子に 4 口調で, 微笑を, 様子を, 笑ひ, 調子を

3 [12件] 人に, 印象を, 口調に, 娘の, 心に, 心の, 性質を, 晴れやかな, 様子で, 気分に, 気分を, 顔を

2 [30件] ところが, どこか, 人です, 何物へも, 少女を, 崇高な, 微笑が, 性質であった, 愛想の, 方で, 歌を, 武村兵曹, 気持で, 気持に, 気質の, 泣き言などは, 湿りの, 無邪気な, 瑠璃子は, 生活の, 聲が, 聲で, 聲を, 自然な, 親しみの, 言葉と, 輝きを, 音を, 風で, 黄色を

1 [373件] あの健康, あの娘, あるいは悲しい, あるいは陰鬱, いい娘, いい気持, いつもの, うれしそう, おもしろい方, お久美, お姿, お方です, お方と, お松が, お饒舌, ざわめきが, しかし恐らく大して, しっかりした, たましい, ところと, ところも, のかと, ので剽軽者, のに, のにさも, のは, はきはきした, は斯, ふうで, ふうを, ほうでありました, また恐ろしい, みずみずしさ, みどり色で, むさ苦しいなりを, むしろ愉快そう, ものである, ものであろう, ものと, ものまた, ものも, ようすを, わざとらしくなく飛び出し出た, アントアネットは, イベットの, インゲが, インゲの, インゲは, インゲを, インゲ・ホルムに, エミー・イィシュトンの, テナア, ピアノの, フラッパーな, プラットの, 一人の, 丈夫な, 三十歳位の, 三浦自身は, 中爺さんと, 丸い風貌, 久慈の, 事と, 事を, 二十面相に, 五六人の, 人が, 人だ, 人だった, 人でありました, 人物で, 人間だった, 人間と, 仕事を, 会話を, 佐賀男だ, 何かが, 光を, 六月の, 冗談を, 冗談口の, 冬の, 冷静さに, 労働にも, 勇気と, 勇猛心を, 半面を, 友だちと, 叔父が, 口ぶりで, 口笛を, 古代の, 可愛い性質, 可愛らしい処, 同じ鐘, 同年配, 品の, 唄を, 唇の, 唱歌を, 嘲笑を, 土佐の, 声だ, 声である, 声に, 声は, 夜明けの, 夢と, 大きい眼, 大声の, 大尉には, 大聲, 太い聲, 奇怪な, 女だった, 女であっ, 女であった, 女である, 女の, 女を, 女中それだけが, 女売子, 女学生の, 女性が, 女性だった, 奴で, 好男子ダニューヴの, 妹にとっては, 妹は, 妹も, 妻傲慢で, 姉の, 姿を, 娘たちの, 娘でなく, 娘に, 娘は, 娘達だ, 婆さんが, 子だ, 子で, 子に, 子供たちにのみ, 家へ, 寧ろ騒々しい, 小さな男, 小林君が, 小柄な, 小男で, 小鳥の, 少女で, 少女の, 少年たちでした, 少年で, 少年に, 少年の, 尼だった, 希望の, 幼な, 彼に, 御気性, 微笑の, 微笑ひも寛大な, 心からよりも, 心が, 心で, 心であり, 心もちを, 心を, 性格の, 性格も, 性質から, 性質で, 性質であります, 性質と, 性質の, 情緒が, 愉快な, 意見を, 愛が, 愛らしさ, 愛情の, 態度で, 態度であった, 態度である, 態度を, 懷しい, 我輩どもの, 所が, 抜目の, 放言にも, 散歩者らしい, 文章を, 斑も, 新しい生活, 方が, 方でした, 方方であり, 明るい人, 明るい性質, 明朗な, 時に, 晩を, 智慧, 最も樂天的, 朗らかな, 桂正一君の, 業が, 様子が, 様子などは, 様子に, 様子は, 樂天的な, 樣子を, 横顔は, 機知に, 正直な, 正義観でも, 母は, 気分であった, 気分には, 気分の, 気分は, 気持ちの, 気持ちを, 気象に, 気質も, 氣性にな, 汽車の, 活動好きな, 清爽さを, 無遠慮な, 無関心, 爆音に, 父すら, 爽やかな, 牧師夫人を, 犬と, 状態を, 率直な, 生き生きした, 生を, 生活, 田舎娘だった, 田舎娘で, 甲板士官は, 男が, 男だ, 男だった, 男で, 男であった, 男です, 男と, 男として, 男も, 男を, 癖に, 眼付から, 眼色を, 砲戦の, 磊落な, 社交的な, 空模様である, 窓必要だけの, 竹童の, 笑いごえ, 笑いだった, 笑いの, 笑いを, 笑い声であった, 笑い声に, 笑い声へ, 笑い声を, 笑い顔し, 笑ひだつた, 笑ひでただただ, 笑みを, 笑声が, 笑声であった, 笑声と, 笑声は, 笑声愛嬌ある, 笑聲を, 笑顔で, 笑顔を, 精神には, 精神を, 素質を, 紳士に, 美くしい, 美しい心, 群衆を, 老婦人, 背の, 自然の, 自然人らしい, 自由さが, 興奮した, 舞踏である, 舞踏ぶりに, 舟で, 色を, 若い声, 若い婦人, 若者である, 若者と, 若者は, 落ち着きと, 薄緑, 蜻蛉は, 行動が, 表情が, 表情と, 親しみを, 親切な, 言葉で, 言葉に, 言葉を, 詩人を, 話が, 話を, 語勢と, 調子の, 調子は, 諧謔を, 赤ン坊を, 赭ら顔の, 足どりで, 足取りで, 足音とを, 跫音と, 身の, 身ぶりで, 近代的な, 返事と, 返事を, 遊びを, 避暑地や, 金髪の, 雑談を, 青年が, 青年だった, 青年に, 青年の, 青年運転手でした, 面も, 面白い人, 音楽しか, 音調で, 響きである, 響を, 顔が, 顔つきに, 顔つきを, 顔で, 顔の, 顔は, 顔付で, 顔生真面目な, 顔色を, 風が, 風を, 風刺詩人, 飲酒家にな, 餘裕さへ, 饒舌に, 香を, 馬の背に, 騒ぎは, 高声, 高声で, 高慢な, 鳥は

▼ 快活~ (480, 30.6%)

21 なって 15 笑った 11 なった, 笑つた 9 して 8 言った 6 なつて, 口を, 笑って 4 した, 話して 3 しゃべって, なったの, なるの, 云った, 叫んだ, 挨拶した, 歩いて, 笑いだした, 答えた, 談笑し

2 [32件] いいました, いった, いろいろの, お前の, お笑, なったり, なつた, なつたり, なりました, なること, ものを, ピアノに, 云つた, 云ふと, 働いて, 働き, 働きたいもの, 呼びかけた, 声を, 笑いながら, 笑い出した, 笑う声, 笑つ, 言つた, 言つて, 話しかけた, 話した, 話を, 身を, 迎へ, 馳け, 馴

1 [285件] いうと, いきいきと, いって, いろいろな, うれしさ, おっしゃいました, お姉さん, お禮, お話なさる, かえって, こう言った, させること, しある, しいて, したこと, したもの, してる, してるかも, しました, しゃべりたて, しゃべりながら, しゃべり始めた, しや, しろつたつて, じよう談, するの, するもの, する知識, する術, せずに, そうして故意, それを, たじろがずに, つとめて気高く, なきました, なした, なったよう, なった友だち, なってるのみ, なにか西洋, ならうと, ならなくちゃ, なりいつも, なりこれから, なりたかつたから, なりますます, なります私, なりまた, なり僕, なり又, なり学業, なり能弁家, なり雨, なると共に, なるよりも, なれなかった, なれなければ, なれるもの, なろうと, はしゃぎました, はしゃぎ廻って, はなれません, はね回る, またたいて, みずから慰め, みちびこうとして, むしろ私, やるが, やるとは, やるよ, やろう, よくし, よく語る, わだかまりも, インガは, クリストフの, クリストフを, グラチアへ, ネーに, 一座へ, 七人の, 下手天幕の, 下松町の, 二人の, 云い添えるの, 云うの, 云って, 云ふ, 人気者として, 今日の, 会へる, 住し, 何か, 余分な, 健康に, 傍の, 働いたり, 働きたいと, 元気よく, 冗談を, 凡てを, 別れた, 剛健に, 勇ましく働い, 動き出した, 北支で, 十分ほど, 受け流した, 口元を, 叫びながら, 叫び散らし, 叫ぶ瞬間, 叫んで, 同じ答, 吻, 呑気に, 周囲を, 呼吸し得る, 喋り出した, 喋舌って, 喋舌り出す, 四方山の, 大津絵でも, 大鯛, 女へ, 妻の, 客を, 尋ねた, 左右に, 巫山戯るさま, 席を, 帰って, 引越しを, 彼と, 彼らの, 御談笑, 微笑んで, 心から歓迎, 応対した, 思い切った物言い, 思う, 恋を, 愉快に, 感染した, 成つて行つた, 成長し, 我々と, 手を, 打ち解けて, 承知した, 披瀝する, 拡がって, 持ちかけて, 挨拶を, 振る舞おうと, 振舞って, 振舞ふ, 握手し, 敬虔に, 新鮮な, 明らかに, 明るい生活, 晴れやかに, 暮して, 暮せよ, 札を, 次の, 歌ったの, 歌を, 此方を, 気軽に, 汽車から, 泳いで, 海の, 清新に, 温い頑強さ, 満ち足りて, 照子は, 熱心に, 甘ったれること, 生きるべきであろう, 用を, 病気とは, 癒る, 盗みを, 相槌を, 矢を, 矢代に, 砕けて, 磊落に, 私の, 種々なる, 立ち働いた, 立上った, 笑い, 笑い出す, 笑うこと, 笑うの, 笑ったが, 笑ったの, 笑ったり, 笑つたので, 笑つてゐた, 笑ひ, 笑ひました, 答えました, 答える, 答えること, 答えを, 答え返した, 答へ, 答へる, 素朴に, 終始きょう, 聟どのは, 肯定的に, 胸臆を, 自己の, 自白した, 致します, 色彩ある, 花園を, 葭から, 蝶の, 街頭を, 表の, 見えた, 見える, 見送りました, 言う, 言って, 言葉を, 訊いた, 訊ねた, 詩を, 話しかけたが, 話しかけながら, 話しかけました, 話したが, 話したり, 話しだした, 話しながら, 話し合って, 話し合つて, 話し続けた, 話し進めた, 語つた, 語りつづけて, 語りはじめました, 語り笑いいたして, 語ること, 語る勇気, 調子づいた, 談笑した, 謳ひ過さう, 赴きしは, 跳ねて, 跳ね廻つてゐる, 踊って, 踊つてゐる, 踊ること, 踊れよう筈, 躍り跳ねて, 輕, 輝き四肢, 返事する, 述べ立てた, 途中の, 遊び交はる, 遊ぶ日, 過ごして, 部屋を, 酔客の, 除けて, 陽気に, 隊を, 面白がっ, 頷いた, 頷いて, 飛んで, 飲み快活, 駈け出して, 骨身を, 鳴り渡るの, 鳴り響いて

▼ 快活~ (126, 8.0%)

2 はあった, はなかっ, 少しも, 愛想が, 無邪気で, 熱情的で, 磊落で

1 [112件] あつた, あつた事丈, あり得る為, いくらかか, おそらく春, おはねに, お転婆で, お転婆では, かつ鋭い, かんしゃくと, こだわりの, しかもその, そうしてちょっと, そしてまた独りぼっち, そして鹿, それで今, どっちかと, はある, はあるらしい, はない, はなく, まるで老人, もう三カ月, よくしゃべり, よろし, わだかまりが, アルプスを, カァセイジの, センチメンタリズムの, テンポ早い, 下男の, 丹波丹六は, 事もなげな, 交際上手な, 人に, 人には, 何かしら, 個人主義の, 健やかで, 健康で, 僕に, 元気そうだった, 元気だった, 元気で, 元気の, 元氣, 剽軽で, 動的でなく, 呑氣で, 声も, 多弁で, 大胆で, 常識も, 弁当箱の, 心に, 怜悧で, 思慮が, 情愛が, 愛と, 愛嬌の, 愛想の, 憧れ心地, 控え目で, 明るくて, 明るくどっしり, 朗かで, 朗かな, 朗らかで, 朦朧たる, 楽しいもの, 楽天家だった, 楽天的で, 正直で, 正直な, 気軽で, 洒脱で, 洒落気が, 激烈で, 無邪気である, 無邪気な, 無邪気に, 無邪氣, 無頓着な, 物に, 物の, 物を, 独特な, 率直で, 現在の, 男の子めい, 疲労という, 私も, 聡明で, 能く, 腹の, 自分の, 自由で, 自由な, 荒っぽくて, 蟠りが, 血色の, 親切だった, 親切懇篤な, 話し好き, 諧謔味を, 軽率であっ, 輕卒で, 陽気な, 面白い人, 靴下に, 顔立も, 鬱勃たる

▼ 快活~ (111, 7.1%)

43 のうち, を失った, を有 2 がその, と非常, には可, を予想, を失っ

1 [88件] があたり, がある, がこもってる, がエロティッシュ, が交じった, が加わり, が彼, が急, が見え, が起こっ, だ, でいろいろ, でからだ, です, ですらり, でもなけれ, で云った, で伸子, で健康, で出入口, で叔母, で声, で家, で彼女, で彼女等, で應, で柳秋雲, で桃子, で自嘲, で飛ん, と, とそして, とで鳥, とまた, とをそなえ, とをも持つ, とを失つて, とを巧妙, と希望, と明る, と活動的, と活発さ, と清新さ, と無頓着さ, などはついに, にかかわらず, にひきかえ, にも手, にも需め, によって知力, に不, に微笑み, に於, の上, の表情, の量, はずいぶん, はどこ, はやや, は世の常, は今, は曇らされ, は消え, も僕, も悲しみ, や騒ぎ回ってる, をすっかり, をそなえ, をまだ, をもっ, を一人, を以て彼, を作り上げる, を取りかえし, を取り戻した, を取り返した, を叱り, を失, を失わぬであろう, を奪, を抑制, を有し, を示し, を示す, を裝, を見せ, 喜ばしさ, 実によくわかります

▼ 快活なる~ (30, 1.9%)

2 微笑, 間にも

1 [26件] がごとく, に似ず, もの然, を知らざる, ヘレナ, 一事は, 世界と, 伯爵は, 先生とのみ, 兵曹は, 利益心と, 宗近家の, 実に驚く, 御聲, 性質を, 意気を, 欺罔者の, 武村兵曹が, 武村兵曹で, 武村兵曹も, 水兵の, 決して今世紀, 生計なり, 者が, 面を, 風景である

▼ 快活~ (27, 1.7%)

2 した調子, 憂鬱とが, 憂鬱の

1 [21件] いったって, いふよりも, それから傲慢, なり宿命的, なり顏色, 世に, 元気との, 元氣, 光明とに, 冷笑とを, 卓子と, 単純とが, 幸福とが, 暖かさ, 機才とが, 浮薄, 浮薄とは, 皮肉と, 私の, 純情を, 誇りと

▼ 快活~ (27, 1.7%)

2 発作

1 [25件] うちに, ために, なんたる, ふうを, 中に, 光りは, 光景を, 合間に, 境地には, 奉仕は, 女で, 徳を, 性情を, 性行を, 性質でありました, 気は, 気分を, 気象我失行を, 気風を, 氣象我失行を, 発作や, 精神を, 翼が, 調を, 運動を

▼ 快活~ (26, 1.7%)

3 装って

1 [23件] とりもどした, もって, よそおいほんの, よそおわねば, 可愛が, 呼びもどそうと, 失つたあめいろ, 好む日本人, 引き出し町, 得たり, 感じて, 感ぜずんば, 持って, 振舞ふ, 添加した, 減ずと, 衒つ, 装いながら, 装うて, 装うの, 装う半面, 装った言葉, 裝うて

▼ 快活そう~ (22, 1.4%)

3 に言った 2 な少年, な老

1 [15件] だった, でひどく, な声, な娘, な様子, な細君, な血色, な青年, にお喋り, に唄い唄い, に断言, に歩き過ぎる, に笑っ, に笑った, に見えた

▼ 快活である~ (8, 0.5%)

1 うちにも, がぎょろりと, が針葉樹林, ことは, だけそれだけ, だけ少く, ということ, と共に真面目

▼ 快活~ (7, 0.4%)

1 ウェルテルの, 力説する, 単に愉快, 娼婦の, 彼らの, 消えて, 火薬で

▼ 快活らしい~ (7, 0.4%)

2 様子を 1 ばかり共に, 元気な, 声に, 朗らかな, 白い唖

▼ 快活~ (6, 0.4%)

1 つて無頓着を, 却って私, 時にやり切れなく, 由来した, 砂地に, 防府で

▼ 快活~ (6, 0.4%)

1 つたと, つたのである, つた昔の, のに雰囲気, 日本のは, 然しカアライル

▼ 快活であり~ (6, 0.4%)

1 また希望, やすい友人, 他は, 卑屈でない, 暢気であった, 気が

▼ 快活とを~ (6, 0.4%)

1 以つて之を, 失ったもの, 奮い起こせば, 幾分なりとも, 撒き散らして, 生みそして

▼ 快活さうな~ (5, 0.3%)

1 少女の, 少年にな, 少年を, 男で, 細君が

▼ 快活だった~ (5, 0.3%)

1 あのかわいらしい, しそれ, その気性, ふじ子は, 次郎が

▼ 快活であった~ (5, 0.3%)

1 からもう, がやる, ことを, ということ, のだろう

▼ 快活さうに~ (4, 0.3%)

1 あたま, してた方, よく喋った, 歩き過ぎるの

▼ 快活らしく~ (4, 0.3%)

1 なつた, 笑つた, 笑つて, 腕組を

▼ 快活~ (4, 0.3%)

2 の盛り場 1 という盛り場, 第一

▼ 快活~ (3, 0.2%)

1 微笑や, 楽しみや, 社交生活を

▼ 快活楽天~ (3, 0.2%)

1 なる国民, の国民, を以て国民

▼ 快活さうに笑つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐる

▼ 快活であっ~ (2, 0.1%)

1 てずるい, てほしい

▼ 快活でも~ (2, 0.1%)

1 あり友情, なく中途半端

▼ 快活なり~ (2, 0.1%)

2 伯は

▼ 快活にさえ~ (2, 0.1%)

1 なる, 見える父

▼ 快活には~ (2, 0.1%)

1 ならない様, なれなかった

▼ 快活~ (2, 0.1%)

1 やがて奪い去られ, 憂欝

▼ 快活らしく笑っ~ (2, 0.1%)

1 て, て最早

▼ 快活的論派~ (2, 0.1%)

1 とも言うべき, をもって誘導

▼1* [78件]

快活かくのごとき, 快活に仕事, 快活さうにふつてみせた, 快活さうに元気よく歩きました, 快活さうに振舞ふ, 快活さうに言つた, 快活さすべてそれら個々のもの, 快活さそのものが一つ, 快活さ彫刻のよう, 快活さ自信加うるに, 快活さ自由さがあった, 快活すぎるほど快活, 快活その機智その, 快活でありましたからすべて, 快活であれば猶, 快活でうぬぼれてい, 快活でした併し, 快活でないとしてもあの, 快活でなかったが帰途, 快活とか一般の, 快活とから成ってるもの, 快活とにあふれ次に, 快活との統一を, 快活とは友人に対する, 快活なあけっぱなしな, 快活なさばけたところの, 快活なしかも疲れた, 快活なしらべで歌い, 快活などを彼は, 快活な世慣れた勉の, 快活な太った一人の, 快活な抑えきれないような, 快活な生きるよろこびのよう, 快活にたいする嗜好子供らしい, 快活になつてゐた, 快活にもなった, 快活らしくよそおってはいた, 快活らしく微笑むで右手を, 快活らしく答えるのであった, 快活らしく聞こえていた, 快活らしく装い髭の, 快活メートルの下降, 快活三郎とは民間, 快活且つ近代的である, 快活健全なクラフト家, 快活優美な小さな, 快活勇気は知力, 快活大胆とが微妙, 快活奔放當たるべからずと, 快活恬淡にし, 快活恬淡禪僧に近い, 快活憂鬱謹厳戯謔さまざまの心持, 快活明敏な令嬢, 快活とある, 快活柔順よりは才発, 快活民権派の泰斗, 快活民権論ともいうべく, 快活民権論派に合し, 快活な調子, 快活洒落の人, 快活淡泊な顔つき, 快活清く正しく且つ強く, 快活無比の奥さん, 快活無邪気陽気で健康, 快活生命躍動の一幅, 快活の一派, 快活的民権派に新しき, 快活真面目であって, 快活糸菜の優美, 快活自分勝手にとびだし, 快活自由の天地, 快活艶麗な柔, 快活豪奢な婦人ら, 快活豪放であった, 快活豪放皮肉の超凡, 快活豪爽なる東洋流, 快活軽敏なこの, 快活辛辣が生じ