青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廻し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

延~ 建~ 建て~ ~建物 建物~ ~建築 建築~ 建設~ 廻~ ~廻し
廻し~
~廻っ 廻っ~ ~廻った ~廻り 廻り~ ~廻る 廻る~ 廿~ 弁~ 弁当~

「廻し~」 3387, 34ppm, 3496位

▼ 廻し~ (1947, 57.5%)

59 いた 47 いる 41 いたが 35 いるの 17 いるうち 14 みると 13 いると, みた 12 ゐる 9 見ると 8 ゐた, 見せた 7 あった, いたの, しまった, それを, 見た 6 いるよう, みたり, ゐるの, 下さい, 居たが, 居る 5 ある, いるが, いるだけ, おいて, 居ります

4 [15件] いました, います, いること, いるので, おりました, くれた, みたが, みても, ゐたが, ゐたの, ゐるが, ゐると, 平次の, 扉を, 来た

3 [29件] あるの, いましたが, いるん, いる最中, おくれ己, くれと, しまいました, なる事, みたところ, ゐました, 一と, 云った, 例の, 凡永久の, 大門小門を, 居た, 居た村, 居りました, 居ると, 居るの, 手拭を, 来たの, 歩いて, 砂糖さへ, 置いて, 見たり, 見て, 観念の, 觀念の

2 [91件] あって, あれだけの, いたこと, いたので, いった, いないと, いますから, いますよ, いるけれど, いるし, いるという, いるにも, いる内, いる姿, いる時, いる間, おります, くれ, くれないか, くれるの, くれるもの, くれ給え, これに, これも, さて一人, しまったの, しまって, しまつ, しまひました, すつかり, せめてもの, そこの, それから, た, みせた, みて, みました, みること, もらって, やって, やる, ゆく, ゆく親方株, よこしたの, ゐて, ゐら, ゐるん, ドロドロに, 二人は, 働いて, 利分を, 前の, 匕首を, 喉から, 喰べ, 宗助の, 居たん, 居て, 居りましたが, 居るうち, 居るが, 居るといふ, 引き上げると, 彼の, 必死と, 戦って, 手柄を, 接吻し, 本の, 町内の, 真相を, 私の, 私を, 笹屋の, 綿菓子という, 老中の, 背中に, 腰から, 膝を, 自分の, 蓋を, 行きましたが, 見ても, 見ましたが, 見る, 見るよう, 見れば, 調べて, 貰いたいな, 貰ひ, 遊んだり

1 [1246件 抜粋] あおぎながら, あげるから, あなたに, あの白粉, ありそこ, ありハム, あり小屋, あるいたが, あるきたいん, あること, あるので, ある人寄せ, ある竹簾, ある葭簀, ある黒い, あんな記事, いずれも, いたじゃ, いただきたいが, いただけるでしょうか, いたとて, いためます, いたら, いたんで, いたレンズ, いた両, いた博士, いた夫人, いた忠一, いた日, いた片山助役, いた男, いた腕, いた訓導, いっそうまた気むずかしく, いっても, いてから, いなければ, いらつし, いるいわば, いるくらい, いるだろう幾人, いるどころか, いるね, いるほど, いるらしいが, いる一種, いる事, いる切符きり, いる天狗ども, いる彼女, いる恰好, いる手, いる書生さんたち, いる正直者, いる水馬, いる牢人たち, いる矢先, いる箸, いる老婦, いる若い, いる豆自動車, いる頃, いろんな事, うな, えぐりながら, おいた物, おかう, おきました, おくか, おくが, おくよう, おけ, おりさえ, おりまする, お前の, お千, お子樣, お蝶, かえって客, かかって, かついだり, きっと構え, くること, くるよう, くれた幌, くれって, くれないんでね, くれませんか, くれる方, くれれば, けらけら笑っ, こっちを, この不思議, この符表どおり, これが, これほど, さあ出, さっき明智が, さて普通, さも幸福そう, しっかり縛る, しまいつつ, しまえ, しまったもの, しまったらしく頸, しまったん, しまふ, しまわぬうち, せっかくの, そうして向う, そこらを, そしてどなった, そつと, そのあり, その中, その口銭, その實, その村, その紐, その腕, その遣, その頭, それだけを, それでもなお, それの, たえずこすっ, たとい長屋, ついに凱歌, つづれの, でなくては, とかくいざこざ, どれも, なおも, ぬれた髪の毛, のち食え, はしやぎ廻つたが, ひい, ひつくり返つて了つたの, ひと睨み, ぺたりと面, ぼうん, まだわからない, まとい女, みたいと, みたくも, みたもの, みた位, みねえ, みましょう, みよと, みるわけ, むやみに, もし戎呉, もらいたいの, もらうしか, もらった方, もり返した時, やがて悠々華族会館, やった, やっと尋ねあてた, やっと指, やらうかと, やりました, やると, やるべ, やろう, やろ云うてな, ゆき右側, ゆくの, よいの, よく買物, よこす, よこすよう, よこせ使って, ろうそくの, ゐたお, ゐたぢ, ゐたやくざ, ゐた夫人, ゐた長い, ゐられるが, ゐるだけ, ゐるところ, ゐるばかり, ゐる人, ゐる喧嘩者, ゐる面, イビキを, カンカンに, ゴーリキイについての, シトシトシトシトいそぎだした, ソレ駈けこめ, ドアを, バスケットだの, プツリと, ボロ三味線, モルガンは, ルックサックを, 一二丈ばかりの, 一同の, 一日から, 一箇の, 丁度に, 上げたいと, 下さいって, 下さらんの, 下すって, 下ること, 両手に, 中の, 丹念に, 主人を, 乱暴に, 了ひました, 事ごとに, 二つの, 二三歩弾みかける, 五等官と, 人々は, 人を, 人里へ, 今日図らず出会いましたる, 仕舞わア, 他人の, 伊兵衛も, 低い縁, 何が, 何だか綿, 余りが, 使わずとも, 借金の, 倫敦に, 僕の, 先刻から, 先駆的な, 児戯の, 八五郎は, 其儘歸らう, 其處の, 内弟子に, 出た, 出鱈目に, 初太郎は, 別の, 前なる, 前歯を, 力つくで, 勝った人, 匕首で, 十数疋の, 千鶴子の, 卑下を, 厭といふ, 参会観覧を, 又ひと, 取り引きを, 口で, 古市の, 号令を, 同じ手, 向うへ, 君の, 吹込んだ, 呉れて, 呉れるんだい, 呟いて, 命にも, 品物を, 唐紙や, 喉を, 喜んだ, 嘘を, 噛まれた創, 四方を, 圓朝は, 坐って, 報告する, 売れ残ったの, 大きな仕事, 大格闘, 大隅学士の, 夫人の, 奮戦し, 妙な, 婦の, 子分の, 安くない, 官兵衛は, 実印を, 家を, 容易に, 寝込んで, 小僧の, 少しくら, 少し前屈み, 尚高, 居たの, 居た彼, 居た石原, 居どころを, 居ます, 居りまするもの, 居るから, 居るので, 居る五匹, 居る幾等, 居る樣子, 居合抜の, 屋敷へまで, 岩見重太郎一人鬼神の, 峡谷の, 左に, 己れ, 帯で, 帰って, 帰らうと, 平岡先生が, 平然たる自信力, 引くと, 引っくり, 引裂いた敏子, 当てつけがま, 彼は, 彼を, 往来へ, 後ろの, 御成道, 心臓の, 快活に, 急を, 恥かしくない, 悠々と, 感激した, 戦うほか, 戦わなければ, 手を, 打ったの, 抱きか, 招降の, 持て余して, 振向くと, 捜さなきゃ八, 探しましたが, 探す, 掬い上げると, 搜さなき, 支えて, 救難の, 文句を, 斬り結んで, 斯んな, 日本語は, 春ごとに, 時間がか, 暗号文に, 暴れまわった, 最悪な, 有頂天に, 未曾有の, 来ずには, 来たので, 来た女中, 来た紅茶, 来ましょう, 来る, 来るだけの, 来る一人, 来る元気, 板の間に, 林の, 椅子に, 楽しそう, 横っ飛びに, 横を, 次々に, 欲しいといふ, 此内儀が, 歩いたが, 歩くと, 歯の, 死んで, 殺されるという, 毎日の, 水を, 沢屋の, 注射器と, 渡り合いかけた事件, 渾身の, 源六の, 激しく抵抗, 烟脂の, 無理にも, 煉りますが, 片っぱしから, 牢問いに, 犬の, 猿ぐつわを, 由子の, 男の, 町屋へ, 畑地へ, 白馬に, 皆の, 直ったばかりの, 真白な, 睨んだが, 矢庭に, 砂煙の, 稼ぐの, 空うそぶいた面構え, 空を, 窓を, 立派に, 笑って, 笑壺に, 細い黄楊, 絨毯に, 締めつけた, 練り歩き大阪じゅう, 縛りつけた, 縛り縄, 置いたん, 置いては, 置く, 美しい歌, 肉を, 肩掛を, 背後から, 腕ずくで, 膝の, 臆面も, 自然に, 艶然, 茶袋を, 荒れて, 行かねば, 行くだけの, 行くと, 行くも, 行った, 行った時, 行つたさうです, 行手を, 表戸, 襟巻を, 見せたの, 見せます, 見せる, 見たいよう, 見たけれど, 見るが, 見得, 見較べ, 覺悟の, 言った, 評定所の, 調べ抜きました, 諸所方々を, 貰い三越, 貰うと, 買って, 赤坊を, 跼み込むと, 蹴たおして, 軽口の, 追っ払った, 逃げまわって, 逃亡した, 途, 連れて, 遊ぶの, 道を, 選べるよう, 酒の, 金を, 鉄扉を, 鎧の, 長い黒塀, 開けた扉, 関さんを, 闘う決心, 陽子の, 隼人の, 雇人の, 離屋の, 靜かに, 頬辺へ, 頭髪に, 顕微鏡検査を, 飛び来る鋒, 飲む, 首が, 馬春堂が, 馬鹿野郎間抜野郎と, 騒がせて, 驚いて, 髱の, 鱒網を, 鼻汁だらけにな

▼ 廻しながら~ (171, 5.0%)

3 こんな風, 彼女は, 煮て 2 いかにも暢気そう, いためて, 叫んだ, 答えた

1 [154件] あやしげ, いつの, おりおり滝人, ぐでりんの了見の, こう言いました, こちらへ, この中, この紙, この釘, こんな途方, さも得意, じろりとその, その同じこと, その心, その裏手, それに, とことこと, どうでも, ぬれた顔, はきはきしない, ひょいと一足, ぼつぼつと, まるで蟋蟀, むちゃくちゃに, もっとほか, やって来る, よくいため, よく煮る, わめくの, コツコツと, サモイレンコが, ザクリと, ザブリと, ドロドロに, フラフラと, ヘボクレ義論に, ローマ字で, 一寸奥底, 一日中考えさせられました, 一時間ばかり, 三つの, 三十六メートルの, 三百は, 上下に, 不図, 事務室へ, 云った, 五分間ばかり, 人足たちは, 今松, 仔細に, 何か, 何やら盛ん, 先に, 六尺鑿を, 内心では, 冷まします, 凍った斜面, 出て, 加納は, 動物の, 原へ, 呑気そうに, 呻く様, 唐人小路を, 四十分間煮, 女勘助は, 嬉し相, 子供服の, 孫でも, 寂光院と, 尚も注意, 山上への, 左手で, 帽子を, 廊下を, 弁解する, 弱火で, 彦兵衛は, 彼と, 彼の, 彼は, 彼女の, 後ろ手を, 得意に, 怒鳴りつけた, 思案を, 愉快げに, 戴きますと, 扉を, 手拭の, 抜いてるの, 擦りきれた油布, 昔話を, 暫く煮た, 更に降った, 木の, 来し方行く末の, 東亜の, 松の, 歩いて, 決して自家, 注いで, 滝の, 濃くなった, 焼くん, 煎じます, 煮ると, 独り言を, 盛んに, 目に, 目盛を, 私の, 私は, 突然この, 立って, 竜子の, 素早く白三尺, 続いて, 老案内者, 考えた, 聞いた, 膝で, 舞い息子, 船の, 茶碗の, 落して, 蒲団の, 蝶々の, 触れて, 言いだした, 言うた, 言った, 走り出して, 起き上った, 身をも, 近江平野に, 遊びに, 遠慮なく店, 部屋の, 金貨を, 銀貨の, 長い間, 長局で, 閑々と, 陸を, 随分俗, 隣室の, 雌鷄に, 飛びだして, 飛下りるん, 鬚だらけの, 黒, 鼻の

▼ 廻し~ (140, 4.1%)

8 上で 4 ように, 上に 3 上淺草に, 中に, 袖を

2 [13件] うえ火焙りだ, なかに, ような, 上以上五ヶ所へ, 上火焙りだ, 上鈴ヶ森の, 勘定役の, 日に, 検地役人の, 袖で, 馬に, 馬の, 馬車で

1 [89件] うえ獄門と, お代官, お粂, ついて, ない処, やうでございました, やうに, ややこしい敬語, ダルケさえ, ポケットに, 一船に, 三人は, 上一同穴つるし, 上千住で, 上千住小塚原に, 上手な, 上槙島の, 上浅草に, 上獄門, 上獄門仰, 上獄門仰せ付られ, 上獄門申付られけり, 上獄門申付る, 上落ち着く, 下から, 不自由な, 両袖, 事をも, 人相書へ, 儀は, 先登に, 出るとき, 出る家, 利かないわたくし, 助けで, 吉六を, 唄を, 問題などは, 器械が, 器械で, 器械の, 型に, 奇怪なる, 女を, 女郎みたいに, 子だ, 子と, 巧さは, 幼さ, 庭石に, 役人が, 恥を, 情趣も, 感が, 成上り者です, 成層圏機の, 手にも, 手利きだ, 手利きでありました, 旅なんて, 時も, 末いなせが, 格で, 植込みを, 検地の, 樹立ちも, 源女という, 独楽が, 白鼠の, 砂利の, 示唆であった, 科人が, 程平に, 策士でも, 節上には, 縁へ, 翼を, 者の, 自動車が, 芸を, 蘇鉄や, 裸馬に, 裾で, 襟に, 襟を, 運座が, 陽炎揺るる, 際上に, 馬舎だった

▼ 廻し~ (105, 3.1%)

17 して 6 なって 3 する 2 かかる, なるの, なれば, 廻して, 来て

1 [69件] あずかりたい, いい気味, かかった, がらがらと, こだわった, こんどは, されそこで, された上, されて, される, したから, したけれど, した荷, した荷物, しよう, すっかり身体, すること, ともかくも, なったと, なったら別, なった三鞭酒, なっても, ならぬと, なりますので, なりませんよう, なりやすい, なり一番さいごま, なり亭主, なる, なるかも, なると, なるん, ひそめたまま, また飛廻る, ゆっくり廻し, 下駄を, 下駄穿き, 入って, 凍え乍ら寒ざむ, 処したという, 出て, 刀を, 却って激, 及ばず候, 取り変えられて, 合った揚句, 吹込んだ, 廻し現われて, 拘留し, 於いて, 楫棒を, 漁師が, 現れたこと, 現われた, 監禁護送され, 相成江木軽部等近日渡海, 私は, 移って, 而進候, 腹を, 自在を, 行ったり, 見え斜め肩, 覗きから, 誘惑が, 買物籠という, 身を, 辟易した, 逢い陸路

▼ 廻し~ (103, 3.0%)

6 着て 3 して, 羽織って 2 すること, とる位, とる男, 取るん, 引掛け, 著て, 見たものの

1 [77件] お取り, お召し, きいて, ぐいつと満身の, ぐるり一, したいの, したかは, し下手廻し, するだけの, すると, するよう, だらしなく, とつたり, とるの, とる遊び, どこまで, はじめたの, はじめました, ひっかけ, ひっかけ下駄箱, もち出し, やりだした, グングン押切っ, 両優, 両手で, 使い仏蘭西語, 使って, 使ってさえ, 十四五人使っ, 取る間, 喜ぶやう, 固執し, 大層便利, 平気でし, 引きつけて, 引っかけて, 彼らに, 思い出せないで, 思い返して, 持ち出して, 掴んだが, 揚げると, 握って, 注文し, 玄関へ, 生世話である, 申し渡されたにも, 眞似し, 着たまま, 着た五十年輩, 着た六尺豊か, 着た小柄, 着た男, 着た白髯, 着る人, 着帽子, 着込んだ和泉屋, 硝子戸の, 絶対に, 考えた後, 考えて, 聞いて, 聞かした源之助, 聴いて, 聴くと, 致して, 致すでは, 見て, 見に, 誰にでも, 越えて, 身に, 遣る鞦韆飛, 願いたい, 願いとう, 願います, 食い毎日

▼ 廻したり~ (90, 2.7%)

14 して 6 した 2 したもの, しながら, するけれども, するの, する奴, 何か, 話を, 開けたり

1 [54件] あらん限り, あるいは袴, こまかく神経, これからしない, しかけると, したらえらい, した男, しては, しました, する, するよう, する人形, する資格, する魯鈍, その他の, そば粉を, それは, それを, たいへんな, のびを, 仕方たくさんに, 仕方澤山に, 何やらひそひそ声, 冴えた腕, 凧の, 台湾で, 喧嘩の, 女出入りの, 小さな坂, 左に, 左へ, 廻す拍子, 手を, 打ったり, 撫でたり, 撲るの, 毬を, 瀑の, 獅子鼻の, 石ころの, 硫黄を, 私腹を, 空を, 肥料小舎の, 自分が, 茶箪笥の, 走り廻っ, 躾けたり, 途方も, 鏡の, 靴を, 香を, 髪の毛が, 鳥の

▼ 廻し~ (77, 2.3%)

43 だつかいな, ではない 2 か, がそんな, じゃ, だと, であること, なん, よ

1 [53件] かなんぞのやう, かも知れない, か何, か幕府, がまぎれこんだ, が多かっ, が来, が来た, が潜ん, が盛ん, じゃあねえそこら中, じゃあるまい, だったら大変, だとは, だろうと, だろう大方, だッ, であった, であったこと, であったな, であって, であろう, でございましょう, でさ, です, ですぜ, ではありません, でもない, で毛唐, で色鍋島, として声, とちがうやろ, と信じた, と思い込み, と思ひ込み, と間違, と間違えた, などが忍び込ん, などなぜ, などに闇, なら吾, にかからぬ, にちがい, にシテ, に見破られ, に違えねえ, のさせる, の写真師, の片割れ, はかく, は道, も火災, を俺

▼ 廻し~ (41, 1.2%)

2 描いたよう

1 [39件] あちこちと, あつた, あんな綺麗, いいで, いつたの, お膝元, こんなところ, さ, さほどたまらなかっ, しゃべりながら, せう, そうあるべき, その次, それでもお父さん, そろそろ, よかろう, わずか残った, カステラの, パッと, 人を, 前提を, 十五分間も, 声は, 彼と, 思ひ出し, 手に, 抜手を, 描いたほどに, 書いたよう, 泡を, 百八十度に, 簡単に, 聞かされた, 臥竜梅の, 自分の, 興趣の, 行き当りばったりの, 解らないところ, 釈いて

▼ 廻しても~ (35, 1.0%)

2 大したこと, 所詮は, 独楽の

1 [29件] こんな見事, その人間, その害, それは, 世間は, 二円の, 余り成功しない, 再び山稜, 到底思い到る, 叱りも, 名前負けの, 埓は, 容易に, 廻しても, 成りますまい其うち, 成功せず, 投げ鑓, 検事局じゃ, 構いません, 泡立ちません, 無駄な, 百マルクかからない, 私の, 空の, 答えない, 肝心の, 茨の, 見た, 足しには

▼ 廻しては~ (30, 0.9%)

5 いけません

1 [25件] いけないよ, いけませんもう, いたくねえ, いるが, きたものの, なく八畳, また別の, ゐないか, 一敵国だ, 三味線の, 勝てよう筈, 厄介に, 取調べるの, 困るですよ, 嬉しがった, 怒るん, 惡果を, 最も恐ろしい, 最後に, 検流計の, 消えて, 皿を, 飛び廻しては, 飛ぶという, 馴れない事

▼ 廻し~ (23, 0.7%)

1 [23件] あまり得意, しないかと, しないしかし, しませんから, すべて申し含め, するが, たいへんに, ちょいと, トントンと, パクパクし, 丁寧だ, 台辞を, 大時代にて, 実に相手, 悪戯ざかりの, 断定的でなく, 旅芸人の, 殆ん, 決して許されない, 無かった, 無論の, 私と, 變です

▼ 廻し~ (22, 0.6%)

1 [22件] あります, あるん, いないこと, きいたり, つくやう, つづいて, どうにか附い, どうも少し変, どこに, ぶっきらぼうであった, よく判らない, 三四人飛び出し, 不案内と, 付かないから, 出ちゃあ, 参りまして, 思うよう, 済んで, 自ら湧い, 裸馬で, 言い廻し, 銀座の

▼ 廻し~ (14, 0.4%)

1 [14件] いつもは, お仕事, こないだカ氏から, さもなければお, さんざん駄洒落, ふいと, ほとんど一陣, ようこそお立寄り下されました, 三十秒ごとに, 二人で, 今日は, 伯父に, 奴さん顔を, 若い妓たち

▼ 廻し~ (13, 0.4%)

2 云ふも

1 [11件] あるから, いえば, いって, いて, けって, みて, 云う事, 帽子を, 螺旋とで, 言葉とで, 違つた表現が

▼ 廻し~ (13, 0.4%)

1 [13件] から年中行事, が下手, が充分骨, が正当, が非常, で茂子, に絶えず, の不, の巧劣, も手, をした, をする, を打ちやっ

▼ 廻し~ (12, 0.4%)

1 [12件] あろうもの, ないという, なきに, ならず持て餘, よくやっ, 一郎の, 二様の, 値あり, 変るだろう, 怖いが, 甚だ旨い, 知らないよう

▼ 廻しその~ (11, 0.3%)

1 [11件] なかに, 上から, 上に, 声を, 度に, 根気の, 突端の, 罠の, 臍の, 補いに, 運動の

▼ 廻しつつ~ (10, 0.3%)

1 いざりながら, さながら次郎, まだ千鶴子, 一心不乱に, 引き離そうと, 恰で, 慌てふためいた, 歌い合って, 熊みたいに, 目的地に

▼ 廻してから~ (10, 0.3%)

1 いま帰っ, その娘, とろ火で, わたくしに, 三十分も, 今度は, 左の, 砂袋の, 私の, 膝の

▼ 廻しての~ (8, 0.2%)

1 ことである, この極めて, 一大冒険の, 争闘とは, 大働き, 奮闘ぶりに, 強談, 策戦を

▼ 廻しもの~ (8, 0.2%)

1 かも知れない, が一人, だつたん, であったとしても, に決め, に覚られぬ, みたいな, 唐草銀五郎また

▼ 廻しそして~ (7, 0.2%)

1 たずねた, 彼等の, 愛情深く, 気紛れな, 自己に, 裏二階へ, 赤坊の

▼ 廻しちゃ~ (7, 0.2%)

1 いくら平松, 何にも, 大した金, 大変です, 悪い, 時々おれ, 私も

▼ 廻し~ (7, 0.2%)

1 がって, アクセントでは, アセチレン瓦斯の, メンコを, 人形の, 磔刑に, 風よけと

▼ 廻し~ (6, 0.2%)

1 からである, とも思い得ない, とよう, と笑うでしょう, ね, よ

▼ 廻しそれ~ (5, 0.1%)

1 が稀古, で出来なけれ, で抱きしめ抱きしめ, に小さい, を下

▼ 廻しという~ (5, 0.1%)

1 のが, のは, ものを, ような, 意味で

▼ 廻しよう~ (5, 0.1%)

1 があろう, が悪い, とする, とすれ, を自慢

▼ 廻し合羽~ (5, 0.1%)

2 を着 1 がある, で柄前, やがてトンビ

▼ 廻しそう~ (4, 0.1%)

1 な人物, な勢い, な屁理窟, にも思えた

▼ 廻してあつ~ (4, 0.1%)

2 たさうでございます 1 たの, て何

▼ 廻し~ (4, 0.1%)

1 が, の懸け, の隣り, は

▼ 廻し~ (4, 0.1%)

1 がある, がぴったり, のそ, をあけ

▼ 廻しから~ (3, 0.1%)

1 しぐさまで, 抜けて, 芸質を

▼ 廻しさえ~ (3, 0.1%)

2 すれば 1 すれやあ

▼ 廻しでは~ (3, 0.1%)

3 あるが

▼ 廻しとやら~ (3, 0.1%)

3 提燈さげ

▼ 廻し~ (3, 0.1%)

1 のでし, んだろう, んでしょう

▼ 廻しなら~ (3, 0.1%)

1 あの位, どんな田舎, ばそれ

▼ 廻しには~ (3, 0.1%)

1 ならぬと, 大阪訛が, 苦労しました

▼ 廻し~ (3, 0.1%)

1 の顔, より名主家主町代, より鹽水

▼ 廻し~ (3, 0.1%)

1 で防ぐ, を押, を押え

▼ 廻したがる~ (2, 0.1%)

1 んで僕, 悪習が

▼ 廻したりなど~ (2, 0.1%)

1 した, するもの

▼ 廻したりなんぞ~ (2, 0.1%)

1 して, なさるが

▼ 廻しちゃあ~ (2, 0.1%)

1 後へ, 気味の

▼ 廻してばかり~ (2, 0.1%)

1 いる, ゐましたよ

▼ 廻しでも~ (2, 0.1%)

1 あった, すると

▼ 廻しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば到底, ば対岸

▼ 廻しなされ~ (2, 0.1%)

1 ては如何, て文字

▼ 廻しなど~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 廻しにも~ (2, 0.1%)

1 締りが, 顔や

▼ 廻しみたい~ (2, 0.1%)

1 なもん, に廻った

▼ 廻しやたら~ (2, 0.1%)

1 に撥ね, に気

▼ 廻しエンジナー~ (2, 0.1%)

2 への合図

▼ 廻し乍ら~ (2, 0.1%)

1 ひいて, 歩いて

▼ 廻し凡太郎~ (2, 0.1%)

2 のむつき

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 被下候, 被成候天人

▼ 廻し地獄~ (2, 0.1%)

2 の騒ぎ

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

2 もまた

▼ 廻し島台~ (2, 0.1%)

2 を飾り

▼ 廻し平次~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 廻し彼女~ (2, 0.1%)

1 の頸, を抱きしめる

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 さるの, さるべく

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 が名人, を呉れる

▼ 廻し朗読~ (2, 0.1%)

2 の範囲

▼ 廻し気味~ (2, 0.1%)

1 だった, に見える

▼ 廻し申し~ (2, 0.1%)

1 ておきました, ては勿体ない

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 に言った, の精一ぱい

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 それから竹ごま, はどの

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 の沢山, 呑み節

▼ 廻し続々~ (2, 0.1%)

2 と九州

▼ 廻し自分~ (2, 0.1%)

1 も戦陣, も振り出した

▼ 廻し読み~ (2, 0.1%)

1 などをし, にし

▼ 廻し部屋~ (2, 0.1%)

1 にもある, の壁

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

2 を入れ

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

1 が入, が入っ

▼ 廻し~ (2, 0.1%)

2 の賭物遊び

▼1* [342件]

廻しあたりを見た, 廻しあの独特の, 廻しあり此の, 廻しある者は, 廻しいい気持に, 廻しいたしておきます, 廻しいたしますが, 廻しいよいよ窮すると, 廻し仕舞には, 廻しこの板を, 廻しこれまでに現われ出た, 廻しうな, 廻してとうとう, 廻しじゃ有りません, 廻しすぎはしない, 廻しすなわち花もろとも, 廻しすべておかしき形, 廻しする必要が, 廻しそうして見つけ出したの, 廻しそこから矢立, 廻しそっくりの声色, 廻しそのままかき込むといった, 廻しそのままズルズルと走っ, 廻しその他から解き放たれ, 廻しそら御辞儀だ, 廻したつてその, 廻しだったものだ, 廻しだろうか, 廻しちやア身躰の毒, 廻しちや町方の恥, 廻しっきりにし, 廻しつづいて壁, 廻してか都より, 廻してかばひながら, 廻してかへれる也, 廻してからにするがい, 廻してさ二三十集まったら, 廻してでもゐるやう, 廻してね握って, 廻してわッと, 廻してをりましたが, 廻しであり終りの, 廻しであるが同時に, 廻しであろうかその, 廻しでございましてお, 廻しでしょう近頃は, 廻しですね, 廻しでなく実際この, 廻しといふものを, 廻しとか摺古木とか, 廻しとしてまずその, 廻しとしては論理も, 廻しとでも書けば, 廻しとも言ふべき, 廻しなお夜が, 廻しながらもぢ, 廻しなどが平常気, 廻しなどに歌舞妓の, 廻しなどにはつひわれ, 廻しなどは必要で, 廻しなども軽佻浮薄めい, 廻しなどを風呂敷に, 廻しなほ子は苦笑, 廻しなるものを, 廻しにかけて当時同君の, 廻しにくいですからねえ, 廻しにて富士を, 廻しにや友人の, 廻しによるのである, 廻しどういう意味, 廻しねがいたいもので, 廻しのたうち廻したりした, 廻しばかり廻して, 廻しばっかりするん, 廻しひとりも遁さじ, 廻しひどいのに, 廻しひねくり廻して, 廻しふけおやまを罵り, 廻し斬込むかも, 廻しほとんど抱き運ぶよう, 廻しますると真直, 廻しまず二階から, 廻しまだお小さい, 廻しまつり来しみ酒, 廻しまで両側は, 廻しやうを自慢, 廻しやがつてお前の, 廻しよりもおもしろいな, 廻しゐるさまを, 廻しをのみいふに, 廻しジャリーンとばかり横, 廻しスタアトからピッチ, 廻しテーブルへ置き並べ, 廻しデレデレして, 廻しドアの外, 廻し相成候ヘバ一両日, 廻しハガキ百枚二百枚と寄附, 廻しヒョロヒョロと接近, 廻しファウストメフィストフェレス獣等に, 廻し一人で思う, 廻し一人前だ, 廻し一合戦をする, 廻し一散に後, 廻し一氣に主人, 廻し一瞬間に情報, 廻し七輪に味噌汁, 廻し三寸不爛, 廻し三時七分に大連, 廻し上半身を反らせ, 廻し両手で乳房, 廻し上小塚原にて, 廻し乍らあれかこれ, 廻し乍らきり出し兼ねる樣子, 廻し乍ら店へ顏, 廻し乍ら彦兵衞はさ, 廻し乍ら後ろ手を伸し, 廻し乍ら斯んな調子, 廻し乍ら目は雪, 廻し乍ら言つた, 廻し乍ら部屋の眞ん中, 廻し乍ら高台の中, 廻し乳母車に載せ, 廻し二人を叩き倒す, 廻し二手に別れ, 廻し二日三日と音信, 廻し人寄せの陣太鼓, 廻し今二人は恋, 廻し仔猫を尻尾, 廻し以前にもました, 廻しへば遅かる, 廻しの推察, 廻し充分に泣かせ, 廻しを急ぐ, 廻しも角, 廻しれと, 廻し其外の手配, 廻し其座を退き, 廻し出してやたら, 廻し刑事と怪盗, 廻し初めて居る, 廻し制動機に故障, 廻しで結ぶ, 廻し前面に黒い, 廻し力まかせに抱き上げた, 廻し勤王の義, 廻しに三つ, 廻し南北の麓, 廻し友軍右翼前面の敵情, 廻し叔母さんのこと, 廻しの意味, 廻し可有之候, 廻し叱咤した, 廻し各々これを, 廻し同時に二羽の, 廻しひ附いたら離れないからと, 廻し呼びけるにぞ巳刻時分より五六十人一座, 廻し多数の弥次馬, 廻し夥しい家作を, 廻し大きな背に, 廻し大丈夫誰も見, 廻し大声で喚きちらし, 廻し大野の面前, 廻し天井は天井, 廻し奉公人は言, 廻し好きなの, 廻し如何にも天一坊怪敷振舞なれ, 廻し始動から七秒後, 廻し姿の中老人, 廻し子供をおぶう, 廻し守兵の配備, 廻し定規コンパスその他の道具, 廻し家路に帰ろう, 廻しロシヤ風に, 廻し小体ながらなかなか, 廻し小役人根性を現し, 廻し居りしと, 廻しあるいは部落, 廻し山腹をのぼっ, 廻し山風で寒い, 廻し嵐粂吉の新, 廻し嵐粂吉近日賑々しく小屋びらき, 廻し工夫を凝し, 廻しの足, 廻し左手を執っ, 廻し差し当り何か, 廻して内懐, 廻しの掛け, 廻し帰りてその, 廻しは十歳, 廻しに掛り有し, 廻し廻してやん, 廻し廻したかと思ふ, 廻し廻転逆反り, 廻し張飛関羽らは真っ暗, 廻しは一時, 廻し彼独特の悪戯児, 廻しへ反り, 廻し御世辭や御座, 廻し思う所へ, 廻し思う存分に見物, 廻し恰も溜飲の, 廻し悉く迂廻し, 廻し懴悔をする, 廻し我此劍で永く, 廻し戦線から後方, 廻しを内側, 廻し扱帶を締め, 廻し投げとばしさらにあや, 廻し振り廻しして, 廻し振り廻しひとりも遁さじ, 廻し振上げられる逞しい銅色, 廻し掛行燈に算木, 廻し支度をし, 廻し新鮮な空気, 廻し方殖し方, 廻し日記は香港, 廻しの右大臣忠平, 廻し時代からの女房, 廻し暑き夜縄を, 廻し暴利をむさぼっ, 廻し更にそれが, 廻し替えて竃, 廻し月光の中, 廻し朝命に楯, 廻しのこと, 廻し来れる署長を, 廻し東北岸鼓の浦, 廻し板塀につい, 廻し果ては我を, 廻しに卷き附け, 廻し桝形に区切られ, 廻し槍ブスマの如く, 廻し止めた女丈夫だ, 廻し此の度御奉行様, 廻し此怨を晴さん, 廻し此處まではやつ, 廻しよ母, 廻しばかりをし, 廻し気候のこと, 廻し泣かんばかりに叫んだ, 廻しで菓子, 廻し海藻を繋留場, 廻し海賊船若し近寄ら, 廻しさ股に, 廻し漉返しの原料等, 廻しの廻り, 廻し炊事夫が一番下座, 廻し炭坑節とトンコ節, 廻し無期延期など, 廻し父親にも物, 廻し片手で縄, 廻し片足をちょっと, 廻し狙っている, 廻し猫八は一人, 廻しのよう, 廻し生徒の不行儀, 廻し申候明後日は關宿庄右衞門殿方, 廻し痙攣はじめしその五体, 廻し皆んな入れて, 廻し皮肉な健康, 廻し盛大なもの, 廻しぼしい家財道具, 廻し相互幾人もの死傷, 廻し眼鏡に顕れる, 廻し着物を着る, 廻し矢代の車, 廻し知らずのお, 廻し社交界に紹介, 廻し神妙の態, 廻し私達は世, 廻し秩序の無い, 廻しを見上げ, 廻し立ち騒ぐ侍臣たち, 廻し端折を直し, 廻し笑顔を向けた, 廻し紙帳の側面, 廻し紫色の烈しい, 廻し終った時には, 廻し結構な利分, 廻しへ, 廻しを描き, 廻し絶えず買戻しを, 廻し緋毛氈を敷き, 廻し羽目板へまで押し付け, 廻しへに考へた, 廻し者みたいな口ぶり, 廻し者ゆえ他人の手, 廻し者上部八風斎だな, 廻し者時遷という蝙蝠面, 廻し者白状したか, 廻し者花車を素っぱだか, 廻し者金井一角寄るより, 廻し背中に頻りに, 廻し背後ざまに襖, 廻し胸襟を開い, 廻し脚色の摸様, 廻し自身が人形, 廻し至って裕福に, 廻し致しますと云う, 廻し色っぽくたえず男, 廻し菊塢は可, 廻し薄氣味惡き坊主奴, 廻し行く手の露草, 廻し見ると常にジメジメ, 廻し覚悟のほどを見せ, 廻し触角を盛ん, 廻し言葉だろうと, 廻し誠に親に, 廻し貧しい子供の, 廻し贅澤と風流, 廻しをバタバタ, 廻し身代に苦み, 廻し車内に入っ, 廻し廻し山腹を, 廻し近くの縁, 廻し追い廻し飼養し, 廻し追羽子が最もよく, 廻し運転手が空バス, 廻し酒代を騙り, 廻し金地院範覚は金剛杖, 廻し金方にて拂, 廻し鉄砲を取り直す, 廻し鉄砲くじ引き瓶釣りその他, 廻し銅板の中心, 廻しを振り上げ, 廻し長廊下より天文臺, 廻し間口奧行拾三間づつ穀物乾物類を商, 廻し闇屋の塩舟, 廻し階段を上っ, 廻し難かった, 廻し雨風の日, 廻しか氷, 廻しと人, 廻し鞍部に出る, 廻し順序として日本詩壇, 廻しをひょっと, 廻し馬車廻しは無論, 廻し馬鹿囃子の一隊, 廻し馳走を致し, 廻し駈けて行く, 廻しを根, 廻し鼻高面のお