青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「建~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ 廉~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~
建~
建て~ ~建物 建物~ ~建築 建築~ 建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ

「建~」 1915, 19ppm, 6015位

▼ 建~ (386, 20.2%)

12 家が 9 命の 7 家の 5 建物の 4 ような, 家は 3 人家が, 命, 大きな家, 家を, 小家

2 [28件] ささやかな, その二階, ビルディングを, 下宿屋の, 二階家で, 二階家の, 命と, 商店が, 大きな建物, 家で, 家であった, 家である, 家屋が, 家屋は, 小家の, 店を, 建物で, 校舎が, 洋館が, 洋館に, 潰れ方, 瀟洒な, 空家と, 粗末な, 芝居小屋にも, 薄暗くじめ, 詩に, 長屋らしい

1 [274件] いかにも豪家, うちへ, えり首を, お住居, お家で, かなりの, かべが, がっちりした, ことは, この辺としては, ごたごたした, しもた家, その下宿, その大, たいそうも, ちょうど昇っ, とある二階, ところも, はにせ, はまれで, まま雨露に, もあり, も二階建の, アパアトの, アパートが, アパートである, アパートなどが, アパートの, カフェ, コンクリートの, シャレエが, チョコレート色の, テューダー・ハウスの, バンガローを, ビルディングで, ビルディングに, ビルディングの, レストランが, ロッジの, 一つであった, 一坪館だった, 一坪館は, 一棟あり, 一棟が, 一棟の, 一様の, 一軒, 一軒の, 三階の, 三階建が, 下の, 下宿の, 下宿兼旅館の, 中に, 中を, 中央郵便局が, 事を, 二人詰の, 二軒長屋で, 二隊に, 二階の, 二階家に, 二階座敷は, 他教室, 低い作り, 低い家, 低い市, 住宅が, 住宅一棟, 侯爵本邸だ, 俗悪な, 倉庫風の, 入口へ, 兵舎が, 写真屋の, 別荘の, 古い洋風住宅, 古びた白堊, 古印刷所, 命その, 命に, 命また, 命を, 命伊玖米の, 命國平けに, 命河より, 喫茶店を, 国営デパートメントの, 国民学校一棟が, 土蔵を, 壁は, 多少住み, 大きい四角, 大きい家, 大きな建築, 大きな朝鮮人経営, 大きな木造屋, 大きな構, 大きな纏まり, 大コンクリート, 大川に, 大廈高楼がに, 大構, 大蔵省や, 天皇, 天皇の, 太刀を, 奉行小屋へ, 奥に, 威風が, 学問の, 宏壮な, 宏荘な, 室の, 宮詞を, 家, 家ぐらい, 家だ, 家なみが, 家なんか, 家に, 家には, 家へ, 家も, 家や, 家よりも, 家五六軒あり, 家屋から, 家屋に, 家屋内或は, 宿屋も, 寄宿舎の, 小さい家, 小さい長屋, 小さな店, 小学校や, 小家が, 小屋の, 小屋組即ち, 小料理屋の, 小綺麗な, 屋内に, 屋敷に, 屋敷を, 屋根が, 工合を, 平家で, 平屋には, 広くない, 広間を, 店先二間あまりに, 店屋である, 廃屋が, 廊下から, 建物から, 建物が, 建物は, 建物へ, 影を, 応接間へ, 数値だけが, 數値だけが, 新しい借家, 新しい家, 新しい褪赭色, 方で, 方について, 旅人宿に, 日本家屋軒の, 旧式な, 普請を, 普通の, 木造だった, 木造だつた, 木造家屋は, 木造洋館であった, 木造西洋館が, 東京百貨店が, 板戸や, 校舍が, 校舎の, 校舎は, 校舎を, 棟を, 棟割り長屋で, 構えに, 構だった, 正面が, 此の, 此ガクガクの, 母家を, 母屋に, 法と, 洋風な, 洋風造りで, 洋館だった, 洋館で, 洋館は, 温泉宿は, 煉瓦造だった, 牡丹の, 物語という, 独身アパートは, 玄関に, 玄関口を, 王, 王一柱, 王飯野の, 瓦屋の, 町の, 番小屋, 番小屋の, 病室の, 病院を, 白壁の, 真下が, 石造の, 社屋から, 私の, 私邸の, 窓窓が, 立派な, 簡粗な, 終睹鳴, 組合役所, 美しい修道院, 羽目板だ, 背は, 背高い, 臨終の, 茅葺きの, 茶屋も, 葬具屋, 西洋館, 西洋館が, 見事な, 見晴の, 詞に, 詞には, 諸官省, 貸事務所, 貸家が, 貸家を, 赤煉瓦に, 逓信省や, 遺子である, 邸が, 郵便局の, 重苦しい病院, 鉄筋コンクリートに, 銅張りの, 長くて, 長屋が, 長屋で, 長屋風の, 門の, 閑静な, 間口の, 防火建築が, 陰気くさい, 隅から, 階上で, 階上は, 際に, 離れには, 離れ家で, 離屋だ, 青楼の, 鞦韆詞には, 食堂の, 駅の, 高低の, 鬼仏洞の, 黝んだ

▼ 建~ (99, 5.2%)

7 は南原杉子 4 と南原杉子 3 である, の方, は妻 2 との関係, に問うた, の妻, は自分, を愛し

1 [69件] がはいっ, が云った, が妻, が笑い, が自宅, が言葉, でございます, とああなった, とのつながり, との勝負, とまちあわせだ, とも時々, とを見比べた, と仁科六郎, と別離, と自分, と蓬莱和子, と親密, におくる, には会わない, にまず, に南原杉子, に心, に自分, に興味, のこと, の三角, の存在, の帰り, の必要, の背広, の膝, の部屋, の関係, はいよいよ, はきらっ, はなみなみと, はねえ, はばら, はやっと, はわけ, はわざと, はシャンパン, はダンサー, は不気味, は仁科六郎, は何, は何かと, は冗談, は大きな, は奥, は実に, は少し, は暇, は来る, は歩き, は派手, は無事, は私, は笑い, は笑った, は終電車, は苦笑, は蓬莱和子, は黙っ, は黙る, もきい, をみた, を待つ

▼ 建~ (54, 2.8%)

8 の中興 4 の頃 3 の御 2 の年, の昔, の昔二条河原, の銅尺

1 [31件] いらい武家, という称, となっ, と改元, なら, の中興成就, の人々, の初年, の制, の前後, の功臣, の動乱, の古, の大業, の平和, の往来, の後, の御代, の復古, の忠臣, の恩賞, の新, の新政, の経験, の聖戦, の英傑, の遺跡, の間, また幕末維新, 元年頃, 遺芳展覧会

▼ 建~ (49, 2.6%)

4 あつた 2 下は

1 [43件] かなりの, この辺, この頃, その上, その各階, つくられて, もうかなり歴史, もとは, 一階に, 一階の, 低い家並み, 信長の, 入口の, 八谷の, 内部は, 前と, 地下室も, 対岸の, 屋上の, 店口と, 建設費は, 役場と, 日本人が, 明治四十年頃の, 正面大, 池を, 河に, 海の, 熊の, 狭い門口, 甚だ気持, 畳数に, 硝子障子が, 私の, 私娼の, 立って, 翼が, 部屋や, 門の, 間口二間足らずの, 間数も, 露台と, 風雨が

▼ 建~ (49, 2.6%)

2 とその, のある, の前, の立った, は自分, も示し

1 [37件] があっ, がし, が厳め, が吸いよせた, が大, が書かれ, が眼, が立っ, が立て, が辻, が采女柳, が顔, して, と同じ, と高射砲陣地, にし, には浦上, に小さく, に足, の廻転, の悪戯, の表, はこれ, へこの, も誰, も駅, やとにい, をし, をズラズラ, を建てた, を立てあり, を立てた, を見つけました, を読ん, を高々, 眺めて, 知って

▼ 建文帝~ (43, 2.2%)

2 のこと, の位

1 [39件] が行方不明, が靖難, と共に所謂数, と深, なること, にある, にし, に事え, に代, に対して如何, に於ける, に異なる, に親しく, に雲南, の主, の事, の仁柔, の国, の少子, の左, の弟呉王允, の情, の所在, の為, の皇考興宗孝康皇帝, は今, は位, は如何, は洪武十年, は翌年答礼, は靖難, をいう, を物色, を迎え, 未だ生れざる, 未だ生れず, 猶在り, 生れて, 立ちたもう

▼ 建~ (38, 2.0%)

2 あって, あつた, あると

1 [32件] ある, あるので, いた, こうして出来上った, ずっと夜空, そう言いおわる, それで, それは, ぶらりと訪ね, 一軒ある, 一軒この, 三四軒並ん, 並んで, 低く家, 変つて書けなく, 外の, 多くなった, 大道路, 宮詞に, 少年兒女重, 左側の, 抜けない刀, 星だらけの, 来た, 気に入ったので, 点々として, 相對, 稍斜めに, 立ちかかって, 見えはじめた, 見えるだ, 解き置ける横刀

▼ 建~ (33, 1.7%)

1 [33件] からさらに, から呂覇, から大軍, から差し立てられ, では常に, にある, にも骨ッ, に来, に来られた, に着い, に近い, に逗留, に還った, の, の中核, の二功臣, の地, の城下, の門, の閣議, へ召還, へ帰っ, へ帰り, へ帰ろうで, へ急報, へ行った, へ迫る, へ還った, もまた, も一朝, を発する, を立っ, ノ艱ヲオモイ

▼ 建つる~ (29, 1.5%)

2 にせよ

1 [27件] とて耐冬樹一もと, と言い, にあらざれ, には恰好, にも引っ越し, に三輪方, に到っ, に及ばざる, に地, に常無, に槌, に決し, に烟出し, の価, の天意, の必要, の志, の擧, の要訣, は御, めでたきとき, もあり, もの, もの小学部, や恰も, や政体簡易, 大聖業

▼ 建~ (25, 1.3%)

9 雷の 7 雷神は 2 雷神に 1 雷神か, 雷神が, 雷神たちが, 雷神の, 雷神を, 雷神経津主神を, 雷響きわたらし

▼ 建武中興~ (25, 1.3%)

2 の失敗, の後, の昔

1 [19件] から始まった, がこれ, が如何, でなし, で一番手柄, といふやう, に与つ, に大, の不, の二の舞, の企て, の大業, の崩壊, の時代, の理想, の眼目, の程度, は武士団体, をくつがえした

▼ 建もの~ (22, 1.1%)

3 疎開の 2 にでも登らない, の中, はまだ

1 [13件] が中空, が取, が取払われ, が眞白, が真白, その校庭, としてわるく, の隨處, はよほど, は寂然, は看板, を呪詛つて, 教会らしい

▼ 建~ (21, 1.1%)

5 なって

1 [16件] あつて, かかる, なった, なった長い長い, もらした言葉, 与え, 住んで, 傷みが, 制限せられ, 向って, 宛てて, 容れたところ, 掛行燈の, 硝子戸を, 賜ひき, 過ぎなかった

▼ 建~ (21, 1.1%)

1 [21件] が為め, ところの, と申し, に一柱毎, に種々, のが, ので, ものあり, もので, も容易, も洋々, 事すべて人を, 事なけれ, 人など, 処昔はしらず, 度に, 是を, 木材を, 気力は, 決心が, 遺産も

▼ 建~ (16, 0.8%)

2 の基, の精神

1 [12件] があつ, といふ, とは根本的, と進歩, の主義, の事業等ダンテ自身, の大, の大半, の始め, の業半ば, の詔勅, ヲ一空セシメ危機誠ニ幕末維新

▼ 建~ (16, 0.8%)

1 [16件] に与し, の事, の任, の位, の初, の帝, の年号, の時, の為, の草庵, の遜, を称し, を窘めずし, を索むるを名, 未だ死, 猶死

▼ 建~ (15, 0.8%)

2 それを

1 [13件] あとから, それなりじたばたしよう, 二階建の, 京都の, 低くし, 勿論二階建, 孔明よりも, 平家造りの, 片っぱしから, 真暗である, 足蹈平地看, 軒まばらに, 軽快な

▼ 建速須佐~ (15, 0.8%)

11 之男命 4 の男

▼ 建直し~ (13, 0.7%)

1 [13件] ができよう, ては復, て行きたい, により財源, に全力, に努力, のため, の折西日さ, の普請, の望み, の関頭, を成就, 建直し

▼ 建~ (12, 0.6%)

3 六年 1 三年, 二年, 五年, 元年, 六年と, 六年説とは, 六年説の, 四年, 年間に

▼ 建御名方~ (12, 0.6%)

7 の神 1 の氏, の神二神, の神白さく, の立ち氷, は諏訪明神

▼ 建込んだ~ (12, 0.6%)

2 中で 1 事第, 家の, 汚らしい家, 町家の, 細い横町, 街中に, 表通りの, 路地の, 路地裏は, 長屋の

▼ 建~ (11, 0.6%)

6 熊命は 3 熊の 1 熊, 熊命という

▼ 建暦二年~ (10, 0.5%)

3 の頃 1 といふ, の九月, の二月, の五月, の八月, の和田合戦, の御

▼ 建~ (10, 0.5%)

2 した事, して 1 が成功, が筆記, だ, による, の筆記多く, を實行

▼ 建~ (9, 0.5%)

1 さそい出して, し彼, つくられたので, 打ち殺したま, 斬り立てかえって, 殺らむとおもほして, 誅せられる時, 賞めた, 騙して

▼ 建~ (9, 0.5%)

1 するの, などはかな, などをした, になっ, の最中, も取払われ, をした, をする, を始めた

▼ 建~ (9, 0.5%)

1 の七年頃, の二十六, の二年秋九月, の人たち, の八年, の十一年, の四年八月朔日, の村, の秋十六年

▼ 建付け~ (8, 0.4%)

3 のわるい, の悪い 1 が惡い, が狂っ

▼ 建つるこ~ (7, 0.4%)

1 とある, とが必要, とになり, とに急いだ, とは法, とを知らざる, とを願い出

▼ 建~ (7, 0.4%)

1 いって, なり表付, 云うの, 云ったよう, 字し, 思つてゐる, 称して

▼ 建~ (7, 0.4%)

1 とお呼び, と健磐龍命, と申しあげる, の旧蹟, の歌, の為, を崇神天皇

▼ 建~ (7, 0.4%)

1 すぐに, だな, である殊に, なので, の二階, を, 据え方

▼ 建業城中~ (7, 0.4%)

1 にこれ, の善謀忠武, の大, の臣下, の評議, の諸公, を暗澹

▼ 建という~ (6, 0.3%)

1 ものが, やつも, 事が, 大喫茶店, 悪者を, 者の

▼ 建~ (6, 0.3%)

1 一つは, 一棟付い, 全く不用, 大に, 大抵各階, 知らぬか

▼ 建久九年~ (6, 0.3%)

2 に生れ 1 に土御門天皇, の十二月, の春, 御年十九

▼ 建吉備津日子~ (6, 0.3%)

4 の命 1 が女, の命二柱

▼ 建暦元年~ (6, 0.3%)

1 から承, と改元, にはまだ, にはやう, にはようやく, には既に

▼ 建須佐~ (6, 0.3%)

6 之男

▼ 建である~ (5, 0.3%)

1 がその, がともあれ, が各階とも, が如く, し殆ど

▼ 建保二年~ (5, 0.3%)

1 から三年, には正月, のお正月, の五月, の頃

▼ 建國以來~ (5, 0.3%)

1 と申しませう, の方針, の歴史, 既に約, 約二千六百年

▼ 建小屋~ (5, 0.3%)

1 があっ, がある, がそこ, の灯, を覗き

▼ 建康府~ (5, 0.3%)

1 に安, の産, の花街, へ立たせ, 大饑

▼ 建文皇帝~ (5, 0.3%)

1 なりという, は如何, は実に, をかしずく, 果して崩ぜり

▼ 建武元年~ (5, 0.3%)

1 とし, に入っ, の, の正月, の秋

▼ 建武新政~ (5, 0.3%)

1 にも失望, の世, の両, の大, の緒

▼ 建波邇安~ (5, 0.3%)

5 の王

▼ 建禮門院~ (5, 0.3%)

1 と申, に侍, の上, の御, は史上

▼ 建陀羅~ (5, 0.3%)

3 の仏教芸術 1 の建築, の遺跡

▼ 建かの~ (4, 0.2%)

2 大洋館 1 コンクリイトの, コンクリートの

▼ 建~ (4, 0.2%)

1 その間に, 三階建の, 二階建では, 徐庶は

▼ 建られ~ (4, 0.2%)

1 たり, ていた, 候, 前は

▼ 建~ (4, 0.2%)

1 のむかし, のむかし此, の年, の遺物

▼ 建久元年~ (4, 0.2%)

1 といえ, に行われた, の二月, 初めて上洛

▼ 建仁三年~ (4, 0.2%)

1 の八月, の出来事, まで吾妻鏡, 辞し千幡

▼ 建~ (4, 0.2%)

2 の悪い 1 の惡, の曲ん

▼ 建保五年~ (4, 0.2%)

1 に出家, に高, の七月, の歌合

▼ 建保四年~ (4, 0.2%)

1 から数, の九月, の六月, の六月二十日

▼ 建安二十五年~ (4, 0.2%)

1 の春正月, は同年, をもってちょうど, を延康元年

▼ 建安十三年~ (4, 0.2%)

1 に入った, の冬, の冬十一月, の秋七月

▼ 建御名方神~ (4, 0.2%)

1 が千人, というもの, と戦場ヶ原, はぶるぶる

▼ 建武時代~ (4, 0.2%)

1 かも知れない, の作, の後醍醐天皇, の鉄

▼ 建武正平~ (4, 0.2%)

2 のむかし, の頃

▼ 建沼河別~ (4, 0.2%)

3 の命 1 その父

▼ 建波邇安王~ (4, 0.2%)

1 が悪, はすぐ, は案, を刺し殺し

▼ 建禮門~ (4, 0.2%)

4 につとめ

▼ 建~ (4, 0.2%)

2 の階下 1 の最, の木造家屋

▼ 建艦委員~ (4, 0.2%)

1 の誰か, も共に, よく見, を非常呼集

▼ 建~ (3, 0.2%)

1 つて, とはじめ, とほんとに

▼ 建つた~ (3, 0.2%)

1 ずゐぶん, ばかりのもの, 大きなお寺

▼ 建つるところ~ (3, 0.2%)

1 なり, の文明政体, の旗

▼ 建つる所~ (3, 0.2%)

1 にし, の新約, の通称

▼ 建てかけ~ (3, 0.2%)

2 の家 1 の小

▼ 建では~ (3, 0.2%)

1 あるが, ないその, 気が

▼ 建には~ (3, 0.2%)

1 四つの, 楊修の, 違いなかった

▼ 建ものの~ (3, 0.2%)

2 戸を 1 門の

▼ 建~ (3, 0.2%)

21 はうち

▼ 建られた~ (3, 0.2%)

1 住居と, 大きな西洋館, 茶室めいた

▼ 建~ (3, 0.2%)

2 とする 1 となす

▼ 建~ (3, 0.2%)

1 今ハ印度ニテ, 直シノ費用ナラソレダケッテコトハナイデショウ, 直スト云ッタラ

▼ 建三階建等~ (3, 0.2%)

2 の階下 1 の木造家屋

▼ 建久館~ (3, 0.2%)

1 だけは焼け残った, と称する, なるもの

▼ 建保元年~ (3, 0.2%)

1 となった, のま, の二月

▼ 建保六年~ (3, 0.2%)

1 に二度目, の三月, も将軍家

▼ 建出し~ (3, 0.2%)

1 たり狭い, の二階, は見合わせ

▼ 建始殿~ (3, 0.2%)

1 と名づける, の棟梁, の構想

▼ 建安二十四年~ (3, 0.2%)

1 にあたり黄猪虎, の十月, の秋七月

▼ 建安十二年~ (3, 0.2%)

1 の冬十月, の十一月, の春

▼ 建安十五年~ (3, 0.2%)

1 となる, の冬十二月三日, の春

▼ 建~ (3, 0.2%)

3 廣國押楯の

▼ 建~ (3, 0.2%)

1 の刺史, の梨山廟, を根據

▼ 建日子~ (3, 0.2%)

1 が妹, という者, を副

▼ 建春門~ (3, 0.2%)

1 に到り, を開かせた, を開き

▼ 建暦三年~ (3, 0.2%)

1 このと, に栂尾, の二月

▼ 建業城~ (3, 0.2%)

1 の北庭, の大, へ伝えられ

▼ 建武三年~ (3, 0.2%)

1 いらい二十二年, の正月, の阿蘇社領帳

▼ 建沼河耳~ (3, 0.2%)

3 の命

▼ 建洋館~ (3, 0.2%)

1 があり, のアパート, の真暗

▼ 建直された~ (3, 0.2%)

1 のかと, 当時の, 時重吉は

▼ 建直す~ (3, 0.2%)

1 とか云っ, のだった, 大きな波

▼ 建章殿~ (3, 0.2%)

1 の井, の辺り, の階

▼ 建豐波豆羅和氣~ (3, 0.2%)

2 の王 1 の王一柱

▼ 建貝兒~ (3, 0.2%)

2 の王 1 の王一柱

▼ 建込み~ (3, 0.2%)

1 の場所, の日, の監視

▼ 建~ (3, 0.2%)

1 なども定めし, に気, の悪

▼ 建おく~ (2, 0.1%)

2 事五月の

▼ 建だった~ (2, 0.1%)

1 からである, ために

▼ 建つたの~ (2, 0.1%)

1 は森文部大臣, もこの

▼ 建つる塔~ (2, 0.1%)

2 定めて

▼ 建つる時~ (2, 0.1%)

1 この老, にも大

▼ 建つれ~ (2, 0.1%)

1 ば建てられた, ば直ちに

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものに

▼ 建であった~ (2, 0.1%)

1 が内部, が美妙

▼ 建として~ (2, 0.1%)

1 据えられた, 早手廻し

▼ 建ども~ (2, 0.1%)

1 の宴会, をひとり

▼ 建ならび~ (2, 0.1%)

2 一つの

▼ 建まし~ (2, 0.1%)

1 の許可, は断念

▼ 建七五三かざり~ (2, 0.1%)

2 は雪

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 云々と, 長谷川卯兵衛安備と

▼ 建之と~ (2, 0.1%)

2 刻し

▼ 建五百建命~ (2, 0.1%)

1 と健磐龍命, を崇神天皇

▼ 建伊那陀~ (2, 0.1%)

2 の宿禰

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 別, 別と

▼ 建保四年六月~ (2, 0.1%)

1 まるで乞食, 実朝二十五歳

▼ 建保年間~ (2, 0.1%)

1 には元年, 後堀川院

▼ 建功神社~ (2, 0.1%)

1 とは台湾方面, を挙げよう

▼ 建國以來連綿~ (2, 0.1%)

2 として今日

▼ 建國勝戸~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣が

▼ 建埴安彦~ (2, 0.1%)

2 の妻安田媛

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 といふ塲合, の爲め

▼ 建壊し~ (2, 0.1%)

1 のあと, の跡

▼ 建始元年~ (2, 0.1%)

1 より數, より楊雄

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 の根本精神, の精神

▼ 建安九年~ (2, 0.1%)

1 の春, の秋七月

▼ 建安八年~ (2, 0.1%)

1 の十一月ごろ, の戦い

▼ 建安十年~ (2, 0.1%)

1 には出来, の正月

▼ 建布都~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 元年に, 元年山陽白兎を

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 に二人, の臺城

▼ 建廻され~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 建文永楽~ (2, 0.1%)

1 の事, の間

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 の二とせ, 元年頃

▼ 建暦元年六月三日丑剋将軍家御寝~ (2, 0.1%)

2 の際

▼ 建武中元二年~ (2, 0.1%)

1 に奉, に支那

▼ 建武中元二年倭奴國~ (2, 0.1%)

2 奉貢朝賀

▼ 建武二年~ (2, 0.1%)

1 からの各地, に入る

▼ 建武以来~ (2, 0.1%)

1 の錚, 初めて昔

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼ 建比良鳥~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 建波邇夜須毘古~ (2, 0.1%)

1 の命, の命一柱

▼ 建猪心~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 建直した~ (2, 0.1%)

1 のだ, 落成式停車場に

▼ 建直したい~ (2, 0.1%)

1 という, と思います

▼ 建磐龍命~ (2, 0.1%)

1 の靈場, は正

▼ 建終り~ (2, 0.1%)

2 大城戸

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 いて, けたる

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 せざるは, せる土地

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 の初, の十三秋なかば

▼ 建興九年~ (2, 0.1%)

1 の第, は魏

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 の中止, を断行

▼ 建艦計画~ (2, 0.1%)

1 では従来, とヤンキーガール

▼ 建角身命~ (2, 0.1%)

1 の娘, の娘さん

▼ 建込ん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でいる

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 った賑, る二階家

▼ 建重ね~ (2, 0.1%)

2 てある

▼ 建~ (2, 0.1%)

1 の間筑前, の頃

▼ 建長二年~ (2, 0.1%)

1 に於, の條

▼ 建陀羅芸術~ (2, 0.1%)

1 から来た, はギリシア

▼ 建鵜草葺~ (2, 0.1%)

2 不合

▼ 建鵜葺草葺合~ (2, 0.1%)

2 へず

▼1* [401件]

ありやと尋, 建かたもわるく, 建かはつて行く, 建から六階建まで, 建男は, 建きょうだいは命, 建強き人無し, 建くらいの大きなビル, 建く荒き情を, 建ぐらいなもの, 建させ給ふ, 建或は天香, 建せいぜい間数は, 建その室に, 建時四方から, 建たるという全盛, 建ちの住宅と殆ど, 建ちの棟割を見つけ, 建ちょう我を主, 建やありません, 建つけの悪い, 建つたコールター葺の染工場, 建つた家を家, 建つた林中の庵, 建つた金が足りない, 建つづき大川に, 建つて間もない明るい, 建つらね横木を, 建つるべき入りめと, 建つるものに至, 建つる事が出来た, 建つる勇氣もなく, 建つる旨を莊重, 建つる楯井の陵, 建つる由言い居る, 建つる者ありとは, 建つる骨肉なり云, 建であってまわり, 建と共に入牢した, 建のです, 建ながらだいぶん復興, 建なされ私は, 建などが噂する, 建などもその輩, 建などを見せた, 建なんてものは, 建にて上口には, 建になつてゐ, 建ばかりで斜, 建びて待ち問ひたまひ, 建集って, 建へを組立てる, 建まであり商店, 建ようとした, 建らしい倉庫の, 建られつれど進歩, 建をも誰ぞ, 建ておる, 建ッテイタノデソノ一部ヲ残シテ, 建ツハ権妻ヲ迎フル也, 建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, 建テ号シテ家鬼ト敬イ四時牛馬ヲ屠, 建テ漱石當時排悶ノ一詩, 建一棟ヲ仮, 建七棟の書庫, 建三階建の木造家屋, 建上ったのは, 建上りが高い, 建は土間, 建並び片側は, 建並んで地上, 建中三年に景教碑, 建中二年に時, 建中校尉梯儁等奉詔書印綬, 建久七年まで摂政関白, 建久三壬子の年勅使皈洛, 建久三年の頃叡山, 建久三年十一月十五日であったが, 建久三年後白河法皇崩御の後, 建久三年正月五日から法皇, 建久三年秋の頃, 建久九年十二月右大将家には相模川, 建久九年後鳥羽天皇御譲位, 建久九年正月七日別時念仏の間, 建久九年重成法師之を新造, 建久二年の頃法然, 建久元年十二月の午後, 建久八年の橘兼仲, 建久八年八十四歳のとき, 建久八年法然六十五弁阿三十六の時吉水, 建久六年の若狭, 建久六年三月故右大将家, 建久六年三月二十日造営の功, 建久六年二月東大寺供養の為, 建久六年六月六日東大寺に於, 建久六年十三歳の時, 建久四年五月に源頼朝, 建久四年富士の狩, 建久四年頼朝富士裾野牧狩の時, 建久年中にこの, 建二階造の四室, 建をよび, 建の際, 建仁三年九十歳に達し, 建仁三年九月七日叙従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 建仁三年九月五日の條, 建仁三年二月に京極殿, 建仁三年以後に新しく, 建仁三年六月三日即ち太陽暦, 建仁三年千幡さまはその, 建仁三年四月に五人, 建仁二年の三月十六日, 建仁二年五月四日の条, 建仁二年十月二十一日に内大臣通親, 建仁元年のこと左衛門志藤原宗貞, 建仁元年七月二十七日に後鳥羽上皇, 建仁元年四五月の交, 建仁元年四十歳のとき, 建仁元年法然に従って出家, 建介夫妻は語り合っ, 建付きの悪い, 建以上のもの, 建何とか院樣の, 建と改元, 建保七年の正月右大臣, 建保七年二月八日の條, 建保三年の七月, 建保三年六月に痢病, 建保三年十一月の末, 建保五六年の将軍家, 建保五六年あたりからあの, 建保五年二十歳で従四位上左権中将, 建保五年六月に京都, 建保元年あたりにはもうそろそろ, 建保元年二月二十七日正二位このころ, 建保元年五月の地震, 建保元年十月に清水寺, 建保元年癸酉のとし, 建保六年二十七歳の年, 建保六年正月より承, 建保四年三月十八日に書いた, 建保四年九月廿日の條實朝大江廣元, 建保四年二月に自, 建保四年閏六月二十日に七十二, 建で生気, 建六階建の宏荘, 建出されてあっ, 建列するに及び, 建五年, 建制順序に過重, 建功侯に封じた, 建十坪の天文台, 建合せを音, 建名物食堂も真暗, 建よ又, 建四方の道筋, 建四方見開きの塔, 建因冒譴責坐北遷, 建でも安心, 建國ガ社會契約説ヲ理想トシテ植民セル者, 建國ニモ非ズ, 建國五年に崩御, 建國以來我々の祖先, 建國以來日本民族の血液, 建國前期からの天業, 建國史は神, 建國時代ニ發源シ更ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, 建國會近頃では東京, 建國東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 建國歴史ヲ異, 建國精神をも喪失, 建國精神ヨリ又現代國民思想, 建増されたが母屋, 建増そうにもひろげ, 建大秦寺云々とある, 建天正年中絶え果て今, 建如何にも探偵小説めい, 建を攻め取っ, 建威将軍賈逵が訪ね, 建安七年の春早々, 建安二十五年春二月詔すと, 建安二十六年の四月, 建安二十年曹操は大軍, 建安二年の五月, 建安五年十月の中旬, 建安元年の冬, 建安六年の秋九月, 建安十七年の春正月, 建安十七年冬十月いよいよ南下, 建安十九年十一月の冬, 建安十二年孔明は二十七歳, 建安十八年の秋八月, 建安十八年正月となっ, 建安十六年の初夏, 建安十四年の冬, 建安四年の冬, 建安郡の山賊百余人, 建宮君とが來訪, 建寧元年のころ, 建の洸山, 建州浦城県の知事, 建平二年彗星の出ずる, 建平二年王莽が漢室, 建平夷陵にわたる七十余里, 建平年間で今日, 建の繩ばり, 建康薙刀をよく, 建廻して武張った, 建廻した茶屋休息所その, 建役場の白い, 建徐商の二将, 建御名命と盤古, 建御名方命を祀った, 建徳江に宿す, 建忍山垂根が女, 建忠校尉梯携等奉詔書印綬, 建懷聖寺記の碑, 建成し維持する, 建或は三階建等の, 建掛けたものです, 建掛ケの塔, 建揃った上市区改正に, 建揃つた玉の井へ行つて, 建文一朝を認めない, 建文三年二月燕王自ら文を撰, 建文中道士ありて, 建文二年となりぬ, 建文元年としたまいぬ, 建文元年七月より恵帝, 建文元年二月諸王に詔, 建文元年正月燕王長史葛誠をし, 建文元年耿炳文に従い, 建文四年六月までは烽烟剣光, 建文帝位に即, 建文帝僧となり, 建文帝出亡諸臣庇護, 建文帝善慶里に至り, 建文帝是の如く, 建文帝東行したまい冬十月史彬, 建文帝永慶寺に宿し, 建文帝浪穹鶴慶山に至り, 建文帝観音大士を潮音洞, 建文帝難に死, 建文皇帝諱は允, 建日別といふ, 建日方別といふ, 建日本家屋の模型, 建昌県の某家, 建昌軍に謫, 建春門西には迎秋門, 建時代に四川, 建暦三年十一月定家は家重代, 建暦三年和田佐衛門尉義盛が叛逆, 建暦三年四月十六日の條, 建暦二年正月二十五日午の正中, 建暦二年正月二日から法然, 建暦元年夏の頃上皇, 建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 建暦前後より延應, 建への見積り, 建替えや根つぎ, 建替えられ夕闇に, 建木造の内科病室, 建札十枚程用意, 建札夜の美粧院, 建札早々に目貫, 建札目にかかり, 建に水, 建格子戸見たところ, 建を発端, 建業以来の功臣, 建業南徐の軍馬, 建業城下に迫る, 建業惟れ期すワシントン, 建業王威の恢復, 建業登城をうながし, 建に隠れ居る, 建武らくがき, 建武三年記どれもみな同日, 建武中興瓦解後の京都, 建武中飛騨の牛丸摂津守, 建武二年七月となった, 建武二年新田勢が朝命, 建武二年時の朝賊足利尊氏, 建武以来六十余年の兵乱, 建武元年十一月より翌年七月, 建武元年夏八月の, 建武元年尊氏のあつかい, 建武元年正月からひろく, 建武初年の頃, 建武初頭の論功, 建武南北の治乱, 建武四年の軍忠状, 建武将軍の役, 建武年間正平以後にかけてまで半, 建武延元の雄たけび, 建武式目の公布, 建武応仁の乱, 建武恩賞のさい, 建武招来の第, 建武景気とかいっ, 建武社会そのものの非情, 建武行賞の餌, 建武銅尺にて三丁五十一間, 建の近著, 建永元年にやはり, 建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 建永元年八月蓮生は, 建永元年十二月九日のこと後鳥羽院, 建永元年十月二十六日御受戒, 建より上り, 建沼河別命を東山道, 建注連を引わたし, 建混み過ぎた木造家屋は, 建混んでいる, 建などし, 建と革め, 建炎二年と革まった, 建焼けビルを, 建と呼ばれる, 建甕槌の命, 建甕槌命と申します, 建さむあはれ良匠, 建直さにゃならない, 建直されねばならぬ, 建直されるということ, 建直し今にては勿, 建直りて煙草屋, 建看板が未, 建の悪い, 建福丸が一人, 建福寺の鎮守馬, 建程の建物で, 建章宮の如き, 建策しあるいは長州人士, 建ふ是, 建続き町幅が, 建続きたる中に, 建続く屋根の, 建り残り, 建置かれる事に, 建置以前は郡名, 建った売店, 建博士, 建興七年四月の祁山夏, 建興三年の春, 建興三年秋は九月, 建興五年にあたっ, 建興五年あけの空, 建興五年冬孔明スデニ天水南安安定ノ三郡, 建興元年とあらためられた, 建興十三年にはどんな, 建興十二年呉にある, 建興十五年蜀は延, 建艦命令教書を書く, 建艦委員たちを案内, 建艦方式において別に, 建艦発注が多種多様, 建艦競爭して, 建艦速度を増し, 建艦運動の献金欄, 建薬物には一ヶ所, 建畏み, 建角身の命, 建詐刀をえ, 建詰った市街の, 建すること, 建赤屋根の家, 建世願必至無上道斯願不, 建込みすぎた木造家屋は, 建込み日当あしく二階, 建込む家に, 建通千種有文富小路敬直なぞ, 建連なっておりました, 建連ね何れも, 建と相談, 建鉄会社ちゅうの, 建鉄工業株式会社に通っ, 建鉄株を現金, 建鉄筋コンクリートの宏壮, 建鎭國念誦道塲佛國風範亦復如是, 建長三年七月三日生年八十四で往生, 建長三年十一月三日年九十五で大, 建長三年十二月廿二日の條, 建長三年十月二十七日に奏覧, 建長三年頼嗣廢せらるの, 建長二年七月の地震, 建長二年十二月廿九日の條, 建長五年の比, 建長五年七月二十七日よき往生, 建長五年十月二十一日注出の近衛家所領目録, 建長五年四月二十八日清澄山頂の旭, 建長四年に成, 建長屋づくりだ, 建長興国の思ひ, 建長興國の思ひ, 建長頃より關東, 建を殺させた, 建に身柄, 建駄天というの, 建鵜葦草葺合へず