青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「意義~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

意味~ ~意地 意地~ ~意外 意外~ ~意志 意志~ 意気~ 意気地~ ~意義
意義~
~意見 意見~ ~意識 意識~ 愚~ 愚か~ 愚痴~ ~愛 愛~ ~愛し

「意義~」 3183, 34ppm, 3399位

▼ 意義~ (1066, 33.5%)

42 持って 27 もって 18 有って 16 有つ 15 持つて 11 もつもの 10 明らかに 9 明かに, 有して 8 もつて, 有する 7 含んで 6 もつの, 失って, 持つもの, 有するもの, 認めて 5 帯びて, 獲得する, 理解する, 認められて 4 なさぬ, 持つに, 持つよう, 有するの, 有ったもの, 異にする, 考えて, 考へて

3 [17件] たずねた, なさない, もつ, 充分に, 十分に, 存し, 感じて, 持つ, 持つこと, 持つと, 持つの, 有するかに, 有すること, 求めようと, 発揮する, 知らない, 見出すこと

2 [69件] なすの, まともに, もった哲学書, もつこと, もつであろう, もつよう, 一転させ, 与えた, 与へ, 中途で, 会得する, 含まざるは, 含ませると, 善意に, 喪失し, 変じて, 失う, 失うに, 失ったこと, 失ふこと, 完璧に, 得る, 得るため, 忘れたもの, 忘れて, 持つ事, 擔ひ, 日本の, 明解する, 昔の, 有しない, 有す, 有するかは, 有するかを, 有する限り, 有せざる, 有せり, 有ち, 正しく理解, 獲得し, 理解しない, 生ずるかと, 生ずるの, 異にし, 発揮し, 發揮する, 知って, 示して, 私は, 積極的に, 置いて, 考へる, 自覚し, 自覚した, 自覚しない, 與へる, 表して, 表明したる, 要求したい, 見出して, 見出すもの, 見出そうと, 規定する, 解すること, 認めざるを, 認識する, 闡明し, 離れて, 領解し

1 [615件 抜粋] あたえ得ないの, あまりハッキリと, あらせて, いろいろと, うけいれて, うけついで, おき必ずしも, おびる, お示し, かつて私, かねて, こういう形, ここに, こまかに, こめた作品, さへ, しるを, すてて, すでに述べた如く, ずっと物質的, そうかと, そのま, そのまま忠実, その窮極, たずね蛾群, ただ右, つけたり, つけられるので, どう享, なくする, なさぬの, なさぬ語, なして, なし得るであろうか, なすかは, なすに, はっきり認識, ば別の, まざまざと, まず第, まるで理解, みいだして, めぐる隣接語, もたない事, もたらしたという, もたらして, もちうるわけ, もちどんな, もちます, もち何, もち得るの, もった日, もった評価, もっては, もっと立入っ, もつかを, もつたもの, もつた二三, もつた好個, もつシナ, もつ事, もつ事実, もつ処, もつ大, もつ小林多喜二, もつ年, もつ文化科学, もつ法案, もつ社会, もつ自然現象, もつ農村小説, やや約束, ソクラテスの, 一切失ふ, 一応認めなく, 一日でも, 一部分表し, 不自由そうに, 与うるの, 与えるよう, 世に明らか, 世界の, 世界文化史上に, 主張し, 主張した, 今日述べね, 他に, 付けた丈, 付し京都, 付すること, 会得し, 伴ふ, 体得せざる, 体験し, 何らかの形, 保つこと, 保つであろう, 保持する, 元来持った, 充分詳細, 全うし得る, 全くする, 全くせられる, 全然知らない, 公認され得る, 兼ねた詞章, 再び注意, 冴子に, 分化し, 分化した, 分析し, 判断する, 別個の, 加へて, 十分出し, 十分強調なさる, 単に学問, 危うくする, 反省し, 取違, 受け取り新しい, 受け取ること, 受け取るの, 各方面, 含ませし故, 含むもの, 含むやう, 含む個人, 含む存在, 含めて, 含蓄し, 咀嚼する, 問へ, 国際的国内的に, 変化させよう, 多少でも, 失い遂に, 失うであろう, 失うところ, 失うの, 失う結果, 失ったもの, 失った紐, 失っては, 失つた, 失つた時ドイツ人は, 失は, 失はなかつたの, 失ひただ, 失ひ一切, 失ふ様, 失わないもの, 失わない示唆, 失わなければ, 奪われて, 字面通りにしか, 存在の, 完から, 完了させたい, 実は理解, 実現する, 実際に, 実際的, 客観条件によって, 寓した, 専門家によっても, 尊重する, 尋ぬる, 尋ねず, 尋ねれば, 導いたり, 少し横, 展い, 崇高で, 左右しない, 差し引いて, 帯びた一種, 広く解し, 延長し, 強調し, 強調しすぎ, 形づくって, 徹底させる, 徹底させれ, 徹底し, 必然やらなけれ, 忘れた, 忘れない限り文学, 忘却し, 思ふと, 悉くし, 悟りそれ, 悟る, 悟ること, 想定した, 感じさせるだけ, 感じた, 感じてるわけ, 感じ得るとともに, 感ずるの, 感ずるもの, 感ずるよう, 感覚の, 成り立たせて, 承認し, 承認しない, 把捉し, 抜きに, 抹殺し, 押し出して, 抽象的な, 担うもの, 担った歴史的行為, 担って, 担わない特殊, 拡充したる, 持たせて, 持たないばかり, 持たなかった, 持ちだしたとき, 持った体験, 持った問題, 持った社会身分, 持った観察, 持つかと, 持つかという, 持つこの, 持つたもの, 持つた時代, 持つであろうこと, 持つという, 持つわけ, 持つ恋物語, 持つ限り, 持てないわけ, 持てなかったの, 持てば, 捉えないまま足, 捉えられること, 捕えて, 捨象する, 据ゑてゐるのだか訣らぬ, 探求し, 推測し, 掲げて, 掴まんと, 損じないのみか, 損すること, 擔ふ, 擔ふも, 教えられるよりも, 教える事, 敷衍した, 文化に, 新しく此処, 明に, 明快に, 明暸なら, 明瞭に, 最も手取り早く, 最も深く, 最も率直, 最も自覚, 最も適当, 有したであろうか, 有しないであろう, 有しなくなる, 有し二重, 有し宗教家, 有し得ないであろうか, 有し特異, 有し鳥獣草木, 有するから, 有するぞ, 有すると, 有するという, 有するに, 有するやは, 有するやを, 有するよう, 有する卓越, 有する場合, 有する太陽, 有する時代, 有する極めて, 有する通用語, 有すればこそ, 有せしか, 有た, 有たせよう, 有つだろう, 条件づける, 根本的に, 根柢から, 棄てるが, 検べた辺から, 極度に, 極度まで, 正しく捉, 正しく見せ, 正しく認識, 正確に, 歪曲し, 気分化し, 永遠に, 求めて, 求める道理, 沒了した, 没し去っては, 没すると, 活用し得, 消極的価値に, 深くする, 深く感じる, 深く省, 深めた, 深めて, 深められる, 減ずるもの, 滅却したる, 無視しよう, 獲得した, 獲得せず, 現すより, 現わすか, 現在歴史的に, 現実の, 理窟や, 理解しなけれ, 生じたと, 生じたやう, 生じて, 生じ意義, 略解せざるべからず, 異ならしめるの, 異にせずや, 異にせり, 疑つて, 疑へる智識道徳, 疑られるには, 痛感しはじめ, 発揮出来ない, 発見し, 発見した, 発見したい, 発見する, 発見できは, 發揮し, 發揮するであらう, 發見したい, 發見する, 發見するだらう, 的確に, 盛り得たよう, 盡した, 目的論的な, 知つてくれよう, 知つて命けたものと, 知らうと, 知らぬもの, 知りたいの, 知り責任, 知ること, 知るであろう, 知るべきである, 知るもの, 知るよう, 破産せしめる, 確然と, 確立しよう, 示さなければ, 示し進んで, 示威するよろこび, 社会に, 社会主義的生産拡大を, 科学に, 科学的に, 突如と, 筆者も, 結果に, 考えず近ごろ, 考えるの, 考えれば, 考ふる, 考へながら, 考へる様, 肯定しよう, 自覚させた, 自覚され, 自覚し足りない, 自覚的に, 自覺, 與へ, 與へつつ, 蔵する, 蔽ひ得べき, 蔽ひ得べし, 虚無に, 表は, 覆さるるに, 見いだすの, 見つけたい気持, 見つけて, 見出されて, 見出さんと, 見出した, 見出したかの, 見出した者, 見出しながら, 見出す, 見出すでしょう, 見出すの, 見出せないとまで, 見出そうとして, 見失い何, 見失うよう, 見誤らない筈, 解したるのみに, 解して, 解しては, 解し將來, 解し得ない, 解し得ない処, 解するを, 解せず, 解剖し, 解説する, 解釋し, 解釋する, 訊ねしに, 討尋する, 訪ねたこと, 許したならば, 話して, 誇大視し, 認むるのである, 認むるは, 認むる樣な, 認めしもの, 認めたこと, 認めたの, 認めたらしい, 認めた人, 認めない旅人, 認めながら, 認めなければ, 認めること, 認めるの, 認めユーモア的, 認め哲学者, 認識し, 認識し直され, 語らねば, 語りつつ, 語る, 語ろうと, 誤解せる, 説いたこと, 説きたいと, 説くに, 説明し, 読んで, 調べて, 調べるの, 諭しさらに, 講明する, 讃美し, 象徴し, 貽し, 賦與し, 転じ元旦, 転換させる, 軽ん, 辞書的の, 述べよう, 追い求める青年, 追求し, 逸早く見抜いた, 適切に, 邦人に, 重く見たい, 重大視した, 開顕した, 闡明した, 闡明する, 附して, 附与する, 附会した, 附與した, 除いて, 離れては, 顕わ, 高から, 高調する, 鳥瞰的に, 齎さなかった, 齎して, 齎すの, 齎らすで, 齎らすであろう

▼ 意義~ (418, 13.1%)

44 ある 29 あるの 12 あると, ない 8 あるよう 5 あったの, あるので 4 あった, あつた, あるだろう, あるという 3 ありそう, あるかという, あるかも, 潜んで

2 [21件] あって, あります, あるから, あること, あるであろう, あるもの, あるわけ, あるん, あろう, あろうか, どこに, ないと, なければ, 出て, 含まれて, 存するの, 存在する, 忘れられて, 抑, 薄くなる, 違う

1 [233件] あったか, あったこと, あっても, あつたらしい, あまりにも, ありさ, ありそういう, ありそこ, ありそれ, ありましょう, ありましょうか, ありわたし, ありフランス, あり人生, あり価値, あり名誉, あり存在, あり新しい, あり永い, あり知識人, あり規律, あるか, あるかと, あるかといふ, あるが, あるけれども, あるさ, あるだけ, あるだらう, あるだろうと, あるとの, あるとも, あるに, あるにも, あるやう, あるらしい, ある如く宣伝, ある生きがい, いかにもあれ, いかに大きく重い, いっそう明瞭, お分り, この花, こもって, これに, そこに, その人, その本体, そんなに違っ, だんだん濁, ちがって, どういう宣伝的教化的目標, どうすれ, ないから, ないでしょう, ないよう, ない穂高山麓, なかった, なくってよ, なくつまり, なくて, なくなったこと, なくなって, なくなりましょう, なくなります, なくは, のみこめた, はかれる, はっきり分らなかった, はなはだ認識論的, ひそめられて, ひそんで, ふかい, まだ不当, まつるの, まつを, むしろ主題, もっと一般, もつと, わかった, わかるくらいの, わかるよ, わかろうはず, 一変した, 一目で, 一般に, 不明である, 不明でも, 与えられること, 中断せられ, 主なる, 付せられ, 伴うこと, 低くな, 体化される, 傾き過ぎたが, 充分に, 全然ない, 全面的に, 其処に, 其處に, 分からないですから, 分かる, 分化し, 判らないだろう, 判るの, 加つて居ない, 加り, 加わって, 加わる訳, 十分で, 印象し, 却って初めて明らか, 古いので, 古代と, 可なり, 同一である, 否定されね, 含まれては, 含まれは, 固定する, 増しは, 変ぜられねば, 変つた, 変化し, 変化を, 多少知られる, 大きいしかし, 大きかった, 失われ過ぎ去った後, 存すると, 完全に, 定まる, 実現せられ, 客觀的に, 宿されて, 少ないからの, 幸不幸を, 引き合いに, 彼が, 彼の, 徹底され得ない, 忘れられたこと, 思はれる, 怪しくなっ, 感じられる, 或いは哲学, 所謂通俗な, 拡つて来た, 捉えられて, 掴まれぬ, 擡頭し, 新しい光明, 新しい理会, 新に, 明かに, 明かにせられたの, 明かにせられると, 明らかである, 明暸に, 明瞭である, 明瞭と, 明示され, 明示される, 暗示され, 有効に, 極く, 極めて薄い, 極めて重要, 正当に, 此処に, 注意される, 浅薄な, 深いかを, 深かつ, 深く価値, 深められて, 混同し, 炳乎として, 無くなるかも, 現実との, 理解されなかつた, 甚だ局限, 生じて, 生じる筈, 生じ一国, 生ずるの, 生れた, 生れて, 生活の, 発生展開し, 発見されます, 益々深められる, 看取される, 知れる, 第二義を, 籠つて居る, 粗笨であった, 絶対の, 美的にも, 著しく高められた, 蔽い隠されて, 薄いの, 薄くただ, 薄れましょう, 要点だ, 見いだされは, 見いだされると, 見いだされるの, 見えて, 見出されるの, 解する人, 解ったら必ずしも, 解って, 解る, 解明され, 解釈出来よう, 認識されなかった, 認識せられたら, 読み取られ得るの, 読者の, 象徴的に, 踏み出したと, 転化し, 追求せられた, 通じて, 違ふも, 量から, 非常にと, 顯著に, 飛躍し, 高揚された, 高潮し

▼ 意義~ (285, 9.0%)

15 あること 10 あるもの 7 ある仕事 5 ないこと 4 深いもの 3 あるよう, もので, 上に, 深いこと, 重さ

2 [18件] あったもの, ある, ある事, ある点, ある生活, ある立派, ある貴い, ものが, ものである, 一つは, 下に, 不明を, 大半を, 少ない行動, 残りの, 疑うべからざる所以, 言葉である, 重大さは

1 [193件] あつた, あらわす通り, あるこの, あるといふ, あるところ, あるの, あるものの, あるソヴェト, ある一夕, ある事業, ある人たち, ある会合, ある何もの, ある何事, ある何物, ある使, ある使命, ある動因, ある地方開発, ある外国, ある完全, ある座談会記事, ある戦争, ある戦場, ある所, ある所以, ある日, ある日本, ある楽しい, ある発見, ある知識, ある研究, ある結合, ある自然主義運動, ある製品, ある試み, ある逆転映画, ある途, ある酒, ある馬来語, かたはしをだに, くい下り, ことであり, こととして, ために, つけ方が, では, ないシンボル, ない仕事, ない発語, ない経済学者, ない自殺的情緒, ない語, のり方だけの, ほと, ままに, ものであっ, ものでなけれ, ものと, ものに, 一つには, 一班が, 一端を, 不分明, 不安定をすら, 不明なる, 不透徹, 中から, 中には, 中枢が, 会得し, 何れにおいても, 何分一か, 側に, 儘の, 具つた言葉が, 冬祭りと, 処で, 分化と, 分析に, 別な, 動揺を, 十八とおりの, 名殘, 含蓄を, 場合マイナスに, 変化が, 変化に, 変化につれて, 変化聯想の, 変化限定拡張並に, 変遷をも, 外の, 多いこと, 多様を, 大きいの, 大きいもの, 大きな外交事務, 大切な, 如何によって, 存する点, 実際を, 小さいもの, 少い労苦, 尚明かなる, 山名は, 工夫が, 度盛りな, 強調が, 影響によつ, 快い転換, 抹殺に, 探求で, 探求であった, 故にその, 断続の, 方からの, 方を, 日本伝来のみ, 明か, 明かに, 明白な, 明瞭を, 最も深い, 有無, 末分化しきらなかつた, 根柢に, 検討などは, 極めて深い, 極めて深き, 概観に, 正確を, 歴史的推移から, 没失は, 没失また, 流れて, 深いあの, 深いテェマ, 深い事, 深い仕事, 深い存在, 深い引用, 深い折, 深い期間, 深い校友, 深い現象, 深い高い地位, 混同が, 滅亡は, 無理解, 無限大を, 生じたの, 生活を, 異なること, 知られざる言語, 知られること, 研究に, 端々, 第一歩な, 第一歩は, 第一表現, 総合ある, 自覚と, 自覚に, 自覚を, 自覺, 要点が, 觀點より, 解釈なり, 解釈については, 解釈は, 解釋に, 評価を, 評価ヒューマニティーの, 認めよう, 語であり, 語である, 語に, 語を, 誤解され, 誤謬は, 転化で, 転換が, 軽重によって, 通じる様, 違ふいき, 遺却, 重大さが, 重大な, 重大性を, 重複した, 重要性を, 限定である

▼ 意義~ (284, 8.9%)

8 ない 3 ないの

2 [21件] あったの, ある, あるが, あると, こ, ここに, どこに, ないと, まことに重大, もって, 主としてこの, 単に近世的, 完全に, 実に大きい, 彼の, 死んで, 生理的な, 私には, 職業軍人から, 違ふ, 非常に

1 [231件] あまり重んじられ, あらうが, あるの, あるまい, いつもこうした, いまだに漠, おそらく黒船, かかる女子, かくの, かなり大きい, けっして後半, こうしてわれわれ, このよう, この三者, この神名, この義金, これと共に, こんな手紙, すべての, そこに, そのため, その以後餘程發達, その暴力, その最も, その重大, それが, それだけの, それによって, そんなもの, た, ついに了解, つかみ得られぬの, とらへ, どういふ, どうにかこうにか, ないし, ないであろう, なか, なかった, なかろうでは, なくなる, なさない, なんである, はじめて貫徹, はつきりし, はつきりわからない, まことにそこ, まことに深い, まことに深刻, まさにここ, まず消滅, まったく小乗的, むしろ道徳的感情, もちろん一方, やはり光, やや見当違い, よく知らなかった, ハッキリと, 一句の, 一般市民に, 一見明瞭, 不可解である, 不明である, 中年に, 主體, 之を, 二通りに, 云い表わそうと, 五十の, 人間が, 人間悟性, 今でも, 今と, 今日哲学的に, 似て, 何であった, 何であらう, 何であろう, 何処に, 何処までも, 余りにも, 充分注目, 充足される, 兎も, 全く, 全く確定, 全く閑却, 全て偉大なる, 全然同一, 全然超, 内容が, 判りにくい, 別である, 別として, 到底普通俗人, 前申上ぐる通り, 労働者が, 動かし難く, 勿論第, 十分に, 半ば殺され, 去年にも, 又却つて周禮, 可能的自己である, 右の, 同じ古風, 含まれて, 哲學的よりは, 唯本質, 嘗てその, 固より, 国民政府権力からの, 変つて行つた, 大きい, 大きいであろう, 大きかつ, 大体二通りあつ, 大名持すなわち, 大名持即, 大正の, 大體, 失くなって, 失敗に, 如何と, 如何という, 如何といふ, 如何に, 字の, 存在する, 宇宙に, 完了した, 宗教においては, 実は掴めまい, 実際は, 専ら夫, 専門家の, 岐れ, 左の, 平安朝に, 幾度かの, 広汎に, 形而上学の, 彼女にとって, 征服者被, 徹底する, 必ずしも固定, 忘れて, 忘れられた, 忘れられたと, 恐らく, 恐らく文献, 意外の, 感じられない, 成り立たない, 我々の, 把捉される, 持たなかったの, 数へる, 斯に, 日本の, 日本的で, 早くから変化, 明かであり, 明治に, 明白である, 時節柄最も, 果して如何, 果して那辺, 極めて乏しい, 正にこの, 此見方より, 歴史上の, 殆ど同じ, 殆ん, 民衆の, 決してさう, 決して蟾蜍, 消滅し, 深刻だ, 無仏性, 無反省, 特別甚大な, 独り少数の, 狼の, 現実的には, 甚だ明白, 甚だ曖昧, 男子の, 疑えなかった, 皆まじめな, 皆同じ, 盡きる, 目の, 知られて, 知れる, 知れる訣, 神で, 神の, 神意が, 私が, 科学を, 稀薄である, 稍明瞭である, 米或は, 納得出来る, 絶えず生長, 絶大な, 美である, 薄々ながら, 見つかる筈, 見失われるに, 解らんという, 言うまでもなく実行, 訣らない, 許し難い, 詩の, 説き尽くされない, 謂わば, 転じたが, 転じ易, 近くとも, 近代に, 道徳的の, 酷くも, 重い, 重いと, 野蛮な, 開示される, 霧消し, 響かせなかつたが, 高い価値

▼ 意義~ (194, 6.1%)

24 於て 5 就いて, 於ては 4 して, 古くから, 於ての 3 基いて, 就いては, 於いては, 用いられて

2 [17件] あらず, ついて, なる, 使はれる, 大差なし, 對する, 就きて, 徹した者, 於いて, 於いての, 於ける提携, 於ける英雄, 於ける進歩主義, 用いたの, 用ゐられた, 解すること, 達すること

1 [102件] あったわけ, ある疑念, おなじからず, つき鄙見, ともなうその, なって, なりは, なるでしょうか, なると, のみ解され易い, よりては, 一応の, 乏しい文化, 乏しき武断一偏, 二種の, 使はれ, 使われて, 共通し, 区別なく, 反する大, 叶つた事か, 味方し, 基礎を, 変りは, 大きな感動, 富むもの, 富んだ書状, 對し, 就いての, 就こうと, 広狭ある, 広狭の, 従て, 從つて一觀念または, 徹すれば, 応じて, 思ひ及ばなければ, 思われて, 悟入する, 或る, 戻さねば, 探り入らなけれ, 接するに, 於けるテーマ, 於ける伝播説, 於ける内容, 於ける印象, 於ける国学者, 於ける思想的, 於ける政党内閣, 於ける政黨内閣, 於ける正確さ, 於ける歴史的精神, 於ける物質, 於ける認識, 比べて, 気づき自分, 生かしきッ, 甦つたこと, 用いた, 用いた人, 用います, 用いられるに, 用い得られるもの, 用ひ, 用ひらる, 用ゐ, 用ゐし, 用ゐたる, 用ゐられ, 用ゐ来れり, 画因なり, 相当な, 着眼し, 立つこと, 立つもの, 終るでは, 結びつかなくては, 考えて, 考へられかけて, 考へられて, 背いて, 至つては, 至りては, 行当っ, 解すると, 解釈され, 触れるよう, 輝いて, 輝くであらう, 近い宝, 近い象, 近かつ, 近づいて, 通じて, 過ぎない, 遠いもの, 重きを, 關し, 關する, 驚くこと, 高めて

▼ 意義~ (120, 3.8%)

7 価値とを 3 その方法 2 なるの, 使命を, 役割を, 文学の, 理由とを, 興味の, 限界とを

1 [96件] いいたいへん, されたの, して, する, その使い道, その健全性, その将来, その方針, なしこれ, ならざるを, 一糸相容れざる, 一緒に, 並行し, 云うの, 云って, 任務とを, 任務は, 任務を, 作用を, 使命について, 使命については, 使命は, 価値について, 価値を, 信念を, 信義に, 個人の, 傳説, 價値とは, 力と, 効果, 効果について, 効果の, 効能は, 包括性に, 叛逆的使命とは, 同じである, 名分とを, 大將, 姿において, 密接の, 尊厳とについて, 幸福と, 強度とに, 形の, 役割とを, 後に, 必要とに対する, 悦楽とは, 情熱と, 新しい能力, 新しき力, 新なる, 本質とが, 権利とが, 横光氏の, 正義を, 此神の, 歴史とを, 消極的な, 満足とを, 特質とを, 特質を, 狩猟生活の, 理性とによって, 理想とに, 理由が, 理由は, 理由を, 理由を以て, 生命とを, 用語例の, 目的と, 目的とを, 相異なれる, 相貌とを, 眞作用とを, 真作用, 社会性格の, 神聖を以て, 科学的用途とを, 窓硝子の, 立場を, 結び合せ, 自主性に, 興味とは, 見て, 評価とを, 認められます, 認識と, 諸文化, 變じ, 豊富な, 資格とを, 関係なく, 露西亜への

▼ 意義ある~ (112, 3.5%)

10 ものと 3 ものに, ように 2 ことな, ものである, ものとして, ものは, やうに, 事である, 仕事を, 生命の, 生活を

1 [78件] かがやき, が如く, が如くなる, ことで, ことでした, ことらしく, には非, に過ぎない, はその, は唯, ものたらしめね, ものとは, ものの, ものを, ネク・タイを, 一歩たり, 一流, 一面を, 事であろう, 事と, 事に, 事を, 事件も, 五月五日を, 人生は, 人間の, 仕事が, 仕事で, 仕事は, 会話に, 何かが, 何物かへの, 使命と, 使命を, 党派性が, 労作を, 労苦の, 区別が, 半年振りの, 句を, 多くの, 存在を, 戦と, 教育の, 文明の, 方向へ, 方向を, 日に, 最も充実, 會合に, 校讐で, 業績を, 活動を, 漢字を, 特輯だつた, 現示, 現象と, 生活だ, 生活では, 生活なら, 生活の, 疑問は, 発展と, 発達を, 研究点であった, 第一歩である, 筆の, 美に対し, 自分の, 自己の, 見学である, 言語を, 記録を, 貧乏を, 進化の, 進歩を, 運動に, 過去の

▼ 意義~ (77, 2.4%)

3 ある, そこに, 理由も 2 そこから, ないもの, 全くこの, 彼れ, 無いで, 知れる

1 [56件] あったこと, あったわけ, あまつのりと, ありなん, あり価値, あり歴史, あり興味, あるが, あること, あれ我が, ここに, この点, そのま, ない, ないで, ないと, ない古き道, ない惡戲, なかつた, なく捨て果てよう, なさないし, またこれ, また明瞭, また要するに, やはり同, わかって, わかりにくから, わかりにくかろ, 一方に, 亦た, 人間生活の, 仲, 信じわれわれ, 充分に, 出て, 分明し, 含んで, 固定する, 多分に, 大いに異う, 存するの, 少くない, 彼の, 感じて, 戦歿者達が, 歓喜も, 武功も, 無きかと, 理想も, 発揮し, 知らず今昔物語, 知らなかつたで, 色々説かれ, 見当づけ, 認められて, 重大である

▼ 意義から~ (28, 0.9%)

3 云えば 2 出て, 見て

1 [21件] いえば, だん, であります, である食べすぎるうまい, 二流の, 云って, 云へば, 全く離れ, 出た宛て字, 叙述語に, 差別が, 検討されね, 無限に, 珍客の, 珍客を, 考へて, 見られるよう, 言っても, 言へば, 説いて, 退化し

▼ 意義において~ (26, 0.8%)

2 日本の

1 [24件] ある処, いい得られるならば, いずれかの, いわるべきこと, では, なり立たない, イデヤ的生産的ならざる, ポイエシス的なる, 不変であった, 仕へて, 作家を, 信じて, 優ること, 半面の, 多く江戸の, 或る, 東洋史という, 理解する, 発達した, 的確に, 私部が, 行われること, 違つて居る, 間違いは

▼ 意義~ (21, 0.7%)

2 あつて, それを, 用を

1 [15件] あつた, あつたらしい, いう, いうならば, いかなる語源, この称呼, この語, それぞれの, 反金融資本主義的特徴, 夫れ, 学ぶこと, 支那を, 日本精神を, 若い人気, 行われるもの

▼ 意義である~ (21, 0.7%)

2 ことと

1 [19件] か, かと考へ, からです, から田賦, ことが, ことである, ことは, そうで, といふ様, と思ふ, と斯, と私, と言っ, と説い, のだ, ように, 印度で, 現に梵語, 雨の

▼ 意義とを~ (21, 0.7%)

2 持つ

1 [19件] なすもの, 今日只今から, 具體的に, 加えて, 十分理解しなけれ, 外に, 失うて, 従の, 忘れた処, 持った処, 持って, 捉へる, 有って, 根本的に, 殆ど同等, 現代人の, 考えて, 見出したの, 高く尊重

▼ 意義深い~ (18, 0.6%)

2 ものが

1 [16件] お仕事, ことだ, ことでしょう, と思う, ものであります, ものである, ものと, 仏教研究に, 功績を, 憧れの, 我々への, 教訓が, 桜の, 立場を, 総選挙, 観念が

▼ 意義をも~ (17, 0.5%)

2 持って

1 [15件] つてを, 併せて, 具へて, 否定する, 少しづゝ, 感ぜずなんら, 持たないこと, 持たぬかに, 明らかに, 有しない, 有せざる, 發見出來ぬ, 認めて, 認め得ぬ, 通つて来た

▼ 意義について~ (16, 0.5%)

2 私は

1 [14件] きわめて重要, この小説, その解釈, 切実に, 十分知らせない, 否定的な, 教へ, 日本未曾有の, 特殊な, 知らせること, 考へた今更どう, 考へて, 説明し, 述べて

▼ 意義~ (16, 0.5%)

2 価値を

1 [14件] について知りたい, 人物そのものの, 人類的な, 使命を, 価値が, 価値は, 利益の, 女の, 差別を, 彼と, 生命を, 生活の, 異同の, 美しさ

▼ 意義での~ (13, 0.4%)

2 日本精神の, 歴史が, 歴史である 1 国家という, 学術的研究の, 建国とが, 日本精神が, 日本精神は, 神秘性を, 邪霊悪神を

▼ 意義あり~ (11, 0.3%)

2 力あり 1 とされ, とせ, となす, やこの, 且つ甚大, 愛を, 活動あり, 精彩ある, 雄大あり

▼ 意義にも~ (11, 0.3%)

1 [11件] かなうわけ, 一致する, 乏しいから, 使はれ, 思想的意義にも, 拘らず啓蒙, 用いられて, 用ゐられる, 通ずるかも, 適して, 関係し

▼ 意義しか~ (10, 0.3%)

2 有せず 1 ないが, ないもの, なかった, 持たないという, 持たない古典, 持たなくなって, 有せぬ, 有せぬであらう

▼ 意義においては~ (10, 0.3%)

1 その中心, 古池に, 同一であり, 変りは, 尊重すべき, 成立たないと, 旅順, 日本の, 有の, 無に

▼ 意義あらしめる~ (9, 0.3%)

2 ということ, ものは 1 か, のも, やうな, 一つの, 結果に

▼ 意義~ (9, 0.3%)

2 という, というべきだろう 1 ということ, というん, といえる, と信じ, と思ふ

▼ 意義として~ (9, 0.3%)

1 つぎの, であって, であるが, 今日真率な, 個々の, 古典から, 感ずる, 最も著しい, 説かれること

▼ 意義については~ (9, 0.3%)

1 いろいろその道, すでに他, もはや吾, 他の, 即ち新劇関係者, 古來, 古来しばしば語られ, 当時誰も, 本居宣長大人

▼ 意義では~ (8, 0.3%)

3 ない 2 あるまいかと 1 なく, 個人的である, 岸田の

▼ 意義という~ (8, 0.3%)

3 ものは 2 ものを, ような 1 規定を

▼ 意義なき~ (8, 0.3%)

1 ことと, なり全, にあらず, 体面に, 呑気なる, 書と, 論議であり, 風習と

▼ 意義における~ (8, 0.3%)

1 かくの, 主體, 個人主義は, 僧侶に, 存在は, 將來が, 春の, 民族主義的な

▼ 意義分化~ (8, 0.3%)

2 をした 1 が起らないで, とが並び, の例, の順序, をし, を見せ

▼ 意義ふかい~ (7, 0.2%)

1 今日である, 呻きの, 姿に, 日で, 発足を, 社会的な, 言葉が

▼ 意義さえ~ (6, 0.2%)

2 持って 1 そこには, 了解し得なかった, 勝って, 知らず人格

▼ 意義とは~ (6, 0.2%)

1 あまり別の, いたく殊, つまり認識論, 右の, 必ずしも充分, 私が

▼ 意義には~ (6, 0.2%)

1 二義ない, 互に相, 充分な, 年と共に, 幾多の, 用いられて

▼ 意義に対する~ (6, 0.2%)

1 反省が, 尊敬も, 彼の, 止み難い, 目標の, 積極的な

▼ 意義を以て~ (6, 0.2%)

1 して, すること, するは, 人生に, 女子の, 益流行する

▼ 意義その~ (5, 0.2%)

1 ま, ハンケチの, 人格と, 心得を, 本に

▼ 意義とか~ (5, 0.2%)

1 そう云った, もとより戦争, 云う言葉, 山は, 現実の

▼ 意義においての~ (5, 0.2%)

1 あるが, はたらきが, 学問だけの, 日本精神は, 民族主義国家主義の

▼ 意義に関する~ (5, 0.2%)

1 いくらかの, 意見の, 所論を, 深い叡智, 解説を

▼ 意義深く~ (5, 0.2%)

1 お話しできただろう, かつ最も, 感じつつ, 生かす所, 皆さんも

▼ 意義とが~ (4, 0.1%)

1 あるだろう, 客觀的に, 無いの, 金色の

▼ 意義~ (4, 0.1%)

3 のである 1 んだ

▼ 意義なり~ (4, 0.1%)

1 その外種々, その用例, 精神なり, 精神なりは

▼ 意義によって~ (4, 0.1%)

1 今日必要である, 分ると, 却って国語, 解するの

▼ 意義不明~ (4, 0.1%)

1 なるを, のま, のまま, の出兵沙汰

▼ 意義価値~ (4, 0.1%)

1 の幾許, をもっ, を有する, を科学的

▼ 意義及び~ (4, 0.1%)

1 それに対する, 不健康の, 価値, 歴史

▼ 意義明瞭~ (4, 0.1%)

1 で殆ど唐宋, となるべく, ならざるふし, な表出

▼ 意義だけは~ (3, 0.1%)

1 ほぼ通じる, 理解し, 私には

▼ 意義などは~ (3, 0.1%)

1 どこにも, よくわからない, 説明し

▼ 意義などを~ (3, 0.1%)

1 自覚し, 説き聞かせるの, 附して

▼ 意義についても~ (3, 0.1%)

1 一般的な, 多大の, 弁証法の

▼ 意義への~ (3, 0.1%)

1 あらゆる人間, 歴史的な, 焦燥と

▼ 意義をば~ (3, 0.1%)

1 始原の, 最近頓に, 私は

▼ 意義~ (3, 0.1%)

1 以テシタリ, 尽スニ足ラズ, 有シ

▼ 意義内容~ (3, 0.1%)

1 が私, は一方, は不断

▼ 意義変化~ (3, 0.1%)

1 が考へられる, した為, などは仲間内

▼ 意義深き~ (3, 0.1%)

1 ものである, 出來事である, 式を

▼ 意義甚だ~ (3, 0.1%)

1 多く一概に, 明なり, 複雑に

▼ 意義~ (3, 0.1%)

1 から推し, に関する著者, を授け

▼ 意義あらしめ~ (2, 0.1%)

1 よ, 私達を

▼ 意義こそは~ (2, 0.1%)

1 やがて歴史的, 更に重大

▼ 意義~ (2, 0.1%)

1 へおぼつかない, へよく

▼ 意義だけを~ (2, 0.1%)

1 とったの, 取り扱うため

▼ 意義だった~ (2, 0.1%)

1 のであります, のである

▼ 意義だの~ (2, 0.1%)

1 何だ, 目標だ

▼ 意義づけ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, を得た

▼ 意義であっ~ (2, 0.1%)

1 て中間, て生活

▼ 意義でござる~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ 意義でなく~ (2, 0.1%)

1 てはならなかった, てはならぬ

▼ 意義でも~ (2, 0.1%)

1 あった, あるので

▼ 意義といふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 言葉を

▼ 意義とな~ (2, 0.1%)

2 せり

▼ 意義とに~ (2, 0.1%)

1 或る, 於て

▼ 意義との~ (2, 0.1%)

1 ある作家, 両方を

▼ 意義なし~ (2, 0.1%)

1 とせぬ, と云っ

▼ 意義などについて~ (2, 0.1%)

1 一行も, 色々考えた

▼ 意義なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, 者なし

▼ 意義なんて~ (2, 0.1%)

1 そんな理窟張つたもんぢ, ない

▼ 意義にて~ (2, 0.1%)

1 いふ, 理想實際の

▼ 意義にまで~ (2, 0.1%)

1 高められた, 高められるでありましょう

▼ 意義に対して~ (2, 0.1%)

1 何等の, 全く無感覚

▼ 意義ふかく~ (2, 0.1%)

1 思いあわされる条件, 感じとらずには

▼ 意義より~ (2, 0.1%)

1 して, 解釈せず

▼ 意義よりも~ (2, 0.1%)

2 語の

▼ 意義をしか~ (2, 0.1%)

1 持って, 認めようとは

▼ 意義乃至~ (2, 0.1%)

1 価値が, 効果は

▼ 意義其の~ (2, 0.1%)

1 他を, 根拠を

▼ 意義如何~ (2, 0.1%)

1 という広い, に存する

▼ 意義浅く~ (2, 0.1%)

1 分りやすき, 看て

▼ 意義深遠~ (2, 0.1%)

1 なもの, なるもの

▼ 意義観念~ (2, 0.1%)

2 を速力的

▼ 意義転化~ (2, 0.1%)

2 をした

▼1* [116件]

意義あらば, 意義あらしむるものと云はざる, 意義あらしむる唯一のもの, 意義あらしめたところの, 意義ある取り方を, 意義あれかし, 意義いかんと問う, 意義これあらん, 意義かくの如く, 意義からが厭でならない, 意義からでも今日サン・ジョルジュ・ド・ブウエリエの, 意義がのみ込めない, 意義きわめて薄く男子一生, 意義こうしたものを, 意義ご存知かな, 意義さえが意味さえが, 意義さえも最も受動的, 意義ている, 意義すらも甚だ漠然たる, 意義そういう意味での, 意義そして之等の, 意義それの, 意義それらのこと, 意義だろうがこの, 意義づけられ差別された, 意義づける最後の, 意義であったと思う, 意義であり同じ動機, 意義であるならばこれ, 意義でないやうに, 意義でなければならない, 意義とかいうことを, 意義とかが少しも, 意義としては親しく至尊, 意義としても文法的には, 意義とでも遊戯とでも, 意義とともに深く動かされる, 意義とも関係が, 意義とやらに就いて, 意義と共に啓蒙, 意義ほりの, 意義なぞは頗る可笑しい, 意義なども逆に, 意義なんらかの形式に, 意義においてにせよ思ひを, 意義にさえなった, 意義についての対談も, 意義についてのみ見ようと, 意義にとってはまだ入口, 意義によつて書く, 意義によりよく応える, 意義によるので, 意義に関して責任を, 意義はじめて全し, 意義はと言えば, 意義は種の繼續也, 意義ばかりしか残らなかつた時代, 意義ふかきをおも, 意義かい現実, 意義ほど自己について, 意義またはこの訳語, 意義まで溯る事, 意義よりは高大で, 意義らしいものは, 意義をさえ帯びて, 意義ソヴェト同盟をわれわれ, 意義ナポレオンの偉大さ, 意義ニ代フルニ此等小君主, 意義ニ於テモ少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ, 意義の境, 意義不可解な誤訳だらけ, 意義不明なほと, 意義並びにその研究法, 意義乏しいように, 意義二つあって, 意義二重の結果, 意義の美, 意義学派に対する, 意義以上に生, 意義以外何等價値, 意義何らかの形式に, 意義信念なりき, 意義分化以前のほか, 意義分明ならず, 意義効用を忘れる, 意義三段ノ, 意義合理化せられて, 意義固定から語根, 意義多少分らず, 意義太陽内部の放射性物質, 意義幾多の變遷, 意義性質については上来項, 意義に苦し, 意義方式なども或いは, 意義明かならざるところ多し, 意義明らかならざれば, 意義昭和新時代の円本書肆, 意義曖昧なラヴ, 意義本質を逸する, 意義本質價値を掲げ出す, 意義本領を強調, 意義の苦痛, 意義比較の価値, 意義さとを, 意義発生径路を持つた, 意義的価値に於, 意義真に聰明な, 意義変りて, 意義二に, 意義自然才の字, 意義表現を助ける, 意義である, 意義通りの結果, 意義闡明したいもの, 意義随つて甚俗悪野卑, 意義顕露なり