青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「心地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~ ~心 心~ ~心から 心から~ 心中~ ~心地
心地~
心境~ ~心得 心得~ ~心持 心持~ ~心持ち 心持ち~ ~心理 心理~ ~心臓

「心地~」 2410, 25ppm, 4686位

▼ 心地~ (714, 29.6%)

197 した 122 する 111 して 16 するの 8 したの 7 いたします 6 好い 5 しました, します 4 したこと, したので, するので, よかった, 致します 3 い, いい, したが, しなかった, すると, よい

2 [18件] いたしました, いたす, されたの, されて, したから, するが, するぞ, せられた, よくて, よくなる, わるくなり, 好かった, 好かつた, 胸に, 致しました, 致しまして, 致す, 良ささ

1 [163件] あしゅうござりませばおいと, あります, あろう, いいから, いいし, いいだろう, いいでしょう, いいの, いいもの, いいん, いたし, いたして, いたしまして, いたしましょう, いたしますでございますよ, いたしませんでした, いたすでは, いたすのに, かれには, この柔弱, された, されまする, される, されるので, したかも, したがいに, したし, したそれ, したでしょう, したねえ, したほど, したもの, したよ, したり, した丁度家, した同時に, した途端, しだしたので, してるもの, しないでも, しないといった, しないは, しながら, しましたか, しましたが, しましたの, しまして, しましてね, しますか, しまする, しません, しもう, し世界, し両手, し凡て, し又, し叫びたくなり苦悶, し各, し恐, し涙ぐみながら, し生, し生き返った気, するかと, するから, するからねえ, すること, するさて, するし, するその, するだろう, するだろうと, するとき, するのに, するもの, するらしかった, するエエ残念, するネ, する何とか, せぬ, せぬでも, せられること, せられ殊に, せられ水盃, その時奥様, ついてから, つのるの, どこか, ない, ないの, なかった, まさに斯様, まさに斯樣, まるっきり違う, よいから, よいわい, ようない, よかろう, よくそれ, よくねえ, よさそう, ヒタヒタと, 一寸向, 不断此フフンといふ, 不斷此フフン, 仄めいて, 今も, 何とは, 佳いの, 先立って, 天地の, 好いので, 好い訳, 好くできた, 好くない, 好く初めて, 好さそう, 屈いたら, 帆村の, 引出される, 快い, 快いだらう, 快か, 悪い, 悪いと, 悪いの, 悪いん, 悪い鯉, 悪うございます, 悪かった, 悪くなりました, 悪くなる, 悪くは, 惡い, 惡いから, 惡いだらう, 感服いたされます, 最ものぞましい, 次第に深く, 残って, 殘つて居ます, 浮いて, 浮んで, 漲つて, 無さそう, 確かでない, 私の, 私を, 第一, 胸を, 致した, 致しますから, 致しますが, 致しますよ, 致しまする, 致しません, 致しませんでしたが, 良いから, 襲つて来た, 讀まれた, 起って, 違うだろう, 違うよう, 頗るい

▼ 心地~ (256, 10.6%)

54 なって 35 なった 14 なつた 6 打たれた 4 なる 3 なりて, なりました, 成った 2 なったが, なったの, なったり, なります, 打たれて, 打たれる, 眼覚めぬ

1 [120件] あった, あるいて, あるの, いと寒し, うれしさ, かなしと, く, させたの, させられた, さそはれる画, すこし当惑顔, せめられます, つつまれました, づる, とざされて, どうしてもなれなかった, なした, なった由, なってたの, なってる趣味家, なつちやつた, なつて, ならなかつたやう, ならなければ, なられました, なりかけますの, なりそう, なりつ, なり寝床, なり後, なり東京, なり次に, なり申して, なること, なるぜ, なると, なるなんざ智慧, なるの, なるまで, なる家庭, なれた, なれないこと, なれるだらうそれ, ふくみたる, や, わななきながら, われとも, 久しぶりに, 今宵また, 今日なり得た, 似て, 側の, 充ちて, 和らげられて, 四谷の, 壁上の, 変った, 変つてゐた, 大悟徹底あるいは, 女との, 宿った露草, 寮を, 導いて, 居眠りを, 帰つたで, 帰つたは, 帰りたいと, 帰るので, 庭前を, 形の, 彼自身も, 往来する, 復える, 心ばかりの, 感傷的に, 成つたのである, 成つてふら, 成つて橋の, 成て, 成る, 成るので, 成るもん, 我れ, 打たれたから, 打たれたこと, 打たれながら, 打たれるであろう, 横たわって, 沈み込んで, 沈んで, 浸つて, 滅入りながら, 漂うて, 生身の, 相成り候, 真怪, 眠れず, 移す, 等しく初めて, 美を, 至ること, 船遊山など, 茫然と, 襲はれ, 襲はれた, 襲われて, 襲われ出して, 見やるの, 訪れられて, 誘はれたか, 誘はれたり, 誘はれて, 誘はれること, 身じろがぬかな, 追い詰められて, 途を, 通ふ, 酔ひた, 醉ひた, 駆られ出して

▼ 心地~ (240, 10.0%)

5 あつた 4 彼は, 暮らして 3 それを, 家に, 寝て, 居た, 床に, 眼を

2 [14件] あやしい胸, お八重, すぐう, そのま, 一同は, 人なだれに, 夜の, 女中を, 東京も, 眺めた, 私は, 自分の, 街を, 起き上った

1 [181件] あとから, あらうと, あられたろう, いい心持, いた, いつかの, いつしかうとうとと, いましたが, いる次郎七, うとうと, おのが, お寝みなさい, お寺の, お待ちだった, かけつけたの, きいて, ききほれました, ぐるりと, こりゃ奇態, じっと見守った, すっかり眼, ずいぶん油断, そこから, そっとはいっ, そっと蒲団, そつと, その子, その版畫, その辺, それでも何, それでも火, それに, ただぼんやり, ただまじまじ, ただウロウロ, ただ彼方此方, ただ機械的, たちあがった, ひらいた, ぴーっと, ぼんやりと, ぽかんと立っ, また大空, また帰っ, むかしこの, もし僅か, やがてまた, やがて時間, ゐたの, ゐた子供, カフェーを, ズボンの, フラフラと, マンスフィールドの, 一人去り, 一同を, 一夜を, 一散に, 一条の, 三人一緒に, 久しぶりに, 二三日学校を, 云いかけた, 云った, 云ひ放つた, 五日ばかり, 人波の, 会社に, 佇んだ, 住めなくなつ, 偲ばぬわけ, 僕は, 冒頭の, 冷, 半眼を, 古い記憶, 叫びました, 台所の, 同じ彼方, 吾ながら, 咽ぶやう, 問ひ返し, 四五日京洛を, 坐って, 外へ, 外を, 夜店の, 奈良井の, 女の, 寐て, 対せられるどんな, 少しも, 居る, 山木家の, 左の, 彼が, 彼と, 彼らが, 彼らは, 彼女の, 彼等を, 心を, 心細くって, 惣八郎の, 慌てて, 懷かしく立停つ, 我に, 我知らず長い, 振り向いた, 接しる, 接すること, 擂鉢の, 斷えず, 日を, 日本橋の, 明け方の, 明るい電灯, 昼間は, 暮らさなければ, 望みという, 机に, 松代の, 枕を, 果てなく立ち迷うて, 栄三郎の, 櫓の, 歌つてゐる, 此の, 歩いて, 殆ん, 毎日お, 満足には, 濡れたものの, 父母の, 生活しだした, 町を, 白洲へ, 皆の, 眠って, 眠つてゐる, 眠りに, 眺めたり, 眺めた位ひだ, 眺めて, 眺め船, 立って, 笑う事, 納まり返って, 続けて, 考え初めた所, 考え込んだ, 耽読し, 聞いた, 聞いて, 胃が, 茫然と, 落付けなかった, 落着きが, 蟀谷の, 蟇口を, 表の, 見えは, 見とれて, 見守りました, 起き上がったとき彼, 足を, 足触りの, 通り過ぎた土地, 通るとき, 過ごした, 遠い世界, 鎌倉河岸まで, 隆吉の, 離れの, 雨の, 霧は, 霧を, 順一の, 順造は, 飛びのいたが, 高く持ち上げられ

▼ 心地~ (198, 8.2%)

13 なかった 11 して 9 する 8 した 4 するが 3 ありませんでした, ございませんでした, しつ, しなかった, しなかつた, ない

2 [13件] いたさずその, したりき, します, するので, せしが, せらる, ないくらい, ないでしょう, ないよう, なかつた, なくただ, よく公園, 無くただ

1 [109件] ありますまい, ありません, いたします, いたしますなれど, おかみさんの, かくや, ございません, ございませんでしたで, したの, したろう, しつお, しない, しないだろう, しなければ, しません, しませんでした, しませんでしたが, すなるべし, するに, するの, するもの, する当家, する我さ, せざりければ, せざるべし, せずして, せずもはや, せぬ, せねば, せられて, その時々, それは, ないうち, ないお, ないた, ないといふ, ないの, ないほど, ないほどの, ないまま, ないもの, ないリーロフ大佐, ない有様, ない焦慮, なかったでしょう, なかつたと, なかつたので, なかる, なきところ, なくおどおど, なくこの, なくすり傷だらけ, なくそこ, なくそれでも, なくて, なくふと, なくぶるぶる, なくもう, なく内宮, なく再び, なく動く, なく床, なく歩い, なく涙, なく然, なく物蔭, なく眠って, なく石油, なく繁りし草むら, なく胸壁, なく走った, なく身悶え, なく隠れ, なく電車, なく馬, なげに, また悪く, まどひ, よい, よきか, よろしいわけ, ヒヤヒヤと, 出ずしばらく, 加わって, 去って, 夢かと, 失って, 好かつた, 屡, 常ならぬ, 忘れて, 悪くない, 惡く, 手助って, 捨てたもの, 新鮮な, 此夜頃に, 潔い, 為めり, 無いこの, 無かった, 無かつ, 無く静緒, 甘かりし, 発り, 致しますけれど, 解つた, 解つて身を, 起こります

▼ 心地~ (177, 7.3%)

107 よさそう 5 よさ 3 して, するの, よいの, よいもの, よい所, 好い風

2 [15件] いいところ, いい円タク, する寂しい, なかに, よいこと, よいよう, よき椅子, よくない, 中に, 好いよう, 好い程, 好さそう, 得も, 悪さ, 我身にも

1 [107件] ある感じ, いいこと, いいソファ, いい一脚, いい休養, いい名馬, いい声, いい家, いい巣, いい座席, いい庭園, いい新しい雪, いい景色, いい机, いい椅子, いい間取り, いい階子段, いい音, いい風, うちにこそ, したの, した私, するくらい, するよう, する姿, する朝, する畳, する電燈, せらる, せらるるのみ, その日, ため代っ, ないながらに, なかで, ものか, もので, ものは, よいとか, よいやう, よい下駄, よい事, よい回転馬車, よい家, よい感じ, よい書斎, よい椅子, よい歩道, よい道, よい針葉樹, よい静か, よかった, わるい気分, わるい詩壇, 上から, 中だった, 中で, 今も, 偏愛で, 堪へざるに, 夜である, 夢の, 好いこと, 好いところ, 好いの, 好いもの, 好い人, 好い土地柄, 好い寢床, 好い微風, 好い時, 好い朝, 好い沸かし湯, 好い温熱, 好い湯, 好い砂, 好い路, 好い部屋, 好い雨, 好い風呂, 如何に, 家を, 少女に, 平安で, 底に, 忘られた, 怠さ, 恋しくなる, 悪い駕籠, 悪くな, 悪くない, 折とても, 改まると, 朝から, 束の, 楽しみに, 母と, 母により, 異った, 眼が, 眼付で, 良い家, 良さそう, 花見客が, 身に, 転た勝れね, 通り過ぎるの, 違うところ

▼ 心地~ (146, 6.1%)

7 なかった 5 しなかった 4 どうだ 2 かの我, しないネ, しませんでした, せぬ, なかつたと, 丑松の, 奈何で, 思出し, 渠の, 目が

1 [110件] あまりよく, あらせられぬか, ありません, あゝ何と, いいかね, いかがです, いかなるにか, いかになど, いつもながら, いつもの, いよいよたしかに私, おありなさるまい, おこりませぬ, さうわるく, さすがに, したが, したれど, しつれとぞ, しないね, しないの, しないや, しなかつた, しなかつたので, しながら, しません, しんしんと, する, するが, せざりしが, せざる也, せず全く, せず始終, せで寧ろ, せぬ何とか, せぬ墓, せまいもの, せん, その儘私, それほど異様, どう, どんなだ, どんなであろう, どんなでしたろう, どんなでしょう, どんなものだい, ない, なかったです, なかなか愉しく, なかるべきだが, なくこれ, なく友人, まことに船, まさに羽化登仙, また格別, まだ開け, よいに, よかった, わるくなかった, わるくなかつた, 丁度吾子, 今だに, 今にも忘れる, 今の, 今日あつ, 何ともありません, 何よりも, 分からぬ, 印象深く残つて, 君何とも, 嘸好, 土に, 塵俗の, 変ったか, 好いに, 好く解, 実に一歩一歩, 実に何ともいえぬ, 少しも, 思ったよりも, 悪いとは, 悪くなかった, 日本の, 暖かで, 未だ忘れられず, 格別さ, 此日比よりも, 永く忘れる, 決してわるく, 消えて, 渠が, 為なかっ, 烈しく胸, 無き娘, 爲なかつた, 爽やかだ, 玄圃, 珍敷く, 私に, 素敵な, 致しまするが, 致しません, 致しませんからなあ, 良い, 良いの, 覚えない人, 解らないからね, 譬へん, 起出し, 長く, 頗る嬉し

▼ 心地~ (135, 5.6%)

154 たり, たりき 3 てこの, て胸 2 てその, て在る, て嬉し, て島, て我, て武男

1 [94件] しばしは, たるも, つつ耳, つつ貫一, てあやにく, ていそいそ, ていと, てうしろ, てうろ, てお, ておのずから, てかかる, てかの, てかり, てこの世, てさっそく, てちひさき, てと口, てびっくり, てまず, てよくも, てわたし, て一種, て一面, て丁稚, て世にも, て云々, て人, て今なほ彼, て今にも, て何, て再三, て南蛮寺下, て口言, て只, て困じ, て困じはて, て堪えがたし, て夢, て大, て大声, て奇様, て嬉しく, て宮歳, て尼, て居並ん, て影法師, て彼, て彼女, て従弟, て微妙, て心, て快, て快く, て忽ち, て思ひやる, て惜しい, て愕, て或, て拂, て掌, て掛物, て旦那様, て昔めかしく, て曩, て此場, て此時, て歯, て母, て水ばな, て浮世, て湯舟, て瀧口, て煙草, て片時, て珍菜佳肴, て白日, て百事自然, て矢筈草, て程, て筆, て繰, て老, て聞きつる, て肚, て自, て自然, て船, て血, て足, て遽しく, て門, 予の, 佐太郎も

▼ 心地~ (92, 3.8%)

3 して, なす, 抱いて 2 おぼえた, もって, 覚えて

1 [77件] うかがって, くらべて, こっそりためし, させる, しながら, し乍ら, そのままに, たどった, たどりつづけるうち, たどること, たゆたわせて, つなぎながら, どれ位変化させる, はっきり感じた, ふいに, ほとんど話さなかった, ぽっちりも, もつて, よくする, テナルディエは, 人に, 刺激する, 力めて, 取りもどした, 含んだ世界, 味い得た, 味うに事を, 味は, 夫人は, 失いフトン, 失つ, 好くしよう, 尻眼にかけて, 引き出されたこと, 彼も, 得てるけち, 思ひ出しながら, 愉快に, 感じた, 感じて, 感じる時候, 感じ始める, 感謝する, 抱いた, 抱えて, 持つて, 揺らがせて, 損じたり, 新たに, 汲んで, 独りぽつねんと, 申さば, 申すに, 町辻の, 眼で, 知り得るだろう, 硬ばらし, 積極的に, 紙に, 考へて, 自分の, 表すため, 見出そうと, 覚えました, 覺えた, 覺える, 解して, 起こさせるすべて, 起さずには, 起させた, 起させも, 起させる, 起させるの, 起した, 起すかも, 身に, 頬の

▼ 心地~ (26, 1.1%)

2 みえる

1 [24件] いちじるしく違っ, さてはまた, しっくり調子, ぜんぜんちがう, たのしい安全感, なって, なつた, なり何事, なる, もしかしたら, 世に随, 云うの, 云う永い, 今の, 今日の, 同じである, 同じよう, 回, 大人の, 快い眠り, 満足に, 狎れたる妓, 相成り候, 若さ

▼ 心地こそ~ (25, 1.0%)

23 すれ 1 すれ春, ろと

▼ 心地にな~ (22, 0.9%)

2 ツて

1 [20件] つて, つてお, つてぐつすりと眠つてしまつたのである, つてつと, つてふつと, つてゐた, つてツト青葉の, つてプレツケツケツリス, つて変な, つて戦つた格闘した, つて松原の, つて櫻の, つて眼を, つて自分でも, つて見, つて覺えず, つて道を, つて酒を, ッて, ツた

▼ 心地する~ (21, 0.9%)

1 [21件] かげろ, ことあり, ことが, という, とともに失せし, と共に, など例, なり, は果して何故, ほどなり, ものは, も町中, ように, よ軍, 夜も, 女なり, 所ランプは, 日なり, 暗き浴室, 海岸の, 雨

▼ 心地~ (16, 0.7%)

9 する 1 すなる, すべき, する次第, する死したらん, する穹窿, や, 斯くある

▼ 心地にて~ (14, 0.6%)

1 [14件] くすしくとうとくも, なにと, われらには, 人々の, 仮りの, 侍らんもの, 再び見上ぐれ, 句を, 夜の, 寝る, 控所に, 新なる, 早く寝, 期待し

▼ 心地~ (11, 0.5%)

21 という児, といはれし, とて前, に, ラフアエロの, 故に, 楽天の, 相川それの, 遠くより

▼ 心地から~ (9, 0.4%)

1 いうと, して, では, 今日内に, 前夜妄想の, 急に, 接する女, 自分自身も, 転じて

▼ 心地すれ~ (9, 0.4%)

2 ば誰憚 1 どいたずらに, ども花の木, ど一切, ば些か, ば酒, 無残に, 鈴虫の

▼ 心地~ (9, 0.4%)

3 のである 1 のだつた, のでうとうと, ので弟子, ので早寝, のを, んです

▼ 心地さえ~ (8, 0.3%)

4 する 1 いたします, したの, ほのめいて, 致します

▼ 心地では~ (7, 0.3%)

2 ない 1 あったものの, ありかたがた, ある, なかった, ッと

▼ 心地せし~ (6, 0.2%)

1 がさて, が主人公, が今, が日暮れ方, 日の, 浪子は

▼ 心地でも~ (6, 0.2%)

2 ない 1 あつた, したらしい彼女, わるいか, 悪いの

▼ 心地には~ (6, 0.2%)

1 ならないで, 一時間余も, 引替えて, 成らないか, 飽きない愉し, 馬子も

▼ 心地致し~ (6, 0.2%)

31 ても聞き, 今猶まざまざ, 夢が

▼ 心地せられ~ (5, 0.2%)

1 て一向に, て仲, て熱, て遂に, 八九年前教へを

▼ 心地だった~ (5, 0.2%)

1 がはっと, がよく, し客間, ので駕籠町, んで

▼ 心地~ (5, 0.2%)

2 うてかなはん 1 く響いた, しさ, しとの

▼ 心地いたし~ (4, 0.2%)

21 候この, 候ひし

▼ 心地~ (4, 0.2%)

1 と, と独り心, 一刻も, 訳も

▼ 心地にも~ (4, 0.2%)

1 なつた, なれぬでは, 凡て注意深い, 譬へ

▼ 心地~ (4, 0.2%)

1 しけん, 悪しからむ, 惡しき, 生きる心持

▼ 心地悪しく~ (4, 0.2%)

1 なり候, なり申し候, やおわする, 最とど苦悶

▼ 心地~ (4, 0.2%)

2 かに眠り得た 1 かになり, かに生れ

▼ 心地がよ~ (3, 0.1%)

3 かつた

▼ 心地悪く~ (3, 0.1%)

1 なりて, ねばつ, 相成物

▼ 心地悪し~ (3, 0.1%)

1 さが, さをも, しとて

▼ 心地我身限つて~ (3, 0.1%)

3 腥きもの

▼ 心地致され~ (3, 0.1%)

1 候, 唯惘然, 申候

▼ 心地あし~ (2, 0.1%)

2 とて休み

▼ 心地ある~ (2, 0.1%)

2 は毫も

▼ 心地~ (2, 0.1%)

1 ぼゆる, 察し下さいませ

▼ 心地さびしさ~ (2, 0.1%)

2

▼ 心地したれ~ (2, 0.1%)

1 ど謹厳, ばなり

▼ 心地しぬ~ (2, 0.1%)

1 わりなき恋, 名も

▼ 心地すがすがしく~ (2, 0.1%)

2 胸の

▼ 心地~ (2, 0.1%)

1 えしませ, む

▼ 心地せず~ (2, 0.1%)

2 顔色さらに

▼ 心地せよ~ (2, 0.1%)

1 とはうまい, 君に

▼ 心地せらるる~ (2, 0.1%)

1 にこの, は桐

▼ 心地であった~ (2, 0.1%)

1 か, のだ

▼ 心地であり~ (2, 0.1%)

1 しかもうっとり, またなおよく

▼ 心地であろう~ (2, 0.1%)

1 と思う, に

▼ 心地でした~ (2, 0.1%)

1 がいや, よ

▼ 心地です~ (2, 0.1%)

1 から, がさあ

▼ 心地といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, より寧ろ苦痛

▼ 心地とは~ (2, 0.1%)

1 きっとそれ, こんな場合

▼ 心地とも~ (2, 0.1%)

1 いふべき歓喜ひそか, に独得

▼ 心地なく~ (2, 0.1%)

1 侍り, 遊んで

▼ 心地~ (2, 0.1%)

1 の考, の考え

▼ 心地何となく~ (2, 0.1%)

1 我身ながらも, 清々しきを

▼ 心地~ (2, 0.1%)

1 げに笑, やと笑

▼ 心地快から~ (2, 0.1%)

2 ぬ濡衣

▼ 心地快く~ (2, 0.1%)

1 峯の, 眠る

▼ 心地悪い~ (2, 0.1%)

1 であろう壺, ほどに感じた

▼ 心地擁し~ (2, 0.1%)

2 めに

▼ 心地柔かく~ (2, 0.1%)

2 小石ひとつあらずなりぬ

▼ 心地死ぬべくなれり~ (2, 0.1%)

2 しをうつらうつら

▼ 心地清明~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 心地~ (2, 0.1%)

2 わびしらの

▼1* [135件]

心地あしきことなし, 心地いい暖かな, 心地いかならむ, 心地いふべくもあらざりき, 心地いまの憂身, 心地いやあの時, 心地うすいしなやかな, 心地おぼえぬは無い, 心地春の, 心地かと思うが, 心地ぐっとよろし, 心地ぐらいは知って, 心地けれど悲しや, 心地これを機会, 心地へ忘れた, 心地さりとて其夜は, 心地さわやかならず, 心地しか持てないの, 心地したるがため, 心地しつ立っても居, 心地しましてネ, 心地し侍る也, 心地じゃない, 心地すぐれざるも打, 心地すぐれす朝の, 心地すぐれたる夜なりき, 心地すらなかつたにも拘はらず, 心地するだろうと赤面, 心地するならん, 心地せざりければ, 心地せらるただ萌え出, 心地せられしがためのみ, 心地せられぬ今より, 心地そうに目前, 心地その日より, 心地それが何とも, 心地だけには成功し, 心地だつたことは, 心地だろうと思います, 心地やありません, 心地であったろうが既に, 心地でありますからで, 心地であるだけだつた, 心地でございましてね, 心地でしょうが今夜, 心地というのは, 心地とが一緒にな, 心地とでもいつた感覚, 心地とみにははいりかね, 心地とを清三は, 心地どう仕よう, 心地どこやらに長閑, 心地ながら痛さ, 心地などあまり確かめた, 心地なやましく内に, 心地ならめ, 心地ならねば窓, 心地なり尤も新, 心地なりとて一隅に, 心地なるは不吉, 心地なれば, 心地にかへつた, 心地にや月丸は, 心地にをかしと, 心地に対して何か, 心地のみして, 心地のみが残るよう, 心地のよかつた, 心地はとは言へ, 心地ばかりして, 心地ばかりが忘れられないの, 心地まさりてすべき, 心地もよかつた, 心地やうやくすぐれたれ, 心地やすらむ, 心地やらんと思わるる, 心地ゆったり食事に, 心地ようやくたしかになりぬ, 心地らしくきょうは, 心地わるいこと, 心地わるかった, 心地わるく学校へ, 心地わるく憎いようにさえ, 心地をさえ抑えること, 心地をば窟禅定の, 心地或ル点デハ彼女以上ニ積極的, 心地一面に霧の, 心地候, 心地休み半分年季小僧も飯炊き, 心地出でて遠く, 心地切角これまで縒り, 心地動いたとも思はれない, 心地勝れずなりてより, 心地千秋万歳の寿, 心地台所の方, 心地善からず, 心地堅く細く長きこの小路, 心地定かならぬまま, 心地しかるべし, 心地家庭における松陰かく, 心地手招き, 心地師走の旅, 心地ならず今朝, 心地忠節に対して, 心地りぬとて, 心地敷ければ, 心地悪き微温の, 心地悪しければしばし, 心地悪気に顔, 心地惡しきにはあらずや, 心地でのまど, 心地憂き事さまざまに, 心地日ぐらしの一時, 心地日中の妙, 心地早寝する, 心地明快節酒も出来る, 心地に深く, 心地未だ知らぬ酔, 心地ぬること, 心地死ぬべう, 心地死ぬべく踉蹌として, 心地死ぬべし寝室の, 心地爽快ならず, 心地狂ほしさはなか, 心地には琵琶湖, 心地自分にはっきり, 心地苦く相成候やう, 心地西の国々, 心地てここ, 心地観経を訳した, 心地読み耽つて心に, 心地を引ずる, 心地はせ, 心地限りなく清々しい, 心地に爽快