青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小田原~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~ 小柄~ 小次郎~ 小母~ 小生~
小田原~
小石~ 小舟~ 小言~ ~小説 小説~ 小路~ 小野~ ~小鳥 小鳥~ ~少々

「小田原~」 1341, 12ppm, 8793位

▼ 小田原~ (375, 28.0%)

13 町を 6 町へ 4 街に 3 城下へ, 家に, 家の, 山は, 山荘に, 旅籠屋の, 町に

2 [34件] あの子, お役人, ムツの, 別荘へ, 北条を, 北条氏が, 北条氏は, 医者と, 友人の, 地は, 城下で, 城中に, 天神山といふ, 奇流閣へ, 妻子へ, 家へ, 待合の, 御城下, 手前に, 方から, 方へ, 旅籠屋に, 旅籠屋を, 海が, 海辺を, 牧野信一さんの, 生家には, 町の, 病院に, 神に, 花柳界で, 街を, 記憶と, 道了さまより

1 [263件] あたりは, あの澄みき, あの澄みきった, お婿さん, お宮でも, お父さんと, かまぼこは, ことを, ごときは, ご本陣, とある山の上, ひとびと, まちが, カマボコだ, カマボコ小屋から, ガラガラ釣を, ガランドウといふ, タクシーの, ボロ屋, 三カ所だろう, 三好達治から, 丘は, 中間に, 事業を, 人々を, 人で, 人ばかり, 人数です, 人数も, 仮寓に, 住宅の, 例の, 俥夫で, 倶梨伽羅紋, 停車場に, 停車場まで, 傍らを, 出城の, 出来事を, 刳り物屋, 北条, 北条からも, 北条が, 北条そして, 北条だ, 北条という, 北条の, 北条も, 北条より, 北条加賀の, 北条家から, 北条家へ, 北条新九郎氏直が, 北条新九郎氏直だった, 北条早雲は, 北条氏において, 北条氏より, 北条氏を, 北条氏康である, 北条氏康と, 北条氏康の, 北条氏政にとっては, 北条氏政氏直父子から, 北条氏直が, 北条氏直とと, 北条氏綱氏康の, 北條早雲武蔵七党の, 北條氏と, 友人は, 友人達にすら, 古稀庵で, 古駅, 吉三という, 吉田晴風氏から, 名の, 名を, 味方からも, 商人ぢや, 商人に, 団子の, 土っ, 地形関八州の, 地所だつ, 城の, 城を, 城下に, 城下の, 城下は, 城下町の, 城主で, 城主よりも, 城主大久保加賀守に, 城主大久保加賀守忠真で, 城跡には, 場末の, 塩辛これだけは, 壊はれた, 士族であった, 外郎天下どこにも, 夜学から, 大久保加賀守の, 大西病院と, 天気の, 天神山は, 天草商事の, 奴等に, 姉様が, 孤城に, 実在の, 実家で, 実家へ, 家あの, 家という, 家とは, 家へは, 家も, 家中の, 宿で, 宿の, 宿はずれで, 宿へ, 宿まで, 宿将の, 宿屋で, 寓居の, 小が, 小住, 少年刑務所を, 山に, 山王川の, 山荘から, 山莊から, 幸町の, 役人や, 御幸ヶ浜に, 御幸ヶ浜へ, 御幸浜で, 御方, 御用邸の, 憎まれ者, 我が子, 手前か, 手前一里足らず, 敵の, 新吉の, 方は, 方へは, 旧友, 早川氏が, 春を, 時亡んだ, 本家, 本宿で, 東方酒匂松濤園裏の, 松原から, 松林の, 某氏は, 梅園まで, 梅干も, 河上さんでしょう, 河上さんの, 洪水で, 浜べ, 海は, 海ほど, 海も, 海岸まで, 海岸を, 海岸近くに, 清楽亭, 渡り大工, 滄浪閣の, 漁師の, 漁船ほどの, 濤の, 牧野さんの, 特産だ, 特高来る, 生にて, 生れである, 生家で, 生家へ, 生活の, 産でございます, 田宮流師範大野某との, 町, 町から, 町で, 町と, 町は, 町はずれに, 町全部の, 町外れ上り下りの, 町家を, 町長を, 知人である, 知人を, 神様が, 立場で, 筑紫誠一氏から, 紫蘇巻梅干は, 総鎮守, 緑新道と, 緑町を, 罪では, 義兄政広も, 老臣の, 者である, 者どもは, 自慢にも, 船が, 花街で, 花街でも, 菓子が, 蒲鉾しおから, 蒲鉾を, 藩医綾部家に, 藩士で, 行き帰りに, 街, 街で, 街は, 被害を, 裏山谷津の, 親戚から, 話は, 警備隊の, 警察署から, 警察署で, 警察署へ, 貸金の, 資産家の, 農家の, 近くを, 近在に, 遊女屋の, 遊所に, 道了さまの, 道了山を, 邸に, 郊外に, 郷里を, 酒匂あたりの, 酒匂川などの, 酒匂川は, 酒匂川へ, 釣具屋で, 鎮守に, 鎮守の, 間松並木つづきで, 隧道の, 青山新七という, 食焔会へ, 飯盛に, 飲み屋へ, 養家先である, 養家先へ, 駅で, 駅に, 駅へ, 駅を, 駅前で, 驛の

▼ 小田原~ (153, 11.4%)

4 行って 3 来て, 駈けつけて

2 [19件] 一年預け, 人を, 先着させる, 帰って, 帰らなかつた, 引越す匆々三好達治さん, 引返すの, 往った, 来たの, 着いたの, 着いた秀吉, 着いて, 着きましたの, 移つて何年か, 落ちのびたが, 行きつく手だて, 行つた, 逃げのびて, 電話が

1 [105件] お下り, さらに東京, ついたの, でたついで, はいった, はいると, また東京, やって来たじゃ, やるから, ドテラ, 一年という, 二女督姫君の, 伴れ, 住まないか, 使いに, 僕一人先へ, 入りましたが, 出て, 出渋った腹, 到着した, 参りました, 参向する, 參りました, 取り詰めた, 召集した, 向った金右衛門, 呼びかえすこと, 売り込みに, 帰った後, 帰つたのである, 帰つてもらひたかつた, 帰り横須賀, 帰るの, 帰る途中, 帰れとは, 帰ろうと, 廻らずに, 引上げてからの, 引上げてからは, 引越して, 引越してから, 戻って, 戻つて, 戻つて駅前, 攻めるため, 攻め入るため, 来た晩, 歸らう, 歸る, 歸れ, 泊った, 療養の, 直行せる, 着いた, 着く, 移ってからも, 移り留守中, 立ちました, 立ったの, 箱根三河屋を, 自働車, 行かうよ, 行きました, 行きゃともかく, 行きや, 行き翌朝目, 行くか, 行くこと, 行くつもり, 行くと, 行く手代, 行く途中, 行けなくな, 行こうよ, 行ったが, 行ったついで, 行ったという, 行ったので, 行つたら, 行つた手代の, 行つた方が, 行つて見, 講演に, 貢物を, 赴く筈, 越したこと, 越した時, 越して, 趨くべく, 転地する, 轉宅する, 迎えに, 逃げて, 逃げる気, 逃げる氣, 逃げ出そうと, 逃げ出そうとして, 遊びに, 運んで, 達し大祭, 降りた駅, 降りるという, 電話を, 飛んで, 鮎釣りに

▼ 小田原~ (86, 6.4%)

8 住んで 2 ありませんよ, ゐる友達, 所用が, 着く頃

1 [70件] あひ見, ある, ある城主, いたころ, いた時分, いて, いませんぜ, いらっしゃるあんた, いらつし, いられると, くわしいから, この淋しい, すっかり交通要点, ずっと行ってる, とまり西, 一ヶ年ほど, 亡され, 住んでは, 余計な, 信徒が, 出たの, 半日を, 南蛮座を, 向い明日早朝, 向ひ, 嫁に, 宿屋を, 寶山講の, 小さい家, 居られなくなって, 居住する, 帰らず放浪, 引ツ込んだ, 往って, 往つた, 怪人が, 招集し, 攻囲し, 於ける流浪, 於ける漢文素読会, 来たの, 東京に, 根拠を, 歸り, 残して, 泊って, 泊まる, 泊る, 泊ること, 眼を, 着いて, 着くと, 籠り小田原落城後, 素気ない, 舎つたのである, 落ち富崎佐太郎, 落着い, 行き自分, 行ったの, 行ったらいい, 行つて岡さんが, 訪ねたとき, 赴き北条氏政, 近い, 送り込むこと, 遊んだとき, 還る, 電話を, 駐つて, 魚がね

▼ 小田原~ (74, 5.5%)

6 の叔母 4 のほう 3 のとんび凧, の河岸 2 である, のお, の家, の方, の豆腐屋, の通り, へ飛ん

1 [44件] から尾州家蔵屋敷, から眼, から築地明石町, だとか, で, で何とか, とは気, とを往復, と向き, につづく, にむいた, に唯一人生存, に居りまする, に毎朝, に生れ, に行っ, に行つて留守, に裏家住い, の, のとんび, のとんび組, の一角, の三河屋, の五郎兵衛店, の伊兵衛, の南, の呉服屋七郎兵衛, の地端, の大川, の家主, の屋敷, の待合, の料亭, の方角, の有力者, の清月, の源七, の町役人山田金兵衞, の長屋, は全滅, へも行, へも行った, へ帰る, へ辿り着い

▼ 小田原から~ (43, 3.2%)

2 持つて, 湯河原その, 電車で

1 [37件] ここに, すぐ行かれる, たって来た, 七律を, 上級の, 下曾我方面, 伊東に, 先は, 出て, 北原さんが, 国府津付近にかけて, 奥州船に, 宮下にかけて, 山を, 帰ってから, 強羅ホテル迄, 役人が, 戻った人, 房州へ, 数里奥の, 来た医師, 東京行急行に, 横浜市に, 湯本の, 熱海へ, 熱海までの, 熱海行きの, 熱海通いの, 神奈川の, 箱根へ, 箱根町へが, 箱根越の, 自動車で, 良人氏長の, 鎌倉へ, 静岡へ, 駿府へ

▼ 小田原~ (43, 3.2%)

2 創作三昧没頭し, 磨きを

1 [39件] おりた時, きいて, さへ, やろうじゃ, ゴマノハイに, 一しょに, 一日すごした, 三日間ぐらい, 下りて, 下車し, 乗り換えると, 乗り換へる, 二度中戸川に, 二等車に, 兄さんに, 問題を, 家を, 宿場稼ぎの, 扱ふ, 更に熱海行, 楢の, 殺された倉田安彦, 滝村と, 牧野さんの, 猟師の, 生れた人, 生れ小田原十字町, 目を, 私の, 競輪やっ, 胆を, 自動車を, 見かけたという, 見たこと, 買ったの, 起きて, 起った最後, 酔うた紛れ, 顔を

▼ 小田原~ (36, 2.7%)

2 居城と, 経て, 離れて

1 [30件] さして急行, たった, やってる処, 中心として, 亡ぼさうと, 亡ぼそうと, 出発する, 出發, 囲んだが, 囲んだとき, 天下の, 居城に, 忘れて, 攻め古河, 昨日八ツ時分に, 楽に, 潰して, 発ち後, 発った, 発ったもの, 発って, 訪ねられて, 起点として, 追われてから, 追ン, 通る時, 過ぎた時分, 過ぎ二里行き, 過ぐれば, 離れると共に

▼ 小田原~ (33, 2.5%)

2 を包囲

1 [31件] から見る, が落ち, が重囲, とは規模, において事実, にし, に囲ん, に智将, に迫っ, の下, の北条氏政どの, の士気, の宏大さ, の将士, の攻囲, の若, の西南, の陥落, はどの, はまだまだ, は丁度三面包囲, は完全, は愈々, へたてこもった, をまったく, を俯瞰, を永正十五年, を真下, を破, を見下ろす, 陥る

▼ 小田原~ (31, 2.3%)

4 早雲苦心 2 イヤよ, 北条征伐の

1 [23件] どうこの, 一生懸命に, 今の, 仮住居, 土地不案内でし, 城が, 大都會, 御免だ, 御免よ, 戦争向きかも, 戦塵の, 挽物の, 早川べりに, 松田尾張大道寺駿河等の, 果して手強い, 父祖の, 牧野信一の, 町を, 知らない町, 箱根の, 箱根はと, 蒲鉾ときまつ, 街まで

▼ 小田原~ (21, 1.6%)

2 のお, の百姓, 山王川の

1 [15件] でごぜ, で手繰, に在る, に早川, の曾我村, の民馬, の水右衞門, の爺さん, の生国, の生家, の百姓水右衞門, の親, へ眞, をつ, 足柄村多胡の

▼ 小田原まで~ (19, 1.4%)

2 連れて, 飛ぶつもり

1 [15件] てくてく歩こう, 三日がかり, 二十里二十一町を, 使を, 出て, 参りその, 延しました, 延び真鶴, 来ました, 歩いたこと, 荷を, 行くん, 行く氣, 踏み出しましたが, 電車小田原からは

▼ 小田原~ (17, 1.3%)

3 の時 2 が終つて京都, にも茶道宗匠 1 から大阪, が終り, であったの, でも家康, にもそうした, に参加, の手柄, の済んだ, の頃, は烈しい

▼ 小田原~ (14, 1.0%)

2 熱海の

1 [12件] 三島の, 來た, 八王子へ, 同じ蝦夷菊, 国府津の, 大磯へ, 大臣諸君も, 宿継ぎに, 書いた紙片, 申しても, 答えしと, 見付の

▼ 小田原河岸~ (12, 0.9%)

3 の屋敷 2 の下屋敷, の邸内 1 のお, のほう, の紀伊家下屋敷, の邸, へいっ

▼ 小田原では~ (11, 0.8%)

1 [11件] かまぼこの, さして困らなかつた, ガランドウの, バスが, 又やりはじめた, 志望の, 早くから行われ, 母の, 無理だ, 牧雅雄, 目貫の

▼ 小田原征伐~ (11, 0.8%)

2 の軍略 1 が残つて, が終り, にも早く, の一年前, の功, の時, の最中, の砌, の際

▼ 小田原あたり~ (8, 0.6%)

2 で遊ん 1 からうた, からムーッ, の貧乏士族, へまでもドライブ, よりもずっと, を漫遊

▼ 小田原~ (8, 0.6%)

1 いちばん激震で, さかんに, ひどく江戸, 済むと, 潰されて, 焼かれて, 落城し, 遣付けら

▼ 小田原には~ (8, 0.6%)

1 あれで, いないから, こんなにある, ゐないから, 一人も, 全然消息, 北条秀司氏も, 唯一人といふ

▼ 小田原~ (8, 0.6%)

1 から汽車, ちかい富士屋, で誰, に下車, のある, のタクシー, の上, へ下車

▼ 小田原でも~ (7, 0.5%)

1 それらの, どこまででも, 一人で, 一度あった, 二宮でも, 御岳の, 莟を

▼ 小田原攻め~ (7, 0.5%)

2 の前年, の時 1 に従軍, の加勢, の条

▼ 小田原にも~ (6, 0.4%)

2 電話が 1 パンが, 一年ちかく, 上総の, 魚が

▼ 小田原~ (6, 0.4%)

1 ここ父祖の, 三島の, 方々に, 甲府などへ, 真鶴や, 隧道で

▼ 小田原~ (6, 0.4%)

1 で五石十人扶持, とは聞かされ, の下士, の村上珍休氏, の足軽, 及び川越藩

▼ 小田原ちょうちん~ (5, 0.4%)

2 に火 1 がつけ, は上半分, をはずし

▼ 小田原より~ (5, 0.4%)

1 ハイヤで, 上等だ, 東京へ, 東京谷中天王寺墓畔に, 母及妹を

▼ 小田原城下~ (5, 0.4%)

2 は戦場 1 へ攻め, へ攻めこみ, を小路小路

▼ 小田原~ (5, 0.4%)

1 から招かれた, では大震災, に大, に関するところ, のガランドウ

▼ 小田原~ (5, 0.4%)

2 の電車 1 の列車, の急行電車, は遊賞

▼ 小田原評議~ (5, 0.4%)

2 は何時果 1 に日, のグヅ, よろしくあった

▼ 小田原という~ (4, 0.3%)

1 ところには, ところは, 町の, 町は

▼ 小田原包囲~ (4, 0.3%)

2 の軍兵二十六万, の陣

▼ 小田原北条~ (4, 0.3%)

1 の一族, の死間, の浪人井戸なにがし, の遺

▼ 小田原海岸~ (4, 0.3%)

1 のカマボコ小屋, の家, の波打際, へあがった

▼ 小田原~ (3, 0.2%)

1 どこかに, 大磯或は, 熱海あたりまで

▼ 小田原~ (3, 0.2%)

1 一呑み, 三島も, 厭だ

▼ 小田原~ (3, 0.2%)

1 がまだ, が撃っ, もえらかっ

▼ 小田原城中~ (3, 0.2%)

1 にとつて返し, へ乗りこんだ, 少しも

▼ 小田原小田原~ (3, 0.2%)

2 から湯河原 1 と熱海

▼ 小田原平定後~ (3, 0.2%)

2 は之 1 は関八州

▼ 小田原提燈~ (3, 0.2%)

1 が果実, が見える, を手

▼ 小田原界隈~ (3, 0.2%)

1 であった, のさる, の海

▼ 小田原病院~ (3, 0.2%)

1 というの, のお, の医師

▼ 小田原~ (3, 0.2%)

1 ですか, の署長さん, はその

▼ 小田原行き~ (3, 0.2%)

1 の三件, の電車, は控

▼ 小田原かで~ (2, 0.1%)

2 一泊し

▼ 小田原からは~ (2, 0.1%)

1 人車鉄道という, 幸いに

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 大山は, 小田原を

▼ 小田原での~ (2, 0.1%)

1 暮しの, 金策は

▼ 小田原とかに~ (2, 0.1%)

2 叔母が

▼ 小田原へも~ (2, 0.1%)

1 母と, 行つて見よう

▼ 小田原ゆき~ (2, 0.1%)

1 のバス, をめがけ

▼ 小田原北条家~ (2, 0.1%)

1 の出した, の名将

▼ 小田原土産~ (2, 0.1%)

2 の梅干

▼ 小田原城址~ (2, 0.1%)

1 の小峯山, の落梅

▼ 小田原宿~ (2, 0.1%)

1 の夜, の景色

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 という武具刀剣商, の漬物

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 にかかり, の手配り

▼ 小田原攻撃~ (2, 0.1%)

1 の前哨戦, の本

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 でも負けない, に居た

▼ 小田原方面~ (2, 0.1%)

1 のごとく, へ出動

▼ 小田原時代~ (2, 0.1%)

1 だった, や柳原時代

▼ 小田原熱海間~ (2, 0.1%)

2 に軽便鉄道敷設

▼ 小田原町二丁目~ (2, 0.1%)

1 の本願寺裏, の横通り

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

2 四日に

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 が優勝, の三人

▼ 小田原蒲鉾~ (2, 0.1%)

1 に似, の足

▼ 小田原街道~ (2, 0.1%)

2 を手

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 からくる, にあり

▼ 小田原~ (2, 0.1%)

1 退屈しない, 逃げたと

▼ 小田原近郊~ (2, 0.1%)

1 でしょう, でせう

▼ 小田原退治~ (2, 0.1%)

2 の勝負どころ

▼ 小田原電鉄~ (2, 0.1%)

2 が出来

▼1* [163件]

小田原あたりさへ生れ, 小田原からずつと離れた田舎, 小田原からの自動車賃が, 小田原からも消防が, 小田原きっての貧乏, 小田原くんだりでアイビキ, 小田原ぐらい何時の, 小田原ぐらゐ何時の汽車, 小田原こそはワシントンや, 小田原さして今松, 小田原その次の, 小田原だらうと取沙汰, 小田原であったが矯居, 小田原でございますかブラ, 小田原でということに, 小田原といふのが, 小田原との密書が, 小田原とは矛を, 小田原ので最近手, 小田原なぞはほとんど, 小田原などでは想像も, 小田原などにはほんの申譯, 小田原なる城の, 小田原にかけて我も, 小田原にて強盗せし, 小田原にての雑詠二つ, 小田原へとまつた, 小田原ほど立派で, 小田原までと思って, 小田原までの汽車の, 小田原よりか函嶺からか, 小田原アサヒで久しぶり, 小田原クラブの選手, 小田原ステーシヨンの広場, 小田原ッ子ノ如キハ, 小田原の分限者, 小田原一城も容易, 小田原三島沼津静岡と, 小田原下河原四四番地に住まれ, 小田原がひっくりかえっ, 小田原中学へ調査, 小田原以上の田舎, 小田原会津桑名の藩兵, 小田原会議のごとく思われる, 小田原伝肇寺にて, 小田原住いで時々, 小田原入口にて午餐, 小田原入谷津の山曲, 小田原全市に酒, 小田原八千の失業者, 小田原出張所などといふ札, 小田原出身の文士, 小田原包囲百余日管絃のざわめき, 小田原包囲百日流言などはどこ, 小田原北条以来勇武の歴史, 小田原北条攻の為, 小田原北条氏を討滅, 小田原北條の番臣, 小田原北條氏の出城, 小田原區裁判所の名越判事等, 小田原十字町の, 小田原参向遅怠, 小田原及関東の諸, 小田原から早川, 小田原合戦だよ, 小田原名物の飯盛, 小田原国府津から厚木, 小田原国府津大磯江の島などの海釣り, 小田原國府津大磯それから江の島, 小田原在松林のこんもり, 小田原地方では静岡地方, 小田原城下以来であります, 小田原城中群疑蜂起, 小田原城内へ地下道, 小田原城包囲の陣形, 小田原城外の野球場, 小田原城攻囲の際, 小田原城攻略成りその, 小田原清水家に, 小田原大溝等諸藩, 小田原大磯なり夫, 小田原學校で, 小田原小峰倉田由之と書い, 小田原小峰倉田由之漢字でこう, 小田原居住の大, 小田原屈指の豪傑, 小田原山中アゲハを追ひ廻した, 小田原市教育委員会事務局の封筒, 小田原市早川口というところ, 小田原市長鈴木十郎氏を頼っ, 小田原府中まりこ岡部ふじ枝島田大井川を渡っ, 小田原の花, 小田原征伐出陣の時, 小田原征伐当時の秀吉, 小田原征討を決心, 小田原御幸ヶ浜まで遠泳, 小田原御用邸で薨去, 小田原房州の諸, 小田原指して押しよせた, 小田原挑灯を荷物, 小田原攻め視察の命, 小田原攻参会も時, 小田原攻囲中信玄動くと, 小田原攻略の大策, 小田原文化人グループの人たち, 小田原城の, 小田原東京間の汽車, 小田原板橋の益田孝男爵, 小田原氏直御証文, 小田原没落を機, 小田原泊りというの, 小田原海岸南伊豆のよう, 小田原無宿の太, 小田原熱海と泊っ, 小田原熱海沼津間ははるか, 小田原町一丁目の, 小田原町五郎兵衛店という貸家, 小田原町会足柄村会を動かし, 小田原町古来の名産, 小田原町城内公園に連日, 小田原町小船町伊勢町を焼き, 小田原町本町一丁目の, 小田原町柳原町と町内, 小田原町民との対立, 小田原町荒物商某方へ同居, 小田原町辺の魚肆, 小田原で帰京, 小田原小提灯, 小田原盆地が海, 小田原石垣山の陣屋, 小田原競輪へ泊りがけ, 小田原は全滅, 小田原箱根または千葉方面, 小田原署長を相手, 小田原が橋, 小田原落城後武州金沢の称名寺, 小田原落城後秀吉はその, 小田原落城眼前にあり, 小田原落城約束の如く, 小田原藩士ばかりでなく, 小田原藩大久保の受持, 小田原行き電車の足柄駅, 小田原表行き急度申, 小田原西の大阪, 小田原見物遊女屋軒を並べ, 小田原見當ですネ, 小田原警察署のこと, 小田原辺のに限る, 小田原近くいずれは江戸, 小田原通アイお茶代, 小田原遂に落城秀吉は, 小田原でも最も, 小田原鎌倉安房は長狭, 小田原長吏太郎左衛門小田原氏直御証文, 小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 小田原の密使, 小田原附近から関八州, 小田原陣前の事, 小田原陣直後奥州の辺土, 小田原領五万石を召, 小田原養生館を立ち, 小田原養生館滞在一日の朝, 小田原養痾中の写真