青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「意外~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

愈々~ ~愉快 愉快~ ~意 意~ ~意味 意味~ ~意地 意地~ ~意外
意外~
~意志 意志~ 意気~ 意気地~ ~意義 意義~ ~意見 意見~ ~意識 意識~

「意外~」 4999, 54ppm, 2148位

▼ 意外~ (1814, 36.3%)

75 ことを 46 ことが 41 ことに 34 顔を 21 気が 20 事を 19 ことには 15 ところで, ものを 14 ところに, のは, 言葉に 11 結果に, 言葉を 9 ような, 感に, 時に, 犯人 8 ものが, 事には

7 [11件] ことで, ことも, 事が, 事に, 出来事に, 思いを, 所で, 発見に, 発見を, 話を, 顔し

6 ものであった, ものに, 事件が, 事実に, 人の, 感じが, 所に, 眼を, 結果を, 面持ちで

5 ことであった, ことな, ところから, 事実を, 光景が, 光景に, 処に, 場所に, 感を, 物を

4 [27件] ことだ, ことは, ように, 事で, 事ばかり, 事実が, 人物が, 人間の, 光景を, 出来事が, 効果を, 声が, 思いに, 悲劇が, 感じに, 感じを, 方向に, 方面から, 方面に, 氣が, 言を, 話に, 質問に, 質問を, 面持で, 面持であった, 顔した

3 [30件] ことから, ことだった, ことにも, ことの, ことばかり, ときに, ところへ, のに, 不幸が, 人に, 人を, 位に, 位鮮に, 処で, 問いに, 女の, 奴が, 愕き, 感が, 所へ, 方面へ, 発見, 目に, 秘密が, 答に, 言葉が, 話である, 返事だった, 返事に, 顔つきを

2 [87件] くらいだった, ことだろう, ことである, ことばだった, ことばです, ことばに, ほどたくさん, ものだった, もので, 事だ, 事の, 事件に, 事実であった, 事実な, 事情が, 人が, 人だった, 人物に, 人物を, 仰せでは, 作用を, 兇器, 出来ごとの, 出来事の, 動機が, 反響を, 名を, 告白に, 問いが, 報告に, 場面に, 変化に, 多数犯人, 失敗を, 家庭の, 容子を, 幸運を, 彼の, 待合な, 念に, 思いが, 悲劇を, 或る, 所から, 拒絶に, 敵が, 方角から, 時期を, 椿事が, 涙が, 災難に, 父子の, 物が, 犯人の, 状態に, 獲物に, 現実に, 現象が, 環境に, 疑問を, 発展を, 発見は, 祝福を, 秘密を, 答えだった, 結果が, 羽目に, 處で, 行動, 親しさ, 言葉だった, 言葉で, 訪問者が, 訪問者を, 話で, 話な, 話の, 辺に, 連帯を, 邂逅を, 関係が, 陰翳の, 雄弁に, 面持ちを, 面持です, 面持を, 驚きを

1 [853件 抜粋] あまりにも, いい人間, いさぎよい返事, おことば, おもいに, お久美さん, お客さんだつた, お怒り, お望み, お綱, お話, お越しに, お顔, くらいだ, くらいな, くらい感情, くらい近く, ことかも, ことだらけであった, ことであったろう, ことでした, ことでも, ことと, こととして, ことばかりを, この場, この男女, さまも, しかもまた考え様, そして又余りに, たるの, できごとが, できごとは, というごくごく, というよう, といふ感想, といわぬ, ところがら風の, ところを, なぞを, のでありまし, のです, のでそんなにやすやす, のでねェ, ので信じ, ので全く, ので右門, ので思わず, のと, のにその, のにただただ, のに夢, のに驚かされた, のに驚かされない, のに驚ろか, ふうにも, ほどいい, ほどしとやか, ほどで, ほどでございまする, ほどでした, ほどにもハッキリ, ほどにも美しい, ほどに其の, ほどに落ちつい, ほどの執拗さ, ほどの正しい, ほどの鮮明さ, ほど優遇, ほど多く, ほど少い, ほど広く, ほど従順, ほど明るい, ほど烈しい, ほど簡単, ほど美津枝, ほど軽く, まちがい, までに牢固, めぐり合わせに, ものだ, ものである, ものも, やうで, やうな, やつに, ようで, よろけ方を, 一事件が, 一条の, 一瞬間の, 一連の, 下手人に, 不安が, 不思議な, 不自然や, 不評であった, 且つ不可思議, 中毒作用さへ, 主張を, 予想外な, 事でした, 事と, 事件から, 事件で, 事件では, 事件の, 事体が, 事実と, 事態が, 事柄が, 事柄では, 二人の, 二人連れを, 人々, 人々に, 人で, 人では, 人と, 人への, 人までが, 人數と, 人物だ, 人物な, 人物の, 人迄, 仕掛, 代物でした, 仰せを, 伏勢, 会話が, 位執拗に, 体だった, 作才に, 例を, 便宜を, 信仰も, 修羅場に, 備えの, 傷ましい, 儲けものでも, 儲け方を, 儲け物も, 兇器と, 光が, 光景だった, 光景で, 光景であった, 光景は, 光輝は, 其の場, 内容であった, 処から, 出合いであり, 出来ごとに, 出来事から, 出来事であった, 出来事な, 出来事は, 出現が, 利器素晴らしい, 劇中劇の, 助けが, 助太刀が, 効果と, 動機そのものを, 勝敗が, 勧誘を, 協力を, 印東の, 危機が, 原因でありまし, 反証が, 収獲, 収穫を, 受け方に, 口合いを, 古代路線の, 叫声を, 吉報に, 名が, 名まえ, 名前で, 呂布の, 命を, 命令な, 問に, 喜びにどきんとするくらいだったのか, 喧嘩が, 噂が, 囁きが, 土地へ, 圧倒感を, 圧迫を, 報告が, 報告である, 報知を, 場合に, 場所から, 場所での, 声を, 変を, 変事も, 変化が, 夢に, 夢遊探偵, 大きい果樹, 大きな事実, 大事に, 大事には, 大捕物, 大物な, 大珍事, 大身から, 天くだりの, 失敗から, 失策に, 奇功を, 奴ばかり, 好天気, 好結果, 好転に, 好運も, 姫君と, 嫌疑が, 安二郎の, 客が, 宣告に, 容子でも, 容貌も, 小室の, 展望に, 展開, 展開を, 嵐に, 帆村の, 平野を, 幸福を, 庖丁を, 廊下を, 廣さ大き, 廻り合わせについて, 強弁としか, 強敵の, 形勢に, 御意, 御斟酌, 御馳走が, 心地が, 心外だ, 忖度までも, 忠告である, 怒りに, 思いがけない解釈, 思を, 急所でありました, 怪物が, 恋を, 恐ろしいこと, 恐ろしい結果, 恐ろしい遭遇, 恰好に, 悲しいこと, 悲劇という, 情けの, 惨劇に, 想を, 意味が, 意気込に, 感さえ, 感じだった, 感じは, 感は, 感銘に, 態度に, 憎悪を, 成行きに, 戦果を, 所まで, 手懸りが, 手答えの, 手紙の, 手違いを, 批評は, 技師の, 折竹の, 拘束が, 拘束の, 拾い物が, 挑戦者等が, 挨拶だった, 振舞は, 掘り出しものに, 推理力や, 提議と, 援助が, 支配力を, 支障に, 敏感さに, 敵と, 敵は, 文使いが, 文句の, 新しい知識, 新科学兵器, 新鮮さで, 方が, 方向と, 方法の, 方面の, 方面を, 明智の, 時何でも, 時間を, 景気に, 暗号電信が, 暴威を, 最も無, 机博士の, 来客が, 東洋人の, 枝の, 椿事の, 様を, 様子で, 様子も, 権利が, 機会であった, 機会に, 欠陥を, 歓びだった, 正体, 殆ん, 気に, 気持, 気持が, 氣は, 決意だ, 決意に, 波紋を, 流儀の, 浄土が, 消息も, 淀みを, 深部にまで, 温い思い, 満足を, 災厄を, 点の, 物の, 物理学応用の, 物音が, 犠牲, 犯人だ, 犯行者が, 状態が, 狼藉者を, 獲物が, 獲物である, 珍事が, 珍客が, 現実の, 現象だった, 用事だった, 男だ, 男と, 男の, 瘤礼讃を, 発見が, 発見だ, 発見によって, 相場で, 相手, 相手を, 真相だ, 真相を, 眼で, 知らせだった, 知恵の, 破壊者を, 神速と, 程であった, 程の, 程腹を, 空気が, 窪地が, 窮屈さを, 答えであった, 答が, 答へに, 算式と, 細工師ぢや, 終局を, 経験が, 結果と, 結果や, 結論が, 緊張を, 罵声を, 美しさ, 聞き耳が, 臨時ニュースの, 自慢を, 致命傷と, 興奮と, 芸が, 苦しい話, 苦心は, 苦情を, 莫迦を, 處にも, 血を, 行動の, 行動も, 行為の, 衝動を, 衝撃を, 表情を, 裁判医の, 裝飾が, 西洋人から, 規に, 親切者に, 角度にまで, 言に, 言葉であった, 言葉である, 言葉でつ, 訪問が, 証拠が, 証言を, 話うん, 話だつた, 話だろう, 話でした, 話は, 誤算も, 説教, 調子で, 警告と, 議題が, 賞讃を, 赤羽主任の, 趣の, 足音を, 身代りでは, 軽々しさ, 軽さ, 辺が, 返事が, 返事で, 返事を, 逆手に, 通達が, 連想であった, 運動が, 遠國, 遺恨を, 邂逅である, 邂逅に, 邊に, 邪魔者も, 重大性を, 鋭さで, 長座を, 開きを, 閑人的学究の, 間違いで, 闇の, 陰謀が, 陳述は, 陳述予想外の, 障害物と, 離れ業を, 離陸, 難点に, 電文だ, 青年紳士が, 非常識な, 面で, 面を, 面持, 面持ち, 面持であれかれ, 面白いところ, 題目で, 顏立で, 顔つきで, 顔であった, 顔は, 顔付で, 顔色であった, 飛入, 餘り, 馬に, 高さ, 魔の, 鴫丸の, 黒天使の

▼ 意外~ (894, 17.9%)

22 感じた 21 思った 13 感じたの 11 思って, 思つた 8 思いながら 7 思いました 5 多くの, 思ったの, 時間を 4 多いの, 思ったこと, 時間が, 驚いて

3 [16件] して, はっきりした, 多い, 強かった, 思ったが, 思ひながら, 感じたこと, 感じて, 感じながら, 感じました, 早く来た, 深い, 深刻な, 驚いた, 驚いたの, 驚きながらも

2 [45件] おどろいた, おどろいて, おもいながら, お早い, それが, つかつて, キチョウメン然し, 多いこと, 大きかった, 少い, 少ない, 屋根の, 思う, 思うであろう, 思されながら, 思ったか, 思ったくらい, 思ったよう, 思ったらしかったが, 思つたのは, 思わずに, 思わせた, 思われた, 思われて, 感じたので, 感じたらしい, 感じたらしかったが, 感じまして, 感じるの, 感ずる所, 打たれた, 敵は, 早かった, 時を, 時日を, 美しい女, 腹を, 自分を, 衝たれ, 進んで, 遠く離れ, 重かった, 重要な, 驚いたが, 驚かされた

1 [632件 抜粋] あっさりだった, あっさりと, いんぎんであった, うたれたと, うたれながら, うなって, うまい食卓, おいしく何より, おお真面目, おくれたそして, おどろいたほど, おどろきながらも, おどろきはてた顔色, おどろき俄, おもって, おもわせたが, おもわれたほど, お目, かさなる意外, かさみ三越, かつ不思議, きついことば, この書, この点, これが, ざわめき立ち刀, しっかりした, しらべが, すぎて, すくなかった, すさまじい伯父, すばらしい効果, その例, その速度, ぞんじます, たくさんの, ただもう, たやすく成功, だらしの, つぐに, つよいもの, てきめんな, なく特に, なまめいた顔, はかどり, はげしかりしを, はつきりした, はやく瀕死, ひまどった, ひろい和洋折衷, びつくりしました, まじめな, めづらしく, もさほど, もつれた形, もろいぞ, やさしいだれ, やわらかく下り, よかった, よろしく今日, わき路, カンタンに, ガタガタ顫え, ジョーンを, ズシンと, トントンと, ハリキリまともな, ワイセツさは, 丁寧だった, 上出来な, 上機嫌な, 下手な, 不愛想, 不振で, 不覚を, 世間の, 主水, 主要な, 乗り気に, 事実で, 云い過した, 人が, 他愛なく終った, 仰天しました, 低いところ, 低かった, 偉い人物, 優しいなに, 優しい訊ね, 元気で, 入って, 全く同じ, 其の人, 冷めたくとりあわなかった, 冷気なり, 冷静沈着であった, 凡てが, 出づ, 出で, 出でたの, 出でたる驚, 刑が, 利いたらしいので, 十兵衛も, 十兵衞も, 卑近な, 単純に, 厳格な, 及第し, 反感を, 反響を, 口を, 吹き出したくも, 呆れて, 呆気なく戸, 呆然と, 善い, 喜ばれたのに, 喫驚した, 困難なるべき, 圧倒的だ, 堅い決意, 堅くな, 堪えんといった, 売れて, 多いです, 多いよう, 多からう, 多く一週間, 多く救護班, 多く横, 多勢の, 多大なる, 多数な, 多数の, 大きいと, 大きいの, 大きいので, 大きいパーセント, 大きい音, 大きくしかも, 大きくなっ, 大きくなつた, 大きくも, 大きく船, 大きなもの, 大きな人だかり, 大きな功, 大きな動かし, 大きな場所, 大きな拾い物, 大きな衝動, 大きな音, 大人ぶった, 好々爺で, 好評であった, 威張った位置, 嬉しい, 存じまするいずれ, 存じます次第, 学問の, 安かった, 安つ, 安価な, 安易な, 客が, 宥められるよう, 容易く纏まった, 容易であった, 寒くない, 寒冷に, 小さいもの, 小さな声, 少いが, 少いだらう, 少いよう, 少いレコード, 少く一月分, 少く僅か, 少しく呆気, 少ないこと, 少ないという, 少ないの, 少のう, 嵩むこと, 嵩む移転費, 嵩んで, 左門は, 帰着した, 平気で, 平気な, 幸子さんの, 広く遠い所, 広大である, 広大に, 広範囲に, 弁論に, 弱々しかつ, 弱い音, 強いので, 強い権威, 強かつ, 強くすぐ, 強く聞きかえした, 強く肩先, 強く腹部, 強烈である, 当選し, 役に立つ場合, 彼女の, 得られようと, 復興が, 心が, 心を, 忘却し, 思いそれ, 思いながらも, 思いふと, 思うたか, 思うだろう, 思うであろうお前, 思うであろうところ, 思うらしかった, 思う筈, 思う節, 思えた, 思えるでしょうか, 思ったけれど, 思ったと, 思ったなどは, 思っても, 思つ, 思つたのだ, 思つた位鋭い, 思つてゐた, 思はる, 思はれた, 思ひそして, 思ひどこ, 思ひました, 思ひます, 思ふくら, 思ふだらう, 思ふだらうが, 思ふの, 思ふほど, 思ふ両親, 思ふ人, 思ふ風, 思わずには, 思わず大きな, 思わず失笑, 思われた方, 思われるの, 思召す, 思召すか存じませぬ, 怪異が, 恐ろしい結果, 恐縮し, 悪くかつ, 意志が, 愕いた, 感じき, 感じたが, 感じただけ, 感じたらしく暫く, 感じた事, 感じた平静さ, 感じないわけ, 感じなかっただろうか, 感じながらも, 感じるだろう, 感じるであろうか, 感じ乍ら, 感ずると, 感ずるほどに, 感ずるよう, 感ずる人, 感ずる位, 感ぜられた, 感ぜられたと, 感ぜられるであろう, 感ぜり, 憔悴も, 成功した, 成績が, 手ごわい, 手数の, 手間どつたので, 手間取って, 打たれたの, 打たれたよう, 打たれた人々, 打たれて, 打たれもうしばし, 打たれると, 打ちしおれて, 打れたる, 捗ると, 捗るの, 收穫, 改った, 新しい感銘, 新鮮な, 於て, 早いの, 早い上, 早かりし, 早くしかも, 早くたった, 早くなされる, 早くもう, 早くわれわれ, 早く世, 早く兜, 早く分かった, 早く勝ちすぎた, 早く成就, 早く押しつめられ, 早く押し寄せ, 早く日脚, 早く治った, 早く火, 早く片づいた, 早く突然, 早く経過, 早く見ぬく, 早く頂上, 早く高い所, 早く高麗村, 明るいので, 晴がましい事, 暇どりて, 暇どりまして, 暑くロンドン市中, 暗い, 柔かであった, 柔和そうな, 根が, 根強くやり, 桔梗様が, 棒の, 楽しかった, 歌など, 歌詞作曲樣式上の, 正直な, 此処の, 水夫らが, 永く滞在, 沢山葉, 泥酔が, 活溌な, 浸水が, 深い根, 深くこれ, 深く大きいらしい, 深く彼, 深く殆ど, 深く物, 混み合って, 清潔な, 温帯的な住み, 澄んだ目, 激しい語気, 激しく思ふ, 炎暑を, 無言の, 熾しくかつ, 父が, 物凄く茶臼岳, 現実問題に対して, 現実的な, 理解が, 生真面目な, 疲労し, 白らみを, 皆打砕けた, 相違ない, 相違なかっ, 真剣だった, 真剣な, 真統, 真面目な, 真面目の, 眼を, 磯五の, 私は, 秩序が, 積り掛けた, 空気は, 簡単だった, 簡単に, 紋太夫は, 素子が, 素直で, 素直に, 結構だつた, 經過の, 綺麗な, 緊った, 繁昌した, 繁昌する, 美しく引立, 美ならざる, 美味かった, 美味しいもの, 群集は, 翩翻と, 能率が, 腑に, 臍を, 興味ある, 良い字, 良好である, 良心的の, 若々しく肌, 若いので, 若くて, 苦も, 荘重でない, 莫大なる, 落ちついた態度, 衆望が, 複雑し, 複雑だ, 複雑に, 西洋の, 見たという, 見舞われて, 親しみの, 詰らぬもの, 讀者うけ, 豊かな, 貧弱な, 質素な, 起った事, 起るもの, 距離の, 躊躇なく, 躍って, 車が, 軽い, 近々と寄っ, 近い者, 近かったです, 速く新聞社, 造作が, 造作なく, 進みも, 遅くなっ, 道が, 道草を, 遠い, 遠くの, 遠方において, 酔つてゐ, 醜いもの, 重たく彼, 重大で, 重大な, 重量の, 錯雑した, 長かった, 長くなった, 長く持續, 長引いた, 長引きなど, 長引くもの, 間道を, 陽氣な, 集まりが, 難しい大, 静かだ, 静かな, 面喰っ, 面白いもの, 順直に, 頑健で, 頭が, 頭の, 顫ふ, 食べ物の, 駿太郎消失の, 驚いたばかり, 驚いたらしく, 驚いた風, 驚かざるを, 驚きたる武男, 驚きながら, 驚きは, 驚きましたが, 驚くと共に, 驚くの, 驚く人物, 高いでも, 高い汽笛, 高い笛, 高くなり, 高級な, 黙って

▼ 意外にも~ (797, 15.9%)

29 それは 7 私の 6 それが 5 彼は, 自分の 4 女の, 彼の 3 これは, 一人の, 人間の, 私が, 私は

2 [38件] しつこく青年, すぐに, その男, たくさんの, みじめな, われわれの, アッサリと, スルリと, ホテルの, ロダンの, 一つの, 一本の, 主人の, 二人の, 今を, 例の, 倒し甲斐, 先程牛乳屋の, 外見上は, 安二郎が, 宮の, 幽かに, 彼女は, 意外, 戸は, 文之, 殆ん, 法水は, 瑠璃子は, 突然二台, 素直に, 自分に, 若干の, 落ち着いて, 西田と, 重大な, 非常な, 高い崖

1 [646件 抜粋] ああいう, あの明智小五郎, ありありと, いかにも自信, いさぎよく云った, いやに, うまく行っ, おだやかに, おとよが, おりんだったの, おんつぁん, お信さん, お婆さんが, お嬢さんだった, お正, お粂, お芳, お豊, お雪ちゃんが, かえって往々に, かくの, かくわが, かく懇篤, かりそめ, かれが, きちんとし, くたくたと, けさ編輯主任たる, こいつだ, こういった, こう言った, ここに, この一行, この子, この寺, この小さな贈物, こんどは, こんなふしぎ, こんな事情, こんな始末, さい前から, さながら春, すぐ前, すぐ諾いくれ, すぐ近く, すっかり名人, すっかり頭顱, すでに前, すらすらと, すらすら白状, そこに, そこには, そのフアウヌス, その上請, その今日, その仏蘭西, その大きい, その家政婦, その岩穴, その廊下, その扉, その提灯, その方, その日, その横穴, その産み, その疑, その襖, その間へ, その骸骨男, それに, それを, そんな宣告, たいへんな, たったいま常盤御前, たのみきって, てれくさそう, とてもよかっ, にっこり笑いました, にっこり笑った, にらんだほし, ひどい雨, ひょっくりと, ふたりぐらい, また一つ, また見直す, また面白く, まだ年齢, むしろ反, もうひとり, やがて自然科学自身, よく日本, われらの, エキゾチックな, ガンマ星から, グッと, コンクリートの, ジコーサマ一行が, ジャン・ヴァルジャンに, セエラの, セルゲイその, チベット語と, パラオ組の, ビックリにも, ファシズムに, フランスの, ペトログラドに, マヌエラが, メリーは, ヤンが, ヨーロッパ一流の, リアリズムからの, ワハハハ, 一つであっ, 一人も, 一平は, 一彦だった, 一点の, 一番はじめに, 七時頃に, 万年青の, 三ヶ月前から, 三好少将の, 三房の, 三村千代三では, 下司な, 下婢はきはめ, 下手な, 下手人だった, 世間の, 両つ, 中から, 丸山勇仙が, 主人は, 主税と, 乗心地が, 事は, 二十年来の, 二番で, 亜砒酸の, 人の, 仁右衛門は, 今回の, 今後北井家では, 今日の, 会話の, 住田嘉久馬が, 佐川二等兵の, 体格検査で, 余に, 侘びし気, 依田氏夫妻と, 保釈中の, 傀儡師は, 僅に, 僕らの, 兄は, 先客に, 先方では, 先日公告の, 光仙林の, 光子の, 六ヶ敷い, 其處に, 内務省では, 内地の, 内部から, 再び成功, 処女であった, 出口に, 判決申し渡し, 別人の, 前の, 効果的で, 勇ちゃんの, 動こうとは, 動物は, 区裏の, 十七錢, 十兵衛と, 千代子が, 千浪であった, 半兵衛儀は, 南条の, 単調一律な, 博士は, 卷舌の, 又一縷, 反応は, 叔父は, 受けられたの, 叱り付けるやう, 右の, 右門が, 吉野大, 同一の, 同内閣, 向う遥か, 君で, 君であった, 吟味差し止めの, 和歌の, 喜兵衛には, 嗣二の, 器用です, 国民皆兵主義の, 園原家の, 土堤へは, 堂島から, 塚原俊夫君の, 塚本堅造が, 多い, 多勢の, 多数の, 大きいマイナス, 大きな樹, 大したしろ, 大入りだ, 大学生は, 大平さんは, 大当りを, 大砲の, 天野先生に, 夫と, 夫人は, 奇妙な, 奇怪な, 奇怪を, 奥まったほの暗い, 奥家老の, 女, 女であった, 女子の, 女学生だった, 女房が, 好運だった, 妊娠三カ月という, 妹の, 妻の, 娘の, 婀娜な, 嬉しそう, 安寿の, 安福軒は, 宗清の, 実にアッ, 宮子, 家の, 富田家の, 寝床の, 寺僧たちは, 小さな瘤, 小林秀雄氏一人ある, 小郷殺しを, 少いもの, 少年の, 居間の, 山岸中尉であった, 山県紋也では, 左近と, 市村弁護士の, 帝都は, 平然たる口, 平生の, 幽かで, 広大な, 強硬な, 役人の, 彼が, 彼女に, 彼女の, 彼女を, 後ろから, 徳間峠を, 心ひそかに, 忌中の, 忽ちに反響, 忽ちへなへなとして, 思いも, 思わなかった, 思想家らと, 性的な, 怪塔王らしい, 恩を, 恩賜の, 悔という, 悲鳴の, 意外それは, 意外でない, 意外とっく, 意外の, 意外余りに, 意外例の, 意外突然, 意外麗人糸子の, 感じそして, 感じて, 感得し, 憎悪の, 戸が, 手軽る, 承諾を, 折目が, 挑戦的な, 敬治君来庵自宅から, 敵の, 文学者と, 新年に, 新聞の, 日本人だった, 日本語で, 日本語では, 日頃の, 旧友の, 早くあの, 早くやってきた, 早くやって来た, 早く一夜, 早く夜警, 早川辰吉が, 早川辰吉の, 明るい賑, 明日子は, 明智が, 星宮理学士だった, 春さんといふ, 昨夜の, 昼の, 暗道, 曇って, 書いて, 服部平四郎は, 木々彦の, 木戸は, 未知の, 本多忠政松平忠明等渡辺大谷などの, 本物の, 村の, 東北の, 東大の, 東海道軍の, 柳丹永が, 柳澤健氏が, 柳生の, 案内を, 検事と, 検事は, 極めて眞面目, 極端な, 横堀であった, 樹明君が, 機体は, 正しくない, 此世へ, 死んで, 母は, 氏が, 氏の, 氷を, 決してそうで, 決してそれほど面倒, 沈着な, 洋装の, 洞穴では, 流産らしい, 海峽あたりで, 深いいた, 深山理学士の, 清潔に, 満足され過ぎる, 澄んで, 炉の, 煙を, 熊城の, 熱心な, 熱海で, 燈火が, 父が, 片方に, 牧野に, 物資が, 特別に, 犯人は, 状貌魁偉なる, 狂人が, 狭い不完全, 現実と, 甚だ悄然, 生まれてから, 甲州口でありました, 男の子が, 男は, 男子自身な, 病気で, 発せられた瞬間, 発禁と, 盲目の, 相手は, 省吾は, 眼の, 矢倉の, 矯風会あたりの, 研究所の, 砲撃を, 硬派は, 神尾は, 私を, 科学そのものの, 程遠からぬ, 穏かに, 空家に, 空家ばかり, 突然兄さん, 突然眼鼻, 突然連判状, 窓を, 立ち消えは, 竹刀を, 答へは, 箱自動車は, 精巧を, 紅琴の, 純八なりし, 絶えず女, 緑川夫人では, 縁談の, 美しい女性, 義理堅く他人, 羽生は, 職工頭の, 背後の, 腰掛に, 自分という, 自分は, 自動車は, 自由と, 至極陰影明朗, 若々しい響, 若く病死, 若僧な, 若夫婦, 苦しい事業, 英信は, 茲に, 落ち着いた声, 落着いた, 蒸しかえし的, 薄桃色, 蚊が, 蜀軍は, 血書を, 行方不明を, 衣子の, 表情の, 複雑に, 覆面の, 言語的障碍を, 該老人こそ, 誰か, 誰か人の, 誰一人として, 豚盗人は, 貴様が, 賛成らしい, 赫ら顔の, 軽い微笑, 軽くうなずいた, 輓子達は, 追跡されてる, 逆封, 逞しいの, 道が, 道中おとなしく, 道庵先生の, 達て, 鄭重で, 醍醐弦四郎その, 重性の, 金雀子街と, 銀行の, 銀行内に, 長寿者の, 阿片窟の, 陣十郎から, 階段下を, 電車は, 露子を, 青木その, 静かに, 非難の, 面目を, 頑強な, 颱風が, 餌壺に, 馬の足下に, 駆けこんで, 驚くべき非常識, 魚は, 黒いインド人, 黒豚の

▼ 意外~ (562, 11.2%)

35 感に 11 感を 9 思いを 6 出来事に 5 ことで, ところに, 事件が, 光景に, 方面から, 結果を 4 ことであった, ことに, ことを, 人が, 問に, 感が, 時に

3 [12件] ことから, ところから, ところで, ようで, 事を, 事実を, 反響を, 変事が, 大入りを, 敵に, 結果に, 長篇として

2 [42件] ことが, ことだった, ことには, ことばかり, できごと, ようだ, ようだった, ような, ように, 一言に, 中の, 事で, 事に, 事件に, 人の, 光景を, 処へ, 出来事から, 出来事が, 功を, 喜びだった, 困難が, 報告に, 多作を, 失敗を, 幸運に, 思ひを, 感あり, 感ありし, 感じを, 成功に, 救助を, 数だ, 新例, 珍客として, 結果と, 言葉だった, 言葉に, 話を, 誤解を, 面持で, 顔だった

1 [323件] あたりより, あつかいに, あまり, あろうはず, いいがかり, おほ, お言葉, ことにも, ことの, ことばに, ごとき面持ち, ご迷惑, さけび, しけに, その道の, そぶりを, ために, でき事, ところへ, ところまで, なかの, ひっかかりを, へんにも, ほうへ, まぐれあたりに, また意外, ものから, ものが, ものだった, ものであった, やうに, ようである, ようです, よろこびが, よろこびに, オモテナシに, 一ツ, 上に, 上にも, 上使, 上首尾養父も, 不思議が, 主張には, 事ある, 事どもを, 事の, 事ばかり, 事までは, 事実, 事実が, 事実であったらしく, 事実に, 事実については, 事情の, 事柄である, 事業を, 人から, 人に, 人材が, 人氣を, 人物が, 人物であったらしい, 人物の, 人間世界を, 仕合わせと, 仕打に, 伏兵に, 余り兵を, 余り度を, 便宜に, 側面に, 優しさ, 光景が, 光栄で, 光栄を, 写真が, 冷たさ, 冷気に, 処から, 出来ごとだった, 出来ごとに, 出来事の, 利得有之, 功績を, 助けが, 労を, 効果を, 動作を, 務力を, 勢力ある, 勢力と, 危険に, 厚遇に, 厚遇を, 又意外, 収穫を, 吉報に, 名幅, 呼びかけを, 問いを, 問答を, 喜びであった, 喜びなり, 喜悦に, 回復を, 土地で, 地で, 城壁, 報酬を, 場所に, 塲所で, 声を, 変を, 変化が, 変化を, 外出を, 大亂戰, 大事を, 大事業, 大儲けだった, 大功名, 大功績, 大惨, 大手柄を, 大手術, 大敵に, 大漁であった, 大物らしい, 天變の, 失敗に, 失敗にな, 失礼を, 失礼何卒, 失策御, 奇遇を, 女と, 好天気, 好成績, 好評を, 妨げに, 宝を, 客人が, 寛大が, 寸隙より, 対面, 就職難で, 岩下先生の, 幸です, 強襲で, 強襲であった, 当りで, 影響を, 御一言, 御無沙汰貴方は, 御迷惑, 御風聞, 御馳走, 念も, 念よりも, 念を, 思いやら, 恩賞に, 悧発さを, 悪知恵を, 悲劇に, 想いを, 意外だ, 意外であるらしかった, 意外として, 意外南蛮渡来の, 感, 感あらしめた, 感ある, 感じの, 感じは, 感には, 感は, 感動を, 感覚に, 感銘を, 成功であった, 成功と, 戯曲を, 所で, 所に, 所へ, 所より, 手土産に, 手強さ, 手抜かりが, 打ち明け話, 打撃によって, 打撃をも, 抗抵, 抗議を, 招待, 拾い物であった, 掘出し物であった, 掘出し物である, 掘出物, 援助が, 損失を, 效果に, 救いが, 敗北を, 敵が, 新味に, 新発見, 方向から, 方向に, 方向へ, 方面より, 早さ, 早起きで, 時刻に, 時間を, 景物までも, 景色に, 智慧であったろう, 月日好に, 望に, 未練に, 椿事が, 椿事に, 椿事の, 椿事出来の, 業を, 様に, 機会から, 機知で, 汚点を, 活躍を, 激変も, 災難が, 為に, 爲め多少, 物を, 犯人, 狼藉でありました, 獲物である, 現象が, 現象です, 疑念を, 療法が, 発見である, 益す不服, 相手と, 相談を, 真実が, 真相が, 眼を, 知己も, 破産に, 示唆を, 祕密が, 禍いが男の, 答であった, 素振りを, 累いを, 結末な, 結果だった, 聯絡を, 腕立て, 舞台面が, 色も, 處分に, 衝動を, 表情が, 表情に, 褒辞を, 見落しや, 親しみを, 言あり, 訳だ, 話であった, 話である, 誹謗の, 警報が, 變り, 賞讃を, 賞賛, 質問だ, 質問である, 質問な, 質問を, 辺に, 辺において, 辺にて, 辺にも, 辺より, 近くに, 返事であった, 返事に, 連想から, 連続である, 進撃を, 遊戯的な, 遠くから, 邂逅に, 邪魔が, 重税を, 重量が, 金を, 金儲けを, 金員を, 鋭鋒に, 鍵が, 限りでない, 障害が, 障害を, 障礙が, 面地し, 面持だった, 面目を, 頼みに, 額に, 顔で, 風雲, 騒動が, 驚くべき事件, 驚異で, 高水が, 麁相を

▼ 意外~ (91, 1.8%)

40 あつた 7 はない 4 はなかっ 2 さえあった

1 [38件] あつたらしい, うれしいの, お角, ことに, しかも偽り, たまらなかった, となりに, はあった, はあったろう, はあつ, はありません, はありませんでした, はある, はあるまい, はなかったろう, はなかつた, はゼロ, は有る, は無い, また重大, まるで雑草, もなかっ, わしは, サン・ドゥニ街の, ナアニオ, ノーと, ピリピリと, 且つ異彩, 何か, 墓掘り人が, 小さい窓口, 従来の, 心外だ, 村人に, 私は, 腑に, 誠に平凡, 返事を

▼ 意外なる~ (77, 1.5%)

2 変化を, 発見に

1 [73件] おん仰せ, ことあの, ことを, ご叱責, ところから, にわれ, に何等, に呆れ, に服する, に駭, に驚いた, に驚きぬ, に驚愕, もらい物, リット少将の, 事多し, 事実であった, 事実を, 佳景を, 光景であった, 光景に, 光景を, 光耀の, 内容の, 出来ごとについて, 出来事が, 出来事に, 利用である, 劇外劇で, 収穫, 口説の, 報告とは, 報告を, 境遇に, 大力無双の, 大震動, 存在に, 寂しい反映, 市街地の, 待人, 待遇かな, 態度は, 成行の, 所に, 手利きでありました, 敵, 敵の, 新作が, 月の, 本質が, 来訪者を, 椿事が, 楽天家である, 消化を, 知識を, 第二, 美観を, 自由の, 良夜と, 話に, 話を, 追憶の, 運命は, 邂逅, 醜態から, 針路に, 闖入者, 顏付を, 顔つきに, 顔色にて, 顛末の, 風景が, 驚嘆の

▼ 意外~ (74, 1.5%)

65 つたのは 4 という顔 3 というよう, と云, と思った 2 という表情, という面持, と云う, と思ふ, よ, わ

1 [38件] おれには, があの, がうしろ, がこんな, がさもそう, が忌々しい, し二, し心外, つたといふ, つたのか, つたのその, つたのでかう, つたのでございませう, つたらしい, つた事には, つた事を, つた今日は, つた君の, つた彼が, つた芭蕉翁は, という, というの, という眼, という顔つき, という顔付, という風, といった面持ち, といった顔, といふ表情, といふ顔, といふ顔つき, とおっしゃいました, とし, とは思はない, と思, と驚いた, な, のと

▼ 意外だった~ (70, 1.4%)

13 のは 53 のだ, のである 2 ことは, な

1 [42件] からである, か熟, が, があの, がその, がそれ, がトルーソツキイ, が京吉自身, が変, が彼女, が意外と, くらいあの, そうです, という気, と云わね, と見え, なあ, に相違, に違い, ね, ねえ, のでいよいよ, のでおどろいた, のです, のでとうとう, のでふたり, ので声, ので狐, ので私, ので自分, ので茫然, ので葉子, ので黒布, のにく, のよ, ばかりで, ほど巧妙, ような, ように, よ妾, 事には, 源氏は

▼ 意外千万~ (55, 1.1%)

3 であった, なこと 2 だといふ, な出来事, な大, な意味, のこと

1 [39件] だ, だったね, であつ, で今日, というほか, とは此, なあるもの, なだけ, なので, な事, な事実, な人, な人間, な処, な大胆不敵, な奇怪, な引合せ, な手紙, な推測, な暗示, な深刻, な珍しい, な発明, な真犯人, な眩, な秘密, な言葉, な訳, な陳述, にも, にもこの, にもその, にもそれ, にも源三郎, にも真紅, の儀, の出来事, の話, 近藤勇は

▼ 意外~ (54, 1.1%)

2 に呆れ, に暫く, に目

1 [48件] だけでも容易, だった, だったらどんな, でありまた, という, とその, とで伸子, とをこめ, とギャラップその他, と共に突然, と寂し, と満足感, と漠然, にあっと, にすぐ, につづけ, にとまどった, にぼうぜん, にアーッ, に吃驚, に呆れた, に呆氣, に寧ろ, に度胆, に思わず, に押えた, に気づいた, に混乱, に福, に私, に笑い, に躊躇, に途方, に面, に驚いた, はなく, は一そう, は忿怒, ばかりでない, もありました, をあらわし, をいい, をのぞけ, をよそよそしい, をよろこび, を与える, を感じ, を示し

▼ 意外そう~ (43, 0.9%)

4 な表情, な顔 32 だった, にいった, に訊いた, に顔

1 [24件] な, なその, な声, な眼, な瞳, な語調, な面持, な顏, にいう, にききかえした, にながめ, にのろのろ, にふたり, にわが子, に云い, に僕, に出, に反問, に同時に突然, に呼びかけた, に支店長, に甲高い, に相手, に祖母

▼ 意外~ (32, 0.6%)

2 それは

1 [30件] あたりまえの, お十夜孫兵衛, お金持, ここで, このクサリ脚本, すでに古高, そこにも, そこの, そこも, その墨屋敷, のんで, 一匹の, 七分強位の, 上から, 不敵な, 事件に, 今夜も, 余りにも, 吉原の, 土橋ご, 日本人, 時ならぬ, 空席あり, 突如と, 耳もとで, 自動車は, 草刈真太が, 衣子が, 電光石火, 題を

▼ 意外~ (31, 0.6%)

6 するところ 3 したの 2 するの, する所

1 [18件] いいたい簡単, いい頗る, いうべきでありました, いうべきでいずれ, いうべき猿田飛行士, いうよりも, いって, されたで, したこと, したところ, したらしい, して, しまた, すること, するほどに, するほどの, するらしく, する所也

▼ 意外であった~ (24, 0.5%)

2 ので父, のは

1 [20件] かと思われる, がお, がこの, がその, がもっと案外, が叔父, が子供, が沢庵, この一日, しまた, し彼, だけだ, ということ, というよう, という心持, とみえる, ね, ので, ものだ, ように

▼ 意外でも~ (22, 0.4%)

3 何でも 2 あった

1 [17件] あったが, あつた, ありあたりまえ, ありうれしく, ありとんだ, ありなんとなく, ありまた, あり何, あり嬉し, あり当然, あり心外, あり物騒千万, あり言わるるまま, あろうけれども, ないと, なんでも, 一刻前に

▼ 意外~ (20, 0.4%)

2 意外, 意外その

1 [16件] 意外あまりに, 意外この, 意外じつに, 意外それは, 意外だ, 意外です, 意外も, 意外主家の, 意外土人酋長オンコッコの, 意外山の, 意外恋人栞が, 意外杉田二等水兵も, 意外森氏は, 意外老人の, 意外自分を, 私は

▼ 意外である~ (16, 0.3%)

1 [16件] かも知れない, から單純, が合理的, が新, が要するに, けれど其の, ことの, こと納得の, し子供, というよう, といっ, と共に腹立, のとで, ばかりか自分, 幽霊火と, 此の

▼ 意外です~ (14, 0.3%)

2 な, ね 1 いわんやその, が先程宵, どうしてまた, なあ, な小, ねえ, ねえあなた, 君が, 秩父天童谷で, 道の

▼ 意外という~ (14, 0.3%)

2 ほかは

1 [12件] その表情, ような, 以上の, 外に, 字が, 表情を, 観念が, 面もちで, 顔つきで, 顔付きその, 顔色を, 風に

▼ 意外とも~ (12, 0.2%)

1 [12件] してないらしい容子, なんとも言いよう, また意外, 云ふべき, 例外とも, 意外, 意外その, 意外な, 意外人造人間の, 感じなかったもの, 言語道断とも, 響かなかったの

▼ 意外らしい~ (11, 0.2%)

2 顔を 1 叫び声, 様子も, 気色を, 聲を, 表情を, 面持を, 顔つきだった, 顔つきだつた, 顔の

▼ 意外~ (10, 0.2%)

1 そのまま信長, もたらした事情, もって, 呼んだ, 常法と, 感じたのみ, 感じない, 感じ路傍, 狙いすぎて, 知らず清松

▼ 意外でした~ (9, 0.2%)

2 ね, ので 1 けれど, しかしながら胸いっぱい, どうせしみじみと, ので思わず, よ

▼ 意外きわまる~ (8, 0.2%)

3 ものであった 2 話だ 1 事実を, 物を, 理由あるなり

▼ 意外らしく~ (8, 0.2%)

2 長吉の 1 また軽蔑, 女は, 愕き, 目を, 眼を, 胸まで

▼ 意外~ (8, 0.2%)

7 の意外 1 には二ツ

▼ 意外~ (7, 0.1%)

1 つきものだ, とにかくとして, ない, べつものだった, 強いて, 意外であっ, 決して罪人

▼ 意外また~ (6, 0.1%)

4 意外 1 大意外の, 意外である

▼ 意外であっ~ (5, 0.1%)

2 てこの 1 たりはからざる, てもムリ, ても決して

▼ 意外であり~ (5, 0.1%)

1 あわただしい場合, また滑稽, 不可解でも, 乍ら而も, 放心だ

▼ 意外から~ (4, 0.1%)

1 奇怪へ, 意外あまつさえ美しくも, 意外へ, 意外へと

▼ 意外~ (4, 0.1%)

1 あり無知, 今にも目, 意外でなくなり, 重なった

▼ 意外それ~ (4, 0.1%)

1 から数時間, は死んだ, は金髪, は頭

▼ 意外だったらしく~ (4, 0.1%)

1 いかにもうれし, ひととき足を, 全身で, 暫くぼんやり

▼ 意外とは~ (4, 0.1%)

2 思って 1 しないよう, 存じません

▼ 意外なり~ (4, 0.1%)

1 としました, とせん, 境遇も, 特賞が

▼ 意外には~ (4, 0.1%)

1 思わなかったかも, 思われませんでした, 感じなかった, 考えぬの

▼ 意外~ (4, 0.1%)

1 から受ける, である, であるという, は人

▼ 意外以上~ (4, 0.1%)

3 の意外 1 に予期

▼ 意外意外~ (4, 0.1%)

1 から意外, で立ったなり, また意外, 現われたその

▼ 意外その~ (3, 0.1%)

1 怪物は, 異様な, 芝草の

▼ 意外であったらしく~ (3, 0.1%)

1 味方と, 窓から, 身を

▼ 意外でない~ (3, 0.1%)

1 と足, にも駒井能登, 悠々さが

▼ 意外として~ (3, 0.1%)

1 まるで三, 官兵衛は, 洞窟の

▼ 意外らし~ (3, 0.1%)

2 かつた 1 げにしかも

▼ 意外~ (3, 0.1%)

1 發達ヲ, 禍害ヲ, 變ヲ

▼ 意外千萬~ (3, 0.1%)

1 だなあ, なもの, にも

▼ 意外~ (3, 0.1%)

1 のテンマツ, は鮮明, をだし

▼ 意外~ (2, 0.0%)

1 にきき尋ねました, に皮肉

▼ 意外この~ (2, 0.0%)

1 ような, 場の

▼ 意外だつた~ (2, 0.0%)

1 が同時に, ね

▼ 意外でございました~ (2, 0.0%)

1 なあ折角, よ

▼ 意外なすぐれた~ (2, 0.0%)

1 女が, 女性の

▼ 意外なら~ (2, 0.0%)

1 主家金子壱千百三十両使い込み, 幾等でも

▼ 意外なんと~ (2, 0.0%)

1 いうおそろし, いう不思議

▼ 意外~ (2, 0.0%)

1 つづきも, 急転直下した

▼ 意外まるで~ (2, 0.0%)

2 夢の

▼ 意外~ (2, 0.0%)

1 意外, 意外の

▼ 意外~ (2, 0.0%)

1 の申し立て, はカラカラ

▼ 意外極まる~ (2, 0.0%)

1 ものであった, 応接に

▼1* [118件]

意外あまつさえ美しくも可憐な, 意外あまりの神速, 意外あまりにも明快, 意外いやのんきしごく, 意外かつ嬉しかった, 意外かのエゲツなき, 意外はまる, 意外きはまる大活躍, 意外ここはお茶の水, 意外こちらはいま巣, 意外これは意外, 意外さうに私をまじ, 意外さ且は恐し, 意外さ喜八はす, 意外じつにすさまじい右門流, 意外じゃ実に意外, 意外ぞやそこに, 意外たる可し, 意外だったらしい妙に, 意外だったらしく放二は, 意外だろうえ, 意外ぢやつたから, 意外つかつかと二文, 意外であったろうし侍側, 意外でありましたのです, 意外であるらしく彼の, 意外でございますな, 意外でしょうね, 意外でなくなり北川さんや, 意外でなければならない, 意外で御座いますわ, 意外で有つたので, 意外で有るそれに余, 意外で立ったなり坐った, 意外というしかない, 意外というのほかは, 意外といった顔つきの, 意外とか嫌悪とか, 意外としか思ひやう, 意外とっくの昔, 意外なありさまに, 意外なあるものを, 意外なおどろいた気が, 意外なおどろきにうたれた, 意外なよろこびにぶつ, 意外なよろこびだと胸, 意外ならず苟くも吾が, 意外ならぬ容子でも, 意外なりき余は, 意外なりしは重井, 意外なる立入った質問に, 意外な光り方を, 意外な叱言を, 意外な叱り状であった, 意外な変わり方に, 意外な引っかかりにおどろい, 意外な役に立つことが, 意外な思ひをさせられた, 意外な掘出物を, 意外な言いかたである, 意外な誤った結論に, 意外な隠し方などの, 意外にすらも感じさせられる, 意外によかつた, 意外のほどで又, 意外のほどに同情され, 意外のみならず地下, 意外ばかなこと, 意外へと外れて, 意外やったんで胸, 意外らしかったしやがて, 意外らしくかれを囲んだ, 意外らしく洩らしたのを, 意外らしく言って, 意外わからぬといへ, 意外ナトコロヲ僕ニ見ラレテ彼女ハバツガ, 意外ナ事デ夜中カラ, 意外ニ驚キ呆レアマリニ羞カシイ恰好ヲシテイルノデ寝タフリヲシテ通ソウトシテイルノダ, 意外ブマ見るだ, 意外主家の奥家老, 意外人造人間の足あと, 意外余りに思い掛けないこと, 意外のうつくしい, 意外全く意外, 意外南蛮渡来の女, 意外が姙娠, 意外土人酋長オンコッコの率いる, 意外とともに部屋, 意外の王様, 意外好み新しい芝居, 意外将軍家綱吉公のそれ, 意外の中, 意外幾百年を経, 意外御方の眉, 意外を狙った, 意外恋人栞がその, 意外意外それから数時間, 意外摺上川の河鹿, 意外日頃同学の間, 意外望外の拍手, 意外杉田二等水兵もこれ, 意外森氏は西野文太郎, 意外此喜悦の最中, 意外残念わしの一ばん信頼, 意外なり, 意外流暢な日本語, 意外現われたその人, 意外病勢は急転直下, 意外突然マイクを, 意外の最高頂, 意外殺子報, 意外老人の方, 意外自分を褒めた, 意外菊田一夫が笑, 意外西の醜男, 意外部屋の中, 意外坐しぬ宥, 意外麗人糸子の人形