青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

恐ろしい~ ~恐ろしく 恐ろしく~ ~恐怖 恐怖~ ~恥 恥~ ~恨み 恨み~ ~恩
恩~
~息 息~ ~息子 息子~ 恰も~ ~恰好 恰好~ ~悉く 悉く~ 悠々~

「恩~」 2740, 30ppm, 3966位

▼ 恩~ (787, 28.7%)

35 謝し 30 受けて 25 仇で 15 忘れて 12 忘れては 8 感じて, 着せて 7 うけて, 売って, 感謝し 6 きせて, 仇に, 受けたこと 5 忘れたか, 知って, 蒙って, 謝した 4 思って, 施して

3 [13件] もって, 受くる, 受けた人, 受けながら, 忘れたこと, 忘れは, 感謝した, 感謝する, 着ぬとは, 知ると, 被た, 謝せん, 返して

2 [44件] お忘れ, 仇でか, 介するもの, 何でわすれ, 受けたの, 受けた事, 受けた人々, 受けた御, 受けた者, 受けてを, 報ずること, 報ずるは, 報ぜんと, 売ること, 売るよう, 忘る, 忘るる, 忘れず溝口屋, 忘れちゃ, 忘れないで, 忘れやがって, 忘れるよう, 忘れ敢, 思えば, 拝謝し, 掛けて, 施したつもり, 着せねば, 着せようと, 着せるよう, 着て, 知らぬ奴, 知ること, 蒙りて, 被て, 記ゆる, 説いて, 謝したい, 讐で, 負うて, 返したいと, 返したさ, 返すこと, 返すと

1 [460件] あだで, あだに, あの娘, うくる, うけいま, うけただんな, うけたもの, うけた上, うけた主人, うけた人, うけた君侯, うけた者, うけた袁紹, うけた諸家, うけた鎌倉殿, うけとうも, うけながら, うけました, うけましたのに, うけ江戸, おかけ遊ばす, おぼしめさんに, お報い, お感じ, お返し申します, お返し致さね, お返し致します, かえしたいと, かえしたつもり, かえすの, かえそうと, かえそうやら, かけた, かけたら目下, かけた土肥庄次郎, かけた覚え, かけて, かけられると, かけるの, かさに, かんじ実, きするもの, きせたが, きせた者たち, きせての, きせてネ, きせようとの, きせられたよう, きせられなまけの, きせると共に, きせる始末, きようと, きるなど, きるもの, きるよ, こうむった朝臣, こうむって, こうむらざる者, こうむらないもの, こうむりながら, こうむりました, こうむりましたの, こうむること, こうむるでござろう, ここの, こめた歌心, しのび, しみじみと, しも, すて, すてて, その知己, ついに返す, どうしてお, どうしよう, ひとくさり, ふかく謝, ふきかけて, ほかに, ほどこしたか, ほどこして, よくお礼, よく覚え, わきまえぬか, わすれあ, わすれて, わすれないで, 一心にお返し, 一生忘れない, 一生涯実に, 三年忘れない, 三日に, 与えた, 与えたという, 与えたものの, 久しく領下, 乞うと, 云々される, 人に, 仇なる, 仇の, 今も, 今拂へ, 今更の, 伽に, 何で弊履, 何とも思はず, 借りて, 偲んで, 傷る, 列し, 加えずして, 加えて, 加給した, 厚くこうむり, 受けおかげさま, 受けしドメニカ, 受けたお, 受けたこの, 受けたった, 受けたと, 受けたという, 受けたりと, 受けたること, 受けたる神, 受けたれば, 受けた人達, 受けた師, 受けた方, 受けた旦那様, 受けた有中, 受けた殿さま, 受けた者共, 受けた親しい, 受けてる奥さん, 受けましたけれど, 受けましたし, 受けましたにより, 受けますこと, 受けること, 受けるであらう, 受けるという, 受ける法, 受ければ, 受け最もよく, 受け私, 古朴, 呉羽さんに, 喜んで, 垂れて, 報いずに, 報いるの, 報じそのうえで, 報じたこと, 報じなければ, 報ずべき力, 報ずべき時節, 報ずべしと, 報ずべしとて, 報ずること一人, 報ずるに, 報ずるの, 報ずる生命, 報ぜられた例, 報ぜんとは, 報ぜん為め, 売った, 売ったという, 売ったの, 売った犬畜生奴, 売られて, 売りあの, 売りそれ, 売りつけて, 売りやがて, 売り八重, 売り征夷大将軍, 売り物に, 売ると, 売るに, 売るの, 売るわけ, 売る奴, 売る気, 妾は, 孝助が, 幸右衞門は, 幾久しく, 幾分でも, 弟に, 強く感じた, 得たから, 得るため, 御礼申します, 忘れざるよう, 忘れしさ, 忘れずその, 忘れずなにか, 忘れずに, 忘れず記載, 忘れたかっ, 忘れたかと, 忘れたならば, 忘れたの, 忘れたよう, 忘れたらきっと, 忘れちやア, 忘れないしるし, 忘れないと, 忘れないよう, 忘れない實際, 忘れない能楽師, 忘れなかった, 忘れぬ人間たち, 忘れぬ代り, 忘れぬ感心, 忘れぬ美しい, 忘れねえって, 忘れねえで, 忘れません, 忘れるはず, 忘れる事, 忘れる喜び, 忘れる男, 忘れ乾児, 忘れ何たる, 忘れ土部奉行, 忘れ奉公人, 忘れ奢侈, 忘れ得ましょうや, 忘れ心恒, 忘れ恒心, 忘れ慾, 忘れ果てたわけ, 忘れ熊, 忘れ狂, 忘れ編笠一蓋, 忘れ義, 忘れ襟元, 忘れ親, 忘却いたすまい, 忘却し, 思います, 思いますと, 思いわが, 思い出して, 思い知らざら, 思うて, 思うと, 思うに, 思えるも, 思った, 思ひて, 思ひ出す, 思ひ忠, 思ひ現在日本国民たる, 思ふそれ, 思ふと, 思ふ時, 思わせられた, 恣に, 恩と, 恩とも, 恵むべきである, 悔んだ, 悟る方, 意識し, 感じこれ, 感じさせる喜び, 感じた, 感じたそう, 感じたという, 感じても, 感じながらも, 感じもう, 感じるかと, 感じるもの, 感じ徳, 感じ身, 感ずる, 感ずること, 感ずるのみ, 感ずるやう, 感ずれば, 感受せず, 憂きわれ, 戴いたこと, 戴いた御, 戴いて, 戴き神社, 承けたの, 承けては, 押売りする, 拝し, 拝領せし, 改めて考えた, 施し他, 施し彼, 施すこと, 施すぞ, 施すという, 施すとも, 施すの, 施せしなど, 有難いと, 有難く相, 枷に, 楯にとって, 泣いて, 浴びず, 深く感じる, 添削す, 無に, 着せそして, 着せたがるこの, 着せたり, 着せた事, 着せた関係, 着せまた, 着せられし如く命ぜられぬ, 着せられては, 着せられると, 着せるに, 着せるには, 着せるので, 着たお前さん方, 着たこと, 着たの, 着たよう, 着た覚え, 着ぬにも, 着ますし, 着ること, 着るの, 着るは, 着るよう, 知つてゐる, 知らざる人非人, 知らざれば, 知らしめるは, 知らないと, 知らないとも, 知らないの, 知らない人間, 知らない国民, 知らない玄人, 知らぬはず, 知らぬもの, 知らねえ奴ら, 知らねえ男, 知りましたよ, 知るという, 知るの, 知るをもって, 知る呉, 知る幾多, 知る心, 祈るの, 累ね, 考えたらお前, 考えれば, 背負っても, 胸に, 脊負つても, 荷つた身分だ, 荷へ, 蒙っただけに, 蒙ったの, 蒙ったもの, 蒙った主家, 蒙つたの, 蒙つて, 蒙て, 蒙むるなれば, 蒙らしめん, 蒙らぬ者, 蒙りし神社, 蒙りながら, 蒙りました, 蒙り内, 蒙り給うこと, 蒙るわけ, 蒙る俺, 蒙る者, 蔑ろに, 被するに, 被せたの, 被せた人, 被せて, 被せないで, 被せまた, 被せられちや, 被せられて, 被せられるやう, 被せること, 被せると, 被せるの, 被せるンぢ, 被せる事, 被ったでご, 被って, 被ってるもの, 被よう, 被る, 覚えて, 親がかは, 解したから, 説くに当たって, 論ずる能わず進退, 謝します, 謝すべき, 謝すほどに, 謝すよりも, 謝する, 謝するから, 謝するため, 謝するという, 謝するのみ, 謝する為, 謝する誦経, 謝せ, 謝せしとかや, 謝せず, 謝せり, 買う, 賣りそれ, 賣りは, 賣り同役, 賣り命, 賣るに, 賣る計略, 迎へ, 返さあな, 返させまいと, 返さんければ, 返しに, 返しますから, 返しますッ, 返すそういう, 返すため, 返すため順番, 返すという, 返すべきだという, 返す事, 返す時, 返す機会, 返す番, 返す能力, 返せっていう, 返へす見込み, 送って, 送る積り, 酬ゆる, 重ね富崎家萬一, 降して, 隆んに, 集めて, 頂いた者, 顧みざる者, 食めば

▼ 恩~ (473, 17.3%)

14 感じて 12 なって 8 きせて 7 なつた, 着せて 6 よりて, 着て 5 報ゆる, 着ますよ 4 きて, 被て, 酬ゆる

3 [14件] きますよ, こたえて, して, なった事, なりました, 報いたいと, 報いること, 思って, 着せるやう, 着るぜ, 着るよ, 背いて, 被せて, 被ます

2 [24件] おこたえ, かんじて, きせるよう, きますぞ, きるから, きるよ, なったこと, 同じからず, 報ずるの, 對し, 感じまた, 感ずる事, 感泣し, 着せた, 着せるぢ, 着せるよう, 着ない, 着ますから, 着まするとて, 着ますわ, 着るの, 被せるよう, 被せるん, 被ますよ

1 [301件] あずかったから, あずかりたいの, あずかりながら, あずかりましたおくがた, あづかり候儀, おきせするよう, おこたえ仕りたい, お応え, お着なさい, かけか, かけるではござりませぬが, かけると, かけるの, かけるよう, かけるん, きせお, きせたよう, きせたり, きせた金, きせてさ, きせます, きせますよ, きせよる, きせられそう, きせられた, きせられながら, きせる, きせるぢ, きせるなんて, きせるの, きせるばかり, きせるわけ, きせる性質, きなけれ, きますわ, きるからと, きるぜ, きると, きるン, こたえしかる後, こたえせめて, こたえんと, こたえ二つ, こだわりやはり, さから, しばし温もる, そむかないよう, そむき奉ること, つけあがって, なった, なったお, なったお前さん, なったお方, なったお方ゆえ大事, なったそう, なったその, なったと, なったの, なったので, なったのに, なったもの, なったよう, なったり, なった人, なった先生, なった処, なった坊さん, なった御, なった恩返し, なった故, なった方, なった旦那様, なった水野, なった深川, なった菊村さま, なった親方, なった親方さん, なった親方様, なった記憶, なった長崎屋, なっては, なってるし, なってるその, なってるだから, なってるのに, なってる人達, なっとるし, なっとる帆村はん, なつて, なりました貴方, なりまして, なり暖簾, なること, なると, なるな, なる姫様, なれるなかれ, ばつかり被せ, ひかれて, ひれふして, ほだされて, むくいたいという, むくいますため, ゆくりなく, よらざれば, 一晩に, 乗じ情, 乘じ, 仇を, 今日を, 佩かせて, 光被せし, 反い, 嘶かん, 報いなくては, 報いねば, 報います, 報いまする, 報いようと, 報いられるの, 報いるため, 報いるは, 報いるゆえん, 報いる也, 報いる事, 報いる為, 報いる絶好, 報い一つ, 報い恩人, 報じたいもの, 報じたもの, 報じられるもの, 報ずること, 報ずるため, 報ずる時, 報ぜん, 報ぜんが, 報ぜんこと, 報ぜんとは, 報ひ, 報る, 報酬する能わずし, 存じまする, 帰しますます, 度を, 御酬い致さね, 志を, 思う由, 思ひ到る時, 恥じぬ値うち, 恩を, 情に, 感じいま降参, 感じけん朝夕黄金丸, 感じこれから, 感じたの, 感じたので, 感じた住民達, 感じてや, 感じやがて, 感じるの, 感じる人間, 感じ何, 感じ易き, 感じ自分, 感ずる心, 感ぜずに, 感奮し, 感泣いたし, 感泣いたしましょう, 感涙を, 感謝する, 成ったお礼, 成った其の, 成った観音寺, 掛けて, 掛けるなれば, 服しその, 歸る, 気がついた, 浴した, 浴したるのみ, 浴すのみ, 浴する能はず, 浴せざれば, 浴せる, 深く感じました, 狎れた者, 狎れては, 狎れるという, 狎れるとき, 甘えるくらい, 甘え何ら, 生きて, 着せず少い, 着せたが, 着せたよう, 着せたり, 着せた言葉, 着せては, 着せないつもり, 着せなさるじゃ, 着せます, 着せまたは, 着せやしないって, 着せようつての, 着せようと, 着せようという, 着せられたこと, 着せられちゃ, 着せられて, 着せるか, 着せること, 着せるでは, 着せる気味合, 着せる気持, 着せる氣, 着せる訳, 着てるの, 着ないわけ, 着なきや, 着まして, 着ます, 着ますぞ, 着ますつて言, 着ますでござんす, 着ますなんて, 着まする, 着まするぞ, 着まするで, 着ます逃がして, 着やす, 着よう, 着られるという, 着る, 着るから, 着るからは, 着るが, 着ること, 着るぞ, 着るつもり, 着るといふ, 着るな, 着るに, 着るべき性質, 着るもの, 着るよう, 着るわよ, 着申す可, 答うる, 縋るよう, 背いては, 背いても, 背きし曲者奴, 背き彼, 背き身, 背く罪, 著ます, 著るだ, 被せうとて, 被せながら, 被せなくっても, 被せなくても, 被せる, 被せること, 被せると, 被せるとお, 被せるの, 被せる事, 被せる術, 被せる訳, 被せれば, 被ても, 被ない, 被ぬは, 被まする, 被やす, 被る, 被るから, 被るぞ, 被る人, 被る理由, 負きし惡人ども, 輕重を, 酬いお, 酬いたい気持, 酬いるため, 酬いるに, 酬う, 酬え, 酬ひる, 酬ゆ, 預かって, 預かりましょう, 預かる私夫婦, 預かれそう, 預つたもん, 預つた翁さん姨さん, 預りまして, 預りまするを, 預ると

▼ 恩~ (216, 7.9%)

15 死んでも 11 忘れません 7 一生忘れません, 決して忘れません 4 海よりも 3 あるが, 山よりも, 御恩, 永久に, 謝せず

2 [14件] これで, 以て, 則ち, 受けぬ, 忘れて, 忘れぬぞや, 忘れませぬ, 忘れんとしても, 恩として, 海山, 無し龍華寺, 生涯忘れません, 私恩に, 終生忘れません

1 [129件] ありがたく思はなけれ, ありとも, ありますが, ありません, ある, いうまでも, いつか社会に, いつまでも, お上さん一生忘れない, お礼の, お返しできる, かえしますよ, かならずきっちりと, かの猛, きっとそれだけかえし, きっと返します, けっして忘れ, すこしも, そも幾何, たれの, ともかく讐, どうか, どうして報いた, どうでも, ねえ道理, のちの, ふかい, ふかくわきまえ, また恩, よく分っ, よく弁え, わすれないもし, わすれません, わたしにも, 一生の, 一生忘れしません, 一生忘れる, 一通りでねえ, 主様の, 元日の, 却つてお, 報じよう, 報じ難し, 変じて, 外の, 夢にも忘れた, 妻子兄弟に, 実に重い, 小さくとも, 後年に, 必ず返します, 忘じ, 忘るまじく, 忘れおかぬ, 忘れそう, 忘れては, 忘れないぞ, 忘れないと, 忘れない僕, 忘れない死んでも, 忘れねえと, 忘れは, 忘れましねえで, 忘れませぬぞ, 忘れませんこと, 忘れませんてネ, 忘れませんでして, 忘れませんよ, 忘れませんわ, 忘れまっ, 忘れられない, 忘れられねえって, 恋人の, 恩, 恩です, 恩とは, 恩よい, 恩三世も, 恩仇は, 恩愛は, 恩義は, 日本民族の, 昔受け, 末長く, 死しても, 死ぬ迄, 決してわすれません, 決して一生, 決して忘れ, 決して忘れさせません, 決して忘れず, 決して忘れませぬ, 決して忘れる, 決して忘却, 決して故, 決して礼, 決して訓詁, 海より, 消えやしないからな, 無しと, 無下に, 生々世々忘れ申さぬ, 生々世々忘却つかまつる, 生涯忘れ, 生涯忘れぬ, 生涯忘れませぬ, 田鶴一生忘れまじく, 申すに, 着たくないもん, 着なければ, 知ってるよ, 知る, 知るもの, 礼を, 私の, 私は, 細君の, 腹に, 語らず, 誠に深い, 返えせねえから, 返して, 返します, 返す, 返すからと, 酬いぬがち, 長く, 長く忘れません, 長く忘れん

▼ 恩~ (136, 5.0%)

64 ために, ほどは, 程は 3 あるお, ある御, 万分の一にも 2 あるもの, ある先生, ある方, ある母, ある源太親方, ある親方様, 光を, 故にまた癩, 良人に

1 [91件] あまねき日, ありがたきと, あるあなた様, あるお方, あるお父さん, あるの, ある一人, ある丑松, ある五人組, ある人, ある今, ある伯父樣, ある佐, ある其の, ある叔父, ある太, ある旦那, ある旦那樣, ある父, ある窪田清音, ある簡先生, ある舊, ある親方, ある魏国, ある鷭, ことじゃ, ことを, ためとは, ため一命を, へちまのと, ほうが, ものであり, ように, わからない奴, わからぬ連中, ヘチマのと, 万々分の, 万分の一でも, 万分の一なりと, 万分の一に, 万分の一を, 上に, 上にも, 事殊に, 云々, 人に, 余りに大いなる, 先生に, 光に, 光汝が, 光火, 厚きを, 報じ處, 多少に, 大きな愛, 天降り武士で, 姫君, 子分児方さえ, 広大に, 忘るべから, 忝さを, 念に, 憾ない, 所領動かすべからず, 押し売り, 押売り, 数々, 旧友たちは, 沙汰を, 浅い方, 深い師匠, 深きこと, 深きと, 漢音は, 為に, 生くる, 異なるなり, 礼を, 程も, 程を, 糧, 義理のと, 萬一を, 萬分の, 裕か, 観念は, 貸し借りは, 輩多き, 返しやう, 部類について, 雨かぎりなく

▼ 恩~ (107, 3.9%)

9 により 3 の光, の多少, を與 2 に適, の度, をうけ, を受, を受け

1 [79件] いまだ死せざる, かれを, が厚い, すぎて, ぞや, ぞや我, たる黒土, とを望み待て, と先立つ, と善心, と報償, と強, と自己, につ, について世, にむくい, により我, により此人汝等, により造り, により重き衣, によれり, に代, に加はり, に多少, に對, に感謝, に浴, に浴する, に準ず, に照, に許され, に謝, の, のうち, のため, の一樣, の下, の器, の如く, の子, の我口, の時, の讚美, の髮, はいかに, は忘れ, もその, よ汝, わが上, わが天堂, を, をかろんずる, をとりあげられた, をば現し, をまた, をみ, を下し, を世に, を以て雨露, を何卒, を分け, を地方, を失, を失ひ, を彼, を忘れ兼ねた, を感謝, を指す, を新た, を施し, を施したる, を求む, を求むる, を求め, を知らず, を稱, を蒙つ, を迎, 即ち生き

▼ 恩~ (80, 2.9%)

10 義理も 8 怨みも 5 恨みも 4 忘れて 2 あるから, 忘れては, 忘れやがって, 忘れ上人様, 蒙るなるべしもと

1 [43件] ありお, ありまた, ありもう, ありもしや, ある, あるけれど, あるの, あるので, うらみも, しらぬ近所, ないだろうに, ないと, ない義理, なけりゃ義理, なければ, なさけも, へったくれもねえ, わすれた嘆かわしき, わすれて, 人情も, 仇も, 何も, 報も, 孔明の, 少しは, 忘れると, 忘れ横着, 忘れ飛んだこと, 忘却し, 思はず楊弓, 思はんで身分, 怨もありませんけれど, 怨もある, 有れば, 浅からぬ, 知らぬ人間, 知らねえ幾ら酔ぱらったって親, 知りさらさん, 糸瓜も, 考えてから, 聞飽き, 誼も, 送らず小さい

▼ 恩~ (76, 2.8%)

5 ある, あるので, えしに 4 あるから, えしを 3 あります, あると, えしは, へしを 2 あつて, あるの, ましく, 返せると

1 [33件] あったの, あらア其の, ありますどうか, ありますよ, あるだけに, あるぢ, あるん, ある筈, あれば, えしだ, えしで春木君, えしという, ございますとも, ございますもし, たくさんある, ないといふ, ましい事, わかつて, わからねえ, わかりました, 乱を, 人知れず自分, 受けたさ, 報じたければ, 大いつ, 尽く此, 思われます, 有るから, 有ると, 有るゆえ, 返されましょう, 返しきれないの, 返せるか

▼ 恩~ (61, 2.2%)

6 の鐘 3 の前, の境内 2 の, の光厳, の大, の櫻, の阿弥陀二十五菩薩来迎像, の阿弥陀十体像, の阿彌陀二十五菩薩來迎像, の阿彌陀十體像, を出る

1 [31件] である, とか銀閣寺, にある, に入っ, に対して増上寺, に残っ, に行き, の住, の内, の処, の勅額, の定, の寺侍, の山内, の御門前, の所化道心様, の旅館, の本堂, の桜, の裏山, の説教, へはいる, へゆく, へ寄附, へ駆けつけた, も大変, や本願寺, や百万遍, を出た, を訪うた, 新門前通り

▼ 恩~ (47, 1.7%)

3 して 2 申すは

1 [42件] いうべきだ, いうべきである, いって, いへば, おぼえて, かんじて, これを, さへ, しなければ, せず其心, せば, その妻凜子, ぞんじて, なさけに対しても, まことの, 並べて, 云い讐, 云うもの, 云うよりも, 力, 合する, 呼んで, 国恩との, 大きな責任, 天水郡に, 婚礼とは, 心との, 愛とを, 愛情の, 数える人, 書いて, 為ざりし, 生きが, 申しまして, 義を, 若殿との, 觀じ, 言うこと, 言うべからず, 言わん, 讐です, 高鳴る戦志

▼ 恩報じ~ (46, 1.7%)

4 をする 3 をしよう 2 のつもり, は致す, も万分の一, も出来る, をしたら

1 [29件] お家の, がしたい, ができれ, こんどの, としてこの, とは存じました, と思っ, に, にあれ, になる, に佳い, に番頭, のいい, の一言, の好機, は今日, は此時, もできない, もない, をいたしたい, をいたします, をさせる, をします, を自分, を致したい, を致します, 二つには, 此の, 眞つ

▼ 恩ある~ (44, 1.6%)

4 人の 3 人は 2 叔父を, 親方の

1 [33件] あなたを, その人, にあらざれ, ものと, 主人に, 主人の, 主君御, 主家なら, 人を, 先生と, 其人の, 叔父の, 品夫さんの, 姑や, 家の, 家をも, 師匠の, 御主人, 御主君, 故主信長公の, 故主様で, 旦那さんの, 母の, 母上様を, 母御と, 父母を, 猿を, 生不動, 神戸教会の, 者と, 親分の, 親父様に, 黄金ぬ

▼ 恩~ (31, 1.1%)

4 もある 2 に浴

1 [25件] ある者, であると, とまでは仔細, についてはどんな, に期待, に涙, のお蔭, のごとく心得, の然, の端, の金山, は, は何日, は自然, も, も浅から, をのみ思ふ, をもっ, を報謝, を布き, を念じ, を称え, を被せ, を難, を頌え

▼ 恩~ (30, 1.1%)

3 の同胞 2 がある, がない, なく又

1 [21件] ある者, が一般, が徐ろ, ござらぬそれゆえ故意, なく憎しみ, なしそしてそして, など生涯, にからまる, に清算, のない, の事柄, の念, の渦, はござらぬ, はなく, は何, は疾く, よりし, を有する, を決死, を消し

▼ 恩~ (29, 1.1%)

6 の長屋 5 まえの

1 [18件] といへ, にある, に到り, に御, の和尚様, の場所, の境内, の川, の床下, の方, の旗本鈴川源十郎方, の殿様, の鈴川源十郎, の関取, ばし, ばしの橋上, へお, をはじめ

▼ 恩にも~ (17, 0.6%)

1 [17件] きせたいし, すまぬ, なり親, 報い參ら, 威にも, 憎して, 着せぬと, 着せまいて, 着せ申さぬ, 着たもう, 着る事, 縄を, 背き温泉療養所, 被せて, 超えて, 酬いずこういう, 酬いられないの

▼ 恩~ (14, 0.5%)

2 をうけ

1 [12件] がやがて, にあずかるであろう, の勅, の命, の好餌, はおろか, もうけて, をいただく, をうけなかった, をもっ, を賜わっ, を降したまわりとう

▼ 恩着せ~ (14, 0.5%)

5 がましい 2 がまし, がましく 1 がましいよう, がましくいった, がましくなる, て置きましたたい, らるる

▼ 恩には~ (13, 0.5%)

1 [13件] かえられぬこちら, きるけどね, なったけれども, なってるが, ならぬ, みな感じた, 充分報い, 口を, 感じ義, 着せぬ恩, 被ます, 被らあ, 誰も

▼ 恩寺橋~ (13, 0.5%)

2 まえの

1 [11件] から押上, のたもと, の橋上, の袂, の通り, の鈴川, へ宙, まえ五百石取り小普請入り, まえ鈴川源十郎屋敷, を渡っ, を渡る

▼ 恩という~ (12, 0.4%)

1 [12件] こと, ことについて, ことは, ものが, ものです, ものを, ような, 事も, 以外に, 字に, 歌を, 言葉も

▼ 恩~ (12, 0.4%)

1 [12件] と幸運, に恵まれた, に謝, のため, もうけたためし, もです, をうけられた, をたまわり, をもっ, を享, を受けし, を賜わり

▼ 恩~ (11, 0.4%)

6 の彼方 1 ある者, などはもう, の別, も無, を超えた

▼ 恩こそ~ (10, 0.4%)

1 あっても, あれ仇, あれ怨は, あれ怨み, あれ怨みの, あれ怨むところ, あれ怨を, あれ恨みは, あれ毛, 与えて

▼ 恩~ (10, 0.4%)

1 あれほど, げす其の, ござります, ござりまする, 今日に, 実に辱, 生きて, 私は, 返して, 酬われた

▼ 恩をも~ (10, 0.4%)

1 不顧, 受けて, 報じ, 忘れずして, 忘れちまいやがって, 思いたまえば, 思った, 知ること, 被ては, 謝し奉り御

▼ 恩寺村~ (9, 0.3%)

4 の場所 1 という其の, にい, の清右衛門, の私, 迄知んねえ

▼ 恩~ (9, 0.3%)

1 がその, という友だち, の眼, はまるで, はもう, は嘘, は女, は濁らない, は自分

▼ 恩~ (8, 0.3%)

1 というの, といっ, とお, と思う, と思へ, と昔, と蔭, よい友

▼ 恩として~ (8, 0.3%)

1 いつまでも, すでに曹操, せめて元金, ふかく心, 惠み, 感謝すべきであっ, 死ぬまで, 長く忘れまい

▼ 恩~ (8, 0.3%)

1 がある, なるが, にあづからん, に浴, に馴れた, は加, も僕, を布く

▼ 恩~ (8, 0.3%)

4 経の 31 経とやらを

▼ 恩を以て~ (7, 0.3%)

2 誘いことごとく 1 して, 伊達家を, 我に, 誘い徳, 誘い懐柔手段

▼ 恩あり~ (6, 0.2%)

2 一たび之 1 仇あらん, 情けある, 義理ある, 誼みこそあれ

▼ 恩でも~ (6, 0.2%)

1 かさに, きせるよう, 着せたら怨み, 着るよう, 被せたこと, 被せるよう

▼ 恩とは~ (6, 0.2%)

1 どういうもの, 何事を, 思わねえで人, 知りながらも, 草字体が, 言えないまた

▼ 恩~ (6, 0.2%)

2 義理忘れ 1 いうたか, 恨みによっても, 情実も, 親しみをも

▼ 恩~ (6, 0.2%)

1 ウケ孤子, 仇デ, 冒セリコトニ, 報ズルコトガデキマスヨウニ, 希ウテ昊天ニ号泣スルヲ, 怨デ

▼ 恩~ (6, 0.2%)

1 にもれし, に浴, の下, はこの, を賦與せん, ヲ隔ルニ喩

▼ 恩~ (6, 0.2%)

2 を喰 1 が何, はうけ, をいただく, をくれる

▼ 恩~ (6, 0.2%)

2 である 1 と宛てる, と言, など言, を受け

▼ 恩といふ~ (5, 0.2%)

1 もう初老, ものが, 字と, 字を, 海賊が

▼ 恩~ (5, 0.2%)

1 にだけは感ずる, に報いる, を思っ, を思つて, を感じ

▼ 恩~ (5, 0.2%)

1 えし, も出来た, も相, を受ける, シニハ少

▼ 恩に対して~ (4, 0.1%)

1 今も, 他に, 他の, 私は

▼ 恩のほど~ (4, 0.1%)

1 なにとて忘れましょう, 一生わすれ, 子孫まで, 忘れませぬ

▼ 恩よりも~ (4, 0.1%)

1 もつと, 伊織には, 深い, 目下の

▼ 恩~ (4, 0.1%)

2 しに 1 しと, しも出来る

▼ 恩教主~ (4, 0.1%)

1 の御前, の法, の秋, は先づ

▼ 恩~ (4, 0.1%)

1 で世間普通, を被った, を被りたる, を被る

▼ 恩~ (4, 0.1%)

1 と云う, に我が, の壁上, を先陣

▼ 恩だけは~ (3, 0.1%)

1 知ってるん, 返しました, 返す事

▼ 恩である~ (3, 0.1%)

1 からこれ, ことを, こと申し上げる

▼ 恩など~ (3, 0.1%)

1 忘れて, 知ろうはず, 言ふ

▼ 恩にでも~ (3, 0.1%)

3 着せるよう

▼ 恩~ (3, 0.1%)

2 命賜邸於小川街而邸未 1 外に

▼ 恩~ (3, 0.1%)

1 のこと, の運動, をお願い

▼ 恩寺前~ (3, 0.1%)

1 で五百石, の鈴川源十郎方, の長屋

▼ 恩怨もない~ (3, 0.1%)

1 のだ, 彼等だ, 貴殿へ

▼ 恩殿~ (3, 0.1%)

1 に向, の後, の青玉

▼ 恩~ (3, 0.1%)

1 と祖先, をこうむる, を垂れたまえ

▼ 恩~ (3, 0.1%)

1 にあずかっ, をうけ, をこうむる

▼ 恩これ~ (2, 0.1%)

1 に臨み, を救

▼ 恩しらず~ (2, 0.1%)

1 そんなの, のどちくしょうめ

▼ 恩すくなから~ (2, 0.1%)

2 ず日歩

▼ 恩それ~ (2, 0.1%)

1 も忘れ, を思う

▼ 恩では~ (2, 0.1%)

1 なかったでしょう, なく玄徳

▼ 恩とも~ (2, 0.1%)

1 思はないさ, 感じるであろうと

▼ 恩なら~ (2, 0.1%)

1 いつでも, ば忘

▼ 恩なんか~ (2, 0.1%)

1 この通り, 甘受しない

▼ 恩にな~ (2, 0.1%)

2 つてゐます

▼ 恩に対する~ (2, 0.1%)

1 ところの, 作法である

▼ 恩はいふ~ (2, 0.1%)

2 に及ばず

▼ 恩をば~ (2, 0.1%)

1 身を, 返しも

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 で返す, は仇

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 です, のかたき

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 のお嬢さん, への遠慮

▼ 恩寺橋通り~ (2, 0.1%)

2 にも低い

▼ 恩~ (2, 0.1%)

2 の恩

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 なり, なり恩幸

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 にかく, の上

▼ 恩忘れ~ (2, 0.1%)

1 はいたしません, 難し

▼ 恩忘れる~ (2, 0.1%)

1 どころで, ような

▼ 恩怨す~ (2, 0.1%)

1 べて尊氏, べて過去

▼ 恩怨も~ (2, 0.1%)

1 無かつ, 関心も

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 って大, と書い

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を汲みとる

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 で寝通す, を得た

▼ 恩~ (2, 0.1%)

2 たる火神

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 うて余る甲斐, ひ切れずましてや

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 です, を纏う

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 に報, の恩

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 とで身, とを語っ

▼ 恩讐記~ (2, 0.1%)

1 といふテエマ, と題し

▼ 恩重き~ (2, 0.1%)

1 こと, は今

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 のこと, の上納

▼ 恩~ (2, 0.1%)

1 を受けた, を蒙る

▼1* [190件]

いずれの時, 恩うけしそもじ母子の, 恩うけた殿様の, 恩お礼の申し上げようもござりませぬ, 恩それが, 恩からでございます, 恩きせがましく, 恩えし, 恩この四恩の, 恩さえ忘れるとは, 恩しらずだといいました, 恩しらずなことが, 恩じゃ義理じゃ, 恩すくなかりしは, 恩すなわちおかげさまという, 恩かし, 恩あ思わねえ, 恩だたれの情け, 恩だの義理だの, 恩だらけでいま, 恩って大っき, 恩であったか, 恩です私は, 恩でないものは, 恩とか義理とか, 恩とすら感じて, 恩とに於て, 恩との万一に, 恩とを備えた主人, 恩なくば人, 恩なぞと並べ立てて, 恩なぞは感じたくない, 恩なぞも新屋の, 恩などと仰せられては, 恩などという舞を, 恩などを被せて, 恩なる観念は, 恩なんて考えた者, 恩にこそ預かって, 恩にたいして何で吾, 恩にたいしても生涯志貴子は, 恩にて各, 恩になんかきせっこなし, 恩によってふしぎな, 恩により北半球の, 恩による所でございます, 恩に対しても棄て去る事, 恩のほどを忘れるなよと, 恩出で, 恩ふかき伯母君にも, 恩やらまた人, 恩よいか一旦, 恩より姉さんの, 恩をさえ忘れた様子, 恩返シテミロト云ッタカラ, 恩トシテ報イ居リ候ヘバ臆病ナル輩ニハ準ズベカラズ, 恩向ツテ衂ヌル刃ナシ, 恩ニ光被セシムルノ途他ナシ, 恩バッカリは今, 恩一天に普, 恩一宿の義理, 恩三世も変らぬ, 恩に恩, 恩である常木鴻山, 恩に屬, 恩他家の臣, 恩は知, 恩にか比せん, 恩何時の世, 恩洽, 恩倖これに過ぎたる, 恩倖之に過ぎたる, 恩として今年, 恩兄弟の情, 恩先生の恩, 恩入れふかくポン, 恩全く絶えて, 恩六恩と数える, 恩共にふかく心, 恩を受け, 恩利毒の五, 恩厚く被り奉れば, 恩受けさせたまひしと, 恩受けた祖父の, 恩受けたる主人の, 恩受けてるのは, 恩召すなら証拠を, 恩右衛門同じく栗田市兵衛, 恩君公の恩, 恩和尚の手, 恩善心相結ばりて功徳, 恩国土の恩, 恩は小石川, 恩を立ち退き, 恩地主馬は声, 恩報じしなければなるまい, 恩報じだと思いました, 恩報じなのだ, 恩報謝に成る, 恩境遇の恩, 恩多きに属す, 恩寺中に残りおりまする, 恩寺村場所へ人, 恩寺様の長屋, 恩寺橋上の出会い, 恩寺橋下に栄三郎, 恩の帛書一巻, 恩少きに過, 恩山寺遥拝第十九番立江寺拝登, 恩幽明に被り, 恩得るに, 恩徳等ノ事ハ理會スベカラザルノ事トセリ, 恩徳謝しがたし, 恩思へアンドロマケーお, 恩怨もなく一個の, 恩怨も無かった筈だ, 恩怨両つながら, 恩怨二ツ乍ら差別を立てず, 恩怨無別星花転転と来, 恩惠今までふさ, 恩惠彼を己, 恩惠恩惠に加はり, 恩惠汝の中, 恩惠滿つ者, 恩惠速かに汝等, 恩惠願はくは我, 恩を統一, 恩とを以て誠意誠心, 恩は愛, 恩慈母の懐抱別, 恩施しならいつなと持っ, 恩日蓮をつき動かした, 恩あり, 恩又亡卒, 恩時頼何とし, 恩朝夕手をあわせ暮しおり, 恩形に, 恩を荷つて, 恩がぬけ, 恩殿其他いづれも, 恩比べなんかする, 恩沢庵からも有難く, 恩浩蕩とも書い, 恩ク蒙, 恩深ければ枷鎖相纏, 恩は野, 恩滿ちみつる天使, 恩爵授与の大, 恩父母の恩, 恩特に下るに, 恩となし, 恩禄賞施なども万端, 恩ばかりは人並, 恩私一生忘れないわ, 恩緒方の食客, 恩なきは, 恩は義, 恩耆老に加わり, 恩至交あるにも, 恩を待ち奉る, 恩親様の御, 恩の沙汰, 恩を拝, 恩謝徳の念, 恩讐一等の境地, 恩讐両つながら, 恩断, 恩賚即奈良朝前後の, 恩賚脛衣新たなり, 恩にあまり, 恩返なら行処の, 恩の記念塔, 恩とを籠め, 恩門隆恩殿其他いづれも, 恩生年七十三歳, 恩なきが, 恩院あたりの景色, 恩院古門前南禅寺あたりの豆腐, 恩院境内の源光院, 恩院大仏などへ行っ, 恩院大仏東福寺等を見物, 恩院太極殿それからずつと疏水, 恩院宮諸太夫樫田阿波守, 恩院聖護院の昼鐘, 恩院聖護院出でて, 恩院聖護院勧修寺あたりの寺, 恩院金閣寺拝見がいや, 恩零落のむかし, 恩を拝, 恩鬢毛