青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「悲劇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悪魔~ ~悲し 悲し~ ~悲しい 悲しい~ ~悲しく 悲しく~ ~悲しみ 悲しみ~ ~悲劇
悲劇~
悲哀~ 悲惨~ ~悲鳴 悲鳴~ ~情 情~ ~情熱 情熱~ 惜~ ~惜しい

「悲劇~」 1913, 21ppm, 5572位

▼ 悲劇~ (360, 18.8%)

7 女主人公 5 中に 4 ように, 主人公である 3 うちには, ために, ような, 中の, 主人公と, 主人公は, 偉大なる, 場面が, 場面を

2 [27件] あつた, あとの, うちに, さ, なかで, なかに, 主人公が, 主人公な, 主人公に, 主人公にも, 人だ, 作者, 前奏曲よ, 原因は, 哲学, 実相が, 幕を, 影響が, 恐ろしさ, 方が, 根が, 発端が, 真相を, 第一幕, 終局であった, 芸術的価値を, 説明に

1 [259件] あったの, あった事, あった後, あつけない, あと, いくつかを, うちにも, ことを, さまを, せりふの, ためでは, ため一時まったく, ともなわない恋愛, どんなに先生, なかでも, なかにも, なかの, なりに, ままでは, ままの, もとさ, もとと, もとを, やうな, やうな思ひ, やうにも, わからないこと, クセルクセスの, クライマックスと, クライマックスを, ツラだ, テンマツを, テーマが, ファクターは, 一つだ, 一つである, 一つです, 一つの, 一つは, 一である, 一ツとも, 一典型として, 一場面に, 一幕と, 一歩を, 一筋を, 一要素と, 一面を, 上に, 下地も, 不思議な, 中で, 中でも, 中には, 中心的人物と, 中途で, 主なる, 主人公たちは, 主人公とな, 主人公とは, 主人公の, 主題が, 主題と, 五幕で, 五幕目では, 人と, 人は, 人を, 仮面の, 伝えられたこと, 体験者な, 作も, 作者と, 作者の, 侍女役然, 価値を, 俳優です, 偉大さなど, 傑作である, 兆しが, 兆しだった, 先駆であった, 内部の, 出生など, 出生を, 出発点が, 前触れでも, 前触れに, 効果と, 動機と, 原因である, 原因では, 原因として, 原因にすら, 哲学が, 唯中にも, 国に, 場に, 場合に, 場合も, 場面は, 声色で, 外へ, 夢の, 大略に, 大要を, 大詰めなどに, 大部分, 奥底へまで, 好模範, 始まりで, 完結を, 家の, 家は, 展開に, 巣は, 巧みな, 希臘的序曲である, 幕は, 幕切に, 序文, 座敷の, 当人に, 影だけ, 影でしか, 影を, 後者は, 性格が, 性格は, 悉くに, 悲劇である, 意に, 意味が, 意味である, 意味を, 感動の, 慟哭にも, 手法は, 担い手としての, 捏造が, 教養を, 斯くの, 方へ, 時は, 最中に, 最中の, 最後で, 有様が, 期間だった, 本質は, 本質を, 材料と, 材料なら, 核は, 核心を, 森に, 構造とも, 様式と, 歴史的必然性から, 永遠的な, 活動写真の, 流れを, 深さ, 深沈たる, 渦紋は, 温床と, 演ぜられた舞堂, 為に, 片を, 特徴と, 特性を, 犠牲と, 犠牲において, 王様を, 現場であるべく, 現場に, 現場へ, 略, 異常に, 痕迹を, 発生だ, 発生に, 発生も, 発生を, 発達史上の, 直後だ, 直後検事が, 直後私が, 相を, 真の, 真中に, 真実の, 真相, 社会的な, 神などを, 程度に, 種に, 種は, 種類も, 突発した, 章句によって, 第一歩が, 第二歩, 第六号艇, 粉飾として, 精神という, 素因と, 素材と, 終幕を, 終末へまで, 終結, 経緯の, 結末としては, 結構せられる, 絶頂が, 緑なす全, 翳が, 胚種が, 舞台たり, 舞台とばかりは, 舞台面が, 良さ, 芝居の, 荘厳は, 著例であります, 行はれ, 行われた舞台, 行われて, 裏打ちが, 要素が, 要素は, 見得, 評判が, 説明は, 調べなり, 謂である, 謂わば, 起こる気, 起ったこと, 起つて, 起りを, 起ること, 起る二三時間前, 跡に, 軸は, 追究を, 運命は, 部類であった, 醍醐味も, 重大要素と, 開祖たる, 関鍵たる, 雰圍氣に, 面と, 面の, 頂点は, 題が, 飾りとしてしか, 骨子と

▼ 悲劇~ (293, 15.3%)

3 演じて, 繞る, 見るの

2 [22件] ここに, まざまざと, 主題として, 二人の, 代弁し, 招くの, 持って, 探す男, 描いたもの, 書き得ずに, 書き続けた, 理解する, 生むもの, 眺めて, 知って, 知らず顔に, 自分の, 見て, 見るだろうか, 語って, 語らなければ, 起します

1 [240件] ああいう, いくぶんゆるめ, かもした二院政治, かもして, くりかえして, くりかへ, さ, しんから, そしてその, そのカタストロフィ, ただ彼, だらうか, とおして, どう扱います, なすが, なんの, のぞんだところ, ふたたび他, まねいた, みせた, みつめたの, みて, むかえること, もたらしたもの, もたらすまいと, もった, もって, もつて, もとめる心持, やがては, やって, やれば, よく扱っ, よそに, よんだとき, わざと喜劇, ホーフツせしめる, 一人で, 一層悲劇的, 一層現実的, 与えた一点, 与える, 与え与えして, 世界歴史の, 主題と, 予見し, 二つも, 享楽し, 人が, 人心の, 伴って, 余儀なくされ, 作ったとか, 作るの, 作るもの, 作中人物の, 克服し, 克服しよう, 克服すべく努めつづけず, 再びとりあげ, 再び案外, 再び繰返す, 冷笑し, 冷靜に, 利用した, 前に, 取扱つ, 含んで, 喜劇的に, 嗤い, 嘆くこと, 夢にも, 大胆にも, 孕んで, 完成すべきで, 将来し, 平家の, 弁じたこと, 形成し, 形造る, 待って, 得意と, 御一族, 御存じでしょう, 復活し, 心を, 忘れる, 思い出して, 思うと, 思ふ, 思ふ人, 思惑に, 性懲りも, 悉く, 悲劇として, 悲劇の, 惨劇に, 想像し, 想像する, 惹き起したの, 惹起しよう, 愛するもの, 感じないこと, 感じる私, 感じ何, 感ずる, 我々は, 扱って, 扱つてゐる, 招く原因, 持たねば, 捉へる, 捏造したがる, 捏造しよう, 捕えようと, 捲き起した, 捲き起すの, 探したり, 描いた, 描いたの, 描いた後, 描いて, 描き尽した, 描くと, 描く作家, 描こうと, 描写し, 撒き散らして, 改作してる, 暗示し, 書いた, 書いて, 書いてたこと, 書きました, 書くほど, 書く傍ら喜劇, 書けば, 書こうと, 本年は, 梗概し, 構成する, 歌った, 歓呼せん, 殺す, 母胎と, 洞見した, 深めなかった効果, 減らす役に立つと, 渡すか, 演じたり, 演じたる俳優, 演じるわけ, 演じ出そうとは, 演じ去った, 演ずるため, 演ずるには, 演ぜしめたとかいう, 演出した, 無くしたいもの, 無言で, 無限の, 熟知し, 熱演中である, 牧歌的に, 物語るかの, 物語ること, 理由として, 理解しなけれ, 生じるの, 生じるのに, 生み出したの, 生み出したもの, 生み出すこと, 生み出す事, 生むこと, 生むであろうこと, 生むに, 生む因, 生んだの, 産とも, 産んだ, 発生せしめ, 発見した, 目前に, 知つてゐる, 知りたく思う, 示さずに, 種に, 第三者の, 節子に, 組み立てて, 経験した, 繰り返しつつ, 考えた, 背負つてゐる, 脱却し, 自覚した, 見たという, 見つづけた, 見つづけるロシア, 見ねば, 見はじめると, 見下して, 見出して, 見出す, 見守って, 見詰めて, 観察し, 解くため, 解剖し, 詩の, 語りもの, 語り出した, 語り顔, 語るの, 語るもの, 語るを, 語る広い, 誠実に, 読みとる三人, 読者の, 象徴する, 賞賛し, 起こしたに, 起こすの, 起させるくらい, 起さなかったでしょうが, 起した母, 起すブルジョア的性別誇張, 身を, 身一つで, 追究し, 避けるため, 避ける事, 防いで, 防ぐ事, 青春の, 驚嘆する, 齎らさない, 齎らし

▼ 悲劇~ (201, 10.5%)

8 なもの, な性格 7 な運命 3 な内容, な出来事, な姿, な感じ, な末路, な雰囲気

2 [13件] なると, な一事, な人, な宿命, な影, な性質, な死, な確執, な精神文化, な結末, な象徴, な陰惨, な離反

1 [134件] だ, だつた, であったという, である, であるが, であると, であるやう, であるよう, でございます, でない悲劇, では, でも, でものがなしく, で妙, で暗く, で絶えず, で興, で陰惨, という言葉, といえ, といふ言葉, となった, ともいうべきな, なご, なしかも, ならしめる結果, なシチュエイション, なセンメツ戦, なテイマ, なディレンマ, なヘブライズム, な一生, な一節, な乃至, な事件, な事態, な亡霊的存在, な人々, な人物, な仕事, な偉大さ, な光景, な分裂, な執拗さ, な場合, な境遇, な声, な女子失業, な威力, な宿縁, な対話的, な巨人, な弱点, な形, な心持ち, な性格内, な悩み, な悲しみ, な悲哀, な情緒, な憂愁, な投影, な最期, な歌曲, な正義, な歴史, な民衆, な浄瑠璃, な深, な混血児, な演技, な然し, な物語, な状態, な生涯, な男, な相貌, な矛盾, な突飛, な系譜, な終焉後, な終結, な結尾, な結果, な經過, な肉体, な自殺, な芸術, な苦痛, な蜘蛛, な表情, な被害, な裂けめ, な調子, な身振り, な進行, な道, な部分, な重, な闘い, な陰翳, な雷鳴, な面, な面貌, な音楽, な頭, な顔, にあつかっ, にある, にさせた, にした, にその, にという気, にな, にばかり人生, に人民生活, に喜劇的, に感ぜられた, に横溢, に演じる, に物, に示し, に終っ, に終った, に自身, に表, に進行, に隔絶, に首, の人, の最後, の滑稽, めいたもの, 快さ

▼ 悲劇~ (177, 9.3%)

3 恐しい 2 その為, ないという, 年少の, 彼が, 必ず喜劇, 排泄作用を, 昔から, 無数の

1 [158件] あたらしかった, あらゆる時代, ありがたいもの, あり得る, あれだけ, いわば天皇制, かう言, かなりたくさん, かなりな, きわめて秘められ, くりかえされて, くりかえされるの, こういう言葉, ここで, ことごとく是, この夜, この結婚式, これには, これは, さらに大きく, しかしながら既に, すべての, そう簡単, そこから, そこらで, そのあらわれ, その堂内, その恨み, その時代, その間に, ついに大詰, ついに来た, ついに終りました, つまり己, とうから預, どういうこと, どうする, どうせこの, どんなに多い, ない, はじまりました, ほんとうに, ますます大きい, まだ終った, むしろ歓迎, むろん戦争, もう存在, もとより単にソヴェート, もとより涙, もはや悲劇, ようやく世上, ガロウニンから, ドラマに, モラルの, ヨーロッパ現代文学の, 一つも, 一段落が, 上述の, 不可避な, 不幸にも, 両面神話の, 中国と, 予告よりも, 人生に, 人間の, 今に, 今も, 今更申す, 何らかの運動, 何度と, 個人を, 偉大である, 凡ゆる, 分らないわ, 単に陰惨, 反復です, 古典悲劇としての, 只の, 命がけである, 喜劇に, 喜劇より, 嘘としか, 地獄の, 増すばかり, 大概粉本が, 婦人作家論の, 存する, 実にそこ, 寧ろそういう, 尾州藩に対しても, 展開され, 希望を, 弟子が, 当時の, 当時絶対の, 彼にとっては, 彼女の, 恐らく玄人仲間, 悲劇として, 悲劇なりに, 悲劇を, 慶長五年に, 成立しない, 或る, 戦争を, 方々に, 既に行われ, 最も単純, 最初の, 有り得ずすべて, 本来アカデミカルな, 来た, 来る, 次の, 歴史の, 決して一朝一夕, 決して偶然, 決して旅, 潜んで, 狭い馬籠, 玉の, 現実を, 當時劇界に, 痛ましくも, 発生させず, 発生しない, 相当に, 社会関係に対して, 神の, 私が, 突然と, 終りつ, 終末を, 経験の, 総じて荘重, 美しくやさしいオセロ, 自我を, 蔵の, 蔽い隠そうとも, 製作者に, 言葉の, 許されない, 誰一人予期した, 貴族宮臣を, 貴族的喜劇は, 起こらないから, 起こらなかったが, 起こらなくては, 起った, 起って, 起らなかったかも, 起らなかったであろうに, 遂に彼女, 防ぐこと, 限りない, 隱され, 馬琴の, 高められて

▼ 悲劇~ (172, 9.0%)

5 あつた, あるの 4 ある, 起る 3 起るの

2 [12件] ありありと, あります, あるから, かもされて, そこに, はじまる, もちあがろうと, 持上った, 生み出されたらしくも, 生れる, 起こって, 起らないとも

1 [127件] あった, あったかという, あった結果, あなたから, ありほんとう, ありました, あるが, あるでは, あるもの, あるよう, あるん, あれほど, おこった, かくされて, かもされも, こもって, これから高速度, すこしも外側, すでに迫っ, そこから, その理論, それでありました, それである, つづく, つてゐるらし, どうして生ずる, どこかで, なくなるとは, ふざけと, ほんとうに, またいつ, また家庭, みられる, めんだう, もたらされたと, もたらされた事, もっとも深い, やって来た, エクランを, ヴァルダンに, 一つの, 一八〇二年に, 一歩遠, 中に, 二六時中起っ, 人の, 人情を, 人間と, 人間としての, 仕組まれて, 何と一九一八年, 何処かで, 作用い, 偉大な, 凝って, 十分後に, 単なる悲劇, 却って如何, 又一轉, 含まれて, 喜劇へ, 大團圓, 好きで, 始まったの, 嫌だ, 嫌ひ, 彼が, 待って, 忽ち見物席, 悲劇として, 悲劇においてさえ, 意外にも, 戦いの, 持ち上がったの, 捲き起されたの, 描かれて, 描かれるという, 来た, 来たの, 森林伐採の, 殉死の, 殊に多く川, 浮かんで, 湧き起こった, 演じられないとも, 演ぜられたの, 犯罪性を, 現に私たち, 現はれだした, 現代の, 生きられて, 生じて, 生じる, 生ずる, 生まれるから, 生み出されずには, 発生し, 目前に, 突発し, 終つて彼是する, 終結した, 結末を, 自分にも, 芸術化された, 芸術的手法で, 行なわれて, 裏づけに, 見舞ったの, 訪れたらしい, 諸君の, 起きたの, 起きどの, 起こったの, 起こってるでしょう, 起こらないとも, 起こらぬとも, 起こるまで, 起ったばかり, 起ったり, 起つて, 起らないでは, 起るならそこ, 起ろうと, 運命悲劇に, 錯綜紛糾し, 錯雑を, 隠れて

▼ 悲劇~ (105, 5.5%)

3 於て 2 仕立てる必要, 眼を, 際会し

1 [96件] あひ, あらず, ある, あること, あるので, いくつ出逢う, かわるの, さう, して, しても, しないで, すぎないが, たえて, たえながら, ちがいない, とどまらず善意, とりくんで, とんじゃ, なったので, なって, ならないで, なるか, なるかは, なること, なる痛切, なろうと, ほかならない, みちて, よく似, クリヴォフ事件を, 不謹慎な, 余は, 備えなければ, 備えよですか, 出会すけれど, 到達した, 向て, 因り御, 堪えら, 堪えられた姿, 対立し, 導いた夫婦, 導いて, 導くやう, 就いては, 就て, 就ては, 巻き込まれた国民, 御当人誰, 心打たれた, 思い触れて, 悩みかつまた, 感激した, 我から, 救いの, 於けるこの, 於ける所謂, 次幕, 比すべき恋愛喜劇, 気がつかない傾向, 泣いて, 滑稽な, 直面し, 直面した, 相当する, 相違ない, 秋波を, 突入しました, 立ち合った最初, 終ったと, 終らなかつたか, 終らぬやう, 終り古賀氏, 終る, 終ること, 終るべきを, 終るもの, 終るよう, 終ろうとは, 結び付いて, 自由に, 英国劇殊に, 落ちて, 趨らせ, 近いでき事, 運び去る, 違いない, 違いなかった, 違ひなかつた, 遭遇した, 関心を, 陥らなかったもの, 陥るの, 陥ろうと, 陶酔し, 飛んで

▼ 悲劇~ (55, 2.9%)

3 喜劇との, 喜劇の 2 すれば

1 [47件] いうと, いうべき, いうべきか, いうより, いわなければ, いわれたの, いわれるべき新しい, この後進性, さしたる変り, その後日物語, なったの, なり又は, なるであろう, なる事, ディオニュソス崇拝とを, ユゴオの, 並び存, 云って, 人民の, 他人の, 仮面, 個性派の, 同一では, 呼ぶもの, 喜劇が, 喜劇と, 喜劇とが, 喜劇とには, 家庭の, 対比し, 屈辱の, 彼自身の, 忽ちに來, 恋愛の, 浪漫主義的ドラマの, 無方向, 生死の, 相似た, 眼に, 称せられる悲劇, 笑劇の, 第十七, 腐敗の, 見る者, 見較べたとき, 言はれるであらう, 譯した

▼ 悲劇~ (37, 1.9%)

5 喜劇も 3 あつた 2 また少く

1 [27件] あり得る, ある, あると, かぞえあげたら一冊, この時代, さとらず身の毛, さる事, それを, ひきおこされて, またそこ, ゲエテに, シェークスピアにおいては, ソヴェトでは, 上演されたであろう, 兩親が, 古代悲劇と, 各の, 多く現われた, 彼の, 思えば, 無為無能の, 生じたの, 発生の, 自信も, 起きず世界, 頻出した, 齎らさない

▼ 悲劇である~ (27, 1.4%)

3 ことを, ように 2 ことは, ということ, と私

1 [15件] かもしれない, か喜劇, が, がこうした, が世間, が機械製, が私たち, ことなどを, といわれる, とこの, と言, にかかわらず, 場面が, 正にこれ一つ, 殺人や

▼ 悲劇~ (16, 0.8%)

5 あつた 2 あらねば 1 あつたの, あらう, これから当地, 他は, 令弟を, 彩らしめた, 日本書紀も, 満たされたお前, 終わるとは

▼ 悲劇喜劇~ (16, 0.8%)

1 [16件] が展開, である, と並ん, と同様, に野天, のなか, の出生論, の多い, の差別, はこの, はまた, は一部私, は人生, は今, は近代演劇, を演じ

▼ 悲劇~ (15, 0.8%)

1 [15件] が, けれども神, しオイデプス, つたで, つたとお, つたのね, つた初めに, という考え, という解釈, とは思っ, とは考へ, と思う, と自分, など, よ

▼ 悲劇として~ (15, 0.8%)

1 [15件] それから卒業, とらえられないこと, 事實に, 味わう余裕, 喜劇としての, 書いたの, 書かず喜劇, 永年の, 深い同情, 独特の, 現代社会の, 生きて, 終ったあと, 終つてゐる, 美化する

▼ 悲劇~ (14, 0.7%)

2 の一ツ

1 [12件] さえ持っ, にどうやらうんざり, に反撥, に堪え, のす, の少ない, もまた, をまざまざ, を吹き飛ばし, を帯びる, を悟った, を素朴

▼ 悲劇でも~ (13, 0.7%)

2 何でも, 喜劇でも 1 あった, あるこの, あるの, あろう, お望み, ない, ないさ, なく喜劇, よいから

▼ 悲劇という~ (13, 0.7%)

3 ものは 2 ものが, ものの 1 ことは, のは, ものに, ものも, 事が, 話を

▼ 悲劇~ (12, 0.6%)

1 [12件] うるさい雑用, そんないや, 喜劇が, 喜劇で, 喜劇であっ, 喜劇は, 喜劇も, 喜劇よりも, 喜劇を, 家庭破滅の, 恐怖の, 犯罪事件と

▼ 悲劇役者~ (11, 0.6%)

1 [11件] がゐた, が国立劇場, としてタルマ以後, にはむかない, のしぐさ, のよう, のプローメイシウス, の台詞, の天分, も稀, を髣髴

▼ 悲劇では~ (10, 0.5%)

3 ない 1 あるまいかと, ないと, なくて, なく不信, なく奇怪, 犯人が, 知らぬ間

▼ 悲劇とは~ (9, 0.5%)

1 こんなもの, なくならない, みずから羞ずる所業を, みづから羞づる所業, 全然ちがう, 即ち是, 大方の, 違う, 違うこと

▼ 悲劇~ (9, 0.5%)

2 のです 1 のか, のだ, のだろう, のである, んだ, んでしょう, んです

▼ 悲劇~ (9, 0.5%)

2 の人物, の悲劇 1 でそういう, の一人物, の悲劇的, の苦悶, の見所

▼ 悲劇的精神~ (9, 0.5%)

2 がない 1 から出た, が属し, ではなかっ, は此隠岐本, を作つた, を歴史, を説く

▼ 悲劇をも~ (8, 0.4%)

1 かえってひき起す, たらせたの, たらせて, はっきりと, やはり人間精神, 克服した, 冷酷の, 語って

▼ 悲劇にも~ (7, 0.4%)

2 ならずに 1 あれ喜劇, せよ人類, まして劇的, 存在の, 泣かされた

▼ 悲劇には~ (6, 0.3%)

1 そのよう, だいぶさしさわり, 不向きだ, 必ず人人, 無用な, 破壊こそ

▼ 悲劇~ (6, 0.3%)

3 四回参照 2 十回参照 1 十二回参照

▼ 悲劇から~ (5, 0.3%)

1 とられた, どうしても逃れる, 始って, 救いこの, 胴ぶる

▼ 悲劇であり~ (5, 0.3%)

2 それゆゑ滑稽笑止である 1 その原因, 境遇が, 悲しいながらも

▼ 悲劇への~ (5, 0.3%)

1 参加, 否定から, 序曲として, 抗議として, 警告と

▼ 悲劇みたい~ (5, 0.3%)

2 なこと 1 でうそみたい, なの, な姿態

▼ 悲劇~ (4, 0.2%)

1 あんまりうまい, カリケチュアが, 喜劇か, 泣笑の

▼ 悲劇です~ (4, 0.2%)

2 つて 1 から, がその

▼ 悲劇に対する~ (4, 0.2%)

1 それと, 戦闘準備の, 趣味の, 風情を

▼ 悲劇作家~ (4, 0.2%)

1 の作物, の面影, は喜劇作者, は紳士

▼ 悲劇名詞~ (4, 0.2%)

1 で市電, の区別, の当, をさしはさん

▼ 悲劇女優~ (4, 0.2%)

1 である, であるその, の住居, の家

▼ 悲劇的性格~ (4, 0.2%)

1 がある, とか悲劇的結末, の人, を発見

▼ 悲劇じゃ~ (3, 0.2%)

1 ないですか, ない喜劇, なくて

▼ 悲劇だった~ (3, 0.2%)

1 って書い, という気, のである

▼ 悲劇であった~ (3, 0.2%)

1 がその, ことが, と思う

▼ 悲劇とでも~ (3, 0.2%)

1 いふので, 言ふ, 言ふかな

▼ 悲劇との~ (3, 0.2%)

1 区別に, 境界は, 論理的連関

▼ 悲劇とを~ (3, 0.2%)

1 再びくりかえすまい, 同時に感じ, 感じた

▼ 悲劇に対して~ (3, 0.2%)

1 より受け身, 無邪気で, 無邪気であった

▼ 悲劇俳優~ (3, 0.2%)

1 が達し得ない, として大, と呼ん

▼ 悲劇~ (3, 0.2%)

1 が彼, は何千年, を帯び

▼ 悲劇的結末~ (3, 0.2%)

1 とかいうよう, に平気, をはっきり

▼ 悲劇詩人~ (3, 0.2%)

1 としてこれら, の形, は生れなかった

▼ 悲劇からの~ (2, 0.1%)

1 脱出いわば, 誕生

▼ 悲劇それら~ (2, 0.1%)

1 が, に関してロープ

▼ 悲劇それ自身~ (2, 0.1%)

1 がある, ではなし

▼ 悲劇だけ~ (2, 0.1%)

1 でなく恐怖, でなく軍人

▼ 悲劇だろう~ (2, 0.1%)

2

▼ 悲劇といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 戯曲の

▼ 悲劇とが~ (2, 0.1%)

1 あったと, 發展し

▼ 悲劇としての~ (2, 0.1%)

1 圧力を, 美に

▼ 悲劇とともに~ (2, 0.1%)

1 価値が, 当時の

▼ 悲劇とも~ (2, 0.1%)

1 ふくまれて, 付かない情ない

▼ 悲劇などという~ (2, 0.1%)

1 ものが, 呼びかた

▼ 悲劇などは~ (2, 0.1%)

1 あり得ないと, 有る筈

▼ 悲劇なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, 死際の

▼ 悲劇について~ (2, 0.1%)

1 何事も, 語つてゐる

▼ 悲劇についての~ (2, 0.1%)

2 喜劇

▼ 悲劇にまで~ (2, 0.1%)

1 ふれようと, 盛り上げられたこと

▼ 悲劇によって~ (2, 0.1%)

1 まったく落胆, 妻は

▼ 悲劇~ (2, 0.1%)

1 なんだ, 移ること

▼ 悲劇または~ (2, 0.1%)

1 喜劇, 破局という

▼ 悲劇よりも~ (2, 0.1%)

1 何よりも, 更に深刻

▼ 悲劇らしく~ (2, 0.1%)

1 奧床しい, 買ひかぶつた

▼ 悲劇をのみ~ (2, 0.1%)

2 強く感ずる

▼ 悲劇マクベス~ (2, 0.1%)

1 の妖婆, を知っ

▼ 悲劇~ (2, 0.1%)

2 であった

▼ 悲劇以外~ (2, 0.1%)

1 にまた, のもの

▼ 悲劇作者~ (2, 0.1%)

1 でもあった, として当然

▼ 悲劇~ (2, 0.1%)

1 は眞, は真

▼ 悲劇~ (2, 0.1%)

2 が映写

▼ 悲劇的人物~ (2, 0.1%)

1 です, としてあらはれ

▼ 悲劇的典型~ (2, 0.1%)

1 と一, に見える

▼ 悲劇的境遇~ (2, 0.1%)

1 がこの, とか悲劇的性格

▼ 悲劇的終焉~ (2, 0.1%)

1 を迎えた, を遂げざる

▼ 悲劇~ (2, 0.1%)

1 の中, を持つ

▼1* [141件]

悲劇いっさい味わう必要, 悲劇いとものどけきクラヴサン, 悲劇がり牧師教師散, 悲劇くらい彼に, 悲劇けれんの達者, 悲劇こそ晩年の, 悲劇これより大, 悲劇さえ無い, 悲劇さえもが外観は, 悲劇じみたわからずやじゃありません, 悲劇そのものでもあろう, 悲劇それが私, 悲劇たらしむるところのものは過去と, 悲劇たらしめてはなりません, 悲劇だけに泣いて, 悲劇だつたんだ, 悲劇だつたらうか喜劇, 悲劇だの太閤の, 悲劇であるだろうか, 悲劇であれ喜劇であれ, 悲劇でさえもその悲しみ, 悲劇でとぢる, 悲劇でなくて近ごろ流行, 悲劇でなくって喜劇, 悲劇とか不幸とか, 悲劇と共にこの詩集, 悲劇なぞはこの大きな波, 悲劇などしきりに読ん, 悲劇などで名を, 悲劇などにばかり没頭し, 悲劇なども先生が, 悲劇などをみて, 悲劇ならそれを, 悲劇ならびに一般芸術に対して, 悲劇なりに喜劇は, 悲劇なんぞやめっちまえ, 悲劇なんて書いたろう, 悲劇においてなお高貴, 悲劇においてさえ猶芸術, 悲劇にたいしては彼女たちは, 悲劇にて名高きヴェロナ市, 悲劇にでもありそう, 悲劇にとってはたかが一場, 悲劇により近い気持, 悲劇に迄発展する, 悲劇に関しては怖るべき, 悲劇に関しましては初めは, 悲劇のみ芸術である, 悲劇はね私は, 悲劇ばかりを生涯の, 悲劇へと移って, 悲劇また喜劇の, 悲劇まで嘲笑の, 悲劇までも見尽した私, 悲劇までを余さず記して, 悲劇めいたことを, 悲劇より喜劇へ, 悲劇らしいものを, 悲劇をさえおこします, 悲劇をめぐっているの, 悲劇主義的俗物達は悲劇, 悲劇の続出, 悲劇二つ浪漫劇一つオペラ一つ喜劇数種そのなか, 悲劇人形どもが在来, 悲劇なら新派, 悲劇以上の把握, 悲劇以前でヨタモノ, 悲劇以来藤枝は割合, 悲劇作家一人一人の運命, 悲劇作者アンリ・ベルンスタインはバタイユ, 悲劇作者ラシイヌが控, 悲劇作者ラシーヌの作品, 悲劇傍観者の無気力, 悲劇出生論を講釈, 悲劇して, 悲劇即ち生死合一境, 悲劇口調でいきなりこう, 悲劇なり喜劇可, 悲劇台本ネクタイ詩漬もの草花, 悲劇君臣の臣, 悲劇喜劇さまざまだそう, 悲劇喜劇道化に各次, 悲劇女主人公継娘であった, 悲劇女優バルテといふ風, 悲劇女優ラシェルが同じ, 悲劇専門の俳優, 悲劇幾度か幕, 悲劇形式及び舞台的手段, 悲劇必らずしも悲, 悲劇ひは, 悲劇或いはむしろ喜劇, 悲劇上るに, 悲劇数篇を綴つて, 悲劇文化的貧困これより大, 悲劇日本の蒙昧, 悲劇武勇風雅いろ, 悲劇泰西活劇旧劇そういう写真, 悲劇流行の有様, 悲劇物語めいた文体, 悲劇特に今日の, 悲劇のひとたち, 悲劇発生のもと, 悲劇発祥の地, 悲劇的主人公有村恒太郎を如何, 悲劇的人格と云うべき, 悲劇的人間関係じゃない, 悲劇的別離をのぞい, 悲劇的取材だが, 悲劇的場面から初, 悲劇的壊滅をした, 悲劇的外貌を備, 悲劇的失敗をとげ, 悲劇的径路があった, 悲劇的快感を表さう, 悲劇的機関車とすれ, 悲劇的殺傷問題である, 悲劇的準備と呼ぶ, 悲劇的狂熱の瞬間, 悲劇的現象を喜劇的, 悲劇的生活は私たち, 悲劇的矛盾のまま, 悲劇的終結をとげた, 悲劇的緊張をもっ, 悲劇的美化や同情, 悲劇的英雄である, 悲劇的要素で持つ, 悲劇的記録である, 悲劇的運命の中, 悲劇的開展を求めよう, 悲劇的関係が彼女, 悲劇的顛末を物語らう, 悲劇に置き, 悲劇耀と, 悲劇と喜劇科, 悲劇精神を持ちこた, 悲劇罪惡あらゆる人生, 悲劇自殺を生ん, 悲劇はここ, 悲劇諷刺劇の脚本, 悲劇から急, 悲劇な結末