青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「怪物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~性質 性質~ 怨み~ 怪~ ~怪しい 怪しい~ 怪人~ ~怪我 怪我~ ~怪物
怪物~
~恋 恋~ ~恋人 恋人~ ~恋愛 恋愛~ 恐し~ ~恐らく 恐らく~ 恐るべき~

「怪物~」 2583, 28ppm, 4182位

▼ 怪物~ (585, 22.6%)

26 ような 22 ように 14 姿は 13 ことを 9 姿が 7 あとを, ために, 姿を, 正体を 6 すがた, ほうで 5 背中に, 顔が 4 方で, 様な, 正体は, 死骸は, 目玉の, 背中で, 身体は 3 すみかを, やうに, 死骸が, 目の, 話は, 足が, 頭が, 頭の, 顔, 顔を

2 [37件] ことです, ほうへ, やうな, ゆくえ, 上を, 中に, 中には, 仕業です, 伊東巳代治男あり, 住みそう, 出現は, 出現を, 口から, 口に, 口へ, 姿, 姿に, 影である, 影に, 心が, 手下に, 方が, 方に, 棲家である, 正体, 正体が, 死骸に, 相好です, 眼の, 胴に, 記事で, 話を, 身体が, 鉄の, 青仮面, 餌食に, 首領は

1 [319件] ありかも, いっぱいいる, いやらしい姿, いるという, いる部屋, うしろに, うちで, うちパーシウスが, うなり声, おそろしい姿, おそろしい真正面, お伽噺と, かげが, からだに, からだの, からだは, こしかけて, ことが, ことだの, ことであります, ことは, ことばは, ことも, こわきに, ごとき斑痕, ごとき沙漠, ごとき都会, ごとく, ごとく飛び出でて, すきを, ずうずうしい態度, せいで, その事業, そばに, そばへ, だしぬけの, つもりで, とび去った空, とぶ早, なすが, なぞも, はだ, はなしが, はなしで, はなしを, ひとみです, ひとりが, ほうに, ほうは, ほうを, まえ五メートル, まえ足, ものすごい眼, ゆくてに, ようだ, ようで, ようであった, ようである, ようです, ようにも, ろう人形の, ガウンが, ソフト帽が, ヘビの, 一つは, 一ぴきが, 一人に, 一団とは, 一団は, 一種が, 一隊は, 三日月がたの, 三日月型の, 上に, 上半身が, 下腹の, 不潔な, 両手に, 中で, 予告は, 事は, 事を, 事件も, 仕業だ, 住する, 体から, 体に, 体の, 例を, 入学には, 全体は, 写生が, 出て, 出る理由, 出現が, 出現以来かなり, 前で, 前へ, 力で, 力の, 力や, 動くあと, 化身であろう, 口, 口かなんぞの, 口であろう, 右の, 右手が, 名が, 名に, 名称なる, 吐き出す呼吸, 唇と, 啼き声, 噂に, 四角な, 土地の, 声が, 声でした, 夜な夜なの, 夢そのものより, 大きいから, 大きさ, 大蛸, 天狗である, 天狗との, 天狗は, 奇妙な, 奇怪な, 如く彼, 妹なり, 姿だ, 存在を, 対策には, 尤も多く, 尻尾も, 屍体が, 山羊首を, 巣であった, 巣と, 巣へ, 左の, 左手と, 巨大な, 巨魁と, 巴里奴が, 幻影が, 形が, 形を, 影が, 影です, 影も, 影像が, 待ち伏せるもの, 後を, 心に, 心地が, 性質を, 怪しい呻, 怪力, 息が, 息吹で, 憎らしさ, 所為だ, 手に, 手の, 手は, 手首を, 把握で, 指が, 捕虜に, 捜索を, 探検に, 掴んで, 数が, 敵では, 方へ, 旅, 暴力を, 本体が, 来たる, 梯形陣は, 棲む城, 棲む山, 棲居と, 横臥せる, 横行にたいして, 橇も, 正体に, 正体について, 正体はじめて, 正体も, 正体よ, 歯の, 死骸, 死骸を, 毒牙を, 毛むくじゃらの, 気持を, 注意を, 洞穴が, 洞穴などを, 火光を, 無言にて, 牙の, 犠牲と, 犠牲を, 獅子首に, 現れたること, 異相の, 発見者の, 白い歯, 白い目, 白ちゃ, 目, 目では, 目を, 目玉が, 目玉その, 目的が, 看を, 眼な, 眼は, 着想が, 着想そう, 知恵が, 研究, 秘密を, 笑いごえ, 笑い声だった, 第三, 絵姿を, 繪である, 羞恥であろう, 群な, 群に, 聲かと, 肌を, 肢体に, 肩から, 肩の, 背中が, 背中へ, 胴中めがけ, 胸に, 胸もとあたりから, 胸を, 腕が, 腕に, 腕を, 腸, 腹の, 腹中に, 落して, 行先は, 行方, 襲来に, 見学を, 触手の, 触覚, 言うこと, 訊問, 証拠とでも, 詮索を, 話から, 話したこと, 話で, 話である, 話や, 誅戮, 謎を, 走りかたは, 足あとが, 足であった, 足は, 足下に, 足跡も, 跡の, 跡を, 躍るよう, 身は, 身体も, 身辺から, 身辺を, 車, 輪郭は, 近くのを, 近づくまま, 追かける, 逃げて, 逃げ出した穴, 透明な, 邸内で, 重き胴より, 釜が, 釜は, 鉄人, 陸梁する, 隊長らしく, 雄弁と, 電話の, 面を, 頭に, 頭は, 頭や, 頭を, 頭上を, 頭部の, 顔に, 顔の, 顔は, 顔面は, 顧眄を, 食に, 首には, 首の, 首領に, 魔城が, 魔法の

▼ 怪物~ (521, 20.2%)

5 自分の 4 それを, 人間の, 影も 3 どこにも, どこへ, 張を

2 [22件] すこしも, そこに, それに, そんなこと, どこに, ふとおもむろに追求, 何者であろう, 僕の, 叫んだ, 宇宙線を, 急に, 新聞に, 東京の, 檻の, 永久に, 決して追求, 煙の, 私の, 袋の, 話を, 身を, 風の

1 [451件] あっと悲鳴, あの, あのおそろしい, あの窓, あまり竹, あれよあれよという, あんがい僕たち, いきなりその, いずれも, いたずらに手拭, いたずら小僧が, いちじ, いったいどうしてこの, いったいなにもの, いったい何者, いったん退い, いつの間に日本語, いよいよ近く, うしろに, うなった, うなり出した, うまい戦法, おそらく龍, おそろしい声, おそろしく速い, おちついて, おどろく夫婦, おなじみの, お化けや, きちがいの, きっと点綴, きゅうに, きれいに, くちばしの, くるくるうごく, ぐっとつかまえ, けっしており, こいつらだ, こう言い, ここぞと, ここへ, こなみじんと, この塔, この手提金庫, この海底要塞, この町内, この辺, この近所, この部屋, これまでも, さいぜんから, さえぎって, さくら色の, さっと建物, ざぶざぶと波を, しおれて, しかしまだ, しばらくの, しめし合わせて, じっとし, じっと直立, すかすかと, すぐ多勢, すこしもひるみません, すっかり火, すでに半分以上, すばやいやつ, すべて怒り, ずんずん追いぬこう, そう答えた, そう言っ, そっとし, そのいやらしい, そのうしろ, そののち姿, そのひも, そのほんとう, そのままカシ, そのまま部屋, そのマツ樹, その停船信号, その扉, その晩, その死人, その河, その点, その煉瓦小屋, その煙突, その空缶, その窓, その細引, その躰力, その顔全体, そもそも何者, それが, それきり姿を, それほど大きかっ, それより, それ一つでは, そんなひとりごと, ぞっとする, たいへん不満, たしかにまだそこ, たしかに代志子坊や, たしかに居る, たしかに魔法博士, ただ凝視, ただ自分, たちまち幽霊, ちゃんとぼくたち, ちゃんと男, ちゃんと約束, ついに兄弟, ついに名, ついに天井, とうとうくたばった, とうとう井戸, どうかし, どうした, どうして忍び込んだ, どうぞ赦し, どうやら, どうやらこっち, どこから, どこへか, どこまで, どこを, どんどん背, ない, なおも烈しい, なぜか, のっそりと, のめるよう, はじめた, はじめに, はじめ床の, はたしてこの, ひときわ大きな, びくとも, びくともしません, ふかくにも, ふくめんを, ふたたび僕, ふたたび姿, ふとい鉄, ふところに, ぶつぶつ言っ, まげて, またし, またクルッ, また一歩, また張, また手真似, また火, まだ三段, まだ地上, まばたきして, まるで地面, まるで床の間, まるまどの, みずから魔術師と, みんなかえ, みんな蟻田博士の, むごたらしくも, むろん動物, もうどこ, もう全身, もう動かなくなっ, もう十メートル, もう遠く, もう部屋, もう金塊, もう銀座, もう顔, もっとおそろしい, もとの, やがて漁師小屋, やっぱりピストル, やっぱり金塊, やはり隧道, やみの, やろうと, よくよく手, わしの, わら人形を, われわれの, ウフフフと, ガラスの, ガードの, クツ下まで, クルッと, クーパーの, ゴムで, サッと木, サツと, ジャーナリズムの, ジュラ紀の, ジリリジリリふくれ上っ, ニヤニヤ笑い, ハッと, ハヤブサ丸の, ビクとも, ブルンと, プラネタリウムの, ペガッサスを, ポコちゃんの, メヂューサの, ユラリユラリと, レンガの, ロケット爆弾の, 一体どこ, 一体何もの, 一体何物だろう, 一体何者, 一向に海底, 一向弱っ, 一日の, 一本みちの, 一飛びで, 三つの, 三谷青年と, 三階の, 上から, 上に, 下へ, 不二夫君が, 不具者の, 世にいう, 世界における, 両側を, 中腰に, 九時ごろより, 予期し, 二つの, 二匹であった, 二本の, 二階の, 人ちがいを, 人形に, 人間が, 人間に対して, 今では, 今にも壁, 今まさに, 今や四方, 今夜だけ, 今日では, 今海底, 他の, 仮面を, 何かに, 何かの, 何だか大, 何であったろう, 何であろう, 何と答えるであろう, 何処へ, 何者でしょう, 余が, 例の, 依然として滅ぼされない, 倒れた人間, 僕を, 先生に, 入って, 全然必要, 其の中, 其の時, 其の肉, 円盤の, 再び一瞬間, 勝手元へ, 化け猫に, 千二の, 千二を, 又笑い出した, 又篠竹, 古今東西の, 叫びました, 台の, 同じ屋敷中, 吹きけすよう, 喜ぶことかぎり, 土中から, 地下に, 地球人の, 地球外から, 塀から, 墓地の, 外へ, 多分大聖歡喜天像, 大きなイヌ, 大きな息, 大きな猿, 大きな翅, 女の子を, 妙な, 姿を, 子どもを, 宗像博士が, 実は今月, 室内に, 室内には, 小林君と, 少しひるんだ, 少しも, 尚の, 尚形, 尾行され, 屋根の, 工藝の, 左右に, 巨大な, 己を, 平気のへ, 広く知られた, 廊下に, 廊下へ, 引裂かれた黒布, 張が, 張の, 彼が, 彼の, 怪物らしい, 悠々と, 悲しげ, 悲鳴を, 戸棚の, 手に, 手近かの, 掌を, 数年後また, 新宿遊郭の, 新田先生の, 既知の, 日なたに, 日本に, 日本語を, 早くも, 昼の, 時々随筆, 最後に, 月光の, 未だ太陽, 本当に唇, 林を, 機械の, 次に半面, 歯を, 死に失せて, 死んだふり, 死人の, 死肉には, 気を, 氷原を, 決してない, 汽車を, 法水を, 洞穴から, 浅ましいね, 浮き出すよう, 潜航艇の, 火に, 無言で, 煉瓦小屋の, 煙突の, 片手を, 物の数では, 犬どもに, 狐三百歳に, 狭い横丁, 猿でも, 王に, 現実に, 生きかえったの, 生きては, 甲板の, 甲虫か, 百年一日の, 目の下半メートルも, 相手の, 相談が, 真っ白な, 真正面から, 知らないと, 石碑と, 確に, 神様の, 窓の, 立ち木の, 立上り床の, 竪坑の, 素早く藪, 絶壁の, 続けた, 縮みはじめた, 繼合物では, 缶詰の, 考え込みました, 肩から, 背には, 胴などは, 脚に, 脚下に, 自動車の, 航空母艦, 花の, 苦しまぎれに, 荒々しくとりとめ, 葛で, 血に, 血の, 行手に, 西洋の, 西洋は, 見るも, 見物達が, 語り終えて, 赤い水, 走りながらも, 超人の, 足ぐらい, 跳りかかっ, 身体の, 身軽な, 近くの, 近隣に, 退散させられた, 逃げられなかったん, 通路を, 遂に悲鳴, 部屋から, 重々しく遠ざかっ, 野蛮人でも, 金色の, 鉄で, 鉄人, 銀座四丁目の, 門の, 階段から, 階段を, 隣の, 電気ロボットに, 電灯を, 青年に, 顔の, 驚いた, 驚いたか, 高く高くやみ, 鹿の, 黒いきれ

▼ 怪物~ (444, 17.2%)

5 ある 3 あった, 出て, 口を, 棲んで, 歯を, 私の, 落ちて

2 [24件] あらわれました, いた, いたの, いる話, かくれて, のぞいて, のって, ばかに, ひそんで, やって, やってきて, ヌーッと, 人を, 住んで, 何か, 妙な, 岩の, 来て, 現れて, 自分の, 自分を, 言った, 鉄の, 首を

1 [370件] あそこの, あとあしで, あまりにも, あま皮を, あらわれた, あらわれたこと, あらわれたと, あらわれて, あらわれましたね, あらわれる, あらわれるとかいう, あるきだしたらどこ, あれば, あんたを, いきなり日本語, いたよ, いっぴき, いつのまにかまた, いて, いようとは, いる, いるぜ, いると, いるという, いるの, いる故, うしろを, うずくまって, うめくよう, うようようごめい, おそろしい早さ, おそろしくなっ, おもいおもいに, かきけすよう, かつては, きえうせたあと, きっとこれから禍, ぐらぐらと, ここらに, こちらへ, この世に, この世の中, この東京, こわいので, こんどは, さかんに, さッ, しきりに王, しのびこんでから, じっとし, じぶん, すぐあと, すこしでも, せまって, そういった, そこから, そこに, そのいやらしい, そのなか, そのへん, そのまま歩き出す, その脅迫, その道の, たたずんで, ちょうど花火, つったって, ですか, とうとう正体, とけるよう, とびこもうとは, とびこんで, とびだして, どうした, どうしてこんな, どうしてそこ, どうしてもはいりこめない, どうして復讐, どうして生れた, どうと, どうやら超, どれほど多く, どんとうしろ, どんな物, なまぐさい風, なんの, にげこんだと, にげて, にげられないよう, にょろにょろと, ねらって, のどを, はいだしたと, はじめて田舎, ばけてるん, ばさばさと, ひとつの, ひょいと首, ひょっとしたらじ, ぴょいぴょいと海底に, ふって, ぶつかったと, へいを, ほらあな, ほんとうに, ぼくを, ぼんやりと, まいるの, またし, また洋服, また現われ, まだしゅうねんぶかく, まだそこら, まだ神秘, まぼろし, まるでアマゾン川, みごとに, みな一ちょうずつの, みょうな, もうまったく浮力, もしあの, もしその, もどって, やってきても, やって来て, やって来るとも, やって来るの, やにわに磐治, ゆうぜんとし, ようやく自分, よじ登って, わめいて, わら人形小脇に, われわれにたいして, われわれの, ゐるん, ウジャウジャと, カラカラカラ, グッと, コンクリートべ, ゴソゴソと, サッと飛び出した, スルスルと, スーッと, ソロリソロリ向うの, ゾロゾロと, ネス湖の, ヒョコヒョコと, ピシャピシャと, ボートの, メインマストの, ヨーロッパを, 一人, 世に存在, 中から, 二人現われた, 二個い, 二頭揃っ, 京に, 人も, 人間の, 人間を, 今にもノソノソ, 今にも現われ, 今や呉工廠, 今後一切窓の, 介在し, 伸びあがり, 住まって, 住んでる洞穴, 何者であった, 余の, 借りたん, 僕の, 入り込んで, 入口から, 八ぴきも, 其から, 再び勢, 再び姿, 出たかと, 出る, 出ると, 出るという, 前田方の, 力を, 加わること, 動き出したという, 勝って, 北の, 十ぴきや, 十四五名肩を, 吾, 咄嗟の, 唐人髷に, 四つ五つ身体を, 四十面相です, 土台に, 地上に, 地下へ, 地球の, 外から, 外に, 大きな眼鏡, 大きな黒い, 大ぜ, 大怪物, 大玄關, 大蛇に, 大金庫, 天使の, 天界から, 太いしわがれ, 太平洋に, 姿を, 嬌態を, 子供の, 存在する, 実に迷信, 実験室の, 客を, 室内から, 家の, 宿って, 富士男の, 居りまして, 居ります限り, 居る, 居るだらうと, 居るだらうサウ, 山中に, 工藝の, 己の, 市人に, 帆村の, 幾つもの, 影絵の, 彼女の, 彼方にも, 心の, 急に, 悟浄に, 悪の, 愛すべき王様, 懸った, 戸の, 控えて, 描き出されて, 撃退される, 支那に, 敬二の, 敷石を, 新しく発見, 新田先生に, 旅人に, 既にその, 日本に, 日本の, 日輪の, 昌一少年を, 時計を, 暗の, 最初であった, 月に, 木々を, 来たりて, 東京の, 東京都の, 横腹を, 横行し, 横行濶歩する, 檻の, 正面一段高い, 歯車を, 気づかぬはず, 気体と, 気味の, 水を, 水中から, 水蒸気の, 沢山居る, 波浪を, 流れについて, 海の, 消え去ったの, 淡墨淡彩, 湯殿には, 滑ったとき, 潛んで, 潜り込んで, 潜水服を, 澤村路之, 瀑の, 無慮四, 爆音を, 現はれる, 現れますから, 現れ土地, 現われた, 現われたから, 現われたと, 現われた夜以来, 現存し得ざる, 生きて, 生じたの, 生まれるかも, 町に, 目の, 目前に, 相抱擁, 真暗な, 石を, 神聖に, 穗利祭に, 空に, 空中に, 突っ立っ, 窓より, 立ちさ, 立ちはだかって, 立ったので, 立って, 立つて, 竪坑を, 笑ったの, 署長を, 羽根に, 習い覚えて, 聖書を, 胸から, 腰かけて, 舷側からは, 船内に, 花岡伯爵家の, 落ちこんだ穴, 落ちたので, 街なかに, 襲来し, 見えて, 身動きを, 追いかけて, 追っかけた黒田さん, 追っかけてでも, 逃げだすよう, 逆襲し, 通ること, 過ぎ行くの, 銀の, 鎌首を, 鎖を, 長く悠々, 関係し, 隠れて, 隧道から, 集まって, 音も, 顔を, 飛び廻って, 飛び込んで, 養源寺の, 餌食に, 駈け込んでから, 鬼畜の, 魔法を, 鳴いた, 鶏を, 黒い蜘蛛, 黒い衣服, 黒灰浦の, 黒色の, 黒髪を

▼ 怪物~ (173, 6.7%)

4 見て

2 [11件] ここから, とらえようと, 呼びとめました, 目撃する, 相手に, 眺めて, 見たの, 見つめて, 見事に, 認めた時, 退治する

1 [147件] あっと, あらわしたり, いかんとも, いつでも, うち殺し, うまく隧道, おっかけようとも, おっかけるわけ, おどした, おもいだしました, かぎつけてるらしかった, きみは, ここまで, この実験室内, こわごわ見やった, ごらんなさい, さがすなんて, たたきつけもがきに, ついに五千年, つかまえたいと, つかまえたらきっと, つかんだ, つかんで, つくったが, つまみ出して, とらえること, とらえるつもり, とらえ手錠, とりこに, とりにがして, どうしてつくった, なぐりつけたが, なぶり廻して, なんとかし, にらみつけた, にらみつけました, のぞきました, ひっぱりこむん, ふきとばすほどの, まったくもてあまし, まるめて, みくびりすぎましたよ, よく見たい, わざわざ見せよう, ウーリュンポスの, ハッキリ見た, ヨウカゾと, 一つ目小僧様すなわち, 一つ足で, 一目みる, 乳之, 仕留めた, 伴れ, 作らねば, 初めとして, 初めは, 勦滅する, 博士のや, 取りひしぐ程, 取り除いて, 取押えると, 奈何せん, 好まない, 嫌い恐れできるなら思いきって, 孕むという, 将来の, 少年時代の, 山, 幻視する, 幼い頭脳, 床に, 弄り廻さないよう, 待たずとも, 怒らせるよう, 恐れても, 想像する, 愛惜し, 戴いて, 打ち倒し草刈り鎌, 抑えようとして, 押し潰すただ, 持って, 振り落とそうと, 捉えて, 捕えたも, 捕えて, 捕えること, 攻めたという, 斃し, 最後に, 棲せ置き, 殺したくなること, 殺し私, 毎朝毎夕製造し, 物色し, 珍しがっ, 現実に, 生みだすシェイクスピヤ, 異様に, 発児し, 発見した, 目がけて, 眺めた, 知って, 禮拜しろ, 私は, 突き刺した, 筏の, 籠と共に, 腰を, 蔵した, 蔵するに, 見おろして, 見た, 見たよう, 見た処, 見つけた瞬間, 見つめたもの, 見とめなば, 見なければ, 見まもって, 見られた時, 見ること, 見るの, 見出せり何等, 見定めたりとの, 見直した, 視た, 説く, 調べるよう, 軽蔑した, 追う, 追うため, 追っかけ建物, 追駈けた, 退治し, 退治た, 退治に, 退治る, 逃がしたそう, 逃がして, 造りあげて, 遠目に, 邪慳にも, 食つては, 食べて, 飼って

▼ 怪物~ (156, 6.0%)

4 殺される 3 して, 向って, 相違ない 2 かかっては, すぎない, ねらわれて, ばけて, むかって, 出会ったもの, 見えて, 近い稀代

1 [127件] あばれられては, あらず, あらず清風明月, いきなり掠われた, うまくすりぬけられ, おそわれて, おっつけないばかりか, おなりなさい, からかわれると, ぐいぐいと, ここで, ささげられペルセウス, さらわれた篠崎君, しめ殺された, しめ殺されて, すぎざるべし, すぎざる物, その賤, そんな芸当, たちむかった, ちがいない, つかまえられて, つかまったん, つかみかからんばかりの, つかみかかると, つかれた人, つれて, であったの, であっては, なったらしいと, なって, ならないで, なるかも, なるただ, のさばられちや, のされて, のまれるよう, ふさわしい名, ぶっつかって, ぶつかって, まけては, むかつて, むけて, よく似, よりかかって, ソックリな, ソレと, 会って, 会つて馳け, 似た顔, 余された獲物, 優しく声, 出あうこと, 出逢う前, 出逢ったよう, 出逢っては, 勇ましきかな, 勝つこと, 化されたもの, 取り掛かり一突きつき, 吸い取られるに従って, 呆れて, 命中した, 問返した, 啖われ, 喰いつかれた娘, 売ってたまるかっ, 変装し, 大きな斧, 姿を, 尋ねた, 少しの, 就ては, 引かれた馬車, 引つ掛けられるの, 引込まれ二の橋, 影が, 感じられる錯覚, 成上つて了ふ, 手どり, 手むかっ, 抱きあげられました, 抵抗し, 斬りつけましたが, 新しい奇蹟, 段々魅力, 殺されたの, 殺されても, 比べずとも, 比べれば, 比較し, 気がつかなかったの, 気づいたの, 気づいて, 気づきました, 深い苦悶, 満ちたその, 特製の, 目方が, 目方は, 相対し, 相違ねえよと, 真正面から, 私の, 突きとばされた, 組み付くと, 育つかと, 自分の, 見えなくなって, 見えるの, 見せようという, 触れたの, 誘い出されて, 負けない禁厭, 近づいた, 近づいて, 近づこうと, 追いかけられる, 逢ったって, 逢つ, 連れ去られたのに, 過ぎないの, 遭遇する, 釘づけ, 飛騨の, 魂を, 魅まれた

▼ 怪物~ (89, 3.4%)

2 いうより, いっしょに, し犬, たたかうの, なり離俗, なるの, 格闘した

1 [75件] いい宇宙線, いえば, いっても, いふ者が, いわれる二十面相, おつきあいしなけれ, おなじ形, おまわりさんや, されたの, しきりに連絡, すべきは, その飼主, それからまた別に, たたかって, たとえばウェルズ, つきあうの, なったの, なって, ならなければ, なりその, なりただ, なる, なること, にらみあったの, にらみあって, にらめっこを, みて, よく話, わかったので, ド・ラセー老人, 両立し得る, 丸木たちの, 云えば, 云つたら, 信じこれ, 兩立し得る, 化けて, 化し去った, 取組みあったまま水中, 口を, 同じく理想, 同じもの, 同一人物, 呼ぶの, 大渦巻, 大評判, 宇宙線との, 彼奴に, 思って, 思はないか, 感じられる様, 戦う博士, 戦って, 洋装の, 為して, 申して, 異ならねば, 目され, 睨み合って, 組み合つた人間は, 組打を, 聯想し, 行違った, 衝突する, 西洋の, 見えし, 見たの, 見誤った様, 言うべきのみ, 評判し, 誤りしの, 闘うこと, 闘ふ, 闘わなければ, 魔の

▼ 怪物~ (45, 1.7%)

32 ということ, ね

1 [38件] から, からあの, からこういう, からねとうとう, からウッカリ, から何, から急, から時計, から魔法, か見当, が彼, そうだ, ぞ, というよう, とおもった, とは一寸, とは世に, とばかりおもっ, とも思われる, と一生懸命, と思, と思つて, と睨ん, と考へた, などと云ふう, の, ァーおい逃げろ, ア, グロの, ッ, ナと悟った, 一昨日の, 俺を, 怪物だ, 怪物と, 正体を, 流石の, 海の

▼ 怪物~ (32, 1.2%)

2 のため, のやつ, の前, の方

1 [24件] が日なたぼっこ, が火星人, とは火星, にとりかこまれた, に見つけられ, のこと, のぶ, の予告文, の仕業, の彼ら, の思い, の正体, の行使, の足もと, の首領, はこういう, はこの, はその, はふしぎ, は高橋賢二, もこれ, をうまく, をほろぼします, を追跡

▼ 怪物~ (29, 1.1%)

1 [29件] いたんだが, こうして四, この辻川博士, これと, さすがに, そこに, どこにも, まんまとわな, やがて正体, やはり聖者罪人, よほどこたえた, ギョッと, ツカツカと, ナンセンスだ, ボートに, 一時予感される, 其の傍, 出られますまい, 多少は, 居る, 恐れて, 想像された, 海中へ, 疫病も, 確毛むく, 自然力に対しては, 落胆し, 身動きも, 驚いたらしく遂に

▼ 怪物である~ (25, 1.0%)

2 ことを

1 [23件] か, かはっきり, かほとんど, かも知れなかった, からとて其の, か判らなかった, ことが, ことに, ことも, だけにゆ, とする, と信じ, と共に湧く, と分かり, と論断, に反し, の怪物に, 世人は, 事を, 君らの, 庭に, 我々人間の, 黒くなっ

▼ 怪物ども~ (24, 0.9%)

2 がこっち

1 [22件] からわれわれ, がおしかけ, がおしよせ, がさかん, がすっかり, だよ, ではあるでしょう, にすぐ, に取り囲まれ, のさわぎ, の旗, の歌う, の泣き声, の軍勢, の間, の鼻, はずんずん, はもしや, は甲板, は首領, を甲板, を立ちさわがせる

▼ 怪物~ (24, 0.9%)

2 は一せい

1 [22件] がちかづいた, が舷側, とたたかう, にかつぎあげられ, のす, のたたかい, のまるい, の目, の組みたて, はさわぎだした, はぞくぞく, はどうしても, はにわかにいきおい, はまた, はまもなく, はクーパー, は大きな, は甲板, めがけて, もだいぶん, をぱんぱんとうった, を成し

▼ 怪物たち~ (18, 0.7%)

1 [18件] がどう, が参加, が地球上, が放出, が背後, のいっ, のこえ, の体, の声, はいつしか, はたがい, はとびかかっ, は声, は大きな, は岩, は急, は飾窓, を共通

▼ 怪物~ (15, 0.6%)

2 あつた

1 [13件] あらうか, こういうもの, その髪の毛, ギリシャの, ジョーヌの, 人間の, 手に, 爆弾だけでも, 神変不思議な, 私に, 背丈は, 製作に, 顔も

▼ 怪物には~ (15, 0.6%)

1 [15件] かないっこありません, かなわないかも, かなわなかったという, すっかりおびえ, ないはず, 予言察心の, 何年にも, 到底歯, 少々こまっ, 殺されずに, 相違ない, 裸も, 身体も, 首が, 驚いて

▼ 怪物~ (15, 0.6%)

2 なもの, な影, な性格 1 である, となる, との境界, な壮烈さ, な大, な成長, な生活, な軍事費, な鋼鉄製

▼ 怪物~ (14, 0.5%)

2 が天狗岩

1 [12件] からふきだし, から何, があった, がどう, が突然すうっ, が立っ, はにわかに, は天狗岩, は湖水, は見えなくなった, をにらみつけ, を見つめ

▼ 怪物です~ (11, 0.4%)

2 からね, よ 1 からただ, からどんな, から世間一般, から拘置所, から翼, から足, ね

▼ 怪物では~ (11, 0.4%)

2 ありません, なかった, なくて 1 あるまいかと, ございません, ない, ないかと, なさそう

▼ 怪物という~ (10, 0.4%)

4 のは 1 ことに, のが, のも, 一事が, 主題だけを, 以外に

▼ 怪物でも~ (9, 0.3%)

1 きっときずつくだろう, それを, どうする, ない限り殆, なんでも, 不思議でも, 何でも, 忍び込んで, 退治した

▼ 怪物として~ (8, 0.3%)

1 あちこちで, つかわれるかを, ハーキュリーズの, 尊敬し, 永く歐米, 知られる, 自己の, 蓄積され

▼ 怪物とは~ (8, 0.3%)

1 今や無残, 似ても, 取組んだまま, 太刀うちが, 某も, 盲法師の, 認めて, 離せないよう

▼ 怪物から~ (7, 0.3%)

1 いえば, ほのかに, 明智への, 焼かれたこと, 自分の, 解き放して, 電話が

▼ 怪物だった~ (7, 0.3%)

2 のである, のです 1 ということ, にちがいありません, のだ

▼ 怪物~ (6, 0.2%)

1 さもなければこわい, そうして有罪, それとも煮賣, なにかは, やつて, 何かの

▼ 怪物蠅男~ (6, 0.2%)

1 が化け, の出現, の身体, は何処, は見る, も亦

▼ 怪物であり~ (5, 0.2%)

1 僕は, 元兇である, 化物であった, 又その, 大物だけに

▼ 怪物との~ (5, 0.2%)

1 おつきあい, たたかいでした, めぐりあい, 二種類によって, 約束

▼ 怪物めがけ~ (5, 0.2%)

1 てホース, て強襲, て投げつけられた, て発砲, て突撃

▼ 怪物~ (5, 0.2%)

1 いろんな妖精, 世持橋や, 見えない手, 認識で, 魔法使ひ

▼ 怪物屋敷~ (5, 0.2%)

1 という評判, にたいへん, の奇観, を出た, 見たよう

▼ 怪物であった~ (4, 0.2%)

1 ことは, にし, のである, ヒットラーと

▼ 怪物でなく~ (4, 0.2%)

1 てだれ, てなん, て一つ, て人体

▼ 怪物~ (4, 0.2%)

1 のだ, のである, のです, んだ

▼ 怪物よりも~ (4, 0.2%)

1 いっそう恐ろしく, おまへたち, なにを, 更に醜い

▼ 怪物退治説話~ (4, 0.2%)

1 とは民間説話中種々, と名, なるも, の一種

▼ 怪物~ (4, 0.2%)

1 のもの, はこっち, は何, を凝視

▼ 怪物かも~ (3, 0.1%)

1 しれないの, しれんぞ, 知れないが

▼ 怪物その~ (3, 0.1%)

1 三つの, 怪物を, 胸から

▼ 怪物~ (3, 0.1%)

2 やない 1 や無い

▼ 怪物とも~ (3, 0.1%)

1 いうべき飛行島, 化け物とも, 考へて

▼ 怪物なら~ (3, 0.1%)

2 んと 1 時雲の

▼ 怪物ぶり~ (3, 0.1%)

1 とは自ら, と小栗君, を発揮

▼ 怪物みたい~ (3, 0.1%)

1 な男, な露助, に震鈴

▼ 怪物~ (3, 0.1%)

1 が己, はあの, 愈々飛び出し

▼ 怪物らしい~ (3, 0.1%)

1 この出鱈目, ので彼, 有様で

▼ 怪物丸木~ (3, 0.1%)

1 と佐々組, のため, は妙

▼ 怪物事件~ (3, 0.1%)

2 のあった 1 と白根村事件

▼ 怪物~ (3, 0.1%)

1 となっ, となる, を切上げる

▼ 怪物退治~ (3, 0.1%)

1 に持っ, に来た, の後

▼ 怪物こそは~ (2, 0.1%)

1 火星人だ, 紋兵衛の

▼ 怪物じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないかしら, ねえかしら

▼ 怪物それ~ (2, 0.1%)

1 に比べ, の通過

▼ 怪物たる~ (2, 0.1%)

1 を看破, グリフォンを

▼ 怪物でない~ (2, 0.1%)

1 ことは, 証拠には

▼ 怪物としか~ (2, 0.1%)

1 思えなかったが, 思われない

▼ 怪物なりと~ (2, 0.1%)

1 思い叫喚, 思い急

▼ 怪物なる~ (2, 0.1%)

1 ことあり, ことを

▼ 怪物について~ (2, 0.1%)

1 きっと博士, ですよ

▼ 怪物はと~ (2, 0.1%)

1 見て, 見ると

▼ 怪物また~ (2, 0.1%)

1 図に, 或る

▼ 怪物めいた~ (2, 0.1%)

1 波頭を, 異常さでは

▼ 怪物~ (2, 0.1%)

1 のうごめき, の頭

▼ 怪物をも~ (2, 0.1%)

1 取りひしぎ得たであろうが, 持って

▼ 怪物フーラー博士~ (2, 0.1%)

1 の恐しい, はもう

▼ 怪物~ (2, 0.1%)

2 はそれ

▼ 怪物~ (2, 0.1%)

1 がウジャウジャ, の玩弄

▼ 怪物臭い~ (2, 0.1%)

1 じゃない, 奴等だ

▼ 怪物~ (2, 0.1%)

1 の鳴, は争っ

▼ 怪物部隊~ (2, 0.1%)

1 に対峙, の兵力

▼ 怪物重力~ (2, 0.1%)

1 に急, は私

▼1* [146件]

怪物ああこのたたかい, 怪物あちらこちらに思い, 怪物あれはむろん, 怪物およそ十匹に, 怪物かと思えば, 怪物からは続けざまに, 怪物がぞろ, 怪物がとほうも, 怪物がのこのこと, 怪物がよつんば, 怪物くらゐ僕, 怪物こそこれぞ外, 怪物さ押ころばしては, 怪物しかも自分では, 怪物じみてさえいます, 怪物じみた面影の, 怪物じみた思ひがした, 怪物すみその一脚, 怪物そこうごくな, 怪物そのままの不気味, 怪物そのものに外, 怪物ぞろいだ, 怪物たとえば巨大な, 怪物だけです, 怪物ってなんだろう, 怪物どんなもの, 怪物であってもこの, 怪物であったら予期せぬ, 怪物であり生きたる時代錯誤であった, 怪物であるならばまだ, 怪物である云うに云われない, 怪物であろうとは気がつかない, 怪物でしてねあの, 怪物でしかございませんでした, 怪物でしたよ, 怪物といったほうが, 怪物とかいふ樣な, 怪物とさえ解せられた, 怪物とにたいへん心, 怪物とや見し, 怪物とやらをみたのち, 怪物どころかもっとも進歩, 怪物などとは片腹痛しとて, 怪物などに関係が, 怪物などの今や時, 怪物なりその母パシファエ, 怪物なんてきいたこと, 怪物にたいする手がかりは, 怪物についてはどこまでも, 怪物につき報道しきたりし, 怪物にとってはこれも, 怪物にとってもまた人間仲間, 怪物にも処女の, 怪物にや巻きつく, 怪物に対していつも怒り, 怪物に対しては全く糠, 怪物のなますを, 怪物ばらばらになった, 怪物迫って, 怪物まだへこたれぬ, 怪物までひかえて, 怪物めいて聞えた, 怪物もろともどう, 怪物わが日の本の, 怪物アームメットが居る, 怪物カイビャク以来の大, 怪物カイミアラを退治, 怪物カブトムシはひと足あと, 怪物ゴングでした, 怪物ヂュウスの傍, 怪物テバイの附近, 怪物トラコドンなどで友達, 怪物ドーブレクとの大, 怪物ペルセポリスの牡牛, 怪物は書斎, 怪物メズサの眼, 怪物メヅサの胴体, 怪物メドゥーザあり相貌, 怪物三名がやにわに, 怪物の怪物, 怪物丹下左膳のしゃがれ, 怪物事件怪人丸木が銀座, 怪物が実在, 怪物倫敦の下層区, 怪物元来がギャング, 怪物共に取囲, 怪物内臓の裂け, 怪物出現すとの, 怪物出羽を仕留めよう, 怪物同士が本性, 怪物同士典型間の力, 怪物呼ばわりされて, 怪物喜んでこれ, 怪物四五十ぴきはそろり, 怪物四人が車座, 怪物地上の汚点, 怪物大きな鼠や, 怪物大空魔艦がうかび, 怪物大道に立つ, 怪物天井より出ず, 怪物孫悟空が刑罰, 怪物対人間の死闘, 怪物小栗虫太郎が出現, 怪物少しく動きて, 怪物左膳をいっそう, 怪物幸福を, 怪物怪物と評判, 怪物或は動物の, 怪物戦車がある, 怪物才蔵と宣る, 怪物をされた, 怪物扱い幽霊扱いにする, 怪物支倉の女中, 怪物本当に殺して, 怪物染みて見える, 怪物染みた鈍い声, 怪物の馬場, 怪物樹下を去り, 怪物殺してしまう, 怪物江戸川乱歩が出現, 怪物浮かぶ飛行島は, 怪物海馬か海象, 怪物消えてなくなれ, 怪物淺藍色の多, 怪物火光を発す, 怪物をし, 怪物狩りの方, 怪物猿芝居二輪加女浄るり女相撲手品師ろくろ首の種, 怪物わる, 怪物甲虫だった, 怪物畑柳庄蔵のふくれ上った, 怪物的キャピタリストに五色, 怪物的巨体を恢復, 怪物的性質を有する, 怪物自分の破滅, 怪物蛭田博士はついに, 怪物見たいな坑夫たち, 怪物りである, 怪物逮捕の手伝い, 怪物酩酊せる笑い上戸, 怪物鉄水母のこと, 怪物から背中, 怪物頭處女の如く, 怪物のずい, 怪物を怖, 怪物黄金豹をふせい