青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「心持ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

心から~ 心中~ ~心地 心地~ 心境~ ~心得 心得~ ~心持 心持~ ~心持ち
心持ち~
~心理 心理~ ~心臓 心臓~ ~心配 心配~ 必~ ~必ず 必ず~ ~必ずしも

「心持ち~」 2160, 22ppm, 5150位

▼ 心持ち~ (429, 19.9%)

46 した, する 14 して 7 するの 5 いい, わるい, 暫らくは 4 しない, わかるよう 3 ある, します, わかって, 分って, 大胆に, 悪い

2 [24件] しながら, しました, しみじみと, すると, するもの, またと, よくない, よくわかりました, よくわかる, わるかった, ノンビリ, 出て, 分ると, 大膽, 彼を, 急に, 湧いて, 現われて, 続いた, 自分が, 色彩に, 見える, 貴方に, 軽くなった

1 [227件] あからさま過ぎる, あたりに, あった, あなたに, あるか, あるから, あるであろうと, あるならば, いいが, いいの, いいもの, いくぶんか, いつまでも, いやな, いらいらし, おどんで, お悪い, かいて, からだの, きわめて明るく, ここに, この人, この信徒達, これらの, こんなふう, さもしくも, された, しずまって, したが, しただけ, したので, した今や, しだした, しないでは, しなかった, しばしば他人, しまいに抑えきれず, しますよ, すっかり知れ, するそこ, するであろうと, するので, するらしい, する事, そういう鴫丸, そうさせる, そっくりそれ, そのままその, その男, たとへば一日づつ帳消し, だれからも, だんだんに, ちっともお, つく, つのるばかり, ではどうしても, どうあろう, どうかし, どうも自分, どんなに強く, ないで, なんだかぼんやりとりとめなく乱れ, はっきりと, ふくまれて, ふとわたくし, ほしいと, ほとんど同じ, ほんとうに, ほんとの, また木部, もう少しはっきり現われ, もう消え, もし当時, やはりいくら, やや変わっ, ゆったりと, よい, よいからと, よいそれから, よかった, よくありませんでした, よくなかった, よくなります, よく分る, よく現れ, よく理解, よく訣, よさそう, よぼよぼした見すぼらしい, よみがえって, わかったの, わからない, わからないと, わからない事, わからない男, わからなかった, わかるお母さん, わかるでせう, わたしの, わるかつ, わるかろう, われわれに, われわれ観客の, ハッキリわかる, マリイには, ムシャクシャいたします, 一時に, 了解出来ぬらしく, 五日も, 交って, 人々を, 今でも, 作の, 働いて, 充ちて, 全然変わった, 全身に, 再び盛ん, 写されて, 分かったので, 分かるの, 切迫し, 初めてわかった, 判らなさ, 動いたもの, 十分に, 却つて非常に, 反対に, 向うに, 含まれて, 吾, 圓太郎の, 堪えられぬ程, 変わったので, 変わって, 変わっては, 大切である, 天平後期の, 好い二人, 妙に, 始終に, 娘の, 実によくこの, 察しられますから, 小説その他の, 少しなり, 少しは, 少しも, 少なくも子供, 山により, 常に僕自身, 常態であっ, 幾月ぶりかで, 広くなる, 庄三郎にも, 引緊り, 彼の, 彼女を, 微塵も, 心の, 思い切って, 恋という, 悠揚に, 悪いからと, 悪いです, 悪かった, 悪るい, 情熱で, 惑乱し, 惡い, 感じられる, 感ぜられたから, 憂鬱に, 憲法発布以後に, 我心に, 整理され, 日本に, 昂奮し, 暗示の, 残らずいって, 段々と, 汝の, 流れて, 深く印象, 湧き上がって, 無くなるだろう, 現れなかつた, 生じその, 生じて, 田原さんには, 目立って, 直るか, 真面目で, 知らず識ら, 確然と, 私には, 私の, 移って, 立派だ, 第一, 繰り返しを, 聞いて, 胸いっぱいでした, 胸から, 胸に, 胸を, 自分の, 複雑で, 見えて, 言わせる拵え事, 言外に, 言葉の, 誤解される, 読めないわたし, 起こる, 起らぬ, 起りませんか, 起る筈, 追いおい, 違うよ, 違って, 量りかねて, 阪井に, 離れない, 電光の, 顔に, 鼻から

▼ 心持ち~ (343, 15.9%)

5 もって 3 思う, 知って

2 [22件] お持ち, どうする, よく知っ, 伝えて, 出した民謡, 十分に, 味わったの, 察して, 引き出されて, 思いやって, 想像し, 感ずる, 抱いて, 持って, 私は, 経験した, 聞いて, 自分で, 表現する, 見せて, 読んで, 起こさせた

1 [288件] ああも, あきらめとは, あの鼓, あばかれたの, いいあらわした, いい現, いうの, いかなる具体, いきなりそのもの, いじらしく思っ, いたわり痛い, いだいて, いまいましく思った, いまだに覚え, おさえられなく小説, お伝えに, お察し, お抑え, お治, お清めくださる, お話しする, お静か, かいた絵, きくごと, きびしく調べ, くみとる事, くみ取る程度, くわしく考えた, くんで, こうまでも, ここに, こめて, これほど, こんなに冷淡, さえ浄め, させる事, さとり合った, さびしいとも, さへ, さらに憂欝, しながら, しのびました, すがすがしくさせた, すべての, そうあからさま, そう観察, そのままいっ, そのまま現, そのまま行なわせ, そのまま表情, そのものに, それとなく私ども, たどって, たどるよう, ちょいちょい刺激, つまらないなりに, つよく感じ, とったもの, どうあらわしたら, どん底から, なんとなく直感, におわしてだけでも, にごらすの, はぐらかされた, はっきり理解, ひっくり返すよう, ひときわ謙遜, ふらつかせて, ほんとうに, まざまざ見る, まぜ合わせる事, まだ知りませんでした, まどわすよう, みずからつとめ, もう一度見きわめた, もちたくないと, もつ者, やしなわれ一方, よくわかる, よく現し, わかろうと, わざわざ正面, わるくした, スウッと, 一度も, 不安と, 与えて, 与えるもの, 中心として, 主に, 了解し, 云い表わすもの, 云わず語らずの, 今に, 今振り返っ, 今更くどく, 代表する, 以つてのみ, 伴わざる愛, 何でも, 何に, 保たねば, 倉地の, 充分察し, 入れ換, 共にし, 具体化し, 再現する, 制すること, 刺激した, 刻みのこして, 動かしては, 去るという, 受けついで, 味わうの, 味わった, 味わったこと, 呼び起こすもの, 和げた, 和らげるに, 哀れに, 善に, 変えさ, 変えようと, 失いたくありません, 好くし, 家内は, 寓し, 察し合っ, 察する, 察すること, 尊重し, 少しも, 少しゆるやか, 年上の, 幾分でも, 引き出した, 張って, 強く感じる, 当人の, 彼女は, 御理解, 忘れないよう, 思い起こしてさえ, 思い遣って, 思うと, 思っては, 思ひやつ, 思わせるもの, 思料する, 恐怖的に, 悟ったの, 悟つて微笑, 想像しよう, 感じあつ, 感じた, 感じ乍ら, 感じ合, 感じ淋しい, 感ぜずには, 憂欝に, 憤ろしくいい, 懐いて, 我れ, 打ち明けた上, 批評する, 抑えつけて, 抱くよう, 押しつけられた, 押し隱, 持たして, 持ちません, 持つこと, 持つた人々, 持つて, 振り返って, 捉えて, 排斥する, 探ること, 推し量るよう, 推量し, 描いて, 損じもし, 書いたら幾分, 書き送ったくらい, 書くという, 書こうと, 最初アレキサンドリアあたりへ, 有りの, 果てしも, 柔らげさせた, 格別どの, 歌ったの, 止める事, 殿様の, 浮かべるもの, 深い山, 湛へて, 源氏が, 瀉ぎ入れた, 無理に, 無視する, 父としての, 現した, 現わ, 理由なし, 理解し, 理解する, 理解せず, 痛切に, 直して, 直接女王さんに, 看取する, 知ったならまして, 知った人, 知らすの, 知らずに, 知らなかった時分, 知らんから, 知ること, 知るもの, 知る人, 破るもの, 確かめた, 示さなかったらフランス側, 示した, 示すもの, 神の, 禁じえぬかも, 禁じえぬゆえ, 禁じ得ない, 簡単な, 経験する, 続けて, 美しい世界, 義雄は, 考えて, 考へて, 自己の, 芸術において, 若い女, 苦心し, 落ち付けたまえ, 薫は, 表した, 表して, 表す場合, 表現し, 表現した, 衷心から, 製作の, 見せつけながらも, 覗おうとする, 覚えるの, 解し得たと, 言うの, 言わない, 言葉に, 詠んだ歌, 詳細に, 誘発し, 誘致する, 語りそして, 語り合えるよう, 語り宇治, 説明も, 読みとろうと, 読み取ったですと, 読んだよう, 調節し, 謙遜な, 謡うもの, 起こさせないよう, 起こさせるの, 起こさせる一人, 起させた, 起させるもの, 起し真に, 述べた達意, 透かして, 適切に, 遺して, 鎮めたいと, 陽気に, 隠して, 顏に, 養成する, 鼻から

▼ 心持ち~ (273, 12.6%)

65 なって 22 なった 15 なる 5 なったの, なつた, なります, 沈んで 4 なつて, なりました 3 なること, なると, なるの

2 [11件] おなりに, なったが, なったので, なりながら, なれたつもり, なれない, なれる, 不自然な, 寝て, 胸が, 自分を

1 [112件] あたたまり初めた, あふれながら, いて, うとうとと, うとうと居眠っ, きびしく捕えられ, させて, させられようと, されて, しっくりしない, しばしば襲われる, すぎないと, すること, たいへん同感, できあがって, なったころ, なっただろう, なったと, なったり, なった源氏, なっちゃって, なってから, なつたらしく, ならしめる, ならなくては, なられるの, なりその, なりたがるゆえ, なりましたよ, なりまた, なり厠, なり衣服, なるだろうと, なるという, なると共に, なるに, なるほど, なるよう, なる時期, なれさうに, なれなかった, なれぬらしい, なれる詩, ひきかえ帰り, ひきかへ, やっと笑い, よりて, より以上, わずらわされて, 一種の, 乏しい, 今なお, 今度は, 他ならぬ, 伴われざる愛, 似て, 何とも言えぬ, 働かれて, 充されます, 到らない場合, 加担し, 匂宮は, 反抗した, 合槌を, 同情せられ, 同情の, 同情を, 同感する, 同感せられ, 君を, 変わって, 変わりは, 太古の, 子供の, 寝た, 寝たよ, 導いて, 少々立ち入, 少しひび, 帰りましたよ, 引き入れられる, 待ち受けて, 待って, 御同情, 微笑させる, 恰好なる, 感心を, 打たれて, 押しつけて, 染められて, 気を, 満ちて, 無限の, 理屈も, 相違が, 素早くも, 纏絡する, 聞こえるけれど, 背き下界, 胸の, 自分が, 至っては, 襲われた, 貫かれて, 足を, 身を, 近かった, 返った, 酔いました, 酔うからね, 酔えなかった, 院は

▼ 心持ち~ (229, 10.6%)

5 誰も 3 私は 2 あつた, その言葉, わたしは, 君を, 聞いた, 自分を, 葉子は

1 [207件] あたりを, あっちこっち見まわし, あの芝居, ある日, あんな挨拶, いかにもつまらない, いた, いたという, いたとき, いたの, いたのに, いたんだから, いた日, いったの, いっぱいである, いて, いました, いる, いるうち, いるところ, いる事, おとよ, お六, お民, お絹, かつて愛人, かなり嶮, こう答えた, ここへ, ここを, この人たち, この町, しばらく見送っ, じじいを, すぐに, すでに一銭五厘手の平, せう, せう振り返つて氣, そこに, そこらを, そしてから, そして三昧, そっくりそれ, その, その一つ一つ, その家, その話, それを, つとめるよう, つやに, とうとうその, とりとめも, ながめつづける, ならば, なんの, のう, ひとり残った, ひと目見たい, ふところに, めいめいの, もう一度あたり, もって, イエスの, キッティに, ギリシア人は, コク, シャンペンの, ハリスの, 一夜を, 一局を, 一種尊敬の, 丁度病人, 三味を, 下り列車, 事物を, 云ふと, 交わりそして, 人の, 人生の, 人生を, 今松, 佇んで, 何か, 余計な, 俳句を, 元来た, 先まわりを, 先頭に, 全編が, 六人の, 出かけて, 到達される, 古藤の, 同棲し, 向上する, 問ひ返しました, 坐って, 壁を, 夢中に, 天主台の, 女が, 学校から, 孫四郎の, 客は, 宮地を, 家の, 寝て, 寝られるだろうよ, 尚じっと, 居たい, 山吹村追分の, 市庁舎の, 帰って, 年を, 広い炉ば, 彼が, 彼の, 彼女の, 往来へ, 心から綾子さん, 思いめぐらした, 思い思いの, 怯えながら, 恐れて, 感情の, 戻つて來, 技巧そのものの, 抱きたい抱かなければ, 拾いかけた草履, 指で, 振る舞って, 支那を, 放胆に, 教会の, 教部省の, 散歩に, 日を, 暮して, 書き始めたこの, 曾遊を, 朝から, 本棚がわりに, 楽しく帰路, 次郎左衛門は, 歌つてゐる, 歌を, 歩いた, 歩いて, 歸つて來た, 気難しそう, 浜から, 清らかな, 源氏は, 犬にでも, 男と, 男に, 病人の, 癩病人の, 相手にな, 眺めた, 眺めて, 立ち去り難く, 笑ひ, 笑話の, 筑波の, 総郡内, 考えて, 考えると, 聞かねば, 聴いて, 胸の, 自分の, 自然と, 自由に, 興奮の, 舟に, 花袋が, 融川は, 行手に, 行燈の, 見て, 見送って, 解釋放言し, 言うの, 言葉を, 評価する, 話しあおうと, 読むほどの, 謡う時, 謡ったり, 起床した, 追憶する, 通ったもの, 遊んだの, 運命に, 遠くから, 鎌倉河岸の, 長い橋, 長い間息, 開封する, 雀躍し, 電話を, 電車を, 面白そう, 食事を, 飽きずに, 黒くすすけた

▼ 心持ち~ (193, 8.9%)

5 わかって 4 少しも 3 この時, どうあらう 2 おわかり, しない, しみじみと, ないん, なかった, よく分っ, 微妙な, 私も

1 [162件] あなたには, あの太郎, あの簡素, あらわされ得ない, ある, あるいは理解, いいけれども, いかがかな, いくらでもよく判る, いっそうに, いつまでも, いまや行きつく, おそらく他, おそらく諸君, おれにも, お知り, きのうの, きわめて愉快, こうだった, こっちから, この一語, この世界以上, この小次郎, この書, この頃, こまやかに, ござりませぬ, さう, さらに葉子, さらに頭部, しないそう, しないの, しなかった, しばしばたたかい, じつに殊勝, すぐ通じたらしく, ずいぶんいや, せぬけれど, せぬはず, それを, ただなんだか, ただひたすら, たまらないもの, たやすく物, だいぶちがった, ちょっとも, どうあろう, どうでしたでしょう, どうも仏教的, どう言っ, どこか, どこの, どんなだろう, どんなであったろう, どんなもの, なくすべて, なるほど, なんとも言えない, ひしひしと, ほんとなら, ほんのねんねえ, まう一つ, ましてどんなに悲しい, またおのずから, また変わっ, まだ抜け切らぬ, まだ私, まやの, みじんも, もうようおす, もう千里, もう少し複雑, やはりこの, ゆきつくところ, ようわかる, よくこの, よくわかります, よくわかる, りっぱな, わかっても, わからない, わたくしにも, わたしに, わたしには, わたしを, 一体何, 一種特別な, 三十年後の, 人いちばい勝れ, 今たいへん, 今満足し, 仕事の, 体に, 何と, 何という, 何とも説明, 何んと, 何んとも, 何事も, 何時か, 傍から, 先輩も, 共感される, 内気な, 出て, 分つて, 刺青を, 割合に, 千万言を, 単に密室, 同時に僕自身, 四十近い, 堪えられないもの, 変わって, 宮方に, 容易に, 寂しくて, 察しること, 尼君が, 平気で, 平静であり, 彼女の, 必然的に, 忘れられない, 思出さぬ, 文吾の, 期待する, 此処に, 濁って, 物語に, 猶更分りよう, 珍しい誠意, 現わ, 現われて, 生殺, 病室を, 皆わかっ, 私に, 私の, 第一義に, 第二, 緊張します, 考へること, 胡人の, 自分で, 自殺を, 自殺者のみの, 舟遊びを, 芸術家が, 苦痛を, 著しく変わっ, 親がわりであった, 譬え様が, 起こさなかった, 起ると, 迫つてゐる, 通じて, 通ずる筈, 重いの, 長い刑, 隙間の, 頑固に

▼ 心持ち~ (103, 4.8%)

3 なかに, なかには, 動くべきでは 2 い, いいよう, すること, よい日, 上に, 方が, 根拠について

1 [80件] いい休み場, いい匂い, いい喧嘩, いい場所, いい慈善的事業, いい晩, いい男, いい記憶, いい香, うちに, えらさ, かすみの, かたわら人が, ことである, さまざまな, したの, した事, して, するため, するもの, する喧嘩, する目, ために, なかにおいてのみ, なくなるの, ひとは, ほうが, ほかに, もので, ものに, やすら, よい待遇, よくわかる, わるいとき, ニュアンスの, ポロネエズの, 一部を, 上からも, 上で, 上では, 上の, 不徹底な, 中には, 中にも, 動きは, 善かった, 変化を, 変遷に, 好い静, 好い鬱陶しさ, 完成した, 実験に, 届いた人, 平安は, 延長では, 引き続きから, 弛緩した, 張りという, 形容に, 影を, 悪いこと, 悪いことひととおり, 悪いふた, 悪い恐ろしかった, 悪い時, 拘泥なく, 方には, 根拠, 根拠の, 湧だす, 相違を, 秘密な, 続きも, 至極のんびり, 解けあわない事, 起こった時, 起る毎, 青年であった, 静かさまでが, 鬼でも

▼ 心持ち~ (64, 3.0%)

2 した

1 [62件] あった, あったよう, あったらしい, あった事, あるかも, いくぶんある, いたします, いまだにご, これで, して, しないから, しなかった, すべてなつかしい, する, それにつれて, どうなる, どことなく感ぜられる, ない, ないよう, なかった, なくあの, なく心痛, よく私, よく聞かない, よく飲み込め, わかりひとり, わかる, わたしは, 一時生々し, 一緒に, 不思議である, 交じって, 何時と, 分つて, 加へて, 周囲の, 変る, 大体は, 娘の, 実ァ口, 少しく離れ, 少しは, 度胸を, 弱い女, 思って, 悲惨であった, 想像する, 持って, 斯うだらう, 昔と, 気の毒に, 理解できる, 直して, 知りや, 笑いたくなるではござりませぬか, 自分の, 言って, 言ひ出せなかつた, 話したの, 認められない, 違うの, 頓に

▼ 心持ち~ (33, 1.5%)

4 いえば

1 [29件] この世の, この時わく, どう関係, なったこと, なる, なるの, ぴったり相, ほとんど変わりない, よくあい, 云うたらまだ, 云うの, 云うもの, 今の, 今度逢った, 似すぎる程, 古藤の, 同じ所, 夫人の, 失望から, 恋の, 日本人としての, 根本的に, 殿堂の, 知恵とは, 言い直視, 言ったの, 適うこと, 酷似し, 非常に

▼ 心持ちから~ (30, 1.4%)

2 いうと, 彼は, 自然に

1 [24件] いろいろと, そう若, そんな風, だを, では, でも, また連れ出されね, 云えば, 其の, 動いて, 受け入れられたの, 夫妻は, 平生通った, 恢復する, 救われて, 暗示を, 来たもの, 私は, 考えると, 脱すること, 行なった所業, 被害者アイネ・リィドの, 言えば, 飛び離れた挽歌

▼ 心持ちには~ (24, 1.1%)

1 [24件] いいたいこと, いると, お礼を, かなり同情, ならないもの, なられそう, なること, なれそう, なれる稼業, ひとりでに眼, まだすき, もうなれなかった, もう少し違った, やはり三十年前, 何等の, 共鳴し, 少しも, 愛の, 我々に, 敬服いたされます, 相違ない, 触れぬこと, 長い旅, 頓着なく

▼ 心持ちよく~ (16, 0.7%)

1 [16件] いわゆる一家, したの, のみ込める, スキーは, 出来る, 封を, 思って, 思われた, 投げかけて, 泳いで, 目を, 眠って, 眠られた, 笑った, 迎えて, 馳った

▼ 心持ち~ (16, 0.7%)

4 を赤く 2 をあからめた, を赤らめ, を赤らめた 1 の筋肉, を伏せた, を反, を明るく, を赤め, を長く

▼ 心持ち~ (14, 0.6%)

1 [14件] からただ, が三十分, それから, とか承りました, とふと, とも思っ, とも高慢, と思います, と思った, どうも好い, ね親分, よたいへん, 吉さんおいでよ, 御蔭で

▼ 心持ちにも~ (12, 0.6%)

3 なった 2 葉子は 1 なるが, なるの, なれず行為, 同じよう, 同情すべき, 同情せね, 当然の

▼ 心持ち~ (12, 0.6%)

2 寂しさ 1 あるいは陶然, そう言った, その事, 体の, 心づかいを, 才能が, 池の, 生活は, 考えを, 英雄の

▼ 心持ちでは~ (10, 0.5%)

2 なかった 1 ありません私, いられないの, お婆さんの, なかったらしい, なかろうか, やはりだいたいその, 男の, 荻生さんの

▼ 心持ちとは~ (10, 0.5%)

1 ちぐはぐに, また違っ, まるきり懸け離れ, まるで似, まるで異, 人一倍強かっ, 正反対の, 比べものに, 違つて細い, 酷似し

▼ 心持ちそう~ (6, 0.3%)

1 にくく, にぱちぱち, に互に, に当たっ, に気どっ, に黙り込み

▼ 心持ち~ (6, 0.3%)

5 さそうに 1 げに一刻

▼ 心持ち~ (6, 0.3%)

3 にかしげ 2 へかしげる 1 に傾いた

▼ 心持ち~ (6, 0.3%)

1 をあげ, をかたむけ, をもどし, を傾け, を傾げ, を傾げた

▼ 心持ちだけを~ (5, 0.2%)

2 この鼓 1 さらさらと, 執拗に, 鳴いて

▼ 心持ちである~ (5, 0.2%)

2 がしかし 1 ことを, のか, 家の

▼ 心持ち~ (5, 0.2%)

1 のです, のでせう, ので女, んだらう, んだろう

▼ 心持ち~ (5, 0.2%)

1 をひそめ, をひそめた, を寄せ, を顰, を顰め

▼ 心持ち~ (5, 0.2%)

2 を伏せ 1 が下がっ, を丸く, を細く

▼ 心持ちだけ~ (4, 0.2%)

1 お辞儀を, であるから, では, 救われたよう

▼ 心持ちだけは~ (4, 0.2%)

1 今でも, 以上の, 恋して, 高く持つ

▼ 心持ちにな~ (4, 0.2%)

1 つてかう, つてゐた, つて來た, つて香ばしい

▼ 心持ち~ (4, 0.2%)

1 か, にふんばっ, に傾け, に傾げ

▼ 心持ち眉根~ (4, 0.2%)

3 を寄せ 1 を寄せてる

▼ 心持ち~ (4, 0.2%)

2 をすぼめ 1 をすぼめた, を聳やかせます

▼ 心持ち赤く~ (4, 0.2%)

2 しながら 1 なって, なられまして

▼ 心持ちだろう~ (3, 0.1%)

1 から, とは思う, と想像

▼ 心持ちとか~ (3, 0.1%)

1 その他まず, 口伝とか, 口伝とかいう

▼ 心持ちとを~ (3, 0.1%)

1 心の, 比較する, 穿きちがえたよう

▼ 心持ちより~ (3, 0.1%)

1 ほかを, 生ずるもの, 遠い言行

▼ 心持ちよりも~ (3, 0.1%)

1 むしろこの, 強かった, 重んずること

▼ 心持ちをも~ (3, 0.1%)

1 反映し, 引き出されて, 思い合わせ私

▼ 心持ち微笑~ (3, 0.1%)

1 を含ん, を含んだ, を浮べてる

▼ 心持ち身体~ (3, 0.1%)

1 をねじ向ける, をゆすっ, を押し進め

▼ 心持ち高い~ (3, 0.1%)

1 ように, わ, 声で

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

1 ただだまっ, 馳走は

▼ 心持ちからか~ (2, 0.1%)

1 丁寧に, 特に空気

▼ 心持ちさえ~ (2, 0.1%)

1 その場合, 出れば

▼ 心持ちだけでも~ (2, 0.1%)

1 貴兄の, 買って

▼ 心持ちだけに~ (2, 0.1%)

1 なるから, 止めて

▼ 心持ちだった~ (2, 0.1%)

1 のだ, よ従弟

▼ 心持ちであった~ (2, 0.1%)

1 かもしれない, としてもいきなり

▼ 心持ちという~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 心持ちとで~ (2, 0.1%)

1 今まで, 思わず喚き出した

▼ 心持ちとも~ (2, 0.1%)

1 一つは, 云えた

▼ 心持ちなどを~ (2, 0.1%)

1 男は, 経験し

▼ 心持ちによって~ (2, 0.1%)

1 深められるとき, 義し

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

1 入って, 喰入る

▼ 心持ちよう~ (2, 0.1%)

1 のもの, 解りまする

▼ 心持ちをさえ~ (2, 0.1%)

1 刺戟する, 誘われた

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

1 肩を, 頬を

▼ 心持ち冷える~ (2, 0.1%)

1 かと思はれる, かと思われる

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

1 をあけ, をかむ

▼ 心持ち土地~ (2, 0.1%)

1 が石狩川, は上流石狩川

▼ 心持ち大きく~ (2, 0.1%)

1 書いて, 眼を

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

2 さそうに

▼ 心持ち好く~ (2, 0.1%)

1 この一齣, 日の

▼ 心持ち曲っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 心持ち禿げ上った~ (2, 0.1%)

1 額と, 顔を

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

1 を下げた, を傾けた

▼ 心持ち~ (2, 0.1%)

1 が蒼く, を赧

▼1* [193件]

心持ちあるいは光景が, 心持ちいちいち自分を, 心持ちうつむいた姿は, 心持ちうるほうて, 心持ち顔を, 心持ちかは知らないが, 心持ちからでも御同情, 心持ちくだりになっ, 心持ちくつろげて襦袢, 心持ちこっちへ顔, 心持ちこの望東には, 心持ちしか起こらない, 心持ちしゃくれながら長め, 心持ちしゅうとしゅうとめに対して面目, 心持ちすぼめて明日, 心持ちそっくりで佗びしさよりも, 心持ちその気で, 心持ちそびやかすように, 心持ちそれを林之助, 心持ちたるんだ頬の, 心持ちだけで何年もの間を, 心持ちだったろうと思う, 心持ちちょっと占って, 心持ちってものは, 心持ちつり上り頬, 心持ちであろうという心, 心持ちでございますの, 心持ちでござんしたが米屋, 心持ちでしたが視線そのもの, 心持ちでしょうがそれにしても, 心持ちですわ, 心持ちでに組の, 心持ちでのみ恋する立場, 心持ちでをつたか, 心持ちといったような, 心持ちとして受け取られたと, 心持ちとの相違の, 心持ちどうして師匠助六が, 心持ちなくして, 心持ちなぞから表玄関, 心持ちなぞはない, 心持ちなどにはなれません, 心持ちなどの真髄を, 心持ちなどはたいした誤解, 心持ちなどもお話し致す, 心持ちなまなましい気を, 心持ちなり行ひ, 心持ちなんてものが, 心持ちについて論ずるの, 心持ちにでもなって, 心持ちにまで達して, 心持ちに対して頭を, 心持ちはとあるとき, 心持ちばかりでその, 心持ちふるえ上気した, 心持ちふんばり加減に, 心持ちほてらして相手, 心持ちほどお気の毒, 心持ちまあどんなだ, 心持ちまげて自然, 心持ちまた感じまたは, 心持ちまでも研究し, 心持ちもってきた, 心持ちもっとも千万至極で, 心持ちよい線で, 心持ちよせて駒井さん, 心持ちよろしいので, 心持ちわざとらしい笑顔の, 心持ちなって, 心持ちカスレた真情, 心持ち一つで同じ, 心持ちへ上げ, 心持ち上っていた, 心持ち上体を前, 心持ち上半身を傾けた, 心持ち上向きかげんになった, 心持ち上気した顔, 心持ちぶくれの, 心持ち下がり過ぎてゐる, 心持ち下り眼尻が心持ち, 心持ち下脹れの顔, 心持ち叶いな, 心持ち九つや十, 心持ち乱れた裾も, 心持ちを乗り出した, 心持ち俛首れながら, 心持ち八文字に着こなし, 心持ち内側へ曲がっ, 心持ち内斜視の老眼, 心持ち円い眉を, 心持ち冷えてきた, 心持ち凹んだ眼の, 心持ち動くだけだった, 心持ち動物が共食い, 心持ち厚い受口から, 心持ち反り身になった, 心持ち口籠もって, 心持ちと左, 心持ち吹き流されている, 心持ち喜びにゆがんだ, 心持ち圧し捉まえて, 心持ち大きいかと思われる, 心持ち太い小さな鼻, 心持ちの方, 心持ち寄りあったまま微笑みました, 心持ち小さい様に, 心持ち小さくしぼんで, 心持ち小刻みに急ぎ始めた, 心持ち左眉を挙げ, 心持ち巻舌になる, 心持ち歪めた唇, 心持ち引いていた, 心持ち彼女の顔, 心持ち急き込んだ調子で, 心持ち恐らくは江戸ッ児以外に, 心持ちをつめ, 心持ち戦えるのを, 心持ち押えただけでも弱い, 心持ち持ち上げていた, 心持ち持病の気管, 心持ち振り返るやうに, 心持ち斜面をなしてる, 心持ち早い脈搏が, 心持ち昂奮して, 心持ち昂奮気味で慌しく, 心持ちいだ表情, 心持ちに倒, 心持ち歪んでいた, 心持ち歪んだ丸髷を, 心持ち気持ちのコンティニュイティ, 心持ち派手な服装, 心持ち爪先が外, 心持ち狭い二階の, 心持ち狭くて淋し, 心持ち理論などと云う, 心持ち痒いよう, 心持ち痩せてはいた, 心持ち痩せた悧巧そうな, 心持ち白く光って, 心持ち白味がかっ, 心持ちを細め, 心持ち眼尻が上がっ, 心持ち短く見えたところ, 心持ち窪んで見える, 心持ち笑い顔を冴え返らした, 心持ち筒型にし, 心持ちの色, 心持ち羞恥んだ表情, 心持ち老人の都合, 心持ち聳やかした右の, 心持ち背後に反りかえ, 心持ちを折っ, 心持ち色調を変え, 心持ち若返っていらっしゃる, 心持ち落ちたように, 心持ち蒼い顔に, 心持ち蒼かった, 心持ち蒼ざめた顔をし, 心持ち蒼ざめてきょろきょろあたり, 心持ち蒼白になっ, 心持ち薄目を開きかけた, 心持ち言葉を柔げた, 心持ち詰まっている, 心持ち語勢を強め, 心持ちで鍛, 心持ちを引き寄せる, 心持ちを引き寄せる, 心持ち赤らんだ顔を, 心持ち赤茶けながらくっきり, 心持ち赧らめながらそんな, 心持ち跛足でなければ, 心持ちをこごめ, 心持ち部屋の空気, 心持ち長い女の, 心持ち長くすると, 心持ち開いてど, 心持ち阿弥陀に冠, 心持ち青々と苦味, 心持ち青ざめた顔で, 心持ち青味を利かした, 心持ち青白い顔に, 心持ち青白くなって, 心持ち面長になっ, 心持ちをこわばらした, 心持ちを襟巻, 心持ちをしゃくっ, 心持ち顔色を青く, 心持ちへてをります, 心持ち高かった, 心持ちを傾け, 心持ちな色, 心持ち黄色い白毛が, 心持ち黒目の小さな