青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「恋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

怨み~ 怪~ ~怪しい 怪しい~ 怪人~ ~怪我 怪我~ ~怪物 怪物~ ~恋
恋~
~恋人 恋人~ ~恋愛 恋愛~ 恐し~ ~恐らく 恐らく~ 恐るべき~ ~恐れ 恐れ~

「恋~」 7425, 80ppm, 1385位

▼ 恋~ (1895, 25.5%)

25 ために 11 ように 9 歌を 8 カレンダー, 森の, 相手に 7 ためには, 心を, 相手は, 相手を 6 しげしも, 告白を, 奴の, 心が, 話を, 遺恨で 5 中に, 女, 対象に, 悩みを, 手紙を, 敵を, 本質は, 歌が

4 [18件] いきさつを, ための, みち, ようで, 余分な, 叶は, 場面を, 奴隷と, 家へ, 対象として, 心の, 森を, 火は, 苦しみを, 苦痛を, 詩を, 遊戯を, 邪魔を

3 [36件] かたきの, こころが, たは, ため, ためでは, ような, 信玄, 初めの, 句に, 句を, 小唄を, 心に, 心理を, 思出が, 恨みだろう, 恨みで, 情を, 敵の, 文づかい, 森で, 歌である, 歌と, 歌は, 歌も, 炎が, 為めに, 物語を, 甘さ, 真実を, 私の, 美酒に, 話は, 遊戯に, 邪魔に, 重荷に, 重荷を

2 [139件] あはれを, お相手, かけ橋, かたきと, ことが, ことで, ためだ, はげしさ, はじめの, ふくらう, へちまのと, ほの, まことが, まことの, まぼろし, みちかな, みち謎手品本郷の, やうな, やうに, マントに, 三角関係, 上の, 主, 二人が, 人と, 仇と, 仇とは, 仇とも, 仇の, 仕方を, 会話は, 何のと, 使の, 光を, 冒険の, 初峯入, 力は, 勝利を, 勝利者, 勝利者である, 千万無量の, 取り持ちを, 可能を, 味も, 唄を, 噂を, 囮, 場が, 夜よ, 奴に, 娘は, 心は, 思い出を, 思ひ出, 怨みだ, 怨みだった, 恨みを, 息, 悦楽に, 悩みに, 悲しみを, 悶えか, 意趣返しに, 感情の, 感情を, 成功の, 戯れを, 手紙が, 手紙という, 捕虜と, 敗北者が, 方が, 方は, 日, 星月夜, 時代が, 最後に, 末路を, 果ては, 森に, 森へ, 楽しさ, 楽土に, 機会の, 歌では, 歌に, 海かよ, 淵は, 温情なる, 満足を, 火傷の, 焔に, 物語, 狩人の, 生活を, 生身を, 病いに, 病と, 病に, 盲目の, 相手が, 相手である, 相手には, 相手の, 破滅は, 祈誓の, 祝福の, 神様が, 秘密を, 種を, 積る, 競争相手が, 競争者の, 糸に, 細道, 終りと, 経験を, 自由の, 色彩, 色彩は, 花が, 苦しさ, 苦しみ, 苦しみつまり, 苦しみと, 苦しみほど, 英雄として, 虫に, 言葉を, 辻占, 辻占が, 通い路, 逢瀬に, 遊戯は, 過失を, 道かな, 遺品を, 重荷, 闇路に

1 [1264件 抜粋] あくがれとを, あとには, あやまちは, あわれ, いきかた, いきさつなどは, いきさつに, いざこざに, いのちと, いろはを, うたげに, うちには, うらみから, うるささは, おくに何物, おもむき, お悩み, お歌を, お薬師さん, お話を, かたきとして, かたみか雄の, かなわなかった若い, かなわぬ絶望, くさぐさ, くどきに, こいである, こと, ことや, ことやらを, ごとく, ごとくしかく, ごと旧恩の, ささやきででも, さざめき, さそいかけを, さめたる柳, しかたと, しげきに, せいだ, せつなさ, たてひきまで, ためと, ためばかりに, ため可愛い, ため董相国に, たわむれの, つきせぬ歌, つじー, できる心, とぬかし, とりもち役, と名づけられる, どっちかが, ない結婚, なかった, なやみの, はかなかりけれ, ひとに, ふたりたちにも, ほかには, ほむら, まどかに, まねごとを, もつれに, もつ魔法, やつこみたいです, やぶれから, やりとりが, ゆるされる道のり, よびかけには, よろこびの, アバンチュールに, ウラミによって, エゴイズムと, カクテルと, ゲームで, シュンと, テクニックに, パラダイスだらう, ヒロインな, ロマンスに, 一こと, 一大助たる, 一対藤次と, 一念です, 一杯売, 一週間, 万分の一も, 三段飛という, 三週間, 上昇である, 不安や, 不幸さも, 世界が, 世界に, 中の, 丹下左膳, 主張を, 乱心といふ, 事は, 事件の, 二人の, 二人を, 亡骸を, 人を, 仇は, 仕方に, 付け文貧の, 仲介を, 会合を, 伴奏必要の, 体力を, 何物である, 作用である, 使いに, 使として, 価値を, 保証を, 修道士は, 偉力を, 傍らといへる, 傷が, 償ひだ, 八十パーセントは, 内より, 冒険みたいな, 凱歌と, 出家という, 切ないこと, 初めての, 初めはからずも, 判断を, 別れほど, 力, 力で, 力持ちが, 功恩愛の, 勇士と, 勝利と, 勝利者から, 勝利者だ, 勝利者では, 勝利者としての, 勝利者は, 千話文妾の, 協は, 卵は, 反古の, 取持ちゃ何とか, 取次を, 古傷に, 句ことに, 句については, 句点を, 叶わず思, 叶わぬ悲しみ, 合図に, 同情者として, 吐息の, 告白であった, 周囲の, 命も, 哀しみとりどり, 唸りや, 喜びを, 囁きさ, 囁きを, 国, 地では, 執着も, 報酬を, 場合に, 場合は, 塔, 墓, 墓場から, 墓場の, 夕焼, 多くは, 夢さめ, 夢を, 夢想に, 失意を, 失望の, 女として, 奴, 如きも, 如きを, 如く神秘的, 妨げを, 始末を, 姿を, 媒介をすら, 嫉, 季節を, 実体を, 実相を, 密輸入物を, 対象が, 対象であった, 対象物である, 小諸へ, 山には, 島という, 巣であった, 巣は, 巣を, 巻ハイッ, 市場が, 幸福を, 幻影に, 幽霊, 底に, 引出物として, 形である, 形に, 形見として, 形見の, 役, 後始末まで, 御物語, 復活に, 復讐との, 心と, 心や, 心理は, 念力から, 念力必ず, 思いに, 思い出だけに, 思い出の, 思い雛が, 怨みで, 怨みに, 恨と, 恨みであろう, 恨みと, 恨みも, 息吹きに, 悩みで, 悩み金儲け, 悲劇が, 悲劇を, 情で, 情は, 情火に, 情熱が, 情熱を, 情調を, 意味は, 意趣お, 意趣は, 意趣返しつまらぬ, 愚痴吾から, 感情に, 憂さを, 懸橋この, 成らんこと, 成り立つまでには, 成功は, 成否を, 成就とや, 成就者だ, 成立し, 成立をば, 戦士達に, 戯れには, 戯談を, 手ほどきを, 手管を, 手紙なども, 手習いは, 手習つい, 打明けばなし, 技巧という, 技巧を, 技術家では, 抱擁と, 掟なるべし, 攻め来れ, 敗残者, 敵から, 敵だった, 敵も, 敵手と, 方にも, 旗, 日なれや, 日を, 旨酒に, 時期であった, 智慧を, 曲懐旧の, 曲者女は, 最も高められたる, 最後の, 月, 望みは, 末の, 本体は, 本情, 本質を, 染まった霊魂, 根柢を, 桟橋を, 森であろう, 森はずれで, 極致にでも, 楽しい夢路, 楽句が, 楽欲を, 橋渡しを, 次に五十首づゝある, 歌, 歌とやら, 歌にも, 歌や, 歓び恋の, 歓喜であった, 正体を, 歴史であっ, 殉教者で, 母, 比に, 気持ちを, 気狂いであった, 泉は, 泊りが, 波瀾が, 浄い, 浅薄なる, 涙と, 涙を, 深さ, 減じるもの, 溜息である, 滝登りに, 激しさ, 火を, 灼熱が, 炎は, 為に, 為め煩悶も, 焔は, 焚る如き, 焼跡を, 煙るを, 熔鉱炉へ, 熱に, 物思いを, 物語において, 状態から, 状態をも, 狢に, 狩人として, 猛者だ, 猟夫は, 珠, 琴の緒に, 甘酒に, 番だ, 病, 病で, 病人を, 痛手とは, 痴話文ナ, 発露と, 盃に, 目的と, 盲目は, 相手だった, 相手という, 相手とを, 相手京姫を, 真似事の, 真実に, 真面目な, 眼使いは, 瞳です, 破局を, 破綻が, 神に, 神ヴィーナスの, 神聖なる, 秘決なら, 空骸が, 立山に, 競争に, 競争者が, 競争者に対する, 競争飛行船の, 筋書が, 範囲内で, 糸と, 約束が, 紛争と, 絆に, 経験は, 結末は, 結果だった, 絵巻という, 絵葉書売る, 続きで, 綱の, 罪は, 美しい幻影, 老練を, 聖い, 背景全体とが, 脈が, 自白を, 色恨みの, 花にも, 芽も, 若者が, 苦しみに, 苦しみは, 苦も, 苦労に, 苦痛が, 茶番劇にも, 葛藤の, 蕾も, 蜜も, 蠱じ, 血潮を, 行手を, 表座敷では, 見合, 観戦武官である, 言葉に, 言葉よりは, 記憶については, 許可不, 詐術も, 試験が, 詩人に, 話から, 話も, 誓ひ, 誠と, 諧謔であっ, 謎, 講釈なんか, 貂蝉を, 貫目でございます, 資格を, 起き上り小法師, 身投を, 辻占という, 辻占の, 迷魂らしいささやき, 追跡を, 通信などでは, 逮夜は, 遂げられますよう, 遂げられるも, 遊びの, 遊戯が, 遊戯の, 遊戯婚約運だ, 過失に, 道, 道では, 道行も, 遣瀬, 遺恨から, 遺恨だ, 遺恨なぞ, 邪魔者であり, 部に, 酒だ, 醒めた心, 重荷で, 野辺の, 錆かな, 関係には, 闇, 闇キャッー, 闇路を, 陶酔に, 陶酔を, 隠家, 雨が, 電流であろう, 青年として, 鞘当が, 鞘当買う, 預かり雛, 題詠が, 願掛けなどを, 風流の, 風雅を, 香に, 馬鹿, 骨折損, 魅力は, 鳴り鏑の, 鴎たちだろう

▼ 恋~ (1512, 20.4%)

177 して 24 した 22 したこと 20 したの 13 すること, するの 12 感じて 11 すると, する者, すれば 9 する 8 したり, しては, するにも 7 しながら, しました 6 したと, するという, する女, 持って 5 したという, した人, しようと, するもの, するよう, する男, 犠牲に, 語って 4 打ち明けて, 知って, 知らずに, 語るには

3 [17件] さ, ささやいて, したが, した事, しても, する事, する人, する人間, する気, する若い, 失うたものの, 失うて, 心に, 恋して, 捧げて, 捨てて, 描いたもの

2 [88件] あわれとは, いたして, かちえても, かなえて, ささげて, ささやかれたので, させたり, さらにお, しかけて, しそう, したその, したって, したところ, したもの, したん, した女たち, した山の寺, した様, した素ぶり, しだしたの, しないで, しなければ, しなさい, しにくい, しましたか, し尽した女, し結婚, し続け得た経験, するその, するなとは, するなんて, するに, するには, するのみ, するのよ, する人たち, する時, する身, ただ歌, つづけて, なすって, 卒業した, 叶えて, 命と, 囁やく, 失うた者, 失って, 容れて, 強いて, 得た, 得たこと, 忍んで, 忘れて, 思う, 恋すと, 恋する人, 恋する少年, 感じたこと, 感じたという, 感ずるよう, 抱いて, 捨て優し, 書いたもの, 求めて, 求めます, 生命と, 知った, 知つた, 知らないで, 知り初めた処女, 知り口迅, 経験する, 続けて, 聞いて, 自分で, 自分へ, 許すが, 語つた, 語つてゐる, 語らって, 語らつて, 語ること, 語るよう, 語れ, 遂げさせて, 達するとき, 重ねて, 題材に

1 [844件 抜粋] あきらめるなどという, あきらめ悪人, あさって歩く, あさる害毒, あのお願い, あの妻, あるまじ, いたしまして, いどめる, いれたの, うけいれるよう, うちあけて, うち明けられ, えたこと, おぼえその, おぼえたの, お争い, お弾き, お持ち, お疑い, お誓いした, お語り, きかぬ以上, くちづけむかな, ささげた, ささげながら, ささげ肉体, ささやかれた時, ささやき村, ささやくよう, ささやく明らか, ささやく源氏, させるつもり, さばいて, さばくと, さまさなくては, さらに高める, されて, される訳, しお, しかけたが, しかけたものの, しかけられた女房, しかけるならば, しかけるよう, しかけ合理的, しかけ恋, したあと, したいたッ, したか, したから, したけれども, したため, したつて, したなどという, したばっかりに, したよ, したら, したらそれ, したるもの, したアヒルレウス, した今, した咎, した坊主, した女達, した山吹, した後, した相手, した覚, した覚え, した話, しちゃ, してから, してると, してるやう, してる人, してる場合, しないと, しない人間, しない女, しなかった, しなくても, しましょう, しますとネ, しませんか, しやう, しようとしても, しようね, しろと, しろなどと, し兼ねない様, し向けられて, し始めたに, し始めました初め, し拘束, し掛けようと, し独り, し遂げようという, すべきでない人, するが, するすし屋, するそれ, するだけ, するだらう, するといった, するとき, するところ, するなどという, するなどの, するなら人間, するほど, するほどの, するより, するクチヅケ, するナルシサス, する人達, する場合, する好, する年ごろ, する愚か, する時間, する点, する程, せかれて, せかれ情, せずには, せず又, せず損, せぬ方, せよ, せよとは, そして現実, その夜, たのしんで, つ, とがめないはず, とがめるとは, とげるには, とりもつてえこと, どこまでも, ないがしろに, なげうって, なさっては, なさつたこと, なさること, なされ焦れ死に果てさせ給うたによって, なして, なし得るを, なすってるん, なすの, なせり, なだめて, なんらお, のがれようとして, はじめて, はっきりと, はっきり意識, ひいて, ふみにじって, ふらすかと, へだてる堰, ほのめかすこと, まじめに, みたすタテマエ, みならふこと, もちながら, もとはに, もとめて, やって, やめさせ安らか, ゆずる気持, よせ恋, わしは, センチメンタルな, 一つの, 一つものに, 一度し, 中の, 主題と, 乾干, 争う気, 争ったという, 争ったの, 二人は, 享け, 人が, 仄かに, 仏力で, 仕掛けたという, 仕掛けられなかつたといふ, 仕遂げること, 作り出す, 入れられなかったため, 具体化し, 写す鏡, 利用してやろう, 募らせた, 包むよう, 包める青年, 占う売卜者, 取次いで, 取次ぎにくかっ, 受けるわけ, 受け入れること, 口に, 叱られたこと, 叶えるか, 否定し, 吸わしめよ, 告げようとは, 告げられたの, 告白し, 告白しなけれ, 告白を, 呪う, 味いたい, 味った, 味は, 咎めること, 商買道具の, 問へる, 営んで, 嘲笑つてゐる, 囁いたその同じ, 囁きかわすの, 囁くに, 囁やくこと, 垣間見ても, 壊らんと, 変えて, 夢に, 夫は, 失ったという, 失ったとき, 失った二人, 失った心, 失った秋安, 失っても, 失つてから, 失ひし身, 奪って, 奪われた深い, 如何に, 妨げるもの, 始めたが, 始めるとは, 娯しむ, 完う, 完全なる, 実際掴み, 寄せたの, 寄せられたという, 察して, 尊びぬ, 小気味よく拒絶つて了つたの, 少しお, 庇保し, 弄んで, 引き裂こうと, 強められて, 彼に, 得たため, 得たと, 得た熱海, 得ました, 得よ, 得ること, 得るという, 得るよう, 心からかつて消えなかった, 忘れある, 忘れずに, 忘れよ, 忘れるといふ, 思い切ること, 思い切れと, 思うあこがれ, 思うたび, 思うとき, 思えるなり, 思ったこと, 思つて居た, 思ひぬその, 思ひ友, 思ひ起したり, 思わせ, 思出し, 恋う心, 恋した, 恋すよう, 恋する気持, 恋とも, 恐れ恍惚, 想い人, 想像しました, 意味する, 愛したで, 感じた, 感じたと, 感じたらしいです, 感じた気, 感じても, 感じなかった僕, 感じぬふう, 感じやり切れない切な, 感じるの, 感じ初めた, 感じ始めたの, 感じ桐, 感づいて, 憧憬いたします, 成り立たせなければ, 成るに, 成就した, 成立させよう, 或ひ, 打あけ, 打ちあけたの, 打ちあけに, 打ちあけられたの, 打ち明けそこ, 打ち明けたこと, 打ち明けた時, 打ち明けられたる処女, 打ち明けられて, 打ち明けるの, 打ち明けるのに, 打ち明ける手紙, 打ち開けられるの, 打明けずに, 打明けたん, 打明けるには, 打開けない, 抑え付けて, 押し通そうとして, 拒絶せられた, 持つ深川, 持つ男, 挑むの, 捧げるという, 捨てさせる, 捨てても, 捨てなかった, 捨て武士, 探して, 探せ, 描いた近代古典, 描くに, 放して, 教へて, 斥けようか, 斬ると, 断念し, 斯ばかりに, 書かれた事, 最後まで, 望みたもうかはた, 未来で, 本当につかめ, 棄てて, 棄てやう, 棄てようと, 極度に, 楽しんで, 楽んだ, 歌うほど, 歌う情死, 歌った, 歎い, 殺して, 求むる男たち, 求めたり, 求めに, 求める訳, 汚すもの, 深くする, 満喫し, 満足させ, 滅す最, 漁るあの, 漁る方, 為たいと, 無下に, 燃えたて, 父が, 片つ, 現さんとて, 現わし, 甚太郎に, 生きるの, 生きる気, 生涯かき消そう, 的確に, 盗んで, 真の, 知ったの, 知った処女栞, 知った少年少女, 知つたのである, 知らずこの, 知らずして, 知らせたくないよう, 知らないの, 知らない少, 知らない禅坊主, 知らぬ, 知らぬという, 知りそむる頃, 知りつつ, 知りはじめたばかりの, 知ると, 知る者, 破った, 破られあわせて, 祝って, 神に, 神秘視し, 私は, 秘し隠しに, 秘するの, 移したと, 移す気, 空想し, 繞って, 考へるやう, 聞くと, 脅威する, 自分には, 自分の, 自覚した, 至上みたいに, 芽ぐませたの, 苦しくばかり, 裂く男, 裏切つて, 見出した様, 覚えそめた十七, 覚えたもの, 覚えて, 覚えます, 覚えること, 観る人, 解せぬもの, 言い出すこと, 許さざりきその, 許した, 訴えあってさえ, 詠んだ句, 詠んだ歌, 詫びようと, 語ったならば, 語ったらどう, 語っても, 語らうこと, 語らせて, 語りあったの, 語りながら, 語りながらも, 語りまた, 語り合うとき, 語り合ったが, 語り山, 語るつもり, 語るなどは, 語るひと, 語る位, 語ろうこと, 語ろうと, 説き明かすの, 談ずる者, 諦めて, 警戒し合った, 護ろうと, 讃美する, 賭けて, 超越した, 踏みつける, 踏み蹂, 迎え入れて, 追うもの, 追う男, 追って歩く, 退ける手段, 遂げしめむがために金, 遂げたいとの, 遂げた刹那, 遂げた訳, 遂げます, 遂げようという, 遂げようとは, 遂げるという, 邪魔し, 重しと, 重んずる時代, 隠した渇仰, 静観し, 静観しうる, 音楽に, 風刺する, 風流遊戯に

▼ 恋~ (538, 7.2%)

19 焦れて 10 落ちて 9 身を 6 おちて 5 夢中に, 心を 4 狂って, 落ちたの, 陥ったの

3 [11件] おぼれた男, 上下の, 寄せて, 盲いる, 眼の, 破れて, 苦しんで, 落ちた若い, 身分の, 陥ちて, 陥って

2 [37件] うき身, うみ肉慾, うむ時, おちた, こがれて, たわ, つかれ恋, とらわれて, なぞらえて, なって, なつた, なやむ一人, もつれて, やつれた, やつれて, やぶれて, 似た感情, 似て, 命を, 悶えて, 意気地の, 死ぬの, 浮身を, 狂い恋, 生きる女, 生き恋, 痩せ千々, 目が, 盲いた, 眼が, 落ちた, 落ちた経験, 落ち漁色, 酔いながら, 酔って, 陥ちた, 陥る

1 [365件] あきて, あくせくする, あこがれて, あこがれの, あせること, あつあつな, あらざるはなし, あらず, あるお, いささか退屈男, いて, うちまかされ相手, うつるハリウッド, うらみに, おちいった, おちては, おちるの, おとして, おなりなすった, おぼれきった女心, おぼれて, からむ恐ろしい, からんで, かれこれ言えやしないだろう, くらべられたの, くらべれば, くらむとは, くらんだ源氏, くらんで, こころを, ことよせて, こひ慕つて, させて, さめかけて, しありけり, しづまむ手童, するには, たあいなく溺れ, ただれた心, たとへ, たは, ちなみの, とけあった男, とける恋, とらわれてるの, とらわれてる激越, とりつかれて, なぜ太子, なっては, なやみ妻, なやむ時頼, ならないもの, なりその, なり後, なるの, なるもの, なんの, のみつくされて, のみ許さるるかな, ひかれて, ひきずられて, ふさわしい清らか, ぶつかって, まじめに, もだえた女, やせるアカシヤ, やつれたエレクトラ, やつれた人物, やぶれたる身, やぶれた口惜し, やぶれた女, やぶれ世に, やぶれ恩寵, よきほどの, よったよう, よろしい若葉, ヒタムキであっ, 上る楷段, 上下は, 不自由なる, 之奴倍之, 乱れて, 争はんとには, 人麿作として, 仕え愛人, 他愛の, 代える何物, 代った安らかさ, 何時かも, 倦だ, 倦で, 全然取り合っ, 全精神, 共鳴し, 内在する, 出遇う時, 到底望み, 刺戟せられた, 劫を, 勝ったお, 勝ったと, 勝ったのよ, 勝つか, 及ばなければ, 取っつかれて, 取詰めた女, 口惜しき命, 合わせて, 同情は, 向かって, 向ふ, 呑気な, 咎めが, 哀れさを, 囚われて, 囚われなければ, 基く悶死, 堕ちかかつて, 堕ちて, 堕ちては, 堕ち咒, 声が, 変って, 変りは, 変るのに, 変わって, 失望した, 失望したる, 奉仕し, 奉仕する, 導いた友達, 就いて, 就ては, 師弟の, 弱い黒吉, 心が, 心の, 心楽しき, 必ず必ず感応, 必要な, 忠実なら, 思いせまった娘, 思ひせま, 性欲が, 恐ろしい競争者, 悩ませた二人, 悩みながら, 悩む人間, 悩める女, 悩んで, 悲しい失望, 惑は, 慣れぬ男, 憂身を, 憧れたあちこち, 憧れる身, 憧憬し, 我また, 我を, 戯れて, 敗れたる貫一, 敗れた光君, 敗れた熊内中尉, 敗れた近江, 教えられたか, 敵なけれ, 於て, 於ての, 暮し政, 柔げられた, 業を, 死なする, 死ぬおんな, 死ぬべし, 死のうとして, 死んだ人, 比べて, 気を, 気付かないわけ, 沈むという, 沈む男女, 泣いたり, 泣かせ有島武郎, 泣かぬ女, 泣き悋気, 活き芸術, 浮かれて, 浸れるもの, 涙を, 深い同情, 深入りし, 渇いて, 渇して, 渡りたる文, 溺れて, 溺れること, 溺れることさ, 灑ぎて思ひ, 焦がれつつ, 焦れたもう, 焦れた心臓, 焦れひとすじ, 熱狂し, 燃えて, 燃えてる, 燃えてる唇, 燃える血, 燃ゆる, 狂うた女, 狂うた男, 狂うて, 狂う型, 狂う女, 狂う美しい, 狂う翰林院博士トルアデック氏, 狂えば, 狂ったか, 狂った信之, 狂った浪路, 狂つた蛙の, 狂はず恋の, 狂ひ, 狂ふ, 狂ふと, 狂熱を, 理性を, 生かして, 生きた可愛い, 生きた昔, 生きぬくなんて, 生きませう, 生きようと, 生きる, 生きるものの, 生きる場面, 疲れた天使達, 疲れた女一人, 疲れぬ, 痩せた男, 痩せた者, 痩せながらも, 目の, 盲い, 盲目に, 相違なし, 眩惑され, 破れたこと, 破れたとき, 破れたものの, 破れたる心, 破れた娘ら, 破れた彼, 破れた私, 破れた若, 破れた訳, 破れた顔色, 破れての, 破れても, 破れるか, 私は, 窶れて, 等しいよう, 精進する, 終るでありましょう, 結びつけて, 結び付け自分達, 置くなり, 耽る気持, 胸を, 臆する恋人, 自分は, 自制に, 自己を, 自由を, 苦しまないもの, 苦しみあえぐより, 苦しみ双方, 苦しむとは, 苦しむの, 苦しむ大将, 苦しむ守人, 苦しめられたこと, 落ちその, 落ちたという, 落ちたとき, 落ちたなどという, 落ちたなんて, 落ちたばかりの, 落ちたまでの, 落ちたり, 落ちた主人公, 落ちた女性, 落ちた娼婦, 落ちた時, 落ちなかったが, 落ちぬ, 落ちられました, 落ちられること, 落ちる, 落ちるならば, 落ち入ると, 落ち在学中, 落ち結婚, 親切で, 誘い乱ら, 誘はうと, 誘われた, 誰れ, 譬えて, 豈まさらじ, 負けた弟, 負けて, 責られ, 走るといふ, 身も, 近い場合, 近い感情, 迷う, 迷うも, 迷う心, 迷ふこ, 退屈しない, 遊ぶ事, 過ぎなかつたが, 酔いふけって, 酔いまして, 酔い過ぎたる男, 酔うこと, 酔うて, 酔えるお, 酔ひながら, 酔ひ小畑は, 酔ひ恋に, 酔ふ, 酔ふかよろしい, 酬いなかった時, 長く苦しむ, 間隔は, 関係する, 陥ちたという, 陥ちた時, 陥ちました, 陥った, 陥ったが, 陥ったという, 陥ってからの, 陥つたところ, 陥らないとも, 陥りふらふら, 陥りました, 陥りやすい, 陥り遂に, 陥るとは, 陥るには, 陥るの, 陥るよう, 陥れば, 離れた時, 離れ社会, 飢え恋, 飢ゑつと, 饑ゑたる彼の, 駆られた一つ, 駆られてる第, 駆られると

▼ 恋~ (528, 7.1%)

16 思案の 5 すまじ, 死よりも 43 失恋と, 心の, 罪悪です

2 [24件] さう, しても, すべての, すべてを, できない, できない女, ない, わがこと, チャンスに, 一度も, 一時の, 一歩も, 今年は, 出来ない, 夢の, 寂しかつ, 必ず破れる, 悲しい遂に, 成り得る, 暴君です, 永え, 知らずも, 細谷川の, 胸三寸の

1 [441件] あだに, あった, あどけないほど, あのこと, あの納屋, あふれて, あらぬ人, あらわに, ある, あるん, ある時期, あろうさ, いさなつく, いつか隣り, いつしか静か, いつまでも, いつも斯, いつも神聖, いつ惑溺, いま現にこんなにも, いよいよせつない, いよいよ募っ, いよいよ熱烈, いろいろに, いわば花, いわゆる選ばれた, うかうかし, うつくしかろ孝, うつせまじ, うるさい, うれしい嬉しい恋, おなじ夢, お粂, かくも, かないまじく候, かなうであろうか, かなえたほう, かなえて, かなえぬまでも, かなしいが, かなわぬ恋, きわめて秘密, こうした, ここに, このまま, この時代, この未来派, この間にも, この際, こわい執着, こんなに人間, さうなくては, ざる一夜, しかしながらそろそろ, したくない, して, しない私, しない若しそう, しなかったつもり, しません, すぐに, すでにさめかけ, すべてである, すべて私自ら迎えた, すべて美しく清く, すまじそんな, すまじ戯れでなくとも, すまじ戯れならずとも, すみれの, する, するが, するけど, すれど, すれども, ずっと前, せぬ, そうであった, そう云う, そしてますます, そだてては, その太陽, その始め, その後どう, その後幾ほども, その恋, その重大さ, そもそも恋, それから, それからかなり, それだけ棄身, そんなに不, ただ縋りつきたい, だんだんそれ, だんだん深く, ちょうど彼女, つかね緒, できても, できないが, できないと, できるであらう, とげられて, とげられなかったかも, ともあれ真心, どこへ, どこまでも, どっちの, どのよう, なかった, なかつた, なかなかに, なき子, なくなって, なって, なほ己に, ならぬか, ならぬと, なんと病的, ねえん, はじめから, べつな, ほかに, ほとんど一年, まさかも, まだ美穂子, まだ醒めない, まるでちがう, み歌, むしろ概して先人, むつかしいもの, むなしき空, もうスッカリ満足, もう終つた, もちろん打算的, もっともっと根強く深い, もとより年頃, ものの, やさしいもの, やさしい野辺, やさし野, やつと, わが心一つ, わずかいっとき, われらの, キットあそこに, ネ衿よ, 一と, 一度は, 一往叶えた, 一方から, 一本道である, 七日なりけり, 不倫である, 不如意な, 不断に, 世にも上, 世の, 世間には, 世間の, 両立しない, 中間の, 二人の, 二人次第の, 二十代に, 五十年以上に, 亡びて, 人の, 人も, 人心の, 人眼を, 人間の, 人間を, 人間自然の, 今夜の, 今私の, 他にも, 仲, 低いもの, 低卑, 何となく板, 何れの, 何んと, 依然として胸, 側次第と, 偶然な, 偽りで, 偽りの, 僅一時間程, 僕の, 優しいはげしいまた, 先づ以て, 全部では, 其恋の, 内証に, 冷されて, 冷たい灰, 出来さうも, 出来ないと, 出来まいと, 別に, 到底痴, 勇壮に, 動きません, 募って, 協はね, 即ち第, 口へ, 右の, 叶う方, 叶わぬもの, 同書, 吾人を, 吾身の, 告げなかったが, 命がけここは, 命なり, 命よ, 命よりも, 和ぎむかとおもへど弥, 嘘の, 地理的である, 多くの, 大人をも, 大抵褪めた, 天なる, 夫, 女の, 女を, 女性の, 好きと, 如意輪寺裏の, 子孫を, 宇宙的の, 実に不幸, 実に深い, 実を, 容れられたり, 容易に, 密かに, 封じられました, 小倉の, 小野さんでなく, 嵯峨行の, 常にそういう, 常に盲目, 幻だ, 幻に, 幼稚な, 弥増し, 弱い者, 強い者, 当時わ, 形の, 彼に, 彼の, 彼女でさえも, 待つ甲斐, 御出家, 心を, 必ず片恋, 必然な, 急テンポを, 性愛の, 恋と, 恋の, 恋を, 恋人を, 恋妾に, 恋釈教は, 恐ろしいもの, 恐ろしい程, 恐ろしい結果, 悲し, 悲しみと, 愈々外れ, 愈々益々その, 成り立つに, 成就いたします, 成就し, 成立っても, 戦では, 戦の, 所詮ならぬ, 所詮浅い, 拘束せられ, 捨てて, 捨てても, 改めうるもの, 敗れに, 斗満の, 新しい情婦, 新緑の, 旅川周馬に, 日に日に猛烈, 日に日に軽く, 明日まで, 昔から, 昔にか, 春に, 昼は, 暗闇で, 曝露される, 曲物こう, 曲者, 曲者である, 曲者に, 曲者の, 更に惑溺, 有った, 朝の, 未だ中, 極めて肉的, 楽く遂げられる, 止まるだろうと, 残るに, 残念ながら, 段々募り, 母親の, 毒薬であった, 氏にと, 決してそう容易, 泣こうとしても, 浮く, 消えて, 深刻さうである, 深山の, 清らかな, 測り知れないほどに, 満たされないまま, 源氏が, 濃くなる, 濃艶痛切, 火の, 炊ぎたる飯, 煩悩の, 熱して, 熱病だ, 熱病と, 爪の, 片思いかも, 片恋であったであろう, 牡より, 特別に, 狂ほしい, 狐に, 王の, 生命と, 畢竟するにその, 異な, 白熱しました, 盲目だ, 盲目である, 盲目と, 盲目という, 盲目なり, 盲目的な, 相思を, 眠って, 矢張り何時までも, 知らずの, 知らなかった, 短か, 短し, 石や, 破鏡の, 神聖じゃなどと, 神聖なり, 神聖を, 禁じられて, 禁園の, 禿頭の, 空しいと, 第二義であった, 精神の, 純潔そのものであった, 純粋高尚だ, 終った, 終る, 終るもの, 結局ただ一度も, 続いて, 罪悪だ, 罪悪な, 美しいもの, 胡桃だ, 脅されて, 自由よ, 臭いを, 至って清らか, 致命的な, 良心が, 色に, 芽を, 若い者, 苦しい, 苦痛において, 荒砥に, 荷ふ, 莫連者をも, 蓋見, 虚偽である, 虫歯の, 虹にも, 蛾と, 親の, 解消し, 許さじと, 誰かが, 誰も, 讎である, 貴女には, 贋物では, 路傍の, 蹂み, 蹴散らされた, 躊躇い怖, 迂濶, 近づかせて, 返されたでは, 追い追い下, 通り魔, 遂げら, 遂げられないの, 遂に苦しき, 遂に達せられた, 遊びでも, 運命的の, 過ちである, 選ばれた人, 避けては, 醒めぬ, 野蛮人の, 金剛不壊なる, 錯覚の, 闇といふ, 雪子との, 霧の, 青年を, 青空思ひ, 非常に, 首尾よく, 魔術師

▼ 恋~ (301, 4.1%)

7 して 6 たきの 5 ある 4 したいと 3 あるの, 正式に

2 [22件] させた業, たきだと, できそう, できたらいい, できるの, なかった, はじまると, ミネル, 不思議に, 出来そう, 出来るもの, 叶えば, 女の, 思案の, 憎うて, 成就し, 成立する, 有る, 清らかだ, 火花を, 紫な, 芽生えて

1 [229件] あった, あったから, あったという, あったの, あったら桃山御殿, あつた, あらうか, あらたに, ありは, あり人情, あり夫婦, あり生活, あり酒, あるか, あるでせうか, あるもの, あるん, あろうか, あろうとも, いかにも不憫, いかに薄汚, いぢ, いつの間にか水, いつ現実, いまになつ, いま成就しよう, おもしろくなる, お上人さまの, お互, お兄様, かなうという, かなえられないという, かなったよう, かなわなかった御, きたの, こ, この女, さうで, させたわざ, さめるの, しかも失われた, したいの, したいもの, しまひ, そうである, その間に, それである, それほどまでに, たき, たきが, たきだ, たきだった, たきである, たきとして, たきとを, たきにつけて, たきの渡を, たきを, たき弥生, だめなら, ついには, できない, できないだけ, できないよう, できるなどという, できるならしたいとは, どういうもの, どうなる, どうの, どちらの, どの様, どんなに執拗, どんなに熱烈, どんなもの, ない, ないとは, ないの, なくなって, なけり, なせる, なろか, はかなく破れた, ひどく個人的, ほしいそこで, ほしいの, まだそう急, やがてその, ようやく遂げられた, ジョヴァンニの, ダメなら, 世間の, 中心に, 九寸五分な, 事でなかった, 事でなかつた, 人を, 今の, 今一時に, 今日の, 今日破れた, 何う, 何の, 何ものよりも, 何故に, 俺を, 倒錯した, 円満に, 再び好転, 再び帰り, 冷めかく, 冷めだすにつれて, 出来ないから, 出来ないと, 出来ましょうか, 出来ようか, 出来るの, 出来るよう, 初まる, 初まるかな, 到底及ばぬ, 募って, 占めて, 却, 受け入れられると, 叶って, 叶わなければ, 呪わしかった, 味気なくなっ, 命とは, 嘘か, 噴出すべき, 四年ごし, 因千浪に, 失せて, 失敗で, 女よりも, 如何に, 始まったとき, 始まったの, 存在しよう, 存在する, 完う, 宗教的に, 実現し, 宮廷ぢゆうの, 尽きたとて, 屡々恐ろしい, 年ぢゆう, 年とともに, 幸福である, 幸福に, 幾年かの, 当然悲恋, 彼から, 彼の, 彼らを, 御互, 怒ると, 思われるの, 急に, 悪かった, 悲しい形, 愈, 成って, 成っても, 成り立つてから, 成り立とうとは, 成功しない, 成就しない, 成就する気づかい, 成熟しきっ, 成立って, 打ち出した怖, 放したくない, 暗に活躍, 暗示され, 暴露かけ, 書いて, 最後に, 歌われ不義, 死して, 残って, 残る, 泥渠の, 泪の, 溢れると, 潜んでるの, 炎で, 無事に, 然しこつち, 片思いに, 生き生きと, 生じたこと, 生ずるの, 生まれるの, 目を, 直写, 破られて, 破れたの, 破れて, 破れ貞操, 禍いされるなら, 移ったわけ, 積もれば, 穢れて, 純情である, 綾之助の, 罪だ, 罪の, 羨ましかろう, 肉体と, 膨脹し, 芽ぐんで, 芽生えさえ, 萌して, 装飾なら, 褪めるだらうと, 褪め掛かる, 親を, 言わせること, 計らず父, 許嫁の, 起こったの, 身を, 金で, 非常に, 非難せられる, 頭を, 風の

▼ 恋~ (201, 2.7%)

4 するかな, 情も 3 して, 何も, 忘れて, 知らずに 2 ある, それに, なければ, ものに, 愛も, 慎し, 死ねとや, 結婚も

1 [165件] あったが, あって, あはれなる, あり, ありうること, ありうると, あり又, あり古い, あり涙, あるもの, ある泣かぬ涙, あろう若き, いよいよ終り, かなしかり, この厳戒, この掟, さめて, さめるはず, さめ果てた気, しならひて, しまた, し人, し女, し慕いも, し成就, すべてこの, する, せじ人, そしで恋, そのよう, たふとし, できないの, できない人, できない卓一, とうに忘れ果てた, どの恋, ない女, ない独り者, なく悋気, なく滅ん, なしに, なみだ, のこり寝の, のんだくれの, はじめの, まあ似, またあなた自身, またきわめて, また美しい, また読者, もう是限, ものうくなりに, りん気, わたしの, コオチャアも, 一つの, 一切白紙に, 一時に, 一瞬の, 一通りでない, 世も, 今し, 仙波の, 似寄つたもの, 何ほどの, 俺は, 冷めるでしょう, 冷め果てて, 出来ぬ, 力で, 功名も, 区別の, 卒業した, 友情も, 同じで, 向い合って, 吾は, 呪も, 命も, 喧嘩も, 嘆きも, 囁やけない, 夢も, 大胆な, 奇妙に, 存じて, 完うし, 実はこの世, 容易に, 尊し, 尋常の, 少しさめる, 巷の, 幾らか興, 当然成功, 得たし, 得られなかったこと, 御染久松, 御駒才三, 忍ぶべし, 忘れよう, 忘れること, 怨みも, 恨みも, 恨もある, 恩愛も, 悋気も, 情けも, 情愛も, 慾情も, 憧憬も, 戦争も, 振り向けずに, 捨てた名, 捨てぬよ, 政治も, 時と共に, 普通一般の, 暗らい, 最初の, 有らず怨も有らず金銭, 未練も, 案外つつましい, 棄てられず, 極めて正当, 浮気も, 清らかさも, 滅茶滅茶, 澄む筈, 無けれども, 無常も, 無残に, 生き方も, 生命も, 発見した, 盗んだでござろう, 知らず万葉集, 知らせねえで盲鳥, 知らないで, 知らなかった, 禁じられて, 禍なら, 私の, 粋なり, 結構わし, 続くもの, 罪も, 肉体の, 自由な, 色も, 芸術も, 若衆も, 薄汚ない, 行われる, 褪め果てたよう, 要らない自分, 詩も, 起こり得ない木村, 起らぬ往時, 邪欲も, 醒めるか, 金も, 食い物である, 骨肉の, 黒吉にとっては

▼ 恋~ (192, 2.6%)

3 いうには, なって, 言っても 2 云うもの, 云う字, 云ふも, 十手と, 恋の, 慾の, 知って, 見做, 革命の

1 [165件] あきらめて, あっては, いうに, いうべき恋, いうもののね, いえども, いえば, いえるなら, いっても, いはず友愛, いふよりも, いへば, いわず無常, いわれは, この室, この道也, ご幣, したこと, すれば, せば, その一生, その古園, なった, なった時, なりぬ, なります, なり不義, なり結婚, なるその, なるの, なる天上, なる感情, なれば, よく似, よばれるならば, コレラとの, サアという, サア情の, 一つの, 不安と, 云うと, 云うには, 云う一字, 云う事為, 云う妄念, 云う曲者, 云っても, 云つてゐる, 云はじ, 云ふ, 云ものが, 人気の, 仕事とを, 伝へ, 何れよ, 併せて, 信じて, 信との, 信仰との, 信頼とが, 六条御息所との, 分類した, 判じ死, 判ずるが, 剣解脱の, 友情とが, 取ったの, 同じである, 同じほど豊富, 同じ度合, 名が, 名づくべき, 名の, 名を, 名附ける, 呟くと, 呼ばるる花, 呼んで, 哀は種一つ, 哀れみとの, 善とに, 喪との, 嘆きに, 国家革新の, 天気予報の, 妬心に, 嫉妬で, 嫉妬との, 嫉妬は, 子供の, 孝行主婦と, 宗教と, 宝とを, 富との, 小袖は, 小説との, 幸福は, 快楽とを, 思い倣, 思い込み心, 思われたくないと, 思想と, 性慾を, 怨み悪, 怪奇を, 悋気の, 悩みと, 情けの, 意地とで, 愛と, 愛という, 愛とを, 愛の, 愛人とに, 慾とに, 慾との, 慾を, 戦えり, 換えた, 敵の, 新生活, 書いたらあと, 歌とに, 歓楽の, 死神に, 没交渉でした, 法との, 無常の, 無常は, 無常を, 環境の, 生活と, 生活とに, 申すもの, 申すよう, 病に, 病熱, 盛んな, 美酒を, 羞恥とが, 義に, 義理との, 職分との, 肉交との, 自分を, 芸術, 芸術とを, 芸術の, 表裏を, 見せかけて, 言うは, 言って, 言つ, 貧乏これが, 違うの, 重なり苦痛, 金と, 金との, 閉じて, 開き恋, 間一髪を, 間違えられて, 電燈の, 飽くこと, 麻酔と

▼ 恋~ (107, 1.4%)

11 の道場 10 のお 5 の殿様 3 の下, の司馬道場 2 の司馬, の峰丹波様, の通り, の饗庭

1 [67件] からかけつづけ, から本郷元町, から立売坂, この名, だ, だとよ, では伊賀, で人, なる司馬道場, に, にあの, にいまし, にのぼりかけた, に広い, のあたり, のあの, の上あたり, の不知火銭, の付近, の剣術大名, の土, の坂, の坂下, の城代家老, の大黒柱, の女将軍, の家, の峰丹波, の影屋敷, の旗下饗庭様, の時分, の片, の町名主, の私, の老, の花, の西, の途中, の雨, はさほど, はずっと, へ, へかけつけました, へとどけられた, へ乗りこんだ, へ出かけ, へ出向い, へ向かいだした与, へ寄っ, へ寄る, へ届けせえすれ, へ届けろ, へ持たし, へ走っ, より師範代安積玄心斎殿, をあと, をおりきった, をくだり, をさして, をすっとん, を上っ, を上った, を上りきっ, を曲っ, を立ちいでました, を駈け, を駈けおり

▼ 恋した~ (94, 1.3%)

5 のだ 4 ことが, ので 3 のは, 男が 2 ことの, 事だ, 霊太后の

1 [69件] あのま, あのまま, あの戦死者, かも知れなかつた, がかなはず, が一度, が妹娘, ことな, ことは, ことを, こと頼母の, その役者, ために, だけになおいっそう, とき姦淫の, としましょう, とて敢, と云う, にもせよ, のかと, のかも, のさ, のだった, のであ, のであっ, のであったら, のであったろう, のである, のでご, のでほとんど, のに違い, のよわかるでしょ, のを, ばかりにあえなき, ひととして, ひとの, ものです, ように, わだつ, んだ, 京子さんとが, 人な, 人の, 人を, 以上肉身たる, 例の, 叔父彼と, 女が, 女なら, 女のに, 女は, 娘は, 時には, 時の, 時代の, 様子で, 比丘や, 浜田そして, 熱情を, 牧太郎と, 男性を, 相手と, 私だった, 私は, 者は, 芸道舞曲の, 若僧が, 許り, 話や

▼ 恋という~ (82, 1.1%)

11 ものは 8 ものを 5 ような 3 のは, ものに, ものの 2 ことばを, ことを, ので, ものが, もので, やつは

1 [37件] お話を, ことに, ことばが, ことばには, こと覚え, ところだ, のが, ものか, ものじゃ, ものするなら, ものだ, ものであろう, ものでしたろう, ものな, ものに対して, ものも, もの江戸ッ児には, ように, リード集の, 一字で, 事も, 人情からも, 単語の, 厄介な, 字が, 字の, 字を, 形で, 感想に, 文字が, 曲者が, 歌が, 煩悩の, 言葉で, 言葉では, 言葉の, 魅力の

▼ 恋~ (77, 1.0%)

6 にけり, 死な 4 つつあらず 3 慕ふ 2 つつ顕しけめ, ば, ば恋, 心の, 朝戸を

1 [48件] しかつた, つつ, つつあらずし, つつあらめ, つつもあら, つつ八月十日あまり, つつ宿, つつ居ら, て, てしたひよれ, てすべなみ, てその, てみい, ても死, て以, て囀る, て死なまし, て池, て術なみ, に, のしげ, の繁, の繁し, は死なず, ば老い, やあかさむ, やわたらん, や暮らさ, わびてさへづることを誰か分, わぶる, をれ, 先に, 壮年は, 居給ふらん, 心が, 心で, 恋ふ, 慕は, 慕ひ, 日に日に痩せぬ, 歌, 止まめ, 汗入の, 相思ふ, 神は, 繁しゑ, 術なかり, 駒は

▼ 恋ふる~ (67, 0.9%)

3 とて 2 ごと, とて君, はともし, 心に, 歌, 鳥かも

1 [52件] あまりに自分, か, かと, こ, こころの, ことあり, こと慰めかね, しるしに, その父, それより, ちさき, とこそ聞け, ともなく, と高, なみだ, なり, にあらず, において差し支, ばかりに柔しき処女, ほどなら, ものは, もわが, も恋, や大島, ゆゑに, より, わが身も, 乳房は, 人の, 凡べ, 切なさ, 北の, 君に, 君ゆゑに, 地上の, 女の, 妹は, 子の, 山吹の, 心の, 心わすれ, 心理へと, 悲しさ, 母かと, 涙の, 涙は, 目標物の, 袂の, 間に, 雲井に, 鹿は, 鼠なき

▼ 恋物語~ (66, 0.9%)

3 である 2 を大阪弁

1 [61件] あるいはとくべつ, がほか, が喜ばれ, が潜ん, だったの, でありシンセリティ, でございますか, で食, といふこと, などが有った, などを見出し, にし, になつて, に半, に同情, に始まる, に憧れ渡っ, に持込ん, のよう, の仕方, の後, の旧跡, の本, の極めて, はその, は今更, は始まる, は硯友社外, ばかりだった, めいた静かさ, もある, もあるだろう, も終, や合戦ばなし, や節会, よりはかえって, をお伝え, をからくり, をきかされた, をきく, をする, をで, をはじめ, をふざけた, をも創り, を人形, を引き合い, を想わせる, を推察, を書い, を書く, を漱石, を知ってる, を聞い, を聞き終っ, を聴かれたなら, を自分, を語る, を説き明かした, を読ん, を述べ

▼ 恋には~ (58, 0.8%)

2 すれて

1 [56件] あは, あらで女夫, いまだ逢, おちず前々, ならんよう, 一つの, 一本気な, 上下がの, 丸木橋を, 主家来, 人間の, 初心, 前後の, 効験が, 卑怯も, 友人も, 命も, 四期が, 大胆に, 天津乙女も, 奔放な, 始めから, 尚かつ, 心猿を, 必ず性欲, 恐るべき神秘, 悩まない一角, 懲りました, 捧げようが, 斯う, 時間も, 最大武器である, 月日は, 死にきれないが, 死の, 無経験, 生命を, 男も, 破れわが子, 神様の, 純情だ, 経験が, 絶頂が, 緩んで, 自分の, 至らなかったが, 至らなかつたが, 色濃い感覚, 苦いもの, 落ちぬ, 負けても, 身が, 選択は, 邪悪な, 邪魔物に, 随分長年苦労

▼ 恋でも~ (51, 0.7%)

5 あるよう, して 3 ない 2 したという, 愛でも

1 [34件] あるならそんな, あるまい, ある時, い, うまく醸されよう, これが, してるよう, ないから, ないが, ないそれ, ない人, ない恋, ない謂, なかった, なく憎悪, なく行き, なければ, なすってるの, 何でも, 信仰でも, 囁き合つたので, 寒月が, 恋は, 情けでも, 情でも, 有りゃア, 母親でも, 無かった, 物好きで, 空想の, 義憤でも, 試つ, 語りかけるの, 述懐でも

▼ 恋では~ (40, 0.5%)

6 ない 5 なかった 2 ないと, ないに, ない恋

1 [23件] あった, ありません, あり四万円, ございません, ないかも, ないが, ないなにか, ないの, ないもの, なかったろうか, なかろう, なかろうか, なくさながら, なくって, なくて, なくても, なく強く, なく愛一般, なく異性同士, なく私, 厶りましょう, 無く女学生趣味, 私が

▼ 恋うる~ (35, 0.5%)

3 心は 2 心の

1 [30件] がごとく慕う, が故に, こころそれには, こころに, ことなし, ことの, と極めて, に至りし, に至るであろう, のが, ほど内, もの, ように, センチメンタルな, 乳房は, 人が, 切なさ, 唄, 少女が, 幼児の, 心を, 思いの, 所作事を, 旅人の, 歌, 歌に, 気持の, 気持は, 郷愁の, 鳥の

▼ 恋~ (34, 0.5%)

3 と思っ 2 と書かれ

1 [29件] あこがれだ, から, からといっ, からの, から安, か何だか, か慾, そうです, といふ, とか何, とか愛, とは思えない, とばかり思い込ん, と云, と彼, と思う, と思ひました, と自分, と言う, と言っ, なお, などと云う, なんて嫌味, なんて尤も, のという, のを, よと, 俺達の, 命かけ

▼ 恋~ (34, 0.5%)

2 あつた, ござります

1 [30件] あつて, おもしろい, おれの, がす, この弁明, さへ, はござりませぬ, は無い, まことに珍, ままよ, もしたらい, 中年女の, 人妻を, 全身的な, 其本体は, 加之に, 動いて, 名高い話, 小唄の, 平民の, 彩ろうと, 欺した, 死ぬ本望, 燃さなければ, 相手を, 自制の, 親子ほども, 身を, 逢う心持, 馬鹿に

▼ 恋とは~ (32, 0.4%)

2 無いもの

1 [30件] いえない, いえない不純, いかなるもの, こう苦しい, そうしたもの, ちが, ちがうん, ちがう衝動, とりも, どんなもの, ならなかった, なりぬうらめし, なりゃしまい, むしろ肉慾, 人類愛の, 何ぞや, 何事, 単にそれ, 声とか, 思わぬ, 申さぬ, 申しながら, 男と, 知らで恋し, 美しき夢見, 言いながら, 言えぬだろう, 言は, 認めて, 違います

▼ 恋~ (32, 0.4%)

4 まむ 2 恋路で

1 [26件] あるいは思想的, さだめ歌, さてはエジプト, するらむ大川楊, するらめ, まめ, まめ命死なず, わたら, 事業や, 人妻の, 仁徳天皇のね, 優しき眉, 喜びが, 嘆息の, 夏の, 家の, 情けは, 情は, 情痴は, 死を, 涙の, 真の, 結婚の, 肉欲の, 親父の, 骨肉の

▼ 恋~ (32, 0.4%)

2 の結婚式

1 [30件] がある, が現われました, き深沢, だが, である, であるから, である織田, でな, という相対的, となった, とは初耳, と来, にあたるやつ, にぴったり, に出し抜かれ, に恋, のぼく, のよう, の南部奴, の吉野, の恐ろしい, の意地張, の秀吉, の頭巾, の首, をいた, をいたわる, をしてやろう, 生かして, 頼まれないでも

▼ 恋患い~ (26, 0.4%)

3 の講中 2 の仮病

1 [21件] が出来る, だけは止しましょう, だって言う, でもし, で寝込ん, で死ぬ気遣え, で死んだ, などをし, に取付, の一味, の仲間, の口, の恋, の第, や貧, をさせた, をし, をした, をする, を束, 組の

▼ 恋といふ~ (24, 0.3%)

3 ものは, ものを 2 のが, 恋を

1 [14件] ことを, のだ, ので, ふかき意, もので, ものに, やつです, 感じよりは, 男女二人同じ, 程の, 芽の, 言葉に, 言葉は, 身に

▼ 恋にも~ (22, 0.3%)

1 [22件] ならない対手, まして, やはり上下, 上中下何階かの, 似たる, 似るか, 何ういう, 功名にも, 勝りて, 勝る熱情, 同じよう, 同情し, 喰意地が, 平凡な, 御自身, 忘れずに, 愛人の, 憧憬れよう, 狂うよう, 男らしい勇気, 色々ある, 詩にも

▼ 恋から~ (20, 0.3%)

2 離れて

1 [18件] お成道, こんな厭世, こんな感激, だという, であると, でご, です, のがれるため, のがれ続けて, またこの, 世から, 出発し, 夫婦に, 始めたん, 必然的に, 恋に, 目を, 身を

▼ 恋ごころ~ (20, 0.3%)

1 [20件] からあぶない, が, が却って, が女, さえ働きかけ, とそれ, との辛い甘い, に変わった, の烈し, は守人, をお, をおぼえ, をまた, を人知れず, を寄せ, を必死, を抱く, を知らしめた, を聞かされ, を起こさせる

▼ 恋とか~ (19, 0.3%)

5 愛とかいう 2 愛とか

1 [12件] そういったもの, なつかしさ, なんとかそんな, 云うもの, 云ったもの, 君とか, 喰い物, 愛とかいふ, 愛とかに, 愛とかの, 称する俳諧趣味, 色情とかいう

▼ 恋~ (19, 0.3%)

2 の声

1 [17件] がトタン屋根, が切ない, が火の番, が足, というもの, とがじゃれ, と恋猫, のき, のこゑはきこえる, のため, のよう, の句, の月, の様, の片割れ, の痩せた, や鮑

▼ 恋~ (17, 0.2%)

1 [17件] あらず望, あらぬか, しからずば, なほ, ねたみか, りんきか, 何か, 何かの, 単なる性慾, 名か, 命か, 情か, 愛か, 憎みで, 死か, 虚偽の, 血か

▼ 恋など~ (17, 0.2%)

2 一度も

1 [15件] いふ問題, させたくない, したくも, すべきでないこと, するな, するほど, であったに, なさいますな, 一つも, 再びしよう, 出来つこ, 囁こうという, 声なき, 思いも, 頭の

▼ 恋よりも~ (16, 0.2%)

1 [16件] もっともっと儚, もっと高い, やさしきもの, ゲルという, 一層高い, 五百両の, 何よりも, 憶い, 更に幾倍, 母親よりも, 深い恋, 目では, 素子の, 華美な, 金恋よりも, 食物よりも

▼ 恋~ (16, 0.2%)

1 [16件] お浦, がたった, だ, であった, にし, の八重, の其方, の出来る, の刃, の粉飾, は出来ない, は真剣, は私, も情婦, をそそのかしゃ, を焦れ死させる

▼ 恋である~ (15, 0.2%)

1 [15件] おそろしい罪, かない, かもしれません, から少しく, がこの, がその, がほか, ことが, ためだ, とは思はなかつた, と余, と消極的, にせよない, よりも歌, 源氏を

▼ 恋~ (14, 0.2%)

4 のだ 2 のでご, んだ 1 ので, のであった, のでございましょう, のでした, のです, ものか

▼ 恋なら~ (14, 0.2%)

2 よほどおかしな, 恋の 1 お藤, ば, ばそれ, ばたとい, ばどんな, ば知らぬ, 今の, 尚好き, 恋で, 恋など

▼ 恋らしい~ (14, 0.2%)

8 ものを 2 ものも, 恋を 1 経験は, 経験を

▼ 恋坂下~ (14, 0.2%)

1 [14件] で三年後, で旦那, で腹, と云え, にて新, に一万石, に待受, のね建部裏, の切腹三法, の建部, の建部内匠頭, の物見, の穴, へ落ちこぼれた

▼ 恋ある~ (13, 0.2%)

5 身ゆえに 1 がため, のみだ, 事を, 人の, 人は, 所嫉妬ありで, 身ゆえなにを, 身ゆえにと

▼ 恋~ (13, 0.2%)

2 の二人, の女, は 1 かなど思ふ, だったこと, に長閑, の楽, の様, の谷間シズカ, の邪魔

▼ 恋~ (13, 0.2%)

1 [13件] という名, になった, に数倍, のこと, のヒョロロンヒョロロン, の話, の馬, はヒョロローン, は前, は前生馬, は親, を, を親不孝鳥

▼ 恋に対する~ (12, 0.2%)

2 優しい同情 1 同情の, 嫉妬が, 彼女の, 心の, 心持恋の, 憤りの, 私の, 話が, 追憶の, 雑とも

▼ 恋~ (12, 0.2%)

2 人の 1 なも立と, に人, に似た, のか, やうに, 人世に, 君と, 故郷へ, 鹿の, 鹿も

▼ 恋ゆえ~ (11, 0.1%)

1 [11件] で幼なじみ以来, と申した, にご, にイエス, に天国, に嬲り殺し, に破壊, に罪, のおおし, のこと, の知恵がくふう

▼ 恋~ (11, 0.1%)

1 [11件] であったが, でありまた, に二代法外, に手紙, の自分, の許, はやがて, を, を亡くした, を捨て, を若い

▼ 恋ふと~ (10, 0.1%)

2 下ふかく, 云ふ 1 ありに, なく思ひわすれき, ふ我妹, も言はじ山吹, 君泣く, 告げたる一瞬

▼ 恋ふらく~ (10, 0.1%)

51 の多き, は不二, は富士, 吾が情, 天霧らし

▼ 恋し合っ~ (9, 0.1%)

4 ている 1 ていた, ておられます, てそして, て同棲, て居り

▼ 恋などは~ (9, 0.1%)

1 ご当人, しない人, とうの, もっとも特色, 余りに小さな, 問題に, 嘘の, 第一, 鼻風邪ほどにも

▼ 恋なんて~ (9, 0.1%)

2 ことは, ものは 1 いうこと, いうもの, した事, 周囲が, 言ったって

▼ 恋より~ (9, 0.1%)

2 ほかに 1 お金の, かきつばたうす, 力強いもの, 四千両の, 彼自身が, 甚だしいもの, 起ったという

▼ 恋~ (9, 0.1%)

1 だあ, だと, で衰死, とでもいう, にかかっ, にかかる, に取つ, に取つ憑かれた, ひの

▼ 恋され~ (8, 0.1%)

3 ている 1 ていた, て雨龍, ながらその, はしますまい, もしまい

▼ 恋された~ (8, 0.1%)

1 のです, までである, んで, 人の, 女房である, 男として, 若夫婦, 話や

▼ 恋~ (8, 0.1%)

3 ている 1 たりなんぞした, たり甘美, ていた, てみた, 恋しい銀座

▼ 恋であった~ (8, 0.1%)

1 かとあの, かも知れない, が何, ことなどを, ことには, とはいえ, のであろう, のです

▼ 恋~ (8, 0.1%)

2 恋よ 1 お前が, この子, 何んて, 喃, 汝よ, 野うばらも

▼ 恋をも~ (8, 0.1%)

1 かたりぬ, 供えもの, 厭っては, 我は, 打ち明けずに, 烟の, 無二無三に, 知らぬ学生時代

▼ 恋そのもの~ (7, 0.1%)

2 にはさして 1 です, でなくては, でも道, はただ, は決して

▼ 恋~ (7, 0.1%)

2 つもりて 1 かし, かし吹風, くるしき, 強し, 苦しき

▼ 恋だの~ (7, 0.1%)

4 愛だ 1 男だ, 貴女に, 貴郎

▼ 恋との~ (7, 0.1%)

1 他には, 別が, 常世の, 悩みの, 本来の, 板挟みか, 相違こそ

▼ 恋に対して~ (7, 0.1%)

1 こうした不徹底, 傲慢であった, 冷淡さが, 天が, 妙な, 彼女は, 御冷淡

▼ 恋以外~ (7, 0.1%)

2 の何物 1 になんら, にはござらぬ, には取上げない, には真理, の何もの

▼ 恋婿~ (7, 0.1%)

1 が内定つて, であったそう, である, で吉原, と云, をば自分, を棄てなけれ

▼ 恋いし~ (6, 0.1%)

3 たって 2 や古里 1 がかの

▼ 恋じゃ~ (6, 0.1%)

1 ありません, ないん, なかろう大方, なし, わいの, 迷じゃ

▼ 恋それ~ (6, 0.1%)

2 は僕 1 が彼女, にはエゴイスチッシュ, にも我, は充分

▼ 恋だった~ (6, 0.1%)

2 のです 1 から当然, とされ, のかと, わけ

▼ 恋って~ (6, 0.1%)

1 いるの, いる女, もっと真剣, もんだ, 言葉も, 追いかけるよう

▼ 恋であり~ (6, 0.1%)

1 うるかも, この二つ, ながらなお, ながら金子, クローズアップされた, 三十いくつで

▼ 恋なり~ (6, 0.1%)

1 ああ恋, みな一主人に, 恋としても, 恋に, 恋ゆゑに, 無駄を

▼ 恋一つ~ (6, 0.1%)

1 でも義仲, にすがらなけれ, のため, を生命, 抱いて, 知らないで

▼ 恋~ (6, 0.1%)

2 は感情 1 というよう, とを比較, のごとき, の上

▼ 恋稲荷~ (6, 0.1%)

1 に行っ, の前, の境内, の杉並木, の格子, の裏

▼ 恋語り~ (6, 0.1%)

2 をし 1 がやはり, は伝わっ, より, をやんれ

▼ 恋される~ (5, 0.1%)

1 こころの, ことは, のは, 仲と, 男何者やら

▼ 恋しかる~ (5, 0.1%)

2 らん 1 なも, 昼は, 灯の

▼ 恋し合った~ (5, 0.1%)

1 人が, 方な, 為棄てられた, 若い夫妻, 間柄だけに

▼ 恋せず~ (5, 0.1%)

2 ば人 1 にはいられない, 女を, 女性を

▼ 恋せぬ~ (5, 0.1%)

2 ものよ 1 などと仰せ, はすべ, 昔の

▼ 恋~ (5, 0.1%)

1 いること, きつと, ふことは, ふもそれ, ふもの

▼ 恋であっ~ (5, 0.1%)

1 てお, てどんな, て冬, て恋, て深

▼ 恋でない~ (5, 0.1%)

1 ことを, と云っ, と言, のが, 恋に

▼ 恋として~ (5, 0.1%)

1 この関係, そのままには, 告白し, 心の, 残るよう

▼ 恋とを~ (5, 0.1%)

1 いだく者, なやみして, 吹き込むの, 引放して, 得ること

▼ 恋なぞ~ (5, 0.1%)

1 いうもの, されるの, すまじきもの, すまじき事, 出来る身体

▼ 恋などという~ (5, 0.1%)

1 ことは, ものを, 安からぬ, 感情は, 生やさしい

▼ 恋なる~ (5, 0.1%)

1 か, もの, ものは, を思ひ切, 者を

▼ 恋ばかり~ (5, 0.1%)

5 では

▼ 恋ひ居れ~ (5, 0.1%)

3 ば吾 1 ばわが, ば白雲

▼ 恋ほど~ (5, 0.1%)

1 あやしきもの, はかなきもの, 人心を, 恐ろしいもの, 苦しいもの

▼ 恋をさえ~ (5, 0.1%)

1 忘れて, 書いた, 言い現, 遂げえないもの, 遊戯視し

▼ 恋争い~ (5, 0.1%)

1 に敗れた, に敗北, のという強い, の敗北, やら何やら

▼ 恋以上~ (5, 0.1%)

1 に二人, のあらぬ, のお方, のもの, の恋

▼ 恋坂司馬道場~ (5, 0.1%)

1 とやらの, の奥方, の屋敷内, の峰丹波, の裏口

▼ 恋愛らしい~ (5, 0.1%)

1 ものも, 恋愛の, 恋愛は, 感情を, 肉体的な

▼ 恋無常~ (5, 0.1%)

1 が適当, と人, の活躍, は無論, を座標

▼ 恋~ (5, 0.1%)

1 ありて, がその, だ, のご, の隣家

▼ 恋行き~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, かね, が出る, が発車しまあす, にお

▼ 恋あり~ (4, 0.1%)

1 と言わば, 各人各様千差万別の, 恋ある, 涙あり

▼ 恋かも~ (4, 0.1%)

1 和ぐる日も, 知れなかった, 知れぬと, 知れん

▼ 恋~ (4, 0.1%)

1 を思ひ, 御名を, 水屑を, 貫一の

▼ 恋~ (4, 0.1%)

1 てゐ, 引寄せ, 思召す, 思居り

▼ 恋こそ~ (4, 0.1%)

1 はまことの, 恋の, 真なれ, 誠なれ

▼ 恋しか~ (4, 0.1%)

2 んべ 1 つた, ない

▼ 恋せる~ (4, 0.1%)

1 唇の, 女が, 女の, 女を

▼ 恋だけ~ (4, 0.1%)

1 すれば, だね, である, なの

▼ 恋だけは~ (4, 0.1%)

1 なかった, もっと素晴, よく自分, 醜悪な

▼ 恋とかいう~ (4, 0.1%)

1 ものとは, ような, 名を, 問題も

▼ 恋ならぬ~ (4, 0.1%)

2 恋が 1 ねざめたたずむ野, 男と

▼ 恋なれ~ (4, 0.1%)

1 ばこそそこ, ばこそだ, ばこそ止ん, ば燻る

▼ 恋ひあ~ (4, 0.1%)

1 へじ, へずし, へむか, へむや

▼ 恋ひし~ (4, 0.1%)

1 がつて, さぞ, てゐたらしい, をば棄てられ

▼ 恋ひぬ~ (4, 0.1%)

4 らむ

▼ 恋ひむ~ (4, 0.1%)

1 かも, な, な印南野, ものぞと

▼ 恋ひめ~ (4, 0.1%)

4 やも

▼ 恋ひわたる~ (4, 0.1%)

3 かも 1 身は

▼ 恋ひ来れ~ (4, 0.1%)

3 ば明石 1

▼ 恋ふべき~ (4, 0.1%)

1 の迹透明, ものか, 月近づきぬ, 過去でも

▼ 恋ふら~ (4, 0.1%)

2 む鳥は 1 くも, む人は

▼ 恋わずらい~ (4, 0.1%)

2 をし 1 じゃア, をわずらい始めた

▼ 恋をでも~ (4, 0.1%)

1 して, してるよう, するよう, 遂げに

▼ 恋喧嘩~ (4, 0.1%)

1 に惨敗, に至っ, の結果, を人妻

▼ 恋~ (4, 0.1%)

1 といふ姓, の堂守, よと冬子, を吹き込ん

▼ 恋小町~ (4, 0.1%)

3 の萩乃さま 1 の萩乃様

▼ 恋岐沢~ (4, 0.1%)

1 が平ヶ岳, と只見川, に截, の間

▼ 恋~ (4, 0.1%)

1 に打ち, もせず, をさせる, をするなら

▼ 恋~ (4, 0.1%)

2 の強 1 を流し, を表し

▼ 恋物語り~ (4, 0.1%)

2 もある 1 がまるで, を告白

▼ 恋知らぬ~ (4, 0.1%)

1 右門も, 天童の, 小猫, 素直なる

▼ 恋がたり~ (3, 0.0%)

1 かな, ひだり枕の, 聴く

▼ 恋ごろ~ (3, 0.0%)

21 も土用干

▼ 恋さえ~ (3, 0.0%)

1 はいって, ゆるされなかった世界, 知らなかった

▼ 恋~ (3, 0.0%)

1 やない, やなかつた, やの人情ぢ

▼ 恋であろう~ (3, 0.0%)

21 ということ

▼ 恋です~ (3, 0.0%)

1 が今, もの, よ

▼ 恋でなく~ (3, 0.0%)

1 ただ可愛, とも何等, も無い

▼ 恋とも~ (3, 0.0%)

1 いうべきもの, 云うべきもの, 思わぬ日本人

▼ 恋なか~ (3, 0.0%)

1 がもと, でありその, の深き

▼ 恋なし~ (3, 0.0%)

1 だ, に人生, 財産が

▼ 恋などとは~ (3, 0.0%)

1 たかの, 何の, 思いも

▼ 恋なんか~ (3, 0.0%)

1 あきあきしたとでも, する事, 柄に

▼ 恋についての~ (3, 0.0%)

2 感情を 1 話な

▼ 恋ひしい~ (3, 0.0%)

1 かと云, の, のか

▼ 恋ひしく~ (3, 0.0%)

2 ばとぶらひ来ませ 1 なつて

▼ 恋ひつ~ (3, 0.0%)

1 のる, のる傾き, 泣くを

▼ 恋ひも~ (3, 0.0%)

2 死ねとや 1 こそすれ

▼ 恋ふらし~ (3, 0.0%)

1 も, や妻鳥, 音に

▼ 恋ふれ~ (3, 0.0%)

1 ども逢ふよ, にかあらむ沖, や時分

▼ 恋~ (3, 0.0%)

1 り, 出なおすと, 行くと

▼ 恋まで~ (3, 0.0%)

1 土鼠の, 得て, 行かなくても

▼ 恋ゆゑ~ (3, 0.0%)

1 に悩, に身, の狂

▼ 恋をば~ (3, 0.0%)

1 贔負に, 追はず此, 追わず此

▼ 恋一朝~ (3, 0.0%)

3 にさめ

▼ 恋占い~ (3, 0.0%)

3 が流行った

▼ 恋恍惚~ (3, 0.0%)

2 のメロディ 1 のメロディ云々

▼ 恋~ (3, 0.0%)

1 くちし此, なれば, の闇

▼ 恋~ (3, 0.0%)

1 に限っ, ひにでもか, ひを

▼ 恋いしゅう~ (2, 0.0%)

2

▼ 恋い死~ (2, 0.0%)

1 なば, の空骸

▼ 恋こそは~ (2, 0.0%)

1 その全, 真の

▼ 恋この~ (2, 0.0%)

1 やうな, 事件は

▼ 恋さまざま願~ (2, 0.0%)

2 の糸

▼ 恋されたい~ (2, 0.0%)

1 ことを, とね

▼ 恋ざんげ~ (2, 0.0%)

1 をした, を試みた

▼ 恋しからず~ (2, 0.0%)

2 はあらね

▼ 恋しかりしか~ (2, 0.0%)

1 どゆめさら, ど夢さら此人

▼ 恋し合う~ (2, 0.0%)

1 にすぎず, ように

▼ 恋する~ (2, 0.0%)

1 によく, 人が

▼ 恋その~ (2, 0.0%)

1 何れもが, 恋の

▼ 恋そんな~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ 恋だったら~ (2, 0.0%)

1 イツ何時でも, 恋の

▼ 恋とでも~ (2, 0.0%)

1 いふやう, 云うわずらいでございましょうと

▼ 恋とともに~ (2, 0.0%)

1 掻き消えて, 生まれる

▼ 恋とやら~ (2, 0.0%)

1 情けとやら, 情と

▼ 恋ながら~ (2, 0.0%)

1 なほ冥々に, 体力的に

▼ 恋なき~ (2, 0.0%)

1 恋の, 恋を

▼ 恋なぞは~ (2, 0.0%)

1 おわかり, 心にも

▼ 恋などと~ (2, 0.0%)

1 妙な, 詩人めかし

▼ 恋において~ (2, 0.0%)

1 体験する, 受身であった

▼ 恋においても~ (2, 0.0%)

1 勇敢であった, 権勢においても

▼ 恋における~ (2, 0.0%)

1 夢を, 限りは

▼ 恋にかけても~ (2, 0.0%)

1 常々後手ばかり, 強た

▼ 恋にでも~ (2, 0.0%)

1 焦れて, 耽るが

▼ 恋のう~ (2, 0.0%)

1 きみを, ウた

▼ 恋のという~ (2, 0.0%)

1 のじゃ, 間柄では

▼ 恋のみ~ (2, 0.0%)

1 で男, 成立って

▼ 恋のみか~ (2, 0.0%)

1 その大きな成功, 生命を

▼ 恋はる~ (2, 0.0%)

1 と, とやす

▼ 恋ひこがれ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, 背後に

▼ 恋ひこがれる~ (2, 0.0%)

1 悩みは, 身と

▼ 恋ひざらまし~ (2, 0.0%)

2

▼ 恋ひした~ (2, 0.0%)

1 つて, 私だつた

▼ 恋ひすぐれ~ (2, 0.0%)

1 て人, て君

▼ 恋ひずあり~ (2, 0.0%)

2 とはあらね

▼ 恋ひぬれ~ (2, 0.0%)

1 て, ど

▼ 恋ひわび~ (2, 0.0%)

1 て死ぬる, て泣く

▼ 恋ひ焦れ~ (2, 0.0%)

1 たりした, てゐた

▼ 恋への~ (2, 0.0%)

1 予言の, 熱も

▼ 恋までが~ (2, 0.0%)

1 煙って, 煙る

▼ 恋までも~ (2, 0.0%)

1 そこねられるの, 八寸玉の

▼ 恋みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, ね

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 やも, り

▼ 恋めいた~ (2, 0.0%)

1 ものを, オセロへの

▼ 恋よりは~ (2, 0.0%)

1 むしろ愛, 男は

▼ 恋わすれ~ (2, 0.0%)

1 ても, 貝

▼ 恋メデタシメデタシ~ (2, 0.0%)

1 と考え, よりもよっぽど

▼ 恋~ (2, 0.0%)

2 の部

▼ 恋仇同志~ (2, 0.0%)

1 であるが, は妙

▼ 恋仇敵~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, へ向けよう

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 になっ, は恋

▼ 恋坂上~ (2, 0.0%)

1 のお, のささやか

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 が夢中, をうしろ

▼ 恋宿~ (2, 0.0%)

2 という合歓

▼ 恋巧者~ (2, 0.0%)

1 である, な南国人

▼ 恋心地~ (2, 0.0%)

1 の楽しみ, をほとんど

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 の翼, は金剛不壊

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 の格子, の狐格子

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 といふ村, の藤兵衛方

▼ 恋無常みな~ (2, 0.0%)

2 いりごみ

▼ 恋焦れ~ (2, 0.0%)

1 ておりました, て今夜いらっしゃい

▼ 恋羈旅無常~ (2, 0.0%)

1 などという強く, などを詠ずる

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 たる君, は何ゆえ

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 の, を力車

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 はお客, はたしかもう一度

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 も新しい, を生ずべし

▼ 恋~ (2, 0.0%)

1 のいわば, のこまやか

▼1* [351件]

ああ忘れ給え, 恋あるいは実際いろいろの, 恋いずれも世に, 恋いせし女, 恋いつも自分に, 恋いなごの恋, 恋いなされた刀なら, 恋いる心が, 恋いわたり男, 恋いわずらいの, 恋うつくしかれな, 恋うるも恋うるゆえに, 恋身の上現在の, 恋おしみ寄席文学の, 恋おや清さんの, 恋かが知れやう, 恋かぜは, 恋かまきりの恋, 恋からの所業なら, 恋からは遠い尊敬, 恋がたりでもして, 恋がたりに嘘の, 恋くらいなところ, 恋ぐらい慾天的な, 恋こそがいい, 恋これも恋, 恋もれ君, 恋さえも装飾視し, 恋さないでは居られなかったろう, 恋されようという料簡, 恋され愛されるのは, 恋ざかりの若い, 恋ざめや破れから出家, 恋しあう若人の, 恋しかけた十二三歳ごろの, 恋しかけたごとく言上され, 恋しかりし女史よりの, 恋しけば形見, 恋しげみ奈具左米可禰, 恋したいという楽しい, 恋したがって彼女が, 恋しただろうと思った, 恋しちまったからよ, 恋しましたが捕獲賞金, 恋しみてしらぬひ, 恋しらずならあり難くなしと, 恋し合い愛し合い助け合ってそうして, 恋し合わないとも限らない, 恋じみたものの現, 恋じゃあないん, 恋すら成り立つまい, 恋すらば生ける験, 恋せずしてその, 恋せない心持の, 恋せめ我が妻, 恋せるなるか, 恋そこに名刀帰雁, 恋そめし心をの, 恋ぞうら山しと, 恋だけで沢山です, 恋だけの対手または, 恋だって火の, 恋だつたことは, 恋だろうか, 恋ちょう真清水, 恋ってるに相違, 恋つくる玉簾, 恋でさえ一つの, 恋でしたナ, 恋でしたらやらない方が, 恋でしょう問題は, 恋でなかったような, 恋でなければならぬ, 恋といはしろ, 恋というも愚かな, 恋といったような, 恋とかさ物の, 恋とが無くては, 恋とこそ呼べ, 恋としかあのお方, 恋としても彼女は, 恋とだけは考えおらぬ, 恋となあはれおも, 恋とに寄せたもの, 恋とや片し貝, 恋とやらに燃えて, 恋とやらはせぬが, 恋とやらをやり馬脚, 恋どっちに幸い, 恋なくして, 恋なされたかと思え, 恋なぞという個人的な, 恋などではござりませぬ, 恋などといふ形も, 恋などにおちて, 恋などよりももっと深刻, 恋などを語る時, 恋なら退くも恋, 恋なりし人の, 恋なんかは大抵は, 恋なんぞも主に, 恋なんてをかしいかも, 恋なんと云ふこ, 恋にかへるところ, 恋にかけてはとっても内気, 恋にさえ成功した, 恋について自分の, 恋にても然かぞ, 恋にとっては何らの, 恋にのみ生きると, 恋にはと思いさだめ, 恋にまでなっては, 恋にやはあらぬ, 恋によつて生き, 恋によって私の, 恋に関しての長い手紙, 恋のさはりを, 恋のせめくれば, 恋のというまでもなく得心ずく, 恋のみが青春を, 恋のみに生き得るもの, 恋のみの熱情が, 恋のみは七夕星の, 恋のるつぼに溶かされ, 恋はも少と, 恋はれたる一人の, 恋はんとする, 恋ばかりは笑って, 恋ばかりを言われて, 恋ばなしを好まない, 恋ひいの寝, 恋ひいたも術なみ平山, 恋ひおもふか, 恋ひこがれた東京へ, 恋ひさせ給ひ, 恋ひしうて, 恋ひしき幻を, 恋ひしわたれば, 恋ひせずは, 恋ひたむきにとげる, 恋ひであると考へ, 恋ひなさるやう, 恋ひまさりけり, 恋ひわたりゐし君を, 恋ひわびぬおほた, 恋ひ乱れつつ浮沙, 恋ひ寝ねぬ朝明に, 恋ひ居らむ, 恋ひ思ふ吾妹, 恋ひ慕うて居つたなれ, 恋ひ暮らすかも, 恋ひ来し君に, 恋ひ止まむ, 恋ひ渡りなめ, 恋ひ焦がれて自分, 恋ひ焦れないでゐる, 恋ひ焦れ引裂きうち, 恋ひ負けて去り, 恋ひ返されたりする, 恋ふこころ説き伏せ, 恋ふとしならば, 恋ふなれどこれ, 恋ふまじきおき, 恋ふみにじって栄三郎, 恋ふ忘れがたし血, 恋みを, 恋ほかするもの, 恋ほしくなりにけり, 恋ほのめくや歌かるた, 恋また冷やかなり, 恋または衣によ, 恋まつれる事幾十日別紙御, 恋ながら打た, 恋やったら交際し, 恋やら情やら, 恋やらがありますの, 恋ゆえ人は盲目, 恋ゆゑに百千の敵, 恋ゆゑ人をころした, 恋ゆゑ苦労する, 恋るる人, 恋れんとし, 恋まん, 恋わたっている, 恋わたる身は, 恋われあやぶみぬ, 恋わんがため, 恋をこそ祈れ, 恋をとおもうが, 恋をまで疑うよう, 恋を以て牢獄を, 恋を通して人間の, 恋せまいもの, 恋スル所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 恋冒険ヲ, 恋生ム, 恋ヶ浦とも国府, 恋の上田, 恋一たび破綻を来たした, 恋一丁目門垣根に百日紅, 恋一八三二年六月の暴動, 恋一寸法師の山野夫人, 恋三昧をで, 恋上品な恋, 恋に住ん, 恋下女恋等の題目, 恋不知火のむす, 恋情かたみに, 恋に, 恋二万年ながき短き, 恋云わぎも, 恋互思恋などという安から, 恋の部, 恋亭主ちょっとまとも, 恋仇南部集五郎であった, 恋仕掛けでわが, 恋佗びつつも心を貫かん, 恋全体を背景, 恋六平太が酔つた顔, 恋別れた恋見ざる, 恋ち男子, 恋半分使命半分の動機, 恋又は純粋なる, 恋叶えたまえと願う, 恋叶えんとならば残り, 恋君うらみたまへど, 恋呼ぶわびしい虫, 恋のよう, 恋喧嘩以来自分があの, 恋地蔵とも称え, 恋坂上一帯を領, 恋坂下何う成る, 恋坂司馬十方斎の道場, 恋坂影屋敷の鎧櫃, 恋坂殿様の御, 恋坂湯島天神裏花園町の坂, 恋坂道場の供待ち部屋, 恋報いられたり, 恋外道の恋みたい, 恋多き少年の, 恋失ってちかぢか, 恋女アネットの名, 恋女腰元八重縛められて, 恋女酒あるいは芸術, 恋妄想などおかしく, 恋妻千浪の声, 恋に執っ, 恋の通り, 恋にいちいち, 恋川春町が黄表紙, 恋川春町芝全交, 恋左膳よりもお, 恋巨人の姿, 恋の悲しい, 恋得たる恋の, 恋得つと御歌, 恋心持の話, 恋忍ぶ恋, 恋思い切れと言う, 恋恋人などと云う, 恋恋今になっ, 恋恋恋今になっ, 恋患いさせたという八五郎, 恋患いしている, 恋患いだか知らない, 恋患いてえのを, 恋患い見てえな, 恋悩みに上下, 恋そして恥辱, 恋愛せられるような, 恋愛らしきもの甚だ, 恋愛教育社会文化の諸, 恋愛等については私, 恋慕い縦しや, 恋慕うものの, 恋慕った娘の, 恋は巧, 恋成就しないはず, 恋或は父母の, 恋戦争のない, 恋のつね, 恋持つ者は, 恋故に辛抱するで, 恋が一年一度, 恋にも録, 恋へ出よう, 恋し木曾路, 恋死ぬかも知れません, 恋気ちがいじみた恋, 恋水病という奇妙, 恋泊村の藤兵衛, 恋渡っている, 恋渡るべき一人の, 恋かに生みし, 恋となっ, 恋瀬村の桜井家, 恋のよう, 恋無常疾病羈旅等があっ, 恋無情といったよう, 恋物語後に二つ, 恋犬鶏は出し, 恋狂うとか恨み死, 恋猟人の附け, 恋猫恋犬鶏は出し, 恋人種の, 恋病らいのブラブラ病い, 恋白鳥王子妖精が眼前, 恋る, 恋着せる婦人も, 恋ざりし珠運, 恋知らずが養母さん, 恋知り男の, 恋破れるほどなら, 恋私慕も打ち捨て, 恋稀薄の愛, 恋の題目, 恋を縛った, 恋を述, 恋けむと思はね, 恋義理涙そういうきずな, 恋よ, 恋聟君とて人々, 恋自由とやお, 恋や, 恋花嫁のお, 恋草生ふる小雨, 恋著した宮沢賢治が, 恋といふ衣, 恋衣裘より重けれ, 恋見ざる恋, 恋見れば, 恋語りした昔思え, 恋語りするとは何事, 恋の高城君, 恋讐共がよから, 恋農工銀行ちうの, 恋近親の恋, 恋逢った恋別れた, 恋遂げさせねば官, 恋ならぬ交際, 恋道中師伊兵衛と馬春堂, 恋醒心何を見る, 恋釈教は釈教, 恋金泥がこい, 恋鎮祭ですその, 恋というふう, 恋によする, 恋飛脚の梅川, 恋飛脚大和往来長谷寺の牡丹とき, 恋首尾よく成就, 恋馴れた誇りに