青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恐し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~怪我 怪我~ ~怪物 怪物~ ~恋 恋~ ~恋人 恋人~ ~恋愛 恋愛~
恐し~
~恐らく 恐らく~ 恐るべき~ ~恐れ 恐れ~ ~恐ろしい 恐ろしい~ ~恐ろしく 恐ろしく~ ~恐怖

「恐し~」 1049, 11ppm, 9615位

▼ 恐し~ (648, 61.8%)

15 のは 12 ことを, ものは 11 ことだ 8 ことが 7 目に 6 ものだ, 力を, 気が 5 ものに, やうな, ような 4 事が 3 ことである, に違, のだ, ものが, ものだった, ものです, ものを, 物を, 証拠を

2 [48件] ことだろう, ことであろう, ことでしょう, ことです, ことに, ではありません, ほどよく, ほど気, ほど真暗, 事だ, 事で, 事でございます, 事を, 人生を, 企らみ, 利己主義者に, 力が, 呪いの, 声が, 夢は, 夢を, 女です, 奴が, 奴だ, 奴は, 悲鳴を, 新兵器, 本に, 毒薬が, 気さへ, 気持に, 氣さへ, 物音が, 秘密を, 程で, 程の, 罪を, 考えが, 苦痛が, 言葉を, 話を, 證據を, 速力で, 針の, 音が, 音響が, 顔で, 顔を

1 [423件] いやな, お侠で, からな, けれど自分たち, けんまくの, ことで, ことでした, ことでも, ことと, ことには, ことばかり, ことや, この暗黒, じゃあない, せい, そんなこと, そんな事, つむじ風が, でもない, という感じ, という目, といっ, ところあたしいやだ, ところで, ところである, ところな, ところね, ところへ, と云う, と云っ, なにごとかの, のだい, のであった, のでその, のでなるべく, ので今太郎君, ので出された, ので嫌ひで, ので宵, のに相違, はぶは, ばかりに真剣, への字形, ほどの勢, ほどの美, ほどはつきり, ほど万事万端, ほど品, ほど相好, ほど程度, ほど蒼ざめた表情, ほど黒い, むごたらしいこと, もので, ものであった, ものである, ものと, ものとして, ものにも, やうに, やら苦しい, ように, よりも夢, わけが, カタストロフィーが, ショックから, ダイナマイトも, フーラー博士の, マッターホルンの, モルヒネ中毒さえ, 一本脚の, 一語が, 三ヶ月の, 不具者の, 不可抗力の, 不安の, 不思議な, 不慮の, 且つ奇怪, 世界に, 世界へ, 世間に, 了簡だろう, 予感の, 予感は, 事でしょう, 事でも, 事な, 事みたいで, 事件です, 事実が, 事実を, 事實を, 事情を, 事柄を, 人かと, 人でしょう, 人に, 人を, 人殺しなんか, 人殺しの, 人物が, 人生にでも, 人達ぢや, 人間が, 人間だ, 人間の, 人間は, 仕事を, 代物だった, 会合から, 俊童だ, 借金の, 倭将の, 偶然は, 働き者で, 光景であった, 光景であろう, 光景に, 光景を, 冒険でも, 冬の, 処であった, 処とばかり, 処へ, 処へと, 処を, 出来事が, 出来事にでも, 出来事の, 出来事を, 制度に, 力持ちじゃ, 半面, 半面の, 危険が, 危険千万な, 口でしょう, 叫びを, 叫喚とともに, 命令であった, 唸り声, 噂を, 団栗眼を, 国だ, 国です, 圖です, 土蔵破りをまで, 執念だ, 堅気な, 塀の, 墜落ぶりそうして, 壓力で, 変事が, 変化に, 夜であった, 夢から, 夢が, 夢だった, 夢に, 夢ばかり, 夢も, 大敵の, 大火が, 大火や, 大火事, 大熱, 大要塞, 大雷雨, 大驚異, 女だ, 女でした, 女の, 奴です, 妄執に, 姿を, 娑婆ぢや, 娘よりも, 嫗の, 子供の, 宣言に, 密謀を, 寒気だつた, 小僧たちだ, 小説, 少女が, 屈辱だ, 屋敷じゃァねえか, 山で, 山蛭は, 島に, 島になんか, 島嶼の, 崖下の, 崖崩れが, 巨人の, 巨岩怪岩が, 幻は, 幻を, 幻覚が, 幽霊の, 建物と, 強氣で, 強盗殺人犯どころか, 強盗紳士だ, 弾丸に, 形相だった, 形相を, 影が, 影は, 影も, 彼の, 御心, 御目玉, 心地に, 心持で, 心理遺伝の, 怖い姿, 思いを, 思い出です, 思を, 思想で, 思想であろう, 怪談じみた, 悩みに, 悪い病, 悪い神, 悪党, 悪党だった, 悪党に, 悪魔が, 悪魔フーラー博士が, 悲歎の, 惨忍, 感じの, 感動の, 感情に, 感銘は, 慾得ずくの, 戦いだ, 戦争の, 所では, 所以は, 手を, 手首の, 才能を, 打撃に, 指を, 振動が, 故郷の, 敵意を, 文字が, 斜視の, 断崖を, 断言でしょう, 日々だった, 日々だつた, 早さ, 昔気質な, 星であろう, 昨日の, 時が, 時代です, 智慧者な, 暗黒と, 曝露に, 朝, 杞憂などは, 松の, 根性だ, 楽屋裏の, 様で, 様子に, 様子を, 樣な, 権幕で, 権幕に, 機械だ, 機械です, 武器が, 武田博士だ, 殘酷性が, 殺人事件の, 毒な, 毒の, 気さえ, 気もちは, 水が, 水とも, 水牛仏の, 沈黙の, 波の, 洞穴の, 洪水が, 浪の, 海, 海獣の, 深い霧, 渦巻の, 激怒の, 濃霧が, 無灯, 物の, 生々した, 生死去来は, 生物が, 男だ, 男です, 男に, 異端の, 疑いは, 疑いも, 疑いを, 疑問に, 疑惑と, 疑惑の, 疑惑を, 病を, 病毒それが, 病気の, 目つきを, 目を, 盲人に, 省線に, 眼を, 眼付で, 眼病が, 石灰だ, 破綻が, 神の, 祟だ, 私の, 秘密が, 秘密倶楽部の, 程であり, 程沈欝, 程群衆, 突退けよう, 第二, 筆使いを, 答えこそ, 米国海軍の, 糞やけに, 細工まで, 終局であった, 経験だった, 経験だつた, 経験である, 罪だって, 罪人と, 罪名を, 罪悪感を, 美しさ, 考えを, 者が, 自動力, 自動車事故を, 自責の, 般若の, 苦痛の, 荒廃の, 荒波の, 荒海らしい, 荒鷲爆撃機が, 荒鷲爆撃機に, 藻に, 虎挾み, 虚栄心を, 蛇である, 親殺し, 言葉だ, 言葉づかいで, 設備でも, 話が, 誘惑で, 誘惑の, 語の, 誤りを, 誤謬が, 豊志賀の, 超航空母艦, 趣味が, 軍艦を, 農村の, 速度で, 連中だ, 運命の, 道具を, 都会, 酒呑みで, 重量を, 鉄の, 長い名前, 長い髪の毛, 長く引いた, 雨である, 雲の, 雷鳴が, 青髪山, 面を, 音を, 音響で, 音響は, 響が, 響の, 響を, 顔, 顔し, 顔つき, 顔である, 顔に, 顔嘲り, 顔実に, 風の音に, 飛行機が, 鬼神でも, 魔処へ, 魔法の, 魔法使いの, 魔法使ひ, 魔物の, 魔神であった, 鼻尖

▼ 恐し~ (125, 11.9%)

3 であつ 2 があった, であった, にわななき取つく, に御, のあまり, は全く, は電, をほんとに

1 [106件] うにぢつと, うにふるへ, から私, から逃れる, がまだ, が今, が後で, が心, が甦っ, が皆, であ, であり同時に, ではなく, でもあり, で一ぱい, で一杯, で彼女, というよう, とで忽ち, と可, と囚人, と悲し, と苦し, に, にかわった, にがた, にそこ, にどう, にはもう, には彼, にふるえ, にぶるぶる, にも増し, にやっぱり, にわざと, に丁度物, に世間並, に二人顔, に今更, に前後忘却, に危く決心, に声, に変り, に度, に彼女, に悲鳴, に戦き戦き, に最早, に梯子, に歯, に比べれ, に氣落, に泣く, に消え, に直行, に立ちすくむ, に縮み震え, に胆, に血染, に襲, に襲われた, に身震い, に顛倒, のあまり甃石, のただ, のみで, の中, の幾分, はあたかも, は一, は一しお, は如何なる, は考へれ, は自分一人ぎりで心配, は関東, もあの, も何, も忘れ, も身, をあたえない, をすっかり, をどこ, をも同時に, を切実, を判然, を十分, を増す, を己, を忘れ, を忘れさせた, を思い知られ, を感じ, を目前, を知つた, を経験, を考, を考え, 半分おもしろ, 嬉しさ, 彼が, 怪しさ, 正面から, 甘言手管の, 私は, 裁判官の, 醜さ

▼ 恐し~ (40, 3.8%)

3 はない 2 ないよう, 感じて

1 [33件] たくさんの, ない, ないこと, ない怪塔王, なかった, なかったと, なったの, なって, はなかっ, はなく, は思わない, まっ赤, ハイカラな, 云々如何にも, 又強く, 品が, 堕落し, 大きな石, 大きな鱶, 強がりな, 思って, 思ひしだけ, 思ふので, 愉快な, 敏捷だ, 眺望の, 胸騒ぎが, 見勝手, 謙遜する, 陰気に, 響いたので, 頑丈な, 黒ずんで

▼ 恐し~ (32, 3.1%)

2 もののわれ, 入道雲湧き, 吹降りの, 森四方を

1 [24件] こと語りし, こと譬へ, この場所, されど甘き, ものである, ものにては, ものの然, 七つの, 事なり, 化物ありける, 叫びと共に, 叫びは, 叫声に, 夢, 婦人の, 巽風もぞ, 念も, 戰鬪の, 暴風の, 物を, 蛇と, 野衾の, 魔所を, 魔法使の

▼ 恐しいも~ (16, 1.5%)

2 ので

1 [14件] の, のでこの, のでなう, のでなかなか, のでひどい, のでよく, ので十九世紀, ので彼, ので汗疹, ので見返える, ので麻, ののやう, ののよう, の三年跡

▼ 恐しかつ~ (15, 1.4%)

73 たの 1 たけれど, たは, たもの, たんです, た犬

▼ 恐しそう~ (14, 1.3%)

2 に身

1 [12件] な悪者, な態度, な表情, にあたり, にその, に並ん, に中腰, に体, に前, に叫んだ, に呻き, に面

▼ 恐しいこ~ (13, 1.2%)

2 とはございません

1 [11件] とはありません, とはある, とはこの, とはむしろ, とは人心, とは出来, とは外, とは髪の毛, ともありません, ともない, とも感じる

▼ 恐しいと~ (11, 1.0%)

1 [11件] いうくらいに, いうもの, いうよりは, いふよりも, で噂さ, は, は思わない, は思わなかった, 云う感じ, 思う暇, 言ふわい

▼ 恐しくも~ (9, 0.9%)

1 ありました, ありまた, あるし, あれば, なるの, 思った, 思ひました, 楽しい遊戯, 碾きに

▼ 恐しがっ~ (7, 0.7%)

1 ていた, ていや, ている, てなぞいられなかった, て住む, て手, て返事

▼ 恐しいよう~ (6, 0.6%)

1 なまた, な又, な可, な尊敬, な感じ, な歓呼

▼ 恐しきもの~ (6, 0.6%)

2 なればとて 1 なし, なり, のさ, の巌

▼ 恐し~ (6, 0.6%)

1 だが, なる沢, な夢, な煙硝庫, な眼付, はさて

▼ 恐しげに~ (6, 0.6%)

1 みえた山, 光る沢山, 戦慄きたり, 申し聞かせ候, 語るの, 蹲りて

▼ 恐し~ (6, 0.6%)

4 企てを 1 事無く, 恐しや

▼ 恐しいとも~ (5, 0.5%)

1 つかずただ, 思はずに, 思はなかつた, 思わなかった, 思わぬわい

▼ 恐し~ (5, 0.5%)

2 きく荒神 1 云ふ, 念へ, 雖も

▼ 恐し我が~ (4, 0.4%)

1 大神その, 大神現し, 天皇, 子仕

▼ 恐しいそ~ (3, 0.3%)

1 の二年間, の場, の時間

▼ 恐しいの~ (3, 0.3%)

1 さ, 相手の, 騒動が

▼ 恐しいばけ~ (3, 0.3%)

2 もの 1 ものの

▼ 恐しがる~ (3, 0.3%)

1 よ, ようだった, 能職三十九歳の

▼ 恐しいお~ (2, 0.2%)

1 京の, 声で

▼ 恐しいもんだ~ (2, 0.2%)

1 なあ, ねえ

▼ 恐しい思ひ~ (2, 0.2%)

1 をした, を寄せ

▼ 恐しい話~ (2, 0.2%)

1 だった, である

▼ 恐しくっ~ (2, 0.2%)

1 てたまらない, て扉

▼ 恐しとも~ (2, 0.2%)

1 夢ならずし, 思はず恰も

▼1* [51件]

恐しいかと訝し, 恐しいが常にある, 恐しいが何にし, 恐しいが肺病にかかった, 恐しいでサッサと, 恐しいところのある, 恐しいなんて思いません, 恐しいやらで夜, 恐しいんだね, 恐しい仕掛からくりが, 恐しい唸じゃな, 恐しい恐しいいつかの, 恐しい死方をする, 恐しい物語りをはじめた, 恐しい草は垣根, 恐しい見下げ果てた何の, 恐しうござるわいの, 恐しがられている, 恐しき死の角笛, 恐しくきこえたの, 恐しくさえなる, 恐しくさびれたもの, 恐しくせまかつ, 恐しくつまつたの, 恐しくでかいものが, 恐しくまはつて, 恐しくまずく漬けて, 恐しくも不思議にも思います, 恐しくも有ません首切台, 恐しく大きく使用しない, 恐しく広いやと小宮山, 恐しけれ名にまで, 恐しさうな感情を, 恐しささへ描いた, 恐しさと言っては, 恐しすぎて口, 恐しとおもふ, 恐しなんどいはん方, 恐しぶるぶる顫える, 恐しゅうございましょう苦しいの, 恐しへまつらむ, 恐し恐し地蔵様, 恐しのまにまに, 恐し地蔵様の前, 恐し奉らむ, 恐しをな殺した, 恐しな音, 恐し渡らねば思う, 恐し素裸の荒漢, 恐し過ぎたしあの, 恐し雉子の聲