青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「惣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悲鳴~ ~情 情~ ~情熱 情熱~ 惜~ ~惜しい 惜しい~ ~惡 惡~
惣~
~想 想~ ~想像 想像~ 愈々~ ~愉快 愉快~ ~意 意~ ~意味

「惣~」 1155, 12ppm, 8803位

▼ 惣次郎~ (80, 6.9%)

4 の女房 2 が金, を殺した

1 [72件] うむ名主, から貰い切っ, があっ, がある, がお, がちょん, がどうか, が一角, が大, が居る, が常に, が情け深, が情深, が有っ, が死ね, が深く, が無え, が邪魔, が金三十両, が騙され, という主, とは兄弟, とは固, と云う, と兄弟分, と同意, と申す, には去年, のなえ, の供, の只今女房, の墓, の差料, の戒名, の歿, の気に入りまし, の瓜畑, の顔, はおりません, は剣術, は助け, は堅くっ, は帰れた, は怖くっ, は情深い, は是, は残念, は猶, は神, は頓, は麹屋, へ帳面, もお, もつく, もひらり, もまさか, も何時も, も剣術, も贔屓, も近々, より腕, を一ト刀, を先生, を大切, を山倉富五郎, を殺させ, を殺し, を殺す, を殺害, を私, を討, を送っ

▼ 惣八郎~ (66, 5.7%)

2 から恩, の後, は故意

1 [60件] から受けた, がなんとなく, が気に入らなかった, が激しく, が金, が駆けつけ, であった, とが相, とは犬猿, とは陣中, と今一度, と努め, と同座, と甚兵衛, と顔, によって無意識, に会った, に位置, に助けられる, に含ん, に対して公認, に対して命, に恩, に贈ろう, のため, の佩刀, の危難, の命, の家, の手, の手柄, の手痛い, の書置き, の言語, の身, の養女, は, はいろいろ, はその, はたいてい, はと見る, はなんとも, はやはり, は今日, は何気なく, は居去り, は手, は敵, は晴々, は無事息災, は物静か, は真正面, は秘蔵, は顔, も百石, をかなり, を危難, を打ち, を見失っ, 取れ

▼ 惣~ (64, 5.5%)

3 と松之助 2 の手, の母

1 [57件] がにいい, が宗觀, が成人, が曾, が私, が飛出し, だよ, だア, でこれ, という取っ, という子供, と両人, と云う, と伜, と川下村, にお, に云った, に専太, の側, の土手, の惡, の為, の話, の額, の顔, はそれ, はまだ, はよく, は不思議そう, は入婿, は内々, は十六歳, は取っ, は呼びかけた, は小網町, は帰っ, は年, は年イ, は得意そう, は打, は横着, は歯, は江戸, は相当, は走り, も一年前, も多助, も思ひ, も昨夜, も金兵衞, や, や此処, を伴, を後, を指しました, を縛れ, を藤心村

▼ 惣平次~ (64, 5.5%)

2 が, がおこう, が訊いた, とおこう, はその, も気

1 [52件] がいった, がそそくさ, が一歩, が呻く, が息子, が慄然, が白髪, が竜手様, が膝, が言った, が訊き返した, が銚子, とは話, とひとり息子, と挨拶, と竜手様, と酒盃, に, には聞えなかった, の両手, の口唇, の右手, の恐れ, の番所, はいま, はがたがた, はしなだれ, はちら, はぽかんと, はわが子, は一直線, は上り口, は人, は六畳, は口びる, は妙, は将棋, は平ら, は懐中, は手, は漁師上り, は照れた, は突っ, は竜手様, は腕, は陽, へ久住, へ庄太郎, へ武者振り, も口いっぱい, も言葉, を掴んだ

▼ 惣兵衛ちやん~ (60, 5.2%)

5 の家 2 がいつた, がお母さん, の紙鳶, はミツちやん

1 [47件] がいふ, がみんな, が出, が家, が得意, が怒鳴つた, が持つ, が栄蔵, が紙鳶, が見る, と友達, にしろ, にそつ, にはあの, に予告, に持つ, の仕事, の六つ, の弟, はきかなかつた, はしばらく, はただ, ははい, はまた, はまるで, はまるでもう, はもう, はもつ, は一生懸命, は土蔵, は弓, は得意, は惣兵衛ちや, は新太郎ちやん, は栄蔵, は疲れ, は着物, は矢, は竹, は綿, は顔, は首, は驚いた, もびつくり, を呼んだ, を奥, を驚かせ

▼ 惣~ (50, 4.3%)

3 はあわて

1 [47件] から宗匠, から聴いた, がいかもの, が人殺し, が坐っ, が帰りかける, が早朝, が横町, という男, と同, にいつ, にたのん, の, のまえ, はあいまい, はあたま, はうなずいた, はお前, はとうとう, はなんだか, はにが笑い, ははじめ, はびっくり, はよう, はよろこん, はわたし, は今更, は何ごころ, は再び, は失望, は急, は怱々, は生きかえった, は第, は腰, は訴える, は詰まらな, は説明, は面, は飛んだ係り合いで, は首, もすこし, も今更, も半, も時々, も笑った, よりも一廻り大柄

▼ 惣~ (48, 4.2%)

3 家に 2 かみさんに, 主人を, 伜の, 家の, 家は, 離れで

1 [33件] かみさんの, 二階で, 二階の, 伜で, 伜彌, 切なる, 声で, 変り果てた姿, 奴熱で, 子の, 家であります, 店の, 庭に, 庭の, 手に, 掛り合ひ, 曲者は, 果物を, 果物店で, 次の, 死を, 死んだの, 死骸を, 生胆一つ, 留守番を, 病気をば, 相棒かも, 真赤な, 細工でない, 脈を, 落ち凹んだ, 行動が, 離れに

▼ 惣左衛門~ (48, 4.2%)

5 が云った

1 [43件] があやしい, がはいっ, が来, が訊いた, が重ねて, が鳩古堂, であった, という人, に, にそう, にたのん, につきそわれ, に二人, に命じ, に宛てた, に支度, のことば, の二男, の声, の手, の書面, の邸, の顔, はうわ, はまた, はようやく, は云いかけ, は云った, は去った, は当惑, は承知, は江戸, は消える, は腑, は襖, は軍目付上原, は辞退, は頭, は黙った, も呆れ, をこれ, をつれ, を手

▼ 惣~ (41, 3.5%)

2 が家, は面

1 [37件] がいま猪, がこんな, がやられたらしい, でありました, という猟師, といっ, とは違います, に取らせる, に火薬, の出した, の唇, の姿, の手, の手首, の挙動, の浄瑠璃, の鉄砲, の顔色, はいま炉, はおしいただい, はおそるおそる, はよく, は何事, は傍, は力任せ, は取り下ろし, は心得, は杉板, は汗, は素早く, は絶体絶命, は苦い, は薪, は飲んだくれであった, を先, を怪しまぬ, を斬ろう

▼ 惣兵衛~ (39, 3.4%)

3 の家 2 の娘, は

1 [32件] が勧修寺, が娘はつ十七歳, じゃ, である, でございます, というの, という商人, といふ名, とその, と一処, と云う, と申す, などは最も, の三女, の元, の叱咤, の名前, の考え, の腕, の贋手紙, は人相書, は再三, は割羽織, は少し, は意外, は組子, は腹立たし, は身, は驚き, や捕手, をたしなめる, 頑として肯く

▼ 惣~ (33, 2.9%)

1 [33件] これには, という庄屋, という者, と云う, にならう, にむかっ, の女房, の得意先, の懸念, の時代, の蔵書, の計らい, の顔, はいよいよ, はそっと, はその, はそれでも, はもはや, はやあ, はわが子, は予言者, は刎倒, は夜, は寝た, は母者人, は盥, は考える, は首, もそう, もまた, ッて, 一人三畳の, 呵々と

▼ 惣兵衞~ (31, 2.7%)

2 という奴, と云う

1 [27件] から五十両褒美, が庭, だが, というもの, という者, といっ, と知れました, と諜, に出会いたす, に相違, の冠, の居処, の差料, の横面, の生首, の肩先, の首, の髻, はお, はぞっと, は一歩, は土手伝, は最早, も肝, を組み敷い, を附覘, 然う

▼ 惣~ (28, 2.4%)

2 は兄

1 [26件] からの仕送り, から借り, から送られ, がどう, にはおかしく, には兄, に言われる, の傍, の儲かる, の手紙, の才略, の方, の最も, の見当, はいつもそう, はいよいよ, はこれ, は一本一本床の間, は今, は時々, は青く, への手紙, も久しぶり, も酔, を動かし, を訪ねた

▼ 惣~ (25, 2.2%)

1 [25件] まさか提灯, ウンウン唸り出しました, クタビレて, 乗って, 云い出しました, 今一度物凄く, 今朝小僧の, 何だ, 合点合点しました, 唐櫃の, 大熱, 天井を, 寒がります, 持ち込んだもの, 持込んだ提灯, 挙げられて, 殺されたと, 殺されて, 舌なめずりし, 蒼白い手, 行った時, 起きて, 返事の, 飛び出して, 首を

▼ 惣~ (24, 2.1%)

1 [24件] が武勇一図, が浪士, が肩, には甥, に殺された, のすぐ, の妻, の甥, はすぐ, はそうした, はその, はつかつか, はにことし, はまず, は二十七, は云う, は側, は弟たち, は遠く, へ数回, もわが, を扇, 更に一騎, 逆上せしか

▼ 惣~ (20, 1.7%)

5 の仲間 2 の事件, の部下

1 [11件] および同志, であったの, に同情, に率いられ, のこと, のため, の同志, の同志伊達徹, の失敗, の総, もえらい

▼ 惣右衞門~ (20, 1.7%)

1 [20件] が一黨, が留守, というお方, と云う, の一首, の仏様, の側, の名, の変死, の妾, の娘, の心情, の忰, の忰惣吉, の未亡人, の母, の顔, の鼻, は全く, は病気疲れ

▼ 惣~ (18, 1.6%)

1 [18件] あの山, なお告げた, またすぐ, またむき, 何にかの, 元来の, 寝たまま天井, 忽ち帰っ, 惡い, 新しく訪れた, 昨今の, 涼しい場所, 番頭の, 白痴な, 目を, 矢張り過失で, 知らなかつたの, 間違ひもなく

▼ 惣~ (14, 1.2%)

3 にし

1 [11件] にて金, になっ, に結ん, のあ, の男, の頭, は惜気, を奴びん, を整理, を普通, を肩

▼ 惣~ (13, 1.1%)

2 が鳥肌

1 [11件] が赤く, についても道, について道, に冷や水, に水, に血, の三分一, の肉, の血, の血潮, を冷たく

▼ 惣~ (12, 1.0%)

2 が怒鳴った 1 から教わっ, が同級, けつけ, だ, という, はくちびる, は一歩前, は右衛門, は怒鳴った, を楯

▼ 惣~ (11, 1.0%)

1 [11件] どうする, ひどく嫌つて, ツン州, 一番邪魔に, 取押, 呶鳴付けました, 害めた, 後見に, 揺り起いて, 殺したん, 肩まで

▼ 惣吉様~ (11, 1.0%)

1 [11件] が永らく, だって彼, といっ, に助太刀, の供, の兄さん, はまだ, は子供衆, も居る, 誠に済まない, 遣って

▼ 惣~ (10, 0.9%)

2 脅かされて 1 あつまつた, すぐこれ, とりあげた銀髪, 当てたこと, 懸合って, 虐げられ通し, 連れ添え, 養生を

▼ 惣~ (9, 0.8%)

1 一緒に, 云う植木屋, 伜の, 來たら, 判つたのか, 相棒にな, 約束し, 若主人, 話して

▼ 惣兵衛氏~ (9, 0.8%)

1 からはその間, が草田, である, の夫人, の親たち, はいくら, はまだ, はハイカラ, を相手

▼ 惣~ (7, 0.6%)

1 といふ名目, として一知人, にならね, に付き添われ, の一人, の武永老人, を通して地代

▼ 惣吉さん~ (7, 0.6%)

1 が勤め, の手, は兄弟, もお母様, も達者, を置い, 好いか

▼ 惣ての~ (6, 0.5%)

2 文学者が, 文学者を 1 人の, 文学者に

▼ 惣十郎町~ (6, 0.5%)

2 の松五郎, の袋物屋 1 のエテ者, の小間物屋

▼ 惣~ (6, 0.5%)

1 に渡し, に渡せ, のす, はふところ, は江戸, を

▼ 惣~ (5, 0.4%)

1 世間一切の, 供, 妻と, 旧稿, 野蛮だ

▼ 惣~ (5, 0.4%)

1 だその, でもそれだけ, で手分け, で源氏節丈, はドツ

▼ 惣~ (5, 0.4%)

1 でも, にからかつて, の巣, も陣, も魑魅魍魎

▼ 惣三ら~ (4, 0.3%)

1 のこころざし, のため, の一行, の通り過ぎた

▼ 惣仕舞~ (4, 0.3%)

1 でもし, という形, は近頃, をし

▼ 惣という~ (3, 0.3%)

1 家の, 生糸問屋へ, 男が

▼ 惣七方~ (3, 0.3%)

1 のうら, の女, の客

▼ 惣三居士~ (3, 0.3%)

1 の供養, の面目, を訪ねる

▼ 惣~ (3, 0.3%)

1 介さんが, 介さんは, 介等の

▼ 惣二郎~ (3, 0.3%)

1 から弟息子, の眼識, 又弟惣吉

▼ 惣~ (3, 0.3%)

1 がいかにも, が茶色, に歪

▼ 惣助氏~ (3, 0.3%)

3 の無線七宝

▼ 惣参居士~ (3, 0.3%)

1 がわざ, の心ばえ, を訪ねる

▼ 惣右衞門様~ (3, 0.3%)

1 のお, の敵討, をお

▼ 惣~ (3, 0.3%)

1 で私, という弁護士, の所

▼ 惣次郎方~ (3, 0.3%)

3 の厄介

▼ 惣~ (3, 0.3%)

1 の間, は旗差物, を圧する

▼ 惣ちやん~ (2, 0.2%)

2 の家

▼ 惣って~ (2, 0.2%)

2 云う相場師

▼ 惣といふ~ (2, 0.2%)

1 のは, 男が

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 ですわ, 来合せて

▼ 惣人数~ (2, 0.2%)

1 の銃, を割り

▼ 惣代二人同道~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 惣代会~ (2, 0.2%)

1 が開かれる, では私

▼ 惣八さん~ (2, 0.2%)

1 のお願い, は候補者中

▼ 惣八ら~ (2, 0.2%)

1 も怪しまなかった, も深く

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 とばかり思い込ん, と化

▼ 惣兵衛右~ (2, 0.2%)

2 の者商人

▼ 惣兵衛方~ (2, 0.2%)

1 に集まる, 及び縄手

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 たりとも国家, なり

▼ 惣左衛門様~ (2, 0.2%)

1 とてまえ, もほとほと

▼ 惣平次夫婦~ (2, 0.2%)

1 は唾, は若い

▼ 惣様本町~ (2, 0.2%)

2 の藤勘様

▼ 惣次郎さん~ (2, 0.2%)

1 を殺した, を私

▼ 惣次郎様~ (2, 0.2%)

1 のお, の様

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 立たせいよいよ, 立つの

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 が次の間, と申す

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 の店, を小

▼ 惣~ (2, 0.2%)

1 になった, に帰る

▼ 惣立ち~ (2, 0.2%)

2 になった

▼ 惣蔵昌恒~ (2, 0.2%)

1 が土屋宗家, は忠義無類

▼1* [168件]

どうなりました, 惣この片身は, 惣さんお前その五両, 惣さん宅かえ, 惣ざい料理もごた, 惣ざらひなり, 惣が石, 惣ちやん, 惣弥惣っ, 惣てが警句に, 惣でもまだ二十分, 惣とかのほかにも, 惣とは時江の, 惣どのですか, 惣なら俺を, 惣なんぞがそれでございます, 惣なんど黎明より客足, 惣はつつみなく語るの, 惣行つて植惣の, 惣ほどの者も, 惣までぞろぞろ歩く, 惣こけえ, 惣てあまり, 惣をも思い出させ野菜サラダ, 惣ナンチいう奴, 惣三ら一行のこと, 惣三一味のもの, 惣三一派の浪士隊, 惣丸めたなお前, 惣丸坊主たあ, 惣二階風がうすら寒い, 惣人数凡そ四十人足らず孰れも, 惣以上には, 惣れで試合, 惣体葺屋だな, 惣八どのと甚兵衛どの, 惣八原田雲井玉井金五郎それに花嫁, 惣八覚書という写本, 惣八郎どのが甚兵衛, 惣八郎助太刀を致した, 惣八郎奴何様の科, 惣八郎放打の仕手, 惣八郎自身であった, 惣公待ちねえってこと, 惣六さんは今, 惣兵衛さんはおいでません, 惣兵衛ちやんであれ, 惣兵衛一家の留守番, 惣兵衛又の名を大, 惣兵衛始め姉弟共一同種々意見, 惣兵衛後出の清ベエ, 惣兵衛方斬込み事件が行, 惣兵衛殿は呆れ, 惣兵衛為永といふもの, 惣兵衞吾は稻垣小三郎, 惣兵衞店傳平と云, 惣出目を皿, 惣別これのみ申事, 惣別何にてもはやり, 惣助停車場で手真似, 惣助婦ばかりの一群, 惣助満面の笑, 惣動員で色紙飾紙, 惣かわるがわる訊問, 惣勢一所に集まり, 惣勢三十何人と分て, 惣勢二十五人も得ましたらう, 惣勢足なみを竦み止めた, 惣十郎店の長屋, 惣十郎氏令孃うた子君も醫學士夫人, 惣参居はおだやか, 惣右衞門さんには水街道辺, 惣右衞門どんはい, 惣なるべし, 惣吉さまというの, 惣吉さんお出でなさえ, 惣吉さん今迄とア, 惣吉さん此方へお出で, 惣吉さ三代傳はる稻葉屋の大, 惣吉どんの村, 惣吉一七八票の順, 惣吉丹後村無宿の兼吉, 惣吉仇討に出立, 惣吉力一ぺえ押せよ, 惣吉成人の後関取, 惣吉松之助勝五郎の三人, 惣吉様小せえ, 惣吉様道中でお母様, 惣吉此処え来い, 惣吉殿のいう, 惣吉親子の者, 惣吉許りでございますから, 惣員一九九五名に株札, 惣坊お前は餓鬼達, 惣だけを潰す, 惣塗りごめ, 惣の中, 惣大将なり, 惣太さん人を撃つ, 惣太なぞといういずれ, 惣太物をはじめ, 惣太田内蔵助小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 惣太田内蔵助松村友十郎などが再度, 惣奉行として荒蕪, 惣妹娘の時江, 惣嫁ぢやありません, 惣嫁指の白き, 惣嫁江戸で夜鷹, 惣官参謀あり郷, 惣寄り合いを開始, 惣崩れになっ, 惣と云う, 惣市宗山と云う, 惣市小料理屋の店, 惣平次一家の者, 惣年寄として火消人足, 惣庄屋をし, 惣役人と百姓小前, 惣役人中がとりあえず, 惣後見たり一切, 惣人数二十七人, 惣懸り口の, 惣になし, 惣掛りだ, 惣方長州の論, 惣のごとき, 惣本家鳥屋市兵衛本舗の二軒, 惣構えを堅固, 惣次以下ついおろおろせず, 惣次菱浦五郎などはみな能登, 惣次郎人遣いを知らず, 惣次郎君銅鑼声で, 惣毛竪つて体が竦む, 惣毛竪つて頭痛が致す, 惣気狂いとなっ, 惣江手出しをする, 惣治さんの方, 惣といふ漁村, 惣の本山, 惣滝人の三人, 惣潰れ打つて一丸, 惣父子の住ん, 惣百姓中から他, 惣残らず見廻御, 惣而咄しと, 惣而此島中峻嶺多く樹木繁茂, 惣花主義で会員一同, 惣萌黄の股引, 惣蔵めはまだ, 惣蔵一人己が子, 惣蔵二十歳であった, 惣蔵兄右衛門尉の身, 惣蔵君のこと, 惣蔵容姿端麗にし, 惣蔵昌恒殿のもしや, 惣蔵渡合って各々一騎, 惣蔵馬の轡, 惣と申し, 惣衞何は帰った, 惣衞彼に成代, 惣か, 惣踊りに踊る, 惣身女の形, 惣の馬印, 惣領主水を生ん, 惣に上った, 惣鹿子等によれ, 惣黒金紋の駕籠