青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幾らか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~幼い 幼い~ 幽~ 幽か~ ~幽霊 幽霊~ 幾~ ~幾つ 幾つ~ 幾ら~
幾らか~
~幾人 幾何~ ~幾分 幾分~ 幾多~ ~幾度 幾度~ 広~ ~広い 広い~

「幾らか~」 1028, 10ppm, 10502位

▼ 幾らか~ (194, 18.9%)

23 金を 9 銭を 7 銀を 4 祝儀を 3 お金を, 小遣いを 2 仕事を, 小遣い銭を, 手入れを, 目録を, 茶代を, 路用を, 金が, 食雑用を, 飲代を

1 [127件] お茶と, からかい気分まで, すぐれた科学者, 不備な, 不安が, 不安を, 京なまりを, 人心地の, 仇討が, 代を, 似よりが, 余剰を, 使い賃を, 供養料を, 保留を, 借りも, 偽証文, 備品を, 傾斜を, 儲けを, 元手でも, 元手を, 光を, 共通の, 兵を, 分け前を, 利を, 前借を, 剩餘が, 剰余金が, 割増しの, 力と, 勇気を, 勇氣が, 印象を, 収穫は, 口止めを, 口留め料を, 喝采の, 嚇しも, 学科試験を, 學費を, 安心を, 実感が, 宣伝費を, 寄進に, 小遣いなどを, 小銭を, 差が, 己惚れさえ, 市価が, 布施を, 幸福を, 影響を, 役割を, 心得が, 心附け, 意義が, 愚劣や, 愛と, 手切が, 手数料と, 手数料を, 揺すり代, 旅籠銭を, 日当に, 日用品を, 時を, 時代並に, 暗がりを, 民家を, 涙金を, 潤色を, 濁りの, 無心を, 物を, 物好きから, 田地を, 畏れと, 異人種, 疑いを, 療治代でも, 白粉代を, 目録づつみを持っ, 碧味を, 穀物を, 端錢を, 米か, 給料を, 自作地を, 落ちつきを, 蓄へも, 虚飾が, 融通も, 血と, 褒美が, 誇りを, 誤りも, 謝礼を, 負け惜しみを, 財産, 貯金が, 賃銭で, 賄賂を, 資産も, 足しに, 足し前を, 路銀を, 躊躇と, 辛味は, 運上を, 遠慮が, 酒手を, 酔いも, 金に, 金の, 金も, 金懐中に, 金銭を, 銅貨が, 間隔を, 関係を, 関聯が, 青味を, 面白味も, 鳥目を, 鼻楽を

▼ 幾らか~ (22, 2.1%)

2 広められないにも

1 [20件] あった, ございました, スポーティな, 使いましたけれど, 冗談が, 周囲の, 変調を, 弁解を, 御賛成, 悦んだ, 悪い奴, 愛して, 最初の, 永久に, 清が, 痛快がった, 知って, 自分の, 防いだと, 食い減らして

▼ 幾らか~ (16, 1.6%)

1 [16件] もお力, も似た, も価値, も信, も国家社会, も國家社會, も増加, も多く, も察知, も戻したく, も真実, も知る, も與つたもの, も興味, も金, も非常時

▼ 幾らか~ (14, 1.4%)

2 が晴れるだらう

1 [12件] が利い, が咎めた, が咎める, が変, が落ちつい, が軽く, になる, の晴れる, は安, も変, をかえ, 遣ひながら

▼ 幾らかずつ~ (12, 1.2%)

1 [12件] お留, その俳句界全体, それぞれの, 儲けて, 公卿の, 取って, 各, 喜捨し, 奪うもの, 良い方, 進歩し, 遅いし

▼ 幾らかでも~ (10, 1.0%)

2 持って 1 償って, 入れること, 彼等の, 歩いて, 省けるわけ, 納めさせようと, 逃れようと, 酔って

▼ 幾らか~ (8, 0.8%)

1 にも感想, の口, の心, の注意, への待遇, も退屈, を安心, を躊躇

▼ 幾らか~ (7, 0.7%)

1 加減は, 半に, 愛嬌の, 愛想の, 愛相の, 生れつきのせゐ, 綱に

▼ 幾らか安心~ (7, 0.7%)

2 して 1 させた, だらうな, つかまつりました, の出来る, はした

▼ 幾らかその~ (6, 0.6%)

1 守護者と, 弱いからだ, 意味が, 方から, 気が, 用法を

▼ 幾らか自分~ (6, 0.6%)

2 より下 1 にも心, の利益, の胸, の遣り過ぎ

▼ 幾らかそれ~ (5, 0.5%)

1 が分る, に似, もあるだらう, よりもより, を殖やした

▼ 幾らかよく~ (5, 0.5%)

1 して, なったよ, なって, なつた, なつたんだらう

▼ 幾らか得意~ (5, 0.5%)

1 さうな顔, な明るい, な氣, にさ, らしい調子

▼ 幾らか~ (5, 0.5%)

1 が安らぐ, が慰む, に蟠り, を慰めた, を鎮め

▼ 幾らか恵ん~ (5, 0.5%)

3 でくれ 1 で別れ, で追っ払った

▼ 幾らか残っ~ (5, 0.5%)

4 ている 1 ていた

▼ 幾らかずつの~ (4, 0.4%)

2 金を 1 手当を, 補助を

▼ 幾らか~ (4, 0.4%)

1 おっしゃったっけね, 早々に, 聞いたら此, 言つた

▼ 幾らか~ (4, 0.4%)

1 彼の, 捲き上げられたそう, 無雑作, 紙に

▼ 幾らか冷かし気味~ (4, 0.4%)

21 に理由, に言

▼ 幾らか温み~ (4, 0.4%)

4 がさして

▼ 幾らか~ (4, 0.4%)

2 に包ん 1 につ, に撚っ

▼ 幾らか~ (4, 0.4%)

1 がすいた, がはれた, は開けた, をなで

▼ 幾らか~ (4, 0.4%)

1 が余, を出す, を工夫, を持ツ

▼ 幾らかづつ~ (3, 0.3%)

1 は自分, 明るんで, 薄らいで

▼ 幾らか~ (3, 0.3%)

1 なつた, なるかも, 売り飛ばすの

▼ 幾らか不機嫌~ (3, 0.3%)

1 に背, らしかった, らしく訊いた

▼ 幾らか固く~ (3, 0.3%)

1 なって, もなった, もなつ

▼ 幾らか攻撃~ (3, 0.3%)

1 して, する意味, する樣

▼ 幾らか機嫌~ (3, 0.3%)

2 を悪く 1 が直ったらしかった

▼ 幾らか~ (3, 0.3%)

1 が強い, が樂, が靜まつ

▼ 幾らか腹立たし~ (3, 0.3%)

2 げに 1 さを

▼ 幾らか貰っ~ (3, 0.3%)

1 て三甚, て得心ずく, て来た

▼ 幾らか違った~ (3, 0.3%)

1 ところが, 作法が, 御馳走を

▼ 幾らか遠慮~ (3, 0.3%)

1 したと, して, といふ事

▼ 幾らか馬鹿~ (3, 0.3%)

2 にした 1 にする

▼ 幾らかあなた~ (2, 0.2%)

1 にも移った, 御自身

▼ 幾らかおふくろ~ (2, 0.2%)

1 に同情, に面当て

▼ 幾らかこれ~ (2, 0.2%)

1 に慰められ, より廣

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 ういふ, ッと

▼ 幾らかなり~ (2, 0.2%)

1 とも変化, の収穫

▼ 幾らかまし~ (2, 0.2%)

1 な呼び方, な者

▼ 幾らかまだ~ (2, 0.2%)

1 言ひ残された, 跛足曳い

▼ 幾らか休まる~ (2, 0.2%)

1 やうな, ような

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 てい, ている

▼ 幾らか似た~ (2, 0.2%)

1 ところが, 事情で

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 が悪い, の調子

▼ 幾らか修行~ (2, 0.2%)

1 が積ん, が積んだ

▼ 幾らか内金~ (2, 0.2%)

1 でも入れ, を入れ

▼ 幾らか出せ~ (2, 0.2%)

2 ば貰う

▼ 幾らか分け~ (2, 0.2%)

1 てくれる, てもらえる

▼ 幾らか勾配~ (2, 0.2%)

1 が強く, をなし

▼ 幾らか包ん~ (2, 0.2%)

1 でやれ, で置い

▼ 幾らか味気~ (2, 0.2%)

2 ない顔

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 な所, になつ

▼ 幾らか大きな~ (2, 0.2%)

1 犬の, 犬小屋の

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 が寄ります, を取った

▼ 幾らか年齢~ (2, 0.2%)

1 の功, の若い

▼ 幾らか広い~ (2, 0.2%)

2 ように

▼ 幾らか心配~ (2, 0.2%)

1 な気, になり

▼ 幾らか慣れ~ (2, 0.2%)

1 てゐた, て来た

▼ 幾らか握らせ~ (2, 0.2%)

1 て向島あたり, て帰し

▼ 幾らか損じたらしい~ (2, 0.2%)

2 際でも

▼ 幾らか明るく~ (2, 0.2%)

1 し夏, なつたやう

▼ 幾らか時間~ (2, 0.2%)

1 がたっ, が後れる

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 つたつけな, つたつけべ

▼ 幾らか気味~ (2, 0.2%)

1 も悪, を悪

▼ 幾らか消え残っ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 幾らか物足りない~ (2, 0.2%)

1 やうにも, 気持で

▼ 幾らか田畑~ (2, 0.2%)

1 にも渡さう, に渡す

▼ 幾らか疲れ~ (2, 0.2%)

1 が出, を見せた

▼ 幾らか白く~ (2, 0.2%)

1 なつた, なつた水

▼ 幾らか皮肉~ (2, 0.2%)

1 な調子, の積り

▼ 幾らか納得~ (2, 0.2%)

1 が往, できるまでは

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 にし, に入

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 に据ゑかねた, に餘計

▼ 幾らか腹立たしく~ (2, 0.2%)

1 なって, 感じそう

▼ 幾らか興味~ (2, 0.2%)

1 を感じ, を有

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 に強い, の知識

▼ 幾らか蒼く~ (2, 0.2%)

1 なりかけた頃, なり背

▼ 幾らか趣味~ (2, 0.2%)

1 を持つた, 持って

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 がいけ, が回つて

▼ 幾らか酔い~ (2, 0.2%)

1 がまわっ, の廻っ

▼ 幾らか酔っ~ (2, 0.2%)

1 ている, ているらしい

▼ 幾らか閑散~ (2, 0.2%)

2 なん

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

2 を赧らめ

▼ 幾らか~ (2, 0.2%)

1 を傾けた, を傾けつ

▼1* [526件]

幾らかつたで, 幾らかあって, 幾らかあったからだろう, 幾らかあったらしいのです, 幾らかあの方を, 幾らかありやすがね, 幾らかあるにし, 幾らかあるらしいわ, 幾らかあわてていた, 幾らかいたぶるつもりで, 幾らかいやらしく感じたが, 幾らかいらいらした声, 幾らかうしろめたい心持で, 幾らかおちついた理を, 幾らかおばさんのところ, 幾らかお布施を包み, 幾らかお気が霽, 幾らかからかい気味になり, 幾らかきつとなつて答へた, 幾らかきびしい顔つきであった, 幾らかきまりが悪かっ, 幾らかきめが粗い, 幾らかくれと言う, 幾らかこういう事も, 幾らかここへ届け, 幾らかこちらの事情, 幾らかこの妥協氣分から, 幾らかさっぱりしたから, 幾らかしきを取る, 幾らかしっかり者でも, 幾らかしのぎよい境遇, 幾らかしんみりしたほど, 幾らかずつは歩いて, 幾らかそして私に, 幾らかそんな風に, 幾らかためらつてゐる, 幾らかけどでも, 幾らかづつ変つてゐる, 幾らかづつ減つた, 幾らかづつ絲紡ぎを, 幾らかづつ色を直し, 幾らかづつ證據物件を拾, 幾らかづつ變つて居た, 幾らかづゝでも知識を得, 幾らかづゝの米や麥, 幾らかとぎれとぎれな声, 幾らかとびだした眼を, 幾らかなおったかと思われる, 幾らかならず痛い, 幾らかはつきり矛盾し過ぎて, 幾らかばらばらな一斉射撃, 幾らかひきつった険の, 幾らかひどく違って, 幾らかひねった趣向を, 幾らかびっくりしたでしょうね, 幾らかべたついていた, 幾らかぼっと赧らみのぼった, 幾らかまじっているらしかった, 幾らかませている, 幾らかまとまった金が, 幾らかまとめて読ん, 幾らかもっと当世風な, 幾らかやけになる, 幾らかやったらしいという, 幾らかやり方を間違, 幾らかやると出方, 幾らかやろうと云い出した, 幾らかより低くなる, 幾らかよろよろしながら, 幾らかわかつて來, 幾らかわかりやすかろう, 幾らかわかり易からうと, 幾らかフロオベルの歴史小説あたり, 幾らかプロなんかも出し, 幾らかホラ吹きな, 幾らか上気して, 幾らか下地がある, 幾らか滿足な, 幾らか不安に思っ, 幾らか不愉快さうに言つた, 幾らか不良分子が交っ, 幾らか不足そうな顔つき, 幾らか世の中の事, 幾らか中つ腹の, 幾らか乱れたものも, 幾らか事実に似, 幾らか事柄を簡單, 幾らかの顔立, 幾らか人々に注意, 幾らか人數も減つて, 幾らか人間的に云った, 幾らかだに伝わっ, 幾らか仕事が暇, 幾らか仕合せな方, 幾らか他人の嫉妬, 幾らか付けたやうだ, 幾らか伝えられている, 幾らか伴つてゐた, 幾らか体裁を作る, 幾らか便宜でもあり, 幾らか俳文をひねくっ, 幾らか借り出そうとして仏事, 幾らか値段を低く, 幾らか傷んではゐる, 幾らか傾斜して, 幾らか儀容をただし, 幾らか儀式っぽい皮肉, 幾らか儀式張って自分, 幾らか優しかつた, 幾らか儲けてたんだ, 幾らか氣づい, 幾らか元気が出かけ, 幾らか光った中核が, 幾らか入れなきゃあたしが, 幾らか冗談気を混ぜ, 幾らか冷やりと, 幾らか凪いで来, 幾らか出来のいい, 幾らか出版費の足し前, 幾らか分け前を貰っ, 幾らか分りかけて來, 幾らか分るやうに, 幾らか利目があったらしい, 幾らかこごみに, 幾らか前屈みになった, 幾らか割合を安く, 幾らかへられ, 幾らかかつた, 幾らか助けて幕府, 幾らか包んだものを, 幾らか卑しからずち, 幾らか卑しくなり勝ち, 幾らか印象的でしょう, 幾らか危険に曝され, 幾らか取り分けたのを, 幾らか取れるようです, 幾らか口数が多く, 幾らか同情したやう, 幾らか向うに通っ, 幾らか含ませたつもりだ, 幾らか含まれている, 幾らか吹き続けている, 幾らか呉れることが, 幾らか和むやうで, 幾らか和らいで越前屋, 幾らか咎めるものが, 幾らか喧嘩腰になつて心持顔, 幾らか嚇すような, 幾らかしい口調, 幾らか慣れて, 幾らか増しだろう, 幾らかを落し, 幾らか変っていた, 幾らか変化しつつ, 幾らか外聞を考へた, 幾らかかつた, 幾らか多いかもしれません, 幾らか大人に見えた, 幾らかの腹, 幾らか奇妙な性質, 幾らか奉公人に酷, 幾らか好くなつたらう, 幾らか好奇的に彼, 幾らか好評を受け, 幾らか好転したの, 幾らかな噂, 幾らか威しの文句, 幾らか娼婦型だだんだんそう, 幾らか嫉妬めいた気持, 幾らか嫌味交りに, 幾らか嬌垂ながら圭一郎, 幾らか子供らしい虚栄, 幾らかして, 幾らか孤立のやう, 幾らか学問好きでそして, 幾らか学校のため力, 幾らか學者を鄭重, 幾らか安らかになる, 幾らか安堵の色, 幾らか官職を帯び, 幾らか上った, 幾らか寄進に附い, 幾らかが足りなかった, 幾らかの足りぬ, 幾らか封筒に入れ, 幾らか小遣銭を分け, 幾らか小降りになつ, 幾らか少し餘計に, 幾らか屈み腰に, 幾らか山裾の方, 幾らかに着きてえ, 幾らか差引きが付いた, 幾らか帳消しになる, 幾らか常識が乏しい, 幾らかの広い, 幾らか平らになった, 幾らか平靜に返つ, 幾らか年下の矢張, 幾らかを濡らす, 幾らか引き下げねばならぬ, 幾らか弱っていた, 幾らか張つてゐた, 幾らか強く刻みつけるだけの, 幾らか後世ぶりのところ, 幾らか後悔しつつ, 幾らか後暗かつた, 幾らか褒美が, 幾らか心得がある, 幾らか心殘りが, 幾らか必要であろうけれども, 幾らか忘れてさ, 幾らかさう, 幾らか怖くございませんから, 幾らか思いあたる風に, 幾らか思い返したようで, 幾らか思ひ當る, 幾らか恥しかった, 幾らか恨めし相に, 幾らか悟りかけたのは, 幾らか悲慘な物語, 幾らかいの, 幾らか愉快では, 幾らか意地悪な笑い, 幾らか感情が鎭まつ, 幾らかえを, 幾らか態とらしく驚いたやう, 幾らか慣れるまではなかなか, 幾らか慰められまた反省, 幾らか慰めることが, 幾らか憂鬱なほど, 幾らか値を, 幾らか戯談のやう, 幾らか戴けと言, 幾らかを入れた, 幾らか手伝ってもらった, 幾らか手加減をした, 幾らか手持不沙汰, 幾らか手綱を弛め, 幾らか手足の発育, 幾らか打ち興じてテーブル, 幾らか払って漸く, 幾らか抽象的にこう, 幾らか拍子ぬけが, 幾らか持っている, 幾らか持てあまし気味, 幾らか持て余し気味だ, 幾らか持出せと智慧, 幾らか指導者があった, 幾らか捨て鉢に, 幾らか探偵味のある, 幾らか掴ませでもした, 幾らか掴ませることに, 幾らか搖れて來, 幾らか摘み出して貧乏人, 幾らか擦れて居た, 幾らか支那で出, 幾らか改良を加えれ, 幾らか救われる気が, 幾らか斟酌して, 幾らかかる方法, 幾らからしい人, 幾らか新派劇的趣味を帯びた, 幾らか方角が異, 幾らか既往の損害, 幾らかの明る, 幾らか日本の政府, 幾らか早めたのかも, 幾らか早足に歩いた, 幾らか明るさ健全さを, 幾らか明るみが殘つて, 幾らか智識が劣つて, 幾らか暑くなった, 幾らか暖かに成つた, 幾らか暖まつたがそれでも, 幾らか暗くすべきである, 幾らか暮しの樂, 幾らか曇らせていた, 幾らか書き込んでおいた, 幾らか書記には掴ませなくっ, 幾らか朝影を感じる, 幾らか朧ろになった, 幾らかを読ん, 幾らか本気でかう遮らざるを, 幾らか案内気分も手伝っ, 幾らか棟梁にも姉御, 幾らかも出来る, 幾らか楽寝する積り, 幾らか様子を覚えました, 幾らかになつ, 幾らか横ざまに斜, 幾らか横みちにそれた, 幾らか樹木に就い, 幾らか欠陥のある, 幾らか正気づき自分, 幾らか此人の事, 幾らか此処で弛む, 幾らか残つてゐて, 幾らか残惜しく思う位, 幾らか殘つて居るの, 幾らか毳ばだった標木, 幾らか気ままな感じ, 幾らか気位が高く, 幾らか気安く思った, 幾らか気持ちを取り戻した, 幾らか気色を直し, 幾らか気違いじみた不自然, 幾らか汗ばんだ顔を, 幾らか沈みかかったがまた, 幾らかの趾, 幾らか浅子女史の機嫌, 幾らか浮かび上がったわけだ, 幾らかよりも高き, 幾らか消えずに残っ, 幾らか涼しくなったな, 幾らかを覺, 幾らか減つて次第に流, 幾らか温かい親しみを, 幾らか温和しくな, 幾らか湿っている, 幾らか滿足に殘つて, 幾らか潤沢にある, 幾らか激しい口調で, 幾らか火照るには違い, 幾らか灰色がかっ, 幾らか無気味に感じないで, 幾らか無理と思ひ, 幾らか焦って来た, 幾らかが少く, 幾らか煙たがられるといった様子, 幾らか煙たがれると言つた樣子, 幾らか爽快になつ, 幾らか片ちんばの眼, 幾らか足らず思ったもの, 幾らか物識りのよう, 幾らか物足らず思つたもの, 幾らか特異な天稟, 幾らか狂人じみて, 幾らか独創のもの, 幾らか現われて来る, 幾らか現代の女性, 幾らか用意して, 幾らか田地になる, 幾らかつた情態に, 幾らか異人臭くなっ, 幾らか疲労を覚えた, 幾らか痛む足を, 幾らか痛快だつた気, 幾らか発達したよう, 幾らか皆さまの手がかり, 幾らか皺めの出来た, 幾らか直木的逆説を加えた, 幾らか相場にも関係, 幾らか真面目になつ, 幾らか眠くなつて來, 幾らかを以て又, 幾らか矢代にとって都合, 幾らか知つてゐる自分, 幾らか知らぬがこれ, 幾らか知りたいと君, 幾らか神がかりになっ, 幾らか神経質になっ, 幾らか神經質ではある, 幾らか稼いで貰わなけれ, 幾らかつぽ, 幾らか窪みの中, 幾らか窶れさせたので, 幾らか立てもらうし広く, 幾らか立て替へて貰, 幾らかひ交, 幾らか筋道が立っ, 幾らか精しくなって, 幾らか経つた後で, 幾らか給金も溜め, 幾らか經つた頃お客が寢室, 幾らか綺麗な若い, 幾らかって来た, 幾らか緩い傾斜を, 幾らか緩んだやうに, 幾らか縁側の方, 幾らか縁故もある, 幾らか罵倒的の文辞, 幾らか義務を果す, 幾らかの運動, 幾らか習熟を要する, 幾らか聞き知つて居るだらう, 幾らか肌触りの弱, 幾らかている, 幾らか肩身の狹, 幾らかの窪んだ, 幾らか胸苦しい反感を, 幾らかに狂言, 幾らか腐りかけて来, 幾らか腹の中の暖かく, 幾らか自尊心を傷, 幾らか自慢のつもり, 幾らか自由になった, 幾らかが醒める, 幾らか興奮して, 幾らか興覚がした, 幾らか芝居気が無く, 幾らか若い客を, 幾らか苦しみの表情, 幾らか付いて, 幾らか落ち着いたところも, 幾らか落ついて言, 幾らか落着いて, 幾らか落胆りした色, 幾らか蒼ざめていたしもっといかつい, 幾らか薄らいでいる, 幾らか薄暗かった, 幾らか虚榮心に眼, 幾らか融通したいと, 幾らか血道が繋がっ, 幾らか補助金をも貰つて, 幾らか裝飾を重んずる, 幾らか西洋の學問, 幾らか見えを張る, 幾らか見るように, 幾らか見当がつかない, 幾らか見料を出し, 幾らか見物場だとか, 幾らか観念化して, 幾らか角張って坐り, 幾らか言分がある, 幾らか言葉やさしくさう言, 幾らか言訳が立つ, 幾らか詰まって来る, 幾らか誇らしげに云っ, 幾らか誇張した飾り物, 幾らか誤解も手伝つて, 幾らか調えてからでなけれ, 幾らか調子が強, 幾らか調弄ひ気味, 幾らか調弄気味になつて, 幾らか諂い気味が, 幾らか諦めもいい, 幾らか謝礼をもらう, 幾らかだと, 幾らか變化あらしめたの, 幾らか豫期しない言葉, 幾らか財産も名誉, 幾らかつた価を, 幾らか貯蓄もあり, 幾らかひ物, 幾らか貸してくれ, 幾らか貸せとゆすります, 幾らか資本出して, 幾らか賑つて居る樣, 幾らか賞金が少ない, 幾らか賢くなつて郷土, 幾らか賣ることの, 幾らか賭けてやりましょう, 幾らか赤い顔し, 幾らかを早め出した, 幾らか足音を忍ばせる, 幾らか身體の疲勞, 幾らか軽い気もちに, 幾らか軽快に千鶴子, 幾らか輪郭だけの画, 幾らか辛抱が仕, 幾らか辛抱強かつた, 幾らか辛抱強いので一度, 幾らか近寄せようとする, 幾らか退屈を感じ, 幾らか退歩の傾が, 幾らか戻しを, 幾らか逆上ても来ます, 幾らか逆上性でもある, 幾らかふやう, 幾らか違うと彼, 幾らか違っている, 幾らか違つて居ります即ち, 幾らか遠慮気味であつ, 幾らか遣いましたけれど残った, 幾らか遣りましょう私が, 幾らか遣るがいい, 幾らか適度の憂い, 幾らか遺っている, 幾らか郵税を倹約, 幾らかすぎるため, 幾らか重くなるの, 幾らかの多い, 幾らか金子を紙, 幾らか金持がい, 幾らか金銭の融通, 幾らか釣り込まれて居る, 幾らかを余計, 幾らかさの, 幾らか開いて来た, 幾らか開けても来よう, 幾らか関係があった, 幾らか防げるかと思ふ, 幾らか阿附する傾きが, 幾らか陰惨にも適切, 幾らかになつ, 幾らか集まつてゐる, 幾らかが飛ぶ, 幾らか震動に馴れ, 幾らか霊覚のよう, 幾らか霞んでいる, 幾らか青いところが, 幾らか青くなって, 幾らか面倒をみ, 幾らか面白いと云つて一時間, 幾らか面窶れを見せた, 幾らか面附が歪ん, 幾らか頂戴したら早く, 幾らか頼みの綱, 幾らか顔立が良い, 幾らか顔色も優れず, 幾らかをよけた, 幾らかを引い, 幾らかして, 幾らか餘地がある, 幾らか馬鹿らしそうな, 幾らか馴れないではだめ, 幾らか駕籠に助け, 幾らかをはすか, 幾らか高い調子で, 幾らか高かった, 幾らか高くはあった, 幾らかを散じ, 幾らか黄色味を帶びた緑色, 幾らかが, 幾らかにか, 幾らかをとり過ぎ