青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

待~ ~待ち 待ち~ ~待っ 待っ~ ~待つ 待つ~ 待て~ 律~ ~後
後~
後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~ 後方~ 後者~ 徐~

「後~」 52279, 541ppm, 178位

▼ 後~ (11125, 21.3%)

547 なって 282 して 55 なると 53 至って 52 残って 50 彼は 49 跟い 48 残して 47 なり先 39 立って 38 なつて 36 なってから 35 聞けば 33 出て, 随い 30 なっても 29 至りて 28 私は 25 続いて 24 ついて, 於て 23 した, 尾い 20 それを 19 立つて 18 従いて, 来るもの 17 なっては, 自分の 16 つづいて, なれば, 知った, 見るよう 15 それが, 廻して, 言ふ, 述べるよう 14 しよう, 始めて 13 なり前, なるほど, 出來, 彼の, 来る者, 私の, 続いた, 述べる 12 ついて行った, 私が 11 いたって, これを, 人に, 思えば, 残ったの, 聞くと, 迫って, 述べること, 附いて 10 すると, つ, 他の, 手を, 来て 9 する, 彼女は, 従った, 控えて, 於ても, 死んだ, 組んで

8 [17件] つきて, なってからの, なりますと, 下って, 人の, 僕は, 名を, 彼が, 彼を, 心を, 急に, 残った, 殘つたのは, 聞いた, 聞いて, 見よう, 説明する

7 [14件] したの, するの, 判った, 坐って, 従えて, 從ひました, 於ては, 日本の, 生れて, 知ったの, 至っても, 至て, 退った, 隠れて

6 [29件] くっついて, すべきもの, するとして, なる, のこして, はかの, まわして, わたくしは, わたしは, 一つの, 一人の, 之を, 例の, 到って, 多くの, 帰って, 思いあわせれば, 我々は, 手紙を, 来たの, 東京へ, 次の, 残るもの, 殘る, 自分で, 見て, 身を, 随って, 隨い

5 [33件] あらざれば, しましょう, しろ, す, その人, ついた, である, なったり, なりして, なりて, なる程, のこって, 二人は, 今度は, 來る, 出来たもの, 半七, 廻って, 従って, 思へば, 息を, 故郷の, 明らかと, 晴, 有名な, 残る, 父が, 眼を, 科長の, 自分が, 至るまで, 遺して, 飛鳥の

4 [60件] あり, いった, いて, くつつい, ここに, この人, さがった, した時, しても, すること, ついて行きました, つづいた, なった, やつと, クリストフは, 主人は, 二つの, 二人の, 今の, 何が, 倒れた, 分ったこと, 唐の, 垂らして, 大学を, 姿を, 待たうとして, 従いました, 従つた, 従ふ, 成って, 或る, 抽斎に, 抽斎の, 日本へ, 明らかに, 書いて, 書かれたもの, 東京に, 死んで, 残った二人, 残ること, 母の, 渡来した, 知ったが, 立った, 立てて, 第一, 結婚した, 至つては, 見るとして, 見る通り, 言った, 詳説する, 説くが, 蹤い, 述ぶる, 随った, 隠して, 黙って

3 [133件] あった, あって, ある, あるの, いたり, かくれて, きつと, くるもの, ここへ, ここを, このよう, さがる, してから, しまするとて, するという, すわらうと, そのうち, それと, それは, たくさんの, たった一人, ついて行って, なつた, なるまで, ひかえて, また同じ, まわって, わかったこと, コロンブスは, 乗せて, 事無からむ, 二度目の, 云った, 云つた, 云ふ, 今日の, 付いて, 何か, 何を, 來た, 再来て, 出す, 出た, 出たもの, 出づ, 出で, 到達した, 吾, 壽阿, 天下の, 天下を, 夫の, 女の, 女中が, 居て, 山を, 引いて, 引く, 引返して, 当時の, 彼女が, 悔ゆる, 戻って, 扉を, 控へて, 新たに, 於てのみ, 明かに, 昔の, 書いたもの, 書く紫女年, 書して, 最後の, 有名に, 来るで, 東京から, 此の, 此等の, 残すこと, 残ったは, 残った者, 残つた, 殘し, 殘つた, 殘り, 母が, 気を, 流行した, 煙とも, 父の, 現れて, 理解せられるであらう, 理解せられるであろう, 生命を, 當る, 発狂し, 発見された, 発達した, 相当の, 知ったこと, 私に, 私を, 立ちて, 竹の, 考へて, 聞いた話, 聞きました, 聞くところ, 臍を, 自殺した, 自然に, 至りても, 至れば, 蘭軒の, 行って, 行はれた, 見たしと, 見た時, 見ると, 触れよう, 記す, 詳しく述べる, 説く, 説くよう, 誰か, 誰が, 譲るとして, 跟いた, 跟き, 述べようと, 進んで, 隠れる, 頭を

2 [525件 抜粋] あたる, あつた, あつて, あなたは, あるもの, ある大きな, ある若い, いたつて, いたので, いたりて, いふ, うつむいて, えも, お前の, お安, お登和さん, お神籤, お話を, かばって, きいて, きこえた, きて, くわしく述べる, こういうこと, こう言った, このあたり, この事, この時, この笛, この言葉, この話, これは, これも, さへ, したが, したがった, したまま, したり, した瞬間, しての, しては, しながら, しなければ, しました, しましょうと, しませう, しようと, しろと, すべきを, すべての, するが, するを, せまって, せまるたび, せよと, せんと, そこを, そって, その代り, その住職, その家, その意味, その箪笥, その頃の, それに, たうと, だね, だんだんに私, ついて行くと, つき行くお, つづくと, つづけ, どんな事, なおこの, なったもの, なってからは, なっての, なってまでも, なつたり, なり, なりまして, なるん, のこった, はじめて第, はた, はたはたと, ばかりくッ, ひかえた肉体的衰弱, ひとりで, ふところから, ふれるとして, またお目にかかります, またながい, またやって来, また出かけました, また彼, また言った, みて, みるやう, やうやく, やっと尋ねあてる, やつた, ゆずって, ゆっくりと, よろめいて, わかったの, わかって, わかるだろう, ゐた女, ゐるもの, タンテイの, ダルメイダは, ドイツの, フランスの, ペンネームを, モース先生が, 一人残っ, 一度は, 一散に, 一時間ばかり, 一種の, 三寶寺に, 上京し, 上京した, 世に, 両者おのおの, 之が, 乙が, 京都の, 人々は, 人と, 人は, 人間の, 今まで, 仕えて, 他から, 付するの計画, 伝えようと, 佇んで, 何の, 何も, 余は, 作られた, 作られぬもの, 信長は, 俳壇の, 偶然の, 傳へ, 僕が, 僕の, 入って, 全安, 共産主義について, 兵馬は, 其人の, 再びここ, 再來, 冠君の, 出たの, 出でたり, 出るもの, 出世し, 出帆した, 出版された, 初めて姿, 判ったこと, 判りました, 判明した, 別に記, 利器に, 到っても, 剃髪し, 前の, 力を, 動物とは, 半七老人, 南の, 参ります, 友人たちを, 右の, 吉原で, 吉次郎は, 同じ乙, 同一の, 向って, 命を, 回そう, 回顧すれ, 固定した, 国王は, 土を, 土地の, 在り, 地獄の, 地球の, 垂れる, 墓を, 外の, 多数の, 大きくなる, 大に, 大村益次郎, 天子様の, 太子の, 太田は, 太閤の, 夫と, 夫に, 女だけ, 女は, 始まったもの, 始まるもの, 子孫を, 存在は, 完成した, 官僚を, 官吏に, 実が, 実際に, 宣告する, 家の, 家を, 尋ねて, 小さくなっ, 小説を, 少くとも, 少しずつ, 就いて, 尾き, 屡, 岸本は, 川の, 巡査が, 左の, 師匠の, 帰ると, 平次は, 広々と, 廻ると, 廻わした, 引き返した, 引合に, 引導を, 引用する, 当つて, 当ると, 当る空, 当時を, 彼に, 彼らの, 彼れ, 彼等は, 待って, 待つもの, 従いながら, 従う, 得られるもの, 從い, 從つた, 御話, 復活した, 心の, 志を, 思い合せれば, 思うこと, 思うと, 思ひ残すこと, 恐ろしがりぬ, 悔を, 意識に, 成つた, 戻りますが, 手が, 手に, 手拭を, 投票を, 押いつた, 括弧を, 挙げた場合, 捨てられ, 捨てられて, 支倉が, 支那から, 攷究しなけれ, 改めたもの, 改めて説明, 故あっ, 教授が, 数学並びに, 新らしい, 於いて, 於ける第, 日本から, 日本に, 明の, 明治の, 昨夜の, 晴れて, 更に吉野, 更に青雲, 書いた序文, 書かれた, 書き物の, 最初の, 木の, 未来の, 本に, 李は, 村の, 来りて, 果実と, 柳は, 柳橋に, 櫓を, 歌舞伎座で, 正気に, 死ぬ, 死んだが, 死んだそう, 死んだという, 死んだので, 残された, 残されて, 残した, 残した華やか, 残しながら, 残ったお, 残ったもの, 残ったものの, 残つたお前の, 残らない, 残るは, 残るやう, 残る者, 残存し, 殘された, 殘つたたつた, 殘れる, 母や, 気づいて, 水は, 氷河の, 江戸から, 江戸に, 江戸へ, 池の, 沈んだ, 法水は, 流れて, 海の, 海軍少将に, 深川の, 添へ, 潜り抜けると, 潜んだ意味, 潜水器を, 火事で, 父は, 片手を, 物の, 独りで, 現はる可, 瑠璃子と, 生きて, 生き残って, 生まれて, 生れた児, 生れた女, 生れた者, 生れませる五柱, 生れるもの, 生活が, 男が, 男の子を, 病に, 病死した, 痕跡を, 発生した, 発生する, 発表された, 発表の, 発見され, 発見した, 皇太子に, 皿が, 盛んに, 相馬大作の, 瞠若として, 知りました, 短歌にも, 私と, 私達は, 突つ立つた, 立たせて, 筆を, 細い棒, 細長い黒い枠, 組織せられ, 結婚する, 絶命した, 続いたが, 続いたガラッ, 続きます, 続く, 続くこと, 続く歌, 縛られて, 續い, 續く, 考えて, 聞いたこと, 聞きて, 聞きながら, 聳えた, 聴いて, 自分に, 自己を, 自由に, 至つても, 色々な, 茶屋の, 茶山が, 茶山の, 荒木なし, 菓物を, 落ちた, 落ちて, 葡萄酒を, 藪の, 蜀の, 行った時, 西の, 見えて, 見たが, 言ひます, 言葉が, 記さうとお, 記すよう, 訪ねて, 詩と, 詩を, 詳かに, 詳しく書く, 詳述する, 説くとして, 説明しよう, 誰も, 誰れ, 調べて, 譲りて, 譲る, 貫一は, 貴君の, 貽さう, 起った, 起って, 起ること, 起る可, 起る筈, 蹲んだ, 身體を, 転じて, 近づいた, 近所で, 迫つて居る, 述べよう, 述べると, 述べる事, 追, 追いついた, 追いて, 退いたが, 退いて, 退こうと, 退って, 退る, 遅れて, 道教で, 釈放された, 野に, 鈴を, 銘々自分の, 鎌倉へ, 開いて, 陰, 隠れた, 隣の, 隱れた, 隱れる, 靜に, 非ざれ, 非常な, 革命から, 飯能に, 養子を, 首領あれ, 駁論に, 駁論に対する, 騒がしい女, 骨揚げに

1 [6659件 抜粋] あえぬこと, あっては, あは, あり何れ, ある亜米利加人, ある戸棚, あれだけ, いうタンポポ, いたつて人, いた鴇婦, いふ事, いよいよ雪, いろいろ売り払った, おかみさんの, おびただしい数, お出なさい, お定, お登和, お話しいたす, かう言, かくしから, かつては, かれら, きては, ぐつたりと身体を, こっそり霽, この二つ, この奥方, この書, この記録, こんな話, さしあたって, さらに強度, しざると, した分別盛, してよ, しまった後, し名, し露, すっかり熱, するにも, ずらして, せむとはせざるが, そちら様の, そのわら飾り, その劇場, その姉, その御, その構造, その眼, その警官, そる様, たいそうひどい, たつた一人, ちっと用事, ついて行くこと, つき足, つづいたが, つづく十年, できたスリラア, でた, とびだした畸型児, どうなった, どんすの, なさいて, なぞと, なった杉蔵, なつてこの, なりますが, なり胆吹山, なるでしょう, のこし車上, ののしり騒ぐ人々, はじめて, はやこの, ひそやかな, ひらみと, ふと目, ぼくたちは, またこの世, また他, また日比谷, また約束, まったく恢復, まわしながら, みんなは, もう二万, もどるが, やって来る限り, やっと記録, やや詳しく, ゆるされて, ようやく草稿, よろけた, わかるべきその, わたす分, アムンゼンが, イエノコと, ウェリントンは, オホツクに, カントも, クローマイエルという, サクラ号と, ジュスチーヌは, スペイン植民地経営の, ダリヨは, ディルタイが, ドイツに, ハ頼も, ビアヅレエの, フランスから, プロレタリア革命に, ペータース, マッハの, モンフェルメイュに, リノリウムの, ロレンソを, 一たび絶えた, 一人なり, 一同は, 一度目を, 一杯の, 一葉が, 三たび使者を, 三原に, 三毛は, 上級の, 下女が, 不愉快を, 世間で, 並山は, 主は, 乗込んで, 乾いた果実, 二三回引続い, 二百円で, 五六歳の, 亡命し, 亭主は, 人類は, 仏国の, 仙台の, 伊井蓉峰の, 伊達正宗の, 伝えて, 伝わり得たであろうか, 位置を, 何一つ残らなかった, 余の, 使った金, 俄に, 修繕し, 倒れるか, 偶然に, 傳助が, 允された, 光悦なく, 入内させた, 八丁堀衆, 六十六歳で, 其処の, 其誤を, 内相として, 再び両親, 再び海中, 再び逢, 冷水で, 出されたシャーベット, 出た欧陽修, 出るよう, 出張先から, 出樽, 刃物を, 分家し, 初めてけぬ, 初めて決定, 判明する, 到り漸次, 剣を, 加藤梅原二氏と, 勘翁七代目松本幸四郎の, 区別を, 千九百五年の, 半四郎を, 厚くむくわれた, 又のぞい, 又眼, 双生児, 叔父を, 取り残された一本, 受けた印象, 古老の, 各々の, 吉林駅へ, 同郷の, 向けて, 吹浦其他に, 和子は, 問題と, 噂に, 四月の, 団蔵, 国外へ, 土居さんは, 地球帰還の, 垂らしたり, 埋め立てられて, 増水が, 変更され, 多少変っ, 大きな築山, 大和に, 大庭常子の, 大臣は, 大阪湾を, 天日を, 太政大臣に, 夫人は, 奇蹟の, 女中風の, 如意輪寺住職の, 始まったと, 姙娠するなら, 子守唄によって, 学校へ, 安楽な, 実家の, 客車を, 家に, 宿へ, 富士山中湖畔の, 實行した, 將ヘクト, 小さな山底, 小宮山氏より, 小野氏に, 就職する, 居ると, 屠殺業を, 山木という, 岩波の, 工場みたいな, 差置いて, 帝位に, 帰国し, 平凡社の, 年経, 広大な, 廟の, 建設が, 弊政だ, 引きつけるもの, 引くこと, 引揚げられた, 引返しませんでした, 強くなる, 当局者の, 彼も, 往って, 後説が, 従え矢場, 従兄から, 從ふ, 御注意, 微小なる, 心が, 必ず散歩, 忘れて, 思いも, 思ひ合せた茶臼原, 怨み怨み, 悔いを, 愈々今日, 愛護が, 懲役三カ年を, 成るの, 我ら迎え, 戻ったり, 手入れを, 投げて, 抽斎と, 持ち越せば, 振り向いて, 据えたき願い, 控えた原初的思想家, 換へた名で, 支配者労働階級の, 改めて禊ぎをするといふ考, 政永, 教皇への, 敵の, 文献として, 断行した, 新井白石が, 新郎仁雄と, 於ける兵站衛生作業, 於ける行動, 日和あり, 日本語を, 明将, 春一は, 時には二時間, 暗く狭き楽屋, 暹羅の, 更に石, 書いた水車小屋, 書く, 月世界へ, 朝日へ, 木賃宿町の, 本物の, 村民某の, 来た感じ, 来ますわ, 来るよ, 来る弛緩, 来る虚心, 東京高等商業学校の, 松田に, 栄えたの, 森の, 榛軒の, 檮の, 歌劇の, 正造は, 武塔神が, 歸る, 死亡の, 残されたものの, 残された賈逵, 残し人, 残す大勢, 残った人たち, 残った天狗, 残った狐光老, 残つたは, 残つた葦原醜男は, 残りました, 残るよう, 残る祖母さん, 殘つた平次は, 段々単に文学者, 母と, 毛が, 気に入らねえと, 永井君は, 池田屋襲撃の, 没して, 法律問題として, 洗髪を, 流れたよう, 浪の, 涙を, 清朝に, 温泉を, 源氏の, 漸く一通り, 漸く顕れ, 灯を, 無頼漢の, 熟して, 父と, 物語ること, 独特の, 玄機は, 王者あり, 現われたツァラトゥストラ, 理解しなけれ, 生き残つて, 生まれたならコルシカ, 生る, 生れると, 産婦は, 甲浦まで, 男爵西周と, 異常な, 痕跡の, 発見せられた, 白滝という, 皮田といふ, 直会を, 眞に, 真葛尼といった, 知つた, 知れる, 石見へ, 磯へ, 神の, 祟りの, 私達が, 種子姉が, 突き出て, 突然開かれた, 立ち衆, 立てる船頭, 第一回目, 筑前閥が, 精神固有の, 累を, 結びつけた子供, 結核性腦膜炎とは, 続いたの, 続きある, 続く恐ろしい, 総裁ある, 織田信秀は, 置いた, 美奈子と, 老年の, 考へた水かけ, 聖武天皇が, 聞かれたの, 聞耳たてた, 胃を, 脳裏に, 膝を, 自分から, 自殺だ, 至ってこの, 至って考え, 至つて土を, 至つて生じた, 至り何, 至る程臨時, 舅が, 舟びとらはたちまち喜びの, 芝居の, 苦い顔, 莫逆の, 落古を, 蔦子と, 藤某の, 蛙の, 行われた, 裁かれて, 製品と, 西風が, 見せて, 見る, 見捨て, 親が, 解こう, 言い添えた, 言語情調に, 記録の, 詰らぬ人間, 詳しく説明, 語るの, 説教の, 談ずること, 諸大名各自, 警察長は, 豊太閤と, 貴くな, 賦家たり, 起こりたる出来事中, 起った事, 起つた事柄, 起る凡て, 跡部の, 車から, 辯護士にな, 近づいて, 返礼を, 迫つて來た, 述べますが, 述べる如く概ね, 退かなかった, 送るの, 通商貿易を, 連続の, 遂に貫徹, 違なかっ, 遺したる此問題, 遺る子, 郵便局に, 酢の, 野戦病院で, 鉄道院の, 鏡と, 長門守, 開票の, 関白に, 附加せられた, 陰で, 階級の, 隠れ船尾, 雇われて, 雨が, 霜が, 青森県庁の, 韓, 頼まれて, 顧みるに, 飛出す平次, 飽いて, 馬子が, 骨揚げを, 魔薬の, 黒沢六蔵と

▼ 後~ (8003, 15.3%)

89 方に 86 ことである 80 ことで 65 ことであった 59 方の 57 方で 55 方へ 51 ことは 50 ことだ 47 事で 46 ことだった 44 世の 43 方を 42 方から 41 ことです 38 ことを, 事は 37 世に 33 ように, 事を 31 今日に 27 事である 23 こと, 方は 21 ような, 人が 20 方が, 時代に 19 ことでした, 日本の 18 事だ, 二人は, 始末を, 者は 17 ことに, ものは, やうな, 今日まで 16 人の, 今日でも, 彼の, 日に 15 ことであります, 場合の, 彼は, 私の, 言葉を 14 時代の 13 事に, 或る, 話である 12 ものである, やうに, 世まで, 方には, 話, 話だ 11 世までも 10 世界へ, 事であった, 人は, 今日も, 日本に 9 こととて, ことな, 世界を, 半分は, 場合に, 林の, 機会に, 祟りが, 言葉は, 話です

8 [11件] ある日, ために, ものが, もので, 場合は, 山に, 山の, 扉を, 月, 祟りを, 話で

7 [11件] ある朝, 世を, 二つは, 二人の, 今でも, 場合には, 女の, 始末は, 日の, 東京の, 生活は

6 [17件] ことであっ, ことでありました, 世には, 事だった, 事でした, 事と, 二人を, 今に, 句が, 壁に, 日本が, 月見の, 東京で, 東京は, 生活の, 言葉が, 証拠に

5 [36件] ことが, ところは, ものに, ものの, ものを, 一人は, 三人は, 世界に, 世界の, 二人が, 今の, 今も, 今日と, 史家は, 始末も, 山へ, 彼女の, 意味での, 戸を, 日本は, 東京に, 棠軒日録を, 生活に, 祭だ, 祭で, 私は, 章で, 章に, 自分は, 話は, 話を, 身の, 門人が, 門人として, 障子に, 静かな

4 [52件] ことか, ことだったろう, ことだつた, ことであり, ことについて, できごと, ところに, また揺れ, 世までの, 事が, 事でございます, 事です, 事として, 事とて, 事なれ, 二人も, 人に, 今日において, 今日の, 今日は, 今日までも, 今日を, 代の, 句は, 場合が, 夜の, 始末が, 姿を, 山を, 巻, 意味に, 散歩に, 日を, 日本には, 春の, 月は, 月を, 有様を, 東京には, 様に, 様子を, 物語を, 現在でも, 祟りの, 空に, 窓から, 考へ方, 者が, 話の, 門人に, 障子を, 馬車に

3 [105件] ある夜, いまも, うちに, お前の, ことこの, こととして, ことや, こんに, すべての, ためにも, ところで, ほうが, ほうで, ドイツに, ドイツの, フランスの, プロシアの, 三つは, 三人の, 世は, 世界は, 中車, 事であろう, 事も, 二三年は, 二者に, 人も, 人類の, 今日では, 今日にな, 仕事に, 僕の, 冬の, 劇場, 半分を, 口を, 名である, 名は, 問題として, 場合で, 場合では, 場合でも, 女と, 妻を, 字は, 客は, 室内は, 家の, 席に, 幕で, 庭の, 彼女は, 心の, 意味で, 扉が, 掃除を, 摂津大, 文句が, 方, 方法を, 日曜日の, 日本を, 日本人が, 時代を, 最後の, 月の, 東京を, 林を, 梅幸, 歌右衛門, 死亡と, 気の, 気持が, 気持ちの, 水気の, 消息は, 煙草を, 理会で, 男の, 男を, 研究に, 祟りも, 祭だった, 祭であった, 祭の, 禍を, 秋の, 窓枠へ, 結果が, 結果も, 者に, 者も, 者を, 自分の, 襖が, 話として, 論述の, 足を, 身体を, 車に, 酒は, 門人と, 雁が, 顔を, 馬車から

2 [432件] あなたの, ある晩, いまに, いろいろの, いわゆるサガリ, お二人, お話, か, かたに, きょうの, くらがりに, ことだろう, ことであったろう, ことであろう, ことと, ことなど, ことなども, ことなり, ことばも, ことばを, ことまでが, ことまでも, ことも, ことをのみ, こと私が, このぽ, さびしさ, さびしさは, さまざまの, しら菊の, せいか, た, ためを, ところを, は, は亭主, は少し, ひとときを, ほうに, ほうの, ほうは, ほうへ, ほろ苦い悲哀, まつりだ, むす子, ものだ, ものと, ものとの, ものなら, ものには, ゆるんだ視覚, ようだった, わびしい心, われわれの, を起し, アメリカに, ゴーリキイは, ソヴェト社会の, 一匹は, 一度は, 一枚を, 一段高い, 一種説明し, 三羽の, 世から, 世で, 世である, 世も, 世界, 世界が, 世界という, 世間の, 丘に, 丘の, 九条植通玖山公と, 事, 事か, 事しりた, 事なり, 事までも, 事恰度師走上旬で, 二つの, 二度目の, 二首は, 五百年は, 京都は, 人々も, 人から, 人たちの, 人を, 人心の, 人気を, 人間の, 今は, 今夜その同じ, 今日, 今日から, 今日この, 今日これを, 今日さえ, 今日それを, 今日にも, 今日同じ, 今日彼は, 仕事が, 仕事は, 仕末, 代からも, 代に, 代まで, 代までも, 代を, 以前は, 体力の, 何とも, 余り威張れない, 余談に, 作である, 作は, 作品には, 作者は, 例に, 健三の, 光景, 光景は, 入江は, 八人は, 再会を, 凪の, 出し物は, 出来事が, 出来事と, 出来事に, 分は, 分も, 分を, 別の, 力抜けに, 勢力の, 区劃整理によって, 十一月二十日だ, 十日か, 千葉周作の, 半分の, 半期に, 半生を, 半蔵が, 半蔵は, 半蔵を, 句に, 句を, 史家が, 各国の, 吉原は, 同路, 名であろう, 名を, 吾, 呉一郎は, 問題が, 問題だ, 問題は, 嘆き悲しい, 四十九錠の, 回向を, 國民の, 地上の, 地下農場を, 報酬の, 場合だ, 場合であり, 場合なら, 場合にも, 壁には, 壁際に, 夜彼は, 天下は, 天皇の, 太陽の, 夫に, 奥さんの, 女が, 奴は, 好景気に, 始末と, 始末に, 始末の, 姿は, 娘, 嫁取, 子に, 子を, 子孫が, 子孫の, 学者は, 安政三年だ, 実業家池長孟氏であった, 客席に, 家に, 家を, 寂しさ, 寒さ, 寺の, 小家から, 小生は, 屋敷につれ, 山から, 山が, 山上に, 岡寛斎である, 岸本は, 平和を, 平治の, 年数を, 幾晩も, 座を, 庭に, 庭へ, 廊下へ, 強烈な, 強盗団は, 形で, 形である, 形を, 形容詞を, 彼に, 彼女には, 彼女を, 心持は, 心配を, 快い伸び, 快い疲労, 思い出に, 思ひが, 思出の, 思想に, 思想の, 恰好を, 患者は, 情勢を, 意味が, 意味の, 成り行きは, 成り行きを, 戦争の, 戸口から, 手を, 手当を, 手探りを, 手紙は, 指を, 散歩の, 数年間には, 文句を, 文禄の, 新聞を, 新芽を, 新道徳, 方だらう, 方だろう, 方であったらしい, 方である, 方まで, 方より, 方針を, 日も, 日曜日, 日本では, 日本人の, 日本人は, 明り取りの, 明日は, 明治二十年に, 時代にまで, 時代まで, 時代までも, 時間を, 景気が, 書は, 月が, 月だ, 月と, 月にも, 月日を, 有名な, 朝, 未来に, 机に, 村, 東京, 東京が, 松雪院は, 板に, 林に, 柱に, 檍原の, 檣が, 歌は, 歌を, 武鑑には, 歴史は, 歴史を, 歴史家は, 殆ん, 氣持ちの, 水を, 水氣の, 永井君は, 江戸ッ子の, 沈黙で, 深い朱色, 混乱と, 混乱に, 混乱の, 混乱は, 混乱を, 温泉に, 湯へ, 満洲, 源氏は, 漢代の, 漱石氏は, 火の, 灰色の, 烏三羽身を, 烏等青き, 焦土の, 煩ひ, 片隅に, 物語が, 特異な, 状態は, 独逸の, 理念としての, 生涯は, 生涯を, 田へ, 男に, 町や, 疲れあり, 疲れて, 痛快は, 皿を, 眞志屋の, 眠りを, 社会の, 祭, 祭りだ, 私に, 私にも, 私を, 称である, 種類に, 空は, 窓を, 竹の, 竹藪の, 第一時間, 策は, 籠地に, 籠舁が, 籠魚か, 粛軍運動を, 紛々たる, 細川, 経済恐慌によって, 経過は, 経過を, 結果でした, 結果を, 絶壁に, 絶壁の, 総七, 總七, 繁昌と, 腕椅子に, 自分を, 芝居は, 若葉が, 茶を, 葉子の, 藪の, 街路には, 襖を, 覺書の, 言ばの, 計を, 記録は, 話しだが, 話と, 話に, 話馬丁の, 語を, 説明が, 調べは, 論述で, 諸門人, 貧家の, 車, 車には, 車は, 車を, 車寄に, 輪が, 逢瀬は, 運動が, 道を, 部に, 部分が, 部類に, 酒の, 酒を, 重大な, 銚子を, 長い間, 門人の, 門人らは, 闇に, 闇を, 障子が, 雑談は, 雨が, 青くね, 青色の, 面倒を, 風, 馬車で, 馬車の, 騒ぎが, 騒ぎは, 骨休めを, 鮎は

1 [4356件 抜粋] ○○村といふ, あのドイツ, あまりパーカーなど, ある夏, あわれさ, いまと, うごきも, おまけに, お前たちの, お思召, お睦, お銀様, がそれ, が艪臍, ぐったりした, ことじゃ, ことでない, ことについても, ことより, こと也かの, こと実際, こと清風鎮の, このはなし, この姫, この頃, ごとく全く, すさまじい世相, その室, その頃に, たてつけの, ため悪しかり, つを, どじょう掬いだし, には男, はここ, は予審, は山崎譲, は蘆毛, ふるえを, まつり, むなしさ, ものだろう, もの孟子より, やり方を, よく晴れた, わたしの, アメリカ人の, オリンピックに, ガランと, コゼット, ジョージ一世だった, ソ連に, デモの, ドイツには, ハイドンの, フィヒテ哲学たる, プログラムの, マダム・ロパーヒナは, ヨーロッパで, レベルから, ヴェランダで, 一つ時支那の, 一九三〇年に, 一五五七年に, 一件を, 一六一一年七月に, 一句, 一夜だけで, 一年とは, 一日二日より, 一汁一菜の, 一般の, 一週間ばかりという, 七十年間には, 七篇でも, 三〇年間には, 三作における, 三十年間に, 三好武蔵守一路だった, 三年間ぐらいの, 三等室から, 上等裁判所のちの, 不愉快な, 不面目を, 世の中一帶銀座界隈の, 世界か, 世話が, 両軍, 丹後眞志屋の, 九人の, 乱闘と, 事さあさあ, 事であるらしい, 事なども, 事件は, 事情から, 事柄に, 二三日は, 二冊は, 二十四年から, 二年間を, 二月二十一日に, 二美吉屋, 二部には, 五体は, 五月には, 五節の, 京都に, 人であります, 人家の, 人格の, 仁左衛門である, 今まで, 今日が, 今日まさに, 今日只今, 今日復た, 今日發見された, 今日郷土人と, 今近々と, 仕合には, 代にも, 仲違いの, 伍長さんが, 休み時間の, 会釈の, 住持一計を, 何時間かは, 作な, 作者のにも, 侍の, 保養に, 修業とも, 俳書に, 健康な, 傾向は, 元始天尊に, 兇暴は, 先駆的傾向は, 全国的に, 八年という, 公使には, 六時間という, 内政に, 再建を, 凡そ八年間の, 処理に, 出口の, 出来事は, 切口は, 初代瑞仙仲は, 創作である, 労作に, 勢の, 北海道の, 十一月五日の, 十字記号の, 十月十五日に, 千度も, 午後三時前に, 半身が, 印象の, 原口さんと, 反対論においては, 口臭は, 句も, 右大臣さまこの, 合計一〇パラグラフは, 同一の, 名を以て, 名称たる, 吾人の, 命題の, 哈里, 商工業膨張の, 喝采を, 噂が, 四人が, 四月二十九日付江戸奉行達で, 困難は, 国境の, 團欒時の, 地方の, 培いを, 場合うつる, 場所で, 増田に, 壁厨に, 壮年時代にも, 変化と, 夏と, 夕暮れが, 外出といふ, 夜に, 夢, 大ノリ地で, 大劇場, 大坂城, 大机, 大発見の, 大阪放送部長煙山二郎君などが, 天明年間に, 太祇の, 夷人此擇捉島に, 奉天の, 奴も, 妹の, 始末だ, 姿で, 嬉しさ, 子孫は, 孤独な, 学資は, 安らかさとでも, 宋は, 定めらしい, 実験学科, 宮戸座, 宵の, 容器から, 寂しい色, 寛延元年に, 寶屋は, 将卒必死を, 小児たちの, 小舎の, 就職には, 屍体に, 山には, 山寺の, 山間の, 峠なる, 工事場は, 差違を, 帝国大学の, 帳場に, 幣束祭に, 年号を, 幸四郎, 床の間には, 座席から, 庭園に, 延元, 弘化元年の, 当時に, 影響は, 彼を, 後は, 徒, 御団欒, 御眞筆, 徳川家康, 心持ちの, 心配も, 快感を, 思ひでと, 急速な, 恐怖や, 悪さ, 情報を, 意識と, 感謝塔など, 慶長十九年六月に, 憧憬に, 成都に, 我れ, 或年, 戸棚を, 所業だけが, 所謂道教の, 手拍子を, 扶助料を以て, 持明院派を, 推定が, 援助の, 政府も, 教育は, 散歩中に, 数年間は, 整備や, 文化の, 文学を, 文覚上人, 新しい歴史的環, 新徴組, 新社会, 方だ, 方なら, 方へと, 方針, 旅人が, 日ヘクトール, 日本にも, 日録を, 明るい美しい午後, 明治二十九年十一月明治座で, 春月に対して, 昭憲皇太后, 時代でも, 時計塔は, 晩年は, 晴れた午後, 暗い秋雨, 曙覧の, 書牘中わたくしの, 月という, 月影冴かに, 有我的意識には, 朝日に, 木立に, 本宅へ, 本荘同, 束髪の, 東京市民が, 松の, 板ツキが, 某の, 栄達に, 桜は, 梯子の, 棺の, 楓葉よりも, 榛軒の, 樅の, 横に, 橋の, 次号で, 欧羅巴に, 歌現実味は, 正儀, 正行幼名多聞丸だった, 武田家の, 死骸臭, 段取, 毎夜, 民家を, 気分は, 氣持が, 氷山に, 江戸初期から, 池上様の, 沈黙は, 河には, 泉を, 法然上人, 泥棒と, 洗滌と, 浅猿, 海岸は, 涼しさ, 深更の, 清朝の, 温泉にも, 湯の, 漢代に, 濫を, 点で, 無人の, 爛熟しきった, 片棒と, 物に, 物理的な, 状態からの, 独逸劇壇を, 王位を, 現象で, 瓢, 生活それから, 生涯, 用意に, 田中正造翁だ, 申三つあれ, 町から, 畑に, 留守居については, 疲れといった, 病人の, 痴話が, 発生であり, 登山者の, 白け方, 白衣を, 皇族である, 目的が, 真と, 睫毛に, 石月様の, 砲兵工廠の, 確実不可避な, 社会主義社会の, 社会革命途上に, 神楽, 祭じゃ, 祭は, 禍ひ, 秀頼である, 秋田氏の, 稀少性すなわち, 空席に, 窓際に, 立言者は, 竿に, 第一等, 答が, 簡易な, 粟畑へ, 納得に, 終末に, 結婚の, 經濟界に, 緑ほど, 繁栄に, 罵声などを, 羽左衛門, 者から, 者迷惑する, 肉は, 胆吹王国に, 腐敗の, 自分が, 自在な, 自由黨は, 船は, 色々な, 花が, 若い娘たち, 苦いお茶, 英訳を, 草叢には, 荷置き場の, 葉は, 蕎麦振舞と, 藪に, 蜀も, 行先き, 衝撃的な, 裁判に, 襟を, 見せしめに, 観察です, 角館の, 訂正増補を, 記載を, 訳は, 評判でなく, 詩集, 話でやし, 語の, 説明に, 談話は, 諸書, 譏を, 豊臣秀吉である, 財産など, 責任は, 走り書きであった, 路ならぬ, 身ぶるいを, 車の, 軍功によるも, 輝かしい岡部地下戦車兵団出現, 辻ヶ谷君で, 追いこみの, 進化であっ, 運動にも, 道庵先生は, 遺産相続の, 郊外は, 部屋では, 酒不足に, 重なる, 量は, 金沢の, 鋪道には, 長い吐息, 長短歌各, 門人であり, 門人仲間である, 間を, 附加で, 陳述のみに, 隆政である, 隱居は, 雑談には, 雨の, 靈肉の, 静けさに, 非政, 頁あそこを, 顔が, 颱風の, 食糧難の, 養生に, 香川夫人は, 騒ぎ, 體裁に, 高崎正風, 魯達は, 黄なる, 黒木の

▼ 後から~ (4168, 8.0%)

187 後から 160 後からと 119 ついて 45 出て 30 跟い 27 声を, 尾い, 来て 26 歩いて 24 従いて 20 随い 19 考えると 18 來る 15 後へと, 考えて, 駈けて 14 つづいて, 続いて, 追いついて 13 追っかけて 12 それを, つけて, 見ると, 蹤い, 追いかけて 10 入って 9 彼の, 押して, 行く, 行くから, 追って, 馳け 8 ついて行った, 一人の, 來た, 来るの, 聞いて, 肩を, 走って, 送って 7 あとから, はいって, 何か, 登って, 私の, 見て, 附いて, 隨い 6 そつと, 來て, 呼びかけて, 彼は, 続いた, 考えれば, 行って, 誰か, 追って来た

5 [21件] あとからと, きて, ぞろぞろつい, やつて, 取りに, 呼びかけた, 姫を, 尾けて, 展い, 往って, 従った, 急いで, 息を, 手を, 私が, 私も, 聞けば, 聲を, 覗いて, 遠くに, 駆けて

4 [15件] すぐに, つづいた, 付いて, 出た, 廻って, 後と, 替つた色の, 湧いて, 突然に, 考へて, 見れば, 跟けて, 追つて, 追ひすがり, 降りて

3 [65件] おいで, くっついて, ぞろぞろと, だしぬけに, でも, 一台の, 両手で, 云った, 人が, 何かが, 例の, 僕の, 入つて, 出して, 参ります, 声が, 女の, 尋ねて, 帽子を, 建て増した, 影の, 往く, 後を, 思うと, 思えば, 急に, 来た, 来た客, 来た車, 来る, 来るもの, 来る人, 来る者, 次の, 湧いた, 独りで, 現われて, 男が, 直ぐに, 知って, 石を, 私は, 立って, 緩くり, 續い, 羽が, 考へると, 聞くと, 自分の, 踉い, 近づいて, 追っかけた, 追ひかけ, 追掛けて, 追駆け, 這入って, 部屋を, 附け加, 陸続として, 静かに, 顧みると, 馬の, 馳けて, 駈けつづいて, 駈け続いて

2 [216件] あが, あらわれた博士, きけば, きたもの, さまざまの, しずかに, しんがりの, すぐ消え, そっとつけ, そっと肩, そっと行っ, その上, それが, だった, つ, ついて行く, ついて行って, です, ですよ, のぼって, ひそかに, ふらふらと, ほかの, また一人, また二, また彼等, やって来て, わたしを, ゾロ, ゾロゾロと, ペンの, 一先づ小樽に, 一緒に, 三千代の, 上がって, 下りて, 下肥を, 主人が, 乗った, 乗りかかって, 二人の, 二階の, 二階へ, 云う, 俯向い, 俺も, 元気な, 入つた, 入つて行, 八五郎が, 具体的方策を, 内容を, 冗談半分に, 出かけて, 出たもの, 出る, 出掛けて, 別の, 前の, 前へ, 又別, 叫んだ, 吹いたり, 吹くと, 呟いた, 呼びとめられた, 呼び止めたので, 呼び留めた, 呼び留められて, 呼ぶ, 呼ぶ者, 喘いで, 土手に, 外へ, 外套を, 多くされる, 大きな声, 大勢の, 大勢附い, 大声で, 客間へ, 宿屋の, 小六, 小走りに, 庭へ, 廊下を, 廻して, 当てられて, 彼を, 往った, 徒歩で, 従けて, 忍んで, 思い出して, 急かれて, 急ぎ足で, 恐る, 悠々と, 悠つくりと, 投げられた, 抱えるよう, 抱きついて, 抱くよう, 押されて, 押しかけて, 押すやう, 掛けられて, 斯う, 新五郎は, 新聞を, 書かれたもの, 来たん, 来た兄, 来た方, 来た男, 来た者, 来た馬車, 来るかも, 来るが, 来るはず, 来るよう, 来る人達, 来る筈, 様子を, 武蔵も, 歩き出した, 歩む信一郎, 気がついて, 気を, 河原へ, 流れて, 浮んで, 涙が, 深い溝, 準備を, 無手と, 物を, 玄関の, 病室へ, 登つて來た, 白娘子の, 直ぐ, 直使でも, 着せかけた褞袍, 私を, 秋ちゃんの, 突かれて, 窓を, 立派な, 練って, 續く, 美しい女, 考えても, 考えますと, 聞いた, 聞いたという, 聞いたところ, 聞いた話, 聞えた, 背中を, 自分も, 色々な, 若い女, 落ちて, 落下傘を, 薬に, 行きます, 行くと, 行った, 行つてその, 見えて, 見ても, 言葉を, 話して, 誰かが, 貰いに, 質問する, 赤銅の, 足ばやに, 跟け, 込み上げて, 追いかけた, 追いついた, 追いつくだろう, 追いて, 追かけ, 追って往, 追つて來, 追ひ越し, 追手が, 追蒐, 逃げて, 連れて, 遅れて, 運ばれた, 遠くで, 長井直記どのと, 附益せられた, 電車で, 霜を, 青い色, 静に, 面倒くさい調停, 面倒だ, 響いた, 頭を, 顔を, 風が, 飛んで, 首を, 馬を, 駅の, 駈けつけて, 麻の, 黐竿を, 黙って

1 [2249件 抜粋] あてるん, あはて者, いいとか, いう, いくぞ, いつもの, いらっしゃい, うち消す, おいでなさい, おし上げた, おつたの側, おりた, お互に, お冷水, お前も, お喋舌, お尻, お帰り, お熱, お背, お通, お鳥目, かついで, きた坊城, きっと一月寺, くすくす笑っ, くるの, くわしく申しあげます, ここに, こっそりと, この様子, これも, こんなにしつこく, さう云, さして, しがみつく男一, しとやかなし, しわがれた声, すぐこう云っ, すぐ出た, すぐ来る, すこし遅れ, すまないと, そいつを, そちらへ, そっと尾, その刹那, その娘, その歩みぶり, その筆記, その長老陳程, それは, ぞろぞろぞろぞろと, たたいたもの, だが, だん, ちょこちょこ尾, ついて行きながらも, ついて行くだろう, ついて行く闇太郎, ついで, つけたされたもの, つけ加えたもの, つづく者, てくてく蹤, できて, とてもはっきりと, とん, どうにでも, どやしつけられたやう, ならでは, ぬっと出た, のぞき見した私, のれんを, はじめさんが, ばれて, ひとりでに面白い, ひろが, ふり返っ, へこんで, まいって, また, また委しい, また強く, また独り言, また聞え, まるで反対, みんなの, もう一つ, もう一度梯子, やってきた浪人者, やって来た王主人, やって来る霊, やっぱり何, やられなきや, ゆっくり来られる, よくよく考え, よこすこと, わしらに, わらわらと, オーイオーイ, キッパリと, サイドに, ゾロゾロゾロゾロ坊主, チヨコ, トボトボと, ドーンドーンドーンドーンと, ノコノコ入っ, バラ, ヒョコ, フワリと, ブラブラ歩きだした, ボツボツ歩い, リキュールも, 一九四五年八月まで, 一人でも, 一俵も, 一番知りたい, 一間ばかり, 七之助が, 三十人の, 三時七分に, 上って, 上ろうと, 不意に, 両肩, 主水, 久慈は, 乗つて, 九太は, 二三人走っ, 二列に, 二番目の, 云うが, 五六名の, 亭主の, 人足を, 今村も, 仕切りなし, 付き添いの, 付加, 伊右衛門は, 伺いますって, 佐太郎も, 何十人という, 使者を, 俊子は, 倒したローゼン, 傷だらけに, 優しい接吻, 兄へ, 先様お, 入つて來, 入る者, 入口まで, 六字ずつを, 其訳を, 再び職務, 出かけますから, 出たの, 出ないと, 出る約束, 出発する, 刀の, 切り込まれても, 初めて気がついた, 到る処, 刺客を, 劉備が, 加納家へ, 勢よく, 十に, 十六代様が, 十時すぎぐらい迄, 卑弥呼の, 参りますと, 参れば, 参陣した, 又来合せ, 又金, 取調べたところ, 叩き付けて, 叫んだもの, 右を, 吉野太夫付きの, 同じ安房, 向うに, 吹きつけて, 呶鳴った, 呼ばれた, 呼び入れられでも, 呼び迎えるという, 咬みつき, 唱に, 喰付い, 回顧し, 土間を, 坊つ, 執念ぶ, 塗ります, 変な, 外套氏は, 大きなまっくろ, 大きな穴, 大塩平八郎君が, 大理石の, 奥さんに, 女中が, 如来衛門と, 姉に, 姿見へ, 学監室へ, 実行を, 家に, 宿に, 寅吉と, 対岸に, 尋ねます, 小三郎を, 小包郵便に, 小野さんが, 尨毛の, 居酒屋を, 屋上に, 山伏の, 嵌めたもの, 左右太が, 差す日, 帰える, 帰りますから, 帳場で, 幌馬車に, 年賦で, 広蓋に, 弁明と, 引かれるやう, 引揚げ, 弟が, 当人に, 彼に, 彼女が, 往きますから, 後へ, 徐々と, 従って, 御一行, 心を, 必死の, 応援に, 怒鳴る, 思いえたところ, 思い出すと, 思い合せて, 急がれるし, 恋女の, 愉しそう, 我々は, 戸に, 房一も, 手押車で, 打ちかかる, 抜き取られたの, 抱きすくめたまま, 抱きながら, 抱き止め, 抱き起しました, 押えつけた, 押される人間, 押した, 押し分け, 押し込むやう, 押寄せて, 拵へる, 持って, 振り返っては, 掃溜を, 掠めて, 描いたに, 撫で下した, 故意に, 文金の, 斬り附けられた記事, 新しいもの, 斷り, 日光が, 明智の, 星の, 暗い渡り廊下, 曲らうと, 書置きを, 木下君を, 杖で, 来いよ, 来たかも, 来たのに, 来たインバネス, 来た京伝, 来た別, 来た弦, 来た浜子, 来た見たこと, 来た靴音, 来ない筈, 来るであろうという, 来るん, 来る信者, 来る多く, 来る幾台, 来る松田政近, 来る牛, 来る約束, 来る若い, 来る連中, 来る顔, 松蔭大藏が, 栄太に, 案出する, 椅子の, 樂に, 機嫌を, 欄干を, 歌ふ, 歩きながら, 歩道に, 殴られないよう, 母が, 比熊山の, 気持よく, 水泡が, 汚い首, 決心の, 泣き泣きつい, 流れる人出, 消えて, 清子も, 湧きあがって, 湯屋を, 滑った, 漫然と下宿, 炊き出しの, 無言の, 煽がし庭, 燈を, 牛を, 犬山へ, 猿ガ京行の, 現れて, 生え出るの, 生まれましたため, 生れる者, 田山花袋が, 男の, 異様な, 発見し, 登った小さい, 登志子は, 白人の, 皆に, 皺嗄れた, 直ぐ行く, 相互の, 看護婦が, 真向きに, 眺めた, 眼で, 睫が, 矢代も, 知れる様, 砲撃する, 私たちも, 私達が, 移り来た, 空に, 突き落す, 突然一箇, 立ちあがりひょこりひょこりと, 立つた, 笑いばなしに, 第二次的, 簷を, 紅絹の, 組みつくと, 絶えず湧き上がる, 続々と, 続かない自分, 続くの, 続こうと, 縄を, 美津子が, 翳しかけて, 老師から, 考えるのに, 聞いたこと, 聞える, 聞こえた, 肩たたい, 背の, 背延を, 脊を, 腰へ, 自分に, 自轉車, 舞台に, 花が, 苦情を, 荷物を, 葉子の, 薄色の, 虚心が, 血が, 行きますわ, 行くで, 行くよう, 行く程, 行こう, 行つて線香の, 行われるから, 袖を, 補充すれ, 襲いかかった, 見いつも, 見える壬生源左衛門殿, 見たか, 見に, 見る姿, 見守って, 見越入道見たい, 覗き込む, 親戚の, 解つて來て, 言う, 言語が, 訪ねて, 証明し, 説明する, 調べるとき有用, 谷へ, 負けない氣持ち, 質問し, 起こるの, 足早や, 躡い, 車が, 軽く肩, 轉げる, 迅い, 迫き立てた, 追いかけられて, 追いすがって, 追いつかれるよう, 追い冠せて, 追い襲って, 追うよう, 追っかけるよう, 追って来, 追っ駈けた, 追つ駈け, 追ひつく, 追ひ掛けた, 追ツ, 追掛けさせやって来まいもの, 追驅, 逃げたら討とうと, 通って, 連も, 運ばせる事, 道標の, 遲れ, 郵便で, 醤油を, 野洲川へ, 釣瓶に, 鉄瓶を, 長い手紙, 閉めた, 附けて, 降りかけて, 階梯を, 集って, 雪を, 電車にと, 鞭を, 頂きます, 頭に, 顎を, 颯と飛ん, 飛びでた佐, 飛び込んで, 食べに, 馬で, 馳せ着いて, 駆り立てる声, 駈けつけるから, 駈け続けて, 駕籠に, 骨ばかりの, 高田殿の, 鱶の, 麻上下を, 黒須さんが

▼ 後~ (3159, 6.0%)

140 つけて 69 追うて 67 追った 62 跟けて 59 追って 58 向いて 46 追つて 37 慕って 34 見よ 31 追っかけて 29 追いかけて 26 ついて, 継いで 25 承けて 24 尾けて, 追ふ 20 受けて, 追って来た 19 うけて 18 見送って 17 追う 16 つけた, 追っかけた, 追つた 14 尾行て, 振り返って 13 ふりかえった 12 ふりかえって, 振返って, 見ると, 跟け, 追いました, 追うよう, 追ひかけ 11 つづけた, 向いた, 見た, 跟ける, 追おうと, 追ひました 9 追いかけた 8 振向いて, 続けた, 追うこと, 追うた, 追って行った, 追ひかけた, 追ふて, 閉めて 7 ふり向いて, 引いて, 引受けて, 押して, 襲いだ, 見て, 見送った, 跟けられ, 追ったの, 追ひます

6 [13件] 尾行け, 慕うて, 振りかへ, 振り向いた, 振り向くと, 振り返った, 歩いて, 締めて, 追いかけたが, 追いかけました, 追つかけ, 追ひ, 頼んで

5 [16件] どうする, むいて, 促しました, 振り返つて, 振り返ると, 振向いた, 襲いだもの, 襲いで, 見せて, 見送りながら, 跟けられる, 追いながら, 追かけ, 追ったが, 追つて來, 頼むぞ

4 [16件] つけられて, 付けて, 向くと, 嗣いで, 振かへ, 振り向いて, 振り顧, 振返り, 期して, 襲ふ, 見ずに, 見送つて, 走つて, 追って死ん, 追つ, 逐うて

3 [53件] くっついて, ついて行く, つぐもの, つけたり, つけるん, ふりかえると, ふりむいた, ふりむいて, ふりむくと, ふり返っ, ふり返った, 云わなかった, 付ける, 伴いて, 促した, 切りかへて, 向いては, 向かねば, 向きながら, 向けて, 尾け, 尾けさせた, 廻って, 待って, 思へば, 振りかえった, 振向き, 振返った, 振返ると, 振顧, 続けて, 襲いだので, 襲って, 見え隠れに, 見送つた, 見送る, 託して, 跟い, 追い, 追いましたが, 追います, 追うため, 追かけた, 追っかけたが, 追ったところ, 追ってこれ, 追って行きました, 追つたの, 追ひ掛け, 頼む, 頼むぜ, 顧みた, 顧る

2 [127件] いさぎよくしたい, おいかけて, おいかけました, おもふと, したって, すべて郡領と, ついて行った, つけました, つけようと, つける, つけると, つづけて, どこまで, ひいて, ふりかへ, ふり向いた, ふり向くと, ふり返ると, 云った, 亨けて, 付けた, 付け足した, 以前の, 任せて, 何う, 促が, 俟た, 借りたん, 刻んで, 去らないの, 向かして, 向かなかった, 善くせん, 嗅いだところ, 嗣いだ, 圧え, 大事に, 奇妙な, 尋ねて, 尾けた, 尾行た, 尾行る, 引き継いで, 慕つて此處へ, 慕ひ, 承けたの, 押した, 振りむくこと, 振り向いても, 振り返ったが, 振返つた, 振返つて, 振返りつつ, 揮返った, 期した, 母から, 気に, 濁して, 片付けて, 白地の, 目送し, 眼で, 約して, 継いだ, 継いだの, 継ぎ足した, 締めた, 繼いだ, 繼いで, 繼が, 襲いだの, 襲が, 見か, 見ても, 見ないで, 見るん, 見れば, 見廻すと, 見返り, 見返りながら, 見送ったが, 見送り, 言い残して, 話した, 読むの, 読もうと, 読んで, 誰が, 走って, 跟けさせ, 跟けた番頭に, 跟けられた, 追いかけたの, 追いかけること, 追いその, 追い出した, 追い廻して, 追うが, 追うの, 追う気, 追おう, 追っかけようと, 追っかけるの, 追ってここ, 追ってゆきました, 追って出, 追って死ぬ, 追って死のう, 追って行く, 追っ懸けて, 追っ掛けて, 追っ駈けて, 追つかける, 追はう, 追ふか, 追ふと, 追わせた, 追わせて, 追掛けて, 追蒐, 送って, 逐ひ, 通る紳士, 限る書割, 頼まれては, 顧みると, 黙って

1 [1291件 抜粋] あけて, いい継いだ, いうまい, いっさんに, うけ久しぶり, おした, おっかけたこと, おって, お今, お尋ね下さるまじく, お持ち, お聞かせなさい, お追い, かけた, がらりと, くつつい, こっそりつけ, こね回して, さがしましたが, したひ奥, しばらくじっと眺めやった, しめて, じっと紋太郎, すぐ浸け, すりぬけた, そっくり返した, そのままに, そよ吹く風, たずねる心, たのみますぞ, たのんで, ちらりと白い, ついだの, ついだ司令長官グレー中将, ついて行ったの, ついでウラシペッ村, ついで大学, ついで竹細工, つがせるつもり, つき通し, つぐこと, つけさ, つけさせたん, つけさせようという, つけたという, つけたに, つけてること, つけながら, つけはじめた, つけましたぜ, つけやがて, つけられようと, つけられ絶えず, つけるという, つける度ごと, つけ剣, つけ廻して, つけ落ちつく先, とり立てるよう, どう云, なつかしさうに尾, ねんごろ, はなれて, ひかせるやり方, ひくもの, ぴったり締め, ぴッし, ふりかえしり, ふりかえりながら, ふりかえり自動車, ふりみる, ふりむき, ふりむきも, ふり向いた恐ろし, ふり向きしばらく, ふり回つて, ふり返つて, ふり返らなかった, ふり返るとたん, まかせて, まのあたり見, まるく結いあげ, むいた, むけて, もう一度厳重, やつて, ゆずる腹, よく追って, よろしくと, われわれは, グングン追いつい, セカセカと, ドアの, ネダる, ピチと, 一個の, 一散に, 一生懸命に, 三人に, 丸太棒で, 乗取った, 二羽の, 云ってもよ, 享けて, 今日が, 仰せ置かる, 伝ったり, 何とか致します, 余に, 促す, 信子は, 元成の, 全くする, 処理し, 刎ねた橋髷とかいう, 包んで, 又約し, 取つて, 取らぬ夫, 取る事, 受けたドサクサ, 受けた天下泰平, 受けた詩人モリス, 受け持つので, 口の, 吉井勇君によ, 向いたので, 向いたん, 向いた拍子, 向いた隙, 向かせて, 向かれたり, 向きつ, 向きアンナ, 向く, 向けたまま, 向けば, 向け何, 呑んだ, 喘ぎ, 喰ッついて行く, 嗣いでから, 嗣がせる, 嗣ぐ者, 地へ, 城兵が, 大野助手が, 奇麗に, 女中の, 子分共に, 守つて其処此処の, 客間と, 尋ねかけて, 少時見, 尾けた今にも, 尾けつけした, 尾行させた, 尾行する, 巡って, 平次に, 廻つて便所の, 弔いたいの, 弔う心, 引かせるの, 引き取って, 引き四時, 引くの, 引く虞, 引取った, 引受けは, 待った, 待つの, 従いて, 心すずしげに, 応用的な, 思うと, 思ふ人, 急いで, 恋って, 悲まざれ, 意味し, 慕いだした, 慕い姿, 慕うべく双, 慕ったよう, 慕つて, 慕わせました, 憐んだ, 戒めるため, 払った太刀, 承くる者位, 承く即ち, 承けたに, 承けた子孫, 承けまして, 承け冬日親, 承け次, 承け継いで, 押えて, 押し押して, 押へ, 指ざし, 振かえった, 振りか, 振りかえると, 振りむきましたの, 振り向いた誰, 振り向かずいそいで, 振り向きました, 振り向き今彼, 振り向き然し, 振り返えるとたんに, 振り返つた, 振り返りがち, 振り返りエーホー, 振り返る, 振り返るもの, 振反って, 振向くと, 振向けないで, 振返つたが, 振返り振返りかけ出させた, 振返るやう, 捜し廻って, 捻向けば, 探し廻って, 接いで, 推しませんでした, 掻きながら, 描いて, 揮り返った, 撃つ構え, 支配人と, 敏捷に, 断ったの, 晦ました巫女, 晴代に, 暫らく立ち止, 曳いて, 書きつづけるの, 書けという, 期しわたくし, 村松検事は, 栄せらる, 楽しみに, 欲しがっ, 歩きながら, 残さないで, 気遣うては, 沢山の, 注いだ, 洞視する, 湧井道太郎が, 濁した, 焼きは, 照らして, 犇と, 独り侘しく, 用心し, 申上げます, 登って, 相続する, 省みる時, 知って, 知る能はず, 短く突出, 私に, 突いた, 立てさ, 立てるん, 立派に, 約束し, 絶えないやう, 絶たうと, 絶たないので, 絶って, 絶つふう, 絶やさないと, 絶間なく, 継いだ千賀子, 継いでるわけ, 継がせようとまで, 継がせるもの, 継ぎました, 継ぐこと, 継ぐべき人, 継ぐもの, 継ごうと, 続けない, 続けなければ, 続けるの, 続けろ, 締める, 繼ぐ方に, 羨しさ, 老鶉, 聞かないでも, 聞きたがる細君, 聽くんだ, 自分の, 著けながら, 行くべき人, 襲いだ矩之, 襲いだ霧渓二世瑞仙, 襲い鮎, 襲ぎて而し, 襲ぎ十二年に, 襲った, 襲つた者が, 襲わんと, 見い, 見ずには, 見せたあの, 見せない, 見たり, 見た肩, 見ました, 見ますと, 見ようよ, 見る動作, 見ん, 見返っては, 見返りたり, 見送ったサービス係, 見送った地丸左陣, 見送った帳場, 見送った私, 見送った軍十郎, 見送りしこと三四度, 見送り馬鹿, 言い足したですね, 言ひ足さなかつた, 言わねば, 訪ねたところ, 詰めかえる間もなく, 話させるよう, 読まずに, 読みたいという, 読み次いだ, 誰か, 調査したら, 譲るため, 貰つた, 趁う, 足が, 跟けた事から, 跟けた者が, 跟けるで, 踏んで, 蹤い, 軒下に, 辱か, 迫って, 追いかけたけれど, 追いかけはじめる, 追いかけるよう, 追いかける事, 追いこれ, 追いたくなること, 追いつめろ, 追いながらも, 追いはじめたが, 追いまた, 追いまわして, 追いスカート, 追い二羽, 追い塔, 追い形影相, 追い掛けた, 追い来る気色, 追い私, 追い露台上手, 追い馳けた, 追い駆けて, 追うかも, 追うたが, 追うても, 追うにも, 追うよりは, 追う二人, 追う兄主水, 追う積り, 追かけました, 追っかけさせて, 追っかけたり, 追っかけるという, 追っかけ安心, 追ったけれど, 追ったらよかろ, 追った時, 追っていました, 追ってこの世, 追ってせっかく, 追ってそちら, 追ってとびこん, 追ってまさに, 追ってやって来た, 追ってよろめく, 追ってジョン, 追ってプラット, 追ってモナコ, 追って上京, 追って京都路, 追って住ん, 追って入った, 追って前進, 追って去んだ, 追って夕暮, 追って奇異, 追って家, 追って展望台, 追って帰っ, 追って庫裡, 追って彼女達, 追って御, 追って戸外, 追って教室, 追って書きつけ, 追って来そう, 追って果てた, 追って死なね, 追って沈没, 追って滑り出した, 追って町, 追って発足, 追って私, 追って薫, 追って行ったれ, 追って見, 追って走りこみ, 追って走る, 追って迫っ, 追って逃げた, 追って道路, 追って門前, 追って頼母, 追って首台, 追って駆けだした, 追って駈けだし, 追っ馳, 追つたこと, 追つて博多, 追つて墓地, 追つて家族, 追つて往, 追つて東京, 追つて此処, 追つて武者修業, 追つて行つて汽車賃, 追つて路地内, 追はせた, 追はれました, 追ひかけたい, 追ひかけ廻し, 追ひはじめた, 追ひ廻したの, 追ひ縋, 追ふから, 追ふて来た, 追ふべきである, 追わしめて, 追わせた隙, 追わないが, 追わぬ様, 追及する, 追懸なけれ, 追掛け追, 追撃されるであろう, 追跡する, 追驅, 逐い残肉, 逐うの, 逐つた, 逐ひつ, 途切らさなかつた, 通って, 通り二階桟敷, 通過する, 遅々と躡, 遥かに, 郊外電車から, 鄭州に, 鎖し, 長庵胸, 閉めないで, 閉めも, 閉め切る, 附けること, 附加えた, 降つて, 離れた, 静かに, 頂戴する, 頼むぞと, 頼むよ, 顧みずに, 顧みてかの, 顧みれども, 風の, 馳けさせた

▼ 後~ (2637, 5.0%)

12 どうなる 11 森然 10 寂然と 9 私の 8 どうなった 7 ひっそりと, 急に, 私は, 自分の, 野と 6 俺が, 私が 5 何も, 何を, 又のどか, 家の

4 [11件] お前が, それが, どうする, シーンと, 之を, 何の, 例の, 歌も, 言葉が, 誰が, 静かに

3 [20件] しばらく寂然, どうなつ, どんなこと, ひとりで, またもと, 一言も, 不思議に, 二人に, 他の, 何う, 何にも, 何事も, 口を, 後の, 心持が, 森閑と, 父も, 真暗な, 誠に御無沙汰, 読書

2 [143件] あたりは, いつでも, いろいろの, おれが, ここで, この影, しづけさ, しんと, しんと静か, すつかり, そこから, その唯一, それは, それらの, それを, ただ写実, ただ茫, どうした, どうなっ, どうなるだ, どうにでも, どこへ, どこへも, どのよう, もうその, もとの, やはり伊勢殿, わしが, ケロリと, 一人で, 一人の, 一昨日の, 三人の, 世界が, 主としてポオ, 二人で, 二人の, 京都へ, 人は, 人間と, 今まで, 他所の, 休息期が, 何うし, 何か, 何と, 何んで, 何んにも, 何処を, 何時しか朦朧, 個人の, 僕が, 元の, 兎も, 全く静か, 其許の, 再び大, 凡そ死を, 出来ないか, 別人の, 前に, 包の, 反対に, 口の, 各藩兵家本草家, 名に, 命を, 唐突な, 唯一人の, 塾中に, 声も, 夢とも, 天下の, 夫の, 失望したる, 失神した, 娘の, 子供の, 存外御無沙汰, 学校という, 家に, 容易に, 小網町の, 少しも, 山を, 差し向に, 座敷の, 当らず障らずの, 彼に, 彼の, 後だ, 徹頭徹尾記実, 心を, 心地す, 必ずしも切支丹, 念仏の, 恋しい母, 我親の, 手も, 手を, 故山, 文学士田中秀央君や, 日の, 明日の, 普通の, 暫らくの, 暫らくは, 村は, 桑茶栽付所と, 椰子の, 概してあまり頑健, 此の, 此世に, 殆ん, 気が, 水車を, 汚ない, 涙に, 濁世の, 無事に, 白雲に, 的物を, 直ちに障子一重, 直に書物, 眞暗, 真暗に, 私も, 竹藪である, 笑いに, 笑って, 絶えて, 自然淘汰の, 自由に, 色光沢が, 芝居の, 見も, 親類の, 該犯罪者を, 諸侯割拠の, 途中の, 静かであった, 静に, 非常に

1 [2130件 抜粋] あくまで佐幕開国, あちらに, あの安らか, あらゆる哲学, あわてずに, いい天気, いかんとも, いくら待っ, いざ踊らん, いちばい, いつとは, いつもの, いつも軽い, いよいよ沈み, いわばお前さん, うらみっこ無し, おかくまい申します, おたがいに敵同士, おほか, おめ, おろかたと, お前さん処の, お前達二人の, お心置き, お粂, お通ひとり, かかる僥倖, かならず御, かまわん, がらりと, きっと痛快, きれいに, けろりと忘れられ, ここの, この一郭, この侘住居, この女, この朝井家, この砂糖, これが, これらは, ご主人, さすがに, さっぱりです, さらでも需要, しばしわれら, しばらく森, しばらく静か, すぐさっぱりする, すこしも記憶, すべてに, ずっと日本人, そういっ, そっと蒲団, そのままで, そのまま捨ておい, その上, その休茶屋, その土地, その実験式中, その建物, その核, その詞, それから後で, それで緩く, それ以下では, たあいない, ただがっかり, ただブラブラ, ただ人物証明, ただ惰性, ただ死ね, ただ静か, たつたひとり, たれが, ちゃんと蔵, つまり專門, とにかくこの, とん, どうしても思い出せなかった, どうせ火事, どうなされます, どうなるだろう, どうやらかう, どう来た, どこを, どの犬, どんな工合, ないないづくし, なおさら自分, なかなかに, なしとも, なりゆきでどう, なんにも, はなはだ無責任, ひっそりした, ひとり冷たい, ふいて, ふつつりと, ほとんどチベット, ほんとによく疲れ, まあ我輩, またこと, またどうにか, またオルガ, また何処, また家, また明日, また独国的色容, また静か, まったく山, みかども, みんなと, むかしの, もういかなる, もうおまえ, もうどうなっ, もう一雨, もう再び彼, もう定雄, もう殆, もう自分, もう鏡, もちろん気, もはや任務, やっぱりこれ, やはり野村, ゆかりの, ようやく渓山, よく顎, よろしく, わからない, わが詞, われその, アウグスチノ会の, アメリカ風の, ウォンウォンと, ガロ爺やの, コバルトで, ザッと, ダンスホールを, ドラゴン中は, ピサロオ君の, ブルボン王室の, ポピイは, ルソン遠征を, 一ヵ月に, 一切不明な, 一同に, 一定の, 一層それ, 一層暗く, 一座寂然と, 一時不安を, 一時間で, 一流銀行の, 一私人として, 一陣の, 一面監獄署の, 万事に, 三十人で, 三四人の, 三藏から, 上天気だ, 下婢に, 不用の, 世にひとり, 世界に, 両刀を, 中, 主神たる, 乗客みな倦怠を, 事情が, 二人は, 二度とそんなに動かなくなった, 云い渋って, 云わず異な手つき, 互, 五百の, 人に, 人議ゆとも, 今お話, 今迄の, 他人の, 以前の, 伝道をも, 何うなっ, 何が, 何だった, 何ともおっしゃいませんでした, 何に, 何卒よしなにご, 何方やらの, 余計者で, 來られる, 依然として南京虫, 信じられる人, 修法の, 倹約第, 傷ついた娘, 僕に, 元和八年の, 兎角神経, 全くの, 全く打ち捨て, 全然沈黙, 全部暗い, 公, 共産制が, 其上の, 内地に, 再びひっそりと, 写真と, 冬近い, 凡聖同居す, 出た上, 出生の, 切腹を, 別して歌舞伎, 別に一戸, 前川の, 剣術が, 努めて, 動作に, 勿体ないと, 北浜も, 十一月二日記す, 十月の, 半ば眼を, 南半球に, 占領軍の, 卵を, 又こもつ, 又元, 友の, 叔父は, 口に, 古今選者たちの, 史蹟順礼といった, 吉岡の, 向かれないところ, 君に, 呆然として, 和氏も, 唯自然世, 問う訳, 喫煙室へ, 四十挺でも, 四百年五百年後である, 固有の, 土曜の, 埒明き, 墨一色の, 声さえも, 夕餉をこそと, 多くも, 夜気沈々聞こえる, 夢幻, 大さ如車輪焉, 大体読者の, 大変難儀を, 大層真面目, 天ばかり, 天意によって, 奈良から, 女の, 好んで, 如何なる形, 妾一人で, 娘を, 嫡男瑞長直, 子息の, 孤児と, 学校教育の, 安き思, 安心し, 官人と, 定った, 実力の, 実際才能, 家屋敷も, 家長の, 寂寞たる, 寝て, 寧子の, 専ら新橋堂, 小倉の, 小松という, 尚さびしい, 居眠りしてん, 屹度其時です, 左右の, 己から, 帝を, 常に余, 幸福な, 庄太郎仮初の, 店二階に, 度を, 引受けるよ, 強ひ, 当然ここ, 彼が, 往来傍に, 後でどうにかなり, 徒歩, 御存知の, 御承知, 復た黙あっ, 心に, 必ずお, 必ず成業, 快くなれり, 思ひの, 恐れ入りますけれども, 悪いという, 惜しいこと, 愈よ, 懐之, 我々の, 我を, 戦勝の, 打ち解けた話, 折々ここ, 持たして, 捨てて, 摂心, 政務の, 敗戦を, 文三と, 斫合ひだ, 新しいこと, 方々へ, 日夏君とも, 日本全国おしなべて, 旧に, 早間に, 明晩に, 春先の, 時々バス, 普請も, 暫くは, 暫時静かであった, 書きつづけられなかったか, 最う何れ, 月々十円の, 月光が, 有髪の, 朝に, 本當, 材木を, 来るたびごと, 東京へ, 果して奈何, 棧敷の, 極めて手っ取り早い, 横に, 機械的に, 次第に忘れられ, 正しく祝詞, 歩いた, 歴史的の, 殆ど人通り, 殊に淋し, 残骸に, 母と, 母親は, 毎月お前さんが, 気持が, 永久ダムダム弾の, 江戸の, 決してお, 決して遊里, 泣いても, 洋一の, 洪水なりと, 海な, 涙が, 淫奔であり, 淺間山の, 湯川さんも, 源家嫡々の, 滅茶, 潜伏の, 火の, 無二の, 無論の, 然るべき家, 父と, 父親が, 牛島の, 物云わず, 特に極端, 独身者子も, 玉井組の, 現在まで, 甚だ間, 生垣一重にて, 生野で, 田楽を, 男に, 町人の, 畑で, 疏食水飮し, 病重く, 白山山中瑠璃ヶ岳の, 皆売り出す, 益々多量, 直ぐ遊ぶ, 直に斜, 真個誘つた, 知らず今, 知らぬの, 石川の, 祭禮の, 私ひとりで, 私夫婦と, 空しく竹, 空軍の, 突飛ばされ押し返され二度, 笑い話と, 笹村は, 算盤が, 簡単に, 精神が, 終局的に, 続けなかった, 総勢であった, 緩手, 羽柴筑前守秀吉と, 耳に, 聞こえて, 胡粉と, 自ら不快に, 自分が, 自分は, 自室にて, 自然, 船中は, 色々な, 芸尽し, 英吉利が, 茫々たる, 茶カスに, 萎れて, 蒲団の, 藤吉郎が, 虹に, 血戦ある, 裾が, 見すぼらしき脇立小祠, 見やすいよ, 見舞客の, 親一人子一人, 解し難い, 言わば自由, 詩人だった, 語らない, 説明する, 誰にても, 談笑し, 諸処方々を, 警官に, 豆, 貴様達で, 赤星に, 身じろぎも, 軟かく甘きに, 近頃に, 追放され, 連中の, 遂に自ら, 達磨の, 邪魔に, 都会でも, 酷い疲れ, 重蔵一人が, 金吾は, 鉄砲丸を, 鎮り返っ, 長男が, 閉めきって, 関八州を, 附人や, 隆々たる, 隔てる隣, 雨の, 露西亜の, 静である, 音も, 頭痛み, 風に, 食事は, 飼は, 饗応の, 駒込とかいふ, 魯粛を, 黄泥溝で, 黒川寿庵と, 黙つて

▼ 後には~ (2492, 4.8%)

14 それが 13 彼は, 私は 11 自分の 8 何も 7 それを 6 立派な, 誰も 5 彼の

4 [11件] いろいろの, だんだんに, どうなる, 何か, 何が, 婦人の, 寺の, 早くも, 水の, 自分も, 色々の

3 [24件] いろ, これが, これに, これも, それらの, もう何, 一度の, 一緒に, 之を, 二人とも, 人の, 他の, 力ちやん, 君は, 子供と, 完全に, 彼女は, 忘れて, 男の, 神の, 窕子は, 自分が, 誰か, 透きもる

2 [129件] あのよう, あの丸善, いつでも, お前の, かならず, ことごとく満開, これを, その数, それと, だん, だんだん色調, どの職人, みつの, もう一人, アトリエの, ピヤノに, 一つの, 一人の, 一人物が, 一片の, 一群の, 一般に, 中臣, 之が, 二十五六に, 二月に, 人々は, 人にも, 今の, 他を, 以前の, 佐渡屋の, 何とも, 何の, 何人も, 健康の, 僅に, 僕は, 元の, 兄が, 全くその, 全く反対, 其非文明な, 再び家, 別人の, 動かざること巖, 化膿を, 却て, 右に, 呉の, 唯の, 唯絶壁, 園が, 変化し, 夜の, 天子様の, 奨励金の, 女に, 女の子が, 娘が, 子供の, 家の, 少しずつ, 少しの, 少しも, 山あり, 市町村制度の, 帰って, 平岡が, 年の, 引かぬと, 彼女の, 後者に, 後者も, 徒らに, 得意の, 必ず乙, 恐ろしい睡, 愛妻の, 支那の, 散歩にと, 文字を, 文明の, 日本の, 日本へ, 明らかに, 東京に, 歸る, 死の, 殆ん, 波瀾幾千丈と, 洪水あり, 消え失せる代り, 父から, 片歌, 犬の, 白鑞の, 相当の, 石原の, 確かに, 私の, 種々の, 米の, 細君の, 絹糸を, 膝から, 自分で, 自動車が, 自己の, 英国の, 誰かの, 調練場と, 謂れなき, 赦されて, 近比故郷, 近頃珍, 遂に十三人, 遂に博士, 遂に完全, 遽だしく, 都の, 鎮まった, 長岡半太郎氏が, 陶然として, 非常な, 非常に, 馴れて, 高く雪, 鳥娘の

1 [2035件 抜粋] あきらめを, あなたの, あの旧い, あまねく用い, あらぬかと, ある一派, いかに燃え, いって, いろいろ込み入った, おそらく常識的, およそ誰, お大名, お茶なし, かう云, かえって現在, かなりな, かれの, きっと便り, きっと沈鬱, こ, こっちへ, この一間, この十五円, この地, この小さい, この恐るべき洋上, この池, この石, これは, これ程巧妙, ごく親しく, さらにレイゼイ, しっかり抱き合っ, しばらくこれ, すいた車, すっかり癒, すべてが, そうでない, そこで, そのまま死ぬ, その一闡提さ, その伺, その功績, その厳然たる事実, その名ばかり, その子息, その小さな家, その後五六年間の, その敷地, その日東京, その残り, その町, その神聖, その突起, その美徳, その言葉, その遺骨, それさえ, それは, そんな考え, たしかに眼, ただ名を, ただ永久, ただ繰返し, ただ雨, だんだんその, ちゃんと輸送機上, ついに満天, てんでに里, とうとう座敷, ともかくも, どうしても來, どこからか, どんでんがえしで, どんな変ちきりん, なごやかな夜食の, なんにも言わずじまい, ひとりの, ふたたび大, へんぴな, ほとんど聞こえなくなっ, またある, またシェリング, また会員, また新しい, また翅, まったくお, みづから木, みみずも, もうあなた, もうそんな, もう上京, もう敵, もう次, もう紫外線通, もう見ち, もう降灰, もっぱら弓弦売, もはや小, やせて, やや保守党, ようこそ, よつぎ, わが陣地, わざわざ迎い, わたしは, アテーナイに, ウイスキイの, エリザベス女王の, カナダラブラドール州の, クエリヨも, グリビエが, コンセルヴァトゥール紙に, サガラカと, シルヴァーと, セザンヌの, ツ, ドイツへ, ハステラーが, フィゲイレドを, ブチ壊す, ポケットに, メリー号を, ヨーロッパ大戦が, リッケルトを, レーニンが, ヴォルテールは, 一と, 一人位必ず, 一切お, 一家すべてが, 一座の, 一時間か, 一般的根本命題として, 七歩五朱軒の, 三人妙な, 三峰駢立し, 上京の, 下の, 下田富士という, 不思議なる変り, 不調和どころか, 世界が, 世間の, 中谷助役以下の, 主を, 主馬, 九つ梯子が, 事に, 二ルーブリ十五コペイカに, 二匹と, 二日も, 互いに馴れ, 五十人に, 亡んで, 京都蓮台野からも, 人に対しても, 人手に, 人類が, 今宵の, 今度は, 仏蘭西皇帝にまでな, 仕来りを, 仙臺を, 仮山, 会話が, 低く歌, 何うなる, 何処かで, 何物も, 余計に, 依然小次郎, 信州飯田事件の, 信玄という, 借金こそ, 僅かに, 償金十五万両を, 兄の, 先生は, 全くこれ, 全く明るく, 全大陸, 兩頬へ, 公に, 六万遍に, 共にわずらい, 其の感想, 其国から, 其物語の, 其見えない, 内地でも, 円楔等の, 再び入院, 再び激しい, 冬を, 出発する, 分ったが, 初期と, 別室に, 劇評家などは, 助手に, 労働蜂と, 北千島においてのみ, 区立病院の, 十八九歳の, 午後な, 南方から, 単に人形, 卜部の, 厚くなっ, 双方に, 口拍子に, 古来の, 只穏, 可憐な, 叺を, 合理化し, 同じ年, 名香の, 呆然たる, 周辺速度が, 和田利兵衛, 唐草などが, 喞筒も, 囃す田, 四月廿二日に, 困るでせう私, 国会を, 地上の, 地皆, 垣内が, 墓に対する, 夏祭りには, 外川先生の, 多少変化, 夜分樹に, 大いに遊ばう, 大きな不安, 大した理由, 大体終了した, 大学の, 大抵畑主, 大辻君は, 天上から, 天意とも, 天皇の, 太陽の, 失われ去る, 女どもの, 妙な, 始めて, 娘の, 子供一人その, 字書に, 学校の, 定めて, 実に不可思議, 宮島へ, 家を, 宿存花冠の, 寝た振を, 寿聖院第, 将来の, 小さいながら, 小さな青竹, 少したしかになった, 少し遠く, 屈強な, 山伏し, 山県も, 岩野泡鳴の, 峨々と, 巡査が, 己は, 帝の, 帰り来り, 帽が, 平和が, 平気で, 幼い時, 幾枚かの, 座談の, 廻合ふべき, 引揚げよう, 張良の, 当年三歳に, 形式化し, 彼らを, 彼等は, 得意は, 御政務, 心残りが, 必ず一大功績, 必ず哀願的, 必ず成就, 必ず病理的, 応酬の, 怏々と, 恐らく生涯, 息子が, 悪い事, 悲劇の, 愴惶として, 憂いとは, 成都の, 我を, 或時期, 所謂戯作者の, 手足の, 捻り団子には, 播磨守と, 改めて光明寺, 教える方, 数々の, 文化八年閏二月十四日に, 斑, 新しい写真, 新領土, 日曜日など, 日本全体の, 日米海軍の, 旭の, 春と, 昼夜を, 時間あれ, 晴天あり, 暗きに, 暹羅政府とも, 更に幾分, 替へ, 最高点二千二米の, 朝廷の, 木綿と, 本式に, 札を, 村ぢゆう, 東京側から, 東西の, 枯木の, 棒で, 棺の, 業を, 楽が, 権大納言正, 次いで禮, 次第にはっきりと, 次第に学校, 次郎は, 止めて, 此だけを, 此人達の, 此豊富な, 武居用拙, 歯形が, 死ななければ, 死ぬ身, 殆ど装飾物として, 残酷な, 段々拡がつた, 母と, 毎年何千人という, 比丘尼の, 気狂の, 水に, 池の, 法廷の, 法然を, 洋画の, 洪水あらん, 浦島今, 海上に, 消えて, 深い深い沈黙, 渡辺華山高野長英を, 源氏が, 漢詩の, 澁, 火よ, 為さん一人, 焦げたよう, 熊の, 父も, 牛女の, 牢番斬罪等の, 特別に, 独り云い, 玉音の, 璽光内閣の, 生き證人, 産小屋の, 用人川前市助が, 由緒の, 男女としての, 畳んだズツク, 痲痺し, 白, 白昼に, 百人と, 百文に, 目出度く退院, 直ちに研究, 相知皆死罪に, 真中の, 着けるぞ, 知恵伊豆と, 石油焜炉を, 確か両国劇場という, 祝詞を, 神仏に, 神田の, 禍いの, 秀次と, 私達は, 稀少性の, 空に, 窺見なさつた, 立机を, 第七年, 筥崎八幡宮の, 箱崎から, 米国から, 紙くずの, 絶えて, 絹布が, 綺麗な, 縁側の, 縲絏の, 美しい飽満, 義夫一人で, 老子が, 背の, 脱ぎ捨, 自から, 自分を, 自然的無制限な, 興世王の, 舞及び, 艇は, 色の, 芳春院と, 若い者, 苦も, 荒れに, 莫大な, 落着いた, 蒼茫たる, 藥を, 蘭軒の, 蝙蝠の, 行うこと, 街道と, 被害者は, 西洋の, 親兄姉でも, 解剖学実習室が, 言葉は, 語頭にも, 誰一人口に, 諸国の, 謙す, 讃美の, 貂の, 貧乏な, 赤い筋, 足利家とも, 軍隊に, 農民以外の, 追附く, 逆に, 進歩し, 道は, 遠方から, 郡山の, 酒酒の, 野山に, 金綱を, 銀ぶらの, 鎮魂即たま, 長子は, 間もなく第, 陰影が, 随分自由劇場, 隣の, 雨さえ, 電力によって, 青い空, 面影を, 頗る開化主義, 頸飾りそのものの, 風雨ある, 飯が, 首を, 馬に, 馬車で, 骨を, 高山樗牛の, 鬼, 鳥獣の, 麦稈真田などの, 黒い紗

▼ 後~ (1738, 3.3%)

52 あつた 32 彼は 30 私は 11 彼女は, 言った 9 自分の 8 急に 7 僕は 6 云った, 私が 5 あつて, あらう, 又おれ, 平次は, 気が 4 すぐに, そこに, 三吉は, 今度は, 代助, 岸本は, 私の, 自分が, 自分は, 見ると

3 [17件] そつと, 不意に, 二人が, 二人の, 医者は, 外の, 外へ, 屋根の, 彼が, 彼の, 復た, 母は, 氣が, 罌粟が, 茶を, 誰か, 誰が

2 [83件] あつたらしい, あの部屋, あれほど, お前が, お前は, お延, お母さんは, お組, かう云, こう云った, こんな事, さすがに, しみじみと, その女, その肉親, は, はなく, は私, ふいと, また音, まだ見た, ガラッ八, ガラツ八は, 世間の, 二三分ばかり, 二人は, 云つた, 今日は, 仔細らしく, 以て, 余は, 偶然駅で, 傍に, 叔父さんは, 叔父の, 叔父は, 口の, 口実を, 夫人は, 女は, 実に滑稽, 家を, 帰って, 平次と, 店から, 店にも, 店の, 庭へ, 当時を, 御主人, 御米, 支配人の, 木戸を, 本書の, 札の, 此の, 武蔵は, 死んで, 殊更機嫌, 母屋から, 瑠璃子の, 生れた私, 痩せこけた伯母, 罵倒する, 考えると, 考へて, 脇差の, 腹の, 自分も, 舌打ちを, 裏口から, 誰かに, 調べて, 貴君と, 貴方の, 路地の, 近日から, 野村は, 金箱の, 非常に, 顔を, 飯を, 黒木長者と

1 [1284件 抜粋] ああいう, あたかも日清戦争, あたしを, あの二銭銅貨, あの大海人, あの金, あるいは今度, あんまり長く, いきなり云った, いきなり痛切, いずれ私, いつまでも, いつも行きつけ, いよいよ実際の, うつかり, おかしそう, おた, おやぢ, おれの, お化粧, お君, お市, お敏, お母さんに, お父さま, お父さんは, お生まれ, お篠さん, お茶請でも, お話する, お酒, お雪ちゃんは, お高, かたの, かわいらしい芽, きっと間違い, きよは, きれいに, ぐつすり一と, こういう一句, こう豪語, こが, こちらには, こっそり奴, この一口, この痛みどこ, この自然, この通り外国, これからちょうど始まろう, ござります, ごらんください, さうだと, さて是, しかもできたら, すぐそう思った, すぐ六波羅衆, すぐ帰らない, すぐ悔いる, すぐ気がついた, すぐ陣, すまない事, すること, そう思った, そこへ, そこらを, そっと石屋, そのままフッと, その夜十二時近く, その憐れ, その死, その置き, その趣向, その鰥, それこそ, それほどまでも, そんなに私, たしかに何程, たちまち今, たとへ, ちやんと, ちようどそこへ, つかれて, つまらない目, とうとうお, どうか, どうしてこ, どうしても半年, どうなるでしょう, どこからか, どのくらい, どれほども, なけなしの, なされても, にやにやと, にやりと笑う, はある, はきつ, はじめて大西洋, はまた, は一同, は仕事, は光明淨土, は奔命, は思える, は慚愧, は軍兵, は馬春堂先生, ひとしほ, ひと休みした, ふしぎな, ふとしたこと, ふと気, べそを, ぺっぺっと唾を, ぼくの, まことに申しかねる, また, また何, また取り消す, また彼, また掘り返し, また歩き出した, また津田, また管弦楽, また見えない, まだ何やらん, まだ手帳, むやみに, もう一遍, もう寝よう, もしも富山, ものものしい勝ち誇った, やつれて, やや気, ゆき子は, ゆっくり叱っ, ゆっくり考える, ゆるゆる掌中, ようやくこの, ようやく母, よく眠られた, よく話す, よびますから, わざわざそんな, わたしは, アバ大人が, オーゲが, カタッと, キリッと, ゲィツヘッドへ, ジヤワバタビヤの, タカジヤスターゼを, チラリと, ハシャギたくなる, パリーに, フト取上げ, ブッ倒れた, ブツブツ言う, ベンチに, ホトトギス一派その他の, マニーロフが, リボンで, 一つ事項が, 一の, 一二度外へ, 一寸ひと, 一度も, 一時から, 一杯の, 一種異様に, 一雨さっと, 七郎の, 三人は, 三吉も, 三娘は, 三番目の, 上等の, 両腕, 主人は, 久子は, 乗せて, 九兵衛は, 争うよう, 二十三日の, 二郎は, 云う, 云つてゐた, 五厘銅貨一つ握らせ, 京橋鎗屋町の, 人々は, 人形は, 人違いで, 今度こそは, 仏貨や, 他へ, 伊太夫は, 伯母が, 住まった土地, 佐佐木茂索氏が, 佐野利器氏や, 何か, 何だかごた, 何という, 何となく極り, 何も, 何を, 何処かへ, 何處へも, 余儀なく倹約, 使つたのは, 例によって, 俊助は, 信じがたい, 信長は, 側の, 偽の, 僅かに, 僕の, 先年自分達の, 先生が, 入った家, 入り込んで, 全集を, 其損害を, 其短銃を, 再び書きかけ, 冷えた盃, 出るはず, 分かったこと, 分ったこと, 分る, 刈取られた桑畠, 判るが, 別々に, 刺されたの, 前の, 北上川の, 十五六の, 千里の, 半徹夜, 南は, 博士二人を, 原っぱで, 又二人, 又成瀬, 又暑, 反対の, 叔母は, 受附子は, 右側を, 同じ二階, 名告, 君も, 周りの, 呪言及び, 哄然として, 嘔きたくなる, 土蔵の, 坂口が, 堂を, 壮い, 変な, 夕方にな, 外から, 多くの, 多数の, 大して乱れ, 大変な, 大層機嫌, 大笑, 大股に, 天国へ, 天香さんの, 夫人と, 奉公人の, 奥の, 女中の, 好かった, 妻から, 妻君が, 姑丈さんが, 婆さんが, 婆は, 子供達は, 子路が, 宋の, 宗教の, 実之, 客間に, 宵から, 家内一人で, 寛文中の, 寺田先生の, 小兼, 小林は, 小野田が, 少しも, 少し顔, 居眠りを, 山で, 崑の, 帆村は, 帰路の, 幻覚を, 庭の, 廊下に, 引っ込みが, 引手の, 弟は, 影も, 彼に, 彼女が, 彼女の, 往来を, 後妻は, 後悔する, 後難を, 御挨拶, 徳蔵さんは, 心の, 必ずお, 必ず慚愧, 忌々しい七, 思い出そうとしても, 思ひ出したやう, 息を, 悔んでも, 慎重に, 懐へ, 或る, 房州から, 拍子木を, 指の, 捕らえられた, 提琴手が, 支払ふ, 教えるよう, 敵の, 斬つたらしく, 新たに, 新九郎の, 新墓, 日曜日に, 旦那, 是だけの, 時々目, 暫く見, 曲つた梯子段を, 書物を, 最後に, 有った落胆, 朋輩が, 本式な, 李陵, 杜が, 松太が, 柏軒は, 栄太の, 森が, 樣子が, 権八が, 次から, 歌ひ, 止むを, 正雄は, 此島へ, 歸つたといふ, 死刑台を, 母が, 民助は, 気がついたところ, 気温が, 水が, 永い永い南国, 決然と, 沙を, 注意の, 洗つたばかり, 流刑に, 浴衣がけに, 淫猥の, 清と, 漢族と, 漸く父, 潜り戸の, 火焔の, 烈しい朝日, 煙草を, 熱が, 父に, 父母は, 爺さんは, 物珍しそう, 独りで, 玄徳は, 王婆は, 田口を, 田舍から, 申し上げること, 男の, 町の, 番屋は, 番頭や, 病人の, 病床の, 痛烈な, 登志子は, 白耳義とやら, 皆んなひどく, 皮肉にも, 目が, 直ぐに秀子, 直ぐ離屋, 相当考え, 眼を, 矢代は, 知れたもの, 祖父明了軒以來西村氏の, 禅宗の, 私たち五人, 私に, 私達に, 空つ, 突然斯ん, 立ち上り紙, 第一集, 箒合戰を, 純文学雑誌や, 細君が, 結婚する, 縁先へ, 美代子は, 美沢さんに, 老夫婦, 考えて, 耄碌した, 聞えました, 聞くと, 背奈氏を, 脳膜炎で, 腹しく, 自ら自分の, 自分達は, 船へ, 芳本は, 若旦那の, 苦っぽく, 英国の, 荷風氏と, 蔭口を, 藤吉郎が, 蘭医方に, 血の, 行われた原爆体験者たち, 裏口の, 西洋風の, 言って, 評定する, 詮議いたす, 話を, 誘ひに, 誰も, 諸国旧家の, 豊かな, 貰つて行くべき, 足の, 踏板を, 身内の, 農家の, 追いかけるよう, 逃げたん, 逢えなかった, 逢って, 逸走した, 遣っ付けやしょう此様, 郵便局へ, 酒が, 野には, 金を, 金持ちは, 鈴子は, 鉄柵に, 錢形平次でも, 長柄の, 閻は, 附け足した, 随一の, 雲が, 青年は, 頂戴いたします, 頼みました, 飛んだ, 食事が, 首を, 驚いたん, 高木は, 魚の, 鳴る風の音, 鶴見は, 麻酔から

▼ 後~ (1227, 2.3%)

32 後へと 24 廻って 18 戻って 17 引いた, 退った, 退って 16 下って 15 ついて 12 退いた 10 引いて 8 引っ返して, 来て 7 下った, 手を 6 引き返した, 跟い 5 もどって, 倒れて, 向いて, 帰って, 引っ返した, 残して, 身を, 退がった, 退ったが, 退りながら

4 [11件] さがった, さがって, まわって, よろめいた, 下がった, 倒れた, 引くと, 引返して, 後へ, 戻して, 残って

3 [23件] かくれて, かけて, さが, ずらして, 下りました, 下る, 出た, 廻つた, 引くよう, 戻る, 戻ると, 戻ろうと, 残ったの, 流れて, 走って, 返して, 退がって, 退つた, 退りました, 退る, 随い, 隠れた, 飛びのいた

2 [58件] そつと, ひッくり, もどった, やって, よろけたり, 下げて, 下ったが, 下り出した, 下ると, 二つ繋がれた, 人の, 何にも, 何も, 刎ね, 別々に, 反つて, 反らせながら, 向けた時, 垂れて, 少し戻っ, 帰ろうと, 廻して, 廻った, 廻ると, 引かれながら, 引きずられた, 引く, 引くの, 引く源太郎, 引けない様, 引けなかった, 引っ返すよう, 引つ返して, 引返した, 引返そうと, 戻った, 戻つたり, 戻ること, 持って, 掻き上げた, 残るの, 突いて, 絡みつけに, 続いた, 続いて, 続くには, 腰を, 行ったり, 行って, 迫って, 退かぬ健, 退がると, 退き浪, 退ろうと, 逢引か, 開いて, 響くもの, 飛んで

1 [728件 抜粋] あの虚無僧, いくほど, おしやった, おもむろに雌蜘蛛, お前の, お千, お國, お戻りなさる, お返りなさい, お退り, かえりかけたが, かえること, かくして, かって, からみつけると, くっついて, くっ付いて, くんで, ぐったりから, ぐつと戻, ぐんなりと垂れ, ころがった, ござつて, さがったが, さがらずに, さがらねえかい, さがりましょう, さがり二重, さがり逃げ出さんと, さがる, さがるところ, さがれえ, さがろうか, しきりに跳び越える, しまい込んだ, しりもちを, すぐ水, するする衣, ずうと, ずらないと, そっと入った, そらせ杖がわり, ぞろぞろついて行きました, たじろいで, だらりと, ついたの, ついて行きますと, ついて行き鳥, ついて行った, つかまり合, つづく二三人, つづく歌, とびこもうと, とびさ, とびのく, とぶ, どこかの, どこの, なげつけて, にくつつい, ねじられて, のっけて, はねた, ひいたの, ひいて, ひかれると, ひきさがる, ひきだして, ひきもどすため, ひき前, ひくわけ, ひけない, ひっくりかえった, ひっくりかえって, ひっくり返った, ひっぱる権力, ひつくりか, ひつくりかへ, ひょっこり現れた, ひッ, ふたり忍ん, ふりむいて, ふり向いた, ふり向こうと, ふんぞりかへ, ぶら下がって, べたりと尻餅, まわして, まわすよう, まわり気配, まわり靴, まわると, むいて, めくつて, もって, もどして, もどろう, もどろうと, ガラッ八, ガラツ八の, ドタリと, ドッコイと, ヘタと, マルグリットが, ヨロヨロと, 一列に, 一同し, 一歩躊躇ながら, 一町前へ, 七十という, 三万枚の, 上げるの, 上つて來た, 下がったが, 下がったり, 下がって, 下がる, 下げ古い, 下った陣十郎, 下つた, 下のが, 下り, 下りそう, 下りますと, 下りる, 下り右足, 下り名主, 下る所, 下る是, 下れば, 下ろうとして, 並ぶ人間, 乗せて, 乘込ませた, 乾物屋が, 二三歩飛び去らせた, 二人の, 二十両残り, 付け足した継子, 仰けぞ, 伸したまま, 伸した儘, 体を, 何か, 來る, 來る言葉を, 供に, 倒れたの, 倒れるので, 倚りか, 倚り掛れる, 傾斜させ, 入りかける夕陽, 入ること, 入るん, 入れ違って, 入替えた, 六波羅の, 再び山, 出て, 出ると, 出るの, 十二ほど, 参り, 反った, 反ったり, 反つて嘴, 反らして, 反りつつ, 反り前, 反り返る気味, 反るやう, 反れたと, 収が, 取って返した, 台風の, 同じよう, 向けささうと, 向けた, 向って, 君が, 吹きつけられテイイ事務長, 呼びもどし信忠様, 喰付い, 回って, 回つて來て, 回り雨, 囲んで, 坐って, 坐りましたが, 垂した, 垂らし二尺, 大きな暴風, 大きな木, 女の, 寄って, 導いた, 尻込みを, 尻餅を, 尿を, 帰して, 帰つたのよ, 帰らざるを, 帰ること, 帰るに, 帰る様, 庭伝いに, 廻された両, 廻した両手, 廻した片手, 廻し其, 廻し巻, 廻す気忙し, 廻す真似, 廻ったり, 廻った為, 廻った鉄公, 廻つて心靜かに, 廻つて蒼い, 廻つて見, 廻らなくても, 廻りました, 廻り左の, 廻り襟を, 廻る, 廻る途端, 廻わろう, 引いた小一郎, 引かない, 引かぬから, 引きかえし宙, 引きかへ, 引きざまどんと胸, 引きしばらく, 引きすぐ, 引きその, 引きとめた, 引きながら, 引きました, 引きません, 引き下がり武士, 引き戻された, 引き戻そうと, 引き煙管, 引き返されるよう, 引き返す, 引き返す者, 引き退がる, 引き退って, 引くやう, 引く訳, 引けないこと, 引けば, 引こうと, 引こうにも, 引たり, 引っくり, 引っぱって, 引っ繰り戻る, 引っ返し, 引っ返そうと, 引つかへ, 引つ込んで, 引ぱった, 引倒し, 引張つた, 引戻され, 引放した, 引添って, 引込んでな, 引返さうとして, 引返し曲り角, 引返すの, 引返す元気, 引返そうかと, 引返へ, 引退った, 往って, 従いて, 従った, 心を, 忍び足で, 思わぬ事, 急に, 惡から, 戻しに, 戻す必要, 戻ったところ, 戻っても, 戻つたらしい, 戻つて坂, 戻りかけましたが, 戻りかけると, 戻りましょう, 戻り無言, 戻るとこ, 戻るの, 戻るよう, 戻ろう, 戻ろうかと, 手拭の, 手紙が, 扱く, 投げた, 投げる, 投げるどこ, 投た, 折り曲げ両手, 折開いた, 抜く拍子, 抜けカーン, 押しかえして, 押して, 押しやって, 押し返そうと, 持つて, 振り向きます, 振り諸戸, 振り返った俊助, 振向けた, 捨てて, 捨てられたやう, 捻れたよう, 排する癖, 掻きやる風, 掻き上げたその, 摺り寄っ, 摺り退がった, 撫でおろした, 撫で付けられて, 撫で附けた髪, 改めてアイスクリーム, 放つも, 是非という, 曲げて, 曳く波浪, 書く, 来た様子, 来りて, 来るの, 来る旅人, 果てなく退がってばかり, 橇に, 歩きがち, 歩み寄って, 歩み寄つたの, 残さぬやう, 残されて, 残った, 残っちゃ, 残りゃしない, 残るでしょうから, 殘された, 殘つて二三度母の, 段々と, 気が, 浮かしたが, 消えて, 添へて, 源助という, 潜り抜けて, 現れた, 留守を, 着いたら, 着きました, 着くなり, 秋三は, 移り変わるかと, 突き戻された, 窓を, 立ったの, 立った父親, 立淀ん, 節ちゃんの, 続きますと, 続くその, 続く歌, 縮まつて, 繰り越させないよう, 繰越すの, 繼續する, 置く上, 背を, 脱げそう, 脱落し, 腰の, 膝の, 膝を, 與吉は, 荷物を, 落ちる, 血を, 行くほど, 行った, 行つた自分も, 行つて宗次郎の, 貯うる, 貴女が, 走った, 走り去つて, 走るかと, 跟て, 跳び込んだの, 跳んで, 踏み戻して, 身体を, 身扮の, 辷り膝, 辷り退ると, 近寄つて, 返しながら, 返し悲鳴, 返せもと, 返りまして, 追いついた, 追いて, 退いた隙, 退いて, 退かない, 退かないぞ, 退かぬ気質, 退かれては, 退かれるか, 退がりたがるので, 退がりながら, 退がる, 退きさ, 退きジ, 退き依然として, 退き左, 退く, 退くと, 退くという, 退くどころか, 退くもの, 退くよう, 退く処, 退く多四郎, 退く敵方, 退く譯, 退けない事, 退けなくなって, 退ったの, 退った刹那, 退った弁天, 退っては, 退つて, 退らぬこと, 退りかけた, 退り川上, 退り懐中, 退り西飛, 退るか, 退ると, 退るところ, 退るよう, 退る時, 退れ一間後, 退却しかかった, 退去つた, 送ってる, 送られるの, 逃げる商人家, 逃げ出した, 逆さま利根の, 逆行し, 逆飛び逆躍, 進んで, 遅れて, 遺すつもり, 遺す張合, 長くなった, 長く残る, 附いて, 附加えた, 隠して, 隠すよう, 隠れ壁, 隣の, 隣家の, 隱れ, 隱れた, 顛覆した, 飛びすさった, 飛びのいたもの, 飛びのくと, 飛び下ると, 飛び退いたが, 飛び退った, 飛び退りながら, 飛ぶ, 飛付こうと, 飛出せ, 飛退, 飛退いた, 養子を, 首だけ, 馬を, 駆け戻ったが, 高く掻きあげ

▼ 後~ (921, 1.8%)

33 見ずに 6 みずに, 前も 5 彼の, 私の 4 あること, 先も, 振向かずに 3 それを, なおその, 他の, 彼は, 振り向かずに, 母と, 男は, 私たちは, 私は

2 [45件] お八重, しばらくは, そこに, その以前, そんなこと, ちょっとその, なおしばらく, はしたないとは, ふり向かずに, よく気, 一人で, 二人の, 人の, 何か, 倶に, 僕は, 分別に, 判然とは, 右も, 咄嗟の, 団九郎は, 大いに倹約, 容易に, 幸に, 引き続いて, 彼等は, 急に, 或親戚, 折ふしは, 暫くは, 暫らくは, 油絵の, 煩悶じゃ, 煩悶ぢや, 瑠璃子の, 相変らず, 美しき瑠璃子夫人, 自分の, 荘田家に, 衣食の, 見ず風, 見ないで, 見なかった, 貧困を, 青木と

1 [737件 抜粋] ああいう, ああやつ, あなたは, あなたを, あの珠, あの蟹, ありゃしない, あるべし, いっこう変化, いっその, いつも香水, いまだかつて休む, いろいろと, いろいろ山, おそらく今, おまき, おんなし, お前は, お絹さん, かかる野蠻, かぜが, きっと見放さない, くみ寢む, このおじさん, この三年間, この原則, この土壤, この意味, この牛, この耳, この聖たち, この話, この魅力, これを, これ無く, こんな話, さう, しかし私, しばしば女, しばしば後見, しばらく家, しばらく美作, じっと蹲, じっと露台, ずっと, ずっと交際, ずっと後, ずっと隊, そうした態度, そうだった, そこにも, そして内々, そのままの, その人, その家庭, その小倉, その日, その母親, その注目, その習慣, その職, その魚, それが, そんな事, ただの, たびたびそこ, たびたびねんごろな, ぢつと, ついにお, つけて, つらつら谷崎氏, どうかする, どんなに音色, なおいかなる, なおかく, なおこりず, なお一層生き生き, なお三人, なお且支那, なお二年, なお会社, なお何, なお北京, なお夜, なお急ぎ, なお持続, なお朽腐, なお権威, なお無形, なお獄中, なお跳躍, なお長い, なか, なかなか姿, なし, なにを, なほ千載の, なほ容易に, のべつに, はっきり頭, ひっかかりの, ふたりは, ふりむかずに, ふり返らず歩きつづけた, ほぼ同じ, ぼくは, ぼんやりし, まあよろしく願います, ますますよく知られ, また何かと, また変る, また常に, また折, まだこんな, まだまだワルデルン, まだ死刑執行者, まだ猛烈, まだ社會上, まだ解らぬ, みな深, むかしに, めッた, やっぱりこれ, やはりこうした, やはりさ, やはりわけ, やはり火, やはり窮迫, やや久しい, よくは, よく貴方, よく赤ん坊, よなよな纜, よろしくと, わざわざ人力車, わずかな, われと云, アグネスは, アヌンチヤタアヌンチヤタと, カヤノ, セット, トントン拍子に, ハダカに, ユダンが, ロシアに, 一と, 一の, 一五三九年一五四七年などに, 一人机にも, 一年, 一日も, 一生外国に, 一般の, 一貫し, 一通り骨の, 一週間か, 三人は, 三平からは, 不思議な, 不断の, 中の, 中央における, 主観的には, 久しきに, 久須美の, 九州南部の, 乱は, 乳人などに, 亀沢町の, 二三年は, 二三度石へ, 互に一週間, 五年間ぐらい, 亦, 亦た, 亦帝, 亦王, 京都の, 人は, 人智の, 人柱は, 以前と, 以前に, 伝蔵は, 伯爵夫人の, 体は, 何かとお, 何かと指示, 何ぞにつけ, 何だか水, 何も, 何らか, 何らの, 何一つ便り, 何分よろしく願います, 何呉れ, 何度か, 何度も, 佳作必ずしも, 使うぞ, 例の, 依然として同じ, 俗事の, 信長と, 健在だろう, 僅かハア, 元の, 先ずそんな, 先生来問あり, 光及ばぬ, 公一の, 其を, 其ナツカシ味が, 典韋の, 内乱的戦争は, 凍結する, 出會, 前に, 前後四時間か, 劉玄徳以来の, 助に, 医を, 医官北岡太淳手塚元, 十年くらいは, 十年二十年たった, 半さんは, 半ばは, 危き首尾に, 又同じ, 叡山大塔の, 口さがなく騒ぎ, 古寺へ, 召使達が, 同じやう, 同じ刺戟, 同様に, 向かずに, 向かず声, 向なかっ, 君だけは, 君の, 吹きまく吹雪, 呉春の画は, 周囲の, 呼ばれない前, 和泉の, 喉に, 喪心した, 四人の, 四百円を, 団体は, 國歌君ヶ代の, 土地の, 地方には, 城内の, 執権, 夕刊を, 外城より, 多分その, 大事だ, 大凡どう, 大小便, 大豆などは, 太守が, 太田豊太郎といふ, 夫を, 女子については, 婦女子を, 子供の, 季節毎に, 孤児の, 学費など, 官兵衛孝高どのが, 実は拙者, 宮城の, 家に, 容易には, 寄って, 寝床を, 寺参りや, 專ら律法を, 少しも, 尚この, 尚ほ, 尚巫女, 尚書中に, 尽きなかつた, 屡, 屡湯島, 山の端に, 山上は, 山科に, 峠の, 市五郎は, 常にシェリング, 常に訂正, 平静に, 年上の, 年年に, 幾度か, 幾度と, 度々出し, 度々参府, 引きつづき熱心, 引きつづき行われ最後的, 役夫, 彼らが, 彼女の, 彼等の, 待ち見よこの世, 待合や, 後もと, 御たより, 御供と, 御前に, 御奉公向, 御身ニなり, 復総評の, 必疲労仕, 志かわらず, 忘るる, 忘れは, 忠通は, 怠ること, 恐らく全, 悪いこと, 慥乎と, 懇意に, 成政の, 我らは, 所領を, 折に, 持続しなけれ, 振り向かず元, 振り向かない, 振返らずに, 撓まず響きたり, 敏司と, 教養ある, 数年は, 敵どうしの, 新七は, 日として, 日乗が, 日本の, 時々いろいろ, 時々これ, 時々上る, 時々女, 時々誰, 時折り, 晩酌の, 暫く写生, 曲者は, 曹操は, 有馬様御, 未だ早稲田, 本願寺や, 松風さびしき, 果していろいろ, 柳斎とは, 柿右も, 格別な, 案じるには, 梅雨前に, 森として, 植物志を, 横も, 横山城の, 次の, 次男優善が, 歌謡は, 歐洲に, 此の, 武蔵に, 死後すらも, 残るから, 殺したといふ, 母は, 毎年二月初めの, 毎年何処かへ, 毎日練磨を, 毎月朔日には, 水, 永くもてはやされ, 永く交際, 永劫に, 永崇里という, 決して剛毅, 決して絶える, 沢山出ます, 流れ船, 浮大尽は, 海の, 消ゆる, 深刻な, 清川の, 清清し, 焚火を, 無愛想な, 無駄嫌ひな照の, 煤けたまま, 父は, 爽かな, 独りで, 猫の, 猶, 王仁も, 理事会を, 男子は, 疑は, 百年近くまで, 皆は, 盆暮両度ぐらいに, 益々激しく, 目に, 相場師は, 真の, 真理は, 石井補佐官並びに, 石狩川に, 研究中の, 祝賀の, 秀吉や, 秀子を, 私を, 移り住んだ生駒山近く, 種々骨を, 経済学で, 絶えず窓, 絹江の, 継続した, 続々と, 続々仕事, 縦横クラブ員に, 繰り返し繰り返し聞かされなければ, 耕し漁り, 肩を, 臨済寺の, 自ら質素倹約の, 舊に, 舞台に, 良人の, 色恋は, 芝居という, 若き狗様, 苦しそう, 英語を以て, 茶の間を, 落し坑, 葉子の, 薫子は, 藤村先生が, 蘿摩の, 虎に, 血まみれな, 行商に, 西ヶ岡方面や, 見ざら, 見ず元来, 見ず同勢無二無三, 親の, 記憶が, 話しに, 誰も, 謙信以下上杉方の, 豫見出来る, 貧困の, 身の上の, 軽井沢の, 追った, 送金し, 通って, 通弁その他先生に, 逢はむ, 道を, 遠方に, 郡領に, 釈迦の, 重大事件が, 鎮まらず双方, 長い間, 長い間ここ, 長くこの, 長く廓言葉, 関係を, 関東にて, 闕く, 陣中から, 随分来ました, 雀の, 青錨汽船会社は, 鞄を, 頻に, 食事とか, 騒いだの, 髣髴として, 鳴かなむ, 鳴かなむほとゝぎす, 黄河の

▼ 後にも~ (358, 0.7%)

64 先にも 22 前にも 3 無いもん, 私は

2 [15件] ここに, この時, 交際を, 何か, 依然として力, 先き, 太田には, 山間の, 折々色, 私との, 科学の, 薄いながらに, 見えなかった, 見たこと, 言ふ

1 [236件] あらずと, ありますが, ある, あるいは, あるそう, あるの, あれ身, いうが, いろいろな, え動かざりし, おそろしい大火, おのずから共通, お宮の, かくが, かたらはむもの, かわって, かわるまいと, このよう, この均衡, さきにも, しばしばリフレイン, しばしば繰り返される, しろ何, そこには, その少年, その狼, その祭, その糧, その胎内, その胴体, その親し, その解決, それに関して, そんな事, ただ一人きりの, ちょっと話します, ついて, つける, ない, ない鋼鉄, なおしばらく, なおその, なおその後, なおそれ, なおつっ立ち, なおまだ, なおもう, なお一隊, なお底, なお彼ら, なお感じ得る, なお旧来, なお機械, なお残っ, なお牛, なお続い, なお間近, なお鼓笛, なかなかの, なほ人を, ならず先, のべつに, のべる機会, ひけない状態, ひそかな, ふれる長屋王, またあらゆる, またこんな, まだいま, まだきらめい, まだどれ, まだ涙, まだ生き, まだ霊界, やがて殺されん, やっぱりそういう, やつぱりさういふ連中が, やはり制止, やはり同じく無関心, ゆきたい, よくそんな, わたしが, わたしは, わたって, キリストの, ジャン・ヴァルジャンに, スミルノーヴァの, ワットは, 一五三五年一月に, 一人取り残された, 一切の, 一度失望, 一生けん命に, 三太郎の, 不貞の, 世は, 中にも, 二三度合方を, 二人が, 人が, 仁清は, 今の, 伝記に関しては, 似ず落着, 何の, 何物も, 例が, 例の, 例解する如く, 兄の, 先生の, 其処の, 出なかった, 出来ること, 出来るという, 出版された, 初めての, 割に, 動かしよう, 動けなくなった四十二丁目辺, 哺乳の, 四の, 四方より, 固有の, 国造家では, 垂れるもの, 城中に, 多少前進, 大学で, 大抵は, 字余りの, 字餘り, 存するで, 存するであろうよう, 完う, 実現される, 家族連れの, 容易に, 寢ようと, 尚その, 尚ほ, 尚続い, 山口の, 山陰道筋の, 庭の, 引けねえからな, 引用の, 強い力, 影法師が, 彼の, 彼を, 往来の, 待ち伏せに, 従わず東, 徳川氏は, 心安く附, 意気振, 憲兵らそれから, 我々は, 批評の, 折りおりに, 擴が, 放逸な, 数句ござった, 日乗は, 旧時代, 明は, 時々ああ, 時々泣かず, 時代の, 暫く此称, 最もいい, 有りやんすから, 未だ嘗て心, 未だ廃せられず, 林平から, 枴で, 樹や, 次の, 此の, 此悪人を, 歸りません, 残るであらう, 流れ伝って, 漢文は, 無い程, 犇, 猶藝術, 現われるであろう, 甘い感傷, 田中といふ, 申す通り, 男と, 癒らなかっ, 知らずに, 社会的生命を, 私の, 私共二人を, 第二, 節約を, 簇, 経験した, 続々と, 続き一八五六年, 続く歌, 美濃と, 聖像が, 聴花散人一人に, 自信が, 色々な, 芥川は, 英の, 蝋燭を, 行はれた, 覆えされるどころか, 見えたり, 言うが, 記録的な, 話すが, 説く如く宗教的, 論ずる如く囘想, 論ずる如く時間性, 諸藩同様, 豚の, 貴人を, 資本主義的分子は, 起こった, 述べられるよう, 退かずただ, 遺風は, 陸続として, 面白いの, 類型を, 顧みするな, 養子の, 鼠族の

▼ 後~ (332, 0.6%)

8 へりを 6 面倒だ 5 ある 4 あるの, あるん, うるさい 3 うるさいよ, えりし, 心配で, 怖ろ, 縁側で

2 [16件] えりは, たいへんである, どうなります, ないぞ, もう五晩, よくない, ザワザワ揺れ, 十年後と, 困るから, 困る無, 女房に, 私の, 続かなかつた, 言えないで, 話せないから, 面倒な

1 [254件] あった, あの人, ありそう, あり吉田松陰, あるだろうという, あるとかないとかの, あるン, いいの, いけないの, いつまでも, いよいよ優勝者同志, いわゆる, うるさいお, うるせえからなあ, えりさせ, えりする, かいって, ききません, きく, きましたらダルマ, き皆わたし, くやまれる, こは, こわい, こわいので, こわくて, こわくない, さっぱりし, さっぱりの, しいんとなった, すこし困る, その部, ただれて, たちまち真暗, つかえて, つかえるから, つづかないネタ, つづかなかった, つづかぬ, つづけられないので, つてどんなに, できない, とぎれた, どうしてない, どうだつ, どうなった, どうもいけない, ないから, ないの, ない私, なかった, なかなか長く, なくては, なく且, ひやっこい様, へって, へり, へりしたやう, へりして, へりするつもり, へりの, まずいと, またお互い責任, また心配, まるで空家, むつかしい, もっとさっぱりしただろう, よくなかった, わりい, オッか, ガンモクな, コーヒー紅茶に, ワシントンに, 丈夫に, 三日月形に, 不二男, 主水, 云えなくなるだけ, 井伊大老と, 今用ゐ, 何かで, 何なと, 何も, 何事も, 作家として, 僕らの, 六ずかしい, 兵を, 冷笑する, 出なかった, 出来たでしょう, 出来たの, 出来て, 出来ないかも, 出来ないところ, 分らぬ故, 切れ, 切断され, 別れて, 利かなくなっても, 刺戟され, 剣呑じゃと, 厄介だ, 又人, 口を, 古事記では, 品物の, 困つて了, 困りますから, 困る, 困るじゃ, 困るだらうと, 困るどう, 困るん, 困難な, 圓いといふ, 大事だ, 大事な, 大事精, 大分あった, 大分あつ, 大切だ, 大切や, 大変だ, 大変で, 大変な, 大変云い, 大変云ひ, 大迷惑, 奇麗に, 女だけ, 安心だ, 実はあした, 家探しだ, 寤なるべき, 少くとも, 少し案ぜられる, 少し残っ, 少し現, 島かなたに, 常よりは, 引けるほど, 引継ぐ, 待たれるよう, 後が, 御神輿, 復旧せず, 心に, 心配な, 怖いから, 怖いし, 怖いぞ, 怖いて, 怖いとか, 怖いわ, 怖え, 怖気立って, 思いやられる, 思い遣られる, 思ひやられて, 恐いもの, 恐ろしい, 息喘い, 悩むじゃ, 悪い, 悪いだろう, 悪かろう, 愉快だった, 我勤と, 戻って, 手紙を, 投票日さ, 振向けなかった, 支えますので, 旋風こういう, 明で, 明るくなる, 時々呼び, 暗くなり, 更にわかりません, 最高で, 本物です, 来た, 東の, 歴然と感じられる, 残されて, 残って, 気味が, 水を, 氷の, 浅岡とは, 涼しくなっ, 淋しからう, 淋しかろう, 淡泊し, 渾名化し, 無くなり毋丘長, 無ければ, 狂人病院で, 狭くなる, 生まれるの, 痛むと, 皮肉いっぱいに, 空いてて, 立ちゆくよう, 絶えて, 絶壁だっ, 継げないの, 続いても, 続かない, 続かないから, 続かなかった, 続かなかったせい, 続かなくちゃ, 続かなくな, 続かぬ, 続きま, 続くまいと, 續きません, 聞きたいよう, 聞きたそう, 聞きとうご, 腰を, 船宿の, 色々と, 苦しい, 落着く, 蜘蛛の, 見えたもん, 見えなかった, 見たくなった, 見物だ, 覚えたいからさ, 話が, 軽い疲労, 辛いし, 返り見られた, 追って, 追へます, 選ばれて, 酷くつて, 銀灰色地に, 長く続かず, 閊えて, 青々と, 面倒で, 面倒です, 面倒に, 面白くねえ, 頗る惡, 食いたくなった, 高利貸の, 魚の, 魯に

▼ 後まで~ (214, 0.4%)

5 残って, 生きて 2 この部屋, 心に, 残つて居た, 熊本市外の, 生存し, 生存せし, 私は, 遺つて

1 [188件] あつた, いつまでも, いるの, うつらうつら, おつきし, お君, かうした生活, かかる御, きちんと閉め, こだわって, この校長, この牡丹, これを, さし出しを, しきりに惜しまれた, そう嫌わんで, そこを, そのかなしみ, そのこと, そのに, その人, その結束, それに, そればかり, だれかが, ついて, つづいて, つづく筈, どちらも, どんなに感興, なお久しい, なお引, なお斯, なほこの, にげて, のこる差別, はっきり残った, ぶらぶら待ち, ほんとうに, ほッ, まだ北野, まるで夢, やはり残存, わたしは, ズカズカ近づく, 一ヶ月余りも, 一人で, 一生涯うやまい慕うた, 一頭立ての, 三年も, 両家の, 中島と, 中島商相にまで, 亂醉の, 二人で, 仕事を, 伝えられた, 伝えられた聯詠, 何うし, 何やら頻りに話し, 価値の, 全うする, 兵糧弾薬を, 其の意味, 其器の, 出まして, 分らざりしなり, 動かぬか, 及ぼすので, 反抗的な, 向嶋, 呑む方, 固定し, 土間や, 多くの, 夢に, 大切に, 大村に, 大變, 夷俘や, 女の, 女性としての, 妻が, 姨の, 嫌な, 子供が, 孔明が, 実にはっきりと, 尾を, 岸本の, 岸本は, 平田諸, 延長する, 廻る大前掛, 形を, 影響が, 彼は, 彼女を, 御丈夫, 忘れること, 思い出すよう, 思ひ出すたび, 悪名を, 悪女と, 慥と, 戸外なお, 戻させ手軽, 抑えが, 披けて, 持ち伝える事, 断篇風に, 日記を, 映画や, 是が, 是と, 昵懇に, 木型が, 楽しみに, 権威を, 残すもの, 残つた, 残つた大里町子は, 残つてゐた, 残つて居り, 残らなかつた, 残りました, 残りましたが, 残りバック台, 残る, 残るであろうという, 残ると, 残るよう, 殘す, 殘つて居た, 殘りました, 殘る, 永くわたくし, 永く其の, 活かして, 流すの, 照らすこと, 生々しく伝える, 生きようとも, 生き残ったの, 生き残って, 生き残つて, 生存え, 生存せしか, 異くも, 登山を, 知らずに, 祖父さんは, 私の, 私を, 種々な, 窓は, 続いた, 続いて, 続きそれ, 締結されなかつた, 續かざる, 老女の, 聞えませんでした, 胸に, 自分を, 若い衆入りには, 西天に, 見える, 見落すとは, 解から, 話しました, 語り伝えられるよう, 起きて, 足を, 身に, 農村に, 近づいた, 追いつめて, 追って来た, 進めるとき, 過当の, 長いこと廊下, 長い奉公, 長くつ, 預かって, 頼み置かれし小松殿, 飾っとくの, 馴染みの

▼ 後について~ (212, 0.4%)

6 来た 5 歩いた, 行つた 3 二階へ, 夜更の, 座敷へ, 歩き出した 2 タラップを, 來る, 外へ, 来たの, 来るの, 歩いて, 歩きました, 茶の間へ, 迂濶, 門を

1 [164件] いそ, いっぱいとり散らした, いつた, いて, うちへ, お庭中うたつて, がらんと, きた, きた意義, くる, こい, ここまで, この何, この附近, これも, こんな風, さっきの, さっさといっ, さんざめきながら, そこから, その家, その日, その群, その茶屋, その階段, ぞろぞろと, でかけた, まいるが, また茶の間, また表, やって来て, ゆきました, よろめき歩いて, ゐる, ゐるの, サクサクと, バタ, マネット嬢の, 一つ宛運ん, 一人の, 一八郎の, 一対の, 一旦表, 七八ツのが, 三斎屋敷へ, 下りて, 下宿に, 中に, 中へ, 久子さんは, 二疋で, 二里余りも, 人々の, 仕事見習に, 他の, 佃が, 余程歩いた, 來た, 來なせ, 停車場まで, 入口の, 八五郎は, 出掛けました, 出掛けること, 勇ちゃんも, 参ります, 各室を, 合掌し, 土間へ, 城中へ, 場内に, 外に, 奥へ, 宝を, 室内へ, 家の, 小さな客間, 小桃万歳, 居ると, 山の, 山を, 州立科学研究所の, 帰って, 庭へ, 廊下に, 往く人達, 往った, 急造の, 手によりか, 手を, 挨拶する, 掛小屋の, 改札口を, 數寄屋橋から, 新宿行の, 旅人を, 書斎へは, 朝の, 朝日の, 来たばかり, 来たり, 来た千松役, 来た意義, 来た群集, 来た静子, 来て, 来ながら, 来ませとか, 来るでは, 来ると, 来るといった, 来る他, 来る山田, 来る愛しい, 林の, 楽しそう, 歩くやう, 段階子を, 母屋の, 池田と, 清治は, 渡って, 父も, 犬の, 猿の, 田甫に, 町中を, 畠へ, 皆を, 社の, 祖母の, 禅尼さまにも, 私も, 立ちあがった, 立って, 立とうと, 立派な, 縁側づたいに敷居際に, 肩上げを, 育児相談室職業相談室その他を, 臺所に, 草履を, 藪の, 行けるもの, 行つたが, 行つて, 行列の, 裏庭から, 豚小屋に, 贅沢な, 走って, 走りながら, 逗子へ, 這入ったところ, 遠廻りした, 部屋を, 長久保宇治が, 間もなく二人, 雑誌記者津丸が, 首を, 駈けて, 高い塔, 默つて行く, 黙って

▼ 後~ (208, 0.4%)

5 は一人 4 はとうとう, はまた 3 はその, は全く, は再び

2 [12件] とお, の友人, の存在さ, の家, は, はある, は二階, は他, は到頭, は犬吠, は直ぐ, は自分

1 [162件] が, があちこち流浪, があの, がロンドン, が一二年, が人, が刑務所, が十七八, が十八, が卒業, が危篤状態, が又, が友人間, が大, が女学校, が愛する, が振出す, が新人現, が死ん, が消えた, が立ち去っ, が西洋, が近所, が非常, だけ飲む, と, といふもの, と井筒屋さん, と大衆, にいひかけるで, にもそんなに, に先達, に聞いた, に都合, に電話以外, の, のこと, のその, の二十六歳, の仕た, の口, の命, の好奇心, の定義, の実母, の密旨, の手, の手先, の方, の暗い暗い, の身の上, の部屋, はお金, はこの, はさ, はさんざん, はす, はすぐ, はすっかり, はそっと, はそれとなく, はそんな, はたずねました, はできるだけ, はなお, はなほぢい, ははっと, はひどい, はほんとに, はまったく, はやはり, はオイオイ, はサンフランシスコ, はハバトフ, はハヾトフ, はベッド, はミルン氏, はヴェランダ, は一人楓, は七条新地, は三十, は上京, は不意, は主として, は今川橋行き, は以前, は例, は俥, は到, は劇烈, は又, は台町あたり, は喀血, は四, は外交官, は外遊, は大事, は大切, は姉, は字, は学生, は客, は室, は専用, は巻煙草, は帰る, は広間, は影身, は彼, は徐ろ, は思い切っ, は憤慨, は我国, は或, は所中, は手探り足探り, は手術室, は数篇, は新, は普通, は暇, は書斎, は松本, は椅子, は母, は泣きじゃくり, は漸つと, は火, は爺さん, は牛込, は物足りない寂し, は犬, は田舎, は疲れ, は疲労, は確か, は禽語楼さん, は箱, は米子, は糊, は素, は職業, は臺南丸, は蒲団, は行つて, は記帳場, は路, は農場, は野村, は随分, は静子, は頸, は馴れない, は鶴原未亡人, は麓, もいつ, もどう, もまた, も何, も家ぐるみ東京, も時々, を他

▼ 後~ (207, 0.4%)

7 はまた 5 は再び 4 は又 3 は私, れの

2 [15件] が私, の人生観, の手, の眼, は, はある, はその, はとうとう, はふたたび, は二階, は古本屋, は安藤坂, は食卓, は黙っ, もまた

1 [155件] から日本, から端書, がこの, がどういう, が出かけた, が十三代目, が友人, が大学, が将軍義尚, が最後, が病室, が眼, が空, が越前, が遂に, とある, と中学時代, と組, に對, に当る, のそば, のもてなし, のヘアピン, の一生, の友だち, の命, の声, の女, の妻, の娘, の孤身, の導くま, の左手, の形而上學, の後ろ, の愛, の手元, の最後, の無事, の男, の疲労困憊, の自殺, の詩集, はいきなり, はいつのまにか, はかならず, はぐでん, はこう, はこの, はしかし, はしだいに, はしばらく, はすべて, はそこ, はそっと, はただ, はだれ, はついに, はどこ, はひょいと, はひよつくり, はふい, はふと, はぷいと, はほとほと, はほとんど, はますます, はアンネット, はジャヴェル, はテンプラ屋, はパリー, はパリー行き, はファンティーヌ, はマリユス, はリバプール, はロザリ倶楽部, はロングウェル氏, は一人, は一層, は一歩, は七位, は二十八人, は他界, は伍長, は何, は何処, は元, は八丁堀, は凱旋, は前, は十五分, は南蛮寺, は口, は口數, は叫ぶ, は叫んだ, は多く, は大急ぎ, は大納言, は女房, は妻, は娘, は家, は寝, は少し, は居間, は市郎, は帰行き, は彼, は思いきっ, は或, は日幡城, は明るい, は時計, は暗い, は曰く, は更に, は最早, は朝, は木の実, は此, は歸國, は死, は河原町, は瀬戸, は理由, は田口, は直屋, は突然, は籠, は考えた, は聯隊, は自家, は親愛, は言い添えた, は言った, は迎え, は郷里, は都, は鑿, は長く, は関, は雪国, は題, は食物, またコルラード・マラスピーナ, も列席者, も睡り, をどこ, を平たく, を捕縛, を敗残, を正式, を葬る, を陥

▼ 後までも~ (196, 0.4%)

4 残って 3 生きて 2 お浦, 彼は, 続いて, 行われて

1 [181件] あなた様の, いつまでも, いつも微熱, いまだに量, かくぞ, こうも, ここからは, この事件, この創世, この理, こんな重い, しげしげ桔梗屋, そのため, そのままの, その住居, その佳良, その尾, その徒, その蒼ざめた遺骸, それが, たまたま保存, つづいて, つづくもの, とき, どうして水戸家, なお久しく, なお使い, なお嫌味, なお忍び, なお新, なお浪子, なかなかその, まだ揃っ, まだ聞え, まだ道楽, みじめな, よく天下, よく話, わりあ, われわれ下役には, アリ, エタの, シンミリ見よう, ハッキリした, ワラタ号は, ン音として, 一つには, 一人で, 一種の, 一遍の, 不浄である, 中には, 中学時代に, 久しく残存, 云って, 人に, 以前と, 伝えられるであろう, 伝わるべきもの, 使うたため, 使うた為, 依然として一方, 兵馬は, 其の人, 其方を, 北海道の, 取れずに, 古い因縁, 古風を, 呉家の, 咳を, 国民性の, 変らない, 変らない積, 夙で, 大地を, 大衆の, 奈良に, 妹の, 妾は, 威を, 存続し, 存続したらしい, 宝庫の, 実際民俗, 小生等を, 尚此形, 平気で, 彼らが, 彼らの, 往々名称, 御先祖, 心易く, 忘れずに, 忘れられずに, 怨恨に, 恋愛に, 恐怖の, 悪逆の, 態, 或る, 持ち続け七十歳近く, 持続し, 持続した, 放免と, 新田家は, 時々夢魔, 時に自ら鬼, 普通民との, 更に松岡甕谷先生, 最著しく, 朽ちまい, 根を, 棺を, 極まって, 此意義は, 残りしかも, 残るじゃ, 残るであろう, 残る活動, 残存し, 河原に, 河原者とか, 漆の, 無事に, 無駄飯を, 狭い範囲, 猶その, 猶丑松, 甲州に, 異俗, 疎外される, 病床に, 痕迹を, 直接その, 相変らず, 相当の, 眼が, 瞼に, 知識社会の, 硫黄岳火山は, 祟られた, 祭囃し, 私が, 私は, 私ひとりは, 筋の, 給仕人の, 継続する, 続いたが, 続いたくら, 繋いだの, 繰返されしを, 胸騒ぎが, 自分で, 華族風を, 落ちぶれ果てた姿, 落ぶれ果てた, 藤吉の, 虐げられ無視, 蝦夷臭味の, 行はれ, 行燈を, 覚えて, 親類中に, 言語だけは, 設けられなかったこと, 語り伝えられるだろう, 變つてゐない, 貴方が, 軽くしかし, 遺って, 遺存, 長く残っ, 関羽に, 除かれないで, 非人として, 非人扱いに, 響いて, 飛ばツ尻, 鼻の

▼ 後その~ (188, 0.4%)

2 ような, 人の, 口を, 子死にたる, 形を, 欄干の, 男は, 邸宅も

1 [172件] いたましき身, うちの, おしら樣, ことを, たびごとに, とき傍に, まんまぼんやり, ようにしか, より以上, オナリ婆さんが, カフェーの, ジジの, ドラム缶の, 一封の, 上へ, 不幸な, 両人は, 中から, 中に, 中央に, 事が, 事実から, 事帰宿いたし, 人が, 人でした, 人われかの, 人を, 令嬢が, 伝播の, 作業に, 依然處子たる, 傷痕の, 儘硝子戸に, 兄の, 光を, 児少し, 出揃うの, 出来事を, 出版と, 十平太と, 南瓜ならざる, 原書たる, 友人に, 反動として, 司配霊イムペレエタアの, 名残りが, 名稱本島, 命を, 地の, 場を, 塔は, 境界線以外に, 士卒を, 夜の, 大溝, 夫が, 奥に, 女人と, 姿は, 娘の, 子の, 子供の, 孤居を, 室へ, 家の, 家督を, 寡婦アデラーシアを, 少々は, 少年が, 尸の, 屋敷では, 屍体の, 工場は, 差別が, 帰りを, 干潟には, 店に, 店を, 廃墟に, 形に, 後ろ姿を, 従者たり, 恩恵的保護を, 悪しきもの, 愛兒をば, 感冒に, 感想を, 探偵連中から, 改築された, 救済策を, 方向を, 日の, 日は, 旨を, 明かに, 明り取りへ, 時の, 時は, 時まで, 書斎で, 最も深い, 本意を, 村から, 梢に, 榮を, 死にいたる二人, 沈澱素の, 演劇論に, 父の, 牢人の, 特高は, 犯人小平某なる, 猴たり, 生々しい血, 生活が, 男の, 疵を, 病歴が, 白銀を, 目まいが, 真にあらざる, 眼が, 眼は, 眼を, 確実性を, 禅師の, 秀吉よりも, 秋から, 競争者及び, 筋の, 答えが, 紙片を, 結論を, 缶を, 聴衆の, 胡桃の, 腕を, 腰掛けに, 腹の, 自由を, 芋を, 蔵幅中の, 親戚の, 記憶せし, 訳官について, 詩人の, 誤りを, 資産を, 足に, 跡が, 身は, 身を, 身体を, 辯護人の, 辺に, 通称を, 遺産を, 遺臣を, 部が, 野心を, 鉄瓶を, 阿母様, 附近の, 霊廟を, 面を, 頂上に, 頃は, 首領の, 馬の, 鳥料理は, 黄昏に, 鼓を

▼ 後では~ (175, 0.3%)

3 ないか 2 彼の, 深淵の, 男女を

1 [166件] あったが, あったけれど, あったけれども, あまり見られなく, あらゆる恋, ありません, あり御, あるけれども, あるし, いっそう無表情, いよいよ自信たっぷり, おそろしく不体裁, お作, お吉, かえって胸, きっと, きっとそこ, きっと変っ, きっと床, きっと起る, こうして馬, こう思いかえす, ここが, この家, この漆原家, こんどは, さすが, さぞ何, しばしば私, じきに暴風, すこしルリさん, その新た, それと, それとは, それも, たがいに, ただ一つ, たまらない淋しさ, どこか, どんな作家, ないかと, ないかなどと, なお数日間, なかった, なかったろうか, なかつた, なかつたの, なからう, なく寝間, ほんの瞬間, またきっと, またはるか東坂下, また慚愧, また通例, もうそれから, もう如何, もう遅い, もはや全く別個, やはり助手, よほどお, アーニャは, スピノザが, デピユウ氏の, フランスが, ローマが, 一人の, 一緒に, 下頭小屋, 中学校で, 亂雜に, 人々が, 仕事が, 令嬢の, 何う, 何か, 何でも平, 何の, 何事の, 何度か, 依然たる, 信西入道には, 全く五里霧中, 兵隊が, 十月二日に, 南部氏が, 印刷工場に, 又し, 口な, 向うから, 四五杯受け, 大きな出生率, 大きな頬髯, 女が, 子供が, 専門が, 将門も, 將來の, 小さい兄弟中, 小さい土俵, 少し寝, 山羊の, 岸本は, 己の, 幾丈にも, 張角の, 当分の, 必ず, 忠助が, 忽ち猛烈, 思い今, 思ったこと, 思つた, 恥ずかしく思い出した, 慚愧に, 或は剃刀, 手許に, 折々そっと六畳, 折々そつ, 抱擁を以て, 拍車が, 揃って, 日本人が, 時として右, 時節が, 最う誰, 望み手も, 柳生衆が, 梵讃漢讃の, 波が, 湿った梅, 焼捨て, 煙草の, 熊野へでも, 父は, 特に強く, 病人の, 直ぐには, 直ぐ銘々, 石川道雄主宰の, 私の, 私は, 穢すもの, 腹は, 自働ピアノ, 自分が, 自分でも, 自分を, 茶漬けが, 葉子の, 親戚の, 観音様へ, 言う癖, 誰だって, 誰も, 諸君も, 警察署長の, 途上に, 途方に, 遅い, 還俗した, 邪魔に, 金が, 阿Qだ, 面を, 風か, 鬱がなければ

▼ 後からと~ (171, 0.3%)

7 続いて 6 出て 4 湧いて 3 押して, 押しよせて, 無限に 2 ここへ, 湧き出して, 聞えて

1 [139件] あたかも前, あの人出, あるという, いいますゆえ, いろいろな, この血の池, その苦しみ, ならべられる無用, ふり止ん, ぼとぼと体, みな眼を, むらの, やって来た, われわれの, 三四度も, 人数が, 人間の, 他の, 何度も, 元の, 充たされた, 光って, 入り込んだからと, 出されたケレンスキー内閣, 出た, 出るの, 出来たての, 列を, 到着し, 動いて, 動かぬ證據, 厄介な, 同じよう, 向うで, 咳き入るの, 哄笑は, 城内へ, 塔の, 姿を, 小屋を, 尚無限, 川へ, 川筋を, 建て足した者, 引きも, 引き続いて, 引き続く, 弟子が, 弥次馬は, 後からと, 心臟の, 怖いこと, 意識の, 成長し, 所謂, 担い上げて, 挙がって, 挟撃する, 搬ばれ, 新しい問題, 新らしい, 新事実, 早速ここ, 書かされる, 来る兵馬, 来る客, 来る浴衣, 来客が, 杯を, 機嫌を, 機械が, 次第に力, 止まる車台, 止める術, 止め度も, 毒吐いた, 気を, 求めるまま, 汚れるもの, 泉の, 波の, 注ぐが, 流れて, 流れ出した, 流れ出して, 浮かんで, 湧き上がって, 溢れ出た, 無数の, 熱いもの, 爲事の, 献上し, 現われて, 生じて, 生れて, 用を, 砂ほこりの, 示して, 私に, 空想が, 突き上がって, 突っかけ, 続いた, 続く自転車, 綻びては, 繰りかえした, 耳に, 胸の, 膨らんで, 若い元, 若芽を, 落ちたの, 蕾を, 薪を, 見る間, 見付けた証拠, 訂正される, 話して, 起って, 踏みこんで, 迫害を, 追い越して, 追ひかける, 送られて, 通りに, 運ばれた, 運ばれた第, 遣って, 部厚に, 重り合つて落ち, 釣れるので, 銚子を, 附け足した, 降りる客, 際限なく, 雷鳴の, 頬を, 驅つて來る, 黒山の

▼ 後でも~ (170, 0.3%)

4 いい 3 彼は, 私は 2 いいだろう, しきりに彼, 十年後でも, 決して銀杏返し

1 [152件] あったろうか, ありかつ, あるから, あるので, いいから, いいこと, いいさ, いいじゃ, いいよ, いいん, いた時, およろしい, お世辞, お幸, お訪ねあれ, お話でき, この国, この市, この点, これを, こんな有様, さうし, しばらくお, しばらくは, しばらく岸本, しょっちゅう眺め, そうです, そこに, そしてまだ, その前, その通り, それが, それには, ただじーっと, だ, ちゃんと嗅ぎ分ける, ちょっと埋める, つかなかった, つけて, できるから, ないが, なお人なつかしく, なお空中, なお鏡, なほかつ, なんだかひとごと, なんだかわかった, ふと明日, また火事, まだお, まだ不安心, まだ会得, まだ執拗, まだ続い, まだ選り好み, やっぱり彼女, やはり以前, やはり同様, よい, よいから, よいが, よろしい, われわれは, セザンヌが, 一二分たつ, 一生碌々たる, 七斤は, 下駄の, 世話は, 両方共佐野の, 今しがた見た, 今だに, 介意は, 介意わ, 他にも, 何かの, 何やら四肢五体, 何日は, 元の, 別にこれ, 別に是, 別段賢く, 千年後でも, 原子爆弾の, 右でも, 同じ事, 名だたる酒, 呂布は, 嘆息した, 多少会つて, 多賀ちゃんに, 奥様は, 好い, 好かろう, 妻が, 定めた一夜, 宜い, 宜いで, 宜しい, 家に, 寝るまでは, 小六正勝, 少女ドロシイの, 平気で, 床の間の, 彼女は, 悪いとは, 愛だけは, 押入の, 揺れて, 既に自分, 日本の, 旦那に, 明日の, 書いた反古, 最初に, 有らうか, 朝とも, 未だ貴方, 死んだこと, 母には, 母親は, 氣持が, 永久に, 滝は, 無いこと, 狐が, 猶ほか, 猶夏子, 現実の, 生活の, 生活は, 田沢湖岸は, 秋山図は, 第二期, 考へて, 聞いたが, 自分で, 被告人である, 褒めたこと, 親子は, 試験の, 警報が, 赤帽と, 起き起きして, 迎へる, 遅くは, 道具の, 道子は, 鋏を, 順位は, 頭の

▼ 後~ (160, 0.3%)

2 これを, に出来た, もやはり, 公は, 大に, 彼れ, 精神を

1 [146件] かえってこういう, このヤマユリ, この属, さきに, その座, で明治十八, にお, にこの, にその, にそれ, になった, にはまた, には漸次, にイ, にルーブル博物館, にローマン派, に一定, に夫, に持, に残る, に殻片, に狐狢, に聞きました, に至っ, に述べる如く, に野辺, に飽く迄, はこの, は夫, は復, は諸, までもこの, までもやはり, もこの, も幕府, も数多, も此辺り, われ肉を, オランダ議会は, パリへ, ロンドンに, 一同伴て, 一年千八百八十年に, 一番に, 丁度キササゲ, 両派が, 主人に, 之を, 五十年許り, 人に, 今に, 仲文官を, 伊豆守は, 入寂した, 六十年許りで, 其役目の, 再び起つ, 十七年を, 千八百八十六年九月の, 千六百三十七年に, 半世紀, 南朝の, 友人三四人と, 各組廻了の, 器械体操に対する, 四年に, 國光社は, 國民の, 土民が, 地下において, 垂髯の, 塞外經略に, 大学においても, 大学の, 大師は, 大法官, 天保七年に, 夫とともに, 失望し, 始めてその, 始めて樂, 宮松に, 容易に, 實に, 居士の, 已ま, 市民の, 幕府は, 悔ゆ, 慶長十七年八月に, 政府は, 故あっ, 数年に, 施行さるる, 日露戦役に, 早くより, 明治七年六月に, 明治三十七年に, 明治三年に, 明治三年二月に, 明治十七年, 明治十二年に, 明治四十五年, 昭和四年に, 暫時の, 更にそれ, 更に民衆, 未だ僅, 東京の, 東京高等師範学校の, 果して城, 桃山の, 欧州から, 此の, 此事が, 歸順に, 海路から, 漢族は, 漸くこの, 漸くに, 激語を, 火器は, 異族に, 病を, 痛刻, 百姓と, 盜難に, 相當, 科學を, 竹内と, 第三十年目, 約八百年, 群臣の, 耶蘇教を, 自分等は, 葡萄に, 被害者に, 該樹が, 誰か, 貴族院議員と, 踵を, 迦葉妙賢が, 遺骨を, 飮食常に, 魯の, 龍馬に

▼ 後~ (159, 0.3%)

10 いえども 8 雖も 7 見えて 4 此家に 3 なって, 言はずに

2 [14件] いえば, いへども, なっては, なる, みえて, 入りの, 同じよう, 書き改められたり, 書き直されたり, 来ては, 称すること, 見えまして, 見て, 言ふ

1 [96件] あまり断片, あらぬ礎, ある, いいこの, いうから, いうけれど, いうよりも, いえど, いって, いっても, いつたやう, いひ明, いわず直ぐ, いわず直ちに, して, し直線, す, すつかり, するが, すれば, その用人近藤幾馬, であった, である, なし余輩, なし天神, なし種々, なすの, なっても, なりし時, なり孰, なるゆ, なれば, ぼとぼと高畑, わかって, 一斉に, 一時間あるいは, 三週間と, 上とは, 云う者, 云っても, 云ふも, 云へば, 伝えられたる佐伯部, 何時とを, 信じ他, 先との, 兩側を, 其勢力に, 同じく猿楽町, 同じやう, 四ツに, 如何の, 家内の, 左右の, 廻しに, 徳川時代との, 思うが, 思って, 思はれる者, 成っても, 手の, 改称した, 書いたが, 書いて, 書かれた, 末川近江より, 津軽の, 申すもの, 相迫り, 碁を, 神様の, 称しその, 称して, 称し実に, 称し藤原秀郷, 称すしかも, 称すと, 稱し, 立てた談, 考へて, 聞いた時, 見え三十余人, 見え四辺寂寞, 見え祭壇, 見られる, 見るべきもの, 見る事, 覚しく長, 解ったん, 言えるか, 言はれる, 言わずに, 調整し, 足を, 雖どもその, 雖なほ幕府より

▼ 後より~ (154, 0.3%)

3 追ひ 2 來り, 來る, 天狗党の, 後より, 御出候え, 背を, 見れば, 踰えん

1 [135件] ここに, これを, ごゆるり, ご辺, して, すぐに, すっと入り, すつと, た, ついて, つづけ, とる, はた泣く, まいって, またこれ, また産まるる, ゆき天使の, ゆけり我, ゆるゆる御, より余, ソッと, ゾロ, モシ良乗殿早朝より, 一人跟け, 一鞭加へて, 下りたりき, 丞相が, 之を, 乗っ奪って, 人数つづかば, 何か, 來らしむ, 入れたるとき, 八蔵入, 兼吉も, 出て, 出で, 出でて, 力を, 加勢を, 参る由, 取り調べ候えども, 各, 同三十五年, 名人の, 呼ぶわれ, 声を, 小さき手, 小声に, 左, 巻き前, 帽子を, 幸で, 幸でまししか, 得右衛門が, 御前へ, 忙しく追, 急ぐ死出の山, 愚僧の, 慕えり若菜, 我が心, 我の, 我を, 戞戞戞と, 戻せと, 手を, 打てり, 抱きつきて, 抱き左, 抱き留め, 推し忽ち, 昇る, 来い, 来いと, 来いよ, 来しとも, 来たれ, 来たイギリス船, 来た商人, 来るもの, 来る人々, 来る武者ども, 来る男, 来る者, 来る若, 橘が, 汝等は, 派遣せられ, 流行し, 現在に, 生ずる結果, 申上ぐべし, 發する, 百世の, 直ちに駈けつける, 着きましょう, 立った京極高知, 第一次五ヵ年計画, 精しく申上, 糺明を, 絶えず戲, 続々と, 続いて, 続く, 緊と, 老王, 背の, 芝山行の, 蚤取, 行く状, 行こうと, 衝かせん, 見えられましょう, 言ふ, 詰めか, 詳しく御, 跫音ひそかに, 迫まくっ, 追, 追い早, 追っかけたため, 追まくつ, 追來, 追撃され, 追記せる, 追越して, 通用門の, 過ぎ越し, 遲く, 金眸が, 長崎へ, 馬の, 駈けつけ石亭, 高田も, 黄金丸は

▼ 後この~ (118, 0.2%)

2 ことを, 事を, 人形は, 国の, 地を, 家へ, 恐怖を, 町に

1 [102件] あわれ, ことは, へんの, まどろみから, もの, もの電光の, クタクタな, シナリオを, ジイサンに, テニス, ハリッチへ, ホテルを, 一つの, 一人の, 一室に, 一座の, 三階は, 上に, 下宿の, 事業が, 二人の, 人は, 仲時が, 位だ, 低能娘も, 偉大なる, 分なら, 十七人の, 十年間に, 危害の, 収入を, 古代睡眠者は, 名を, 唄の, 唖女の, 団体の, 国を, 国中の, 土地へ, 地方で, 地方の, 夜の, 夜某の, 大次郎の, 子が, 子房は, 孤独な, 学校が, 家に, 宿を, 寺から, 寺を, 小柄な, 少年の, 屋敷から, 山上に, 島の, 庭に, 廃宅同様な, 弟の, 後家さんは, 悲憤の, 文章は, 方面に, 日連袂辞職したる, 春離婚し, 村に, 村の, 村も, 松の, 極楽主義によって, 歩兵陣地の, 水を, 江戸三界まで, 池は, 泉より, 浦塩へ, 渋谷山から, 漆が, 点に, 煙天下に, 物ティトとともに, 田辺の, 由を, 男は, 画家は, 留置所へ, 異形の, 監視哨は, 福井へ, 空想には, 系統の, 紳士は, 絹を, 老功, 腰の, 誤解に, 谷は, 里に, 青年が, 首を, 魂は

▼ 後~ (109, 0.2%)

3 からね, ね

2 [11件] から, からであろう, から宿屋, か今度, つた, つたから, つたのか, とある, な, もの, ん

1 [81件] かどう, からいくらか, からいった, からいよ, からいわゆる, からこう, からそういう, からである, からと言っ, からどんなに, から五時半, から人, から今度, から其, から別, から四錠, から外, から大抵, から成る, から昨夜, から泣寝入り, から無理, から私, から親, から誰, か先, か分らない, か分らなかった, がシラギ人, がマア, が銭形, しいっそ, しかしその, しどこ, し町, し秋, し虚無僧, つたがと, つたで, つたと, つたといふ, つたのである, つたのです, つた彼が, てされ, とあります, といい出した, という, ということ, といひ, といふ, とか云われる, とか澄江, とか言つて矢張, とか近い, とする, とはいつ, とは一向, とは思わなかった, とも云, とも或, と云っ, と分った, と同じ, と吾等, と思ふ, と箱, と艇夫たち, と見え, と解, と言, と言い張っ, などとも云っ, ね確か, ものそう, もんなあ, アラスカが, 一夜を, 唯余に, 多少体, 闇の

▼ 後にな~ (103, 0.2%)

10 つても 5 つて考へ 4 つてから 3 つてその, つて聞いた 2 つてからの, つてこの, つてし, つてゆつくり, つてわかつた, つて分つた, つて氣が, つて知つた話です

1 [62件] つたなら, つたのである, つて, つてあれは, つてこんな, つてこんなに, つてさう, つてそうでない, つてそれが, つてそれは, つてだ, つては, つてわ, つてを, つてルリが, つて一と, つて人々が, つて人の, つて他の, つて僕という, つて勘定し, つて四五人運動部の, つて天子に, つて学校の, つて将軍家と, つて尋ね, つて小網町に, つて屍室に, つて廻りの, つて強く, つて御, つて思ひ出さう, つて思へ, つて恩を, つて悔むやう, つて戦争が, つて批評家に, つて新しい, つて根據の, つて檢討され, つて歌枕に, つて歴史の, つて満足の, つて異状が, つて知つたのだ, つて秀ちやんが, つて私は, つて稍しみじみ, つて義太夫節にか, つて考へた, つて考へたら馬鹿げた, つて聞い, つて聞く, つて聞け, つて自殺する, つて蕗子は, つて袖珍本, つて解つたのである, つて話を, つて説明され, つて調べ, つて順序を

▼ 後また~ (102, 0.2%)

2 ある人, 元の

1 [98件] あの洞中, いった, いつでも, いつ逢われる, おん身を, かならず叛骨, この地, さけびて, しても, そこへ, その前, その訛り, その迷, その魏, たちまち暗黒, たまたま一客, も立上がっ, グイリエルモレノアルド公爵ゴッティフレーディ及び, 一つの, 一個の, 三人の, 三十年一月の, 中途で, 九度までは, 二十九年二月の, 二十九年四月の, 人を, 來る, 便りが, 値上げされし, 光より, 其を, 出て, 別当瑞蓮寺から, 労働争議に, 勝重は, 北岸に, 原稿を, 友誼を, 召された, 多くの, 大いなるアキルレ, 宗治を, 左へ, 己を, 帳場に, 年中行事の, 幾ならずし, 座敷は, 庭口から, 応仁のみ, 性欲の, 我を, 打ちつぐという, 教義の, 散文の, 数旬を, 文明堂といふ, 昇らざる者, 曰ひける, 村の, 来たりて, 東京に, 椅子に, 楽屋へ, 此場に, 死んだもの, 煙が, 用いざりしもの, 申し合せたよう, 病氣が, 登る勇者, 直ちに反転, 碁を, 祖父ウゴリーノと共に, 私は, 程なくその, 續い, 蛙の, 行かれましたか, 行われたが, 覗きに, 豆州箱根山に, 贖の, 跡かたを, 軍を, 輕, 近衛の, 退転の, 連歌を, 道瑛と, 長い沈黙, 長椅子の, 門外に, 馬の, 馬岱王平張嶷の, 髑髏が, 魏の

▼ 後間もなく~ (99, 0.2%)

2 主人の

1 [97件] ある晩, お桐, お民, この一部隊, この方, そういう事, その弟玄琢, その御, その方針, それは, であ, であった, のこと, の或, の話, の頃, われわれは, イエの, ガゴが, ケストネルの, ダルメイダは, パリは, パリーで, フロイスは, ブーラトリュエルという, モスクワの, 一種の, 三里離れた, 上流の, 下吏, 世を, 九月の, 九月十三日に, 例の, 俊成を, 僕は, 儲けた一子, 千葉の, 午後八時に, 又は在世中, 名古屋へ, 城跡の, 大阪の, 太子は, 夫の, 始まつて, 実現した, 岬を, 常州に, 廃せられて, 建築が, 彼の, 徴兵の, 意識を, 我らは, 或る, 戦死した, 支倉は, 旅行服を, 日本へ, 日本詞章と, 昭和曹達の, 木樵り, 未知の, 東倫敦博物館の, 根岸の, 棄てられたが, 横浜商人の, 死んだため, 死亡せし, 母が, 永遠の, 病に, 病死し, 発動機に, 百歳位の, 盛典を, 私が, 私の, 第二十七議會, 結婚し, 絶命した, 老妻, 自分は, 良人へ, 英國の, 落籍されて, 藩地の, 解職し, 誰かから, 身ごもり給いて, 遭難した, 閉店する, 開設された, 陸から, 雪の, 鳥渡冒険的な

▼ 後をも~ (83, 0.2%)

55 見ずに 4 見ずして 3 見ずし 2 忘れて, 振り向かずに, 見ずひた走り

1 [15件] つけるでございましょうから, みずに, 信じて, 向かず逃げ出して, 振り向かず一散, 振り向かず急いで, 見ずその, 見ずにとは, 見ず一目散, 見ず比企, 見ず肩, 見ず逃げ出すやう, 見ないで, 見ぬ, 見返らずに

▼ 後~ (74, 0.1%)

8 のである 3 のだ 2 のでお, のです, のでその, んです

1 [55件] ので, のであった, のであろう, のでぐっすり, のでこの, のでそのまま, のでそんな, のでどうにも, のではたと, のでもう, ので一同, ので丘, ので二, ので今更もう, ので何, ので保姆, ので公所関係, ので兼好, ので内心, ので出版者西村氏, ので収拾, ので咄嗟, ので坂道, ので垂仁天皇, ので奥, ので実に, ので室, ので家, ので容易, ので思ふ, ので懐中電燈, ので或, ので新来者, ので月曜, ので殆ど, ので殊に, ので湖畔, ので申訳, ので発表, ので石壁, ので秘密, ので竹生島, ので綺麗, ので脂, ので腰, ので荒れ, ので話, ので辞職聴許, ので都, ので金瓶, ので髪毛, んだ, んでその, んでもしや, んの

▼ 後なる~ (72, 0.1%)

2 ものは, 三羽の, 主人も, 沖縄諸島の, 雁が

1 [62件] うかれびとの外, おぼろ月夜に, が顕れ, ことは, ことを, はその, は兼清博士, は前, は尻餅, は押し, は新湯, は蘭軒, は階, は飛ぶ, ものが, ものを, も左, をアカイア勢, を明らか, を知らない, を詳, アエネアスの, 一葉かな, 三人が, 丘の, 中庭に, 人は, 佐伯造と, 佐伯部は, 俥より, 儒家の, 古直衣, 天国とを, 姫姓の, 子, 屋そひ, 床柱これへ, 押入の, 明治三年十二月に, 時代に, 時代の, 書類箱より, 氏, 波打際に, 港また, 災いである, 物見山の, 猛獣群を, 白衣の, 祝詞なる, 者また, 者射る, 者觸るれ, 腰掛に, 色黒き, 蔭に, 踏板には, 車に, 車挽ける, 酒は, 金牛宮に, 馬上の

▼ 後でなけれ~ (67, 0.1%)

4 ばならぬ 3 ばそれ 2 ばならない, ば何, ば姿, ば実現, ば容易

1 [50件] ばかかれない, ばこれ, ばそこ, ばそんな, ばとうてい, ばと云う, ばならなかった, ばまた, ばやっぱり本当に, ば一歩, ば上京, ば事, ば互に, ば会う, ば其秘密, ば出来る, ば受け取ろう, ば口, ば口外, ば大体問題自身, ば存在理由, ば年結婚数, ば我々, ば承認, ば敬意, ば断言, ば新しい, ば新しき, ば新芽, ば期し, ば氏, ば決して, ば深い, ば滅多, ば犯人, ば発生, ば発表, ば真実, ば私達, ば箸, ば結婚, ば肉体, ば芝居, ば花, ば行われぬ, ば観念, ば起り得ない, ば軽率, ば順風, ば食用

▼ 後再び~ (66, 0.1%)

2 駆け出して

1 [64件] かの地, この地, この場, これを, さっきの, しずかな, その小, その庭, ひきかえして, セントペテルスブルクを, タクシイを, フィレンツェに, マニラに, メキシコの, 丹沢山大山の, 乗船したる, 二町許上る, 京都に, 仕えて, 元の, 分れること, 分立した, 博士には, 叔父の, 噴き出し始めた, 山国谷に, 山地に, 島から, 座へ, 心を, 情人と, 我々の, 故国に, 旅を, 昏睡に, 昏酔に, 春が, 来遊し, 棋戰を, 機関車から, 歐土に, 此の, 此等の, 気を, 江戸に, 沈んだ過度, 注文は, 減少の, 灰より, 炊事場に, 父なる, 猪口を, 生る, 秀子の, 結婚した, 自由を, 艇外に, 見ゆること, 足を, 路を, 醒覚する, 隆起した, 雄々しき羽, 駒の

▼ 後へは~ (62, 0.1%)

2 引かない性質, 引きません, 退かぬが

1 [56件] お退き, すぐ続く, なれて, ひかず, ひかずお客, ひかない, ひかぬ, ひかれないから, ひくわけ, ひけない, ひけないと, むきも, もう退けなかった, サッと咲いた, 下女が, 同じ模樣, 帰れず先, 帰れぬ背水, 引かぬの, 引かれずとうとう, 引かれない, 引かれぬ訳, 引けないはず, 引けなかった, 引けなくなった, 引けませぬ, 引けません, 引け無く, 引返されそう, 引返されないの, 引返されぬ, 戻れなかった, 数百人の, 行けぬ思, 返りません, 退かうとは, 退かず目指す獲物, 退かなかつた, 退かぬ, 退かぬお, 退かぬご, 退かぬ性分, 退かぬ性格, 退かぬ態, 退かぬ気性, 退かれなくなる道理, 退かれぬよう, 退かれまいと, 退きません, 退けない責任, 退けなかった, 退けなくなるん, 退けぬ, 退けぬせり合う戦備, 退けぬので, 退けません

▼ 後~ (60, 0.1%)

2 いねと, かみさんは, 吉少しく, 夏は, 蓮が

1 [50件] かみさんと, せきは, そばに, ほくに, 互に憶出, 互に深い, 仮屋寄垣の, 仮屋青垣まで, 兄上の, 兄様に関する, 千が, 千代ちゃんに, 千代の, 午近くに, 台場の, 園は, 城では, 夏を, 妃は, 姉さまの, 嫁に, 安という, 帰りと, 怒りに, 慕いしご, 房は, 手習いが, 時が, 書斎には, 栄は, 浦の, 清は, 由は, 由殺しの, 留守に, 発熱, 登和嬢は, 目に, 種は, 米は, 絹さんは, 菊は, 菊も, 蓮は, 蝶殺しの, 豊の, 銀様の, 隅を, 雪は, 電話で

▼ 後~ (60, 0.1%)

4 は僕 3 はふと, は又 2 の左, は前, は妻子, は或, は枝一つ, は遂に

1 [38件] がどんな, が他, が立派, が賊, と白水その他, に言われた, に門出, の勧誘, の守り神, の月俸, は, はお, はまた, はテエブル, はベッド, はベツド, は一同, は久しぶり, は何, は偶然, は出来る, は古, は同じ, は土屋文明君, は岡山, は巻煙草, は座蒲団, は従兄, は息, は新潮座談会, は書斎, は石川三四郎君, は突然, は訴訟用, は該書, は部屋, を後, 前句

▼ 後これ~ (56, 0.1%)

2 がため, は令嬢ラッセル・ロッブ夫人, より一, をどの, を保護

1 [46件] こそ怪物, で幾度, によりてその, に使つた, に依り, に処する, に基づき, の, はどうしても, は初代, は石灰岩, は脳溢血, は裁判所, もあり, もある, も例, も全く, も同じくそのまま, も行方, をヤソ, を世襲, を信ぜる, を出す, を囘顧, を失ひ, を屠る, を巴里, を平定, を弑し, を後ろ, を抛棄せり, を擧げ, を本人, を枯らす, を檻穽, を歌, を殺し, を決定, を盤蛇谷, を眞, を知らざるなり, を進め, を離別, を離脱, を題, 我が表

▼ 後である~ (56, 0.1%)

2 かに注目, かも知れず, から予想以上, のだ

1 [48件] かそれとも, かもしれず, からせっかく, からコロンブス, から下り, から勉強, から少し, から当分毎日, から文化, から是非, から横浜, から滑る, から省く, から神経, から足跡検査, から路ば, がその, が一夜道心, が学校, が言語, が開眼供養, けれどもやはり, けれども盲目, こと, ことは, ことも, ことを, こと丈けは, ために, ということ, というよう, という人, としても再び, とでも云, とも定め, と思ふ, と致し, のでそれ, ので段々, のに青年, 事が, 事を, 佐藤家である, 城跡の, 如何にも始末, 故漸く, 東子爵家にも, 第四

▼ 後へと~ (54, 0.1%)

4 流れて

1 [50件] いとも安, さばく様子, ずり落ちて, なびいて, ならべる例, びすさるなり人家の, ドンドン這入りこん, 下がる, 何人も, 作りあげたか, 取り残されて, 妾に, 小一郎は, 山積した, 崩れ立った, 廻って, 引き下がる, 引き下った, 引くばかり, 引切りなしに, 押されて, 押されるのみ, 押し戻される, 歩きます, 残して, 流しこまれる, 流れ去って, 突つ, 続々と, 繋がって, 繋ぎあひ候が, 群り続い, 行っては, 行人を, 起って, 踏みながら, 辷った, 返す時, 迸り出た, 退がって, 退くが, 退って, 退る, 送って, 過ぎて, 飛びすぎて, 飛び去って, 飛んで, 駈けて, 駈け去り鋪石道

▼ 後二人~ (51, 0.1%)

2 とも人知れず, の血, を馬車

1 [45件] が偶然運命, が強い, が沙浜, でやっ, で何, で出かけ, で出歩く, で懇談, とも何処, に問い試みし, のあと, の叔父, の同乗, の女, の娘, の居間, の生活, の町人, の行進, の驚いたこえ, はあまりに, はこの, はしばらく, はひそか, は不動院, は中央線, は人々, は別々, は前後, は厳重, は城東, は夕食, は夜, は天, は居間, は思わず, は揃っ, は相, は碁盤, は突然, は自動車, は謂, は警部, は追われる, を特に

▼ 後自分~ (51, 0.1%)

3 の心 2 の室, はむなしく

1 [44件] から足, が満足, が秀吉, でも脈, で内側, と同じ, と志村, にとって余り誇り, に対する襲撃, のなした, のゆるさぬ曲がった, の前, の名, の地図, の子供, の宅, の寝床, の寝所, の小屋, の楽しみ, の殺した, の求める, の種姓, の詞, の選名者, の部屋, の郷里, の頸動脈, はこの, はまた, は云った, は偶像的, は大人気, は嬰児, は彼女, は歩き, は母, は気の毒, は眠り, は立っ, もこの, を促し, を捕え, を訪ね

▼ 後~ (48, 0.1%)

5 物に 2 これを

1 [41件] あの二階下, すうつ, そこより, た正, のぞいて, も妻女, イエルサレムの, シケリアを, 一箇月の, 二週間も, 京都に, 何程か, 俗士を, 元の, 兄矢島優善にも, 前面に, 北は, 同家の, 夢うつつの, 太郎に, 室外へ, 年中行事の, 後戻りを, 愈, 教会はじめて, 数カットつく, 明日の, 次第に目録學復興, 歌の, 死んだもの, 江戸に, 父から, 玄策玄道と, 瑞節と, 町側の, 移梅陽軒, 続きを, 茶山と, 道衍の, 食卓に, 麻雀する

▼ 後だった~ (47, 0.1%)

4 のです 3 のだ 2 と思う, のでお前, のでホテル

1 [34件] か, かしらぬ, から, からその, からクッション, から容易, から順序, から黄金, か金田一京助博士, が, が崖, しいついつ, ためか, というの, と思います, なんて事, ので, のである, のでお, のでそして, のでたぶん, ので兄, ので孔明, ので居残っ, ので御座います, ので濡れた, ので福島, ので道, のは, ようで, んだ, んです, ネ, 途中で

▼ 後彼女~ (47, 0.1%)

2 は扉, は涙

1 [43件] かえる, にとっては急変, に今, のかたく, のまつ先, の代理, の前, の姿, の後姿, の母, はいつ, はこの, はその, はそれ, はそれら, はぢ, はどんなに, はなんとなく, はますます, はまた, はやっと, はやつ, はコック, は云つた, は以前, は何, は再び, は別, は包まず, は呟く, は急, は怯づ怯づ眼, は父親, は相当, は答, は自分, は自家, は舟, は訊いた, は陳慧君, は離れ, を他, を見守った

▼ 後~ (47, 0.1%)

5 のお 3 ひの, へのお 2 でお, の連れ子, を貰

1 [30件] お駒, がやって来たら, でいらつ, できりやう好み, となり, と主人, になっ, になつて來, になる, になれ, に直っ, に納まるだらう, に遊ばしたら, のこと, の名前, の女, の娘, の話, の連れつ, は立派, ひお, ひに, ひらしい艶, ひを, へで年, へともつかぬ, へにはあまり, へを迎, もない, を貰っ

▼ 後~ (46, 0.1%)

2 に出, に栽培, の小, の池, の片隅, の花二枝三枝

1 [34件] が洗濯物, で畑, といふ意味, と云, など, にあつ, にし, にそれ, につながせ, に人声, に菜種, に追いだし, に通じる, に面した, に類, の古, の奥, の奥まった, の尼僧, の方, の春色, の昼, の木蘭, の桃園, の梅, の芙蓉, の藤袴, の階段, はよく, は前述, へ往, へ歩み入り, を歩い, を狂気

▼ 後それ~ (45, 0.1%)

2 を模造

1 [43件] からのわずか, が, がし, がしもどこ, がもう一度, が不思議, が何年, が何者, が再び, が利根川流域, が書きつづけられなかった, が本当, が濟むと醫科, が見えない, とは全く, と抗争, につづい, にふさわしい, に応じ, に附随, に類似, はきっと, は問い, は壊死, は弱く, は武器, は池田家, までの間, も休んでる, も杜, をこころみた, をやろう, をポイ, を一括, を和尚, を基, を密室内, を戦友, を振返る, を添えなかった, を破毀院, を縁, を貸し

▼ 後からは~ (44, 0.1%)

4 いつて

1 [40件] お袖, きっと人間, ささやかな, じきに, その子分達, つて行つて聲くらゐ, ひとりの, ひる, ひ出しました, びっこの白犬と, もうこんな, もう著, ジリ, ズーと, ヒヨコヒヨコと, ボコボコと, 一人が, 万一断られた, 兄が, 六角時信が, 別に一艘, 包を, 十兵衛の, 原士を, 姉弟らしい, 小三郎音羽が, 岸本は, 差しのぞく, 張苞の, 心持ち土地が, 村の, 毛色の, 牧場の, 盆を, 立派な, 筒袖を, 老木の, 荷か, 誰も, 遠く青い

▼ 後とも~ (44, 0.1%)

2 お心安く, 御別懇

1 [40件] あだには, いわず拙者, いわず直ぐ, えー只今, お引廻し, お見知り, かくも, なく常にじとじと, ひろびろと, よしんば生き, 三度の, 云わずに, 云わず即刻, 何分宜し, 何分御, 兄と, 分け難い, 原田さんの, 定まらない人, 定子を, 宜しくってね, 宜しくひとつ, 幾久しく, 幾久しゅう, 引続き御, 御贔屓, 朕が, 末長く, 案外長く, 歩む道, 毛利家が, 無分別は, 知れず魏, 私を, 精, 考えられるの, 見えなかった, 言はず今日の, 計を, 飢え死ぬよう

▼ 後にて~ (44, 0.1%)

7 聞けば 3 下女の 2 書生の

1 [32件] この路こ, ご一見, た, ただ溜息, ハッと, 主人が, 二人の, 人と, 例刻に, 侍る, 便を, 僅に, 可笑しかりける, 吊はれむ, 妾よりも, 家は, 店の, 弔われん一度, 後悔し, 御前様さぞさぞ, 思い出され次々, 思合すれ, 愚僧は, 柴田党の, 直ぐに, 知った, 知りたり, 考へ, 計らうべき事, 証拠と, 足せ, 餘れる

▼ 後はじめて~ (44, 0.1%)

1 [44件] お乗り, お目にかかったん, この村, その布, のこの, の冬, の大, の書信, の眞夏, の真夏, スナオな, ゼーロンの, 一般に, 一般の, 世間と, 今年の, 会う知人, 四方を, 学会へ, 安東に, 完全に, 得られる, 教壇に, 新しい入国者, 旅行した, 朝倉先生を, 東京湾から, 法輪を, 涙を, 犬の, 生と, 目覚めたるに, 真の, 眼が, 石が, 神に, 神話の, 福の, 舞台に, 買いものを, 軽井沢の, 陸に, 食さる, 高く昇れる

▼ 後初めて~ (43, 0.1%)

2 十ヶ月振りで

1 [41件] かたちのみの, この消息, といっ, の夜歩き, の御, の桜, の洋装, の豊作, の邂逅, の顔合せ, わが喪, わが家へ, 上京し, 世に, 予備隊を, 人類的な, 今日逢ふ, 口へ, 土を, 奥曲輪に, 恋に, 成るもの, 成立せる, 文学の, 是非の, 普通の, 東京に, 東京へ, 東京人の, 次の, 海に, 私の, 良人である, 行われた総, 見つけた勤め口, 言うべきの, 話も, 郷土に, 銭湯に, 開いた, 食うもし

▼ 後~ (42, 0.1%)

2 あっと日, そうれ見ろ, その途中, 一年後か, 先に

1 [32件] あるいは, いずれの, その前, それは, ため殿り, とにかく私, とにかく遠から, なん日後か, または政策, わからないが, わからぬし, 三年の, 二十年後か, 二年後だつた, 京都へ, 先かという, 先かに店, 入口の, 前か, 前かに, 加藤家御, 四年後か, 妾は, 將た, 山形の, 或は十年, 或は教授, 新聞の, 明さんは, 知らない, 知らないが, 薩摩か

▼ 後しばらく~ (41, 0.1%)

6 して 3 の間 2 は独坐

1 [30件] あって, あまり店の, おとなしくし, してから, その戸口, たって, たつて, と言, は全曲, は我々人間, は次, は胴衣, は誰, は近く, 中断状態に, 京都近くに, 仮住居, 伊吹の, 四辺は, 大巻の, 姪と, 後ろに, 東京の, 江州あたりに, 父と, 私も, 空軍研究所長に, 自分は, 落合の, 雑談を

▼ 後~ (41, 0.1%)

1 [41件] がこの, が出ない, での見, で扱った, で特に, とロンドン, なの, においては大半, において老, についてです, に分れ, に当る, に申し上げる, に語られ, の主役, の前半, の宣伝映画, の序文, の抒情性そのもの, の書かれた, の資料, の電磁気感応, はこの, はどうも, はまだ, は他日, は先月, は最も, は正しく, は第, は邪劇, もいい, もいつ, を中央公論, を完成, を成すべきであり, を書いた, を知らん, を読み, を通じ, 及び大正十一年六月同所發行

▼ 後すぐ~ (40, 0.1%)

2 に続く, 西洋間の

1 [36件] それを, といふ, に, にいと, にこの, に会う, に俺, に家, に帰ろう, に敵国人, に暗く, に死斑, に洋行, に真白, に窓, に訪れ, ひろ子に, またほか, 上洛し, 二千兩搜し, 二条烏丸の, 六人とも, 垂井を, 官省に, 宿へ, 峠を, 帰郷する, 徳川時代と, 新政府, 机に, 私も, 蝋屋を, 軽い後悔, 金を, 間近に, 飯櫃を

▼ 後まだ~ (40, 0.1%)

4 間も 2 ほんとうに, 幾日にも

1 [32件] かたちだけしか, 一つ意外な思ひ, 一年半あまりで, 一度も, 一日か, 一月を, 七つ, 二年には, 仕官も, 何日も, 余憤の, 八ヶ月といふ, 十年と, 半年と, 四日も, 園子の, 夜中と, 宿直室に, 尋ねて, 年の, 幾日も, 敬之進は, 数ヶ月たった, 日が, 日は, 日を, 浅き或, 疲労の, 耳が, 自分たちと, 草も, 間の

▼ 後三年~ (40, 0.1%)

9 の役 2 か四年, にし, の今日, の夏, の後, を経過

1 [19件] かかって, して, であるが, ならざるに, に大, に生れた, の事, の先蹤, の役だつ, の役当時, の役直接, の時代, の間, の間懸案, ほどはあそこ, ほどはなお, まで其屍躰, を経ずし, を隔て

▼ 後です~ (38, 0.1%)

4 から 3 か, が 2 から面倒, がぬかるみ, ね, よ

1 [20件] からいつ, からいまさら, からお湯, からね, からねえ却つて, から七時, から交際, から今, から宿屋, から惨, から折角, から浪人等, から烏, から私, から食器, が中隊長, が英国, が見た, もの, トロッコの

▼ 後という~ (36, 0.1%)

13 ものは 2 のは, 事に

1 [19件] ことに, ことは, ものいつも, ものショッチュウ何か, ものフッツリと, もの一同は, もの今日は, もの幕府は, もの月輪殿が, もの正吉は, もの私は, もの考えれ, もの葵原夫人と, わけである, フランスが, 事も, 区別が, 方が, 者は

▼ 後醍醐~ (35, 0.1%)

2 のお

1 [33件] だった, ではなかっ, でもない, とていかよう, とともに軍事, に味方, に忠, に移った, に給仕人, のきみ, のご, のみを怨, のむね, の一行, の御, の御名, の徳, の板屋, の皇后, の譲位, の退位, の隠岐遠流, はお気, はとうてい, は隠岐, へ直々, へ直接, もはじめ, もまた, も側近三房, も囚われ, をさがし, を尊敬

▼ 後~ (34, 0.1%)

2 のお, の屋敷, をはじめ

1 [28件] がきく, がけわしく, がはっと, が住ん, が飼い馴らし, と争論, と稲葉美濃守, などをも説き伏せ, なる老, に贈った, のこの, のほう, の三人, の上屋敷, の名, の屋敷屋敷, の狩詞記, の舎弟, は, は人柄, は係り役甚三郎, は前, は大口, は狆, は直ぐ, は身の毛, をはじめ若年寄り, を初め

▼ 後~ (34, 0.1%)

5 一の 3 一回の 2 一に, 三の

1 [22件] 一囘の, 一日である, 一春の, 一次欧州大戦を, 一皇子, 一面白い, 七日に, 三囘の, 三版以下では, 三詩集の, 二, 二の, 二十代の, 二博覧会の, 二回の, 二旅団の, 五年目に, 十一年目の, 十三日目の, 十回オリンピック選手として, 四嚢の, 四週に

▼ 後からも~ (33, 0.1%)

7 後からも 2 頻りなし

1 [24件] いくつかの, と列を, 一人若い, 二人の, 人が, 人力車が, 先に, 出て, 前からも, 口を, 叫んだ, 右からも, 同じやう, 同様の, 同種類, 思ったほど, 異った, 真向からも, 私服らしい, 続々と, 続いて, 車や, 遊人体の, 鱸の

▼ 後~ (33, 0.1%)

2 のからくり, の間

1 [29件] から啖, がうしろむき, がうんと, がレプス属, で地上, で地面, で突っぱった, で跳ねあがつ, で蹶る, で飛ぶごとく, とを利用, にて立ち, に綱, のところ, の据わり, の爪, の蹄, の附根, はその, へ力, へ綱, わずかに, をいかにも, をそっと, をピクピク, を折, を擡げる, 短く頭骨, 至って長く

▼ 後へも~ (32, 0.1%)

4 前へも 3 先へも 2 どつて, 新しい垢

1 [21件] うごけなくなった, じ, どちらへも, どれ, ゆかれず, 十方八方へ, 右へも, 同様に, 帰れなければ, 引き返せないので, 往けなくなった, 戻れず先, 戻れず立すくみに, 矢の, 辿れるの, 退かずツイ一夜, 退かず真に, 退かぬ, 退けねえ訳, 退れないこと, 進むこと

▼ 後ようやく~ (32, 0.1%)

1 [32件] この頃, これへ, にし, に寒い, に文学, の思い, バンク街の, マナサロワール湖の, 乾ききったる舌, 二人は, 五六軒の, 五時頃に, 人間に, 元の, 入宿す, 六ヶ月で, 出羽, 初夏の, 取って, 存立の, 思い得たと, 文部省の, 春一が, 本心に, 本普請, 独力で, 発見した, 目的の, 直立する, 負債だけは, 路次を, 退出を

▼ 後であった~ (31, 0.1%)

1 [31件] かその, かと思う, かに上方, か忘れた, か私, が, がこの, がホテル, が兄, が大いに, が月, そのころ彼, ということ, とか, としてもその, との事, と伝えられ, と思う, と書い, と言う, のか, ので, のである, のでこれ, のでまた, ので家, ので幸い, ので成金目当て, ので泰山, ゆえに, バルザックが

▼ 後一年~ (31, 0.1%)

2 にもなる

1 [29件] お台場, かあるいは, ぐらいたっ, たって, だと, で済む, で現在, とたたぬ, ならずして, にし, になろう, にもならない, に制定, に近い, の余, の夏, の後, の生活, ばかりで内職, ばかり過ぎた, も経たぬ, も経過, わが県, を経, を経ない, 程たっ, 程は何, 経たないうち, 経たぬ内

▼ 後~ (31, 0.1%)

6 になっ 3 になった 2 になり, に立つた

1 [18件] て進, に, にしやが, になし, になつた顔, になつて, になつて持前, になつて葉鶏頭, になれ, に一人, に居, に成つて, に涙, に畳, に立つ, に股, のまま, の儘答

▼ 後~ (30, 0.1%)

2 米と

1 [28件] いたわしくも, さびしきこと, と, 一読を, 主人は, 便りが, 別懇に, 即位, 厄介に, 夫婦の, 家老の, 希望どおりあなたを, 府外へ, 無用に, 番入, 當家家督は, 登山の, 目見えに, 目録を, 菩提の, 藤庄三郎, 近習は, 返送を, 退屈なら, 連歌有り, 遺族は, 離縁に, 順家督に

▼ 後どう~ (29, 0.1%)

4 なったか 2 して

1 [23件] したか, したかも, したこと, したという, したもの, したら良い, しでも, しようという, するか, すること, する考え, なさいま, なさるの, なったこと, なって, なつた, ならうとも, なりましょう, なること, なるだろうと, んと, 考えて, 邸を

▼ 後において~ (29, 0.1%)

2 では

1 [27件] こちらより, この主義全勝, こんな腹黒い, その事, その戦場, たと, まず大, 他の, 元の, 初めて理解, 各交換者, 大原卿を通じて, 天武天皇の, 始めて生活, 小説の, 引用しよう, 強いて, 彼ひとり晏然として, 彼を, 最も強い, 消費せられる, 獲得し, 生じた詩的想像, 画家は, 著しい, 蜀にも, 身近に

▼ 後~ (28, 0.1%)

2 に殖えた

1 [26件] な降り, におなか, にお雪ちゃん, にその, にそれ, にまた, に一人, に使, に俺達, に厭, に又, に口, に延, に満面, に漫才, に皆んな, に眼, に美人, に肌, に膨脹, に菜穂子, に菩提心, に見つけた, に調子, に顕著, 勾配で

▼ 後直ちに~ (28, 0.1%)

2 高山方面へと

1 [26件] フライドマルの, ブルジョアジー自身に, モントルイュ・スュール・メールに, 一粒金丹製法の, 人口と, 入谷光月町を, 南下し, 印刷し, 地球軌道の, 宿に, 封の, 戦地に, 日比谷公園に, 書きつけて, 月天に, 朝鮮人信徒コスモ竹屋の, 検事は, 死んだもの, 永井勝らの, 私は, 罪を, 自分の, 誓紙を, 請來の, 近江に, 野心的な

▼ 後漸く~ (27, 0.1%)

2 これを

1 [25件] その家, つぎ自身呪文の, ですの, にし, の事, 乾き切つたる舌, 停車した, 八時すぎから, 和解が, 大川へ, 姿を, 山の, 左手の, 思ひ切つて入口, 暴力革命主義を, 桟橋の, 爰に, 牢からは, 自然の, 語感の, 身體に, 退院し, 鎧の, 開会す, 電車が

▼ 後~ (27, 0.1%)

5 が移り住ん

1 [22件] がよく, がわざわざ, が再び, が牧師補, とか兄姉, としての自分, と子, と来た, の前, の国, の望, の死歿, の漸氏, の由之, は, はまだ, はわたし, は不意, は小さな, も加つて三人, も機嫌, や兄

▼ 後ある~ (26, 0.0%)

1 [26件] ひは, 下役の, 人が, 全能者である, 動物は, 古文書によって, 報道関係の, 外国人から, 夜その, 夜の, 夜住居の, 夜私は, 女房俵の, 屋敷より, 所の, 日の, 日ふとした, 日趙生が, 朝日の, 歯医者の, 永遠の, 浜辺に, 海岸へ, 療養客が, 露西亜の, 齒醫者の

▼ 後からの~ (26, 0.0%)

1 [26件] ことだった, そりの, それは, つそり, つそり蹤, ものである, ッぽ, マルクス主義の, 世代に, 勢いに, 容体は, 強い力, 従属物では, 想像である, 愉快な, 感想の, 戦慄に, 氏の, 現象で, 記事は, 訪問客は, 話だ, 話で, 話であっ, 随伴的な, 馬は

▼ 後なお~ (26, 0.0%)

1 [26件] いっそうの, いろいろな, その緑色, よく愛する, よく玩味, 一と, 七年の, 三年は, 二人の, 人に, 厳格の, 吉岡憲法の, 唇舌を, 幾許かの, 彼が, 数年の, 普通の, 火存す, 熱帯植物の, 真の, 社説を, 考えて, 莫大な, 量見, 飽く事, 高木に対しての

▼ 後~ (26, 0.0%)

4 劉禅は 3 劉禅も 2 に上表, 劉禅の

1 [15件] と云, に勧め, の是, の行うべき, の術語, の詔, の諱, はそれ, は幼少, は撥鐙法, もついに, 劉禅に, 劉禅にも, 猴の, 青竜山に

▼ 後暫く~ (26, 0.0%)

4 して, の間 3 してから 2 あって

1 [13件] するにつれて, の寂しい, は寝台, は我々人間, は校長, レコオドを, 喪を, 岩国に, 悦子と, 気持が, 目白の, 経つて, 親の

▼ 後東京~ (26, 0.0%)

2 から電報

1 [24件] いたるところ, からさして, から私, では救護事業, で小寺夫人清水和歌さん, に往, に開かう, に開催, に飲食店, の人形芝居, の各, の地, の夫, の市民, の有力者間, の秋空, の邸宅, の都市, へまい戻っ, へ取って返した, へ帰っ, も散歩, を売っ, を立つ

▼ 後~ (25, 0.0%)

1 [25件] 人深, 今ニ於テ拙劣ニ試ミツ, 今日ニ思ヒ至レバウタタ感慨無量, 僕ノ, 勞働ガ幾百倍, 勞働者ハ眞個其ノ, 北朝, 國民ニシテ如何ナル思想ニ導カルルニセヨ國民ノ, 大方針トシテ國家ハ終ニ婦人ニ勞働, 孫一郎ノオフクロガ死ヌ故, 孫一郎ハ十四ダカラミンナオレガ世話ヲシテ家督, 將來ニ存ス, 將來事業, 將來私有財産限度ヲ, 巌下ニ至リ杖ヲモッテ一死野狐ヲ, 快感ハ何トモ云エナイ若, 情況ニ因リ訴追ヲ, 歴代内閣, 浪人ト同, 私有財産超過者, 経過ニツキ詳細ナ, 翌日ヨリ期待スルハ空想ナリ, 致富トガ致富, 陣との, 飛鳥

▼ 後~ (25, 0.0%)

1 [25件] から聞え, でやつ, で婦女子, となっ, と同じ, にかけて枝, にもぽ, にも正午前, に出, に掘っ, に立つ, に続い, に降り, の中, の中央, の垣根, の崖際, の離れ, へ出, へ安置, を歩い, を犯し, を見る, を視, ヲ散歩シテ四阿ニ休ム

▼ 後日本~ (25, 0.0%)

1 [25件] から年々多額, が変った, において初めて, における民主主義革命, にも国際的, にも平和, にも民主的社会, に帰還, に於ける, に潜入殉教, に自然主義文学, の人口, の内地, の国, の国名, の当面, の思想界文学界, の政体, の政府, の相貌, の経済, は再び, は急激, は無, へやってきた

▼ 後なら~ (24, 0.0%)

1 [24件] いいだろう, お前の, では歸, で知れぬ, ばいざ, ばという, ばともかく, ばバケツ, ば他, ば如何なる, ば知らず, ば私, ば表面, ば誘う, わしが, んと, 同僚即ち, 大抵の, 思わずその, 昔の, 益々いい, 益満さんが, 致し方も, 頂上へ

▼ 後における~ (24, 0.0%)

2 充された, 米国の

1 [20件] これら商品の, それぞれの, アメリカや, オールコック公使, 公式十番碁の, 各商品, 国家の, 壬申の, 感化に, 杵勝分派の, 残存諸, 民法編纂の, 民選議院建白と, 治安策および, 淫楽の, 第一回国際ペンクラブ, 聖徒の, 華冑家世の, 西洋数学の, 軍政振りとか

▼ 後~ (24, 0.0%)

2 の故障, べん, も彼

1 [18件] うした, うなすった, うも, かたいへん, かのはなし, かのまちがい, かの都合, かよほど大きな, か報ら, か金右衛門, といふ教会, になったら, になつ, の音沙汰, をやり出す, を力, を感じた, 思ったか

▼ 後~ (24, 0.0%)

2 ひは, る偶然, 会社に, 者は

1 [16件] る動機, る夕方, る夜窃, る日, る日私, る月, る計画, る質的, る雑誌社, 人が, 人の, 夜その, 夜京都寺町若林書店の, 日抽斎が, 時僕は, 書に

▼ 後~ (24, 0.0%)

19 もない 1 のない, の無い, もなき, も無い, も無く

▼ 後じさり~ (23, 0.0%)

5 をした 2 をし, をする

1 [14件] でもする, ながら目, に, にそろそろ, に扉, に段々, に監房, に退場, に離れ, をしつ, をしました, をはじめた, をはじめて, を始めた

▼ 後~ (23, 0.0%)

4 にある

1 [19件] から紙, から飛び出した, に小さな, に目盛, のもの, のバスケット, の扉, の方, の窓硝子, の部屋, へすべて, へ回る, へ廻りました, もよく, も見える, や腕, を向い, を指した, を通つて

▼ 後~ (22, 0.0%)

5 たさ 2 たいやう, たいよう, たい気

1 [11件] たい, たいところ, たいもの, たい不, たい事, たい心持, たい思い, たい気持, たい気持さ, たくなった, だくて

▼ 後始め~ (22, 0.0%)

2 て之

1 [20件] て, てこれ, てその, てだ, て其謀略, て出来しなり, て妾, て小姑, て感性, て戦い, て時間空間, て本格小説, て男, て真, て知った, て知る, て社界, て絃, て経験, て解すべき

▼ 後とうとう~ (21, 0.0%)

2 あきらめて

1 [19件] ある小雨, これを, その大蛇, その巨体, その答, チユウヤの, ラプンツェルが, 一度も, 一部うむ, 三人とも, 兜を, 彼は, 死んで, 私は, 突飛ばされて, 縁切との, 訳読を, 高等師範の, 鬼の

▼ 後我々~ (21, 0.0%)

2 は多

1 [19件] がどんなに, の所有, はあらゆる, はそこ, はまた, はアルコール二罐, は一軒, は丘, は主人, は大きな, は大阪, は実験所, は彼等, は我国, は時々, は根岸氏, は氏, は茶, は親切

▼ 後あの~ (20, 0.0%)

3 女は

1 [17件] バットを, ホテルで, 人が, 寒村の, 小城へ, 弁信を, 患者が, 生け垣を, 総覧を, 羽根を, 若い男, 辺で, 醫師の, 騒ぎの, 騷ぎのある迄, 高窓, 黄色い釦

▼ 後に従って~ (20, 0.0%)

1 [20件] お供の, そそり立った柱, それで, ひょいとあの, 一緒に, 二階へ, 何やらそわそわと, 僕は, 城内の, 天幕の, 学校の, 月の, 歩いた, 死骸を, 氏神の, 登って, 紋太夫は, 花道へ, 酒場から, 駈け出した

▼ 後まもなく~ (20, 0.0%)

1 [20件] すずめが, ずる, それは, のこと, もちあがつた姉さま, フィリッピンに, 上州の, 先生は, 八雲書店から, 夫の, 彼は, 早世した, 死んだ, 率先し, 病いに, 病死自然死および, 福田恆存に, 経済学の, 赤木桁平君と, 軍需大臣と

▼ 後更に~ (20, 0.0%)

1 [20件] それを, 之を, 二人の, 何處の, 其核心を, 分立し, 原文のみを, 墻の, 大星由良之助に, 女武道併合が, 孥を, 岡寛斎と, 探検航海を, 数次の, 東の, 私が, 移って, 苦痛が, 英語を, 青木木米という

▼ 後遂に~ (20, 0.0%)

1 [20件] は情, アルベルトを, 上道郡大多羅村の, 主人の, 之を, 其の妓, 其兄火照, 呼吸を, 困った挙句, 妻房枝を, 捨て, 斎藤氏から, 板下画より, 枯死し, 無罪の, 特殊相對性原理を, 現在の, 第四, 誅戮せらる, 頑丈の

▼ 後さらに~ (19, 0.0%)

1 [19件] いずこの, こんどは, また三十分足らず砂埃, 中年者の, 乗車し, 二日間ハルツを, 今の, 円乗寺の, 別室の, 十年の, 夜半にかけてまで, 安芸の, 次の, 求められる声, 江戸まで, 浅草の, 田と, 研究を, 若い情婦

▼ 後るる~ (19, 0.0%)

5 こと約 2 こと正に, ものに 1 ことなし, こと三年に, こと百五十年である, な, は始め, ものと, 事三年乃ち元治元年なり, 二十七年後の, 数日これまた, 者を

▼ 後~ (19, 0.0%)

1 [19件] からちょうど, から十年, から数年前, では引, に猶, に至る, のよう, の字, の情婦, の蘆屋, は心, までだって, までの事, まで何れ, まで坐っ, まで持ち扱っ, 京水の, 又慰藉, 迄袋

▼ 後半生~ (19, 0.0%)

2 を送

1 [17件] いかようとも, というもの, には殆ど歌, にも尠, の出発点, の方向, の時代, の閨門, は今日, は森, もその, をおくっ, をし, を仏, を六区高塔下, を捨て, を送った

▼ 後立山山脈~ (19, 0.0%)

1 [19件] というの, とも呼ばれ, と呼ん, なる名称, には積雲, に比す, に頗る, の中, の北半, の山々, の派出, の群峰, の鹿島槍, はこの, は之, は高, を引, を縦走, 即ち白馬山脈

▼ 後ここ~ (18, 0.0%)

2 に再び, に来

1 [14件] にうつる, に堕落, に幾年, に祭る, に第, に賤ヶ嶽決戦, に集まれ, の寂光院, の支配人, の鴨, は楠氏, へもぐり込む, までたどりきたった, を占領

▼ 後とは~ (18, 0.0%)

1 [18件] いいながら, いえピストル, いつの, いはず目, いわず私, その人間, 全く見違える, 同一の, 大差なき, 察せられるが, 幾分の差が, 御推測, 思われない, 成ったイヤ幾分時, 手の, 東京人の, 申しませぬたった, 言はれない

▼ 後もう~ (18, 0.0%)

2 もとの

1 [16件] これつ, ひとつ謙信の, ほんの少し, 一つ余計に, 一ぺんという, 一本バットに, 一遍来た, 万葉一途の, 二つ三つ書け, 出ないよ, 慶應とだけ, 我慢が, 日脚が, 村まで, 来ないの, 熱は

▼ 後二年~ (18, 0.0%)

4 にし

1 [14件] から着手, しか経っ, たてば, である, で再, と云う, ならずして, の築地河岸, ばかりし, ほどし, ほど過ぎる, もすれ, を過した, を隔て

▼ 後~ (18, 0.0%)

8 末を 2 末は, 末も 1 内藤侯侯国除, 末が, 末に, 末について, 末の, 末やら

▼ 後彼等~ (18, 0.0%)

1 [18件] が馬車, の仲間, の大胆, の心, はその, はたちまち, はやっぱり, はよく, は厚和, は大人しく, は息, は我, は東京, は滅多, は血, へ拍車, ほどの知識, を地獄

▼ 後~ (18, 0.0%)

1 [18件] の如く, 一〇〇年を, 一カ月程, 一ヶ月を, 一ヶ月春昼の, 一年半を, 一時間を, 一箇月半を, 一行半, 三十年間にわたって, 三月に, 三週間の, 二十時間を, 二時間四十分を, 二箇年目に, 五百年間という, 四十五日, 百五十年間倭人の

▼ 後かれ~ (17, 0.0%)

2 は故郷, らは

1 [13件] その侶, と希っ, の心, はとんと, はもう, はやかれあの, はアーヴェ・マリーア, は一言, は学校, は幸い, は越前大野郡, 早かれ一度, 讒者の

▼ 後とても~ (17, 0.0%)

1 [17件] お独り, その辺, その通り, それが, チベット旅行中いろいろ, 一生涯そんな, 世代の, 事荒立て, 余にさえ, 余の, 出来ないとは, 幾多の, 此範圍内に, 皆口を, 私は, 長く形, 露月同様御

▼ 後にこそ~ (17, 0.0%)

1 [17件] いろいろな, その地, また附近, 刈り上げ祭り, 初めて天, 吠ゆべき, 告ぐべけれ手, 大八洲, 天下の, 思ひ知るらめ, 本當, 此手段に, 知られる, 知るを, 自分の, 観め, 誠に

▼ 後~ (17, 0.0%)

2 前に

1 [15件] あるらむ, また相, まも, カーペツトの, 之を, 先き, 先に, 天井へ, 左右に, 手の, 旅の, 横からの, 横は, 横を, 蟄伏中に

▼ 後今日~ (17, 0.0%)

4 に至る

1 [13件] その文学性, に到る, に及ん, のブルジョア, の内, の若い, までの, までの趨勢, までの間, まで警察, まで長く, も薔薇, 迄のもの

▼ 後~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] てきた, て仏法, て剣, て行った, で, で来り, といふかも知れぬ, のいくつ, のもの, の分り, の妻クララ, の歌, の清ベエ, 第二回, 逸話参照

▼ 後~ (17, 0.0%)

1 [17件] とお前, と二人埼玉縣, と共に引き取られた, と叔母, と同じ, と弟二人, と母屋, に先だって, の手, の枕元, の残した, の郷里高知縣佐川町, はかれ, はどこ, は螢籠, も年, や妹

▼ 後~ (17, 0.0%)

2 を掻いた

1 [15件] が下っ, が何, が何となく, が次第に, さえ一筋一筋, の先端, は寝みだれ, をいつも, をぼうぼう, を掻き上げた, を掻上げざま, を潜っ, を無造作, を男, 上げても

▼ 後私たち~ (17, 0.0%)

2 の一行六人

1 [15件] が鹿島丸, の念願, の生活, はまた, はブルック・ストリート, は世間, は乗心地, は他, は例, は按摩, は木村さん, は立ち上った, は街, は鬼塚元帥, は默つて

▼ 後立山~ (17, 0.0%)

4 の両, 両山脈 1 という一箇, と当てる, に就, に関する意見, の特長, の続, は栂谷頂, は鹿島槍, まで音読

▼ 後~ (16, 0.0%)

2 に瞠若

1 [14件] に, におさえ, につれて大, には少し, に一服喫おうと, に一礼, に五, に引かれた, に従って及ばず, に押し戻された, に退かし, に遅々, を見, 押に

▼ 後ついに~ (16, 0.0%)

1 [16件] すべてを, めぐり会おうとは, テーブルに, 出されて, 初果, 屈して, 左へ, 彼女は, 彼岸に, 御殿山英公使館焼打, 怪しかる, 掴んだ久左衛門, 汽車が, 私の, 酒造が, 頼朝より

▼ 後やっと~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの避暑地, のこと, クウリンの, 上高地へ, 出て, 同楽茶園, 安心し, 彼が, 応接室に, 思い出したよう, 正気を, 死ぬと, 私の, 立ち上って, 起きて, 高座には

▼ 後平次~ (16, 0.0%)

6 は八五郎 1 と八五郎, の横手, の背後, はお, はガラッ, は主人, は大川橋, は廊下, は怪人, は改めて

▼ 後白河法皇~ (16, 0.0%)

2 の御

1 [14件] からたちまち, からまた, がそれ, なども優に, に取り入り奉った, の勅請, の第, の長講堂, はその, は入道信西, は頼朝, も当分, を中心, を鳥羽

▼ 後~ (15, 0.0%)

2 つそく

1 [13件] うした, う云, う私, こっそりついてる, とはしばらく, ぶら下つちや, へ一滴, へ振り向きません, へ腸加太児, へ腸加太兒, ほ子, ぼくも, 行つて川ば

▼ 後すざり~ (15, 0.0%)

4 をし, をする 2 に上流 1 ながら右手, に茶の間, をした, を始めました, を始める

▼ 後においても~ (15, 0.0%)

2 健康の

1 [13件] この美しい, その以前, また均衡価格, 何が, 同様で, 多くの, 天皇は, 學者や, 封建的の, 彼は, 気楽な, 特にこの, 農民は

▼ 後ばかり~ (15, 0.0%)

2 ついて

1 [13件] でその, でなく其人, 向き続けて, 見ねえでまア, 見返りますから, 視め, 追い廻したの, 追い廻して, 追っかけた, 追っかける好色, 追っかけ廻し, 追って, 追ひ廻して

▼ 後~ (15, 0.0%)

7 はしに 4 もない 1 ことの, づ問題に, はしと, はしといふ

▼ 後やがて~ (15, 0.0%)

1 [15件] お清, ここの, どこかへ, 夏雲を, 左馬介が, 席を, 幅の, 彼は, 徐庶は, 最後の, 木小屋の, 李少, 浅草随身門外の, 私を, 部屋の

▼ 後一人~ (15, 0.0%)

2 ニヤニヤと

1 [13件] だつて陽気, で東京, で歩き回り, で酒, なるべし, になつた, の人, の僧侶, の晴れやか, の生徒, の若い, 残った腫れぼったい, 残らず食堂

▼ 後一時間~ (15, 0.0%)

2 ばかりし

1 [13件] か, ずつ私, たってから, と思われる, ないし十四時間生存, にあらわれ, ばかりの頃, ほどだ, ほどで, ほども所在, 乃至一晝夜, 乃至二時間後, 或は日没前一時間位

▼ 後僅か~ (15, 0.0%)

1 [15件] な月給, に二, に十年, に半月, に四ヶ月, に四五年, に四日目, に数日, に残る, 一ヵ月あまりだった, 一瞬の, 七八年の, 三カ月に, 二十年経つ, 六ヶ月で

▼ 後先生~ (15, 0.0%)

2 は二月一日

1 [13件] が日光晶徹, と私, に関する諸家, の宅, の邸, はいかにも, は大, は獨逸, は高瀬, よりお, を一帆, 再び京都, 又僕

▼ 後半年~ (15, 0.0%)

2 あまりそこで, にし

1 [11件] たつと, で見出され, のいま, ばかりにし, ばかりは富山, ばかりゐた, ばかり教育総監部, ほどたっ, もたたぬ, も経たない, も経たぬ

▼ 後半蔵~ (15, 0.0%)

1 [15件] が馬籠, のそば, はかね, はそれ, はひとり, はひとり歌書, は伊之助, は会所, は周囲, は店座敷, は日ごろ, は本陣, は水戸浪士, は江戸, は神祭

▼ 後~ (15, 0.0%)

7 の塚 3 の古墳 1 それから最後, と四角, なの, の形, の立派

▼ 後~ (15, 0.0%)

2 に蓄え, へ入っ

1 [11件] で酒宴, の一室, の大奥, の客, の宴席, の寝所, の寝殿, の廊, の秘園, へ忍ん, もある

▼ 後~ (15, 0.0%)

1 [15件] の如, の手, はすこし, はまた, はもう, はわが, はアパアトメント, は一人, は仕事, は余, は岩, は紅, を川, を帰し, を馬車

▼ 後始めて~ (15, 0.0%)

1 [15件] のことば, 同行を, 或重大, 沓手鳥の, 流刑を, 神拝有り, 秘蔵せし, 綜合的客観詩人の, 美人と, 訣つて来た, 遣る手紙, 適当な, 開きたる伊太利議会, 開きたる伊太利議會, 鶴岳八幡宮に

▼ 後~ (15, 0.0%)

1 [15件] にその, にほとんど, にまさる馨あり, に登, はその, はマリア, は始, は寒, は新月, は此等, は異, は目, れ始めて, を伴, を悦ばす

▼ 後二三日~ (14, 0.0%)

3 して

1 [11件] が食べ頃, した探梅日和, してから, すると, というもの, の間, は全線, は身体, もたて, を経, 待つて

▼ 後即ち~ (14, 0.0%)

1 [14件] 三十一日に, 三年の, 之を, 今より, 八紘一宇の, 十一月の, 千九百二十年から, 夜の, 天平三年秋冬以後の, 女に, 昭和初頭の, 最後の審判の, 翌廿年三月九日夜, 船の

▼ 後~ (14, 0.0%)

1 [14件] さわぎを, なる問題, 作家まで, 八島を, 匙一杯の, 匙三杯の, 后豐の, 孫との, 掾の, 日本地誌の, 旦那様の, 汝の, 灌奠式を, 玄和尚は

▼ 後~ (14, 0.0%)

2 の名

1 [12件] にかけて所謂方士, の世, の中頃, の傾頽, の君臣, の呂布, の官吏, の帝室, の時代, の景帝, の末期, の桓帝

▼ 後片づけ~ (14, 0.0%)

5 をし 2 を済ます 1 のため, の間, もございます, もまだ, も何, をお願い, をすます

▼ 後~ (14, 0.0%)

1 [14件] ほ, ほ我心, ほ政治, 二人の, 二掴三掴の, 二百五十年も, 亡霞亭の, 其の生長, 卿等の, 大澤の, 審判を, 残れる也, 看此梵宮, 読む者

▼ 後立て~ (14, 0.0%)

2 になっ

1 [12件] がある, が手, であること, で十四歳, とか一種, はた, はまんざら, はシッカリ, もなく, も此, を背中, 丹後守様の

▼ 後~ (14, 0.0%)

1 [14件] から首筋, と眼, に巻きつけ, に載つ, の中, の君, の痛む, の辺り, までの距離, まで箍, をすくめた, をぶつ, を一刀切つて, を顧みよ

▼ 後こう~ (13, 0.0%)

1 [13件] いい渡した, いって, 云う声, 云う寂しい, 云う間違い, 云った, 保吉に, 僕の, 家康に, 答えた, 結論し, 言ったもの, 辰子の

▼ 後~ (13, 0.0%)

2 まひを

1 [11件] てだけのもの, てで, てである, てとが何, てと言, ての知盛, ての輝く, ては一種, ては更に, まひは, ょあん孫七の

▼ 後どんな~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことが, ことに, ことを, 事あっ, 事情に, 名人が, 大変事が, 心持で, 生活を, 男に, 研究を, 言を, 間違いを

▼ 後~ (13, 0.0%)

2 の妻

1 [11件] から君, が私, に合せる, に向い, のすゝめ, の出さ, の手, はもはや, を謝, を馬鹿, 各其瀬

▼ 後添え~ (13, 0.0%)

1 [13件] でもこの, とまでなおった, など持つ, にせよ, にと望ん, になどやれましょう, に娶っ, の代り, の女房, の腹, も貰はず, をつれ, を世話

▼ 後~ (13, 0.0%)

2 附けは, 附けを, 附を 1 火説の, 着けを, 附が, 附けと, 附けも, 附けやら, 附の

▼ 後突然~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある者, おじ君に, ここの, こんな発作, それが, とし, またこんな, ガチャリピシリと, 中央線の, 少将は, 年若き, 活動を, 病勢が

▼ 後~ (13, 0.0%)

2 か又

1 [11件] か歸郷, が一体鈴子未亡人, が伝へ, が位, が戸締り, が継ぐ, でも感じる, もいない, も来ない, も来なくなった, れいうと

▼ 後~ (13, 0.0%)

1 [13件] が亡くなる, が惰力, なる開明党, の出づる, の御者, の戒しめ, はまた, はようやく, はロープ, は毒瓦斯, へ飛びこん, を引き出す, を西港

▼ 後さて~ (12, 0.0%)

2 あまりに尋常, あらためて飲み干したる 1 それが, 帰ろうかと, 次の, 歴史にとって, 用意が, 老教授, 自分は, 語り続くるやう

▼ 後そこ~ (12, 0.0%)

2 に教鞭 1 にあった, には絹, には藤野古白, に展げ, に突然, に見物, に開き始める, へ幣, へ敷いた, を通して奇異

▼ 後だけに~ (12, 0.0%)

1 [12件] かえって眼, この雪, ひどくあわて, 一段と面白かろ, 一筋道が, 何となくわだかまり, 却つて眼の, 拍子抜け, 新地の, 此の, 殊更に, 活き活きと

▼ 後でした~ (12, 0.0%)

2 が何 1 か, かねえ, があなた, がある, がその, が彼, が頸筋, っけか行願寺, 其処へ, 私は

▼ 後とに~ (12, 0.0%)

1 [12件] なり先, 二人の, 二度主食物は, 変りが, 大きな魚の目, 大別し, 巡洋艦を, 櫨の, 残って, 残り永久に, 絵巻物が, 美しい刺繍

▼ 後にしか~ (12, 0.0%)

1 [12件] この専有, なかった, はやらなかった, 公に, 出ないこと, 出なかった, 始まって, 引渡されないで, 彼の, 来ない, 渡しては, 現われないから

▼ 後わたくし~ (12, 0.0%)

1 [12件] が偶然, の家, の肩, は二人, は何度, は多く家, は江戸, は池田宗家, は猶, は西洋, は郵便箱, は間もなく

▼ 後わたし~ (12, 0.0%)

1 [12件] の祈祷, はあそこ, はこう, はまるで, はキッティ, はブレイスブリッジ邸, は古風, は同じ, は埃風, は彼, は薄暗い, も老人

▼ 後~ (12, 0.0%)

1 [12件] が日本, を世に, を戰場, を撤囘せり, を殺せし, を爲す, を通過, を非難, を高知, ヲ書スベシ, 少卿, 言乎

▼ 後十日~ (12, 0.0%)

1 [12件] すぎて, にし, のもの, の休暇, ばかりの頃, ばかりもたって, ほどし, ほども経っ, も経て, 又遣, 未だ何, 程続ける

▼ 後最初~ (12, 0.0%)

21 に眼, に行われた, に見たい, に見舞つた時, に覚えた, の上野行急行, の勉強, の庚, の数日間, の音楽会

▼ 後未だ~ (12, 0.0%)

1 [12件] 一訪する, 三十日とは, 久しきを, 四時間に, 尾根に, 幾ならずし, 思うよう, 涙の, 独身の, 草鞋ば, 試みざるもの, 雑誌

▼ 後いよいよ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ここを, 守りを, 巨万の, 心地まさり, 戦場に, 本田に, 東京へ, 栄えるわけ, 瀬田の, 絵具や, 餓う

▼ 後さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] それから鉱泉組, たらそんなに, だったなんて, に会えよう, の手, の隣, はここ, はこれ, まだよ, も先生, も自然

▼ 後しざり~ (11, 0.0%)

4 をし 2 をする 1 に線路, に里子, をした, をしなけれ, をしました

▼ 後だつた~ (11, 0.0%)

1 [11件] かしら, かその頃小石川, かとも思われる, がお, が一頭立て, せいか, ので, のでその, ので引率, ので私, ので行李

▼ 後でなく~ (11, 0.0%)

1 [11件] ちや得られません, ていったい, てはこの, てはどうして, てはならない, ては出, ては國民一般, ては起こるまい, てもほんの, ば残, 最外翼

▼ 後での~ (11, 0.0%)

1 [11件] お縫, ふた, ギリシアの, 入浴後の, 名医よりは, 妻子の, 無闇に, 落ちつき拂つた態度など, 衣食の, 話だ, 雑談の

▼ 後といふ~ (11, 0.0%)

2 ことに, ものは, もの野尻氏は 1 ことを, もの私は, やうな, 事に, 仁ぢや

▼ 後とでは~ (11, 0.0%)

2 それを 1 そこに, その心理, スッカリ見違える, ロマンティシズムの, 世態も, 地方人の, 小刀の, 感じの, 自己の

▼ 後など~ (11, 0.0%)

1 [11件] とりわけて, キリシタン武士の, 三人で, 北条家は, 原稿が, 宿の, 帷衣一重に, 彼等は, 殊に不快, 汽車の, 足に

▼ 後にでも~ (11, 0.0%)

2 生命が 1 あつた, この地図, ついて, なつて, 何時何処そこでは, 勉強した, 取ッ, 我々を, 散歩が

▼ 後もどり~ (11, 0.0%)

4 をし 1 となった, はできない, をしかけや, をしかける, をした, をする, をはじめた

▼ 後わずか~ (11, 0.0%)

2 に三年目 1 に二回目, に住持, に静か, の間, 三年目であった, 二百部で, 五日目に, 作曲家の, 満二年

▼ 後われ~ (11, 0.0%)

2 と共に東 1 いずくんぞしらん, とわが, に交付, に何ら, は二たび幕, は友, は怪しき, は猶, 爾曹

▼ 後~ (11, 0.0%)

2 の刑法千二百八十五条, の範頼 1 によって鳥かご, のやう, の医師表, の如く村, の慢心, の放浪, の神社

▼ 後取り~ (11, 0.0%)

2 が出来た 1 と言, にする, の用意, の金太郎, は入用, は親類方, を連れ, 子息が, 息子の

▼ 後~ (11, 0.0%)

2 に棄 1 に唯, に戴き, に抱え, に束ねたる, に絞め上げた, に靠れ, に骨盤, の好い, の御

▼ 後直に~ (11, 0.0%)

1 [11件] つ, 出來, 前記各, 家を, 彼女の, 彼女は, 洋行した, 無条件で, 身づく, 鎮魂祭が, 震災に

▼ 後私達~ (11, 0.0%)

2 が再び, はまるで 1 はすっかり, は公所, は千家邸, は本多翁, は東京, は頼まれた, は鶴さん

▼ 後~ (11, 0.0%)

1 [11件] が正しい, に拠れ, に説く, の如く, の方, を主張, を信ぜん, を取る, を持, を採れり, 正しからむ

▼ 後いろいろ~ (10, 0.0%)

1 とおそろしい, と病院, なもの, な意味, な短篇中篇, の人, の禍い, 不しあわせ, 取計らうつもり, 研究の

▼ 後ずっと~ (10, 0.0%)

1 ある彼女, この方故郷は, 上の, 人事不省に, 学校を, 時が, 来ないよう, 田端の, 着続けたもの, 砲兵工廠に

▼ 後とて~ (10, 0.0%)

2 出來 1 出来ぬ事, 図らずも, 女供, 家學の, 川添の, 帷子川も, 庭一面, 雨具の

▼ 後などは~ (10, 0.0%)

1 その風, ただわけ, イワノウィッチは, 一杯飲ん, 何でも, 固より, 堆く積まれ, 彼に, 殊に安静, 随分やっ

▼ 後なれ~ (10, 0.0%)

3 ど今更 1 どお, どこの, どもただ, ばか, ばこそ封地, ばにも, ば残りたる

▼ 後わが~ (10, 0.0%)

1 主力は, 助けを, 勇猛の, 呉侯から, 國の, 師に, 生れし處, 見しもの, 言葉を, 足元に

▼ 後一度~ (10, 0.0%)

2 は上高地 1 も恋愛, も恋愛関係, も自分ら, も表, 否定された, 帰国した, 帰郷せし, 訪れて

▼ 後~ (10, 0.0%)

1 けて安永島, のタゴール, は信恬字, は即ち, をつぐ, を書いた, を欽, を潔, を祥助, 劇へ

▼ 後~ (10, 0.0%)

1 がにわか算段, が鎌倉書房, と共に月刊雑誌, の伯父さん, の成功, の手, は散歩, は淡路町, は自ら主宰, 再び訪

▼ 後~ (10, 0.0%)

2 の中 1 にそんな, に残った, のおやじ, の人たち, の内, の周囲, をやきはらつ, を失つた三四萬

▼ 後彼ら~ (10, 0.0%)

1 に残ってる, の心理, の間, はどこ, はもう, はフランス, は夢, は奥, は引きつづい, は美

▼ 後数日~ (10, 0.0%)

4 にし 2 経て 1 ならずして, の事, もあれ, を経

▼ 後~ (10, 0.0%)

1 に建てられた, に開かれた, らしい遠征, らしく築地, 介が, 政府にては, 政府の, 校舍の, 水源地の, 領主高力様の

▼ 後曹操~ (10, 0.0%)

1 がそれ, に密詔, に降り, に願い, のやる, の敗軍, は, はあらためて, は急, は桟敷

▼ 後次第に~ (10, 0.0%)

1 中心に, 他氏の, 復興し, 思想が, 恒例と, 息災と, 愛慕する, 晩年の, 暴露され, 驚くべき総合的文明

▼ 後~ (10, 0.0%)

2 の塔 1 の, のお, の医者, の土臺, の子, の家, の森, の軍艦形

▼ 後漢書~ (10, 0.0%)

1 から始まる, が単に, と一つ物, にも藝文志, の, の改刪, の注, は劉宋, を斥, 承宮伝

▼ 後玄徳~ (10, 0.0%)

1 が, がただす, が彼, が設け, の使い, はふたたび, はまた, は一時, は新野, や孔明

▼ 後~ (10, 0.0%)

1 から大門前, で買った, に大火, の市場, の挽き, の挽地物屋, の料理屋, の辻, を散歩, を歩い

▼ 後磋磯~ (10, 0.0%)

8 之介 1 之介様, 之助

▼ 後秀吉~ (10, 0.0%)

1 から吟味, が戦功, にとってせっかく, の不興, の夫人北, の答礼使, はその, は勢州出陣, は小谷, は死ぬ

▼ 後~ (10, 0.0%)

2 をひどく 1 が真赤, にかけて貫いた, に烙, に鋭い, の下, を二つ, を叩いた, を膝

▼ 後かも~ (9, 0.0%)

2 しれない, 知れません 1 疑わるる程, 知らぬ余, 知れない, 知れなかった, 知れぬ余

▼ 後からでも~ (9, 0.0%)

1 何か, 呼べる, 強制的に, 思い知らして, 来なさい, 構うまい, 直ぐお前, 素通しに, 附けられるよ

▼ 後ただちに~ (9, 0.0%)

1 ロイド君は, ロシア国博士マッチセン, 三井物産会社支店長間島氏の, 八丁堀親分の, 店開きした, 着手しなけれ, 蟄居の, 西郷内務大臣及び, 防禦の

▼ 後だんだん~ (9, 0.0%)

2 この国 1 あせりはじめました, かの旅店, と火星人, 作者の, 憂鬱に, 法医学に, 調べて

▼ 後でさえ~ (9, 0.0%)

1 あったので, これを, なお漢文, まだ全くさっき, エグモントや, 家老の, 彼の, 正々堂々最後, 都恋し

▼ 後とで~ (9, 0.0%)

1 その感触, ロシアの, 人生が, 人生観が, 同一である, 急に, 竹笛を, 身の, 頻りに話しし

▼ 後とり~ (9, 0.0%)

1 がある, だから, にしよう, に立てよう, の庄左衛門, の後見, 娘だ, 娘の, 息子金太郎

▼ 後どこ~ (9, 0.0%)

2 にも滅多, の湯屋 1 かで戦禍, かで見付けた, までムク犬, やらの疎開先, をどう

▼ 後においては~ (9, 0.0%)

2 存在は, 彼らは 1 その功, 宇都宮乕雄という, 憲法に, 最早主戦論, 確實に

▼ 後ひそか~ (9, 0.0%)

1 にあの, にしのびこん, にロンドン, に亡夫, に彼, に柴田どの, に法然, に第, に結束

▼ 後へに~ (9, 0.0%)

2 瞠若たらし 1 健全な, 施米かな, 瞠若たるの, 見て, 走り内, 退って, 高歩み

▼ 後もう一度~ (9, 0.0%)

1 あの, あの茶室, この廃墟, シューベルトが, 含芳へ, 大きい眼鏡, 家康の, 月末ぐらいという, 私の

▼ 後やつ~ (9, 0.0%)

2 と金液神丹方 1 とお, とその, と僕, と彼女, と火, と疲労, と破牢

▼ 後やはり~ (9, 0.0%)

2 丁寧に 1 あの会合, スキーは, 俯向き勝に, 招待を, 格別急ぎも, 私の, 鏘然と

▼ 後一週間~ (9, 0.0%)

1 で良人, で退院, になつて, ばかりです, ばかり経つ, ばかり過ぎる, も寝, を経, 或は十日間經つて

▼ 後二階~ (9, 0.0%)

1 であなた, で少年, で校正, で碁, にあがり, に上がっ, の寝室, の窓, へ戻っ

▼ 後今度~ (9, 0.0%)

2 は雲一ツ 1 はいよいよ, は別, は床, は朗読, は泉水, は真紀子, は郷里

▼ 後~ (9, 0.0%)

2 元年 1 のとおり丹念, の如く, の檜舞台, 三年, 二年, 元年に, 海軍の

▼ 後八五郎~ (9, 0.0%)

2 のとぼけた, の問 1 にせがまれ, のせが, は平次, は念, は相

▼ 後~ (9, 0.0%)

1 が更け, さな, になり, になれ, に入る, の八時頃, の広小路, を徹する, 更けた下屋

▼ 後~ (9, 0.0%)

1 がいろんな, が夫, とそこ, と共に病兒, に迎, のお, のた, は顔, を失い

▼ 後~ (9, 0.0%)

4 に大勢 2 か御 1 があるべきだ, であった, となり

▼ 後~ (9, 0.0%)

1 おくれて, に積, の奥, もただならぬ, を満たし輝かす, を躍らす, を通, 滅するを, 附けなければ

▼ 後或は~ (9, 0.0%)

2 五十年の, 更に百年 1 その瞬間, 一定の, 十年の, 田畑を, 瞑想の

▼ 後既に~ (9, 0.0%)

1 また歳月, 一ヶ月たっての, 三四週間にも, 三年に, 二十年を, 思ひ定, 數百歳を, 朝廷に, 義兄だった

▼ 後甲板~ (9, 0.0%)

1 からは勇ましい, から軍楽隊, が見える, でどっち, で読書, に出る, に立っ, の艙口, へ横

▼ 後~ (9, 0.0%)

2 は再び 1 のいどころ, の方, の社員, はそこ, はまた, はエリザ, は国枝さん

▼ 後白河~ (9, 0.0%)

1 からもあまり, というめずらしい, のばあい, の威, の御子, は義仲, への諫奏, をこきおろす, を利用

▼ 後繼者~ (9, 0.0%)

1 たるべき人物, たる可, たる金澤氏, で宗祖大師, となる, と目指し, なる法王, も出, を庇護

▼ 後銀座~ (9, 0.0%)

1 だったらう, でのむ, で新しい, の酒場, へのし, へ出る, へ夜店, へ泳ぐ, へ移った

▼ 後~ (9, 0.0%)

5 の狼 1 から追い出された, には狼, の出入, の虎

▼ 後いつ~ (8, 0.0%)

1 からともなく, でもおかあさん, でも恋愛, となく, とはなく, はいれる, までもさ, までも丹念

▼ 後かの~ (8, 0.0%)

1 すっぽんは, 女に, 女の, 孫の, 帳を, 浪の, 貞奴を, 道士は

▼ 後くれ~ (8, 0.0%)

1 て何れ, て十月九日, て十月六日, て建安十九年, て此盛況, て西暦十三世紀, 約百年位, 近江と共に

▼ 後じゃ~ (8, 0.0%)

1 どうしよう, な, ないか, もったいなくなる, よくおやすみ, 己が, 恨みつらみ, 酒を

▼ 後であっ~ (8, 0.0%)

1 てあの, てそれ, てそれ以前, ては間抜け, てアレ, て勃興当初, て大抵, て維新前

▼ 後でない~ (8, 0.0%)

1 かと思った, とおれ, とかれこれ, とそれ, と出来ない, と確定的, と絶対, 限り気を

▼ 後どうして~ (8, 0.0%)

1 い, いいか, その痛み, それが, またその同じ, 居るか, 日本橋の, 置くかというは

▼ 後なり~ (8, 0.0%)

2 我は 1 けんゆくりなく, けん山道切, これを, しならん, しなるべし, ふとしたる

▼ 後にのみ~ (8, 0.0%)

1 あらゆるもの, その世界史的見地, 決定されるべき, 浴後の, 誇りうること, 起り得るから, 起り得ること, 遠い完全

▼ 後一日~ (8, 0.0%)

1 か二日, か二日穩かな日, だけまぜ, である, で姫, として泣かず, の間, 次豆日小集韻

▼ 後丑松~ (8, 0.0%)

2 は机 1 はこの, はそこ, は叔父, は外套, は弁護士, は心

▼ 後五年~ (8, 0.0%)

1 ある, ぐらいとまとめ, しての, であつ, でその, の冬, ばかりというもの, も子

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 にも一層, の一人, の三国選手, の家族三人, の稚, は皆無事, より此祭祀, 村に

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 が秘書, に古松, はまた, は口, は夫人, は秀子, は空しく, は総員

▼ 後僕等~ (8, 0.0%)

1 の間, はもう, はやはり, はフォンタナ・トレヴィ, はベンチ, は実際, は格別急ぎ, は約束通り

▼ 後~ (8, 0.0%)

2 と代, の部屋, は京都 1 に縁談, の機嫌

▼ 後全く~ (8, 0.0%)

2 乳牛の 1 やめに, 乘り, 反動化した, 消息も, 発作前の, 継刊せざる

▼ 後十年~ (8, 0.0%)

2 を経 1 ならずして, ばかりの間, も二十年, を経た, を過ぎ, 経てば

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 には相違, にめ, の徳太郎, 人に, 娘として, 息子が, 息子で, 息子であった

▼ 後大阪~ (8, 0.0%)

1 で博覧会, に到り, に向いたる, に護送, のプラトン社, の城, の町, へ出る

▼ 後少し~ (8, 0.0%)

2 してから 1 からだ, ずつ意識回復, という, も移動, 心に, 快い時

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 お進ん, ほ殘, 一ヶ月ばかり, 三十分ばかりの, 何時迄も, 有効なる, 熱帶植物の, 白墨の

▼ 後必ず~ (8, 0.0%)

1 この議, これを, 人に, 地の, 大忠, 汝を, 讐を, 赤くなる

▼ 後数年~ (8, 0.0%)

2 にし, の間 1 たってからの, たらずして, まで生き, を過ぎた

▼ 後早く~ (8, 0.0%)

1 も, もこの, も六十年, も十年, 個性の, 寝て, 帳合之, 消失する

▼ 後暫らく~ (8, 0.0%)

4 寂しかつ 2 は父 1 寂しかった, 経ってから

▼ 後最も~ (8, 0.0%)

1 ひどい取扱い, 完全なる, 早く文学活動, 暗鬱な, 殺風景な, 盛んに, 近しい父母, 頭を

▼ 後江戸~ (8, 0.0%)

1 で元, にて残らず, にも及んだ, に残っ, の町醫者小田東叡, へはいっ, へ出, へ流れ

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 がノア, が在る, として祀られる, ながら, に扮装, の嘘入れ給, の怒り, は村

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 からそれ, から宏子, に凭れた, に都会, の先, の硝子, を切り抜い, を展

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 と呼ん, に連なる, はウシロタテ, もなく, をしてやる, をゴリウ, を音読, 帰りまして

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 であった, でその, のあなた, の奥, の牡丹花, へ出, へ現われ, を彷徨

▼ 後~ (8, 0.0%)

1 とつづいた, に合, に固く, に将, に救援, の校尉鮑信, の直, の陸

▼ 後迄も~ (8, 0.0%)

1 伝わったの, 外出し, 承け繼, 正に, 消えなかった, 華族風を, 長く伝えられた, 響いて

▼ 後静か~ (8, 0.0%)

1 な元日, な通り, にはいる, にデスク, にピアノ, に彼, に汁, に用い慣れた

▼ 後~ (8, 0.0%)

2 なる流れ, の方 1 には彼, の石垣, の金板, を平手

▼ 後いつも~ (7, 0.0%)

1 する妹, のよう, の鳥合ヶ原, 千二少年を, 家にばかり, 応用がかった, 約束を

▼ 後~ (7, 0.0%)

1 から喉笛, 戸, 戸に, 戸よ, 殿戸, 殿戸に, 門より

▼ 後であり~ (7, 0.0%)

1 一方の, 南端は, 又氣附, 地下に, 生死の, 祖父は, 銀子も

▼ 後であろう~ (7, 0.0%)

1 か, から思いつめ, とまた, と冷凍人間, と百年後, 庭に, 歟

▼ 後との~ (7, 0.0%)

1 この大変化, 二つの, 分界線を, 別と, 声は, 容易しい, 気分の

▼ 後につき~ (7, 0.0%)

1 來れ, 季武は, 従って, 従つてお, 添うた説明, 随って, 飛ばされ彦太郎

▼ 後にと~ (7, 0.0%)

1 両親は, 云い, 云う挨拶, 兄弟争い鬩いだ, 兄弟争ひ, 控えて, 誓ったの

▼ 後にまで~ (7, 0.0%)

1 その中途半端, 人の, 保つこと, 保存される, 御発揮, 襲って, 遺す気

▼ 後ふたたび~ (7, 0.0%)

1 アイルランドに, シリンのは, 彼女へ, 御勘気, 泉を, 自己を, 顔を

▼ 後ふと~ (7, 0.0%)

1 その原因, 名の, 君にも, 大田行を, 我に, 気がついた, 訪うひと

▼ 後むき~ (7, 0.0%)

1 が小意気, さっさとま, て其方, になっ, に体, に入れられる, に咲い

▼ 後三人~ (7, 0.0%)

1 が電燈, して, でムサシノ, の, の最初, は悄げかえっ, は母親

▼ 後三日~ (7, 0.0%)

1 である, にならない, に蘇り, の中, の内, の食, も経っ

▼ 後久しく~ (7, 0.0%)

1 ふれない町, 中絶の, 寡婦で, 志を, 恐しくて, 消え残って, 野に

▼ 後二三年~ (7, 0.0%)

2 の間 1 すぎて, たって, のあいだ, も経ったら, を経済

▼ 後二十年~ (7, 0.0%)

1 すなわち一八一一年, にし, にも足らぬ, の長, の長い, の間, はそれでも

▼ 後半期~ (7, 0.0%)

1 には長歌, のい, の作, の年頭, の政界, の軍事的体制, より二千百二十六名

▼ 後~ (7, 0.0%)

1 から隔離, が非常, との間, とは言わば, ともまた, に引っかかっ, の間

▼ 後~ (7, 0.0%)

2 女の 1 一筆蹟の, 八年運動としての, 処小林区署山本左一郎氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ, 十三日大纛に, 報告者は

▼ 後如何~ (7, 0.0%)

2 にし 1 でございますか, に冷静, に目覚しく, に身, 樣に

▼ 後孔明~ (7, 0.0%)

1 はやがて, はややしばし, は何, は八部, は大いに, は彼, を打破る

▼ 後宇多~ (7, 0.0%)

1 が御, の世頃, の仙洞, の後宮, の御子, の恋, は落飾

▼ 後幾度~ (7, 0.0%)

3 となく 1 かワフタンゴフ演出, も塔の村, も幾度, も竜宮界

▼ 後思い切っ~ (7, 0.0%)

2 て身 1 て店内, て穴, て華やか, て言った, て部屋

▼ 後散歩~ (7, 0.0%)

2 に出掛けました 1 する, に出た, のついで, の道づれ, はやめだ

▼ 後晴れ~ (7, 0.0%)

5 て海 1 などありたら, のブレザァコオト

▼ 後殿~ (7, 0.0%)

1 が彼, であるガイド, として興り, にて遇, のもの, の浪士, は見事

▼ 後深草~ (7, 0.0%)

1 が父帝, でありつまり, には何, の党臣, の長い, はおとなしい, は温和

▼ 後特に~ (7, 0.0%)

1 實暦明和寛政と, 日露戦争後急激に, 甚だしくなった, 痘科を, 眼に, 貧しい暮し, 馬力を

▼ 後直ぐ~ (7, 0.0%)

1 にその, に皆, に解決, に這い行く, 川を, 死んぢ, 眼を

▼ 後自ら~ (7, 0.0%)

1 この学問, その中, その器, 裂けしに, 読み返し見るに, 赦すなり, 題したもの

▼ 後郷里~ (7, 0.0%)

2 の父母 1 に帰っ, の有志者, の父母兄弟, の田地, をさして

▼ 後あし~ (6, 0.0%)

2 をちらっと 1 かけ十四年め, が前, である, は前

▼ 後あなた~ (6, 0.0%)

1 にぼやっと, に対してあの, は, は何時ごろ, もいろんな, も都

▼ 後あらためて~ (6, 0.0%)

1 坂本附近の, 孫高傅嬰の, 寄ろうと, 御見, 手にとって, 趙雲子龍へ

▼ 後こんな~ (6, 0.0%)

1 ことを, 事で, 場に, 日が, 評が, 風に

▼ 後さえ~ (6, 0.0%)

1 この疑う, 一滴の, 何を, 向けば, 腸加太児の, 解りましたら金

▼ 後すざりし~ (6, 0.0%)

1 て刀, て庖厨, て弱々しく, て船, ながら私, ながら自分

▼ 後すっかり~ (6, 0.0%)

1 巻煙草を, 掘りかえされて, 整理し, 暗くなる, 様子の, 駄目に

▼ 後すなわち~ (6, 0.0%)

1 一七九二年の, 九月九日であった, 六月七日である, 御譜代家老衆, 慶応四年五月の, 明治二十五年七月の

▼ 後ちょっと~ (6, 0.0%)

1 ポケットに, 云い憎, 僕に, 散歩に, 来られた視学官, 真面目に

▼ 後つき~ (6, 0.0%)

1 がある, が見えた, の工合, は全く, は帶, をじろり

▼ 後として~ (6, 0.0%)

1 いざいぶせき, とにかく店, 先ず下, 其の前, 別荘二ヵ月間の, 御前伊勢の

▼ 後どの~ (6, 0.0%)

2 位の 1 から丹三郎儀, には話し, ように, より預り来れる

▼ 後ならで~ (6, 0.0%)

1 は, はと一先, は何人, は又, は殿, は還らず

▼ 後にぞ~ (6, 0.0%)

1 思い知られたの, 思合された, 楽ま, 殿下は, 犇と, 靠りける

▼ 後もし~ (6, 0.0%)

1 そこに, それが, なお母, 一生に, 幸あり, 戦争が

▼ 後もと~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 なら苦学, のところ, の夫, の我が家

▼ 後もどりし~ (6, 0.0%)

3 てその 1 たりする, てたちまち, て見物席

▼ 後やや~ (6, 0.0%)

1 健康を, 反り身に, 夏音を, 必要な, 苦しく例, 退屈を

▼ 後ゆっくり~ (6, 0.0%)

1 したためらうよう, と, と眺, と近江路, 隠し置いた物, 面会が

▼ 後よく~ (6, 0.0%)

2 砂と 1 これに, その家業, ヘタ球を, 主顧

▼ 後ゴーリキイ~ (6, 0.0%)

1 に云った, はレーニングラード, は再び, は却って, は社会民主党, は製図師

▼ 後フランス~ (6, 0.0%)

1 が英, が見られる, に現れた, の勲章, へ亡命, を降伏

▼ 後一層~ (6, 0.0%)

1 困難に, 多く判明, 家業に, 海を, 目に, 腕を

▼ 後~ (6, 0.0%)

3 の役 1 の両, の合戦談, の禍乱

▼ 後三十分~ (6, 0.0%)

1 か一時間, だ, でこれら, ほどし, を經, 乃至一時間

▼ 後三吉~ (6, 0.0%)

1 はお, は二階, は兄, は姪, は家, は火

▼ 後上京~ (6, 0.0%)

4 して 1 した, し株式

▼ 後世界~ (6, 0.0%)

1 が平和運動, に婦人労働者, に類, の人々, の呪文, の市民文学

▼ 後主人~ (6, 0.0%)

2 の紹介 1 が改めて, に会釈, の任地, の広

▼ 後九年~ (6, 0.0%)

1 して, であつ, にし, に至る, の歳月, を経た

▼ 後二日~ (6, 0.0%)

1 か三日, の間, ばかり厄介, ほどし, までの間, やっと筒井

▼ 後五六年~ (6, 0.0%)

1 して, たって, にし, になる, ばかりは亜米利加, 迄の間

▼ 後五十年~ (6, 0.0%)

2 か百年 1 たるを以て, だと, である, の健康

▼ 後五日~ (6, 0.0%)

2 この月中 1 すぎれば, に至る, ばかり続い, を経る

▼ 後京都~ (6, 0.0%)

1 にあ, に火, に遊学, に還幸, の山口薫次郎, を離れた

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 ては教室, らしい, 因を, 妻を, 要素が, 要素の

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 のビラまき飛行機, の酉の市詣で也, メテ学ノ, 七日の, 戀の, 登場の

▼ 後~ (6, 0.0%)

2 七は 1 おろした古, 七も, 七らは, 斎殿にも

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 は研究, をはげしく, をマーク, を先進国以上, を区別, を見た目

▼ 後同じ~ (6, 0.0%)

1 やうな, ような, 十匁を, 大学の, 巣に, 道筋を

▼ 後~ (6, 0.0%)

2 の間 1 に十字, に向, の隙間, より頭蓋腔中

▼ 後夕方~ (6, 0.0%)

2 から私 1 までにご, まで完全, 帰って, 間近くなっ

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 が松本, が画, の品行, は柔, は死んだ, を棄て

▼ 後宇多天皇~ (6, 0.0%)

1 から南北朝, にお, のお, の如く復古思想, の復古思想, の頃

▼ 後帰っ~ (6, 0.0%)

2 て来 1 てき, て出家, て来た, て行った

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 なきに, の大将, の死者, の猛, の襲撃, は何

▼ 後新た~ (6, 0.0%)

2 に質問 1 なる魂, な時代, に出来た, に就職

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 に依っ, インテリゲンツィアという, 著を, 著日和下駄その他を, 部下の, 里に

▼ 後母親~ (6, 0.0%)

2 の心 1 の依頼, はあまり, はお, は坐り直し

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 に声, に對, の知, も朝寒, も眼, をいかなる

▼ 後~ (6, 0.0%)

5 の上 1 を剥い

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 の像, の出精, は一人炉, は庭, は藩公, 猶在ら

▼ 後自殺~ (6, 0.0%)

1 されたの, した, しましたよ, するならば, と見せかけた, の決心

▼ 後~ (6, 0.0%)

2 の通り 1 が誕生, のついで, をする, をつたえ

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 にふく, によりか, の大きい, へやや, へ両手, をかすめ

▼ 後部屋~ (6, 0.0%)

1 から出ない, で二時間, のまん中, の隅, へ皆, を出かけた

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 が鯉淵, の便, の方, は真田幸村, は石, をふりむい

▼ 後~ (6, 0.0%)

1 とも書い, の二人, の打出の小槌, より採った, を従え, を欺い

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 いびきの, たまの, たまや, どうでも, ひ

▼ 後あたり~ (5, 0.0%)

1 にはもう, に一度, に小屋掛, に散りゐたる, を期待

▼ 後あまり~ (5, 0.0%)

1 の徒然, 多く日数, 市區改正を, 廣く, 有名でない

▼ 後あらゆる~ (5, 0.0%)

1 清算の, 石の, 童子の, 部門に, 限りの

▼ 後いくばく~ (5, 0.0%)

3 もなく 1 もあらぬ, も過さずし

▼ 後こそ~ (5, 0.0%)

1 今は, 兵馬は, 愈々世間, 知らめ, 脇役として

▼ 後しずか~ (5, 0.0%)

1 にききかえした, に室殿, に床, に水晶, に鞘

▼ 後しばしば~ (5, 0.0%)

1 あたしの, 先進の, 出仕を, 来朝し, 母君に

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 がたが, がたなら, つかり日当り, つかり暮れ, つかり肥つて來

▼ 後すべて~ (5, 0.0%)

1 この制度文物, に異状, の俳優, の方面, の美しく

▼ 後たびたび~ (5, 0.0%)

1 あったわれわれ夫婦, 出たもの, 出奔癖が, 辞を, 雨が

▼ 後だって~ (5, 0.0%)

1 いいじゃ, わるいに, 出来らあ, 楽じゃ, 無論そんな

▼ 後だて~ (5, 0.0%)

3 が有る 1 があれ, にそれだけ

▼ 後ちょうど~ (5, 0.0%)

1 一年ほど, 人の, 気懈い, 私が, 風の

▼ 後つぎ~ (5, 0.0%)

1 にする, に取りすがる, の如き, の娘オリヴァ孃, を持ち

▼ 後とか~ (5, 0.0%)

1 ないしは幸徳井, 体の, 就寝前とかに, 清洲で, 茶話の

▼ 後どういう~ (5, 0.0%)

1 ものか, キッカケであった, 人の, 縁が, 風に

▼ 後にか~ (5, 0.0%)

1 くる手, 五年後にか, 目が, 遙後にか, 開かれた時

▼ 後にかの~ (5, 0.0%)

1 地における, 大哲学者スペンサー, 女から, 酒屋類焼し, 鶏商を

▼ 後までは~ (5, 0.0%)

1 どこか, ニセモノを, 決して還らじ, 疑つて, 誰も

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 アナウンサーガ取, アル, 今暁物凄, 実ニ非常, 方々ヘ

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 と月 1 と言, 休みして, 返姉さん

▼ 後一つ~ (5, 0.0%)

1 の大きい, の峰頭, の林, の港, の見識

▼ 後一ヶ月~ (5, 0.0%)

1 と間, の後, まだ歩行不自由, を経た, 経たない内

▼ 後一年間~ (5, 0.0%)

1 というもの, といふもの, の売捌高, の心理, は比較的

▼ 後三日目~ (5, 0.0%)

1 にはどうしても, にはもう, に彼, に棺, まで船

▼ 後両親~ (5, 0.0%)

1 に分れ, はしばらく, は年老い, や姉たち, や弟たち

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 に短所, は, は十一監, は泥棒氏, は骸骨

▼ 後事件~ (5, 0.0%)

2 の重大 1 の発祥地, の進行, は極めて

▼ 後他人~ (5, 0.0%)

1 に働きかけたい, の入, の入会, は知らず, よりいかに

▼ 後~ (5, 0.0%)

4 助は 1 を襲ぐ子

▼ 後伸子~ (5, 0.0%)

1 と素子, は二間続き, は佃, は偶然, は父

▼ 後保吉~ (5, 0.0%)

1 はこう, はまた, はやはり, は停車場, は汽車

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 に三箇月, に八箇月, に六日, に数日, に詩四首

▼ 後全然~ (5, 0.0%)

1 さういふ風流, どこへ, 失神者と, 學校を, 記憶の

▼ 後八年~ (5, 0.0%)

3 にし 1 は文化七年, は霞亭

▼ 後六年~ (5, 0.0%)

2 の間苦行 1 で採収期, の今日, または七年

▼ 後六日~ (5, 0.0%)

1 で兵隊, の間毎晩一度, の頃, ばかりになる, 目だつた

▼ 後四年~ (5, 0.0%)

1 にし, の後, を経, 既に土芥, 経た今日

▼ 後四日目~ (5, 0.0%)

2 か五日目 1 のこと, の夕方, の太陽

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 がで, によらね, による, もなかっ, を竢つて

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 が全, にいます, の下, の御領田, は日

▼ 後太子~ (5, 0.0%)

1 の乗船イキトス号, は摂政, は遙, は遥か, 並びにシャア逝去

▼ 後家持自身~ (5, 0.0%)

5 も何だか

▼ 後嵯峨~ (5, 0.0%)

1 のむりな, の偏愛, の崩御, の未亡人, はまたも

▼ 後常に~ (5, 0.0%)

1 蛇身を, 蝙蝠傘を, 見識ある, 陣中で, 黄檗山に

▼ 後後で~ (5, 0.0%)

4 恥しからう 1 恥しかろう

▼ 後急速~ (5, 0.0%)

1 な発達, に日本, に流行, に高まり, の発達

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 を見 1 あらば, にふれ, にふれたる

▼ 後~ (5, 0.0%)

3 をし 1 も出来ません, をしばらく

▼ 後支那~ (5, 0.0%)

1 で段々, の償金, の旧い, の現代, の目録

▼ 後数時間~ (5, 0.0%)

1 にし, のこと, の運命, は火事, を出でざる

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 という妙, はこの, はそれ, は最初, 近くな

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 の靜けさ, を経, を経る, を計っ, 老いて

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 であつ, というの 1 にし

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 に向, に対す, のひき出し, の手紙, の抽斗

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 で乱暴, のため, の南端, の因循姑息, の青年會

▼ 後果して~ (5, 0.0%)

1 一筋の, 又悲惨, 少年で, 燕王の, 貴人より

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 月某日に 1 の著しく, は十六年, 保險會社の

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 を積ん 1 とある, に催され, はそれ

▼ 後極めて~ (5, 0.0%)

1 堅固に, 幸福な, 急劇, 短い時日, 臆病です

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 の大計, の如き, の室

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 せざるを, せるに, ぬると, へまで殴打, を期せざりし

▼ 後沒理想~ (5, 0.0%)

1 といふ, との最, なり, の生涯, の論

▼ 後片付~ (5, 0.0%)

1 づけが, まで美智子, も済まし, をしない, をすまし

▼ 後~ (5, 0.0%)

2 終に彼 1 から愚者, は小さな, 其死を

▼ 後義雄~ (5, 0.0%)

1 がこの, と同, の未練, は井桁樓, は用事

▼ 後老人~ (5, 0.0%)

1 から金子三円, の汐汲, は奥, は彼, は空

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 うると, うるに, がこの, を俟, 深そう

▼ 後英国~ (5, 0.0%)

1 から寄贈, のある, の社会情勢, へ留学, を屈し得た

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 がなかっ, がなけれ, が紅葉, で切り離すべきである, を語らなけれ

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 ひ心中, ひ迫り來, ふ音, 捕の, 駈けたもの

▼ 後電話~ (5, 0.0%)

1 に向, に向わなけれ, の返事, をかけ, を切った

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 のあたり, の汗, をたたい, を卷けり, を噛める

▼ 後~ (5, 0.0%)

1 をあげる, をまつ, を上げ, を上げた, を見合せ

▼ 後飛鳥~ (5, 0.0%)

5 の宮

▼ 後馳せ~ (5, 0.0%)

1 につかつか, に会釈, に散策子, に追, の分

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 ぢめていぢめて, べえ, 但し書きを, 日には

▼ 後いまだ~ (4, 0.0%)

1 三十日とは, 十年ならずし, 幾も, 経営なし

▼ 後およそ~ (4, 0.0%)

1 三週間くらいの, 人の, 十時に, 肥料中最も

▼ 後おれ~ (4, 0.0%)

1 が芙蓉娘, の噂ひとつ親爺, はこの, は成績表

▼ 後かげ~ (4, 0.0%)

3 何時までも 1 を見送り

▼ 後かなり~ (4, 0.0%)

1 やつれては, 年月を, 著名な, 遅くまで

▼ 後くされ~ (4, 0.0%)

1 がなく, がなくなるだらう, がなくなるだろう, が残る

▼ 後こうして~ (4, 0.0%)

1 庵に, 植物の, 私たちだけが, 駒井の

▼ 後これら~ (4, 0.0%)

2 の省察 1 のもの, の言葉

▼ 後さがり~ (4, 0.0%)

1 に二三歩, に身, ばかりし, をしました

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 ざって行った, て, てはまた, まつを

▼ 後しかも~ (4, 0.0%)

1 カレワラで, 今日では, 夜半近い, 賑やかな

▼ 後すでに~ (4, 0.0%)

1 一年半に, 二週間近くに, 十二時間以上を, 四年経った

▼ 後そっと~ (4, 0.0%)

1 下りて, 千代子の, 左右に, 義経に

▼ 後そのまま~ (4, 0.0%)

1 にし, 木曾川の, 機関車で, 真裸体

▼ 後ただ~ (4, 0.0%)

1 の一枚, 一度浅草, 眼前の, 荒るる

▼ 後たちまち~ (4, 0.0%)

1 また静か, 息ふき返し, 捨てられるごときこと, 軽率を

▼ 後だったら~ (4, 0.0%)

1 おそらく彼, よほど稀薄, バン・フーテンや, 彼は

▼ 後だろう~ (4, 0.0%)

1 か, かふと, というの, と思う

▼ 後でございます~ (4, 0.0%)

21 か, これから地獄行

▼ 後とある~ (4, 0.0%)

1 カフェーの, 劇場に, 小ぐらき路次, 田舎町に

▼ 後などには~ (4, 0.0%)

1 あるもの, もとから, よく土手, 呼び込み口

▼ 後なりと~ (4, 0.0%)

1 あって, いひ虞舜, するの説, またお目にかかりましょう

▼ 後なるべき~ (4, 0.0%)

1 か或は, こと云々, こと已に, 東照宮樣御遺訓に

▼ 後なんか~ (4, 0.0%)

1 ありゃしないわよ, 下男が, 尾けに, 跟ける

▼ 後ねだり~ (4, 0.0%)

2 をする 1 などをされる, をした

▼ 後ふたり~ (4, 0.0%)

1 の少年, は度々, 互いに手, 互いに指輪

▼ 後ほど~ (4, 0.0%)

1 で, なく我, 診て, 詳しく述べる

▼ 後ほどに~ (4, 0.0%)

1 なさらぬか, 承りますれば, 私と, 頂きましょう

▼ 後または~ (4, 0.0%)

1 何か, 尻の, 数日後に, 日没前の

▼ 後まったく~ (4, 0.0%)

1 元気が, 往年の, 疲れきり息, 行方不明と

▼ 後までの~ (4, 0.0%)

2 自己な 1 恥なるべし, 気がかりであった

▼ 後まる~ (4, 0.0%)

1 一年の, 一年ほどは, 二カ月ぶりで, 二年の

▼ 後みんな~ (4, 0.0%)

1 が町, こんな気持ち, の面前, はパオロ

▼ 後よりも~ (4, 0.0%)

1 いっそう確信, また同, 却って未だ大, 義務を

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 前ニメグラシテ, 尾行シタリ隣室ヘハイツテ散々俺ノ, 振リ, 片附ケタガ

▼ 後一同~ (4, 0.0%)

1 の口, は招待, へ向っ, また不思議さうに目

▼ 後一時~ (4, 0.0%)

1 この界隈, と二時, の寄るべ, また二時

▼ 後三十年~ (4, 0.0%)

1 ないし四十年, の今, の今日, の月日

▼ 後三年間~ (4, 0.0%)

1 ぐらいは著作, の自分, の間, は無制限

▼ 後三時間~ (4, 0.0%)

2 にし 1 くらいし, を経

▼ 後三條天皇~ (4, 0.0%)

1 が即位, が莊園, と云, は御

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 つ瀬 1 にいた, 臣が

▼ 後~ (4, 0.0%)

4 しからずして

▼ 後二時間~ (4, 0.0%)

2 にし 1 をとり, を出でず

▼ 後五六郎~ (4, 0.0%)

1 が真槍, の後ろ, は, や榊市

▼ 後五日目~ (4, 0.0%)

1 に汚れた, の五月十二日, の夜, の朝

▼ 後以前~ (4, 0.0%)

1 のところ, の情夫, の放縦, は幸七

▼ 後何事~ (4, 0.0%)

1 かを感じ, か喋舌, もなく帰っ, も意

▼ 後何度~ (4, 0.0%)

2 かあの 1 となく, もひとり

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 かにまた, かに擡頭, かに漢文学, にまめまめし

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 を以て組織, を網羅

▼ 後光秀~ (4, 0.0%)

1 のクーデター, はそれ, は初めて, は唐突

▼ 後再度~ (4, 0.0%)

1 キャゼリン嬢が, 上京し, 南極大陸に, 渡邊外記始め万年町の

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, に駕籠, の不覚, 互違に

▼ 後十数年~ (4, 0.0%)

1 にし, の後, を経, 経って

▼ 後和尚~ (4, 0.0%)

1 の種子, の背後, は朱骨, は突然

▼ 後国民~ (4, 0.0%)

2 の道義頽廃せり 1 の多数, の大

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 の松林, の茄子, の雪, へ入り来れり

▼ 後大きな~ (4, 0.0%)

1 地震は, 蝦蟇が, 部屋へ, 鏡の

▼ 後大学~ (4, 0.0%)

1 で講義, へ行く, へ行っ, を卒

▼ 後天下~ (4, 0.0%)

1 の仕置, の公卿, の大勢, 再び麻

▼ 後夫人~ (4, 0.0%)

1 は, は後片付け, は愛兒, を喪い

▼ 後女房~ (4, 0.0%)

2 を持て 1 が来, などという思い

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 に目 1 にいそいそ, に心

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 て十分, て嚢里, て御, て間違

▼ 後学校~ (4, 0.0%)

1 に残っ, の制服, の前, の教師

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 がない, にし, の夫婦, を送り出し

▼ 後家族~ (4, 0.0%)

1 と共に自宅, の人たち, の者, もなく

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 には入らず, に入っ, の御, の近く

▼ 後少女~ (4, 0.0%)

2 から手紙 1 はとうとう, は王城

▼ 後少年~ (4, 0.0%)

1 の父親, はランボオ, は徐ろ, を集め

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 が多く, でお産, ということ, という病気

▼ 後岸本~ (4, 0.0%)

1 が節子, はマドマゼエル, は兄, は独り

▼ 後嵯峨院~ (4, 0.0%)

1 が為家, の御, の皇后大宮院, の院宣

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 すれば, に大きな, の手, 程の年月

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 が材, が郷里フェルラーラ, の精神, もまた

▼ 後師匠~ (4, 0.0%)

1 に向い, の癖, はこう, はどう

▼ 後帰り~ (4, 0.0%)

2 をしよう 1 をした, をする

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 が染返し, が落ち, はとうてい, を明ける

▼ 後平岡~ (4, 0.0%)

2 は結婚 1 と連れ立っ, と連れ立つ

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 あまた, が寄つて, が段々, を越し

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 ならずして, ほどなき, もなくし, 干月

▼ 後幾年~ (4, 0.0%)

1 かたつ, になる, も勤まらない, 或は幾十百年

▼ 後幾日~ (4, 0.0%)

1 かとそろそろ, だつて, と云ふところ, のこと

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 のテイブル, の二階, の大戸, もなくなりました

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 や長座, 取られて, 揚げて, 続いて

▼ 後徐に~ (4, 0.0%)

1 上海の, 地を, 最後の, 開国の

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 た書籍, た正太, よたよた下り, 再び借用

▼ 後復興~ (4, 0.0%)

1 して, のため, の一番のり, の第一歩

▼ 後急激~ (4, 0.0%)

1 に東京, に移り, に繁殖, に高まった

▼ 後恐らく~ (4, 0.0%)

1 七八千万円は, 二世紀以上も, 次の, 白峰山脈の

▼ 後恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 人声が, 大動乱, 煌々たる落ち着いた, 雁坂を

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 のこっち側, の向う, をしめて, を叩く

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 が明い, が静か, に衝突, を開い

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 に白刃, を差しのべ, を拭き拭き, を洗う

▼ 後数年間~ (4, 0.0%)

2 の絵画 1 は毎年ひとり, は雀

▼ 後新しい~ (4, 0.0%)

1 できごと, 利用の, 母が, 活動を

▼ 後日本人~ (4, 0.0%)

1 が続々, のみさらに, の名, を満載

▼ 後早々~ (4, 0.0%)

1 にもこうした, の事, 今後の, 西小松などの

▼ 後早速~ (4, 0.0%)

1 に何, 仕事に, 感謝の, 母に

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 の音, はもう, へ引き窓, をくいしばり

▼ 後死んだ~ (4, 0.0%)

1 がその, とは気の毒千万, 種子の, 者の

▼ 後段々~ (4, 0.0%)

3 あり 1 と脱

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 に入り 1 の尾村有, を呑まん

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 た, のため, の名, をしば

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 一年に, 一年にあたる, 三十年の, 洲に

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 やく此家 1 と世の中, クか

▼ 後犯人~ (4, 0.0%)

1 が出, はひそか, は室外, は正しく

▼ 後白河上皇~ (4, 0.0%)

1 がおいで, との父子, の院政, をめぐる

▼ 後的文化~ (4, 0.0%)

1 とが対立, との対立, ならば, についても亦そう

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 ともに, 抱いて, 當の, 見んこと

▼ 後相当~ (4, 0.0%)

1 に馬, の処刑, の地位, の年月

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 も鼻, をさまし, を患, 差す加利福尼亜

▼ 後社会~ (4, 0.0%)

1 から隠退, に出, の事情, の風潮

▼ 後種々~ (4, 0.0%)

1 しめやかなる話し, の善政, の迷惑, 御様子

▼ 後細君~ (4, 0.0%)

1 に教, の姉, の手料理, は親切

▼ 後終に~ (4, 0.0%)

1 大正四年の, 姿を, 引退し, 東清鉄道沿線の

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 あって, あつて, があっ, とは云い

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 という, ということ, になっ, の

▼ 後自動車~ (4, 0.0%)

1 が着い, で須崎町, は大塔宮護良親王, を傭う

▼ 後自然~ (4, 0.0%)

1 にその, に恋愛感情, に支那, に潮流

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 の失せぬ 1 が逆上, は咲い

▼ 後詰め~ (4, 0.0%)

3 の兵 1 の軍

▼ 後~ (4, 0.0%)

2 に於 1 の樣, は仲基

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 國巡業に際して, 書を, 神これを, 藩引払ひ

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 事実を, 噂に, 持ち伝へる事, 日記を

▼ 後追いかけ~ (4, 0.0%)

1 てその, てたしかに, て彼奴, て来た

▼ 後退る~ (4, 0.0%)

1 とダラリ, のであつ, やうに, 女房の

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 が降りました, とある, に雪, の中

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 の所, をし, をつついた, を這う捲

▼ 後頼寛~ (4, 0.0%)

1 が八十歳, には子, は安政四年四月廿三日, は屡

▼ 後~ (4, 0.0%)

1 がつづく, に乗っとる, も人, より卸し

▼ 後あるいは~ (3, 0.0%)

1 十年後に, 君の, 数十年の

▼ 後いかに~ (3, 0.0%)

1 して, なりしやを, 其處により

▼ 後いま~ (3, 0.0%)

1 に至る, は姉, までのいう

▼ 後おそらく~ (3, 0.0%)

2 一週間か 1 多くの

▼ 後お前~ (3, 0.0%)

1 おツ, は何處, を僕

▼ 後からく~ (3, 0.0%)

2 ツ付い 1 ッつい

▼ 後きわめて~ (3, 0.0%)

1 少時間, 急劇, 短い時間

▼ 後くらいに~ (3, 0.0%)

1 当る, 新聞の, 死亡した

▼ 後くるり~ (3, 0.0%)

1 とこちら, と子犬, と彼

▼ 後こちら~ (3, 0.0%)

1 に来た, の世界, を向い

▼ 後こんど~ (3, 0.0%)

1 はすぐ, は下, は東

▼ 後しざりし~ (3, 0.0%)

1 て歩い, て自分, て部屋

▼ 後すぐさま~ (3, 0.0%)

1 アメリカへ, 甲州の, 硯の

▼ 後そう~ (3, 0.0%)

1 と気がついた, 云った, 言って

▼ 後そこら~ (3, 0.0%)

1 に散ら, の海全体, を掃除

▼ 後それら~ (3, 0.0%)

1 の人々, の性質, の残党ども

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 心には, 焼けたる, 燒け

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 うとうこんな, うとう踵, ふとき師

▼ 後たとい~ (3, 0.0%)

1 危い, 太政大臣に, 酒井さんの

▼ 後たまたま~ (3, 0.0%)

1 南北戦争の, 家に, 来って

▼ 後であったら~ (3, 0.0%)

1 何か, 如何に, 彼女は

▼ 後でしょう~ (3, 0.0%)

1 か, ね, 頭から

▼ 後なぞは~ (3, 0.0%)

1 しばらく徐, 定めし調法, 陸上だったら

▼ 後などに~ (3, 0.0%)

1 土中から, 時々見る, 池畔を

▼ 後なに~ (3, 0.0%)

1 もお, もかも, をなし得る

▼ 後なりしかば~ (3, 0.0%)

1 すきと, 某は, 臆病なる

▼ 後においてのみ~ (3, 0.0%)

1 である, 可能な, 発見され得る

▼ 後にゃ~ (3, 0.0%)

1 ーと, 引かれん, 腹くだしか

▼ 後に従い~ (3, 0.0%)

1 一日余り歩いた, 入るのみかは, 弟は

▼ 後のち~ (3, 0.0%)

2 までも自慢 1 までも忘れまじく

▼ 後のみ~ (3, 0.0%)

1 であったが, ならず日本, ならず生時

▼ 後はと~ (3, 0.0%)

2 流石に 1 尋ねられても

▼ 後ひとり~ (3, 0.0%)

1 の法師, の老婆, 目ざめて

▼ 後ひどく~ (3, 0.0%)

1 疲れて, 眩暈を, 貧乏した

▼ 後ふり~ (3, 0.0%)

1 かへる, と言, 返りも

▼ 後へでも~ (3, 0.0%)

2 乗せて 1 逃げ込もうもの

▼ 後ますます~ (3, 0.0%)

1 強められるのみ, 若くなるであろう, 親しく仲よく

▼ 後またもや~ (3, 0.0%)

1 同じよう, 廻れ右, 打ち寄

▼ 後まるで~ (3, 0.0%)

2 煤掃きか 1 人が

▼ 後みたい~ (3, 0.0%)

1 だ, にその, になっ

▼ 後もっと~ (3, 0.0%)

1 何か, 恐ろしいこと, 意外な

▼ 後やう~ (3, 0.0%)

1 やく全滅, やく燈, やく金州行

▼ 後らしく~ (3, 0.0%)

1 それで, 新作の, 皆な

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 ことこれは, とお, とも同じ

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 づかに, づか五箇月, づか十三日

▼ 後わたしたち~ (3, 0.0%)

1 の生活, は奥, は浪

▼ 後われ肉~ (3, 0.0%)

3 を離れ

▼ 後アメリカ~ (3, 0.0%)

1 が図書館界, に逃げた, はアラバマ

▼ 後イギリス~ (3, 0.0%)

1 の小説, の文学, はどんな

▼ 後オリヴィエ~ (3, 0.0%)

1 が教師, に言った, は病気上がり

▼ 後ソヴェト同盟~ (3, 0.0%)

1 で子供, の保健省, へ行っ

▼ 後ドイツ~ (3, 0.0%)

1 が飛行機, のショウ, の青年たち

▼ 後パッ~ (3, 0.0%)

1 としたくなり, と前のめり, と四

▼ 後パリ~ (3, 0.0%)

1 に戻っ, の墓地, の社交界人

▼ 後パリー~ (3, 0.0%)

1 に帰っ, の宝石商, へ戻る

▼ 後ホテル~ (3, 0.0%)

1 に鞄, の二階, の車

▼ 後ヨブ~ (3, 0.0%)

1 は百四十年, は第, 再びその

▼ 後ランプ~ (3, 0.0%)

2 がつい 1 の消えた

▼ 後ルパン~ (3, 0.0%)

21 の部下

▼ 後一二時間~ (3, 0.0%)

1 で帰っ, の仕事, の後

▼ 後一夜~ (3, 0.0%)

1 の程, も経たない, 微服し

▼ 後一年目~ (3, 0.0%)

1 で震災当時, という年, の復興最中

▼ 後一旦~ (3, 0.0%)

1 お江戸, 平常に, 此處を

▼ 後一月~ (3, 0.0%)

1 あまり湯屋, あまり私, で日本

▼ 後一般~ (3, 0.0%)

1 にたかまっ, の小説, の温順

▼ 後一週間目~ (3, 0.0%)

1 とかに夫, に当る去る, に応召

▼ 後一部~ (3, 0.0%)

1 の学生, の書, をもって普軍

▼ 後三千代~ (3, 0.0%)

2 はもう 1 は不

▼ 後三四年~ (3, 0.0%)

1 のこと, の間, ばかりの間

▼ 後三年駅~ (3, 0.0%)

1 という, とはよくも, なるもの

▼ 後三階~ (3, 0.0%)

3

▼ 後上海~ (3, 0.0%)

1 から日本, の俳優, は平穏

▼ 後上野~ (3, 0.0%)

1 から碓氷峠, の公園, の博物館長

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 二アイス迄, 圖事業熱に, 改其官と

▼ 後不幸~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にも狂人

▼ 後世の中~ (3, 0.0%)

1 が紐, に交際, は静

▼ 後世間~ (3, 0.0%)

1 の噂, の婿取り, は忽ちに

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 三日の, 方面の, 軍は

▼ 後久しぶり~ (3, 0.0%)

1 で銀座, な快晴, に会

▼ 後九月~ (3, 0.0%)

1 になり, の初め頃, の末

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 あり顔, に與つた人々, を決する

▼ 後二三~ (3, 0.0%)

1 の名所, の書肆, の質問

▼ 後二千五百年~ (3, 0.0%)

1 に仏教国, に終了, までに完成

▼ 後二年半~ (3, 0.0%)

2 ほどし 1 ばかりで

▼ 後二年目~ (3, 0.0%)

1 で永, の八月十五日, の年

▼ 後二度と~ (3, 0.0%)

1 この附近, そんな事, 同じよう

▼ 後二月~ (3, 0.0%)

1 にし, ばかりたつ, ばかりたつた

▼ 後二枚~ (3, 0.0%)

2 重ねた座蒲団 1 だけ余計

▼ 後二者~ (3, 0.0%)

1 との必要, の対立, の自由

▼ 後二週間~ (3, 0.0%)

1 くらいはたしかに, ほど後で, も過ぎ

▼ 後互に~ (3, 0.0%)

1 感じた二人, 音沙汰も, 顔に

▼ 後人間~ (3, 0.0%)

2 はやっと 1 は一種真昼

▼ 後伏見花園~ (3, 0.0%)

2 の二上皇 1 の二法皇

▼ 後伏見院~ (3, 0.0%)

1 にはなかなか, はすでに, も世尊寺風

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 は伸子, は改めて, は考え

▼ 後何処~ (3, 0.0%)

1 へも寄らなかつた, へ行, を遺蹟

▼ 後何年~ (3, 0.0%)

1 かの今日, かの落語家生活, であるかを

▼ 後何時~ (3, 0.0%)

1 の程, までもその, までも其印象

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 の半身二世, の附益, もわるから

▼ 後俊夫君~ (3, 0.0%)

1 は交番, は尋ねました, は椅子

▼ 後偶然~ (3, 0.0%)

1 この事, 居残つて, 或古道具屋

▼ 後僕たち~ (3, 0.0%)

1 が家, の家, は水戸樣

▼ 後兄弟~ (3, 0.0%)

1 と称する, の背丈, をたずねるべく

▼ 後~ (3, 0.0%)

2 道ノ 1 體に

▼ 後八年目~ (3, 0.0%)

1 であった, にはもう, に初めて

▼ 後六十年~ (3, 0.0%)

1 である, に近く, の生涯

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 と同じ, に訂正, れと

▼ 後~ (3, 0.0%)

2 の夜 1 も十二月

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 い林檎, かに秋, にし

▼ 後出す~ (3, 0.0%)

2 と順一 1 前に

▼ 後~ (3, 0.0%)

2 を下げ 1 折れ矢

▼ 後初め~ (3, 0.0%)

1 から順, の如き, は豊国

▼ 後到頭~ (3, 0.0%)

1 また養家, 勝って, 私共は

▼ 後勘次~ (3, 0.0%)

2 や六助 1

▼ 後十三年~ (3, 0.0%)

1 であつ, にし, になる

▼ 後十五年~ (3, 0.0%)

1 とすぎぬ, の歴史, もたった

▼ 後十日あまり~ (3, 0.0%)

1 になった, の彼, を道誉

▼ 後午後~ (3, 0.0%)

1 のこと, の四時ごろ, の日

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 にかり, のすし屋, へのり出し

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 の民, 社寺保存会の, 聖人の

▼ 後向う~ (3, 0.0%)

1 の隅, はすぐ, へ歩い

▼ 後嗣ぎ~ (3, 0.0%)

1 が無い, の出来, 相当に

▼ 後四年目~ (3, 0.0%)

1 にアラスカ, に冬子一人, に病気

▼ 後四日~ (3, 0.0%)

1 か五日, も残っ, を経

▼ 後四時~ (3, 0.0%)

1 として粥, に交代, 過即ち

▼ 後四月~ (3, 0.0%)

1 の二十五, の末, も半ば

▼ 後土地~ (3, 0.0%)

1 と民権, の一件, を掘りかえし

▼ 後地方~ (3, 0.0%)

1 から押し上った, の旧宅, までも及び

▼ 後堀河院~ (3, 0.0%)

1 が崩御, に献じた, は二十三

▼ 後塩味~ (3, 0.0%)

2 をつけ 1 を付け

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 から出た, の中, を発き

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 をひそめ, 烈しく云, 烈しく云い捨て

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 の青葉, は三, も名残

▼ 後多く~ (3, 0.0%)

1 の子孫, は吉里, 銭財を

▼ 後多分~ (3, 0.0%)

1 十一時近くな, 廿三四年の, 眞夜中近い

▼ 後大きい~ (3, 0.0%)

1 役目を, 紅木の, 針金の

▼ 後大正二年~ (3, 0.0%)

1 に坂本箕山, に箕山さん, の七月

▼ 後天命~ (3, 0.0%)

2 に委 1 に委せる

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 に少女雑誌, の勧め, の病気

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 がほんの, は土倉氏, は生ける

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 が二十, のお, はやがて

▼ 後婦人~ (3, 0.0%)

1 の参政権, の政治的, は果して

▼ 後~ (3, 0.0%)

2 の爲 1 のため四ツ目

▼ 後定家~ (3, 0.0%)

1 が領有, の中納言, は思い

▼ 後実に~ (3, 0.0%)

1 一生懸命に, 人類の, 十四日の

▼ 後実は~ (3, 0.0%)

1 世間的に, 奥座敷へ, 老先生

▼ 後宿~ (3, 0.0%)

2 の女中 1 の主人

▼ 後将軍~ (3, 0.0%)

1 のそれ, は口中医, を取り囲み

▼ 後小松~ (3, 0.0%)

1 の枝, は義満, 両天皇

▼ 後屈症~ (3, 0.0%)

1 と子宮内膜炎, と診断, は満足

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 人に, 話して, 諸将

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 から来る, から里, の三分の二

▼ 後巴里~ (3, 0.0%)

1 に留り, の敷石, へ来

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 きちんとせし, にはさん, の結め

▼ 後帰郷~ (3, 0.0%)

1 して, してからの, するが

▼ 後幸子~ (3, 0.0%)

1 が蔭, は大阪, は漸く

▼ 後幾百年~ (3, 0.0%)

1 かの後, にも活ける, の花紅葉

▼ 後広い~ (3, 0.0%)

1 座敷の, 扇状地に, 邸の

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 にはいる, の上, を上げさせた

▼ 後引く~ (3, 0.0%)

2 暗き野 1

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 と祖父母, の返電, をつれ

▼ 後当分~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 後当時~ (3, 0.0%)

1 のこと, を回顧, 同じ町

▼ 後当然~ (3, 0.0%)

1 大使を, 小田切さんは, 所有する

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 は何ごと, を継い, 堀河

▼ 後忘れ~ (3, 0.0%)

1 てし, てしまった, ても鼓

▼ 後忽ち~ (3, 0.0%)

1 ピンだ, 古代の, 方向を

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 をし, をしたら, リハデキナイ

▼ 後戻つ~ (3, 0.0%)

1 たり上, て再びよく, て白糸

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 では毎年百人, なる清暑, 即清

▼ 後拙者~ (3, 0.0%)

1 から果し合い, の差し, は予て

▼ 後改めて~ (3, 0.0%)

1 お宮の, 右の, 政権の

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 あって, あつて, 樹の

▼ 後故郷~ (3, 0.0%)

2 の根津村 1 の九州

▼ 後数回~ (3, 0.0%)

1 で大団円, の勧盃, の増訂

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 という言葉, などにはこの, に

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 うして, う云う, 少し下流愛宕

▼ 後新調~ (3, 0.0%)

2 の車 1 したモーニング

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 がたつ, の暮, を定め

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 の友, の愛人, の韻

▼ 後時々~ (3, 0.0%)

1 それを, 微行し, 曇

▼ 後時間~ (3, 0.0%)

1 がたち, におくれたら, にどの

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 に一度, は山, を変

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 から大雪, になっ, の十時ごろ

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 のまま, 上陸という, 鑑査の

▼ 後村上~ (3, 0.0%)

1 をうながし, をたすけ, を擁し

▼ 後柏軒~ (3, 0.0%)

1 に嫁, の京都, の家

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 から狭い, に櫛目, へ肉迫

▼ 後横浜~ (3, 0.0%)

1 から鎌倉, で捕われた, に着いた

▼ 後機関車~ (3, 0.0%)

1 がいかに, の中, を発車

▼ 後欧洲~ (3, 0.0%)

1 に遊ばれた, の劇界, 大戦乱

▼ 後正太~ (3, 0.0%)

1 は三吉叔父, は二三, は森彦叔父

▼ 後正造~ (3, 0.0%)

1 は二三, は二階, は帰郷

▼ 後武蔵~ (3, 0.0%)

1 のあと, は, を振り向い

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 のみだれる, を市中, を思はない

▼ 後死体~ (3, 0.0%)

1 の収容, の状態, の解剖

▼ 後死骸~ (3, 0.0%)

1 に掛けた, を取片づける, を見付ける

▼ 後~ (3, 0.0%)

3 んど

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 が狂っ, のせい, の進まない

▼ 後永く~ (3, 0.0%)

1 お交際, 印象に, 寡を

▼ 後汽車~ (3, 0.0%)

1 で東京, に駕, は薄

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 に従, に許され, の例

▼ 後深く~ (3, 0.0%)

1 これを, 内部生活に, 生前の

▼ 後父親~ (3, 0.0%)

1 が肺病, の午吉, もとうとう

▼ 後猛然と~ (3, 0.0%)

1 わたくしの, 活動を, 蜀軍へ

▼ 後現れた~ (3, 0.0%)

2 異色ある 1 フラッパーの

▼ 後現在~ (3, 0.0%)

1 どうし, の新聞社長, も天然記念物

▼ 後生徒~ (3, 0.0%)

1 に句作, の数, の監督

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 と称し, のため, を得

▼ 後矢代~ (3, 0.0%)

1 と千鶴子, の母, は初めて

▼ 後短い~ (3, 0.0%)

2 竿を 1 秋の

▼ 後神戸~ (3, 0.0%)

1 の或, へ一時着, 迄

▼ 後程なく~ (3, 0.0%)

1 無事に, 緒方氏は, 起こった事件

▼ 後結婚~ (3, 0.0%)

1 したの, して, に対した

▼ 後絶えず~ (3, 0.0%)

2 このしぶとい悲しい 1 絹川の

▼ 後絹子~ (3, 0.0%)

2 は自分 1 は病気

▼ 後翌日~ (3, 0.0%)

1 の朝, は何, は西湖

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 と腕, に綿, を通過

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の凝り, を見せ

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 に行っ, はいよいよ, はようやく

▼ 後若い~ (3, 0.0%)

1 妻を, 文士は, 母親の

▼ 後行く~ (3, 0.0%)

1 から頼む, とそれ, 事数十里途上一江水は

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 をあの, をかなぐり取った, を引

▼ 後見たいな~ (3, 0.0%)

3 気が

▼ 後見る~ (3, 0.0%)

1 つもりで, な, に散り

▼ 後貴方~ (3, 0.0%)

1 が何, が壁, は貴方

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 の石勒, の竺仏調, は肌

▼ 後追い~ (3, 0.0%)

1 小言, 心中なんか, 心中を

▼ 後退った~ (3, 0.0%)

1 がくるり, 位置に, 彼女を

▼ 後~ (3, 0.0%)

2 つて來る 1 つて先生を

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 において結城親光, に着きました, へ送った

▼ 後酒一巡~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 後重吉~ (3, 0.0%)

1 ははじめて, は家, は飲み

▼ 後金助~ (3, 0.0%)

2 は手伝い婆さん 1 は次の間

▼ 後長く~ (3, 0.0%)

1 口語の, 渋江氏の, 獣仲間の

▼ 後陸軍~ (3, 0.0%)

1 の用地, の経理部, へはいった

▼ 後~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の部屋

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 が薄く, のよう, 原警部

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 にピアノ, に曾遊, は捕われ

▼ 後頼家~ (3, 0.0%)

2 の墓 1 実朝

▼ 後風呂~ (3, 0.0%)

1 がわいた, に入っ, を浴び

▼ 後風土記~ (3, 0.0%)

1 である, による, を下

▼ 後飛び~ (3, 0.0%)

1 にまた, に五間, に又

▼ 後~ (3, 0.0%)

1 から安楽公, の孝文帝, の諸

▼ 後あたかも~ (2, 0.0%)

1 ヒットラーの, ライン川が

▼ 後あまりに~ (2, 0.0%)

1 意外な, 早く過激

▼ 後あり~ (2, 0.0%)

1 とある美しき, 昔あり

▼ 後いきなり~ (2, 0.0%)

1 この島, 爆発しかけ

▼ 後いくら~ (2, 0.0%)

1 もたたない, 待っても

▼ 後いず~ (2, 0.0%)

1 こに, こにも

▼ 後いっそう~ (2, 0.0%)

1 多く判明, 深くその

▼ 後いつか~ (2, 0.0%)

1 はねアッタスン, 又

▼ 後いつか胃~ (2, 0.0%)

2 の痛み

▼ 後いつのまにか~ (2, 0.0%)

1 彼を, 逆さに

▼ 後いわゆる~ (2, 0.0%)

1 カムバックした, 働きざかりの

▼ 後おかしな~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ 後おもむろに~ (2, 0.0%)

1 荊州を, 閉じ終る

▼ 後かういふ~ (2, 0.0%)

1 のである, 學問を

▼ 後かえって~ (2, 0.0%)

1 多し, 発表した

▼ 後かけ~ (2, 0.0%)

1 ては四人, てわれ

▼ 後かた~ (2, 0.0%)

1 なく吹き飛んだ, なし

▼ 後かと~ (2, 0.0%)

1 書いて, 見紛うばかり

▼ 後かならず~ (2, 0.0%)

1 お見え, 大飛躍

▼ 後かに~ (2, 0.0%)

1 であったか, 大思惑

▼ 後かには~ (2, 0.0%)

1 いろんな形, 確に

▼ 後からくっ~ (2, 0.0%)

1 付いて, 付けたり

▼ 後きのう~ (2, 0.0%)

1 の探検, まで数箇月

▼ 後こっち~ (2, 0.0%)

1 から聞こう, にお客さん

▼ 後ことに~ (2, 0.0%)

1 それが, 冬季は

▼ 後こなた~ (2, 0.0%)

1 に向い, に歸

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 ひいきに, 威風堂々

▼ 後さすが~ (2, 0.0%)

2 にお

▼ 後さっさと~ (2, 0.0%)

1 また歩い, 彼の

▼ 後しきりに~ (2, 0.0%)

1 この質問, 女子大入学を

▼ 後しざる~ (2, 0.0%)

1 ようで, 黒猫

▼ 後した~ (2, 0.0%)

2 後とでは

▼ 後じさりし~ (2, 0.0%)

1 て, て行手

▼ 後じさりする~ (2, 0.0%)

1 ばかりなん, 怯懦な

▼ 後すさり~ (2, 0.0%)

1 に引つ, をする

▼ 後すざりする~ (2, 0.0%)

2 のと

▼ 後すらも~ (2, 0.0%)

2 尚ほ

▼ 後せいぜい~ (2, 0.0%)

1 一週間ぐらいが, 十八ヶ月の

▼ 後そういう~ (2, 0.0%)

1 決心なら, 連中の

▼ 後そうした~ (2, 0.0%)

1 惨澹たる, 相手の

▼ 後そして~ (2, 0.0%)

1 事件が, 平安京が

▼ 後そつ~ (2, 0.0%)

1 と忍び込ん, と物

▼ 後それとなく~ (2, 0.0%)

1 出入りの, 長吉の

▼ 後ぞい~ (2, 0.0%)

1 の老, をもらわぬ

▼ 後ただならぬ~ (2, 0.0%)

1 血相で, 面持ちで

▼ 後たつた~ (2, 0.0%)

1 一人の, 一年で

▼ 後たる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 武彦君である

▼ 後だらう~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, な

▼ 後ちでない~ (2, 0.0%)

2 と面白い

▼ 後つづい~ (2, 0.0%)

1 て別, て唐沢

▼ 後つひ~ (2, 0.0%)

1 に出され, に心

▼ 後づけ~ (2, 0.0%)

1 て行った, て行つた詩

▼ 後であったなら~ (2, 0.0%)

1 ばすなわち, ば奔放

▼ 後であったろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 後できつ~ (2, 0.0%)

2 と自分

▼ 後でという~ (2, 0.0%)

1 つもりに, ふうで

▼ 後とかく~ (2, 0.0%)

1 定まらなかった書斎, 素行修らず

▼ 後とが~ (2, 0.0%)

1 六十八萬圓の, 附加した

▼ 後としては~ (2, 0.0%)

1 むしますこと, 急に

▼ 後とにも~ (2, 0.0%)

1 かくにも, 前き

▼ 後ともかく~ (2, 0.0%)

1 もその, も牧野

▼ 後ともに~ (2, 0.0%)

1 幾久しく, 敷島の

▼ 後とを~ (2, 0.0%)

1 代る, 見よ

▼ 後どうも~ (2, 0.0%)

1 眼を, 運の

▼ 後なく~ (2, 0.0%)

2 晴れて

▼ 後なぞ~ (2, 0.0%)

2 わたしは

▼ 後などで~ (2, 0.0%)

1 お増, 食べるには

▼ 後などの~ (2, 0.0%)

1 六波羅の, 特殊な

▼ 後なほ~ (2, 0.0%)

1 も速, 多からむ

▼ 後なりし~ (2, 0.0%)

1 を以て何等, 事は

▼ 後なるべし~ (2, 0.0%)

1 そが, 貴嬢

▼ 後なん~ (2, 0.0%)

1 のたより, の躊躇

▼ 後なんだか~ (2, 0.0%)

1 特別へんな, 重荷を

▼ 後にかけて~ (2, 0.0%)

1 やっと止る, 血し

▼ 後にとり~ (2, 0.0%)

2 壊される家

▼ 後にね~ (2, 0.0%)

1 ぢ曲げ, 私電話を

▼ 後にの~ (2, 0.0%)

1 このこと, んこう

▼ 後にまでも~ (2, 0.0%)

1 尚此, 彼らは

▼ 後にや~ (2, 0.0%)

2 ッと

▼ 後のが~ (2, 0.0%)

1 声を, 言つた

▼ 後はなはだ~ (2, 0.0%)

1 親切に, 香ばしいという

▼ 後はやり風俄~ (2, 0.0%)

2 かに重く

▼ 後はを~ (2, 0.0%)

1 かしき咄, れの

▼ 後ひき~ (2, 0.0%)

1 かへしな, で飲み出す

▼ 後ひとりいそいそ~ (2, 0.0%)

2 と出掛け

▼ 後ふりかえっ~ (2, 0.0%)

1 て人間, て見る

▼ 後ぶらぶら~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 後ぶらりと~ (2, 0.0%)

1 宗近家の, 宿を

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 慕ひ

▼ 後べに~ (2, 0.0%)

2 退りて

▼ 後べの~ (2, 0.0%)

1 空の, 空を

▼ 後べのみ~ (2, 0.0%)

2 見る

▼ 後ほとんど~ (2, 0.0%)

1 一二時間ほどの, 獨力で

▼ 後ほん~ (2, 0.0%)

1 たうにルクリュ家, たうに発狂

▼ 後ほんとう~ (2, 0.0%)

1 に江夏, に発狂

▼ 後ぼんやり~ (2, 0.0%)

1 した気持, と窓

▼ 後まず~ (2, 0.0%)

1 死んだ僧, 第一

▼ 後みや古~ (2, 0.0%)

1 へ行き, へ行く

▼ 後むしろ~ (2, 0.0%)

1 いけないよう, 無事で

▼ 後めたいよう~ (2, 0.0%)

1 にも思った, に感ぜられた

▼ 後もう二度と~ (2, 0.0%)

1 は戦, 世界に

▼ 後もずつと~ (2, 0.0%)

1 その儘, 続いて

▼ 後もの~ (2, 0.0%)

1 の五分, をいへ

▼ 後やっぱり~ (2, 0.0%)

1 同じ金雀子街, 夜の

▼ 後ゆく~ (2, 0.0%)

2 水も

▼ 後ゆるり~ (2, 0.0%)

1 と草枕, と都見物

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 からむされど, つぽ

▼ 後よりは~ (2, 0.0%)

1 兇刃すでに, 同じやう

▼ 後らしい~ (2, 0.0%)

1 からおれ, 復興の

▼ 後わざと~ (2, 0.0%)

1 仰向けに, 奔って

▼ 後われわれ~ (2, 0.0%)

1 の夢, の間

▼ 後イスパニア~ (2, 0.0%)

1 に行き, に走れり

▼ 後ガラツ八~ (2, 0.0%)

1 が剃刀, の八五郎

▼ 後ガーゼ~ (2, 0.0%)

1 のつめかえ, を取っ

▼ 後グエルフィ黨~ (2, 0.0%)

1 の首領, 再びフィレンツェ

▼ 後コロンビア~ (2, 0.0%)

2 に帰り

▼ 後シゲ~ (2, 0.0%)

1 は泣き, 女宅

▼ 後シーン~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 後ジテ~ (2, 0.0%)

1 の出端, の役

▼ 後ジリッ~ (2, 0.0%)

2 と身

▼ 後スペイン~ (2, 0.0%)

1 に行った, は急い

▼ 後ソオル~ (2, 0.0%)

1 とグスタフソン, を乘

▼ 後ソヴェト~ (2, 0.0%)

1 の単一勤労学校, はレーニン

▼ 後ダンテ~ (2, 0.0%)

1 とともにこれ, はベアトリーチェ

▼ 後トルストイ~ (2, 0.0%)

1 が患ら, は暗い

▼ 後ファラデー~ (2, 0.0%)

1 のやった, は研究

▼ 後フロイス~ (2, 0.0%)

1 と共に出発, やダルメイダ

▼ 後ヘンデル~ (2, 0.0%)

1 はついに, は早くから

▼ 後ベアトリーチェ~ (2, 0.0%)

1 と共に第, はダンテ

▼ 後ヨーロッパ~ (2, 0.0%)

1 の北部, の文学

▼ 後ラップ~ (2, 0.0%)

1 はこれ, は僕

▼ 後ロザリー~ (2, 0.0%)

1 の書いた, は愈々

▼ 後ロシア~ (2, 0.0%)

1 が入っ, ではいろんな

▼ 後ロチスター氏~ (2, 0.0%)

1 がお前, の寢室

▼ 後ロマーシ~ (2, 0.0%)

1 が, とゴーリキイ

▼ 後ローマ~ (2, 0.0%)

1 で獄死, の勢力

▼ 後ワグナー~ (2, 0.0%)

1 はついに, は相

▼ 後一しきり~ (2, 0.0%)

1 の海女, は三吉

▼ 後一ヵ月~ (2, 0.0%)

1 にし, ほどで終り

▼ 後一世紀~ (2, 0.0%)

1 のユダヤ, の人

▼ 後一二年~ (2, 0.0%)

1 で直ぐ, は独身

▼ 後一向に~ (2, 0.0%)

2 御挨拶

▼ 後一四八〇年~ (2, 0.0%)

1 から一四八二年, に至る

▼ 後一家~ (2, 0.0%)

1 のこと, を為し

▼ 後一年あまり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 後一年半~ (2, 0.0%)

1 も後, を経た

▼ 後一日二日~ (2, 0.0%)

1 のご, 強い雨

▼ 後一杯~ (2, 0.0%)

1 に水, の冷たい

▼ 後一段~ (2, 0.0%)

1 の発達, 低くなり

▼ 後一種~ (2, 0.0%)

1 の変態性慾, の方法

▼ 後一章~ (2, 0.0%)

2 を次ぐ

▼ 後一行~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, はそのまま

▼ 後丁度~ (2, 0.0%)

1 初夏の, 彼等の

▼ 後七八十年~ (2, 0.0%)

1 であった, にし

▼ 後七年~ (2, 0.0%)

1 として即ち, の月日

▼ 後七日目~ (2, 0.0%)

1 に作太郎, に急

▼ 後七月七日~ (2, 0.0%)

1 の深夜, まで

▼ 後七歳~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 後万人~ (2, 0.0%)

1 の購, の購う

▼ 後三つ葉葵~ (2, 0.0%)

2 を散らした

▼ 後三ヶ月~ (2, 0.0%)

1 ばかりです, ほどスペイン

▼ 後三十五年~ (2, 0.0%)

1 にし, を経

▼ 後三年目~ (2, 0.0%)

1 の一八七一年, の春

▼ 後三度目~ (2, 0.0%)

1 の年末, の暗い

▼ 後三月~ (2, 0.0%)

1 たってから, ばかり後

▼ 後三次~ (2, 0.0%)

2 をつれ

▼ 後三百年~ (2, 0.0%)

1 にし, の間

▼ 後上巳~ (2, 0.0%)

1 をやめ, を止め

▼ 後下女~ (2, 0.0%)

2 の杉

▼ 後不意~ (2, 0.0%)

1 に山奥, に美和ちゃん

▼ 後世人~ (2, 0.0%)

1 に対する必要, の附会

▼ 後世界中~ (2, 0.0%)

1 に大きい, を廻つて

▼ 後世界聯邦論~ (2, 0.0%)

2 ということ

▼ 後中村~ (2, 0.0%)

1 で母, は金口

▼ 後丹後~ (2, 0.0%)

1 におる, にをる

▼ 後久しい~ (2, 0.0%)

1 幸福を, 間金は

▼ 後久住~ (2, 0.0%)

2 は無

▼ 後九州~ (2, 0.0%)

1 へ下った, へ嫁ぎ

▼ 後九日~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 後九時~ (2, 0.0%)

1 になり, 迄ビール

▼ 後九時頃~ (2, 0.0%)

1 まではよたよた, まで一睡

▼ 後亀吉~ (2, 0.0%)

1 は何, は重

▼ 後亀山天皇~ (2, 0.0%)

1 が北朝, の元

▼ 後二か月~ (2, 0.0%)

1 ないし三か月, にもなる

▼ 後二つ~ (2, 0.0%)

1 の学位, は却って

▼ 後二ヵ月~ (2, 0.0%)

1 の休暇, の給料全額つき休暇

▼ 後二三ヶ月~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 後二三年前~ (2, 0.0%)

2 に故人

▼ 後二十余年~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 後二十六日目~ (2, 0.0%)

2 に神

▼ 後二回~ (2, 0.0%)

1 で満会, ほど縁談

▼ 後二回目~ (2, 0.0%)

1 で初めの, の注射

▼ 後二年一ヶ月~ (2, 0.0%)

2 を經

▼ 後二年位~ (2, 0.0%)

1 から摘葉, は見

▼ 後二日目~ (2, 0.0%)

1 であつ, にマルセイユ

▼ 後二条天皇~ (2, 0.0%)

1 が崩御, の御代

▼ 後二百年~ (2, 0.0%)

1 くらいもたって, の間

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 ひ出せること, ひ切つた

▼ 後互いに~ (2, 0.0%)

1 取る途, 弱点を

▼ 後五人~ (2, 0.0%)

1 の男, はまた

▼ 後五十日~ (2, 0.0%)

1 にし, の降臨節

▼ 後五年目~ (2, 0.0%)

1 には算哲, に改修

▼ 後五時~ (2, 0.0%)

1 から一時間半, まで書きました

▼ 後人々~ (2, 0.0%)

1 はいかに, は我

▼ 後人民~ (2, 0.0%)

2 は四方

▼ 後今や~ (2, 0.0%)

1 力漕に, 運命を

▼ 後今夜~ (2, 0.0%)

1 は千吉, は顔ぶれ

▼ 後今日一日~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 後仕事~ (2, 0.0%)

1 が変っ, に雇つて貰

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の親仁, の鼠青絹玉顆

▼ 後伏見~ (2, 0.0%)

1 からいたく, も花園上皇

▼ 後伏見天皇~ (2, 0.0%)

1 であるが, は両統交代

▼ 後会社~ (2, 0.0%)

1 の事務, へ行った

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 や国民, や國民

▼ 後伯父~ (2, 0.0%)

1 からひいた, はその

▼ 後但馬~ (2, 0.0%)

1 と云つた母里太兵衞友信, の國

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 を嗣ぎ, を継ぎ

▼ 後住む~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 後何かと~ (2, 0.0%)

1 商法上の, 用ばかり

▼ 後何だか~ (2, 0.0%)

1 真直うちへ, 自殺した

▼ 後何で~ (2, 0.0%)

1 和解する, 貴様の

▼ 後何物~ (2, 0.0%)

1 か我胸中, をかさがす

▼ 後何者~ (2, 0.0%)

1 かがその, かに浅草

▼ 後作られた~ (2, 0.0%)

1 と云, もので

▼ 後作者~ (2, 0.0%)

1 が題, は生活

▼ 後使~ (2, 0.0%)

1 が来, ひの

▼ 後係官~ (2, 0.0%)

1 の前, の厳重

▼ 後俄然~ (2, 0.0%)

1 として暴風, と地

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 は島田三郎, は高

▼ 後信玄~ (2, 0.0%)

1 が川中島, にはいたく

▼ 後倉地~ (2, 0.0%)

1 はいきなり, は二階

▼ 後健康~ (2, 0.0%)

1 いたく衰, がおもしろく

▼ 後催眠現象~ (2, 0.0%)

1 が発した, と呼ぶ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 にこそすべきなれ, また汝

▼ 後元和元年~ (2, 0.0%)

2 の大坂陣

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 そろって, に申したいすけ

▼ 後先づ藤野さん~ (2, 0.0%)

2 が死んだ

▼ 後先刻~ (2, 0.0%)

1 の微光, 小供

▼ 後入口~ (2, 0.0%)

1 の戸, の扉

▼ 後入浴~ (2, 0.0%)

2 しみや古

▼ 後八丁堀組屋敷~ (2, 0.0%)

1 で与力笹野新三郎, で與力笹野新三郎

▼ 後八畳~ (2, 0.0%)

1 でトランプ, に行く

▼ 後公用~ (2, 0.0%)

2 で旅

▼ 後六十二歳~ (2, 0.0%)

2 の最期

▼ 後六年目~ (2, 0.0%)

1 のもの, の一八九七年

▼ 後共に~ (2, 0.0%)

1 一巨岩に, 第五嚢

▼ 後兵馬~ (2, 0.0%)

1 はこの, はなお

▼ 後其処~ (2, 0.0%)

1 で歿, にあつ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に入っ, 治派の

▼ 後内地~ (2, 0.0%)

1 から獨身者, に引

▼ 後内閣~ (2, 0.0%)

2 を組織

▼ 後再築~ (2, 0.0%)

1 された市村, して

▼ 後凡て~ (2, 0.0%)

1 に異状, のもの

▼ 後出かけ~ (2, 0.0%)

1 てゆき, てゆく

▼ 後切り上げ~ (2, 0.0%)

2 ても必竟

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に就いた, をすませ

▼ 後別に~ (2, 0.0%)

1 不平な, 彼女と

▼ 後別室~ (2, 0.0%)

1 で軽い, に退い

▼ 後剣舞~ (2, 0.0%)

2

▼ 後勁たる~ (2, 0.0%)

1 に過ぎず, の觀

▼ 後勝平~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の国, は曹操

▼ 後北京~ (2, 0.0%)

1 から帰国, の舞台

▼ 後医者~ (2, 0.0%)

1 がはげます, に聞い

▼ 後十四年目~ (2, 0.0%)

1 に終るべき, の今日

▼ 後十年間~ (2, 0.0%)

1 に我々, は上流社会

▼ 後十月~ (2, 0.0%)

1 になっ, の初め

▼ 後十月十日~ (2, 0.0%)

2 に他界

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 近くまで, 過には

▼ 後半分~ (2, 0.0%)

1 に鈴木一族, は普通

▼ 後半月~ (2, 0.0%)

1 ほどは南門外, を過した

▼ 後博士~ (2, 0.0%)

1 の家, は元

▼ 後卯平~ (2, 0.0%)

1 は與吉, を見る

▼ 後印度~ (2, 0.0%)

1 にも同, の方

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の来, は神田

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 が听, の中

▼ 後古めかしい~ (2, 0.0%)

2 黒塗の

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 なりの人類, 有罪科左右歟云

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 分野で, 藩の

▼ 後各地~ (2, 0.0%)

1 から押寄せ, を転々

▼ 後合唱~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 後同宿~ (2, 0.0%)

1 の行商老人, の鍋屋さん

▼ 後同様~ (2, 0.0%)

1 になすべし, の方法

▼ 後名古屋~ (2, 0.0%)

1 から箱, から絵ハガキ

▼ 後向い~ (2, 0.0%)

1 てやー, て人

▼ 後向け~ (2, 0.0%)

1 にどう, に負う

▼ 後向けりけりはらめく~ (2, 0.0%)

2 尾の

▼ 後君厭浪華市井~ (2, 0.0%)

2 之囂塵

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に亡び, の武王

▼ 後周瑜~ (2, 0.0%)

1 は, を生け捕り

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 後商売~ (2, 0.0%)

1 にばかり身, も次第に

▼ 後問題~ (2, 0.0%)

1 になりかかった, の本質的

▼ 後喬生~ (2, 0.0%)

2 は袞繍橋

▼ 後嘗て~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 後四五年~ (2, 0.0%)

1 たって, 経つと

▼ 後四五日~ (2, 0.0%)

1 して, の間

▼ 後四人~ (2, 0.0%)

1 の悪漢, はそれ

▼ 後四十五歳~ (2, 0.0%)

1 で焔, の時

▼ 後四十日~ (2, 0.0%)

1 のこと, の間

▼ 後四半刻~ (2, 0.0%)

2 ばかり旦那

▼ 後圭介~ (2, 0.0%)

1 は一人, は急

▼ 後地上~ (2, 0.0%)

1 へドッサリ堕つる睹, めがけて

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の如く, ばかりの式

▼ 後場末~ (2, 0.0%)

1 の町, へ帰る

▼ 後塩漬~ (2, 0.0%)

2 の上磔刑

▼ 後売薬その他いかもの類~ (2, 0.0%)

2 に造詣

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 見蔵

▼ 後大いに~ (2, 0.0%)

1 悟るところ, 我慢を

▼ 後大人~ (2, 0.0%)

1 になつて, の縦横

▼ 後大変幸福~ (2, 0.0%)

2 に暮しました

▼ 後大理石~ (2, 0.0%)

2 のテエブル越し

▼ 後大西洋~ (2, 0.0%)

1 で難破, を渡っ

▼ 後大陸~ (2, 0.0%)

1 へちょうど, を横断

▼ 後天気~ (2, 0.0%)

1 あた, も風

▼ 後天皇~ (2, 0.0%)

1 の命, はある

▼ 後太刀~ (2, 0.0%)

2 や弓矢

▼ 後太田ミサコ~ (2, 0.0%)

1 はグリーブス, はタクシー

▼ 後夫婦~ (2, 0.0%)

1 ともすや, ともすやすや

▼ 後失神~ (2, 0.0%)

1 したもの, した彼

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の女, の室

▼ 後奥さん~ (2, 0.0%)

1 がキツト, は突然

▼ 後奥様~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 後女中~ (2, 0.0%)

1 がお, の前

▼ 後如何にも~ (2, 0.0%)

1 偶然の, 絵が

▼ 後妾達~ (2, 0.0%)

1 の東洋曲芸団, は静か

▼ 後子供~ (2, 0.0%)

1 らしい曲がりくねった大きな, を育て

▼ 後子路~ (2, 0.0%)

1 がまた, が衞

▼ 後宇多帝~ (2, 0.0%)

1 のあと, の花押

▼ 後完全~ (2, 0.0%)

1 に猫, に絶え

▼ 後官兵衛~ (2, 0.0%)

1 から, は姫路

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 であった, も胸

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 道と

▼ 後実際~ (2, 0.0%)

1 の南瓜, の枯木

▼ 後家事~ (2, 0.0%)

1 の手伝い, も一通り片

▼ 後家康~ (2, 0.0%)

1 が井伊直孝, の許

▼ 後家族挙つて~ (2, 0.0%)

2 楽しく読み

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 ながらでも考えられる, 姿を

▼ 後寝床~ (2, 0.0%)

1 に横, の中

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 兵衛一族を, 册子として

▼ 後小さな~ (2, 0.0%)

1 藁小屋が, 谿流に

▼ 後小勢~ (2, 0.0%)

1 にて向い来し, を以て向

▼ 後小声~ (2, 0.0%)

1 でアイリス, で彼

▼ 後小山~ (2, 0.0%)

1 の妻君, は独り

▼ 後小林~ (2, 0.0%)

1 が四日, は突然

▼ 後小梅~ (2, 0.0%)

2 の住居

▼ 後小次郎~ (2, 0.0%)

1 はぶらりと, や浮藻

▼ 後小説~ (2, 0.0%)

1 の腹案, を書き終っ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 クモ二億四五千萬人ヲ, 時の間甃石の

▼ 後少く~ (2, 0.0%)

2 も十数日

▼ 後少時三人~ (2, 0.0%)

2 が茶

▼ 後就寝~ (2, 0.0%)

1 したるもの, まで二時間余り

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 にどう, に腰

▼ 後居士~ (2, 0.0%)

1 に対して悪声, はたちまち

▼ 後屋井~ (2, 0.0%)

1 の招待, の馳走

▼ 後屡々~ (2, 0.0%)

1 私は, 貴女へ

▼ 後山形~ (2, 0.0%)

1 の奥平家, の奧平家

▼ 後山谷~ (2, 0.0%)

1 の奧, の空

▼ 後山谷堀~ (2, 0.0%)

2 の岸辺

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 へ上った, へ上つた石

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に着いた, を下っ

▼ 後差し~ (2, 0.0%)

1 の形, をさした

▼ 後市川~ (2, 0.0%)

1 の別荘, の町はずれ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の天勝, の言

▼ 後帰朝~ (2, 0.0%)

1 して, の途

▼ 後帰省~ (2, 0.0%)

1 されたとき, の途

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 きちんとせし

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 庵は

▼ 後幕府~ (2, 0.0%)

1 が抽斎, の命

▼ 後幾たび~ (2, 0.0%)

1 となく, の戦陣

▼ 後幾何~ (2, 0.0%)

2 も生き

▼ 後幾分~ (2, 0.0%)

1 かご参考に, か安心

▼ 後幾多~ (2, 0.0%)

1 の日本青年, の苦獄

▼ 後幾日目~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ 後幾百千年~ (2, 0.0%)

1 を經, 生き延びても

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 九鉄道を, 海子爵が

▼ 後広大~ (2, 0.0%)

1 なパリー, な星雲片

▼ 後広島~ (2, 0.0%)

1 にも逃げのびた, へ帰る

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に, を増した

▼ 後度々~ (2, 0.0%)

1 墓参を, 部下の

▼ 後廃刊~ (2, 0.0%)

1 となる, になった

▼ 後廊下~ (2, 0.0%)

1 の方, の長椅子

▼ 後廻わし~ (2, 0.0%)

1 にし, にしようで

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に矢, を地上

▼ 後引続き~ (2, 0.0%)

1 やって, 今日まで

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 で行く, を見る

▼ 後形色~ (2, 0.0%)

2 をそなえ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 では秀秋, の御

▼ 後往き~ (2, 0.0%)

1 て加里蒲爾尼亜, て朝鮮

▼ 後徐々に~ (2, 0.0%)

1 手持砥石の, 自分の

▼ 後得右衛門~ (2, 0.0%)

1 と寿平次, はなお

▼ 後復員~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ 後忘れた~ (2, 0.0%)

1 やうに, 様に

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 せ生れたからには

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 れと, ろしい

▼ 後思ひ~ (2, 0.0%)

1 の外, を彼

▼ 後急い~ (2, 0.0%)

1 で厩舎, で自分

▼ 後急増~ (2, 0.0%)

1 したところ, した飲食

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 をひきとった, をわが

▼ 後悉く~ (2, 0.0%)

1 不毛と, 明かに

▼ 後悔い~ (2, 0.0%)

1 てもおよばぬ, て縊

▼ 後悠々~ (2, 0.0%)

1 とここ, と刀箪笥

▼ 後悠然と~ (2, 0.0%)

1 一枚の, 落ち着き払った彼

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 えたこと, 驚くべき共通

▼ 後意外~ (2, 0.0%)

1 に人, の冷気

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 も何時しか

▼ 後慎太郎~ (2, 0.0%)

1 は大きな, は父

▼ 後慕う~ (2, 0.0%)

1 ておりまする, て参りました

▼ 後我日本~ (2, 0.0%)

1 が世界, の精神界

▼ 後我等~ (2, 0.0%)

1 か, の

▼ 後戦争~ (2, 0.0%)

1 が始まつた, に関係

▼ 後戻し~ (2, 0.0%)

1 てもと, て燒場

▼ 後戻っ~ (2, 0.0%)

1 て再びよく, て来た

▼ 後押棒~ (2, 0.0%)

1 とあっ, に掴

▼ 後指さし~ (2, 0.0%)

1 て厭, て琉球

▼ 後振り向い~ (2, 0.0%)

1 てお, て見

▼ 後振向い~ (2, 0.0%)

2

▼ 後探偵~ (2, 0.0%)

1 が順次, に向っ

▼ 後掻く~ (2, 0.0%)

2 ふりの

▼ 後換言~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 後支局長~ (2, 0.0%)

1 は三人分, やら長岡

▼ 後放免~ (2, 0.0%)

1 せられて, になり

▼ 後政治~ (2, 0.0%)

2 に目覚めよ

▼ 後救援隊~ (2, 0.0%)

2 とガイド達

▼ 後数世紀~ (2, 0.0%)

1 にわたる治民, 乃至十数世紀

▼ 後数名~ (2, 0.0%)

2 の友人

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 る, れて

▼ 後斬首~ (2, 0.0%)

1 された切支丹, した

▼ 後新しく~ (2, 0.0%)

1 できたもの, 立つた斎宮

▼ 後新之助~ (2, 0.0%)

1 が島崎勇次, はさらに

▼ 後新吉~ (2, 0.0%)

1 が清荒神, とリサ

▼ 後新聞~ (2, 0.0%)

1 の論調, も読まず

▼ 後日に日に~ (2, 0.0%)

1 かわって, 極楽が

▼ 後日毎~ (2, 0.0%)

1 に待たれる, に深く

▼ 後日比谷公園~ (2, 0.0%)

1 の樹間, を歩む

▼ 後昌作~ (2, 0.0%)

1 は急, も立ち上ろう

▼ 後明り~ (2, 0.0%)

1 しては, の見える

▼ 後明晩~ (2, 0.0%)

1 とした, と鮮やか

▼ 後明治座~ (2, 0.0%)

1 に赴く, へ行った

▼ 後昏睡~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の夜風, の枝葉

▼ 後春三郎~ (2, 0.0%)

1 に盛春館, に言

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 れ青草

▼ 後時雄~ (2, 0.0%)

1 は例刻, は急

▼ 後晩年~ (2, 0.0%)

1 になつて, はまた

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の手際, も口

▼ 後更ら~ (2, 0.0%)

2 に自

▼ 後書いた~ (2, 0.0%)

1 のが, のだつた

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 キ有力ナル實力援助ヲ, 上段に

▼ 後最高点~ (2, 0.0%)

1 を採った, を採つた

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 其沙汰不可停, 楽座改築工事を

▼ 後有喜世新聞~ (2, 0.0%)

2 にあの

▼ 後有楽座~ (2, 0.0%)

2 に徃

▼ 後有馬~ (2, 0.0%)

1 の家, へ行っ

▼ 後朗読~ (2, 0.0%)

2 でもする

▼ 後朝廷~ (2, 0.0%)

1 から罪, から退出

▼ 後朝鮮~ (2, 0.0%)

1 から来た, の主権

▼ 後本邦~ (2, 0.0%)

1 に復歸, の民

▼ 後机辺~ (2, 0.0%)

2 の篋底

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の建て, を棠軒公私略

▼ 後村上帝~ (2, 0.0%)

1 が賞讃, の

▼ 後来る~ (2, 0.0%)

1 可く, 日も

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の岸, の野中

▼ 後東京市中~ (2, 0.0%)

1 の道路, 到る処

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 にと覺, の下

▼ 後林町~ (2, 0.0%)

1 にゆく, へ来た

▼ 後柴田巳之助~ (2, 0.0%)

1 は公職, は心臓

▼ 後校舎~ (2, 0.0%)

1 の中, の周囲

▼ 後校長さん~ (2, 0.0%)

2 が先生

▼ 後格別~ (2, 0.0%)

1 その帯, 目ざましい事

▼ 後森永~ (2, 0.0%)

1 から銀座, へ大庭

▼ 後椅子~ (2, 0.0%)

1 にどっか, をうしろ

▼ 後楽園~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ通った

▼ 後榛軒~ (2, 0.0%)

1 に嫁, は折簡

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 のけいこ, の入れ換え

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 九時には, 精の

▼ 後死す~ (2, 0.0%)

1 ともその, とも未だ

▼ 後死ん~ (2, 0.0%)

1 で行, で行った

▼ 後死亡~ (2, 0.0%)

1 したかという, 致し候

▼ 後死刑~ (2, 0.0%)

1 に処せられた, に處

▼ 後殆ど~ (2, 0.0%)

1 その跡, 鬼趣には

▼ 後殿下~ (2, 0.0%)

1 との御, は四囲

▼ 後毎日~ (2, 0.0%)

1 のこと, の仕事

▼ 後比較的~ (2, 0.0%)

1 早く事件, 早く容易

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 だつた, は背後

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 と道路, の中

▼ 後決然~ (2, 0.0%)

1 として切り出した, として進む

▼ 後沒理想論~ (2, 0.0%)

1 は談理, をなす

▼ 後河合家~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 っくさい, に浸し

▼ 後法然~ (2, 0.0%)

1 の部屋, は特に

▼ 後津軽家~ (2, 0.0%)

2 の表

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 のやう, の敍情詩

▼ 後浜子~ (2, 0.0%)

2 は短気

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に入る, へ行き

▼ 後海岸~ (2, 0.0%)

1 に散歩, に沿う

▼ 後海軍~ (2, 0.0%)

1 の兵曹, の飛行機

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 をながし, を流し

▼ 後涼殿~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の縁

▼ 後添乳~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 後清さん~ (2, 0.0%)

1 には指, は自分

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 はまた, を許しつ

▼ 後源太~ (2, 0.0%)

1 はなおも, は尚も

▼ 後漸次~ (2, 0.0%)

1 熱烈に, 諸方に

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の中, は紅

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の箪笥, 暑し

▼ 後父母~ (2, 0.0%)

1 と共に先祖伝来, に告げ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 では削除, において反

▼ 後牛乳~ (2, 0.0%)

2 を入れない

▼ 後牛込松ヶ枝~ (2, 0.0%)

1 へ, へ五郎

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 を見, を走らしめた

▼ 後独立~ (2, 0.0%)

1 した歌, し再三

▼ 後玄機~ (2, 0.0%)

1 の態度, は紙

▼ 後玄鶴~ (2, 0.0%)

1 はいつか, は家族たち

▼ 後王女~ (2, 0.0%)

1 が大和, をし

▼ 後生活~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の吉三郎, の景清

▼ 後甲府~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ 後病弱~ (2, 0.0%)

1 な神経質体質, の身

▼ 後病院~ (2, 0.0%)

1 が一哩, は静か

▼ 後発表~ (2, 0.0%)

1 された, の

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 は貧しい, 前掛

▼ 後白地~ (2, 0.0%)

2 の浴衣

▼ 後百年~ (2, 0.0%)

1 ばかりの間, を經

▼ 後百本~ (2, 0.0%)

2 の矢

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 な文化, な文化要素

▼ 後皇太子~ (2, 0.0%)

1 となった, も亦

▼ 後目のあたり~ (2, 0.0%)

1 にベアトリチエ, に悪魔

▼ 後目白~ (2, 0.0%)

2 の額田六福

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 があっ, となっ

▼ 後看護婦~ (2, 0.0%)

1 が教諭, として教育

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の成年式, の靈

▼ 後真に~ (2, 0.0%)

1 屏禁せられる, 死物狂い式な

▼ 後真先~ (2, 0.0%)

1 にその, に江戸

▼ 後真名古~ (2, 0.0%)

1 の乗った, はウッソリ

▼ 後真田~ (2, 0.0%)

1 が自力, は仮に

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 後矢田津世子~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 後石尊様~ (2, 0.0%)

2 詣りの

▼ 後研究~ (2, 0.0%)

1 に不便, を続けられ

▼ 後社殿~ (2, 0.0%)

1 とその, と其周囲

▼ 後祁山~ (2, 0.0%)

1 に帰っ, のうしろ

▼ 後神居古潭~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 後神楽坂~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行き

▼ 後神田~ (2, 0.0%)

1 のバラック建て, の祝ひ

▼ 後福富旅館~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行き

▼ 後私ども~ (2, 0.0%)

1 は山崎楽堂さん, もやっぱり

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の詩, は重陽

▼ 後秦啓源~ (2, 0.0%)

1 の腹心, はほぼ

▼ 後突如~ (2, 0.0%)

1 とし, 銀座へ

▼ 後窒扶斯~ (2, 0.0%)

2 と判明

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に其の, に閣下

▼ 後立ち上った~ (2, 0.0%)

1 ときには, ロシアの

▼ 後立山並~ (2, 0.0%)

1 に餓鬼ヶ岳, に餓鬼岳

▼ 後立派~ (2, 0.0%)

1 な官員さん, に始末

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の雌雄状, 之助

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に於, に解説

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 して, ひながら

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 録せられたもの

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 をかつい, をもっ

▼ 後箪笥~ (2, 0.0%)

1 の上, の抽出

▼ 後節子~ (2, 0.0%)

1 はすぐ, は紙

▼ 後紀昌~ (2, 0.0%)

1 は静か, は靜

▼ 後約束~ (2, 0.0%)

1 のごとく, を違えず送っ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 にしるす, の上

▼ 後紙型~ (2, 0.0%)

2 にまでわたくし

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の甥, の祖父成余四十二歳

▼ 後素戔嗚~ (2, 0.0%)

1 は急, は鼾

▼ 後細川家~ (2, 0.0%)

1 に預けられた, の邸内

▼ 後経済界~ (2, 0.0%)

1 に非常, の恐怖

▼ 後給仕~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ 後続々~ (2, 0.0%)

1 と幾何, と訪れる

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の葉, 冴え来る竹

▼ 後義経~ (2, 0.0%)

1 の足跡, は熊野船

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に萎れた, 友は

▼ 後聞い~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て見る

▼ 後聞えよがし~ (2, 0.0%)

2 にこんな

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 についてから実際, に離れ

▼ 後肋膜~ (2, 0.0%)

2 にいつも

▼ 後肥立~ (2, 0.0%)

2 が思わしくなく

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 のふかく, を突刺した

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 拱きて

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 が出た, の後

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 経し, 魯外尚

▼ 後自分一人~ (2, 0.0%)

2 が磧

▼ 後自由~ (2, 0.0%)

1 をとり戻した, を奪いかえし

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 は, を初

▼ 後良人~ (2, 0.0%)

1 にうつそう, に碁

▼ 後良平~ (2, 0.0%)

1 はトロッコ, はトロツコ

▼ 後英倫~ (2, 0.0%)

2 と矢田津世子

▼ 後茶店~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 後草臥~ (2, 0.0%)

2 休めの

▼ 後荘厳~ (2, 0.0%)

1 ともいうべき, な御殿

▼ 後菩提樹下~ (2, 0.0%)

2 に正覚

▼ 後著しく~ (2, 0.0%)

1 ふえて, 変化し

▼ 後藩主~ (2, 0.0%)

1 が藩知事, の本邸

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 と戦ふ, や蛙

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の斥候, の運命

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の家庭, を始め同志

▼ 後行方不明~ (2, 0.0%)

1 であるという, となりたる

▼ 後行衛~ (2, 0.0%)

1 が知れませぬ, を晦ます

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に灯, へ

▼ 後裁判所~ (2, 0.0%)

1 で白状, の書記

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 にかけて長く, の長き

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 わたしの, 露され

▼ 後見せる~ (2, 0.0%)

1 奈四郎と, 奈四郎といへる

▼ 後見たい~ (2, 0.0%)

2 な氣

▼ 後言問~ (2, 0.0%)

1 まで戻っ, まで戻つ

▼ 後註文~ (2, 0.0%)

1 でも出たら, を持っ

▼ 後試み~ (2, 0.0%)

2 に紀昌

▼ 後試写室~ (2, 0.0%)

1 で先日プレスコ, で第

▼ 後諸人~ (2, 0.0%)

1 がそっと, は朕

▼ 後諸方~ (2, 0.0%)

1 に発火, に蛇

▼ 後警官~ (2, 0.0%)

1 の挙動, の捕縛

▼ 後警察~ (2, 0.0%)

1 に於, へ投書

▼ 後警視庁~ (2, 0.0%)

1 に反抗, へ行き

▼ 後警部~ (2, 0.0%)

1 はこう, はこう常に

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 後貧窮~ (2, 0.0%)

1 に堪えず, に堪へず

▼ 後責任~ (2, 0.0%)

1 をとわれ, を問う

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の研究, 彌は

▼ 後赦され~ (2, 0.0%)

1 て帰, て帰った

▼ 後起っ~ (2, 0.0%)

1 て床の間, て来た

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 人的に, 現実派の

▼ 後足利時代~ (2, 0.0%)

1 から売官, から賣

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 で気, を断ち

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の漸く, を震

▼ 後身体~ (2, 0.0%)

2 を軽く

▼ 後身体全体~ (2, 0.0%)

2 を烈しい

▼ 後軍隊~ (2, 0.0%)

1 の働いた, の境域

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の自動車, へられ

▼ 後返り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 後追う~ (2, 0.0%)

1 て不憫, 詩人

▼ 後逍遙子~ (2, 0.0%)

1 はその, は後

▼ 後途中腹痛~ (2, 0.0%)

2 にて困難

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 はざれ, はなかつた

▼ 後運動~ (2, 0.0%)

1 の困難, や線

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 にか, を引き返そう

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 かなる, に拍子木

▼ 後遥か~ (2, 0.0%)

1 なる過去, の後

▼ 後還っ~ (2, 0.0%)

1 て剣, て来る

▼ 後邦人~ (2, 0.0%)

1 の思想, の身體

▼ 後邪魔~ (2, 0.0%)

2 する者

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の後, をのんだ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 があり, て店主人

▼ 後重井~ (2, 0.0%)

1 に打, に打ち明け

▼ 後野放し~ (2, 0.0%)

2 になり

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 はベシイ, を集め

▼ 後金五郎~ (2, 0.0%)

1 は意識, は顔面

▼ 後金兵衛~ (2, 0.0%)

1 の姿, へ連れ

▼ 後金吾~ (2, 0.0%)

1 は畳床, や釘勘

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 沙に, 沙の

▼ 後長い~ (2, 0.0%)

1 間の, 間子供という

▼ 後長吉~ (2, 0.0%)

1 はいよ, はいよいよ

▼ 後長男~ (2, 0.0%)

1 が生れた, の善太郎

▼ 後閑地先~ (2, 0.0%)

1 の月夜野橋, の鮎

▼ 後闇市~ (2, 0.0%)

1 のうすぐらい, の物價

▼ 後附近~ (2, 0.0%)

1 に恐い, の神社

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 はふと, は灰皿

▼ 後陳彩~ (2, 0.0%)

1 は安, は彼等夫婦

▼ 後陸上~ (2, 0.0%)

1 との交通, にて革嚢

▼ 後陽成天皇~ (2, 0.0%)

1 の時, の行幸

▼ 後階下~ (2, 0.0%)

1 の広間, の日本間

▼ 後障子~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 の河童

▼ 後離婚~ (2, 0.0%)

1 か同棲, した

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の中, やむ

▼ 後零落~ (2, 0.0%)

1 した旗本, 致しまして

▼ 後非常~ (2, 0.0%)

1 に鮮明, の流行

▼ 後頗る~ (2, 0.0%)

1 御感に, 自分たちの

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 の良く

▼ 後風雨~ (2, 0.0%)

2 もすっかり

▼ 後飄然~ (2, 0.0%)

1 とジャワ, と身

▼ 後飛散~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ 後食堂~ (2, 0.0%)

1 ではる子, に残っ

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 に警官, をしめられ

▼ 後首級~ (2, 0.0%)

1 は二十日市, は粟田口

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 まで御, をホスピタル

▼ 後駒井~ (2, 0.0%)

1 は大, は清八

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 ころびに, に撞い

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 を引かれる, を掴む

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の階下, へ汗止め

▼ 後~ (2, 0.0%)

1 の名, は南山

▼ 後~ (2, 0.0%)

2 を菜

▼ 後鳥羽天皇~ (2, 0.0%)

1 がご, 御譲位

▼ 後鶴子~ (2, 0.0%)

1 が戸締, は夕方神戸急行

▼ 後鷹見家~ (2, 0.0%)

1 でしんばり棒, の後裔

▼ 後麻布~ (2, 0.0%)

2 に来

▼ 後黙っ~ (2, 0.0%)

2 て地図

▼ 後鼠小僧~ (2, 0.0%)

1 や弁天小僧, や辨天小僧

▼1* [4940件]

○○の野戦病院, 後ああしたこと, 後あえてこのよう, 後あえなき重傷者に, 後あおむけにね, 後あかり鳶くだり来羽根撓りつつ, 後あちらの様子, 後あちらこちら歩いた時, 後あってもそれ, 後あて片手杖なむなむの, 後あとまで藤吉, 後あなたがたの信神, 後あなた様たちに遊び, 後あなた樣の晝夜, 後あはあ何じ, 後あはれ然る, 後あはれ謂はうやう, 後あまたな公卿, 後あまねく探し求めると, 後あらしめんが, 後あるいはまた表現への, 後あれを撤去, 後あわせて読む, 後あんたはんのこと, 後あんまり手数を, 後いい運転手が, 後いうのである, 後いかならんつまを, 後いかなる思想を, 後いかばかり切実な, 後いかほど歩いて, 後いくど気絶, 後いくたの困難, 後いくら生てい, 後いさましい進出を, 後いたずらに起き上がろう, 後いち早く伯林の, 後いっさいのこと, 後いっしょにそこ, 後いっぱいに水, 後いついづくにて相, 後いつか同家の食客, 後いつか彼のこの, 後いつか牛込警察署の刑事, 後いつか行方不明になっ, 後いつ誰がした, 後いづこに, 後いづれの地, 後いと寒き折, 後いふべしローマの, 後いぶかしげに, 後いまだかつて許されざりし里帰, 後いま解剖室には警察, 後いやが上, 後いやにむし暑い日, 後いよいよそうすること, 後いよよ貧しくなり, 後いろんな地図を, 後うちとけて話しはじめる, 後うつかりすると, 後うとうとと私, 後うまく行けば, 後おいおいに相手, 後おくことは, 後おしをし, 後おずおずとはいっ, 後おそるべき第二, 後おとなしくなり生きられるもの, 後おのずから来るべき新しい, 後おのれの宗教, 後おのれ六波羅奉行と称え, 後おばあさんは大きな, 後おばさんが或, 後おふくろは親類, 後おまえが哀れ, 後おやじは別, 後おりから配達, 後おん年三十八歳でお, 後おん身は馬, 後お便り一つ致しませずに, 後お婆さんは, 後お客とお話し, 後お家附きの, 後お寺の説教, 後お母様から呼ばれ, 後お玉の姿, 後お蔦の前, 後お金の方, 後お雪さんが言, 後お雪ちゃんの部屋, 後お預けの身, 後かう言つた, 後かえったら激しいケイレン, 後かかる乱脈に対して, 後かがやきも暮れ, 後かぎりなき世, 後かく密, 後かすかに青珠, 後かつて貧窮組が, 後かなそれとも歸つて, 後かね千年後かね, 後かねて狙いを, 後かぼちゃの花, 後かみさんは男, 後からがンと, 後からけえ, 後からげら, 後からじゃいけないん, 後からつつーと, 後からとのし掛つて, 後からにせい, 後からのたりついた女, 後からより近代的な, 後からわざとのやうにあいつのことばつかり思ひ出され, 後かれこれ二年ほど, 後かんぬきがガチッ, 後がらりと地蔵堂, 後がらんとした, 後きくところに, 後きちんと閉めて, 後きっとなって, 後きつぱり座頭渡しの, 後きょうの御, 後きよ子嬢を産みました, 後くさりて入院, 後くっ付いてくる, 後くどくどと長い, 後くもその二十日頃, 後くらきを流れ, 後くれたならば永遠, 後ぐらい態度を, 後ぐらいからでは, 後ぐんぐんその車, 後ふ見て, 後けっきょく多忙, 後けれども国籍をも, 後こういう風説に, 後ここ五十年やっと一つ処, 後こつそりイタリイ行きの, 後ことに多数, 後ことごとに右門, 後ことごとく瓢と, 後ことし新潟警察署で挙げられた, 後ことわられた人, 後このほど思い切って, 後この聖なる建物その, 後こぼちてそ, 後こらえ切れなくなって段々, 後これからその腕, 後これ以上家に置いたら, 後こんにち, 後こんなに親しくお, 後ごきげんようお立ち帰りで, 後ごく少数の, 後ごくさらりと何, 後ごとに幕府, 後ごみするのみ, 後ごろりと仰向きに, 後さい帰ること, 後さきの老婆, 後ささやかな木造, 後さだめし大命われに, 後さだ子の所, 後さっきのよう, 後さっそく一日人夫を, 後さまに帯, 後さまざまな方面, 後さめ際の, 後さらにこう訊ねられた, 後さりとも今一度, 後さる女院へ, 後さんあたりからは相当, 後さんあなたの御, 後さんおらお針は下手, 後さんざんな悪評, 後さん下で呶, 後さん調理場は冷めたい, 後ざしそれ者も, 後ざっと八十年位にしか, 後しかしそれにしても時としてロシア, 後しかして家督たる, 後しきりと河, 後しぐれ雲のゆきかいする, 後しさりに人々, 後しざりさせて自分, 後しざりさせたものと, 後しざりしたいやうな, 後しざりするのでした, 後しだいに出来かかっ, 後しっかり勉強し給え, 後しづは板の間, 後しばし山林に, 後しみじみ生活的宦官に, 後しめやかに頷き, 後しゆんと更め, 後じきに情無し, 後じさつた時駿介は, 後じさりしようとした, 後じっと机にも, 後じゃあ玩弄に, 後すこし書いて, 後すさりして隅, 後すては衆人, 後すなはち, 後すべて梅園だから, 後すべりを除き, 後すら個々の, 後ずつと七度三四分といふ, 後ずんと年上な, 後ずーっと公園の, 後せめてもの努力, 後ぜひ逢ひたいと, 後そう間もない, 後そこそこに陸, 後そちに守り, 後その他のキリシタン武士, 後その間に買っ, 後それぞれ地位を求め, 後それでも少しずつ, 後それとも愉快な, 後それら一顆の物, 後それら各々の職分, 後それ等の品, 後そろそろ春風が, 後そろって高等学校, 後そんな風に, 後そんなに長いこと命, 後たいてい大阪商人から, 後たいへん信者が, 後たぎりたる脳の, 後たくさん勅撰集やらいろんな, 後たしか昭和十三四年の, 後たしかに当地を, 後たった二人だけ, 後たった今寝床に, 後たとい互いに過ちを, 後たとえ三四日の, 後たのまれず花のみは, 後たべる物が, 後たり水戸宰相家に, 後たるべき三好秀次からも, 後だいぶたってから中国, 後だうであつ, 後だけ裂け飛んだよう, 後だけが半月形に, 後だけでも何べ, 後だけは括つた儘, 後だけを開け放った, 後ださうですな, 後だしぬけに娘, 後だつて決して, 後だつたらどんな女, 後だに此く, 後だんだん又何処かへ, 後ちっともないの, 後ちの事です, 後ちの力は鱸, 後ちの名称である, 後ちの所感を申し, 後ちの痛憤の情, 後ちの称呼らしい, 後ちよつと散歩, 後ち出遊する, 後ち始めて順当, 後ち承和十四年, 後ち泣いてその, 後ち蒙恬を, 後ち読むべきものである, 後ち進みて婚約成立, 後やお, 後った頃公園の, 後ってものあ, 後ついだ盃も, 後ついにより平安な, 後つかつかと部屋, 後つかまった女たち十二三人の, 後つぎつぎにやって来た, 後つくし餅草摘みに私たち玉川, 後つくられたものな, 後つくりたるなりとも, 後つと利章の, 後つぶさなりその秋俟, 後つまらなくなり微, 後つまり深夜の, 後つまり一九〇〇年の初め, 後つれだって右馬允貞盛, 後づけし乍ら見, 後ゐる云々, 後でありまして其の, 後でありませうかその, 後であるして見る, 後であるならばその, 後できた大きな料理屋, 後できるだけ完全に, 後でございましたかな東本願寺, 後でござるか, 後でさえも私には, 後でしてなにしろ, 後でしかない, 後でしたやろかゆう, 後でしたらあの怖, 後でしたろうそうしてその, 後でしちに取られた, 後ですつかり恐れ入つたぜ, 後でた友人ベルグソンの, 後でつぷりと肥満つた背丈の, 後でつひにその, 後ででもあるいはそういう, 後でというより, 後でなかったら幸子馬吉姉弟は, 後でなくたつて構, 後でなくっちゃあ, 後でなくつちやお, 後でなけりゃあ行かれやしません, 後でなんかそんなもの誰, 後ではのみなれた煙草, 後ではも早や, 後でへどを吐く所, 後でまでわたしを, 後でもの嗤いにならないであろう, 後で当て込みに書いた, 後で思はずも南無阿弥陀仏々々々々々々, 後で無いと水, 後というもわずか一刻, 後とうてい復活の, 後とかいうことについては, 後とかに色紙が, 後とかを探して, 後とがれる鋒を, 後とくに宮本が, 後ところを嫌わず, 後とつぜん為木音也は, 後とても屡々留學生を, 後とても決して口外する, 後とても無論困難は, 後となりの燈, 後とには石川さんや, 後とばかりも言へ, 後とびだして来, 後とへ次第次第に, 後ともに何分よろしくお願い申します, 後とやかく言ひませず, 後とりとめもない, 後とり出して読んだら, 後と共に翔鶴丸という, 後つかへ, 後どうやらまたぞろお膝下へ, 後どっちにとっても蔭, 後どれだけ接近, 後どれ位の間, 後どんなに跡を, 後なおもこれに, 後なかなか多忙で, 後ながくこの地, 後ながらつゆ頽, 後なきを大, 後なしとや円本出版屋, 後なすところを, 後なぞに御所の, 後などから判断する, 後などでははなはだ結構, 後などへ泊って, 後なほ数歩の菜圃, 後なほ死を延べん, 後なまなましい土饅頭の, 後なりきと覺ゆ, 後なりともこの願い, 後なんぞ尾行け, 後にあたってわーっと, 後にあたる袋廊下の, 後においてすら彼は, 後にかけ寄り両手, 後にくはしく, 後にこそと心を, 後にすらおそらく現在, 後にせる女といふ, 後にだって何一つ面倒, 後については見にくいです, 後にては婦人の, 後にとよと言った, 後ににはなひ行, 後にばかり引かれました, 後にもなつて貸家といふ, 後により少い額を, 後にわ魚の, 後にわかに医院の, 後にをること三年, 後に従う十三騎も, 後に迄伝つたのは, 後に迄も続いて, 後ぬきんでて鎮撫, 後のくづれたる音便なり, 後のこる妻姦ましと, 後のなんぞは何処で, 後のに従ひ, 後のの裾が, 後のまずまるやで, 後のりとが宣せられる, 後のんきな蝙蝠, 後はいっていった, 後はからだが, 後はからず一夜の, 後はがちやがちや, 後はずつと飛びとびに, 後はたしてその前日, 後はたと文書函の, 後はちの巣に石, 後はといったもんだ, 後はまさまさと青く, 後はもひとつ今夜の, 後はやその年, 後はやくお休み, 後はるばる僕に, 後ばかりを追ってこれ, 後ばっかり追って, 後ひいと声, 後ひきつづいた一年の, 後ひきとられて育てられ, 後ひと思いに, 後ひとりヴェロナに君, 後ひとり唐琴を膝, 後ひどく淋しがつて, 後ひょいと流して, 後ひょっこり生き身で, 後ひよつこり青山の, 後ひろ子に土, 後びっしゃりにずるッかずるッ, 後ふけ渡った阪道, 後ふたつの刀, 後ふだん着の上, 後ふつつりと永久, 後ふり向いて息, 後ふり向きし其あわれ, 後へいげんは, 後へがくりと, 後へもよこにも, 後へを圧せり, 後べつな室, 後つと一息, 後ほっと一息ついた, 後ほとんどすぐに起こった, 後ほどと云ったから, 後ほどなく馬祖大師, 後ほどもなく姑, 後ぼくはレギュラー, 後ぼんやり舞蹈を眺め, 後ぽっかりと眼, 後ぽつんと言つた, 後ぽんと捨てられ, 後まいるぞ, 後まさに五百男子と, 後またまた一使者が, 後まっくらな, 後まつ暗だ, 後までと軽う云っ, 後までとを併せて, 後までになおすから, 後までもが女としての, 後までもばあやと, 後までを氣遺ふ, 後まぶしい深紅の, 後まるっきり変って, 後からそつ, 後みごとにはじめられた, 後みすぼらしい敷物, 後みずから末法に遣わされた, 後みなさんとお話し, 後みみらくの, 後みやこへ大庭, 後みんなぼんやりして, 後みんな急に友好的, 後むかしの戀, 後めきめきと売り出した, 後めくらじまの, 後めぐって来た, 後めたいよりもむしろ, 後めたい意識だったかも, 後めたい破綻に立つ, 後めたくもある, 後めでたく祝賀の, 後めまぐるしい浮世の, 後めんどうくさくなったの, 後もうこの種, 後もうそろそろ二年半に, 後もう一度やっと微笑を, 後もこそ悲しけれ世, 後もちろん二度と直之の, 後もどりしたにちがい, 後もどりしないではゐられない, 後もどりすると一散, 後もどりであるけれども築地橋, 後もはや仏神の, 後もやいを解い, 後やあ諸君と, 後やうやう炊事場に, 後やがてずっと奥の, 後やがて再び別邸への, 後やごとなき, 後やったからあれ, 後やって来てメルキオル相手, 後やぶれて松浦郡, 後やむの一生であっ, 後やや暫くの間, 後やらぬ様に, 後やり過ごして物蔭, 後やることが, 後ゆう飯の, 後ゆえ直にも, 後よい虚実を, 後ようやくきわめて荘重に, 後ようよう言いだして, 後よき事は, 後よし子のトランプ, 後よみがえりたまいし, 後よみ返った事を, 後よりかへせ馬頭觀世音, 後らしかつた, 後らしく入って来, 後らしく着くずれて居た, 後るべきと足ずり, 後るるおよそ百年ジュフールの, 後るれば一晩, 後わが国では食糧飢餓, 後わが家に投じ, 後わきにきちんと, 後わざとらしい冷笑を, 後わざとらしく気軽に, 後わざわざその点, 後わしも江戸, 後わずかまだ一ヵ月を, 後わたくしどもはもう, 後わたしたち二人が伊豆山神社, 後わりに自由に, 後わるしで一敗, 後われと子孫の, 後われらに善行, 後われら夫妻がいつ, 後われら生き残りの二百余名, 後われイリオンに着き, 後われ皇帝クルラードに事, 後われ遠国より帰来, 後わろしになっ, 後をばすべて省きつるなり, 後を以て天地と, 後アエネアスイタリアに赴けり, 後アカイア陣をさし, 後アスペラガスや牛乳, 後アッと折竹, 後アテンに移った, 後アデェルと私, 後アパアトメントに丹野さん, 後アポロンに頼ん, 後アメリカンハウス・オヴ・リプリゼンテーティブを通った, 後アラスカへ席, 後アララギ発行所に行く, 後アリストートルの如き, 後アリョーシャは兄, 後アルゴスに譽, 後アレクサンドリアからイタリア, 後アレクセイ・トルストイのところ, 後アンナ・リヴォーヴナが出した, 後イェーナ大学から哲学博士, 後イエの一家, 後イエルサレムとエマオ, 後イスランドは衰微, 後イタリアに行き, 後イタリーの民衆, 後イヒチオールを二, 後イランのテヘラン, 後イリオン城に歸らん, 後イルマタールが動いた, 後イロイア頽廢の跡, 後イワシがさっぱり, 後インドにあった, 後インフレがひどく, 後ウィスキイは私, 後ウィレムの批評, 後ウイ持参で, 後ウェスト・ポイントの出身者デヴィース, 後ウラスマルの新鮮, 後エジプトの石棺, 後エタ非人の称, 後エミイは毛布, 後エミリアンがフランス, 後エロ部分をカット, 後オランダからイギリス, 後オリエンタルホテルの見合い, 後オレガ諸国ヘ行ッタ時, 後オーストリアの伝統, 後カウンターへよっ, 後カエサルがラヴェンナ, 後カケ持あり朝日講堂, 後カスを吐き出す, 後カフェーで出会った, 後カラブリア酒誂へん, 後カラ彼女ガ現レタ, 後カングリ警部は我々, 後カンタベリの大司教, 後ガゴたちは暫く, 後ガラスのこわれる, 後ガロンは共産軍, 後キエフ市へ行った, 後キッチリ十日目に, 後キャッチボールをやった, 後キュリー夫妻はなお, 後キルスを破り, 後キールブレスラウ諸大学, 後ギペルリニ黨の人々, 後ギラ・コシサンは莫大, 後ギーヨーム・デュ・ヴェールが発した, 後クサレなしという, 後クラマールへゆき, 後クラヤミの氷川町, 後クリスチャニア市に着し, 後クリストフは自分, 後クリークのなか, 後クロをそこ, 後グイード・ダ・モンテフェルトロの魂, 後グッスリねこん, 後ケルンにて教, 後ケンブリッジからロンドン, 後ゲルマン帝国の運動, 後コゼット自分をどう, 後コップを叩い, 後コッヘルで甘納豆, 後コブクロ坂を越え, 後コリもせず, 後コルキスにむかへる, 後コルテスは遂に, 後コロラドを試み, 後コロリコロリと死ぬ, 後コーヒーを出す, 後コーラスの稽古, 後コーラス娘三人つれて, 後ゴチャゴチャになっ, 後ゴットフリートは星, 後サッパリと落したい, 後サトウロクローを毎日舞台, 後サロン春の地下, 後サンフランシスコへ行き, 後サー・ヘンリー・ホーランドに近頃, 後ザイル三ツ道具小屋掛け資材だけ持っ, 後シイズンの支度, 後シェイクスピイヤが何故, 後シケリアはアンジュー家, 後シテになっ, 後シドニーに私達, 後シドニーメルボルン間の濠洲海岸, 後シベリアのヤクーツク, 後シャツを重ね, 後シャビエルの豊後滞留, 後シャレル爺さんは一つ, 後シャンマティユーを免訴, 後シュタインタールそして近く, 後シュルツの膝, 後ショパンの作品九番, 後シレーネの聲, 後ジェンナーはエドワード, 後ジャガ芋を半分裏漉し, 後ジャン・ヴァルジャンにいかなる, 後ジョウがいいました, 後ジロンド党の議員七十二名, 後スイッチを押し, 後スエ子と二人, 後スケッチブック持って, 後スティヴンスンは其の, 後ストラヴンスキイの, 後ストーヴの前, 後スポレト侯チッバルドこれを援, 後ズッと減った, 後ズットお尋ね者になっ, 後セレンジブの島, 後ソオル主任警部は銀行, 後ソルデルしざりて, 後ソヴィエットの何処, 後タイタニックが沈没, 後タイヨーのジンフィズ, 後タエは女達, 後タキシーを拾っ, 後タンプル街に作り始めた, 後ターリングに帰っ, 後ダアワの処置, 後ダイゴ帝が水, 後ダヌービオの濕, 後ダライラマは眼, 後ダルベアによって演奏, 後チェホフ色のもの, 後チェンタウロは煮ゆる, 後チョエン・ジョェの時分, 後チリの版図, 後チンドン屋が勝手口, 後ツギを身ごもっ, 後ティスベまづか, 後テナルディエは次, 後テマン人エリパズに言い, 後テーブルの上, 後テーラーと共に馬, 後デアッタカマタ違ッタ夢ヲ見, 後デアッタシ異常ナ興奮ニフルイ立ッテイタ際デアッタカラ, 後デパートメント・ストーアの流行, 後トイエドモ姉ト光子トノ既ニ確立セラレタル関係ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, 後トウルゲネフは丁度, 後トックの家, 後トツクの家, 後トトでやかかで, 後トニイは晩, 後トビアスはシルクハット, 後トランクの仕度, 後トルレスは別席, 後トレース海峡からガラパゴス諸島, 後トロイアより來, 後トント原稿市場に遠, 後ト幕吏ら龍馬の京ニ入り, 後ドイツ人はその, 後ドイツ現代文学におけるもっとも, 後ドイツ皇帝づき天文学者, 後ドイツ軍事界に於, 後ドッと前のめり, 後ドラは愈々, 後ドンナ事があっ, 後ドンナ形ノ石, 後ドヴォルシャークのため, 後ド・メッスは帰国, 後ナオ避妊ガ可能ナル時ハ為シ得ル限リノ手段ヲ取, 後ナルトキハ日割ヲ以テ精算, 後ナル淵源ヲ深, 後ニオイテハ常ニ光子, 後ニソノボルゾイハテンパーデ脳症ニ罹ッテ死ンダガ, 後ニッサンの芦田さん, 後ニネヴェ・アルベラの地方, 後ニハ葉ハ尽ク皆赤シ, 後ニヤリと笑い, 後ニ久セガナッタ故世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ, 後ニ出現スベキ偉器ニ待ツ者ナリ, 後ニ取得シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, 後ニ岩村楼ニ革メ又吉野屋ニ革ム, 後ニ忰ガコノヨウナ狂人ニナリコノヨウナ嫁ガ我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, 後ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利ノ各, 後ニ登山ヲ開始セリ, 後ニ着手スル所以ハ無智ト事情不通トノ爲メニ日本内地ト同時ニ着手スルトキハ, 後ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, 後ニ附イテ来タガ走リ方ガ速イノデ, 後ネストール休戰して, 後ネパールの兵隊, 後ノワイユ夫人の小説, 後ノーケ博士が野外観測所, 後唯貴方, 後ハイデッガーの, 後ハウプトマンの, 後ハチマキをしめハカマ, 後ハンスカ夫人に宛てた, 後ハ佩用トシテ武州鍛冶和泉守兼重ヲ用ヒキ, 後ハ地代ソノ外滞ラヌカラ悦ン, 後ハ安田順蔵大兄の本, 後ハ小松西郷などにも申, 後ハ此限ニ在ラス, 後バカテル倶楽部でホイスト, 後バッカスの憐, 後バラックに収容, 後バラツク多く建てられ, 後バルザックがせめて, 後パウロが洗礼, 後パーッと蓋, 後ヒットラー総統の開会, 後ヒュースケンは攘夷, 後ヒヨツクリ現はれる, 後ヒルネ致しますの, 後ビクターの宣伝部, 後ビクター岡氏から築地豊村, 後ビューと一振り, 後ピサロはトゥンベス南方三十余里, 後ピストルの音, 後ピッシャリ気丈なお松, 後ピニヨレ夫人の門, 後ファウスト中世騎士の宮中服, 後ファシズムに抗する, 後ファデェーエフやフールマノフ, 後フアレルナチプリイの酒なんど, 後フィレンツェに起れる, 後フォッシュ元帥から, 後フォニックスの警察官一行, 後フォン・リンリンゲン夫人が右手, 後フォーシュルヴァンは叫んだ, 後フト僕の下宿, 後フト正眼を得, 後フト玉を突い, 後フト胸のダイヤ, 後フライ牧師は興奮, 後フラフラ表に, 後フリイデマン氏はいと, 後フレジェトンタの川, 後フロイド主義を入れ, 後フロ仕事にかかる, 後ブダガヤから北, 後ブッフェで御馳走, 後ブナ坂を下り, 後ブラツデイ氏宅へキネスコープ, 後ブラリュの空地, 後ブラームス自身がブレーメン, 後ブルジョア大学に経済学, 後ブルターニュの海岸, 後ブーラトリュエルはひどく, 後プウチヤチイヌの露艦隊, 後プランタン行きを勸め, 後プラークの日刊紙, 後プリューメ街は再び, 後プルウストが, 後プレンダーガストとその, 後プロレタリアートは自分, 後残ッテ居テ以来ハ親類同様ニシテクレトイウテカラ両人ガ起請文ヲ, 後ヘラその眼, 後ヘラクレスは贖罪, 後ヘンリーは最後, 後ベシーとアボット, 後ベスがいいました, 後ベスパーロフは自己批判, 後ベッドに取りつい, 後ベラスケスのキュバ征服, 後ベルリンの劇壇, 後ベートーヴェンはしばらく, 後ベーメン侵入に決し, 後ペギーによって出版, 後ペスをどうして, 後ペテルブルグ大学にうつり, 後ペテロパヴロフスクの要塞監獄, 後ペルリの退, 後ペーチャの家, 後ボナパルトと云われ, 後ボルシエヴイズムか何, 後ボンヤリして, 後ボートを漕ぐ, 後ポルトガルの船, 後ポーランドの大統領, 後マインツとケルン, 後マオメットかく我, 後マクネエル氏から自作, 後マジャーンを教わる, 後マスクをかけ, 後マナガ市の精神病院, 後マホメット世に出, 後マモナク六百両金ガ出来タカラ家ヲ立テタガ今ハ三十俵三人扶持ダカラ, 後マラリヤにかかった, 後マルで舊, 後マルクス主義文学の政治的ヘゲモニイ, 後マルクープ老人の一寸, 後マルサス氏は問う, 後マルチニック島生れのジャン, 後マントルを着た, 後ミカドがこれ, 後ミケランゼロは人夫, 後ミサ子が再び, 後ミショオ議員がこっそり, 後ミス・オーステンの小説, 後ミハイルアウエリヤヌイチは茶, 後ミハイルアウエリヤヌヰチは茶, 後ムキになつている, 後メッカメジナへ巡礼, 後モスコオ芸術座の一行, 後モヂモヂして, 後モデスタはあたかも, 後モニカは白無垢, 後モヨロには宝剣, 後モントルイュ・スュール・メールには大人物, 後モ一度測ッテ, 後モ気狂イ的行為ヲ繰, 後ヨセフの子供, 後ヨリ地方自治制ヲ實施シテ參政權, 後ヨロヨロ歩いて, 後ヨーロッパ大戦以後持続して, 後ラスキンへ行っ, 後ラヂオの, 後ラッコ船の船長, 後ラツプは僕, 後ラファエレは心配そう, 後リキー宮川と多和, 後リストの弟子, 後リッジをバットレス下, 後リュパン伯爵として王, 後ルイザは室, 後ルウレットは別, 後ルツジェーリ乃ち伯の罪状, 後ルト定マリタルモノニハアラザルナリ, 後ルバシュカは無心, 後ルムフォード伯は自宅, 後ルービンシュタインを訪ねた, 後レオにかかる, 後レガスピはこの, 後レザールにそっと, 後レタル彼等ノ貴族的中世的特權, 後レントゲン写真ヲ借, 後レヴィー・クールにまた, 後レースの工場, 後ロアルとセエル, 後ロイドさんに手紙, 後ロウマの騎士, 後ロザレの遺骸, 後ロダンの招聘, 後ロニ反ラセルノ, 後ロングビイチの合宿, 後ロンドンへ来た, 後ロンドン塔から帰っ, 後ワイマールに二時間, 後ワラタの失踪, 後ヱスパジアヌス帝の時, 後ヲ期シ朝鮮人ニ日本人ト同一ナル參政權ヲ得, 後ヴィエイユ・オードリエット街にはいり込み, 後ヴィユウ・コロンビエ座の復活, 後ヴエランダの方, 後一か月すると, 後一か月めに重吉, 後一しお血色を, 後一しょに横みち, 後一たび岡西待蔵と称し, 後一たび玄英と称し, 後一つ時ぼんやり立つ, 後一つ目の口, 後一カ月の頃, 後一カ月あまりして, 後一カ月余の今日, 後一ノ谷附近の史蹟, 後一ヵ年も立たぬ, 後一ヵ月有余三月の空, 後一ヶ月あまりして, 後一ヶ月以上の礼儀, 後一ヶ月目の年, 後一七九六年の七月十四日, 後一万一千フランで売られた, 後一万年とする, 後一三六九年からである, 後一世紀半を越え, 後一九〇六年の二月, 後一九三三年ナチス独裁が樹立, 後一九四二年八月ソヴェト同盟の新聞, 後一九四六年十月二十七日に新, 後一二カ月をすぎ, 後一二ヶ月の間, 後一二・二以下にはた, 後一二世を経過, 後一二作発表したが, 後一二回落合った偶然, 後一二枚の白い, 後一五一四年にシナ, 後一五七七年の三月, 後一五七八年の一月, 後一五三二年一五三三年と引き続い, 後一五三二年十二月末にサン・ミゲル, 後一五九〇年七月にワリニャーニ, 後一五五〇年十月の末, 後一五五五年七月半ばには幅九間余, 後一五六三年になっ, 後一人ぎりになって私はそのまま, 後一人自分四時の茶, 後一人頭二三十銭宛切り立てて, 後一介の金森亥太郎殿, 後一体怎する, 後一個月の間, 後一八〇八年七十七歳のハイドン, 後一八一四年に起こった, 後一八三〇年に再び, 後一八三二年一月一日には四万三百メートル, 後一八二三年の正月, 後一八五二年に王立協会, 後一八五二年十月初めて公判, 後一八八九年の終, 後一八八五年金の必要, 後一八六四年幸運はバイエルン国王ルードウィッヒ二世, 後一分も立たない, 後一列一体に東京市内, 後一列縦隊に並ん, 後一刻も早く, 後一匹の馬, 後一古鏡の鼻, 後一同炉辺で別離, 後一向研究は, 後一回の音信, 後一変したこの, 後一夕陪茶山先生歩月茗渓途値臼田才佐遂同到礫川, 後一大音響と共に突如, 後一室に孤囚, 後一家全員で写真, 後一寸坐る癖, 後一封の書, 後一巻の絹, 後一帯の路地, 後一年あまり余念なく行商, 後一年ぐらゐしかならないこの復興最中の城崎, 後一年不断不沙汰, 後一年二年のあいだ, 後一年伊佐奈が携, 後一年余にし, 後一年余りたった後, 後一年半以上経過してから, 後一度復活したの, 後一度麹町区一番町の邸, 後一座の幹部, 後一引といふおでん, 後一弟と共に隆中, 後一心同体として相互扶助, 後一手に引受け, 後一斎は唯, 後一日一日と病, 後一日早行墨田川看花, 後一日暇を見, 後一日重隆のお, 後一時の間と相, 後一時七里ヶ浜恵風園に入院中, 後一時京都が混乱, 後一時余りもたった, 後一時土砂石材の置場, 後一時平靜に復つたシャク, 後一時朝鮮に勢力, 後一時芸者に出, 後一時蘇武が生死不明, 後一時蛮人の侵入, 後一時近くになっ, 後一時過ぎまでにぎわえり, 後一時長崎の某, 後一時間位転寝をする, 後一時間後の暮方, 後一時間頃のこと, 後一時非常なる頓挫, 後一時頃まで書きつづけ, 後一月位は居る, 後一月半で諭旨, 後一月近く山にゐた, 後一服盛られて, 後一枚の大きな, 後一枚絵にてその, 後一段と語気を, 後一燈園から帰った, 後一猿を舁ぎて, 後一生を旅寓, 後一生沈黙をつ, 後一番殖えたの, 後一発となつ, 後一百日ヲ経ルニアラザレバ刑, 後一直線に斜面, 後一睡一浴して, 後一瞬の間, 後一瞬無量な感慨, 後一箇月ばかりの間, 後一緒にいる, 後一致されなかったすべて, 後一般均衡状態においては次, 後一般民心の昂奮状態, 後一貫して, 後一足毎に羽生えい, 後一路四谷へ, 後一躍した世界, 後一転化を来した, 後一通の手紙, 後一部分の外, 後一閑張の上, 後一面本社より横, 後一首よろし, 後一體怎する積り, 後一高を去る, 後一高前の交番, 後一黒虎観に入り, 後丁寧なる口上, 後丁度一年ほどたつた, 後丁度十四時間ほど経った, 後丁抹から瑞典, 後七五〇〇磅に等しい, 後七八合ばかり打ち合いました, 後七八年を経, 後七八日で口, 後七兵衛は慌て, 後七兵衛屋敷はどう, 後七十の賀筵, 後七十三年文化四年に七十一歳, 後七十二日間日々耐え忍んだ苦痛, 後七十年余で起こった, 後七十日ばかりたっ, 後七哩ちかくまでも, 後七左衛門が不意, 後七年めの今日, 後七年戦争までの十年間大王, 後七年目にやつ, 後七年間も国連軍, 後七日間は窓, 後七時を報じた, 後七月にダブリン, 後七月七日アドレイドを出帆, 後七月十一日琉球那覇着同十九日, 後七本槍に加えられ, 後七篇とがそれぞれ統一的, 後万事に付き, 後万吉郎はヒルミ夫人, 後万太郎は小, 後万平ホテルで富美子, 後万物死滅して, 後万里の長城, 後を開け放つた, 後三カ月一五五九年の夏, 後三ヵ月位を頂点, 後三万七千の屍体, 後三九年四一年と二囘, 後三五兵衛は炬燵, 後三五郎は, 後三代ばくちの名人が続いた, 後三個月目に完全, 後三分一即ち弥左衛門, 後三十一日だ, 後三十一日目女兒は三十日目, 後三十一歳で雁次郎横丁, 後三十七年を経過, 後三十三年たった今日, 後三十二年目に海, 後三十二歳の四月, 後三十八歳の時, 後三十六時間即ち一昼夜半, 後三十分間人工呼吸をやつ, 後三十四年に帰京, 後三十年ぶりで生れ故郷, 後三十年後には莫大, 後三十数年たってのこと, 後三十日と経たない, 後三十枚三景迄は中, 後三十秒間位は震動, 後三千兩に心, 後三四カ月目に始め, 後三四ヶ月にて始む, 後三四日にし, 後三四町の処, 後三四週間も餌, 後三四遍見たが, 後三国干渉があった, 後三太郎君の魂, 後三学期即ち一年半, 後三州岡崎の松平家, 後三年われわれも余りに, 後三年七ケ月十六日の間, 後三年十二年で東北征伐, 後三年壽阿彌, 後三年役の頃, 後三年文化八年に官蔵, 後三年記の記事, 後三年足らずの月日, 後三年駅午後五時の上り汽車, 後三度まで彼, 後三度劇場へやって来, 後三斎は礼, 後三日めの朝, 後三日以内にエベネザー・スクルージ, 後三日位の二十歳前後, 後三日十四日に, 後三日間というもの, 後三時ごろ夢之助, 後三時の間には必ず, 後三時二十分即ち年前九時, 後三月二十六日から博文館, 後三月昭和二十一年一月の, 後三木昇に路上, 後三条河原から暗夜, 後三枚しか残っ, 後三段以上ノ題, 後三法師を奉じ, 後三津五郎を経, 後三田聖坂に一戸, 後三男は蕗, 後三疋の狼, 後三百万票を得た, 後三菱の肝煎, 後三越かどこ, 後三重名古屋を經, 後三高吉太郎氏は寒吉, 後へ一面, 後上々吉と腹, 後上り口まで行った, 後上告のため, 後上州下仁田まで動いた, 後上方へ馳せつけた, 後上杉家より護衛, 後上森と会ふため登喜本, 後上気した神童, 後上聞に達する, 後上部の頭蓋骨, 後に投げ, 後下りに引き摺っ, 後下り坂にかかった, 後下向して, 後下手な綴方, 後下水道にはいっ, 後下落合に家, 後下谷の方角, 後不便だらうと, 後不可能です, 後不在地主とやらで, 後不思議に清々しい好い, 後不用のがらくた道具, 後不軌を謀った, 後与一に故郷, 後与八は急, 後丑村刑事は失望, 後を憚, 後世上が極度, 後世心より附そ, 後世態人情一変して, 後世界一のテナー, 後世界経済界の変遷, 後世間ばなしに刻, 後両人があて, 後両国の見世物小屋, 後両度ほど松五郎, 後両手の痛み, 後に欄外書等, 後並べておい, 後並んでホテル, 後中世までも此語, 後中世文化の最盛期, 後中佐は紙巻, 後中国にわたりふたたび, 後中坂の上, 後中学から高等学校, 後中学生の直樹, 後中學教員としての資格, 後中宮につかえ, 後中将は言, 後中山忠光を奉じ, 後中川は長き, 後中川兄妹の苦心, 後中村新八郎は何, 後中華料理と言わなく, 後の下駄, 後丸の内附近より上野駅附近, 後丸一年目に或, 後丸三年の間, 後丸佐の主人, 後丸山ですと, 後濃は, 後丹波で捕われた, 後主上におい, 後主人初め家中の者, 後主催者であった青年団, 後主力をもっ, 後主婦は熱情, 後主屋で皆, 後主従は何, 後主水忠行はどう, 後主治医の煙, 後主膳もしかるべき, 後久しからずして, 後久保田さんは遂に, 後久子は退院, 後久米氏の, 後久須美は私, 後乗台という画工, 後乗合自動車に乗, 後乗客の増加, 後の犬, 後乙姫もやはり, 後九ヵ月間は特別, 後九ヵ月間子供の牛乳代, 後九ヶ月目だ, 後九十年くらい, 後九州方面に流れ込んだ, 後九年目の一九二六年, 後九月下旬の午後, 後とあれ, 後の下, 後乾いた溝の, 後乾きたる土は, 後乾燥して, 後乾燥速なり殊に, 後之介, 後亀山藩士の名川力弥, 後亀島さんまで通知状, 後亂酒漢になつ, 後了庵の上堂, 後予想よりも大きく, 後事情があっ, 後た月, 後二か年ひっそりと, 後二たび書を寄せ, 後二つ三つ四つ続けざまに主人, 後二へんか三, 後二カ月即ち昨年, 後二カ月一昨々日をもって竣工, 後二キロばかりで, 後二タ月や三月, 後二ヵ年間にどれ, 後二ヵ月前後四ヵ月の月給付き, 後二ヶ月だけだ, 後二ヶ月目も終ろう, 後二ヶ月足らずで克子, 後二万噸の, 後二三世紀頃に顯, 後二三十分で祭, 後二三十分経過したもの, 後二三十日を経, 後二三年ぶりに日本, 後二三年大学で研究生活, 後二三年間に書いた, 後二三度この友だち, 後二三日目に誤っ, 後二三月にし, 後二世紀から出, 後二世紀以前のもの, 後二世紀頃にクロオディアス・プトレミィアス, 後二人きりになる, 後二人づれの座敷, 後二人ガ妻ヲ映画ニ誘ウト称シテ連レ出シニ来, 後二人計略合期して, 後二人連れで僕, 後二分だ, 後二十一二十二二十三二十四と四日, 後二十七年延享元年に至っ, 後二十三日目だ, 後二十九年に質問, 後二十五日午後に至り, 後二十五歳の父, 後二十余年太祖崩じて, 後二十八日迄, 後二十六年の間, 後二十六年天帝天をし, 後二十分より間, 後二十分浦上一帯は火, 後二十四分には館山通過, 後二十四年一回ずつ参詣, 後二十四時間もたたない, 後二十四時間絶対に水, 後二十年そこらである, 後二十年二十五年と月日, 後二十年以内の図柄, 後二十年余にし, 後二十年大嘗會を行, 後二十年後の長い, 後二十年後僕が立派, 後二十年潜伏布教捜査に追, 後二十日を期し, 後二十歳のとき, 後二千四百三十年見当という見解, 後二千年その前, 後二夜は満, 後二年ぶりに母親, 後二年一千九百二十年三月の出版, 後二年三カ月であった, 後二年三年五年と経つ, 後二年半私とわかれ, 後二年後の事, 後二年文化二年に六十一歳, 後二年目位にふと, 後二度来ぬから, 後二度と再び無心を, 後二度目に使, 後二日三日の間, 後二日以内に生き返った, 後二日兄に寄, 後二日目私も元気, 後二日間勅使饗応の盛儀, 後二日陪印南茶山二先生泛舟墨陀河与源波響木文河釧雲泉川槐庵, 後二時迄, 後二時間以内という推定, 後二時間女中達は休息, 後二時間後のうち, 後二時間自修させられる, 後二月あまりの経過, 後二月二十六日東京において軍隊, 後二月十六日にその, 後二月目に北京, 後二条も在位, 後二条流では経賢, 後二条院の皇子邦良親王, 後二町歩の田畑, 後二百二十六年までつ, 後二百兩の金, 後二等船客がサルン, 後二箇月して, 後二脚のみで歩む, 後二詩人とともに第, 後云々ということ, 後の十一, 後五〇〇年より以前, 後五か月にし, 後五カ月で卒業, 後五世紀ごろグプタ朝の最盛期, 後五位は利仁, 後五位以上諸司, 後五六匹の折檻委員, 後五六日經つて最初に豫定, 後五六時間を経, 後五分間には血中, 後五十日間の手錠, 後五十銭残りますが, 後五台山に入っ, 後五右衛門も会釈, 後五平は半蔵, 後五年十年を經, 後五年半にし, 後五年昭帝の始, 後五年目謙信もまた, 後五年間の生かされ, 後五時三十分浄土山の西側草原, 後五時本人来談に限る, 後五月十八日に至る, 後五月十日に死亡, 後五百は沐浴, 後五百年かあるいはまた, 後五百年頃波斯の王, 後五磅遣ると, 後五社明神の神官左典, 後五稜廓で奮戦, 後五郎蔵の手, 後五隻の軍艦, 後井上玄蕃は生, 後井伊家の保護, 後井伏君の敗北, 後井村は横坑, 後井筒屋に引, 後亜砒酸をまぜた, 後亡き情人の, 後亡魂がお, 後交代の同僚, 後交通が頻繁, 後衣裙襦裳皆有, 後享保十二年の大, 後享保年間に八代将軍, 後に奔つて暫らく児玉旗山, 後京伝は大袈裟, 後京城へ行った, 後京成電車通にふと, 後京極と岡庄五, 後京極摂政で, 後京極良経を背景, 後京都二条の家康, 後京野は椅子, 後亭主に死, 後人世あり恋愛, 後人参がたちまち, 後人夫が悉く, 後人夫一同の方, 後人心漸く泰平, 後人買いに売る, 後人類は新た, 後仁吉が弁当, 後仁科六郎は阿, 後仇討までの何席, 後今なほ風流詩文をよろこぶ, 後今にも降り出しそう, 後今やようやくにし, 後今一度李陵は北海, 後今井獣医が何, 後今井獸醫が何, 後今夕にでも小早川殿, 後今夜日比谷公會堂に開かれる, 後今宵こそは一騎がけ, 後今川家へ向っ, 後今度御用済みということ, 後今後かよう, 後今日私の工場, 後今更そんなこと, 後今目をさましたら, 後仍称之臣下, 後が一子羅喉羅, 後仏教を以て本体, 後仏蘭西兵の用いた, 後仏蘭西語を修め, 後付近の石原村, 後代官の屋敷, 後代物の三分, 後代議士として熱弁, 後令妹のピアノ, 後以前銅貨を呑んだ, 後以来の話, 後以来三年間も不可解, 後以雪僞古文之憾, 後仮に呼び慣わせて, 後仮りに落着, 後仮り屋らしい柿, 後伊丹の有岡城, 後伊之助は峠, 後伊勢守がふたたび, 後伊太夫は慢心和尚, 後伊奈子が叔父, 後伊東へ向け, 後伊波君の, 後伊藤さんは駅, 後伊豆の大島, 後伊豆権現或は其別, 後伊賀に帰つて, 後伊達がまつ, 後伏羲また村, 後伏見布屋七兵衛の家, 後伏見法皇のお, 後伏見法皇叔父の花園上皇, 後伏見法皇花園光厳の二上皇, 後休みには帰れる, 後休む可し, 後休んでいる, 後休憩室でも私, 後休日などがある, 後休酒三年此日初把杯故末句及之, 後会おうという約束, 後会った処も, 後会堂では二カ月半, 後会津生れの山川捨松, 後伝二郎はすぐ, 後伝道事業に大いに, 後伸子たちは一通, 後伺ひまつりしかど, 後但し証書の, 後低いは低い, 後低く再びこの, 後住みついていられた, 後住持三要は間違い, 後佐世保会館を訊ね, 後佐治さんがやって来, 後佐用郡の田住某, 後も手, 後体感的な気持, 後何とかその狸, 後何ともいえないしん, 後何やらん薬, 後何ら得るところ, 後何万年経っても, 後何人の人, 後何十年かに亘る, 後何千哩隔てた海, 後何年ぶりかでめずらしい, 後何故鮎を, 後何故かいつまでも, 後何時間内に発熱, 後何濤は疲れた, 後何爲殿彼不殿此耶, 後何百年も経つ, 後何程の時の間, 後何等かの踏み切り, 後余地のない, 後余氏は私, 後余等五人は穴, 後余興の演芸会, 後余震のない, 後作ったいろいろの, 後作ったであろうか, 後作る歌にも, 後作品を発表, 後作左衛門は如意輪寺, 後使いを飛ばし, 後來たる間の空, 後來ニ至リ心意開發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 後例会にて僕幹事, 後羅を, 後依田賢造氏が黒い, 後の君, 後侮して郭図, 後便所のそ, 後俄ニ一念発起シテ外出スベク自動車ヲ命ズル, 後俊助は築地, 後俊吉は静, 後俊寛僧都と一しょ, 後俊成の作つた歌, 後俊雄は割前, 後保定にた, 後保養のため, 後信之は眼, 後信子は電車, 後信忠の父信長, 後信盛の受取状, 後信綱自ら四郎へ降伏, 後信著に仕え, 後信長はこの, 後信長公の御前, 後信長安養寺に此, 後信長稲葉の功, 後信雄はふと, 後修士をどこ, 後俯向けに投げ出された, 後俳優で素人画家, 後俳優部屋でねむる, 後俺たちは家畜, 後倉井村の地蔵堂, 後個人主義が地盤, 後倒れた板塀を, 後倫敦の塵, 後倭姫皇后の御, 後に出で, 後健三は進まぬ, 後偶然化粧室で血, 後偶然左馬寮の門前, 後偶然此塔上で中村君, 後絵図面を, 後にしつらえ, 後傍流から急, 後備後は将軍, 後傳通院の傍, 後傾覆にあい, 後働くことに, 後僕らは実際, 後僞繪圖面を神棚, 後僧侶たちによる死者覚醒, 後僧形になっ, 後僧門の人, 後は謂らく, 後允成になった, 後元気をとりかえし, 後元祖藤四郎という人, 後兄夫婦の事, 後兄貴が鍬, 後充分な軍備, 後兇報を知らし, 後先ず九州諸, 後先づ女らしい情緒, 後先づ篇中の優秀, 後先年の六平太先生, 後先方の様子, 後先日の百両, 後先日募集した一周年記念, 後先生例の散歩, 後先鞭をつけた, 後光寿を経, 後光明子立后のこと, 後光春はたずねた, 後光輪まで付, 後光輪沈み降る時, 後に角, 後の母ポリムネストス, 後児童たちに教義, 後入って行く, 後入りの組, 後入京してから, 後入唐をし, 後入場料総計算, 後入日と共に空気, 後入来のシラタマソウ, 後入道があっ, 後全体主義にたいする憎しみ, 後全国各地に悠々, 後全国無量の幸福, 後全島にわたる諸所, 後全部養育のため田舎, 後兩人とも過, 後兩國末永く眞實懇ろ, 後兩詩人まづ地獄圈外, 後兩軍相戰ふ, 後八カ月ばかりでしたでしょう, 後八ヶ岳の山麓一帯, 後八ヶ年の間同類, 後八ヶ月ほど過ぎた, 後八九世紀頃である是, 後八九年を歴, 後八十にし, 後八十四歳で永眠, 後八十年九十年たつて, 後八年上宮太子降誕一千三百余年は彼自身, 後八年其医学の師広岡文台, 後八年内閣のかわる, 後八年眞志屋の火災, 後八年間在京いたし荊妻, 後八弥はやがて, 後八弥太の使い, 後八方に敵, 後八日ははいっ, 後八日目に死んでしまつた, 後八時に去る, 後八月上旬の事, 後八月二十六日に一緒, 後八月十九日の夜, 後八月末の息苦しい, 後八田と銀座, 後は伊藤侯, 後公事に遑, 後公使館内にて聖寿万歳, 後公判の迫つて來, 後公園の西門, 後公娼廃止反対の陳情, 後公子さんの弟, 後公権の談, 後公衆が勝手次第, 後六カ月以内に遠征, 後六カ月間の仕事, 後六ヵ月あるいは一ヵ年, 後六ヶ月を経れ, 後六・一六及び二〇, 後六・八位が頂上, 後六七年で旧態, 後六世雪中庵と称した, 後六個月程経っ, 後六十幾歳にし, 後六國に跨りたる, 後六年文化十三年丙子に至つて, 後六年汁粉を口, 後六年間田地二町二・六段を当然, 後六日目の朝, 後六日間の予備, 後六時奈良に着いた, 後六時間と経たぬ, 後六月に至って, 後六百年の初め, 後六郷村字大佐貫と言, 後御贔屓, 後共和政体を組織, 後兵力が激増, 後兵士たちは不愉快, 後兵曹長の身, 後其なり形を見直した, 後其のま, 後其みこの此世, 後其下に属し, 後其別荘に仮り住, 後其反動として自分, 後其后の悪, 後其声を味, 後其嫁となつ, 後其宅窟を審, 後其年一ぱいに大阪, 後其扇をぽん, 後其技大いに售, 後其本貫に帰り, 後其洗煉せられた樣式, 後其淳樸を賞, 後其父の誰, 後其父錦橋の門人中, 後其精神は後, 後其翌日は起床, 後其非を曉, 後具足の廻転, 後兼好は次, 後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 後兼美兼哲兼通兼雄を経, 後冀北全州, 後内侍所にも行, 後内儀に導かれ, 後内務省参事官の一行, 後内匠頭の兇変, 後内火艇に繋がれ, 後内田岐三雄を中心, 後内職が出来ません, 後内蔵助が永住, 後内藤伊織の声, 後内藤修理が田中附近, 後内藤家に伝う, 後内裏へ盗み, 後内閣不信任の第, 後内閣総理大臣の名, 後円光にとりまかれてる, 後円朝が近所, 後円融院が二条為, 後冉有が子路, 後再嫁し娘, 後再建されて, 後再読したとき, 後再開した, 後写真師が来, 後冬時と雖, 後冬時余の服裝, 後冷えてパン焼き車香, 後冷たいすしの, 後冷やかな離反, 後冷静に現場, 後の姿, 後凡そ一時間半を經過, 後凡そ二十分われらも發足, 後凡三十年にし, 後凡八十年にし, 後凱旋の兵士, 後凸凹のけい古, 後出かけなければならない, 後出してみる, 後出した語と, 後出でて小役人, 後出家して, 後出師表に, 後出来たのを, 後出来るだけお寺, 後出版前の作, 後出獄して, 後出発昨日の道, 後出雲の国, 後を蛇, 後分り難くな, 後分倍河原のたたかい, 後分離した四人, 後が巧み, 後切支丹を断, 後切腹しようと, 後切腹どころの騒ぎ, 後刈りぬべし, 後刈り取られたという, 後刊行された戯曲, 後刑吏を召し, 後刑地の旅, 後刑場へ引き出し, 後列車がまた, 後初めて公然と前, 後判事は厳然, 後判明した事, 後のところ, 後別れてからの最初, 後別個に現れた, 後別館の老人夫婦, 後利休はその, 後利己心の一見道理, 後利章にも常, 後刷りの本, 後前半部とは全く, 後前夜の夢, 後前日の夕方, 後前田家が府中, 後前言を忘れ, 後の池, 後創作に心, 後劇場にはいり込ん, 後劇場代表者土方与志が霊前, 後は天慶観, 後なく送られし, 後力強く玄関の, 後力盡きて, 後加奈江は同僚, 後六に, 後助六は紋服, 後労働生活に入り, 後とすべきである, 後勃発したもの, 後勇怯を問はず, 後は中指, 後勉学のためアムステルダム, 後動くこと有る, 後動坂からまた, 後勝元は髻, 後勝利者になっ, 後勝則は料亭, 後勝手に縁側, 後勝者の源氏方, 後勢いよく旅籠の, 後勢州蟹江村に於, 後勢揃いして, 後勤労大衆の苦労, 後勿論独立し, 後化粧すべし, 後北の丸の寧子夫人, 後北四川路を歩い, 後北朝と吉野朝廷, 後北条早雲の出身, 後北条氏が馬具細工, 後北條氏政が佐貫, 後北條義時父子が後鳥羽上皇, 後北海道がクローズアップ, 後北獨逸の一寒村ヴォルプスヴェデ, 後北畠軍に大いに, 後北見小五郎は数多, 後区役所の書面, 後医学の師広岡文台, 後医師の言, 後し置きさて, 後十ヶ月のこの, 後十一日の昨朝逮捕, 後十一時は鳴りぬ, 後十一時四十五分に出発, 後十一時過ぎまで雑談, 後十一時頃よりテント, 後十一月の初旬, 後十一月十七日日本軍は全線, 後十一歳にし, 後十七枚残って, 後十三年目に当, 後十三日車駕東幸の途上, 後十九の年, 後十九年間潜伏布教一六三三年長崎で穴, 後十九日の午後十一時すぎ月, 後十二年紀州におり, 後十二日目の二月二十九日, 後十二時に至る, 後十二時頃になっ, 後十二月には大内義長, 後十二月五日コロンブスはハイチ, 後十二月以来二ヵ月ぶりで自分, 後十二月十六日に弟柏軒, 後十二月晦の前, 後十五年病床にある, 後十五年目の今日, 後十五日午後一時四十二分まで缺測, 後十五日立春の年, 後十何人と変った, 後十何年という建設期, 後十余年にし, 後十余年毎朝焼麺麭と, 後十八ヶ月を經, 後十八年間も技術者, 後十八日には油屋, 後十六ミリの映画, 後十六七年にし, 後十六堂会の事, 後十分ばかり何, 後十分後に生命, 後十匁をかけた, 後十句しか得られぬ, 後十四で百, 後十四世紀まで約, 後十四五日経つて, 後十四年文政八年十二月十一日に裁, 後十四日であつ, 後十四日午後四時に至り, 後十四日目なん, 後十字架はおのずから, 後十年今また同行二人, 後十年以上もの年月, 後十年位して, 後十年余を経た, 後十年前後のあ, 後十年慶長五年に関が原, 後十年桑は郷試, 後十年稀代の拗ね者, 後十年高座に乗合馬車, 後十数年ぶりのハムレット, 後十数年経過して, 後十數年經過して, 後十日くらゐは, 後十日目には頭髪, 後十日間ぐらいは浦上, 後十時間を経る, 後十月七日そのスタート, 後十有五年にし, 後十枚ばかり, 後十畳の一間, 後十篇亦然, 後十行ばかり書い, 後十風が星野, 後千三百年頃には人, 後千二百餘年の日本, 後千住で磔刑, 後千余里の外, 後千八百三十七年の歳, 後千八百八十五年ボストンにて再刊, 後千吉へ, 後千手は尼, 後千束の稲吉, 後千枝子夫婦は夫, 後千浪は千々, 後千種は夫人, 後千載の名, 後千鶴子に云った, 後午前一時我々は床, 後午前九時ごろにトラック三台, 後午後じゅう日の当っ, 後午後フロイスが将軍, 後午後一時に伊那, 後午後一時半に駅, 後午後八時半カングリ警部は私たち洋館居住, 後午睡した, 後半世の創作, 後半夜行人稀なる築地居留地, 後半年バカリ過ギテカラ, 後半年以上を経過, 後半年許りたって, 後半日もする, 後半月湾国道から谷間, 後半期あたり将軍辞職の真相, 後半期中国の人民革命, 後半期分というの, 後半期張作霖を爆死, 後半期講談会という名, 後半生三十年間は平均, 後半生篇の附録, 後半身は助手, 後卒業したなら父, 後南シナ海から台湾海峡, 後南京路で精進料理, 後南岳まで往復, 後南方に赤衣, 後南榎町に転じ, 後南洋大学の文科, 後南紀理介は, 後南船北馬東奔西馳熱心にその, 後単身明子を訪れしならん, 後博士クローレイはさらに, 後博士一行は悉く, 後博文館または春陽堂, 後博渉を以て聞えた, 後博物館の隣地, 後占卜をとらせた, 後危く伐り倒されようと, 後危く発車しようと, 後危ないからこんな, 後チ各, 後即位するの, 後即時にも開港, 後を持つ, 後厄介な手順, 後原子爆弾の第, 後原稿紙を出す, 後厭世的な, 後去りする豚を, 後去る者少なし, 後去るべしと説け, 後去年敏子さまに赤ン坊, 後去年水泳中に虎魚, 後参加して, 後又再び止まれるなり, 後叉杖の西側, 後及び二・二六事件後の, 後友人から商業學校出, 後友人稻葉岩吉氏が宮内省圖書寮, 後友吉の姿, 後友子の心持, 後友田と銀座, 後ファシズムの, 後反動の期, 後反抗の力, 後叔母にも朝食, 後叔父さんはめづらしく, 後叔父達は二階, 後取なんだ, 後取りあへず手近に, 後取りおさえてしまった, 後取り出して水, 後取り息子の仙一, 後取るのが, 後取消して報酬, 後取調べは終つて一先づ彼, 後受附に近づき, 後古びた紹介状が, 後古今集の成立, 後古典劇の演出, 後古書が始め, 後古本商頭取になり, 後古田は腕組, 後古賀が浅草, 後召し出されて共に, 後にのぼっ, 後台所に忍び寄り, 後台湾の巡査, 後史時代にいたっ, 後の閼迦井, 後右手へ廻る, 後右筆頭の満田長右衛門, 後右腕ヲゴム, 後右馬介がそ, 後司法官や弁護士, 後司馬江漢筆の蘭人, 後各所から發見, 後各種の興行物, 後する所, 後合せなるかの君, 後合衆国だけこの, 後吉川元春なりあわよくば, 後吉川公は東京, 後吉左衛門はまだ, 後吉田氏や來, 後吉町の金筒, 後吉野氏と羽山, 後同じく英文科に, 後同じこの病院内に, 後同伴者の文学グループ, 後同僚の加藤福島, 後同地の陣営, 後同夜は一回, 後同志より未だなんとも, 後同志リリナを訪ねた, 後同時に包囲攻撃の, 後同書を一讀, 後同月の二十日, 後同氏とともに馬車, 後同氏夫婦は身, 後同館内もだいぶ, 後名宝側の招待, 後吐く食べて後, 後吐息をする, 後向かい側に引っ越し, 後向かじ背見せじ, 後向くと夕風, 後向島はどんなに, 後君たち文章を書かん, 後君江の生活, 後吝嗇家は穀物, 後吟咏の法式厳然, 後否定的批判を見よう, 後含芳の隣, 後吾が心には, 後吾人の活動, 後吾血色は異様, 後不韋, 後呉俗もっとも盛ん, 後呉先生の帰朝, 後呉服橋劇場専属の俳優二十七名, 後周三は本署, 後周平の下宿, 後周書隋書北史などに依ります, 後周生という男, 後味方の斥候, 後呼べば応, 後呼吸を合わせる, 後をおとされました, 後命令された通り, 後が死んだ, 後和尚さんも一人身, 後和帝の信任, 後和服姿にくつろい, 後和歌の権, 後和歌所が設置, 後和殿に逢, 後和田達はチチハル, 後和製椿姫の名, 後和解は新しい, 後哀公の前, 後品川堀から死骸, 後品川駅前の広場, 後品物は再び, 後哲学館出身者大宮孝潤氏をその, 後の上, 後の統一, 後唖々の両, 後机辺に, 後唯一度の父子, 後唯一者にて我等, 後商会に通勤, 後喀血して, 後善く養は, 後善策を容, 後の悪, 後喜久地村のいじけた, 後喜多公がやっと, 後喪鐘の後, 後喫茶がはじまる, 後嗚咽と祈祷, 後嗣子とせり, 後嘉永の始, 後嘗つて老人の坐つた, 後囃子が遥, 後四〇〇〇尺の山々, 後四カ月の八月十六日, 後四ヶ月目に中耳炎, 後四九三年三月西羅馬の摂政オドワカル, 後四五ヶ月ばかりの間, 後四五世紀以後には益, 後四五人の学生, 後四五十年の教育, 後四五日目の正午頃, 後四五枚の紙, 後四五歳のとき, 後四代初代は石川県人, 後四十五年の説法, 後四十五年帝都を離, 後四十余日昇天祭の過ぎた, 後四十円は莫斯科, 後四十四五歳に至る, 後四十圓は莫斯科, 後四十年の間, 後四十年後に今, 後四十年許を經, 後四少年は廊下, 後四年間やって, 後四日その間だけ我慢, 後四日間ばかりをう, 後四日間彼は高熱, 後四旬節の初め, 後四月十一日に後, 後四月十四日に信長, 後四本の指, 後四条の山家料理鳴瀬, 後四百年余りでさして, 後四谷のお, 後四郎右衛門と改名, 後四郎右衛門景時と名, 後回わしにしたら, 後因明と云, 後団中の一人, 後団体の制裁, 後団十郎の門, 後団子坂菊人形の木戸番, 後団扇を検, 後困窮して, 後図らず森先生の, 後図書館に足, 後ク城ヲ, 後へ立つ, 後国令軍法刑法などの条令, 後国会で首班選挙, 後国元の父庄右衛門, 後国内のあちこち, 後国境の切明け, 後国家総動員法による企業整備, 後国幣中社たるもの, 後国表から一度便り, 後国連軍を無, 後国際的な資力, 後を傾くる, 後國加地庄願文山之間信實追討之訖, 後國史を作る, 後國家的自覺心, 後國際的となり, 後園菊花盛開贈主人, 後に非, 後を掻き起し, 後土佐へ遷御, 後土地家屋の周旋業, 後土彦に長子, 後土御門上皇もこの, 後土御門院の後宮, 後土方と会い, 後洛陽, 後在京の同志, 後を売る, 後地下電車に乗, 後地獄の門, 後地球は完全, 後地球人と火星人, 後地蔵橋の天麩羅屋, 後坂本急に新潟, 後の台, 後坊主頭で土俵, 後つて十分間ほど, 後の天主, 後城壁の下, 後城壘さして歸らん, 後城太郎に会わせ, 後執事がおずおず, 後を招きよせ, 後が吉田, 後堀君の最, 後堀家にしたがっ, 後堀木克三氏の啓発, 後堂々とかの既成劇壇, 後堅木の灰, 後報告にも接し, 後場代を払う, 後場合を見, 後の宗易どの, 後堺兄の曰く, 後の上, 後に歸, 後塩物問屋をいとなん, 後塾生たちに何, 後墓地を掘り返し, 後墓地内杉林の中, 後増すべきか減るべき, 後墺国に有利, 後士族の所得, 後壯士となり, 後売りに出た, 後売り払ってしまった, 後売薬規則の改, 後変化しゆく情勢, 後変装をし, 後夏目先生が死なれた, 後夕張炭坑へ行った, 後夕方並み木通りを帰っ, 後夕方例の如く, 後夕方別々に村, 後夕暮深き紫, 後夕闇を染め出した, 後夕飯までの時間, 後へ駈出し, 後外国と交渉, 後外国風の船, 後外地におけるかつて, 後外濠の電車, 後外甥と同じ, 後多少の断続, 後多年中絶して, 後多年写真を撮った, 後多量の芸術品, 後夜ふけて全身, 後夜もすがら熱に, 後夜中四十度ばかり発熱, 後夜伽の妻, 後夜光の短刀, 後夜具と膳椀, 後夜景を見, 後夜業にかかる, 後夜行途次往々顛, 後夜襲によって大仏殿, 後夜道をかけ, 後のよう, 後夢魂旧に拠り, 後夥しい殺戮が, 後大きなかけらを, 後大儀さうに炉側を立ち上つた, 後大分の年数, 後大分労働階級は社会政策, 後大和に帰っ, 後大和古寺を巡り, 後大和大路へ走り出, 後大坂城を前, 後大塚へ移っ, 後大塚さんはその, 後大夫として魯, 後大学教授を目指し, 後大学教育を離れ, 後大寺警部の前, 後大島でもまた, 後大川に浮い, 後大庭と土屋伍一, 後大庭常子の送つ, 後大抵は日本服, 後大横町の角, 後大正の半ば, 後大正五年のこと, 後大正元年か二年, 後大正八年に総, 後大正八年九月十八日全體, 後大正六七年頃対州の親戚某氏, 後大正十三年六月九日願は満たされ, 後大殿お逝去, 後大江匡房は又, 後大王はザクセン, 後大町の対山館, 後大石一人に譲った, 後大破して, 後大福餅をくれた, 後大股に店さき, 後大蔵省に入, 後大言壮語するとき, 後大言壯語するとき, 後大軍は成都, 後大辻司郎の送別会, 後大阪地方専門の家尻切り, 後大阪屋は周三, 後大阪府の貫属, 後大阪朝日新聞社に入っ, 後大阪辺の生れ, 後大隅忠太郎君は折鞄一つ, 後大震の再び, 後大風の吹き渡る, 後大高に居った, 後天下靡然としてブウシエ, 後天主閣に昇る, 後天保になっ, 後天保七年九月の中頃, 後天幕の諸君, 後天平勝宝四年の四月, 後天慶某年の春, 後天文十八年以来百余年の長き, 後天日隅宮に隠れ, 後天明六年の六月十二日, 後天朝より仰せ下されたる, 後天正十九年か二十年, 後天武天皇として登位, 後天然痘に罹っ, 後天草領内の内乱, 後天魔獄を破り出, 後太い角柱に, 後太子曹叡を生んだ, 後太子高熾の羣小, 後太平洋の大道, 後太平洋上の敵機, 後太郎左衛門の家, 後太閤さんと大塩平八郎, 後太陽や地球, 後奇しくも実想相, 後奇妙な事件, 後奇怪な決議, 後奇蹟的にふらふら, 後奈良へ出, 後奈良天皇の勅, 後奥台所の大, 後奥州で最期, 後奥州街道で春日重蔵, 後奥方は身体, 後奥様附で牛込, 後奥武蔵の丹党, 後奥羽地方に鉄道, 後奧木佐十郎の跡, 後奧樣にはよく, 後女の子にもわかりました, 後女中たちと一緒, 後女事務員は茶, 後女人芸術研究をやったら, 後女学校をでた, 後女学校時代のこと, 後女官たちが民間, 後女將は, 後女性は妻, 後女流の文学者, 後女王とウォリック夫人, 後奴等の運命, 後好い男が, 後好むがまま, 後好める学術の, 後如何なる径路を, 後如何に彼女が, 後如此き人, 後妃八田皇女との三角関係, 後妊娠中のつわり, 後妖怪の姿, 後妙子はとうとう, 後妙子さんが出, 後妹壻の知るべ, 後妻原氏が江戸, 後妻君がいかに, 後と私, 後姉弟三人は一緒, 後始まったのでなく, 後始め真一が幼い, 後始メテ四人デ夕食, 後始未は, 後姜維は孔明, 後姫路城の抑え, 後姿をここ, 後娑婆へも出られた, 後やにも暇, 後婬女われかく多勢, 後の貧窮, 後嫁入り前から私, 後嫡妻は死, 後嫡子榛軒信厚が伊沢分家, 後子供たちはまた, 後子供達の話, 後子分たちの朝御飯, 後子爵は種板, 後子規庵その他で催される, 後子風雨を冒し, 後子馬のよう, 後孔子がたまたま, 後孔家では旅立つ, 後存外はっきり返事を, 後孝太郎は何, 後孝陵に謁, 後孟優を呼び入れ, 後季和は婆さん, 後学問の自由, 後孫右衛門を襲いだ, 後宇土櫓のうえ, 後宇多上皇の御, 後宇多天皇後醍醐天皇と密接, 後宇多朝の内政, 後宇多法皇の院御所, 後宇多院に仕え, 後宇野信夫君のところ, 後守る人も, 後守様の御, 後安く国権鞏固ならざれ, 後安らかな眠り, 後安全な基礎, 後安政地震のころ, 後安政年間の作, 後安永六年十一月十一日に一子辞安, 後安眠の後, 後安策はわたくし, 後の太宗, 後完結しました, 後宏子は再び, 後宗全と勝元, 後宗十郎に譲った, 後宗右衛門町の友恵堂, 後宗教の鍵, 後宗教的の生活, 後宗蔵や三吉, 後が司馬, 後官員となりし, 後官女は零落, 後官庁や会社, 後定明はやかた, 後宝鏡先生ノ送別式, 後ヲ結ブ形卵, 後実務上の修練, 後実家に戻っ, 後実平殿お一人, 後実物を見る, 後実行せられんこと, 後客舍に歸, 後客間に寄越し, 後室内はしんしん, 後室生川の崖, 後室町幕府成立の日, 後室町時代から時, 後宦官は無, 後宦者は赦され, 後のお, 後宮内省御用掛を拜命, 後宮城女學校に入, 後宮川町のお, 後宮廷に入る, 後宮廷以外の地方, 後宮廷音楽団の第, 後宮本造酒之助, 後宮歌合せや中興, 後家の子で少し, 後家中の誰, 後家人に此, 後家内の者, 後家庭が極めて, 後家庭外に職業, 後家老たちをし, 後家計膨脹という名義, 後容易な事, 後容易く引開け, 後容疑者のはいっ, 後宿内見回りのため, 後宿屋の下女, 後と愛, 後富士川の合戦, 後富川町にて小名木川, 後富樫は窓ぎは, 後寐床をとり, 後寐牀のしろ恭しく, 後寒山の詩, 後寒村にゐた, 後寛政九年ブラフトン大尉は再び, 後寛政八年頃より司馬江漢, 後寛政甲寅の遊, 後寛永十七年のこと, 後寛永十五年の島原役, 後寝台の女子, 後寝室を与えられ, 後寡婦になつ, 後寡居せられしが, 後寺院に至り, 後対仏の外交関係, 後対支文化活動のため奔走, 後対話があった, 後対馬の長男, 後寿が大, 後寿庵と呼ばれた, 後寿永二年八月に御, 後将士に犒い, 後将軍義昭をたすけ, 後将軍頼朝を怨む, 後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 後將軍でありました足利義尚, 後尊い人を, 後尊氏直義を洛中, 後尋問にかかった, 後對米爲替相場は金解禁後, 後導者と共にすゝ, 後小さいながらも自分, 後小三郎はすず, 後小乗が漸く, 後小使部屋から出火, 後小児に乳, 後小城はある, 後小塚検事に証拠, 後小学校へ行つて, 後小寺政職が備後, 後小川へ抛り込んだ, 後小康を得た, 後小松天皇に神器, 後小林重四郎や馬楽, 後小栗栖の山村, 後小池さんが膳, 後小泉君のお, 後小泉家には机竜, 後小波先生の手, 後小父夫婦やお婆さん, 後小生は丸二日, 後小生今晩は何, 後小用をたした, 後小田さんに向かっ, 後小田刑事が私たち, 後小穴君に知らすべし, 後小竹の紹介状, 後小竹さんが食器, 後小説家三宅青軒をたより, 後小野寺の息子, 後小間使のお, 後小高い深良屋敷を, 後小鳥道楽は下火, 後少将が那須野, 後少年たちにかこまれ, 後少年頼朝が父, 後少時ジュダの獄, 後少時散策して, 後尖れる尾を, 後尨大な増税案, 後就其家東北河堤竹林下築村塾, 後尼子勢は味方, 後尼寺にした, 後尾張源敬公に仕え, 後尾瀬ヶ原に下る, 後尾燈は遠く, 後尾薄命婦の社, 後尿と一緒, 後局部に起る, 後居于其院故崩後仍称, 後屈したりし, 後屈奴が, 後に乘, 後屋井氏の御馳走, 後屋外に避難, 後屋根の上, 後屍体をひきずっ, 後属部隊も到着, 後者二人または, 後山中を駄運, 後山中湖畔の平野, 後山口は波多野邸, 後山岡を飯食い, 後山崎の合戦後, 後山崎楽堂氏の, 後山崩れあり大, 後山川正太郎は私生活, 後山本さんの手, 後山本有三氏の主宰, 後山田に許す, 後山田徳兵衛君から送, 後山田脩は亀沢町, 後山田鈴木両君に会つて, 後山科様の方, 後山羊を降し, 後山腹の梅林, 後と山崎, 後屹度赤い唐縮緬, 後れた所, 後岐阜城へ招かれた, 後岡崎藩の美少年, 後岡庄五の招待, 後岡本は名声, 後岡村千秋が編集名義人, 後岡田は会社, 後岩倉公西洋諸国を漫遊, 後岩屋の前, 後岩崎栄氏が雑誌, 後島々への道, 後島原農民の悲惨, 後島根商店の主人招待, 後之庚, 後も亦, 後崩御さるるまで, 後川口の旅人, 後川口松太郎上森健一郎来りルパン, 後川島家より手紙, 後川手氏の元気, 後川村氏は既に, 後巡査の顔, 後工事了りて, 後工場は堅固, 後工房の誰か, 後工科大学教授に任, 後左右をかえりみ, 後左手の林, 後左眼が失明, 後左衛門の乗馬, 後左衛門尉義盛之を尋ね, 後左袒方を依頼, 後左近はその, 後巧みに千往遊廓, 後巨勢博士がつぶやいた, 後差出し人萩野半之丞の, 後已に幾日を, 後巴里ヴァレンヌ街の舊居, 後に勇名, 後巻末に歌麿, 後巻物を二本, 後市ヶ谷の貸間, 後市中を漫歩, 後市井の風俗, 後市会のタマニー, 後市内の堀割, 後市十郎は床, 後市川教授は裁判所, 後市川純一氏の招待, 後市街を観, 後市街外れに在る, 後市郎は縁側, 後布卷吉は祖父佐十郎, 後帆村は, 後希臘イタカ王オヂツセウスこの島, 後帝世々その制, 後帝国ホテルで飲む, 後の, 後帯刀を允, 後帰りがけに一寸, 後帰り道は同じく, 後帰る予定だったら, 後帰京して, 後帰村した, 後帰源院で歌, 後帰英しロンドン, 後帰還した夫, 後帰還兵によって伝播, 後常に然らん事をと, 後常任中央委員会によって確乎周密, 後常陸にただよいつい, 後幕勝久門下名取女中より中形縮緬, 後平たい丸い塊に, 後平中は独り, 後平出修茅野蕭々等の残留組, 後平和のため, 後平四郎も又すぐ, 後平底船は浮標, 後平手で五六回たて続け, 後平民の福音, 後平民たるの権利, 後平気な顔, 後平熱にかえった, 後平生怨を抱ける, 後平素黒衣を著し, 後平野から矢張り山中湖畔, 後年期十年間ばかりのところ, 後に雨, 後幸村小鼓を取出し, 後幸村徐ろに, 後幼い私が, 後幽邃なる境内, 後幾ばくもなくし, 後幾らも生きる, 後幾クモナク悲運ニ遭遇シテ其梓行ヲ停止シ此ニ, 後幾人の胸, 後幾十日いや幾百日, 後幾夜も幾夜, 後幾層の深, 後幾島はこんな, 後幾年目とかの紀念出版, 後幾時間かの間, 後広峰に祭った, 後に集まり, 後底力のある, 後店仕舞の手, 後の戦, 後度たびこの二階, 後度百首に, 後を立ちかける, 後座主左団次は東京座, 後座員は二, 後座蒲團を枕, 後庭中庭などの変化縦横, 後庭花也載驚異, 後庭鞦韆賦の序, 後をおとづれしにいつもながら四方山, 後庶民には善, 後廃せられて自立, 後廉一はひとり洗心亭, 後廉介は一枝, 後廊下沢を過ぎれ, 後廢頽の度, 後廣島へ歸, 後延びて強き炎, 後延喜の頃, 後延喜九年四月四日に時平が三十九歳, 後延引がゴマ塩頭, 後延徳二年三月に故, 後建仁三年二月に京極殿, 後建保二年の頃, 後建内の宿禰, 後建物を返され, 後建長四年に成, 後廻り道して, 後廻転するか, 後廻途中方々へ届け, 後廿餘年にし, 後弁当をひろげ, 後弁護士は言った, 後も出来た, 後引いている, 後引きつづき引きつづき, 後引き続いて北条氏, 後引揚げの途中, 後引渡すから後, 後引續いて, 後引返して田島, 後弘前では別に, 後弘化元年に躋寿館, 後弟達に言, 後弱った球根は, 後張り込みの警官たち, 後張切った気持で, 後張学良ならびに, 後張継再び此, 後強いて移された, 後弾むように, 後城へ, 後当どもなしに, 後当家に於, 後当市郊外の墓地, 後当日がグード・フライデイ, 後当時一時気が荒く, 後当時敵となりし, 後当麻寺で発見, 後彗星が空, 後彦太郎は油, 後之質云, 後彼かしこを過ぎ, 後彼並に他, 後彼地の王, 後彼女一人を後, 後彼女煙草を吸い, 後彼女自身の履き物, 後彼女達の窓, 後彼少年に再, 後彼是三月ばかりはあらゆる, 後彼曰ひけるは, 後彼立者早速御, 後彼自身もまた, 後往復三里の道, 後征戦三十余年威名亜非利加, 後に調べる, 後後代の日嗣御子, 後後会を約し, 後後堂で酒宴, 後後家を立て通し, 後後方に近く, 後後藤又兵衛基次と世に, 後後藤庄三郎の配下, 後徐々陸戦の機, 後徐ろにその, 後にて逃げつ, 後従って之, 後従容と首, 後得々とこの, 後得月で仕事, 後御名残り惜しい思い, 後御岳口から山街道, 後御嶽の右側, 後御手洗邸へ豊前国, 後御無沙汰いたして, 後御身が一切, 後御酒をいただいた, 後復一は硝子鉢, 後復更に此, 後復用ゐざりしもの, 後復福山に帰らずし, 後復習したる例, 後復職した, 後復興事業や何, 後復讐の真意, 後微かな足音, 後微熱が去らない, 後を慕う, 後徳さんの言, 後徳島より南, 後徳川どのには駿河, 後徳川政府にて新, 後徳川様も瓦解, 後徴兵検査までの約, 後に当っ, 後心ならずも貴方様から, 後心地復りぬとて, 後心安らかに元旦, 後心得違いを致し, 後心持も変, 後心痛しあわれであった, 後心神違亂之間讓御劒於仲業朝臣, 後心臓嚢を切り開く, 後心身を休める, 後必ずや久しきを, 後必らずしも豪傑, 後忌々しそうに, 後忌んで糾繩抄, 後忍び入りて内, 後忍藻が生まれた, 後志保は此子, 後志村君からはばったり, 後忘却して, 後応接室で相川技師長, 後応永の頃, 後応永七年足利義持の時, 後忠世忠行忠清忠挙忠相親愛親本, 後忠平と改称, 後忠義者の猿芝居, 後よく一睡, 後を押す, 後念仏を唱え, 後念吉黙つて玄関, 後念書人の急場, 後忽此歓安知他年, 後忽然悪寒を覚え寝, 後思いがけなくも一朝, 後思いきってこうして, 後思い切った親しい態度, 後思い思いに暇, 後思えば済まぬ, 後思ったのである, 後思ひ切つて部屋の, 後思ひ切つて不自由, 後思へば済まぬ, 後思想上の混乱, 後思白先生が書い, 後急報に接し, 後急転機を次, 後性コンプレックスはその, 後怨霊またも見えずなりし, 後怪しきおうな, 後怪しげなる身, 後る亂脈, 後ひむかも, 後恐る恐る桃太郎へ, 後恥ずかしい思いを, 後恩恵を断る, 後恩賞を与えた, 後恭一さんにお, 後息子は裁判所, 後悄然として帰途, 後患者が麻酔, 後悪し竜頭蛇尾の, 後悪化した, 後悪魔に絞殺, 後惜しくも廃席した, 後惠果和尚に遭ふた時, 後惡者を語らつ, 後たる一族, 後愈々これを, 後愉快であったためし, 後意匠より新しき, 後意味ありげ, 後意想外の発明, 後意識を規定, 後燃えて, 後愛で命よと, 後愛妻を有, 後愛情真に濃, 後感想を求められた, 後みて, 後の湖, 後慮四年, 後憂へ罪を, 後憂鬱にまた, 後憤った本心から, 後憮然として自分, 後憲兵隊で聞いた, 後憲政本黨, 後憲法発布前の啓蒙時代, 後懇意になつ, 後懇願するよう, 後應仁文明以後の亂世, 後に猫, 後懐妊する者衆, 後懺悔僧を呼戻し, 後懺謝するの, 後成らむ, 後成功しようと, 後成帝の時, 後成年戒を授けた, 後成恩寺禅閤兼良に書い, 後成熟した一人, 後成的の湖水, 後我々一行八人は籐椅子, 後我々三人は応接室, 後我々両人は冷たい, 後我が国民が, 後我が国が極東作戦準備, 後我らここに小憩, 後我国の商業的競争国, 後我女房を客人, 後我聯隊はその, 後我身を愛する, 後戒壇院の重い, 後或いは千年後に, 後をおさめる, 後戦いは混乱, 後戦うがよい, 後戦勝とともに日本, 後戦勝日本の浮かれ, 後戦塲が原, 後戦慄すべき時間, 後戦犯の元凶, 後戯れに, 後戯曲に書, 後なさず飛ぶ武器, 後戰爭のさ中, 後戸口茂里の忠告, 後戸棚をあけ, 後戸田様の家来, 後戸締りをし, 後戸針康雄は, 後房祖堂宝庫傭人たちの住む, 後所天の方, 後所謂風流な対手, 後をあげ, 後手下の隠亡, 後手分けして, 後手拭を頭, 後手枕のうつらうつら, 後手網を渡したらしい, 後手術を受け, 後手袋をはめる, 後手錠をかけられ, 後打ち連れて近所, 後打つて變つた樣, 後打連れて入浴, 後批判期とを分つ, 後批評界はその, 後投藥すべしと, 後折々そう云う現象, 後折柄篠突くばかりの, 後折柴と話し, 後折角国法の, 後抜け出した峯吉が, 後押して行く, 後押附の三枚駕籠, 後拍子木の音, 後拍車をかけ, 後拘留所に留置, 後招かれていた, 後拝借しても, 後拭うて取る, 後で乱打, 後拾遺集に三首收, 後持ちあがったいろいろの, 後持ち出すつもりで, 後持ち渡った馬が, 後持って行っ, 後持つてもよかねえかえ, 後の節, 後指さす人々の, 後指先で軽く, 後を図りた, 後向きも, 後振返って其経験, 後き山, 後を点じたれ, 後捕へられてアゴスチノ会, 後捕まって鎌倉, 後捕物小説を書く, 後掘り出して色, 後掠奪された貴重, 後採否は追って, 後探偵小説が代, 後接収されて, 後接吻するにも, 後控えの間, 後揉んでいた, 後描いたところで, 後描き替えた笑談と, 後を點, 後揚州の刺史劉馥, 後揺り上げた赤子へ, 後損所を修理, 後播磨の縁類, 後撰集の詞書, 後擁護を受けた, 後擇捉の二島, 後擇捉アイヌの木島アイヌ, 後擇捉等の諸島, 後擇捉間の航路, 後擡頭した新劇運動, 後支那グリル一番で文芸部, 後支那人の間, 後支院は或は, 後改ページに続い, 後改進党なるもの, 後なきよう山, 後放し飼いにされた, 後放りさが, 後放庵と改めた, 後放置して, 後政党に加入, 後政府財政の緊縮, 後政治的に意見, 後政治的立場を一つ, 後政論派の第, 後故に市商甚盛なり, 後敏子は伏せた, 後敗れた敵方の, 後敗戦したドイツ, 後敗戰國もしくは後進國, 後教会支部長ワリニャーニが巡察使, 後教員室の椅子, 後教皇庁にその, 後教職追放の問題, 後教頭次席山口教諭指揮の下, 後散歩かたがた外へ出かける, 後散策子の姿, 後散策後架上就眠前等々, 後で二三十, 後数か月で辞し去っ, 後数カット撮ると, 後数カ月の中, 後数リーグばかりのところ, 後数人のボーイ, 後数分警吏は令状, 後数年カレズ故ニ名ヅク, 後数年間それ等の学課, 後数日弥次郎の父, 後数時間後または数日後, 後数百の島民児童, 後数百ヤードの間軌道, 後整然と現場を, 後敷島を何本, 後數年を經, 後文三は漸く, 後文久中に佐倉藩士木村軍次郎, 後文化五年戊辰十一月に記し, 後文化元年に生れた, 後文化十三年三月である, 後文化機構の整備強化, 後文化界救亡協会というの, 後文化運動の一部, 後文学の領域, 後文学士戸針康雄の御器所, 後文学新聞に赤軍指導者, 後文学者の仲間入, 後文学論議は混迷, 後文政元年になつ, 後文政天保の間, 後文明の分子, 後文書をもっ, 後文次の心尽くし, 後文武天皇の御代, 後文禄四年二月の中ごろ, 後文科へ入った, 後文芸復興とともに急, 後入, 後斎田氏は高弟連中, 後斥候の兵, 後断じて敬治君や, 後断末魔の痙攣, 後斯様な所, 後新しき町が, 後新九郎は密か, 後新井田氏と渡瀬, 後新六郎さんはどう, 後新宿や銀座, 後新年会むかし家へ川口, 後新次郎が土蔵, 後新派はいよいよ, 後新潟にとん, 後新福亭に一茶, 後新緑の頃, 後新聞紙で綺麗, 後新聞紙上に報ぜられた, 後新興の時代, 後新蔵はまだ, 後新設された従業員組合, 後新野へ旅立った, 後施行せば, 後旅人は遂に, 後旅費をだいぶ, 後旗竿が急, 後旗艦へ臨んだ, 後日の丸の扇, 後日光がさした, 後日夜温の書, 後日大の講師, 後日尊に取立てられた, 後日当の役, 後日数が浅い, 後日曜を一緒, 後日本人ベルシヨールと共に説教, 後日本伝道を力強く, 後日本労農党に参加, 後日本国内に遺棄, 後日本新聞聯盟となり, 後日本橋と新宿, 後日本橋新泉町に一本立ち, 後日本橋通の或, 後日本武尊はその, 後日本民族は再び, 後日本海は荒れる, 後日本軍が奪取, 後日本農村のこの, 後日比谷へ行き, 後日比谷公園内のどこそこ, 後日記の筆, 後日露戦争当時明治天皇が奉天, 後旦那様にお, 後旦那樣はおち, 後旦那殿は戸棚, 後旧い権威の, 後旧盆に仲造, 後旧藩家すじの蔵品整理, 後早一年を經, 後早馬を以, 後旬日にし, 後昇汞に変じた, 後昌さんを風呂, 後昌幸父子既に危, 後昌造は日本文字, 後明らかに其関係, 後明人事係はいった, 後明子と仏蘭西, 後明応七年の九月, 後明日の備え, 後明日香のさびれた, 後明星の草稾, 後明智城をのがれ, 後明治三十九年十二月二十一日彼の最も, 後明治三十二年頃から流行り出した, 後明治三十五六年頃から学生, 後明治三十年に鑑三郎, 後明治二十五年の二月, 後明治五六年頃に至る, 後明治以後になつて, 後明治六七年の頃, 後明治十一年七月十日千葉県下下総国野田宿なる太田屋, 後明治十三年発布の刑法, 後明治十年頃までも用いられた, 後明治四十一年やはり歌舞伎座, 後明治大正に到つ, 後明治政府に対して功績, 後昏倒する, 後星巌の門人横山湖山, 後映画でも見, 後春久はこれ, 後春子夫人の手, 後春季の詩, 後春宵漫歩としやれる, 後春琴二十歳の時春松検校, 後昨夜のお, 後昨夜あたり出たに, 後昨年七八月頃までは増税, 後昨年六月から佐賀, 後昭和に入っ, 後昭和七年にとうとう, 後昭和二十三年ごろから雪国, 後昭和十二年十一月明治座に久し振り, 後昭和廿六年まで続ける, 後是度は妻クララ, 後是等の紙袋, 後昼飯は途中水, 後時々ぼんやり考えこんで, 後時折美津子の室, 後時折遊びに来る, 後時期を見, 後時次郎がまた, 後時節を窺っ, 後時計だけが出た, 後の末年, 後に入り, 後に夜, 後晩年熊本へ来, 後晩涼を追, 後普通の人間, 後普通選挙が始め, 後の友人達, 後景行の使い, 後晴々した好い, 後晴れた日に, 後晴れたる日の, 後晴レとか終日快晴, 後に, 後智恵子は怺, 後智惠子は怺, 後智慧よく, 後暁前暁後と四ツ, 後暁民会の高津正道氏等, 後暗黒の平和, 後暦仁頃からバツタリ, 後暫くたってからの或, 後暫らく奧座敷の違, 後暫らく筏に乗っ, 後暫時にし, 後暫時夢に落ち, 後暮色次第に草原, 後暴風雨や浪, 後更に度々の探検隊, 後更生した自己, 後書き上げたものが, 後書き残したもので, 後書き留めて置いた, 後書店の出入, 後書斎で手紙, 後書記長が聴衆, 後曹操眼前の大, 後曽根は松本, 後曾婆加里におく, 後最寄りの書店, 後最後にも一度プロンベス, 後最愛の妻, 後最早進んで, 後最高裁判所長の面前, 後會場にゆく, 後月形龍之介とマキノ智子, 後が多い, 後望み待つことなかれ, 後望遠鏡に海, 後朝夕の微風, 後朝子は, 後朝巳ちやんを誘つて, 後朝新聞をひろげる, 後朝賀式が重視, 後朝酒に彼, 後朝野の大, 後朝鮮唯一であるという, 後朝鮮李王家の嘱托, 後期日到来して, 後朧月夜尚侍と言われた, 後木の下にお立ち, 後木下池田を見殺し, 後木俣は回気, 後木曽駒ヶ岳恵那山などの山, 後木村は昨夜銀細工, 後木梨の輕, 後木食上人の稚拙, 後未亡人里恵は醇, 後末造は飴屋, 後本人は他, 後本国の都, 後本土へ向っ, 後本堂の前, 後本山長谷寺からの入, 後本年の二月, 後本年四月二高教授を辭, 後本当に失明し, 後本書と連関, 後本木昌造が, 後本来これが第, 後本気で罪, 後本章末尾の本文, 後本身の魂, 後本郷の宿舎, 後本郷座の復興, 後本陣はこの, 後本願寺をはじめ, 後机邊の篋底, 後朽廃した四阿, 後朽楹を代え敗椽, 後の根, 後杉村は元気, 後杉田氏往診カバンより注射液, 後李人傑氏来る, 後李天王李成聞大刀聞達二将の号令, 後李白が賀知章, 後材木商を営み, 後村人らにその, 後村尾さんの報告, 後村民の斎, 後杜鵑と我と, 後弔の, 後来り看るのは, 後来合せたる妓雛丸とやらを, 後来訪の用件, 後来賓総代が立ち上がった, 後東京人類學會雜誌第三十一號, 後東京劇場の中央, 後東京市の大, 後東京市内は事務所, 後東京市北部及び西部, 後東京近郊の地主, 後東京都内にも小鳥, 後東京銀座の大阪系酒場, 後東仲通支那雑貨店にて水仙, 後東儀与力はもはや, 後東兩國三ノ一・五, 後東国下向に伴うた, 後東大寺の花, 後東宝配給所の渡辺吉助, 後東山ダンスホールの緑波一座歓迎, 後東常縁が出た, 後東徙に至る, 後東昌に至り, 後東洋軒で, 後東洞院の善郷, 後東照宮様の御, 後東西を弁ぜず, 後東野の講演会, 後東風を祈る, 後として彼, 後松ヶ枝へ新妻莞, 後松前伊豆両閣老免職, 後松島が和尚, 後松平伯耆守の邸, 後松平左京之介, 後松本重雄がボーシン, 後松永に對, 後松永尾道は清光, 後松江に帰り, 後松若へ行き, 後に背筋, 後板刻の技術, 後を並べ, 後枕上頻に, 後枕上マルセルブーランヂヱーの小説マルグリツト, 後林外記殿藤崎作左衛門殿を御, 後林田がやす, 後つべし, 後果して間もなく辞職し, 後架上の書, 後の樹, 後柏原天皇が宝算六十三, 後某所に監禁, 後染井の斎場, 後柔らかき手に, 後のうち, 後柳田医師が言った, 後柳町まで籐椅子, 後柴田の妻, 後柴田家の人たち, 後柵山二等兵の未亡人, 後の方法, 後が出た, 後校友会委員を中心, 後校長として令名, 後が絶えた, 後根岸に二十八宿, 後格別迷信を起こさぬ, 後格子戸を開け, 後桂子は勤め, 後桂月香と彼女, 後桃園天皇を動かし奉り, 後桃色のきれい, 後案内者は突然, 後案外カンタンに, 後桑木先生に会ったら, 後桑港に著, 後の花, 後桜木にて晩飯, 後が滅ん, 後梅干を熱い, 後梅雨がすっかり, 後梨丸はなお, 後梯子を登ろう, 後梯子責で失神, 後棄てらる, 後棄てられたとも言う, 後のやう, 後棒トナル又棒切折ラレテ, 後棟方与右衛門は五十日, 後の中, 後森成さんが病院, 後森林をむやみ, 後を破っ, 後植民地を失った, 後検事になる, 後検束されチフリス, 後検校の墓石, 後楊秋は一書, 後は木鼠胴六, 後楠木正季の一隊, 後楡葉は甚助, 後の木, 後く腹心, 後楽屋に私, 後概して生活に, 後槇君と私, 後様々な幻滅, 後樂園深く煤烟, 後樂園金澤の兼六公園, 後樋口とルパン, 後権十郎の実父七代目団十郎, 後権右衛門は厳然, 後権田は彼, 後横柄に煙草, 後横瀬浦に帰った, 後横田の田畝, 後樫井の町, 後樸忠は, 後樹庵と私, 後の欄干, 後を見, 後機会を待っ, 後機関銃の音, 後との間, 後檣上の水夫長, 後檣山とが私, 後次に再び彼女を, 後次兵衛は医者, 後次章に於い, 後次第次第に下, 後次郎右衞門始め奉公人達一同た, 後欧州の社会主義化, 後欧州諸国の文学, 後欧洲各国の都市, 後欧米の興行界, 後欧米都市の被害, 後欧羅巴にいる, 後歌合し侍りけるに, 後歌川多門先生と加代子さん, 後歐人の手, 後歓楽の絶頂, 後歡談に夜, 後止むところまで, 後正に二十年目に, 後正三君は裕, 後正岡子規系統に移つたの, 後正徹は誰, 後正月二十七日の午後, 後正木に来, 後正統論とを以てす, 後正論正義を主張, 後正門近くでお, 後此処に移され, 後此勝利の勢, 後此家へ連れ, 後此度は一人, 後此方から聞かう, 後此日先づ妻子をし, 後此楽屋から現われ出た, 後此水を用, 後武士は再び, 後武夫は又, 後武州金沢の称名寺, 後武村兵曹若し軍艦, 後武男は威海衛, 後歩み寄りて男神, 後歯科医の免状, 後歴史としての結果, 後歴史的確実性を持たせよう, 後り來, 後歸つて來ての報告, 後歸朝すべしと, 後歸郷せむとす, 後死する人が, 後死にその死ぬ, 後死にたいものだ, 後死ンデ浮上ツタガソレヲ喰ツタ人ハ死ン, 後死亡以上に出, 後死亡者の追弔法要, 後死刑執行にはもっとも, 後死所や墓所, 後死神がわたし, 後殆ど十年の後, 後殆ど神の妻, 後殊勲の二水夫, 後殊勳の二水夫, 後残務を放棄, 後残月光曜し山気冷然, 後殖産の実地, 後殯宮における御, 後段々ありありと思い出され, 後の紂王, 後殺されたもので, 後殺されるわけは, 後殺しておい, 後殺すべしのその, 後を払った, 後殿帥府から, 後殿行列の儀衛, 後は南海, 後母方の里, 後母様の仰せ, 後夏休暇を, 後毎夜のよう, 後毎夜一時にアラス, 後毎年のよう, 後毎年一度甲冑改を行い, 後毎年寺中に闕乱, 後毎日ハンカチを五枚, 後毎日一人ずつ刑事, 後毎日夕方になる, 後比田からきっぱり, 後比較法学上種々の新, 後比露子夫人が何気なく, 後毛筆にて浄写, 後氏帰社反町氏も帰る, 後民主主義の線, 後民族国家を完成, 後民衆の生活, 後気がついて見る, 後気がついたときには, 後気持が近かっ, 後気軽にまた, 後水之尾より荻窪, 後水尾の帝, 後水尾帝の御代, 後水槽の真中, 後水茶屋奉公に, 後水草の中, 後水裃に同じ, 後氷峰と鶴次郎, 後氷川神社の傍, 後永い間続く, 後永久にたがい, 後永井の, 後永井玄蕃頭が之, 後永代の深川寄り, 後永年荒っぽい海上生活, 後永楽七年に至り, 後永楽十年十一月自序を附し, 後永正大永から, 後永田家を辞した, 後求めてやまなかつた, 後汐汲その他のレコード, 後は地, 後汝等の西, 後江南の情報, 後江雪ガ女郎ヲ引受ケ連レテ, 後池田久左伊木清兵衛などかれ, 後池野は滅多, 後とも云, 後決して彼に, 後決して二度と世間に, 後決心して, 後決算するなり, 後沈默は一體何時, 後は夫, 後沢山申上げませう, 後河中に放出, 後河内の岡山, 後河岸通の人家, 後油小路の裏店, 後治める人が, 後治安維持法が撤廃, 後治療の法, 後法師の鼻, 後法律を専攻, 後法王令旨を下し, 後法興院記近衛准后政家といふ人, 後泡立つ海は, 後波多野邸から高石邸, 後波浪の岸, 後泣く泣くも生れ, 後泣血哀慟して, 後注射したルミナール, 後泰西ニテ必ズ日本古物館ヲ建テヽ, 後洋一は書き損じた, 後洋行するという, 後洋造が最も, 後洗濯盥を力一ぱい, 後洗礼を授けた, 後洗面の用意, 後洛陽の外門, 後洞窟内に住む, 後津浦線伝いに賀耀祖, 後津田青楓氏は三人, 後洲崎の市電終点, 後活かして返し, 後活きながら魔界, 後活動寫眞に入り, 後派出婦になっ, 後流れ流れて元, 後流行したチフス, 後流行り出し文部省で, 後流転して, 後浅川の叔母, 後浅草やその他, 後浅草みやこへ, 後浅草仲町の富田屋, 後浅草座入りと言, 後浅草金竜山で茶飯, 後浅野家の遺臣, 後浅間敷い土人, 後浜の家へ, 後浜中屋のおっ, 後浪人をし, 後浪人ぐらしがつづいた, 後浪宅において切腹, 後浮世絵は遂に, 後浮塵子が発生, 後浮浪少年は肩, 後浮藻を助け出し, 後浴室から火, 後海内一ニ帰スルコト三年又モ, 後海峡を西北上, 後海老沢と銀座, 後消えては去り消え, 後消息を絶ちし, 後消滅して, 後淋しく家へ, 後淡海の佐佐紀, 後淮河一帯をながめる, 後深呼吸をする, 後深良屋敷のラジオ, 後深谷の屍骸, 後混戦に先立つ, 後添えだった寿女の, 後添お千世でした, 後添ひでもとは山下, 後の康煕年間, 後清岡は人, 後清廷が目覚め, 後清書した本, 後清水町へ安藤さん, 後清盛を産んだ, 後清盛以下の六波羅一門, 後清風に問う有ら, 後渋々彼らへ, 後減ったであろうか, 後渡る事だけは, 後渡米して, 後渡辺徳太郎君の訪問, 後渡邊織江が同年, 後渦巻のごとく, 後温い処から, 後温暖い洗ぎ湯, 後渾身の力, 後湊川のほとり, 後湖畔に沿, 後湧いてくる, 後にでもはいっ, 後湯村は妹, 後湯殿の中, 後湯漬など食べ, 後に臨んだ, 後満足げに庭, 後源内や一八郎, 後源内先生は淀川堤, 後源吉は一言, 後源氏の伯母, 後源頼朝の藤原泰衡, 後士官室に, 後溘焉として永眠, 後つてゴンクウルの, 後滅於陳田卒不能與皐陶伯益爭衡夫子以秦誓繼甫刑知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 後滅相もない, 後滔々たる西洋崇拝熱, 後滔天の勢, 後滝村と逢, 後漁夫の一人, 後演伎座の子供芝居, 後演舞場の曽我廼家, 後漢以後の交通, 後漢以後唐以前の六朝, 後漢医法癈れて, 後漢口の中支那派遣隊司令部付, 後漢学者の友達, 後漢文化の精髄, 後漢晉に及び, 後漢書ニハ之ヲアハセテ, 後漢書以後の歴史, 後漢水の神女, 後漢紀になる, 後漢紀三乾祐二年の條, 後漱石氏は不思議, 後漸く少しく眠気ざし, 後のよう, 後潰れてしまった, 後澄みわたった空には, 後した調子, 後激しき力を, 後激増して, 後濃いハヴァナの, 後濃い茶を二三杯, 後濠洲軍に捕まっ, 後の立ちきほひたる, 後濫僧の語, 後瀧子は山口, 後瀬脇の釣り場, 後灌園と号し, 後火の元取締の法, 後火事沙汰等も無御, 後火傷のため, 後火山局の船, 後火野葦平と久米正雄, 後火鉢を買い, 後を撒いた, 後の線, 後炭薪商人となっ, 後炯々たる眼光, 後ないか, 後為すことも, 後為吉は死んだ, 後烈しく泣いたこと, 後消え天晴, 後無く祠無く, 後無事帰還した人, 後無数にあらわれた, 後無理算段で建てた, 後無窮の歳月, 後無論國からは, 後無造作に弓矢, 後然ることあり或は, 後然るべき策を, 後焼け跡に小さな, 後焼打ちの後, 後焼跡に立った, 後煉瓦焼きが流行った, 後煙客翁は潤州, 後煙火あり引き続き, 後煙突の掃除, 後照り着くよう, 後熊本の宮本武蔵顕彰会, 後熟慮を重ね, 後熟練を積み, 後が出たら, 後熱い番茶に, 後ゆるがごとき熱愛, 後燃え立ちきった女の, 後燈下の談柄, 後をかかげ, 後爆心地松山町で蟻, 後父吉左衛門の百, 後父娘の仏, 後父親同志が友達, 後片づけされたままけさは, 後片づけだつてざぶざぶつと一二回やれ, 後片品川の沿岸, 後片山氏京に住, 後片瀬から大船, 後牢屋を出, 後牧師等が引上げ, 後牧田氏都留氏と卓, 後が自由, 後物価が異常, 後物價依然として低落, 後物理学科の聴講, 後特等の座席券, 後犬たちの彼, 後犯罪が行われた, 後犯罪学にひどく, 後へる子, 後狂人の娘, 後狩詞記が出た, 後独りでもっと, 後独り天を仰い, 後独り言のよう, 後独坐感慨これを久, 後を抱いた, 後猫又先生は三人, 後猴声を入るる, 後が綱, 後猿ヶ石川にキリ, 後猿公が好き, 後獄吏の検査, 後獅子宮を過ぎる, 後りにて, 後罪謫在越之, 後獲た物を以て, 後玄也は泣き疲れた, 後玄関の次の間, 後依媛, 後玉原越を経, 後玉造郡の一部, 後王党のため, 後王子の抄紙場, 後王朝末の歌人, 後王様から穀物, 後王氏はいよいよ, 後王皎崔元が前, 後王皎崔元是は四人, 後珠運思い切って, 後現に司法省内の, 後現像すれば, 後現在日本の政府, 後現金でこれ, 後が悪く, 後理論が出来上った, 後の音譜, 後琴曲界の一方, 後瑞垣に憑, 後瑞英と改む, 後の籬, 後瓦町という処, 後甚だ高価なる, 後甚斎に訊いた, 後不動の, 後生きていられなくなったでしょう, 後生き残つた兵士の, 後生け捕りの敵, 後生れて居る, 後生前の良人, 後生家を訪, 後生殖を妨げる, 後甦るの工夫, 後用事がすめ, 後用人飽津平八と申します, 後用達に上高井戸, 後田中という中, 後田中三郎が酔っ, 後田口へ顔, 後田村スマ子女史は山ノ手, 後田舎から出, 後田遊びや五月夜, 後田部君と識, 後田面の落穂, 後由々しいお咎め, 後由子と野々宮, 後なる人, 後甲府あたりの寺, 後甲斐守はたいへん, 後甲板下船室と言っ, 後甲野さんはこの, 後申生にいう, 後男乙は寝台, 後男共は今暁, 後男女の遭遇, 後男泣きに泣かれし, 後をかいた, 後画人生活に入っ, 後り候, 後に鎖, 後畢生東鯉と号, 後番兵というもの, 後番兵さんは一個, 後異口同音に, 後當分の間, 後當時の情, 後當時東京帝國大學理學部, 後疎くなって, 後疎遠になり, 後疲れが何處, 後疲れきって汗, 後疲労と休安, 後疲勞がす, 後疾くこの場, 後病室は静か, 後病死したという, 後病歿した木村重行, 後病気一つせずに, 後瘡痍を重く, 後発作のため, 後発作的の怒, 後発掘せられたポンペイ, 後発熱甚だしきを以て, 後発生した末期的, 後発見したの, 後発車の汽笛, 後登志に送られ, 後登志子は窓, 後登記も濟ん, 後登遐後早一年を經, 後發表された, 後白い物は, 後白川は弁護士, 後白木の骨箱, 後白楊の木, 後白檜や唐檜, 後白河法皇崩御の後, 後白河法皇法然の次, 後白河院の北面, 後白河院宸影は又, 後白石初子に短い, 後白銀三枚を包ん, 後白骨になった, 後白髪孤身飄然として東京, 後白髪小僧様と妾, 後百ヵ日に当る, 後百万円出来るまでより, 後百三十余年に過ぎぬ, 後百二十円の金, 後百二十年ごろであって, 後百二十日目に当っ, 後百五十年ぐらゐ經つて近代活字が全, 後百合子からの第, 後百壽園は唯, 後百年以上經つてから出た, 後的文化イデーとの固執対抗, 後的文化要素との交錯, 後皆此の法, 後皇太子近習者を召し, 後皇室の権威, 後皮下の深い, 後に残った, 後をし, 後盛んに芝居, 後監獄より聞きし, 後を病み, 後目くら縞の懐ろ, 後目的を達し, 後目科は, 後目立っておとなしく, 後目録の分け, 後直ぐに何かの, 後直会の意味, 後直次に二度目, 後直立不動の姿勢, 後直道は卒然言, 後相倶に水星天, 後相場に手, 後相応の人, 後相応しい同士を, 後相生橋成る, 後相続人なき時, 後相良さんは大阪, 後省線電車の乗り換え, 後を開い, 後県会議員や郷先生, 後県立の中学, 後眞ニ再建セラルベキ十年後ノ將來ニ存ス, 後真佐子は復一, 後真帆子は溜息, 後真腫発するが, 後真赤に灼けた, 後眠って居る, 後眠りについてもちらつい, 後眠る前の, 後じく, 後矢つぎ早にいろいろ, 後矢島さんは茶の間, 後矢張り同僚の一人松本博士, 後矢田部教授と私, 後知っての通り, 後知らさるなり, 後につまれ, 後短刀を記念, 後を陳倉, 後石井さんにお目にかかった, 後石井本邸に帰る, 後石原正明の, 後石垣島の王, 後石川呉服店となつ, 後石巻で亡くなった, 後石油がない, 後石膏に斑点, 後石見に來, 後研究室に一年, 後破ったところを, 後破壊のあと, 後硝煙晴れた海, 後確かに巍乎, 後社会主義社会建設の第, 後社会文化に家康色, 後社務所の前, 後社長から嫌味, 後祇園精舎に参った, 後祖先の墓, 後祖先源頼義朝臣は相模守, 後祖母が病気, 後祝いにいたし, 後祝杯をあげる, 後祝融の災, 後神仏判然の時代, 後神奈川県庁地下室で時計屋, 後神官累の及ばむこ, 後神尾はホッ, 後神州復た一新, 後神明二軍を相, 後神楽坂署に拘禁, 後神気快からず, 後神田仏蘭西書院に徃, 後神経病少女はその, 後神話学の補助学科, 後神酒を酌みわけ, 後祭式の後, 後は死んだ, 後福岡市の西職人町, 後福岡県県庁に奉職中, 後福島正則が封ぜられ, 後福沢氏は私, 後福田の港, 後の在所, 後秀勝をやっと, 後秀吉小児を抱い, 後秀子は私, 後秀岡を撲殺, 後秀林院様は又, 後秀次の城邑, 後秀秋はその, 後私たち三人は自動車, 後私ら兄弟子三枝松政吉氏が後, 後私一個の生命, 後私人生産業限度ヲ超過セル者, 後私共は仔細, 後私塾を開い, 後私等は下層社会, 後秋川家を訪問, 後秋川駿三自身は誰, 後秘密藥品の買收, 後の始皇, 後秦良の部下, 後移りてピスピル山, 後程に私と, 後程もなく世の中, 後稍考への中心, 後税法整理案其他の日程, 後稲田広岡の六名, 後稲葉氏から来た, 後稽古所で祝宴, 後穀城山下に於い, 後穀物の価格, 後には出で, 後穂積さんが機会, 後かならぬ, 後に退いた, 後穴山梅雪武田逍遥軒板垣駿河長坂釣閑真田弾正同じく昌幸, 後空しく引返して, 後空ガ快ク晴レル, 後空海の時代, 後空知川沿岸の地図, 後突入したから, 後突墜されたもの, 後突然如何にも嬉しさうに, 後に閣下, 後立たれた後堀河院に, 後立ち去る模様である, 後立ち去るべきがほんと, 後立ってかえる, 後立つと雖, 後立とも書く, 後立と書く方が, 後立山二大山脈, 後立山谷はつまり, 後立山谷落合東岸よりは餓鬼谷落合, 後立山際より罷帰り, 後立連峰を前後, 後立餓鬼赤鬼等の名, 後立鹿島槍同山説を主張, 後竜王岳を南, 後も憂き, 後竹村書房へ行っ, 後竹束に重昌, 後あり了ん, 後第一歩として当然, 後笹木に逢った, 後筆硯に親しまず, 後筆者が逢った, 後筆記を繰り返し, 後に讀ませる, 後等しく他世, 後等覚と云つた人, 後のよう, 後筑前守斉隆と云, 後筑前閥を作る, 後筑後等に發見, 後箱根方面へ逸走, 後箱館に留まつ, 後篇三冊に編んだ, 後篇論述此感性之一元, 後小楼, 後築地の待合, 後築地河岸を歩む, 後を斜, 後簪堆朱彫の, 後抜けの, 後米国へ渡った, 後米国人が最初, 後米子から出雲, 後米良は大連, 後粟津で負け, 後精一杯な爽快さ, 後精神が澄み返り, 後精神生理学というよう, 後精神病者を観察, 後精神錯乱の疑い, 後糧食に乏しく, 後糸杉の樹立, 後糸魚川に移り, 後なり, 後に, 後紀三代實録に見えたる, 後紀大同三年平群朝臣の歌, 後紅い長襦袢ひとつにな, 後紅梅病めり嘴, 後素直に良平, 後終るところを, 後組下の辰三, 後組織し闘争, 後経たばかりである, 後経過よしと, 後結婚当時の生活, 後結局来たもの, 後絞首したるもの, 後である恩地雉四郎, 後して, 後絶えて久しき, 後絶食して, 後絶食十三日で死ん, 後の上物一切, 後継嗣未定物議伝不顧身分有所建, 後続きのしない, 後維新まで私ども, 後維盛卿は瀧口, 後を頼り, 後綱右衛門はお, 後綱渡りその他の曲芸, 後綾吉の家, 後綿井をも機上, 後総監はひとり多島警視, 後総計八人の悪漢, 後総長に会っ, 後締め木にかけて殺され, 後締りのない, 後が二十五, 後縁側に身, 後縊死に擬せられ, 後縋りにあの, 後をとろう, 後繊維産業というもの, 後織田に属し, 後織田対朝倉浅井の争い, 後解きを, 後は相, 後繼者はつひに, 後するもの, 後を解い, 後置修飾格で南方, 後美幌のコタン, 後美枝子は平手, 後美津子はキッパリ, 後美術学校鋳金科へ入学, 後群集を離れ, 後義夫は診察室, 後義朝よりおくれ, 後義盛の陣, 後義足をつけ, 後義雄はちよツとからだ, 後羽柴様に願っ, 後羽柴筑前と雌雄, 後羽根はどう, 後羽田の沖, 後る日, 後翌朝男子組合のア・バイ, 後習い覚えた碁が, 後翻然として改宗, 後老いたる女乞食二人, 後老中自訴の砌, 後老子を読みなおす, 後老爺の子, 後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 後耕吉はひどく, 後耳鼻科の医者, 後その揆一, 後聞くとこの, 後との間, 後職人を呼ん, 後職業を見つける, 後職業戦線におこるべき, 後だとか, 後肝心の一週間, 後肥後国八代の城下, 後胃腸病院入院中の日記, 後背中をさすり, 後背筋に不愉快, 後胡弓と笛, 後へはいった, 後胸苦しいから, 後く自ら検束, 後能楽没落のただ中, 後脇村氏を待っ, 後脚氣樣の重患, 後脚船一隻を発し, 後脱出したあと, 後腎臓結核に罹り, 後腐りのない, 後腹掛けの丼, 後腹部内臓の全部, 後膓窒扶斯なりとの診, 後をついた, 後膳部なども山中, 後臟腑試み喫する後, 後自ら娘の乗物, 後自ら懲戒するも, 後自ら神祝として夜刀神, 後自ら襟をお, 後自ら院政を摂られ, 後自分亡妻の子, 後自分日本へかえる, 後自動車屋が二軒, 後自国の領事, 後自己の智識, 後自己名義の財産, 後自然健三の生家, 後自然科学へ赴く, 後自身は文荷斎, 後自身警察に出頭, 後自転事を飛, 後致し候事ハ念を, 後臼杵では青年武士, 後與吉は卯平, 後興奮のすぎ, 後ったらずな, 後舎弟が東大図書室, 後舎生一同が東寮, 後舗石の上, 後仰慕三年, 後舞台へもど, 後舞踏会に一寸, 後舟子たちは舟, 後船中の乗客, 後船影は消失, 後船舳艫相啣み船舷相, 後船鎗と戸棚, 後船長はまったく, 後艇内に歓呼, 後はもう, 後艦橋もなに, 後艦長に呼ばれ, 後もう逃げ腰, 後良心の呵責その他, 後良牧馬を以てこの, 後もなき, 後色男と共に外国, 後芝公園を歩む, 後芝居か音楽会, 後芥川さんの書庫, 後芭蕉庵へ参, 後花園天皇の御, 後花婿花嫁は安土, 後花子の恐怖, 後花柳界がどういう, 後芳太郎と一緒, 後芳子はその, 後芳子さんには訳, 後芳賀矢一氏が声涙とも, 後苅谷氏は探偵猫, 後苛法を施, 後若し雨にでも, 後若井氏は突然, 後若者の心, 後若葉の頃, 後苦しまぎれに突, 後苦心経営すること一日, 後茅場町の菓子舗伊勢屋, 後は枯れ行き, 後ぶ台, 後茶の間にい, 後茶屋猿屋に徃, 後茶山神辺より来り, 後も木, 後草稿を雑誌, 後荒次郎をはじめ一族, 後荷風君からも聽, 後荻原一家は神奈川台, 後荻窪まで急行, 後をむすび, 後菅茶山と共に西, 後菊ちゃんの報告, 後菊千代は正式, 後菊子さんは恥し, 後菊池は人間, 後菊池氏とも大, 後ヲ治ス, 後菜穂子はいくら, 後華々しく町巡りを, 後華州へ放った, 後萬事好都合に運ぶ, 後萬治二年から五年後, 後落ちて行く, 後落ちつく事が, 後落下傘を第三者, 後落魄の小説家東野南次, 後著しき大回転を, 後董卓出でて, 後は必ら, 後は臆病そう, 後蒔きの分だけが, 後蒲団を薦めた, 後蒲團を薦めた, 後蒲田から小田浜太郎, 後蒼空にかけ上る, 後蓮華寺では説教, 後蔦子の手, 後蔭乾シトス之レヲ用ウルニハ熱湯ニ投ジテ洗滌スル, 後に凝る, 後蕎麦は, 後蕭照は初めて, 後明るい茶の間, 後薄暗い船室の, 後薄汚い馬車に, 後薔薇の花, 後薙ぎが貞之進, 後薫子の宮中, 後を貰っ, 後藍丸王が見た, 後藤六はその, 後藤堂方にたのまれ, 後藤夜叉が生んだ, 後藤左衛門はすぐ, 後藤枝と一緒, 後藩内京都派のため, 後藩士の所得大, 後蘇東坡の頃, 後蘭竹を一幅, 後というもの, 後虎之助の前, 後虎鹿豕鰐の体, 後虐殺したと, 後を始末, 後虚構を吐く, 後虚空に昇り, 後はれて, 後が出, 後蛮国征伐について彼, 後から蝶, 後は紅い, 後蝦夷は着々, 後蝦夷地開け人聚, 後蝶花楼馬楽や大庭, 後に見付かれ, 後を注げるなれ, 後血止めの薬, 後血統というもの, 後血詔の衣帯, 後を憚ら, 後衆人寺地を定, 後はれ出して, 後行うように, 後行かざるべからず正義これを, 後行われたものの, 後行先を言わず, 後行方を韜, 後行水を浴び, 後街衢が段々, 後衝立のスラブ, 後衣川がおごそか, 後衣望服度宮室を漢, 後衣食を得る, 後による方, 後表三階で, 後表医者を命ぜられた, 後表現といふもの, 後表通りには家, 後もまた, 後袈裟にかけて一間, 後被告の財産, 後をはい, 後裏庭に在りし, 後裕佐は一人道, 後裸男演説して, 後製品の統制, 後製版其他の仕事, 後製造に着手ら, 後複写をとった, 後複雑な裏, 後褐色を呈し, 後褒美に残食, 後のしまり, 後が小憎らしい, 後をいきなり, 後西十二畳の梅, 後西国の切支丹大名, 後西天の紅霞, 後西暦一七七七年に来朝, 後西村は私, 後西村さんの評判, 後西欧の小, 後西洋の哲學史上, 後西洋崇拝の弊風, 後西洋服と日本服, 後西見番と称する, 後西院天皇は茶の湯, 後要望を感じる, 後見たことが, 後見れば何, 後見出されて頸, 後見物の宇野浩二氏, 後視力検査を行い, 後覚えられるもんで, 後のとおり, 後貫の, 後親たちの権威, 後親分連が自粛, 後親子水入らずに別れ, 後親類などの話, 後解放されるや, 後解散になっ, 後なるべし, 後言はず将た, 後言語を以て和, 後言語洞開府藩県不可達の地, 後言論の自由, 後計りを追, 後計一はソフアー, 後訊問所に引き出され, 後討取ったのである, 後討議に入った, 後記事の無い, 後記念の松, 後記憶にた, 後記録所を再興, 後りを, 後許されはした, 後許爲大岳之胤, 後訴え所の方, 後というもの, 後評廓内の評判, 後詠んだものである, 後づれば宸筆を, 後試験しようと, 後が点睛, 後詩人等第七, 後詩人等神の審判, 後詩形を崩さず, 後詩神はひさしく, 後詳しく書くつもり, 後誠一とカヤ, 後説何れにも難, 後説教を聞いた, 後読みかけの, 後読む書物の, 後読者は思い起こすであろう, 後誰か村の若衆, 後誰一人病気に罹, 後調べると数, 後調室に呼ばれた, 後諦めてしまった, 後諸人此水に浴, 後諸侯は連れ立っ, 後諸兄これを遠ざけ, 後諸国を廻つた, 後諸種の生物, 後諸館の主, 後謀将の賈, 後謙遜と悔改, 後講談落語席は復活繁栄多少, 後警察官の一隊, 後譯出して, 後議会は全員, 後議員の資格, 後護国寺前行の電車, 後讃岐へ流され, 後がてら, 後をなし, 後谷先生は如何, 後谷川の水, 後豊家の遺, 後豎牛が叔孫, 後の樂, 後の大群, 後象徴によりて寺院, 後豪商がいった, 後豪家も最初, 後固は, 後貞之助はもう一度, 後貞応二年癸未八月十七日春秋八十二歳, 後財布の小, 後財産を分け, 後財産封鎖の今, 後貧弱だが, 後貧苦と戦い, 後貫一は彼, 後貰下げの手続, 後貴君に差上げる, 後貴族院議員に勅選, 後貴様の考え次第, 後貴重なる指環, 後あから, 後買って帰る, 後買つて歸るところ, 後買収されて, 後買物をした, 後賀川市長も私宅, 後賃得者纔三間之矮屋也竊審容膝之易安, 後は己, 後かな四馬路, 後賽銭は下げ, 後贈物につけ, 後贏爲伯益之後而伯益實庭堅之子禹薦益於天孰謂大理官, 後贖ひとして, 後赤い鸚鵡だの, 後赤く日出づるに, 後赤十字社の醫者, 後赤十字社病院に入り, 後赤坂辺に逼息, 後赤坂長谷川へ自分, 後赤豆黒豆を暗室中, 後赦免と稱, 後走せ加わった都合五六名ほどの, 後座し折烏帽子, 後起き上ると頭, 後起き出して窓掛, 後起き出でて夜明, 後起せし三層, 後起らんとする, 後起稿されたもの, 後越中の国八尾町, 後越前一国を領し, 後越後に深く, 後越知町の從姉, 後趙雲がそう, 後を清冽, 後足ついでに近所, 後足掛け三年目の明治三十五年, 後足掛四年阿部家の館, 後足軽による密集部隊, 後を継い, 後をいくら, 後路銀まで与え, 後跳びでも厭わぬ逆上せよう, 後踪跡を失うた分, 後きのぼる道石ころ, 後身の上も聞い, 後身一つを三版, 後身代りにそこ, 後身辺にしきりに, 後身邊の人聲, 後のため, 後軈て別れて, 後軍事および一般文明, 後軍人志望の伊藤, 後軍校尉鮑信などがめいめい数百騎, 後軍楽隊を志願, 後軍議がひらかれた, 後軍隊劔まで往復, 後軍隊組織に関する新しい, 後軍隊船舶監獄等の性的衛生, 後転地保養もしない, 後転生した非, 後軽い食事を, 後軽蔑的な微笑, 後い食事, 後とへ両手, 後輸入商の矢田, 後轆轤首の反吐, 後轟然たる機関, 後轟等を連れ, 後辞して立たう, 後辮子を頭, 後辰之助等に善, 後辰蔵を呼, 後農事に身, 後農業物理学の研究, 後農民だけで, 後辷りするので意外, 後辺昭僧正に就い, 後辻聴花先生にお礼, 後迅速に始まったらしい, 後近世日本演劇史と歌舞伎新報, 後近代印刷術が全, 後近所の川, 後近松の浄瑠璃, 後近畿中国の隈, 後近藤平六はのこのこ, 後近頃の盜兒, 後返されたのを, 後返ってやって来た, 後返へりして来た, 後返りして細かい, 後返りですが僕, 後返り咲いたお六, 後迷惑そうにそれ, 後追い掛けた咄嗟の, 後追えるわ, 後追っかけて走り出た, 後追っかけるは一ツ橋勢, 後追わるべき憂いなき, 後追出された男が, 後追追殖えて, 後退學す, 後退っていった, 後退場といふ形式, 後送つた手紙に, 後送り届けられたのが, 後逃げて島, 後逃げ出して行った, 後逃げ出すやうに, 後逃げ去るのが, 後にに, 後透谷は又, 後ひて, 後逐次にその, 後途中の光景, 後通寺町の小, 後通気孔や窓, 後ヤカニ火化ヲ, 後逢う機会が, 後連れ立って外出, 後連合国側の軍備, 後連鎖店が非常, 後進もうとする, 後逸早く行方を, 後遁世して, 後遅く神使と, 後遅れてしまった, 後遅れた年賀の, 後遅ればせに着いた, 後遊び荒した土, 後遊廓は浅草田圃, 後運動かたがたこの茶園, 後運好く助かった, 後遍く世に, 後丸山花街忽見一園中花盛開遂攀樹折花誤, 後過ぎ去ッた, 後過去の生活, 後過激な労役, 後道子とピョン, 後道綱が, 後道義タイハイせりなどと, 後道臣とお時, 後道路が一変, 後遠からず私たち, 後遠くの方, 後遭難時刻までの時間, 後選ばれてアルス社, 後選外の発表, 後迹の, 後遺族近親参会者築地小劇場員の焼香, 後遺言の履行, 後遺骨を前, 後避難民として田舎, 後還つて来る, 後還ります時に, 後還俗した, 後に至れ, 後那古屋から清洲城, 後那覇の婦人社会, 後邦夢に稗, 後邦子さんは亡き, 後へ戻っ, 後邸内に隠れ, 後郡司の息子, 後部下をのこし, 後郵便局へ預け, 後郵船会社支店長松平市三郎氏を訪い, 後に還, 後郷国に還, 後都市計画というもの, 後配歴とした, 後酒宴のとき, 後酔歩蹣跚として通行人, 後ご帝, 後醍醐院の二代, 後醍院氏から電話, 後釈くを得, 後にいで, 後里恵は復, 後重患にかかり, 後重陽を過ぎ, 後に隠れ, 後野口と一言半句, 後野山の獄, 後野心家が面倒, 後野獣の如き, 後野生の木, 後野長瀬兄弟にご, 後金あまた得たらむに, 後金五郎宛東京から電報, 後金剛石の一つ, 後金千両を水戸様, 後金吾中納言は畦道, 後金峰から雁坂, 後金槌かなんかで打ち砕かれ, 後金花は独り壁, 後金銭の寄進, 後金閣寺を焼いた, 後の鳴らされた, 後鈴木梅太郎博士に研究, 後鈴木重三郎来り山野, 後鈴木重行が何, 後が磁石, 後鉄枷がつけられる, 後鉄欄干から瞰下, 後鉄蔵と改め, 後鉱泉宿へでかけ, 後銀之丞は一品薬王寺宮御門跡, 後銀之助がその, 後銀座かもめへ東宝, 後銀座四丁目から電車, 後銀座通に再び, 後銀杏の家, 後銅像その他鋳造を専門, 後銅鑼やティムパニ, 後銭形平次と八五郎, 後錐末眥に達す, 後を持來, 後錦絵は天明寛政, 後鍋屋横町に待合茶屋, 後鍛冶小屋の軒, 後を下し, 後鎌倉頃になります, 後すること, 後としての歴史小説, 後鏡といへます, 後の鳴った, 後鐵心道人にその, 後長々蛙類を, 後長き事として, 後長兄は近く, 後長女初瀬さんが, 後長子と散歩, 後長崎三菱造船所に入っ, 後長崎奉行竹中采女の馬廻り役, 後長江に闖入, 後長窪にいる, 後長羅の顔, 後長者の墓, 後長谷川に言った, 後長野信濃守に仕え, 後門下の人々, 後門前まで諸氏, 後門外に待たせた, 後開口一番平凡な洒落, 後閑枝は机, 後間もなく互いに相混淆, 後間もなく再び空家に, 後間モナク地上ヲ這ツテヰタラシイガ, 後間数も多く, 後間違いないよう, 後関係も見逃し, 後関取を頼ん, 後関東へ発足, 後関為山から梅, 後関興と張苞, 後関釜連絡船の中, 後へ臨ん, 後閣哀禽の音, 後閣老からの使い, 後の匂い, 後闇米屋という女性行商人, 後阪東諸国の守, 後阮東はどう, 後附きてうかがひほほえみ, 後附加的供給が得られる, 後附言して, 後を容れ, 後降雨あり, 後である某院, 後院制度の生れ, 後院宣に応ぜし, 後院庁を開い, 後陣中しきりに不穏, 後陰北方は初, 後陰気に炉, 後陶工家の河合卯之助氏, 後に近寄り, 後陸軍大学教官となった, 後陸軍大臣官邸で同, 後陽平関へ入れ, 後隅田川のほとり, 後隊伍の順, 後隊長の面前, 後の統一, 後随分永い間, 後随分しばらくやって来なかったが, 後に帰す, 後隠岐に移された, 後隠岐島に遷幸, 後隣りの清水, 後隣り合った鳥類の, 後隣室に通ずる, 後隣村の火事, 後雁江は絹江, 後雌蝮その雄, 後雑沓の巷, 後雙翼靜に水, 後離れ座敷の, 後離れることなく, 後離合不一趣向, 後離郷したこと, 後難問題集を何處, 後難波で女, 後難題起りまた, 後雨露をしらざりき, 後雪子の甥, 後雪子さんの葬儀, 後雪田を横切っ, 後ことごとく消し, 後電子とか磁子, 後電気会社に入り, 後電燈の点じ, 後電車が動き出す, 後霊柩に付き添っ, 後霊魂の安住, 後霞亭が廉塾, 後露西亜と独逸, 後れわたる空, 後青山墓地に営まれた, 後青山百人町を中心, 後青年が法科, 後青春の時代, 後青木に改む, 後青流亭女将進藤富子は醉つて腹, 後静岡へ行っ, 後静岡県の官吏, 後静岡藩に赴い, 後かにふり, 後靜養に釜石鑛山所長横山氏家, 後面前り事実, 後面會に來, 後を脱せずし, 後の下, 後の百打, 後音信不通となった, 後音楽合せで総員, 後音羽の旗本佐藤孫四郎, 後順天堂の助手, 後順風を得, 後須田町の群像, 後須磨子が明治座, 後預からないと云, 後頑鈍依然として独り癡, 後領内のそこここ, 後領家の計, 後の刺, 後頭陀袋を利用, 後にカフエー, 後頻りに讃歎し, 後頻発する素人ピストル強盗, 後頼むよと言っ, 後頼りなき此子, 後頼朝は葛西三郎清重, 後題跋に見, 後顎十郎はブラリ, 後は友, 後風向はだんだん, 後風呂敷がはり, 後風土記所伝の女神, 後風月堂より歩み, 後風説頻りと, 後風邪を引き, 後飛行船隊の食堂, 後飛鳥期の初め, 後ひ, 後食うべしと定めた, 後食器のアルコール, 後食料品の価格, 後食道楽会の第, 後飢ゑてゐるやうに書物を読みた, 後飢饉が頻々, 後飢饉地帯の百姓達, 後を握り, 後飯田町三丁目黐の木坂下向側の先考如苞翁, 後飲料となる, 後飲酒度を過, 後飾終の追, 後養母お悦さん, 後餘震を餘, 後館林附近の酒店, 後首枷手枷をかけ, 後首筋に力, 後香取秀真氏にひやかされた, 後香川県の工芸学校, 後香川県下の工芸学校, 後香炉の煙, 後香華をも浄水, 後馬力をかけ, 後馬車が玄関さき, 後馴染の親分, 後駄馬をやとい, 後駅前に始めた, 後駆って善, 後駒下駄をまだ, 後駒鳥絹枝は漸く, 後駕籠の止まった, 後駿河の清見寺, 後駿河台に移り住みし, 後騎馬で医者, 後騙されて労農ロシア, 後驛前に始めた, 後骨壺を抱え, 後高い石垣の, 後高き廊の, 後高井戸に行っ, 後高価な靴, 後高天原のあり, 後高尾氏外諸君と共に杏楽天楼, 後高島の海辺, 後高嶺氏は我々, 後高梨の家, 後高橋工藤加藤らは携帶, 後高波の変, 後高畠子爵が先, 後高砂一番を謡い, 後高等四年の生徒, 後高等学校在学中に熊本, 後高等師範学校の校長, 後高等文官試験に合格, 後高等文官試驗に合格, 後高綱世ヲ恨ミ申ス事アツテ, 後高野とばかりで, 後を結び直し, 後髪結いに行く, 後消えるよう, 後魔境へ向う, 後魚汁ヲソヽグベシ此種近年異国ヨリ来ル花ハ山吹ニ, 後かに十二個, 後の子, 後鰐皮の手かばん, 後の喉, 後鳥居氏は, 後鳥籠の文鳥, 後鳥羽桟敷ヲ数刻ニテ出御, 後鳴海とポズ来, 後鴈治郎の芸, 後鴎外の故智, 後鵯鳥の声, 後鷹揚な心持, 後鹵城には擬旗, 後鹿ヶ谷ノ法然院カラ始メテ黒谷, 後鹿児島へ帰った, 後麻繩は元, 後は彼, 後黄信とその, 後黄村先生からいただいた, 後黄河に沿う, 後黄生その故里, 後黒塗り盆に水, 後黒岩万五は再び, 後黒布につつまれた, 後黒田家でも忠之, 後黒田謙が飛島, 後黒色になる, 後默つて引揚げる外, 後つて炉の, 後黙々として傍, 後は黒壁, 後の口, 後龍吐水を持ち出す, 後が眞間, 後1番へ案内, 後JO大沢氏の招待