青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恨み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

恐れ~ ~恐ろしい 恐ろしい~ ~恐ろしく 恐ろしく~ ~恐怖 恐怖~ ~恥 恥~ ~恨み
恨み~
~恩 恩~ ~息 息~ ~息子 息子~ 恰も~ ~恰好 恰好~ ~悉く

「恨み~」 1591, 17ppm, 6627位

▼ 恨み~ (490, 30.8%)

16 含んで 13 抱いて 10 こめて, 受けるよう 9 買って 7 呑んで, 持って, 晴らして 6 のんで 5 いだいて, 忘れて, 買うよう 4 うけて, うけるよう, 受けて, 晴らさう, 買うこと, 述べて 3 いだいた, うける覚え, もって, もつて, 懐いて, 残して, 結んで, 背負て, 言うの, 言って

2 [28件] いいに, いだくもの, お告げに, はらして, はらそうと, ふくむ者, むすんで, 云った, 人に, 代言し, 伝えて, 十分に, 受けそう, 受ける覚え, 含む者, 告げて, 呑んだ, 寄せて, 抱くの, 晴らすため, 相手の, 言いながら, 言っても, 買う様, 買ったの, 返して, 返すとの, 述べたり

1 [280件] ありありと, いいたかった人, いうか, いうと, いうやつ, いう来れば, いえる日, いだいたもの, いだいてを, いだきたもう, いだくも, いって, うけたの, うけたので, うけたは, うけての, うけては, うけないと, うけるの, うけるはず, うけ家名, おやさしく, おれに, お忘れ, お忘れない, お忘れはござりますまい, お晴, お言い, お言いかけ, かう, かえさないでは, かえすとか, かけて, かけるの, かこつけて, くどくどと, くり返すの, ことごとく萃め, こめいかにも, こめたため, こめた手紙, こめた調子, こめた顔色, こめ対手, こめ軍駕籠, さし置き勤めて, すること, するとは, そそがんと, そそぐの, ただ眼, ついで百倍千倍, とどめざる契約, とどめたそう, とどめた心持, とどめようと, どうして誰, のみながら, のんだらしい形跡, のんだ家中, はらさうといふ, はらさずに, はらさせたの, はらさんが, はらしに, はらします, はらし義朝, はらすなんて, はらすの, はらす時, ひとしゅうする, ひとみに, ふくむ一因, ふくめた目, ふくんだ, ふくんだこえで, ふくんだそれ, ふくんで, ほざきおりまする, むくゆるという, むすび復讐, もちましょう, もつよう, もつ者, もらした, わしの, わすれは, 一身に, 七斤に, 上野介の, 並べたり, 中央の, 二人に, 云いに, 云って, 云へ, 京子に対して, 今日只今お前たちの, 伝えようと, 伝へて, 伝へようと, 伸べんや, 俺の, 僕に, 列べるだけ, 利用した, 十二分に, 又さんざん, 受けたこと, 受けたの, 受けたること, 受けた為, 受けた者, 受けること, 受けるなぞ, 受けるはず, 受けるやう, 受ける様, 口に, 吐き出して, 向けるだけの, 含みて時, 含むには, 含むもの, 含む様, 含む行き掛り, 含んだ, 含んだ口ぶり, 含んだ目, 含んだ真剣, 含んだ調子, 含んでは, 吹くや, 吾身一人で, 告げた, 告げたあと, 告げに, 告げようと, 告げる典侍, 呑む人, 呑んだ二人組, 唯此, 嚥んで, 報いた以上夫, 報いて, 報いよと, 報いること, 報いるため, 報ぜんため, 帯びて, 引いて, 心の, 必ず晴らし, 忘れかねる, 忘れた, 忘れたの, 忘れやしねえ, 忘れること, 忘れ自分自身, 思いの, 思い出して, 思ひやれば, 恩で, 想い起して, 懐いたの, 承りますの, 抱くくらい, 抱くもの, 抱く土人, 抱く婦人, 招き失敗, 持ったこと, 持った者, 持つこと, 持つて, 晴させ, 晴し, 晴した, 晴らさずには, 晴らさないで, 晴らさなけりゃあ, 晴らさにゃ, 晴らさねえば, 晴らさんが, 晴らさんため, 晴らさんもの, 晴らしたい気, 晴らしましたが, 晴らし二つ, 晴らすから, 晴らすという, 晴らすとか, 晴らすに, 晴らすの, 晴らすべきもの, 晴らすべき人々, 晴らす役目, 晴らす時, 晴らす時には, 晴らせとの, 晴らせるの, 晴らそうと, 書いて, 本家に, 残した, 残しますね, 残すよう, 殘さず, 生きて, 申さば, 申しに, 申し上げて, 申し上げるよう, 百年に, 破裂させ, 示した, 突き詰めて, 籠めて, 結ばせ内攻, 結び合って, 結び時に, 結ぶかの, 結ぶに, 結ぶ間柄, 結んだ, 結んだ様子, 罩めて, 聞くの, 聞くよりも, 胸から, 自分から, 自分に, 解くため, 言いそして, 言いに, 言うこと, 言うとも, 言うよう, 言えば, 言おうが, 言おうという, 言った, 言ったり, 言わなければ, 言われて, 言われるの, 訴えるという, 訴へる, 語るほか, 誰からも, 負いついに, 負うよう, 負わされる青春, 買いきれい, 買いこそ, 買いその, 買いやすい, 買うかも, 買うに, 買うべき事情, 買った, 買つてし, 買ひます, 買わないよう, 身に, 返したという, 返すて, 返す事, 述べた, 述べるだけに, 述べると, 述べるわけ, 述べれば, 述べ懐しき, 迷ぐらかされもする, 酬いるにも, 除かせも, 陳べた後, 雪解の, 霽らす

▼ 恨み~ (192, 12.1%)

15 ある 14 あって 10 あるの 7 あると 6 あります 5 ましいこと 4 ましい言葉 3 あった訳, あつて, あるから, あるが, 籠って 2 あつた, あるわけ, ある筈, こもって, 今も

1 [106件] あいよって, あった, あったの, あったり, あらば, あられるに, あり自己, あるか, あるからと, あるという, あるとか, あるなら金, あるに, あるので, あるもの, あるよう, あるん, ある訳, あれば, いくらか軽く, いささか決定的, いま分秒ごとに, おざんす, おそろしいじゃ, この一曲, この悲しみ, これだけで, ございませんもの, ござる, さきに, さらに深い, その息ぐるし, ただで, どこまで, ないとも, のこされる, ましい不平, ましい口調, ましい声, ましい夫人, ましい文句, ましい様子, ましい涙, ましい生, ましい節, ましい調子, ましい辞句, ましい顔, ましく, ましくさう, ましくそう, ましくにらめる, ましく出ても, ましく呟くの, ましく思われも, ましく考えて, ましく考えられますでございます, まじって, また新しく, みえた, みんなこちらへ, むらむらと, ムラムラと, 主には, 今に, 伴いその, 先き, 加わった, 勃然と, 女に, 宿って, 少しでも, 忘られない, 忘れかねて, 悶々と, 数々ござる, 晴らされまいこと, 晴れるもの, 残ったと, 残って, 残るという, 残るの, 消えない, 消えないの, 消えると, 深いの, 深かろう, 深刻に, 潜んで, 無いとは, 第一, 細い灯影, 結ばれたという, 綿々と, 綿々として, 聞えた, 胸に, 衝き上げて, 表に, 言いたい, 述べて, 重なりますからね, 重要書類の, 量んで, 集まるの, 骨髄にまで

▼ 恨み~ (138, 8.7%)

4 ある奴 3 一言を, 言葉頭痛を, 露を 2 ある者, 刃を, 原因が, 心は, 念を, 手紙を, 根を, 程を, 言葉を

1 [107件] あつた, あまりやった, あるはず, ある三甚, ある主人, ある人物, ある女, ある心, ある樣, ある賊, かさなって, こもった眼, こもる人, せいも, ためには, つめたい笑い, ない心持, はしにと, ひびきを, ほどもさこそと, ほのめかせて, もとに, ような, ようにも, 一つなり, 一分を, 一撃を, 一端が, 三十万円を, 中でも, 中に, 中の, 代りに, 何のと, 余音を, 償却の, 匕首を, 向けようも, 地, 報いな, 声も, 多いところ, 姿である, 小指を, 影さえ, 後姿が, 心深き, 怪塔ロケットである, 恋路坂田の, 情を, 感情を, 懸かるべきは, 手紙来ました, 數, 文句が, 日より, 日三・一五記念日を, 有る人, 末の, 標的に, 残った霊魂, 残ること, 残るべきこと, 残る波止場, 殘るべき, 毒気を, 池, 消されぬ一事, 涙を, 深い人, 深い長崎屋三郎兵衛, 満ち満ちた置き手紙, 火や, 無い者, 煩悩鬼出羽に, 片割れを, 片影を, 的と, 相手が, 眉を, 眼が, 眼光を, 砧打つ, 程が, 種だ, 種でありました, 種である, 種を, 筋でも, 筋は, 節とか, 籠った手紙, 籠つた手紙だつた, 繰り言を, 者の, 胸へ, 色は, 色を, 荷を, 蝶ふたつ, 衣裳を, 表情が, 表現法から, 解けぬふう, 起こるの, 顔どう, 魂が

▼ 恨み~ (126, 7.9%)

4 いたしません, しなかった 2 ない, なけれども, 屹度晴らします, 怖ろ, 深い, 誰れ, 骨に

1 [104件] あります, ありますまいな, あるがね, あるの, あるわけ, あれ何, あれ少なくも, いうまい, おそろしい, お晴, お銀様, かかる身, こちらの, こっちからこそ, この大次郎, これで, ございません, さてさて奈辺, しないでしょうね, しない再三, しまい何, しません, しませんよ, せじ板一枚, そこへ, その子, そんな手ぬるい, つかまつりません, つきない, とにかくに, どういう人々, どうしても消える, どの後宮, ないすべて, ないという, ないとまで, なさらないわね, ねえ早く, またむらむら, みな消え, もっともで, 一体どこ, 一年二年五年十年語りつづけ, 一方ならぬ, 一生涯忘れまい, 七生祟る, 人の, 仕りませぬ, 十分に, 大ありだ, 女の, 弓矢で, 強い呪い, 当然大塔, 彼らの, 彼女自身に, 御尤も, 必ずお, 必ずはらし, 必ずはらす, 必ず敵国, 忘れて, 恐ろしい三人, 恨み恋, 恨み讐, 我れ, 戸部近江一人で, 捨て置いて, 晴らして, 晴れたが, 曹操にこそ, 残すまいぞ, 残りお父つぁん, 残るであろう, 民衆と, 永久に, 決して消え, 消えて, 消え失せまい, 消ゆる, 深く深く胸底, 深しメリヤス, 添ひゆき, 済んだとしても, 濡衣の, 無い, 益々深く, 目的を, 礼子を, 純然たる, 終生忘れまい, 脆くも, 自分でも, 致しません, 芸術にたいする, 裁判長に, 許されぬ, 誰にも, 近江の, 通うもの, 達したいと, 長し, 長し雲, 骨髄に

▼ 恨み~ (120, 7.5%)

3 ない, ない人, 出る何, 忘れて 2 怒りも, 詮ずる

1 [104件] あつた, あの殺された, あらず諸人, ありますが, あり今, あるであろうこれ, あるはず, あるめ, あるよう, いい得ないの, いたしませんでした, お蔦の, こめて, これあるまじく, したろう悪, しなかった, します, しょうが堪忍し, し泣き, し立腹, し譏りも, せうが, せず, せずその, せずそれ, せずに, せず怒り, せん憎, そこから, つらみ, ないき, ないその, ないのに, ないばかりか, ないむしろ, ないよう, ないわたし, ない一人, ない人々, ない俺達, ない執着, ない母, ない相手, ない知らぬ, ない者ども, ない見ず知らず, ない遠藤, ない音蔵さん, ない鰡八, なかった, なくて, なくなった, なく喜び, なし, ねえ人間, ねえ伊賀, はた歓び, はてぬしののめ, はらしたい討つまでは, ふくまず十八年間, また死ぬ, めちゃくちゃです, わすれて, 何も, 偲ばれた, 反感も, 受くる, 受けぬこと, 受けまいと, 口惜しさ, 喜びも, 宮の, 少しは, 御座なく, 思わず, 恋も, 恥も, 愚痴も, 感じない, 憎しみも, 憤りも, 我が愛しみ, 手伝って, 捨てたわけ, 晴れさえ, 晴れ面目, 植田丹後守が, 氷解した, 消ゆれ, 源氏の, 無いあの, 無い旦那さま, 申し上げること, 畏敬に, 自然に, 解いて, 言って, 言わずに, 負うこと, 負はじ, 買はず軍部は, 返して, 迷いも, 長しへに

▼ 恨み~ (83, 5.2%)

6 思って 2 なった, なって, なるの, 堪えかねては, 存じます, 思う

1 [65件] うらんで, かすれる左膳, きかず立ちどころに, ぎゅうとやりましたといった, ぞんじます, ぞんじますと, ぞんずる, たたられたよう, とった, なったが, なったこと, なったため, なったの, なったり, なりまして, なりますよ, なり私, なること, なる言葉, ふくんで, もって, 上りました, 似たよう, 似た火, 似て, 加えて, 呪いを, 善良な, 固く鎖され, 堪えなかったの, 報いる爲め, 存じますよ, 存じ候, 存じ申すと, 思いは, 思います, 思いますよ, 思いません, 思い上がってでも, 思い虚言, 思うだろうとさえ, 思うであろう, 思うもの, 思う筋, 思えばとて, 思った, 思ったこと, 思ったり, 思った涙, 思や, 恨んで, 憎くみの, 憎みのそひて, 抱いて, 来たもの, 死んだかの, 泣きて, 添い, 燃えるまなざし, 生きて, 相違ない, 破れかぶれと, 祟って, 詞の, 變じ

▼ 恨み~ (43, 2.7%)

2 いえば, 嫉みとが, 忿の

1 [37件] いうほど, しき, したかも, して, しますまい, するの, するよう, する理由, なす維新以降文章頗る, なって, 云うこと, 云うもの, 商売を, 四郎に対する, 執念が, 存じて, 彼の, 復讐心を, 怒りと, 怒りとの, 怒りとを, 思うたが, 思わんからね, 恋慕の, 恐れとを, 悲しみとに, 悲しみに, 愚痴を, 愛愍の, 憎しみに, 憎悪と, 憤りが, 憤りとを, 憤りを, 笊組の, 罪の, 金の

▼ 恨み~ (16, 1.0%)

1 [16件] いっち根深, こうなった, こんなところ, そんなに人命, まゆみを, みんなが, われわれに, 人を, 人間が, 刃が, 弟を, 死にました, 殺される人, 気違いの, 混乱し, 耄碌し

▼ 恨みながら~ (15, 0.9%)

1 [15件] お帰り, お茶を, だろうが, なんとなく濠洲, 人知れず見る, 家名挽回の, 息を, 戻って, 死んだの, 死んで, 考えました, 苦しい心持ち, 見れば, 許して, 飲んで

▼ 恨み~ (13, 0.8%)

2 御新造いでられぬ, 水の, 玉章と 1 いふやう, うつしき蒼生, すな, 三衣一鉢に, 作れる歌年月, 攻め戰, 眷

▼ 恨み~ (13, 0.8%)

1 [13件] いやみや皮肉, ため息や, 吊ふらん此處鴛鴦, 因縁にも, 怒りを, 愚痴なんて, 歎き, 決して一度許, 涙に, 私達遺族の, 縺れやらも, 辛いこと, 辛みは

▼ 恨みとは~ (12, 0.8%)

1 [12件] いかなる寛恕, いわせぬぞ, しません, また違った, 存じないの, 存じませぬ, 存じませぬと, 存じ申さん, 思いませぬた, 思いません, 思ひませんまた, 私の

▼ 恨みから~ (9, 0.6%)

2 なすつたの 1 事件を, 俄に, 幸田の, 秀次公へ, 肝心の, 超然とは, 骨に

▼ 恨み~ (9, 0.6%)

2 とも言い 1 から短刀, が半, ぞ, ということ, と思います, のを, ッ

▼ 恨みでも~ (9, 0.6%)

1 あって, あるの, あるやう, あるよう, いだいたの, ない, 受けて, 受ける覚え, 持って

▼ 恨みには~ (9, 0.6%)

1 おとさぬ涙, ぞんじませぬ, 存ぜず候えども, 存ぜず候えどもと, 思いません, 思いませんが, 思わない, 思わなかった, 思わぬ

▼ 恨み骨髄~ (7, 0.4%)

4 に徹し 1 に徹した, に徹す, に徹する

▼ 恨みという~ (6, 0.4%)

1 のは, ものは, ものも, ような, 事情は, 奴は

▼ 恨みまた~ (6, 0.4%)

1 ある時, 他人を, 曹操の, 桔梗河原で, 納音山中火の, 自分の

▼ 恨み~ (6, 0.4%)

1 なるは, なる年寄, な女, な草, に言った, をし

▼ 恨み~ (5, 0.3%)

1 不滿足, 分かねども, 存ぜん喝, 恋愛関係についての, 雨の

▼ 恨みこの~ (5, 0.3%)

1 うれしき幸, 仇, 後この, 恨み永久に, 悲しみを

▼ 恨みとが~ (5, 0.3%)

2 胸の 1 交って, 消えたため, 眸に

▼ 恨みとして~ (5, 0.3%)

1 おる, おるらしい, その恨み, 含まれて, 焦慮に

▼ 恨みとの~ (5, 0.3%)

2 ために, 嵐の 1 新しい根拠

▼ 恨みとも~ (5, 0.3%)

1 なしに, 何とも, 思いませんが, 思い天, 思わないの

▼ 恨みなど~ (5, 0.3%)

1 いたしましょう, しつつ, 忘れて, 私は, 過ぎて

▼ 恨みをの~ (5, 0.3%)

4 んで 1 こすら

▼ 恨み~ (5, 0.3%)

1 はございません, を怨む, を恨み, を恨んだ, を憎み

▼ 恨みこそ~ (4, 0.3%)

1 あれ何等, あれ恩, あれ此奴, あれ金子

▼ 恨みとを~ (4, 0.3%)

1 たてに, 与えるもの, 含んだ静か, 持たずには

▼ 恨み多き~ (4, 0.3%)

1 古戦場の, 哀碑を, 生涯を, 義胆忠魂に

▼ 恨み~ (3, 0.2%)

1 うらみでございます, めえ, 怒りにな

▼ 恨みだろう~ (3, 0.2%)

1 か, ということ, と言っ

▼ 恨みでは~ (3, 0.2%)

1 ございません殺したくって, ない報復, 毛頭なく寧ろ

▼ 恨み~ (3, 0.2%)

1 のでございましょう, のは, はてぞ

▼ 恨みなく~ (3, 0.2%)

2 怒りなし 1 のびのびした

▼ 恨みなし~ (3, 0.2%)

1 とする, とは人, 憎みなし

▼ 恨みにでも~ (3, 0.2%)

3 思ふだけが

▼ 恨みにも~ (3, 0.2%)

1 なった宮, ならずお, 思うほどに

▼ 恨みかつ~ (2, 0.1%)

1 幕兵と, 歎く

▼ 恨みがま~ (2, 0.1%)

1 しく云いは, しく眼

▼ 恨みその~ (2, 0.1%)

1 存在を, 極遂に精神

▼ 恨みだけ~ (2, 0.1%)

1 だった, なの

▼ 恨みつつも~ (2, 0.1%)

1 恋しきに, 戀ふる

▼ 恨みてぞ~ (2, 0.1%)

1 散る, 焼くし

▼ 恨みである~ (2, 0.1%)

1 とも思った, と申さね

▼ 恨みでございましょう~ (2, 0.1%)

1 がお父さん, に

▼ 恨みとで~ (2, 0.1%)

2 胸の

▼ 恨みながらも~ (2, 0.1%)

1 戀し, 自分の

▼ 恨みなき~ (2, 0.1%)

1 ように, 能はず

▼ 恨みなどは~ (2, 0.1%)

1 もう微塵, 何も

▼ 恨みよう~ (2, 0.1%)

1 のない, もない

▼ 恨みよりも~ (2, 0.1%)

1 玄徳を, 若い女

▼ 恨みをと~ (2, 0.1%)

1 して, 骨髄に

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 をはかなん, を詛う

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 があっ, を云

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 うかして, が故

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 のこと, の顔

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 はねえ, は恋

▼ 恨み或いは~ (2, 0.1%)

1 企らみあっ, 嘆き或いは

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 ではない, をする

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

2 の雨

▼ 恨み~ (2, 0.1%)

1 いた女, くの

▼ 恨み深く~ (2, 0.1%)

1 追求され, 邪気勝った

▼1* [138件]

恨みいうてから死ん, 恨みいかにしても, 恨みおおき裾野を, 恨みおかしいくらいだった, 恨みかくのごとく申し上げまする, 恨みかも知れない, 恨みさえあります, 恨みじゃ信玄殿この, 恨みそのものが彼女自身, 恨みかし一向に, 恨みたまたま来り訪, 恨みだにせじ, 恨みだの悲しみだ, 恨みだれに泣きごと, 恨みってえこと, 恨みっぽく姉にも, 恨みてか黒くゆるやか, 恨みても云ひ, 恨みであったがそれでも, 恨みであろうということ, 恨みでございます倶に, 恨みでしたのか, 恨みですね, 恨みでないはずは, 恨みといったような, 恨みとかまたは, 恨みとからさまざまに, 恨みとでもいうの, 恨みとともに消しがたい, 恨みと共に高くは, 恨みなぞうける覚え, 恨みなどには無縁だった, 恨みなどの出來つる, 恨みなどをあらわに, 恨みならこっちに, 恨みなる哉, 恨みなんかない, 恨みなんぞ致すもの, 恨みについてはあとで, 恨みになんか持つちや, 恨みによって兄を, 恨みによってもままうごく, 恨みによるものと, 恨みのほどを乱刀の, 恨みばなしは先日, 恨み悟りては, 恨みむあゝ夏よ, 恨みむ今はただ, 恨みむ情の歌, 恨みもやかたみに残ら, 恨みやうもない, 恨みやが蛛手に, 恨みやすい性質に, 恨みやはする, 恨みよしその財布, 恨みわび言葉そ, 恨みをのみ涙を, 恨みをばかり言って, 恨みよりは松島, 恨みゴシップがたきつける, 恨みこがないよう, 恨みッこなしだ, 恨みツこはない, 恨み一切この渓間, 恨み一向宗を, 恨み一挙に勝敗, 恨み不幸の境遇, 恨み事物を恨ん, 恨み二人は仲, 恨みはらして, 恨み今更骨身に, 恨みの恨み, 恨み函館廻送に托した, 恨み利根の川水日夜, 恨み嫉み自, 恨み吉野嵐山の桜, 恨み呪詛し憤らずには, 恨み多く胸傷む, 恨み大金を持ちだした, 恨みを怨み, 恨み失望不平嫉妬さまざまの悪感, 恨みがって, 恨みれを, 恨み幸之助を嚇し, 恨み復讐を企て, 恨みの刃, 恨み怒り云々して, 恨み憎しみはもっともっと, 恨み憎しみ八方手をつくし, 恨み或は疑ひ或は, 恨み既に瞋り, 恨み明日を儚み, 恨み暮らしに暮らす, 恨み本国に帰っ, 恨みさるべき日, 恨み歎きの道を通り拔, 恨みさぬ計らひを, 恨みが経営, 恨み永久にやまじ, 恨み泣きに泣き恨ん, 恨みげな, 恨み深い嫉妬を, 恨み無しと雖, 恨み無言の冷眼, 恨み爰日本美術国に生れ, 恨み甘えなどの情, 恨み生前には名聞, 恨み上げますわ, 恨み男性は女性, 恨み相手にできない, 恨みの前, 恨みなるお, 恨みひけん, 恨み給はんことのうたて, 恨み給はん事の心苦し, 恨み給はん時いかに應, 恨み綿々などと書いた, 恨みに勇みし, 恨み背後には南方, 恨み自分も憎ん, 恨み自分自身を恨み, 恨み自己を詛わね, 恨み自暴自棄の生活, 恨み自殺して, 恨み苦みも生ずる, 恨み落涙袖を漫, 恨み言葉は聞かない, 恨みり呪, 恨みは讐, 恨み豊臣氏の天下, 恨みを恨み, 恨み鄒七嫂のぐうたら, 恨み降参して, 恨み青年の袋, 恨みにじっと, 恨み顏何を憎ん, 恨み顔何を憎ん, 恨みりて