青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ 廉~ ~廊下 廊下~
廣~
延~ 建~ 建て~ ~建物 建物~ ~建築 建築~ 建設~ 廻~ ~廻し

「廣~」 3140, 31ppm, 3750位

▼ 廣~ (623, 19.8%)

9 庭の 7 庭を 5 意味に, 意味の, 範圍に 4 家の, 梯子段を, 胸の, 部屋が, 野を 3 世界に, 座敷に, 座敷の, 廊下を, 河原を, 緑の, 草原に, 部屋に, 野原の, 額を

2 [44件] なア, のに, のに驚嘆, のは, やうで, 世の中に, 事は, 土地を, 外郭にな, 屋敷の, 平野の, 座敷で, 庭に, 庭へ, 廣い, 意味で, 意味での, 水田と, 浴槽に, 玄關の, 知識と, 磐石の, 社會の, 空に, 空地が, 空地に, 空際, 端山の, 範圍の, 肩を, 萼の, 葉の, 道に, 道の, 道路の, 部屋へ, 野に, 野原に, 門の, 間口に, 階子段を, 額が, 額の, 額は

1 [454件] あごの, あたりは, からあんな大きな, からその, からだ, から何, がつ, くせに, ぐりぐりの, けど人, けれども間, この世の中, この室, この家, さ, そして全, その顏, だけに留守番, ところで, ところでは, な, には錢形平次, のか, のが, のだろう, ので, のでまばら, ので一望, ので乘物, ので奧, ので帳幕, ので思い, のと, のに排水, のや, のを, は金城館, ばかりで, ほどな提革鞄, みちが, やうな, やさしい怜悧, わりに, をやみ, オフイスの, カドで, カドでは, シヨールを, シラチブチへ, バルコンを, ヒヨロヒヨロした, フランネルの, プラツトフォームに, プラツトフオームへ, ベッドが, ヴェランダの, 一區劃で, 一帶の, 一番壯麗な, 一直線の, 三等待合室は, 上に, 上り湯の, 下宿屋の, 世の中で, 世界が, 世界で, 世界では, 世界にも, 世間に, 世間の, 世間を, 中六, 中土間, 串が, 之も, 二間つ, 二階に, 五人の, 京間の, 人は, 人氣の, 人間的な, 人間社會が, 仕事を, 位な, 位の, 停車場通りの, 傾斜地を, 入江に, 入江の, 入海も, 兩國橋の, 兩肩を, 共通の, 冷たい座敷, 出刄庖丁の, 刄先が, 割りに, 割合に, 劒の, 區域に, 厚い男, 厚い肩, 原野に, 厠で, 口毒々しい赤い, 古風な, 同氏の, 向うの, 周圍の, 周圍もつとも, 和やかな, 四角形の, 國であります, 國の, 土地も, 土間に, 土間には, 地平線を, 地盤の, 地面を, 坂は, 坂道を, 城内も, 堀です, 場所である, 場所は, 場處が, 塔が, 境内の, 境内も, 境内を, 墓地の, 壺を, 大きな額, 大地を, 大型の, 大男だつたさう, 大男に, 大道を, 天と, 天の, 天地に, 天地を, 天空と, 奧座敷に, 奴隷購賣に, 宇宙の, 室が, 室なら, 室内が, 室内の, 家だつた, 家ぢゆうの, 家で, 家でない, 家でも, 家に, 家には, 家中の, 宿に, 寒さ, 察する, 寢床を, 實に, 屋内の, 屋敷に, 屋敷は, 屋敷を, 岩層の, 市民の, 帶を, 帽を, 平たい鼻, 平べつたい口, 平原と, 平原に, 平原は, 平地に, 平地を, 平坦な, 平屋が, 平野を, 店さきも, 座敷であった, 庭だ, 庭には, 庭は, 庭先き, 庭園が, 廊下に, 廊下は, 建物が, 建物の, 往來へ, 御座敷, 御庭, 心と, 心持も, 怪奇な, 意味から, 意味においては, 意味における, 戸口が, 所は, 所へ, 拔け, 控所を, 控處の, 搬入場に, 教場の, 教室で, 教養が, 敷臺の, 新道が, 方で, 方です, 方ね, 方の, 方は, 方を, 方陣その, 昔の, 景色が, 本堂により, 本通りを, 朴の, 机の, 松林で, 板の間に, 板の間の, 板の間を, 林檎畠の, 林檎葡萄の, 果物畑を, 根本的な, 桃畑が, 框に, 梯子の, 梯子を, 森林その, 植木屋の, 椿の, 構の, 構内でも, 構内に, 構内の, 構内へ, 構土藏と, 樣だ, 樣でも, 樣に, 樣子を, 横穴, 横通りを, 橄欖色の, 橋を, 歩道に, 歴史が, 段々を, 母家の, 氣力の, 水の, 水は, 水澤の, 河でした, 河は, 河原で, 河原へ, 河口へ, 沼の, 沼地を, 洋室にな, 洋服を, 浦狹い, 浴槽で, 海が, 海と, 海の, 海原を, 海洋へ, 深い愛, 湖水が, 湖面に, 湯の, 湯槽に, 湯槽の, 湯殿には, 溪河を, 澱が, 瀧が, 灰白色の, 然し向う側, 然し圓, 爐邊で, 牧場で, 物である, 物乾場を通して, 物置の, 物靜かな, 玄關には, 田圃の, 男の, 畑が, 畑は, 畑全, 畑地で, 畠に, 畠地は, 畫面の, 疊廊下から, 疊敷の, 病室から, 白の, 白縮緬の, 百姓家を, 目付の, 眉間と, 眉間や, 眞直ぐな, 眺望を, 眼の, 着布團を, 石ころの, 石の, 砂利路が, 砂嘴が, 確りした, 社會に, 社會人として, 社會人の, 程, 穴の, 空地との, 空地には, 空地を, 空間の, 突鼻の, 窓品の, 竈の, 立場からは, 端嚴な, 糸を, 紙で, 紙を, 經驗も, 緑色など, 縁を, 縁側から, 縁側で, 翼の, 耕地や, 聲が, 聲で, 肩に, 肩は, 肩幅とを, 背を, 背中の, 背景を, 自由の, 臺所で, 臺所の, 臼を, 良い土地, 芝生が, 芝生も, 芝生を, 草原が, 草原にな, 葉に, 蔭の, 藝の, 處では, 處を, 虚に, 蚊帳を, 街路は, 袖の, 裏庭に, 裏庭の, 見地から, 解釋で, 講堂が, 講堂で, 警部補が, 警部補に, 讀書室の, 赤い火, 路を, 辻だ, 辻に, 迫持の, 通りな, 通りの, 通りへ, 通を, 連續は, 運動場が, 運動場を, 道へ, 道も, 道を, 道幅の, 道路が, 道路を, 遠方に, 部分には, 部屋, 部屋を, 郷土を, 重味の, 野, 野原へ, 野原を, 野地を, 金指輪の, 銅の, 長い部屋, 長火鉢の, 間是が, 限りない, 階段や, 階段を, 雜居房で, 雜居房に, 雜草の, 電車通りで, 青々と, 青葉を, 靜かな, 面積に, 面積について, 領野が, 頬の, 額とを, 額に, 額には, 額や, 額太い, 顏から, 顏で, 風通しの, 養樹園が, 駿河灣一帶よりも, 高い強いこと, 高原の, 高原を, 鰭状の, 麥畑です, 麥畑を, 麥藁帽子が, 黒いやつ

▼ 廣~ (350, 11.1%)

8 なつて 7 行はれ 6 世に 4 なつた, 行は 3 はなく, 世界に, 世間に, 人間の, 行はれた

2 [19件] て, ていつも, なつた氣, はありません, はない, 世人の, 世界の, 世界を, 人丈に, 各方面, 國民の, 夜目には, 學界に, 擴が, 枝を, 用ゐられ, 目を, 行はれし, 赤

1 [268件] あけ放し, か, かすみ網の, さうし, するとも, するらしい寂, する事, そのいづれ, その一段上, てその, てなか, ても其の, て古い, て多い, て天井, て奧, て子供, て完全, て對手, て底氣味, て役に立たねえ, て手薄, て暇, て暗い, て深い, て火, て直, て立派, て緩く, て腰, て若い衆, て顏, と, とつた, とりたる前, ないけれども, ないだけに, ない家, ない庭, ない町筋, ない處, なつたの, なつたり, なつた家, なつた所, なつた母屋, なつてつぎ, なつて霧, なり, なりに, なり右手, なり應答, はあ, はありませんでした, は世間, は行, は行われなかつた, やつて, ゆるくする, より明るく, ガランとして, 一つは, 一般から, 一般に, 一般の, 一面に, 上の, 上中流階級に, 且つ一部分, 且つ低く, 且つ寒, 且つ深く, 且つ詳, 且つ遠い, 且又同じく, 且遠い, 世の中へ, 世上に, 世間の, 世間を, 世間一般に, 中央アジア一帶に, 中空に, 主人三七の, 之れ, 云へば, 亘りて, 交通が, 人に, 人才を, 人材を, 人民の, 人民間に, 人生に, 人類の, 住居し, 使用され, 使用される, 例を, 假名遣, 偶像信者を, 傳へられた, 傳播された, 全地球上, 兩側は, 其の鉛色, 其清浦派と, 内外の, 分布され, 分布し, 加之, 北支那人一般にも, 北海道人士に, 南北二町半東西一町半の, 印度の, 卷きつけて, 及ぶところ, 取り何十畳, 取扱ひも屆き, 唐物袋物を, 商を, 器物に, 國までの, 國民に, 國民一般の, 圓形に, 地方に, 城門を, 塵も, 多くの, 多方面に, 大きな穴, 大なる, 大八洲内, 大海を, 大阪を, 天神山や, 如何にも薄暗く, 實驗し, 小女の, 尤も盛, 展けて, 展開され, 峰から, 左右に, 平なる, 店全幅の, 建物も, 弘がる, 弘まつ, 弘る, 張り, 後世に, 徳川時代に, 惠み, 愛讀される, 我が國, 我に, 我學術の, 或は狹, 或處, 拔け, 掃除にも, 推及ぼし, 支那内地に, 教へる, 教室の, 散らし布き, 敷いて, 敷衍し, 斜めに, 斯くも, 新聞も, 日本に, 明きに, 時間と, 更に深, 月は, 有氣無形, 木口も, 材料を, 村人達の, 東亞諸國の, 植物に, 歐洲諸, 歐米諸, 此處一町は, 武事の, 殊に通俗的, 民衆の, 水量深く, 沁みわたるやう, 河に, 流るる, 深きに, 清らかにて, 渉られ, 渉獵した, 澤山の, 濠の, 照りわたる, 爽かに, 物寂しく, 猪や, 玄關は, 生藥, 用ひられ, 用ゐたる, 用ゐられたる, 用ゐる, 町に, 發見され, 眞夜中過, 眼が, 知れわ, 禁制の, 秀いでた, 科學者の, 穩かに, 穩や, 竹藪が, 範を, 米屋を, 精神發達一般を, 結ひ下げ, 縁取つてを, 縫つた寢卷き, 群書を, 聖徳太子行基菩薩役小角玄, 聲の, 股を, 脊高く, 花木多く, 萬般の, 薄暗く隅々, 行き渡つてゐる, 行はれたらしい, 行はれぬ, 裏に, 裏には, 複雜した, 見晴らしの, 言へば, 調度は, 諸國民, 諸外國人, 諸工事, 讀者を, 豐かに, 貝層も, 貴族より, 輝やい, 近代劇としても, 造化の, 遙かに, 遠かつ, 遠く照す方に, 醫學社會に, 金を, 開きて, 開き心は, 開らけた野づら, 間口を, 離家は, 電柱が, 靜な, 飜し, 齒を

▼ 廣~ (164, 5.2%)

3 は千代子, は彼女, は相手

2 [13件] がこの, と千代子, の口調, の物, の身体, の顔, は, はある, はともすれ, はやっと, は余り, は優しく, は彼

1 [129件] から詳しい, が, がその, がどの, がクネクネ, が仮令, が何, が千代子殺害, が悩ましい, が続け, が菰田源三郎, が説明, が軽度, そしてそれ, だって, だって一向, であったらそれ丈, であった男, と, という人, という人間, という書生, という男, という署名, といふの, としては一種異様, とその, とは遊んだ, と分っ, と名, にうながされ, にし, にとっては一層, にとって当然, には云う, に取っ, に対して恐るべき, に戻る, に相違, に返っ, のいたずら半分, のこの, の一喝, の一挙一動, の下宿, の両, の両手, の二の腕, の云う, の五体, の仮病, の作り出した, の千代子, の声, の声音, の居間, の常套手段, の応接間, の悪, の方, の来る, の枕頭, の無謀, の立っ, の立場, の美しい, の胸, の腕, の菰田源三郎, の術中, の面目, はあの, はいつ, はいとも, はこの, はこれ丈, はさも, はさり気, はじっと, はその, はそれ, はどこ, はなくなっ, はふと, はポケット, は一飛び, は云いさし, は云い捨て, は他愛, は何, は何かしら, は先ず, は又, は呼吸, は咄嗟, は娘, は島, は幸, は思わず, は悔ん, は愈々, は態と, は手, は斯く, は昂然, は最早, は構わず, は源三郎, は突然, は突然がばと, は脣, は芝原, は菰田家, は駅, は驚い, は黙っ, も何, も又, も嘗て, も男, をうつ, を一目, を弟, を殺し, を片手, を疑い, を疑う, を見かえりました, 知って

▼ 廣~ (151, 4.8%)

5 の中 3 の隅 2 あり, であつ, にお, に入, の中央, の周圍, の屋根, をよぎつて

1 [127件] から聽, が半分, が又, が甚だ, だ, だの階段, であったらしく彼, であなた, である, でもそこ, で不思議, で互選, で其の, で十六枚, で召使, で女達, で宴會, で御殿, で時, で時計, で柱時計, で正面, で疊敷, で私, で私たち, で隣り, と, となり, と二階, と呼ん, なる水, なんぞは病中, にあらず, にお待ち, にはピアノ, にはベッド, にはマリア, には人波, には先立たれた, には幌, には此, には爐, にも玄關, に三人, に並べ, に來, に入る, に出た, に出でし, に出ました, に刑事二人, に取つ, に妹, に家中, に居, に張られた, に私, に移し, に籠る, に置いた, に聞え, に這入る, に集ま, に響く, に飛び上がる, に駈け下り, のそ, のともし, のほう, の一席, の一隅, の上, の両側, の主人公, の何處, の入口, の内, の卓子, の古い, の奇妙, の如く思はれぬ, の幕, の床の間一パイ, の戸, の戸締り, の扉, の方, の暗, の板敷, の格天井, の樣子, の正面, の演藝場, の灯, の灯り, の疊, はガラン, は元, は只, は廣, は暗く, へつれ, へ入, へ出る, へ呼び出され, へ行き, もまた, も全く, も等しく, も表, やあの, をさして, をぬける, をふらふら, をよぎつて來, を一人, を三つ四つ, を下がり, を借り, を先, を宴席, を横ぎる跫音, を要求, を貫き, を通つて, を開け, を駈け

▼ 廣~ (135, 4.3%)

6 のこと 4 も畑浦 3 と畑浦

2 [12件] とあなた, といふ人間, に作らせ, に話した, の名, の問題, の親爺, の顏, はどう, は歸つて行, や畑浦, を説得

1 [98件] から話, か畑浦, がああ, があすこ, があの, がさう, がその, がたと, がどうして, がわき, が事情, が今, が何氣, が作つて, が作らし, が作りたい, が彼, が持つ, が諦め, だし, だとて, であらう, でなくほか, ではない, といふの, といふもの, とか畑浦, とちが, とても何, とても新しく, との間, との關係, とを故意, と同じ, と父, などはごく, なの, にそれ, にとつて, にはいかにも, にもつ, にや止め, に乘, に大丈夫, に耕作, に言, に讓, に退い, のこの, のため, のほか, の分, の周圍, の場合, の家, の小作地, の年貢, の所, の手, の方, の歎, の現, の田圃, の相談, の要求, の親爺さん, の訴, の話, の頼み, はさ, はさう, はその, はぶつ, は同じ, は嗄れた, は多く, は少し, は手, は改めて, は煙草, は現在, は私, は考慮, は膝, は諦める, は頑固, も來, も心配, も最初, も自分達, も駿介, も默つて, や似た, をその, を凌い, を見, を見た, を追

▼ 廣~ (126, 4.0%)

2 アンテーア, リキエーの, 帽子をば, 意味に, 意味において, 意味においては, 海も, 石級あり, 肩し, 野原と

1 [106件] ところに, と狹, に取れるなり, に歸, に過ぎ, は海, やを見よ, を上, を遠く, エルフの, トロイアけ, トロイアの, トロイアは, トロイア今日ぞ, トロイア其中に, トロイア領の, ネープルス灣も, プラタンの, 三條の, 世に, 世界より, 中庭隔てたる, 乾ける, 事なれ, 二重の, 入口悉く, 前に, 前廳, 包括的なる, 十字街は, 双肩掠め吹く, 圈即ち, 園生は, 園生浦山しきもの, 地に, 地所を, 城下なれ, 場あり, 塹濠容易く, 塹濠恐れつ, 墓地の, 壘壁さし, 外輪山の, 大なる, 大石段, 大野を, 天界受け得, 家々も, 家の, 岸上悉く, 左右の, 帽を, 平野を, 庭廣き, 往來へ, 御城下, 意味の, 日の本に, 明き高き, 暮しに, 東京に, 梯を, 池あり, 沃土に, 河河靈の, 沼澤の, 洞窟ある, 海上に, 濠ありき, 熊笹の, 牛軛を, 牧場更に, 男あり, 白き麻布, 知識と, 穀倉の, 空地を, 範圍の, 緑葉繁る, 美しい内丸, 義あり, 胸めぐり, 臥床に, 船に, 芝生の, 莊園領と, 葉の, 葡萄の, 處は, 處故今度も, 街路の, 襞に, 見地より, 軍船さして, 辻なる, 道にて, 道路を, 都城この, 野は, 野中へ, 間ごと間ごとに, 間に, 面あり, 領土の, 額の, 高師の

▼ 廣~ (113, 3.6%)

3 に出ました, に出る 2 である, に, には人, にも家, に出, に車, の方, の附近, へゆきました

1 [89件] ありて, からグラン・テアトル, からシャンゼリゼー, から地下電車, から左右, から朗, があり, がある, が百姓, だの眞晝間, でもつ, でやつ, でよく, で中流, で何, で向う, で消防組, で燒, とか, とかに行つて, とでも云, など安全, において一方, にはやはり, には人影, には冬日, には初秋, には辛夷, にも新, に僕, に出なくなりました, に大黒帽, に家財道具, に座り, に旅館, に毎晩來, に溢れた, に登る, に移された, に立つ, に衆, に見入つ, のあの, のそこここ, のなか, のやう, のタクシ, の中央, の俄拵, の向う, の彼方, の松, の石, の端, の隅, の鹿島踊, は夜, は既に, は移動旋風, は避難民, ばかり通り, へすら, へ乘出, へ出, へ出られる, へ出る, へ持つ, へ群, へ行かなくなりました, へ行つた時, へ行つて, へ面し, や通り, らしい, を, をそこ, をつぶし, をぶら, を借り, を全速力, を彼女, を志し, を掃い, を横ぎつて行, を横ぎり, を横切, を立ち去り, を通り拔, を通り過ぎました

▼ 廣~ (107, 3.4%)

6 なもの 3 な建物, な裾野 2 である, なる庭園, な原野, な土地, な庭, な自由, にせられたる

1 [81件] だから, であ, であらね, であるが, であること, であるだけ, であると, であれば, でソレ枕, で又, で把握, とも見える, なお慈悲, なこと, なそして, ならしむ, ならしむべき乎, ならしむる譯, ならしめ由, なり, なること, なるため, なると, なるを, なる土地衆多, なる墓碑, なる如くなれども, なる學, なる岸層斜, なる愛, なる樂, なる發達, なる者, なる西八條, なる黒影, なれば, なシベリア, な一そう猛烈, な一帶, な入口, な力, な勤め, な同情, な圓周, な土間, な地平線, な地形, な場所, な夜, な宮殿, な希望, な平原一面, な廢園, な支那大陸, な敵, な景色, な水面, な溪谷, な町, な眺め, な透明, な邸宅, な開示, な陰謀, な青色, な靜寂, な面積, な領土, な麓, に描出, に斯く, のクレーテー, のリキエー, の天眼, の樂, の無, の物界, を期せね, ニシテ豐饒ナル英國, 之意, 都督兵馬招討使に

▼ 廣~ (90, 2.9%)

3 であつ, 及び深 2 で高, と深, は正に, を單位, を持つ, 大きさ

1 [72件] いかばかりぞや, から云つて, があつ, があり, がある, がわからない, が元, が六寸, が加, が銘々, しかない, だが, で, ですね, ではあつ, で海岸, で締り, で茂つて, で黒い, として今年, とは歴史上比類, ともなるであらう, とをそ, と癖, と胖けさ, と自由さ, と裕福さ, なの, にみ, に冷え切つ, に及んだ, に土, に堪へられない, に感じさせ, に於, に比べ, に空, に釣合, のもの, の小さな, の感じ, はない, はばら, はわづか, は五尺七寸四方, は何, は僅か, は優る, は十三里, は大きな, は妙, は屈強, は幾ばく坪, は是, は時に, は東西十八里百十五歩, は畳数, は直, は舊, も十疊, も壯麗さ, をもつ, を保つ, を失, を減じたれ, を照らす, を與, を見上げた, 弱い光, 淋しさ, 深さ, 高さ

▼ 廣~ (81, 2.6%)

5 して, を見 3 をし, をする 2 には

1 [63件] があつ, がし, がどう, が一面, が出, が出た, が判然, が壁, が少く, が貼り出され, が面白い, されました, した, したの, したらどう, しては, しないこと, すること, だ, だそんな, で, でもある, で一杯, で見た, と氷峰, と義雄, なされし, などをべた, なんぞする, にちやん, にで, にはジエィン・エア, にもなりませう, にも酒場, に修養, に御返事, に持歩行, のこと, の中, の事, の口上, の囃, の女, の廣告代, の處, の赤い, の載つた, はせん, ばかりあと, ばかり書い, も澤山, をいたしました, をせな, をせん事ちや, をみ, を丁寧, を出し, を取る, を思ひ出す, を書い, を見る, を雜誌, 附きの

▼ 廣太郎~ (46, 1.5%)

2 にとつて, にはまた, はふじ子, は子供, は雨

1 [36件] が疲れ, とは再び, と平凡, にどの, には察しられ, の位置, の前, の眼, の胸, の興味, はいつ, はいつたい, はいま, はくすぐつたく, はこの, はのぼせる, はひとり, はハンモック, は一寸, は信託會社, は妙, は寢床, は幸福, は悠々, は掛け, は日, は東京驛, は毎晩, は無, は白い, は自分, は誰, は郷里, へのひなん, をいや, を不思議

▼ 廣小路~ (46, 1.5%)

3 へ出る 2 に小屋, の夜店, の方, へ出, までは行つて

1 [33件] です, なんぞで, にあり, には仕方能, には見世物小屋, に出れ, に立派, に道達, に陣, の, のさま, の乘換, の乘換ぢ, の人混み, の停留場, の出合, の卜者四明堂, の土, の店, の消防, の町角, の虎屋, の見世物小屋, の角, の邸, の酒屋, の雜沓, へ來, へ出れ, より眺むる, を中心, を練つて, ノアレハ何ト云ッタッケナ

▼ 廣~ (39, 1.2%)

8 つてゐる 3 つた 2 つたのも, つて行つた, つて見える

1 [22件] つたが, つた小さい, つた樺太一等の, つた薄黒い, つた野火の, つて, つてくる, つてるの, つてゐた, つてゐるた, つてラムプの, つて三味線の, つて居り, つて居る, つて屹立し, つて水中に, つて行く, つて行つたといふ, つて行つたのです, つて間もなく, 明いくら, 皮肉つた

▼ 廣~ (36, 1.1%)

2 でなくなられた, へ歸, へ行つて, へ遷された

1 [28件] から東京, でも福岡, で死んだ, で死んでしまつた, で銀, といふ所, と福岡, なぞにいらしつた, にまで進められた, に上陸, に加療, に瘠世帶, のもの, のコレラ, の人, の原子爆彈, の地, の城下, の港, の生れ, へと發つて行つたの, へ歸つて行, や, や福岡, や蟹江, を一見, を出, を去

▼ 廣~ (32, 1.0%)

2 しが, て行く, られて, ると

1 [24件] たのに, たりする, てお, てかの, てごらん, てストーヴ, て一つ, て其上, て初め, て日和下駄, て眠る, て行, て見た, て見る, て軌道地下, て首, て默讀, にひき張り, の退, られた事, るといふ, 少しの, 見て, 追つ捲りつ

▼ 廣~ (29, 0.9%)

3 の蒲姓 2 に來

1 [24件] から始め, から泉州, が第, で豪華, とも廣府, と頡頏, に住居, に來寓, に入, に到着, に居つ, に於ける, に轉, に達する, の一港, の外, の方, の知事, の觀察使, の貿易, は廣南東路, へ入港, をも凌駕, 即ち廣東

▼ 廣~ (28, 0.9%)

2 卷帶年増は, 服の, 板を, 洋服を

1 [20件] やうな, ポケットから, 上に, 上衣とを, 人よ, 意味を, 指環が, 據りし, 會社員である, 洋服に, 煙草の, 短刀五本骨の, 築く所, 肉體を, 腿の, 舌を, 袋なりに, 輕裝に, 長い尾, 鼠の

▼ 廣~ (27, 0.9%)

2 の原

1 [25件] にお, につけり, にて停車塲, には一切, にも雨, に出つ, に屯, に於, に響かせ, のこと, の中, の正中, の遠く, はげしくゆらげり, へ來, よこぎり進み行く, をわけ, を何臺, を吹雪かれ, を狹, を甚, を與, を走る, を馳, を驅らん

▼ 廣~ (25, 0.8%)

6 の繪 2 の海, の版畫

1 [15件] との配調, の, のあさ, の古調, の圖中, の情調, の描いた, の松みたい, の空, の筆, の絵, の鞠子, や北齋乃至草艸紙, 情調, 模樣の

▼ 廣こう~ (23, 0.7%)

7 ぢに 6 ぢの 4 ぢを 2 ぢより 1 ぢいづれ, ぢさして, ぢにて, ぢは

▼ 廣~ (20, 0.6%)

4 の遺蹟

1 [16件] でも人肉, で幼時, とかいふやう, に來, に僑居, に入り, に在, に歸, に重, の一名物, の生れ, は唐時代, へ來, をその, を占領, 第一

▼ 廣~ (20, 0.6%)

2 なる所, な地域

1 [16件] すぎるし, なその, なもの, な兒童大衆, な兒童生活, な影響, な文藝, な活動, な社會, な範圍, な透徹, にし, になつ, に渡つて, に行, に觀

▼ 廣~ (17, 0.5%)

1 [17件] がある, では六十以上, で麥, には吉原宿名主問屋本陣組頭宿役人, には戸山學校, に向, の中央, の仲間, の地, の後ろ, の枯草, の突きあたり, の見渡される, へ出た, を圍ん, を眺むる大弘間, 設け其

▼ 廣~ (16, 0.5%)

7 と雖 3 といへども 1 といへ, と雖ども先づ平次殿, 東郊の, 萬國は, 襖は, 風清し

▼ 廣まつ~ (15, 0.5%)

62 て家持 1 たが, てし, て感服, て番頭組, て行, て行く, て行つて

▼ 廣がり~ (14, 0.4%)

1 [14件] がある, がない, しかも其自由, たり, だの, て方形, ではなく, になつ, に細く, に響い, の空, を持たぬ, 居りしが, 歐洲は

▼ 廣くも~ (13, 0.4%)

2 ない庭

1 [11件] あらず況, あらぬ八戸, ない, ないおもて, ないが, ない地面, ない家, ない家中, ない畑, ない納戸, ない運動場

▼ 廣漠たる~ (13, 0.4%)

1 [13件] もので, ゴルゴタの, 墓場は, 歐洲大, 甲板の, 眼界の, 石狩の, 背景の, 背景を, 草地一面霜枯れ, 領域の, 風景は, 風物の

▼ 廣~ (13, 0.4%)

2

1 [11件] にある, の女, の棟梁, の棟梁柏木藤兵衞, の研屋忠兵衞, の自宅, の藤兵衞, の藤兵衞棟梁, へ下りた, へ參, へ參つて

▼ 廣~ (13, 0.4%)

32 に解釋 1 な愛情, に於ける, の中, の喜曲悲曲, の意味, の文學評論, の望氣, の語意

▼ 廣~ (12, 0.4%)

1 [12件] かな反省や, かな周圍, かな大道を, かな澤に, かな眺めを, かな窓から, かな野が, かな長い, かに晴れ渡り, かの, かの宿屋三四軒, か也

▼ 廣徳寺前~ (12, 0.4%)

3 の藤屋 1 から跟, で袂, で逢つて, の米屋, は上野, へ飛びました, までは一, まで來, を上野

▼ 廣かつ~ (11, 0.4%)

71 たので, た亡夫, た地面, た林

▼ 廣くし~ (11, 0.4%)

1 [11件] てもいい, て大, て家, て己, て松杉欝, て置い, て自, て自ら開化人, て走り廻つて, て車, 深くした

▼ 廣~ (11, 0.4%)

2 のりつぱなカシ 1 が日, が風, しほた, のかくれ, の清らか, はひとり, は獅子, もむなし, や紫

▼ 廣大無~ (10, 0.3%)

3 邊の 2 邊なる 1 邊で, 邊と, 邊な, 邊を, 邊神聖靈妙の

▼ 廣~ (9, 0.3%)

1 ぶわり, ヨレヨレの, 中折帽の, 口ひげの, 思い切つてハデ, 海を, 着換, 街を, 鳥打帽を

▼ 廣~ (8, 0.3%)

3 着て 1 きて, キチンと, 着, 着込んで, 著はじめた

▼ 廣~ (8, 0.3%)

2 に聽 1 が續, になつて, はなか, は際限, を揮つて民黨聯合軍, を逃れ

▼ 廣告文~ (7, 0.2%)

1 があらはれ, だし, とその, にまで自ら筆, に今や, を書い, を考へ

▼ 廣~ (7, 0.2%)

2 な平地 1 とした, なところ, なる全, にし, になつて來

▼ 廣~ (7, 0.2%)

1 が過ぎるで, したの, したので, しつ, なるかな, に, も出

▼ 廣いと~ (6, 0.2%)

1 いふこと, いふほど, 可い, 思ひましたよ, 狹いと, 見えて

▼ 廣いも~ (6, 0.2%)

2 のであつ, ので有る 1 のでした, のやらまた

▼ 廣から~ (6, 0.2%)

2 うし同じく 1 うと, ざれども, ぬ家, ぬ直次郎

▼ 廣がる~ (6, 0.2%)

1 が同時に, のみで, 世界に, 夜の, 家といふ, 惡事を

▼ 廣~ (6, 0.2%)

5 りて 1 るに

▼ 廣~ (6, 0.2%)

1 たが, た所, ること, るため, るの, 又文體上

▼ 廣島市猿樂町鈴木三重吉~ (6, 0.2%)

6

▼ 廣~ (6, 0.2%)

2 とした 1 としてゐる, なる地域, な荒れ地, な領域

▼ 廣~ (6, 0.2%)

1 など問ふところ, に從つて, の差, の質, は勿論, は固

▼ 廣~ (6, 0.2%)

1 に着, の半袖, の小袖, の綿入れ, の襟, へ着け

▼ 廣いところ~ (5, 0.2%)

1 に話, の眞ン中, へ出, へ飛び出した, を選つて

▼ 廣いの~ (5, 0.2%)

1 とあまりに, と二, と交通, と洒落た, も建物

▼ 廣い江戸~ (5, 0.2%)

1 にもあんな, にも幾人, にも澤山, に二人, の中

▼ 廣~ (5, 0.2%)

1 に駈込ん, の雨, へ行かう, も蕭條, を夢中

▼ 廣書院~ (5, 0.2%)

1 へ入らせられ, へ案内, へ通し, へ通せし, へ通り上段

▼ 廣~ (5, 0.2%)

2 を着け 1 のほか, も黒サアジ, を着

▼ 廣いお~ (4, 0.1%)

2 勝手が 1 秀が, 邸宅の

▼ 廣い東京~ (4, 0.1%)

1 だと, にどう, にもあれ, にもこ

▼ 廣~ (4, 0.1%)

1 いふ者が, した中庭, した耕地, 云うの

▼ 廣~ (4, 0.1%)

1 唇許を, 奴を, 裏とを, 角店で

▼ 廣~ (4, 0.1%)

2 聖人面する 1 南朝に, 猶々床しく

▼ 廣~ (4, 0.1%)

1 に, に心, に眼, に鴨

▼ 廣姿~ (4, 0.1%)

2 の男 1 で中堀, を見上げ見下しされた

▼ 廣弘明集~ (4, 0.1%)

1 では附, に收むる阮孝緒七録序, の中, の作者

▼ 廣~ (4, 0.1%)

1 のとこ, はあかん, はがい, はやつぱり得

▼ 廣津さん~ (4, 0.1%)

21 のその, のそれら

▼ 廣目天~ (4, 0.1%)

2 との顏つき, の方

▼ 廣~ (4, 0.1%)

3 とした 1 たる大

▼ 廣いや~ (3, 0.1%)

1 な, ね, 吉原の

▼ 廣い江戸中~ (3, 0.1%)

2 にもあんな 1 にバラ

▼ 廣~ (3, 0.1%)

2 ろう何處へ 1 りきといふ

▼ 廣からねども~ (3, 0.1%)

2 鉢ものを 1 清げに

▼ 廣くなる~ (3, 0.1%)

1 につれて次第に, に從つて彼ら, のだ

▼ 廣く深い~ (3, 0.1%)

2 方で 1 ものが

▼ 廣く知られ~ (3, 0.1%)

1 てゐる, て居ない, て居らぬ

▼ 廣く認められ~ (3, 0.1%)

1 てゐる, てゐる如く, んと

▼ 廣けれ~ (3, 0.1%)

2 ばとり 1 ば先

▼ 廣まり~ (3, 0.1%)

1 しを以て, 又街, 遂に四百六十餘人

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 かにおい, かにおいで, なり野

▼ 廣介自身~ (3, 0.1%)

1 が何, では少し, を此世

▼ 廣告塔~ (3, 0.1%)

1 があつ, に折々, や見る

▼ 廣國押建金日~ (3, 0.1%)

3 の命

▼ 廣國押楯~ (3, 0.1%)

2 の命 1 の命二柱

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 からこちら, に來, の百姓喜左衞門

▼ 廣岡一人~ (3, 0.1%)

1 がそれ, が浴, の私事

▼ 廣島市江波村~ (3, 0.1%)

3 築島内鈴木三重吉

▼ 廣州城内~ (3, 0.1%)

1 にある, に宏大壯麗, に雜居

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 といふ名, とも呼ばれた, の音譯

▼ 廣東方面~ (3, 0.1%)

1 に引, に退却, は唐時代

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 が一高, が校長, 郎を

▼ 廣物鰭~ (3, 0.1%)

3 の狹物

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 に現, に置かれた, のヂプシイ

▼ 廣藏親分~ (3, 0.1%)

2 の処 1 の厄介

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 といふ, と太平, は太平

▼ 廣過ぎる~ (3, 0.1%)

1 のである, 位です, 家だ

▼ 廣~ (3, 0.1%)

1 とした, なる舞臺, にし

▼ 廣いが~ (2, 0.1%)

1 少し傾斜, 極めて陰氣

▼ 廣いし~ (2, 0.1%)

1 その上各々, 殆ど影

▼ 廣い川~ (2, 0.1%)

1 がゆるゆる, が山

▼ 廣い村~ (2, 0.1%)

1 にたつた, の面倒

▼ 廣う御~ (2, 0.1%)

2 座りますし

▼ 廣くおあり~ (2, 0.1%)

2 になる

▼ 廣くつ~ (2, 0.1%)

1 てえ, て松

▼ 廣く深く~ (2, 0.1%)

1 人間の, 考へる心

▼ 廣く空け~ (2, 0.1%)

2 て深々

▼ 廣く考へる~ (2, 0.1%)

1 ことである, ことは

▼ 廣く見~ (2, 0.1%)

1 て居ます, 廣く考へる

▼ 廣く見る~ (2, 0.1%)

2 ことは

▼ 廣けれども~ (2, 0.1%)

1 我れ, 立ち止まるべき足場

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 が下着, と誤り

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 は疊, 縁取らせる

▼ 廣め學問~ (2, 0.1%)

1 の爲, をする

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 之に, 云って

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 くて, の話

▼ 廣ツ場~ (2, 0.1%)

1 に入, を横ぎツ

▼ 廣一郎君~ (2, 0.1%)

1 からその, が同居

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 の奉答文事件, の寫眞

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 の如き, の諫言

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 の顏, までも泣き

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 の, のほとり

▼ 廣告いた~ (2, 0.1%)

2 します

▼ 廣告取り~ (2, 0.1%)

1 などらしい, などを世間

▼ 廣告料~ (2, 0.1%)

1 がある, 並びに雜誌代

▼ 廣告燈~ (2, 0.1%)

1 のそば, の上

▼ 廣告電燈~ (2, 0.1%)

1 が眩しく, の色

▼ 廣小路祭物見~ (2, 0.1%)

2 の人ごみ

▼ 廣岡卯太郎~ (2, 0.1%)

1 がもたらした, だつた

▼ 廣島銘仙~ (2, 0.1%)

1 の綿入れ, の袂

▼ 廣~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 の一行, の一行百十五人

▼ 廣東地方~ (2, 0.1%)

1 で目撃, の或

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 に霰, に霰の

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 とかあゝ, の白馬八題

▼ 廣次郎~ (2, 0.1%)

1 と申, 畏まり候

▼ 廣津和郎~ (2, 0.1%)

1 に似, に案内

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 が乘つて, の上

▼ 廣藝舟雙楫~ (2, 0.1%)

1 も阮元, を書い

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 のトロイア都城さらん, のミケーネー

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 が, に中り

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 は山間, は殆ど

▼ 廣西~ (2, 0.1%)

1 諸司, 諸省

▼ 廣~ (2, 0.1%)

1 の道, は我國

▼ 廣重恭~ (2, 0.1%)

1 などが伯, の三氏

▼ 廣野四方~ (2, 0.1%)

2 から迫る

▼ 廣野姫尊おん怒り~ (2, 0.1%)

2 をお

▼ 廣野姫尊樣~ (2, 0.1%)

2 の思召

▼ 廣間中~ (2, 0.1%)

1 の灯, は四五十疊

▼ 廣~ (2, 0.1%)

2 の宮

▼1* [276件]

あり周景あり, 廣いかは解るであらう, 廣いからさし當り, 廣いがらんとした, 廣いが先年チヤンバーレン氏が大, 廣いことは固, 廣いし人通りも比較的, 廣いし物好きな人間, 廣いし銘々一人つきり, 廣いせなかも, 廣いその眞ン中, 廣いだけかへつて, 廣いどつしりした, 廣いのですが家族, 廣いもんだねえ, 廣いりつぱなカシの, 廣いんですし閑靜, 廣い地尻からドス, 廣い大阪にはお, 廣い尖つた二片三片で, 廣い水の上へ夕暮, 廣い江戸中何處へ行つて, 廣い町を四谷見附, 廣い見晴しである, 廣い都の辻, 廣い都會を職業, 廣ございます, 廣うなれば次第に, 廣からねど風雅なる, 廣かる邸内を, 廣がって大雷雨, 廣がりきこえるほどまだ, 廣がりすぎて相, 廣きこと恨みある, 廣きもの更に高き, 廣きもの大なるもの, 廣きもの狹きもの深きもの, 廣くいへばそれら, 廣くおもふ, 廣くし其國の富, 廣くし我はかの水の上, 廣くし識を多く, 廣くするが, 廣くせざるべからず用語, 廣くなるだらうと隱岐, 廣くのびて都會, 廣くまさりて, 廣くまるい肩の一角, 廣くもすべての州, 廣くも世に知られ, 廣くも用ゐ又は, 廣くも非ぬ庭, 廣く亙つた地名で, 廣く亙れる堅牢の, 廣く仕切られ且開發の, 廣く作られるのが, 廣く作れりとも誰, 廣く信じられていた, 廣く取つてある, 廣く取入れてある, 廣く大きい葉もみぢの, 廣く持つてゐた, 廣く採擇し, 廣く明るいその方角, 廣く治めしドリュアスよ, 廣く溢れいで, 廣く無いのは, 廣く白い額へ, 廣く知らるるに從, 廣く知られた家である, 廣く知れ渡つた發光動物で, 廣く知れわたると共にこの, 廣く知れ渡つても, 廣く考へておきたい, 廣く聞えてゐる, 廣く聞えた土地の, 廣く行われている, 廣く行渡つてゐる, 廣く見える街路には, 廣く見ゆるかな, 廣く讀ませることが, 廣く讀まれその著作, 廣く通じてゐます, 廣く通ぜるに若かず, 廣く長くまばらな, 廣く開くごと, 廣く開けたり, 廣く開けられて入口, 廣けれど眞ご, 廣げたままでゐる, 廣げた儘のぎざぎざ, 廣げ手代丁稚も大勢抱, 廣げ腰なる矢立, 廣さどこから見, 廣さまとて父さま, 廣さ一坪ばかりの, 廣さ一百歩といふ, 廣さ二分上下同じよう, 廣さ五里四方と云, 廣さ人を容れ, 廣さ十一里三十二町半を燒, 廣さ十二尺高さ百五尺, 廣さ十里四方の程度, 廣さ櫻綾子のやう, 廣さ足まめに江戸中, 廣すぎます, 廣すぎる箪笥が, 廣であるとして改めて, 廣という方が, 廣といふ海賊の, 廣なる掌面もたげ, 廣になつて霧が, 廣には知らない人, 廣にはへたる見れ, 廣はいちやうにうす青く, 廣ばかり着て, 廣びろとして靜けさ, 廣びろと打ちひらけて, 廣びろと橋がこちら, 廣は, 廣まる限り大なら, 廣みのまんなかに立つ, 廣むといふ無造作な意味, 廣めんと思ふ, 廣め勉強すること, 廣め筋肉を強める, 廣りいますは, 廣ろ場が見え, 廣キ買客ヲ欲セズト思考スル者ナシ, 廣ク之ヲ小, 廣ク人類學ヲ益スルモノナル事, 廣一郎氏夫人や吉屋信子さん, 廣中氏の一派, 廣介君はこ, 廣以下は冬, 廣其他釣魚落語の類, 廣にて元服, 廣助はんの絃ぢ, 廣區域に亙つ, 廣十歳の榮壽軒利貞, 廣千五百圓外套二千五百圓と云, 廣南東路に杭州, 廣で印度通教, 廣告めあての週刊新聞, 廣告代にも足らなかつた, 廣告係の家, 廣告出來るん, 廣告前金を集め, 廣告屋の代り, 廣告摺りを取り, 廣告柱なんぞも日本, 廣告樂隊の奏する, 廣告申込は必ず, 廣告約束の前金, 廣告花火もあ, 廣告風船は高く, 廣のあやめ, 廣場のは自動車散歩者, 廣場人の群つて, 廣場後には神地, 廣から, 廣大先生の威徳廣大, 廣太郎君が氷上, 廣の大, 廣小路あたりの小料理, 廣小路横筋違いの僻み, 廣小路醫師道達方へ押込刄物, 廣尾郡の西部, 廣尾郡茂寄村日高國幌泉郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 廣岡畑浦ばかりぢ, 廣岡自身の交渉, 廣といふ所, 廣島以來かう云, 廣島城も見る, 廣島師範の閣下穗科信良, 廣島縣比婆郡に傳説地, 廣島高等師範教授今は東京高等師範教授, 廣州地方でイスラム教徒, 廣州居留の蒲姓, 廣州府城の北郊一マイル足らず, 廣州府城内の光塔街, 廣州滯在の蒲姓, 廣州滯留の蒲姓, 廣の後, 廣府滯在の外國人すべて十二萬人, 廣の間寂, 廣座敷に澤山竝ん, 廣座敷二の間, 廣徳寺の間違ひだ, 廣は子, 廣扮裝の輕, 廣播栽培だつた, 廣政氏から曾, 廣敷添番衆といふ兎, 廣敷添番衆千本金之丞殿, 廣文庫二册に屠, 廣東あたりなら此, 廣東人で長く, 廣東南邊の蠻僚出身, 廣東厦門その他の租借地, 廣東在住の右武大夫, 廣東在留のアラブ人, 廣東招撫使に進め, 廣東攻略戰に參加, 廣東料理だとか, 廣東省の潮安縣, 廣東行が1日, 廣の輯本論語鄭氏注, 廣業夫人菅子は丹陵, 廣業氏の山荘, 廣業邨田丹陵詩人の滑川蟾如, 廣というお方, 廣次さんなどは大分肩, 廣次郎同道にて我が家, 廣などいう, 廣氏ト同車シテ町用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 廣の池, 廣沼霞棚引く, 廣津和郎さんの, 廣津和郎七段川崎備寛六段濱尾四郎四段古川緑波五段菅忠雄などといふ所, 廣津和郎氏が, 廣津和郎片岡鐵兵松井潤子後に林茂光, 廣津柳浪子の許, 廣津福島繁太郎氏などの古, 廣霞みたる見ゆ, 廣漠々とした, 廣漠不毛ノ西比利亞, 廣父子の忠節, 廣と刈り, 廣田村字廣田の廣田八幡, 廣町角にある, 廣畑瓜の畑葉かげ, 廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 廣に作つて, 廣目天王南方毘留勒叉増長天北方毘沙門多聞天王四天にかたどる, 廣範圍にバラ, 廣篠懸諸枝, 廣總督であつ, 廣總督張之洞, 廣群芳譜二九と三〇, 廣菩提樹の蔭, 廣葉わき立ち穗, 廣葉夏の朝明, 廣に若君, 廣蓋代りの夜食膳, 廣は人參, 廣袤幅員の權衡, 廣袤幾里の間, 廣袤無限の平野, 廣西四省から安, 廣西方面は一層, 廣西洞院時慶の兩公卿, 廣言いづこぞや, 廣を譯, 廣記一に, 廣讀諸家之詩, 廣通りの市ヶ谷, 廣連海居士と法諡, 廣運倉を開い, 廣運聖徳神功肇紀立極仁孝睿武端毅欽安宏文定業高皇帝, 廣過て居たことを, 廣にし, 廣重的に正しい, 廣野一面渺茫として果, 廣野君が狩くら, 廣の著, 廣長舌山色豈非, 廣間一パイに飛廻る, 廣間二つに樂, 廣間二十幾基の大, 廣間晝から外神田一圓, 廣間正面一段高い處, 廣間黒檀の大, 廣闊無涯のもの, 廣闊風はおの, 廣之雄