青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年増~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~ 年中~ 年代~
年増~
年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~ ~幸 幸~

「年増~」 1094, 11ppm, 10236位

▼ 年増~ (310, 28.3%)

25 女が 16 女中が 13 女は 7 女の 6 女を 5 女と 4 くせに, 女に, 方の 3 声が

2 [25件] お仲, お葉, ような, 亭主で, 人が, 傍を, 匂ひ, 喧嘩だ, 女中から, 女中で, 女中は, 女房が, 妓に, 婦人が, 家を, 愛情は, 手に, 方は, 気の, 癖に, 美しさ, 芸者は, 莫蓮を, 顔を, 風格を

1 [173件] あだ, いちょうが, おいらんが, おさ, おんなが, お光, お六, お品さん, お多福が, お富, お新, お梅, お留, お紋, お藤さん, お角, お里榮だ, お鐵, かみさんの, が気, ごときは, ところへ, と少い, どこが, なげき一首, に替わっ, ひとから, ひと秋ちゃんと, ほうの, まさきが, まづい, ように, アイスランド女だった, スカートを, ダンサーが, パリー婦人が, ファヴォリットは, 一人が, 上さんが, 下女お, 下女が, 不美人でも, 世話を, 主人の, 二人と, 云った令嬢, 人には, 人を, 仲働きに, 仲居が, 佳い姿, 傍に, 優しみが, 内儀や, 円髷と, 切符切りが, 初恋に, 別嬪だ, 別嬪は, 別嬪を, 叔母さんは, 取組は, 味を, 地金を, 奥様といった, 奥様風の, 女お, 女だ, 女だけとは, 女で, 女であった, 女である, 女でした, 女です, 女な, 女中らしい, 女中氏まめやかに, 女工が, 女工は, 女工員が, 女弟子, 女性が, 女房たちも, 女給が, 女給と, 女義太夫, 女達に, 如才ない, 妖艶な, 姉が, 姿は, 娼婦が, 婀娜者の, 婢が, 婦人と共に, 婦人の, 婦人を, 媚めかしい, 客の, 家へも, 富江に, 導くまま, 小鼻を, 尻を, 山の, 影から, 御新造お, 恋の, 手ず, 手には, 抱ける猿, 放した譲, 放した讓, 方, 方が, 方で, 方を, 春子, 朋輩が, 標本料理屋待合と, 横顔を, 橘千代子さんという, 母人も, 溌溂さめいた, 濃厚な, 烈しい香, 獨逸婦人が, 眼つき, 眼は, 福太郎と, 秘密をば, 笑くぼ, 美が, 美の, 美は, 美人の, 聲でした, 職業婦人は, 肌目を, 背後に, 膝に, 色気や, 色香を, 芸妓が, 芸妓の, 芸妓ばかり, 芸妓を, 芸者が, 芸者と, 芸者に, 芸者や, 芸者上りだけに, 芸者若い, 茶屋女風の, 行火の, 貴婦人を, 贅肉の, 身で, 躯も, 遊女, 部類で, 酌で, 醜い女, 金ちゃんは, 阿娜女, 隻手は, 頬は, 顏を, 顔その, 顔は, 香油の, 魅力が, 魅力は

▼ 年増~ (110, 10.1%)

2 こんな穴, 一人道端の, 出て, 型の, 大夕立, 庵室に, 押掛嫁に, 殺されたん, 軍師で, 雨戸が

1 [90件] あります, いいな, いい加減, しどけない伊達巻, すれ違いざまに, そばから, そろりそろりと, ちょうど腰掛け, どうした, どこへ, なつかしや, もう目, やはり曲者, ゐたん, ガラッ八, チョイト屑屋さん, 一人容の, 一人猪首の, 一緒に, 七ツぐらいの, 三階の, 乘込んで, 二人いた, 云うと, 云ふと, 付いて, 代って, 何だつて人, 何處へ, 先へ, 八五郎に, 八五郎へ, 其の比, 冷かした, 制して, 危げに, 口を, 向うへ, 壮い, 大澤の, 女学生の, 小さくなっ, 小三, 居たで, 居ましたよ, 師範代峰丹波と, 引つくり, 弾いたり, 拾円紙幣を, 掌に, 新しい銚子, 来かかって, 来る, 歌念佛で, 水色ちりめんの, 泊つてやらう, 焼芋, 疑わしそう, 盆を, 相酌, 真先に, 眼の, 矢張り曲者で, 立ちあがる, 立つて, 笊に, 答えるところ, 絞り殺されて, 縊り殺され, 自分の, 苞を, 若い女, 裸体で, 裸體で, 襖際へ, 見つかりましたよ, 見向いて, 解きて, 谷中三崎町に, 赤児に, 道に, 長い間傳七郎, 降るとは, 障子を, 顏を, 顔を, 飛んだ侠気, 飛んだ侠氣, 飲みかけた盃, 首に

▼ 年増~ (107, 9.8%)

4 が一人, です, の顔 2 があった, ですよ, のよう, の多, の手, の美し, の腕, を相手

1 [79件] お照, か, があつ, がい, がいきなり, がこれ, がゐる, が小屋, が感じられ, が歩い, が目, が起き上がった, が迫っ, だった, だと, であった, であつ, でした, ですか, ですが, でただ, で御座います, で無い, というの, としか思えなかった, とを心, と声高, と月賦, と直角, などは魂, に, にからかわれ, にしろ, にちがい, に対しましては, に對, に見えた, に見入っ, に近づい, に連れられ, に遠ざかっ, に遠ざかつ, のご, のひからびた, のほう, のエミリー, のサーヴィス, の二の腕, の仇, の執拗, の姿, の客, の幻, の心, の恐しい, の恐しい誘ひ, の淫猥, の深い, の美, の落着き, の言う, の香, はいかにも, はぢ, はどこ, はボール紙, は双, は如何にも, は妖艶, は手, は果然, は比佐子, は芸者, もあるだろう, もさすが, を勝手元, を教育, を連れ, 時には十五六

▼ 年増~ (66, 6.0%)

3 まだよし 2 ふうふうふう, もう起っ, 女の

1 [57件] いきなり女の子, いない, おさえつけるよう, おさふね, かう云, さも歯, すぐ寄っ, すこし阿諛, そう云い云い, それに, だますよう, つ, バチで, 二十三に, 亭主の, 別に心, 半身を, 失望せ, 寒そう, 小まん結び, 帯の, 帶の, 後の, 怖い, 思はず手, 恐ろしい達辯, 我子とも, 押へ, 掌を, 時々金切声, 杓子で, 来ませんでしたかね, 殆どいない, 残った蒲鉾, 水みずした, 渋皮の, 溜息, 烏啼を, 片手を, 猿に, 男な, 白痴美といった, 直ちに猿, 紙幣を, 膝を, 蚊帳が, 譲の, 譲を, 變な, 讓の, 讓を, 軽くホホ, 遠慮しろ, 銚子を, 隱居の, 隻手を, 首を

▼ 年増~ (52, 4.8%)

2 あつた, この一顰一笑, せう, 大家の, 烈しい秋, 腕が

1 [40件] あつしの, お新, お歯ぐろをつけ小股, お粂, かりそめ, これが, これも, せう尤も, なかなか美, もう芸者, 一しきり溜屋, 一人の, 一人娘で, 中低, 中低で, 出戻りの, 少し華奢, 尤もこれ, 平次の, 引窓の, 態度が, 旅館の, 曾ては, 毛が, 気象者で, 氣性者で, 照降, 牡丹の, 白象の, 素晴らしい別嬪, 縁日を, 茶と, 親代りに, 踊屋台の, 踊屋臺の, 身扮の, 酒と, 陽に, 頭に, 鰻で

▼ 年増~ (37, 3.4%)

2 なると, 二十五六の, 四十恰好の, 年増の, 言つて宜

1 [27件] いうと, いっても, いふと, お座敷着を, きて, さびしさうにし, その亭主, でっくり, なっても, もぎ立て, 一と, 二十前後の, 云う形, 云つても, 優しい娘, 呼ばれて, 歩くガラッ, 歩くガラツ八, 派手な, 男出入りを, 美しい娘, 美しい後添, 若いの, 言って, 違って, 違つてこいつは, 顏を

▼ 年増です~ (35, 3.2%)

152 かえ, がその

1 [16件] があんな, がちよい, がどこ, が人間, が仲町, が充分, が口, が商人, が小柄, が洗, が洗い髪, が眉, が眞太郎, ぜ, よ四十, よ親分

▼ 年増~ (30, 2.7%)

2 殺されたん, 見えて

1 [26件] あもてねえ, お前は, こう云う, したの, なったかと, なって, なってから, なっても, なりやがったろう, ふさわしい発言, 何か, 化けたかと, 化けたり, 変りなかなか, 変り年増, 小女が, 年下の, 惚れられる位, 抱きつかれて, 押しやられて, 見えた, 貸して, 追ひ廻されさ, 過ぎませんが, 限らぬ, 魅こまれ

▼ 年増盛り~ (28, 2.6%)

2 でお, を, 啖呵が

1 [22件] がまめまめしく, じゃがその, だったでしょう, であったこと, で牡丹花, という所, どっちかと, に眼, のよう, のハチ, の女, の彼, の愈, の水気, の諸肌, はいつ, をなり振り構はず, を子分衆, を惜, 大柄で, 柳橋で, 柳橋に

▼ 年増~ (24, 2.2%)

2 つたのです, 牛の

1 [20件] からもう少し, がありゃ, がこの, がそりゃ, がともかく, が万吉, が三, が別嬪, が娘, が毒口, が身體, つて人を, というん, といふ, と君, もんだ, よ, ナと思い, 可哀相に, 爛熟の

▼ 年増~ (24, 2.2%)

2 浪人も

1 [22件] あった, あり若い, あるの, いるし, いろいろある, お天氣, ぐつと乗出し, その一人, ひっかかる筈, ゐたが, 一向話, 三割方綺麗に, 三味線を, 交る, 何か, 入れば, 及ばないいろけとて, 噴飯した, 居なく成ったから, 年増大, 死の, 興に

▼ 年増芸者~ (19, 1.7%)

1 [19件] から石童丸, がたいへん, が今, であった, と張り合, なぞは思い当り, などがそこ, の, のお, のおりん, のはなし, のやう, のよう, の姿, の面影, は直ぐ, も若い, を帰す, を探し

▼ 年増~ (14, 1.3%)

2 一人呼ん

1 [12件] ひとり, 一人こっちの, 一人つれ, 何だ, 喰いつき, 喰ひ, 圍つて居ます, 突飛ばすが, 覘って, 親方と, 豫想した, 食べて

▼ 年増でした~ (9, 0.8%)

2 が厚化粧, が自分, よ 1 がひと際, が綺麗, ねあつし

▼ 年増ざかり~ (8, 0.7%)

2 の美し 1 のよう, の仇, の女, の肉感, の肉躰, を惜し

▼ 年増振り~ (8, 0.7%)

4 です 2 の美し 1 が貴美子夫人, 八五郎が

▼ 年増~ (7, 0.6%)

1 のかも, のでした, んざ断食を, んだ, んでございます, 女だった, 女中から

▼ 年増~ (6, 0.5%)

1 にいや, にお前, に世の中, に殖える, に気, 御疱瘡流行

▼ 年増じゃ~ (6, 0.5%)

3 ないか 1 ごわせんか, ないわねえ, なきゃ駄目

▼ 年増らしい~ (6, 0.5%)

1 が痩, しっかりした, のは, 女が, 女の, 強烈な

▼ 年増~ (5, 0.5%)

1 それとも, それとも婆さん, どうせ宵の口, 女房の, 綺麗か

▼ 年増では~ (5, 0.5%)

2 ありません 1 ありますが, あるが, あるけれど

▼ 年増でも~ (5, 0.5%)

2 女だ 1 こういうこと, 新造でも, 眉も

▼ 年増には~ (5, 0.5%)

1 実に驚きました, 胆を, 膽を, 違ひありません, 釣られるよう

▼ 年増~ (5, 0.5%)

4 ざつぱりとせし唐棧ぞ 1 ざつぱりとせし唐桟ぞ

▼ 年増~ (5, 0.5%)

2 の鬱陶し 1 とか姥桜, と云った, は男

▼ 年増芸妓~ (5, 0.5%)

2 の一人 1 と心中, のお, のよう

▼ 年増~ (4, 0.4%)

1 何かは, 新造には, 泣かすらん, 義太夫語りの

▼ 年増藝者~ (4, 0.4%)

2 のお 1 のおりん, のやう

▼ 年増~ (3, 0.3%)

2 留でした 1 作番頭の

▼ 年増から~ (3, 0.3%)

1 たちの, はなれること, 中年増新造から

▼ 年増これ~ (3, 0.3%)

2 はまた 1 は後で

▼ 年増女らしい~ (3, 0.3%)

1 のが, 無遠慮さです, 複雜な

▼ 年増姿~ (3, 0.3%)

1 がかれ, が見えた, は又

▼ 年増おんな~ (2, 0.2%)

1 の前, を手

▼ 年増たち~ (2, 0.2%)

1 が駕, に

▼ 年増だった~ (2, 0.2%)

1 が三年, のです

▼ 年増だって~ (2, 0.2%)

1 人を, 女房に

▼ 年増ちょっと~ (2, 0.2%)

1 の隙, 見れば

▼ 年増っぷり~ (2, 0.2%)

1 が飛び, の美しい

▼ 年増であった~ (2, 0.2%)

1 が, ことが

▼ 年増であり~ (2, 0.2%)

1 そこで, 世間知りであり

▼ 年増である~ (2, 0.2%)

1 ことは, しヤス

▼ 年増とは~ (2, 0.2%)

1 あばずれという, その齢ごろ

▼ 年増にて~ (2, 0.2%)

1 其の頃, 其頃流行った

▼ 年増にも~ (2, 0.2%)

1 なろうという, 向かない

▼ 年増ぶり~ (2, 0.2%)

2 を見た

▼ 年増まだ美しくも~ (2, 0.2%)

2 若くも

▼ 年増丑刻過ぎ~ (2, 0.2%)

1 という, といふの

▼ 年増~ (2, 0.2%)

2 低の

▼ 年増女房~ (2, 0.2%)

1 はどこ, を思わせる

▼ 年増女給~ (2, 0.2%)

1 だった, とねんごろ

▼ 年増婦人~ (2, 0.2%)

1 からかう訊ねられた, の室

▼ 年増~ (2, 0.2%)

1 で特別, には先代

▼ 年増~ (2, 0.2%)

1 のお, を過ぎ

▼ 年増美人~ (2, 0.2%)

1 だと, の代り

▼ 年増~ (2, 0.2%)

1 の掛った, の掛つた袢纒

▼1* [84件]

年増がからかひに, 年増がさへぎつた, 年増くさい女と, 年増ごころになつ, 年増ざかり美人も美人, 年増しか対手に, 年増すぎたからです, 年増その上から, 年増アみごとに, 年増だけしか持たないよう, 年増だけに世帯の, 年増だの何のって, 年増ちよつと見れ, 年増振りで, 年増づくりだなどと, 年増づれ眉根剃りたる, 年増でこそあれ滅法, 年増ででもあれば, 年増でなきや新造, 年増でなく下司では, 年増というのだろう, 年増といふのは, 年増とが會見した, 年増としか見えなかったのよ, 年増としてはまだ若い, 年増とも言つて宜, 年増どころか皺だらけの, 年増にでもなりますわ, 年増乳母という, 年増のぶ器量な女, 年増ばかりで少し, 年増まじりにあくどく, 年増まで娘かみさん後家くろうとの, 年増みたいな不敵, 年増を見送っ, 年増めいた二筋の, 年増もう三十七八に, 年増らしくニタリと, 年増や小姑, 年増ガラッ八が, 年増ガラツ八が言, 年増ッぷりでした, 年増兵衛の, 年増乍らまだ十四, 年増し痩肉, 年増りに, 年増亭主を尻, 年増が先, 年増同士の冗談ばなし, 年増の洒落た, 年増向きの小, 年増年増の, 年増夫人のやわらかく, 年増女さ身体あ役に立たなくなっ, 年増女中がいっこう, 年増女的淫猥の情痴, 年増好みと見られた, 年増そういった感じ, 年増の低い, 年増嫌いでも褒めず, 年増嫌ひでも褒めず, 年増孔雀のよう, 年増尻尾と下腹, 年増よりは十七八, 年増当歳の児, 年増按摩のお, 年増に目, 年増振り泣いてなんか居ない, 年増搗き立ての, 年増武者若い男, 年増気象の優れた, 年増濡れ手を前掛け, 年増玄関に現われる, 年増白粉燒けのした, 年増盛りこぼれさうな色氣, 年増看護婦が診察室, 年増美人不二屋の主婦, 年増とが現われ, 年増萬兵衞の妾, 年増藝妓のお, 年増踊りの下地, 年増をずらりと, 年増隔てもなく, 年増も顴骨