青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~
年中~
年代~ 年増~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢 年齢~

「年中~」 1003, 10ppm, 11023位

▼ 年中行事~ (227, 22.6%)

38 の一つ 5 のうち 4 も今 3 となっ, の一, の方, を怠り 2 が行われた, であった, であるが, となつ, となる, になっ, のやう, のよう, の研究

1 [150件] からでも助長, から起った, があっ, があった, がある, がつつがなく, がひそや, が伝わっ, が国, が市全体, が幾ら, が後, が新しい, が行われ, が行われる, が起る, が近頃再び, が遠い, じゃない, そういったもの, たる演奏会, だけが記憶, だけは忘れない, だと, だとか, であつ, でありまして, であり子供ら, である, である東京高島屋, で云え, で大人気, という名称, という程度, という言葉, といっ, として一度, として保存, として尠, として意味, として成るべく, として残, として繰り返される, として考える, として能, として行われる, として観, と区別, と呼ぶ, と市民, と言つた積り, などはこれ, などはもう, などは日本, なども家々村, なの, なるもの, に, にある, にしたい, にその, については書かね, になった, になってる, になつ, になつて, にはあるいは, には結構, にも, によく, に因ん, に委しく, に対する古人, に対する興味, に立ち, に若水, に触れる, に載せた, に限られ, のどれ, のひとつ, の一例, の一対, の一画面, の一部, の中, の事実, の催物, の儀式, の元, の名, の問題, の報道, の多い, の如き, の幹事, の度毎, の必要, の意義, の打止め, の日, の日取り, の書, の書いた, の減っ, の減つて, の第, の統一, の解説, の言葉, の話, の遊ぶ, の酉の市, の項, はいつ, は中央, は実は, は小さな, は旧暦, は本, は此, は自然, は諸国, は郷里, までを教え, も一わたり濟, も決して, や推移, や祭儀, や自然, より筆, をおぼえ, をかつて, をする, をその, をつくる, をもう, をやっ, をやる, を取り入れ, を叙, を失ひ終る, を心得た, を必ず, を殘, を考へ, を設定, を遂行, 先ず当代, 殊に祭礼

▼ 年中~ (44, 4.4%)

3 ことだ 2 ことであった, 事なり, 人間好, 編纂に, 邪気を, 鼠害を

1 [29件] ことじゃ, ことである, ことです, こと也, こと清明の, ものである, ものみたいに, カッコウな, 事とぞ, 事天台の, 事実談を, 僧の, 国民の, 城主柳沢吉保も, 大半を, 大海嘯, 大部を, 大部分, 有徳の, 生活を, 相州の, 茶受忙しい, 農作祝福に, 辻売り, 運勢など, 重い儀式, 開基で, 雨降り尽くし, 頃から

▼ 年中~ (37, 3.7%)

1 [37件] この地, つくつた小説数篇, ひらいて, ドイツの, 両神, 中国から, 予州の, 伝教大師が, 元の, 全然大学令, 初めて異国, 初めて西南洋, 古河古松軒の, 唐の, 完成した, 岩井半四郎が, 幕府が, 念仏や, 慈覚大師を, 明州昌国の, 會津黒川の, 本寺へ, 李生という, 植えしもの, 清行自身この, 源義家が, 盧虔という, 私の, 織田徳川と, 義興の, 至るまでの, 覚明行者が, 諸道の, 賜わったもの, 韓媼という, 食料に, 黄檗の

▼ 年中~ (8, 0.8%)

1 いまから, いろいろ相, ご無礼, なお管絃, 一方ならぬ, 帰れん, 旅行出来ず, 義気の

▼ 年中同じ~ (8, 0.8%)

2 ことばかり 1 やうな, 一室に, 事です, 服ばかり, 茶屋で, 顔を

▼ 年中貧乏~ (8, 0.8%)

2 して, を看板 1 だ, でどこ, で不自由, をし

▼ 年中~ (6, 0.6%)

1 さらいや, はしょりをずるっかずるっかして袖口の, めでて, 城の, 書斎に, 祭りみたいに

▼ 年中その~ (6, 0.6%)

1 ことばかり, ような, 利息に, 家に, 居館を, 手で

▼ 年中~ (6, 0.6%)

1 いちばんいやな, いちばん気持の, ござりましたろう, 一番厭な, 最も樂, 正月元日浴衣がけで

▼ 年中~ (6, 0.6%)

1 が消える, が降らない, に閉され, のある, を見る, を頂い

▼ 年中には~ (4, 0.4%)

1 丹波, 吉原に, 漸く岩舟柵, 着手される

▼ 年中~ (4, 0.4%)

1 か店, の月, もし, んなに調法

▼ 年中喧嘩~ (4, 0.4%)

1 して, だろう, ばかりし, をし

▼ 年中いつ~ (3, 0.3%)

1 でもやる, でも不浄, でも出る

▼ 年中じめじめ~ (3, 0.3%)

1 した湿気, して, と悪臭

▼ 年中ぴいぴい~ (3, 0.3%)

1 して, してるよりか, で蜆

▼ 年中ピイピイ~ (3, 0.3%)

1 して, である, の暮し向き

▼ 年中一人~ (3, 0.3%)

3 だが

▼ 年中休み~ (3, 0.3%)

2 なしに 1 なしで

▼ 年中~ (3, 0.3%)

1 のみにて春秋冬, のよう, やさかい

▼ 年中~ (3, 0.3%)

1 世話にばかり, 先手加役火附盗賊改役を, 旅行中とは

▼ 年中~ (3, 0.3%)

2 をし 1 から旅

▼ 年中~ (3, 0.3%)

1 がたま, の流れる, を浴び

▼ 年中~ (3, 0.3%)

2 や雪 1 にとざされ

▼ 年中~ (3, 0.3%)

2 を搗かせ 1 のめし

▼ 年中自分~ (3, 0.3%)

1 であって, のほん, の魂

▼ 年中~ (3, 0.3%)

1 が咲き乱れ, を咲かせる, を絶やした

▼ 年中裸体~ (3, 0.3%)

1 でいる, でござるよ, で生活

▼ 年中~ (3, 0.3%)

1 が当らないだろう, の光, の当らない

▼ 年中あくせく~ (2, 0.2%)

1 として何, として歳月

▼ 年中ある~ (2, 0.2%)

1 ような, 訳で

▼ 年中お客~ (2, 0.2%)

1 さわぎなど, の名前

▼ 年中かけ~ (2, 0.2%)

1 っぱなしで, 通しだ

▼ 年中この~ (2, 0.2%)

1 柿の, 石地蔵は

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 ていた, ょうむない恋愛小説ばっかり

▼ 年中そこ~ (2, 0.2%)

1 へ寝起し, を拠点

▼ 年中それ~ (2, 0.2%)

1 が邪魔, ばかりを考え

▼ 年中つぎだらけ~ (2, 0.2%)

1 な布, の布

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 のでな, んです

▼ 年中まで~ (2, 0.2%)

1 吉原町の, 存せり

▼ 年中やつ~ (2, 0.2%)

2 てゐる

▼ 年中より~ (2, 0.2%)

1 人の, 百年に

▼ 年中コッピドク~ (2, 0.2%)

2 たたかれて

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 に誤解, の家

▼ 年中仕事~ (2, 0.2%)

1 のこと, をし

▼ 年中其処~ (2, 0.2%)

1 につくねんと, にぬう

▼ 年中博奕~ (2, 0.2%)

1 に騙り, のみ致居候間怪敷存じ店中

▼ 年中咲い~ (2, 0.2%)

1 ていた, てはゐない

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 理評事を, 祭日もしくは

▼ 年中大方~ (2, 0.2%)

2 の日

▼ 年中嬉しから~ (2, 0.2%)

2 ぬ生活かた

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 にい, にいず

▼ 年中~ (2, 0.2%)

2 をだらし

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 を犯し, 酒に

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 のあく, を藍色

▼ 年中敷き~ (2, 0.2%)

1 っぱなした, 流しである

▼ 年中日の目~ (2, 0.2%)

2 を見ぬ

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 なき山賤, なしです

▼ 年中暗い~ (2, 0.2%)

2 空に

▼ 年中榾火~ (2, 0.2%)

2 の燃え

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 んど, んどこ

▼ 年中水位~ (2, 0.2%)

1 の一定, の変らぬ

▼ 年中洋服~ (2, 0.2%)

1 を着, を着た

▼ 年中炎暑~ (2, 0.2%)

2 の最も

▼ 年中焚火~ (2, 0.2%)

2 ばかりし

▼ 年中無休~ (2, 0.2%)

1 であった, のおし

▼ 年中用意~ (2, 0.2%)

2 されて

▼ 年中病床~ (2, 0.2%)

1 についてゐる, にゐる

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ 年中~ (2, 0.2%)

2 の皮

▼ 年中粉煙草~ (2, 0.2%)

1 ばかりが御馳走, ばかりが御馳走ぢ

▼ 年中絶えず~ (2, 0.2%)

1 第一, 綿屑を

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 焦ガヘデ, 癪を

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 を抜かし, を拔

▼ 年中苦労~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 年中蔵石~ (2, 0.2%)

2 の世

▼ 年中行事篇~ (2, 0.2%)

1 からこの, の中

▼ 年中酔っぱらっ~ (2, 0.2%)

1 てケンカ, て頬ぺたをふくらませてはおろちの様

▼ 年中長屋~ (2, 0.2%)

2 の羽目板

▼ 年中長崎~ (2, 0.2%)

2 より上京

▼ 年中開放~ (2, 0.2%)

2 されて

▼ 年中青い~ (2, 0.2%)

1 顏を, 顔を

▼ 年中~ (2, 0.2%)

2 を見る

▼ 年中~ (2, 0.2%)

1 に吹き晒され, を引き通し

▼ 年中齷齪~ (2, 0.2%)

1 して, として歳月

▼1* [475件]

年中あけたことが, 年中あこがれてゐる, 年中あっちが悪い, 年中あるいは生涯貧しい薄暗い, 年中あれも描かんなら, 年中あんな風に, 年中いたぶられて折角, 年中うちにばかりいる, 年中うるさいほどガヤガヤゴチャ, 年中おいて使っ, 年中おこつてばかりゐる, 年中お先煙草を狙, 年中お祭を見, 年中お茶を立て, 年中かがやいて四季, 年中かび臭くじめじめと, 年中かわいそうな境遇, 年中くるみの実, 年中ぐいぐいと引っくくられる, 年中ぐちをこぼし, 年中ぐるぐる巻きに, 年中こうだ, 年中こつこつと仕事, 年中こぼしながら存外, 年中こんな雅号を, 年中ごたごたをつづけ, 年中ごろごろ寝てばかり, 年中がし, 年中しかも六年の, 年中しめった木の, 年中するの, 年中せがんでいた, 年中えぜ, 年中そんな事やっ, 年中たいへんな悪口, 年中たえまなくそのすき, 年中たつたひとりで, 年中という考証, 年中だかんなあ, 年中だまされて損, 年中だらしなく開いてゐる, 年中ちょっとでも涙, 年中つきあってたら人気が, 年中つづみの与吉などというならず, 年中つないであった, 年中つねに其が, 年中つまってい, 年中での遊び月を, 年中まりがけで, 年中とんちんかんに呼び, 年中どこかで開かれ, 年中どんな忙しい生活, 年中どんよりした感じ, 年中において次第に流行, 年中にて灸すまじき, 年中になつて創造した, 年中にも上州伊香保の, 年中はねて居りました, 年中ひきつけてい, 年中ひそかに食べすぎ, 年中びしょびしょして, 年中ふらふら動き廻っ, 年中ぶつぶつ不平を, 年中ぶらぶらして, 年中べらぼうに暑い, 年中ほつたらかしてある, 年中ほとんど雨が, 年中まき起した筈で, 年中まったく麻を, 年中みすぼらしいみなり, 年中めつたに休んだ, 年中ッとう, 年中やかましい理屈ばかり, 年中やっている, 年中やってる奴は, 年中やるよ, 年中ゆりの花, 年中よっぱらっている, 年中アノ座敷に閉, 年中エンビ服だか, 年中オナニズムにふけつ, 年中カバンをぶらさげ, 年中ゲエテとダンテ, 年中ゴタゴタが絶えない, 年中ジクジクして, 年中セリ合って, 年中タバコをすっ, 年中ニコリともして, 年中ニ三度実ノルト云越後ノミナラズ石州予州土州上野下野ニモアリト云, 年中ニ中華ヨリ初テ長崎ニ来ル, 年中ヒトリゴトを呟い, 年中ビクビクして, 年中ピイピイガラガラ家んなか, 年中ピーピー苦しみ通しでおしまい, 年中フイゴで吹い, 年中ブスブスして, 年中ボロ服同然の, 年中ヨリ山城宇治ニテ製シ始ム其葉ヲ蒸ス時, 年中一つ覚えの, 年中一回の墓参日, 年中一定になる, 年中一日も欠かした, 年中一時の窮, 年中一滴の雨, 年中一種の不思議, 年中三十五銭で辛抱, 年中三好家の堺, 年中三谷助太夫, 年中三輪の親分, 年中下学集といふ字書, 年中下手なこと, 年中不在であ, 年中世帯の魂胆, 年中両親に心配, 年中中根淑君と同じく, 年中丸い一銭銅貨大の, 年中乾くことの, 年中二人で口論, 年中二十日鼠のやう, 年中二月の頃, 年中ひに, 年中五寸と離れない, 年中五時から仕事, 年中亡霊たちが遊び, 年中京洛の婦女子, 年中人多く啖わるとある, 年中人様にサーヴィス, 年中仁木与三と申す, 年中の字, 年中今にもおっ死ぬ, 年中他人のため, 年中他国を歩い, 年中たが, 年中住んで居る, 年中何かしら事件があるらしい, 年中何かと愚痴を, 年中何處かで開かれ, 年中作り物のよう, 年中作品の制作, 年中をなぶり, 年中借金取が出はいりした, 年中についてい, 年中働いて居る, 年中儀礼が多, 年中儲けてどう, 年中元日もかかさず, 年中元気がなく, 年中全く雨なく, 年中六囘と定め, 年中六時間の睡り, 年中六畳の間, 年中冷たい風を, 年中冷凍機を動かしつづけ, 年中凶事なしと, 年中ていた, 年中出るの入る, 年中出入りして, 年中劉伯玉の妻段氏, 年中動いてゐる, 年中化学分析ばかりやっ, 年中千五百石積を家, 年中南北両朝の和議, 年中南山を見詰め, 年中南瓜と芋, 年中南風のよく, 年中博陵の崔慎思, 年中に毒, 年中口中に涎, 年中可愛い歌を, 年中叱られ通しだあハハハ, 年中右大臣吉備真備が郡領, 年中合宿して, 年中同様の気候, 年中の傍, 年中呉楚齊魯の間, 年中呼吸して, 年中品川へ網打ち, 年中でやり, 年中啀み合いの喧嘩, 年中善根を施す, 年中喋っている, 年中はせてや, 年中四半分ぐらいずつ風邪気味, 年中四期の大, 年中国境紛争の絶え間, 年中土曜の夜宅, 年中の中, 年中堪えに堪え, 年中に出, 年中増産増産だあ, 年中を破, 年中が涸れ, 年中変らぬ稗勝の, 年中も昼, 年中大して変りが, 年中大人の世界, 年中大人しく真面目に, 年中大口叩いてたの, 年中大和に住, 年中大岡越前守忠相殿勤役中數多の裁許, 年中大滝村の奥, 年中天候のどん, 年中太陽に晒され, 年中の家庭, 年中夫婦喧嘩をし, 年中の話, 年中女房の下敷, 年中て出し, 年中季節を問わず, 年中の絶えない, 年中客止めだ, 年中寄合ひが, 年中さしらずで, 年中寒い風に, 年中寸暇さえあれ, 年中尊者の忌日, 年中小早川隆景筑前国主たるとき境内東西五十三間南北百七十間, 年中小説ばかり頭, 年中少しずつそれら, 年中居ると單調, 年中の中, 年中や海, 年中巡業しては, 年中帯封を書かされる, 年中綺羅で, 年中平均した賑わい, 年中平将門が関八州, 年中幸福を享, 年中建てられたのを, 年中廻って三十年, 年中廿人位のお客, 年中引き続いていつ見, 年中引っ越しのたんび, 年中強風の絶え間, 年中の小角, 年中往くことが, 年中往來する我等小揚, 年中循州河源に蒋武, 年中忙しくってみじめ, 年中怒られている, 年中怒りっぽくまた, 年中怖しいこと, 年中思い出したけどそれ, 年中思っていりゃ, 年中思ひだす男の, 年中怠けてばかりいる, 年中怠らず労務を, 年中恐しくまっ赤, 年中悪い事ばかりは, 年中いわ, 年中が半分, 年中手がけています, 年中扱いなれて, 年中持ち出しで生活, 年中持て余している, 年中指先でも眼, 年中捕ってもよい, 年中掃除だけは怠り, 年中摺鉢の中, 年中数字と統計, 年中なしで, 年中ういう, 年中新しい家に, 年中新鮮なレタス, 年中旅行ばかりし, 年中旅行がちであり自宅, 年中既に遊女の, 年中日傭取りだから, 年中日本料理にも中国料理, 年中旦那様御出勤, 年中を送つ, 年中時令の中, 年中時期を選ばず, 年中晴れ渡つた青い, 年中暗黒の底, 年中最も手すきな, 年中最敬礼をし, 年中有意義無意義に繁忙, 年中朝日と鶴, 年中を読ん, 年中の尖, 年中の花, 年中楽屋に寝泊り, 年中橘繁延僧連茂と廃立, 年中此山に登り到る, 年中殆ど忘れられて, 年中毎日同じよう, 年中毎日上演して, 年中毎晩防空演習をやっ, 年中気温が摂氏二十五度, 年中水戸の天狗党, 年中水車の尾鳴り震動, 年中水道と瓦斯, 年中汚い下宿の, 年中泥棒に遭つて, 年中洗濯の手腕, 年中活動して, 年中派手な衣裳, 年中涸れぬという, 年中温暖な土地, 年中温泉めぐりを, 年中湿って冷たかっ, 年中湿気の多い, 年中溢れ陽の, 年中漁師十余人が数艘, 年中潔斎して, 年中澄むことも, 年中濁酒を飲み, 年中を焼き, 年中焚かれてゐる, 年中無茶苦茶をやっ, 年中焦げ臭せえですよ, 年中牛肉ばかり食わぬで, 年中物爭ひ一つ, 年中特に春から, 年中の猟, 年中理想論に惱, 年中琉球より渡来, 年中もない, 年中用いている, 年中用事がなく, 年中甲州原澤村に佐野文右衞門, 年中の到る, 年中眺めて, 年中の食, 年中異常な感激, 年中病気をし, 年中病氣の絶えた, 年中白い背広の, 年中盛り場を流し, 年中闇な, 年中眠りてばかりい, 年中着せられている, 年中着物の心配, 年中睡くないようにという, 年中睨合をし, 年中硝子窓を明け放し, 年中硫黄の出る, 年中を打っ, 年中祟らるといい, 年中祭りに忙殺, 年中は嫌, 年中種子ヶ島から鉄砲, 年中空腹を感じ, 年中空転して, 年中窮屈さうに不服ありげ, 年中ひ顏, 年中笑つてゐる目, 年中笑ふかですつて, 年中一の, 年中へ入れ, 年中粉ミルクをかきまわし, 年中こやしの, 年中糞尿の始末, 年中附き羽織, 年中細工場にい, 年中絶え果て今は, 年中絶やすことが, 年中絹物を着, 年中經驗して, 年中続けるということ, 年中緊張して, 年中締め切られて, 年中の運動シャツ, 年中繰返して居る, 年中義経と静御前, 年中考へてゐた, 年中耳馴れた雀の, 年中腫物だらけの頭, 年中腰弁当で山林, 年中をこわし, 年中自殺の一件二件毎日, 年中の中, 年中にし, 年中苦虫を噛みつぶした, 年中と羊, 年中荷物をぶらさげ, 年中の話, 年中の黄ばむ, 年中葉巻をくわえ, 年中著作郎慶保胤往生伝を作り, 年中を調合, 年中が絶えない, 年中を湧かせ, 年中蛸壺縄を海底, 年中螺旋に吹てる, 年中では不可, 年中の横, 年中血の道で蒼白く, 年中行事中最も賑やか, 年中行事四月十六日の条, 年中行事旧の二月, 年中行事的に図案化, 年中行事秘抄などに載せ, 年中行事種痘の如き, 年中行事絵詞の加茂祭り, 年中行事調査標目というもの, 年中で仕事, 年中製作して, 年中製造して, 年中見馴れている, 年中親爺をどなりつけ, 年中觀世觀阿彌同, 年中許州の趙季和, 年中詰らねえ話ばかり, 年中かをいじめ, 年中役儀ゆるし, 年中諸国を縫っ, 年中警察に妨害, 年中變てこに口, 年中變らぬ稗勝, 年中貞子が上京, 年中負けてなきゃ, 年中貧乏生活をし, 年中貧亡に攻められ, 年中貯金通帳を入れ, 年中賭けごとに浮身, 年中赤シャツを着る, 年中を擂, 年中踊り通すべきものに, 年中身長体重の量りッ, 年中軍服でサーベル, 年中辛いことだったでやしょう, 年中頂戴仕, 年中迄の貨幣を, 年中近所の放蕩子息, 年中つてる, 年中元振, 年中の医官, 年中をのん, 年中つ払つて, 年中酔い通すぐらいなら, 年中酔っ払っている, 年中乏しからず, 年中釣りに親しん, 年中鉄舟先生やら誰, 年中つ放しで, 年中開かれている, 年中開場して, 年中さえあれ, 年中間断なしに, 年中間違いはなき, 年中闇黒である洞穴内, 年中降雨なき地, 年中陰気な黒ずくめ, 年中陳腐で平凡, 年中雑然とし, 年中離座敷ばかりにい, 年中難儀ばかりし, 年中なく春夏秋, 年中零下五十度までの任意, 年中零下五十度位まで温度, 年中霜雪を見ず, 年中非常によく, 年中なしくせ, 年中音楽の中, 年中ばかり下げ, 年中に脂汗, 年中風波の絶間, 年中風邪の傳染, 年中飄々としておる, 年中飛んで歩いてる, 年中食物にはいささか, 年中じがって, 年中飢えている, 年中つくです, 年中に乗りつづけ, 年中馬鹿馬鹿しい女出入りで, 年中駻馬の鼻息, 年中高架線の轟音, 年中を結った, 年中鳥海山の噴火, 年中鳥肌だつて, 年中のゲートル, 年中黒衣がつい