青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「年々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~平次 平次~ 平民~ ~平気 平気~ 平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~
年々~
年中~ 年代~ 年増~ 年寄~ 年月~ 年来~ 年生~ 年間~ 年頃~ ~年齢

「年々~」 1098, 11ppm, 10194位

▼ 年々~ (195, 17.8%)

4 生産物の 3 夏休みにも

2 [18件] ように, 不作も, 例であった, 例に, 価値に, 価値を, 出産の, 夏は, 成績が, 暦と, 正月を, 歴史のみ, 歴史まで, 洪水の, 生産物である, 生産物に, 生産物を, 食物増加は

1 [152件] いろいろな, おそるべき鍛練, お祭り, こと, ことだ, ことである, ことに, この婢女, とりの, わざお, クリスチャンである, ナマハギに, 一向宗, 一百万は, 不景気で, 事とは, 享楽は, 使命を, 例で, 例式で, 供給の, 供給を, 価値が, 価値の, 八月十一日会を, 再生産, 冬の, 出水が, 出生死亡結婚に関する, 出生超過は, 労働の, 労賃が, 収入から, 収入は, 収入を, 収支決算とか, 取米, 受驗者等が, 合戦つづき, 合戦で, 合戦日々も, 命日には, 嘉例として, 増加が, 増加によって, 増加は, 夏何千人または, 外患も, 大祈祷, 大福帳と, 失敗へと, 女の, 季節兆候が, 害鬼畜の, 干支の, 平均の, 弥勒踊が, 弥勒踊との, 往還り, 御上納, 御戦費, 思ひ出, 所得が, 扶持を, 推移を, 損毛大方ならざる, 支出が, 支出の, 支出は, 斎田を, 新ジヤガ, 新甞祭, 新藁, 日記が, 春この, 春秋の, 暑中休暇に, 暦と共に, 最も著しい, 月々の, 月の, 月や, 来訪がわ, 檀家の, 歌舞伎狂言を, 殷賑に, 毛見を, 法隆寺行は, 洪水で, 流行あり, 消費が, 消費を, 災害も, 献上品だけが, 生活資料を, 生産が, 生産によって, 生産の, 生産物と, 生産物には, 生産物は, 生産物より, 産額の, 登山者にと, 盂蘭盆に, 相によって, 神の, 祭文の, 禄米や, 福を, 秋に, 租税を, 穀物生産の, 純価値, 経常費であっ, 経費に対して, 結婚数が, 給料を, 絶大な, 総会で, 繁昌なみ, 羨み種, 若葉とも, 行事で, 行事に, 補充によって, 補助金を, 評判記と, 貢ぎを, 貢ぎ物, 貢物に, 貢金や, 貯えが, 費用とを, 農事, 過伐, 避暑の, 鉱毒被害で, 間に, 間欧州では, 間理性的文盲政策の, 除夜に, 除目には, 隅田川夕涼みの, 集合所から, 雲上明鑑とに, 需要が, 風雪を, 食物は, 食物増加を, 鳥の, 黒い緑

▼ 年々~ (121, 11.0%)

4 あつた 2 ぬけて, わが悲しみ, 増加する, 太つて大きく, 根もとから, 沈んで, 痩せて, 脱落し, 零落し

1 [99件] あったが, いろいろの, かたぶきすみか, こんな苦情, その価, その価格, その冊数, そろそろ恢復, とれる魚, ひどくふえ, ふえて, よりて, わたしは, スピードを, 一つ減り, 一番多くの, 三都へ, 上るの, 不滿足, 両度見懸, 二千余りの, 五十名の, 亙って, 亡びて, 伐り尽されて, 体の, 何かの, 何百人という, 健全な, 出世は, 利益を, 受取る年賀はがき, 名人の, 含蓄を, 埋りゆけば, 増えて, 増刷を, 増加し, 増加した, 増大する, 変って, 変らぬのみか, 大きくなっ, 天長節の, 子を, 子供は, 実行され, 家畜群は, 實り, 少なくなっ, 差し上げましょう, 市中を, 幾人もの, 延びて, 弱り行き遂に, 後から, 愛されて, 拡がり勝ち, 採る母貝, 新しく書き改め, 新発見, 日本の, 松打つ, 校門を, 欅の, 減少した, 濁るはず, 猛威を, 目立って, 眼に, 硬くなる, 移り行くの, 積もって, 経て, 縮小し行く, 繁昌し, 老舗たる, 色どりも, 色褪せて, 花さき, 花見を, 苦しむ衆民, 荒れ果てるの, 萎縮し, 葉が, 著しい土地, 蓄えられて, 衰病起り候ひつれ, 裏庭の, 見るサロン, 見舞って, 言いなれし, 誰れ, 起つて, 重って, 雇ふなれ, 高くなり, 黄色に, 黒框の

▼ 年々その~ (24, 2.2%)

2 数を

1 [22件] 人々の, 伸び行く, 収益で, 害の, 布局と, 忌日には, 数が, 数は, 方角を, 日に, 時節に, 根から刈り取る, 毒を, 画風を, 秋柿の, 節約能力が, 脱け, 要求を, 観を, 資本を, 雨期には, 食物の

▼ 年々この~ (15, 1.4%)

1 [15件] ように, モンラムの, 七〇〇〇〇磅を, 人工授精卵五億五千万粒乃至, 国において, 寺が, 山道で, 島から, 島に, 日において, 生活慾の, 結婚の, 菓子を, 豊富な, 軍備に

▼ 年々増加~ (13, 1.2%)

4 して 2 するであろう 1 しつつ, するとき, するので, するばかり, する価値, する国, の一方

▼ 年々一〇〇磅~ (9, 0.8%)

1 で葡萄酒一樽, の地代, の支払, をより, を彼自身, を支払う, を支払おう, を求められるなら, を負債

▼ 年々殖え~ (7, 0.6%)

2 て魚類 1 ております, てくる, てゆき, て一九二八年, て行く

▼ 年々減少~ (7, 0.6%)

2 しつつ 1 しそれ, しつ, して, するであろうという, する傾

▼ 年々多く~ (6, 0.5%)

2 なって 1 あり, なつて, なり種田, 吉原に

▼ 年々結婚~ (6, 0.5%)

3 する者 1 すること, する人間, する初婚者

▼ 年々~ (6, 0.5%)

1 が咲い, が咲きおる, が咲く, は開く, をつけ, 咲きうまき

▼ 年々~ (5, 0.5%)

1 いつて, その光彩, 彼女たちの, 権力によって, 私たちすべてに

▼ 年々大きく~ (5, 0.5%)

3 なって 1 なるという, なるので

▼ 年々少し~ (5, 0.5%)

1 ずつその, ずつ返し, ずつ違う, づつでも段別も, 宛溜つた泥が

▼ 年々少なく~ (5, 0.5%)

1 なって, なつて, なりますのでな, なり金木犀, なること

▼ 年々莫大~ (5, 0.5%)

2 な突発的 1 なお, な木綿輸出国, な額

▼ 年々~ (4, 0.4%)

1 あんなお, うちながめ, 創てて, 育って

▼ 年々減っ~ (4, 0.4%)

2 て行く 1 てきた, て銭

▼ 年々頻繁~ (4, 0.4%)

4 に氏神其外

▼ 年々これ~ (3, 0.3%)

1 を上げる, を繰り返し, を行

▼ 年々~ (3, 0.3%)

1 いって, かさんで, 御成長

▼ 年々ひどく~ (3, 0.3%)

1 なるの, なるので, 顔の

▼ 年々一八歳~ (3, 0.3%)

2 に達する 1 に達しし

▼ 年々~ (3, 0.3%)

2 米百俵宛三季に 1 客様と

▼ 年々支払われる~ (3, 0.3%)

1 ものには, ものは, 貨幣量では

▼ 年々~ (3, 0.3%)

1 な感興, を争う, 意匠を

▼ 年々新しく~ (3, 0.3%)

1 お面, 造られた機械, 開設される

▼ 年々来る~ (3, 0.3%)

1 ところである, ように, 鞍馬寺の

▼ 年々死亡~ (3, 0.3%)

1 すること, する多数, する比率

▼ 年々無数~ (3, 0.3%)

1 に容赦, の人, の花

▼ 年々自分~ (3, 0.3%)

1 に疎く, に触れた, の住居

▼ 年々いくら~ (2, 0.2%)

1 かの税金, と極めて

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 救い米ならびに, 江戸へ

▼ 年々およそ~ (2, 0.2%)

1 五十万円の, 百万円の

▼ 年々すこし~ (2, 0.2%)

1 ずつの清国留学生, ずつ海

▼ 年々それ~ (2, 0.2%)

1 に相応, への冒險征服

▼ 年々~ (2, 0.2%)

2 自分の

▼ 年々~ (2, 0.2%)

2 桜を

▼ 年々より~ (2, 0.2%)

1 多数の, 富んで

▼ 年々一億五六〇〇万ドル~ (2, 0.2%)

1 の利, を支弁せり

▼ 年々一度~ (2, 0.2%)

1 のこの, は長途

▼ 年々七〇〇〇〇磅~ (2, 0.2%)

1 という継続的租税, を必要

▼ 年々交代~ (2, 0.2%)

1 で羽田, などが命ぜられた

▼ 年々伐り出す~ (2, 0.2%)

2 のが

▼ 年々~ (2, 0.2%)

2 の村

▼ 年々同じ~ (2, 0.2%)

1 ように, 企てが

▼ 年々同一~ (2, 0.2%)

1 ではなかつた, の畑

▼ 年々増し~ (2, 0.2%)

2 て往く

▼ 年々増殖~ (2, 0.2%)

1 して, する

▼ 年々変り~ (2, 0.2%)

1 なく水害, なく迎えられ

▼ 年々変動~ (2, 0.2%)

1 しなければ, しは

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 には, より秋

▼ 年々外国人~ (2, 0.2%)

1 のその, ヲ捕

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 キヲ加ウ, キヲ加フ

▼ 年々多数~ (2, 0.2%)

1 の小舟, の登山班

▼ 年々定期~ (2, 0.2%)

1 にやって来る, の演奏

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 くなり, なからざる

▼ 年々嵩む~ (2, 0.2%)

1 ばかりその, ばかりな

▼ 年々巨万~ (2, 0.2%)

1 の地代, の損害

▼ 年々巨額~ (2, 0.2%)

1 な國債, の國債

▼ 年々幾万~ (2, 0.2%)

1 にのぼる, に上る

▼ 年々幾何~ (2, 0.2%)

2 に上り

▼ 年々建て~ (2, 0.2%)

1 こんで, 増される大小

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 の眼, への監視

▼ 年々悪く~ (2, 0.2%)

1 なるばかり, なるよう

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 の暮, も酣

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 の樹, を植ゑた

▼ 年々殖える~ (2, 0.2%)

1 と聞きます, 方である

▼ 年々池辺~ (2, 0.2%)

2 の蛇

▼ 年々沈降~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 年々消費~ (2, 0.2%)

2 されかつ

▼ 年々火災~ (2, 0.2%)

2 のため

▼ 年々生れる~ (2, 0.2%)

1 ものが, 子供の

▼ 年々産出~ (2, 0.2%)

1 される品物, する富

▼ 年々相当~ (2, 0.2%)

1 な金, の収穫

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 になる, になれ

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 なる春ごと, に

▼ 年々繁殖~ (2, 0.2%)

1 して, を続け

▼ 年々美しく~ (2, 0.2%)

1 なつて, なる燕女

▼ 年々肥満~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 年々貧民~ (2, 0.2%)

2 のため

▼ 年々輸入~ (2, 0.2%)

1 が大抵, した竜眼肉

▼ 年々輸出~ (2, 0.2%)

1 されて, される分量

▼ 年々進歩~ (2, 0.2%)

1 するの, をし

▼ 年々陸地~ (2, 0.2%)

1 から遠ざかっ, を拡げ

▼ 年々~ (2, 0.2%)

1 が解ける, の多少

▼ 年々青春期~ (2, 0.2%)

2 に達する

▼ 年々飛躍的~ (2, 0.2%)

2 に増大

▼ 年々飛騨路~ (2, 0.2%)

2 から多少

▼ 年々騰貴~ (2, 0.2%)

1 して, するから

▼ 年々高く~ (2, 0.2%)

1 なるばかり, なる一方

▼1* [496件]

年々あらたにする, 年々ある特定の, 年々いくつか取扱った, 年々うつろになっ, 年々おこるから心配, 年々おびただしい木租を, 年々おんなじ位の, 年々お前の仲, 年々お客様がふえ, 年々お金ももらい, 年々ような, 年々かかるので到底, 年々かくは詣, 年々かならず励行する, 年々かなり多額な, 年々かの太陽から, 年々からは秋に, 年々かわるがわる旅行を, 年々きたって香火, 年々くり返された, 年々くり返して演出, 年々こうして竹藪が, 年々こちらで講演, 年々さびれて都会並, 年々さびれるばかりで, 年々さらに増して, 年々すくなくなり今, 年々する旅行とか, 年々ずいぶんあわただしい生活, 年々そう書き直す必要, 年々そこに入る, 年々それから新条, 年々たかつてし, 年々たくさんな球根, 年々ん, 年々だけ良いとか, 年々つづけると云っ, 年々つぶさに気象に, 年々とりこわされて新しく, 年々どれだけ収入, 年々なつかしい蔭を, 年々ににほふうつつ, 年々によつてそんな, 年々によって様々です, 年々ひとの口, 年々ひろがって今や, 年々ふえている, 年々ますます数多く国, 年々またあらたに, 年々まとめて書い, 年々めぐっていた, 年々やまぬ越後上杉の, 年々やることです, 年々アメリカで行われ, 年々クラブや自動車陳列店, 年々シナ皇帝のモンラム, 年々チベットに入る, 年々テングサとりをやっ, 年々ニ進奉セラル, 年々パリに遊び, 年々ヘルンに可愛がられ, 年々ポデスタを選び, 年々ミノリ豊かなこの, 年々ワグナーとの間, 年々一〇〇〇〇〇磅を得, 年々一〇〇〇〇人の供給, 年々一〇〇〇磅でありそして, 年々一〇九人につき一, 年々一メートルぐらい堆積, 年々一万石以上に当る, 年々一丈余りも伸び, 年々一二科目ずつ邦語, 年々一人平均約二〇〇万カロリー, 年々一回ずつ行われる, 年々一度づつ焼く其焼株, 年々一日も違わない, 年々一月十五日になる, 年々一等は一等, 年々一週が程, 年々七八十万の人口, 年々七八百頭だそう, 年々七八頭も打つ, 年々七十封度の金, 年々三十万円こういう大金, 年々三十五万貫から四十万貫, 年々三十萬近いといふ, 年々三四十本ほどの筍, 年々三四千人の行商人, 年々三斗ばかり取れる, 年々三月の卒業期, 年々三百円ずつをこの, 年々三百圓づつを此, 年々三百顆の実, 年々三都へ売り出す, 年々から上, 年々上って来, 年々上る月給を, 年々上野や芝山内, 年々下落する一方, 年々不足して, 年々世事に疎く, 年々九九パーセントを示し, 年々二〇〇〇オンスであるならば, 年々二〇〇〇磅である所, 年々二〇〇磅だけより多く, 年々二万羽ちかい猟, 年々二三十万農村へ帰っ, 年々二三度おんなじなの, 年々二三百磅の恩給, 年々二億円ずつ煙, 年々二割がたも値, 年々二十余万を算, 年々二千五百万ドルからの錫, 年々二百万円以上にのぼっ, 年々二百四十四両一分二朱ほど払わね, 年々二百四十四両余を払わね, 年々二萬圓掛けて, 年々二階家が立てこん, 年々五〇磅が控除, 年々五十万もの百姓ども, 年々五十町も百町歩, 年々五十町歩も百町歩, 年々五十萬圓宛の金, 年々五千萬弗に近い, 年々五月十四日に種痘祭, 年々五磅の支払, 年々交際を新, 年々京都のよう, 年々は殖え, 年々人出をまして, 年々人家稠密して, 年々人手が尠, 年々人身御供を受け, 年々人間性をさかむけ, 年々何万円と云う, 年々何十万という人, 年々何十万何百万円の取引, 年々何号何号の支店, 年々余るという噂, 年々侵しているらしい, 年々侵蝕されて, 年々保護を与える, 年々修繕費を加, 年々借金が増す, 年々優等証を貰った, 年々兇悪になり, 年々全体の七九分の一, 年々八〇〇〇名が卒業, 年々公娼廃止及び禁酒, 年々六十万円を下らない, 年々六萬圓宛修繕費が必要, 年々兵禍あつて, 年々其費に堪へざりし, 年々内閣更迭の原因, 年々写真でもとっ, 年々をかさね, 年々ていく, 年々出現する新型, 年々出費がかさむ, 年々創造して, 年々加えられ得る増加は, 年々加速度的にふえ, 年々労働にしたがう, 年々の産物, 年々北征南略中央にある, 年々北海道から何百人, 年々十万貫もの財宝, 年々十二万斤の産高, 年々十余年間もそれ, 年々十萬圓の費用, 年々十車以上もの生, 年々千名を下らぬ, 年々千圓百圓の家賃, 年々印刷に用, 年々參勤交代すること, 年々反抗しがたい, 年々収めることに, 年々収穫を発生, 年々受け得た所の, 年々宿の, 年々咒法の精, 年々囘帰する冬, 年々四五十萬兩にのぼつ, 年々四五篇以上の生産, 年々四千万でありかつ, 年々四磅一一シリング三ペンス以上の利子, 年々土中に甕, 年々土用干の際, 年々埋まり要害の, 年々増すばかりです, 年々増上寺における動物供養, 年々壊れる一方であろう, 年々売上高が増加, 年々変ずることに, 年々変らない景物に対して, 年々変化する味, 年々変遷して, 年々多く成つて居るが, 年々多大の量, 年々多量の労働, 年々多額の金銀, 年々修繕を, 年々大きな廣がりを, 年々大根芋葱などの野菜類, 年々大統領を選定, 年々天子へ御, 年々太るように, 年々失ってる五億の, 年々夷講の晩, 年々奉納されて, 年々と二人, 年々を改めて, 年々季節を定め, 年々季節運気の循環, 年々学生街としての品格, 年々定まって支給, 年々宝蔵へ納め置き, 年々実害もあつ, 年々家賃をはらっ, 年々宿根が残っ, 年々寂れてい, 年々寂寥を増した, 年々寄せられた百二十ドルは, 年々寒暑の折, 年々寒露の節, 年々實入も殖, 年々小さくなる傾向, 年々小児が狼, 年々尾根を侵蝕, 年々から伐り出す, 年々岡崎藩から幕府, 年々崩壊する岩, 年々を新, 年々工夫されて, 年々巨富を積み, 年々市區改正工事の進捗, 年々市場に投じ込まれる, 年々帝室の御, 年々帰って来, 年々平凡な感慨, 年々平均して, 年々年貢のおとり, 年々幾億円を費やし, 年々幾千万の人間, 年々幾度か東京, 年々広くなる, 年々床の間に父, 年々かはつて, 年々引き上げられて大家, 年々弱つて行く老人夫婦, 年々強大にし, 年々旅宿へ, 年々当地ではなやか, 年々当時の国家権力, 年々当面の生産計画, 年々彼らの貨物, 年々得られた生産物は, 年々御家中並之通, 年々徴収される租税, 年々徴農するの, 年々志望者は増す, 年々思わしくなくなる一方, 年々悠長になる, 年々悪妻の強, 年々戦争には禍い, 年々が変る, 年々払っている, 年々掛け流して差支え, 年々支払わるべき貨幣, 年々故人になっ, 年々敏捷を貴ん, 年々を増す, 年々数千の公資, 年々数千万円の樹林, 年々数千名にも上る, 年々数多く放流し, 年々文学上のひろば, 年々斎米二斗ずつを寺, 年々の如き, 年々新しい蕾を, 年々新しき発見は, 年々新進作家の著作, 年々日増しに御繁昌, 年々日本の人民生活, 年々明るくなつた, 年々は遠く, 年々春秋のリーグ戦, 年々時様の相, 年々さ寒, 年々更に新しき病, 年々更新しなければ, 年々最悪の期間, 年々朝廷に奉る, 年々木曾山から切り出す, 年々の馬賊, 年々村落が増加, 年々鳴くつばくらめ, 年々東京に入る, 年々枝葉繁伸して, 年々枯死して, 年々根気よくこく, 年々え替えられる, 年々梅干の需要, 年々を持てる, 年々欠かしたことが, 年々次第に粗製濫造と, 年々欧州より移住, 年々此山道で春先, 年々此生活慾の為, 年々武器の検査, 年々武都より來番, 年々武鑑に記された, 年々歳晩にはたわわ, 年々死亡年齢の差, 年々死亡率殊に乳幼児, 年々殆ど止りが知れぬ, 年々る年貢, 年々殺獲する猴の, 年々汽車弁当の残飯, 年々の流れ, 年々洪水の被害, 年々よりも山, 年々消え残る雪の, 年々深い眠りの, 年々深まるおどろきを, 年々減りつつあり, 年々減ると言う, 年々渡台するもの, 年々溢れて来る, 年々滅絶して, 年々濃度が高く, 年々災害を重ね, 年々烈しくなるん, 年々無事だし, 年々無害地が鉱毒地, 年々無理算段しては, 年々はしく, 年々煩わしさの, 年々の禄, 年々牧場に充てられ, 年々状態は好く, 年々猛威を逞し, 年々獄中并に溜中死亡, 年々現実にもと, 年々生い茂る款冬などに, 年々生じて開花, 年々生じた稈で, 年々生産される分量, 年々産みだすものわれらこの, 年々用いられている, 年々に埋め立てられ, 年々甲斐の武田氏, 年々発展し飛躍, 年々登って来るらしい, 年々百万石を超え, 年々百人は狼, 年々百名の人間, 年々盆暮の二回, 年々盛んにし, 年々盛大となる, 年々きるばかり, 年々にあまる, 年々目先が変わっ, 年々相當數に登つて, 年々相調へて献上, 年々着古されて, 年々着物が大きく, 年々短くなるばかり, 年々礼儀を欠, 年々社會へ巣立つ, 年々の机, 年々秋風秋雨に襲われた, 年々稀少になっ, 年々税金のトツプ, 年々種子が残っ, 年々の枯れる, 年々穀物の輸入, 年々替の, 年々積もって行く, 年々空しく腐って, 年々なり, 年々等級を定め, 年々流しの, 年々を取っ, 年々米二千俵を賞せられた, 年々素晴らしく増して, 年々累進して, 年々経常費の一部, 年々結婚年齢に達する, 年々絶えず出版され, 年々絶えないくらいであった, 年々続き風待ち日和待ちの, 年々続けて来た, 年々を脱, 年々繁昌するにつれて, 年々繁華を増し, 年々成虎文を, 年々罹災者がある, 年々聞いて常, 年々肺病人が増加, 年々く繁茂, 年々腐敗の増加, 年々膨脹して, 年々自筆の三節摺物, 年々良家の美童一人, 年々良質の, 年々花柳病患者の殖える, 年々のつい, 年々若き男女各, 年々若づくりになっ, 年々若干石の収穫, 年々苦しくなるばかり, 年々苦労をし, 年々苦難されて, 年々英国産業の剰余生産物, 年々荘厳なる白冠, 年々落ち尽す幾万輪, 年々落ちる雪の, 年々蕃殖するそう, 年々行われて来た, 年々行われたが初め, 年々衰えてゆく, 年々って乞われる, 年々製作これを石膏, 年々襲っては来ない, 年々西の方, 年々ゆ, 年々見るところの, 年々計画生産で行われ, 年々計画的に行われ, 年々訪れたまう神の島である, 年々訪れる人の, 年々読者としての興味, 年々が当るであらう, 年々諸侯の勤め, 年々めいた口, 年々變つて行く, 年々豊作地となっ, 年々豊富になります, 年々豌豆のはしり, 年々財産が殖える, 年々はさしあげ, 年々貢納を納める, 年々貧乏になっ, 年々貧窮に追い迫られ, 年々責任の重く, 年々費用出費はかさむ, 年々賦与せる金額, 年々購うことを, 年々購買すべき財貨, 年々赤くなり歌, 年々越後の上杉勢, 年々軍費がかさむ, 年々輸入超過が續, 年々農家の身上, 年々通行の大名, 年々進化するだらう, 年々進攻的な気概, 年々逼塞して, 年々逼迫する一方, 年々遅速がございます, 年々遊びにやってくる, 年々運上金差し出し草場, 年々遠くへ進ん, 年々遺棄される子供, 年々遺言状の思想, 年々還ってくる, 年々郷里の松山, 年々都市で死亡, 年々酸漿が紅く, 年々野卑暴戻となる, 年々金線を圧, 年々金銀を取, 年々附けは, 年々開きが出, 年々開会する帝国議会, 年々開會する帝國議會, 年々隆起を続け, 年々隣家へ侵略, 年々の如く, 年々離間と流言, 年々需要が増加, 年々非常な速力, 年々面目を新, 年々順次に表彰, 年々が殖え, 年々餘程の御, 年々香水を三条家, 年々香雲靉靆として戦争中人, 年々の市, 年々を産み得る, 年々驚くべき数字を, 年々高まって来, 年々獲を, 年々鳥雀昆虫の多く, 年々鶏頭は赤し