青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「待て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~往来 往来~ 征服~ 待~ ~待ち 待ち~ ~待っ 待っ~ ~待つ 待つ~
待て~
律~ ~後 後~ 後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ 後姿~ ~後悔 後悔~

「待て~」 1058, 11ppm, 9876位

▼ 待て~ (183, 17.3%)

6 これは 4 こいつは, 八 3 おれは, 俺は, 待てよ 2 うっ, そうでも, その厄介, ちょッと, 伊兵衛, 宗太郎は, 手紙の, 秀子の

1 [144件] あいつは, あの女, あの歩き, あの猫背, あの高札, あるいはこりゃ, あれは, あわてるところ, いいもの, いずれあの, いずれこの, いますぐ, おお玄蕃殿, おまえを, おれには, お前に, お前も, かし, きみは, こいつが, こいつァ, こいつトイレットで, こうして俺, こうだ, ここが, ことによる, このこと, このまま公家一統, この御寮人, この海底地震, この節, この老人, こりゃあしょっとすると, こりゃあ相手, こんな玉, さぶ, すると, するとあの, そういちがいには, そうして自分, そうじゃ, そうとばかりも, そうも, そう云われ, そこから, そこで商売どころ, そこには, そのうち, その手前, その日本一太郎, その返辞, それではおれ, そんなこと, ただ待て, たとへ, どうせあの, どうも腑, どっこいと, なあんだ女, なんとか家アダリン, ほんとに瑞西製, まあ待っ, みんな寝ころん, もう一度提灯, もう少し落着, もっと近く, やっぱり変, よく見れ, わしが, ォ, オイ, ナイフを, ハダだ, ホントに, 一人だけ, 一概に馬鹿正直扱い, 中川君の, 二十五と, 人の, 今お茶, 今だって, 今の, 今此, 何だって, 何だつて小田卷直次郎, 何んとか, 余の, 作平は, 僕も, 先に, 先刻の, 八お前あの, 八五郎兄哥は, 八俺も, 八由五郎は, 八隱居の, 其は, 別に何ん, 叔母さんの, 向島の, 変な, 奴が, 家康の, 宿へ, 少し, 少し違う, 島田に, 幽霊と, 待てっ, 待て待て, 忘れものが, 恁う, 悲しいという, 情と, 提燈ヒュウの, 敵か, 斯う云った, 早くしらせる, 早合点し, 月に, 東海坊が, 果してこの, 柔かいと, 止めたが, 死んで, 無一物では, 男女の, 畑で, 直ぐ開け, 秀子を, 私が, 縄張際の, 羨しい, 芋を, 若しや, 若し其犬ころ, 見覚, 違うかナ, 隠語かも, 電話を, 馬鹿, 駒形高麗屋敷と, 鬼に, 魔子魔子

▼ 待て~ (164, 15.5%)

10 いうの 6 申すに 5 いうに, いって 4 云って 3 云ったら

2 [11件] あれほど, いう, いうこと, いうのに, いつて, いふに, お止めなされ, 云うの, 云つて鍋の, 土方の, 声を

1 [109件] ありますな, いいながら, いいオオ, いうから, いうが, いうだけ, いうて, いうので, いったのに, いったら, いったら待たないか, いったら待たねえか, いふので, いましめて, いわれたの, おさへちま, おっしゃいますか, おっしゃいますならば, おっしゃるの, して, すすめて, それを, とめた, もうすか, わめく, 一人が, 云いながら, 云い出した, 云うだろう, 云うなら待ち, 云うに, 云う相図, 云えずいそぎいそぎゆく, 云った, 云ったから, 云ったと, 云ったら待たないか, 云つて引止めた, 云つて彼は, 云ひたくなる, 云ふ, 云ふたら, 云われたまま, 云われて, 云われると, 仰し, 仰しゃいますがね, 仰しゃるのなら僕, 仰せの, 仰っしゃいます, 仰有れば, 制すれば, 制止し, 勧めた, 叫びながら, 呼びかけた, 呼びとめ静か, 呼び戻しながら, 坂部十郎太の, 堅く約束, 大都市の, 契り置き, 待たせて, 手紙が, 押しとどめさらに, 教へて, 敵を, 昔から, 書いて, 止めたの, 止めて, 殿様が, 洗湯の, 独言し, 申されい, 申しつけおいたもの, 申しますので, 申すの, 申すまま, 留めおかれても, 答え溜息, 考え当ったの, 自分に, 自分の, 菓子屋の, 藤吉は, 見物人に, 触れろ, 言いさ, 言いました, 言うんで, 言った, 言ったら, 言ったら少し, 言ったら待つもの, 言ったら待て, 言って, 言っても, 言つて四枚の, 言はれた, 言ふ, 言ふま, 言われるばかり, 言われるよう, 言葉を, 追ってつかまえ, 進みでて, 酷く叱り付け, 頼んだり

▼ 待て~ (83, 7.8%)

6 海路の 4 待つほど 3 甘露といふ 2 いいの, よかった, 夜もすがら暴通, 潮もかな

1 [62件] あなたは, いいか, いいじ, いいだけ, いいだけの, いいぢ, いいん, いつに, おのずから雲間, かならず三年, きっと小殿, きっと帝国領土, この春雨, さびしき, そのうち, その封筒, それでよ, また道, まもなく冬, むづかる, やみそう, よい, よいであろう, コンクリートの, ムーア彗星は, 一応モウケ, 一日の, 二子生憎來たる, 会えるん, 再び三位一体, 十分だ, 千年といった, 咲くぞ, 哀れに, 宇乃にも, 容易く手, 山風荒れ, 帰って, 弓鉄砲の, 待つだけ, 必ずもと, 日和, 日和こんどの, 死ある, 海路とやら, 熟して, 父の, 獅子が, 甘露じゃ, 生憎鳴かず, 知の, 私は, 空くン, 舟が, 許都の, 調達しよう, 遅しも, 道會議員から, 鏡冴ゆなり, 鐘なる, 長い, 鶏の

▼ 待て~ (44, 4.2%)

11 暮せど 10 暮らせど 4 待てど 3 くらせど 2 来まさぬ

1 [14件] ろぼう, 二人は, 二時間待て, 二郎十蔵ともに, 君姿は, 姿は, 容易に, 暮らせどそ, 来まさず, 来鳴かずあやめぐさ, 梨の, 甲斐も, 立つ名, 雨も

▼ 待てども~ (41, 3.9%)

13 待てども 2 うつ鐘

1 [26件] お膳, なかなか食堂, なんらの, まてども, 人ひとり訪ね, 來らず, 便りなき, 出で, 助くる人, 姫君が, 封鎖厳重に, 帰つて来ません, 帰り来らず, 彼は, 晴間なし, 来て, 柏は, 樹明来らず, 玉子焼きは, 甲斐なし, 菊地市長が, 蝉の, 貫一の, 貫一は, 道開かぬ, 順番が

▼ 待て~ (24, 2.3%)

4 たら 3 待てッ 2 その駕, 怪しい奴

1 [13件] あやしい奴, あわてるな, お綱, そう騒ぐ, たら待て, ちょっと待て, まだ逃げる, ま待, 待て待てッ, 待て新九郎, 直九, 老ぼれっ, 降りろ

▼ 待てしばし~ (14, 1.3%)

2 はねえ

1 [12件] がなく, このまま, この夜ふけ, となお, と思いました, の用捨, ほんのもうしばらく, もなく, 今来た, 天下とる, 子を, 待てしばし

▼ 待て~ (13, 1.2%)

2 に考え

1 [11件] が始末, が店, に少し, に思案, の考えよう, はそれ, は一人, は大変, は野毛山, もひとつ, も行こう

▼ 待てその~ (11, 1.0%)

2 船に 1 とき誰か, ぬすっと, 代り第, 屍骸に, 息子を, 用を, 眼を, 馬に, 駕籠

▼ 待てよと~ (11, 1.0%)

1 [11件] すこし考え, その瞬間うしろ, また考え, 云って, 五郎は, 又八は, 心の, 思つた, 私あ, 言っても, 踏止つて命掛けに

▼ 待てこの~ (10, 0.9%)

1 おれが, お手形, 先が, 場は, 女郎め, 玉石を, 茶飲茶碗でも, 野郎, 野郎背は, 非常時に

▼ 待てそれ~ (10, 0.9%)

1 とても不気味, なる青まゆ, はおかしい, はまずい, は当っ, は本当, は誰, は金槌, よりはこの, を使う

▼ 待てという~ (10, 0.9%)

1 この御, その何とか, やつだ, 仰せ付けです, 命令だ, 型は, 意では, 河野の, 約束に, 言葉だった

▼ 待てとは~ (10, 0.9%)

2 なんだ 1 それほど容易, なんです, まあ何ん, わしか, 女の, 気が, 理解が, 生擒

▼ 待てとの~ (8, 0.8%)

2 御意です 1 お詞, こと, ことに, 不二麿, 占にも, 将軍家よりの

▼ 待て暫し~ (8, 0.8%)

2 はありません, はねえ 1 あれは, がありません, がございません, こ

▼ 待てこれ~ (7, 0.7%)

1 が弾丸, でしまいに, には謀, は俺, は唄おう, を持っ, を貸し

▼ 待て~ (7, 0.7%)

1 からで, すこし待て, のそち, ひっぱり出して, わしが, 出してしも, 松

▼ 待てもう~ (6, 0.6%)

2 二日ばかり 1 一つ言っ, 一幕見極めようでは, 一言, 二三日陣中に

▼ 待て~ (5, 0.5%)

1 うい待て, めえ, 島, 粂お, 辻の

▼ 待てここ~ (5, 0.5%)

1 からいわね, に佐々木小次郎, は二瀬, へ参る, へ来

▼ 待てどこ~ (5, 0.5%)

5 へ行く

▼ 待てわし~ (5, 0.5%)

1 がこうして, の言, はそこ, は一人, も

▼ 待て少し~ (5, 0.5%)

1 いそぐか, 待て, 待てアヽ, 聞きたいこと, 腑に

▼ 待ておれ~ (4, 0.4%)

1 が開け, は祖母, もいく, もつい

▼ 待てそう~ (4, 0.4%)

1 でないおまえ, 怯えさせては, 拝むな, 素気なく

▼ 待てそんな~ (4, 0.4%)

1 手つきぢや, 無法な, 無法は, 話じゃ

▼ 待てまだ~ (4, 0.4%)

1 まいるぞ, 後が, 用は, 肝腎な

▼ 待てもっと~ (4, 0.4%)

1 よいところ, 寄れ内膳, 明るくし, 落着か

▼ 待て~ (4, 0.4%)

3 てっ 1 ていうこと

▼ 待て王子~ (4, 0.4%)

21 よ我, よ長き

▼ 待てお前~ (3, 0.3%)

1 はここ, は両, は先刻

▼ 待てこら~ (3, 0.3%)

2 待てっちゅうに 1 待たんか

▼ 待てちゃ~ (3, 0.3%)

3 アと

▼ 待てまあ~ (3, 0.3%)

1 僕の, 待て, 待てもっと

▼ 待て~ (3, 0.3%)

1 くそも, 帰って, 独立し得ざる

▼ 待てもう少し~ (3, 0.3%)

1 待てですもの, 考えて, 訊くこと

▼ 待て~ (3, 0.3%)

1 いこれから, いムク, アい

▼ 待て~ (3, 0.3%)

1 あるによりて, の金眸, は道

▼ 待て~ (3, 0.3%)

1 典医であった, 組頭まで, 骨は

▼ 待てええ~ (2, 0.2%)

2 屁でも

▼ 待てしばらく~ (2, 0.2%)

1 待て, 待てむりにおし

▼ 待てせっかく~ (2, 0.2%)

1 ここへ, ご一同

▼ 待てそこ~ (2, 0.2%)

1 ではな, へ坐れ

▼ 待てそれでは~ (2, 0.2%)

1 同士討ちの喧嘩に, 雁屋の

▼ 待てちょっと~ (2, 0.2%)

1 待って, 待て

▼ 待てっちゅうに~ (2, 0.2%)

2 待たねえか

▼ 待てとか~ (2, 0.2%)

1 また誰, 云っても

▼ 待てどんな~ (2, 0.2%)

1 処に, 風態だ

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 さてこうした, 待てな

▼ 待てなどと~ (2, 0.2%)

1 叫ぶつもり, 声を

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 しない, しないし

▼ 待てよく~ (2, 0.2%)

1 は分らぬ, 判ってるあの

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 えっ, っ

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 の妻, の物

▼ 待て今日~ (2, 0.2%)

1 のごとく, はおれ

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 が会っ, にも関係

▼ 待て~ (2, 0.2%)

2

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 づここ, を急ぐ

▼ 待て原田~ (2, 0.2%)

2 待て

▼ 待て大兄我~ (2, 0.2%)

1 は爾, は直ちに

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 が話, は此人殺し

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 を読ん, 知らさる

▼ 待て御用~ (2, 0.2%)

2 だぞ

▼ 待て~ (2, 0.2%)

2 のため

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 な昼日中, な晝日中

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 は彼, れ我が

▼ 待て手前~ (2, 0.2%)

1 の声, は沼田

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 といへ, に出た

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 の玉, はわれ

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 は爾, よ

▼ 待て~ (2, 0.2%)

1 の事, は自分

▼ 待て若しも~ (2, 0.2%)

2 竹山が

▼ 待て返事~ (2, 0.2%)

1 を待っ, を待つ

▼ 待て面白い~ (2, 0.2%)

1 じゃない, 奴らだ

▼1* [244件]

待てあの劇場の, 待てあやしいやつが, 待てあんな恰好で, 待ていくら自分の, 待ていまきさま, 待ていま衣嚢から釘, 待ていま表を開ける, 待ていま鉄砲を出し, 待てうん隼人酌を, 待てえとガヤガヤ声を, 待ておい待てと, 待ておいおいおい待て, 待ておいで今岩崎, 待ておそらくは明日の, 待ておまえはそれ, 待てかし若き日, 待てきみに一つ重大, 待てくみはなん, 待てこそ長寿すべき, 待てこっちへ呼びかえ, 待てことによると, 待てこの間山崎が書い, 待てこんなステッキじゃ, 待てうもない気持, 待てさうにもない, 待てさっきわしは今日, 待てさっそく葛粉を, 待てさばかりでも, 待てしずかに, 待てしばし万一敵だったら, 待てしばし然るにても立波, 待てすこし火が, 待てすると可怪しなこと, 待てせっかちな, 待てそいつの兄貴, 待てそりや君, 待てたしかなこと, 待てただ艶麗な, 待てただいままいるから, 待てだが俺は, 待てちと歯ごたえの, 待てちょいと待て, 待てちよつと待つ, 待てって云うじゃ, 待てっと叫んで, 待てつい聞きそびれたが, 待てではなくて, 待てといった工合に, 待てといつて次の室, 待てといふ返事を, 待てとも呼ばずただ, 待てどうする気, 待てどうせ人夫は, 待てどうも思ひ出せんわい, 待てなおまだきのう, 待てなぜ下へ, 待てなに叔母さんも何時, 待てなんぞと云って, 待てなんて尤もらしい, 待てしだいしだいに, 待てばかなまね, 待てばと解する説, 待てばよかつた, 待てひとつ冷静に考え, 待てほかに思案, 待てぼくが乗る, 待てまず内膳を, 待てむりにおし通らんと, 待てもうすこし見て, 待てやよと汝, 待てゆっくり飲みながら, 待てばさんに, 待てアダム神の思想, 待てアンコーのフライ, 待てアヽ痛い成, 待てイギリスから最初, 待てガスピストルを撃つ, 待てコレ其処へ行く, 待てチヨークがついてない, 待てッ何者だその, 待てッ味方だ, 待てッ弦之丞, 待てッ鐘巻自斎, 待て待て, 待て一寸話が, 待て一応はかれ, 待て一番家内を検, 待て一等の船室, 待て一言聞いて, 待ての花, 待て三保子と呼んだ, 待て下屋敷からなにか, 待て弥の, 待て主人の殺された, 待て主人どこへ行く, 待て乱暴なこと, 待て二三日鐘堂を俺, 待て二人で勝手, 待て云々の話, 待て人数が来たら, 待て人生の長途, 待て人造人間の化けた, 待て今のがロケット爆弾, 待て今度はこの, 待て仏国のわけしり, 待て仮名が四つ, 待てっ, 待て佐助が店, 待て何ぞ手懸りに, 待て何だそいつは, 待て何とかして, 待て何処から来た, 待て何流で誰, 待ての革足袋, 待て先方が七歳, 待て先生のおっしゃった, 待てまだ話, 待て共に相争う, 待て其方は何, 待て内膳の話し, 待て内蔵助どのへ一言, 待て判事がお, 待て勇坊ひとりで駈けだす, 待て勝手にし, 待て千倍にも二千倍, 待て半ちゃんそんなこと, 待て卑怯なっ待, 待て卑怯者待て, 待て危殆い, 待て台所もいい, 待て向うに見える, 待ての云う, 待て吹屋町へ入れる, 待てを案内, 待てが惜しい, 待て咲耶子を渡す, 待て地方の知識開発上, 待て坊やを連れ, 待ての様子, 待て地震の, 待ての櫛, 待て奴国の滅びた, 待て妙法蓮華経如来寿量品第十六, 待て孔明のこと, 待て学校外教育の至要機関, 待ての中, 待て対手は何, 待て頼, 待て小僧きさ, 待ての浜, 待て希くは兎でありたい, 待て師匠は酔っ, 待ての結びよう, 待て彼らを罰した, 待て彼等は人, 待て後ろなるは, 待て必ず誓つて人には, 待て必要なるは, 待て怪しからん奴だ, 待て悪い奴等だ, 待て我が食通の, 待て我祖父の鎧, 待て手当をし, 待て折角ここ迄, 待て支局から電話, 待ての暮れる, 待ての氷, 待て智力を完成, 待て未だ早い, 待て本当にだめか, 待て柿崎と申す, 待て平, 待て武蔵の腹, 待て死骸を見たで, 待て毒死をどう, 待て気の毒とはどういう, 待て永代橋へ掛りました, 待て汐合の水門, 待てに無礼, 待て浪人と遊び人, 待て浪人ども待て, 待て涌谷は出, 待て源太その綱, 待てもつがなけれ, 待てよ我, 待て狂人の真似何, 待て独り暮しになつて, 待て玄徳の一行, 待てたはい, 待て番士に何, 待て発達し相, 待て百城を連れ, 待て盗賊の件, 待て相談なんと云う, 待て石川それはいけない, 待て研究して, 待てを, 待て神谷といふ男, 待て禁札を打っ, 待て笊組の一門ども, 待て糸目の切れた, 待て次俺は, 待て純然たる俗俳句, 待て縄付きにし, 待て考えがある, 待て考え物だ, 待て腕環は一個, 待て腹の虫を抑える, 待て自分で料理, 待てをつけろ, 待て船岡と酒井邸, 待て船長に伺っ, 待て茶具には何, 待て蜆さざえのこと, 待て要するにまたバス代, 待て見世を構, 待て観相院は雑魚, 待てが行け, 待て貴様は幾等, 待ての好く, 待て身どもと話, 待て身上持てば, 待て軍裝を我, 待てまるな, 待てして, 待ての向い, 待てが違う, 待て酒屋どうも貴様, 待て野郎待ちゃあがれ, 待て野郎待ちやあがれ, 待て門鑑を一見, 待て陣十郎逃げるとは, 待て隼人そのほう, 待て電話機に手, 待て霎時どうも爾, 待て領内のもの, 待てふもの, 待てが少ない, 待て駒下駄を穿かぬ, 待てをおろせ, 待て駕待てっ, 待て鸚鵡が何, 待て黒田のこと, 待ての下