青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「想~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

情~ ~情熱 情熱~ 惜~ ~惜しい 惜しい~ ~惡 惡~ 惣~ ~想
想~
~想像 想像~ 愈々~ ~愉快 愉快~ ~意 意~ ~意味 意味~ ~意地

「想~」 2228, 24ppm, 4828位

▼ 想~ (316, 14.2%)

8 を寄せ 5 を馳せ 4 て又, に耽つ, に耽る, に走, 出の 3 がする, を凝らす, 出, 出は, 出を

2 [29件] て, ながら, ながらいつこ, に打たれ, に打たれる, に走る, に駆られ, の, のたけ, はどこ, は夢, をした, を寄せる, を御, を空, を運ぶ, を馳せる, 仙妃を, 出らしい, 初月, 断角を, 書燈を, 林処士の, 深しや, 清霜を, 空山を, 羅浮を, 脩竹を, 野水を

1 [210件] がおのづと変つて, がお前, がすぐ, がそれ, がない, が伸び, が傾いた, が悲劇, が溢れ, が潜ん, が知れた, が私, が縮ん, が脇道, が至らなかつた, が走, が退散, その高潮, だけで, つきの, てあたかも, てひきしのぶ, ても見, て善, て寢, て忽ち, て惑, て惡, て意, て殆学, て独り心, て私, ながらぼんやり, ながら三吉, ながら戯れ, ながら旅人, ながら机, ながら畑中, ながら遊動円木, などには夢, などは想像, につまらなく, にない, にばかり打たれ, にばかり酔つて, にひたせる, にふけつ, にふけつた, にふさ, に動かされ, に引きずられ, に得堪へ, に想, に最も, に比, に沈み降り行く, に沈ん, に溢れ, に炎, に煙, に現れ, に眩惑, に眼, に結びつけた, に耽, に耽つた, に耽り, に耽り始めました, に苛められる, に襲, に走つ, に走つた, に走り, に陷, に駆られた, に駆られない, のかぎり, のなか, の中, の国, の夢, の律義者, の果, の深, の苦労性, の裡, はあの, はいつの間にか, はいま, はこの, はその, はなつかし, ははるか, はふと, はますます, は何, は俺, は和歌, は如何, は常に, は徒ら, は抱いた, は日ごと, は東京, は浪, は無, は窓先, は遠く外, ばかりが傍, ばかりが強い, やつた, やつて, やつて意, やつて氣, や独言癖, わが心, をいとも, をかけ, をし, をする, をはせ, をはるか, をひそめつ, をほぐし, をもて余し, を久しく, を交す, を傷けた恨み, を凝らし, を助長, を及ぼす, を含め, を囁き, を回らす, を回らせ, を変, を引きいれる, を当時, を忘れし, を懸け居る, を打ち明けられました, を払, を投げあひ, を抱い, を抱かせられる, を拵, を掛け, を晴らし, を為さしめる, を焦がす, を現在, を生めり, を碧潭, を笛, を練つて, を縦横, を罪, を胸, を走らせる, を超, を通, を遂げ, を酣, を馳せざる, を馳せた, を駆せ, キラキラきらめく, 乍ら而も, 人である, 人を, 兄弟想ひ, 其飛躍転用する, 出が, 出である, 出と, 出とは, 出に, 出話に, 刃傷沙汰みんなグラン・タムールに, 大陸より, 山を, 急用相ととのへ, 想は, 抗議的で, 拝跪し, 旅を, 望みに, 沁, 泛べた, 浮めらる, 海の, 海を, 煩ふ, 當つた樣子です, 當る, 的な, 眉宇に, 硯友社時代の, 私の, 結構, 給へ, 而し, 至つたのである, 起したる, 起しまた, 起し回想記にも, 起し時代と, 起し私は, 起し言葉すく, 静かに

▼ 想~ (184, 8.3%)

8 可し 5 にこの 3 ことが, に, に此, のです, やうに

2 [15件] がよい, ことに, にその, に堪へ, に姫, に彼, に慊堂, に早く, に現, に茶山, に閣下, に霞亭, のだ, のは, 毎に

1 [126件] かつて内, が古き, が可, ことを, これも, だけで, だけでも胸, だにも耐, だに心, だに怒り, だに畏怖, なんて私, にあながち難, にあなた, にけふ, にこ, にこれ, にそいつ, にその頃, にた, にだに堪へざるなりけり, につけ夕暮, にサンタ, にベルナルドオ, に一夜, に仙歌亭, に作者, に保古, に八幡某, に其の, に十三日, に同行翌日, に土中, に大佐, に大連, に太古, に将来我国人, に小, に岡田夫人, に己, に平生筆, に当の, に当時養痾中, に彼批評家, に彼等, に情夫先づ來, に我等, に授受, に文藝, に新, に日曜日, に是, に景淨, に本, に杏春, に林崎院長, に某氏, に梅, に棠軒, に棠軒当時, に榛軒, に檗山紀勝, に此人, に此種, に毅然たる, に永井氏, に湯島, に當時, に當時彼等, に磐谷, に禅刹記, に秀吉, に竹田, に筑紫, に羅馬市, に群馬, に聖母, に英国, に蕪村, に藤陰, に藪, に蘭軒, に語原, に謝氏, に足るべし, に足利末期, に風雨一たび, に餌, のであつ, のである, はいた, は已に, ばかりに躁, ほどな, やうでございます, をえむ, 亢奮は, 人こそ, 人も, 人を, 人生れ, 余りの, 余裕なく, 夜, 嬉しさ, 度に, 彼が, 彼は, 心を, 恋々の, 情とも, 慢の, 所なく, 所に, 日, 時その, 氣持ちも, 汝が, 為に, 癖が, 神も, 神明の, 程嚴, 職業俳優が, 能は, 荒川の

▼ 想~ (141, 6.3%)

4 なすや

2 [13件] 主と, 卑み, 宗と, 寄せて, 専らに, 專らに, 懸けて, 排斥し, 潜め外, 空に, 立つ, 自由に, 鼓吹する

1 [111件] あらわした創作, いたましむ, おのづか, かまへて, この世で, こらして, こらすわれ, させられる事, した事, して, とらえたよう, とらえようと, なさしめる, なやみぬ, ねった, ねって, ねりたくみ, ねり工夫, ねるところ, のせて, のみ主, まぎらすよう, やぶるまいと, われと, 一つ失い, 一顧すれ, 亂さう, 事造と, 仏土に, 具へ, 凝らしそしてそこで, 凝らした, 凝らして, 包みて, 包んだ一大古典家, 含みたるに, 嘔ひ, 変へて, 多能多才の, 妨げ揺すぶること, 寂光の, 實在せしめず, 尊めり, 巌上に, 形成するなり, 得たもの, 得るの, 忍ばなければ, 想と, 懸けること, 懸けるなんて, 懸けるは, 懸け進んで, 抒べたものである, 披瀝し, 担ひ入れ, 持つたの, 指したるなり, 振うて, 故郷の, 斥くるなり, 旨と, 構えたかという, 構えたもの, 樂しんだ, 歌ふ, 歪めてまで, 浸し語りもの, 演じつつ, 為せり, 現すあたわずただ, 現すを, 現ずるなり, 現わす, 理想に, 発し人, 破られて, 破る, 破ること, 立て物力, 統一し, 絶滅せ, 練った, 練ったもの, 練って, 練つてゐる, 練りペン, 練り案, 練ること, 練る気持, 練ッて, 纏めるなんて, 纒めに, 美の, 致し何, 表すこと, 見るところ, 貴み, 起こしたるもの, 起こす, 述べたるもの, 述べて, 追うて, 遂げましょう, 遠離, 重んずる当代, 非想, 養う輪廻世界, 馳せた亀千代, 馳せられたもの, 馳せ未だ

▼ 想~ (128, 5.7%)

6 せた 5 しめる 3 しむるの, れるの 2 これに, ざる能はず, しめた, しめたりき, ないわけ, なかつたが, ぬ人, ぬ科, るる, 今古

1 [91件] ありません, いくら竹叢, いつまで, う, うか, ことごとく彼女, ざるを, ざる悪, しむ, しむる, しむるものありと云, しむるものがあつた, しむるものなきにあらず, しむる語, しむる陰森, しむ下界, しめぬ, しめむとするが如き, しめよ見せしめ, しめるの, しめるもの, しめる優しい, しめる底, しめ同時に, すでに, すどす黒い, すやう, すよ, す年, す角度, せざるは, せずには, せたの, せます, せられた, せられる, せられるやう, せられる陰々, せる何物, せる工夫, せる背, せる脊, せ刈萱, つづく, ないはず, ない事, なかつたで, なかつた所, なんだ, ぬ凡て, ぬ快勝, ぬ目, ば益を, るる如き, るる餘地, るれど, れること, れるも, れるもの, れる交通, れる國, れる女, れる湖上, れる美人, れる老, れる這麼風, んわね, 久保田君にと, 他の, 何時の間にか飛躍, 全く変じ, 即ち實, 即是れい, 古今に, 吾手男の, 多く実地, 實に, 彼を, 徐にさまざま, 成つたのである, 明健まどかにて, 極めて少, 水の, 真ならず, 磨かれて, 私に, 絶えず彼, 絶對結象の, 解かツ, 詩人が, 高い梢

▼ 想~ (109, 4.9%)

4 所立の 2 まれ人の, ものが, 中に, 分れたる爲, 芽を, 詩なり, 詩人でも

1 [91件] あらはれたる, うちに, うるみひえびえ, きれぎれをつなぎ, すなほ, なかにこそ, ながれに, ひまには, ほども, みち, やうだ, ようだ, ような, テツの, 一脈相通ずる, 三目は, 三目を, 上に, 世に, 世界としてのみ, 中で, 中にて, 中へ, 主題を, 二生に, 人今は, 人間派なき, 人間派の, 仏教, 代表者健全なる, 作が, 作をば, 側で, 偽りない, 具現として, 凡夫も, 別だに, 卑き, 句が, 固有派に, 固有派個想の, 国インドで, 域に, 境に, 境を, 外の, 室の, 寄せ来る, 對象である, 尺度を, 底から, 底に, 微妙, 抑揚する, 折衷派と, 折衷派小天地想の, 方は, 族らとりどりに, 時の, 本質に, 模型には, 歌が, 歌も, 歌次第に, 汁を, 沈黙重た, 現実を, 甘味とが, 甲と, 発揚が, 皮が, 相を, 眼を, 秀句二三を, 純全なる, 網目に, 見解の, 観察を以て, 記録の, 訪れを, 起りたがる, 鑄型めき, 間に, 霊に, 静けさを, 領分なり, 領分に, 頭巾を, 類似が, 類句に, 鼓動は

▼ 想~ (64, 2.9%)

3 耽って 2 せき立てられたの, ふけって, 沈んで, 陥って

1 [53件] あらざるゆゑに分想, あらず, あらずして, しずんで, して, とらはれ幻想風, ふけつて, よりて, ペンは, 主観的なる, 伴起せし, 余念の, 入りばら, 全霊を, 凝りて, 凝乎黙, 包まれて, 在らば, 在り, 堪へずし, 小天地の, 当て嵌つて, 應じたれ, 我を, 於て, 於ても, 此ぶれ, 比して, 沈まなければ, 沈む私, 涙に, 滞った作物, 滞るからと, 無限の, 縁りて, 美を, 耳を, 耽けりたくなかつたし, 耽ってでも, 耽つたの, 耽りたいなどと, 耽りつ, 耽り始める, 耽るとか, 耽る時, 耽る様子, 至りては, 落ちて, 近きところ, 近寄らむとす, 適へ, 陥った, 驚き調べ

▼ 想つて~ (60, 2.7%)

3 ゐた, ゐるの, 居た, 見た 2 も水, ゐたの, ゐる, 見ると

1 [40件] いても, くれ給, どうしてもそんな, は若い, みたり, もぞつと, も何, も冷汗, も凌ぎ, も到底, も原田, も厭, も堪らない, も瞬間, も私, ゐたお, ゐたが, ゐたこと, ゐたならば, ゐたのに, ゐた方, ゐら, ゐるか, ゐること, ゐるやう, ゐる矢先, ゐる私, ゐる若い, をつたの, 凝つとして, 大きくなりました, 居たが, 居た博士, 居ります, 居る, 居ること, 居る筈, 見たこと, 見る, 見れば

▼ 想ひ出し~ (53, 2.4%)

6 てゐた 4 てゐる 2 てそれ, てみた, て見る

1 [37件] そして育て, それを, たりし, ていただきたい, てください, てくる, てくれ, てくれた, てその, てにやにや, てはみた, ては涙, てみよう, てみる, てもハチス, ても冷汗もの, て下さる, て可笑しく, て外, て娘たち, て居りました, て感心, て新しい, て時代, て泣き, て獨, て私, て訊く, ながら今, ながら狼狽, ながら聴き終る, ながら駈け出した, にはか, 多分問題, 大連の, 彼等を, 想ひ出し物語り

▼ 想ふと~ (38, 1.7%)

3 私は 2 彼は

1 [33件] これ御, その幻, それが, ぢつ, も云つて, 一つ一つの, 何と, 俺は, 其様に, 北満の, 又全く, 吾ながら, 哀れに, 大違ひで, 實に, 幸福に, 心が, 旧式に, 樽野の, 樽野も, 気味悪くて, 気絶し, 滑稽で, 目眩み, 矢も, 私の, 篩落したく, 純造, 聞くだに, 胸が, 自分の, 苦困, 蕪村の

▼ 想~ (36, 1.6%)

2 [16件] が緊密妥當, である, なら, において觀, にはた, に合理化, に最, に當, に續, の内容, の樣式, の風習, もやはり, を思はせる, を行ずる, 及び次

1 でも同一, でも風想觀, などの觀行, ならば

▼ 想~ (34, 1.5%)

4 なし名づけて 2 する見解, 行と

1 [26件] し個想, し相, し美, すこぶる違う, すべし, すれども, どこに, なす, スタイルとを, 云ふ, 人間観察の, 個想, 個想との, 同じ闇, 名づけしは, 名づけたるなれ, 名づけたるもの, 哲学者の, 實との, 幻想との, 強い決意, 快楽の, 散文の, 無想自力と, 行との, 観察の

▼ 想~ (34, 1.5%)

3 である

2 [13件] が緊密妥当, なら, において観じ得た, に合理化, に当る, に最, に続く, の内容, の様式, の風習, もやはり, を行ずる, 及び次

1 にはた, にはただ, を念じた, を思はせる, を思わせる

▼ 想~ (32, 1.4%)

3 ある 2 正三, 殆ど絶え間なく, 流れて, 私の, 閃めく

1 [19件] あろうか, きれぎれ, しました後に, すぐ閃, わからなかつた, パッパッと, 久しく行, 出來, 叶う, 文化的生の, 日本想の, 有りながら, 泡立つて, 無いから, 眼の, 纏まらないで, 踵の, 醗酵したら, 高潮する

▼ 想ひ出す~ (30, 1.3%)

5 のである 3 のだつた 2 のは, やうに

1 [18件] ことが, この違つた画風, ごとに, と息子, と書く, と良寛さん, につけ, のだ, ほど我々, までもなく, よす, わいあの, 人の, 度に, 必要が, 異常な, 瞬間である, 話が

▼ 想~ (28, 1.3%)

3 ていた 2 俗吏の

1 [23件] かかる固定, それから鉛筆, たりし, たりした, つつ是非, つつ稍興, ている, てただちに, てもっと, てゐた, て一段, て余, て夢むら, て居る, て或は, て独り自ら胸中, て秘か, て立てたる, て置い, て黄色, 其中に, 美妙を, 読書する

▼ 想はせる~ (26, 1.2%)

2 かのやう, のは, やうな

1 [20件] ことが, など, のだ, のであつ, のに, ほどにぞろ, ものが, もので, 一種の, 写真の, 効果を, 四十がらみの, 声, 所以である, 椅子が, 燕子花, 特異な, 異常に, 花壇に, 触感である

▼ 想へば~ (25, 1.1%)

1 [25件] たつた一年前, どんなに助かる, よし真に自ら, わが国の, 丁度私, 不憫でした, 世に, 僕等の, 全く隔世, 単純な, 嬉しさ, 得堪へず, 憐むべきものが, 我も, 我等は, 早数年前と, 楽しい夢, 水戸の, 決して輕, 涙は, 皆那奴の, 虎の尾をも, 那の, 長い長い年月, 青楼の

▼ 想~ (24, 1.1%)

2 の種

1 [22件] がある, があろう, がふっと, が一種, が永遠, が狂暴, として残った, となっ, にそそられ, に対して苦しい, に耽る, のつきまとう, の一つ, の宝塚名曲集, の恨み, の料, の糸口, の話, は例へば, も次第に, も雨戸, を沈め

▼ 想~ (23, 1.0%)

32

1 [18件] ないが, ぬ, ば, ばわ, ば奇しき, ば寔に, ば心細し, ば恵まれたるながめなる, ば早く, ゴツホの, 京都は, 切に切にそが, 我がいかに, 斯くの, 水の, 汝か, 汝我が, 流失する

▼ 想する~ (20, 0.9%)

2 ときは, もので

1 [16件] が故に, ことの, ところの, に信教自由, に止まる, の念, の愚, は神山, ものなり, ものに, ものの夢, も吾人, ように, 場合には, 思想の, 能はず

▼ 想~ (20, 0.9%)

1 [20件] であるが, であるのに, で知的, なもの, なボタン, な低い, な場面, な如何にも, な妙, な小綺麗, な気分, な眼光, な眼差し, な端正, な紅茶, な美貌, な自由, にとりあつかっ, にならず, に見え意思

▼ 想はれる~ (19, 0.9%)

2 が兔

1 [17件] から現今, から穿鑿, がこれ, がそれ等, がニエヤ, が三井物産, が凝, が実際, が彼等, が頗る, だけだつた, と言, のであ, ので其の, のみである, よ, 今夜の

▼ 想ひだ~ (18, 0.8%)

5 した 3 して 2 したの, しながら 1 されて, したり, した私, した酒好き, してさ, し彼

▼ 想はれ~ (16, 0.7%)

2 てゐた, て到底

1 [12件] て, てけたるい真夏, てゐない, てゐよう, てゐる, てをかしく, て宋, て格別, よ, 又事実, 又菱湖, 是と

▼ 想ひ浮べ~ (16, 0.7%)

3 てゐる

1 [13件] てあんな, てみよう, て吹出し, て欣喜, て自ら恍惚, て見, て見る, ながらその, ながら京都, ながら彼, ながら生れた, 乍ら幻の, 唐突な

▼ 想~ (15, 0.7%)

2 薄く身

1 [13件] あつたり, あるいは今, ときに, ないまた, なく恩愛, なしに, 人間を, 學藝も, 尽き果てて, 浪漫的情緒も, 聖慈悲の, 複雑から, 諧謔的な

▼ 想ひ出した~ (14, 0.6%)

2 やうに

1 [12件] からで, ことが, ことである, て, とたん彼女は, と云, のだ, のであつ, のである, のです, ので歳子, 時には

▼ 想出し~ (14, 0.6%)

2 てその

1 [12件] ていけない, てお, てそこ, ても女姉妹同士, ても無念, てゐた, て夫, て昼, ながら涼気, はじめてその, 我と我, 泣いたろそう

▼ 想ひで~ (13, 0.6%)

2 あつた

1 [11件] お孃さん, その徴候, とうとう彼, は, はなかつた, 愛して, 改めて眼, 烈しく胸, 眺めた, 高く低く次第に, 黙つて了つた

▼ 想~ (11, 0.5%)

4 たりした 1 たりこの, たり無稽, ている, てくれ召せや, てみた, てみる, てる

▼ 想ふこ~ (11, 0.5%)

1 [11件] とは不可能, とは不快, とは出来ない, とは到底, とは子, とは恐し, とは理想的, ともある, ともなく, とも多, と人たる者

▼ 想つた~ (10, 0.4%)

1 があまり, が王, けれど割合, ことも, こと作つた, だけでもどれ, だけでもウンザリ, だけでも耐ら, やうに, 程隆造

▼ 想ひ起し~ (10, 0.4%)

4 てゐる 1 ていただけ, てみよう, てみる, て今更, て激しく, て病院

▼ 想ひ起す~ (10, 0.4%)

2 ことが, のは 1 ためな, であらう, のが, ばかりだ, 媒と, 昨八ヶ岳裾野

▼ 想出した~ (10, 0.4%)

2 が後, のだ, ように 1 が之, ことが, 女房も, 風で

▼ 想出する~ (10, 0.4%)

1 がごとし, ことあたわざりし, ことあたわず, ことあり, ことある, ことを, こと難し, ときは, に足る, 毎に

▼ 想ひも~ (9, 0.4%)

1 なく宙, 及ばなかつたに, 及ばぬ事, 寄らぬこと, 忘れられさうだつ, 掛けない一夜, 掛けない女, 起らなかつた, 遠くこの

▼ 想ひ描い~ (9, 0.4%)

3 てゐる 1 たりし, たりする, てみる, て切なく寂し, て満足, て誰

▼ 想~ (9, 0.4%)

2 に余り 1 される, されるの, するに, する事, すれば, に難く, の纏まる

▼ 想~ (9, 0.4%)

1 に優れり, の作, の作家, は哲學, は常に, は常識, は最下, は理學, を起し

▼ 想~ (8, 0.4%)

2 気が 1 のだらう, のだろう, のは, 声が, 婦人だ, 底光りの

▼ 想ひ描く~ (8, 0.4%)

2 ことによ, ことは 1 ことの, とやはり, のである, 美しい精神像

▼ 想世界~ (8, 0.4%)

1 と実, に生長, の不, の敗, の敗将, は社界, より実, を覗

▼ 想ひ見る~ (7, 0.3%)

1 こと能はずと, とあれ, と今日, に一番, 事が, 淬刃暁暾を, 観師の

▼ 想~ (7, 0.3%)

2 スタイルの 1 スタイルによ, 夢の, 思索でなく, 技巧や, 空想によ

▼ 想出す~ (7, 0.3%)

1 からであった, からであろう, と急, に及ん, のである, のは, 其の心持

▼ 想~ (7, 0.3%)

2 と頗る, の作 1 であつ, とか聞く, に立ち超え

▼ 想~ (6, 0.3%)

1 あつた, 一ぱいだった, 家へ, 我々が, 拓は, 睨んで

▼ 想ひ浮べる~ (6, 0.3%)

2 ことが 1 だけでも十七, やうな, 事は, 標準をば

▼ 想夫恋~ (6, 0.3%)

1 に合わせ, の末, をお, をひい, を少し, を弾き出した

▼ 想なれ~ (5, 0.2%)

2 ば実 1 ども又, ばなり, ば實朝

▼ 想はず~ (5, 0.2%)

1 その代り, にはゐられない, にはゐられなかつた, には居られなかつた, にグツスリ

▼ 想ひ出さず~ (5, 0.2%)

2 には居られなかつた 1 にはゐられない, にはをかない, には居られない

▼ 想ひ出させる~ (5, 0.2%)

2 やうな 1 ものでした, 場所に, 底の

▼ 想ふとき~ (5, 0.2%)

1 しんしんたる, わたくしは, 僕に, 彼は, 私は

▼ 想へる~ (5, 0.2%)

1 と今や, のだ, やうに, 愚なる, 者も

▼ 想小天地想~ (5, 0.2%)

2 の三目 1 といふ美, の別, の詩

▼ 想~ (5, 0.2%)

1 の人, の情, の注ぐ, の趣, の間柄

▼ 想~ (5, 0.2%)

1 される, した, するよう, も容易, を追って

▼ 想から~ (4, 0.2%)

1 いうと, さめたよう, とり残されたカラ, 生れた家

▼ 想した~ (4, 0.2%)

1 のである, 先生は, 悲劇を, 油絵否定リアリズム否定が

▼ 想つたの~ (4, 0.2%)

1 である, です, は俺, は其筈

▼ 想であり~ (4, 0.2%)

1 いずれ優劣, 内容である, 生活の, 荒寥と

▼ 想ひがし~ (4, 0.2%)

2 た, て何

▼ 想ひ出される~ (4, 0.2%)

2 のは 1 と言つて, のだ

▼ 想ひ到る~ (4, 0.2%)

1 とそれら, と僕, までには団体どうし, 画家は

▼ 想ひ起した~ (4, 0.2%)

1 しまた, たり, のだ, 程に

▼ 想ふも~ (4, 0.2%)

1 のである, 亦是, 全身肉躍り, 尚ほ

▼ 想を以て~ (4, 0.2%)

1 他界の, 唯一の, 相を, 真に広

▼ 想個想小天地想~ (4, 0.2%)

2 の三目 1 といふ美, の別

▼ 想~ (4, 0.2%)

2 せられたもの 1 され又, し又は

▼ 想~ (4, 0.2%)

1 は行き, をひく, をテナー, を一つ

▼ 想との~ (3, 0.1%)

1 世界と, 別は, 間に

▼ 想とは~ (3, 0.1%)

1 何ぞや, 信仰にとっての, 此所に

▼ 想とを~ (3, 0.1%)

2 みづから 1 併せ備

▼ 想なり~ (3, 0.1%)

1 人間は, 小天地想なり, 折衷は

▼ 想はれた~ (3, 0.1%)

1 がそれ, が今朝, 有名な

▼ 想ひつ~ (3, 0.1%)

1 いたらい, いたんや, づけました

▼ 想ひと~ (3, 0.1%)

1 なつて, を先頃, 来てるから

▼ 想ひな~ (3, 0.1%)

1 して, し且恐れ且怪, すつたの

▼ 想ひ出さう~ (3, 0.1%)

1 としかと, とした, とすれ

▼ 想ひ浮かべ~ (3, 0.1%)

1 てなんと, てゐた, て白

▼ 想へて~ (3, 0.1%)

1 何時までも, 圭一郎も, 居る内

▼ 想~ (3, 0.1%)

1 に現ずる, に立入り, より生み出せる

▼ 想出し得る~ (3, 0.1%)

1 も当然, も毎年一回, も第

▼ 想出話~ (3, 0.1%)

1 に対して新吉, を聞き, を聴かされ

▼ 想~ (3, 0.1%)

1 に一瀾, に求むる, より実界

▼ 想~ (3, 0.1%)

2 を構 1 と解し

▼ 想あら~ (2, 0.1%)

1 はれたらば, はれたりと

▼ 想させる~ (2, 0.1%)

2 種と

▼ 想すれ~ (2, 0.1%)

1 ば丙, ば恐らく

▼ 想せよ~ (2, 0.1%)

1 という, と仰せ

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 から締め殺した, と云っ

▼ 想つた時~ (2, 0.1%)

1 はどうやら, まざ

▼ 想つた私~ (2, 0.1%)

1 は尚も, は手

▼ 想つてる~ (2, 0.1%)

1 ことを, のかしら

▼ 想では~ (2, 0.1%)

1 あるが, ない厳然たる

▼ 想とか~ (2, 0.1%)

1 きたるを, 静思とかの

▼ 想とが~ (2, 0.1%)

1 全くジャングル, 相争戦

▼ 想なかりし~ (2, 0.1%)

2

▼ 想ならざる~ (2, 0.1%)

1 ものは, 個想は

▼ 想なる~ (2, 0.1%)

2 ためなり

▼ 想において~ (2, 0.1%)

1 それを, ギルドを

▼ 想はん~ (2, 0.1%)

2

▼ 想ひきつ~ (2, 0.1%)

2 てあなた

▼ 想ひま~ (2, 0.1%)

1 た今度, どへる

▼ 想ひました~ (2, 0.1%)

1 に最う, 實に

▼ 想ひやられる~ (2, 0.1%)

1 ふしも, 事で

▼ 想ひやる~ (2, 0.1%)

1 ことが, 暇が

▼ 想ひ出され~ (2, 0.1%)

1 てしよう, て来る

▼ 想ひ出しました~ (2, 0.1%)

1 から, わ

▼ 想ひ出せ~ (2, 0.1%)

1 ば七郎, ば今日

▼ 想ひ到らなかつた~ (2, 0.1%)

1 ことは, 欧米近代思潮の

▼ 想ひ到れ~ (2, 0.1%)

1 ばこの, ば懺悔

▼ 想ひ合せ~ (2, 0.1%)

1 てわが国, て読者諸兄

▼ 想ひ得る~ (2, 0.1%)

1 か, 残刻と

▼ 想ひ描かず~ (2, 0.1%)

2 には居られなかつた

▼ 想ひ浮べた~ (2, 0.1%)

1 時彼は, 洒落らしく

▼ 想ひ浮ん~ (2, 0.1%)

1 で来た, で来る

▼ 想ひ見~ (2, 0.1%)

1 てもらひたい, 給へと

▼ 想ひ見た~ (2, 0.1%)

1 だけでも歌人, 時は

▼ 想ひ見よ~ (2, 0.1%)

1 そのかみ朕此讃岐の, 幾千の

▼ 想ひ起させる~ (2, 0.1%)

2 にすぎぬ

▼ 想ふなら~ (2, 0.1%)

1 ば台所, むわれ早やも

▼ 想ふべき~ (2, 0.1%)

1 ものである, 處で

▼ 想ふべし~ (2, 0.1%)

1 とかくは, 暇さへ

▼ 想みち~ (2, 0.1%)

1 たりと斷言, たりと説かず

▼ 想より~ (2, 0.1%)

1 先に, 起る樂しみ桑

▼ 想をも~ (2, 0.1%)

1 個想をも, 兼ねて

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 プラトオの, 小天地想といへる

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 にあり, のもの

▼ 想~ (2, 0.1%)

2 に生まれ

▼ 想察し~ (2, 0.1%)

1 て預, 奉つたの

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 に基い, に統一

▼ 想比較的~ (2, 0.1%)

1 に多く, に多し

▼ 想特に~ (2, 0.1%)

2 印度大

▼ 想~ (2, 0.1%)

2

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 される, すること

▼ 想考的~ (2, 0.1%)

1 のもの, の政論

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 に溢れ, に躍り

▼ 想行識~ (2, 0.1%)

1 もない, もなく

▼ 想観往生~ (2, 0.1%)

1 と謂, と謂われる

▼ 想觀往生~ (2, 0.1%)

2 と謂

▼ 想起これ~ (2, 0.1%)

1 ば丙丁, ば甲丙丁

▼ 想達する~ (2, 0.1%)

1 ことあら, ことが

▼ 想~ (2, 0.1%)

1 實をも, 無想処

▼1* [239件]

あらしめたのであろう, 想いびと, 想うに後に師, 想こそ無上なれ, 想この観念の, 想したればなり, 想しなかったしんみりした, 想しなければならぬ, 想すべき何等かの, 想すらわが見し, 想せしより出でし, 想せずこの二者, 想その他でぼくら, 想たるべきものと, 想だけ立て, 想つた刹那彼は穴, 想つた後は, 想つた通り此洋は我等兩人, 想つて一切かまひ, 想つて変な安らかさ, 想つて心が傷んだ, 想つて恥を感じた, 想つて憮然としか, 想つて懐旧の情, 想つて辛抱した, 想つて鳥肌になり, 想であって如何にも, 想といへるに, 想といふ美の, 想ときやがる, 想として見ら, 想なかりきといふ説, 想なきを示す, 想なしと言える, 想などと浅慮な, 想などという不健全な, 想ならむのみ, 想においては對象從つて他者と, 想にのみ耽けらずに, 想にも等しい金魚, 想によること前述の, 想はずんばあらず, 想はせてゐる, 想はねどさりとて, 想はれてるといふ, 想ひあたはぬ, 想ひあらしめたり, 想ひいづることにつきてさへかくの如し, 想ひいたつて彼女は, 想ひいだすであらう, 想ひいではたなつかしみ, 想ひうかべる余裕も, 想ひうる可能の, 想ひかへした, 想ひし眼を, 想ひださぬがいい, 想ひだすのは, 想ひで僕の妻, 想ひで発明した玩具, 想ひで豆粒ほどの土, 想ひとギリシャ詞華集のあの, 想ひと化して, 想ひと同様と称, 想ひと言ふ, 想ひはじめたわしの, 想ひみながらも, 想ひみる余地が, 想ひめぐらすと此度, 想ひもつぺ穿きたる, 想ひやりては小生, 想ひやれば御, 想ひ出させた何處か, 想ひ出させようとしてゐる, 想ひ出さぬわけに, 想ひ出さぬではなかつた, 想ひ出さるる時父の, 想ひ出されたがしかし, 想ひ出されなかつたとしたら, 想ひ出したいもんだ, 想ひ出したらい, 想ひ出しますわい, 想ひ出し物語りながら啜り泣いた, 想ひ出すべき歳月が, 想ひ出せず思はず綽名を, 想ひ出せない事が, 想ひ出せなかつたのであらう, 想ひ出せるが一向に, 想ひ出れば我, 想ひ到つて苦い, 想ひ到らぬ事である, 想ひ及ばない形と, 想ひ及ばなかつたのである, 想ひ及び無用の, 想ひ及ぶときわれは, 想ひ及んでわたくし, 想ひ回らせるのである, 想ひ奉るもいと, 想ひ居りしことと, 想ひ当らなかつたからであらう, 想ひ得しなるべく, 想ひ得たりとせん, 想ひ悩んでゐる, 想ひ掛けなく斯様に, 想ひ描きそれに一歩々々, 想ひ描きうるやうな, 想ひ描けない空想に, 想ひ浮かべますとた, 想ひ浮ばれるやうだ, 想ひ浮びしものなり, 想ひ浮べずには居られませんでした, 想ひ浮べられなかつたが孝一郎, 想ひ浮べるならば万一的, 想ひ測らざりしなり, 想ひ着いた時は, 想ひ羨んでゐた, 想ひ臥せば行く, 想ひ至らねば永遠, 想ひ至りて聊か, 想ひ見ねばなるまい, 想ひ見れば, 想ひ調べて見る, 想ひ起こすことが, 想ひ起さば, 想ひ起さしむる者なき, 想ひ起さしめたり, 想ひ起さずにはゐられない, 想ひ起させ王子扇屋海老屋の, 想ひ起させたもの, 想ひ起さねばならぬ, 想ひ起せば足りる, 想ひ返しては又, 想ひ返すより致し方, 想ひ返せば哀れ, 想ひ遣られるではない, 想ひ遣りてプロメテウス, 想ひ遣ること能は, 想ふかたでも, 想ふからである, 想ふから其性質を一瞥, 想ふさへ, 想ふための手掛り, 想ふて更に海, 想ふといつも一匹の, 想ふところを活字, 想ふともうこれで, 想ふともう少しで噴き出し, 想ふと一層いとしかつ, 想ふと何となく滑稽けて, 想ふと実際何処に, 想ふと茫としてしまふ, 想ふべけれど打見たる, 想ふよし, 想ふようになつたの, 想ふんだが, 想へばぞッと, 想までは抽象的より, 想よりも後者の, 想た, 想到ラレヨ, 想之衣爾須良由奈, 想今宵君去後, 想伴って起こり, 想したの, 想倒する時は, 想なり, 想児フオウストと共に, 想出させるものである, 想出されて祖母, 想出し床のなか, 想出し発見すべからざること, 想出し芝居好きが芝居, 想出すべからざりし甲丁の, 想出せて来, 想出せないで何やら, 想到らざりしか, 想の, 想を抱い, 想題である, 想亦尋花, 想えし, 想シ, 想実両大家が, 想察し得可し, 想寸墨に過ぎない, 想山著聞奇集の中, 想空想の, 想当ってる事が, 想満城風雨詩, 想得べき九重の, 想な感じ, 想思樹の葉, 想有震動世界時, 想したらそれ, 想感情記憶智慮意識等が不完全, 想所立の學術, 想は容易, 想した, 想時代の尖鋭, 想最もやはら, 想未だ真醇, 想次第にまとまる, 想ゆるは, 想脱諸悪趣, 想の心, 想沒成心の數義, 想浮べることが, 想涸れたるを歎ずる, 想漲り来って無我, 想的信仰破れて, 想盲模して, 想分る, 想し, 想せざるべからずと, 想を顧慮, 想籠るとぞ知れ, 想絶無なりと, 想に富ん, 想を学び, 想膸一なり, 想膸好色を画く, 想臆斷を破, 想は意識, 想表現の道, 想見る当年怨毒の, 想見れば宛ら, 想覚されたのださうです, 想觀寶地觀寶樹觀寶池觀寶樓觀と言, 想觀水想觀などの觀行, 想な藝術, 想即沒却理想論, 想して, 想起ることに, 想通りに動く, 想達してゐた, 想違ひなのでせう, 想遣らるるね, 想韻士之胸襟也, 想高き詩の, 想高く気秀いで