青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恋人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~怪しい 怪しい~ 怪人~ ~怪我 怪我~ ~怪物 怪物~ ~恋 恋~ ~恋人
恋人~
~恋愛 恋愛~ 恐し~ ~恐らく 恐らく~ 恐るべき~ ~恐れ 恐れ~ ~恐ろしい 恐ろしい~

「恋人~」 2330, 25ppm, 4632位

▼ 恋人~ (594, 25.5%)

27 ように 11 顔が 10 ために 8 ことを 5 やうに, 姿を, 家へ, 日記, 父を, 顔を 4 姿は, 心を, 父に, 話を

3 [14件] ことは, ような, 兄の, 前に, 名を, 名前を, 唇を, 家の, 役を, 手に, 為に, 父は, 胸に, 腕に

2 [45件] お糸, かたちに, ことが, すがた, それと, ところへ, やうな, ゆかりの, 住む家, 住む町, 凜, 前へ, 危急に, 名前は, 声を, 夜の, 姿が, 姿態を, 宮の, 家である, 家に, 所へ, 手で, 手を, 手紙は, 方へ, 杖, 来訪を, 歯, 消息を, 深刻な, 父である, 父と, 父の, 直也が, 直也で, 直也であり, 直也の, 肌の, 腕を, 訪れと, 資格は, 逢ふ, 道を, 顔

1 [360件] あい子と, あとを, ありかについて, あること, いつもする, いまは, いる家, いる獄舎, うしろの, うちで, うちに, おかげだつた, おくつき, おとう, おのおのに対して, おもかげ, お品殿, お手々, お染, お次にたいして, お滝, お萩であった, からだは, ことで, ことであった, ことな, ことも, こゑをきいてゐると, ごとく愛慕, ささやきから, ささやきを, すばらしさを, すること, するよう, その宣言, そばで, そばへ, それの, たった一人, ためにも, ため学問の, つもりで, できた時, ところから, ない私, なかつたこと, なかに, なかにおいて, なすこと, のろけ話, はなばなしさ, ほうに, ほうも, まぼろし, もとを, ゆく末, ような離れ, よく使う, わけです, ウイリアム・ジュッド, エドヴィナ伯爵も, シツダルが, ジョルジュ・サンドは, セリフを, ピアニスト自身では, ホントの, 一人と, 一人として, 一人の, 一人は, 一切は, 一式小一郎様は, 一式様は, 一方を, 一身を, 三室銀子は, 三木本は, 三谷青年が, 上の, 上を, 下宿を, 不在の, 不在は, 不幸な, 中でも, 中に, 中を, 事が, 事を, 二人や, 介抱を, 代わりに, 仲間の, 伊太郎である, 伊達を, 住し, 体とは, 体を, 何十組かを, 作の, 例として, 信念に, 信用を, 像を, 元に, 兄弟であっ, 兄貴と, 入れ智慧, 六条貴女の, 写真やってる, 写真を, 冷たさ, 冷ややかであった, 冷淡な, 冷淡に, 処に, 出来たこと, 列になど, 前でこそ, 前でまで, 剣を, 努力によって, 務めを, 取り調べられた有様, 口から, 口からも, 口ぶりで, 名が, 名でも, 名な, 名前でも, 名前な, 味方であり, 命が, 命を, 咲子が, 唇, 喪服も, 国の, 声が, 声と, 変心を, 夏彦を, 夕顔が, 外には, 外の, 多少の, 大学生と, 大河俊太郎に, 女では, 女優さんは, 女優と, 女学生の, 女神を, 如き熱烈, 如くに, 如く容易く, 妙子と共に, 妙子を, 妹である, 妹に, 妹葛の葉姫といふ, 姉である, 姉妹では, 姿によって, 姿の, 娘を, 宇治の, 安否を, 実際の, 家が, 家は, 家族の, 少女と, 少女は, 島君を, 幻が, 幻を, 幻覚を, 影も, 影を, 役で, 後を, 後姿を, 御機嫌, 心である, 心は, 心当りなんぞは, 心持ちで, 心理夢にさえも, 心臓が, 忍耐とじ, 忽ち敵, 思われる点, 恋には, 恋人を, 恍惚の, 悩みを, 悲しみは, 悲しむの, 情が, 情よりも, 愛には, 愛より, 愛を, 態度が, 態度は, 戴冠式の, 所へも, 手管に, 手紙さえも, 手紙でも, 手紙をば, 抱擁から, 抱擁に, 抱擁も, 持ってるマッチ, 指先や, 敏感さで, 数を, 文代さんとが, 文得る, 方が, 方を, 日記を, 日野俊基と, 早苗と, 時代に, 月下氷人を, 有様で, 来る前兆, 来る夜, 栞が, 栞と, 栞助けない, 桔梗様と, 桔梗様を, 森ちゃんは, 棲む駿河台, 様に, 様子を, 横顔を, 歌山根寿子と, 止宿し, 死そのものだけ, 死の, 死ばかりを, 死を, 死んだこと, 死んだの, 殺された当日, 母の, 気で, 気嫌を, 気持ちは, 泣き濡れた姿, 流す涙, 浜路にでも, 消息が, 涙に, 清い息吹き, 源三郎を, 源女の, 父から, 父だった, 父だつた, 父親だった, 物語である, 物語を, 犠牲を, 玉の, 生命を, 生温る, 病気の, 目が, 目では, 目映いばかり, 相思も, 眼が, 眼で, 眼をのみ, 着て, 着物を, 矢留瀬苗子は, 破綻し, 祖先に, 神経は, 神経みたいな, 神聖な, 窓に, 紅き涙, 紅玉に, 結婚話から, 総司も, 罪を, 美くしい, 義父と, 習慣を, 耳に, 聞く音, 肉体を, 肩に, 背を, 胞の, 胸を, 脣づけ, 膝に, 色々の, 艶な, 血を, 血筋の, 行列が, 行方に関して, 袈裟を, 袖の, 裏切りや, 記憶は, 訪れの, 訪問を, 許に, 許を, 詩人ルドルオの, 話いろいろな, 話でも, 話とか, 話など, 話に, 話や, 谷村とを, 贈物にも, 足の, 足音でさえ, 足音を, 身に, 身の上については, 身の上を, 身も, 身を, 運命は, 邸を, 鍵を, 間に, 間にだけ, 間の, 陰口を, 隣家の, 霊と, 霊の, 非礼を, 面前で, 面影も, 頼母が, 顔だ, 顔だけは, 顔よりも, 首級を, 馨しい脣, 高安王が, 魂の, 鮮麗な

▼ 恋人~ (289, 12.4%)

7 持って 5 待って 3 得て

2 [16件] つくる時, もつこと, 公然と, 刺す話, 呼び寄せること, 奪はれた, 妻に, 尋ねて, 得た, 思ふ心, 持たなかつた過去, 持つの, 捨て, 棄てに, 横取りされた, 殺して

1 [242件] あからさまに, あらん限り, あわれむけど, いたわること, いだいて, いつまでも, うしない嘆き, おもう情, おもったり, お持ち, お授けくださいます, こさへて, こしらえてね, この上, しかも自分, して, すて飄然, それ自体として, たつた今, ちょっと油断, つくろうと, でございます, とつた, とらえると, どこへか, ながめて, ながめるの, まゆみちゃんに, もちながら, もって, もつなら大阪, もて妻, もとめると, フォビヤに, 一しょに, 一方において, 一緒に, 与えようという, 二たび抱く, 亡くして, 仮に奪, 伴って, 余儀なく人, 作ったの, 作る人, 信じて, 信ずるの, 信頼する, 偲ぶよう, 兄に, 入れる袋, 其の作品, 冒涜した, 前たし, 創造する, 助けたの, 労りながら, 卑しくする, 単に他, 取ったの, 取られた, 取り戻して, 同伴謡曲の, 呪い最後, 呼びとめて, 呼びに, 唖然と, 固く抱擁, 多くお, 多く哀れ, 大変愛し, 大将は, 夫を, 失うとは, 失おうと, 失った, 失ったあと, 失ったため, 失ったよう, 失った中納言, 奥さんと, 奪い合うべしだ, 奪う悪魔, 奪って, 奪ふ, 奪われた墨, 奪われた寂寥, 奪われてから, 好んで, 妻として, 嫌って, 守り続けて, 守るという, 実際生活, 宮は, 対象と, 尊重する, 幾人も, 庇おうと, 引き寄せようと, 彫り抜いた鍵, 征服した, 征服しよう, 待ち兼ねての, 待つて, 待つなんて, 待つよう, 待つ平城, 得ああ, 得たあかつき, 得たいと, 得たいという, 得たかの, 得たこと, 得られるであらうか, 得んとも, 念じそして, 思いあきらめるが, 思い出したの, 思うあまり, 思うよう, 思う心, 思う悲歎, 思う時, 思う涙血, 思って, 思つて居る, 恋するかという, 悲しむ心, 愛したいん, 慕って, 憐んで, 手に, 抱いた時, 抱きあげた, 抱きしめた, 抱きまた, 抱くやう, 抱くよう, 抱く空想, 抱擁する, 拝まんとて, 拵へて, 持ちましたが, 持ったところ, 持った事, 持ってるなどと, 持つた秘か, 持つても, 持つとしても, 持つ若者, 持とうと, 捨てねば, 捨てるん, 捨て江戸, 探さずには, 探させるため, 探した後, 探しに, 探し出さなければ, 探し出す間, 探すよう, 擬して, 救うと, 救おうなどという, 新に, 有すべからず又, 横取りせん, 次ぎ次ぎとこさえるんだね, 欺くの, 歩ますること, 死なして, 死なせた恨み, 死なせること, 殺さしむることさえある, 殺したという, 殺すっていう, 殺すという, 求めようと, 求める唇, 港の, 激励する, 犯人と, 用意の, 疑うもの, 発見した, 盗られて, 相手として, 眺めつつ, 知つてゐた, 知らず恋人, 移そうと, 突然奪, 突然奪われた, 紐育の, 素足の, 紹介する, 置いて, 義理の, 考えて, 考へて, 胸に, 自ら殺す, 自分で, 舟の, 花に, 血膾に, 裏切るもの, 見た, 見たこと, 見つけた, 見つけたいと, 見つけた者, 見つけ出した, 見て, 見に, 見るが, 見ること, 見ると, 見る様, 見出し百間, 見出す時, 見棄てて, 見送る娘, 計画的に, 訪おうと, 認識る, 誰が, 責めるやう, 責めるよう, 軽く思ひ出した, 軽蔑し, 迎えに, 追ってアメリカ, 追懐し, 送るこころもち, 連れた男, 連れて, 選ぶ仕組, 選定する, 養う, 騎士は

▼ 恋人~ (228, 9.8%)

12 あるの 6 できて 5 あった 4 あって, あるという 3 あったという, ありました, ある

2 [14件] ありましょうとも, あると, あるので, あるん, いるん, できた, できたので, 出来たの, 出来て, 出来るかも, 父の, 経験する, 縦令操, 複数の

1 [160件] あったかも, あったから, あったって, あったならば, あったの, あったら, あったらためして, あつた, あなたの, あらわれると, ありちょうど, ありますのよ, あり誰, あるかの, あるから, あること, あるって, あるとは, あるのに, あるはず, いかに苦しん, いたかも, いたの, いたましくて, いなくなった, いるかも, いるの, いるのに, おありなさるで, おって, おはし, おましてんけど, おわしてな, お思い出され, かわいそうで, げらげら笑, ここに, こんな無芸, ございました, さっき脱い, したしく抱擁, すぐそば, すぐ生活, そうまでに, そこまで, その倭文子さん, それっきり戻っ, たま, できたから, できたこと, できたわけ, できたん, できた時, できるかも, できるたび, できるね, できるよう, ないという, はにかんで, ほんとにあった, まるで古, みんなからは, やって来たぞ, ゐたもの, ゐる遊里, ダブリ易い, バッハの, ファヴォリットな, マトモな, 一しょに, 一人あった, 三角帽で, 久しぶりで, 二人眼の, 今感じ合っ, 今感じ合つて, 他人の, 仲がい, 住んで, 何を, 何人の, 出て, 出来それ, 出来たつもり, 出来たとか, 出来たなら出来たでそりゃあ仕方, 出来たに, 出来たり, 出来ると, 初めて私, 到来した, 劇場の, 又, 唐棣色の, 国外に, 坐って, 外を, 多いよう, 大きい林檎, 嫉妬し, 家の, 山登りを, 幾人か, 彼の, 彼を, 御主人, 心を, 心苦しくて, 急を, 愛する女, 或は二人, 手を, 手淫を, 揃って, 日一日と, 昨日屋敷を, 時平に, 普通に, 書きかわして, 来たとき, 東京に, 欲しいの, 欲しくて, 死んだのさ, 死んだ事, 殺される, 気を, 涙の, 濠洲に, 現れるので, 現われたの, 病気に, 発狂した, 白粉臭い, 白衣を, 盗人とは, 盗賊とは, 目の, 真つ, 着古した, 神と, 空襲に, 突然己, 立って, 笑わなかったらそれ, 聞いたらこの, 聞いたら重役, 聞いて, 職業野球チェスター軍の, 舞台の, 誰だつた, 貴殿頼母殿であろう, 身の上の, 身辺に, 近所へ, 遠国へ, 醜いゆえ, 閉されて, 雄弁を, 雪の

▼ 恋人~ (197, 8.5%)

8 して 4 なって 3 逢いに 2 してやろうか, なるの, ふさは, まだ何, 会ひ, 恋の, 恋人が, 扮し, 物を, 送る手紙

1 [162件] あうという, あう嬉し, あらずや, ありがち, おなりなさい, きらわれるぞ, この本, ござります, しいて, しかも同じ, したいと, した時代, しないたッ, しましたよ, しようと, すてられた人, するの, するよう, する小学教師, する考, そういう前科, そして親, そっくりであった, その故, ちかい俤, ついて行くもの, つけて, とらわれたの, どっかあたしが, どれにでも, なった男, なった話, ならなければ, なりそうして, なり切って, なるため, なるであろうこと, なるには, なるべきだという, なるわね, なろうと, なろうね, ふりかかって, みせるよう, めぐりあうか, めぐり逢う道しるべ, めぐり逢った世にも, めぐり遇ったん, もったら, よく似, よれば, 不実を, 与して, 与へた抒情歌, 云うよ, 会いに, 会いにでも, 会う日, 会つた日から, 会つて来た, 似たところ, 似た似而非女, 似て, 似れば, 傾倒し, 出会った少女みたい, 出来そう, 出逢った処, 初めて花輪, 別れること, 別れるの, 別れる悲痛さ, 化けた君, 及んだ時, 同情した, 向って, 変じて, 外の, 宛てて, 寂しいと, 寒い目, 常盤津だ, 幻影化され, 引いては, 得たいと, 御息所は, 心を, 思いを, 恋人の, 恨みを, 意中を, 愛されないからと, 愛想を, 憬れる男, 手紙を, 持ち, 持つこと, 持とうと, 指先を, 捧ぐ, 捨てられたに, 捨てられた後, 接近なし, 擬して, 暴行されたい, 棄てて, 死なれた悲しみ, 残した佳話, 求めるかの, 添わせて, 特有な, 牽かれる話, 用が, 疎んぜられ恨み, 目通りする, 相違は, 看護され, 知らす機会, 美くしい, 羽織を, 老大家が, 聞かせたい様, 自分の, 自己を, 虐まれ果て, 袂別し, 見詰められたよう, 言うならまだしも, 言伝てよ, 言伝なんか, 言伝を, 訴えるの, 訴へる, 証明し, 話しかけでも, 請ひし, 買は, 走ったという, 身心を, 近づいたという, 送る艶書, 逃げられてばかり, 逢いたいと, 逢いたいという, 逢うが, 逢うくらい, 逢うこと, 逢う時, 逢う気持, 逢えるし, 逢えると, 逢おうと, 逢ったの, 逢ったよう, 逢ったらどんなに, 逢った翌, 逢つたなどといふ, 逢ひ, 逢へ, 違いありません, 遭ふと, 香ひ

▼ 恋人~ (113, 4.8%)

6 一緒に 3 一しよ, 二人で, 腕を 2 云って, 子供を

1 [94件] あいびき, あなた, いうほど, いうよりも, いえば, いわれる多く, うたわれたおし, かくれに, し, したという, して, しなければ, し女, し星, せる小生, そのほか, その継娘, ならなかつたの, なりあの, なりホール, はばからず語り合う愉楽, やさしい母親, わかれた秋, わかれる, アイビキに, 一つに, 世界を, 二人っきりに, 云うもの, 云ふ, 云ふも, 会うてた時分, 会って, 何か, 倶に, 僕, 共に悩みぬいた, 切れたこと, 切れること, 別れるよう, 別人かも, 友人とに, 同じよう, 同じ血統, 同名です, 同名の, 同行し, 呼ばるる酩酊者, 呼ばれる夢遊病者ら, 呼んだ彼女, 囁きかわす, 四十歳に, 墜落し, 契るよう, 子供の, 寝て, 幸福な, 幸福に, 心中せず, 思い思われて, 思われる六条御息所, 新しき屋敷, 旅に, 枕を, 母親に, 申しますの, 相携え, 相連れだ, 緑の, 肺病の, 自分の, 自分を, 街を, 見るの, 見分けて, 解しその, 言おうと, 言ふ, 認めて, 語るに, 語るの, 語る若い, 語ろう間さえ, 逃げるから, 逢いつづけて, 逢うの, 逢う夜, 逢つて逢つた, 逢曳きする, 違った人, 遠足でも, 隠れ住ん, 難を, 駈落したので

▼ 恋人~ (94, 4.0%)

2 どんな必死, 夢の, 皆と

1 [88件] あるが, ある商人, いつお迎えします, いないけれど, お前な, かけが, かならずその, こなかつた, これだった, さうし, すっかり忘れ, すべて美しく清く, そうした逃避的, そのため, その相, その身, それが, ちゃんとここ, とうの, どうなさいました, どうなった, どうなる, どこに, どんな処, どんな風, ないと, なかなか冷淡, なぜ自分, もうお, もう死ん, やめだ, グズ弁であった, セメントに, 一生足袋を, 七転八倒し, 事ごとに, 五人目の, 仇し, 今頃いかに, 他ならぬ, 他に, 他人に, 何という, 何んと, 作っても, 刑務所か, 助けた, 十七歳であった, 同志社の, 君に, 唯だ慕う, 夏彦であった, 夕暮れの, 学問だ, 宮を, 帝大, 幸ひなる, 幾樽の, 彼自身な, 得ても, 必ず自分, 忽ち現れ, 恋の, 恵まれたるかな, 情人を, 愛犬, 抱き合ったまま白法師, 捨てきれるが, 此世では, 死ました, 毎日顔を, 比較し, 沈んで, 海へ, 現身後生善悪も, 男爵夫人の, 相抱い, 破砕器へ, 神に, 神聖無垢な, 答えた, 紫の, 終に再び見る, 袖を, 誰に, 過去にも, 野に, 青木さんと

▼ 恋人同志~ (57, 2.4%)

7 のよう 3 のやう 2 であること, の相, の間

1 [41件] かのよう, がある, がどうして, がやりとり, がゐる, が一年, が会う, が先生方, が同じ, が彼処, が投げ合う, が接吻, が春, が決して, が浮びあがる, だと, であった, であり同時に, ですら, ではなかっ, でもまさかに, で暮さう, としか映らなかった, と朋友同志, なること, にとって嬉しい, になりかけ, にはどうしても, の事, の二人, の小, の気分, の縁, の間つて, は大, もた, もたびたび, やなん, らしい二人連, を平和, を迎

▼ 恋人同士~ (51, 2.2%)

6 のよう 2 であること, としての二人, として其処, になった, に二人限り

1 [35件] があります, が一寸, が与, が再会, が家庭, が幸福, が選び, だったでしょう, だったの, でいたす, でも恋, として僕, となっ, に, にし, によく, のあいだ, のキス, の亡骸, の人目, の喧嘩, の特権, の話題, の迸, の道行, の邪魔, の間, はこんな, は互いに, は切ない, は飽くまでも, らしい交渉, をやっ, をやる, を添え遂げさせる

▼ 恋人たち~ (48, 2.1%)

5 の所

1 [43件] がこの, がそれ, がつねづね, がアテネ市, がパック, が森, が生き, が追, であるの, ではなく, とともに案内, とも双方, なの, にもそれぞれ安定, に対するにが, に手紙, の不幸, の中, の今日, の家, の寂しい, の幽霊, の影, の望み, の朝日, の横, の約束, の車, の道, の駈落ち, はこんな, はしめし合わせ, はほんとう, は云い合わせた, は別れ, は思っ, は或, は甚だ, は筆, もちかごろ, よ友人たち, を住ませる, を慰め

▼ 恋人でも~ (32, 1.4%)

3 出来たの 2 あるかの, 取られたよう

1 [25件] あった, あったところ, あったら言伝, ありゃせんか, ある, あること, あるんぢ, ある魚屋, いいわ, いざ会う, つい気味が悪く, できたの, できて, なく母親, わし以上の, わたしほどの, 三十と, 何でも, 出来たらしいと, 出来たん, 出来て, 出来てから, 彼処に, 知らないこと, 許婚でも

▼ 恋人として~ (31, 1.3%)

1 [31件] あんまりタノモ, この人, われに, 余所に, 家庭の, 彼と, 彼女の, 思う心, 愛して, 愛する, 愛するの, 愛人としての, 指ささせようと, 未練の, 楽しむの, 母としての, 毎夜お, 玉鬘を, 現実曝露の, 申分の, 男を, 結婚後も, 置いて, 考えたこと, 考えるよりも, 見たの, 見るとき, 許される程, 迎えて, 逢う気, 香を

▼ 恋人~ (30, 1.3%)

2 だ, は水族館, は私

1 [24件] が昼寝, が泊った, が雲雨, でしょう, にとっては引っ, には気の毒, に答える, のこと, のこの, の中, の名, の思ひ, の愛情, の未来, の行方, の試みる, は, はこんな, はそんな, は子供, は斯く, は泊っ, を代表, を夢中

▼ 恋人~ (27, 1.2%)

2 なければ, 国の

1 [23件] あったの, あろうし, いたため, お前を, ない, ないと, なく田舎, みんな列って, みんな列つてゐる, やっとの, ラジオで, 一切の, 何も, 何もかもあと, 哀れに, 彼ほど, 情けなく恨めしかった, 暁の, 母に, 潜んで, 無く誰, 等しく死んだ, 親友も

▼ 恋人~ (25, 1.1%)

4 でも 3 あつた

1 [18件] あつたなら, あつたの, いろいろむずかしい, さへ, さへもが, そしてとぼん, まだまだ私, 不行跡で, 初恋の, 娶った細君, 子供は, 彼の, 晴れて, 本当の, 深い愛着, 現在の, 行, 長男の

▼ 恋人である~ (23, 1.0%)

3 ことを 2 ということ, と共に得難い

1 [16件] がお, ことで, ためには, とは思い, と信じ, と思召す, と源氏, ように, タイタイ大, 上に, 中納言の, 事を, 人は, 女優へ, 法月弦之, 私を

▼ 恋人から~ (21, 0.9%)

1 [21件] こういう封筒, すげなくされ, よこしたもの, ネクタイを, 何故解脱, 僕の, 別離し, 妻から, 惨めに, 愛想を, 手紙の, 最後の, 来た玉章, 来る手紙, 此方も, 若に, 見詰められたと, 送られたもの, 邪魔物扱いされ, 邪魔物扱ひされ, 離れたと

▼ 恋人との~ (17, 0.7%)

2 いろ, 別れの

1 [13件] あいびき, ランデ・ヴウで, 交渉には, 別離を, 同棲から, 婚姻も, 歓会が, 縁故の, 話を, 誰はばからぬ, 逢瀬から, 間は, 間も

▼ 恋人であり~ (14, 0.6%)

3 許婚である 2 諸君も 1 おまけに, また妻, また芸術, 一つの, 夫である, 家内にとっては, 母である, 皇后でも, 許婚でも

▼ 恋人~ (13, 0.6%)

1 [13件] か認める, つた男の, という山岸主税, とばかり思っ, とも言っ, と思い当る, と言っ, な, なと肯く, なんて, なんて思わない, よ, わ

▼ 恋人という~ (13, 0.6%)

5 のは 3 ものは 2 ような 1 のが, 敬称を, 考えを

▼ 恋人だった~ (12, 0.5%)

2 のだ 1 ことを, さる芸者, ということ, の, のです, ものが, 人の, 右京大夫, 女が, 須永孝が

▼ 恋人であった~ (12, 0.5%)

1 [12件] かもしれない, がため, ことなども, というの, という事, のである, 事は, 人で, 彼女に, 故人の, 時よりも, 美人が

▼ 恋人~ (12, 0.5%)

3 んです 1 の, のか, のかい, のかも, のであった, のです, んだ, んでしょう, ンて

▼ 恋人~ (12, 0.5%)

2 情夫や 1 いう顔つき, 何かの, 兄弟や, 労働運動し, 売子娘と, 夫についての, 女房たちに, 子に対しては, 家庭などを, 情婦など

▼ 恋人~ (12, 0.5%)

2 の上, の魂 1 がいつも, がながめる, が四月, に対して無慈悲, のすべて, の好奇心, の永遠, の無茶

▼ 恋人にでも~ (10, 0.4%)

2 自己を 1 なつて, なろうもの, 会いに, 待たるるよう, 手を, 結婚の, 逢いに, 遇ふ

▼ 恋人にも~ (10, 0.4%)

2 知らすまいと, 苦痛を 1 して, まさるほどの, また妻, 妻にも, 彼女の, 逢って

▼ 恋人~ (10, 0.4%)

2 殿御よ, 私は, 許し給え 1 その哀し, 君が, 君と, 忘れないよう

▼ 恋人どうし~ (9, 0.4%)

3 のよう 2 見たいなわ 1 がする, じゃない, であったから, はね

▼ 恋人には~ (9, 0.4%)

1 いいか, なれない, 何処かへ, 危っ, 手きびしく, 病人が, 相違なかっ, 遠く離れ, 金が

▼ 恋人~ (8, 0.3%)

2 姉か 1 あるいは少なくとも, それとも母, 人妻か, 家族か, 或は仲間, 謎の

▼ 恋人への~ (8, 0.3%)

1 エゴイズム恋人の, 会釈に, 侮辱によって, 思い出に, 思慕である, 思慕雪中登山の, 愛を, 歯がゆさ

▼ 恋人とも~ (7, 0.3%)

1 なり夫婦とも, 呼べる三人, 妹とも, 定らぬ, 思いこむよう, 感じたの, 疎遠に

▼ 恋人とを~ (7, 0.3%)

1 いかに不幸, 一緒に, 思い知らせようと, 思い知らせるため, 思ひ知らせようと, 思ひ知らせるため, 眺めた

▼ 恋人らしい~ (7, 0.3%)

1 とはた, ものの, 女と, 女は, 好きな, 恋人らしい, 芝居を

▼ 恋人なんか~ (6, 0.3%)

1 あたしに, ありは, ありませんよ, あるもん, もって, 競争で

▼ 恋人に対する~ (6, 0.3%)

1 お近, ような, 一種の, 場合に, 心持ちを, 情熱などは

▼ 恋人~ (5, 0.2%)

2 八重の 1 千絵様の, 品殿が, 妙の

▼ 恋人からの~ (5, 0.2%)

2 手紙や 1 便りに, 大切な, 手紙らしい

▼ 恋人としては~ (5, 0.2%)

3 あらゆる男 1 きわめて扱い, 顔の

▼ 恋人なる~ (5, 0.2%)

1 ものは, 人と, 人は, 大島栄子さんから, 彼女の

▼ 恋人~ (5, 0.2%)

1 であった, 思いを, 送られた, 送るよう, 附きまとうやも

▼ 恋人であっ~ (4, 0.2%)

1 てもあす, ても許されない, て彼女, て本屋

▼ 恋人では~ (4, 0.2%)

1 あるけれど, あるまいか, なくて, なくひとり

▼ 恋人なんかの~ (4, 0.2%)

2 手に 1 ことに, じょう談

▼ 恋人かの~ (3, 0.1%)

2 女性としての 1 ように

▼ 恋人じゃ~ (3, 0.1%)

1 ない, ないわけ, ないわよ

▼ 恋人たる~ (3, 0.1%)

1 や何と, 彼女とを, 文士緑川順が

▼ 恋人だつた~ (3, 0.1%)

1 がその, が会つたの, んだ

▼ 恋人って~ (3, 0.1%)

1 あるもの, その方, 兄さんの

▼ 恋人でなく~ (3, 0.1%)

1 ても結婚, て冷静, 過去の

▼ 恋人としての~ (3, 0.1%)

1 千種十次郎の, 愛情を, 清さ

▼ 恋人と共に~ (3, 0.1%)

1 戦いそうして, 気分を, 苫の

▼ 恋人にまで~ (3, 0.1%)

1 信用されず, 見離された無名, 誠意を

▼ 恋人に対して~ (3, 0.1%)

1 のみ用ひる, 居るという, 為に

▼ 恋人よりも~ (3, 0.1%)

1 かわいいと, 新聞小説よりも, 珍しくお

▼ 恋人栄三郎~ (3, 0.1%)

2 であった 1 を巷

▼ 恋人~ (3, 0.1%)

3 四次元の

▼ 恋人あり~ (2, 0.1%)

1 その名, 松本治子とて

▼ 恋人ある~ (2, 0.1%)

2

▼ 恋人かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れないと

▼ 恋人こそ~ (2, 0.1%)

1 いい迷惑, 不幸なる

▼ 恋人~ (2, 0.1%)

1 へ出来れ, へ見つかれ

▼ 恋人すなわち~ (2, 0.1%)

1 わたしの, 自分の

▼ 恋人だけ~ (2, 0.1%)

1 であるという, であるといふ

▼ 恋人だの~ (2, 0.1%)

1 唯一の, 皇后たる

▼ 恋人~ (2, 0.1%)

2

▼ 恋人であれ~ (2, 0.1%)

1 ばその, ばだ

▼ 恋人です~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ 恋人でない~ (2, 0.1%)

1 ただ自分, ということ

▼ 恋人といふ~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 恋人とが~ (2, 0.1%)

1 手向ける譜, 江の島に

▼ 恋人とともに~ (2, 0.1%)

1 する散歩, 遊んで

▼ 恋人とは~ (2, 0.1%)

1 母者人の, 決して思っ

▼ 恋人どころか~ (2, 0.1%)

1 よその, 友達だ

▼ 恋人などという~ (2, 0.1%)

1 ものが, ものは

▼ 恋人などの~ (2, 0.1%)

1 家を, 関係が

▼ 恋人なんて~ (2, 0.1%)

1 いらないの, 一体何

▼ 恋人に対しても~ (2, 0.1%)

1 同断である, 背中を

▼ 恋人より~ (2, 0.1%)

1 この小説家, 他の

▼ 恋人三谷~ (2, 0.1%)

1 のやさしい, の指図

▼ 恋人主税~ (2, 0.1%)

1 のその後, の行方

▼ 恋人以上~ (2, 0.1%)

1 の恋人, の魅力

▼ 恋人位無数~ (2, 0.1%)

2 の長所

▼ 恋人同士みたい~ (2, 0.1%)

1 なこと, にお互い

▼ 恋人気どり~ (2, 0.1%)

1 になっ, のお

▼ 恋人~ (2, 0.1%)

1 な情趣, の愛情

▼1* [122件]

恋人あの侍従の, 恋人お宮を熱海, 恋人かから来た手紙, 恋人かなどと反省も, 恋人かなんぞのように, 恋人からは稀れな, 恋人からもあんな気持ち, 恋人がにおやかに, 恋人ぐらゐにはなつてくれる人達なん, 恋人さん婚礼は挙げられる, 恋人すらも振りすてて, 恋人そうな, 恋人そのままであること, 恋人それからダンサアそれから, 恋人たち相顧みて, 恋人たりし人妻, 恋人だったら一寸の, 恋人だつたら遮二無二隠す, 恋人つくってさ, 恋人であるらしいと思, 恋人でござる故それで, 恋人です聞こうと思え, 恋人ででもあるらしい肉体美, 恋人とか旧都などに対して, 恋人とかに限らずさ, 恋人とかのことを, 恋人とさえ呼んで, 恋人としてばかりでなくあの, 恋人とやらを安心し, 恋人どうしみたいにし, 恋人などではないお, 恋人などと云う言葉, 恋人なら何の, 恋人ならぬ人達の, 恋人なりがありその, 恋人なりと云ふ, 恋人なりの首を, 恋人なんかを守り続けては, 恋人なんぞ考えて, 恋人において魂の, 恋人にさえ打開け, 恋人についてうわごと, 恋人については多くを, 恋人にとっては一切の, 恋人になつても, 恋人にのみ真心を, 恋人によってはめられた特殊, 恋人に対してのみ用いる種類, 恋人あたいはたらく, 恋人のみは忘れえない, 恋人ばかりが追慕される, 恋人または夫の, 恋人までが皆完全に, 恋人みつかって, 恋人ゆえ同じ初心, 恋人よと彼女は, 恋人らしく振舞っておくれ, 恋人わたくしはいつの間にか, 恋人をすら欺かなければ, 恋人をだけお恨み, 恋人をだに占領すれ, 恋人をば高貴で, 恋人ガ出来テ結婚サセテクレト云ウノデ許スコトニシタ, 恋人シャルロットとの二人, 恋人ペーチャの親爺, 恋人ロミュアル卿も今, 恋人ロムアルドオ閣下と思, 恋人一人をさえ真実, 恋人主水に似, 恋人二ツとも一緒, 恋人二人の場面, 恋人云々のお, 恋人以外のすべて, 恋人伯爵夫人を殺し, 恋人佐文の字, 恋人が何だか, 恋人何んだか, 恋人八重が盗人, 恋人が, 恋人初枝さんの家, 恋人力石三之丞その人, 恋人博徒五郎蔵の女, 恋人友人それらのどれ一つ, 恋人曾部の, 恋人同士友人同士で試し, 恋人同志どちらも推理小説, 恋人同志厭気のさす, 恋人同志命まで賭けた, 恋人同志桔梗様と小一郎, 恋人同志酒場へ行かう, 恋人同志間でもお互い, 恋人同様会わなければ, 恋人名優ドン・モラガスがこの, 恋人多四郎を追っかけ, 恋人大河俊太郎の忘れ, 恋人夫婦親友などは, 恋人女房子供といへ, 恋人小一郎の行衛, 恋人山岸主税がわし, 恋人後者はギリシャ, 恋人同伴な, 恋人愛児畑柳家財産唇のない, 恋人或は仲間, 恋人扱いにはされない, 恋人探しの若い, 恋人や味方, 恋人旦那二ツながらヒサ, 恋人明智小五郎の命令, 恋人がその, 恋人栞殿を, 恋人気取りで散歩, 恋人浅井じつ子, 恋人玉日ノ前, 恋人理想の女, 恋人の心, 恋人が通常自己, 恋人美奈子嬢の必死, 恋人の間, 恋人花田君子は一刻後, 恋人を信じた, 恋人関係の人, 恋人高杉を川口