青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平気~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

平凡~ ~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~ ~平次 平次~ 平民~ ~平気
平気~
平生~ 平等~ 平野~ ~年 年~ 年々~ 年中~ 年代~ 年増~ 年寄~

「平気~」 4180, 40ppm, 2880位

▼ 平気~ (2444, 58.5%)

36 それを 26 いるの 25 見て 22 歩いて 21 答えた 20 いた 19 やって 18 いる 13 自分の 12 あつた 11 いられるの, そんなこと, 生きて 10 いました, 言って 9 いたの, 書いて, 笑って, 聞いて 8 います, 嘘を, 澄まして 7 いること, 出て, 眺めて, 立って 6 使って, 口に, 彼の, 済まして, 着て, 言った, 遊んで 5 そこに, 煙草を, 答えました, 話して, 遣って

4 [21件] いって, いて, いられるもの, いられるよう, いるから, いるところ, いるん, それに, そんな事, ながめて, ゐる, 云った, 云へる, 人を, 何か, 冗談を, 寝て, 暮して, 私の, 行って, 食べて

3 [39件] いたり, いった, いても, いられる, いられるね, いるかと, いるが, いるよう, うそを, こう云った, ここへ, これを, そう云う, はいられない, はいられなかった, やる, やること, やれるよう, ゐられるやう, ゐること, スラスラと, 云う, 仕事に, 仕事を, 外へ, 女性を, 残って, 水を, 物を, 答える, 答へ, 腰を, 自分を, 行はれ, 行われて, 踏んで, 通用し, 進んで, 酒を

2 [131件] あとから, いいました, いう, いたお前, いつもの, いやがる, いられるか, いられると, いられるもん, いるので, いる事, いる人, いる訳, おそらく喋る, おります, おれなかった, こんな事, する, するもの, するやう, するよう, そういうこと, つかんで, つけて, どん, なんでも, ねる, はゐられなかつた, みては, やってのけそう, やつて, やらかすもの, やるという, やる女, やる奴, わたしの, ゐられる筈, ゐるの, ゐれば, 一緒に, 並べて, 乗切って, 云う癖, 云って, 人の, 人殺しを, 伝えて, 使いこなすの, 使はれ, 例の, 働いて, 僕の, 僥倖を, 入って, 冷静で, 出して, 前の, 受けて, 受けるよう, 味方の, 喰う, 嘘が, 土の, 在職し, 垣を, 堪えて, 大きな声, 女は, 威張って, 子供を, 学校に, 客の, 少しも, 居た, 居て, 居るから, 居ると, 居れずある, 巣を, 床の, 座を, 往復する, 待たして, 手を, 持って, 指で, 教えて, 日常口に, 楽しんで, 横たわって, 此の, 歩いたが, 死を, 残して, 湯を, 澄し込ん, 犯して, 用いて, 男の, 男性を, 町を, 相変らず, 私に, 私を, 笑いながら, 考えて, 聞き流すこと, 聞くん, 膝を, 自分から, 舞い込むの, 莨を, 落付い, 行くよう, 裸体を, 褌を, 見物し, 言えるよう, 言つ, 言葉を, 談笑し, 談笑を, 身に, 身を, 車掌に, 通用する, 進む, 頭を, 飛んで, 食うの, 飯を

1 [1561件 抜粋] あいかわらずいたずら, あたりを, あとは, あの露骨, あんな冗談云, いうん, いう金持, いさえ, いたでしょう, いたら決して, いた人, いっしょに, いつも住ん, いふ, いやらしく出来た, いらしつたわね, いらっしゃれる, いられたもの, いられちゃあ, いられない質, いられなく思われました, いられよう, いられるかも, いられるだけ, いられるという, いられるほど無知, いられる人, いられる筈, いるからさ, いるぜ, いるならば, いるのに, いるもの, いるらしい庸三, いる女, いる悪習, いる程, いる覚悟, いわれて, うすぐらい鍵, うたって, うなずいた, おいでだ, おかすという, おしっこを, おっしゃいますけれど, おのれを, おられましょう, おられると, おるほど, おれない, お云いなさる, お出下さい, お喋舌, お椀, お留, お茶を, お香物, かくの, かついで, かなりひどい, かます, きき流すこと, くだしてるこの, くゆらして, こういいました, こう言う, こつちを, この問題, この岩端, この西, これは, こんな場合, ごぜ平気で, ごろ寝を, させる, さもさもおいし, さらして, しかねない紳士, ししと, しゃあしゃあし, すぐ他家, すまされるという, するが, する娘, すれば, ずぼらを, せせら笑って, そうしたなか, そこらを, そのいや, そのや, そのヴェランダ, その前, その娘, その後も, その持主, その楯, その紙包み, その車, それで, それらを, そんなに珍, そんな風, ただ上達, たった二十, たべた, つかって, つづけられる, てくてく, できるよう, ともって, とり合おうとも, どんなところ, なお笑っ, なにか考へ, にこにこし, にはか雨, のさばらせて, のむの, はいられなくなった, はた目からは, はないでしょう, はびこって, は見, ひとに, ぶつかって, ほんとにひどい, みて, むごたらしいこと, むしろ大, もって, やがて記者連中, やった鉄, やっても, やつた, やめて, やりあった, やりしかも, やりも, やり通すよう, やると, やるよう, やる日本出版協会, やれる大, ゆっくりと, よくも, わざわざつい, われわれは, ゐました, ゐられる, ゐられる清親風情奴, ゐるので, ゐる事, ゐる許しがたし, アブサンを, カストリを, グウグウ寝, コバルト色の, サギにか, ズバリズバリと, トルコ人の, ドンドン行く, ニヤニヤ笑っ, ノメノメもらっ, ビクビクしない, ペルリンペルリンという, ヤニを, 一升賭を, 一時間以上も, 一言も, 上座へ, 下宿人の, 不断から, 世界を, 両立し, 並行される, 之に, 乗り切るだけの, 乗り越して, 事務所の, 二人を, 二階の, 云うて, 云う弥助, 云つてゐた, 云ひさう, 云へて, 井, 交番の, 享け, 人名を, 仇名で, 以て, 伝へて, 住んだ, 体を, 何ともし, 何ら憤激, 何人でも, 何処へでも, 使いこなすその, 使うこと, 使われるの, 信じ而, 借金を, 偽の, 傘も, 働く国民, 兄が, 先生の, 全くそれ, 冷ら笑っ, 処置を, 出しともかく, 出入し, 出来た人, 出来るという, 出歩いた, 出版させた, 出鱈目を, 切り抜けて, 別れて, 創作し, 動かなかった, 勝負に, 卑劣な, 又竹竿, 叔父の, 取り上げた, 取次ぐと, 受けるほどに, 受け取ったの, 受け容れ通りすぎ, 可憐そうだ, 同じ事, 向うから, 告げたそれ, 呑む様, 呼び慣れて, 咲いて, 品切れだ, 商売し, 喋り出す恥知らず, 喰うよう, 喰物の, 嘘八百を, 囲炉裏の, 土俵に, 坊さんなんか, 坐り込んで, 執務し, 増減し, 売りつけるといふ, 多く書きました, 大きい貨幣, 大童である, 天真を, 女と, 始末される, 嬉しげ, 学校で, 安価の, 宗演老師の, 客に, 家に, 寐てけ, 寝泊りを, 小指で, 少女に対する, 居たら午後, 居られた, 居られない, 居られぬ, 居られる, 居られるの, 居るの, 居る人, 居る者, 居れるという, 山門に, 巧みに, 帰って, 帽子を, 平常の, 幾杯も, 弁当も, 引き擦られて, 強飯を, 彼は, 彼女に, 往来した, 待伏せし, 御飯たべられる, 心に, 応対し, 快活に, 思ったとおり, 思わず微笑, 恋を, 悪く云い, 想像を, 我々一行を, 我慢出来た, 戦うばかりか, 扉を, 手伝つて二の, 打ち明けました, 承諾した, 投げ出して, 押しかけるの, 拾って, 持ち出すの, 振り返って, 捨て置いた結果, 控えて, 提供した, 握りしめたん, 搏動を, 撮影し, 擲る, 放送する, 敢て, 散歩を, 敷いて, 斯う云った, 旅行を, 日常の, 昔から, 時には弥次馬, 暗闇の, 書いた, 書き散らすまでに, 書くの, 書けること, 書生の, 朝食を, 本も, 来られるもの, 東京の, 柿を, 構はずに, 横網の, 歌って, 歩かせて, 歩きまわって, 歩くと, 歩こうと, 歩を, 死んで, 残った客, 殺して, 殺人も, 毎日かけ廻っ, 水の上を, 江戸まで, 沢山並ん, 泰然と, 洒蛙洒蛙し, 活動が, 涙を, 清らかな, 渡って, 漂うが, 潮干の, 炉端へ, 無視し, 無駄口を, 熟睡を, 父に, 物語を, 玉よ, 現代の, 生命を, 生活し, 男を, 町中を, 登るの, 白状します, 盗賊らの, 目を, 看護婦の, 眠りつづけると, 着せて, 石段てく, 破れるほど, 神様の, 私たちを, 称び合ふ, 空嘯いて, 立つて, 笑いました, 笑つてかう, 笑ひ, 答えて, 答案を, 純科学的, 細君に, 続けました, 締めて, 美しい物, 群れ歩く, 而も, 聞き流して, 聞ける真弓, 肩肱を, 脚を, 自ら言っ, 自己の, 自由に, 舐めさして, 良人の, 芝居してた, 若い女性たち, 茶道精神より, 菓子を, 落ち着いて, 葡萄酒を, 虐げる人, 蛇の, 行い出来ヌト云ウコトハナイモノダ, 行かれるわ, 行く気違ひと, 行つて来た, 行なわれること, 表の, 見せて, 見ちゃ, 見のがす事, 見る以外, 見殺しに, 見過ごすこと, 観察し, 言います, 言い添える, 言うお, 言うよう, 言う者, 言えないよう, 言つた, 言つて恥づる, 言へ, 計画し, 診て, 話が, 話しかけた, 話すこと, 話合える, 語った, 語りだしたので, 説いて, 読み過ごすと, 読めるよう, 読破し, 談す, 象の, 買うの, 赤ん坊を, 跨ぐかも, 踊るので, 踏むの, 蹂躙する, 軍歌を, 辱しめを, 返事の, 述べて, 送れること, 逆に, 通って, 通りぬけようと, 通る程, 通学たまたま, 進呈する, 遊戯する, 道を, 遺族の, 金の, 長い頸, 門口に, 陽気で, 雑誌類を, 露はに, 静也について, 面白そう, 預けて, 頷いて, 顔を, 飛び越す程, 食つてゐる, 食べます, 食べるの, 飲まないで, 飲み下した, 飲めたの, 首を, 馬で, 駛って, 髪一本ゆるがせない, 黙過する, 鼻歌

▼ 平気~ (791, 18.9%)

182 顔を 109 顔で 46 もので 24 んだ 16 ものです 14 のだ, 顔し 13 のです 12 ものだ 11 んです, 声で 10 ものである 9 面を 8 様子で, 調子で 7 のは 6 のか, ものだった, もんだ, もんで, 顔, 風を 5 ふうを, ものさ 4 のが, のだろう, ものでした, もんさ, ような, 顔つきを, 顔は, 顔付で 3 のでございます, のを, ものであった, 態度を, 様子を, 面で, 顔だ, 風に

2 [21件] お顔, かおで, が憎らしい, ことで, ことな, のかい, のであった, のであります, のである, のでしょう, のよなち, もの, ものだつた, もんです, 事で, 人も, 口調で, 声を, 気持で, 顔に, 顔の

1 [153件] うちに, かおし, ことである, ことに, ことは, ことも, ことを, ご様子, しかしみんな, しっかりした, すこし嬉し, そッけ, だけに一層, ところがひどく, ところ面白し, の, のかと, のかね, のけ, のであらう, のであろう, のでおっかぶせ, ので彼, ので盗られた, ので門番, のと, のなら, のには, のに兄さん, のに少し, のに彼女, のね, のよ, はずである, ふうで, ふりを, ほとんど荘厳, ほどしっかり, むしろおごそか, ものおもしろ可笑しく, ものか, ものが, ものじゃ, ものであろう, ものでございます, ものでしょう, ものな, ものなかなか, ものにて, ものも, もの卑陋至極で, もの振向い, もんか, もんだった, もんであった, もんよ, やうな, ように, わけだ, んだったら, んだろう, んでしよう, んでせう, んで少し, オタツと, シシド君と, 一寸した, 一月である, 三郎兵衛, 不貞さにも, 事を, 人, 人でない, 人に, 人の, 人間な, 傾向を, 冷淡な, 口から, 奴が, 奴でも, 媚を以て, 少々不, 広海屋, 彼女達今宵ばかりは, 心持ちで, 性分で, 性格である, 意地悪を, 態度で, 態度であった, 態度に, 所あり, 挙動が, 描写は, 文献による, 方, 時彼は, 村民達が, 様子, 殆ど不, 気持が, 気持ちで, 気持では, 泥坊とは, 物言ひ, 男な, 男なら, 男も, 石の, 程丈夫相にも, 程二人は, 竜之, 笑い顔を, 笑顔を, 筈な, 答弁を以て, 精神は, 素振, 細君は, 者で, 者サ, 自分と, 英一を, 表情の, 表情を, 許りでなく, 訳だ, 話ぶりに, 調子は, 質では, 足取りで, 踊りである, 踏み台たる, 身振りを, 通行人の, 重い変化, 野郎だ, 野郎も, 閑寂な, 青黒く焼けた, 静かな, 面あし, 面持で, 音を, 顔こっちも, 顔してる, 顔って, 顔つき, 顔では, 顔一切合財日本中の, 顔自分の, 風も

▼ 平気~ (220, 5.3%)

17 なって 8 して 6 構えて 4 なった, なりました 3 なつて, なるの, 眺めて, 答えた, 近い感情

2 [19件] かまえて, かまえてたら木津さん, なつた, ならなければ, なろうと, のらくらし, やって, 俳句中に, 先生として, 勝平の, 平気に, 正直に, 水の, 澄まして, 物語れり, 笑いながら, 翌日連れ, 聞き流すこと, 這入り込む程

1 [128件] あの人, いって, おちついて, おのろけ, すましこんでる, そこへ, そのこと, それから, とりすましては, なったの, なったので, なったよう, なったり, なってるほど, なつとるだ, なりきること, なりそう, なりたいの, なりはるか, なりまして, なります, なり呑気, なり平素, なり背なか, なる, なるかも, なるから, なるだけでも, なるばかり, なるもの, なれ, なれない, なれなければ, なれます, なれるであろうけれど, なれるやう, なれるよう, なれ候, なんでも, のたくって, ほがら, むしろ聞こえよ, やりつけて, センシビリティーを, 世界各, 並んで, 云える, 人だかりの, 人類と, 仕事を, 何事も, 使はれ, 使ひ居たる, 使用され, 全く当然な, 別れられたといふ, 只上野, 向うから, 呟いた, 声を, 宇宙に, 将来の, 市場に, 平面的に, 序文を, 座布団の, 弄ぶまでには, 当然な, 彼は, 復するを, 復りぬ, 思って, 思わせて, 持ち応える訳, 持ち込む事, 捲き込もうと, 書いて, 書き上げるの, 最安心, 村の, 極めて冷淡, 構へて, 歌に, 歩くよう, 歩行い, 残って, 火鉢へも, 烏を, 現われて, 用ゐ, 真面目に, 睡られるもの, 研究すれ, 笑いに, 答えたが, 答える, 答へ, 粧おうと, 考うれ, 考えて, 考へて, 聞いた, 聞いて, 聞き流して, 肯いた, 自然を, 自然界を, 草を, 落ちつき払って, 装いながらも, 見えた, 見えます, 見まわして, 見物が, 言い直した, 言って, 詐を, 論じても, 論判します, 講義を, 譌を, 踊り込んで, 踏みしだく道辺, 返事を, 静かな, 飛び越して, 飛んで, 鬢を

▼ 平気~ (143, 3.4%)

14 よ, わ 87 から 4 平気だ 2 しまた, というの, といふ, といふやう, と思っ, と思った, もの

1 [82件] からね, から不思議, から僕たち, から十里, から帰ります, から戸棚, から編輯, から若し, が, があんな, がおそく, がとかく, がの, が上り, が先方, が六十七十, が吹かせ, が妻, が子供, が折, が母, が海いちめん, が物, が病人, が眠い, が総代, が襯衣, が誰, が酒, けれど, けれどなり, けれどもそこ, けれども独立, けれど夜, けれど死ぬ, けれど私, これからだ, しこれ, しダンス, し妹, し弱々しい, し弾丸, し政治家, し自分, し草, そうでございます, ぞ, という, ということ, というん, という大胆不敵, という彼等, という様子, という習慣, といふ顔, ときい, となれ, とみえる, とも, と云う, と云つて, と声, と子供, と彼, と思う, と支那, と気持ち, と考へ, と自己満足, と見えまし, なに平気だ, なんだ, ねえ大, ねめちゃめちゃ, ねもう, よ反, わすこし, わね, 余りに冷淡, 切符さえ, 御飯も, 斯んな

▼ 平気~ (104, 2.5%)

48 平左 3 へいざ, ように, 平左衛門で, 皮で 2 へのへ, ようでした, 平三, 者には

1 [36件] おぶらあと, かおで, せいも, へっちゃ, ものである, ものには, やうです, ようだ, ようです, ような, 代りに, 判断に, 十兵衛笑っ, 十兵衞笑つて病人あしらひ, 反対らしく, 平ざでおられるようになれえよ, 平ざでせせら, 平佐, 平左右衛門, 平左衛門だ, 平左衛門だろう, 平左衛門とは, 平左衛門な, 平左衛門知らない, 平座, 平然で, 悪党ジジイの, 由, 癖に, 私も, 職業を, 躰で, 道を, 面を, 顔で, 顔色を

▼ 平気~ (104, 2.5%)

30 装って 8 装うて 6 装いながら 4 よそおって 3 装おうと, 装った調子 2 よそおうて, 粧うて, 装い, 装った, 装ったが, 装つては, 装ひ

1 [36件] つくりて, また羨ましく, もって, よそいお, よそおいながら, よそおい首, よそおう, 唱え階段, 強ひる, 持し, 粧いながら, 粧いながらも, 粧うとして, 粧って, 装いお, 装いつつ, 装いつ毫も, 装うの, 装うのに, 装う必要, 装う逆手, 装おうとして, 装おうとしても, 装ったり, 装った声, 装った様子, 装ってから, 装っても, 装つて晩まで, 装は, 装ひつ, 装ふかといふ, 装ふたり快活を, 装ふと, 装へ, 装へど

▼ 平気です~ (44, 1.1%)

1742 あれを, から, が

1 [17件] あんな奴ら, うすう通り, からね, がでも, がねぎらぎら, が人, が妙子, が王妃, けれどせめて, って, と博士, のや, みからすみ, よそんな, わ, わそれ, 却ってこの

▼ 平気だった~ (33, 0.8%)

2 が, という証人, のです, もの, んだ

1 [23件] あの家, いまよりは, かも知れません, からあなた, がこの, が今, が始めて, が空巣, けれど東京, しそれ, し心持, し時折不道徳, といいます, ということ, と今, にちがい, の, のでしょう, わ, わよ, んじゃ, 者も, 葉子が

▼ 平気~ (17, 0.4%)

1 [17件] うんと仕込んどきゃ, があっ, がわたし, が極端, が瀧沢, です, でクマ, で云う, で処理, で室, といつか, にはあきれる, には不審, に舌, をブルジョア文壇, を変, 何と云おう

▼ 平気じゃ~ (14, 0.3%)

5 ないの 3 ないか 1 ありませんか, あるまい, ないかという, ないですか, ないですね, よ

▼ 平気である~ (14, 0.3%)

1 [14件] がある, がといふ, が現在, が私, けれどもそれ, し, し大体私, そのかわり, ために, のにそれにただ, ほどきょう, ように, 甲野さんは, 相不変ズン

▼ 平気でし~ (13, 0.3%)

3 ている 2 てゐる 1 ていた, ていられる, てのけた, てゐる穢れた, てをつた時代, て来た, て生き, ゃあしゃあとしていらして女中に

▼ 平気そう~ (12, 0.3%)

2 な顔 1 である, な御, な様子, な顔つき, に, にうけ, に保っ, に囁く, に笑っ, に通用

▼ 平気であった~ (9, 0.2%)

1 かということ, がかわいそう, がその, がでも, が今夜, が忠公, し第, にただ, のです

▼ 平気ですまし~ (9, 0.2%)

3 てい 2 ている 1 ていた, ていられる, ているらしく, てゐる

▼ 平気~ (8, 0.2%)

1 なるが, なれる, 云うわけ, 云って, 思った, 愉快を, 見えますな, 見える

▼ 平気でいらっしゃる~ (7, 0.2%)

1 か知れません, けれどお, けれども明日, という人, と感づかれます, のね, んでもうなんとか

▼ 平気らしく~ (7, 0.2%)

1 そばの, ゲラゲラ笑い, 事実手の, 先の, 答へ, 答弁する, 貧乏の

▼ 平気なら~ (6, 0.1%)

2 今また 1 ば如何, ぼくだって, また買う, 氷原でも

▼ 平気でした~ (4, 0.1%)

1 か, が一種異様, それが, ね

▼ 平気では~ (4, 0.1%)

1 ありません, いられなかった, いられなくなった, 受け答えが

▼ 平気でも~ (4, 0.1%)

1 いられますまい, ないが, 亡くなった主人, 気持の

▼ 平気でやる~ (4, 0.1%)

1 あの, つもりです, ほど女, やうに

▼ 平気なる~ (4, 0.1%)

1 には寛容, は浅見, 者あり, 者なき

▼ 平気にて~ (4, 0.1%)

1 よく嘘, 出来る丈, 提げ大分酔, 歩み去る

▼ 平気~ (4, 0.1%)

1 あゝ屹度, それにうち, そんなこと, 二十世紀の

▼ 平気らしい~ (4, 0.1%)

1 から引きうける, けれどもうまい, 様子は, 顔を

▼ 平気かも~ (3, 0.1%)

1 しれないが, 知れん, 知れんけど

▼ 平気~ (3, 0.1%)

1 ケロリという, 却って往々彼, 着て

▼ 平気だろう~ (3, 0.1%)

1 と思います, などと彼, よ

▼ 平気という~ (3, 0.1%)

1 そんな些細, 構えな, 気に

▼ 平気にな~ (3, 0.1%)

1 つて, つてし, つて差支へ

▼ 平気には~ (3, 0.1%)

1 作られなかったから, 見えなかったの, 見て

▼ 平気さうな~ (2, 0.0%)

1 ふりを, 顔を

▼ 平気だったら~ (2, 0.0%)

1 君は, 私は

▼ 平気だって~ (2, 0.0%)

1 いいますね, 弟さんが

▼ 平気だらう~ (2, 0.0%)

1 あの女, あんな風

▼ 平気~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 平気でおっしゃる~ (2, 0.0%)

2 わね

▼ 平気でございます~ (2, 0.0%)

1 から一人, よ

▼ 平気でない~ (2, 0.0%)

1 と見え熟, のは

▼ 平気で遣つ~ (2, 0.0%)

1 たり故意, てゐる

▼ 平気とは~ (2, 0.0%)

1 いかないので, この事

▼ 平気~ (2, 0.0%)

1 いかなる性質, すぐに

▼ 平気みたい~ (2, 0.0%)

1 な気, な顔

▼1* [107件]

平気ある時十二時を, 平気あんな暗い田圃, 平気狂気か, 平気かといえば, 平気かという意味で, 平気さうだつた, 平気さうに云つた, 平気さうに己れも, 平気さお前なんか女, 平気さ俺は夜道, 平気すぎた余りにも, 平気すぎるようで, 平気そのかわりあの, 平気そんな様子には, 平気だいそんなこと, 平気だったらしいね, 平気だったろうと思われる, 平気だつたが一寸間, 平気だにそんなこと, 平気だ隠れたら公然と, 平気であざ笑いつづけるのです, 平気であせることなく, 平気であったろうしこれら, 平気でありそんな時, 平気でありうると同じ, 平気でありますわ, 平気であるいている, 平気であるごとくベルリンの, 平気であるらしいことを, 平気であろうし現実, 平気でいってみれ, 平気でかじるんです, 平気できめられたスピードで, 平気でさえいれば, 平気でしやべつ, 平気でしょ三郎さまが, 平気でしょうし傲慢, 平気でたつことが, 平気でたひらげる, 平気でつかつてある, 平気でなくても部屋, 平気でなさるお約束, 平気でなるだけ往来, 平気でなんかいられない, 平気でにやりに, 平気でふざけ返したり, 平気でむこうへ歩い, 平気でもってそういった, 平気でをらう, 平気で云ったり仕, 平気で仕でかして置い, 平気で仰しゃるんですものね, 平気で仰有っている, 平気で仰有るならあたいもう, 平気で動かなかったんです, 平気で坐に上つて往, 平気で怒鳴れるように, 平気で思うかってのまま, 平気で明けても暮れ, 平気で曲ったものにでも, 平気で歩くことが, 平気で破つて三つ, 平気で示された通りの, 平気で背負っていた, 平気で行き逢ふ, 平気で行き逢う人行き逢う, 平気で行って呉れるだろう, 平気で見ている, 平気で見えすいた嘘を, 平気で逃げようともしない, 平気で遣ッて, 平気で遣つづけて来た, 平気というは世に定論, 平気とでもいうよう, 平気どころじゃない, 平気どころか大得意, 平気なりと言う, 平気なればお, 平気な仰しゃりようをなさいます, 平気な仰しやりやうを, 平気な思ひもする, 平気な面して貰, 平気にと心掛ければ, 平気それや, 平気ばかりを繰り返して, 平気やったけどとうとう, 平気やつたもん, 平気やのんか, 平気よりも寧ろ心, 平気らしかつた, 平気らしくみえるのが, 平気らしく待っていなけれ, 平気らしく振舞っていた, 平気らしく答えてそっぽ, 平気らしく装うて言った, 平気らしく言ってやがて, 平気らしゅうございますが女, 平気デブラシニ水ヲ含マセ, 平気体質ナノデアル, 平気一番何ともない, 平気下卑た戯談は, 平気以上に平気, 平気孫左衛門難渋そうな顔色, 平気活眼を開き, 平気な顔, 平気知識に長, 平気茶の間からパース