青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「怨み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

急~ ~急い 急い~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格 性格~ ~性質 性質~
怨み~
怪~ ~怪しい 怪しい~ 怪人~ ~怪我 怪我~ ~怪物 怪物~ ~恋 恋~

「怨み~」 1141, 12ppm, 8912位

▼ 怨み~ (327, 28.7%)

5 受けて, 含んで, 呑んで, 抱いて 4 ふくんで, 受ける筈, 受ける覚え, 買って 3 こめて, のんで, 報じようと, 抱くよう, 持つ者, 晴らして, 籠めて, 買うよう, 買ふ, 返して

2 [17件] お晴, はらして, 包んで, 受けるやう, 受けるよう, 受ける覺, 感じないわけ, 持って, 晴らすため, 晴らすの, 晴らす心算, 晴らす氣, 晴らそうと, 申すと, 知らせて, 言ふ, 酬す

1 [227件] あらは, いうあきらめ, いうこと, いうの, いだきながら, いだき沈鬱陰險, いだくこと極端, いってから, いわれるやも, うけて, うけるおぼえは, うけること, おっしゃいませ, おもち, お洩らし, かえさねば, かったこと, この機会, こめた目, こめた紅潮, すこしいつたら, すすごうもの, すてずつらく, すてるとは, そそがねば, そそぎ眼, そそぐなり, そそぐは, そそごう, なさんと, のこして, のべたいと, のべても, のべるもの, はらしました, はらし不義不倫, はらすため, はらすまでは, はらす了簡, はらせ, ふくむこと, ふくむよう, むくいしならば, もたなければ, もって, もつて, よけいに, 一人で, 並べて, 乗せて, 云った上, 云われて, 今を, 今日晴らした, 今筆に, 仰しゃいませさ, 加えて, 千古に, 受くべき, 受けこれ, 受けそう, 受けたこと, 受けた覚え, 受けられるよう, 受けること, 受けると, 受けるはず, 受けるもの, 受ける俺, 受ける様, 受ける気遣い, 含む他流, 含む者, 含めて, 執拗く思い詰め, 報いざりし幸, 報いしなり, 報いしもの, 報いるつもり, 報じたと, 報ぜんため, 報ぜんと, 如何せんだ, 妬刄を, 幕府へ, 平家に, 引繼いだ, 形ばかりも, 御簾へ, 復えさね, 忘れず何ん, 忘れて, 忘れようと, 忘れること, 忘れるよう, 忘れ難く, 怖れ, 思い出して, 思い知らせて, 思い知らせるため, 思ひ知らせて, 思ひ知らせるため, 怨刄を, 恐れながらも, 懸けたと, 承け継ぐ六助, 抱くかを, 抱く人間, 抱く者, 抱く郡丞, 招きて, 持ち続けるよう, 持った人, 持った女, 持ってるんで, 持つた奴, 持つて, 持つもの, 散ぜよ, 時たまこぼす, 晴さう, 晴さんものと, 晴し, 晴す, 晴らさうと, 晴らさで置こうか, 晴らさなければ, 晴らしたい, 晴らしたさ, 晴らしに, 晴らし一人, 晴らし度, 晴らすため袁更生, 晴らすだろうとか, 晴らすまで, 晴らすよりも, 晴らす弟, 晴らす折りも, 晴らす術, 晴らす見込み, 晴らせ, 書いたので, 棄てました不孝, 構へて, 水に, 深めるの, 源氏に, 無邪気な, 特に前髪, 申し上げたいと, 眼の, 結びましたな, 結びまた, 結んだか, 結んで, 継いだ冷酷無比, 継いだ子分, 継いで, 繰り返す, 繼いだ, 美しい追憶, 落葉の, 見せれば, 解いて, 解くか, 解くよう, 言うかと, 言うの, 言う為, 言った, 言って, 言つた, 言つた上納戸から, 言つてゐる, 言ひ含められ, 言ふため京から, 訴えおわりて, 負うよう, 負へる, 貴方に, 買い過ぎて, 買うあっし, 買うこと, 買うて, 買うべき戦い, 買う性, 買う覚え, 買ったこと, 買ったらしいこと, 買った原因, 買った経験, 買った覚え, 買つた, 買つたさう, 買つたらしく, 買つた札旦那か, 買つてゐた, 買つて居ます, 買は, 買ひ, 買ひゐたる, 買ひ兼ねない, 買ふかわかりやしません, 買ふこ, 買わぬ方針, 返したもの, 返し反省, 返すつもり, 返す相談, 返そうと, 述べたので, 述べて, 述べ立てた, 適当に, 酬いたという, 酬いたといふ, 酬いて, 酬いる気, 酬い太平, 酬ゆる, 陳べこの, 陳べ此, 雪がずに, 雪ごうと, 霽さず, 霽らし, 骨髄に

▼ 怨み~ (126, 11.0%)

13 ある 7 あって 4 あるの 3 あつて, あるか, あるもの, あるわけ, ましいこと, ましい心持, ましく, 有るもの 2 あるん, ある筈, ある親, あれば, ござる, その眉, 残って

1 [64件] あった, あったの, あったわけ, あった訳, あっても, あつた, あの物凄い, ありさ, ありそう, ありその, ありますとも, ありますよ, あるから, あるが, あるし, あると, あるという, あるところ, あるなら女, あるなら尋常, あるわけぢ, ある樣子, あろうと, いかに深い, かかって, ございます, せめて皮肉, ないまでも, なく時計師, ましいようす, ましい事, ましい愚痴, ましい泣き声, ましい眼, ましい睨みよう, ましい顏, ましきこと, ましくい, ましくならないという, ましく向ける目, ましく言いながら, まだ續, ドンナに, ムラムラと, 三重と, 三重に, 亡靈にな, 因縁ずくと, 在るに, 尽きるまで, 必しも, 恐ろしくわたし, 晴らしたいからさ, 晴らしたい爲, 晴らせなかったから, 晴れなけりゃア仏さま, 残ろうも, 深いから, 燃えさかれば, 積って, 籠って, 籠つてゐる, 藪睨みだった, 蘇生りました

▼ 怨み~ (120, 10.5%)

3 あるの, ある者, 声が

2 [13件] ある人間, ある奴, ある方, たけを, ような, 府に, 数々を, 深さ, 物凄い形相, 眼は, 籠って, 言葉, 言葉を

1 [85件] あまり相, ある五郎吉, ある債務者, ある小橋屋, ある石見樣, ある訳, ある間, いまだ恥, こもった憤怒, せいか, その一念, ために, とけたよう, と申, ないお, ない五郎蔵殿, のこるよう, はれしによりて, ふかい仇敵, ふかさ, ぶらり火, やうに, 一念に, 一言も, 上に, 人殺しだ, 人殺しなどを, 兇行の, 兇行らしく見せかけ, 光を, 内儀を, 内容が, 刃を, 叫び, 呪い, 固まりだ, 塊り, 塊り見たい, 声, 声で, 声であった, 声を, 姿態で, 嫁入り衣裳を, 対象と, 幾分かは, 復讐に, 心を, 恐ろしさ, 情緒を, 持つて, 数々, 敵なる, 敵討ち, 文句を, 晴れようは, 晴れる思い, 残りおります紙帳, 涙憤怒の, 深い筈, 為に, 焔が, 的と, 的に, 目尻を, 相こそ, 相手といふ, 相手石崎一族の, 眼に, 眼を, 瞳は, 砧に, 籠つた懷ろ鏡を, 籠もった, 縄に, 脱け, 色が, 色を, 言葉だの, 言葉は, 重なって, 重なる高萩一家, 霽れる, 響きが, 餘り

▼ 怨み~ (89, 7.8%)

3 ねえのに 2 あるわけ, ある筈, した, せず悲, ない人, 御祝著, 憎しみも, 憤りも

1 [70件] あったろうが, ありやしません, あるが, あるし, あるだらうが, あるなぶり斬りに, あるので, あるまいに, いたしません, お勢, かの流れ, くそも, こもりけんよ, したでしょう, したろう出て, した顔, して, しねえで, しやしません, せずほほえみ合って, せず気色言葉, せぬのみか, つらみ, どうもしません, ないおれ, ないか, ないこの, ないと, ないのに, ないはず, ないもの, ない他人, ない他山の石, ない落度, なくしかも, なく喪心, また人一倍, 云はず只, 何も, 咎も, 報いられましたが, 女の, 妬みも, 島に, 微塵ある, 忘れ果てて, 意と, 感じること, 憎みも, 抛てぬこそ, 晴させる, 死んだ花魁, 殿方よりは, 消えまする, 消えるだらう, 消えるだろう, 深い, 無いもの, 猜み, 皆夢, 石川氏の, 縁も, 罪も, 薄れ心, 買つたかも, 買つて溜めた, 買ひます, 返して, 酬ゆる, 重ん

▼ 怨み~ (73, 6.4%)

2 ない

1 [71件] あつて, ありますが, あるでしょうし, ある然し, あれ神尾, あろうが, いたしませぬが, うんとある, お門違いで, きっと返し, きょうまでも, こうしてとうとう, こちらからも, ことごとしく並べる, このこと, ございません, ござらぬ, ござんせん, して, しない, しないお前, しません, その人々, それだけ, たわいなく釈然, どんなもの, ないという, ないはず, ないわけ, ない筈, なくとも, なけれど, まだまだうんとある, もうこの間, もう誰, よく覚え, 一體何處へ, 上に, 与右衛門に, 両親に, 云えない, 他の, 兩親に, 山ほど, 帳消しに, 年と共に, 当然魏, 必ずその, 忘れても, 忘れないぞと, 忘れられませんて, 忘れるつもり, 忘れんぞう, 怖いな, 怖いね, 恐ろしいじゃ, 恐ろしいな, 晴れないから, 次第に消え, 此世に, 殺されたお, 汝の, 決して信長, 消えましたぞ, 深し畜生道, 為るけれど, 筋違いだ, 藪睨みの, 解けさ, 解けそう, 骨髄に

▼ 怨み~ (44, 3.9%)

3 思って, 思っては 2 燃えて, 燃える眼

1 [34件] おもった, ござります, しちゃ, なるという, なるわ, まかせ互, もえる, もとづくと, 世を, 剥き出した真赤, 咽んで, 報いるに, 報いる寛大, 失明されました, 引き歪められて, 思い倅, 思う筋, 思う老婆, 思つて居ない, 思ふ事, 思ッて, 怨んで, 恨みつめなければ, 恨んだ, 憤死した, 打ち克つこと, 来たか, 来る, 残して, 油を, 泣く人, 燃えた美しい, 答える市十郎, 隔ては

▼ 怨み~ (27, 2.4%)

2 憤りに

1 [25件] いえば, して, すること, するところ, なりさらに, なりゃ両刃, なる, 呪いとの, 嘆きを, 執念とを, 変わり復讐, 妬みとが, 妬みとで梅, 妬みに, 嫉みの, 小仏以後, 怒りで, 怒りとで, 怖気を, 思つた, 悲しみとで, 浩及び, 申して, 見当を, 言うと

▼ 怨み~ (21, 1.8%)

2 この私, せう

1 [17件] お前は, お絹, このよう, この家, こんな非道, ござン, その頃, なしと, 三右衛門の, 人を, 兵二郎を, 大野田家へ, 定太郎を, 御内儀, 栄屋も, 榮屋も, 殺されたとでも

▼ 怨み~ (14, 1.2%)

2 悲しみや

1 [12件] はか返さでや, はる, 妻子に対する, 嫉妬や, 嫉妬を, 悪罵は, 憎しみで, 憎しみなどは, 押込みなどに, 誤解を, 酒の, 非難の

▼ 怨み~ (10, 0.9%)

2 な平次, よ 1 からわし, か知らない, ぜ, つたかも, な斯, ね

▼ 怨みには~ (10, 0.9%)

1 まさらじ, 存じませぬ, 存じません, 思いませぬ, 思いません, 思って, 思ひません, 思わぬぞ, 正しさ, 駆りたてられて

▼ 怨みでも~ (8, 0.7%)

2 受けて 1 あるかの, あると, あるの, 含んで, 持つて, 晴したい

▼ 怨み~ (7, 0.6%)

1 何にかで, 何んかで, 刃か, 妬みを, 暗濤, 知らないが, 知らぬが

▼ 怨み~ (7, 0.6%)

1 なげく身, 人と, 帆柱に, 後に, 敵を, 燕王を, 硫酸を

▼ 怨みから~ (6, 0.5%)

1 いつても, だろうか, なので, 王の, 白木琢次と, 自分自身の

▼ 怨み重なる~ (6, 0.5%)

2 女を 1 主人の, 奴なれ, 政友系の, 熱海の

▼ 怨みある~ (4, 0.4%)

2 敵を 1 その戦場, 左門が

▼ 怨みとは~ (4, 0.4%)

1 この事, しなかった, 存じませんが, 思わずかえって

▼ 怨みとも~ (4, 0.4%)

1 せず, 付かぬ非難, 憤とも, 憤りとも

▼ 怨み申し~ (4, 0.4%)

1 ていました, ておりました, てはおりません, て危ふく命

▼ 怨みこそ~ (3, 0.3%)

1 あれもう, あれ庇って, あれ恩顧は

▼ 怨みこの~ (3, 0.3%)

1 事ある, 匕首で, 呪詛を

▼ 怨みだけは~ (3, 0.3%)

1 お受け, お逃れ, 永劫忘れん

▼ 怨みでは~ (3, 0.3%)

1 ない, ない徳, なししかし

▼ 怨みという~ (3, 0.3%)

2 ものは 1 ものの

▼ 怨みとが~ (3, 0.3%)

2 あるばかり 1 響いて

▼ 怨みとを~ (3, 0.3%)

1 そそぐの, またそこ, 伴うの

▼ 怨みよう~ (3, 0.3%)

1 がねえ, もありませぬ, もあるまい

▼ 怨み多い~ (3, 0.3%)

1 晩春の, 洞ろな, 眼で

▼ 怨み怒り~ (3, 0.3%)

1 て我こ, で必ず, 悩む時

▼ 怨み憤る~ (3, 0.3%)

1 に先立ち, は愚か, 色も

▼ 怨み~ (3, 0.3%)

3 いて

▼ 怨み~ (3, 0.3%)

2 げな 1 え人間

▼ 怨み~ (3, 0.3%)

1 上げたこと, 上げては, 上げる筋

▼ 怨み申した~ (3, 0.3%)

1 ように, わたしは, 者も

▼ 怨み申します~ (3, 0.3%)

1 と恐かね, よ, よ旦那樣

▼ 怨み~ (3, 0.3%)

1 けてゐる, けて居りました, けて血

▼ 怨み~ (3, 0.3%)

1 する理由, に, をなされ

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

2 園を

▼ 怨みする~ (2, 0.2%)

1 どころかみんな自業自得, わ

▼ 怨みその~ (2, 0.2%)

1 上で, 二は

▼ 怨みだった~ (2, 0.2%)

1 かドウ, のか

▼ 怨みっぽい~ (2, 0.2%)

1 事を, 気持で

▼ 怨みっぽく~ (2, 0.2%)

1 さえいう, 答えた

▼ 怨みであろう~ (2, 0.2%)

1 か, とお

▼ 怨みとして~ (2, 0.2%)

1 これを, 記憶される

▼ 怨みとでも~ (2, 0.2%)

1 云うもの, 言えるもの

▼ 怨みながら~ (2, 0.2%)

1 まだやっと十一, 殺されましたがね

▼ 怨みなさいます~ (2, 0.2%)

1 な, わ

▼ 怨みなど~ (2, 0.2%)

1 いたしましょう, 恐れて

▼ 怨みなどを~ (2, 0.2%)

1 受ける筈, 言ったこと

▼ 怨みまた~ (2, 0.2%)

1 報いらる, 誰から

▼ 怨みやう~ (2, 0.2%)

1 もありません, もあるまい

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 月今宵晴れを, 親として

▼ 怨みッこ~ (2, 0.2%)

1 になる, もない

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 を怨む, を罵り

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 をか悲しまん, を悲しもう

▼ 怨み北面~ (2, 0.2%)

2 すれば

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 れの, を生んだ

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

2 を美しく

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 む者一人も, 剣と

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 いて, きと

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

1 くれな, くれないの

▼ 怨み~ (2, 0.2%)

2 なる無礼

▼ 怨み骨髄~ (2, 0.2%)

1 に徹し, に徹する

▼ 怨み骨髓~ (2, 0.2%)

1 に徹し, に徹する

▼1* [120件]

怨みあるいはみずから怒り, 怨みあれをその, 怨みいまだ報いられざりしが, 怨みかえってベが, 怨みかと申しますに, 怨みがましくもの, 怨みそれも悲し, 怨みそんなことは, 怨みだけで言へば, 怨みつこはあるまい, 怨みつつ資本主義的な, 怨みであった事が, 怨みでしかないの, 怨みでしょうか, 怨みです申し残したいことが, 怨みでなければ何だ, 怨みとか怒りでは, 怨みとで一杯であった, 怨みとに顫え, 怨みどころか今の, 怨みどんなに強いか, 怨みながらもその一ぱう母, 怨みなくたとえ隣国, 怨みなさりませ一刀, 怨みなどはそうした瞬間, 怨みなんぞはすっかり忘れ, 怨みなんとあはれさ言ふべく, 怨みにばかり思いやすな, 怨みにもお君, 怨みのというやつは, 怨みはおぬしの身, 怨みはなはだしきは徒党, 怨みばかりでなく世上, 怨みばかりは綿々として, 怨みぶつぶつ不平を, 怨みほとんど夢中で斬り込んだ, 怨みまさに君を, 怨みまでも記憶し, 怨みもし呆れもし, 怨みやわか晴らさで置こうや, 怨みわが身の罪業, 怨みわびとでもいいましょう, 怨みわれ暇のこと, 怨みをも買って, 怨みエドワードの叔父, 怨みカドモスの全, 怨みヘルメスを遣, 怨み一太刀なりと報いなけれ, 怨みを汚さん, 怨み二つながらこの新九郎, 怨みを恨む, 怨みぞ晴, 怨み伊之助のところ, 怨み佗びる性情が心, 怨み佗び楽屋に在, 怨み候胸に相成, 怨み公儀の御, 怨み初めより己, 怨み厳冬には炬燵, 怨みつたこと, 怨み咎むるよりも自ら責むる, 怨みちし言の葉, 怨み多くして, 怨み大作殿の怨み, 怨み天地を恨む, 怨み如何の感, 怨み妬んで泣き叫ぶ, 怨み嫉みを受ける, 怨み小言の或は, 怨み巡査を憎み, 怨み度くもなりますよ, 怨みの歎, 怨み強き故か, 怨み自分は, 怨み必ず大なら, 怨み必ずしも怨みでは, 怨み怒っておっ, 怨み怒り己の生涯, 怨み怨みて後, 怨みなしだ, 怨み憎みに表現, 怨み憎らしく思い甚しき, 怨み憎悪が開拓団, 怨みがあります, 怨み新築の家, 怨み時には柔かな, 怨み晴れやらぬものと, 怨み晴天にわざと, 怨み東京市民を怨み, 怨みに絡んだ, 怨みが出, 怨み死後の執念, 怨み汝左門討たいで, 怨み深い父, 怨み烈風の日, 怨み申しました処で, 怨み申しませんが私, 怨み申し上げて天皇, 怨み申そう様もない, 怨み申上ぐる者ではありません, 怨み疫癘の禍, 怨み疲れて死にました, 怨みを怨み, 怨みはこの, 怨みる右府信長公, 怨みした揚句, 怨み經師屋の下職, 怨み罵りつつも人, 怨み罵る情痴の, 怨み自ら大将軍の邸, 怨み自然を憤り, 怨み葛の葉と書き, 怨み葛の葉今にし, 怨み親父の治兵衛, 怨み返しも致しませんで, 怨み運命に憤る, 怨み道三をないがしろ, 怨み酷い分らんと, 怨みで自殺, 怨みの征南軍