青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「性格~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思案 思案~ ~急 急~ ~急い 急い~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格
性格~
~性質 性質~ 怨み~ 怪~ ~怪しい 怪しい~ 怪人~ ~怪我 怪我~ ~怪物

「性格~」 5734, 62ppm, 1848位

▼ 性格~ (1161, 20.2%)

40 有つ 38 持って 33 もって 16 持つて, 有って 9 擔ふ 8 決定する, 知って, 示して 7 帯びて, 担って, 明らかに 6 あらわして, 理解し, 理解する 5 そなえて, もつて, 把握する, 異にし

4 [16件] なす, なすに, なすもの, もつもの, よく知っ, 与えて, 云い表わすもの, 具えて, 反映し, 失って, 意味する, 擔ひ, 現わし, 現わす, 示す, 表現し

3 [20件] 優越する, 反映する, 多分に, 失うこと, 彼に, 持つ, 探求し, 描くこと, 暗示し, 有して, 有た, 有つと, 正当に, 異にする, 発揮する, 知ること, 示すもの, 脱却し, 表わして, 表現する

2 [52件] その交渉, なして, なすの, なす故, なす自己實現, もつこと, よくあらわし, 不思議に, 与えること, 与へて, 云い表わすこと, 他の, 匡めて, 十分に, 否定する, 喪失す, 巧みに, 帯びたもの, 帯びた場合, 忘れて, 持たねば, 持つた人, 振り落して, 描き分けて, 擔は, 有すと, 有する生き物, 有せず, 有たなけれ, 有つこ, 概念し, 求めて, 発見し, 發揮する, 知らない人, 破壊し, 示そうと, 第二, 背景に, 與へる, 見て, 見ること, 見ると, 見事に, 見透さなかった, 規定し, 解剖する, 説かざる可, 説明したる, 軽視する, 鮮明ならしめ, 鼻の

1 [698件 抜粋] あはせ保たね, あまり好い, あらは, いかに捕える, いつまでも, いつわること, いろいろ考え, おのずから具え, おびたまなざし, おびて, おび中, お考え, かくされないもの, かわれて, くずすこと, くたくたに, くろがねの, こしらえるだけの, こしらえるの, このよう, この仕事, これほどの, しめすもの, すっかり見せ, そのま, そのままに, その中, その根本概念規定, その観念性, その鼻唄, それに, それに付與, ちっともあの, つかんで, つくって, とおして, ともなわないもの, とらなければ, どうされるだろう, どう変じた, どう見る, どこか, なお完全, なすこと, なすだろうこの, なす存在, なす意志作用, なす活動, なす現, なす要因, ぬきんでて, のぞいて, はっきりさせ, はっきりと, はつきりさせる, ひきぬいた, ひらいて, ぶちまけること, ますます露骨, まぬがれぬという, みること, めぐる理, めでました, もうすこしはつきり, もう一息, もう少し立ち入っ, もたざるを, もたない, もたない理論, もちはじめたこと, もち又, もった, もった日本人, もった濃やか, もった独特, もった論理, もっと一般的, もっと極端, もつた人物, もつた人間群, もつた民族, もつた独特, もつては, もつとは, もつよう, もつ以上, もつ女支配者, もつ年々, もつ母親, もつ流れ, もとめるやう, もとめるよう, ゆがめること, よく心得, よく現, よほど理解, よむと, より充実, より鮮やか, カムフラージし, トリックに, ニヒリストだ, モッと, リモーデルし得る, 一つの, 一口に, 一変さし, 一変し, 一層はっきりせしめ, 一度逢った, 一生支配し, 一言で, 一言に, 三つの, 上手に, 不思議にも, 与えそして, 与えその, 与えられたかを, 与えられて, 与える, 与えるため, 与え実在, 与へるため, 世人に, 主目的, 之によってのみ, 云い現, 云い表わすから, 云い表わすと, 云い表わす処, 云い表わす概念, 今もっ, 付加し, 代表し, 代表した, 会得んで, 伝えて, 伴って, 体現した, 何等含まない, 作つたこと, 作りあげると, 作り上げるの, 作り出だしたる, 作り変, 作品の, 例へば五泉家, 保ちながら, 保ち得るか, 保つこと, 保つ觀念的存在者, 保全する, 備へて, 傷つけたり, 充分に, 先祖の, 克服せね, 全く無, 全く離脱, 共に把握, 具へて, 写しても, 出現し, 分析し, 分解し, 判断せし, 判斷せし, 制して, 刻印し, 刻印する, 創造した, 創造し得た, 加えて, 助成する, 動機づけられた, 十分人間的に, 十分持つ, 単なる性格, 印象づけた, 却って物足らず, 取らないわけ, 取り扱い得る取り扱い方, 受け継いで, 台無しに, 同じくした, 吟味し, 否定した, 含めた人間, 問題に, 囁いて, 増し加えようという, 変えたまえ, 変えて, 変化させ得る, 外れたもの, 失い, 失うもの, 失った奇怪, 失ふこと, 失ふ危険, 失わないの, 失わない国家, 失わない筈, 失喪する, 好むと, 如実に, 完全に, 完成し, 定めて, 実によく追っ, 対比させ, 専有し, 導き入れる筈, 少しも, 崇敬し, 帯びた文学活動, 帯びなければ, 帯びること, 帯びるもの, 帶びた自己實現の, 弟息子の, 強く描き出さう, 強制せらるる, 形づくる一つ, 形作る可能性, 形成し, 形成する, 役だたしむることにて, 彼は, 彼女たちも, 得か, 得るで, 得天孫種族本来, 徹底せしめたなら, 心の, 必然的に, 忘れたこと, 思いあわせて, 思はせる男, 思ひ出したに, 思ひ出したやう, 思ふ寝覚, 性格として, 悉知し, 悲しがっ, 悲しく観じた, 想はせる, 想ひ起さね, 想像せし, 愈々著しく, 意味し, 意識し, 愛しも, 感じて, 或る, 扱うと, 把握されるべきである, 把握し, 把握しない, 把握し出す, 抑へ, 抜かれて, 択ばせるもの, 担うこと, 担うに, 担当する, 持たないもの, 持ちこれ, 持ちつづけて, 持ちながら, 持ち今朝, 持ち絶えず, 持った, 持ったもの, 持ったやつ, 持った化学者, 持った方, 持った特殊, 持った男性, 持った身分, 持っては, 持つから, 持つこと, 持つた人々, 持つた女性の, 持つた戦争, 持つた芸術, 持つと, 持つの, 持つやう, 持つ処, 持つ男, 持つ芸術, 指摘した, 振り落した社会学, 捉えてこそ, 捕捉する, 探し出して, 探り出す場合, 掴むこと, 描いたり, 描かなくても, 描きながら, 描きゲーテ, 描き分けようと, 描くという, 描写しよう, 描写する, 擔つてゐる, 擔ふと, 擔ふも, 教養する, 斥ける神聖, 既に胚胎, 明瞭りさせなけれ, 普遍者に, 暗に誹った, 暴露し, 更新し, 書くの, 最も強く, 最適切, 最高潮に, 有しすでに, 有する, 有するという, 有するもの, 有する交渉, 有する婦人, 有する日米安保条約, 有する程度, 有する質料, 有ち, 有った男, 有つか, 有つてゐた, 有つてゐる, 有てないよう, 有とう, 有能化する, 朧気ながら, 柔順な, 極めて微弱, 極限の, 構成するであろう, 構築し, 横溢させ, 残したま, 比べると, 決定した, 没却する, 活かして, 浮出させようと, 浮彫り, 滅ぼして, 無理に, 無視した, 率直に, 現して, 現すと, 現は, 現わせ, 理解される, 理解されるべき, 理解したい, 生かして, 生きて, 生みづけられて, 生むに, 申上げた, 異にすれ, 疑うごときは, 発掘し, 発揚した, 発端において, 省みて, 眼中に, 知つてゐた, 知つてゐる, 知らず戦争, 知らないらしい, 知らないん, 知りそれ, 知り多元的, 知り彼, 知り目的, 知るため, 知る上, 矯正すべく, 研究し, 研究でも, 破る力, 確りと, 示さうと, 示した, 示すものの, 示す興味, 私は, 称して, 移しと, 積極的に, 究め物語, 突きとめる誠実, 端的に, 箇々に, 組み立て, 絶対に, 羨ましく思つて, 考えさせられたので, 考えた, 考えるに, 考へると, 考慮し, 耳に, 聞いて, 育て上げるにも, 育て上げる重大, 脱しない, 脱し切れぬ現, 脱し得ぬが, 自分の, 自然に, 與へ, 舞台の, 色々に, 著しくし, 蔽うの, 表すよう, 表わす象徴, 装うこと, 要求する, 覆うもの, 見こんで, 見せら, 見せる天堂, 見ぬいて, 見ぬき万人, 見る, 見れば, 見出したという, 見出すかは, 見出す新, 見失うこと, 見失ふ恐れ, 見抜いたもの, 見直さなければ, 見破られるから, 見窮めて, 規定されます, 規定される, 視角として, 視野の, 解明する, 証明する, 詳しく知る, 誇示した, 認めて, 認めないかね, 認められたかの, 誘導する, 語り告げて, 語ること, 語るため, 語るもの, 語るより, 誤りなく, 誤ること, 説明しえた, 誰が, 調べて, 論じて, 謂うの, 謂は, 變更する, 象徴し, 貫いて, 賦與せんと, 蹴りつけて, 近づけて, 逆に, 透過し来たる, 造り出すであろう, 逸するそれ, 重視する, 鍛え上げ天晴れ, 防護する, 附与し, 附與してやらう, 隊伍に, 隠して, 隠し持って, 離れては, 離れ燕趙悲歌的傾向, 領解した, 顕わにすべき, 顕わにする, 飽くまでも保存, 飽くまで脱却, 齎す

▼ 性格~ (1006, 17.5%)

25 中に 12 強さ 11 弱さ 8 ために, ように, 中には 7 うちに, 一面が, 上に, 人は 6 なかに 5 一部を, 一面を, 持主で, 概念は

4 [11件] ものであった, ものの, 一つの, 一要素である, 一面は, 中の, 人である, 持主であった, 持主である, 男で, 美しさ

3 [18件] ものである, 一つには, 一面に, 上にも, 下に, 中から, 人だ, 人で, 人であった, 人には, 女は, 差を, 描写は, 根強さ, 発生を, 相違が, 相違を, 違いが

2 [57件] おかげであった, ことである, どこかに, なかには, ものは, ものを, 一端を, 一部が, 一部に, 三つの, 中にも, 中より, 人が, 人だった, 人でない, 人として, 人に, 人の, 人も, 人間が, 人間である, 人間には, 代りに, 内に, 分析に, 刺すよう, 奥に, 山だろう, 差が, 差異が, 強固なる, 悲喜劇といふ, 或る, 所有者であった, 持ち主だった, 持ち主である, 持主だ, 故だ, 有つ, 概念に, 構成体は, 機能と, 然らし, 特徴を, 特殊な, 男だ, 異同を, 相違から, 相違は, 相違も, 破綻を, 神女で, 神経組織自体である, 美しく清い事, 致命的な, 類似から, 鬼な

1 [668件 抜粋] あまりに鮮, あらわれた強い, あらわれであったろう, あらわれを, ある種々, ある顕著, いずれが, いちじるしく変化, うちその, うちには, おかたは, おのおのの, おのづか, かたまり方, くい合わないせい, こういった, ことです, この都市, さういふ外貌, しっかりした, しるしとして, すりかえにたいして, せいで, それである, ためだ, ためである, ため身を, だらけて, ちがいという, ちがい人生に対する, ちがうご, ちがう三人兄弟, ところが, ところも, どういう面, どんな部分, ないもの, ない証拠, なだらかさなどで, なんらの, はげしい相違, ひとつである, ひとつに, ひとつを, ほうは, ほかに, まがう方, ままやっ, まま執念くやられる, まるで違つた, ものが, ものだ, ものであり, ものな, ものには, ものばかり, よくない, よしあしで, よほど運命的, よわさ, アベコベの, コントラストから, ディフェクトを, ニュアンスの, モデリング, ロオルは, 一つは, 一割でも, 一変か, 一変し, 一点一画をも, 一特性である, 一番かんじんな, 一般図式が, 一要因として, 一証では, 一部の, 一部は, 一面から, 一面で, 一面として, 一面も, 上では, 上でも, 上において, 上にまで, 下山氏が, 不誠実不謹慎を, 両方向の, 両極を, 両面という, 両面に, 中でも, 中へ, 中核的内面世界の, 中正を, 中間的であり, 主である, 主人に, 二人が, 二十何歳の, 人々が, 人々なり, 人でした, 人でも, 人とも, 人などは, 人や, 人物か, 人物の, 人知れぬ, 人間です, 人間にゃ, 人間の, 伝記的な, 保有者であったであろう, 俳優は, 倒影であった, 傾向や, 優越は, 優越性を, 先生で, 克服は, 克服へと, 全く異, 全局面, 全然異なった, 全部と, 全部の, 全部を, 共通点を, 共通點から, 兵隊が, 内奥を, 内奧, 内容が, 内面の, 内面性から, 内面的発達の, 几帳面さが, 凸凹面など, 出現である, 分析から, 分析によって, 分析を, 分解踊りとも, 分類や, 前に, 創造まことによく, 力である, 力と, 力教育によ, 動向は, 勝家は, 半面, 半面は, 単調な, 原因を, 厭な, 及ばす影響, 反対な, 反映と, 反映として, 可能性という, 可能性を, 合わないと, 同じ年ごろ, 名である, 名の, 向上進展が, 呪いの, 味わいの, 唯一の, 問題だ, 問題に, 問題を, 問題インテリゲンチアと, 土地では, 圭角そのものの, 圭角を, 型家庭の, 基礎と, 基調が, 変って, 変化が, 変化に, 変幻出没を, 外人である, 外被, 多種多様さに, 多種多様さを, 夫である, 契機に, 奥さんなら, 奥さんには, 奥底を, 奥深くに, 奧には, 女だ, 女で, 女である, 女な, 女に, 女性であり, 奴が, 奴であった, 如きが, 如きも, 如き頗る, 如何に, 姿を, 威力を, 娘は, 子で, 子供を, 宿命として, 対照君臣の, 封建の, 尊重が, 差から, 差に, 差は, 差異を, 差評価の, 差違から, 幅とから, 広汎な, 底に, 底流を, 弱い一面, 弱い人, 弱い動揺的, 弱い均衡, 弱い外見, 弱い道義的背骨, 弱きが, 弱点が, 強いせい子, 強いもの, 強い事業, 強みを, 強烈さを, 強烈な, 強靭さの, 形容の, 形成である, 形成に関する, 形象は, 形造られる, 影響で, 影響に, 影響は, 彼と, 彼女は, 律師で, 必然なる, 急激な, 性質, 想像も, 意地強, 感じとが, 成長であり, 或ニュアンス, 或一面, 或類似, 所以だ, 所有者だ, 所有者である, 所有者では, 所有者でも, 所有者なる, 所業では, 把握, 把握の, 抜きがたき, 持ち主だつた, 持ち主であった, 持ち主では, 持ち主なる, 持つ宿業, 持主そこへ, 持主だった, 持主では, 持主でも, 持主と, 持主の, 持主ばかりが, 持主らしく, 持主雪之, 指し示す線, 探求は, 描写に, 描写においても, 描写について, 描写の, 描写人生の, 擔ふ, 故であり, 故に私, 教養に, 断片が, 新しい展開, 方が, 方です, 方な, 明るさ, 明確性は, 暗さ, 更生に, 最もよく現われる, 最も明らか, 最も生産的, 最大限まで, 本を, 本質も, 枠を, 柔弱とは, 根本は, 根柢に, 根柢は, 検討にまで, 概念が, 概念である, 概念を, 横た, 横顔が, 機能は, 欠乏といふ, 欠如表向きさう, 欠陥と, 欠陥により, 次第に大きく堅く, 歪みと, 歯車が, 歴史的な, 残忍刻薄が, 母親の, 注目すべき, 活動が, 活動なりを, 活動は, 混乱やは, 清らかな光り, 激変で, 濃度が, 点から, 点で, 烈しさ, 無い證據, 焦点を, 熔岩, 片鱗が, 片鱗を, 特色を, 特質だけを, 牽引は, 現れとや, 現われたもの, 現われとして, 理解, 理解で, 理解であった, 理解の, 理解命名の, 甚だ少い, 生きた雛型, 生ッ粋, 生一本さ純情で, 男であった, 男です, 男に, 男は, 男らしい, 異うこと, 異つた両様, 異る, 疎外との, 発展を, 発生が, 発見, 相似から, 相似は, 相剋が, 相反した, 相反する, 相異, 相違あり, 相違からとか, 相違した, 相違だけの, 相違であろう, 相違です, 相違といった, 相違とか, 相違について, 相違によって, 相違や, 真の, 真理を, 真髄を, 矛盾が, 矛盾といふ, 矛盾などを, 矛盾の, 研究の, 破産者と, 破産者には, 破綻は, 確定の, 確然たる, 秘密が, 穂を, 積極面を, 端を, 第一歩である, 第一行為, 系譜図である, 純良さが, 細君の, 組合いと, 組合わせで, 統一を, 繊維だけを, 缺陷は, 缺陷を, 老優が, 者で, 者でありました, 者と, 者とを, 者な, 者の, 者は, 背反した, 腹の, 自然に, 良いところ, 良くない, 色彩を, 薄弱な, 薫では, 藤村が, 衣裳と, 表れに, 表現で, 表現の, 表裏が, 表象だ, 裏付けの, 裏打ちに, 裏返しに, 複雑さも, 複雑さを, 複雑という, 見かた, 観察に, 観察描写を, 解剖に, 記述を, 設定の, 誤って, 誤解は, 説明が, 變化に, 象徴として, 象徴としては, 質を, 起す現象, 蹂躙は, 辛さ, 迸りであるの, 通つた所の, 過少が, 違いであろう, 違いに, 違い方, 違うの, 違う女, 違つた, 違つた私の, 違ひ, 重しと, 重みが, 重みを, 長所たり, 長所短所それが, 閃きである, 関係その他は, 関係自体が, 関数である, 集積を, 雰囲気への, 霊感に, 非女丈夫的, 非常に, 頼み甲斐を, 骨組を, 高潔なる, 高貴さが, 點に

▼ 性格~ (517, 9.0%)

12 ある 4 あまりにも, あらわれて 3 あるの, ガラリと, 出て, 非常に

2 [21件] ありのままに, あり生活, あるから, あると, あんまり出ない, そこに, それによって, どこまでも, ない, まったく違っ, 一変した, 働きかけて, 出すぎて, 多血質である, 存在の, 学問の, 小学生時代から, 峻峭な, 性格だ, 構成せる, 正しいの

1 [443件] ああいう, あげた波, あった, あったであろう, あったとしても, あったの, あったので, あったろうかと, あって, あってこそ, あっては, あっても, あつた, あの物語, あの畑中, あの舞台上, あまりかけ離れ, あまりに不羈, あまりに固着, あまりに痛々しく, あり, ありそこ, ありは, あり他, あり現代, あるか, あること, あるという, あるとは, あるばかり, あるべきだ, あるもの, ある人生, ある点, いかにも懐かし, いつしか兇悪, いつの世にも, いやに, うかがえるが, うかがえるよう, うかがわれた, おのずから現われ, おのれの, おりこまれて, お延, かくしてつくり出さるる, からんで, かわらず和一郎, きわめて善良, ぐずぐずし, けずりとられて, こ, こうさもしく, こうだの, こうのびた, この二人, この場合判断中止, この尾佐, この平凡, ございます, さうだ, さうなる, さう一致, しっくりと, しつこく私, しばしば男の子, すっかりちがっ, すつかり, すべて反対を, そういうもの, そういう定規, そうだ, そうである, そうな, そのころ, そのまま味, その性格, その根柢, その苦笑, それでは, それに, それの, それ故, そんな呑気さ, だんだんと, ちがい過ぎるん, ちがうん, ちゃんとつかまれなけれ, つかまれないと, で, できやすい, でて, ときおり現われ, とりも, どことも, どこに, どこまで, どんなに服裝, どんな性格, ないと, ないの, ないもの, ないやう, ないよう, ないわよ, なかった, なく新しい味わい, なほ克服されぬ, にじみで, にじみ出て, のぞいて, はっきりし, はっきり掴めない, ひとごとならず, ひとつに, ひとつの, ひどく私, ひねくれて, ほの, ほぼ決定, まず現れ, またあくまで自然, また傲慢, まだまだあいまい, まだ古い, まったく欠如, みすぼらしいからという, みられて, むきだしに, むしろ彼女, むらであった, めちゃくちゃに, めめしいの, もし芸術, もたらした悲しむべき畸形, ものを, ようやく年, よくある, よく出, よく出てる, よく出ない, よく分る, よく現, よく現れ, よく現われ, よく窺われる, よろしくない, イブセンを, カエサルにも, ブルジョア民主主義革命の, 一つの, 一パイに, 一変し, 一変する, 一字もしくは, 一定形態に, 一層嫌人病的, 一層慕わしかっ, 一朝に, 一致せぬ, 一變した, 世にも稀, 二通りある, 二重に, 云々という, 亡ぼされない以上, 交代で, 人から, 今の, 今日の, 今日まで, 今日的色彩を, 他の, 会戦指揮方針に, 伸子に, 似てるん, 何かしら重要な, 何回でも, 何物をも, 何遍も, 作品の, 作用し, 俳優の, 個人的個性に, 僕等の, 先天的な, 先天的に, 全く正反対, 全く相, 全く相反, 全幅的に, 其の志, 具象化されれ, 内の, 内向的故, 凡庸化され, 出るの, 出来つつ, 出来ると, 出現し, 分らなかったが, 分れて, 分化し, 分析される, 分裂し, 切っても, 判ります, 判断の, 創りだす恋愛, 力説されね, 加わって, 動作に, 動機づける, 十分理解され, 南北戦争の, 単に学生, 即ち文化, 原因し, 取り出されるの, 古く京阪地方, 可能性である, 各自異なっ, 合は, 合わないという, 合わないの, 合わぬため私, 同時に形づくられた, 向上する, 向上を, 商品社会だ, 問題と, 善く活躍, 固定し切っ, 国の, 執拗に, 堕落する, 変った, 変わるという, 変化し, 多くの, 多分に, 夥しく牀, 大いに役立つ, 大きい原因, 大きい関係, 大正流に, 太閤様の, 失われた時, 失われる, 失われる憂い, 奇怪な, 女性的分子の, 如何に, 如何に多い, 妙な, 姿にも, 存し, 孤独に, 実践的である, 実際生活, 客観的に, 客體面に, 専門の, 少くなる, 少く余りに, 少しずつ, 弟の, 弱い上, 弱かった, 弱って, 形づくられ明治維新, 形態の, 形成しかかっ, 役の, 役立って, 彼の, 徹底化を, 必要と, 忌々しくて, 忽然旧に, 怖かった, 思想に対して, 急変した, 性格の, 恋の, 息の, 悪いの, 悲しくなる, 想像も, 意味する, 愚鈍である, 愛らしかつ, 折々に, 押し出される必要, 抽象に, 招いたところ, 授けられて, 描かれて, 描き出されて, 文学の, 断片性である, 方法的である, 明らかに, 明瞭に, 明確だ, 明確と, 昨日の, 時代区画を, 晩年に, 普遍性を, 暗くなっ, 書いて, 最も忌み嫌う, 最も濃厚, 最後の, 有機体的, 朦朧と, 朦朧として, 本質的に, 果してこの, 根本的に, 極めて鈍重, 概念である, 概念成立の, 標準の, 機能し得た, 權勢ある, 欠けて, 次に浮かび上っ, 正しいので, 正反対と, 歴史の, 歴史的時間の, 母の, 母親の, 民衆に, 気に, 水準以下に, 決定せらるる, 浮かぶ, 浮び出て, 滅び五慾, 滲みでて, 演劇の, 潜んで, 無い, 無の, 煮え切らないところ, 牢として, 物を, 特徴づけられ, 現れず動作, 現れたるならん, 現われて, 現在に, 現象即ち, 生き上る, 生れて, 生一本で, 男によって, 異るなら, 異常だ, 登場する, 益々暗く, 直木の, 直観空間, 相似, 相似て, 相容れぬ, 相近かつ, 眉宇の, 破産しちゃった, 確然と, 社会の, 社会的集団的性格に, 私たちに, 私を, 科学的概念に, 科学論である, 種々ゆき, 立派である, 第三幕目, 純だ, 純な, 累を, 結婚後に, 絡んで, 総体を, 羨ましくも, 腕力主義から, 自らを, 自ら惹き起した, 自分の, 自己の, 自然に, 自然に対しても, 自然世に対して, 自覚前と, 良人である, 芸術的領域に, 茫漠として, 茲に, 表せないわけ, 複雑である, 見えて, 見える, 見えるの, 記録, 詩人である, 認められるね, 語られて, 語られ後者, 論理的なる, 變つたと, 變革刷新を, 躍動し, 躍如として, 身に, 違いますね, 違えば, 違つてゐる, 違ふかと, 適して, 遺伝した, 遺憾なく, 酔って, 針の, 鉄幹の, 閃めく, 随所に, 隠されて, 集団の, 露に, 露呈せられた, 面白く出, 頼もしくも, 顔を, 顕著な, 飛んだ怨, 駒井を, 驚くべき観察眼, 鼻に, 鼻について

▼ 性格~ (466, 8.1%)

5 何か 4 それが 3 なかった, 明らかに

2 [28件] いわばかかる, がまんできない, ここに, そのこと, その生産, それ故, ないと, まるでちがっ, アマノジャクそのものだ, 一変した, 之を, 他の, 任意の, 常に事物, 常に歴史的全体, 彼の, 時代の, 歴史の, 殆ど旧態を, 消えて, 特殊な, 現在に, 社会的集団的性格に, 私の, 第一, 老て, 通路を, 陰謀に

1 [395件] ああいう, あくまでも究明, あの男, あまの, あまり人々, あまり好き, あまり知らない, あらゆる角度, あるが, ある思想, いっそう強く, いまや名実, いろいろに, いわゆる劇的, おもしろくない, およそ山, お預けに, かう云, かなり知識的, かの圧倒性, きしり揺らいで, きわめて微妙, くっきりつかまれ, こうした悲劇, こう関係, ここから, このよう, この三つ, この動機, この意味, この承認, この時, この暗闘, この目, この音楽, この黒, これが, これでなけれ, これは, これよりも, さう, さうで, すでに判断, すなわち日本人, すべての, すべてみなその後の, そういう恐怖, そうは, そこに, そのため, そのとき, そのままこの, その事物それ自身, その人, その土台, その実践性, その意識的, その文章, その方法, その歴史的事実性, その軍, その鼻, それから, それみずからに, それを, それ以前の, それ自身の, それ自身通路性を, そんな二人, そんな野暮, たしかにその, ただ世界, ただ実践, たとえ自分, だからすでに, だがしばしば, だんだん, だんだん芽, ちょうど代数, ついに堕落, つむじ曲りで, とても日本人, どういう原因, どうかと, どう云ふところ, どこから, どこまで, ないから, ないが, ないさ, なければ, なさそう, なぜ生命, なほ時間性を, なほ殘留し, なんらの, はっきりと, はっきり現われ, ひどく歪められ, またまったく, また不意, また他, また本, まア第二義, みんな知っ, むしろ明るく, もはやはっきりした, もはや論理構成, やはり往年, ゆき子に, よかれあしかれ今日, よく知り抜い, よく知る, よしあしを, より弱く, より強く, ガラリと, ケムブリッジ学生の, ハッキリし, ヨーロッパの, 一人一人書き分けなけれ, 一国一家君民一体の, 一変し, 一定の, 一層の, 一時間ごとに, 一番複雑だ, 一般に, 一般的なる, 一見淳朴, 一見甚だ観念的, 一貫し, 一面において, 三人三様であった, 不思議にも, 不連続殺人事件と, 世にも奇妙, 両親から, 之に, 事物を, 云わば, 享楽主義の, 人々が, 人々によって, 人々の, 人々への, 人に, 人間の, 今でも, 今と, 今事物, 仕方の, 他人から, 以前と, 伝記的展開としてのみ, 佐文の, 何かを, 何である, 何も, 何処から, 余りに類型的, 依然として変わらなかったであろう, 依然殘, 価値関係づけである, 保たれる, 個人性格の, 個別化原理から, 個性個体, 優れたる意味, 優越性を, 元来そういう, 光秀としても, 克明に, 全くあべこべ, 全く佐治君, 全然当時, 全然當時, 処で, 出て, 切線として, 初期の, 判断では, 判断でも, 前から, 前にも, 動くもの, 勿論の, 単なる物質, 単純に, 又これ, 又共産主義, 又終局, 反対物に, 可能性である, 可能性の, 各方面, 君には, 吾, 善でなけれ, 団体へ, 困りもの, 土によって, 圧迫され, 堅忍主義と, 堕落する, 墓石の, 士分の, 声にも, 変な, 多く誠実, 大ぶ, 大体わかるであろう, 大和民族の, 大変面白く, 天性ばかり, 天才の, 夫, 失はれ事実そのもの, 失われる, 失われ事実そのもの, 如何なる場合, 始めから, 存するの, 存在, 存在であっ, 孤立した, 実にわれわれ, 実に多く, 実はこの, 実は元来, 実は対象, 実在の, 実践的, 実践的規定を, 客として, 害されるよ, 寧ろ単純, 寿江子と, 尋常の, 常に体系, 幾千年の, 弁証法に, 形を, 形態として, 彼が, 彼らの, 彼等が, 微塵も, 必ずしも真, 必ずしも自覚, 思想に対して, 性格であり, 性格として, 恰も之, 悉く人間, 意識では, 意識の, 愚な, 愛では, 感受し得られる, 成り立ちようが, 我々にと, 我らに, 我儘に, 或る, 戦争といふ, 折から, 改らなかつた, 文化を, 文化都市の, 新聞である, 方法である, 方法概念でなく, 旅行の, 明白である, 時間の, 普通想像され, 最後には, 本当は自分, 本職の, 机であり, 果して意識, 案外複雑, 棺屋の, 極度にまで, 模倣さえ, 次の, 正しく把握, 正反対である, 歴史的感覚によって, 歴史社会的制約を以て, 歴史社会的存在を, 殆ど没却され, 段々變化, 殺したり, 母の, 比較的忠実, 比較的複雑, 気候風土の, 気質的に, 永遠的価値を, 決して弱い, 決して秀吉, 決して血, 没するもの, 活動である, 淵源する, 温良な, 漠然とし, 火の, 無理が, 無論方法, 特有な, 特殊的な, 現れるの, 現われぬわけ, 現代人の, 現代性を, 現在である, 現象学的方法を通じて, 理解を, 琉球列島の, 甚だしくちがっ, 生一本でなく, 男女の, 疎外され, 疑いぶかいのね, 発展的に, 皇統の, 目的意識に, 直ちに概念, 相互に, 相当粘り, 相次いで, 真理以外に, 知り得るであらう, 短気で, 破壊に, 破綻した, 破綻なし, 磨滅し, 社会的集団的性格と, 私に, 空間に, 窮極的な, 第一級, 第二, 純粹, 終局に, 結局性格としては, 美しい, 自分を, 自分如き, 自由に, 自身の, 至極表面的, 芸術的素材に, 苦難に, 英雄ふうと, 英雄的で, 葉子に, 葛子の, 蔽ひ, 血あり, 行動する, 表象という, 表面より, 要するに判断, 要吉の, 見いだされる, 言葉のは, 言語学的な, 認識の, 誤って, 誤られたる従って, 説話体であり, 誰にも, 誰も, 諸事そうで, 議場に, 迷信的に, 運命だ, 過程である, 違うけれども, 釈かれない, 長兄光瑞師と, 開いたもの, 限界, 限界や, 階級という, 階級的な, 非常に, 領域とは, 顕わに, 飽くまでも類型的

▼ 性格~ (310, 5.4%)

20 於て 6 就いて 4 なって, 帰着する 3 して, ぞくす, 向って, 変化が, 就ても, 適して

2 [14件] いちじるしい影響, なりやすい, ふれて, 何か, 依て, 変化する, 外ならない, 就て, 応じて, 應じ, 欠点が, 適合し, 遭ひ, 陥って

1 [230件] あった, あったら, あつた, あらわれて, ある, あると, あるもの, ある二人, ある隙, いさ, うそが, おいて, おされた, かういふ, こういう一種独特, さまざまの, したがった廻転, しっかりした, すぎないよう, そういう方面, そうした剣, そして行動, そのよう, ぞくすの, ぞくする外, たくさん持っ, たって, つきて, どこか, どれ程, なければ, なってしも, なってる者, なつて, なりかかって, なるだろうと, なれさせて, はなはだ自信, ひきつけられて, ひきつけられ彼, ひき戻すこと, ひそむ宿命, ひとは, ぴったり合った, ふさわしくすっかり, ほかならない, もとづいて, やるせない淋しさ, よく適合, よらなかつたか, よると, コツンと, 与える理解, 並々ならぬ, 主点を, 二つの, 人間の, 仕上げたの, 他ならぬ, 付け込まれ名妓, 似ずヴァイオリン, 似て, 似合わしいこと, 似通つて, 何かの, 何の, 作用し, 依って, 依ると, 依る事, 依存する, 傾倒せざる, 先立って, 全くぴたりと, 全然見当, 内在する, 冷されて, 出来て, 出逢うほど, 分裂し, 分裂を, 則らずして, 副い, 力強い方向, 加えて, 加わる一つ, 包摂され, 十全なる, 卑しい浮遊性, 即して, 及ぼす影響, 反して, 反撥軽蔑する, 同情が, 向かって, 向けて, 命令する, 哲學者政治家等に, 喰い入って, 因るとしても, 固有な, 圧せられて, 圧倒される, 基いて, 基くもの, 基づいて, 基づくの, 変貌し, 多分な, 多少の, 多少皮肉, 大きな変化, 嫌悪を, 対応し, 局限された, 屈托の, 属するもの, 属する話, 帰する, 帰れなくなったので, 帰着し, 引きずられて, 引き直して, 弱い処, 強くアンダアライン, 強さ, 影響を, 彼女は, 思はせぶり, 恐れを, 恐ろしく忠実, 恵まれて, 惚れこんだ人々, 愕き, 慕い寄る女たち, 慣れたこと, 把手の, 押え付けられて, 押されて, 押しつけては, 接した事, 文化の, 文学に, 於いて, 於ける存在, 於ける愛嬌, 於てのみ, 於ても, 暖かい思いやり, 暗影を, 最も良く, 未だ副, 根ざしたもの, 根気も, 植えつけ育った環境, 極めて適当, 深々と, 満足し, 潜んで, 潤いという, 無関係な, 照らせば, 片づけ切れないという, 特に注意, 玉太郎は, 現れて, 瑕を, 由る趣味, 留まらしめたの, 発展した, 皆多少, 相容れざる, 相当する, 相應, 相関的である, 相関的でなけれ, 破綻を, 祖母の, 立って, 立脚する, 素直に, 終ったこと, 終っては, 終る危険, 結びつけて, 絡んだ万葉人, 缺陷を, 置こうと, 腹が, 自分は, 自由は, 至って, 至っては, 與へた影響の, 興味を, 芸術家として, 荒い苦しみ, 落ち合う処, 表現され, 裏づけられたひとつ, 見えて, 見える, 見られたが, 見立てられるもの, 親しくふれ, 触れたい, 負けたと, 負はせ, 起因する, 超越的な, 転じつつ, 近いと, 近代的特質を, 這入つて來, 連関する, 過ぎなくなるであろう, 適した天職, 適するよう, 適應する, 還元され, 重きを, 重点を, 野蛮という, 關し, 陰翳が, 集中され, 非常に, 鞭うたれる, 骨の, 魅着し

▼ 性格~ (232, 4.0%)

4 して 3 動機とに, 同値である, 性格との, 性格の, 言えば

2 [13件] いえよう, する, なって, 之を, 今述べた, 呼ぶの, 境遇とに, 家族制度の, 情緒とが, 情趣の, 感情を, 時代の, 組織である

1 [187件] いうべきもの, いうほどの, いえる, いはれるもの, いわれるもの, きわめて古い, ここ数日の, これに対する, されて, した極めて, するから, すること, する憲法改正案, せざるを, そういうスポーツ, そしてあの, その中, その交渉, その修徳, その悲しい, その政治生活, その知識人, その絶えざる, その行動, それには, であるかという, どう繋がっ, どう考え, なすもの, なりこれ, なりて, なり内的發展, なり博士, なり得ること, なる, なると, なるの, はっきり対立, また日本女性, むかし二本の, よんで, アメリカ的性格, ミリュウの, ヨーロッパの, 一つに, 一致せしめなけれ, 不朽の, 主義が, 云うもの, 云えば, 云ふ, 云われて, 人々の, 人間的な, 人間的規模を, 今日まで, 仕事との, 仕事の, 仕事ぶりを, 他系列, 伝説の, 似たところ, 体とを, 体格には, 使命とを, 健康の, 入れ換, 其最近の, 典型的な, 初度の, 動きとを, 動機とを, 動機に従って, 南歐の, 反対な, 同様に, 名称との, 君側に, 呼ばれて, 呼ぶこと, 商売とは, 因襲と, 圧倒せられた, 天皇の, 女の, 女学校を, 容姿を, 容貌を, 尊厳な, 平然たる他, 年齢だけが, 年齢の, 引きくらべ一寸, 弱さ, 強靱か, 形態と, 後年の, 循環的性格とに, 心理に, 心理を, 思うならあやまりである, 思ったこと, 思想が, 思想とが, 性的生活, 悟性しか, 情熱と, 意義とを, 成行きとを, 我意志とを, 戰ひ, 手段を, 才能とが, 文化を, 文学に, 方向とは, 方法とを, 本の, 机の, 歴史の, 気質が, 波瀾の, 清き徳, 溢れるよう, 特殊的相貌の, 現世的修養の, 環境との, 環境とを, 璽光様とは, 生き方の, 生活の, 生活を, 生活力に, 生活態度の, 生涯を, 申すべきバラバラ, 申すもの, 相互に, 相好とを, 研究に, 私のとの, 称すること, 等位に, 組合って, 組織的機構の, 結びついたニュアンス, 結びつき易く, 結びつけて, 習慣とを, 耳疾の, 聯關し, 自分が, 華やかに, 行動との, 要求とに, 要求とを, 見えて, 見えるの, 見なされて, 見るの, 見るべきで御座いましょう, 言うけれど, 言おうか, 言って, 言っても, 言ふ, 調和が, 談話との, 貪慾なる, 趣味とを, 身長と, 軌道が, 運とに, 運命が, 運命とが, 運命とに, 運命を, 重右衛門, 釣合は, 関係が, 関係の, 非常に, 響を, 頭脳の, 風采が, 魅力とを, 鼻の

▼ 性格~ (226, 3.9%)

24 なもの 10 である 7 なるもの 5 でなければ 3 であった, なる問題, に代表

2 [12件] であること, である時, なる吾, な問題, な根拠, な遊び, にも, に反撥, に把握, に自分, ね, 乃至個性的

1 [147件] すぽ, だから, であった少く, であらねば, でありかつ, であり恰も, であり易い, であり現実的, であるか, であるため, であるにも, であるの, である故に, である歴史, であればこそ, でない, でない問題, でなかなか, でなくなる, では, で朝子, といわれ得る, となる, との区別, とは歴史的社会, とは歴史的運動, ともいふべき, とも思はれる, と呼ん, と非, な, ないろ, なつよ, なにおい, なより, なる解釈, なる論理学, なモメント, な一つ, な不調和, な両面, な人, な使命, な処, な原因, な嗅覚, な孤独性, な対立, な微笑, な意味, な態度, な或いは, な批評, な持物, な摩擦, な教養信念, な暗, な概念, な欠陥, な物言い, な男, な相剋, な相違, な短所, な素質, な色調, な調和的, な論理法則, な追求, な運命, な関係, な非, な音楽家, な風貌, な魅力, に, にあれ, にさう, にずいぶん, にそういう, にその, にちっとも, にできない, にどこ, にどれ, にどんな, になろう, にはそれ, にはどうしても, にはひがみ, にはベルニィ夫人, には全く, には取扱はず, には思ひ, にひと, にまったく, にもそんな, にもシッ, にも上品, にも或, にも畸型, にも畸形, にも病的, にも義昭, にも芥川氏, にも近い, に人殺し的, に俳味, に創作, に区別, に印象, に同一, に変えさせられる, に好き, に嫌世家, に弱者, に強者, に愛, に明るい, に機能, に物, に現われた, に理解, に相川良之介, に秀吉, に稀薄, に立派, に緊密さ, に自主的, に色彩, に見, に観察, に誰, に違う, に違った, に選ばれる, に間接的, に非常, に面白い, のもの, の欠陥, の深, よわさ, 乃至心理的小説, 或いは個性的, 無関心, 非論理性

▼ 性格~ (104, 1.8%)

2 一変し, 心理も

1 [100件] あきらかに, あまり深く, あり又, あるの, この頃, ごく静か, しって, すっかり違っ, その故郷, それによって, それを, ちがいすぎる, ちがい女性, どこか, どちらかと, どっちかと, なかった, なくどこ, なく感情, ひねくれて, ほぼ分った, ほぼ御, またこれ, またやや, またよく, また権田原先生, また注目, まちがいない, やがて創り出さるるだろう, よくのみこん, よく現した, ジャーナリズムの, 一変した, 世離れして, 丸くなっ, 之によって, 互いにどこ, 亦任意, 亦定まる, 亦描写, 亦時代, 亦段階的系列, 亦相対的, 以前とは, 何と面白い, 何も, 余り似, 作者の, 全然別々, 全然違っ, 冷やかで, 利用價値が, 厭味である, 同じ意味, 境遇も, 変つて今度は, 変わるであろう, 多少は, 失い尽くしたよう, 容貌も, 小林鉄之, 少年には, 強くて, 役柄も, 徹底を, 心得て, 悪党の, 意図も, 愛すべきもの, 感じられるよう, 感情経歴も, 手伝つてゐた, 持って, 描くべきです, 新鮮でない, 日常生活も, 明かに, 明るくなり, 昔から, 書物を, 正反対で, 民主的大衆的で, 気質も, 消滅し, 独裁的非, 異なって, 異常な, 目に, 目的も, 筋も, 肉体も, 自らさう, 見当つけようも, 設計し, 趣昧も, 違ふであらう, 鈍重で, 陰性で, 非常に, 面白い

▼ 性格~ (91, 1.6%)

2 その男性的, 心の, 心理や, 思想に, 気質の, 生活を

1 [79件] その他明石の, その高く, また生活, 事に, 事情と, 人となりを, 人物だけを, 人間臭を, 何かの, 何かも, 作品や, 個人の, 傾向に, 傾向の, 典型を, 労働の, 商品の, 国民性に, 圏境を, 境遇, 境遇が, 境遇などを, 境遇の, 境遇や, 多淫な, 好みが, 容姿の, 容貌も, 対人地位なども, 年齢身分までを, 心理が, 心理でも, 心理などについても, 心理に, 心理の, 心理は, 思想を, 性能を, 恋愛貴族的な, 情操に, 感情が, 感情には, 慾望ばかりを, 戦慄を, 才能は, 才能や, 政策に, 智能に, 気質に, 気質や, 渡世にまで, 無邪気な, 物の, 生活に, 生活にも, 生活状態までも, 生類憐愍令や, 秘められた意図, 素行に, 経路を, 經綸は, 習癖までを, 考え方は, 肉体の, 肉体的劣勢が, 能力に, 行動が, 行為の, 製作態度も, 詩の, 趣味も, 趣味や, 趣味を, 身の上の, 身の上を, 運勢や, 頭脳の, 風采に, 魅力や

▼ 性格から~ (89, 1.6%)

5 云って 4 して 3 推して 2 しても, でも, 來る, 判断し, 割り出した津田, 割り出して, 推せば, 言っても

1 [61件] あふれる誇り, いうと, いえば, いって, いつても, かういふ事件, きたこと, くる美し, くる芥川, こういうこと, すれば, その人, その哲学, その服装, ついにある, とかく無理, とかく苦悩, まもなくこの, よき同志, カン繰っ, 一番強く, 一足飛びに, 云っても, 云へば, 何事にも, 作品の, 兵庫の, 割り出されたその, 割り出されて, 史実非, 同じ幕臣, 同時にまた, 女性に, 弱さ, 必然である, 必然に, 招いた罪, 推しても, 推し考えて, 救われ頽廃, 映して, 来た極端, 来た飽く事, 来て, 来るだろう, 来る不羈奔放さ, 根ざして, 独立であるべき, 産み出された物, 発端し, 考えて, 考へまして, 自然である, 自身は, 見ても, 見ると, 言えば, 言へば, 説きだすこと, 部落中心に, 関係を

▼ 性格として~ (71, 1.2%)

1 [71件] くわッ, すべての, そうしか, そのカーヴ, それだけの, それの, それは, そんな事, どうしても必要, どんなに病, めったに斬り死に, やはりひろ子, ゐる, エキスペンシィヴである, リアリティーは, 不可能かは, 主観的で, 云わば, 仕事には, 出現するだろう, 取り上げられる, 取り出して, 受け取ること, 叙述され, 同じ日記中, 商品世界を, 外に, 夢みられ彼, 始めて其, 威を, 対立する, 對應する, 思い立ったらそれ, 感得する, 成立つ, 成立つこと, 成立つて, 扱おうと, 承認せざる, 把えられ, 把握しよう, 択ばれるかは, 択ばれるべきかは, 択ぶかは, 持ち從つて, 持つに, 描かれて, 既存の, 時間性可, 有するもの, 極めて適切, 機能する, 活動的の, 特徴づける, 現われた, 理解されるであらう, 理解しなけれ, 相反する, 眼に, 私たちの, 積極に, 空間が, 見ること, 言ひ, 躍動し, 軍民の, 通用する, 露はに, 非常の, 首尾一貫する, 體驗される

▼ 性格~ (69, 1.2%)

5 あつた 2 あつて, 心に, 押し通して, 自然に

1 [56件] あつたらう, あんまり翁, いて, いながら, いやがらせたり, いわば新子, お菊, さうかといつ, しばしば天, ずばずば口, その高貴, それが, それに, それを, たぶんに, だから二人, ない方, もの判り, もはや現代, アリョーシャの, ロマンティックである, 人間が, 今アメリカ, 何度か, 側近の, 判断せず, 十分の, 始終自身, 少しも, 尚その, 彼の, 従って生活力, 必要以上に, 怪しむに, 意味も, 我儘者であった, 手厳しくも, 推測する, 文筆的な, 新原家の, 書かれた作品, 服装なども, 桐壺の, 気に入らないと, 気持の, 狭い谷間, 男から, 置き代えること, 自信という, 自信といふ, 良心なぞという, 表現し, 谷村と, 運命も, 適役でなけれ, 非常な

▼ 性格である~ (57, 1.0%)

3 ことが, ことは 2 か, かのよう, ということ, と同時に, と思う, のである

1 [39件] かということ, かない, からし, からである, から一徹, から思いやり, か思想, が, がこの, ことも, ことを, ことをも, この性格, それは, というよう, といふこと, ところの, とするなら, とはいえない, とも知らず, と云う, と呼ぶ, と断言, と考えられた, に於, に過ぎない, ように, 一九三二年度を, 他者への, 以上觀想も, 処の, 可能性によって, 存在は, 所の, 殊に大師, 自己の, 自己主張自己實現に, 自己實現, 逆子乱臣と

▼ 性格という~ (48, 0.8%)

10 ものは 5 ものが 3 ものを, ような 2 ことに, のは, ものに, 概念から

1 [19件] ことも, ことを, ところ迄も, ものそれへの, ものである, ものには, ものによって, ものの, ものも, 一点で, 本を, 概念である, 概念の, 無花果の, 理解の, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 資格を

▼ 性格には~ (43, 0.7%)

2 どこか

1 [41件] あまり現われ, ありがち, いかにも東洋的英傑, お延, かかる努力, その後も, それぞれ変化が, つまり押しなべて, ともかく個性, どこかしらの, どこかに, どっか似通った, なお藝術品, なるほど一点, まったく欠け, よく通じ, クレオパトラに, ファッショ時代には, 一燈園は, 一番相応しい, 何の, 優柔不断な, 各, 同情が, 幾多の, 戦を, 文字どおりの, 時に大いなる, 書いてないが, 最早飽き飽きさせられ, 本來基督教的, 正邪は, 洵に, 矛盾が, 縁の, 自分と, 英雄主義的な, 虚栄と, 複雑な, 豊饒に, 骨の

▼ 性格では~ (37, 0.6%)

5 ない 4 なかった 3 なくして 2 なくて

1 [23件] あったが, ありましょうが, あるけれども, あるまいか, あろうが, そう人, それまでに, ないかと, ないが, ないこと, ないそれ, ないと, ないの, ないもの, ない第, なく女, なく思想的, なく意志, 出来まいなあ, 勢い写実主義, 合いません内部抵抗, 大決心, 本当の

▼ 性格~ (37, 0.6%)

8 のである 4 のだ 3 んだ 2 のか, のです, ものと, 人間が

1 [14件] のかも, のだろう, ので, のでございます, のでその, のでつい, ので彼, んざ眼中に, 人として, 人物さ, 女であろう, 方には, 水の, 男は

▼ 性格~ (35, 0.6%)

2 といつ

1 [33件] かそれ, からしかた, からだ, からである, からひどく, からまア, からやはり, から一人, から先天的嘘言家, から斯, から東京, か或, が, がまざまざ, し夫人, し風貌, つたから, とあまりに, ということ, というところ, という見方, とでも思ったらしく, と云えましょう, と帰納, と弁護士, と彼, と思われ, と暗愚, と考へ, な, のが, のに酒, わね

▼ 性格でも~ (30, 0.5%)

4 あるの 2 あり作物, あるが, あるよう, あろうが, なければ

1 [16件] あって, ありえない, あり得ない, ある, あるから, あるやう, あるわけ, あろう, いったいその, ないかも, ない極, ない第, なかった, 女である, 決して図面, 翁自身の

▼ 性格とは~ (29, 0.5%)

2 何か

1 [27件] この事物, しない, その或る, その行動, それ故, どんなもの, まったく対照的, まるでべつ, 一つの, 一体どんな, 事物の, 内容的に, 別である, 取りも, 吾, 大そう, 容れにくい, 常に, 形や, 時により, 独立でなけれ, 独立に, 知りつつ, 立体的な, 第一, 見ないの, 違って

▼ 性格によって~ (29, 0.5%)

4 優越される 2 二人の, 優越され得ない

1 [21件] いろいろ生じる, その人, その反響, それぞれの, であったの, まちまちな, 一種の, 一貫し, 事物も, 他の, 制約せられ, 又性格, 引きおこされる事件, 性格づけられる, 提出される, 提出の, 支配され, 異る, 行われた計画的, 表現を, 集約される

▼ 性格にも~ (28, 0.5%)

1 [28件] いろいろな, ないけれども, ふさわしく邸, また羨まし, もちろん悪い, よるが, よるであろうが, 人間味なく, 依ること, 依るし, 信頼し, 原由する, 古今で, 合って, 吹き抜けるところ, 変りは, 変化が, 學説にも, 差し響いて, 思想にも, 恪勤とか, 欠陥が, 特色の, 狸と, 由來する, 病的な, 純粋に, 親しみやすい

▼ 性格描写~ (25, 0.4%)

2 の筆

1 [23件] がまだ, が二の次, が公式的分析, が出来る, が多, が生じ, が目標, ですが, でもカエサル, として看れ, となる, との連関, とはつまり思惟言行, などにも力, などの上, によるもの, の作品, は全く, もム・ハ・ト, をやっ, を凡近浅薄, を考えました, を閑却

▼ 性格との~ (23, 0.4%)

2 間の

1 [21件] うちに, からみ合いが, この区別, さし当りの, 交渉の, 優越に, 区別は, 夫, 相異, 相関によってのみ, 組み合わせと, 絡り合い, 薄弱さな, 表象とも, 連関に, 間から, 間に, 関係が, 関係に, 闘ひ, 項で

▼ 性格概念~ (22, 0.4%)

2 の理論的使命, は恰も

1 [18件] が限界, であったの, であるであろう, であるの, なるもの, によって与えられる, の目的, の解明, はここ, はこの, は個別化原理, は歴史的運動, は然るに, は理論一般, を取り出す, を指摘, を自由, を規準

▼ 性格的概念~ (22, 0.4%)

2 はただ

1 [20件] である, であること, としての, として現われる, として現われるであろう, として理解, とは性格的事物, ともなる, とも非, によって与えられる, に変化, は之, は却って, は又, は性格的概念, は性格的理解, は日常的概念, をもつ, を指す, を有

▼ 性格であり~ (20, 0.3%)

2 これが

1 [18件] この寄与, そして例えば普通, そして又, そして第, その性格, ながらではまるつ, ながら軍人, デュパンも, フランス全体の, ヤミの, 五黄の寅歳の, 他の, 即ち自然, 外面的行動であった, 改新的な, 日常で, 本性です, 運命である

▼ 性格~ (18, 0.3%)

4 であった

1 [14件] たる彼, であり自ら, であり認識, でないという, で私, として, として現われる, と夫, と考える, にとっては致命的, にはあり得べからざる, にみえる, の典型, は本質的

▼ 性格について~ (17, 0.3%)

1 [17件] お話しする, ですね, もう少し議論, よく知っ, 己れ, 常に軽い, 所見の, 抗議の, 暗い疑い, 知って, 私はど, 自覚し, 觸れなかつた, 語つた, 語つた所は, 語りは, 論じ合ったり

▼ 性格づけ~ (16, 0.3%)

1 [16件] がそう, が科学的公式, たり, たりする, たり風貌, てなどはいなかった, ては悪い, て混同, て行くべき, と云った, に或, の仕方, の困難さ, の能力, は科学的概念, を数

▼ 性格~ (15, 0.3%)

1 [15件] どうしても克服, には出, のたたかい, の優越, の動機, の変化, の根底, の根據, の構造, の欠点, の欠陥, の特色, の種差, の饑, 極力大

▼ 性格であった~ (13, 0.2%)

1 [13件] から中宮, から云う, から叔母, から右大臣夫人, から機会, から纏頭, が, ためエリカの, と源氏, にしろ, ものと, ように, 空間とは

▼ 性格といふ~ (13, 0.2%)

5 ものは 4 ものが 1 のか, ものも, よりほか, 問題に

▼ 性格としては~ (13, 0.2%)

1 [13件] ありふれて, ずいぶん欠点, とても我慢, もつともと, 仁左衛門の, 他人には, 受け取られないであろう, 同じだ, 多少悩み, 大勢が, 無理から, 無理も, 由緒ある

▼ 性格づける~ (12, 0.2%)

3 ことは 1 か, ことによって, ことを, と考えられる, のに対象, ものそれが, ものとして, ような, 私の

▼ 性格とを~ (12, 0.2%)

2 もって 1 もつ二葉亭, 作品に, 偲ぶの料, 奇妙に, 比較し, 生かして, 結びつける合理的, 結合しよう, 見出す, 青年時代より

▼ 性格において~ (12, 0.2%)

1 [12件] とらえ描くという, ドラマチックの, 意識し, 愛と, 我に, 把握する, 田舎源氏の, 矛盾する, 自分の, 見出し得ると, 觀られたる, 開いたものの

▼ 性格そのもの~ (11, 0.2%)

2 だと 1 が性格, ですよ, で冷やか, と思想, に対する作家, に迷わされない, のよう, の顔, を珍

▼ 性格づけられる~ (11, 0.2%)

2 のであった 1 か, ことが, そして立場, に至るであろう, のが, ものである, 人間にとって, 他は, 時この

▼ 性格とが~ (10, 0.2%)

1 あつた, ある, よく現われ, よく生かされた, 仲介物なし, 引き起こした摩擦, 必ずしも相応, 浮き出て, 白煙の, 相関的である

▼ 性格としての~ (10, 0.2%)

1 不安を, 中正の, 冷めたさだ, 判断の, 善悪を, 活動は, 空間, 空間は, 自己分裂が, 資格を

▼ 性格とか~ (9, 0.2%)

1 主体的条件とかの, 云う点, 個性とかいう, 先天的に, 思想と, 悲劇的結末とかいう, 気質とかいう, 特殊な, 特質とかを

▼ 性格によ~ (9, 0.2%)

2 つて存在も 1 つてあらゆる, つていかに, つていは, つて制約される, つて歪められた, つて決する, つて波紋の

▼ 性格をも~ (9, 0.2%)

1 これを, 一変させ, 外へ, 対象と, 描きたいという, 描寫し, 與へる, 説明する, 軽蔑する

▼ 性格的論理~ (9, 0.2%)

2 に於ける 1 であったし, とは元来, にあっ, に於, の性格, の論理形態, は今

▼ 性格でなけれ~ (8, 0.1%)

7 ばならない 1 ばならないであろう

▼ 性格なり~ (8, 0.1%)

1 あるいは生計, ものの, スタイルなり, 修養なりの, 気持ちが, 荷担の, 行動なりを, 閲歴なり

▼ 性格による~ (8, 0.1%)

2 ので 1 ことで, ことも, ためか, のでした, 専門的傾向を, 説明を

▼ 性格に関する~ (8, 0.1%)

2 らしいこと 1 先入観念が, 問題であっ, 彼の, 悪口を, 概念を, 深い問題

▼ 性格まで~ (8, 0.1%)

1 一変させ, 一変した, 呑み込み顔色, 変えあらゆる, 変えて, 変へ, 左右する, 追ったもの一つ

▼ 性格的事物~ (8, 0.1%)

1 と非, に就い, の把握, はそれ自身, は性格的事物, は性格的概念, は非, へ変化

▼ 性格的真理~ (8, 0.1%)

1 と呼ぶ, と非, に就い, に於ける, は常に, ばかりで, を持つ, を追求

▼ 性格その~ (7, 0.1%)

1 ほかを, ほか更に, ま, 倫理性の, 問答の, 実質を, 限界を

▼ 性格づけられ~ (7, 0.1%)

1 そういうもの, ていく, ていた, てわかる, 又国民道徳家, 商品の, 或いはそう

▼ 性格に対する~ (7, 0.1%)

1 世評は, 作者の, 場合と, 抗議である, 松本の, 私の, 言葉である

▼ 性格~ (7, 0.1%)

2 に見られる 1 にはその, に守銭奴的, のある, の不明朗, の変化

▼ 性格的理解~ (7, 0.1%)

1 が与えられる, でなければ, としてのみ非, となる, によって置き換えよう, はただ, を他

▼ 性格それ自身~ (6, 0.1%)

1 が上属性格, が時代, にとって疎外的, によって単なる, により適わしい, の分析

▼ 性格だった~ (6, 0.1%)

1 と思う, と概, のである, のでチェホフ, のでマリユス, ので剣道

▼ 性格であっ~ (6, 0.1%)

1 てこの, てその, て二人, て他, て周囲, て軽佻

▼ 性格に対して~ (6, 0.1%)

1 人間そのもの, 相対的に, 示される作家, 自己の, 自然に, 軽慮

▼ 性格よりも~ (6, 0.1%)

1 いくらか思想性, 作者が, 周囲の, 後の, 背景の, 郷里で

▼ 性格破産~ (6, 0.1%)

1 か自我分裂, したアルコール中毒者, の妹, の悲劇, の苦悩, 同じころ広津和郎氏

▼ 性格破産者~ (6, 0.1%)

1 だと, であって, であつ, で根柢的, なの, のもつ

▼ 性格ある~ (5, 0.1%)

1 才能ある, 政党として, 政黨として, 概念, 者に

▼ 性格づけられね~ (5, 0.1%)

3 ばならぬ 2 ばならない

▼ 性格としても~ (5, 0.1%)

1 一時でも, 才気煥発でも, 潔しと, 結局秀吉に, 飽くまで無謀

▼ 性格とに~ (5, 0.1%)

1 忠實で, 自分で, 衝き込んで, 重大な, 關係を

▼ 性格なる~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 が故に, ものが, ものの

▼ 性格より~ (5, 0.1%)

1 して, みれば, 余程深刻, 來る, 出發

▼ 性格らしく~ (5, 0.1%)

1 それだけに政治家, 一種の, 不要な, 想像されよう, 社長と

▼ 性格悲劇~ (5, 0.1%)

1 であると, といふ戯曲, といわれるべき, を物語る, を理由

▼ 性格解剖~ (5, 0.1%)

1 などには犯罪, の文学, の限度内, もしなかった, や心理穿鑿

▼ 性格からも~ (4, 0.1%)

1 信長の, 形態は, 感じなかった, 決定される

▼ 性格しか~ (4, 0.1%)

2 認めないところ 1 具えて, 感じられないの

▼ 性格じゃ~ (4, 0.1%)

3 ないか 1 ないが

▼ 性格です~ (4, 0.1%)

1 からやはり, から愛情一本, があまり, よ

▼ 性格でない~ (4, 0.1%)

2 と思 1 処の, 蜂谷は

▼ 性格と共に~ (4, 0.1%)

1 作り出すで, 存する, 専政的な, 身に

▼ 性格などが~ (4, 0.1%)

1 ある, それと, はっきりと, 禍いし

▼ 性格などは~ (4, 0.1%)

2 眼中に 1 努力によって, 否応なく

▼ 性格なんて~ (4, 0.1%)

1 ものだって, ものは, 君は, 纏ったもの

▼ 性格においては~ (4, 0.1%)

2 實在 1 渇望する, 變り

▼ 性格にまで~ (4, 0.1%)

1 なって, 及ぼさなければ, 晒されて, 溯源出来る

▼ 性格に対しては~ (4, 0.1%)

2 親が 1 それに, 無性格

▼ 性格に従って~ (4, 0.1%)

1 不可知, 分析されね, 問われる動機, 行なわれる分析

▼ 性格を以て~ (4, 0.1%)

1 す是等, 他の, 吾, 考えられなければ

▼ 性格及び~ (4, 0.1%)

1 その診, 境遇等に, 政治宗教的勳功の, 教育次第で

▼ 性格~ (4, 0.1%)

1 とか人相学, とか哲学的人相学, の立場, の非

▼ 性格的興味~ (4, 0.1%)

1 が私, とか心理解剖, と結びつい, や舞台そのもの

▼ 性格~ (4, 0.1%)

1 と云う, によってはそう, によって時間, の判断

▼ 性格からは~ (3, 0.1%)

1 いかにし, 佗し, 恋しい方

▼ 性格さえ~ (3, 0.1%)

1 ある, こましゃくれて, なかったなら

▼ 性格だけが~ (3, 0.1%)

1 残る筈, 特に抽象, 現われなければ

▼ 性格とによって~ (3, 0.1%)

1 ヨーロッパの, 彼の, 特殊である

▼ 性格なども~ (3, 0.1%)

1 その複雑, 余りよく, 大抵声と

▼ 性格における~ (3, 0.1%)

1 人間の, 存在であっ, 宿命的特徴の

▼ 性格についても~ (3, 0.1%)

1 おどろいて, 或る, 観るもの

▼ 性格ばかり~ (3, 0.1%)

1 だと, でなく容貌, では

▼ 性格らしい~ (3, 0.1%)

1 かなり印象, ものとして, 性格を

▼ 性格俳優~ (3, 0.1%)

1 のやう, の見, の見せ場

▼ 性格~ (3, 0.1%)

1 されたペッシミズム, して, し立体化

▼ 性格形成~ (3, 0.1%)

3 の過程

▼ 性格心理~ (3, 0.1%)

1 に関係, は特殊, を描く

▼ 性格教養~ (3, 0.1%)

1 などとの関係, の高い低い, を互に

▼ 性格生活~ (3, 0.1%)

1 と結びつい, に対しては何んら, の錯雑

▼ 性格的虚偽~ (3, 0.1%)

1 が今, も亦, を取り扱い得た

▼ 性格破綻~ (3, 0.1%)

1 から父, に近い, または変質

▼ 性格表現~ (3, 0.1%)

1 にどうか, に用, の型

▼ 性格あの~ (2, 0.0%)

1 ように, 時代の

▼ 性格~ (2, 0.0%)

1 さもなければにわかに, 要領の

▼ 性格かも~ (2, 0.0%)

1 知れないね, 知れん

▼ 性格こそ~ (2, 0.0%)

1 永遠乃至, 素性の

▼ 性格すなわち~ (2, 0.0%)

1 これまでの, 主体的な

▼ 性格その他~ (2, 0.0%)

1 について種々, の表現

▼ 性格それ~ (2, 0.0%)

1 が生命, に突き当る

▼ 性格そんな~ (2, 0.0%)

1 かくれたもの, ものは

▼ 性格だけの~ (2, 0.0%)

1 ことな, 手法でしか

▼ 性格だって~ (2, 0.0%)

1 すぐれた重々しい, 決して御

▼ 性格づけられた~ (2, 0.0%)

1 ものである, 場合を

▼ 性格づけられなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 性格であろう~ (2, 0.0%)

1 し刻々, と自分

▼ 性格としてだけ~ (2, 0.0%)

1 みる見かた, 扱って

▼ 性格なぞ~ (2, 0.0%)

1 ありやしない, いうもの

▼ 性格なぞに~ (2, 0.0%)

2 大きな影響

▼ 性格などを~ (2, 0.0%)

1 偽ること, 太鼓入りで

▼ 性格などをも~ (2, 0.0%)

2 よく考慮

▼ 性格においても~ (2, 0.0%)

1 卓越した, 水の

▼ 性格により~ (2, 0.0%)

1 一村に, 時の

▼ 性格に関して~ (2, 0.0%)

1 下属性格, 四条の

▼ 性格のせゐ~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, もあつ

▼ 性格のみが~ (2, 0.0%)

1 このこと, 力説され

▼ 性格~ (2, 0.0%)

1 そう開き直り, 一生消えない

▼ 性格への~ (2, 0.0%)

1 かかわりあいかた, 自覚と

▼ 性格ほど~ (2, 0.0%)

1 大いなる示唆, 説明の

▼ 性格までが~ (2, 0.0%)

1 あたかも心, もんどり打っ

▼ 性格までも~ (2, 0.0%)

1 一時は, 全然違っ

▼ 性格まる~ (2, 0.0%)

1 だしの, 出しの

▼ 性格やの~ (2, 0.0%)

1 滑稽に, 統一を

▼ 性格やを~ (2, 0.0%)

1 一つの, 改善し

▼ 性格以外~ (2, 0.0%)

1 に全体, に深い

▼ 性格伎倆~ (2, 0.0%)

2 及び政策

▼ 性格全体~ (2, 0.0%)

1 が決められる, の中

▼ 性格判断~ (2, 0.0%)

1 でもある, というもの

▼ 性格境遇~ (2, 0.0%)

1 から由来, が綜合的

▼ 性格~ (2, 0.0%)

1 のでたらめ, の人間観

▼ 性格情操趣味等~ (2, 0.0%)

1 において互いに, において互いに最も

▼ 性格意見~ (2, 0.0%)

1 は本, は本来

▼ 性格~ (2, 0.0%)

2 によく

▼ 性格技能~ (2, 0.0%)

1 のほか, を語る

▼ 性格描寫~ (2, 0.0%)

1 の極めて, や筋

▼ 性格未だ~ (2, 0.0%)

2 明かならざるに

▼ 性格気質~ (2, 0.0%)

1 などもやっぱり, も亦

▼ 性格深遠~ (2, 0.0%)

2 なる心境

▼ 性格的問題~ (2, 0.0%)

1 が, が選択

▼ 性格的条件~ (2, 0.0%)

1 についても同様, に制約

▼ 性格的欠点~ (2, 0.0%)

1 が実は, をも多分

▼ 性格的論理学~ (2, 0.0%)

1 は虚偽論, を要求

▼ 性格研究~ (2, 0.0%)

1 に移つて, のため

▼ 性格自身~ (2, 0.0%)

1 がそれ, は消滅

▼ 性格~ (2, 0.0%)

1 はここ, や人間論

▼ 性格通り~ (2, 0.0%)

1 に理解, の独自

▼1* [278件]

性格あくどい悩や, 性格いい意味で, 性格および文才と, 性格かと思ったけれど, 性格かということは, 性格からの寵愛であっ, 性格かわりひどくしまつや, 性格きたなさと, 性格これを許さぬ, 性格へも気紛れ, 性格すら持たないから, 性格そうしてニッポンの, 性格そしてかの女, 性格そのまま明るく風通し, 性格その他王自身に就, 性格たとえば一生一代の, 性格たる実践も, 性格だけに文句一つ言わず, 性格だけは一つの, 性格だけを把握し, 性格だったらしく見えますね, 性格だつたので与へられた, 性格だろうかこの, 性格や無, 性格ってものが, 性格っていうのは, 性格づけおおせたと思うなら, 性格づけたものに, 性格づけなければ物理学, 性格づけねばならなかった, 性格づけられざるを得ない, 性格づけられないのである, 性格づけるならばその, 性格であるだから下, 性格であればこそもの, 性格でしたよ, 性格でなかったから誹謗者ら, 性格でなくてはならない, 性格で御座いましたが芸術方面, 性格といったような, 性格とかいうものに, 性格とから芸術家として, 性格とだけが遺族の, 性格とまで云われは, 性格とも見えませんが, 性格ほりに, 性格どおりに解した, 性格どおり太刀筋に極めて, 性格ながらまた良家の子, 性格なし意志なし, 性格なぞが全然虚偽, 性格なぞといふケチな, 性格なぞとはまるきり関係, 性格なぞはてんで書きたい, 性格なぞも現代的特徴の, 性格などで面白き人, 性格などということとは, 性格などにいろ, 性格などについて示唆を, 性格などによって進歩性に, 性格なら百姓を, 性格なりの上においても, 性格なりを木部に, 性格なんか直ぐ分る, 性格なんだか私には, 性格なんてもののそう急, 性格においてのみ考慮に, 性格にかはり五六年前, 性格についての心得は, 性格につき当る, 性格になつてゐた, 性格にのみ興を, 性格にばかり数多く出逢う, 性格によっては恋人が, 性格に対し今殻を, 性格に従ってのみ理解され, 性格のうへにどことなく水, 性格のせゐだらうか, 性格のみかどであったこと, 性格のみを有つ, 性格はずゐぶん違つて, 性格はなどと手に, 性格はにはかに逆戻りを, 性格はもッと, 性格ばかりは意識に, 性格までを疑はん, 性格みたいでそれゆえ, 性格やら人生観やらを, 性格よりは作者の, 性格らしかったが矢代, 性格らしく思われるがときどき, 性格をしかもたない透察, 性格をとつてゐた, 性格をば自己の, 性格をようく見ぬい, 性格を通して各種の, 性格ジメジメした小説, 性格スフまじりでない, 性格ニコラーイ・スタフローギンは勿論, 性格パンパンの性格, 性格マリイ・エエメ教姉のかくされた, 性格ロミオとの悲しい, 性格一つ現われるにも, 性格万能論者も必ずしも, 性格上鎌倉以後の文學, 性格に画風, 性格乃至個性によって, 性格人柄によるの, 性格人格を表明, 性格人物の型, 性格人間的動きの中, 性格仕事を認め, 性格付けて来た, 性格以上の理由, 性格にしか映っ, 性格体質に就い, 性格何とお思い, 性格例へば其冷静な, 性格修行の履歴, 性格個性がまだまだ, 性格傾向であるか, 性格生涯迄も, 性格全部を理解, 性格其の他其の, 性格其者が最上最善, 性格に存在, 性格処世術の魅力, 性格分裂ジャーナリストとしての危険, 性格分裂者のよう, 性格分類法で行く, 性格創造である, 性格として見せよう, 性格劇気分劇などと分類, 性格力量をどこ, 性格き運命, 性格化シチュエーションには, 性格又はそれ等の, 性格周囲の事情, 性格味いへの共感, 性格善人の性格, 性格境遇生理的条件の下, 性格境遇趣味思想年齢一言にし, 性格大阪の伝統, 性格天分にまで探り入る, 性格如何に關, 性格子供の暮しそれぞれ, 性格学殖は貴女, 性格学識をふかく, 性格学識多趣味は最も, 性格宮臣がアリストクラット, 性格をまもる, 性格容姿言った言葉, 性格少きは否み, 性格彼等の社会主義的達成, 性格従って風土的, 性格御馳走になってる, 性格心理學法律政治の心理學, 性格思想なぞの描写, 性格思想等に直接間接, 性格である, 性格性格がない, 性格に対する彼女, 性格意志感性なぞを表明, 性格意志感情なぞと同時に, 性格感情についてはどことなく, 性格感情それ以外にわれわれ, 性格或は風格であっ, 性格才気と詩想, 性格才能のよう, 性格批判についての或, 性格把握の能力, 性格探求を怠ってる, 性格描写なぞにはてんで, 性格描写心理描写情景描写の巧さ, 性格描写無用を叫ぶ, 性格教育そんなもの, 性格教養職業環境境遇国時代などを反映, 性格教養趣味などに対するさまざま, 性格敬虔の行為, 性格文学である, 性格方向が語られ, 性格日常生活などをさぐる, 性格智識道徳等から自然, 性格本能すべてがグングン, 性格概念自身に矛盾, 性格檢査については大西憲明, 性格欲望など複雑, 性格殊に青年男女の, 性格気分までを現, 性格気分等のインタープレテーション, 性格気品のあんなに, 性格気質趣味を備, 性格気風を表, 性格洞察力などを利用, 性格教養は, 性格熱烈な真摯, 性格現実の文学的反映, 性格理想の幾分, 性格生きかたを, 性格生命などについては一言, 性格異常者や犯罪者, 性格異常者的な独裁力, 性格異状者である事, 性格発展なしに, 性格的ポーズのつよい, 性格的不具乃至心理的メカニスム, 性格的事物自身が性格的, 性格的個性から説明, 性格的内容は階級, 性格的刺激やによって必要, 性格的動機之は立場, 性格的因果と呼ぶ, 性格的学問性の概念, 性格的対立も極めて, 性格的差異を熟知, 性格的帰一がない, 性格的心理から行為, 性格的心理条件を基礎, 性格的必然性を考へさせる, 性格的悲劇を捕えよう, 性格的欠陥があった, 性格的渇望に押され, 性格的特徴があるだろう, 性格的現象である, 性格的理論の個々, 性格的畸形児であると, 性格的発展にほぼ, 性格的相剋を主従, 性格的相違だけには片づけられない, 性格的短所はいくら, 性格的組織的となっ, 性格的色彩にも二つ, 性格的要点があっ, 性格的論理形態を決定, 性格的運命だ, 性格的頑張りも土牛, 性格この矛盾, 性格相似て終始互いに, 性格相剋の悲劇, 性格矛盾が始終, 性格破産者的傾向がある, 性格破産者類似のもの, 性格社会的行動の分析, 性格祖父の性格, 性格移入を信じ, 性格空間を私, 性格眞の, 性格經驗教育生理的特質及び境遇, 性格を潤澤, 性格習慣なぞいう, 性格者二葉亭氏の微笑, 性格者的なデカダンス, 性格職分を山の神, 性格肉体趣味ことごとくショパン, 性格能力である知能, 性格自体が隠居, 性格薄弱の症状, 性格表示と讃称, 性格規定にもかかわらず, 性格からは稍, 性格解剖彼のペエソス, 性格解剖雰囲気的先入見, 性格言動においてもむろん, 性格訓練としても是非, 性格説明や心理説明, 性格資質と切る, 性格趣味の持主, 性格趣味生活一つとして一致, 性格転換とでも云おう, 性格透視の力量, 性格運命までも決定, 性格の格闘, 性格陶冶等から来る, 性格面貌を胸裡, 性格頑迷な主我心, 性格風貌を描き出さん, 性格りに, 性格體質などに就い