青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「当っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~強く 強く~ 強情~ 強烈~ 弾~ 弾丸~ ~彌 彌~ 当~ ~当っ
当っ~
~当て 当て~ 当の~ 当り~ ~当る 当る~ 当人~ 当分~ 当局~ 当惑~

「当っ~」 2801, 28ppm, 4191位

▼ 当っ~ (2519, 89.9%)

115 いた 108 いる 57 いるの 32 いると 24 いるかも 23 いて, いるか 20 いるよう, みると 19 見ると 18 いたの 15 いない, みよう 13 みて 12 私は 11 いること, いるので 10 いるだろう 9 いたので, 吾 8 いたから, いたよう, みたが, みること 7 いるらしい, みましたが, みましょう, みるが 6 いたが, いたこと, いないと, いなかった, いました, います, いるから, いるし 5 いたし, いるが, いるところ, これを, それを, みた, みました, みれば, 人の, 来る

4 [11件] いよう, いるうち, いるであろう, おります, きた, みようか, みる, 一つの, 来た, 砕けろだ, 行った

3 [28件] いたか, いたため, いても, いないかも, いるそう, いるという, いるとは, いるもの, いる所, いる時, おりました, それが, みたん, パッと, 何か, 多少の, 居る, 居るの, 彼は, 急に, 砕けろと, 自分の, 落ちた, 行くよう, 見たが, 見たの, 見れば, 非常に

2 [86件] いたでしょうか, いたと, いたという, いたとしても, いないとは, いないの, いなかったの, いましたから, いますから, いますけれど, いるでしょうか, いるでは, いるとき, いるはず, いるん, いる人, いる人達, おらぬと, おられる, おりましたから, おる者, くだけて, くだけろ, くだけろという, くれい, ここに, これが, しまうと, しまったの, そこから, その運動, それた, どのよう, みたところ, みては, みな, みましょうか, みようと, みようという, みるの, みるん, もし一定数, 下すった, 下へ, 人声が, 今の, 何よりの, 初めて気, 即死した, 右へ, 多数の, 奥様の, 居た, 居たが, 居て, 居りますね, 居ると, 左の, 平行線の, 当時の, 彼の, 必然的に, 必要な, 来たの, 来たので, 次の, 死んだの, 死んで, 異様な, 砕けるという, 砕ける波, 硝子窓が, 私に, 第一, 箒星が, 落ちて, 著者が, 行くと, 見なければ, 見ました, 見ること, 諸君は, 負傷した, 音を, 食卓の, 鳴る音

1 [1497件 抜粋] ああし, あたりに, あらかじめ打合わせ, いいか, いかなる立場, いたかい, いたけれど, いたその, いたのに, いたらしいの, いた事は, いた佐々, いた外科, いた巡査, いた後側, いた朝日, いた硝子天井, いた近侍永井, いた馬岱, いって, いないこと, いないでも, いないとも, いないよう, いない場合, いなかったこと, いなくは, いますかね, いますので, いませぬぞ, いままで, いよいよ菩提寺, いられること, いるかと, いるけれども, いるため, いるであろうが, いるな, いるに, いるほう, いるらしいが, いるらしい弁護士, いるわけ, いる一座, いる事柄, いる兄弟, いる出羽, いる壁, いる女事務員, いる懇話会員, いる時分, いる村, いる点, いる由, いる積り, いる縁先, いる茂庭家, いる諸, いる門, いる隊, いる駅前, いろいろしらべた, いわゆる黄金截, おおよそ五, おきたい人間, おって, おらぬしかも, おられますが, おられるという, おりましたが, おりますところ, おり一面, おり自然, おるに, おるやも, お君, お目, かかる遠い, かちりと, かの正宗菊松, がさがさと, きたの, きながら, くる, くるの, くれたの, くれるなど, けん, ことによれ, この一票, この初一念, この年, この本文, この精神, この見解, これだけの, ころころと, ごらんに, さらに一大輪, しかも布, しまいました, しみじみ彼, すべての, すり向けた, そう随意, そこに, そのほか, その冷, その国, その屈折, その応急手段, その条項, その相手, その策, その霰, それに何, そんな見えすいたこじつけ, たった一日, て下さい, とられる一つ, どこに, どれほど, なんら批評, はっとする, はるばる都, ひそかに, ひどく痛かっ, ぶらぶら遊ん, ぼくは, まさに覆らん, まずこの, まず作中, まず場所, またその, まっしゃろな, みごとに, みたけれど, みたまえ, みた具合, みた蒲生氏郷父子, みないうち, みない事, みなければ, みねば, みますから, みるか, みるつもり, みる必要, みろと, もう一度遊学, もし旅人, もっと痛切, もはや開国, やがて司法主任, やはりあの, やるよう, ゆく, ゆくには, ゆく種類, よく中央, より多く, わが山口貞夫君, われわれは, ゐること, イケない, カタンと, カトン岬見物の, ガタリと, キラキラと, ギラギラと, シナ人の, ダラリと, テキパキと, ドウードッと, バッタリと, バリンバリンと, ピンと, フロイスは, プルーストは, ポコンと, ミシンを, ヨーロッパの, ワーとも, 一と, 一万人の, 一大爆音が, 一家狂喜し, 一抹の, 一旒の, 一時パッ, 一流二流どころの, 一種の, 一箇の, 一言を, 七兵衛の, 上は, 上杉方に, 不合理, 不遠慮, 両後見, 中庸堂は, 乗りあげた舳, 予想以上の, 事を, 二三十人の, 二枚の, 五穀が, 人間が, 今まで, 今夜という, 今日の, 今私に, 他へ, 以上の, 伊之助の, 伝染病や, 何かと親しく, 何よりも, 何処という, 何故, 何等一点の, 作中人物と, 佳人は, 例えば五人, 信吉は, 健全なる, 僕等自身の, 元の, 先ず中国, 先ず眼, 先祖伝来門外不出の, 公人だ, 兵隊です, 具体的条件として, 凡手の, 出来るだけ, 刀尖, 初めて日本, 制使十名を, 割合に, 力戦し, 助力を, 動悸し, 勿論国家, 半兵衛が, 単に一定数, 危峭天を, 参るが, 叔母が, 古賢, 史之を, 右の, 各方面, 同盟者をさえ, 呉王孫権は, 品川堀と, 喊の, 噴血を, 四十数カ所の, 困って, 国を, 土を, 地道に, 場内は, 外の, 多くの, 多門が, 大いなる善意, 大きな桃林, 大の, 大体日本を, 大変気持が, 大衆の, 天の, 夫婦乞食の, 奥の, 如何いたす, 如何なる思召, 威力を, 学校で, 宏壮な, 実に幽か, 客寄せという, 家の, 寂心は, 寵愛の, 小さい店, 小林勇氏が, 少し市中, 尿や, 居ったがね, 居られる, 居ります描いて, 居るです, 居るもの, 居る下新田城, 居る余程, 居る方向, 屈曲した, 山焼の, 川上の, 左右に, 市川左団次君の, 常に旧, 平べ, 幸子夫婦や, 床の間の, 弱いものいじめ, 当事者の, 当然的, 彼も, 彼女は, 後へ, 御叱, 徳を, 心すべき敵, 心理的に, 必ずしもこれ, 必要である, 忠誠を, 思い出されないほどに, 思慮ある, 恐しい仕掛け, 悟性が, 悪い病, 意地も, 感ずる戒慎的困難, 我が圓朝, 我国は, 戦ったが, 打撲と, 折角ここ, 指紋を, 揚板の, 散り敷く音, 散乱する, 敵軍は, 斃れる, 文書に, 新将軍, 日本人は, 早婚を, 明朗な, 昼も, 時代を, 暖いところに, 曲るん, 最も注意, 最も重要, 最後の, 有力な, 木屋町の, 李典に, 来た予想外, 来て, 来ました, 来られた, 来るもの, 東の, 某誌が, 格言コトワザの, 棚から, 概念の, 次につける, 正に二ヵ月, 武具馬具の, 歩きました, 死ぬが, 死んだよう, 死んでも, 残されました, 母親は, 民家の, 水の, 氷の, 沈没した, 法律上の, 活動する, 海津近傍に, 清国政府は, 渾沌たる, 溶ける優婉, 漢韓その他諸, 火を, 灰に, 無為の, 然るべきはず, 熱い汗, 燕兵偶然三たび砲を, 片山邸の, 特に両, 特に牽牛織女, 独り国を, 献身者は, 現れた山, 理の, 生じた需要, 用いて, 甲斐は, 男の, 異様の, 疝癪が, 発狂した, 益々その, 目ざわりだ, 直接間接私の, 真実の, 真野の, 眼鏡が, 石の, 砕けたから, 砕けた波, 砕ける, 砕けるつもり, 砕ける水, 砕けろぶつかって, 硝子の, 示した態度, 神官は, 禅の, 秀郷一族が, 私には, 私自身が, 種々の, 空地の, 突如と, 立ち直りざまひょいと, 笑談に, 策も, 篤くお礼, 精細に, 純益の, 編次を, 置かないと, 美濃の, 翻訳すれ, 而も, 聞えて, 聴いて, 脛も, 腹は, 自分から, 自身も, 芭蕉が, 苗字まで, 苦しんで, 英雄で, 華頂氏の, 落ちそう, 蒼白い光, 蛇を, 血止めは, 行くこと, 行けるもの, 行われた刀狩り, 被害者は, 見たら二三, 見て, 見なさるが, 見ましたが, 見やしょう, 見ようでは, 見られる, 見るという, 見る一方, 見る必要, 討ち死にする, 証拠に, 該大学教授と, 調べた結果, 谺を, 賞められる, 足繁く, 跳ね返った, 身を, 転げる水玉, 轟くが, 近ごろ南陽, 逆せ上る, 連峰の, 道を, 道長が, 遣らなければ, 遽に, 金も, 鉄漿を, 門生志願が, 閣下が, 降らないうち, 障子の, 雄大に, 雪の, 青年たちは, 頭が, 風俗小説以上に, 首途を, 高い音, 魔が, 黒い大きな, 黒板に

▼ 当っては~ (140, 5.0%)

2 それが, 如何に, 師に, 留さんの, 確かに, 非常に

1 [128件] あくまで冷静, あらゆる方面, あらゆる科学, ある生産用役, いけないだろう, いけないと, いない, いなかった, いよいよもっ, うろたえたり, きっとお, この修正, この反対論, この後者, この数, この程度, この種, これらの, さらに今一つ, すなわち夜這星, その中, その冷, その爆発, それは, つねに正々堂々よしや悪, どうしても度外視, どう云う, どこか, どれだけが, なかなか容易, なるべく眠る, なんら他, ひとつの, まず当時, また今夜, もはや午後, やはり充分, ゐないらしい, ゲンカクなる, マウント・カイラスの, 一人も, 一命を, 一所として, 一般抽象性の, 上海に, 二三十万は, 五分以上の, 人の, 人言をも, 今に, 仏教は, 以前の, 仮に火星人, 伏兵を, 何らの, 先ず今日, 先ず足場, 全然特殊部落, 再婚及び, 勇敢な, 勢力の, 単純に, 却ってそれ, 同時に忸怩, 名代の, 吾, 啻に前述, 土地の, 坊主だ, 外気の, 多大の, 多少困難, 大事じゃ, 如才の, 子供の, 孤立した, 宗谷湾が, 導師の, 帰国までの, 彼と, 彼は, 思うに, 或る, 文献を, 日が, 日頃の, 明日にも, 是非とも, 時たまこの, 更にいっそう強力, 最も手近, 最も有用, 最早かかる, 本が, 極めて注意深く, 殆ど本能的, 毒と, 民兵を, 法律制度の, 法律生活の, 泡と, 熟考し, 特別の, 玉石共に, 現在人口のみが, 生れ出づべき子供の, 生産物の, 田舎の, 男子の, 直立す, 社会は, 私は, 私生児の, 私達は, 素人釣とは, 美濃口時次郎教授及び, 考えなかった, 自分の, 自分らと, 自由主義や, 自身の, 色いろ考えた, 英本国から, 農業者及び, 都の, 鉄板を, 長閑な, 静粛を

▼ 当っても~ (72, 2.6%)

2 当らなくても

1 [70件] あまりお気, いちど心に, いてね, いない, いますよ, いる, お角さん, こういうこと, このあいだに, このテーゼ, ご免を, そこに, そこには, その個々, その基礎的資料, その考え, ちょっとどうする, とても防ぐ, なお自分, まず敵, またそれ, また金銭, みようし, やさしいもの, テエヌは, マグレ中りである, 一般に, 之に, 何かと理窟, 何の, 何程の, 作者が, 克服する, 全く同じ, 冒した危険, 初志を, 去定, 口も, 嘗て会員, 困惑を, 外れても, 大変な, 実地に, 当然の, 恐らく非常, 掌に, 文学作品としての, 本当にのびのびした, 本質的な, 構わねえから, 波の, 消えること, 無駄だ, 無駄でございましょう, 特別に, 生産における, 直ちに観察者, 相当はげしい, 胴に, 自己の, 英国に対しては, 茶入れや, 落ちない, 要するに元々で, 解剖学の, 転ばないよう, 道理は, 隠忍する, 隣の, 領政を

▼ 当っての~ (37, 1.3%)

4 問題は 2 仕事は

1 [31件] ことで, 事務に関して, 先生の, 処置は, 出発点としても, 問題では, 問題として, 困難が, 土壌の, 大難関, 当惑は, 御相談, 必要は, 愛想には, 指導者の, 支那人の, 救急療法かという, 方法としては, 方法などについての, 暴風の, 物語, 狂言の, 生存必需品には, 用事を, 目的である, 目途は, 節度の, 腹が, 苦痛であった, 要点が, 難関

▼ 当ったり~ (18, 0.6%)

2 した, して

1 [14件] したと, しません, すること, 主人が, 低い窓, 占領治下の, 娘を, 戟を, 押しつけられたり, 泥溝に, 目まぐるしく活動, 職長級の, 雨に, 餅に

▼ 当ってから~ (2, 0.1%)

1 僕も, 足許に

▼ 当ってさえ~ (2, 0.1%)

1 下手くそを, 当時の

▼ 当ってと~ (2, 0.1%)

1 いえば, くれやす

▼ 当ってや~ (2, 0.1%)

1 客たる, 恬として

▼1*

当ったりは絶対に, 当ってね九州から, 当ってのみ決定される, 当ってはと思って, 当ってはなんてお雪ちゃんが, 当ってばかりいた, 当ってよその障子