青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思われた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思へ 思へ~ ~思わず 思わず~ ~思わない 思わない~ ~思わなかった ~思われ 思われ~ ~思われた
思われた~
~思われない ~思われます ~思われる 思われる~ ~思召 思召~ 思惟~ ~思想 思想~ ~思案

「思われた~」 1432, 15ppm, 7280位

▼ 思われた~ (355, 24.8%)

66 である 37 です 32 であった 2615 だった 13 であります 9 でした, でしょう 7 だが 6 だろう, であろう 5 であるが, ですが 4 かもしれない, でありました 3 か, でございます 2 が意外, だから, だと, であったが, では, と一つ, はせっかく, は女

1 [89件] かお, かこの, かそれ, かそれとも, かも知れない, かも知れなかった, か勤め, か物, か自分, がお, がこれ, がじつに, がすこぶる, が事実, が俄然, が八ツ, が所々曖昧, が案, が途中, が非常, さ, じゃ, だそう, だろう以来厳寒, であったと, であった何様, でありましょう, でありますが, であるけれども, であろうが, であろう例, であろう途中山吹, でございましょうか, ですがね, ですね, です私, でなければ, と冠蔵, と市民, ならあたしそれ, ならば, には種々, は, はある, はいかにも, はおれ, はお祖母さん, はこの, はこれ, はそれ, はそれだけ, はつまり, はほんの, はゼラール中尉, はタクシー, は三泣車, は云う, は今度, は何, は偶然, は十二月, は噴煙, は建武, は当り前, は当然, は形而上学的思惟, は彼, は彼女, は彼等, は成効, は日幡, は春山行夫氏, は果して, は猿, は金魚鉢, は鉛, は間, は高助, もおそらく, もかえって, もそれ, もつかのま, もほんの, もハリス, も一瞬, も怪む, も無理, も道理, をそのまま

▼ 思われた~ (232, 16.2%)

6 それは 5 それも 3 これは, それが, 彼は 2 ともかくも, 地獄谷から, 官兵衛は, 意外にも

1 [204件] ああいう, あいにく紋, あしたは, あとから, あには, ある興行師, いかにも閑静, いずれも, いよいよそれ, うすくらいなか, お早, お若い, かつて見た, かの, こいつは, ここで, この女, この実際, この時私, この男, こんなとき, さすが法水, さてこうして離れ, さてそれ, さて近寄っ, さて開場, さッ, しかしいま, しかしその, しかしたとえ, しかしまた正しい, しかし外人, しかし植物, しかも実父, しどくし, そうされたら, そうした人, そうして検事, そうで, そうでも, そうなれ, そうも, そこに, そこは, そっと顔, そのうち, そのまま病院, そのサル, その中, その場所, その娘, その実, その弱々しい, その後には, その敷石, その時, その時折, その貝, その道の, その間に, その間考えぬい, そば近く見る, それでもまだ, それでもようやく, それでも右, それでも昨日, それにしても, それを, そろりそろりと, ただ本人, たちまち大風, ために, とうとう藪医術, とたんに彼方, とても貞奴, どうも覚え, どうやら空店, どんな風, なお日本, なお未だ, なかなか乾かない, なんという, はたしてアッ, ふとまた, ほかに, ほどなく帰っ, また昔, まだなかなか止み, まだ迂, まったくは, まもなく耕作面積, みんなえ, もし違っ, やがてぞくぞくと, やがて岸, やがて霧, やっぱりニラミ, やはり舞台, よくある, よくよく自分, オレは, チァーリントンの, フランス語と, マサカに, 一二分も, 一方反対, 一方購買力, 上るには, 不思議にも, 不意の, 主の, 予算査定案をめぐって, 事実に, 事実三人とも, 人も, 今では, 今は, 仏師の, 以後の, 以来五日経ち, 伊織の, 何という, 何にも, 何分にも, 作家は, 作者の, 併し, 信一郎は, 偉丈夫は, 先にも, 光子の, 円形の, 勿論この, 医師の, 印判屋の, 口惜しいとか, 只こうして, 夏の, 外は, 夜が, 大吹雪, 奇妙な, 姉も, 孔明の, 宅助も, 実はちょっとした, 実はフィーユ・デュ・カルヴェール街, 実は彼, 実際石, 少なくも自分等, 少将の, 尾部が, 屈身一躍する, 島へ, 康子に, 彼が, 彼等は, 御孫, 忽然虚空に, 悲しんで, 扉を, 時政は, 最後の, 最後決して, 枝は, 案に, 残念ながら, 法水は, 猫八は, 田舎生れの, 目見得も, 眼が, 眼を, 矢張り, 矢張気の, 確かな, 神仏混淆の, 秦啓源には, 約束の, 終には, 緑の, 老中の, 而も, 自分が, 自分は, 若い男, 若し僕, 落つるは, 葉子の, 藻に, 要するに竹, 見る見る影, 誰かが, 誰もが, 調べた結果, 身寄りが, 輜重の, 迂濶, 道誉の, 金五郎の, 闇は, 階段の, 霜の, 顔が

▼ 思われたので~ (137, 9.6%)

7 彼は 5 半七 4 私は 3 彼女は, 念の 2 わたくしは, わたしは, 彼が, 文字春は, 長三郎は

1 [105件] あごを, あちらから, あの辺, いそいで, お上げ, お延, お時, お琴, お糸さん, かれの, きょうも, これ以上はいりこむ, こんどは, すぐに, そのため, その儘毒殺, その後も, その時, その界隈, それが, それに, つい浪, とうとう惨, とにかく同情, ともかくも, どうかする, なんという, はっと気がつい, はっと驚い, ひどく二人, びっくりしました, ふたりは, またその, むずむずし, もう廊下, もう足, やはり口, やや急, わたくしも, ホッと, リント少将は, 一度ならず, 一行七人が, 七つ, 二人の, 五六間も, 今まで, 今までの, 今度は, 伊四郎は, 俊夫君に, 傍の, 僕は, 僕も, 兄は, 前途に対する, 千枝太郎は, 同意した, 周章て, 喜兵衛は, 大江の, 天然に, 奥の, 姫君づき, 寝不足の, 小坂部も, 少しも, 山木は, 山芝の, 岩瀬氏は, 工場主の, 市郎は, 往くとも, 往復四時間も, 後には, 急に, 我々は, 手加減を, 文章に, 新聞社長は, 書かずに, 本庄は, 桃吉も, 次郎左衛門も, 溺れかかった人間, 無口ながらも, 無理にも, 物の, 着換えに, 積藁の, 紀久子も, 素早く四辺, 自然によって, 葉之, 蘇越を, 訪れる勇氣, 踵を, 鄂は, 里から, 院長の, 陣地に, 露路口に, 飲めも, 首領は, 馬遵は

▼ 思われたから~ (104, 7.3%)

40 である 14 です 11 であった 95 だった 2 で, であろう, 私は

1 [19件] お雪ちゃんとしては, このごろ暇の, その旨, それで筆, だろう, であります, であろう金兵衛, でございましょう, でその後, なの, なんだ, 一時頃まで, 僕は, 前のは, 口ごもった, 毒瓦斯で, 皆の, 看護婦にも, 自分でも

▼ 思われたのに~ (69, 4.8%)

2 いつもながら, そうで, 意外や

1 [63件] あきれた男, いとも好もしく, がぜん事件, きくも, さかさ, さっさとさる, さても, しかしいつも, しかし名人, しかし当の, しかし捜し捜し訪れ, しかし退屈男, ずうと, そのお, そのままじっとたたずみ, その予想, その日中, その柔, その浄願寺角, その自分, それからふたたびごろりと, それも, それらしい, たった一人, だが名人, だが結果, つねに周到綿密, どうした, どうしてなかなか容易, なんとも大笑い, ひんやりと, ぽつりと, もう九十, もう血液, 一向そんな, 三人は, 主水, 亭主らしい, 何思った, 僅か一ヶ月, 努力によって, 名人の, 変り者と, 奇怪にも, 家の, 小判の, 少しおちつい, 彼が, 彼女は, 意外な, 意外にも, 旦那と, 案外にも, 番五郎の, 目の, 直人は, 竜造寺家末流という, 肝腎な, 若侍, 親分が, 足跡は, 駆け向かった先, 黙って

▼ 思われたこと~ (45, 3.1%)

3 である, もありました 2 があった, であった, なの, はない

1 [31件] がいま, がなかっ, がわたし, が口惜しく, が心外, が恥しく, が案外, が次第に, だった, であったから, であつ, であろう, でしょう, でしょうね, です, と彼, などに移った, などを思い出す, なんかない, はそれ, はなかっ, は事実, もあった, もあります, も一度, も改めて, も時, も考え, を思い出す, を考え, を話した

▼ 思われたほど~ (36, 2.5%)

6 だった 4 である 3 です 2 であった, 彼女は

1 [19件] いまや彼, さまざまな, さまざまの, その時其処, だから, だったので, であるから, でございます, でした, むしろそれ, 巧者に, 既に自己, 早かった, 最近の, 沖合遠く, 激しい震動, 熱して, 非常に, 顔は

▼ 思われたもの~ (31, 2.2%)

32 です, ですから, を食べます

1 [22件] か, がまたぞろ, がバラバラ, が名人, が実は, が後, が悉く, が意外, が片づい, が見すぼらしい, すらかく, だから, だったが, で, であった, であるが, でしたから, ですよ, なの, はありません, はすでにもはや, らしい

▼ 思われた~ (25, 1.7%)

1 [25件] あともどり, いつもの, おしまいには, このよう, そうかと, それに, またその, またなん, また僕, また威張った, また真, 九月は, 今朝の, 僕も, 兄弟は, 冒涜とさえも, 捨てられた女, 新しい私, 東京の, 板塀は, 縄張の, 自身の, 行商人という, 裏の, 返事を

▼ 思われた~ (21, 1.5%)

9 違いない 7 ちがいない 3 相違ない 1 しても, 違いありません

▼ 思われた~ (17, 1.2%)

3 いう, 見えて

1 [11件] いうので, いうほど, すれば, みえて, 同時に将来, 気がついたか, 申します, 知れば, 見える, 言いましたが, 言う

▼ 思われた~ (12, 0.8%)

1 [12件] お櫓, これが, しれないの, わかりません, ポッと, 人目忍ん, 信長公に, 入道殿には, 我羞か, 殿から, 知れない, 老師は

▼ 思われたかも~ (12, 0.8%)

3 しれない 2 知れない, 知れなかった 1 しれないとにかくたちまち, しれなかった, 知れないよう, 知れない儀礼, 知れません

▼ 思われた~ (11, 0.8%)

1 [11件] じゃ, じゃ僕, だ, だが, だね, だよ, だろう, だワ, でございますって, です, ですよ

▼ 思われたよう~ (10, 0.7%)

1 だ, だが, だったが, であった, です, なあんな, なところ, なよぼよぼ, な事, に

▼ 思われた~ (10, 0.7%)

1 が何度, でも念, にはベアトリーチェ, にボナパルト, に幸い, に私, は彼, は曹操, をすごし, 又考え

▼ 思われたくらい~ (7, 0.5%)

3 であった 1 だから, である, で四つ, で席

▼ 思われたそう~ (7, 0.5%)

2 である 1 だ, であるが, でございます, で部屋, な

▼ 思われたって~ (7, 0.5%)

1 かまわない, それは, そんな事, 仕方が, 俺には, 弁解の, 構うもの

▼ 思われた~ (7, 0.5%)

1 が生き, が良人, であった明石夫人, の名, はあなた, もしばらく, も今

▼ 思われた~ (7, 0.5%)

2 であった 1 でありました, である, 実に冷静, 月江の, 資本主義の

▼ 思われたほどに~ (6, 0.4%)

1 それほどみごと, 十分な, 彼の, 狂いの, 結論めいた, 鮮かな

▼ 思われた~ (6, 0.4%)

1 があった, がない, がひどく, だろう, には彼, もあった

▼ 思われた時代~ (6, 0.4%)

1 が嘗て, が私, である, の次, もあった, を気

▼ 思われたあの~ (5, 0.3%)

1 お店者から, ときの, 四人の, 夜からは, 自動車の

▼ 思われたその~ (5, 0.3%)

1 とき, 刹那, 大胆不敵な, 静かな, 頃近い

▼ 思われたため~ (5, 0.3%)

1 であった, でもある, にそう, に私, もある

▼ 思われたという~ (5, 0.3%)

1 ことである, ことは, のである, 人の, 回想は

▼ 思われたけれども~ (4, 0.3%)

1 何より楔, 内実は, 少し落ち着い, 見る見る間に彼女

▼ 思われたこの~ (4, 0.3%)

1 二十七の, 神秘楽団の, 答が, 部屋にも

▼ 思われたんで~ (4, 0.3%)

1 そのまんま, ふらふらと, 机の, 短いもの

▼ 思われた~ (3, 0.2%)

1 師匠様が, 廊下先に, 種の

▼ 思われたけれど~ (3, 0.2%)

1 一睡の, 家内中唯, 是は

▼ 思われたそして~ (3, 0.2%)

1 ひろいもの, 又女, 行商人という

▼ 思われたところ~ (3, 0.2%)

1 からついつい, があった, はその

▼ 思われた~ (3, 0.2%)

1 としてその, を留置場, 思われたのみ

▼ 思われた~ (3, 0.2%)

1 がお, ですからね, へ投棄てた

▼ 思われた~ (3, 0.2%)

1 がしょんぼり, はあれ, を捨て

▼ 思われたけど~ (2, 0.1%)

1 その顔, やがて結句その

▼ 思われただけの~ (2, 0.1%)

1 ことでした, 事で

▼ 思われたばかり~ (2, 0.1%)

1 であった, でなく実際

▼ 思われたもしそう~ (2, 0.1%)

2 だと

▼ 思われた~ (2, 0.1%)

1 であった, で今日

▼ 思われた時期~ (2, 0.1%)

1 がありました, であった

▼ 思われた~ (2, 0.1%)

1 はそれぞれ, はひと

▼ 思われた~ (2, 0.1%)

1 に容易, に相違

▼ 思われた理由~ (2, 0.1%)

1 も判明, をこう

▼ 思われた自分~ (2, 0.1%)

1 の言葉, は

▼ 思われた途端~ (2, 0.1%)

1 に, にいきなり

▼ 思われた~ (2, 0.1%)

1 いきなり方角, がその

▼1* [175件]

思われたあたりに足跡, 思われたある日, 思われたいが先に立つ, 思われたいやさまざまに, 思われたうすのろの, 思われたおりから忽然一代, 思われたかは主家の, 思われたからってその人, 思われたがなそれが, 思われたくらいのもので, 思われたけだし私は, 思われたこれまでの彼, 思われたころ突然画面, 思われたころひとりのかわいらしい, 思われたころママがようやく, 思われたころ内務大臣はソロソロ, 思われたころ印東はひきつった, 思われたしかし私は, 思われたすべてが最も, 思われたせいですね, 思われたせつな何を, 思われたそれこそ牧者, 思われたそれほど陰気な, 思われただけでした, 思われた川島家が, 思われたしよう, 思われたでもあろう, 思われたとか未練の, 思われたとき彼は意外, 思われたとき残念でした, 思われたのみならずこれ, 思われた全く写生, 思われたふしもあったであろう, 思われたほどの沈鬱な, 思われたむきもあろう, 思われたもののまた, 思われたよりもずっと我慢, 思われたわけなの, 思われたわれわれの連中, 思われたクリヴォフ夫人の顔, 思われたグレプニツキーが無残, 思われたヤギなる称, 思われた一つの手, 思われた一人の婦人, 思われた一日があった, 思われた一時期もない, 思われた一瞬思いがけない音響, 思われた一組の洋装, 思われたは大変, 思われたに琵琶, 思われた二三の小さな, 思われた二三日後森成さんが病院, 思われた二人の心, 思われた二人牧師コルネイユとヴァトレー氏, 思われた交響曲のあと, 思われた人々もその, 思われた人物をつくり出し, 思われた人達が読書, 思われた人間が多少, 思われたを割ろう, 思われたの家, 思われた光電作用を只, 思われた其の日の, 思われた冷笑の影, 思われた刹那よろめきながら, 思われた刹那門番から近侍, 思われた南門の一道, 思われた革命軍に, 思われた取り分け自分はお, 思われた同士のこと, 思われた名人がどう, 思われたというの, 思われた唯一人の幸福者, 思われた問題を解決, 思われた土地へ流れひろがろう, 思われた執事の左京路, 思われた場面は最大速度, 思われたが近く, 思われた夕立も来る, 思われた多代子が突然, 思われた大人の世界, 思われた大洋がなんと, 思われた天神さまがこの, 思われた奇矯さはその, 思われたがある, 思われた媒介物を選んだ, 思われた子供達が今度, 思われた孤城は翌日, 思われた家主であろうと, 思われた家庭への復帰, 思われた密林がここ, 思われた小柄な姿, 思われた尼君は今, 思われた屋敷が斯く, 思われた山火事は案外, 思われたの高い, 思われた座敷に成っ, 思われたであった, 思われただけにこの, 思われた後前を引, 思われた忠寛のこと, 思われた恋敵同士の会見, 思われた悪魔は消え, 思われた懐かしい情人の, 思われた戦時利得税にしろ, 思われたから逃げる, 思われた手伝いの伴造, 思われた故にひとたびは, 思われた救済の教, 思われた敵機の行方, 思われた方面は今やいかにも, 思われた春雨が今朝, 思われた時ひとりの気丈, 思われた時分にはじめて, 思われた時分私はガラン, 思われた時彼女はもう, 思われた時田の顔, 思われた最後のところ以外, 思われた有力の餞別, 思われたの裾, 思われた朝近所の衍, 思われた正座のお, 思われた水仙は案外, 思われた水茶屋の茶汲女, 思われた海底地震が予想, 思われた海洋中の魔境, 思われたが又, 思われた演説が終った, 思われた火災も案外, 思われた為めに騒動, 思われたはこうして, 思われた牛鍋や安, 思われた特殊な場合, 思われた玉鬘の顔, 思われた生活のつまらない, 思われた甲府平原は釜, 思われた疑いも解け, 思われた発明の無限, 思われた瞬間舟はだ, 思われた矢先にまるで, 思われた確信が淋しい, 思われたの身体, 思われた秋月九十郎に対しては睚, 思われた程度とは想察, 思われた稲塚の数, 思われた穀倉から一石八斗, 思われたはない, 思われたの女王, 思われただな, 思われた結果かれは, 思われたに艶聞, 思われた胸のやまいが, 思われた能登守がいちばん, 思われた自動車の停止, 思われた色々の事, 思われたを刈る, 思われた若者も同じ, 思われた蒲田の谷, 思われたはどこ, 思われた藤侍従は自身, 思われた蘇武が偶然, 思われた言葉が少し, 思われた読者もあったろう, 思われた野辺や一躯, 思われた間もなく壬申の, 思われた険悪な空気, 思われたにあと, 思われたはいつしか, 思われた頃彼はがぜん, 思われた頃澄子は消え入る, 思われた頃艇は横様, 思われた題目に関する記録, 思われた風流男たちの恋, 思われた風速もこの, 思われた魅力は跡かた