青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「急~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思われる 思われる~ ~思召 思召~ 思惟~ ~思想 思想~ ~思案 思案~ ~急
急~
~急い 急い~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格 性格~ ~性質 性質~ 怨み~

「急~」 19604, 212ppm, 472位

▼ 急~ (16997, 86.7%)

119 顔を 98 声を 79 気が 77 口を 73 眼を 66 自分の 57 胸が 53 思い出したよう 51 何か 46 足を 42 彼の, 手を 41 彼は 40 真面目な 39 身を 37 して 35 私の 34 調子を 31 思い立って, 私は, 頭を 30 腹が 28 なって, 不安に, 言葉を, 黙って 27 元気づい, 元気に, 大きな声, 明るくなった 26 それを, 顔色を 25 自分が 24 静かに 23 真面目に, 話を 22 気を 21 元気が, 目を 20 力が, 心配に, 眼の 19 そんなこと, 心が, 暗くなった, 気分が, 眼が 18 あたりが, それが, 思ひ立つて, 目が, 眉を, 立ち上って 17 家の, 涙が, 道を 16 変って, 暗くなっ, 笑い出した, 膝を, 賑やかに, 頭の, 馬を 15 寒くなった, 彼女の, 緊張した 14 まじめに, 変な, 思いついたよう, 態度を, 気に, 氣が, 真顔に, 私を, 顔の, 首を 13 僕の, 出て, 明るくなっ, 死んで, 気がついて

12 [13件] いやに, ひっそりと, 厭に, 寒さ, 年を, 思いついて, 思い出して, 我に, 日が, 気がついたよう, 目の, 立ちどまって, 陽気に

11 怖くなっ, 悲しくなった, 用事が, 空腹を, 立って, 胸を, 頭が, 風が

10 [14件] 姿を, 寒気が, 帰って, 怖ろ, 悲しそう, 折れて, 方向を, 生々と, 病気に, 目立って, 私に, 胸の, 速力を, 高くなった

9 [27件] あわてて, これを, にこにこし, むらむらと, 不機嫌, 両手を, 今まで, 体を, 何かに, 元気づいた, 寂しくなった, 心の, 思ひ出したやう, 恐ろしくなっ, 暇を, 暑くなった, 消えて, 眼に, 立ち上った, 聲を, 腰を, 自分も, 起って, 足が, 開けて, 雪が, 顔が

8 [34件] いきいきと, ことばを, そこに, その眼, そわそわと, ぴたりと, ふえて, まじめな, わっと, スピードを, 丑松は, 世の中が, 二人は, 人を, 今までの, 元気よく, 元気を, 夢から, 強くなった, 彼女は, 悲しくなっ, 暗くなる, 曇って, 椅子から, 気温が, 泣き出した, 熱心に, 用が, 目に, 色を, 話題を, 軽くなった, 顏を, 駒を

7 [45件] おかしくなっ, おとなしくなった, それは, どこかへ, にぎやかに, 一つの, 人が, 何を, 元氣, 勇気が, 声が, 変った, 大人びて, 女の, 妙な, 寒くなっ, 寒くなる, 席を, 彼に, 思ひ出して, 恐ろしくなった, 悪くなった, 林の, 殖えて, 気の, 気の毒に, 気持が, 熱を, 発熱し, 眞面目な, 真暗に, 立ちあがって, 立ち上がって, 笑顔を, 緊張し, 興味を, 話が, 語調を, 身体が, 身体を, 迫って, 進路を, 面を, 高まって, 黙り込んで

6 [56件] あたりを, いずまいを, おなかが, からだを, その手, そわそわし, なつかしくなっ, なる, はっきりと, ぱっと明るく, 丁寧に, 下って, 不安な, 低くなった, 光を, 冷えて, 動悸が, 可笑しくな, 四辺が, 好きに, 家を, 座を, 後から, 後を, 心細くなっ, 心細くなった, 心臓が, 思い立ったよう, 思出し, 悲しさ, 振り返って, 改まって, 明るくなる, 機嫌が, 機嫌を, 沈んで, 火が, 火の, 狼狽した, 生き生きと, 眠くなっ, 窓の, 自分に, 落ちて, 襲って, 見えなくなった, 話したいこと, 身の, 輝いた, 輝き出して, 重くなった, 雄弁に, 頓狂な, 顔いろ, 顔色が, 高くな

5 [100件] あの人, がっかりし, こっちへ, こんなこと, そこから, そんな事, どうする, なつて, にやにや笑, はやり出した築, ひっそりし, また, キッと, フッと, 一種の, 不安を, 不思議な, 不愉快に, 二人の, 亡くなられた, 他の, 兄の, 入って, 兵を, 冷淡に, 厭な, 口が, 右へ, 命が, 国へ, 夜が, 大きくなっ, 大声で, 安心した, 室の, 家が, 寂しくな, 寛ぎを, 居ずまいを, 崩れて, 左へ, 床の, 引っ返して, 弱って, 快活な, 思い付いたよう, 恥かしくなっ, 悲しくなりました, 愉快に, 慌てて, 憂鬱に, 明るくなつた, 明るくなり, 明るくなりました, 晴やかな, 晴れ晴れと, 暗くなつた, 来て, 東京へ, 歌を, 死ぬの, 死んだ, 水の, 活気づいて, 活気を, 涙を, 淋しさ, 深くなっ, 皆の, 立止っ, 笑い出して, 笑ひ出した, 笑顔に, 耳に, 耳を, 肩の, 肩を, 腹を, 自分で, 自分を, 行って, 表情を, 賑かに, 踵を, 車を, 部屋の, 酔いが, 金が, 間が, 雨が, 雪の, 霧が, 静に, 飛び出して, 駆け出した, 騒ぎ出した, 高くなっ, 高くなる, 高まつ, 鼻を

4 [172件] あたりの, あとを, あわてだした, いつもの, いやな, おそろしくなっ, お腹が, くるりと, ぐらりと, ここへ, こみあげて, こんな事, した, しんと, その場, その女, その日, それで, それに, そわそわし出した, だまりこんで, どうした, なつた, はっきりし, ふらふらと, まっ暗に, もとの, ものも, わなわなと, ケロリと, ニコニコし, パッと, ピタリと, 一変し, 一時に, 不快に, 不機嫌な, 不機嫌に, 京都へ, 人の, 人間が, 体が, 何かの, 何かを, 何の, 何も, 例の, 僕に, 僕を, 元気な, 兄に, 光が, 入用に, 冷く, 勢よく, 厳粛な, 口調を, 叮嚀な, 可笑しくなっ, 可笑しさ, 向うの, 向きを, 呼びとめて, 四方が, 増えて, 変ったの, 変化した, 夢が, 嬉しくなった, 嬉しそう, 家に, 幸福な, 強くなりました, 彼が, 彼を, 御用が, 微笑が, 心を, 心持が, 忙しくなった, 怒ったよう, 怖くなった, 思いついたこと, 思い出した, 思い出した様, 思ひ出した様, 恋しくなっ, 息を, 悄気て, 惡く, 態度が, 或る, 戻って, 手に, 手紙を, 支度を, 改まった調子, 旅行に, 春めいて, 晴れやかな, 暑さ, 暗くなり, 東京の, 楽に, 様子が, 横に, 止まって, 此の, 殺す氣, 母親の, 気がかりに, 気が付いたよう, 気色を, 水を, 泣きだした, 泣き出したり, 活気づいた, 無気味に, 焦, 熱が, 父の, 片手を, 狭くなっ, 用事を, 痛くなった, 痩せて, 登って, 眉根を, 真剣な, 矢代は, 神経が, 私が, 種々な, 空気が, 立ち上ると, 立ち止って, 立上っ, 締めあげられるやう, 翼を, 考へ, 背中が, 背中の, 脊丈が, 興奮した, 苛立って, 苦い顔, 落着か, 薄暗くなっ, 血が, 血相を, 見えなくなって, 親切に, 角を, 調子が, 赤くなった, 赧く, 起きあがって, 起きて, 身に, 軍を, 返事を, 陰気に, 陽が, 障子の, 雨の, 雲が, 頬を, 風の, 風邪を, 驚いたよう, 驚いて, 高柳は

3 [318件] あかるくなった, あなたが, あなたに, あらたまって, いそがしくなった, いそぎ足に, いろいろな, いろいろの, おとなしくなっ, お暇, お母さんが, お雪, かう云, かれの, かれは, がっかりした, くらくなった, くらくらと, ぐったりと, けたたましい声, この頃, こみ上げて, これへ, こんどは, さがって, さびしくなる, さびしそう, さわがしくなった, しずかに, そういっ, そうなった, そこい, そのこと, その事, その方, その気, その辺, そんな風, てれて, どこへか, なくなって, なったが, はらはらと, ぱったりと, ふら, ほっとした, ぼくの, よくな, わたしの, アリョーシャの, ガクリと, シーンと, ソハソハし, ブレーキを, 一人の, 上って, 不愉快な, 世界が, 世間が, 両腕, 之を, 予定を, 二つに, 二階の, 云い出した, 亡くなつたの, 亡くなりました, 人足が, 今度は, 仕事が, 仕事の, 会いたいと, 低下し, 何と, 俺は, 傾いて, 傾斜が, 僕が, 元気づき, 元気の, 光りを, 入用が, 冬らしくなりました, 冷い, 冷たい風, 別な, 別人の, 劇しい, 力の, 勇み立って, 勢いづいて, 勢が, 勢の, 十年も, 千鶴子の, 千鶴子は, 厭気が, 厳重に, 可哀, 右の, 名状し, 向き直って, 呶鳴り出した, 命じた, 咳を, 唇を, 地面の, 増した, 増して, 増大した, 壁の, 外へ, 夜の, 大きくな, 大胆な, 天気が, 夫の, 夫人は, 女が, 女は, 好奇心が, 妹の, 姿勢を, 威勢が, 威勢よく, 嬉しくなっ, 子供の, 客が, 室内を, 寂しくなっ, 寝返りを, 小さくなっ, 山の, 嵐の, 左に, 左右に, 左右の, 己の, 帰ること, 床に, 店の, 強くなっ, 後ろを, 御機嫌, 心に, 心も, 心細いよう, 忘れて, 忙しそう, 怖気が, 思いたって, 思い付いて, 思い出された, 思い出したかの, 思ひついて, 思案し, 恐くなっ, 恐怖の, 息が, 悪寒が, 悲しくな, 悲しくなり, 惜しくなった, 意を, 意外な, 意識が, 我を, 戸を, 扉が, 手の, 手綱を, 振り向いた, 振り向いて, 改まつ, 敵が, 斯う, 新らしい, 日本へ, 早くなった, 明かるく, 春に, 晴れ晴れした, 暖かくなった, 暗くな, 有名に, 本を, 東京を, 橋の, 止めた, 止めて, 正太は, 此方へ, 歩みを, 歩調を, 母が, 気がついた, 気がついたかの, 気づいたよう, 気づいて, 気でも, 水が, 決心が, 決心し, 泣き出して, 泪が, 活, 活氣づい, 浮, 海の, 淋しくなった, 淋しくなる, 淋しそう, 深くなった, 減って, 温度が, 溜息を, 激した, 火事が, 煙草を, 熱いもの, 熱くなる, 父が, 犬が, 犬の, 生きて, 生き返って, 生真面目な, 用を, 用事でも, 田代は, 疲れて, 病気が, 病気で, 登子は, 皆が, 相好を, 相手が, 相手の, 相談したい, 真っ青に, 真赤に, 矢も, 矢代の, 硬ばった, 空が, 立ち停った, 立ち停まった, 立ち止まった, 立ち止まって, 立上った, 立上って, 笑いだした, 笑ひ, 糸を, 緊張しました, 老けて, 耳の, 聳え立って, 胸に, 脚を, 腹の, 腹痛を, 自信を, 自己の, 舟を, 舵を, 船が, 苛, 華やかな, 薄暗くなった, 蘇生した, 衰えて, 褪せて, 親しくなった, 言葉も, 話頭を, 誰かに, 起き上つて, 起ち上って, 起ち上ると, 足の, 足許が, 跳ね起きて, 身ぶるいを, 身体の, 逃げ出して, 速度を, 進んで, 道の, 酒を, 酔が, 重くなっ, 重くなる, 開いた, 開いて, 闇が, 降って, 降つて來, 陽の, 非常な, 頭に, 頭上に, 額を, 飛び上がって, 食慾が, 馬に, 馬の, 馬車を, 馬首を, 馬鹿な, 馬鹿馬鹿しくなった, 騒がしくなっ, 騒がしくなった, 騒がしくなる, 高くなつた, 鳴りを, 鳴り出した, 黒くな

2 [1128件 抜粋] ああそう, あたふたと, あわてたよう, あわて出して, いかにもその, いけなくな, いまの, いやらしく笑, うちの, うれしくなっ, えらくなった, おかしくな, おこったよう, おそろしくなった, おなかを, おやと, おろおろした, お使, お勝手へ, お口, お君, お帰り, お書き出し, お病みつき, お腹の, お通, お顔, かえる, かわった, き, くつろいだ様子, ぐたぐたと, けた, ここを, こちらを, このよう, この日, この男, こんなにおとなしく, さびしくなった, さめたよう, さッ, ざわめき立った, しっかりと, しょげた, しんみりし, しーん, すべてが, せまくなった, そこここに, そこを, そちらへ, そのよう, その前, その男, その頸, そは, そわそわした, そわそわしはじめた, そんな気, ぞっとする, たのまれて, たまらなくなっ, つっ立って, てれ臭, どよめいた, なったの, なにかを, なりぬ, なり疾く, なるので, なんといふ, にこにこ顔に, のどの, はかないもの, はしゃぎ出した, はっきりした, はねが, はればれと, ばったりと, ひっそりした, ひどくなった, ふえたの, ふところを, ふり返った, ぶるぶると, へんな, ぼんやりと, まごまごし, またいや, またこの, また先生, また足, むかしの, むくむくと, むっくりと, もやもやした, やさしくなっ, やめて, ゆるんだの, よそよそしくなっ, よみがえって, わけも, わたしは, アメリカの, イライラと, クルリと, サッと顔色, スイッチを, チヤホヤし, ニヤ, ニヤリと, パセチツクな, ヒッソリし, ピピーと, ブルブルと, ホホヽヽと, ムクムクと, ワッと, 一同に, 三吉は, 三年前に, 上げた, 上京した, 下の, 下りて, 下を, 不き, 不快な, 世に, 丘の, 乗り気に, 乱暴に, 亀の, 云った, 亡くなつたので, 人数が, 今から, 仕度を, 他人行儀に, 仮病を, 仲間の, 伝令が, 低くなります, 体じゅうが, 体の, 何ごとか, 何んだ, 何処へも, 何者かが, 信一郎に対する, 停って, 傾斜し, 僕は, 先が, 光って, 入口の, 全身の, 内へ, 写真が, 冬が, 冷, 冷え冷えと, 冷気を, 凝結し, 出來, 函館が, 判然した, 別荘の, 前の, 加わって, 勝平に, 勢づいた, 勢ひづい, 北へ, 十尋位の, 半身を, 卓を, 厳な, 又, 又足, 反対の, 句を, 右が, 向うから, 向こうから, 吹いて, 周囲の, 味方の, 呼んで, 命に, 哀れな, 噴き出して, 団扇の, 図迂, 土が, 地面に, 堅くなっ, 堺を, 声に, 変えて, 変ったこと, 変った暗, 変化する, 変調を, 夏らしくなっ, 夕暮の, 外が, 多くなり, 大きな聲, 大勢の, 大将に, 大熱, 大騒ぎに, 天地の, 失望した, 好奇心を, 姉の, 威勢の, 婚礼の, 嬉しげ, 実際問題, 室内の, 家中が, 容体の, 富豪に, 寒くな, 寒気を, 尊大に, 小笠原は, 少女らしく, 居ずまひ, 屠るな, 嶮しい, 左の, 巻き舌, 帯を, 帰るの, 幅が, 平らな, 年が, 幾分ひきつった, 広くなっ, 底知れぬ, 座が, 廣が, 引いたよう, 引越しを, 弱まって, 彈み, 形を, 彼も, 後ろから, 御飯を, 心細そう, 心臓麻痺を, 忙しさうに, 応ずるため, 怒って, 怒りの, 怖くなつた, 思いだしたよう, 思いも, 思い付いたの, 思い出したこと, 思い立ったといった, 思い立ったもの, 思い返したよう, 思付いた, 思出したらしく, 恋しくなった, 恐ろしくなり, 恥ずかしそう, 悄気た, 悪くなり, 悪人に, 悪魔が, 悲しくなつた, 情なくなる, 意識し, 愛想よく, 慌て出して, 慾が, 憎くなる, 我れ, 手帛を, 打消して, 投げだすと, 抱いて, 持主を, 挨拶の, 振り返った, 振返って, 揺き出した, 放たれて, 日光へ, 早口で, 昂奮し, 明るい広々, 明るくした, 明るみに, 昔の, 昨夜の, 時計の, 景気づい, 晴々しく輝いた, 智慧が, 暑くなりました, 曇った, 曲って, 朝の, 本来の, 村の, 東の, 東京に, 栄蔵が, 森を, 様子を, 模様変え, 横手を, 次郎の, 止って, 止んだ, 武者修行を, 死に度, 死んだの, 殖えたの, 母の, 母親に, 気おくれ, 気がついたやう, 気もちが, 気味が悪くなっ, 気忙しさ, 水面に, 江戸が, 決心した, 河の, 泣きやんで, 泣き出したの, 泥の, 活き活きと, 活氣付きました, 浪が, 消えた, 涎掛けを, 涙の, 淋しくて, 淋しくなっ, 深まって, 湧きか, 溌剌と, 激しい落胆, 烈しい調子, 無数の, 煙草ほしく, 熱い血, 熱でも, 爽, 物凄い見幕, 狹く, 狼狽て, 甘えるよう, 生き返ったよう, 用あり, 田舎の, 男の, 異樣, 疲れを, 病を, 痛み出した, 痴川は, 癪に, 白髪の, 目さきが, 目付を, 眞暗に, 真昼の, 真蒼, 真青に, 真黒に, 眼でも, 眼鏡を, 睡くなって, 矩之丞は, 破裂する, 秋冷を, 空の, 空気の, 突拍子も, 立ちあがつた, 立ちあがると, 立ち上がると, 立上り, 笑いが, 笑いを, 笑い出す, 第二, 箸を, 紅い焔, 結婚を, 線路は, 美しくなった, 羽織を, 老人じみた, 考え出した, 考へが, 耳へ, 聞えなくなった, 肌を, 肝の, 背中を, 胸さわぎ, 胸苦しくなつた, 胸迫っ, 腕を, 腰の, 膨張し, 臆した, 自信が, 自分は, 自由に, 舞台に, 舳を, 苦々しい御, 苦しくなっ, 荒井町の, 落ちた様, 蒼ざめた, 薄暗がりから, 虫が, 血を, 街の, 衣食住を, 表の, 衰微する, 裸婦を, 襲うて, 西へ, 見えなくなったの, 見たくないの, 視線を, 親孝行に, 解放された, 言出し, 言葉の, 評判が, 話して, 語気を, 調子の, 豹一の, 貧乏に, 賑かにな, 赤い顔, 赫と, 起きあが, 起き上ろうと, 起つた, 起りし, 足元から, 躊躇した, 車の, 軽くなり, 近づいて, 退き鉦, 逃げ腰に, 途中で, 進行を, 運動を, 遠くなっ, 都合が, 里心が, 金の, 金盥を, 鋭い声, 鋭く屋根, 門前で, 闇の, 降りて, 険しくなる, 階段を, 雪でも, 雷門で, 靜かに, 靴の, 頼朝は, 顔に, 顔面を, 飛び上がった, 飛び立つたと, 食慾を, 馬賊の, 駈けつけて, 駈け出して, 騒々しくなった, 騒然と, 驚ろい, 高まった, 髪を, 黙った

1 [8790件 抜粋] あいて, あた, あっさりと, あの有様, あらあらしく僕, ある頁, あわてましたという, あッと, いけなくなった, いだきあって, いのちが, いら, うしろから, うつむくやう, うれしいこと, おかしくって, おし黙って, おてが, おびえて, お互に, お呼びつけに, お怒り, お湯が, お立ちなさる, お逢いしたくなった, かがやき始める, かたく顔, からから笑い出した, がくがく慄, きたもの, きめて, くそ真面目, ぐっと編笠, けたたましい泣き声, こうだ, ここに, こどもの, この大きな自然, この春あたり, この道誉, こわいよう, こんな山, ご機嫌, さざめき渡るの, さびしくなりましょう, さゑさゑさらさらと, しいーん, したり, しゃくりあげて, しんみりしました, すくなくなった, すっかり静まっ, せいせいし, そうぞうしい足音, そっけの, そのハンケチ, その儘御立, その子供, その梅軒, その紙幣, その言う, それと, そんなにを, そんな金, たじろいで, だまりこんだ, ちょっといい, つまらなくなっ, てれくさくて, とてもこわい, どいて, どき, どちらか, なおる病気, なぜか, なにか思いだした, なり谷, なんだか寝苦しく, にこにこし出した, にやりと笑顔, のび出し間もなく, はげしくふりだした, はじめドギマギする, はっとした思いいれ, ばた, ぱつと明るく, ひしひしと, ひつそりなつた, ひどく不安, ひょんなこと, ふえたまでの, ふとって, ふるえ上がって, へなへなに, ほほえみを, ぽろぽろ涙, またその, また久慈, また哀願, また快活, また爐邊, また道, まぶしいよう, みんなから, むずかしい問題, むらむらと腹, もう一度試し, もみ消したとでも, やって来て, ゆがんだやう, よくなる, わかって, わたしたちの, アリョーシャが, オイオイ泣き出す, ガタつき出し, キッパリと, グッグッという, コン吉の, シッカリ今, スポーツを, タオルを, テンポをと, ナイト, ハタと, バタリと, ヒクヒクと, フラ, ホテルから, マンを, リーダーの, 一ヶ所に, 一声うなる, 一杯に, 一種白っぽい, 七つ八つ年を, 三四郎の, 上りと, 下った, 下町の, 不慣れな, 世から, 両手の, 丸くなっ, 久し振りに, 乱れ初める, 二三歩汀を, 二本差が, 五倍にも, 亡くなった広告, 人だち, 人手を, 今にも彼女, 仏様の, 仮面を, 会合が, 低いか, 体温に, 何だか異, 何とも言えぬ, 何物かに, 來られなく, 信吉は, 倒れるの, 停電で, 傾斜の, 元気おう, 光った物, 入塾が, 八釜しくなっ, 其の暮松蔭大藏, 内通なされた, 冬らしくなっ, 冷たく落着き払つて小切手, 凍てついた白, 出世し, 出来上ったよう, 切なく感ぜられ, 別所の, 前方へ, 加はつた, 勇壯に, 動きだすようす, 勘が, 勢こん, 医を, 千鶴子を, 単衣, 厭わしゅうなったのではあるまいか, 又何とか, 友達を, 取って返して, 取舵を, 口籠っ, 召し出しを, 右は, 同勢が, 君の, 吹路へ, 周瑜から, 呼びとめた, 命じ行軍主簿, 咽きあげ, 唇をへの, 喉が, 営業不振に, 噴火した, 四辺を, 国府津の, 地方へ, 堂内が, 堯を, 増圧の, 変が, 変つて今まで, 変わるわけ, 夕立でも, 夜行で, 大きく揺れ出した, 大きな安心, 大を, 大変な, 大聲, 大騒ぎを, 太陽に, 奔っ, 女に対して, 妹との, 威張り出した, 嫉妬を, 子供つ, 学資が, 実に急, 家じゅうすっからかんに, 寂しい様, 富士山麓へ, 寒くも, 寝返を, 小さくなつた, 小女房, 小鐘, 尾鰭が, 展けて, 岡本弘に, 嶮く, 左折し, 希ひ出した, 帰りしなに, 常談を, 平穏にかへ, 広くなり, 座中へ, 廻したと, 引き締ります, 引張られる氣配, 引退いた, 張りきったの, 強くなります, 当地に, 彼女が, 律僧の, 御出府, 御目, 微かに, 心変わりが, 心配そうに, 忘れ物を, 念頭に, 怖く光っ, 思いついたらしい, 思い出したらしく, 思い止って, 思えて, 思ひ切つて歸, 性急な, 恐しい企らみ, 恐ろしい音, 恥しくな, 悄気切っ, 悪度胸, 悲しくて, 情なそう, 意欲の, 感じ出して, 慌てだした, 憎らしくな, 懐旧的の, 我もと注文し, 戸口より, 手先の, 才能を, 折れたよう, 押されて, 拍子を, 持ちなおしたから, 挨拶を, 捕つて警察, 掻きむしられるよう, 撤回したくなった, 改った, 攻め鉦を, 敗れた原因, 整頓されだした, 斬れなくなって, 新潟へ, 旅立つこと, 日本晴れと, 早調子, 明るい大通り, 明るくも, 明海へ, 昨日の, 晴々しかった, 暑苦しくなりました, 暗くなりました, 暴れだしたり, 曲がった所, 書換えなどが, 期待できません, 本當, 来た人, 果たし眼, 栞は, 森の, 楽屋が, 横浜の, 欠勤する, 止った場合, 止めたら乗客, 此友達を, 歯痛でも, 死んだと, 殊勝な, 殺風景に, 民主化が, 気の毒そうな, 気味の, 気管支まで, 水仕事が, 池谷医師の, 沈んだ顔色, 治らへんやらう, 泣きそう, 泣き出す, 注意深くな, 活気づいたよう, 浄化された, 浮き足が, 消え失せて, 涼しくうす暗くかげった, 淡路へ, 深淵の, 温い湯, 湿気を, 演説を, 激しい暑さ, 激暑が, 火熱る, 烈しくなっ, 無遠慮な, 煙りの, 熱くなつた, 燥ぎ出した, 父親さんや, 物を, 犬千代の, 独り言し, 猛毒を, 王宮に, 甘たれ, 生命をも, 産気づいたので, 由良は, 町から, 疑わしそう, 病氣にな, 痛の, 発生き出した, 白くお, 百両おいそら, 盤から, 目覚ましい速度, 眞劍に, 真直な, 眩が, 眼頭が, 石地蔵の, 硬ばります, 神近さんの, 秋蘭の, 穏やかな, 突きのめされるよう, 立ちあらわれた, 立ち上つて階子段を, 立ち留り, 立とうと, 立寄って, 笑いだし, 笑った, 答へ, 精が, 素振りが, 終わって, 緊迫し, 縄飛びでも, 美しい人, 義憤を, 老けたね, 考え直した, 聞えなくなったの, 肉体的な, 育成された, 胴を, 脚腰が, 腹だたしく, 膨れる, 自分だけ, 自責の, 舞台装置とか, 色めき立って, 若々しく輝きだした, 苦しそう, 荒々しい気持, 菩提心を, 落ちぶれて, 著述を, 蒼ざめました, 藤吉水を, 蛙の, 血鳴りが, 行われませんから, 衣服を, 衰へて, 製作が, 西涼軍が, 見たい, 見張って, 覚醒した, 角度を, 言わせるつもり, 設計さした, 語気も, 諸君の, 變つて體躯が, 貞盛たちも, 資産が, 赧い, 起きたから, 起ち上ったの, 起ろうとは, 足近くは, 踏まれた安価, 身内が, 車輪の, 軽い眩暈, 輝きました, 迎えること, 返答する, 追うな, 逃げだしたいほど, 逆戻りし, 速力も, 逸作の, 過剰人口と, 違った仲間, 選手の, 部星の, 醒め冷えて, 重たく沈ん, 金五郎は, 鉄之進は, 鋭くされた, 長く一直線, 閉鎖された, 間諜の, 降りること, 陥るの, 険を, 險惡に, 雨は, 電気の, 青山に, 静まりため, 鞍の, 頭から, 顔そして, 風景の, 飛び上りました, 飛附き, 馬から, 馳出す, 駒井さんの, 騒ぎ出したの, 驚いたやう, 高く笑い出した, 高縁, 鯉の, 鷺娘を, 黒白も, 黙りだしたん

▼ 急~ (903, 4.6%)

35 坂を 17 階段を 10 傾斜を 9 梯子を, 用事が 8 ことで, ところを, 坂に, 崖を, 石段を 7 ために, 勾配を, 斜面を, 用で 6 坂の, 坂道を

5 [11件] ことが, 坂が, 坂で, 山の, 崖に, 斜面に, 梯子段を, 用を, 用事でも, 降りを, 階子段を

4 [12件] ことを, 坂路に, 坂路を, 変化が, 所を, 手紙を, 用が, 用事で, 登りに, 角度で, 道を, 雪渓を

3 [17件] ことに, ところが, のである, 事で, 傾斜が, 傾斜で, 傾斜の, 勾配で, 小径を, 屋根です, 岩の, 御用な, 沈黙が, 流れを, 用事を, 登りが, 階段が

2 [67件] お沙汰, お話かも, お話が, お話って, ことじゃ, ことだ, ことは, ところに, のが, ので岩, のと, のとで, のねえ, はしごが, ものだ, んだ, カーヴを, 下り坂に, 下り道, 丘の, 仕事が, 仕事を, 使いが, 傾斜面に, 坂だ, 坂は, 坂路が, 変化は, 大事な, 尾根を, 屋根の, 山に, 山を, 山腹に, 山腹を, 山路を, 山道を, 径を, 御用でしたら, 御用です, 御用でも, 御病気, 思いつきで, 斜面が, 時勢でも, 時間の, 杉木立の, 板梯子を, 河の, 河床を, 流れで, 狭い坂, 用でも, 用件が, 登り坂に, 石段が, 石段と, 茅屋が, 西向の, 角度を, 話が, 話だ, 話で, 谷を, 階段の, 雪の, 雪渓に

1 [455件] おはなし, お使い, お入用, お召しです, お呼びは, お思い立ち, お眼通り, お話の, お迎えの, ことだったらしく, ことであった, ことでありました, ことでした, こととは, ことはと, こと云われた, こン, ご用です, しかも尋常, その坂道, その辺, ため逆立っ, だけに却つて, でき心だ, ときは, ところで, ところと, ところには, ところは, との御蔭, のだ, のでお, のでご, のでわが, ので二挺, ので別に, ので埒, ので孫堅, ので巌流島, ので左文次, ので彼, ので彼女, ので慣れぬ, ので手掛り, ので支度, ので日当り, ので未, ので正誤表, ので茂太郎, ので薩兵, ので西側, ので間, ので骨, のとを, のは, のも, のを, ひどい疲れ, ものかと, もので, ものまで, ものを, もの程, やつ, んです, カーヴで, キック, クーロアールに, クーロアールには, テムポで, トタン葺の, ブリッヂを, ベルリン行を, 一と, 三折ほどの, 上に, 上りと, 上り坂から, 上り坂に, 上坂の, 下りに, 不幸が, 不意打, 事が, 事なら, 事に, 事は, 事も, 事ゆえ只今と, 事を, 事件です, 二十八段を, 二里あまり, 仕事の, 使いに, 使が, 使者は, 例さえも, 停車に, 傾きで, 傾斜だった, 傾斜だつた, 傾斜は, 傾斜も, 傾斜面の, 傾斜面を, 元気を, 全体の, 内談が, 出布令だ, 出来事な, 出発に, 切ど, 切阿, 刈安峠を, 動作で, 動作を, 勢を以て, 勾配の, 勾配は, 北向きの, 単純な, 危険など, 口調で, 台の, 呼吸が, 呼吸に, 咳の, 問いを, 問題では, 団子坂の, 団子坂を, 土地である, 土手下を, 土手越しに, 地で, 坂か, 坂だった, 坂だったら, 坂である, 坂です, 坂とて, 坂によって, 坂の下あるいは, 坂の下まで, 坂また上二番町辺樹木谷へ, 坂みちをの, 坂や, 坂をば, 坂下に, 坂命の, 坂町の, 坂路だ, 坂路は, 坂道が, 坂道で, 坂道では, 坂道に, 報せ, 場合に, 場合にも, 場合の, 場合科に, 境遇の, 変り目だけに, 変事が, 変化なんかに, 夜業が, 大きな屋根, 大雨で, 実現と, 宿の, 寒さ, 小径の, 小路を, 小道を, 小雪渓, 尾根が, 尾根で, 屋根から, 屋根を, 屋根奇妙な, 山々で, 山へ, 山も, 山径を, 山林に, 山畑で, 山稜が, 山肌は, 山脈を, 山腹であった, 山裾の, 山頂の, 岨路を, 岩角が, 崖から, 崖だ, 崖で, 崖について, 崖には, 崖へ, 崖道を, 嶮しい, 川で, 川の, 左右の, 市の, 帰京が, 帰京を, 幅の, 幾百階かの, 広い尾根, 御出立, 御商用, 御帰国, 御書面, 御様子, 御用が, 御用で, 御用と, 御用という, 御用事, 御秘命, 御風熱, 心痛が, 思いつきです, 情勢の, 意外な, 成効を, 成果を, 所で, 所に, 手紙の, 打撃が, 抱擁かえって, 振動は, 振動を, 攀上りが, 文久三年度に, 斜坑を, 斜面だった, 斜面で, 斜面である, 斜面と, 斜面の, 断崖では, 断崖に, 新政府, 方から, 旅とて, 旅立ちについて, 旅行の, 旋舞は, 旗上げと, 早雲寺坂を, 時には, 時は, 時代に, 時勢の, 暗やみを, 曲がり角が, 曲がり角を, 曲り角なんぞ, 曲り角に, 曲り角へ, 曲線を, 書き物が, 木の間を, 木造の, 梯子が, 梯子で, 梯子段と, 梯子段とを, 梯子段の, 梯子段は, 棚状の, 棟が, 森に, 様, 模様が, 櫓の, 欠員が, 死に, 死に対して, 段々を, 段々畑には, 段梯子, 段階を, 母恋し, 比較的川幅, 水勢を, 永訣の, 沢, 河床が, 洗濯の, 流の, 流れが, 淋しさ, 深入りも, 渓流が, 温度の, 湯小屋の, 潮の, 瀬と, 火が, 火花を, 烈しい声, 爪先き, 爪先のぼりと, 狭い暗い梯子段, 狭い道, 狹い, 用だ, 用っていう, 用です, 用と, 用なら, 用や, 用事だ, 用事でございます, 用事は, 用件って, 用件を, 用務が, 用向きも, 用達にでも, 男坂の, 町には, 疾風雲の, 病いで亡くなられた, 病で, 病人が, 病気から, 病気で, 病気と, 登りと, 登りな, 登りには, 登りを, 登り下りと, 登高を, 白い大理石, 白さ, 直角を, 相互関係, 相談で, 眼ば, 眼病で, 石の, 石崖が, 石滝を, 空を, 空渓の, 突起は, 策を, 粗末な, 精神上の, 細いはしご, 細道に, 細道の, 絶壁という, 絶壁へ, 羽搏の, 老衰でした, 胸騒ぎに, 能弁家に, 腹立ちが, 自殺騒ぎです, 臺の, 興隆と, 茅屋根の, 草付は, 草原を, 草深い斜面, 藪が, 藪を, 螺旋階段が, 螺旋階段を, 血の, 街の, 裏梯子から, 裏梯子を, 裸の, 要事と, 設備が, 話でも, 話や, 語気で, 調子が, 調子で, 調子に, 谷から, 谷で, 谷へ, 谷川の, 谿谷へ, 買物であろう, 質問に, 赤煉瓦の, 足音が, 路だ, 路について, 路の, 転回を, 転落とも, 輪郭を, 追放ろぐろく口も, 追跡を, 退潮とを, 速度で, 連想で, 避暑館, 部分を, 金策の, 鋭い氷, 鐘の, 長い坂, 長い石段, 門坂を, 間に, 闇は, 阪を, 阪路を, 降りでも, 降りに, 降り坂だつた, 険しい雪, 階子を, 階子段が, 階子段です, 階段であり, 階段に, 階段式机が, 雑用を, 雨に, 雨の, 雪も, 雪庇を, 雪渓が, 雪渓には, 雪渓の, 雪田を, 面会の, 音, 音である, 音声とが, 風, 風琴の, 風雲の, 馬車道が, 高い茅葺屋根, 高嶺に, 黒土道で, 龍王山の

▼ 急~ (352, 1.8%)

27 聞いて 17 告げて 12 告げた 9 要すること 7 きいて, 告げに 6 知って 4 救わんと, 知らせて 3 救うため, 聴いて, 要します, 説いて

2 [30件] 免れた避難, 凌ぎ玉, 告げたので, 告げつつ, 告げました, 告げようと, 告げる, 告げること, 告げる早馬, 坐視する, 報じたの, 報じて, 救いあわせて, 救うこと, 救おうと, 救った, 救って, 救ふ, 知ったと, 知らせに, 知らせました, 聽い, 要する, 要するの, 要するもの, 要するを, 要する問題, 見て, 見ると, 訴えて

1 [187件] うながして, おぼえること, お告げし, お告げに, お知らせ致しました, これへ, さか, しのがねば, しらせたと, しらせるの, そこに, つげた, つげました, つげる, つげると, つぶさに告げ, またれるもの, ニッポン国家は, 七兵衛おじさんに, 久助さんに, 他へ, 伊東海岸に, 伝えすぐ, 伝えた, 伝えて, 促して, 免れんと, 凌ごうという, 前線に, 告ぐ, 告ぐるかの, 告ぐるさけびこれ, 告ぐるに, 告げ, 告げしめたもの, 告げその, 告げたという, 告げたの, 告げた報告, 告げた家臣, 告げだして, 告げまた, 告げるかたち, 告げるため, 告げるつもり, 告げるやらの, 告げるよう, 告げるより, 告げる一方, 告げる報, 告げる時期, 告げろ, 告げ同時に, 告げ左膳, 告げ警官, 呼びつつ, 呼ぶよう, 呼ぶ人々, 城下の, 報じるため, 報じ自分, 報ずると, 報ずる乱調, 報ずる叫び声, 報ずる合図, 報ぜしその, 報らせ, 外部へ, 大々的に, 大声疾呼した, 大町に, 大阪城代が, 奉行に, 家康へ, 密報し, 察した下宿, 察し一大献策, 察知し, 小牧山の, 彼女が, 得て, 忽ちの, 思っては, 意識し, 感じない訣, 愬へる, 拯はにや, 拯はんと, 支うる為め, 救い得たので, 救い我が家, 救い給われ, 救うた者, 救うとかという, 救うべき相互扶助的, 救う上, 救う為, 救う道, 救おう, 救け予, 救ったかも, 救ったと, 救ったの, 救ったので, 救つた, 救つてもらひたい, 救は, 救わなければ, 救われる喜び, 救わん, 救わんとも, 救ッた, 救得しか, 文書に, 新太郎に, 早馬し, 早馬に, 曹操に, 朝廷へ, 本国政府に, 東から, 松平家に, 棄つれ, 求め始めたの, 浜松に, 激越な, 由也に, 甲府に, 申したところ, 知った坑内係長, 知った尾山城, 知った越後新田, 知らせたため, 知らせたので, 知らせた時, 知らせようかと, 知らせる, 知らせるため, 知らせるもの, 知らせる使い, 知らせ十分, 知ると, 私たちに, 緩くし, 聞いたボーイ, 聞いた人々, 聞いた提灯屋, 聞いた菰田家縁故, 聞きとって, 聞くと, 艦隊に, 表御堂, 要さないもの, 要したが, 要して, 要しない事件, 要しまする, 要すと, 要するところ, 要するほど, 要する境遇, 要する情報, 要する所以, 要する時, 要する用事, 要する非常, 見ても, 見ながら, 見継ぎ勝利, 見韃靼騎兵, 訴えた, 訴えたの, 訴えても, 訴えに, 訴えられた造船所, 訴えると, 訴へに, 説いた, 諮りながら, 謀り兎, 警察に, 遠国に, 避けた, 避けること, 防ぐの, 陸に, 鬼頭博士に

▼ 急には~ (201, 1.0%)

6 出て 4 返事が 3 口も, 言葉が, 言葉も, 返事も

2 [14件] うまい言葉, うまく燃えつかない, お帰り, どうする, わからない, 二の句の, 冷えないそれ, 出ず, 動けません, 御癒, 思い出せなかった, 曲者の, 立ちさうに, 返事を

1 [151件] いかがでございます, いひ出さね, うまくいかない, うまく行くまい, おしまいに, お出ましに, かわかしきれずに, きけが, きめかねるでしょうよ, きめられない問題, ここへ, この下手人, そのあり, その言葉, それに, だめだ, ちょっとは, つかまらないでしょう, つかむ力, つといや, できそう, できないし, どうにも, どうもといふ, どこと, なおらない二三年, なかろう, なっとくできなかったの, ひかぬに, まとまらない, まとまらないかも, ものの見, やまなかった, ゆかない, よくなり, わかりませんでした, わかり兼ねますが, ハッキリ見定め, ピンと, ヘイの, 上洛できない, 不快には, 乾かない, 仕入れが, 何も, 信用いたし, 停まり, 内から, 再び福, 出来ない, 出来ません, 分らないこと, 分らんさ, 分りそう, 動かずしかも, 動かず然, 動かない積り, 参らぬ, 参るまいの, 取次がうと, 口を, 回復が, 城も, 埒が, 始末しかね, 宇治へ, 定められないが, 実行できない, 寝つかれさうに, 届きかねるもの, 岐阜の, 帰って, 平一郎に, 役に立たないが, 役に立たないところ, 得られなかった, 得難いので, 御見え, 御返事が, 微笑も, 心あたりも, 思い出されません, 思い出せない, 思い出せないの, 思ひ浮ばないの, 思ひ浮ばなかつた, 戻るまいと, 抜けますまい, 捨てる場所, 方向を, 明りが, 来て, 此奴帰らん, 気づかなかった, 治まりそう, 活動できまい, 流すな, 生えは, 疑う気, 癒りません, 眠れない, 立たぬ振を, 立ちは, 立てなかったの, 答えること, 答える言葉, 答へ, 結婚する, 胸に, 自由に, 薫の, 行きませんけれど, 行くまい, 行くまいが, 行けそう, 見つからないし, 見つかりません, 見つかりませんよ, 見つかるまい, 見られませんよ, 覚えられないので, 解けそう, 解けなかった為, 解けまいと, 解せぬ面持ち, 解決の, 言うこと, 言うまいと, 訪れようとは, 話そうと, 説伏でき, 調いそう, 諦められないだらうが, 賛成し, 起きあがれない, 起らないので, 起揚られぬ, 近づかずただ, 返答が, 追っぱらえそう, 逃れ出ること, 運びません, 降りて, 除けまい, 陥ちますまい, 集まらねえ, 雇えません, 雨を, 雨風を, 頭の, 飛び込めない

▼ 急~ (133, 0.7%)

9 ことで 4 事で 3 原則は

2 [13件] お召し, ことには, 使で, 原則である, 場合に, 夕立に, 御用と, 用か, 用で, 能である, 角度を, 部分である, 間に

1 [91件] おはなし, ことだった, ご用です, ご祈願, その顔, ためであっ, ために, ものも, ように, 上りな, 世にも完全, 事あら, 事が, 京上りだ, 位で, 使いでしょう, 使いでも, 使が, 使だ, 使に, 使ひ, 使ひだ, 使ひであわて, 使ひです, 使ひで人死が, 使ひで平次は, 使ひで相模屋の, 使ひで行つて見る, 使を, 借財を, 傾斜を, 光に, 其の自然, 剣閃に, 動作で, 原則が, 原則に, 坂が, 坂を, 場合で, 場合には, 増加から, 増加が, 大変を, 字な, 客の, 御命, 御報告, 御用, 御用が, 御用で, 御用です, 御用でなけれ, 御病気, 思いを, 思着で, 旅立ちという, 旅立と偽って, 暴風雨に, 欠陥以外には, 水は, 注文が, 為に, 用, 用が, 用でも, 用と, 用事ある, 用事が, 用事じゃ, 用件が, 用件で, 用談が, 病気で, 知らせで, 策も, 能に, 脚に, 臨終だつたさうで, 舞いの, 親切である, 輩で, 迎いが, 迎へ, 部分は, 部分即ち, 間にあわないらしかった, 間には, 間に合わないから, 間に合わなければ, 間を

▼ 急~ (115, 0.6%)

5 しかった 3 しく瞬き, しく袂

2 [12件] しくて, しくな, しくなって, しくなる, しく卓, しく墨, しく手帳, しく線路, しく編輯局, しく響き合つて, しく順一, るる

1 [80件] あった, あり更に, ある, ざなるめえ, しい日, しい機, しい用, しかったので, しかったもん, しきに, しき人の, しく, しくあれこれ, しくその, しくそれ庭, しくなかった私, しくなかった頃, しくなった, しくなると, しくなれ, しくめまぐるしく, しくもう, しく三藏, しく何となく, しく余, しく例, しく動いて, しく卓上電話, しく叫ぶと, しく各々, しく周囲, しく周圍, しく外套, しく室内, しく往來, しく往来, しく思案, しく打ちたたく者, しく掻, しく歩いて, しく歩き, しく水兵, しく汲んでは, しく涙, しく漁, しく煽ぐ団扇, しく眼, しく立ち働いて, しく考え, しく草鞋, しく萌黄, しく萠黄, しく西洋文明, しく追, しく長持, しく開いたり, しく開けたて, しく靴, しく飛ぶよう, しく首, しく駈け出さなければ, しければ, しったらなん, しむ, しゅうて, なん, なんだ, にわかに迫れる, ば, ばや, む, むと思ひきはめ, よいとは, るるが, るるに, るるほど, るる深山, わしく, わしげな, 報ぜられると

▼ 急~ (115, 0.6%)

7 あつた, はない 6 はある 4 あつて 2 とても下りられない

1 [89件] あしもとの, あつた爲, あとの, あぶないという, あんまり烈し, おまけに, およそ現実, ござります, すっかり息, その精神, ちらりと搦むのが, つい自分, どんどんの, は, はあった, はありません, はありませんでした, はいけますまい, はなかっ, もない, ややともすると腹這い, スキー, ヌルヌルし, ラッセルが, 一人一人で, 不向, 人物の, 人間を, 他の, 余りに煽動, 便所に, 個々の, 其許などこそ, 創業早々, 又長い, 台詞の, 右は, 地方の, 堤の, 夕御飯の, 寝台の, 少しぬかる, 岩も, 岩石の, 帰つて来, 帰宅って, 弟には, 強く厳しく彼女, 強雨, 御頼申升, 必ずしも美しい, 手足を, 折々は, 挨拶の, 方針が, 日常の, 日曜休業を, 明日にも, 時折瀑布に, 歩いて, 殊に笹, 浅い, 涙も, 滝は, 為に, 焦燥の, 熊笹は, 理解を, 用事ばっかり, 畳壁の, 着物を, 社へ, 結束の, 絶壁が, 継続的で, 署長の, 肝腎の, 胸の, 諸式万端華美と, 贈賄者の, 足下も, 通路の, 道も, 都合が, 雨が, 雪は, 頂上から, 飛鴻も, 駄目だった

▼ 急なる~ (104, 0.5%)

3 がために, ときは, はなし 2 が為, こと肥の, ために, 折柄殊に, 時これを, 時は, 自ら過失の, 道を

1 [79件] がため, が如く, が爲, ことあたかも, ことつたかず, ことの, ことわが, その内乱危急, とき突如, とき誰が, ところかならず, とをくらべし, にこれ, にその, になんぞ劣らん, にまたまた, に劣らず, に及ン, に愕, に驚いた, のに今さら, の時, の極, はなし頃日押川氏一書を, は幕末, は甚だ, は菖蒲踊, は蜻蛉, ばかりです, ふしも, ままとも, もいよいよ, ものは, ものを, もの廣きもの狹きもの深き, もの緩, よしを, より天幕外遠隔, より糞, を, を以て咄嗟, を愁, を知り, を知る, を知るべし, を聞き, を要す, を要する, を見, を見る, を見るなり, ヨーロッパに, 余りに鍛錬羅, 余り蹈査の, 傾斜は, 到底この, 坂を, 場合には, 山脊に, 山道に, 岩の, 帰国の, 平和時代で, 引越し沙汰, 態の, 批評の, 時と, 時之を, 時武士たる, 時襖しとやかに, 概ね一たび飜, 様なれ, 点から, 由を, 登りなり, 財界の, 赤き屋根, 階段の, 風雲は

▼ 急しく~ (36, 0.2%)

2 て四日許, なつて, 吉野と, 札を, 眼を

1 [26件] て旅, て暇, ネクタイを, 一つ手酌し, 伴奏した, 全く己, 其の男, 其急な, 出迎へる, 周囲を, 周圍を, 居住を, 心を, 是も, 涙を, 渋団扇も, 煙草を, 督促すれ, 瞬きを, 細語き合う, 給仕を, 縄を, 袷を, 見巡した, 運びお, 雪解の

▼ 急~ (32, 0.2%)

2 しく, しく立働いて, それなる, 決して斯

1 [24件] おろか將來萎微褪色の, しく呼鈴, しく後部甲板, しく荷物, しく駅長自ら戦々兢々, しない呼吸, すぐさま呉王孫権, すぐ八方, ただちに織田家, ゆるめも, 一面から, 則ち, 岐阜へ, 度々吉川元春, 度を, 彼等よりもかへ, 急だ, 悔いて, 武備を, 洛民への, 洛陽の, 目前味方の, 秀吉に, 非業を

▼ 急である~ (30, 0.2%)

2 為に

1 [28件] か, からし, から二時間, から初めて, から多く小浜道, から最奥, から森, から游泳, から義元, がこの, がこれ, がその, が手懸, が真理, し横尾根, ために, といっ, との感, と云う, と思う, と猶, のも, はずの, 一行は, 上に, 人々を, 柄を, 点である

▼ 急~ (29, 0.1%)

2 ぞ, ぞ草

1 [25件] から, から一歩一歩眼界, から内葬, から骨, がこれ, がゆっくり, が僕, が壁, が巨, けれどもぐずぐず, し大変, し汗, し瀬, し道のり, つたのである, と, というの, と云っ, と思う, と思ひます, と書い, と見え, と言っ, なあ, ね

▼ 急~ (27, 0.1%)

2 いえば, するか, 書いて

1 [21件] いえる, いふ, いまや味方, すべきは, なった, なったから, なったので, なり且雪渓, なり崖崩れ, なり日支同文, なり更に, なり目的, なり石楠, なり赭色, なり足, やつて, 嶮し, 書いた不思議, 気の, 相成らば, 見て

▼ 急きこん~ (25, 0.1%)

52 で云, で言った

1 [16件] であんなに深々, でいた, でこの, でつまずく, でなじった, でゐ, で云いました, で何処, で叫ばれる, で呼ぶ, で問うた, で尋ねた, で更に, で来た, で言, で闇黒

▼ 急だった~ (25, 0.1%)

2 のである

1 [23件] から一同, から彼, が別に, が当然, が彼ら, が我々, が朝倉勢, しね, しゆっくり, し折, し萩寺, そうで, ので, のでイギリス, ので土産, ので孝之進, ので笹村, のにこの, のも, もんです, んです, んでね, 光秀は

▼ 急なり~ (19, 0.1%)

3 と見 2 彼れ, 草も

1 [12件] しに, と, という, との説, と言うべし, 今やかく, 仔細の, 休み後方を, 天象は, 孔明は, 然計, 順風は

▼ 急込ん~ (19, 0.1%)

7

1 [12件] でいる, で云いかける, で云う, で來, で戻っ, で来た, で水木, で聞き, で聞く, で言っ, で訊ねた, で訳

▼ 急~ (12, 0.1%)

1 [12件] ぐつすり眠つてし, 乘氣に, 十幾人が, 商賣, 好奇心を, 書生時代の, 橘の, 玄關に, 田原と, 聲を, 酒戰と, 醉つてし

▼ 急なれ~ (12, 0.1%)

1 [12件] どもなお, ども今これ, ど何, ばこそ心づく, ばなり, ば人, ば其儘, ば医者, ば熊, ば皆, ば車, ば速に

▼ 急~ (11, 0.1%)

3 そうに 1 さ, さうに通つて行く, さで, そうな, といへども, 気なる, 気に, 立たり

▼ 急しい~ (11, 0.1%)

2 ことである 1 からと平林, からな, こと見る見る, ところを, のが, のだ, のと, のに七時, ものだ

▼ 急であっ~ (11, 0.1%)

3 てその 1 てまた, てもせめて, て両, て彼, て推理, て政道, て欲しい, て環境

▼ 急にに~ (11, 0.1%)

51 ぎおうて来, ぎやかになつたうれしい, ぎやかになつた店先を, こつき出して, こと開い, やっと笑顔

▼ 急であった~ (10, 0.1%)

3 ために 1 からであります, かわかる, けれど家, のである, 余り古い, 団子坂を, 為機み

▼ 急なら~ (9, 0.0%)

5 んと 1 ざるは, ば車駕蜀, 今夜も, 急な

▼ 急にが~ (9, 0.0%)

5 くりと 1 つかりした, つかりして, つかりしてるンぢ, つくりと

▼ 急にも~ (8, 0.0%)

1 まとめられなかった, や, ようが, 一つの, 似ずどの, 其省愼を, 流れず淀み, 行くまいから

▼ 急でした~ (7, 0.0%)

2 からのぞい, から杜子春 1 の, ものでした, わね

▼ 急って~ (6, 0.0%)

1 いた所, いる, いる有様, 云う, 云うの, 飛び込んで

▼ 急でも~ (6, 0.0%)

1 あり表面, あるから, あるし, ないだろう, ないん, 官旅の

▼ 急にから~ (6, 0.0%)

5 だが 1 つとして

▼ 急~ (6, 0.0%)

1 お雪, なよ, に磐石一座夜着, ほど弱る, ほど解らなくなっ, 事は

▼ 急がい~ (5, 0.0%)

3 でもよい 1 でもよかろ, でも行軍上至当

▼ 急きこむ~ (5, 0.0%)

2 ように 1 から一層, のであった, 餘地も

▼ 急きこんだ~ (5, 0.0%)

1 そうです, 口調で, 大宰相, 柳生対馬守, 調子の

▼ 急です~ (5, 0.0%)

1 からやっぱり, がしばらく, が九時半, な, のね

▼ 急でない~ (5, 0.0%)

1 かぎり自分の, が樹, ために, のであった, 時を

▼ 急ならざる~ (5, 0.0%)

1 はなし, はなしと, ものあらん, 時人材が, 處より

▼ 急にわ~ (5, 0.0%)

1 あっと大きい, つと云つて一度, ッと, ツと, ーっと

▼ 急~ (5, 0.0%)

2 ども何 1 ども足蹌踉, の旗, ば急

▼ 急しなく~ (4, 0.0%)

2 懐中から 1 かつ切な, 且つ切な

▼ 急とは~ (4, 0.0%)

1 まさにこの, 予測し, 思いも, 長年にも

▼ 急にかの~ (4, 0.0%)

2 女の, 女は

▼ 急~ (4, 0.0%)

1 ありますまいが, みて, 忘れて, 急自分が

▼ 急下し~ (4, 0.0%)

2 てきた 1 てまいる, て行った

▼ 急~ (4, 0.0%)

1 のたんか, の天幕, の炉, の薄っぺら

▼ 急達し~ (4, 0.0%)

1 ていた, てお, ておく, てきた

▼ 急降し~ (4, 0.0%)

1 ています, ているで, て爬虫, 霜柱が

▼ 急しくなる~ (3, 0.0%)

1 のは, わい, んじゃ

▼ 急った~ (3, 0.0%)

1 が咄嗟, が結局恋, せいか

▼ 急であり~ (3, 0.0%)

1 その上ジョンドレット, 滋養物も, 若しこの

▼ 急ならず~ (3, 0.0%)

2 長くも 1 その噛み穿てる

▼ 急なりし~ (3, 0.0%)

1 ため心ならずも, 人の, 結果当

▼ 急にと~ (3, 0.0%)

1 いっては, ほうも, 云って

▼ 急忙しく~ (3, 0.0%)

1 なりゆけば, も呪, 横ぎるあとからあの

▼ 急~ (3, 0.0%)

1 がとどいた, も彼, を発し

▼ 急~ (3, 0.0%)

1 があっ, が届いた, が着いた

▼ 急込んだ~ (3, 0.0%)

1 お時, 自分の, 調子で

▼ 急~ (2, 0.0%)

1 である, なる夕

▼ 急から~ (2, 0.0%)

1 しゅう云わん, 救われること

▼ 急がは~ (2, 0.0%)

1 しき教師医師法律家技師の, しく立ち出

▼ 急がわ~ (2, 0.0%)

1 しく書斎, しく馳せ行きて

▼ 急けども~ (2, 0.0%)

2 のどなら

▼ 急しか~ (2, 0.0%)

1 つた, つた捜査官は

▼ 急しくなっ~ (2, 0.0%)

1 て, て来まし

▼ 急しく解き~ (2, 0.0%)

1 にか, にかかる

▼ 急じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, ないと

▼ 急~ (2, 0.0%)

1 たり目科, て向島

▼ 急だつた~ (2, 0.0%)

1 が晴れる, し三尺幅

▼ 急っても~ (2, 0.0%)

1 おり既に, やはり時勢

▼ 急でありました~ (2, 0.0%)

1 ために, ので二人

▼ 急であれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, ば五尋

▼ 急でなく~ (2, 0.0%)

1 どこまで, 朝臣の

▼ 急という~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 字が

▼ 急にけ~ (2, 0.0%)

1 えって, づり取られ

▼ 急にの~ (2, 0.0%)

1 お国許, さばつて来た

▼ 急にもの~ (2, 0.0%)

1 事の, 思いに

▼ 急~ (2, 0.0%)

1 ず逼ら, せられてな

▼ 急り立つれ~ (2, 0.0%)

2 ば傍

▼ 急立てられ~ (2, 0.0%)

1 多助お, 詰め寄せられ

▼ 急立てる~ (2, 0.0%)

1 から狼狽, ばかりだ

▼ 急~ (2, 0.0%)

1 としてはそれ, をさずけた

▼ 急込む~ (2, 0.0%)

1 ほど旅僧, よ

▼ 急遽しい~ (2, 0.0%)

1 じゃない, 音を

▼ 急降する~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼1* [151件]

ありしにあらずや, 急えだ積だ, 急かでも参る参る, 急かに聲をも, 急がでもよき足, 急がにゃなるまいて, 急がにやなるまい, 急きこんだらしいかん高い声, 急きたる折ながら, 急きついている, 急くさる序破, 急げったって, 急げっ急げっ走るん, 急ことごとく会得でき, 急これも私, 急であるため, 急しくなりさうだ, 急しくひこひこと波打たせ, 急しく聞きなされる薄暮の, 急しく見れば有し, 急しさうだからすぐ, 急しふなべり, 急すぎたのか, 急すぎるが写生, 急すぎるであろうが私, 急すぼまりのところ, 急ぜわしくのたうちつづけて, 急そして貧に, 急そうに, 急たててやっと, 急だつちと倒旋毛, 急だろうぜ, 急っつかれると一層何かと, 急っ込んだりのろく, 急づくりの山駕, 急であらねばならない, 急でございまして皀莢瀑, 急でございましたが支配人, 急でござんすが, 急でなかったからちょっと, 急でなければならぬ, 急で云ってみれ, 急で御座いましたが支配人, 急で慌てて結婚, 急で振落して行った, 急で歩くに油断, 急で見るまに, 急で走けつけ, 急で逃げる者も, 急として取り上げる身, 急なうごきがみえだし, 急ながらもしかし係長, 急なくっても宜, 急なさわぎでしょう私の, 急なさんな, 急なせゐもあつ, 急などが恐らく寺田はじめ, 急などをすすめること, 急ならぬ故肉, 急なりきと, 急なりければ信, 急なりだったよ, 急なり在りける影は, 急なるうや, 急なる曲がりかどを争う, 急な変わり方が, 急な尖った所には, 急な思い立ちなので驚い, 急な曲った坂で, 急な破になった, 急な話しのよう, 急にあたりはしんと, 急にかけ下りること, 急にがたりとおちて, 急にけはしい段, 急にじゃありません段々, 急にぞけ出したとか, 急にたいして何かを, 急にっていったって, 急にっていうわけにも, 急にてまえに, 急にでも行ったん, 急にといふわけに, 急にとは思はれぬ程, 急にとりいそいだ気, 急にどもつてならなかつた, 急になま暖かい, 急にね人間に, 急にははあおれ, 急にははははと笑いだした, 急にやばん人の, 急により美しいもの, 急にをかしくな, 急赴く悲壮, 急あらへんか, 急やら四囲の, 急よく自分の, 急らしいどうぞ戦争, 急り立っている, 急しく四方, 急を以てすれば, 急舞を, 急告ゲルコト霏, 急ならね, 急一隅にせ, 急下させ一面本願寺勢との, 急下すかくて, 急でございますか, 急凍する海水が, 急切って馳, 急にし, 急卒一響神装を凝らし, 急報じたる非常信号は, 急報せられたというわけ, 急壮烈きわまりない訴人, 急とあります, 急申渡せ, 急度お仕置申付にて可, 急度平気になれます, 急度湯に入っ, 急強音で, 急後重があり, 急に赫, 急忙しい通りを, 急怒る序破, 急思ってもこれ, 急打男達之に和す, 急援兵ヲ仰, 急来る涙を, 急止して私, 急止した馬は, 急歩いでお, 急と叩き起された, 急これに, 急であるとともに, 急喚相呼不離湾, 急立ち本郷の, 急立ちますよ貴, 急立つもんだ, 急立てて家, 急の別, 急自分がお, 急行きたり, 急退していた, 急造りのカマド, 急でしたので, 急達これあり奇怪, 急達されていた, 急遽しかった, 急的に, 急颯爽即ち颯爽