青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「座敷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

店員~ 府~ ~度 度~ ~度々 度々~ 度目~ ~座 座~ ~座敷
座敷~
~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~ 廉~ ~廊下 廊下~ 廣~ 延~

「座敷~」 6763, 67ppm, 1693位

▼ 座敷~ (1842, 27.2%)

82 方へ 54 真中に 42 中を 34 中に, 方に 32 中へ 31 隅に 27 中で 19 床の間に, 方を 18 縁側に, 障子を 14 まん中に, 中の, 方から 13 真中へ, 隅の 12 中には, 真ん中に 11 ほうへ, 中は, 方で 10 まんなかに, 前を, 縁に 9 なかに, 戸を, 方の, 眞中に, 縁側の, 襖を 8 中央に, 入口に, 床の間の, 様子を, 雨戸を 7 なかを, ほうに, 中が, 前の, 外へ, 正面に, 縁の 6 上に, 中まで, 前へ, 机の, 片隅に, 畳の, 縁側へ, 障子の 5 ほうから, ほうで, ような, 中から, 床の, 床の間には, 方は, 間を, 隅で, 電燈を

4 [23件] うちで, なかは, まん中へ, 一隅に, 中央へ, 八畳の, 前で, 前に, 前まで, 壁へ, 外に, 奥に, 客と, 客は, 掃除を, 数も, 方が, 方には, 縁で, 縁へ, 隅へ, 隅を, 障子が

3 [34件] ところへ, ほうは, やうな, 内に, 内には, 内を, 唐紙を, 四方を, 壁に, 外の, 外は, 奥の, 小襖, 床の間を, 廊下の, 数は, 方まで, 柱に, 次の間に, 正面の, 灯を, 用意を, 真ん中で, 真ン中に, 窓から, 端の, 縁が, 縁側で, 縁先に, 蚊帳の, 行燈の, 襖が, 障子に, 障子も

2 [105件] あたりを, うちに, うちにも, うちは, なかで, なかには, なかへ, ほうには, ほうへは, ほかに, まん中で, ように, 一つを, 上へ, 下の, 中からは, 中でも, 中ほどに, 中央が, 中央で, 丸窓を, 二人を, 仕切を, 位置と, 入口で, 入口の, 入口まで, 八畳に, 六畳に, 内で, 内へ, 前には, 前は, 勤めも, 南よりの, 周囲に, 四人を, 四畳半に, 境の, 奥で, 客が, 客で, 広間に, 床の間へ, 廊下に, 張易が, 御簾を, 心中の, 戸に, 数々相手の, 方へも, 方角から, 有様を, 東の, 板戸を, 果の, 椅子や, 椽で, 椽へ, 様子が, 樣子が, 欄干に, 欄間に, 次の間の, 次の間まで, 正面には, 母親を, 煙草盆を, 燈火を, 燭台を, 片隅には, 畳が, 畳に, 畳を, 畳換えを, 直ぐ下の, 眞ん中に, 眞中へ, 真ん中へ, 真ン中へ, 真中の, 真中まで, 硝子戸の, 空気を, 窓には, 箪笥の, 縁側を, 花魁は, 蒲団の, 蚊帳が, 装飾や, 襖の, 襖子を, 話を, 軒に, 長火鉢の, 隅々を, 隅から, 隅まで, 障子には, 障子は, 雨戸が, 雨戸の, 電燈が, 飾りに

1 [632件 抜粋] あいた戸口, あかりで, ありかを, ありさま, あるじは, あるところ, いちばん奥の, いろいろな, うしろが, うしろを, うすぐらい床の間, うちから, うちの, うちを, えん, お取りもち, お客を, お庭, お絹, お蒲団, お藤, お銭が, かかりであった, かもいに, きどり客, ここに, ここへは, こたつに, ことだ, さういふ, しめやかさが, じわ, すぐと, すぐ前面, すぐ軒先, すみにおいて, すみの, すみへ, すみを, そとに, そとへ, そとまで, それも, たたみは, ところどころに, どこに, どの盃, どの窓, どん詰まりに, なかの, なるべく暗い, ひさしよりも, ひっそりと, ひとつの, ひと間にかの, ふすま, ほうが, ほうの, ほうへさ, ほうも, まえに, まえまで, まえを, まわりを, まんなかの, まんなかへ, まん中には, むし暑さ, もうひとつ, ものです, ゆき子の, わきで, わきの, わざとすずしい, テイブルに, テイブルの, ドアに, ビュッフェエに, マン中で, ラジオが, ラジオの, 一つで, 一ツを, 一室に, 一所に, 一方から, 一方には, 一方を, 一枚の, 一番端に, 一間で, 一間奥に, 一隅で, 一隅へ, 三人の, 三分の一ほどに, 三味線でも, 三畳の, 上で, 上には, 上まで, 上り框に, 上下に, 上手には, 上手の, 上段に, 上段へ, 下に, 不首尾に, 丑寅に, 中, 中などを, 中にも, 中へは, 中へまで, 中央には, 中庭あたりで, 中庭に, 中程に, 中間である, 丸窓へ, 主人すなわち, 主人の, 主人を, 二つ並んだ, 二三間中に, 二人は, 二階に, 二階の, 二階へ, 五倍に, 人々も, 人と, 人混みに, 人買い, 仕切りを, 仕度を, 他の, 伊賀侍から, 侍の, 便所を, 側を, 傍の, 光る梅千代, 光景だ, 入り口から, 入り口に, 入り口まで, 入れ込みで, 入口には, 八畳が, 八畳と, 八畳とを, 六畳の, 内これは, 内の, 内は, 内へも, 内緒暖簾の, 内部が, 内部の, 出入口まで, 別嬪の, 利三郎だけ, 前あたり, 前庭に, 労働服である, 北に, 十二畳の, 十畳次に, 南側に, 南縁に, 受持ちで, 古い茅屋根, 古柱, 古畳, 台の, 向が, 向には, 向ふ, 唐紙が, 商人客が, 四方に, 四方には, 四畳半か, 四畳半へ, 四隅から, 四隅に, 境で, 壁には, 壁は, 壁際に, 夏季の, 夕餐も, 外から, 外を, 夢はと, 大きな炉辺, 天井から, 天井の, 天井へ, 天井を, 天井板を, 奥へ, 奥まで, 女が, 女たちの, 女に, 女に対して, 女の, 女は, 女も, 女学生が, 如何にも, 妻を, 始終が, 姿であった, 娘が, 娯しみ, 客の, 客を, 宴会に, 家根の, 密談を, 寒い空気, 寝息を, 寢床の, 対話を, 小手と, 小母さんの, 居間には, 屋根裏に, 屏風が, 崖の, 左門の, 席が, 席に, 広いこと, 広いの, 広助が, 広間には, 床には, 床の間へでも, 床の間や, 床の間寄りに, 床をや, 床下に, 床柱に, 床間の, 庭の, 庭先き, 庭先に, 庭寒山竹の, 廊下から, 廊下です, 廊下を, 建増などを, 廻り次の間茶の間納戸雪隱は, 廻縁の, 引けないうち, 引る, 当座の, 影が, 往來に, 御簾の, 微震が, 忙しい時, 急がしさ, 憲兵どものと, 戸だ, 戸も, 戸前に, 戸袋の, 手伝いでも, 手伝いを, 手摺には, 押しこみの, 押入に, 押入の, 拭掃除も, 掃除も, 掃除やなんかで, 掃除銅壺に, 掛額は, 支度に, 改築などに, 数々どうか, 数有る, 敷居ぎわへ, 敷居を, 方からは, 方だ, 方でなく, 方へと, 方へばかり, 方尤も, 旦那に, 明い大, 明るい電気, 明るい電気燈, 春寒が, 時計が, 景色に, 暗いところ, 暗いの, 暗い十燭, 暗い方, 暗さ, 書割障子灯入り下の, 書院から, 有様, 有様でも, 服装で, 机に, 机にも, 東側の, 板屋根も, 枕の, 柱を, 栄えるはず, 格子に, 格子を, 格子先の, 梁の, 椅子へ, 椽側へ, 椽側を, 様な, 様子訝しく, 模様が, 模様を, 模様替えを, 横の, 横は, 横手に, 横手には, 欄干の, 欄間には, 欄間にへ, 次の間から, 歌である, 正面である, 正面までは, 正面床柱の, 気配に, 汚さ, 汚れを, 泊り客は, 涼しげな, 潜り戸を, 火鉢に, 灯が, 灯さえ, 灯は, 灯れ, 炬燵へ, 無礼講の, 燈が, 燭台の, 燭台へ, 父と, 片すみからは, 片側へ, 牢屋で, 物が, 物音を, 狂態たるや, 狭いところ, 玄関に, 玻璃障子の, 瓦斯を, 男の, 畳にも, 畳廊下とを, 眞ん中には, 眞正面に, 真中だけを, 真中へと, 真中帳場の, 真只中に, 真暗な, 硝子戸は, 硝子障子を, 碁会所の, 穢い室, 空気ばかり, 窓が, 窓の, 窓へ, 端に, 端へ, 端まで, 第一関, 簡潔な, 籐むしろの, 緋毛氈祭礼の, 縁から, 縁さきへ, 縁では, 縁は, 縁を, 縁下に, 縁下沓脱の, 縁二階から, 縁側が, 縁側にか, 縁側には, 縁側にも, 縁先かの, 縁先でした, 縁先には, 縁先を, 縁近くに, 縁障子の, 繪襖とは, 美しさ, 美の, 美は, 老夫婦, 者は, 職工が, 肱掛窓や, 興を, 花魁とは, 花魁ばかりは, 茶の間らしい, 菅むしろを, 蔭へ, 薄暗いランプ, 薄端, 蠅位は, 袋戸棚より, 袖垣の, 装飾その他の, 装飾主人の, 裏がはが, 裏に, 裏手へ, 襖は, 襖六枚には, 襖開ける, 襖障子を, 見晴らしも, 設けが, 話, 話し声が, 話について, 話は, 話声が, 踊りその道, 身上かも, 軒だ, 軒先に, 軒近い, 辺りに, 近くに, 近くには, 近くを, 造営に, 運動のみにて, 違ひ, 部分を, 都合でも, 都合も, 酒宴の, 長押へ, 閑な, 間に, 間食卓にかよ, 閾の, 陽あたりの, 陽気だ, 隅々へ, 隅々まで, 隅々四隅の, 隅ずみに, 隅より, 隅隅から, 隈に, 階下ゆき子の, 障子にまで, 障子へ, 障子庭などと, 隣に, 隣の, 隣室で, 離れ家の, 雨戸も, 電気も, 電気を, 電灯が, 頭は, 額の, 飾り夜の, 飾を, 騒ぎも, 騒ぎを, 鴨居に, 鴨居の, 鼓や

▼ 座敷~ (1218, 18.0%)

31 来て 23 はいって 21 上って 20 戻って, 通って 19 出て 17 入って 16 帰って, 行って, 通ると 13 通して 11 通った 10 這入って, 通されて 9 上げて, 案内した 8 戻った, 案内し 7 上がって, 呼んで, 顔を 6 はいると, 上った, 案内され, 通る 5 あが, あがって, あがると, 上ると, 入ると, 引き返して, 案内された, 案内する

4 [15件] あがった, はいった, 上がった, 上げた, 上ってから, 上つた, 出た, 帰った, 戻つて, 来た, 行った, 這入った, 通された, 通した, 連れて

3 [16件] やって, 上がる, 來て, 入つて, 呼ばれて, 席を, 廻って, 引っ返して, 御案内, 戻ると, 持って, 来ると, 結城を, 這入つた, 通った時, 飛んで

2 [66件] あげた, いった, おはいり, お上げ, かつぎ込んだ日, つれて, とおされて, とびこんで, もどった, 上が, 上がると, 上がる時候, 上り, 伴れ, 來り, 侵入し, 入った時, 入り込んで, 入れて, 入ッ, 出た時, 出ても, 参りまして, 夜中に, 姿を, 寝て, 寝る, 導かれて, 帰りましたが, 帰ろうと, 床を, 座布団を, 引返して, 忍び込んだり, 忍び込んで, 忍んで, 戻るや, 投げて, 押上げて, 招じた, 朝の, 案内される, 案内せい, 案内を, 現われたところ, 移されて, 移って, 立て, 立てて, 行く, 請じ, 近づいて, 這入ると, 通うよう, 通し, 通しましたが, 通り, 通りながら, 通りましたが, 通ること, 連れ込んだ, 遊びに, 運ばした, 運んで, 飛びこんで, 飛込んで

1 [616件 抜粋] あがつたり, あがつて, あがりこんで, あがり挨拶, あがり襷, あがるなり, あがる必要, あげたの, あげてから, あげみんな, あげられおや, あわてて, いざっては, いざり込んで, いで, いよいよ運び出す, いらッ, うつして, おいでに, おきみ, おれを, お千代, お呼びに, お島, お這入りなされ, お通し申し, お遊び, かえっても, かくれこんだ, かくれる妓, かごを, くる, ぐいぐいと, この婦人, こぼれる日, これを, ころがり込み人, さがった, さらに褥, しけ込んで, しのび込みますと, しょんぼりと, すいと, すわって, すわるか, せり上つた, そのま, その女, たずねて, だれでも, ついて, つかつかと, つれられて, でかける時刻, とおすよう, とおって, とおると, とびこんだ鳩, とび去った, なり納戸, のそ, はいったが, はいったとき, はいり栄二, はいり花桐, はいり遥か下, はいるかという, はいれなかったので, はこぶ往来, ばらばら跳, ひき戻して, ひとを, ふたりを, まいり机, まわされた, みちびかれると, もう一度移る, もどったら動悸, もどらうと, やっては, ゆくまで, ゆくみち, よけいに, よばれたの, よばれて, よび込んで, よんで, わざと気軽, わざわざ出, チョット行きます, ドッサリと, バラバラと, ブチまけ, 一旦戻っ, 一足入れ, 三五兵衛は, 三吉を, 上がりこみました, 上がり二人, 上がり込んじゃ, 上がり込んで, 上がろうとは, 上げまして, 上げようとして, 上げよとの, 上げると, 上げ郡奉行, 上った叔父, 上った姿, 上った白雲, 上っても, 上つ, 上つたら, 上つた時, 上つて了つた, 上らずに, 上らせた, 上らせ酒, 上らんと, 上りは, 上りました, 上り図々しく, 上り誰, 上り込んだ, 上るなり, 上るよう, 上る者, 上る鷄, 上ろうと, 上んと, 下りて, 不自由な, 乱入し, 予を, 二列ならびに, 二尺余りも, 今宵は, 今日は, 以前お雪ちゃんも, 伴い入れたわたくし, 伴って, 伺候しました, 住んで, 例の, 侵入した, 俺の, 俺を, 入ったに, 入ったも, 入った姿, 入っても, 入りこむと, 入りこんで, 入りしが, 入りぬ, 入り切れない位人, 入り見れば, 入り込むの, 入る早々, 入れたまんま雨戸, 入れない, 入れられた, 入れること, 入ろうとして, 内証で, 出, 出さすもの, 出された, 出しては, 出たこと, 出たとき, 出たはじめ, 出た彼, 出てが, 出で, 出ぬ時, 出まして, 出ます芸者, 出ると, 出るや, 出る女中, 出る時, 出る筈, 出今日皆, 到れば, 北から, 去った, 去り七十郎, 参り, 参りましたか, 参りましたが, 参りませうお, 参るは, 取って返した, 取って返す, 取って返すと, 取り出し, 向って, 吹き込んで, 呼ばれたという, 呼ばれたの, 呼ばれるとか, 呼ばれ料亭, 呼び上げようと, 呼び上げられるの, 呼び入れると, 呼び出して, 呼び出すこと, 呼ぶこと, 呼んだ, 四日めからは, 坐っても, 坐つて, 塵が, 夏の, 大将を, 女と, 娘を, 寝ころぶ, 寝させて, 寝たこと, 寝るよう, 対って, 寿平次を, 導いた, 導かれた, 導きぬ, 小さい蜘蛛, 島田を, 席が, 帰ったお, 帰ったん, 帰った時, 帰ってから, 帰つ, 帰つて来た, 帰りまして, 帰ると, 帰れるだろうかと, 座ったまま神経, 座蒲團を, 廊下伝いに, 延い, 延べたま, 引きかえした, 引きかえして, 引きずり戻された, 引きずり込んだそして, 引き入れた, 引き出され四人, 引き摺り込んで, 引き返し間, 引こんでしまひ, 引つ張つて行, 引つ張り込まれ麦酒, 引入て, 引張り上げた, 引返した, 引返す途中, 彼が, 彼の, 御客様, 復った, 復って, 忍び込み客, 忍び込んだが, 怒鳴りつける, 急いで, 怪しい者, 怪我人を, 戻ったお, 戻ったが, 戻ったの, 戻ったばかりの, 戻っても, 戻つた時, 戻らねば, 戻りて, 戻りながら, 戻る度, 払塵を, 投げ入れて, 投入れ何やら, 投込ん, 折目だ, 抜ける道, 抱いて, 抱き入れました, 抱き戻して, 押しかけて, 押し上がりました, 押し掛けて, 押し込まれたの, 拂塵を, 招いて, 招じ, 招じ入れられた, 拡げて, 拾った人, 持たせて, 持ち込まれるの, 持ち込みました, 持ち込むこと, 持つて, 持込まれると, 持運び, 挨拶に, 振り返らずに, 探しに, 昏倒し, 映るの, 昨晩泊った, 曳摺り出します, 来ましたから, 来まして, 来るには, 来るの, 案内しろ, 構え込ん, 歸つて机の, 歸られける, 歸り, 氣を, 水も, 泊った和尚様, 泊ってな, 無法にも, 無理に, 燕の, 父の, 特に優遇, 現れました, 現われるの, 現われるよう, 琴を, 直るや, 相詰, 着座を, 私たちを通して, 稲垣を, 突き出された時, 立つた, 立戻り何氣なき, 箪笥や, 籠りきり, 続く, 続くらしい障子扉, 置いたまま, 置き放しに, 置く習慣, 罷出, 聞えかねますから, 腰を, 自分で, 至れば, 舞い戻って, 茸が, 荷物を, 落したり, 落着く, 行かせられたこと, 行かなかったの, 行きますべ, 行き使い, 行くと, 行くまでには, 行く辛, 行こうとて, 行った素子, 行っとるんだい, 行つ, 行つて, 行つて一通りの, 行つて見る, 行つて青木さんの, 行八重咲さん, 訪ねて, 誘つたのです, 買って, 走つた, 走りこんで, 走り込んだ, 赴き碁盤, 足を, 踏みこむわけ, 踏み込みも, 踏み込んで, 踏ん込め, 転がり出したり, 転がり込んだ, 転げ込んで, 迎えると, 迎え入れると, 近ごろいれた, 近寄って, 迷いこんで, 追いあげて, 退って, 逃げて, 逃げ込みました, 逃出した, 這い上って, 這い上るの, 這上って, 這入ったが, 這入ったなり, 這入った時, 這入るが, 通うところ, 通う細廊下, 通させて, 通させ仕事場, 通されたが, 通されたの, 通された良材, 通されてから, 通されるが, 通されるし, 通されると, 通されるの, 通され腐ったよう, 通され薄茶, 通さんかと, 通したりなんか, 通しぬ扨忠兵衞, 通しましょう, 通し何, 通し外, 通し女房, 通し置きました, 通し茶煙草盆, 通じる廊下, 通すより, 通ずる濡縁, 通ったが, 通ったけれども, 通ったところ, 通ったら紫檀, 通った私, 通ってから, 通っての, 通っても, 通つた時に, 通つてうなぎの, 通つてから, 通つてしばらく, 通つて坐つた, 通つて見る, 通ふ, 通りける, 通りました, 通るもの, 通る間, 通れば, 通ろうと, 連れこんだの, 連れよう, 連れられて, 連れ行, 連れ込んだの, 連込んで, 進まなければ, 進み出た, 進入する, 運ばれた同宿, 運びこみパチパチパチ, 運び入れられて, 運び出した時, 運ぶの, 運べ, 運んだ, 還って, 降りた, 降りて, 降りると, 降りれば, 陣取って, 隠して, 集った, 集って, 集まって, 集めて, 集れ酒, 響き渡った時, 頤を, 顔出しを, 飛び上, 飛び上がり階段, 飛び上って, 飛び込むと, 飛石伝いで, 飛石伝いに, 飛込みかねない物凄い, 飲みに, 駆けつけて, 駆けつけると, 駆けて, 駈けあが, 駈けこむ, 駈けこんだお

▼ 座敷~ (1083, 16.0%)

16 坐って, 寝て 9 出て, 通ると 8 なって, 入って, 入つて, 戻って 7 案内した 6 帰って, 通されて, 通った 5 いて, いるの, 上る, 坐つて, 床を, 来て, 置いて, 通して

4 [11件] あがって, して, なつて, 上った, 上って, 倒れて, 入ると, 招ばれ, 据えて, 通って, 集めて

3 [15件] いると, すわって, 並べて, 坐り込んで, 寝ころんで, 戻る, 招じた, 於て, 案内し, 調和する, 通された, 通した, 通りぬ, 閉じ籠って, 陣取って

2 [57件] あが, あがった, あげて, いても, しみとおって, つれて, はいった, ぼんやりし, 上り込んで, 上ると, 並べられて, 住まわせて, 住んで, 何をか, 入った, 入りて, 向ひ, 呼ばれて, 女の, 寐て, 寢て, 導かれた, 居た秋子, 居て, 席を, 座って, 戻った, 持ち込んで, 持って, 敷いて, 敷かれて, 机を, 来た, 枕を, 残って, 水の, 泊まって, 満ちて, 相違ない, 私は, 繰込んだ時, 行って, 行つた, 話して, 転が, 這入って, 通された時, 通されると, 通すと, 通つた, 運んで, 集つてゐた, 集まって, 電燈が, 顔を, 飛きり贅沢な, 駈け込んだ

1 [733件 抜粋] あがりこみちや, あがりこんで, あがり唐紙, あがり込んで, あげた, あたるところ, あった古い, あった小机, あてられた八畳, あらわれた, あると, あるは, ある什器, ある俳句, いたこと, いたじゃ, いたその, いたという, いたらきっと, いた外, いた客, いた庸三, いた間じゅう, いっしょに, いって, いなければ, いますから, いるお, いるか, いること, いるはず, いる一女性, いる伯母, いる半蔵, いる広助, いる母親, いる法学士, いる私, いる間, うつされた, うめき声が, おいでた神戸, おかみさんが, おかれた, おげん, おさまる比丘尼婆, おしんの, およそ十四五人, おりますると, お民, お獅子様, お膳, お若い, かえって来た, かえって血, かかってた懸物, かぎったもの, からだを, きょう来, ぎごちな, こしらえて, この家, こもって, ごたごたと, しかれた蒲団, したよう, しようと, しろどうも, すえた鏡台, すえて, すわったまま, すわらせられると, すわり他, その人, その窓, たった二人, たまって, ちょこなんとすわっ, ちょっとした椅子場, つっ立って, つっ立っては, とおされた, とおすべきだし, とびこみますと, どんな偉, なってるの, なり二カ所, ねせて, はいり中腰, はいり難く, ひっくりかえって, ひっそりと, ひらけた, ぴたりと, ほの, ぼつねんと, まだ誰, まるく座, みのるは, もう二十人以上, もどった大鳥氏, もどりますと, やって来て, やって来るところ, ゆきか, よく似, よもやまの, わやわやと, ゐたま, ゐるの, ゐるもの, ズラリと, ペシャンコな, 一人つくねんと, 一人の, 一勢に, 一寸看板, 一方の, 一族信徒が, 三畳ほどの, 上がりいろいろ, 上がると, 上げたならば, 上っては, 上つて汁粉の, 上つて饗應を, 上り, 上りこむ, 上り机の, 上り燭台, 上り込もうと, 上るより, 上下三人づれのお武家が, 上段を, 上等の, 並んで, 並んでるいろいろ, 中村氏の, 丸くなっ, 予を, 二三人の, 二人の, 二人一組別に, 互いの, 五人ばかりの, 人のけ, 人形の, 今宵の, 仕立てもの, 付ききり, 伊太郎が, 伏せって, 休んで, 住む九里氏, 何を, 余るよう, 使うこと, 俯向い, 先刻から, 入つて來, 入りたるが, 入りたる彼, 入りました, 入り先友次郎, 入り来るや, 入り込むこと, 入るとき片手, 入ろうと, 六人が, 六畳の, 処狭き, 出てる獅噛火鉢, 出で, 出ると, 出るところ, 出入し, 列席すれ, 到り互に, 剣の, 化物が, 及んで, 取って返して, 取り残された二人, 取り残されて, 取並べ媒妁, 取付けられた白い, 只一人である, 吊った一つ蚊帳, 向って, 君は, 呼ばれたとしても, 呼ばれる芸者, 呼んで, 唯一人, 在て, 在るに, 坐った, 坐らせ障子, 坐り, 坐りながら, 坐り煙管, 垂す, 塊まっ, 夏の, 夜具を, 大勢の, 大勢来, 夫婦は, 女房たちが, 女王たちは, 妻が, 姉や, 安置し, 客と, 宮は, 寛いだ, 寝かされて, 寝かして, 寝たが, 寝たには, 寝た笹村, 寝に, 寝泊りし, 寢た, 寢る, 対して, 専用の, 導いた, 導くと, 小机, 小次郎は, 尾上松助胡弓の, 居あわせたという, 居たお方, 居たか, 居た利三郎, 居た橋本幸三郎さん, 居って, 居なおりつつ, 居なますよ, 居ますと, 居りながら, 居りましたの, 居ります処, 居るの, 居るよう, 居る時順一, 居れば, 屍体と, 屏風などで, 島台を, 巣を, 帰った小泉氏, 帰ると, 帰るなり, 幾日も, 広々と, 床の間を, 床ば, 座つてゐる, 座つて鷄の, 座蒲團を, 康子は, 延べられた蒲団, 建てたところ, 引きかえしました, 引き返した小夜子, 引っぱり上げられて, 引取った, 引越して, 張り廻らした, 往っ, 御新造の, 御案内, 御馳走を, 心を, 忠相と, 悠々と, 戸田何某と, 戻ると, 戻れば, 手入れを, 打ちつどうての, 押入れと, 担ぎ込んで, 招じ入れ, 招じ入れた, 持ち帰った, 持ち込まれた行李, 持仏を, 持出して, 持運んで, 据えられただけ, 据ゑてある曲, 据ゑる物で, 接待の, 控へ, 撒いたり, 攻勢を, 故なく, 散らかつ, 敷かせ自分, 旗一兵て, 是も, 時を, 普通の, 最も接近, 朝から, 来なかったわたし, 来り今, 来り手, 来ると, 板つきで, 案内される, 案内せられる, 椿などは, 横たえて, 横たわって, 欄干を, 残して, 残ったまま, 水が, 水まきした, 泊ったん, 泊つた筈な, 泊まり合わせて, 法の, 流れ込む頃, 混沌詩社の, 添える心づかい, 満ちた, 源三郎の, 澤山竝んで, 火が, 火鉢を, 灯が, 灯火が, 炬燵を, 点され火鉢, 点り肴, 点る, 燈火が, 燕の, 燭台を, 父が, 片隅の, 独り机に, 珍客を, 現はれる, 現われた時, 現われました, 瓦斯ストーブを, 生活せしめ, 用いたもの, 男が, 画仙紙を, 病を, 白鷺かと, 直ったとき, 相宿に, 着る雛鶯欲, 石油暖炉を, 祠り, 移つた, 移坐させて, 積まれて, 穏当らしく, 突き出した, 突っ立ち, 窮屈な居ず, 立ち入る資格, 立ったまま何, 立て, 立てこもった野々宮さん, 立てて, 立派な, 立籠つて余り, 端坐し, 端座し, 籠ったまま滅多, 粗末な, 経机を, 続き庭, 続く芝生, 置かれても, 置き去りに, 胡座を, 胡瓜と, 膳を, 臥させ自分, 臨時の, 自炊し, 舁き入れたり, 艶や, 芸者の, 芸者を, 若君の, 荷物を, 菊池さんに, 落付く, 落着い, 蒲団を, 蓄音機が, 薬の, 蘭子と, 蚊帳を, 蝿よけに, 行く, 行くには, 行っても, 行つ, 衣裳の, 見えたの, 見慣れぬ一人, 話し込んで, 話すこと, 請じ, 請じあげる, 請じ参らする, 請ぜ, 負けぬ黄金, 貰はれ, 走って, 走りこんで, 起臥し居る, 足さえ, 踏み込むより, 身を, 身體を, 転がり出した, 転がり込んで, 迎えた, 迎え入れた, 近い洗面所, 返れば, 逃げ込みそれから, 逆さ屏風を, 這入った時, 這入つて, 這入る, 這込む, 通されぬ, 通され何, 通したこと, 通す特待券, 通ずる茶の間, 通ったもの, 通った彼ら, 通つても, 通つて行つた, 通りは, 通り一同に, 通り長火鉢の, 通り食べる物, 通るあがりかまち, 通るなり, 通るは, 連れ来り, 連日孤座し, 運ばれた, 運ばれた初江, 邦之助は, 酒宴が, 野良猫が, 金屏風が, 金屏風を, 釣って, 鉄瓶の, 鎧櫃が, 長崎屋の, 閉じこめて, 閉じこもって, 関したもの, 闖入し, 降りて, 院は, 陣取つて仕事, 隠れて, 集って, 集つた, 集つて, 集つてそこへ, 集まった親戚, 集まりまして, 雨戸は, 電燈の, 電蓄を, 面した庭, 面して, 飛び上り, 飛び込んで, 飲つづけ, 飲んで, 飾つて置いた, 飾られるとつとき, 飾り壇, 馳けて, 駈けつけ, 駈けつけて, 髯の

▼ 座敷~ (479, 7.1%)

22 借りて 19 出て 11 出た 8 貸して 5 見て 4 勤めて, 覗いて 3 変えて, 抜けて, 指して, 掃いて, 掃除し

2 [21件] かりて, とって, のぞいて, のぞきに, 一つ通り越し, 三間ほど, 借りること, 取って, 持って, 掃いたり, 掃除させ, 横切って, 片着け, 自分の, 見る, 見ると, 見回した, 覗くと, 通って, 通り抜けて, 隅から

1 [349件] あらためて見よう, あるじの, いとしがられし, うしろに, うろうろと, うろついて, おとなうもの, おとんなすつた方, お民, かえて, かえ階下, かけめぐって, かたづけに, かねる点, かまって, きょろきょろと, きれいに, ここへ, こしらえたり, こしらえ広間, ことはり候て, さして廊下, じっと見ました, すこし遠ざかる, すてた人々, すべり出しました, せい, そっくりそのまま持ち込まれた, そっと出, そのままに, たしかにおれ, たずねても, ちょいと, ちょっと拝見, ちよつと, ちらりと見, つッ, とおるたび, とりか, とり外して, ながめて, ぬけて, ぬけると, のそのそし, のぞいた, のぞいては, のぞき, のぞき回って, のぞくと, はいまわり馬, はずして, ほかほかと, まぎれ出て, もつ, もらって, よぎる留南奇, わが物顔に, グルリと, ゴロゴロ転がり, デイ寝室を, ブチ毀し, 一つの, 一つ二つサアビスし, 一つ借り切っ, 一つ開け, 一夏借り, 一巡し, 一廻り二廻り走り廻った, 一目見たい, 一足でる, 一通り掃除する, 一間壁際を, 一間貸切厚く, 三べ, 下から, 下手な, 与えて, 並べ鍵, 中座し, 二た, 二つも, 二三度流れた, 二間も, 二階へ, 五間通りぬけなけれ, 人に, 仕舞って, 付けて, 代えて, 仮に自身, 仮りの, 休ませて, 休んだ, 何気なく覗く, 作らうと, 使おう, 借らんと, 借りたの, 借りに, 借りました, 借り切って, 借切つて, 借受ける事, 兄の, 入れて, 出かかった時, 出かかるところ, 出かけました, 出かけると, 出しなに, 出ずに, 出たかと, 出たの, 出たまでは, 出たり, 出たりは, 出づる, 出なかつた, 出ながら, 出に, 出ようと, 出る, 出るその, 出ると, 出るの, 出れば, 出入した, 動かねえん, 勝手に, 勤た, 勤めさして, 勤めただけ, 勤める, 勤めるか, 勤めるの, 占められても, 占め申し候, 占領し, 占領した, 占領する, 去ってから, 取りかたづけると, 取り払, 取り替えたあと, 取り片付けるので, 取散か, 取散しあれば, 取替えて, 受け持って, 受持ちの, 右左に, 同うし, 含んで, 吹抜けて, 営むより, 四間ともに, 塞いだ, 境し, 増築しよう, 変えましょうだが, 外づしてゐたすきに夢中で, 大きな揚羽蝶, 大急ぎで, 奇麗に, 妹娘の, 寝室として, 小走りに, 幾間と, 建てましたか, 廻り歩い, 式場に, 引きあげて, 引きずり出して, 引きずり出しました, 引き払うと, 引包んだ, 心の, 志した, 怖る, 思い出しあそこ, 思い出した, 思うと, 思わせる, 思出し, 急ごしらえの, 悦んで, 我が居室, 手索り, 打ちぬいて, 打つこ拔, 打抜いて, 投げやりに, 抜けた夫人, 指さし, 振り返つて, 掃きながら, 掃き出した, 掃き出した後, 掃き清めお茶, 掃く, 掃くと, 掃く音, 掃除した, 掃除する, 控へて, 提供した, 改めしに, 改めてもらいます, 改めて青年, 改めること, 斜に, 斜めに, 断りて, 断わって, 斷つて來て, 明かるく, 明けて, 明けなかったか, 明けろとか, 普請した, 普請する, 暖に, 暗がりで, 暗がりに, 替えて, 最後の, 木屑だらけに, 構われた位, 横ぎって裏庭に, 横切つて庭, 横断し, 横歩きに, 次から, 歩いて, 歩き出したが, 歩き廻った, 歩くたって, 歩み過し椽側, 毎年定, 気に, 汚したから, 汚しても, 洋風に, 洞窟の, 洩れる電燈, 浚って, 消えると, 清め床の間, 為して, 為て, 無理に, 照らして, 父宮の, 片付けて, 片付けてから, 片附け, 画室として, 番頭の, 異様なり, 白眼み, 目ざしました, 直すやら, 真暗に, 移したかも, 空けて, 窃と, 窺うと, 窺ふ, 窺へば, 窺知れる, 筒抜ける, 約束し, 締める力, 聯想させる, 脱け, 舞台に, 蚊帳越しに, 衝と, 表に, 襲うた, 見おろしながら, 見せその, 見せて, 見た, 見たこと, 見つけたから, 見るが, 見るやう, 見入ったが, 見回して, 見回すと, 見廻すと, 見渡すに, 見物し, 見込んだの, 覗いた, 覗いたこと, 覗いたりなんか, 覗いた女中, 覗いた娘さん, 覗いちゃ, 覗き, 覗き庭, 覗き込みながら, 覗く同行たち, 覗く機会, 覗ふ, 訪れる機会, 調べたらあの, 貰った後, 賑やかに, 走りまわった, 走り出た, 辷り出して, 退り出た, 退却した, 逃げ出した宿, 逃げ出しました, 這って, 通つて一段高い, 通つて書斎へ, 通らないでは, 通らなければ, 通り抜くれば, 造り此中, 連れ出して, 選ばず名物, 重ね欄干, 閉め切ったまま, 閉め込んで, 開けて, 開け渡して, 間借りし, 間違えました, 附添の, 降りて, 除いた全部, 隔て, 隔てたお, 隔てて, 隣室から, 離れかねて, 離れたの, 頼んで, 飛び出して, 飾って, 駈けぬけて, 駈け抜けて, 駈出して

▼ 座敷~ (452, 6.7%)

4 父と 3 あつた, 私は, 話した, 酒を, 酒宴を

2 [19件] のたうちまわって, ジイドの, 中風で, 俄かに, 半日ばかり, 卓を, 女の, 庭を, 或る, 手を, 最後の, 燭台の, 碁を, 見れば, 話して, 話を, 遇つたのは, 遊んで, 障子の

1 [395件] あたかも無礼講, あっさりと, あつたの, あつたらしい, あらうか, いつもつかわない, いつもの, いろいろと, いろいろな, いろいろ話した, うしろの, うたた寝し, うんと食った, おきみ, おそくまで, おとら, おみやの声, おりう, お千世, お喋舌, お妾, お安く, お待ち申しあげ, お染, お眼, お蘭, お辻, かいま見たの, きいた朝倉先生, きょうの, ぎょろッ, くしゃみを, けたたましい叫び声, ことばの, このこと, この遊び, これ亦, ごろ, ごろりと横, ご飯を, しばらくお, しめやかに, すすめられた酒, する碁将棋, する通り, せう, せっせと一刻, そこだけ, そこに, その構え, その祈祷, そりゃ赤城, それを, どんな清潔, なしどういう, なにかどっと笑う, なまめかしい声, ならまだしも, にわかに足拍子, はなはだ泰平, ひそ, ひそひそ話を, ひっそりと, ひとりで, ひらかれたり, ひろ子さだ子初江林田私が, ふいっと, ぽんぽん煙草, またもや義太夫, また談話, また酒, みやげ物を, みんなお, むつ, もうかなり酔っ, もう一人二人, もござりますならお, よ, わっと, イヤアと, シャツに, チビチビ飲ん, テイブルに, ヘイツクばつて, ベチャクチャ喋っ, ベルの, レコードの, 一人で, 一人書見に, 一口遣っ, 一所に, 一緒に, 丈助に, 三人の, 上段は, 中庭を, 主人と, 主人の, 争闘が, 二人ぎりの, 二人は, 二人ばかりの, 二人を, 二人水入らずに, 二十三夜の, 二時間ばかり, 二月の, 二階に, 云えば, 互に別れ, 五指と, 人が, 人の, 今は, 今まで, 今も, 介抱し, 仕事を, 仲居を, 伊太郎は, 伊賀の, 休息する, 会うたの, 会見を, 何か, 何を, 兄弟が, 先づ汗を, 先代の, 先生は, 写生を, 冬季の, 別の, 前後十日間まことに, 勉強し, 勉強ばっかり, 動いて, 南側は, 博奕してる, 博奕打ってる, 厳重な, 双六や, 叔父の, 取交して, 口惜がる, 古稀の, 同じ蚊帳, 同座する, 向うの, 向かい合った時, 向って, 向つて左手, 呑んで, 呑んでを, 周蔵の, 呼ばせるの, 呼び立てる声, 呼ぶの, 呼ぶ声, 唄う唄い方, 噂を, 噴火湾で, 四五人の, 堀江の, 増田と, 夕飯の, 夕餉の, 外出の, 多四郎は, 夜の, 夜遲くまで, 大いびき, 大きな笑, 大勢の, 大目付の, 大騷ぎをやつてゐた, 女中を, 妙な, 姉は, 始めて, 始終菱川, 威かし半分, 婆や, 子供たちは, 客も, 寝そべったり, 寝て, 寝てると, 寝ること, 寝転びながら, 寝転んで, 寢てる, 対局, 将棋を, 小さい急須, 小糸相手に, 少時顏を, 屏風の, 山木の, 山祝いの, 岸本を, 帰った挨拶, 帰来を, 幽寂閑雅な, 幾つかの, 床には, 床の間が, 床の間には, 庭の, 延胤が, 弁当を, 形ばかりの, 彼は, 待たせて, 待って, 待つ, 後は, 後口も, 心中した, 快く饗応, 悲しくなっ, 憚らない, 手にとって, 手盛の, 披露した, 拝もうとは, 斜に, 新しい自分, 新左衛門の, 方々から, 日曜学校で, 日課を, 明石が, 春次と, 昨夜も, 昼寝を, 昼食を, 時々大勢, 時折樂しい, 暗から不意, 暫く待つ, 暮すうち, 暴れ廻る客, 書いて, 書見を, 書類と, 月に, 朝から, 朝来の, 机に, 東の, 枕にまで, 椅子や, 楼主と, 楽に, 樺色の, 此の世を, 死にたいと, 死んで, 母の, 汗を, 江戸の, 洋服を, 洗って, 洩れ承われば, 浅井と, 海苔の, 清元の, 済ませた良人, 潰れたもの, 火鉢を, 熊吉は, 熱臭い, 父の, 琴が, 琴を, 琵琶の, 生れたの, 生を, 用いても, 甲冑を, 甲斐と, 男女打交り, 番頭新造が, 百足を, 盃の, 盛んに, 目立たない遊興, 真を, 真昼に, 眠っても, 眠りに, 眩しく電燈, 碁石の, 神尾主膳は, 私が, 私と, 私のと, 積木を, 窓一つに, 立ち騒ぐよう, 竹調べが, 笑いながら, 箱入, 簾の, 糸の, 紫檀の, 絨氈を, 緋の, 締め殺されたとき, 編物を, 縫物を, 美婦と, 美津江は, 羽子を, 老人と, 老住職, 考えた, 考えたこと, 聞いた一節切, 聞いて, 聞きまして, 聞くと, 背中の, 胴間声で, 胸が, 腕組を, 若々しい女, 茶を, 茶漬を, 莨を, 菊龍の, 華やかな, 葉子は, 行燈の, 衣物が, 袖が, 襖越しに, 見たいん, 見たが, 見つけたあの, 見て, 見ての, 見合など, 覗いて, 話し声が, 話し込んで, 語つて居た, 誰か, 誰かと, 赤児の, 踊るん, 身を, 退屈まぎれ, 逢えぬ懐中, 逢ったこと, 逢ひ馴れ, 逢ふ, 遅め, 道中雙六を, 酔った帰り, 金勘定を, 針仕事を, 針箱の, 銀五郎や, 鍋の, 長い床, 長女が, 開かれたが, 開かれた酒宴, 隈に, 隣合った阿波侍, 雉子の, 雪代が, 青野が, 静かに, 静な, 静に, 面白そう, 頻りに三味, 顔を, 食事を, 食事後休ん, 飲み明かして, 飲んだこと, 飲んで, 飼うほう, 餅菓子の, 養生いたし, 騒いで, 鬼部屋に, 鴈治郎延若福助と, 黒塗り朱塗り堆朱彫, 鼈四郎は, 鼠が

▼ 座敷~ (237, 3.5%)

3 いまだに客, 海に

2 [11件] どこだ, ひっそりと, まだ掃除, 二階で, 坐板, 急に, 畳が, 私の, 障子が, 障子を, 風雨で

1 [209件] あいて, あがきが, あけた, あとから, あまり開けひろげ過ぎ, ありませんし, あるので, あるまいか, いつもより, いつも下, いつも賑やか, いよいよ沈ん, いわば探題専用, お互いの, お嫌い, かえってお, かなり広い, きたなくつて, きれいに, こ, ここかい, ここだけで, この夜, これだけかね, ございます, さしあたり郵便事務, さながら手毬, さように, しばしば一癖, しばしば禁止, しんと静まり返りました, すぐに, すっかり日本間, すっかり渋紙, すなわち書斎, すなわち見えぬ, そのままに, その右側, その日家来, その間に, それで, それでも床, たった一人, ちぐはぐな, ときどき天井, どうする, どこへ, どれも, ないと, ないもの, なんだか不用心, にわかににぎやか, ねえお, ひつそりと, ひつそりとして, ぴたりと, ほとんどいっぱい, ほとんど角屋, またもと, まだがらん, まるで滅茶苦茶, みな宵の, もちろん筵敷, ようやく外, ガラス戸が, ドンドン断わっ, 一つもござりませぬ, 一層にぎやか, 一層陰気, 一杯で, 一種の, 一面の, 三人が, 三度情死の, 三階だった, 上も, 両側とも, 乞食で, 二十何畳という, 二日に, 二階かい, 二階と, 二階の, 京ご, 今朝の, 今雪, 例の, 俄かに, 俄に, 八畳よりも, 六帖ばかり, 六畳で, 六畳敷の, 六畳敷煤けた, 其方此方人声し, 再び旧, 出しても, 別に, 別に畳, 前にも, 割に陽気, 十畳と, 十畳の, 南向きで, 南向きの, 南向で, 却て, 向うだ, 周囲の, 周蔵の, 善く言え, 圓山川の, 夏でも, 多し程, 多数の, 大丈夫だろう, 大抵彼, 奥座敷と, 女房で, 好色陣と, 妙に, 妾の, 安置された, 客間としてだけ, 家族の, 少しの, 山伏の, 崩れるばかり, 川に, 差支へ, 己が, 己の, 広島風の, 底の, 庭から, 廣し, 引汐の, 彼女の, 御同様借家, 忙しい方, 悪くない, 拵えます通庭, 掃除が, 明いてるも, 昨夜と, 是非かし, 暑くて, 暖かだ, 暗かつ, 書院造りの, 最初から, 月に, 月の, 月夜の, 本堂の, 東向きで, 東向で, 極めて殺風景, 横浜に, 武士体の, 殊に寒かっ, 残らず丸官, 殘らず, 殿方ばかりにて, 母堂の, 母屋の, 気が, 水だらけにな, 河流に, 津田の, 淋しい人, 淋しくなった, 湖に, 源八歌浦なれ, 滅多に, 無いか, 熊の, 燃えるよう, 物綺麗に, 特別の, 狭い四畳半, 番頭の, 畳の, 目には, 眇たる, 眺望も, 硝子張の, 突き止りで, 立派で, 簡素な, 絵襖な, 緊張した, 緑り, 若い妓, 茶の間も, 薄暗く貧しそう, 見えない, 見える宇宙, 踊に, 迷惑なり, 長火鉢なども, 開放する, 陰気だった, 階下座敷の, 離れの, 雨に, 静かに, 香木の, 馬車の

▼ 座敷~ (212, 3.1%)

10 あって 7 あった 5 ある 4 見える

2 [17件] あったと, あったとしても, あつて, ありその, ありまして, あるの, こしらえて, ないから, ないと, 大川へ, 明いて, 明て, 明るいので, 突き出して, 見えて, 閑静で, 陽気に

1 [152件] あってのう, あつた, ありそう, ありました, あります, ありますから, ありますけれど, あり木口, あり松, あり泉水築山, あり鶏舎, あるからと, あるが, あるまい, あるまいか, あるらしい, あるらしかった, ある客, ある客間, あんまり広, いいお, いいじゃ, いいでしょ, いい新茶, いくつも, かかっても, かなりよく見えた, きれいで, このお寺, ございます, さびしい, しみて, しんとして, すっかり見え, それである, たしかにそうじゃ, ただ一枚の, つき出て, つづいて, ない, ないあっ, ないため, ないの, なくば, はつきりと, ぱっとしなかった, ひっそりし, へりに, へりらしい微, まる見え, みなふさがっ, よかろう, よくは, テレて, 一杯に, 三つ接待中の間上段の, 並んで, 二つある, 二人を, 二間この, 二間ばかり, 二間二階一室で, 二階と, 五つばかり, 作って, 作られたその, 八つと, 八畳という, 八畳女中部屋が, 六畳書斎が, 内部の, 出て, 出来たにと, 出来てるので, 出来上った, 別棟に, 勤まるよ, 取り乱して, 右左に, 四畳半間には, 埃だらけの, 塞がって, 多かった, 大変お気に入り今日七日は, 姫君の, 娘たちに, 少し震える, 幾つも, 幾間も, 広いから, 座敷だけ, 座敷に, 庭園の, 引けてから, 影だ, 御息所の, 応接間であった, 急に, 所々に, 手広でござる, 掃除され, 揺れる障子, 教室で, 明いたら入れて, 暗くなっ, 暗くなった, 書斎兼客間に, 書物で, 東南の, 森然, 極った, 母が, 泛ぶ, 流に, 浮いて, 浮かぬお, 淋しくていかん, 漏る茶の間, 濕けて, 無え古風, 狭いから, 狭いよう, 玄関の, 真暗に, 眼に, 碁会所にな, 私の, 私を, 立って, 簾越しに, 約束済との, 素義会の, 綺麗だ, 綺麗に, 美しく掃き, 裏に, 要るん, 見えそこ, 見えるの, 見下せた, 豐田の, 賑やかで, 遽に, 開放し, 閑に, 陰気に, 随分異様, 離れか, 青楓氏の, 頻繁に, 風は, 騒がしくなった

▼ 座敷から~ (192, 2.8%)

11 出て 6 庭へ 3 帰って, 母屋の, 聞えた

2 [12件] ピンポン台の, 出ようとして, 奥の, 女中部屋まで, 姿を, 廊下へ, 新聞を, 時々出, 眺めて, 紛失した, 縁側へ, 脇差を

1 [142件] いくらも, おもて, おれの, お岸, お祖父さんと, この椿, さしてる電燈, さす灯, さも楽し, すぐそば, すぐに, すぐ前, すぐ瓦屋根, そちらの, その姿, その様子, それを, ちょッと, つッ, で, でて, ながめて, にげだした, はじめると, はみ出して, ひさ, また別, むなしく引き返し, もう客, エノケンの, マリマリ嬢を, 一と, 一歩も, 三味線と, 三味線の, 下りる石, 不意に, 二階三階を, 人物まで, 今日も, 伴れだし, 俄に, 僕は, 先は, 六間の, 其次を, 出して, 出た, 北の方へ, 半身を, 厠を, 古い庭, 台所茶の間入り口まで, 声を, 外へ, 大方連込の, 妻君の, 射し入るよう, 居残って, 帰る途中, 年上の, 座敷へ, 庭に, 廊下から, 廊下の, 廊下や, 廻って, 彼の, 往来の, 御自身, 怒鳴りかえした, 急に, 持って, 昼間買った, 昼間買つた百合の, 木の, 木の間隠れに, 来た途中, 柳の, 歌声が, 歸つて來る, 毎日の, 洩れて, 洩れる灯, 洩れる灯影, 流れが, 清助に, 湖の, 滑り出さうと, 燭臺一つまで, 父が, 玄関へと, 玄関を, 直ぐ玄関, 直ぐ玄關, 直ぐ隣, 眞青な, 眺めの, 硯箱と, 空を, 笛の, 約一〇メートル位以上, 絃歌の, 締めだされる, 縁越に, 美禰子の, 老人は, 聞えたその, 聞え来る三味線, 聞こえて, 聴いて, 自然に, 茶の間の, 茶の間へ, 茶を, 葉越さんが, 表側の, 裏の, 西の, 西側の, 見えないので, 見える, 見ると, 見るよりは, 見渡すと, 見透かさるる恐れ, 谷一つ隔て, 谷底の, 起って, 起る噪音, 追出すん, 逃出しました, 酔って, 酔払いが, 門口の, 隅田川の, 顔を, 風呂場から, 風呂場に, 高い話し声, 黒子の, 鼓の

▼ 座敷には~ (172, 2.5%)

9 いって 3 お店者五六人寄集まりて, 燭台が, 誰も 2 それでも菰包み, もうランプ, もう暮方, 二階から, 人の, 偉いお婆さん, 床の間ちがい棚は, 梅子が, 病人が, 赤い五羽鶴

1 [134件] あの十人, あるじの, いく張りかの, いつた, いつも初夏, いること, いるなり, うわさに, お妻, お由利, お絹, きちょうめんな, こうしてその当の, こないだの, この家, さらに妖臭, しばらく前, すでに家臣, そこに, だれも, ところどころに, はいらないよう, はや燭台, ひとりで, ぼんやりした, まだあと, もう大分, もう謙蔵, わざわざたずね, テープ, 一杯の, 一閑張の, 七八人身内の, 七兵衛ひとりです, 三四人の, 両親と, 主人の, 久助さん, 乱舞の, 二列に, 人声が, 例の, 兄夫婦が, 先の, 先刻とは, 光悦が, 円座が, 別に変つた事, 台ランプが, 同じ部屋, 四人連れの, 囲炉裏も, 大きなぶあつい, 大納言の, 天井が, 奥さんの, 安井捜査一課長を, 客が, 宮の, 家の, 富士山の, 寝台椅子卓子を, 居続けの, 屏風を, 島木さん平福さん藤沢さん高田さん, 市之助が, 布団が, 帯や, 庵主玄鶯院が, 弥太郎六畳には, 忠左衛門と, 招待した, 控えの, 敷物と, 新たに, 昨夜の, 暗い灯, 最初から, 朱の, 杉谷先生が, 桐壺の, 桑野が, 次郎左衛門が, 殊に暗示, 母より, 泰助が, 浅井君が, 渡らされませぬか, 滅茶滅茶な, 瀬戸の, 火鉢あり, 灯が, 無くて, 煌々と, 熊の, 狐格子の, 番頭達に, 瞽女の, 祝い主達の, 秘蔵の, 種々な, 窘める遊佐, 立派な, 箪笥も, 綺麗な, 美しい妓, 老隠居, 若い女, 茶湯台も, 茶湯臺も, 茶菓酒肴を, 茶道の, 草履が, 蒲団が, 蓬莱が, 薄暗い上, 藤尾の, 蚊は, 蜜柑の, 袋戸棚床の間づき, 話手と, 誰が, 足跡らしい, 足踏み轟かし, 近所の, 達雄夫婦二人ぎりと, 酒の, 酒井邸の, 銀屏が, 障子が, 隣家の, 食堂と, 駕籠舁の, 魚釣りに

▼ 座敷~ (80, 1.2%)

3 ある, 同じ事 2 台所も, 寂寞し, 庭も

1 [68件] あいて, ありそう, あり先達中, あり酒肴, あると, あるよう, お互に, きたないため, ございますのよ, その時, それから昨日おいで, とかく選挙関係, ないと, ないのに, ねえもん, ひっそりし, ほとんど同時に寝鎮まった, まだ塗立て, まだ寂寞, みんな一ぱいな, みんな蚕室に, ゆらぐよう, 七間あっ, 万遍の, 人で, 俄かに, 受けて, 垣根も, 大した相違, 好く出来, 実は熊谷, 小さい次の間つき, 常よりは, 幾つか, 幾間も, 広い, 床の間の, 庭園も, 廣く, 引け床, 引て, 息苦しいよう, 暇を, 暑苦しいからと, 歩かれへん, 満員で, 無くなって, 琴の, 甚だ静, 畳が, 畳を, 相当立派, 真の, 立派だった, 約束が, 綺麗お, 綺麗に, 総見の, 藪蚊の, 見せられたし, 覗きに, 賄も, 趣は, 辛じ, 選び渋い, 障子が, 雨戸が, 額張りから

▼ 座敷では~ (78, 1.2%)

2 二人の, 義太夫の, 船頭や

1 [72件] あったけれども, あるが, あるけれども, いったん出かけ, いろいろの, おしんの, お婆さんの, お菊, じゃかじゃかじゃん, ないの, まだ燈火, まだ起きさっせん, まだ酒, もう, よくひそ, 一々お, 一同しばらく, 三人顔を, 三味線の, 三味線を, 主人が, 主人と, 人が, 人顔の, 今は, 今や大乱痴気, 今宵も, 今清澄の, 佐野が, 何か, 冬次郎が, 勘平が, 十二時過ぎ, 四人が, 四女の, 堂々たる時平, 大巻運平老が, 女たちの, 妹が, 姫君たちが, 安芸が, 客の, 小女が, 小春を, 山家風な, 年始の, 床上が, 当時俳諧の, 彼女も, 忽ち形勢, 意地汚く食べ物, 拳を, 明朝塩尻までの, 時々銚子, 死ぬよう, 母が, 母と, 沖田総司と, 法眼の, 洋服の, 番頭と, 相談が, 祖父母だ, 翌朝の, 蝋燭だの, 袂へ, 造酒が, 逢うこと, 逸見多四郎義利が, 酒肴の, 里見十左衛門が, 鳴物や

▼ 座敷~ (63, 0.9%)

2 いっても, いふよりは, 云うの, 云っても, 云つても, 茶の間との

1 [51件] いふので, いわず床の間, えんとに, きまったこと, こちらの, しかた, しょっちゅう引越し, し外, せり, その次, その次の間, だろう, つづいて, なると, よばれる三間, 二ついずれも, 反対の, 取換えて, 台所, 台所とから, 台所の, 同じよう, 同じ向, 呼び問屋場, 呼んで, 土蔵の, 土間とから, 土間の, 定められたの, 寝間とが, 居間との, 川が, 広座敷, 座敷とに, 座敷との, 座敷の, 思われるあたり, 比べて, 洋灯と, 洋燈と, 湯殿ばかり, 称える一棟, 称して, 縁とで, 茶の間, 茶の間に, 茶の間の, 見えた, 調和する, 道場の, 障子を

▼ 座敷~ (34, 0.5%)

2 を四ツ, を見廻した

1 [30件] がゆらめいた, が今度, にその, にはこの, にぶちまけた, に故, に響き渡る, の人々, の灯り, へは出ない, へ並べ立て, をのたくっ, をのたくつて, をのっしのっし, をよろ, をウロウロ, を取り散らし, を右往左往, を唸りまわる, を威勢, を彷徨, を狂人, を睨め廻わす, を行っ, を見廻, を見廻し, を踊り, を逃げ, を這いまわった, を飛廻る

▼ 座敷~ (28, 0.4%)

3 を着 2 の遊女

1 [23件] できらびやか, で褄, とはすこし, に帯, に翁格子, の上, の品質, の女, の妓たち, の帯つき, の往来, の褄, もちらほら, もぬがず, も崩れ, をもっ, を代え, を取, を手, を背負揚, を脱ぐ, を被, を見る

▼ 座敷にも~ (25, 0.4%)

2 農具が

1 [23件] あげずに, いた, さまよ, ふつり, 一人の, 上げまいと, 他所者が, 似合わねえ安, 入って, 合う, 床の間と, 床几にも, 本が, 椽にも, 殆ど入りきらない, 泥足の, 灯が, 灯明が, 灰吹き, 私は, 見えること, 飾といつては, 飾りと

▼ 座敷へは~ (25, 0.4%)

1 [25件] あがったこと, いつも其の, せみが, ひると, ひるの, ドンナ事が, 何の, 入らず廊下, 其夜お婆さんが, 出すまい, 出て, 出ない, 出ないと, 出なかった, 婢女ばかり, 往かないだろうか, 戻らずに, 来なかった, 無論夜明け早々, 畳屋も, 聞えて, 聴え, 行かないだらうか, 通さないで, 通らないそう

▼ 座敷まで~ (21, 0.3%)

1 [21件] ことごとくこの, ずかずか上っ, コードを, 上って, 出迎, 刀を, 大な, 往ッて, 忍んで, 我慢さっせえまし, 持って, 来る気遣い, 歩くの, 百何十メートル登らなけれ, 立って, 襲来する, 追掛けて, 通つてしまつ, 連れて, 運ばせた客, 驚かすの

▼ 座敷~ (19, 0.3%)

2 よ, ッた

1 [15件] から, から私, が, がてめえ, そうで, というの, とわかる, と云っ, と少し, と思っ, と熱, な行灯, の, もの觀ちやつてからでも, 向うへ

▼ 座敷へも~ (16, 0.2%)

2 這入らないで

1 [14件] どつた時女, どつて障子, ふみ込んで, 出ないで, 午後の, 呼ばれただろうし, 呼ばれ娘, 庭へも, 廊下へも, 挨拶に, 相当の, 這入らず椽, 降りて, 馴れなれしくは

▼ 座敷~ (12, 0.2%)

1 [12件] あるいは縁側, お寺の, 家庭教師の, 廊下の, 廊下を, 愛蔵せられ, 泉石の, 縁側の, 臺所で, 茶の間や, 障子の, 高麗縁の

▼ 座敷でも~ (11, 0.2%)

1 [11件] いるだけの, ちょうど大鳥時計店, またもや義太夫, 何とも, 天井が, 廊下でも, 燈火が, 稼がせて, 茶の間でも, 起きさっせるずら, 開いてるの

▼ 座敷いっぱい~ (10, 0.1%)

1 がむせる, にくりひろげられた, になった, に敷きのべた, に荒れ狂う, に踊りはじめました, に金, に釣っ, に陣取っ, の面積

▼ 座敷との~ (10, 0.1%)

3 間の 1 中間に, 仕切と, 境に, 外には, 間に, 間も, 関係などが

▼ 座敷とは~ (10, 0.1%)

2 隔離し 1 てんで感じ, 事かわっ, 云いながら, 云ひ, 余り離れない, 廊下を, 表座敷の, 調和し

▼ 座敷へと~ (10, 0.1%)

1 かよって, つれて, ほされた, 帰って, 待遇す, 念入りに, 思つて招じる, 続いて, 請された, 運び込まれた

▼ 座敷~ (9, 0.1%)

1 そでない, 厭に, 囲炉裏端で, 奥庭で, 奧庭で, 座敷牢へでも, 御殿の, 納戸を, 茶の間かで

▼ 座敷からは~ (9, 0.1%)

1 せまい庭, 一投足の, 一目に, 三味線の, 南に, 大連が, 幹しか, 庭の, 茶碗へ

▼ 座敷にて~ (9, 0.1%)

1 ぽん, 一方に, 三味線を, 先唐紙は, 咄し, 大聲, 寝たり, 腰兵糧でも, 頻に

▼ 座敷一杯~ (9, 0.1%)

1 に仰向け, に差し込む, に延ばし, に拡がります, に散らかっ, に散らばった, に舞い込む, に舞い込ん, に転がり出した

▼ 座敷という~ (7, 0.1%)

2 のは 1 のが, のへ, のも, 座敷を, 所を

▼ 座敷より~ (7, 0.1%)

1 休息の, 声かけ, 帰つて, 望むに, 本店の, 発火し, 見えぬ所

▼ 座敷~ (7, 0.1%)

1 三畳, 出ロ, 呼ビ舞台デ, 来ル, 案内シ, 通シ始メテノ挨拶モ済ンデカライロイロ, 通リテ斎宮ヘモ逢ッタガ江戸ニテ帯刀ガ世話ニナッタコトヲ厚

▼ 座敷じゅう~ (6, 0.1%)

1 に並べ, の笑い声, へ取っ, をうろうろ, を引きずり廻し, を引きずり歩く

▼ 座敷だけ~ (6, 0.1%)

3 でなかつた 1 でなかった, では, 秋子は

▼ 座敷とも~ (6, 0.1%)

1 いえようが, つかない部屋, つかぬ細長い, 書きますが, 知らず黙って, 覚しき一間

▼ 座敷らしい~ (6, 0.1%)

1 がその, ところへ, のは, 内から, 処は, 十畳の

▼ 座敷~ (6, 0.1%)

1 です, でその, にすがっ, の箒, を取ろう, を膝

▼ 座敷~ (6, 0.1%)

1 ではありません, と考へ, と釣り合うべき, に演じた, のない, の場合

▼ 座敷である~ (5, 0.1%)

1 から万一, がそれでも, それを通して, ということ, と云う

▼ 座敷~ (5, 0.1%)

1 にも落ちる, に米袋, に近く, は云う, を窃

▼ 座敷~ (5, 0.1%)

1 と縁側用, のランプ, の雑巾, の雑巾一つ, または書卓用

▼ 座敷からも~ (4, 0.1%)

1 見えた, 見えるから, 見えるのに, 養子夫婦を

▼ 座敷だった~ (4, 0.1%)

1 が普請, が留守, とおぼしい, のである

▼ 座敷であった~ (4, 0.1%)

1 がこの, が僅か, が前, ことは

▼ 座敷での~ (4, 0.1%)

1 ことであった, ことを, 御一献, 遊興慈悲を以て

▼ 座敷なら~ (4, 0.1%)

1 ば自由, 勘だけでも, 家族も, 欄間と

▼ 座敷土蔵~ (4, 0.1%)

1 で廊下, の中, の前, へどうして

▼ 座敷それ~ (3, 0.0%)

1 が無, と反対, をお守り

▼ 座敷ちがい~ (3, 0.0%)

3 をし

▼ 座敷とを~ (3, 0.0%)

1 つないで, 略して, 見くらべながら

▼ 座敷なる~ (3, 0.0%)

1 かるた卓の, 竹の, 骨牌卓の

▼ 座敷における~ (3, 0.0%)

1 エチケットだった, 内大臣の, 静かな

▼ 座敷ばかり~ (3, 0.0%)

1 である, でなく納戸, 廻って

▼ 座敷までも~ (3, 0.0%)

1 上つて居る, 明屋めきぬ, 甘さうに通つて

▼ 座敷うち~ (2, 0.0%)

1 が急, だってこんなに

▼ 座敷からの~ (2, 0.0%)

1 帰りがけに, 眺望という

▼ 座敷じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 大に

▼ 座敷そこ~ (2, 0.0%)

1 の窓, は真弓

▼ 座敷その~ (2, 0.0%)

1 器物その, 床の間わきの

▼ 座敷でし~ (2, 0.0%)

1 ていた, てネ小米さん

▼ 座敷です~ (2, 0.0%)

1 がよく, よ

▼ 座敷でなく~ (2, 0.0%)

1 不破の, 我が家の

▼ 座敷として~ (2, 0.0%)

1 ほとんど開かず, 建てられて

▼ 座敷とに~ (2, 0.0%)

1 挟まれた綾衣, 挾まれた中庭

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 のでどことなく, のにその

▼ 座敷などでは~ (2, 0.0%)

1 なかった, 庭との

▼ 座敷などに~ (2, 0.0%)

1 ウロウロ出入, ツムジ風などが

▼ 座敷なんかへ~ (2, 0.0%)

1 むやみに, 通って

▼ 座敷なんぞは~ (2, 0.0%)

1 さすがに, 流石に

▼ 座敷にては~ (2, 0.0%)

1 いかに囃し, 老人たちすでに

▼ 座敷にでも~ (2, 0.0%)

1 なって, 通るかと

▼ 座敷にばかり~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃるん, 待遇さるる

▼ 座敷にまで~ (2, 0.0%)

1 兵隊が, 抱きかかえて

▼ 座敷へでも~ (2, 0.0%)

1 入りますか, 行って

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

2 きたるところ

▼ 座敷よりも~ (2, 0.0%)

1 かえって掛け離れた, 遙に

▼ 座敷を通して~ (2, 0.0%)

1 明けひろげ, 眼に

▼ 座敷ワラシ~ (2, 0.0%)

1 なりけりと, 住めりという

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 一間明ケテ不自由ナク世話ヲシテクレタカラ近所, 汚サヌヨウニ

▼ 座敷一ぱい~ (2, 0.0%)

1 いろ, に音

▼ 座敷一体~ (2, 0.0%)

2 をいかにも

▼ 座敷一面~ (2, 0.0%)

1 に散った, に漂つて

▼ 座敷上段~ (2, 0.0%)

1 の広間, の間

▼ 座敷二つ~ (2, 0.0%)

1 ぶちぬいたところ, を埋め

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 と米代, はそれ

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 の戸, へはいる

▼ 座敷全体~ (2, 0.0%)

1 にはずたずた, ほどの容積

▼ 座敷兼茶の間~ (2, 0.0%)

1 に飾る, へ戻る

▼ 座敷切り~ (2, 0.0%)

1 でお客, と聞く

▼ 座敷天ぷら~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の長

▼ 座敷座敷~ (2, 0.0%)

1 の数, を直す

▼ 座敷廊下~ (2, 0.0%)

1 にすべり出る, に立ちはだかる

▼ 座敷待つ~ (2, 0.0%)

2 間もなく

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 では切所, の僭上

▼ 座敷煖炉~ (2, 0.0%)

1 は裏, を断念

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 に乗り, はまだ

▼ 座敷裏庭~ (2, 0.0%)

1 などは数奇, に向かった

▼ 座敷踊り~ (2, 0.0%)

1 になつて, のこと

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 で帰るくれ, と云っ

▼ 座敷~ (2, 0.0%)

1 にした, の建物

▼1* [179件]

座敷あすこはこの, 座敷あたりに灯, 座敷包押し込む, 座敷い上って行っ, 座敷うけの新, 座敷おちつくところへ, 座敷おも屋から, 座敷およそ二十畳も, 座敷かつては娘夫婦, 座敷かと思うと, 座敷かなんかで新内流し, 座敷がかりの童女たち, 座敷くばりを視, 座敷ぐらい離れて, 座敷ここには電燈, 座敷このほかには, 座敷これが上段, 座敷ごと浮きあがって, 座敷あの時ゃ, 座敷さえ教え込んで, 座敷すなわち凶行の, 座敷その他芸妓を入れる, 座敷それから玄関先の, 座敷それだけの店, 座敷だけには裏町に, 座敷だけの顔馴染みで, 座敷だけは店先からは, 座敷だっていくらも, 座敷ちょうど梯子段の, 座敷や其, 座敷ぢうには小指, 座敷であってその, 座敷であるらしく床の間ちがい棚の, 座敷でございまして三方, 座敷でした十八年前の, 座敷というはこの時代, 座敷といつても庭木戸, 座敷といふ言葉の, 座敷とか義理さばきとか, 座敷としては割合に, 座敷とて一つも, 座敷どうもそういう匂い, 座敷なぞは唐木が, 座敷など三枝家の, 座敷などからそっと口, 座敷などがいくつも, 座敷などでおひろ, 座敷などという軽々しい所, 座敷などは二十畳も, 座敷などへ降りたこと, 座敷などへも皆人が, 座敷などもあって, 座敷なりに飾つて置く, 座敷なれば庭, 座敷なんかどうでも, 座敷において娘は, 座敷にかけての瓦廂を, 座敷にしか咲かない季節, 座敷にだけ畳が, 座敷にとほつたの, 座敷になつて居, 座敷にゃア誰も, 座敷に対して神経を, 座敷のうへにも作られる様, 座敷のくらい壁に, 座敷はいちめんに青みがかった光り, 座敷はいちめん加留多の落花, 座敷はなんて喚いて, 座敷はねでもさらさら, 座敷ばかりにいて, 座敷ばかりの建物であった, 座敷ばかりは陰々滅, 座敷ばかりへ通されて, 座敷ぶりも神妙, 座敷へだけ出ること, 座敷まえの芝生, 座敷までが見えた, 座敷まわりの雑巾, 座敷みたような, 座敷みたいにこちんこちん, 座敷めいたものが, 座敷めがけて続い, 座敷よりの眺望太, 座敷よりは縁の, 座敷らしく眞中に, 座敷をはづしてひっそり, 座敷をも兼帯し, 座敷無カッタガ, 座敷ニテ大草能登守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト大談事, 座敷ブチ抜きたる大, 座敷ン中みたいにぞろぞろ, 座敷一ツ建増した勢, 座敷の手すり, 座敷下屋までを使っ, 座敷中ガ大騒動シタガ, 座敷中央に火鉢, 座敷中引摺廻したり, 座敷中急に陽気, 座敷中皆シンとなった, 座敷中練りあるき出した, 座敷中老出雲を中心, 座敷の間, 座敷二部屋はデパート, 座敷二部屋拝借して, 座敷二間それから庭, 座敷二階などは天井, 座敷五十円としても一人あて千五百円, 座敷仕切りはクルミ, 座敷以外にハミ, 座敷の詰め所, 座敷便所を見合わする, 座敷のよう, 座敷入側付きで折, 座敷八畳一間を占領, 座敷六畳書斎が四畳半, 座敷別に揚がり座敷, 座敷又は書斎が, 座敷叔母は花嫁道具, 座敷各種の箪笥, 座敷は台所, 座敷周囲には東洋, 座敷四疊半の一, 座敷を敷き, 座敷の紙門, 座敷に脱ぎたる, 座敷女どうしは奥, 座敷女中入用のハリ紙, 座敷好みなんぞし, 座敷姿にでっくわす, 座敷として由井, 座敷居間の方, 座敷屋根は純白, 座敷布団を自分, 座敷帰りの小, 座敷幼い時から, 座敷幾つかを打ち, 座敷廻りなどでは前もって, 座敷弥五郎親分の住居, 座敷にまで落ち, 座敷戻りの挨拶, 座敷手錠があるだろう, 座敷抜け荷を, 座敷摺れのしない, 座敷の中, 座敷は同じ, 座敷なるべしと, 座敷時間は十分間, 座敷替えでもした, 座敷がまわっ, 座敷植込にこんもり, 座敷に少し, 座敷に真中, 座敷も点い, 座敷片隅へ行った, 座敷狭しと置, 座敷用三つ台所用二ついるほか, 座敷用雑巾を置く, 座敷の貴島太郎兵衛, 座敷の上, 座敷になつ, 座敷目がけて逃げ, 座敷盲目でも自分, 座敷相勤め居候ところ瑞雲院様その頃, 座敷着姿の芸妓, 座敷確か一宇別に, 座敷神棚の下, 座敷童子もやはり主として, 座敷納戸女中部屋の五間, 座敷臺所と氣, 座敷のまま毘沙門様, 座敷著姿の艶, 座敷越しに遠く, 座敷上つて来られた, 座敷造りの狭い, 座敷重ってそこ, 座敷金庫から十円札, 座敷開きの宴, 座敷集まっている, 座敷を拝見