青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「悲哀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~悲し 悲し~ ~悲しい 悲しい~ ~悲しく 悲しく~ ~悲しみ 悲しみ~ ~悲劇 悲劇~
悲哀~
悲惨~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情 情~ ~情熱 情熱~ 惜~ ~惜しい 惜しい~

「悲哀~」 1126, 12ppm, 9030位

▼ 悲哀~ (231, 20.5%)

14 感じた 5 忘れようと 4 感じて, 感じる, 感ずること 3 彼の, 感じたの, 慰めて

2 [12件] いよいよ痛切, 含んで, 帯びて, 愛するの, 感ずる, 抱いて, 母胎に, 知つてゐる, 知れ, 與へ, 見るに, 追い求める

1 [167件] おさえて, おぼえた, お感じ, かえって恋しく, かみしめて, かんじた, この道綱, こめて, しみじみと, そこに, その抒情, その漠, その雲, つく, つくづく身, できるだけ長く, とらへ, なめさせられた, まのあたりに, もたらした, もって, ようやくせきとめ, 一つ一つしみじみ, 一上身に, 与へて, 今日現在の, 伝へる, 伴い色即是空, 伴は, 伸子に, 催さしめる, 共に胸中, 内包した, 再燃させる, 凝視めながら, 出す, 分けもつこと, 分とうと, 力として, 匂わせる, 君は, 含まないもの, 含むだけ, 吹き飛ばすよう, 味うであろう, 味つたのである, 味ふ, 味わいたるもの, 味わうの, 味わった, 味わって, 味わわせたくないという, 和らげほかほか, 嘗め尽して, 多くの, 大きな玻璃玉, 夫人は, 寄せて, 帶びたる情緒の, 強調し, 形に, 忍ばねば, 忘れたいと, 忘れること, 忘れるため, 忘れ要因, 思うて, 思えば, 思ひやつ, 思ふ時, 思わせる, 思惟する, 悟得し, 想って, 想像し, 惹起さし, 愛してた, 感じさせた, 感じずに, 感じた位, 感じない, 感じながら, 感じなければ, 感じます, 感じれば, 感じ今, 感ず, 感ずべき事, 感ずると, 感ずるとは, 感ずるは, 感ぜさせる, 感ぜしめる, 感ぜしも, 感ぜずには, 感得し, 慰められること, 慰めるため, 慰める為め, 憐む, 懷い, 押しかくして, 招き煩悶, 招く声, 持ちながら, 暗指, 更に思い起し, 最も痛切, 柔らげた, 楽しむ境, 歌った詩, 歌って, 此の, 求むるがごとき享楽的表象的気分の, 汲みお, 消して, 深きに, 深くし, 深くする, 深く感ぜず, 湛えた自分, 物語る眼, 甞めて, 痛切に, 痲痺させよう, 癒す水, 知ったわ, 知らなかつたの, 知りさらに, 知り堀川, 知れる人, 私は, 私一人でじ, 籠めて, 紛らすため, 経験する, 繰返して, 置けり, 考えた, 耐えた沈痛, 耐え忍ぶこと, 背負って, 胸に, 裏書する, 見なければ, 見るたび, 見るであろうこと必定, 見るの, 覚えた, 覚えながら, 覚えるの, 覚えるので, 覚ゆる, 覚悟し, 観じ二十九歳, 覺える, 言い合わしたよう, 誘う, 誘うこの, 語つてゐた, 語ろうと, 身に, 追想し, 遺すの, 金銭への, 顔に, 顕は

▼ 悲哀~ (204, 18.1%)

8 中に 4 情を, 色が 3 感に, 美感を

2 [16件] さまざまな, ために, 一ツを, 俗な, 名を, 外は, 情が, 情に, 想いや, 想を, 煉金道士, 美しさ, 美感に, 表情が, 詩情を, 詩趣を

1 [150件] いろが, うちに, うちにも, うちの, かずかずを, ことを, こもったつぶやき, さむけ, しらべ, しるしに, その前, たぐいなく, ためでは, どん底に, なかに, なかにも, ままの, ゆえに, ような, ように, オモチャとしての, ドン底に, ドン底を, 一つである, 一例であろう, 中にも, 人に, 人の, 充ちた世の中, 光が, 内を, 列を, 厚味の, 原因であった, 叫び, 同感を, 味を, 圧力とで, 場面の, 壁を, 多かり, 室を, 容態をば, 寂しい詩趣, 實感に, 川の, 底から, 底が, 底には, 度合を, 影が, 影であった, 影を, 後にのみ, 心の, 心境を, 心情を, 快感が, 快感とは, 念から, 念が, 念に, 念急に, 思はかえって, 恐ろしさ, 情から, 情と, 情景を, 情緒が, 情緒も, 情緒を, 情緒をも, 情調と, 情調も, 意にのみ, 感じが, 感動が, 感動を, 感興とでも, 持って, 教訓を, 数々が, 文字を, 文学であろう, 断片が, 方に, 時で, 暗に胸, 曲の, 書である, 最大なる, 杯を, 極みで, 極みである, 権化チャイコフスキー, 江戸侍の, 洞窟に, 流れも, 涙留らず, 涙絶ゆる, 淵に, 測りがたき, 源と, 溢れた黒眸, 激発の, 物に対する, 状を, 琴に, 生涯の, 由來を, 由来を, 発作に, 皺とを, 盃を, 相を, 種に, 種を, 箱で, 籠った滑稽, 結果か, 絶頂すら, 考えを, 背景には, 背景は, 至情を, 興趣を, 色を, 落ち重なっ, 表情であれ, 表情を, 表現に, 裡に, 記憶は, 記憶を, 調べが, 調子が, 調子を, 跡が, 較, 郷なり, 隣なり, 雲に, 面に, 音は, 韻を, 響きを, 顔よろしゅう, 顔を, 高き代償, 黒き雲

▼ 悲哀~ (116, 10.3%)

2 是戒を, 胸を, 誇れり

1 [110件] うちしおれて, おののくし, かられた, して, しみじみと, しろ彼女, ただわけ, だん, つつまれた, つながるといふ, とらわれて, なっちまう, まれ恐怖に, みちた風景, やぶれては, 似たある, 似たもの, 似た決意, 似て, 似合って, 促されて, 充ちた目, 充ちた調子, 包まれた人々, 同情を, 向って, 埋もれあたたか, 堪へず双眼, 堪へず恰も, 堪へず然, 堪へぬ爲, 就て, 弾ぢぎれさうな胸を, 心を, 恍惚たる, 情迫り, 感じつくすに, 感じ多く, 感傷し, 感染が, 打たる, 打たる彼, 打たれた, 打たれたり, 打たれた後, 打たれて, 打たれ泣くこと, 打ち克って, 打つかる, 抗する戦, 捕えられて, 撲たれざるを, 根ざす霊魂, 根ざす靈魂, 沈まないで, 沈みこの, 沈みそう, 沈みながら, 沈みましたが, 沈み屍を, 沈む事, 沈めり, 沈んで, 沈んでるの, 泣かしむるが, 浄化され, 浸って, 浸つたやう, 浸り, 満され, 満ちた感覚, 満ちた胸, 満ちた葬式的, 満ち彼, 滿たされき, 無感覚に, 終りは, 絶え入り息の根, 耐えて, 耐え祈るその, 耐へ, 耽るの, 胸とざされ, 自己の, 苦惱に, 落ちずには, 薄く涙, 襲われた, 触れたよう, 触れて, 誇るこれ, 誘うの, 貫かれて, 責め苛まれた後, 身を, 転ずる一刹那前, 近いもの, 通じるもの, 酔は, 酔わされてでも, 醉は, 閉ざされた横, 限らず嬉しき, 陥った時復興, 陥れ労働者, 随伴する, 際して, 離れ得ざるぞ, 頭髪は, 馴れるまでには

▼ 悲哀~ (110, 9.8%)

8 ある 2 あった, 幾万年か, 粘, 身に

1 [94件] あったらうか, あって, あつて, あとで, あり寂愁, あり最も, あり苦痛, あるとか, あるの, ある上, ある女, あろうと, いつか疲労に, こういうところ, こころの, こちんと, こみあげて, こもった, こもったところ, こもって, ございまして, しみじみと, しみじみ痛感, そこに, そのうち, そのため, ちょっと奥さん, どっとこみ上げ, ないこと, なにか遥か, ふいと, またしみじみと, まだせっぱつまった, みなぎって, スウイトな, 一番悪く, 人と, 人を, 今しも, 伴ふからで, 偶然あなたを, 充満に, 包まれたるは, 含まれて, 多い, 女の, 如何に, 宿って, 岸本の, 強い力, 強くわたし, 彼の, 彼を, 彼女を, 意志の, 愛憎の, 感じられなくなりました, 感ぜら, 感ぜられて, 憤怒に, 折り重なって, 極度に, 残るばかり, 波立つて, 浮んで, 深いほど, 深く美しく滲みだし, 深く雜, 湧いた, 満ち溢れて, 溢れたであろうが, 滿ち溢れ, 滿足し, 漂つてゐた, 現れて, 神に, 私の, 絶対に, 纏い二重, 胸に, 自分の, 色濃くあらわれた, 苦痛にまで, 葉子の, 蔵され, 蘇って, 襲ふ, 語られ誇張, 起るもの, 雲の, 静子に, 靜子に, 頂上に, 顔へ

▼ 悲哀~ (88, 7.8%)

3 寂寞とを 2 その悲哀, 寂寞とに, 無常の, 疲労とを

1 [77件] いうよりも, いおうより, いつたやう, そのきほひ, その虚無的厭世感, である, なきを, また理解, ヒューマニズムの, 不安と, 不安とが, 不安との, 云うもの, 係恋とを, 借家を, 同じく雨, 喜悦と, 大なる, 嫉妬さえも, 孤独と, 孤独との, 寂寞と, 寂莫の, 強い自責, 彼岸の, 快楽を, 恐怖とが, 恐怖とを, 恥辱とを以て, 恨みとは, 恩愛と, 悔恨は, 悶愁と, 情感の, 愛の, 憂愁と, 憂愁との, 憎悪が, 憧憬との, 懸念を, 戯れて, 曇りとが, 歓喜とが, 歓喜とに, 歓喜との, 歓喜を, 深い疲れ, 深く恍惚, 滑稽との, 激昂とにて, 無常と, 無常との, 無限の, 煩悶とは, 物凄さ, 疳癪とが, 破綻に, 神経衰弱とに, 私一流の, 精神的苦痛とは, 絶え入るばかりの, 絶望とが, 絶望感に, 苦悩との, 苦惱とを, 苦痛とを, 苦痛の, 落胆との, 言つた人の, 調和と, 變つた, 運命とは, 運命の, 鈍麻との, 隣人の, 驚異とに, 驚異まだ

▼ 悲哀~ (69, 6.1%)

2 ボドレエルの, 一種の, 分類結晶し, 古い詠嘆, 深くなつた

1 [59件] ある, あるが, うみきった腫物, おそらく断食, およそ人, かうでも, しみじみと, すでに彼, そこに, その柔らかみ, それに, たえず雫きぬ, ともかくとして, どれ程, またあらじ, われの, 一には, 一の, 人間生活の, 人類の, 何をか, 其時ヒシと, 再燃する, 凄惨と, 出て, 君の, 吾人を, 唯さえ, 喜悦と, 地に, 女に, 宇宙の, 完全に, 寂しき死, 實に, 少なからず持つ, 彼の, 彼らを, 彼女のみが, 思わぬ伏兵, 悲哀の, 感じない筈, 時を, 東京附近の, 極点に, 湧かむ, 直ちに日本人, 矢張かう, 祝福され, 私に, 私には, 美しきかな, 胸に, 自分の, 華やかな, 衆を, 街衢の, 豊世の, 長しと

▼ 悲哀~ (29, 2.6%)

2 不調和や

1 [27件] あの可憐, ひるみが, また美, われわれの, 不幸や, 僻みや, 喜悦や, 夢想の, 宿命や, 寂寥にも, 寂寥を, 心配の, 恐れに, 意識的な, 懐疑に, 時代の, 歓喜など, 歓喜の, 疑いや, 神秘や, 美感や, 苦々しい嫌悪, 苦悶や, 苦痛は, 苦難の, 鬱憤も, 魅惑を

▼ 悲哀~ (23, 2.0%)

2 ない人間, 亦た

1 [19件] あつた, あり不思議, あるなれまた, いくらか慰められ, それを, ない無名, なく崇高, また歌うべきであろう, また詩, まだ直ちに彼, やって来ないの, やつて, 倦怠も, 味わいつくして, 執着も, 恐らくこの, 愛の, 憤怒も, 確かに

▼ 悲哀とを~ (20, 1.8%)

2 感じた

1 [18件] どうかする, まざ, ますます深く, 二重に, 以つてこの, 得た, 心に, 忘れようと, 感ずるチヤンス, 教えて, 教へ, 歌は, 漂わせるもの, 紛らすこと, 綯い雑, 與へて, 訴へる, 語ろうと

▼ 悲哀~ (13, 1.2%)

2 美が

1 [11件] のだ, のである, ものです, ものに, ように, 人間世界の, 快楽が, 感動に, 感銘が, 短歌が, 音楽と

▼ 悲哀~ (9, 0.8%)

3 僕の 2 びしよびしよに濡れ 1 この男, もさうい, 渋びた声を, 生きて

▼ 悲哀~ (9, 0.8%)

1 がその, がもつ, がよく, が全曲, が私, にさえなっ, は少し, をさそはれ, をそそる

▼ 悲哀という~ (8, 0.7%)

2 ような 1 こと自身は, ところか, ほかは, ものから, 奴が, 言葉を

▼ 悲哀戯曲~ (7, 0.6%)

1 と同じく, に不, に対するの意見此, に就, のみに通用, のみを貴重, を作る

▼ 悲哀との~ (6, 0.5%)

1 中で, 底より, 杯が, 色が, 間を, 雲が

▼ 悲哀とは~ (6, 0.5%)

1 おもは, どう片づけ, 人口の, 何である, 其幾分を, 自己の

▼ 悲哀とも~ (6, 0.5%)

1 つかない云い知れぬ感情, 感激とも, 憤怒とも, 睡さ, 苦痛とも, 譬えようの

▼ 悲哀とか~ (5, 0.4%)

3 慷慨とかにて 1 歓喜とか, 驚愕とか

▼ 悲哀とで~ (4, 0.4%)

1 お篠, お雪, 一杯に, 生きた空

▼ 悲哀とに~ (4, 0.4%)

1 加えて, 打ち克った勝利者, 消えゆくこの, 狂ひ

▼ 悲哀と共に~ (4, 0.4%)

2 胸の 1 何か, 偉大なる

▼ 悲哀なる~ (4, 0.4%)

1 出し物に対して, 戀物語を, 焦慮で, 芸術である

▼ 悲哀から~ (3, 0.3%)

1 悲哀の, 憂愁から, 生れる焦慮

▼ 悲哀~ (3, 0.3%)

1 だなあ, だよ, というもの

▼ 悲哀である~ (3, 0.3%)

1 かそれ, どうにも, よりも慰藉

▼ 悲哀といった~ (3, 0.3%)

2 ような 1 ものが

▼ 悲哀といふ~ (3, 0.3%)

2 ものを 1 ことを

▼ 悲哀とが~ (3, 0.3%)

1 あった, 伴ふ, 錯綜し

▼ 悲哀なき~ (3, 0.3%)

1 を得まい, を得よう, 涙が

▼ 悲哀より~ (3, 0.3%)

2 一木一草の 1 して

▼ 悲哀をも~ (3, 0.3%)

1 ゆたかに, 知らずただ, 苦痛をも

▼ 悲哀ある~ (2, 0.2%)

2 俗世に

▼ 悲哀~ (2, 0.2%)

1 まじめかの, 予は

▼ 悲哀そこ~ (2, 0.2%)

1 にユーモア, に一味

▼ 悲哀その~ (2, 0.2%)

1 外いろいろの, 極みに

▼ 悲哀~ (2, 0.2%)

1 か解らなかった, つた一念

▼ 悲哀であり~ (2, 0.2%)

1 いやな, 苦痛であり

▼ 悲哀であろう~ (2, 0.2%)

1 かわたし, がこの

▼ 悲哀でも~ (2, 0.2%)

1 なく人生, なく単に

▼ 悲哀とでも~ (2, 0.2%)

1 いふの, 言おうか

▼ 悲哀なんぞを~ (2, 0.2%)

1 感じるかという, 感じるかといふ

▼ 悲哀にも~ (2, 0.2%)

1 沈みやすい, 男女おのづか

▼ 悲哀によって~ (2, 0.2%)

1 不純な, 秘密を

▼ 悲哀~ (2, 0.2%)

1 猶賢く, 血の

▼ 悲哀よりも~ (2, 0.2%)

1 さらに残酷, 恐怖が

▼ 悲哀時代~ (2, 0.2%)

2 のセンチメント

▼ 悲哀~ (2, 0.2%)

1 の流行, を起す

▼1* [92件]

悲哀いかにと思ひ見よ, 悲哀かくの如き, 悲哀かくして我に, 悲哀なつて, 悲哀こそは自然児の, 悲哀てことに, 悲哀じゃなくて, 悲哀もいくばく, 悲哀そういうものまるで, 悲哀その他種種の事情, 悲哀それから安息が, 悲哀たるや尋常一様, 悲哀だけだったじゃ, 悲哀だけで成つては, 悲哀ゅいますか何とも, 悲哀であったかも知れません, 悲哀でありませうか, 悲哀でさえお前には, 悲哀でなかつたらうかと涙ぐんだ, 悲哀でなく人間の, 悲哀ではなく人間性, 悲哀とからであつ, 悲哀なぞというそんな生易しい, 悲哀などを描いて, 悲哀ならむ然, 悲哀にたいする生理的な, 悲哀にでも捉えられたよう, 悲哀には牙が, 悲哀にをはるもの, 悲哀に対して正面から, 悲哀に対しても鋭い感受性, 悲哀に対する最善の, 悲哀ばかりだった, 悲哀ばかりかと思われる, 悲哀ばかりを感じて, 悲哀または苦しみ楽しみ創造する, 悲哀まで無涯の, 悲哀めく情緒が, 悲哀もとほりすぎたやう, 悲哀やに堪へて, 悲哀やらの混合した, 悲哀よぶとか啼く, 悲哀らしい今の, 悲哀われにあり, 悲哀をば畢竟は, 悲哀を以て終らざる可, 悲哀を通して我々は, 悲哀を通じての歓喜とか, 悲哀不幸の予感, 悲哀事物に飽満, 悲哀倦怠をとりもどす, 悲哀催すや, 悲哀なるも, 悲哀厭世の特質, 悲哀又は悲壯の, 悲哀同じ驚きを, 悲哀がことに, 悲哀嘆息し畏, 悲哀ならむ, 悲哀嫉妬貪慾猜疑陰険飢餓憎悪などあらゆる, 悲哀寂寥に結合, 悲哀小説の取り扱う, 悲哀悔恨はおのずから, 悲哀悽愴の鋭い, 悲哀惨憺たる記事, 悲哀愚昧なる周囲, 悲哀感慨を述べたる, 悲哀懊惱の幽暗, 悲哀戯曲中の人物, 悲哀戯曲外に戯曲, 悲哀戯曲論中に用, 悲哀時子が発病, 悲哀欠乏薄命汚れたるただ, 悲哀の身, 悲哀泣涕のほか, 悲哀深し吹く彼, 悲哀滿ち乍ら, 悲哀の疲れ, 悲哀痛苦を一まとめ, 悲哀なもの, 悲哀の奧, 悲哀の感じ, 悲哀絶望苦悶の表情, 悲哀を衝い, 悲哀自然の苦痛, 悲哀若しくは粛然所謂襟を, 悲哀苦痛の現, 悲哀萬衆の自分, 悲哀談次は乙, 悲哀起りてなかんづく, 悲哀に染みる, 悲哀転輾懊悩に堪えず