青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幾度~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~幾つ 幾つ~ 幾ら~ 幾らか~ ~幾人 幾何~ ~幾分 幾分~ 幾多~ ~幾度
幾度~
広~ ~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~ 広間~ 庄~

「幾度~」 4316, 43ppm, 2703位

▼ 幾度~ (1928, 44.7%)

245 幾度も 23 繰返して 21 頭を 14 繰り返して 12 くり返して 10 それを 9 念を, 眼を, 見た 8 見て 7 彼は, 私は 6 あった, 云って, 同じこと, 繰り返した

5 [11件] うなずいて, 出て, 同じ事, 失敗した, 手を, 経験し, 腰を, 言つた, 躊躇した, 頷いた, 首を

4 いうよう, うなずいた, 寝返りを, 水を, 目を, 私に, 繰返した, 自分を, 行ったり, 顔を

3 [33件] あつた, あります, あるもの, お礼を, お辞儀を, くりかえして, くり返した, 丁寧に, 下げて, 口に, 同じ所, 変って, 彼女に, 心の, 戸を, 水の, 泣いた事, 湯に, 私の, 空を, 続けざまに, 続けて, 繰りかへ, 考えて, 考へては, 聞いて, 見たこと, 見直して, 覗いては, 試して, 読み返して, 読んで, 足を

2 [117件] ある, あるよ, いった, いろいろな, おじぎを, お茂さん, かけて, くり返し読ん, ぐるぐると, ことわって, さがしに, して, そこを, その物置, そんなこと, ないこと, やつて, マッチを, 一つの, 一人で, 中止しよう, 云つた, 云ふ, 会いました, 会ったこと, 会見を, 催促した, 写真を, 出して, 出た, 危ない思い, 取りに, 口の, 口へ, 口を, 叫んだ, 同じ問い, 名を, 吹きすぎる私, 呉れ, 呼んで, 唾液を, 嚔を, 地団駄を, 執拗に, 声を, 寝が, 引出して, 彼に, 往つ, 往復し, 往復した, 思つた, 思ひしは, 戸口へ, 手に, 打ち消した, 折れながら, 振り返って, 振り返りながら, 掬い取って, 日本で, 時計を, 書いて, 書物を, 机の, 杖で, 来て, 梯子段を, 死を, 涙を, 深呼吸を, 熱心に, 短剣を, 礼を, 私見た, 私達の, 筆を, 経験した, 絶望の, 繰りかえした, 繰り返された, 繰り返しては, 繰り返しました, 繰返さるるかと, 繰返しながら, 罠に, 考えた, 聞いたこと, 聞かされて, 自分で, 自分の, 舐め試みましたが, 色を, 落馬した, 蔦屋の, 行つ, 襖を, 見せられた, 見た事, 見に, 言葉を, 証書の, 詫びながら, 買った, 起こった, 跳躍した, 転げながら, 返すべき相手, 透して, 逢って, 道を, 門松を, 階下へ, 隙を, 難破した, 頼んだ

1 [1102件 抜粋] 〇点を, あけて, あちこちし, あったでしょうね, あつたでせう, あなたの, あの千代, あらうと, ありました, ありまして, ありますまい, ありませんでした, あるだらうか, あるの, あるん, ある筈, いいなれた, いい出しかけては, いくたび, いく度も, いふ, いわれて, うち当り波の, うなずきながら, うなずきましたが, うるさいほど, おせっかいな, おみくじ, お前の, お呼びん, お気の毒, お玄関, かいては, かかりました, かきそこ, かち, かの女, きこえた, くぐったらしい日, くもの, くりかえされた莫大, くりかえした事情, くり返された事実, くり返し, くり返しながら, くり返し掲載, くり返し讀ん, こういう話題, こう思った, ここらあたりで, こすりました, このうとうと, この感じ, この神棚, この言葉, この道, これと, ございましたけれど, さぐって, した, したけれど, しつツ, そうし, そして長く, その人, その内容, その刀, その少年, その手紙, その書物, その渦, その繁殖, その辺り中, その邊, その飛脚文, それら夜の, そんな述懐, たいへんよから, たゆたうた後, ちょいちょい雑巾, つかわれて, つづけて, つまずいて, とつぜんに, とり出して, ないからね, なおすん, なくよう, なでまわした, はっと思っ, ひつくりかへ, ひらめきわたって, ふりかえられその, ほんとうに, まっ黒に, みはって, めぐりめぐって, やったが, やって, やに, ゆらゆらと, わたしの, わびるよう, エミルと, ケリッヒ家の, シルクハットのけ, ストキの, テナルディエに, ナターシャの, バターを, ビール瓶を, マリ子に, 一緒に, 上ったり, 下へ, 不幸を, 両手に, 乃公を, 争った憎い, 事を, 二人きりで, 云うと, 云うので, 云った, 云った筈, 云ひました, 井戸の, 亡んだ跡, 京子の, 人の, 他犬種, 企てて, 会い話し合ってこそ, 伯父から, 体を, 作りかえて, 使つた言葉だ, 使者が, 係官の, 俳句に, 傷を, 僕は, 元気に, 光丸を, 入れかえて, 兵火に, 其の渦, 其顔を, 冷汗を, 出かけました, 出たこと, 出喰わさなければ, 切つてやらう, 初回興行が, 制しながら, 剣山を, 力の, 助けられて, 務めあげた野兎, 北海に, 十字を, 単衣, 危険に, 厚意のほどを, 又六, 反芻し, 取り出しては, 取り寄せた, 取調べを, 口籠り, 叫び声を, 叱られたもの, 同じもの, 同じよう, 同じ様, 同じ通り, 同情せず, 君から, 吟誦し, 吹かれては, 吾家の, 呟き続けて, 呶鳴った, 呼びました, 呼んだの, 呼鈴を, 問われた, 啼き声, 喫茶店へ, 固唾を, 土手で, 堤川の, 塔の村の, 声高に, 変つた, 変りましたが, 外套の, 大きくなつ, 大喧嘩, 失敗を, 女中が, 娘は, 子分たちを, 官房主事の, 家の, 寝つぎして, 寺へ, 小さく顎, 小便に, 小突いた, 小説を, 居間の, 山に, 島田町の, 川の, 巡査に, 工夫し, 左折右折した, 市九郎に, 幕令を以て, 幾代の, 廊下の, 廻って, 引かさね, 引つくり返し, 弱り又, 弾き違えた, 彼の, 往き来した, 往復しなけれ, 往来した, 後ふりか, 御斷, 心が, 心を, 忠別川を, 思いとまらせようと, 思い悩んだ, 思ったこと, 思って, 思ひ出さるる日, 思ひ悩んだ, 思ひ浮べて, 思案に, 怪我人を, 恍惚気抜けの, 悔んだ, 悪いこと, 愛讀した, 感じた疑問, 感嘆の, 慇懃に, 慰められたが, 懲りて, 戻って, 扉の, 手のひらを, 手紙へ, 打返し打返し紙面, 抉られました, 投げ与うるに, 折り返え, 折れ曲がった管, 押しつけた, 押し拭いながら, 拒絶し, 拝謝し, 拭き拭きした, 拵へて, 拾ひ飛ばす, 振り返った, 振向いた, 振返った, 振返る, 掃かなければ, 探して, 接吻しつ, 掬い取り, 掻きむしった, 握手を, 撫でて, 改竄修正を, 教員室へ, 斯う, 新しいエネルギー, 旧作の, 春の, 晴れし空, 曲って, 書いた, 書きそこ, 書き直されて, 書なおし, 書箋を, 有るまいね, 朗読を, 木の, 来たこと, 来るに, 果し合い決闘なぐりこみ, 染め直さねば, 根気強く, 横目で, 歎息した, 止めようかと, 此復活の, 此苦痛を, 殉死を, 殺そうと, 母親を, 気を, 水に, 決行しかねた, 沖氏は, 泣きました, 泣出さんと, 注意し, 洟を, 流行を, 海を, 涙で, 深井に, 湧き上った, 準備世話人会が, 溯りつけた浅い明るい, 濯ぎかたく, 無関心, 煙草を, 煮しめて, 父に, 牛乳を, 独りうなずいた, 玄関に, 生滅を, 申しました, 申す如く理化学, 疑った所, 病室から, 療治を, 登って, 白い泡, 監禁室に, 目が, 眺めたが, 眺め返しつつ, 着てでも, 知つて居る, 短刀を, 石盤へ, 破き諦めて, 確言し, 秀子即ち, 私を, 税金を, 穴へ, 突き出すの, 立ちかけたん, 立ったり, 立上った, 竜宮界に, 竹刀を, 符を以て, 箱を, 紙反古を, 経過した, 結い直させられる, 絵具を, 綿を, 縁談を, 繰りかえして, 繰り反しながら, 繰り返したよう, 繰り返してさ, 繰り返します, 繰り返し或は, 繰り返し繰り返しやる仕組, 繰返えさ, 繰返されたこと, 繰返されたの, 繰返されなければ, 繰返ししつこく, 繰返したこと, 繰返したまひ, 繰返しての, 繰返し繰返し, 罠へ, 考えさせられた, 考え合わせ候えども, 考へた, 考へ直さなければ, 聖者の, 聞かされた, 聞かされた伝説, 聞かされた通り, 聞き直した上, 聴き返して, 胸中で, 脚を, 自ら疑い自ら惑った, 自分では, 自家の, 自殺しかけた, 自殺を, 舐つて, 舞ひ来り, 芝居が, 芸術を, 苦い汁, 苦吟を, 茶を, 落第し, 落葉に, 葉子さんとは, 葺き直し菖蒲, 蛾や, 衆議院の, 行きつ戻りつして, 行つて見た, 行為の, 裂き捨てた, 製造され, 襲いかけた悪者, 要求される, 見かけた, 見せられたこと, 見たもの, 見たよう, 見た音吉, 見ましたそれから, 見物する, 見直しました, 見舞が, 見返え, 見返りながら, 覗くの, 言いますと, 言って, 言つて茶器を, 訊いた, 討ち死にを, 訪れるうち, 試みた遊戯, 詫びるの, 話した, 誓ったあの, 説いたらしいこと, 説明しなおさなけれ, 読み返しながら, 読めば, 課長どのへ, 請願した, 謡い直して, 讀みか, 讀返す, 賛意を, 赤間ヶ関の, 起こしに, 跪拝し, 躊躇いながら, 躍起に, 身に, 転びそう, 載ったそう, 辞儀を, 近まわり, 述べたごとく将来, 逃げかけましたけれど, 途中で, 通った同じ, 通りたる路, 通り過ぎる夜風, 通覧せる, 逢つて見る, 遇つたのです, 遊んだもの, 遭った, 重な, 金之助の, 鏡の, 長火鉢の, 門を, 陣前に, 雄々しく涙, 雨に, 雪を, 電報を, 非行を, 鞍つぼ, 頷いたが, 頷き, 頷ずき, 頼んで, 飜刻され, 飽かずに, 首肯いて, 駕から, 驚きを, 骨を, 鳴いた, 鼻を

▼ 幾度~ (1103, 25.6%)

10 あった 8 あつた 7 丑松は, 彼の, 躊躇した 6 ある, それを, 口の, 繰り返して, 繰返して 5 幾度か, 頭を 4 あったが, これを, 一人で, 思つた, 手を, 繰り返した, 自分の

3 [13件] くり返して, 危険な, 実家へ, 彼は, 此の, 死を, 泣いて, 知れない, 私は, 見た二上山上, 見て, 足を, 首を

2 [59件] ありました, お辞儀を, くり返され, その人, その名, その場, そんな風, わが眼, 上京し, 並べて, 交渉を, 人の, 会って, 伝えられて, 入つた, 出しては, 危機に, 叢を, 口に, 叱せられ驚きて, 同じよう, 呼びました, 子供の, 子供等に, 小首を, 岸本は, 己れ, 平次に, 往き戻りし, 御米, 御馳走に, 心の, 抛棄しよう, 排泄物を, 揺れたり, 木にて, 東京へ, 気を, 氣を, 水を, 涙を, 渡りながら, 牛を, 皮を, 目を, 礼を, 空を, 窓の, 繰り返すうち, 考へ, 耳に, 訊いた, 辞退した, 逡巡した, 道にて, 醒めては, 鏡を, 雨が, 頷いて

1 [839件 抜粋] あくびを, あったから, あった不景気騒ぎ, あの宿屋, ある来た道, あれが, いけあ, いって, いひふらされて, うなずいて, えぐるうち, おしいただきました, お話しした, くりかえされ私, くりかえしたが, くりかへ, くり返されました, こういうふう, こうして繰り返される, こう繰り返し, ここに, このあはれ, この曲, この玩具, この言葉, これが, ころころと, こんなこと, こんな目, さし覗き, させるが, して, しれない, すかして, する気もち, そうして見た, そうやっ, そこらを, その上, その今川, その唇, その後とも, その戦意, その日記, その母, その発作的症状, その的, その視線, その選手, その飾棚, たぎり立つ地獄, つたわって, つまずきながらも, とっての, なしたと, なめくぢ, のぞいた記憶, ふくろ叩きに, ふと心, まるで見, めでたい結婚式, もんどりを, やはりここ, やり直しながら, ゆり起し, わからない, わが名, わが浮世絵論, われわれの, クリークを, ジロリジロリこちらを, ツァラツストラを, ハンケチを, パスした, ポケットに, ワフタンゴフ演出が, 一線で, 七島の, 三河の, 下げて, 下書きを, 不安で, 不満を, 丑松を, 乗換え六箇所, 事細かな, 二人の, 二階へも, 人々の, 人に, 今度こそはと, 他に対する, 他の, 他動的に, 付け文を, 代が, 仰っしゃった, 会い申した, 会合を, 低徊する, 何人かの, 使いを, 使を, 侍臣の, 便りを, 俄雨にでも, 倒れたり, 傘を, 催す日本人, 傷つきながらも, 僕は, 僮に, 充し, 入れたり, 全身飛沫を, 公式に, 兵亂の, 其れ, 写真で, 出たり, 出つ會, 出入りを, 出懸けて, 出発し, 刀を, 分析の, 切り抜けた後, 別府通ひ, 剣に, 助け賜へと, 勘定し, 勝ち誇った自信, 勝負, 北条までの, 医者に, 危い, 危急に, 原稿紙を, 反復された, 反復せられ, 取り囲まれて, 口を, 叫びたくなったの, 叱り飛ばして, 各國市府, 合せ乍ら, 同志に, 吐いたが, 吾, 周密なる, 味は, 味ひなほす, 呼んだけれど, 和解的に, 唱へ, 問題と, 嘆きは, 嘆息し, 嘗めさせられた, 嘶いた, 四国や, 国際的な, 堪へて, 塗替えられた, 塗消され, 塩水を, 声を, 声高らかに, 変つたのである, 変化が, 変化し, 変転を, 夏を, 夜更けに, 夢想に, 大きくキリキリ, 大きく息, 大村組の, 大赦の, 失敗しつ, 失望した, 失望の, 失望を, 女にも, 子供に, 官渡を, 宿直室は, 富崎左仲に, 寝が, 寝床に, 寝返りうち, 寝醒めせしもを, 尋ねては, 小屋を, 小親, 少青年, 屈めて, 峠を, 島金へも, 巡ったこと, 差押えの, 己の, 巻を, 師匠の, 師父の, 帰らうとしては, 幕が, 幕府の, 平民社の, 幾日か, 庖丁を, 延ばし延ばしして, 弁護を, 引き下らねば, 引越した揚句, 引返さんと, 弦之, 彼が, 彼女に, 彼女は, 往復し, 往来へ, 後を, 徒事に, 御辞儀, 心を, 忍ぶ可, 思ったん, 思ひ立ちながら, 思想を, 恐しい, 悔やんだが, 悲嘆の, 意味あり, 愛子の, 感心し, 感謝した, 懐疑した, 懷へ, 我とつて代らむと叫び, 戦線に, 所謂, 手古奈を, 打たれて, 打ち明け, 打返し打返し見た後, 投げようかと, 折れ曲って, 抵当に, 拔けた, 持ったので, 持っては, 挫けた, 振, 振りかえった, 振り立てて, 捕えようとして, 捕物小説に, 掌面に, 探って, 推定の, 提議された, 改まって, 改作せられ, 故郷へ, 数えるほどしか, 数知れず, 文句を, 斯うし, 新しい裂罅, 旅行を, 既に温暖, 日和見主義分子を, 昇ったり, 明けられたり, 易り革まつた, 春に, 晒すの, 暴風に, 曲り曲りして, 書かれやめる前, 書き出しの, 書き直したといふ, 最後の, 本でも, 机竜之, 来ては, 東京や, 東京を, 枕を, 桃輔は, 棒切を, 標準語として, 欄に, 欄干へ, 歌つてゐる, 歌舞伎座へ, 歔り上げ, 正夫人, 正當, 正體, 此水を, 歩いて, 歯を, 死なうと, 殆ん, 殉死を, 母に, 水に, 求めも, 汽車の, 洗ひ濯がれたる, 涙に, 涙を以て, 深く吸い込んだ, 湯の, 満ちし, 濟ませ, 火の, 灯を, 無償の, 熟し, 熱いくちづけ, 熱望した, 爛たる, 父と, 父母に, 物を, 物色する, 狸を, 玩味し, 璽光様の, 申しましたとおり, 病気に, 癖直しを, 発動機を, 目に, 直にも, 相逢う, 眞の, 真摯に, 眠っては, 眼が, 眼に, 眼まい, 瞼を, 知つてゐる, 知らねど, 知れないが, 知れないほど, 知れませぬ, 知れません打ち付けて, 短かく, 研究改良の, 破綻に, 秀吉に, 私たちの, 私の, 稽古を, 窒息し, 窺って, 立ちどまりそう, 立ち止まっては, 立止つたああ, 筆にも, 筆を, 筋斗打っ, 米友の, 紫色を, 紹介の, 経験し, 絶望に, 綱手の, 繰かへ, 繰り返された, 繰り返されて, 繰り返したバッハ, 繰り返し眺めた, 繰返された, 繰返されて, 繰返した後, 繰返し用ゐられ, 罷工の, 義理づめ理屈づめでおとよを泣かせる, 考えた, 考えぬいたこと, 考え直して, 考え直すに, 聞いたが, 聞かされた都々逸, 聞かして, 聯絡され, 聽きました, 背や, 脱皮し, 腹の, 膝の, 自ら疑い終に, 自害しよう, 船が, 艦の, 芥川に, 苦い經驗, 苦しい気持, 茂太郎の, 草に, 荏原の, 華の, 落馬した, 蒼い光, 薄手を, 虎口を, 虫の, 血を, 行き過ぎるが, 行ったり, 行つてゐる, 衝突し, 袁紹にも, 裁判所へ, 襲来した, 西洋に, 見たこと, 見たところ, 見たはず, 見た二上山, 見比べ見直し, 見舞はう, 見返りながら, 覚えの, 親炙し, 角燈の, 記して, 試みた, 試みたが, 話しかけようと, 説いた様, 説明した, 読みかへ, 調子を, 論文に, 谷夫人に, 起こったよう, 起ちあ, 越兵に, 路に, 踏切へ, 躊躇いつつも, 躊躇ひつ, 躓いて, 身を, 車は, 車輪を, 転げ転げては, 転んで, 転倒し, 農家を, 迂廻した, 述べたところ, 迷いつつ, 逃げ出そうと, 這入って, 通ずるの, 逢って, 連絡の, 遂には, 運び入れ, 道を, 避けて, 都落ちを, 酔ひつぶれた, 醫者の, 金を, 釘踏み抜い, 針の, 鎖され開かれまた, 門に, 門人を, 降り昇り, 陰惨な, 雨に, 雪駄直しの, 電車を, 霧雨が, 非科学的, 面白が, 響いて, 頬に, 額を, 顧慮し, 飛び廻った, 飛んで, 食ったが, 養父の, 駒の, 驚き幾度, 骨折つたが, 鮎の, 黒平を, 鼻を

▼ 幾度~ (551, 12.8%)

16 なくその 12 なくこの 9 なく彼, なく私 8 なく, なく繰返し 7 なく繰り返し 6 なく同じ 5 なくそれ, なく自分 4 なくあった, なく彼女, なく聴いた

3 [11件] なくお, なく往復, なく往来, なく眺め, なく繰り返され, なく繰返された, なく繰返した, なく胸, なく雪, なく頭, なく首

2 [33件] なくある, なくお辞儀, なくきかされた, なくくり, なくここ, なくこれ, なく之, なく人, なく人間, なく仰ぎ見た, なく吉野, なく呼んだ, なく大きな, なく家, なく岸本, なく帯, なく往, なく往來, なく御, なく復習, なく思, なく我心, なく戦場, なく手, なく目, なく礼, なく繰り返される, なく繰り返した, なく考え, なく見る, なく逃げ, 勘定が, 無く繰返したる

1 [355件] あっては, お役人, かや又, ちょっとは, ないお, ない模様替え, ない獄吏, なき昇降り, なくあこがれ, なくあつた, なくあなた様, なくあの, なくあらゆる, なくありました, なくいう, なくいっぱい, なくいろんな, なくおじぎ, なくおのれ, なくかけ, なくかたい岩, なくかみしめた, なくくどいくらいに, なくくりかえした, なくこうした, なくこする, なくこつ, なくこの同じ, なくこんな, なくしかも, なくしたこと, なくしみじみ, なくすくっ, なくそこ, なくそっと, なくそのまま, なくその小さな, なくそれら, なくそれ等, なくそんな, なくたのまれた, なくつづけられた, なくとめ, なくなぐられ, なくの, なくのぞき見し, なくはしたなく言い争った, なくひどい目, なくむごたらしく繰返される, なくも, なくやつ, なくよく, なくよみかえし, なくよろめいた, なくわびしい砂けむり, なくギャア, なくクリストフ, なくコゼット, なくザビーネ, なくソンナよう, なくチチコフ, なく一乗谷, なく一同, なく上洛, なく下宿, なく不, なく不正, なく不眠, なく不通, なく世界, なく事実上, なく二人, なく二階, なく云った, なく交換, なく今日, なく他, なく仰いだ, なく企て, なく休みます, なく休ん, なく会合, なく伝右衛門, なく体験, なく作っ, なく使い, なく停車場, なく催し, なく僕, なく先陣, なく入り込んだ, なく兵火, なく其処, なく其處, なく出, なく出会った, なく出征, なく出這いりし, なく刃, なく切っ先, なく前, なく劇詩熱, なく勤め, なく化粧, なく卒倒, なく占った, なく危いところ, なく危機, なく反復, なく反応, なく反感, なく反橋, なく叔父さん, なく取り交された, なく取調べ, なく口, なく口ごもった, なく口吟ん, なく台所, なく味, なく呼び起こした, なく執念深く許し, なく増築, なく変った, なく多大, なく夜半, なく天地, なく夫人, なく失策, なく妻, なく姦淫, なく姿, なく娼婦, なく婦女, なく家内, なく密か, なく富岡達, なく寝返り, なく尋ね行く, なく小手, なく尾沢, なく山径, なく幻滅, なく幾人, なく廁, なく廻っ, なく廻転, なく引返し, なく引返し遂, なく引返そう, なく往き, なく徒渉, なく徘徊, なく心, なく心臓, なく忿怒, なく思う, なく恩田, なく恩賞, なく悲しさ, なく感じ, なく懺悔話, なく戸, なく打っ, なく扮装, なく投げ出さるる, なく折れ曲る, なく押, なく押え付け, なく拘留, なく拭つて手水盥, なく振り返った, なく捫着, なく掌, なく描き, なく撫で, なく改竄推敲, なく旅行, なく是, なく更に, なく朝酒, なく本, なく来, なく来た, なく来馴れた, なく杯, なく柏, なく極上, なく櫓, なく櫛, なく欠伸, なく次, なく欺かれ, なく歎息, なく此, なく母艦, なく毛布, なく氣付け, なく氣持, なく水道, なく汲み換え, なく決心, なく河床, なく法, なく泣きたくなった, なく浮浪人, なく消えた, なく涙, なく涙ぐみました, なく清水, なく渡つて來, なく温か, なく温泉地行なぞ, なく湯殿山, なく潜っ, なく激しい合戦, なく無言, なく焦点, なく熟読, なく爆音, なく父石右衛門, なく父親, なく獨, なく玉井家, なく現われ, なく生活状態, なく申しやっ, なく疑っ, なく病気, なく癇癪, なく白刃, なく白峰, なく目覺め, なく相, なく相手, なく眩暈, なく眺めやつ, なく瞠目, なく砂, なく破った, なく祖父, なく秘密, なく積んだ, なく空しく念, なく窓, なく節子, なく続け, なく線路, なく繰りかえされ, なく繰り返された, なく繰り返され得る, なく繰り返し繰り返し, なく繰り返す, なく繰返され, なく繰返されし, なく繰返される, なく繰返す, なく美しい悲しさ, なく羞ぢら, なく考, なく考えた, なく耳, なく聞いた, なく聞かされ, なく聞かされた, なく聞きただし, なく聞きち, なく聴かされた, なく聴かされる, なく胴, なく脅かされた, なく脅迫, なく腰, なく自暴自棄, なく自身, なく花, なく若葉, なく英国, なく茸, なく蒸し返された, なく虚空, なく被っ, なく襲っ, なく見, なく見せつけられ, なく見た, なく訊ね, なく訪れ申せ, なく試み, なく試みました, なく話, なく話させます, なく話し, なく認め, なく誓われた, なく語られし, なく語り聞かされた, なく読み返し, なく読み返した, なく諭されたのまれた, なく謝罪, なく議員選挙, なく赤ん坊, なく走らせた, なく起き出し, なく起こっ, なく起りぬ, なく起訴, なく踊り, なく踏んだ, なく躊躇, なく輸入, なく辞儀, なく辻斬り, なく近よって, なく述べ, なく迷, なく追加注文, なく逃げよう, なく通っ, なく通り, なく通り過ぎ, なく通り過ぎた, なく過りしか, なく遙, なく遭遇, なく重なっ, なく障子, なく隠れ, なく離れ, なく離室, なく霧, なく青い水, なく静か, なく響い, なく額, なく駕, なく駕籠, なく騎馬, なく驚かされ, なく高原地, なってるかを, 数えるほどは, 数知れず, 無く余, 無く爲, 無く畏るべき, 無く繰り返す, 無く繰返した, 無く談合, 獄窓近く, 知れず味, 言なき, 逢ったの, 風に

▼ 幾度かの~ (39, 0.9%)

3 変遷を

1 [36件] はげしい合戦, 会合と, 偶像破壊時代を, 危機ある, 場合を, 変化を, 変遷が, 小戦闘, 屈折を, 嵐で, 往復に, 御実家帰り, 思い出は, 恩赦によって, 懇望の, 戦に, 戦を, 戦争の, 戰ひ, 掠奪の, 敵襲も, 春が, 暴風幾度かの, 機会に, 江戸の, 汽車の, 深呼吸の, 生命がけ, 經驗で, 編み直しと, 補修を, 詳しい観測, 起伏が, 転居で, 送別宴にも, 野糞の

▼ 幾度でも~ (35, 0.8%)

2 幾度でも, 繰り返して

1 [31件] ありませんでした, あるの, お呼出し, かかれ, ききあきて, くり返して, くり返すの, こんな昔話, そいつを, ほかひ, やりますよ, 並べて, 云ふさ, 他の, 十時が, 原形に, 小孩, 建てること, 彼女と, 御自由, 暗記する, 歌うわ, 殺されて, 洗濯し, 熱い湯, 生き返って, 私達の, 繰返して, 繰返せば, 聴き度, 落ちるまでは

▼ 幾度にも~ (31, 0.7%)

2 加えて, 混ぜて

1 [27件] いたらざる中, はこばせて, よく混ぜます, チョキチョキやった, メリケン粉を, 丁寧に, 亙つて, 入れて, 入れては, 分けて, 切って, 切っては, 切離して, 加えます, 区切って, 少しずつ, 幾度にも, 折れて, 持出して, 注して, 混ぜます, 渡来した, 玉子の, 粉と, 面白さ, 食べられます, 食べると

▼ 幾度~ (16, 0.4%)

2 出替り, 失敗にも

1 [12件] 作用を, 変化を, 外出に, 推問答の, 援軍も, 改正を, 料理でも, 昼夜を, 節日祭日もしくは, 行進した, 補修を, 逆境との

▼ 幾度あった~ (14, 0.3%)

3 かわからない 2 か知れない, か知れません, ことか 1 かしれません, かわかりません, か数えられない, か知れぬ, って志士

▼ 幾度~ (14, 0.3%)

5 か知れない 3 か知れなかった 2 か知れません 1 か分らない, つたで, つてお詫びを, や

▼ 幾度~ (13, 0.3%)

1 [13件] かへし, てもあきる, てもこの, てもそれ, てもつくづく, ても全く, ても寝顔, ても寢顏, ても蔓, ても見飽きない, ても飽かない, ても黒姫, て来

▼ 幾度~ (8, 0.2%)

2 はその 1 と喧嘩, の境遇, はお互い, はコウ独語, も着, を笑わした

▼ 幾度ある~ (7, 0.2%)

2 か知れない, か知れません 1 かしれない, か知れぬ, のか

▼ 幾度その~ (7, 0.2%)

1 世話に, 名を, 執拗な, 廊下を, 思ひ出, 暗い瞳, 氣に

▼ 幾度とも~ (6, 0.1%)

1 なく帯, なく笑声, なく自分, なく蝙蝠, なく行きすぎました, 知れませんよ

▼ 幾度もの~ (6, 0.1%)

1 そんな苦い, 不幸も, 手紙に, 折衝の, 繰り言であり, 試みの

▼ 幾度云っ~ (6, 0.1%)

3 ても同じ 1 ても聞かない, ても誰, ても身

▼ 幾度思った~ (6, 0.1%)

2 か知れない 1 か, かしれない, か解りません, ことでしょう

▼ 幾度あつ~ (5, 0.1%)

5 たか

▼ 幾度かは~ (5, 0.1%)

1 お辞儀を, 停車場で, 持ち直すこと, 殆ど不可抗力に, 見て

▼ 幾度くり~ (5, 0.1%)

2 かへし, かへした 1 返したこと

▼ 幾度同じ~ (5, 0.1%)

3 ことを 1 やうに, 夢を

▼ 幾度~ (5, 0.1%)

1 の後退, は一言, は彼女, は節子, を御馳走

▼ 幾度~ (5, 0.1%)

1 たつて, てくれろ, てもキット猫, ても来る, ても苦く

▼ 幾度繰り返し~ (5, 0.1%)

1 てみた, てもいつも, ても只, ても繰り返し, て読ん

▼ 幾度繰返し~ (5, 0.1%)

1 ても消滅, ても猶且つ絶えず, ても足りない, て読む, て讀ん

▼ 幾度見た~ (5, 0.1%)

1 か分らない, か数えきれぬ, か数えられぬ, ことだったろう, ことで

▼ 幾度くりかえし~ (4, 0.1%)

1 てもこれ, ても何, ても同じ, て云っ

▼ 幾度それ~ (4, 0.1%)

1 が威赫, が題材, によつて, を逆説的

▼ 幾度~ (4, 0.1%)

1 で探っ, に取上げ, をふい, を引張っ

▼ 幾度~ (4, 0.1%)

2 のお 1 に潜ツ, を潜った

▼ 幾度読ん~ (4, 0.1%)

1 でもよく, でも一向に, でも中, でも同じ

▼ 幾度~ (4, 0.1%)

2 を運ん 1 を停め, を留め

▼ 幾度いっ~ (3, 0.1%)

2 ても同じ 1 たって同じ

▼ 幾度~ (3, 0.1%)

1 取次し, 味いなさいましたろう, 読みに

▼ 幾度かお~ (3, 0.1%)

1 もひつめ, 互に顔, 断わりしましたが

▼ 幾度だった~ (3, 0.1%)

1 かしれ, か知れた, か知れない

▼ 幾度である~ (3, 0.1%)

1 かわかりません, か分からぬ, か知れない

▼ 幾度~ (3, 0.1%)

1 ありとあらゆる忌わしい, 繰り返されたこと, 願い悶え苦しみましたろう

▼ 幾度~ (3, 0.1%)

2 の場 1

▼ 幾度~ (3, 0.1%)

1 に責め, の愁訴, の袖

▼ 幾度繰返した~ (3, 0.1%)

2 か分らない 1 か分りません

▼ 幾度考えた~ (3, 0.1%)

1 かね, かわかりません, とて徒に

▼ 幾度聞い~ (3, 0.1%)

1 てみた, てもだめ, ても始め

▼ 幾度自分~ (3, 0.1%)

1 が存在, でお, の名

▼ 幾度言っ~ (3, 0.1%)

1 たって同じ, ても同じ, て聞かせる

▼ 幾度電報~ (3, 0.1%)

2 が来 1 を繰りひろげ

▼ 幾度あの~ (2, 0.0%)

1 女の, 牡丹の

▼ 幾度かため~ (2, 0.0%)

2 らひ

▼ 幾度かに~ (2, 0.0%)

1 偸み, 分けて

▼ 幾度こう~ (2, 0.0%)

1 つぶやいたか, 云うこと

▼ 幾度ここ~ (2, 0.0%)

1 へ来た, をこうして

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 う考へた, としても同じ

▼ 幾度しか~ (2, 0.0%)

1 やらぬという, 来ない戦争

▼ 幾度そこ~ (2, 0.0%)

1 にいた, を行きき

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

2

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

2 あらう

▼ 幾度という~ (2, 0.0%)

1 おめでたい事, ことなく

▼ 幾度なげしづめても其夜~ (2, 0.0%)

2 そのよ

▼ 幾度なる~ (2, 0.0%)

1 を知らず, を知らない

▼ 幾度にても~ (2, 0.0%)

1 用ゐる, 逢る

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 ねられても, 繰返しけん

▼ 幾度びとなく~ (2, 0.0%)

1 改められたの, 歩きながら

▼ 幾度やっ~ (2, 0.0%)

1 てもうまく, ても間違える

▼ 幾度二人~ (2, 0.0%)

1 に向, に漢学

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 ても汝, はうと

▼ 幾度何十遍~ (2, 0.0%)

1 でもある, でも私

▼ 幾度催促~ (2, 0.0%)

1 しても, をし

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 はそれら, は少女

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 の中, を当て

▼ 幾度喧嘩~ (2, 0.0%)

1 をした, を持ちかけ

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 の中, を出

▼ 幾度幾通~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 幾度往復~ (2, 0.0%)

1 したこと, しても

▼ 幾度手紙~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 幾度投げ~ (2, 0.0%)

1 てもコロコロ, ても徒勞

▼ 幾度接した~ (2, 0.0%)

2 かわかりませんでした

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

2 つたか

▼ 幾度来た~ (2, 0.0%)

1 ってかま, って果し

▼ 幾度歩いた~ (2, 0.0%)

1 か知れねえ, ことで

▼ 幾度死のう~ (2, 0.0%)

1 かと決心, とも常に

▼ 幾度浄め~ (2, 0.0%)

2 られる思

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 にぬれ, を流した

▼ 幾度申し~ (2, 0.0%)

1 てもわし, ても御返事

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 を擦っ, を擦つ

▼ 幾度美しい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 幻影を

▼ 幾度考え~ (2, 0.0%)

2 てみ

▼ 幾度考へ~ (2, 0.0%)

1 てみ, ても判らない

▼ 幾度聴いた~ (2, 0.0%)

2 か分らない

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 いても, かされ

▼ 幾度自殺~ (2, 0.0%)

1 しようと, を計った

▼ 幾度見直し~ (2, 0.0%)

1 ても定, ても誤

▼ 幾度見返し~ (2, 0.0%)

1 ても尽きぬ, ても現在

▼ 幾度~ (2, 0.0%)

1 つたか, ふとも

▼ 幾度訊い~ (2, 0.0%)

1 てもその, ても駄目

▼ 幾度読み返し~ (2, 0.0%)

1 てみ, てもせい子

▼ 幾度逃げ出そう~ (2, 0.0%)

1 とした, と思った

▼ 幾度通った~ (2, 0.0%)

1 かもわからない, か覚えきれない

▼ 幾度遣っ~ (2, 0.0%)

1 ても伽羅さん, ても笥

▼ 幾度食っ~ (2, 0.0%)

1 たって何, ても獄則

▼1* [309件]

幾度つたで, 幾度あとはとにかく, 幾度あなたを尊敬, 幾度あり難うと, 幾度おもへども腦, 幾度お礼を言, 幾度お詫びを申しました, 幾度かえして刷った, 幾度かかれに迫つて, 幾度かが眠り得なかった苦しみ, 幾度かき直しても絵絹, 幾度かけ合っても改築, 幾度かさうした, 幾度かであつた, 幾度かもぢ, 幾度かもの悲しげ, 幾度か国を危うく, 幾度撃ち損じたもの, 幾度きいてもあきない, 幾度きいたかもわからない, 幾度くり返してもくり返し, 幾度この梢を, 幾度こんなように, 幾度こんなにして, 幾度さまざまな波瀾, 幾度てもやはり, 幾度しかられたか分らない, 幾度しよんべんするものぞ, 幾度ずつか経験し, 幾度せまつてくる, 幾度そう決心しかけたか, 幾度そして客の, 幾度それでも早や, 幾度ぞっとさせられたか, 幾度ぞや然れ, 幾度たたいても間違った, 幾度だってあるだろうか, 幾度だつてあるだらう, 幾度つづけて呼ん, 幾度であったか知れぬ, 幾度でもやつて見たい, 幾度とこしえにと誓った, 幾度なく色読せられた, 幾度なすも無効, 幾度なめたか知れない, 幾度ならず吹聴せられ, 幾度なりしを知らざる, 幾度なりましたかしかし, 幾度確かな, 幾度ひそかにそれ, 幾度ひとりで通らなけれ, 幾度ひどい目に, 幾度びか僕の独り, 幾度びか其處に行つた經驗, 幾度びか労働者は叫んだ, 幾度びか斷然吾が志, 幾度びか胴上げされた, 幾度びか顧りみて, 幾度びこの声を耳, 幾度びとなく彼の前, 幾度びとなく瀧とともに没落, 幾度びとなく父の姿, 幾度びとなく隆替変遷があらわれ, 幾度びとほめられし肌さすりつつ, 幾度びもくりかえされる場合にはそういう, 幾度びもそんなことを耳にする, 幾度び声を掛け, 幾度び廊下を通, 幾度び彼の頭, 幾度び決心しても, 幾度ぶつかっても拙者, 幾度またどんなに胆, 幾度みずから誓ったか, 幾度むしり合つた, 幾度むせび泣いたことでしょう, 幾度もうけて馴れ, 幾度もと云ふ語, 幾度インクベラを叩きつけられた, 幾度ステバチになった, 幾度タタイても爆発, 幾度ダマされても, 幾度丑松は蓮太郎, 幾度丹青を凝し, 幾度久慈のよう, 幾度事業を投げ出そう, 幾度二階の教室, 幾度云われてもよく, 幾度る代る吐き出され吸いこまれてること, 幾度交迭しても, 幾度交際を断とう, 幾度に見られた, 幾度仕たかわからない, 幾度仕事の邪魔, 幾度仕事仕事と云う, 幾度つたやら, 幾度へること, 幾度会戦して, 幾度何十遍死生の境, 幾度何遍となく, 幾度何遍嬢はこの, 幾度使はれたらうか, 幾度促しても肯, 幾度信じ直せば気, 幾度先生に叱られ, 幾度凭欄約夜深夜, 幾度出あってみ, 幾度出して使っ, 幾度出したかもしれない, 幾度出会ったかわからない, 幾度も研いどい, 幾度刈っても一向に, 幾度刑務所にいれられ, 幾度前後をふりむい, 幾度励ましつつ二タ月三月, 幾度勝負を争っ, 幾度十幾度毀しては, 幾度千登世の運命, 幾度卓上に置かれた, 幾度を盗ん, 幾度口頭の変改, 幾度叩いても同じ, 幾度叫ばれたことか, 幾度叱られたか分らない, 幾度同情の涙, 幾度のやう, 幾度吾人は見た, 幾度呼び出しても倦, 幾度呼んでも返, 幾度や柚太, 幾度問うたとて打ち明ける, 幾度土べたに出, 幾度堅唾を嚥ん, 幾度塗り直しても毎年梅雨, 幾度をかけられ, 幾度つたか, 幾度変ったか知れません, 幾度の中, 幾度大きくなつたり, 幾度夫人の華奢, 幾度奈良京都に出張, 幾度としての誕生, 幾度威圧されたか, 幾度媾曳をした, 幾度を共に, 幾度容太郎は薄暗い, 幾度封筒を逆さ, 幾度屋根へ出入り, 幾度幕府にすすめられ, 幾度幾年間時勢の変遷, 幾度幾様とも知れぬ, 幾度幾通かき送りし文, 幾度廻れるか, 幾度強いられなければ成らない, 幾度弾丸を受け, 幾度ったり, 幾度往つて見ても, 幾度往来しても, 幾度徹夜したか, 幾度を打たれた, 幾度快よいリズムを, 幾度怒っていなけれ, 幾度つたか, 幾度思い直してみ, 幾度思い返しましてもそうした, 幾度思うかしれません, 幾度思うたかも知れぬ, 幾度思ってみ, 幾度思ひ浮んだか知れません, 幾度悔いても間に合わなかった, 幾度悲鳴を上げられ, 幾度意見をし, 幾度愛戯を試み, 幾度慄然とした, 幾度懲罰を食っ, 幾度れ死せば, 幾度手帳を出しかけた, 幾度手水に起きた, 幾度手真似で追っ, 幾度投げ直しても手答え, 幾度押しても決して, 幾度拝んだか分らない, 幾度持て餘した, 幾度持てあましたことか, 幾度を折つて, 幾度振り向いてもまだ, 幾度振り返ったか, 幾度掛けてもチヤン, 幾度接吻したこと, 幾度掬んで幾度零すか, 幾度描いても描き切れない, 幾度描くとしても今, 幾度改つても大晦日, 幾度へらる, 幾度新しい眞理を, 幾度日本の婦人, 幾度書いて送つた, 幾度書きましても涙, 幾度来るか其時何方, 幾度梅園小路の春, 幾度歌つたつて同じぢ, 幾度止めたかわからない, 幾度正当防衛をやる, 幾度此處へ來, 幾度を食いしばった, 幾度の決意, 幾度水の手の樋, 幾度の名, 幾度決心したか, 幾度沈みゆく落日の, 幾度の上, 幾度泣いたか知れません, 幾度泣かされたかわからない, 幾度を流した, 幾度浴せ懸けられたか知れない, 幾度涙ぐんだか知れない, 幾度涙落しけむ一尺, 幾度湖水の畔, 幾度激賞の声, 幾度無知な偽り, 幾度煉り直しても苔, 幾度燃えてまた, 幾度の家, 幾度生命を落しかけた, 幾度生家の方, 幾度たとて, 幾度疑って幾度, 幾度登ってみ, 幾度百姓の手, 幾度を覚まし, 幾度真面目に此, 幾度を投げ込もう, 幾度神様に逢わせ, 幾度私達は饑, 幾度空しき願ひ, 幾度立ちすくみになった, 幾度を折らう, 幾度ても成ず, 幾度築いても其夜, 幾度かへし, 幾度繰っても頁数, 幾度繰りかへされ, 幾度繰り直しても見出されなかった, 幾度繰り返されても生命, 幾度繰り返されたか知れませんでした, 幾度繰り返し読んでもつねに, 幾度繰返されてもよい, 幾度繰返し灸治いたし候得共, 幾度習つても前, 幾度へ直し, 幾度聞いたとお, 幾度聞かされたか分らなかった, 幾度聴かされても彼, 幾度聴耳を立てた, 幾度を冷した, 幾度自ら怪しんだこと, 幾度自害しようと, 幾度自称芸術家に対してわれら, 幾度自身が日本人, 幾度を變, 幾度蘭軒をおとづれたか不明, 幾度行ったか知れませぬ, 幾度見かけたか知れなかった, 幾度見廻しても止まる, 幾度観賞しても, 幾度言ったことだろう, 幾度訪ねても逢わなかった, 幾度試みてもす, 幾度読み返したか知れない, 幾度謝罪をし, 幾度起しても起きない, 幾度起るか知れない, 幾度跳ねても拂, 幾度身構へた, 幾度やかしい守霊, 幾度迷っていた, 幾度つても, 幾度追い払ってくれ, 幾度追っても私, 幾度送って行く, 幾度這入ったか知れない, 幾度通い合わせたか, 幾度通ツたか, 幾度逢いに行っ, 幾度逢春不変心, 幾度遊びに行っ, 幾度を回ツ, 幾度遣り直しても離れ, 幾度遲くまで只一人きり, 幾度都会から郷里, 幾度醍醐の地, 幾度開けて見, 幾度闇夜の蔵, 幾度零すか何時の間に夜, 幾度電話をかけたでしょう, 幾度革命が来た, 幾度を下げ, 幾度を廻しかけた, 幾度頼んでもくれよう, 幾度願ってもヨシン, 幾度顰蹙させられた事, 幾度飛出したか分らねえ, 幾度飯場を建て, 幾度飲んで朝, 幾度を傾けた, 幾度込願ひ, 幾度かした, 幾度驚きを新た, 幾度髪の毛が生え替え, 幾度鳴るとも実際