青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恰好~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~恨み 恨み~ ~恩 恩~ ~息 息~ ~息子 息子~ 恰も~ ~恰好
恰好~
~悉く 悉く~ 悠々~ ~患者 患者~ 悩み~ ~悪 悪~ ~悪い 悪い~

「恰好~」 3188, 34ppm, 3397位

▼ 恰好~ (718, 22.5%)

325 して 37 した 20 しながら 13 見て 12 する 8 したもの 7 つけて 5 するの 3 したが, したの, したり, すると, 想像する, 眺めて

2 [22件] させて, しそれから, したと, した人間, した女, した男, した白い, した真面目, した船, しては, してるところ, しました, すること, するもの, するん, すれば, つけたいの, つけては, 思いだすと, 真似し, 素早く見とっ, 見るが

1 [229件] あの子, ある洋画家, いうと, いたしまして, いったら烏, いふと, おかしいもの, お眼, お話し下さいませ, かえたの, くづし, こしら, こしらえて, こしらえる様子, ごく僅かぴくりぴくりと, ごらんなさい, させなくつちや, させや, させるの, し, したあと, したいしぶ, したかと, したこと, しただけ, したつて, したとても, したオルガン, したキュラソオ, したコロンケット, した一人, した七十余, した丸裸体, した二人, した住民, した使徒達, した円筒, した半円, した博士, した古ぼけたカキ色, した墓, した大きい, した大きな, した女房, した女神, した奴, した婦, した字, した家, した少年, した山, した年増, した弾, した影, した扉, した手提げ, した新型, した旅商人, した木元, した機械人間, した氷倉, した海藻, した湯婆, した灰皿, した無蓋, した煙草入れ, した異, した異様, した病院製, した白鳥, した直径三寸, した石仏, した硝子, した禿頭, した細胞, した老木, した自, した舅, した船長, した英国, した菰, した藁小屋, した褪黄色, した貯金箱, した赤い, した重, した鉄, した鉛, した顎, した高い, した黒い, した鼻柱, しだした, してから, してと, しても, してよ, してると, してるの, してを, しどんと, しないわけ, しながらも, しなければ, しますと, しもう, しや, しモジリ, し妻, し頬, し顔, し駭, すっかり覚え込んだ, するかと, するかという, するだけの, するだろうか, するので, するのよ, せずに, せやがって, ぜひなくし, そなえたもの, その瞬間宇治, つくつて, つくりながら, つくりギョロギョロ, つくり大小刀, つけずに, つけた, つけたという, つけたまま, つけとく方, つけないと, つけようと, つけようとして, つけるため, つけるで, つけるに, つけれあ, つづけた米友, とって, とてもだまっ, とてもだまつて, まだ見せたい, まねますが, みせて, むしろ胸, もちながら, やめさせようと, よくする, わざとし, 一月ばかり, 一目でも, 二度, 人が, 付けた痕跡, 似せて, 何となし, 作って, 保つて, 写した, 友達に, 取りながら, 取りました, 合せ鏡に, 変えて, 変えること, 変えるの, 如実に, 始めた, 嬉しそう, 山崎は, 巧みに, 形つくっ, 形どっ, 御想像, 御覧下さいまし, 御覽, 心に, 思い出したの, 思い出すと, 思はせる, 思ひ出した, 思ひ出して, 急いで, 想像し, 我ながら, 戯れに, 撫でて, 教へて, 新造衆に, 更えない, 案ずると, 極度に, 横から, 歪めて, 気まりわるが, 注意した, 疑は, 直した, 眞似, 真似て, 眺めたって, 眺めなか, 知ってるか, 示したり, 示して, 私は, 空想する, 笑ったらぶん殴って, 細君に, 考えると, 致して, 見せた, 見せるの, 見ては, 見ても, 見ますると, 見られるの, 見ること, 見ると, 見思わず, 話しこの, 身體に, 違った心持, 附けて, 面白がって, 顰蹙し

▼ 恰好~ (594, 18.6%)

5 坐って, 立って 4 あつた, はありません, 死んで 3 うずくまって, そこの, はない, 入って, 床の, 自分の

2 [23件] ござりまする, はなく, ひっそりと, ソロリソロリと, ペダルを, 両腕, 傘の, 尻を, 店の, 彼は, 後ろから, 急いで, 手紙を, 板の, 正しい洋服, 歩くの, 瞬きせざる, 私の, 私を, 縁側から, 部屋の, 降りて, 順平が

1 [508件 抜粋] あたしの, あの島, あわただしく両手, あんなひどい, いつも看護婦, いました, いらつし, いるじゃ, いるので, いる時, うしろから, うすく瞼, うたた寝を, うっそりと, うつしたの, うろついて, おかしいでしょう, おしもを, おそば, おまけに, おめおめと, おれの, お前さんの, お目通り, お茶を, かけて, きちんと板の間, きょろきょろ四辺, ぐっと砲口, ぐるっと一, げすかと, こう言う, こそあれ, こちらの, こっちへ, この吹きさらし, この家, この暗, この道, これも, ころが, こんなところ, こんなに皆, こんなに縹致, ござります, ごめん下さい, さ, さして驚いた, しかも広, しかるべき大工, しきりにプロペラー, しきりに酒, しばらくは, しよんぼり帰つて, じつに愛くるしく, すれちがうの, せう, せつせ, そこに, そこへ, そして非常, そつとは, そのままそれ, その中, その周囲, その声, その婆さん, その実, その屋根, その方, その本, その縁, その蔭, それぞれの, それに, ぞろぞろ帰っ, たずねた, ただ車といふ, だまって, だらしなく, だんだん裸根, ちょびちょびと, ぢつ, ついて, つい隣, でもシャベル, ときどき銭函, どこへ, どんな服装, な, なんとなく頷い, ねい, は, はあった, はいけない, はいっ, はげしく振り廻しはじめた, はなんだか, は恥ずかしく, は見違える, ひざまずいた, ひっぱられて, ひょっこりひょっこり移動, ふらりふらり身, ふわりと, ぶらぶらし, ぺたり坐っ, ほっそりした, ぼんやりこっち, ぼんやり城中, ぼんやり外を, ますます強く, まぶしいほどに, まるで若い, まるまると, みんな指を, もう一ぺん, もっと大, もない, やたらに, やっさもっさおしろいを, やって来た, やって来ると, やにはに縁側, やはりどんどん西, ゆっくり話す, ゆるゆると, よち, よりそって, わざと跛, アメリカから, イカバッドと, クネクネと, クルリと, グウグウ鼾を, グッタリと, グレゴール, コソコソと, ゴソゴソし出した, サッと吹雪, シーンと, ズット沖に, ズボンの, ズングリと, セルロイドの, ソロソロと, テーブルへ, デッキから, デンと, ドアを, ハンカチを, ヒョロヒョロと, ヒラリヒラリと, フイに, フラフラ横浜, フラリと, ブラブラと, ホクホクと, ボンヤリと, ボンヤリ突立っ, マンを, ミツ子を, ラケットを, ワッショイワッショイ練り込ん, 一ツの, 一歩近づく, 一段低い, 一目に, 一目散に, 万事万端に, 上つて行つた, 上に, 上半身を, 上陸した, 下から, 下りて, 両手で, 両肘, 中に, 中へ, 中央美術館の, 丸太棒の, 乱入し, 争つてゐる, 事実な, 二人は, 二本の, 二階から, 互に少し遠慮, 今も, 今時分寒う, 仮装の, 仰向けに, 伏眼に, 休んだ, 伯爵の, 低い椅子, 何か, 何やらしきりに屈み歩い, 何を, 作場路から, 俯向きながら, 倒れて, 傷は, 僕の, 入らっしたって, 全身を, 八五郎は, 八畳と, 其頃は, 具行の, 円テーブルの, 再び御者台, 再び郷里, 凄じい水飛沫, 出て, 出窓の, 切りに, 別に美人, 動きはじめた, 千穂子が, 卓上の, 南原杉子が, 博士を, 厠へ, 双手を, 口を, 口真似し, 古代ギリシャの, 古谷邸を, 吸い込まれて, 吾輩の, 唖然として, 喋ってや, 四畳半の, 地面に, 坂口の, 坂路を, 坐り込んだ, 垂直に, 報告書は, 壁土の, 外へ, 外套の, 夜の, 夜卓の, 夢中に, 大きな古渡珊瑚, 大きな荷物, 大きな頭, 大して美しく, 大蔵は, 大迷宮事件, 大雪原, 天狗取り荷役の, 天窓の, 太十, 失礼, 女の, 女を, 宙を, 客の, 室内を, 家の, 家を, 寄宿し, 寝そべって, 寝台で, 小僧が, 小庭, 小用を, 尖端が, 山口智海が, 岩の, 岩佐に, 工合が, 市十郎は, 市役所の, 帰って, 平井為成山下鉄之, 平次の, 平次は, 座敷の, 廊下の, 弓なりに, 弾丸の, 彦島を, 彼に, 待ちうけた, 後から, 後の, 後れ毛を, 御拝領羽織, 息を, 息絶え, 悠々と, 懸命に, 房一が, 扉に, 手を, 扱帶を, 抱き出して, 押し乗せられる, 押寄せて, 拝んで, 拡張された, 拳固で, 指で, 捨台辞を, 散歩し, 料理場へ, 斯う覗い, 新宿を, 旅雁と共に, 旅館の, 日の丸の, 日本へ, 日本流の, 昔の, 時々御, 暗の, 暫し突, 月が, 朝から, 木枯と, 来られては, 東京の, 板壁に, 柏餅へ, 格太郎の, 格子を, 梯子に, 梯子の, 森から, 椅子に, 椅子の, 標識が, 横た, 横の, 横倒しに, 櫛巻に, 欄干に, 次の, 此処の, 歩いてや, 歩き出した, 歩き廻って, 歩る, 歯ぎしりする, 歯を, 死のうと, 死体に, 残って, 気味わるく, 気持よ, 水に, 永いこと, 永い間, 汚い下駄, 汽車から, 浮舟の, 海を, 海岸添い, 海底に, 温泉が, 濱邊から, 濶歩する, 火の, 焦土の, 焼け死んで, 照れ隱し, 熱心に, 爪先で, 父親に, 片手を, 物凄い雪煙, 獣類の, 玄関に, 玄関へ, 珍妙な, 現れたの, 現れて, 琵琶を, 生えて, 甲板上を, 町を, 登つ, 盃を, 盆の, 目をと, 直吉は, 真面目な, 真黒に, 眠って, 眠ろうと, 眺めなければ, 眼を, 着替えを, 短かい, 短刀を, 砂の, 神宮を, 私と, 私は, 私をか, 空を, 突つ伏し, 立ちどまった, 立ち止った, 立った, 立てやしないん, 立上っ, 立上った, 笑つてみせた, 答えます, 籠つて居りました, 紀久ちゃんの, 縁側に, 置いて, 群集の, 羽子を, 耳を, 肉色の, 肝臓の, 背後へ, 胸を, 腰を, 膝まで, 膝を, 自動車の, 舞台の, 船足も, 花の, 花道から, 若い甥, 茫として坐, 落ちて, 蒼空に, 蕨が, 蛇の目の, 蛍光板を, 街から, 街を, 表に, 裾を, 視線を, 覗いて, 話し出した, 警察署長が, 豚の, 貴方に, 貴殿と, 路地へ, 踊りだしました, 踊りました, 踊るやつ, 踏み越える人, 蹄を, 身体を, 車の, 車室を, 轡川が, 近づいて, 近よって, 追いまわし或, 追払われながら, 逃げて, 逃げ出す人間, 這い込んで, 通つて行つ, 通りかかった浪人体, 通りぬけた, 運んで, 遠慮勝ちに, 野田屋の, 金五郎が, 銀座歩く, 銀座裏なんかに, 陽春の, 階段の, 階段を, 隣の, 雑書読みの, 雨ざれた, 頭の, 頭は, 頭を, 頭髮も, 顔の, 顔を, 飛び出したの, 飛び跳ね此, 飛出して, 飛行甲板に, 食卓について, 駆けだすなんて, 高い天井, 鯨の, 鴨居に, MCCの

▼ 恰好~ (519, 16.3%)

13 男が 7 女が 4 人が 3 いい鼻, 女で, 悪さ, 男だ, 背の

2 [29件] いい頭, おかしさ, つかないもの, つかなさ, ところを, ままで, ものたらしむべく, ものでした, ものと, ものに, よい玉子, よい脚, よい鼻, ようにも, 上品な, 場所が, 場所である, 女は, 好い円い頭, 好い鼻, 好さ, 男で, 男である, 男の, 男を, 色の, 話相手である, 調子の, 髯の

1 [422件] あばた面の, あまり人相, あまり大袈裟な, いいつぶし島田, いいどう, いいの, いいやう, いいよう, いいソフト帽, いいナポレオン三世風, いい事, いい光った, いい円頂閣, いい向日葵, いい多, いい女, いい奴, いい姿, いい小島, いい山, いい島影, いい彼女, いい木立, いい白足袋, いい美事, いい老, いい胸, いい蒔, いい針魚, いい長靴, いい隆肉, いい靴, いい頭髪, いい頸, いい頸すじ, いい首, いい首すじ, いい髪, いい黒槍, いぎたなさ, うちが, うちで, うちは, おかっぱ, おかみさん, おそらく住職, おばさんが, お上さんに, お煙管, お熊さん, お祖父様, お神さん, お鳥, かっぷくの, かわった奇麗, が見つかるでせう, ことは, この指, しもたやばかり, ずんぐりした, せまい静か, その人, ためにのみ, ついたドレス, ついた一家, つかないの, つかない一, つかない感じ, つかない状態, つかない私, つかない顔, つかぬ待遇, つきだして, つき兼ねるもの, ところであろう, とれない顏, どこかに, ひどく肥滿, ほっそりした, ほっそりと, ま, まったく同じ, まま, ままことさら, ままだらしなく, まま上半身を, まま動かない, まま寢臭く, まま身じろぎ, ものが, ものであった, ものである, ものには, ものの, ものや, ゆりかごと, よいちんまり, よいの, よい三日月形, よい姿, よい小ぢんまり, よい春松茸, よい木蔭, よい男, よい細い脚, よい腰, よい長い顎, ように, よくない, よく練れた, りっぱな, を拝, グロテスクな, ゴシップを, サラリイマンが, シルクハットに, デツプリした, ドコかで, ベットな, マダムの, モニュメント山が, ロイド眼鏡を, ロケットだ, 一本松や, 三人の, 下駄が, 世話人と, 中国人少年だった, 中肉の, 主人は, 乱舞を, 乳房は, 二階の, 人, 人であった, 人でも, 人形を, 人柄なる, 人物だ, 人物自然淘汰の, 人生修業の, 人間が, 付かないこと, 付き憎い, 付けやうが, 代地が, 代物である, 代物と, 似通ったお, 位置へ, 住宅である, 佐太郎が, 例である, 侍だ, 侍で, 借家も, 僕が, 僧侶には, 兵士が, 内儀が, 切下の, 判断が, 判断も, 判然しない, 別荘が, 別莊, 割には, 化粧と, 医師の, 原因と, 叉手形の, 取り方, 取れるもの, 口実である, 口実と, 召仕らしい, 可笑しかった, 君を, 品々を, 品の, 商人体の, 商人風の, 商人風江戸の, 商家の, 団員が, 図では, 国旗と, 土地が, 土産で, 地が, 地位に, 地底機関車だろう, 地形だ, 坊さんが, 坊主, 堂々たる武士, 場所な, 場所に, 壜が, 声であった, 夏外套着た, 大きな男, 太った男, 女です, 女の子の, 女人が, 女先生, 女房と, 好いこと, 好い一人, 好い中背, 好い二三本, 好い女, 好い庇髪, 好い手頃, 好い眉, 好い足, 好い頸, 好い鼻つき, 姿で, 娘が, 娘は, 婀娜っぽい女房, 婆さんが, 婦人が, 婦人だ, 婦人と, 婦人に, 婦人の, 婦人を, 子に, 子女に, 宜いも, 家ありし, 家が, 家だ, 家である, 家の, 家を, 容色の, 小家が, 小松敏喬は, 小肥りの, 小蒸気船, 少しは, 少し貧乏, 少年でした, 尺度である, 屍体が, 崩れた彌, 巌丈な, 巌乗な, 巌石が, 巖乗な, 帆を, 帽子をか, 年増些し, 広い庭, 店が, 建物である, 当番長, 影を, 怪奇な, 恐ろしさ, 息子や, 悪いこと, 悪いながら, 悪い頭, 悪くなる, 愚かしげなべ, 憑かれた三昧境, 戦術だ, 手紙などを, 支那婦人を, 断末魔だ, 方法が, 日かげを, 日本人で, 時機だ, 木枠に, 木樵り, 木箱を, 材料である, 条件と, 条件に, 条件を, 椅子に, 機械人形の, 櫛橋氏に, 段が, 気味の, 気球は, 水兵が, 洋服を, 浅黒き紳士, 浪人者らしい, 浴衣の, 温厚そうな, 滑稽さも, 滑稽な, 火星人の, 無氣味, 燕の, 爺さんであった, 片仮名が, 物だった, 物で, 物である, 珍妙な, 産物である, 男, 男だった, 男であった, 男です, 男の子が, 男は, 男女だけ, 番頭に, 異った, 白い石, 白い花, 白髪の, 直覚が, 相手が, 看板を, 眼だ, 眼の, 眼鏡を, 短気らしい, 研究題目であろう, 禿げた素頭, 禿頭の, 穴が, 空家が, 競争が, 箱を, 紅絹と, 紅絹の, 紳士で, 紳士である, 紳士と, 終止符が, 練吉が, 美しい婦人, 老人を, 老女と, 老婆は, 老婆小さく, 老婦人, 老媼を, 老爺が, 老爺に, 老紳士, 者には, 者の, 聖エリアスが, 職人風の, 職人風らしい, 肥った婆さん, 肥った眇眼, 肥つた女, 背に, 背中を, 胴体を, 自分, 舞台が, 舞台です, 船頭は, 良いさまざま, 良い型, 芥川が, 芥川と, 芸人だろう, 若い衆が, 苦味走った, 薄穢い, 薔薇と, 裸虫連中が, 見っとも, 見るからに, 親切そうな, 親指に, 親爺は, 観望台が, 言語である, 試驗材料と, 貧相な, 資格を, 赤ら顔の, 赤顔に, 踊りを, 逞しい男, 連中が, 遊び場に, 遊び道具と, 運動に, 違うヤカン, 避難所であった, 釣場では, 釣場へ, 銀色の, 長椅子を, 長針と, 青い瓶, 青い男, 静かな, 靴は, 頤鬚を, 頭てんで, 頭の, 頭を, 風采の, 食物が, 馬方の, 馬車が, 鰭の, 麦藁帽を, 黒い書箱, 黒い格子, 鼻でも, 鼻は, 鼻を

▼ 恰好~ (268, 8.4%)

33 なって 10 なった, なる 8 なつて, なるの 5 なつた 4 して, なるん, 出来て 3 見えた

2 [12件] それを, なるので, 似て, 依って, 化けて, 宗教畫に, 煙を, 片手を, 編んで, 腰を, 見えて, 見える

1 [155件] あらんかぎり, おぐし, おのれの, かえってまた, くねらせた, こしらえて, こなさなければ, ごろんと, しきりに両手, しただけの, しろ手がかり, しろ箸, し蝋燭, そそがれた, そっくり, そっくりだった, たちまち回復, ぢい, なったので, なったまま, なったもの, なったり, なってね, なつたま, ならない, なり, なりそれから, なりながら, なり傷口, なり斜め横, なるけに, なるでしょう, なるでせう, なるといふ, なるやら, なるらしいですね, なる場合, びっくりし, ふくら味を, まだ育ちきらない, まるくふくらん, まるめて, みえた, もえあがったり, よく似, カッと, ダランと, ハンカチで, ムックリ, 三和土の, 上げて, 上前を, 両側の, 両手を, 両足を, 並んだ星, 似たもの, 似合わず自分たち, 体を, 元木武夫は, 先づ目を, 出来ました事, 切つて若い, 刈られた松, 別に奇, 加減し, 動くもの, 化け込んで, 向ひあ, 地球の, 変って, 変つて宮城前に, 変化し, 大きな頭, 妙に, 宗教画に, 宗教画につき, 小さくなっ, 崩折れた, 巻いた頭, 布団から, 幾度か, 廻って, 当り前な, 律義な, 思はれた, 思わず吹き出したくなった, 思わず微笑, 思われて, 感化を, 成長する, 打建てられ, 拡がって, 指を, 捲き返して, 揉み手を, 材木を, 枕の, 染め抜いた, 梨を, 構えて, 正確に, 歪めて, 気がついて, 氣を, 注意した, 流し場, 現われる感じ, 畳まれた外套, 登って, 目を, 眼を, 着る, 空に, 立って, 笑い歪めながら, 等しかった, 箆深く, 組み合は, 組み立て, 結った高島田, 結んだの, 綻びを, 締め上げられ, 義理を, 考えたり, 背を, 腕と, 自分でも, 苦笑が, 虫の, 裁ったといった, 見えたので, 見えるきり, 見えるので, 見えるん, 見える立派, 見おぼえが, 見受けられました, 見惚れたわ, 記録する, 賀奈女の, 足を, 踊り續けながら, 踏ン張っ, 轆轤挽に, 近かった, 返事を, 透きとおった二重顎, 鉦を, 鋳直したいと, 頬を, 顔を, 首や, 首を

▼ 恰好~ (216, 6.8%)

6 つかない 5 似て 3 おかしいと, ついて, よかった

2 [14件] つかないじゃ, つかないで, つくかも, つくなんて, つくの, どうもなんだか奇態, よくない, よく似, 何うだ, 取れて, 小鬼, 悪いやと, 眼に, 蛙に

1 [168件] あいつに, あとあとまで, あらうと, あわれっぽい, あんまり若い, いいから, いいだろう, いいもの, いかにもメランコリック, いかにも時代, おかしいという, おもしろい上, お妻, かねがね蝶子, ころころと, そう変っ, そっくりである, そのまま幕, そのまんま椅子, たいへん美しく, ちょうど仏手柑, ちょっと可愛らしく, ちよいと, ついたかと, ついたから, ついたら役場さ, つかずそのまま, つかないさ, つかないし, つかないとでも, つかないの, つかないやう, つかないよ, つかなかった, つかなかったの, つかなくなつ, つかぬといふ, つかぬの, つかねえ, つかねえから, つかねえ旦那, つきかけたん, つきました, つくもん, つくやう, つくんで, つけば, できるか, とても面白い, どうかという, どうしたら出来た, どうしても年寄った, どうだ, どうもあなた, どうも尋常, どうも私, どうやら山崎譲, どう見, のこって, ひとりでに頭, へんです, へんに, まざまざと, また壺, また少し, まったく熊, まるでハム, まるで理髪店, まるみえ, よいからと, よいといふ, よいとは, よくお, よくそして, よくて, わるい話, アンマリ可笑しかっ, エジプトの, チット変テコだ, ドウ見, ポーランドあたりで, 一ばん似合ひさう, 一刻ばかり, 丁度アルラカルラ, 中ぐらいの, 今も, 今思い出し, 今福嬢の, 付かないね, 付かねえ, 付きません, 付くだらう, 何となく似, 何度と, 価値を, 兼吉と, 円まつちく不器用な, 出來, 出来たの, 即ちその, 又いつも, 可笑, 可笑しいかネ, 可笑しくなっ, 呑気な, 変ったから, 変である, 変梃だった, 夜目にも, 大喝采, 好い, 好いとか, 好きであった, 好くって, 好く出来た, 子供たちを, 宛かも, 家鴨に, 少し変っ, 少し変つて, 少し變, 思い出せた, 恰好だ, 悪い, 悪かろう, 悪くて, 悪くとも, 悪くなり, 悪く馬鹿, 惡い, 惡いし髮の, 旨くそう, 早熟て, 気に, 活溌で, 淺ましい, 源吉には, 源次の, 滑稽だった, 無器用だ, 無意識である, 特に日本人, 玉乗りの, 異類異形の, 目に, 相手には, 眼の, 私の, 稍肖て, 笑止千万であった, 肩の, 能う似て, 脚は, 良いため, 芝居の, 苦しくなる, 見たいん, 証明し, 誂え向き, 違う, 違つてゐます, 非常に, 面白いとて, 面白い今日, 馬鹿に, 髣髴いたします, 鸛そつくりだつた, 鼠の

▼ 恰好~ (200, 6.3%)

4 のが, のだ, のを, 場所を 3 ものだ, ものと, 場所が, 場所でも, 家を

2 [16件] ところが, のです, もので, ものである, ものは, んだ, 人が, 位置に, 土地だ, 場所だ, 場所でした, 家が, 形を, 温度である, 言葉が, 部屋は

1 [137件] お寺と, お話相手を, からで, この結び状, せがれが, ところを, と思はれる, の, のそれ, のでございます, のでクロ, ので人目, ので私, のは, ものが, ものであり, やうに, ような, ように, よりどころ, んざああんまり, んでしょう, ゴム長靴を, タマナ材は, 一つの, 七円止まり, 七圓止まりといふ, 不可思議な, 主題とは, 乗物と, 乗物は, 人達でない, 休息場所として, 体からは, 使用者である, 例が, 例を, 優しい振舞, 光度の, 具に, 内容を, 凉み, 出物が, 割りに, 動物で, 厚い樟, 反物を, 取組であっ, 口実では, 器に, 四等國民以下の, 地の利であった, 場所は, 場所はと, 場所へ, 壇上であり, 大きな外観, 女性と, 奴を, 室が, 家も, 宿が, 宿を, 対に, 対立物を, 小奇麗な, 島だ, 帽子を, 店で, 建物が, 形式内容を, 役目だらう, 態度で, 慰みであった, 所に, 所を, 手足を, 指を, 指導者であり, 散策地で, 数字が, 文献が, 料亭も, 時機に, 書物を, 木立ちや土手の, 木蔭も, 条件が, 条件に, 条件を, 機会は, 温もりを, 物が, 物置と, 物語が, 犬を, 状態が, 環境である, 目的物と, 相合傘と, 相手だ, 相手だったろう, 相手も, 石が, 石炭補給場が, 空家は, 笑い草に, 笑艸で, 縁と, 縁談が, 背景を, 船が, 薬持ちに, 藪が, 表現法を, 見もので, 見付物であり, 見本であろう, 詩形の, 話題では, 賭場の, 足場に, 軍帽を, 通弁を, 遊び場として, 都會に, 長官であった, 門人と, 隱し, 靴見る, 題目であった, 飯屋でも, 餌だ, 餌食であった, 高温では, 髯を, 黒い四角

▼ 恰好~ (147, 4.6%)

5 して 2 どう贔屓目, まるで酒甕, よくない, われながら, 今朝私が, 細長い方, 誰に, 馬鹿に

1 [126件] あなたに, あまりよく, あまり見よい, いかにもちゃち, いやもう, いろいろだった, かなりの, がんじきを, このこと, させなかつた, しないだろうと, しなかつた, ずいぶん変デコ, その面白, そりゃ何, それは, たしかに秀治, つきませんからね, つくだろう, つけただろうと, つけられる, てんでなっ, どうした, どうだ, どうだい, どうやら似, どう買, どれも, なかった, なかつたぜ, なかなか勇, なかなか綺麗, なに, なるほど, なんだ, なんとこの, なんびとに, ほとんど定, まぎれも, まるで大食, まるで村, まるで穴, よく似寄っ, りっぱだ, わからんが, グロテスクこの, コーリフラワの, ジョンぐらい, セパードに, ナオミが, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナを, ブルジョア家族制度の, モウ立派な, モツサリとして, モーニングや, 一寸分りません, 万太郎らしかった, 二十七八, 二十五六筋肉逞しく, 二合入りの, 人の, 人間の, 付いて, 何か, 何です, 何の, 何も, 何時み, 余り好い, 全くすさまじい, 出來, 別にどうと, 十六七位の, 博徒か, 可笑しい, 同じだ, 哀れで, 商売人では, 善く而, 四十あまりただし, 四十八九に, 堪らなく姿勢, 奇妙に, 女なら, 女中らしい, 如何に, 如何にも見すぼらしい, 娘の, 子供子供と, 定めて, 宛然大食の, 寒さ, 尋常の, 己が, 必ず幾分, 悪い日本, 惡いが天井へ, 散文家ならしない, 是れ, 服装の, 木挽きの, 本ものでない, 止すが, 気の毒ながら, 決して気持, 滑稽な, 無数の, 特別な, 狐に, 理髪店の, 発作に, 私には, 稍瓠の, 精しく存じ, 純然たる, 継子に, 自分が, 自分でもを, 西洋の, 見るも, 話にも, 贔屓眼に, 野郎頭ぢや, 鈍い灰色, 随分珍妙, 面白いだろう

▼ 恰好~ (46, 1.4%)

2 どうやらつい, 男に

1 [42件] あれに, いいし, して, すっかり無茶先生, そっくりだ, たまらなかつたつけ, つかぬ矛盾, つくだらう, つけようと, ないひょろりと, なく着る, はなはだ曖昧, やり口も, よくない, よく似た, よく判らない, 一つの, 三十七歳と, 仕業も, 似て, 体つきも, 四十そこ, 大きさ, 大そう, 奇麗な, 好いが, 後から, 悪くは, 整うてを, 服装も, 歩きっ振り, 濱路と, 無性に厭, 理想的です, 男性的であった, 目について, 知ってるから, 綺麗に, 肉付きも, 肉付も, 背たけも, 見て

▼ 恰好~ (37, 1.2%)

42 が本心, ね

1 [29件] あ, から誰, か判ります, か知れません, が, がこれ, がびく, がフリーダ, けれど泣いてる, し, し読者諸氏, そうで, っきゃア, というの, という空家, とはいえない, と人見, と思いました, と誰か, な, なあ, なとは思ひました, なと思, などとぼんやり, ねふ, のを, わ佃さん, ッた, 何となく愛嬌

▼ 恰好から~ (34, 1.1%)

2 いって, して, 推して, 来る感じ, 見ても

1 [24件] それで燕子花, アストンの, 丈け, 云って, 云っても, 全体の, 切れ目の, 吉良が, 同一な, 姿が, 形容生, 生え際の, 私も, 絵の, 羽織の, 自然上品向きの, 薬を, 身柄と, 露見した, 頬冠り, 額にかけて, 顔つき物腰まで, 首筋の, 黒味がちな

▼ 恰好~ (33, 1.0%)

2 言ひ

1 [31件] いいどうしても, いい容貌, いい瞳, いい素人目, いい苔, いい衣服, いえば, いひてつきり近頃はやり, お手本, その下, である, なった, なりもう, なるよう, 一致する, 云いあの, 人物, 冷えで, 同じに, 大きさ, 存ずる, 心理とを, 思いました, 思う, 思われる山, 次の, 申すこと, 若林博士の, 言い七兵衛, 認めた, 重心の

▼ 恰好~ (26, 0.8%)

3

1 [23件] ていた, ている, てうむ, てお, てだんだん, てました, てみっ, てチヨコ, て今夜, て出, て大, て家, て居眠っ, て後, て歩い, て歩いてる, て歩きはり, て歩く, て燻ってた, て狼狽, て藤吉郎, て露出, て飛びつい

▼ 恰好~ (18, 0.6%)

1 [18件] からだった, その言葉, 人相や, 外套の, 学生らしくない, 少し目, 歩きぶりまで, 煙突の, 病牛の, 痣や, 肌触りに, 背丈け, 色と, 装飾品の, 身構え, 軌条の, 頬髯や, 顔立は

▼ 恰好よく~ (17, 0.5%)

1 [17件] して, なりますよう, まとめられて, 一人でも, 並べた, 並べようと, 並んで, 乗りますから, 伸びたところ, 出來, 出来上った女, 着こなしたスッキリ, 結いあがったとき, 纏って, 見えたこと, 鎖を, 靴を

▼ 恰好です~ (13, 0.4%)

31 から, からね, がそれでは, が精悍, ぜ, とんと沈んだ, な, ねえ, よ, よ宿

▼ 恰好まで~ (11, 0.3%)

1 [11件] して, そつくり頬白に, どうやらさう見え, 一寸生意気, 変えて, 心得てるよう, 白い方, 綺麗に, 變へて, 銭形の, 間違いない

▼ 恰好じゃ~ (9, 0.3%)

2 ないか 1 ありませんか, ない, ないぜ, ないの, 仕様が, 出られやしないわ, 小児の

▼ 恰好にな~ (9, 0.3%)

2 つてゐた, つて居ります 1 つたかなり, つてし, つてを, つて居りました, つて帰つて行つた

▼ 恰好だけは~ (8, 0.3%)

1 して, つきさ, つけて, つけましたが, つけること, 仰々しく避雷針, 分りその, 美人の

▼ 恰好だった~ (7, 0.2%)

1 からだ, からである, がしかし, が先生, が桜, のである, ので誰

▼ 恰好~ (7, 0.2%)

3 やない 1 やありません, やいまどきいくら, や夜半過ぎ, や帰り

▼ 恰好にも~ (7, 0.2%)

1 あなたの, ちっとも変った, 似ず飛んだ臆病, 又いろいろある, 慣れて, 見えて, 見覺

▼ 恰好でも~ (6, 0.2%)

1 して, ないだがしかし, 出來, 想像した, 知れるし, 馬琴とは

▼ 恰好など~ (6, 0.2%)

1 ちょっと高等学校, どう見, 似て, 何う, 職業的なある, 見たところ

▼ 恰好した~ (5, 0.2%)

1 こと書けます, ままキレーに, 品物が, 者が, 自分を

▼ 恰好だけ~ (5, 0.2%)

1 ついてりゃそれ, で私, なら何ん, 作って, 小意気に

▼ 恰好である~ (5, 0.2%)

2 ように 1 が白衣, ことが, ことを

▼ 恰好とは~ (5, 0.2%)

2 何かの 1 ちがうので, 偶然に, 逆に

▼ 恰好には~ (5, 0.2%)

1 それ相應の, 未に, 無くて, 長い道中, 黒い髪の毛

▼ 恰好~ (4, 0.1%)

1 であった, でザクザク, ね, へつけ

▼ 恰好さえ~ (4, 0.1%)

1 ひどく変る, 分らない大きな, 肩肘を, 見えないん

▼ 恰好すら~ (4, 0.1%)

4 りつとして

▼ 恰好だけでも~ (4, 0.1%)

1 せめて勇気凜, つけて, みんなの, 付かないもの

▼ 恰好であった~ (4, 0.1%)

1 がそれでも, と後々, のである, 彼は

▼ 恰好でした~ (4, 0.1%)

1 か, から柳橋, けどやっぱり, よ

▼ 恰好という~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 もの遁が, 意味を

▼ 恰好とか~ (4, 0.1%)

1 容貌とかいふ, 戯談を, 眼付きとか, 着物の

▼ 恰好なんか~ (4, 0.1%)

1 かんがえただけでも, するものぢ, で当らずと, 見せて

▼ 恰好そっくり~ (3, 0.1%)

1 でした, に見える, のもの

▼ 恰好だつた~ (3, 0.1%)

1 がもぢ, がやがて, が私

▼ 恰好でなく~ (3, 0.1%)

1 あたり前の, ちや, ても真に

▼ 恰好なる~ (3, 0.1%)

1 ものなり, 対象を, 童なり

▼ 恰好その~ (2, 0.1%)

1 書斎に, 物に

▼ 恰好それ~ (2, 0.1%)

1 だ, も十一二

▼ 恰好だい借金~ (2, 0.1%)

1 の言, の言い訳

▼ 恰好だけを~ (2, 0.1%)

1 持って, 残して

▼ 恰好だろう~ (2, 0.1%)

1 という母, と思われる

▼ 恰好って~ (2, 0.1%)

1 あるもん, 言えますか

▼ 恰好で倒れ~ (2, 0.1%)

1 ている, ては起き上り

▼ 恰好で持つ~ (2, 0.1%)

1 て出ます, て行く

▼ 恰好で飛ん~ (2, 0.1%)

1 で帰った, で来る

▼ 恰好とを~ (2, 0.1%)

1 ありありと, 眺めて

▼ 恰好などは~ (2, 0.1%)

1 どうで, 何う

▼ 恰好などを~ (2, 0.1%)

1 見ると, 見合って

▼ 恰好ばかり~ (2, 0.1%)

1 して, では

▼ 恰好までも~ (2, 0.1%)

1 かなり違った, 変化を

▼1* [131件]

恰好いうたらいかにも本物, 恰好酒を, 恰好おいさんを合せ, 恰好かも知れぬ, 恰好からいつても, 恰好からか不意に, 恰好からはどうしても笊, 恰好がよかつた, 恰好ことに肩つきや, 恰好様子から, 恰好しだいでいろいろ, 恰好しないと出来ない, 恰好しましてん, 恰好そして自身で, 恰好そのままの大, 恰好たらない, 恰好たるや粗忽, 恰好だい裏へ廻つて泥, 恰好だけで判断する, 恰好だけに過ぎなかった, 恰好だの二重瞼の, 恰好だらう意久地なし, 恰好つけたこと云う, 恰好つたら出て行く, 恰好つぶつぶして, 恰好でありこの場所, 恰好でありましょうとも水, 恰好であろうか, 恰好でいらっしゃるのね, 恰好でころがっている, 恰好でございましたかね, 恰好でじつと眠りつづけ, 恰好でじつとしてゐる, 恰好ですいぶん仲の町あたりの, 恰好でたしなみ深く室, 恰好でだまって聞い, 恰好でない人では, 恰好でなかったらもらって下さい, 恰好でもって僕を, 恰好で並べられてあった, 恰好で丸まった表面に, 恰好で似たやうな, 恰好で備えつけの毛布, 恰好で取拂つたもとの, 恰好で取り附いてゐる, 恰好で喚きかかって来た, 恰好で坐つて四方, 恰好で居ずまいよく坐っ, 恰好で居りもせぬ, 恰好で戻つて来た, 恰好で放ッて, 恰好で歩いたりおじぎ, 恰好で痩せて顔色, 恰好で組んず解れつ街路を, 恰好で追い声を, 恰好で逃げて行く, 恰好で通るのは, 恰好で集っていた, 恰好で飛びあがって, 恰好で飛び込んで來, 恰好といふ点だけ, 恰好として彼の, 恰好とで特殊な, 恰好との間には, 恰好とも忠作の, 恰好なぞ考へたこと, 恰好なぞに貴族らしい, 恰好なぞはどうしてもきちんとした, 恰好などから彼等は, 恰好などに雀に, 恰好なら三日目には, 恰好なるほどお人形の, 恰好なれば行酒女神, 恰好なんてものは, 恰好については木村の, 恰好にてその場, 恰好にまで共通点が, 恰好によって私の, 恰好に対する考えの, 恰好はをかしいけれども, 恰好ばっかりできめるの, 恰好まぎれもあらず, 恰好まさしくかの人, 恰好もよかつた, 恰好よい樹が, 恰好よしてよ, 恰好よほど暗くな, 恰好よりもずっとませ込ん, 恰好よろしく今にも一方, 恰好チャーミングですわね, 恰好マデガ浮カンデ来, 恰好ヲシテイルノデ寝タフリヲシテ通ソウトシテイルノダ, 恰好ヲシテ何分グライ続ケルンデス, 恰好がある, 恰好如件, 恰好人相着物などを見なかつた, 恰好とし, 恰好導攀丹梯, 恰好反り身になる, 恰好同じように, 恰好の調子, 恰好声音に至る, 恰好容貌風采就いて, 恰好左足首に骨, 恰好恐らく同じ間取り, 恰好らしかった頃, 恰好の煮える, 恰好物腰声音まで死んだ, 恰好痩せた背の, 恰好白痴が虫歯, 恰好相応して, 恰好着物の着こなし, 恰好着類所持の品, 恰好立居の容子, 恰好から見た, 恰好紅珊瑚の爪さき, 恰好紛れもない, 恰好の調子, 恰好肥り肉な, 恰好肩つきや身, 恰好背恰好はどうやら, 恰好良いものを, 恰好薄寒そうな, 恰好てやりたい, 恰好見せて欲しい, 恰好見たら親が, 恰好見れば見る, 恰好身長肉附洋服やネクタイ, 恰好ちやんと, 恰好顔形歩き振り衣服, 恰好髪の毛の数