青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「弘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

引~ ~引い 引い~ ~引いた 引いた~ ~引き 引き~ ~引く 引く~ 引返し~
弘~
~弟 弟~ ~弟子 弟子~ 弥~ 弦~ 弱~ ~弱い 弱い~ 弱く~

「弘~」 1158, 11ppm, 9453位

▼ 弘~ (114, 9.8%)

2 さっきから, それを, つづけて, 昨日娘と, 眼を

1 [104件] あつけ, あれっきりまだ, いい気持, いきなり上, いそいで, いや兎家ひょうたん, おほか, こう云っ, こう発議, こう考え, この安里, これを, こんな時, しかし好ん, しばらくお, すぐに, ずるずるべつ, そう云った, そう取らない, そのひどく, その夕方, その耳もと, それが, たまりかねて, ちらっとそっち, とうとう溜らなくなった, ときどき足, はじめて気がついた, もう彼女, やっと渋々と, わざと聞えない, ビリーの, ピッコロミリ夫人が, 一つ時母親の, 丁度あなた, 七時に, 三四月の, 不得已事情, 中学校から, 中洲の, 云ひかけ, 例の, 勿論その, 却つてむきにな, 反感の, 同じ火事見物, 名である, 唇を, 夢中で, 奥の, 好奇心から, 実は今夜, 実は君, 将軍太郎, 少し青ざめた, 嶺太郎に, 幾分元気, 弟の, 彼女の, 心寂しく, 恐る恐る見, 新橋界隈に, 早速土産, 昂然と, 昨日申した, 時折くすぐられる, 曹操を, 本丸ざかいの三の, 枝から, 此時十九歳で, 海へは, 無意識に, 照れ隠しに, 由紀子の, 相変らず呼ん, 眼鏡の, 矢張り背中を, 知って, 突然, 答えるだけ, 節子と, 納得した, 細君の, 老中に, 聞くと, 腑に, 膨れた顔, 船の, 花山の, 荒々しく椅子, 菊子の, 落ちて, 血まなこで, 裏へ, 襖の, 言う, 身体に, 返す言葉, 関孝和が, 靴を, 食事を, 首を, 鸚鵡返しに, 黙つて

▼ 弘~ (81, 7.0%)

6 分布し 2 伝わって

1 [73件] かつ一層, かつ久しく, なかった, は行われ, やつて, スズメと, ダンスまたは, 一般に, 世とともに, 世の, 世の中の, 世上に, 九州は, 九州四国にも, 人材を, 人間の, 仏縁の, 他の, 保存せられ, 先島方面には, 全国に, 内外の, 副食品, 北欧その他の, 及んで, 国々の, 国中に, 国内に, 国内を, 土地人の, 多く且つ, 天下に, 天下を, 太平洋の, 奥羽, 存し, 宮城秋田等の, 小鳥の, 少なくとも日本, 岐阜, 島々の, 平民の, 捜索する, 数個の, 日本の, 日本国中を, 暗礁を, 村, 東国の, 東西に, 残り解決は, 民間に, 沖縄の, 流布し, 現在し, 用ゐられき, 発表せられる, 移りあるき, 群書を, 色々の, 行き渡ったもの, 行き渡って, 行き渡り或, 行はれ, 行はれる, 行渡って, 誓いを, 豊前では, 農漁の, 邑里の, 雀の, 雑食の, 顕揚し

▼ 弘~ (73, 6.3%)

2 母は, 父の

1 [69件] いかにも困つた, うしろかげへ, うちに, ことつい, ことや, ことを, ほかには, ように, よく肥った, スイセンで, 三賊将が, 事な, 代で, 会あり, 会を, 何か, 傍に, 兄弟三人が, 勉強し, 名で, 呼ぶ声, 坐って, 声が, 外には, 奇禍について, 奴は, 好みにも, 好奇心は, 子こそ, 学費は, 家来伊沢磐安黒田豊前, 帰納法, 幻が, 役宅に, 心を, 性質行動その他百千の, 態度は, 手蹟で, 方が, 方に, 方を, 時代に, 母であった, 母などに, 母なる, 洋行費にと, 派手やかな, 父阿久津繁は, 盃に, 祝儀包が, 答えだった, 肱を, 芸名な, 著述を, 葬式を, 蓐が, 行先は, 行動を, 言葉が, 言葉は, 訃報を, 話が, 話を, 足音が, 部屋の, 部屋へ, 部屋を, 顔が, 顔を

▼ 弘さん~ (39, 3.4%)

2 がやって来た

1 [37件] お小遣, がひどく, が仁王立ち, が怒った, が死刑, が毎日遊び, が私, この夏, そんなに心配, ったら女の子, とだ, と夫婦, なの, になる, に見られなかった, に頼まれ, のため, の事, の傍, の心, の性格, の時, の母方, の狂暴, の顔, はその, はべそ, は何, は可哀想, は恥し, は戦争, は死刑, は殺人犯, は赤ン坊, また帽子, を恨む, を救う

▼ 弘~ (38, 3.3%)

1 [38件] しゃがんだ, すこし乗り過ぎ, すすんで, そのよう, そんな繪, ふりむいて, まだ小学生, わざとそう呼び, レコードを, 上野から, 世を, 云った, 前に, 去つた後, 口を, 外交官に, 学校から, 将軍太郎, 岸本の, 帰つて来たら, 庄五郎に, 快活である, 戻って, 捉え問うて, 早世した, 東京へ, 武帝個人の, 現はれる, 眼を, 私の, 突然旅先, 結婚した, 総指揮, 襟巻の, 言った, 話の, 通りかけて, 重い病気

▼ 弘徽殿~ (37, 3.2%)

15 の女御 2 の細

1 [20件] がよく, が尚侍, などになぞらえられ, におやすみ, のごとき, のつけこみ, のほう, のほそ, の人々, の実家, の更衣, の月夜, の有明, の楽音, の橋廊下, の死にあわれ, の西台, へ昼間おいで, も及ばない, ノ渡殿

▼ 弘~ (21, 1.8%)

1 [21件] あったの, あとを, いった言葉, こんな風, して, とつて, 云は, 会いたくなりゴム靴, 伯父の, 伴われて, 向って, 宛てて, 尋ねた, 求めた, 至って, 良心が, 言った, 話して, 謝せしめようと, 附添はれ, 頼まれた

▼ 弘~ (20, 1.7%)

4 区域にわたって 3 区域に

1 [13件] けれども俳諧, のである, のであろう, 一致の, 区域北は, 名称である, 国土の, 地域に, 地域にわたって, 地域にわたり, 方言が, 比較の, 用途は

▼ 弘春吉~ (19, 1.6%)

2 がアトラクション

1 [17件] から聞いた, から芸名, といっ, に会い, に会う, に感謝, のこと, のせいみたい, の兄貴分, の姿, の漫才, の語る, はどう, は以前, は言い, も, を人

▼ 弘く行われ~ (18, 1.6%)

12 ている 2 ていた 1 ていたらしい, て居る, また夙く, 本州の

▼ 弘ちゃん~ (17, 1.5%)

1 [17件] があそこ, が帰っ, が楊枝, ちょっとここ, ちょっと御供所, ていうの, ともう, にはかなわない, にはじめて, に殺されなけれ, のお, のため, は, は読まない, は遅い, もやりきれない, も小説

▼ 弘~ (17, 1.5%)

1 [17件] すぐ私, はじめの, ふざけた調子, ほつとして, また弘, まだ学校, もう立派, 一緒に, 三人ながら, 全く同じ, 帰つて来た, 房州海岸へ, 投財を, 斎藤妙椿の, 梨枝子も, 知って, 釣り込まれて

▼ 弘~ (16, 1.4%)

4 の頃

1 [12件] がああの, と其の, のころ, の子, の彫刻そのもの, の彫刻隆盛, の末頃, の気分, の特性, の造形美術, は家重, へかけ

▼ 弘化三年~ (16, 1.4%)

1 [16件] から足掛け三年位, が二千六百九十万七千六百二十五人, としての記事, になる, に五十八歳, に壽, に歿, に生れた, に縁組, の事, の冬, の武鑑, は丙午, は伝へられる, は蘭軒歿後, 或は四年

▼ 弘~ (15, 1.3%)

1 [15件] したの, しても, すべき土地, すべき文化的使命, せしめん, せられたり, せられた点, のよい, の道, の餘裕, を助ける, を希望, を憤り, を支持, を阻止

▼ 弘福寺~ (15, 1.3%)

2 にある

1 [13件] が境内寂寞, が近く, です, といえ, と云ふた, と牛島神社, に換えられた, のすぐ, の塋域, の墳苑, の現住墨汁師, へ引っ越し, を将軍

▼ 弘~ (13, 1.1%)

1 [13件] あるの, いいあだ名, いい岸本, こちらの, そして宋江, ぽんたん, 一しよ, 並んで, 二人暮しの, 会見の, 喚く者, 恋愛を, 挨拶を

▼ 弘~ (13, 1.1%)

2 の際

1 [11件] あるもの, から嘉永, となり, の初年, の地震前, の外政改革, の時代, の諸公, の間, の頃, はこの

▼ 弘化元年~ (13, 1.1%)

1 [13件] とか二年, となっ, に, には五百, に六十八歳, に再び, に歿, に躋寿館, の春, の飛騨入り, は抽斎, は蘭軒歿後十五年, より三年間石経山房

▼ 弘~ (13, 1.1%)

2 を連れ

1 [11件] いつぱいどうです, でも, と小枝子さん, にはお母さん, の一件, はこのごろ具合, は上高地, は何処, は時局風, も来り, ノ様子ニ変ッタ点ガアルカドウデスカ

▼ 弘~ (13, 1.1%)

2 の悲劇

1 [11件] から東大仏文科, が来, が来訪, が築地, と樋口, にかかるだろう, に会, の兄弟等, の招待, 第十場, 読み返して

▼ 弘~ (12, 1.0%)

2 中に 1 なんとかし, わが邸, 休ましといて, 孫弘といふ, 待たせて, 斬って, 相手に, 知って, 罵った, 見るため

▼ 弘~ (12, 1.0%)

1 [12件] がたずね, がみごと, が夜来, が来り, が答えた, が遊び, です, というれっきとした, と二人, と来り, を呼ん, 来り神戸

▼ 弘化二年~ (12, 1.0%)

1 [12件] から嘉水元年, で妙了, においては米船浦賀, にペルリ, に至る, に金座, の冬丸亀, の出來事, の正月, の生れ, は蘭軒歿後, まで二百十三年

▼ 弘化四年~ (12, 1.0%)

2 を卅六 1 で間隔, には三女棠, に佐賀, に横井, に生れ, の九月, の大, の榛軒, は蘭軒歿後, より阿部正弘

▼ 弘には~ (11, 0.9%)

1 [11件] いま無く, そのアトリエ, 亡くなつた節子, 何となく気まり, 別にそんな, 妙な, 宿題を, 既に愛する, 皆伝しなかった, 自分たち二人が, 話して

▼ 弘まっ~ (11, 0.9%)

3 ていた, ている 1 てい, てちかごろ, ては迷惑, ても必ず, て紀州人

▼ 弘仁期~ (10, 0.9%)

1 には天平時代末期, のそれ, のもの, の作, の僧尼, の木彫全盛, の気分, の開基, は外来文化輸入, への橋

▼ 弘養館~ (10, 0.9%)

1 だった, という店, なの, に休ん, のカツ, のビフテキ, は昔, へ入っ, へ来, を出る

▼ 弘まる~ (9, 0.8%)

2 な, のに 1 ことは, と家老, につけて, につれてやがて, はずは

▼ 弘一路~ (8, 0.7%)

2 のとこ 1 が珍しく, と二人, と写真班, の映画世界社, や太田黄鳥その他, を久々訪問

▼ 弘~ (8, 0.7%)

1 が他, が送っ, と外, は第, は翁, は高氏, もはい, を当時

▼ 弘まつ~ (7, 0.6%)

3 てゐる 2 たの 1 た, た文化

▼ 弘まり~ (7, 0.6%)

1 しは, そめたるは, つつあった, もし, 行きし例, 行くこと, 行渡つて

▼ 弘まった~ (6, 0.5%)

1 ことは, というの, に因っ, のは, ものである, ものらしく思われる

▼ 弘~ (6, 0.5%)

1 が快, が昆布, という学者, の説, は兎肉, は多く

▼ 弘~ (6, 0.5%)

4 王の 1 二王子の, 王

▼ 弘く行われた~ (5, 0.4%)

1 ので, のである, のは, のも, までのよう

▼ 弘といふ~ (5, 0.4%)

2 青年が 1 公孫は, 名前を, 理学士の

▼ 弘仁時代~ (5, 0.4%)

1 にかけての四五十年間, にその, のみ仏, の仏像, へかけ

▼ 弘化年間~ (5, 0.4%)

2 に根津 1 に出来た, に幕府, に至り

▼ 弘農王~ (5, 0.4%)

1 がこんな, とし, と何太后, の首, は涙

▼ 弘から~ (4, 0.3%)

1 云はれる, 充分の, 始まったらしいの, 聞いて

▼ 弘との~ (4, 0.3%)

1 人物並びに, 和解を, 婚約を, 間には

▼ 弘一路夫妻~ (4, 0.3%)

1 がそこ, が先着, に来ない, 来る三組夫婦

▼ 弘~ (4, 0.3%)

1 の人, は旧都, へ還幸, をさして

▼ 弘い区域~ (3, 0.3%)

1 ではこの, につい, にわたって分布

▼ 弘かった~ (3, 0.3%)

1 のだ, ようである, 語と

▼ 弘くま~ (3, 0.3%)

1 た久しい, た久しく, だ残って

▼ 弘~ (3, 0.3%)

1 らず, らなかっ, れるは

▼ 弘仁年間~ (3, 0.3%)

1 には文室綿麻呂, に出来た, に藥師寺

▼ 弘仁私記~ (3, 0.3%)

2 の序 1 の序文

▼ 弘~ (3, 0.3%)

1 常などは, 常などを, 常や

▼ 弘化丁未~ (3, 0.3%)

1 に侍医, の榛軒, の湘陽紀行

▼ 弘化二年生~ (3, 0.3%)

1 であるから, の次男周策, の蒼夫さん

▼ 弘按ずる~ (3, 0.3%)

1 に官, に左, に高

▼ 弘教書院蔵~ (3, 0.3%)

1 にも四号, に収められ, に有

▼ 弘智法印~ (3, 0.3%)

2 は児玉氏下総国山桑村 1 の寺

▼ 弘禅氏~ (3, 0.3%)

1 から花輪, などの花輪, の花輪

▼ 弘長二年~ (3, 0.3%)

1 から数え, になっ, の頃法然

▼ 弘~ (2, 0.2%)

1 兄さまいついらし, 兄さんかなや

▼ 弘がっ~ (2, 0.2%)

1 ていった, ていました

▼ 弘がり~ (2, 0.2%)

1 て延, て胎兒

▼ 弘く知られ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 弘く行わるる~ (2, 0.2%)

1 もので, 稲村を

▼ 弘とか~ (2, 0.2%)

1 またその, 云いましたね

▼ 弘とは~ (2, 0.2%)

1 おれの, よく姉弟

▼ 弘なる~ (2, 0.2%)

1 が故に, を表す

▼ 弘~ (2, 0.2%)

1 お父さんが, 犬を

▼ 弘よりも~ (2, 0.2%)

1 二つ三つ年上で, 先き

▼ 弘~ (2, 0.2%)

2 此小千谷にも

▼ 弘りたれ~ (2, 0.2%)

2 ど野堂町

▼ 弘~ (2, 0.2%)

2 為とて

▼ 弘仁元年~ (2, 0.2%)

1 に三十七歳, の太政官符

▼ 弘仁初期~ (2, 0.2%)

1 の造顕, へかけ

▼ 弘兄さま~ (2, 0.2%)

1 が云, そら真

▼ 弘化元年三月二十五日辰~ (2, 0.2%)

1 の刻, の刻生れ

▼ 弘化元年生~ (2, 0.2%)

1 である, の平蔵

▼ 弘化安政~ (2, 0.2%)

2 のころ

▼ 弘化年度~ (2, 0.2%)

1 に江戸湾, に生れ

▼ 弘~ (2, 0.2%)

1 するに, せり慶喜

▼ 弘~ (2, 0.2%)

2 は二十六歳

▼ 弘~ (2, 0.2%)

1 など俊秀, は鼠

▼ 弘徽殿女御~ (2, 0.2%)

1 と言われた, を悪

▼ 弘~ (2, 0.2%)

2 に似たる

▼ 弘~ (2, 0.2%)

1 とか云, と稱

▼ 弘福寺主~ (2, 0.2%)

1 に請う, の言

▼ 弘自身~ (2, 0.2%)

1 もわからない, も自分

▼1* [251件]

あとでちよ, 弘いがここには僅少, 弘いがそれが在来, 弘いもので心, 弘い分布とりわけ南北大小, 弘い地域にわたってこれ, 弘い意味においては是, 弘い比較のため, 弘がちよつとまだ, 弘がる天汝等を, 弘がれり, 弘くし又砲術, 弘くその恩恵, 弘くもちいられている, 弘く伝わらずもしくは誤解, 弘く使われるけれども近畿, 弘く求めてみれ, 弘く用いられており, 弘く用いられた食料だったらしい, 弘く考え得る良妻賢母を, 弘く行なわれていう, 弘く行われなかったらしいがアガレヒラシマ, 弘く行われるまでは麦類, 弘く読まれる事を, 弘く進めてみる, 弘く遠く北は, 弘たる文, 弘これを用い, 弘さん私が悪, 弘て妨げあるべからず, 弘じゃないか, 弘する由を, 弘その人の, 弘だけは当分滞在する, 弘ちゃんあたし困っちゃったわ, 弘ちゃんたちは何処, 弘ちゃん後生だから, 弘って誰です, 弘ていう油絵, 弘つていふもん, 弘つて外へ出る, 弘自分の, 弘であったと云う, 弘という医者に, 弘とがそれを, 弘とも一緒に, 弘とを比べて, 弘などは出来ざるもの, 弘なんぞが故人と共に, 弘なんぞの傍に, 弘にも叔父にあたる, 弘に対して一種の, 弘ぢや, 弘への気兼ねみたいな, 弘ほどに犬好きで, 弘まりたるは此, 弘まりキリスト信者は増加, 弘まり五十年も経つたら, 弘まり方も非常, 弘まるし伊達家の, 弘まれりと, 弘みぎには黄信, 弘を文義通り, 弘むここにおいてか保守論派, 弘むにも死, 弘むるに至った, 弘むることを忌む, 弘むるにあらずしかれども, 弘むるのことはまったく福沢尺の両氏, 弘も濠水, 弘ほど迷, 弘われわれも今月, 弘アンリエツトと共に現, 弘た気むずかしい, 弘一路宅へ赴き, 弘一路宅訪問久々禁を破っ, 弘一郎宅へ電話, 弘三二十一才にすっかり, 弘三十八歳の時, 弘三夫妻川奈の帰り, 弘三夫妻近藤泰来る, 弘三来訪びっくりアイスをのませる, 弘三来訪鈴木桂介も来り, 弘三氏のである, 弘三郎さん一人で先生一人生徒一人, 弘三郎君という人, 弘三郎氏の力作, 弘中根元圭, 弘井岩之助, 弘仁ぶりの柱, 弘仁七年の六月, 弘仁七年十月十四日の日附, 弘仁三年には僧良勝, 弘仁三年八月に僧良勝, 弘仁三年六月二日条にその, 弘仁三年六月岩氏人柱に立つた, 弘仁九年の戒告, 弘仁九年七月には相模, 弘仁五年の飛騨, 弘仁仏ではなかろう, 弘仁元年九月十二日三十七歳にて落飾, 弘仁元年十月二十七日の日附, 弘仁内裏式五月六日の観馬, 弘仁十何年かに之, 弘仁十四年九月の, 弘仁天皇の孫女, 弘仁年間山城の宇治, 弘仁度の博士たち, 弘仁式と言, 弘仁朝の美女, 弘仁期直前に製作, 弘仁貞観から寛平, 弘仁貞観様式への推移, 弘仁頃の記録, 弘保君が女, 弘兄さま何処にいらし, 弘兄さんはさ, 弘按ずるに, 弘化丁未杪冬の詩, 弘化三丙午春弥生の序, 弘化三年七月洪水のため, 弘化三年三月父正武氏の退隠, 弘化三年丙午とすべき, 弘化三年五月二十七日に京都町奉行伊奈遠江守忠告, 弘化三年以前の作, 弘化三年十一月のなかば, 弘化三年十一月二十二日に至っ, 弘化三年午年の生まれ, 弘化三年四十歳の時, 弘化三年年二十三歳の時, 弘化三年生で大正五年, 弘化三年生家を離れ, 弘化三年説であ, 弘化丙午となる, 弘化二年三十四歳の晩春, 弘化二年三月に書き残した, 弘化二年上州館林に転じ, 弘化二年乙巳とすべき, 弘化二年十一月二十六日生の三女棠, 弘化二年十月十四日即世, 弘化二年十月罪を獲, 弘化二年嫡男徴十九歳にし, 弘化二年巳年の生まれ, 弘化二年正月の二十四日, 弘化二年水野家五万石で浜松, 弘化元年二月に亡くな, 弘化元年使節を遣わし, 弘化元年來航のオランダ軍艦, 弘化元年八月十日のこと, 弘化元年六月には和蘭, 弘化元年六月二十一日に出, 弘化元年再興され嘉永年間, 弘化元年十月蒸汽軍艦渡來のとき, 弘化元年和蘭の, 弘化元年正月にも同, 弘化元年秋一度に止る, 弘化嘉水と年号, 弘化嘉永とちかづく, 弘化嘉永以後特に安政, 弘化嘉永安政と三十年間, 弘化嘉永間の某, 弘化四丁未九月十六日, 弘化四年三十一歳の時, 弘化四年三月には信濃, 弘化四年中に樵山, 弘化四年六月なかばの夕方, 弘化四年十二月晦日の作, 弘化四年善光寺地震の時, 弘化四年四月十五日であった, 弘化四年土佐高知に生れ, 弘化四年榊原氏の臣, 弘化四年生れの彼, 弘化年度あたりに渡来, 弘化年間印行の地圖, 弘化度社会生活の一斑, 弘化時代の住職, 弘化甲辰に渋江抽斎, 弘化頃に菊屋橋附近, 弘君ノコトハ御依頼ガナクトモ親戚, 弘君今日帰っても, 弘嚴石氏外數名に之, 弘ゐたかな, 弘坊歌はぬ, 弘な御, 弘太田新六郎康資同苗美濃守資正入道三樂齋, 弘孫仲のふたり, 弘安本の古文孝経孔伝, 弘安本孝経に跋, 弘宣波及するやう, 弘にもいいつけ, 弘巌太郎教授を持ち出した, 弘布者であったばかり, 弘は凡て, 弘庵杉亨二と云う, 弘庵藤田東湖に語り, 弘張横張順呂方郭盛蕭譲王矮虎薛永金大堅, 弘張黄張順穆春侯健蕭譲金大堅ら, 弘御所を和歌所, 弘徽殿あたりで言う詛い, 弘徽殿のは新作, 弘忍大師のところ, 弘成館へ書生, 弘捐館の事, 弘を頌揚, 弘教せんよりしばらく, 弘教寺と云う, 弘教授が気がつかなかった, 弘教者のオメル, 弘景これも大, 弘景唐の仙人呂洞賓, 弘景註の, 弘杉森笠松本蒸治東畑精一等の諸氏, 弘李逵欧鵬穆春など, 弘柯三氏とは日本思想史, 弘楊雄の二隊, 弘此古歌を此處, 弘氏唱歌は安藤智恵子夫人, 弘氏立正大学の守屋貫教氏, 弘を未だ, 弘沢木重武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 弘の井鳥為信, 弘とお母さん, 弘真紀と顔, 弘祥寺に春, 弘とを一つ, 弘福寺前と呼んだ, 弘福寺裏の富田木歩, 弘福禅寺の堂宇, 弘福禪寺東隅の地, 弘穆春の兄弟, 弘穆春薛永童威童猛どれをみ, 弘三子将門第, 弘と共に出, 弘が千代田, 弘とある, 弘を遺, 弘経寺の祐天上人, 弘經寺へ押入古間木, 弘継土竜とある, 弘若き新聞記者, 弘といふ老翁, 弘鄭天寿黒旋風の李逵, 弘量坦懷で何如, 弘長元年に後, 弘長元年五月十二日幕吏は突如, 弘長門の守護, 弘間咲きも殘ら, 弘ぞ円満, 弘高推敲はかどって, 弘にし, 弘鼎義暁両氏本船に来