青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思惟~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思われ 思われ~ ~思われた 思われた~ ~思われない ~思われます ~思われる 思われる~ ~思召 思召~
思惟~
~思想 思想~ ~思案 思案~ ~急 急~ ~急い 急い~ 急ぐ~ ~性

「思惟~」 1170, 13ppm, 8701位

▼ 思惟~ (280, 23.9%)

6 或る 4 うちに, 機能を, 科学だ 3 仕方が, 外に, 学が, 現實性

2 [22件] うちにも, うちの, ためには, 仕方である, 仕方に, 仕方における, 仕方は, 作用を, 内部を, 唯一の, 問題が, 問題である, 学は, 対象として, 対象に, 形相, 根柢に, 機能の, 歴史を, 産物に, 部分を, 願を

1 [206件] いかなる加工物, ことで, しかた支那語の, すべてを, なかで, ほかに, エネルギーを, スタイルは, 一法によってかの, 一般的命題も, 三昧に, 三群に, 上で, 上では, 下しようも, 世界での, 世界とは, 中で, 中絶へ, 事柄であり, 事柄である, 事柄として, 仕事である, 仕方と, 仕方によ, 仕方によって, 仕方を, 仕方一般を, 体系, 体系である, 体系に, 体系の, 作用に, 傾向の, 像, 像としては, 像とも, 像に, 像を, 先験的形式と, 全一の, 全然限定, 内に, 内には, 内部的な, 凝視である, 分析的手續である, 加工が, 加工を, 原理に, 及ぶところ, 可能に, 可能の, 可能性に対する, 可能性を, 問題に, 問題については, 問題に対する, 問題の, 單なる, 圧倒的な, 在り方である, 基礎である, 外部では, 大用の, 夫である, 夫とに, 夫にまで, 姿と, 姿に, 媒介的な, 季節で, 学である, 学では, 学と, 学としての, 学の, 学を, 対照を, 対象と, 対象とは, 対象性と, 對象として, 對象の, 座に, 弁証法, 弁証法が, 弁証法であり, 弁証法でなく, 弁証法と, 弁証法は, 当然の, 形, 形の, 形体や, 形式から, 形式であっ, 形式に, 形式即ち, 形式的で, 形式的な, 形相そのものであろう, 彷徨に, 御姿, 心が, 思惟, 思惟である, 所産と, 手段即ち, 技術は, 技術を, 拒否を, 挙措は, 捕捉を, 方則と, 方則とでも, 方則を, 方則情緒の, 方法として, 方法ならびに, 方法にも, 方法或いは, 最も本質的, 本性が, 本性そのものを, 本格的な, 材料を, 根は, 根底には, 根本法則でも, 根柢は, 構成物に, 様式について, 標準と, 機能, 機能が, 機能は, 歴史に対する, 歴史は, 歴史的産物に, 比較的特色, 法則, 法則としての, 法則に, 活動として, 活動は, 犂の, 理念における, 生活に, 生活を, 生産物において, 発展が, 発展を, 皺から, 相が, 真偽も, 矛盾は, 社会学の, 社会学又は, 科学で, 科学である, 科学という, 科学としての, 立場である, 立場においては, 立場は, 範疇という, 範疇といふ, 範疇表に, 糸を, 約束から, 素養も, 経済といふ, 結合を, 結果である, 統一に, 総合的形式即ち, 能力は, 能動性の, 脈搏が, 自主的な, 自己規定, 自律性は, 自律性を, 自由を, 自發的, 芽を, 苛烈さという, 菩薩に, 蛍光, 計量の, 訓練と, 記録であり, 認識の, 論理以外の, 論理学に, 論理学的な, 諸契機, 諸形式, 諸規定, 諸道具, 速度に, 道具に, 重圧に, 靜か, 領域に

▼ 思惟する~ (184, 15.7%)

25 ものである 8 ことは 7 ことが, もので 6 もの以外 4 ということ, ものであり 3 といふ, ものでない, ものは, 人も

2 [27件] ことと, ことに, こと以外の, すべての, とき思惟する, ところの, に至る, ほど作者, ものすな, ものすなわち, ものと, ものの, も知る, やうに, 主觀, 前に, 力を, 場合が, 場合もちろん, 実体を, 實體を, 本性が, 本性に, 私自身が, 者ある, 能力を, 間である

1 [57件] がゆえに, ことあら, ことで, ことにおいて, ことによる, ことも, たびごとに, たび毎に, であらう, という, ということ以外, ときは, ところに, にある, にも知識的, に至り, に至れり, に誰, のである, のでなく, のみ, のを, の傾向, はずも, は大, は非, ままに, ものであった, ものによって, ものの少く, ものを, もの言い換えれ, もの言ひ, やうである, ように, よりはもつ, よりも直観, 一つの, 上に, 人, 人は, 人達には, 実体をば, 實體をば, 悟性の, 故に, 時に, 時は, 物もしくは, 眼差が, 知的契機のみ, 程度において, 精神と, 者あら, 者なし, 者に, 能はず

▼ 思惟~ (63, 5.4%)

2 かかるものの, 無限に, 直観に

1 [57件] このよう, これを, これ等の, それが, それにおいて, それ自身によって, どう使われね, なにも, なるべく堅固, ものに, ものに対して, ものの, カントの, ギリシア的な, ライプニツも, 事物が, 全く相対的, 初めから, 動かない, 如何に, 客観的真理を, 常に同一, 幾何学に, 彼が, 必ず例えば, 必ず葛藤, 思惟される, 思惟であり, 思惟である, 思想の, 思想は, 思索という, 想像を, 我々に, 我々の, 或る, 概念において, 決して単に思惟, 現実において, 直観内容そのものを, 直觀的, 真に自律的, 眠れるごとくみえても, 空間の, 空間直観と, 経験の, 経験的に, 自らの, 自同律, 自己に, 自己の, 自己自身の, 萎えて, 葛藤である, 視覚よりも, 論理的範疇を, 転ずるなれば

▼ 思惟~ (60, 5.1%)

4 依存する 3 よれば 2 うかぶ, しづみながら, ぞくする, 住す, 對象的眞理が, 於いても, 與かる

1 [39件] ありますよう, かわり協力精神, して, ぞくし又, ぞくすること, ぞくするよう, どこか, ふけって, 上せられると, 与えられたもの, 付与し, 入った, 到達し得る, 喩ふ, 固着し, 基き又, 基く, 基くそれ, 基くもの, 對し, 属するの, 屬する, 形式的機械的な, 影響され, 心身を, 憑かれたとき, 或いはそうした, 於いて, 於ける論理的循環, 於て, 現はれた, 現われたところ, 真に結び付き得る, 矛盾し, 耽った, 耽りながら, 訴へ, 通じるという, 鎖されて

▼ 思惟~ (56, 4.8%)

6 もつて 3 超越した 2 ば想像せらるべき, やめるならば, やる決心, 一定の, 原理として, 基ける, 整理する

1 [33件] かくしたり, すなわち修行証究, その作用, その様々, その表, もつ第, やめて, ロマンティックな, 一時に, 一般的に, 中絶し, 作し, 働かせること, 出発しなく, 勧めて, 却ける, 取られて, 可能ならしめる, 含むの, 含むもの, 存在から, 實在, 幸福という, 思想の, 構成する, 決定する, 深めること, 発動させる, 経た抽象体, 絶した, 裏が, 誘ふ部分, 超える事柄

▼ 思惟~ (52, 4.4%)

2 そして彼, たり, たりし, ていた, てゐる, 他方また, 別の, 意欲する, 私を

1 [34件] いかに吟詠, これを以て, その真意, その秘戯画, その頃, つつある, ているらしい, てくれた, てまことに, て修行, て凡愚, て出張, て意, て抽斎, て校長, て死, て見, て隱徳, ながら一たん, まず杉本氏, セーヌ・エ・オワーズ県地方裁判所の, 仮令それ, 否感覚, 否感覺, 幽霊なども, 感情し, 発想する, 研究し, 能ふも, 自ら範を, 藝術の, 行動しうる, 親兵団, 觀照する

▼ 思惟~ (50, 4.3%)

3 存在と 2 これを, それだ, それに, のびて

1 [39件] その感性, それだけで, どういうコース, なくなると, ひとつの, 一定の, 全体として, 判断する, 加わるの, 即ち求められた, 参加する, 可能である, 哲学方法に対して, 完全に, 実在の, 強制する, 思惟である, 思惟自身に対する, 思想が, 感覚的な, 感覺的な, 改めて結び付く, 果して美, 機械的だった, 直接に, 直義には, 直観を, 矛盾を, 空間直観に, 空間直観に対して, 結び付くこと, 自発的である, 行きとどいて, 観念を通じて, 言葉を, 重大な, 間接に, 限界される, 顯はに

▼ 思惟~ (30, 2.6%)

5 存在との 3 直観とは 2 感情の, 直観とが

1 [18件] その表示, それが, 云えば, 区別された, 吾, 呼ばれて, 呼び得るやう, 実践とが, 情熱とで, 特に, 直観と, 直観との, 直觀, 結び付いて, 行動との, 行為とを, 言葉との, 言葉とは

▼ 思惟~ (25, 2.1%)

5 の微笑

1 [20件] があの, があり, だと, として瞑想, には思惟, に彼ら, のごとく, のよう, の傍, の写真, の幽遠, の思惟, の無比, の背後, はおそらく, はそういう, はわずか, は何, も薬師寺, をとおし

▼ 思惟から~ (18, 1.5%)

2 借りて, 存在を, 引き出して

1 [12件] 区別せられる, 區別せられる, 帰結され, 弁証法的思惟への, 思惟と, 拭い去りないし, 拭ひ去り, 歸結され, 生れ育って, 直観へは, 純粋に, 近代的思惟への

▼ 思惟される~ (13, 1.1%)

2 ことが, ものが 1 から此処, とき對象的と, のだ, のは, ものでなけれ, ものに, ものは, 四時十分から, 時間に

▼ 思惟~ (13, 1.1%)

2 思想の

1 [11件] 判断等に, 勇気の, 実践の, 感情の, 理解の, 理解へと, 理論に, 知性の, 紛糾した, 観念は, 言行の

▼ 思惟され~ (11, 0.9%)

4 ている 1 ていた, てもぜひ, てゐた, 且つ概念, 安政条約が, 理解される, 若くは

▼ 思惟せられる~ (10, 0.9%)

4 ことが 2 ことも, のであり 1 とはいえ, とはいへ

▼ 思惟~ (10, 0.9%)

1 である, であると, であるの, でなく却って, となる, と考えられ, と考えられるであろう, なもの, な情緒, に把握

▼ 思惟によって~ (9, 0.8%)

1 では, 万物を, 分割し得ない, 容易に, 形作られそして, 特徴づけられる, 絶対的真理に, 自律的に, 触れ得る一切

▼ 思惟自身~ (9, 0.8%)

2 を意識 1 ではなく, に他, に対する関係, の本性, の根本的, の歴史, も矛盾

▼ 思惟とは~ (8, 0.7%)

2 何である 1 まったく別, まつたく別, 二元的に, 如何なるもの, 存在に関する, 独立である

▼ 思惟方法~ (8, 0.7%)

2 である 1 がかかる, が何等, が形式, に対応, のあらゆる, は感性的事物

▼ 思惟によ~ (7, 0.6%)

1 つては, つて分割し得ない, つて容易に, つて強ひ, つて形作られ, つて構成される, つて觸れ得る

▼ 思惟内容~ (7, 0.6%)

1 が加わった, に普遍, の傳達, の最小量, はただ, は多少, を何処

▼ 思惟し得ない~ (6, 0.5%)

2 ということ, といふこと, にし

▼ 思惟では~ (6, 0.5%)

4 ない 1 ありながら, なくもっと

▼ 思惟という~ (6, 0.5%)

1 ものとの, ものなく, ものは, ような, 異った, 言葉を

▼ 思惟との~ (6, 0.5%)

2 関係に 1 三段階乃至, 結合の, 間の, 関係へ

▼ 思惟そのもの~ (5, 0.4%)

1 が何, であるかの, となる, にとっては三次元, の力

▼ 思惟に対する~ (5, 0.4%)

1 偶然として, 制限として, 反撥から, 限界と, 非科学的思考

▼ 思惟~ (5, 0.4%)

1 亦之, 亦実践, 出来ぬ現実派, 推理も, 混じない事実

▼ 思惟一般~ (5, 0.4%)

3 の弁証法 1 の根本法則, は最初

▼ 思惟乃至~ (5, 0.4%)

2 論理の 1 方法としての, 論理が, 論理自身の

▼ 思惟言行~ (5, 0.4%)

2 が為さるる 1 が規制, の形態叙述, の総和

▼ 思惟した~ (4, 0.3%)

1 ことの, ところの, 場合に, 場合には

▼ 思惟~ (4, 0.3%)

1 と, 凡そ当夜, 是れ, 無残なる

▼ 思惟せる~ (4, 0.3%)

2 はむしろ 1 人々を, 諸説を

▼ 思惟によっては~ (4, 0.3%)

2 尽すこと 1 人は, 何らか

▼ 思惟経済説~ (4, 0.3%)

1 と現象主義, のよう, は一種, は有用

▼ 思惟された~ (3, 0.3%)

1 直観である, 著述ばかり, 諸思惟物

▼ 思惟しよう~ (3, 0.3%)

2 と欲するなら 1 とする

▼ 思惟せられた~ (3, 0.3%)

1 あるいは感覚, あるひ, この樹

▼ 思惟~ (3, 0.3%)

1 あつた, 心を, 繋ぎ止め

▼ 思惟である~ (3, 0.3%)

1 ためには, ところの, 神において

▼ 思惟とが~ (3, 0.3%)

2 綿密また 1 いつしか私

▼ 思惟として~ (3, 0.3%)

2 独立に 1 止まること

▼ 思惟~ (3, 0.3%)

1 のか, のだ, のである

▼ 思惟には~ (3, 0.3%)

1 そうした面影, ぞくさないという, ならない

▼ 思惟をかへ~ (3, 0.3%)

3 さん

▼ 思惟作用~ (3, 0.3%)

1 が映画的表現, の第, は思惟對象

▼ 思惟~ (3, 0.3%)

1 と中, の三つ, は哲學者

▼ 思惟菩薩~ (3, 0.3%)

1 だったの, のもと, の口辺

▼ 思惟し得べき~ (2, 0.2%)

1 もの, 場處

▼ 思惟すべき~ (2, 0.2%)

2 は無論

▼ 思惟するなら~ (2, 0.2%)

2 ばその

▼ 思惟すれ~ (2, 0.2%)

1 ば我憲清, ば此疑

▼ 思惟せし~ (2, 0.2%)

1 なり, むるに

▼ 思惟せず~ (2, 0.2%)

1 に偶然, に良心

▼ 思惟せられ~ (2, 0.2%)

1 つつある, て居る

▼ 思惟であり~ (2, 0.2%)

1 意識は, 空間直観は

▼ 思惟とか~ (2, 0.2%)

1 思考とかいう, 西田幾太郎とか

▼ 思惟ならぬ~ (2, 0.2%)

1 もの之を, 或る

▼ 思惟においては~ (2, 0.2%)

1 実体概念に, 物と

▼ 思惟への~ (2, 0.2%)

1 推移は, 転換の

▼ 思惟みづか~ (2, 0.2%)

2 らの

▼ 思惟~ (2, 0.2%)

1 の実在認識, の理解

▼ 思惟体系~ (2, 0.2%)

1 であるならば, に属する

▼ 思惟~ (2, 0.2%)

1 と文学, を持たない

▼ 思惟及び~ (2, 0.2%)

1 あらゆる表現, 行爲の

▼ 思惟法則~ (2, 0.2%)

1 が自然, の名

▼ 思惟活動~ (2, 0.2%)

1 としての主, として理性

▼ 思惟消費~ (2, 0.2%)

1 をもっ, をもつ

▼ 思惟的実体~ (2, 0.2%)

1 なしには, にで

▼ 思惟的實體~ (2, 0.2%)

1 なしには, にで

▼ 思惟経済上~ (2, 0.2%)

2 の価値

▼ 思惟經濟説~ (2, 0.2%)

1 の見方, はマッハ

▼ 思惟過程~ (2, 0.2%)

1 から全く, に現われし

▼1* [84件]

思惟からも切り離された歴史的社会, 思惟この調和が, 思惟さるべきもので, 思惟さるる事には, 思惟されおることなり, 思惟されようともそれ, 思惟しうるということ, 思惟したるのみならず, 思惟しなかったにし, 思惟しなかつたにし, 思惟し得ないごとく存在する, 思惟し得ない如く存在する, 思惟し得られないような, 思惟し得られるばかりで, 思惟し得る限りにおいては, 思惟するだろうか, 思惟するであろう間は, 思惟むも妨なし, 思惟せざるを得ない, 思惟せしかば, 思惟せずして屍体そのもの, 思惟せらるる一切の, 思惟せられおる事が, 思惟と決め, 思惟だけでは, 思惟だけが今の, 思惟だったことに, 思惟つかまつるのであります, 思惟づけられてきた, 思惟でなく更に宇宙, 思惟でも思慕でも, 思惟といふ我々の, 思惟としての終局的な, 思惟としては誠に奇妙, 思惟とに関する根本的な, 思惟とも呼ぶであろう, 思惟とを不当に, 思惟ほりな, 思惟などでは遠くとどかない, 思惟ならびに倫理社会領域にまで, 思惟においてあるもの, 思惟における方向の, 思惟にでも導かれて, 思惟にとって現在的に, 思惟にとっては思想の, 思惟にまで適用され, 思惟による觀念的内容の, 思惟に対しても亦一定, 思惟に関する科学乃至, 思惟のみが存在する, 思惟ばかりでは, 思惟結び付くこと, 思惟または悟性の, 思惟もしくは彼の, 思惟らしい思惟は, 思惟を通じてでなければ, 思惟三昧の境, 思惟三藏や覩貨羅國, 思惟以外のもの, 思惟何物かの分析, 思惟像あたりから発生, 思惟創造の限界, 思惟動機が働い, 思惟又は思考で, 思惟反省は記憶, 思惟存在と論理, 思惟實踐から游, 思惟對象の最大量, 思惟必然性とをもった, 思惟思量に弱く, 思惟意識など, 思惟抽象の世界, 思惟新たな言葉, 思惟方法以外の何物, 思惟機構にあたる, 思惟正語正業正命, 思惟は純, 思惟活動感情活動および意志活動, 思惟的活動のうち, 思惟的特徴がこれ, 思惟經濟の必要, 思惟自体が盲目的, 思惟とでもいうべき, 思惟限界を越えよう