青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「患者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

息~ ~息子 息子~ 恰も~ ~恰好 恰好~ ~悉く 悉く~ 悠々~ ~患者
患者~
悩み~ ~悪 悪~ ~悪い 悪い~ ~悪かっ ~悪く 悪く~ 悪人~ ~悪口

「患者~」 2900, 31ppm, 3741位

▼ 患者~ (778, 26.8%)

33 ように 12 ような 7 顔を 6 やうに, 一人が, 脈を 5 ために, 数は 4 それの, 一人で, 中には, 名を, 方は, 診察を

3 [15件] 一人として, 上に, 中で, 体を, 命を, 大部分, 失踪事件, 姿を, 室に, 容態を, 所へ, 手を, 方から, 生命を, 診察に

2 [47件] うみを, ことを, ための, ない医者, なかに, 一人に, 中に, 体に, 信念を, 全部が, 処置を, 出た家, 収容に, 多くは, 室へ, 家へ, 容態が, 影は, 控室に, 救濟を, 数も, 敷用ひ, 方が, 方で, 暗示, 書いたもの, 様に, 歌, 歌である, 無い年, 生活に, 病室では, 病室に, 監房の, 眼に, 秘密を, 苦痛を, 葬りの, 見る幻覚, 言葉が, 診療に, 評判が, 足も, 身体に, 退院には, 隔離室な, 顔が

1 [535件 抜粋] あしらいに, あとから, ありさま, いふが, いるらしいサナトリウム, いる部屋, いる雑居房, いわば中継地, うしろに, うちで, うちの, うち息の根の, お友達, お民, かかわりしらない, くせに, ことが, ことだけは, こととて, ことなどを, ことは, ことも, ころは, ごとき蹌踉, ごとく見捨てられる, すべてが, すべての, する事, その後の, たぐいであった, たのみを, たべないもの, ためには, ためにも, だらうと, できたこと, ところへ, と三つ, と普通, と肺病患者の, どんな些細, ない醫者, なかで, なかには, ほうが, ほとんど全部, まっただ中, やうで, やうな, やうにを, ようで, ゐる所, ゐる雜居房, ウチから, コルセットを, スバラシイ幻想か, ソレの, ツナガリを, ヌルヌルした, パクンと, ヒンガラ眼を, ファイエルマンが, ポケットに, ユダヤの, 一人だ, 一人である, 一人という, 一人の, 一人は, 一人や, 一人一人に, 一家で, 一生の, 一番多い, 一群と, 三人も, 世にもみじめ, 世界に, 世話を, 両脚を, 中から, 中でも, 五官の, 亡魂が, 人で, 人柄は, 人生觀が, 付添いに, 代表と, 住んで, 住所姓名から, 体は, 体内に, 体温計の, 体質とが, 体質に, 例が, 信念としては, 倦怠と, 健眼が, 側に, 傍で, 傍に, 傍の, 傍へ, 傍らについて, 傷に, 元気に, 入って, 入つて, 全身を, 八九十%以上に, 具合を, 写真の, 処へ, 出た時, 出來る, 出入する, 切り開かれた上唇, 判断は, 判断及び, 判斷及び, 前にも, 前の, 前日の, 劇痛を, 半数ぐらいは, 危篤である, 収容処置は, 受持では, 口の, 口中に, 句帖から, 叫び声とが, 名前を, 名札は, 名簿に, 吐き出した空気, 吐物を, 向うの, 吹き出もの, 味方と, 呻き声, 呻吟声が, 呼吸は, 咳と, 咽喉が, 咽喉の, 咽喉部に, 唸り声, 喉の, 喜びは, 噂などで, 執念に, 場合じゃ, 場合でも, 場合は, 境遇を, 増加する, 多いの, 多い地方, 多かりし, 多数な, 夢, 大きい下腹, 大多数, 大群を, 失望と, 奇怪な, 奉送を, 奥歯が, 女が, 好奇心を, 如きは, 如く, 如く中, 如く狂いまわっ, 妄想たる, 妄想を, 妹か, 姓名を, 姿, 姿が, 婆さんに, 嫌いな, 子供だ, 子宮から, 子宮は, 安静に, 実家と, 実験報告にも, 室から, 室が, 家からは, 家です, 家の, 家も, 家を, 家庭の, 家庭は, 家族からも, 家族だけ, 容体に関する, 容体の, 容体を, 容態に関する, 容貌が, 寄りあい世帯, 寝台の, 寝室と, 寝息, 對話, 小萩さん, 尻に, 尿の, 局部を, 居る方, 居間な, 屍を, 屍体を, 屍體の, 展覧会の, 希望とによって, 常として, 平生に, 幻覚に, 幾人も, 幾割で, 床の, 廊下を, 弓状硬直でも, 弟は, 弱々しい咳, 後裔だ, 御兄様, 心に, 心を, 心理を, 心理状態な, 心理研究第, 心臓に, 思つてゐる, 思想は, 恐怖, 恐怖する, 恐怖心については, 恢復の, 息であったら, 患眼は, 悪口を, 情なさ, 意に, 意志によって, 意識する, 愚痴を, 態度は, 態度を, 慰めなりと, 慰安会という, 憂鬱を, 成瀬の, 手当てに, 手当てを, 手続きを, 手術が, 手足に, 手足は, 承諾を, 招きで, 控え室が, 控え室に, 控え室は, 救出に, 救護に, 散歩と, 散歩場だ, 数の, 數は, 方じゃ, 方に, 方については, 方ね, 方を, 日常生活について, 日常行動を, 日記を, 日課は, 明るい朗, 暇々には, 最も苦痛, 有様では, 来ぬ昼間, 来るの, 枕元に, 枕元を, 枕許へ, 栄養食としては, 極楽世界じゃ, 様であった, 様子を, 標本ばかりを, 歯を, 死が, 死に, 死に際に, 死を, 死亡は, 死体を, 死骸を, 殆ど全部が, 母だった, 毒気と, 気持が, 気持に, 気持を, 氣の, 水浴から, 治療に, 治療を, 泊った室, 泣いたり, 注射にかけては, 消耗性で, 清太郎が, 温度表を, 潜入を, 瀬戸といふ, 為だ, 為めに, 無気味な, 熱っぽい眼, 爲だ, 爲に, 父は, 片足を, 特徴が, 特徴に, 特色です, 特長である, 状態であります, 状態と, 狂乱する, 狂暴性とは, 独り路であるなら, 生命な, 生命に, 生命よりも, 生態にな, 生死が, 生死の, 生活を, 生活自体にまで, 由, 甲乙丙丁が, 病名だの, 病室を, 病巣に, 病気が, 病気は, 病気を, 病状の, 病状を, 病症を, 病的な, 病衣を, 発作中に, 発病の, 発病当時の, 白いタオル寝巻, 皮膚は, 目と, 目に, 目の, 看病を, 眠り居るを, 眼の, 眼を, 礼状を, 神経を, 私では, 私にと, 窓下に, 笑いが, 精神的煩悶苦惱を, 精神的苦悶を, 経過の, 経過も, 経験談に, 結婚という, 結節を, 經過の, 縁邊の, 總代が, 群は, 老人が, 耳に, 耳や, 肉体, 肉体の, 肉体組織に, 肝臓を, 背中に, 胸に, 脈の, 脊を, 脚を, 脳症を, 脳髄を, 腐つた気分, 腕を, 腹から, 腹の中に, 腹を, 腹壁を, 臀筋肉に, 臆病訳の, 臆病譯の, 臨終が, 臨終に, 自由奔放な, 自由意志によって, 自由行動に, 興奮が, 若い男, 苦しみの, 苦しみ方, 苦しむの, 苦痛などを, 蜂の巣を, 血や, 血液の, 血液を, 行列では, 行列の, 行動を, 表面眺め, 製作品若く, 見て, 見舞客を, 見舞用に, 規定は, 親兄弟, 訴えを, 訴へる, 診察が, 診察にあたっては, 診察にも, 診察室である, 診察最中に, 診察札を, 証言によって, 話して, 話では, 話に, 話を, 該病患者の, 責任は, 起こすもの, 足が, 足を, 身に, 身体の, 身体を, 身体自身に, 迷妄を, 逃走を, 途絶えた診察室, 運動場を, 遺骸を, 部屋から, 間を, 関係から, 附合以上の, 附添い, 雑然として, 青銅鬼で, 青黒い顔, 面を, 面倒を, 頑迷や, 頭の, 頭を, 頭脳を, 頭部の, 顏を, 顔から, 顔と, 顔には, 顔へ, 顔色からも, 顔色を, 願いを, 風貌とか, 食べる野菜, 食を, 食慾が, 高い咳嗽, 鼻の, 鼻へ, 鼻腔には

▼ 患者~ (382, 13.2%)

3 あって, 自分の

2 [24件] ある, いた, 一人いた, 一人も, 一様に, 入って, 入つて, 入院しました, 八九人詰らな, 出たり, 南側には, 同志岡田良造の, 多い, 岡田良造である, 死ぬと, 死んだの, 死んで, 溢れて, 縁端へ, 自分たちの, 診察を, 詰めかけて, 野放しに, 顔を

1 [328件] あったもの, あふれて, あまり早く, ありました, ありますが, あるかと, ある種, いかにも安楽, いたそれ, いたならという, いたの, いつぱい, いつも読み, いて, いなくなると, いなくなるので, いる, いること, いるに, いるん, いる筈, お菓子を, かぎりなき, かなりいる, ここに, ことに農村, こなくなったせい, この若い, これほどに, こんな樂園, こんな運動, ございまして, ございますが, ございますので, さう込み合, すくなく, すこし出た, すすけた病室, そうか, その側, その林, その毒, その病院, その金, それを, そんなにゐる, たくさんいました, たくさん出た, たくさん発生し, だんだんに, つぎつぎと, つめかけて, できると, どうも今, どこへ, どんどん後送, どんなに多数, どんな汚辱, どんな風, なんと思つて饒舌つて, のぞきに, はいって, ひきも, ひとりも, ぴんぴん歩ける, ふえる, ぽっくり死ん, まだ生きてる, まちげえ, まもなくこうして, みえましたが, みずみずと, みな公園裏の, みんな愛想を, みんな肝臓を, みんな肝臓病だ, みんな逃げ, めきめきと, もう診察, やってきたの, ゐた, ゐて, ゐますの, アルコールに対して, アルコールの, キングだつた, ジーッと, ソーフアにかけて, ハンストを, バタバタと, ベッドの, メガネを, メキメキと, メッキリ減っ, モルヒネの, ワンワンと, 一人あ, 一人僕の, 一人死ぬ, 一先づ絶えた, 一樣に, 一気呵成に, 丈夫な, 三人も, 三四名しか, 三百人ほども, 上って, 並んだまま, 久しく床, 乗って, 二人も, 二人先着し, 二十人近くも, 云う, 五十人も, 人の, 人知れず痰, 今にも気絶, 今朝脳貧血で, 他の, 仰臥し, 何か, 余を, 作るん, 來て, 來ました, 入口の, 入院し, 入院中お産を, 全快した, 公式フォビヤと, 再發, 冷たいもの, 出す強烈, 出たため, 出たと, 出たもん, 出て, 出で, 出でるの, 出ますと, 出ると, 出るの, 出来上る, 到るところ, 創り出した米船, 医師と, 十人二十人と, 十分麻酔した, 却つてそれを, 収容せられ, 取り組んだよりも, 受付に, 同室し, 呻吟し, 呼んだ, 咳を, 喀血た, 喀血など, 四十人ばかり, 報酬を, 増加いたし, 変に, 多いので, 多かった, 多かつ, 多く行く, 多数を, 多数突発した, 夜の, 夢中で, 大多数, 奔馬性の, 妊娠した, 存在し得る, 学生の, 寝息を, 實際眠つて居る, 少くなっ, 少く何処, 居た, 居ないと, 居ります, 幾人も, 床の, 強く興奮, 彼の, 待って, 得てして用いる, 忘れて, 忽ち減少, 怒りだしそれ, 思いがけなく全快, 思ひ, 恐ろしく健康体, 息を, 悦ぶと, 懲りて, 或經驗, 戸を, 手術に, 手術台に, 手術台の, 手術室から, 承諾を, 抱いて, 担架で, 控室の, 收容せられ, 散在し, 数名控え室に, 數百圓の, 文字どおり気息奄々と, 斯の, 明るみを, 最期に, 朝から, 朝注射で, 来たという, 来たな, 来たもん, 来たり, 来て, 来ますし, 来ますと, 来る, 来るよう, 横り, 歩いて, 死に, 死にかけて, 死に瀕, 死んでからという, 殖えたら日本, 殖えて, 殖えなくちゃ, 殺されて, 殺到する, 毎日百姓を, 治って, 治癒に, 注射といふ, 浮世を, 激しい腹痛, 激増し, 灰色に, 無言の, 狭い待合室, 現れよって, 現われるかも, 現われると, 現在の, 異常な, 病室に, 病院を, 痛いなんて, 痛そう, 療養すべき, 癩患者である, 癩患者と, 発作を, 発見つてから, 皆助かった, 皆逃げちまいました, 相ついで, 相次いで, 看護人を, 看護婦の, 眠って, 眠ること, 眼を, 眼球剔出と, 空想が, 立てこむと, 立てこんで, 競争し, 笑うと, 精神病者らしいで, 組合だの, 続々出る, 続々発生, 続いて, 肝臓炎でも, 脚を, 脱走した, 脳や, 腰かけて, 膝の, 自ら何事にも, 自ら其の, 自ら治さん, 自己の, 至るところ, 興味に, 著しく羸痩, 薬に, 薬の, 虫の, 衆人に, 行方不明に, 見えるそう, 見つかりましたか, 訪ねて, 診察が, 識らず, 赤痢の, 込むので, 迷惑するだろう, 退院し, 退院する, 通例死の, 造つてゐる, 逮捕された, 遊歩する, 運びこまれた時, 野宿を, 長い廊下, 門前に, 階上と, 集って, 集まった, 集まって, 集まつて, 非常に, 順番を, 食物に, 骨を, 麻酔から

▼ 患者~ (351, 12.1%)

6 自分の 3 何か

2 [18件] もう疾くより入院, 一ヶ月の, 一人も, 久松でなけれ, 代診が, 余の, 僕の, 入れ代り, 同志に, 多いの, 太田だけ, 岡田な, 目を, 私の, 笑つた, 笑わなかった, 自らに, 非常に

1 [306件] あつて, ある大家, ある特志, いずれも, いつ頃, いなかった, うとうとした, おそろしく意地, おびただしいもの, おるまいな, こういうところ, こう云いかけ, こう云っ, ことによる, この原稿, この小さい, この新, これが, これを, こんなこと, こんなにしゃべる, さらけ出された方, しばらくのま, しばらく考え, すぐ津田, すぐ隔離, すっかり安全, すべて肝臓疾患ある, せめてあの, その右, その場, その夜, その夢中遊行, その失神, その病状, その顔, それが, それだけでも, それで, それによって, それに対して, そんな科学者たち, たいがい国民健康保険の, たいていが, たちまちあわただしい, たった一日, だしぬけに, つつましく生活, とにかく尾根, どういうわけ, どうした, どうなった, どんな男, どんな苦痛, どんな顔, なく直ぐ, なんとも判断, にちゃにちゃする, ひからびて, ひどくその, ひどく其革砥, ふたたび死んだ, ほとんど肝臓肥大, ぼろ舟に, まだかすか, まだそちら, まだなかなか尽きない, みな洗面所へ, みんな寝台を, むしろ楽, めいめいの, もう死ん, もう看護婦, もう肉体力, もと来た, もはや常人, やっと眼, やはり笑えなかった, よくこの, アラレヌ眼付きで, コロリと, コロロホルムの, サン, スリッパや, ヒドく甘い, ヒロポン代で, ヒンガラ眼の, ラジウムに, 一定の, 一日三四十人近くも, 一時軽快します, 一歩も, 一進一退の, 三人とも, 三日ばかり, 三週間の, 上げた脚, 不幸な, 不快の, 両三日後, 丸で, 之を, 予想の, 二十一二の, 二十五歳の, 二十人ぐらい, 云いわけ, 云つた, 云つて踵を, 五歳に, 京都での, 人より, 今がん, 今は, 今までに, 今落ちつい, 他の, 代る, 以外に, 仰向いて, 体を, 余が, 例へば毎日入浴, 健康に, 健康の, 傷が, 傷痍軍人四十七名引揚者十三名一般六名を, 入浴すれ, 入院以後病勢が, 入院費が, 全部逃げだし, 八十一の, 其の自, 再び水, 再び笑つた, 出なくなる, 出入する, 出血の, 医局まで, 危く一命を, 又笑つた, 口の, 右の, 右腕を, 同じよう, 呆気に, 單獨に, 囈言の, 四十七の, 地上千万無数の, 塾生と, 夏の, 夏を, 外出が, 外科の, 外科医に, 大いに羨望, 大勢ある, 大川竜太郎という, 大抵児供だ, 大抵歸つてしまつて, 女三十二人男九十一人合計百二十三名といふ, 始めて笑う, 学士を, 安心したらしかった, 定員超過で, 容易に, 寝たら寝たきり椅子, 少いけれども, 少し遠慮げ, 常に余分, 常に體重, 平静な, 庭の, 役員や, 彼には, 彼等親子より, 御来迎と, 心から疲れた, 心の, 必しも, 必ずさる, 忽然立ち留まつ, 忽然笑つて立ち上が, 思い出したよう, 急いで, 息を, 患者用の, 愉快げに, 慰みに, 憤慨し, 憤然として, 懸命に, 手あての, 手を, 手術中に, 手術室に, 手術後程なく, 推定八十人も, 政治家学者, 救わねば, 数年来顛癇の, 数限りなく, 断じて幸福, 既に脳病, 日ましに, 日常生活では, 日本の, 明るい光線, 時々床, 時折癲癇の, 晝夜の, 暗い穴, 暫く黙, 暫らく眼を, 未婚男女の, 本を, 果して眼, 柳橋の, 次第に仕事, 次第に興味, 此の, 此豫期感情が, 死ぬだけの, 死ぬと, 殆どと, 気が, 決して病人一人, 泣き出した, 注射によって, 洗面器へ, 減り家つき, 減り病死者, 満足し, 滅多に, 滿員だ, 激増し, 無聊の, 無論患者, 熱心に, 現在の, 生れて, 申し合せたよう, 申し合せた樣, 男か, 画も, 病室に, 病院ぢゆう, 病院には, 病院の, 皆相当, 目だつて, 相手の, 看護人に, 真黒くなる, 石の, 私が, 私を, 種崎へは, 突然高, 窓の, 窓硝子に, 笑うこと, 笑えなかった, 笑ひ, 米国人も, 精神病者らしい, 精神的に, 納得する, 紺絣の, 経過が, 結局狂死する, 総立, 腰から, 自ら豫期的態度を, 自分自身の, 自然的なる, 自発的に, 苅り立て, 若し之, 苦しみ橋, 苦痛の, 藥品を, 覚えずそれ, 親しみ難い, 詞短かに, 話し出しました, 語り続けた, 身體には, 近来激減した, 近頃は, 酷く小心, 重態で, 長年高血圧や, 間もなく深い, 防空壕の, 院長の, 階下に, 静かで, 額に, 食事を, 食物を, 飲みましたかと, 首を, 骨の, 黄いろい病衣

▼ 患者~ (267, 9.2%)

10 して 8 診察し 6 見て 4 診察する

2 [20件] いたはり, うんざりする, のぞいて, はこんで, 出して, 出し或, 受けたと, 受ければ, 手がけて, 扱って, 掠めて, 毒殺しよう, 治療する, 病院に, 笑わせること, 見殺しに, 診て, 診察し終る, 護りて, 連れて

1 [199件] あつめて, いたわるやさし, いぢくり, いるるべしと, うまくあしらうでしょう, お叱り, お笑わせ, お茶の水に, ここへ, ことわって, さらに丘, つれて, とって, ながめて, ひきつけること, またせたり, まるで玩具, みだりに興奮, みて, よろこばして, タンクへ, ビックリさせる, ベッドの, 一病理学者は, 一目見, 下へ, 不眠に, 中心に, 乗せた運送車, 乗客に, 二名同室せしめた, 二度も, 二群に, 亢奮状態に, 仰臥かせ, 余は, 入院させる, 其処へ, 内証に, 処理しよう, 出さなかった, 出したと, 切ったり, 別室に, 助けたところ, 助けるため, 医員連の, 半殺しに, 収容し, 収容する, 取り扱うに, 取扱つて居られる, 受持って, 叱る時, 回復させん, 囲むその, 埋めた, 大急ぎで, 守護する, 完全に, 容れるため, 専門に, 川の, 弁護し, 引き受けて, 引受け切れず外神田, 当病院, 往診した, 御覧に, 心服せしめる, 想像し, 惹きつけて, 愛して, 慰めようと, 手がけた覚え, 手当次第妾と, 手當次第, 手術する, 手術台に, 手運びで, 打ちすえるの, 扱うので, 扱ったの, 扱ふ, 担ぎだすの, 捉えて, 探しだした私立探偵, 探しだして, 救いたいと, 救うこと, 救うには, 救わんと, 数人患者の, 施療する, 旅行とか, 有す, 有するなり, 根気よく, 棄てます, 椅子に, 検査し, 極楽まわしじゃ, 死なせる手段, 死地より, 殖やす上, 殴り殺したという, 殺し損ねた事, 殺すこと, 汚ながっ, 治すため, 海上において, 渡すと, 激励し, 焚殺した, 無料で, 父母と, 父母として, 生かす殺すの, 生じシカモ防疫設備, 病室へ, 療養する, 癒すのに, 癒すん, 皆殺しに, 相手に, 看護し, 真向いの, 眺めたとき, 眺めまた, 眺める勇気, 眼覚すまい, 礼拝堂に, 私の, 笑わせようと, 紹介し合う, 絞れる可能性, 絶えず監視, 絶望させる, 続いて, 置いて, 置いてきぼりに, 肩に, 自由に, 舟へ, 良心的に, 苦しませては, 落胆させた, 装いました, 装って, 裏手の, 襲う夢魔, 見うけること, 見た, 見たこと, 見ただけ, 見たらそれ, 見なければ, 見まもった, 見ると, 見るとき, 見るよう, 見れば, 見廻して, 見廻るに, 見舞いに, 見舞うの, 見舞うのに, 訪ねて, 訪れること, 診たこと, 診よ正確, 診るたび, 診るとき, 診るどころか, 診察室に, 診断し, 診療し, 診療しなけれ, 調べるより, 迎えた, 送った, 送って, 運びこまれたといふ, 運び去らせながら, 選み出し, 避難させましょう, 重病者は, 附添い, 院外へ, 陸軍病院に, 集めて, 集めるから, 集合させる, 順に往診, 預り所謂家庭看護を, 食い荒しつつ, 駆逐しよう, 驚ろかさない, 鬼頭博士の

▼ 患者~ (193, 6.7%)

8 對し 7 なって 5 向って 4 して 2 あらざる旨, されて, なった, 向つて, 接して, 接するや, 特有な, 移されて

1 [153件] あたえること, あなたの, あなたは, あまり高い, おそろしい暗示, お尻, かまれるとは, これを, さとすよう, ずいぶん時間, そそのかされて, そっくりでした, とっちゃ, とつて, どうして確実, なっちまった, なつたり, なつて, なりてえくらい, なる, なるなんて, ひとりでに備わっ, ぶつかるの, ほかの, まわす, もの云う, もの言う, よう似, よく見る, よれば, ウケがい, ショックを, 一任し, 一切こづかいを, 不親切な, 与えそう, 与えて, 与えました, 与えられなかったこと, 与えるか, 与える食物, 与え毒殺, 云ひ聴かせる, 亜硝酸アミルを, 亜黄疸又は, 仕向けて, 会わせるよう, 似た者, 似た自己非難, 似て, 其の制限, 内服させる, 化て, 匙を, 医学的な, 反応を, 取って, 取り持たうとして, 只便通, 名刺の, 向けられて, 向ふと, 含嗽を, 呼びかけるの, 命令し, 堕する, 多い, 多いよ, 奈何し, 奮發心を, 子宮剔出手術を, 安心を, 宣告した, 對する, 強心剤を, 必らず, 応急の, 忠実親切な, 思いを, 怪しまれるよう, 恋情を, 意識せしめる, 成り下るとは, 手を, 手数が, 打ちこむ良心, 接しつ, 接しましたが, 支給される, 於ける向性検査, 於て, 服ませ, 残された二つ, 氷を, 汗を, 沢山の, 注射する, 注意しました, 深くまします, 渡して, 渡します, 無意味な, 無理に, 煙草を, 特有の, 現在の, 病室を, 発熱が, 相違ありません, 相違ありませんでした, 相違あるまい, 眼薬の, 着せる白ネル, 知らせる仕掛, 神経の, 給与する, 肉汁を, 自殺の, 良薬は, 苦い薬, 著しい効験, 見られるよう, 見るよう, 親切で, 語ること, 説明した, 説明する, 豫め其の, 賜りし, 起させて, 起るかも, 近づかんと, 迷惑を, 逢わせること, 過ぎないだろうから, 過ぎなかったの, 違いない, 違い無い, 違ひ, 都合が, 附いて, 附き添って, 附添う, 附添つて彼は, 限りませぬ, 電気か, 面会したい, 頭を, 類する狂躁状態, 馴れた若い, 麻酔の, 麻酔を, 麻酔剤を

▼ 患者~ (75, 2.6%)

3 のこと, の姿 2 も一様

1 [67件] がいる, がぞろぞろ, がどの, がまだ, が坂, が多かっ, が如何, が注射, が眼, が黙っ, だの病棟, である, なの, にも一人, によつて組織, に何, に充分, に報せる, に見られない, に飲まされ, のうち, の云い合っ, の増え出した, の夕食, の安静時間中, の幻想, の心, の慰問用, の懇話会, の手, の最後, の気, の汚い, の特別, の目, の話, の顔, は, はあ, はぞろぞろ, はどちら, はまた, はみな熱心, は少し, は平気, は後学, は新入, は殆ど総動員, は決して, は皆歸つたあと, は美しい, ばかりが取り残され, も, もやはり, も一人, も朝, も朽ち果て, も私, も自分, よりもずっと, を一人一人, を呼ぶ, を慰める, を收容, を看護, を見, を見舞

▼ 患者~ (68, 2.3%)

2 一緒に, 二人きりに, 同室する, 棟を, 病院が, 見え出した

1 [56件] いうなら僕, いうよりも, お医者たち, お考え, されて, する方, それと対, それに, であった, なったわけ, なった私, なって, なつて, なり済まし, もう望み, ギリギリの, ベッドを, 下痢患者が, 主治医じゃ, 云つても, 云ふ, 何の, 共に苦しむ, 十一人の, 取り換わせながら, 同じの病棟, 同じ小さい, 同じ怯懦さ, 同様, 同様の, 同様最初から, 周囲の, 学生と, 宿, 差向いで, 微笑を, 思いましたので, 書いて, 殆ど寸分, 油切った, 油切つた, 特別に, 独歩患者とを, 申しましては, 異る, 癩療養所で, 相成る事, 看護婦との, 知らで, 診断し, 認めて, 認められて, 違う, 酒を, 関係してやろう, 附添い

▼ 患者たち~ (50, 1.7%)

2 が日光浴, の安静, の心, は失望

1 [42件] から死, がい, が作っ, が坂, が寄り集っ, が悩ん, が手, が散歩, が籐, が興味, が集る, で作, と何ん, にいろいろ, にも警官なみ, に向っ, に拝ませ, のよう, のスリッパ, の体温表, の寝台, の幻想, の手, の気保養, の生態, の苦しい, の重苦しい, の黒い, は会話, は医者, は咳き始めた, は新入り, は眠る, は私, は行き, は食事, もやはり, も銘々, を, を思いだした, を案内, を診察

▼ 患者~ (50, 1.7%)

2 あまり居ないらしく, ゐれば, 受け食事

1 [44件] あるでしょう, あるので, あるよう, あれば, いやでも, きまりわる, くたびれて, この部屋, それに, それを, どうにかつきはじめた, どの患者, ないの, ひとから, みんな追い出される, もういいかげん, ろ號室の, ゐなく夕飯前, トラホーム・パンヌスも, 三度目の, 共ども堕胎罪として, 勿論あっ, 同じく発作, 喜んで, 大体助かる, 少くなりました, 少しは, 居りその他胃病, 担がれて, 方々の, 日光浴用の, 殖えること, 無自覚的で, 珍しいに, 甚しく, 病衣の, 眼覺めて, 笑い出した, 覚悟を, 負けては, 過激な, 附添い, 附添人も, 面白が

▼ 患者さん~ (37, 1.3%)

2 が足

1 [35件] お目, が, があっ, がお, がふい, が手術, が機嫌, が眠っ, が集つて, ですよう, にはそれ, に名刺, ね, のお世話, の一人, の代り, の体温表, の内六名, の歌, の潮田さん, の訴え, の附添婦, の顔, は, はお元, は何, へこの, まだおやすみ, も前, も殺さない, よ三日, をどうにか, を大切, を移す, 御気分

▼ 患者~ (31, 1.1%)

3 ということ 2 といつた, な

1 [24件] から医務室, から止む, しそれになお, ぞ, つた, つたと, つたとかいふ, つた阿, つてばかな, という情報, という独断, とする, とは何事, と待遇, と思つて, と断定, と睨ん, と解る, と言, ね, よ, アルコールで, 私も, 遊民だ

▼ 患者~ (30, 1.0%)

2 のこと, の邪魔, は中風患者, は囂々, は女史等, は彼, は看護婦, を打

1 [14件] が坐っ, が坐つ, が通, が通っ, に出, に對, に親しみ, のそれと, の楽し, は油虫, は油蟲, は理髪師, は理髮師, へ別れ

▼ 患者~ (26, 0.9%)

4 あつた

1 [22件] あつて, いっぱいに, きのう死んだ, それこそ, ゴッタが, 一人は, 之まで, 他は, 僅かに, 元来欧洲航路, 助からなかった人, 孕んでから, 彼女の, 悲しい哉, 暗い廊下, 気むずかしやの, 満員と, 眼も, 祖父の, 見る影, 超満員, 青木という

▼ 患者には~ (25, 0.9%)

2 何の, 始終匙

1 [21件] この部屋, その感じ, それが, そんな隙, たいてい一つ, 一人の, 一文の, 今甘い, 強制的に, 悉く之, 情慾が, 慣例によって, 最もよく, 最も可, 漢方でも, 甘いゼネガシロップ, 男よりも, 相違ない, 笑顔も, 絶えず一人, 絶對に

▼ 患者として~ (22, 0.8%)

2 入院し, 粟粒性肺結核で

1 [18件] この七号室, この病院, この部屋, 世田谷区, 伸子に, 倒れねば, 入れられて, 入院した, 博士の, 官費で, 幽閉され, 彼女を, 扱いつけられたという, 死んだ百余名, 残りの, 津田を, 親兄弟, 閉じ籠め

▼ 患者である~ (20, 0.7%)

2 とすれ

1 [18件] が子供, こと, ことは, そうです, その人個人, ためよりも, ということ, という事実, ところから, としか考へられなかつた, との予備知識, と確信, と胸, と自覚, のに今更, 伸子が, 自分に, 自分を

▼ 患者~ (16, 0.6%)

3 看護婦に

1 [13件] あるいは永い, その他やりきれない, 兵士や, 医員や, 来客は, 瘰癧患者は, 稲荷下げなどの, 見舞人に, 身体の, 附添が, 附添の, 附添人などの, 附添人等の

▼ 患者から~ (13, 0.4%)

1 [13件] おがまれたり, 主任教授宛に, 何でも, 信頼せられた, 呼び付けられる事, 家庭の, 引き継いで, 感染した, 見ると, 貰ったと, 迎えが, 運び出して, 酒を

▼ 患者自身~ (13, 0.4%)

1 [13件] が, が早く, が食物衛生, なりその, の精神生活, はどんな, はむろん, はもとより, は卒中発作以来, への精神的, もその, も平生, をし

▼ 患者です~ (12, 0.4%)

31 か, から, からこの, からね, が多分, が当時, な, ね, わ

▼ 患者~ (12, 0.4%)

3 のである 2 んです 1 のかすら, のだ, のだろう, のでどうもやはり, ので無風, んだ, んだらう

▼ 患者さん達~ (11, 0.4%)

2 と一緒, を喜ばせ 1 がしこたま, にとつ, に氣, の丹精, はみな熱心, よ, を乘

▼ 患者とは~ (11, 0.4%)

1 [11件] 二三日置き, 云いながら, 何と云, 全く違った, 實に, 思ひ度, 思われぬほど, 最も彼, 特別の, 知らないから, 知り合いが

▼ 患者に対して~ (11, 0.4%)

1 [11件] 不親切と, 先づ鼻汁, 医者が, 単に形式以上, 如何に, 心使ひ, 忠告を, 愛嬌を, 服薬の, 絶好の, 非常に

▼ 患者でも~ (10, 0.3%)

1 人を, 入るの, 入るので, 取り扱うよう, 容赦なく, 来ない間, 診ないこと, 譽めない, 退院し, 頭痛の

▼ 患者では~ (9, 0.3%)

2 ない早発性痴呆症患者 1 あつた, あるけれども, ないかと, ないけれど, なかった, なくこの, なし今頃

▼ 患者との~ (7, 0.2%)

1 ありふれた交渉, 一問一答が, 境界線が, 間に, 関係が, 関係とか, 関係は

▼ 患者~ (7, 0.2%)

2 のベンチ 1 に積まれた, の婦人雜誌, の寝, の物, の鳥打帽

▼ 患者であり~ (6, 0.2%)

2 も一人 1 ゲリラも, 世界新, 疑心暗鬼の, 自然県へ

▼ 患者に対する~ (6, 0.2%)

1 ときだ, ときに, 不断の, 復讐心が, 態度である, 自分の

▼ 患者~ (6, 0.2%)

1 の少女, の私, の袖, はどこ, を着, を着せられ

▼ 患者~ (5, 0.2%)

1 どうだ, はた供, みんな生気の, 何ぞの, 本当の

▼ 患者さん方~ (5, 0.2%)

1 がつ, とゆ, に親しく, の丹精, はやがて

▼ 患者であった~ (5, 0.2%)

1 かと思う, がしらべ, のを, ような, 中年の

▼ 患者という~ (5, 0.2%)

3 ものは 1 のは, 態度であった

▼ 患者としての~ (5, 0.2%)

2 僕が 1 伸子を, 僕にとって, 見覚えとは

▼ 患者にも~ (5, 0.2%)

1 なる, 其の事, 試みて, 趣味といふ, 運動場に

▼ 患者ばかり~ (5, 0.2%)

1 いぢくつ, ごちゃごちゃと, です, 居る大広間, 押込めて

▼ 患者への~ (5, 0.2%)

2 親切が 1 指図と, 救いの, 気安めの

▼ 患者みたい~ (5, 0.2%)

1 な人間, な十五億, な自分, にぎくしゃく, にした

▼ 患者らしい~ (5, 0.2%)

1 ものは, 卑劣な, 外国人が, 疲労が, 醜悪さが

▼ 患者だった~ (4, 0.1%)

1 がもうすっかり, という, という事, のじゃ

▼ 患者といふ~ (4, 0.1%)

3 ものは 1 言葉を

▼ 患者などの~ (4, 0.1%)

1 いる隔離監, ビスケットを, ビスケツトを, 臨終には

▼ 患者などは~ (4, 0.1%)

1 その家, 万が一にすらも, 幾たりも, 恐ろしさうに此戸外

▼ 患者にと~ (4, 0.1%)

2 つては, つても

▼ 患者よりも~ (4, 0.1%)

1 先に, 数等みじめな, 父の, 院長の

▼ 患者控室~ (4, 0.1%)

1 に当てた, の前, の扉, は十畳

▼ 患者時代~ (4, 0.1%)

2 の借金, の費用

▼ 患者および~ (3, 0.1%)

2 肺病患者の 1 施術者に

▼ 患者だつた~ (3, 0.1%)

1 がこれ, がなか, がもうすつかり

▼ 患者であっ~ (3, 0.1%)

1 たり又, てまた, て衝戟

▼ 患者とが~ (3, 0.1%)

1 ゐて, 入湯する, 時々苦し

▼ 患者などが~ (3, 0.1%)

1 ゴッタ返した, 発作を, 通ふ

▼ 患者なら~ (3, 0.1%)

1 ばよく, ば自分, 玄関から

▼ 患者について~ (3, 0.1%)

1 奇怪な, 試験を, 調べたところ

▼ 患者にとって~ (3, 0.1%)

1 如何とも, 甚だ都合, 笑うこと

▼ 患者にな~ (3, 0.1%)

3 つてし

▼ 患者仲間~ (3, 0.1%)

1 に鼻, の居る, を迎え

▼ 患者~ (3, 0.1%)

1 から云わせ, の不興, の意志

▼ 患者同志~ (3, 0.1%)

1 が落ち合っ, が集団, はすべて

▼ 患者特有~ (3, 0.1%)

1 の冴え返った, の強い, の敏感

▼ 患者~ (3, 0.1%)

2 してるに 1 して

▼ 患者~ (3, 0.1%)

1 で行, にお, に呼ばれ

▼ 患者からの~ (2, 0.1%)

1 迎えである, 遣物

▼ 患者こそ~ (2, 0.1%)

1 いい迷惑, 迷惑千万だ

▼ 患者さんたち~ (2, 0.1%)

1 がはだ, なの

▼ 患者すべて~ (2, 0.1%)

1 に私, の人

▼ 患者だけ~ (2, 0.1%)

1 であった, 二十七人居る

▼ 患者だけを~ (2, 0.1%)

1 収容する, 面倒見

▼ 患者でない~ (2, 0.1%)

1 ので拝む, 事が

▼ 患者とか~ (2, 0.1%)

1 その変った, 喀血性の

▼ 患者としては~ (2, 0.1%)

1 この病院内, 異常に

▼ 患者とに~ (2, 0.1%)

1 捧げられて, 関係した

▼ 患者とを~ (2, 0.1%)

1 はこんだ, 受け持って

▼ 患者につき~ (2, 0.1%)

1 ものの, 物の

▼ 患者にでも~ (2, 0.1%)

1 兄妹の, 掴って

▼ 患者に対し~ (2, 0.1%)

1 私たちが, 頭書の

▼ 患者に対しては~ (2, 0.1%)

1 この療法, 異常な

▼ 患者に対しても~ (2, 0.1%)

1 余計な, 独得の

▼ 患者ほど~ (2, 0.1%)

1 却て, 自家の

▼ 患者までが~ (2, 0.1%)

1 殖えるやう, 私を

▼ 患者もろ~ (2, 0.1%)

1 とも溝, とも首

▼ 患者~ (2, 0.1%)

2 だからお

▼ 患者を通じて~ (2, 0.1%)

1 それが, 十分に

▼ 患者一般~ (2, 0.1%)

1 として取り, の気質

▼ 患者三十六名それ~ (2, 0.1%)

2 に今日

▼ 患者以外~ (2, 0.1%)

2 の来客

▼ 患者多し~ (2, 0.1%)

1 その品性下劣, 品性下劣なり

▼ 患者~ (2, 0.1%)

1 と薬局, に通し

▼ 患者常に~ (2, 0.1%)

1 寐台の, 寐臺の

▼ 患者控え室~ (2, 0.1%)

1 へ出, へ通う

▼ 患者收容~ (2, 0.1%)

2 に赴いた

▼ 患者~ (2, 0.1%)

1 の三分の一, の激増等

▼ 患者百二名死亡者二十五名全癒者四十一名~ (2, 0.1%)

2 現患者三十六名

▼ 患者監督~ (2, 0.1%)

1 と口, の眼

▼ 患者相手~ (2, 0.1%)

1 の徒然, の月刊雑誌

▼ 患者~ (2, 0.1%)

2 一号の

▼ 患者~ (2, 0.1%)

1 の人々, の側

▼ 患者肺病患者~ (2, 0.1%)

2 には最も

▼ 患者見たいな~ (2, 0.1%)

1 ものだ, もので

▼ 患者運送車~ (2, 0.1%)

2 が置い

▼ 患者~ (2, 0.1%)

1 を支, を支え

▼1* [140件]

患者あるごとに, 患者あるべき道理なし, 患者かばかりだった, 患者かも知れんな, 患者からもまた病院, 患者がねェえあっち, 患者がをつても, 患者こそは医学史における, 患者さまざまな症状, 患者さんだつて, 患者さん同志お互に, 患者さん転寝して, 患者しかゐません, 患者じゃないん, 患者すなわちキチガイの, 患者すべて人の資格, 患者それからあらゆる程度, 患者や, 患者たち一同を川向う, 患者たち廊のはづれ, 患者たるに過ぎないで, 患者たる者はない, 患者だって痛ければ, 患者だらうか, 患者だろうと思われます, 患者や, 患者つまり病人を, 患者でしたよ, 患者でしたら大抵肥っ, 患者ででもあったの, 患者でなかつた場合には, 患者といったふうに, 患者としか思えなかった, 患者とでもいうべきでしょう, 患者とみに多くなれり, 患者どうか引取っ, 患者どんな長期入院患者の, 患者ないしはそれらの, 患者なしという状態, 患者なぞと御大層な, 患者などはきつと, 患者などという観念を, 患者などとはまるで比較, 患者などに対して一種の, 患者なども直ぐ癒し, 患者なり殺人犯なり, 患者なんぞであった, 患者なんぞは目中に, 患者なんてものは, 患者についてはミュラア博士を, 患者によってはすでに感情生活, 患者のみである, 患者のみが衝動の, 患者のみを突出し, 患者はずつと向上し, 患者ばかりが寝て, 患者ばかりに入院を, 患者ばかりを収容し, 患者ひとりひとりを盗み見いたしました, 患者食べものを, 患者みたような, 患者めいた気質, 患者もしくは魔婦の, 患者より材料を, 患者の本性, 患者らしかつた, 患者をめぐってある種, 患者をも研究され, 患者ニハソンナ用意ヲシタコトハナイガソレデモ間違イハナカッタノデアルシカシ御老人ガ注射ヲオ受ケニナルト云ウナラ, 患者ニ何回トナクコノ注射ヲシテルンデスガ血管ニ触レタコトハ一度モナイノニ, 患者ニ試ミ一回ノ失敗モナク成功シテイルカラ, 患者ハ忽チ呼吸困難ニ陥ル, 患者モ格別不安ガッタリ恐レタリシタ者ハナカッタ, 患者ラオチャンドの室, 患者リュウマチス患者それからあらゆる, 患者扱イコノ方法デ, 患者一人殖えて, 患者一人ベッドに寢, 患者一同を講堂, 患者を探し, 患者乃至は其等, 患者二番目が彼, 患者以上に満足, 患者会館と呼ぶ, 患者には思ひしなるべし, 患者全体の向性指数, 患者全部收容できる病院設備, 患者六名を收容, 患者十五名ほどの中, 患者又は其家人に, 患者収容所で旧幕時代, 患者樣に, 患者変常のとき, 患者姿の, 患者宮川宇多郎氏はわが, 患者専門の療養所, 患者廻りをする, 患者待合室や受付, 患者必ず死すと, 患者悪疾な病人等, 患者ひを, 患者扱いにする, 患者持参のニトログリセリン錠, 患者政権利権の脾胃虚, 患者数百人すべての興行物, 患者之候, 患者せし頃, 患者殺しに精, 患者池田某だけの問題, 患者泣かせの失敗, 患者浪人藤掛道十郎である, 患者などを取る, 患者無しに行抜け, 患者特に僕たちの, 患者独特の潜在恐怖, 患者多しと, 患者生気を抜いた, 患者癲疳持狂人鼻ツかけ眼ツパ, 患者発生したるため, 患者なる文学, 患者について医学者私, 患者範囲や彼, 患者二十人と, 患者続出寒気加わり遂に, 患者肺炎の患者, 患者胃腸の患者, 患者取が, 患者藤岡重信は翌日, 患者行列の方, 患者診察の指導, 患者診療の実習, 患者辻一作を前, 患者追放事件なども起きね, 患者通有の荒々し, 患者運びをやらされた, 患者運搬用の白い, 患者運搬自動車が来る, 患者運搬車にのせられた, 患者面会人がやすむ, 患者面会人室の廊下